議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊山町

平成28年 12月 定例会(第4回) 12月12日−02号




平成28年 12月 定例会(第4回) − 12月12日−02号







平成28年 12月 定例会(第4回)



1.議事日程

   (平成28年豊山町議会第4回定例会)

                               平成28年12月12日

                               午前9時30分招集

                               於議場

 日程第1 一般質問

2.出席議員は次のとおりである(10名)

  1番   坪井孝仁          2番   山本亮介

  3番   岡島政信          4番   坂田芳郎

  5番   岩村みゆき         6番   安藤春一

  7番   水野 晃          8番   大口司郎

  9番   粟田昌子          10番   熊沢直紀

3.欠席議員は次のとおりである(なし)

4.地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(16名)

  町長      服部正樹   副町長     鈴木邦尚

  理事      梶田浩昭   教育長     西川 徹

  総務部長    安藤光男   総務課長    小川徹也

  税務課長    牛田彰和   防災安全課長  佐藤正司

  産業建設部長  長谷川徳康  地域振興課長  堀尾政美

  建設課長    櫻井充一   生活福祉部長  堀場 昇

  住民課長    蟹江敏彦   福祉課長    鈴木雅之

  保険課長    高桑 悟   教育次長    飯塚泰行

5.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(2名)

  事務局長    日比野敏弥

  書記      安藤真澄

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時30分 開議



○議長(水野晃君) 皆さん、おはようございます。

 非常に寒い日が続いております。町内におきましては、12月に入り、気候の変化で体調を崩される高齢者や、高齢者に限らず若い方もお見えでございます。議員各位におかれましては、十分体調管理には気をつけていただきたいと思います。

 ただいまの出席議員数は10名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、別紙でお手元に配付いたしましたとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 一般質問



○議長(水野晃君) 日程第1、一般質問を行います。

 ここで、時間制限について申し上げます。答弁時間を含めて60分といたします。

 それでは、8名の通告がありましたので、通告順に基づき、6番安藤春一君の発言を許可します。

 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 6番安藤です。

 議長の許可を得まして、合併についての質問をいたします。

 改めまして、服部新町長、当選おめでとうございます。豊山丸の船長として、安全なかじ取りをよろしくお願いいたします。服部新町長の初舞台にトップバッターとして思いのたけを精いっぱいぶっつける機会をいただき、いつになく気持ちが高ぶっております。これは事実であります。失礼な場面もあるかと思いますが、お許しいただいて質問を進めてまいります。

 町長には、鈴木副町長を初め職員の皆さん、水野議長を初め議会の皆さん、そして何よりも全ての町民の皆様とともにしなやかな町政を展開していただくことを期待して質問に入ります。

 「小さくてもキラリと輝く」を政治理念とする鈴木前町長は、合併、名古屋市とのでございますが、については一貫してその考えがない旨の答弁を繰り返されてきました。本町には独自の文化と歴史があり、何よりも大きな資源がございます。こうしたことを踏まえてお尋ねいたします。

 まず1番目でございますが、情報化の時代でございますので、町民の皆様は、よきにつけ悪しきにつけ、合併の問題には関心を持っているというのは多いと思いますので、まず北名古屋市から公式にお誘いといいますか、オファーはありましたか。



○議長(水野晃君) 副町長。



◎副町長(鈴木邦尚君) 合併につきましての、北名古屋市から正式にオファーはあったかというお尋ねをいただきました。

 町長の就任以前からの経過がございますので、私のほうからまずは答弁をさせていただきます。

 平成28年9月1日に、北名古屋市の本会議等におきまして、北名古屋市長から、北名古屋市と名古屋市との合併につきましての発言がありましたこと、またそれを通じて、それに関連いたしまして、本町と清須市に言及があったことにつきましては、新聞記事等を通じまして承知いたしているところでございます。

 また、事務的には、9月1日の翌日、9月2日でございますが、北名古屋市の副市長から本会議での市長の発言について私に説明があり、また後日でございますけれども、北名古屋市の総務部長から合併に関するアンケート調査の実施につきまして、それぞれ説明があったところでございます。

 しかしながら、名古屋市との合併協議につきましては、北名古屋市長から本町への働きかけなどの具体的なお話につきましては、私、町長とも今日まで具体的にいただいておりませんので、ご理解を賜りたいと存じます。

 以上でございます。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 6番安藤です。

 副町長より、大変丁寧なお答えをいただきまして了解いたしました。

 次の質問に移りたいと思います。

 着任間もない服部町長でございますが、名古屋市との合併問題をどのようにお考えかお聞きいたします。



○議長(水野晃君) 町長。



◎町長(服部正樹君) 今、ご質問にありました名古屋市との合併について、どのように考えているかという質問に対しまして答弁をさせていただきます。

 合併は、豊山町の存在という根幹にかかわる事項でありまして、慎重に判断していかなければいけないというふうに考えております。

 まず、おあずかりすることになりました町政をしっかり引き継ぎ、本町の状況や課題、また可能性をしっかり把握した上で、町の特性を生かした、誰もが住みやすいまちづくりを進め、町民の皆様一人一人の幸福の実現と、この地域の発展に全力を尽くしてまいる所存でございます。

 また、行政運営に当たっては、きちんと情報提供を行った上で、議員各位、町民の皆様の意見をしっかり聞きながら実施していきたいと考えております。合併につきましては、こうした中で町民の皆様の意向を十分に見きわめながら判断してまいります。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) ただいまの町長の考え方でございますが、言っている以上の理解をすることができました。したがいまして、議会もでき得る限りの局面を想定しながら慎重に対応していきたいと思っております。

 少しつけ加えるならば、この町に期待して転入された方や、先祖代々この地で生きてこられた方、そして戦時中に貴重な用地を、土地を空港用地として提供された方などなど多くの人の生活に配慮しながら、じっくりと対処することが大切だと思います。

 ただいま町長答弁の、最後のくだりにありました町民の皆様の意向云々です、この際には、ただいま私が申し上げました、後段で申し上げました点についても心を配っていただくことを切望して次に行きたいと思います。

 町長は今、50代でございます。大変輝いています。小さくてもキラリと輝く云々を、さらに一歩前進させるリーダーシップとポジティブな町政を期待します。町民の多くの人が、同じような気持ちを持って希望されているといいますか、期待されておると思いますので、一言お願いします。



○議長(水野晃君) 町長。



◎町長(服部正樹君) 町民へのメッセージということで、一言じゃ、ご挨拶。

 所信表明でも述べさせていただきましたけれども、私の政治信条は、先人の方々が大切に守り、育ってきたことを学び、そこから新しい知識、見解を導く温故知新でございます。

 鈴木前町長は人々のきずなを大切にしながら、公共交通の充実、空港機能の強化、航空機産業の育成支援などに努めてこられました。その成果は少しずつ形となっております。こうした町政を継承しつつ、見直すべきものは見直し、町民の皆様と議員各位、そして町職員とが一丸となって英知を集結し、豊山町のさらなる発展、新たな創造を目指していきたいと考えております。

 私は、民間企業で培ってきたノウハウや人的ネットワークを駆使し、ご年配の方々はもとより、子どもたち、孫たちの未来のために、常に町民の皆さんと同じ目線で、豊山町を誰もが住みやすい、住み続けられるまち、そして豊山町を訪れる方が住みたいと感じるまちに向け、全身全霊を傾け取り組む覚悟です。

 ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 安藤です。

 一言でよかったのが大変熱心だといいますか、具体的に力強い答弁をもらいましたので、私も一言ではだめですので、お礼も兼ねてちょっと町長の答弁の感想を述べさせていただきます。

 町長の今の答弁は、まるで私の腹の底を見透かしたように、私の気になる言葉か、裏を返せば好きな言葉ですが、まず温故知新。これは町長に迎合していると言われてはしゃくですので、たんすの中を探してきましたが、平成16年、私の退職の挨拶で、お世話になった方に手紙を出したのですが、その中で、今日の町の反映の礎である先人たちのご尽力に思いをはせ、温故知新の精神を尊重しながらと、私も実は町長より20年ぐらい年上ですけれども、温故知新は前から気にいって、なるべく心がけてきました。そのことを前置きにしまして、町長は皆さんご承知のように900票という驚異的な得票をぶら下げて議会に乗り込んできました。私、ちくしょうと思ったんですけれども、ここ2年近くおつき合いさせていただいておりますと、−−−−−−−−−−−−、私1人で鈍感ですが、という感じもしながら絶えず言動をチェックしてきました。したがいまして、議長から今、時間だと言われると気持ちがなえちゃいますので、慌ててやりますけれども、まず、広報12月号でやはり温故知新とかいうのでとりあげています。それから、服部新聞第1号、2号の、27年10月では、やはり温故知新と、子どもの貧困と。11月17日の中日新聞のインタビューでも、温故知新と子どもの貧困というあれが載っております。さらに、今のインタビューでは、温故知新と子どもの貧困ばかりではなくて、航空産業だけではなく、豊山町の地元の商工会との協力ということを言ってみえます。

 非常にバランスの感覚もある1年をここで私は見ましたが、これからもこのバランスとぶれない一貫性の姿勢を続けていただきたいと思います。

 町長、老婆心ながら、せっかく言葉がありましたので、子どもの貧困というのはこれ非常に困難な問題であると思いますので、我々もできることは協力しますけれども、非常に難しいなと思っております。

 今まで、ネットワークという言葉は耳にたこが当たるくらい聞きました。しかし、町長は民間のノウハウ、あるいはこれまで皆さんご存じのように、地域活動を積極的にかかわってこられた経験から人的ネットワークという言葉を使っております。これは、私は非常にすばらしいと思います。決してよいしょではございません。人的ネットワーク、特に町政現場ですが、福祉とか教育のほうにはしっかりと人的ネットワークをつくっていただき、動かしていただきたいと思います。私も微力ながら側面からお手伝いをさせていただきます。言った以上はお手伝いはさせていただきます。

 最後に、余りにも格好いい言葉で、しかも中身はある答弁が続きましたので、言葉をもらいましたので、世の常として私も心を込めて町長にお返しをしたい。春風深山、春の風、深い山、このことであって誰でもわかりますが、春の風なのに優しく、深い山なのに厳しくという意味でございますが、実はこの言葉は、先ほど来、町長の横で、春風のごとく、温和で優しいまなざしの鈴木副町長の先輩であります名古屋市でこの人ありとうたわれた浅井冴一先生の言葉であります。私も昭和56年に先生の言葉、講演を聞く機会がありましたので感銘を受けてまいりました。

 2つ目は、ある将棋名人の言葉でございますが、組織を将棋の盤で駒は人というふうに仮定しますと、名人の言葉は、時に激しく、時に優しく指すが、駒と盤を傷めないように、常に神経を使っていると。賢明な町長、副町長に対して、また職員の皆さんに対して説明は要りませんと思いますが、ここで終わります。



○議長(水野晃君) ただいま、安藤春一君の発言中、不穏当と思う発言がございました。町長の、議員となってというときに、−−−−−−−−というようなことがございました。これは、私は議長として不穏当の発言と思いますので、その辺の一部議事録を訂正しておきますので、よろしくお願いいたします。

 安藤春一君の質問が終わりました。

 次に、9番粟田昌子君の発言を許可します。

 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) 9番粟田昌子です。

 私は本日、情報公開についてです。情報公開の観点から、3項目について質疑します。

 1つは、議会中継の再開を録画で。

 それから2つ目は、町議会議員選挙公報発行条例の制定を。

 3項目めは、町長交際費の開示をホームページにということでございます。

 先ほど、安藤議員から町長への祝辞がありました。私も本当に、同僚から町長になられたことに対して祝意をあらわしたいと思います。

 服部新町長が誕生して町政は進展し、活性化すると期待しております。そこで、第1項目の議会中継についてお尋ねいたします。

 タイトルは、議会中継の再開を録画でということでございます。

 全国的に、自治体や議会の情報公開が進んでいます。豊山町も過去に6年間ほどケーブルテレビによる議会のライブ中継をしていたときがあります。町長、そのときはまだ議会には入っていらっしゃいませんでしたので、一般の会社で企業で大活躍をされている忙しいときであったと思いますけれども、その議会中継をごらんになったことがありますか。



○議長(水野晃君) 町長。



◎町長(服部正樹君) 本町での、以前行っていた議会中継は見たことがあるかというご質問に対して、答弁させていただきます。

 本町の議会中継は、平成16年9月議会から、平成23年3月議会まで実施しておるというお話を聞いております。その間、私は議会中継が実施されていることは意識しておりましたが、前職の勤務時間というところで働いておりましたので、議会中継の傍聴はさせていただいていないということでご理解いただきますようよろしくお願いします。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) わかります。本当に、一般の方は皆さん、そうです。

 当時、昼間、在宅している人しか議会中継を見ることができないので、録画で放映してほしいという声が私には届いておりました。過去のことでありますけれども、こういう住民の声を、服部町長ならどのように受けとめられるでしょうか。すみません、ご感想なり、ご意見なりをお聞きしたいと思います。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 町長から、事前に指名を受けておりますので、私のほうからお答えのほうをさせていただきます。

 議会中継に関心を持っていただいている方からの貴重な意見であると受けとめております。当時については、必ずしも議会中継に対して前向きな意見ばかりではなかったと記憶しておりますが、仮に、こうした声が町民の皆様全体の意見の方向性であるとするならば、何らかの対応をすべきであると思います。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) それでは、そのころのことを私も思い返しておりますけれども、議会中継を豊山町が始めたころ、やはりこのあたりでは先駆者的な存在だったと思います。まだ、その広がりがなかったと思います、他の自治体にはそのような議会中継ということはほんの一部分だったと思います。でも、現在では多くの自治体が議会中継をしています。それを町長、把握していらっしゃるでしょうか。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 本町の議会中継については、地域情報検討会の答申を受け、平成16年から開始し、議会改革検討会の意思決定に基づき、平成22年度をもって中止となっています。また、愛知県議会を初め、多くの市町で議会中継を行っていることは承知しております。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) 直接、町長のご意見ではないのですけれども、服部町長はつい最近まで私とともに議会だよりの編集委員をしておられましたし、本当にこういうことを聞くのは酷なことであるかもしれません。しかし今、総務部長からそういう説明がありました。総務部としていろんなことをやっと把握していらっしゃるということでございます。

 それでは、総務部の方にこういうことを聞くのもやぼなことかと思いますけれども、一般質問のみならず、常任委員会まで中継している自治体があります。中継はライブ配信、録画配信の両方とも実施している市町があります。総務部のほうで、それは把握していらっしゃいますか。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 議案質疑、常任委員会の中継、ライブ配信については、まだ少数であると認識していますが、各団体のホームページを通じて確認をしております。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) ありがとうございます。

 本当に、いつの間にかどんどんふえてきたという感じがいたします。私のこの町の議会中継のとき、それをしているときというよりも、もう中止を決めたときにある町の方の議員から、豊山町に視察に行きたいという話がありました。でも、私はもう終わっちゃったのよと言ったら、そのとおり終わってしまったんです。そうしたら、あらもう終わったのというような感じでした。本当に残念がっていたんです。でも、私のところは本当にあっという間にその問題が出てきて、あっという間に消えてしまったという、私の印象なんです。

 なぜ、せっかく始めたこういう情報公開、これを議会中継を工夫をしないで、どうして工夫しないのかと。みんなが、視聴率が少ないからとか何かそういう話でした。しかし、それ以前に、どうしたら一般の人たちにもっと見てもらえるか、視聴していただけるか、そういう工夫が足りない。私はあらゆる面でそれを感じます。もっと工夫して、どうしたらもう少し視聴率が上がるのかとか、そういうことをしなきゃいけないと思うんですけれども、単純にやめましょうという感じ、視聴率が少ないですから。そういうことを私は余りにも短絡的じゃないかなと思っていたんです。非常に、私はそのときに残念に思いました。

 それで、現在のところに、余り過去ばかり振り返っていてもいけないんですけれども、現在の状況、中継する方法です、それはライブストリーミングといいます。それを利用して、北名古屋市や小牧市はウインドウズメディアプレイヤー、それから犬山市や大口町はユーストリームでライブと録画、岩倉市はインターネットで録画配信とか、いろいろな手段を用いているようです。その自治体によっていろいろ違います。でも本当に、日進月歩の世の中なのです。どうか、この役場の皆さん、さまざまな方法を研究されて、おくればせながらもぜひ、議会中継を再開していただきたいと思います。いかがでしょうか。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 本町の議会中継につきましては、平成22年12月の議員の議会改革検討委員会で論議され、中止となった経緯がございます。また、議会における一般質問は、議員の皆様の活動の大きなウエートを占めるものであり、議会側の意向も大変重要であると考えています。したがいまして、まず議会でご検討いただき、議会側の意向、判断をお示ししていただければと思います。その上で、議会中継再開の判断、また再開する場合については、その中継方法について検討してまいりたいと考えております。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) 議会中継をするかしないかというのは議会が決める。これは正論です。私もそう思います。しかし、私はケーブルテレビ導入のいきさつから、ずっと長年させていただいているので、そのころも非常に議論をしましたし、ほうぼうそのころは遠くまで視察にも行きましたし、そういうことをして導入したんです。そのいきさつから、それから中止のときのこともよくわかっております。

 なぜ、中止になったか。もちろん、議会が議決したからですよね。しかし、中止を申し出られたのは執行機関ですよ。すなわち、町長です。当局です。当局から、まあやめようということで申し出られた。議会の体質は私たちも反省しなきゃいけないんですけれども、もちろん執行部を応援する立場でもありますけれども、しかし、本当はこの議員、議会の役目というのは、執行機関あるいは町の行政のあり方などを検討していく。調査し、あるときには批判もしなければならない。そういう立場でもあるわけです。もちろん、いろんな提案もするわけです。そういう任務を議会はある意味でちょっと、私ども反省しなきゃいけない。いつも、町長を応援するということばかり考えておりましたから、そういうふうになってしまったんですよ。しかし、これは反省だと思います。じっくりとやはり、考えなければいけなかったんだと思います。もちろん、そのときに、賛成の12人の議員のうち3人は中止をするのを反対しましたよ。でも、本当にあっという間に、町長からの申し出なんだからということで決まってしまったんです。こういうことがあるわけなんです。ですから私は、その議会が決める、今の部長のこの答弁というのは本当に優等生だと思います。本当に私もそう思います。だから、私たちもっと一人一人が、議員が、10人ですから、一人一人が力を発揮してみんなで考え合わなきゃならないと私自身も思います。そのようにしていきたいと思います。しかし、このような前例があるわけです。執行機関からの申し出によってこちらもそれに賛成したという。これは重たい事実ですよ。ですから、やはり私が今提案している議会中継を録画でしてほしいという、そういうこともある意味でそちらで考えていただくことも無理なことではないと思うんです。

 私は、本当に住民の方々、昼間、録画しておいて夜、ご主人が帰ってきたらそれを見ていたのに、今はないの、寂しいわという方もいらっしゃるんです。議会のことはわからない。やめるときも、ここまで傍聴に来ればいいんだという意見もありました、議員の中には。しかし、そうばかりもいかないんですよ。現実に働いている若い方々、そういう人たちが大多数なんですから。ですからやはり録画でという、一度、一番最初で失敗したんですよね、ライブを失敗した。それで録画で夜、流したときには喜ばれましたよ。大勢、そういうリアクションがありました。よかったわ、あれ失敗したおかげで夜、見ることができたという、そういうことを聞いたことがあります。ですからやはり、私はここでもう一度、考えていただきたい。本当にあちこちでライブあるいは録画で放映しているんです。情報公開というのは、本当に大事なことだと思います。私、北海道のニセコにこの前、行ってまいりました。本当に、あそこはもう徹底した情報公開で、ちょっと横道それてしまうからやめますけれども、本当に情報公開を徹底的にやっているところで、非常に町民の方からの支持も大きいわけですけれども、やはりそういうことも念頭に置いてしていただきたいなと思います。このことの議論は、ここで終わりにしておきます。

 次の質問は、町議会議員選挙公報発行の条例を制定してはどうでしょうかということです。

 町会議員の選挙公報も発行すべきではないかと考えています。そこで、町会議員の選挙公報についてお尋ねします。

 まず、今回の町長選挙は無投票でしたので、条例にはもう決めてありますね、町長の選挙においてはその公報を発行するというふうな、そういう条例がありますけれども、今回は無投票でしたからそれは必要ありませんでした。でも、過去の町長選挙では、条例に基づく選挙公報は発行されましたでしょうか。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 平成17年7月と平成25年7月に執行しました町長選挙では、候補者からの掲載依頼に基づき、それぞれ選挙公報を発行しております。またお話ありましたように、先日執行しました町長選挙と、平成21年7月の町長選挙につきましては、無投票となったために選挙公報の発行はしておりません。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) ありがとうございました。忘れてしまったものですから、教えていただいてありがとうございます。

 それで、町会議員選挙では、選挙公報は発行されていません。なぜでしょうか。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 衆議院議員、参議院議員及び都道府県知事の選挙では、公職選挙法167条に基づき選挙公報の発行が義務づけられています。また、都道府県議会、市町村長及び市町村議会議員の選挙では、同法第172条の2に基づき、条例で定めることにより選挙公報を発行することができると規定されています。

 豊山町選挙公報の発行に関する条例では、町長の選挙についてのみ、選挙公報の発行が規定されていますので、町会議員の選挙では選挙公報を発行することはできません。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) 条例がないということですね。条例がないので必ずしもそういうことはする必要がないということですね。でも、私のこの調べた資料によりますと、やはり町長選におけるその選挙公報発行の条例を持っているところは、町長だけでなく、町議会選挙においても発行するという条例を持っているんです。豊山だけがないんですよ。町長のところには条例がある。しかし、議員のところはないというのは、ここにある町はそんなに多くないですが、豊山町だけがこれ、ないんですよ、町会議員の選挙公報発行条例の制定。ここだけが欠けているんです。やはり、町長の選挙公報、これ私ども公報を見て、その考えがよくわかるわけですが、個人的に出すお便り、それだけでなく、やはり公報として議員の、なぜ立候補しているか、どういう思いでこの町政に携わっていくか、町政というか町の皆さんのために働きたいか、そういうことを発表する場としてもこの公報はやはりいいと思うんです。ですから、ぜひこの条例を定めてほしいなと思うんですが、いかがでしょうか。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 選挙公報の発行につきましては、候補者の政策を広く町民の方にお伝えする上で有効であるということは認識しております。一方で、発行に当たっては告示日以降、候補者からの原稿を受け取り、割りつけ、印刷を行い、それを全戸配布するという非常にタイトなスケジュールが求められ、これは候補者がふえればふえるほど、より厳しくなります。また、町村における選挙運動期間は5日となっており、市と比べると2日間短く、さらに厳しいスケジュールが必要になります。こうしたことから、近隣の町では町長選挙、町議会議員選挙ともに選挙公報の発行を行っていない状況にあります。以上の点を踏まえながら、議員選挙の公報の発行につきましては今後、町の選挙管理委員会で調査研究してまいります。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) よくわかります。本当に職員の皆様、本当に職員数が減らされて、非常にたくさんの仕事を抱えて残業して、非常に大変な時を過ごしていらっしゃることをよく理解しております。ですから、短い期間ですので、町会議員の5日間ですか、選挙の期間。ですから、確かにそれは大変かと思いますが、そこを何とか工夫して、それこそクリアして発行にこぎつけていただきたい、そのように私は希望しております。選挙管理委員会のほうによろしくお伝えください。お願いします。

 では、次のことですが、新町長になられていい機会かなと思いまして質問させていただきます。町長の交際費です、この開示をホームページに掲載してはどうですかということです。町長の交際費をホームページで公開をすべきではないかなと私は考えています。そこで、お尋ねいたします。

 まず、近隣の北名古屋市や清須市、大口町、春日井市、犬山市などのホームページには、首長の交際費が開示されていますけれども、ご存じでしょうか。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 首長に限らず、近隣市町における議長を含めた団体の交際費の公表の状況については承知しております。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) それで、いろいろな開示の仕方があるのではないかと思いますが、私もそうたくさんのところをみんな逐一調べたわけではないのですけれども、この近隣を見ていますと、清須市のように自治体によってはどこに支出したか、ちゃんと相手の名前まで書いてあったりして私はびっくりしましたけれども、詳細も説明されているんです。そういうのをもし、ここでするとしたら、開示するお考えがあるかどうかもお尋ねしておきたいと思います。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 町長交際費につきましては、豊山町の情報公開条例に基づいて、平成12年から請求書の求めに応じて公開を行っております。しかしながら、公表、あらかじめ広く周知するという形にはなっておりませんので、平成29年度から公表に向けて、公表の様式、方法等を検討してまいりたいと考えております。なお、支出先の公表につきましては、情報公開条例に基づいて判断をさせてありますので、よろしくお願いいたします。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) そういう条例に基づいて、私どもは個人的には、議会ではもう全部、よく請求されていた方もいらっしゃいました。私どももいただいたりしました。全員に配られていましたから、資料請求する前に。今は、その方にしかいただけませんし、請求した人にしか資料としていただくことができませんけれども、もう何年も前ですけれども、全員に配られていましたので、ああこれは請求された方にはそういう情報が公開されるんだということはわかっておりました。しかし、町民の皆さんでもそれはできるわけです。でも、やはりこのホームページにアップするということは、本当に誰でも見られることですので、それをぜひ実現していただきたいと思うんですが、もう一度すみません、その意思を確認させてください。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 先ほど、お答えさせていただいておりますけれども、29年度から公表に向けて準備のほうを進めていますので、よろしくお願いいたします。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) わかりました。

 29年度からですね、よろしくお願いいたします。

 これで私の質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君の質問が終わりました。

 次に、1番坪井孝仁君の発言を許可します。

 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) 1番、新人議員の坪井孝仁です。

 議長のお許しをいただきましたので、質問させていただきます。

 初質問で少々緊張しております。ふなれでお聞き苦しい点があると思いますが、一生懸命やらせていただきます。

 それでは、豊山町内道路並びに歩道について質問させていただきます。

 2019年に向けて、2015年から、豊山町第4次総合計画、後期基本計画の目標1、「快適で活気あふれるコンパクトなまち」の中の3番、道路のところで、5年後の豊山町の目指す姿として、町道が整備されるとともに、生活道路の側溝の有蓋化や通学路の歩道整備も進み、町民が安全に快適に道路を利用することができるとあります。このことについて、2点お聞きしたいと思います。

 1点目は、現在、めぐみ橋から社会教育センターへ向かう三菱工場前の道路や伊勢山交差点付近などで一たび雨が降ると、登下校する生徒・児童並びに通勤する人たちに排水し切れない雨水が車によってはね上げられ、降りかかる場面を目にします。この現状について、把握されていますでしょうか。



○議長(水野晃君) 長谷川産業建設部長。



◎産業建設部長(長谷川徳康君) 1年間に数回、集中豪雨時に、ご質問の箇所の交差点付近等で道路冠水が起きていることについては把握しております。町では、排水不良となる箇所や、その原因について把握しておりますので、大雨が予想されるときや道路冠水が起きてしまったときには、職員による速やかな対応を実施しているところであります。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) ありがとうございます。

 私の知っているところでは、このあたりしかわかりません。ほかにもこういった場所というのは聞いておりますでしょうか。



○議長(水野晃君) 櫻井建設課長。



◎建設課長(櫻井充一君) ほかにあるところということですが、めぐみ橋を国道41号線に向かう1本目の信号交差点にあると思います。青山東交差点の街路樹の落ち葉が集水ます上を覆い一時的に排水不良となることは確認しております。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) ありがとうございます。

 こういった道路の整備計画、もしくは改修計画というのはありますでしょうか。



○議長(水野晃君) 長谷川産業建設部長。



◎産業建設部長(長谷川徳康君) 愛知県からは、県道名古屋・豊山・稲沢線のめぐみ橋から伊勢山交差点までの区間の、排水施設を改めて整備する計画はないと聞いております。現在の道路の路面排水は、3年に1回程度の降雨強度を想定し整備されております。したがって、一時的に想定以上の降雨があった場合には、道路冠水や排水不良が起きることはやむを得ないものと考えます。道路管理者である愛知県とは、これまでもご指摘の箇所での問題点は共有しておりますし、緊急的な対応は町が実施し、維持管理については愛知県が適切に行うこととした役割分担は、ある程度できているものと認識しております。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) ありがとうございます。

 この整備事業は道路の整備事業ですね。県への要望や関係機関との協議を含めて推進するとあります。たまった水をかけられた人はもちろんですが、自動車のほうもかけまいとして大きくよけて対向車とぶつかりそうになっているところも目にします。ぜひ、早急に快適に通行できるように整備依頼のほうをしていただければと思います。

 それから、歩道については木の根などで段差ができ、車椅子やベビーカーはもちろん歩行者、自転車にとっても安全に通行しにくくなっています。先ほど同様、整備計画及び改修計画はありますでしょうか。



○議長(水野晃君) 長谷川産業建設部長。



◎産業建設部長(長谷川徳康君) 歩道の整備につきましても、愛知県からは県道名古屋・豊山・稲沢線のめぐみ橋から伊勢山交差点までの区間を改めて整備する計画はないと聞いております。愛知県では、職員が歩道を歩いて点検を行う歩道点検を年に1回実施しております。この点検により、歩行者の安全な通行の妨げになるような箇所が確認された場合には、この点検結果を報告し、早急に対応すべき箇所については補修対応すると聞いております。町としましては、愛知県と協力しながら日常点検を行うとともに、街路樹の根などにより段差ができてしまい、安全な通行に支障が見込まれるような場合には、段差解消のための補修工事を県に要望してまいります。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) 現在、事実、通りにくくなっているということになっておりますので、現在は県への要望はもうされているんでしょうか。



○議長(水野晃君) 長谷川産業建設部長。



◎産業建設部長(長谷川徳康君) 統一的要望ということではないということでなく、問題点があれば逐次、要望をさせていただいております。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) ありがとうございます。

 そこら辺についても早急に通行できるよう、安全にです、通行できるように整備していただきたいなと思っております。

 それでは、次の質問に移ります。

 2点目は、本町の新たな顔であり、神明公園へのアクセス道路及び小牧市へ抜ける道である大山川堤防道路の整備事業についてお聞きします。

 大山川堤防道路の整備事業の進捗状況はどうでしょうか。



○議長(水野晃君) 長谷川産業建設部長。



◎産業建設部長(長谷川徳康君) 平成26年度より用地取得に入り、平成28年11月末現在、用地取得の進捗率は、約72%となっております。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) ありがとうございます。

 大山川堤防道路整備事業に関連がある大山川周辺及び豊山町全体で一戸建て住宅もふえています。道路整備事業は一般交通量や域内交通の現状、自動車起終点調査、いわゆるOD調査を活用して進めていくとありますが、その調査報告などはありますでしょうか。



○議長(水野晃君) 長谷川産業建設部長。



◎産業建設部長(長谷川徳康君) 国土交通省では、全国道路・街路交通情勢調査の一環として、おおむね5年ごとに一般交通量調査、道路交通起終点調査を行っています。一般交通量調査は平成22年度に調査が実施され、その結果は国土交通省より公表されていますが、調査の対象となる道路が高速道路、一般国道、都道府県道、一部の指定市の一般市道となります。ご質問の大山川周辺道路の一般交通量調査は実施されておりませんので、お答えできません。また、道路交通起終点調査は平成27年度に国土交通省が実施しておりますが、豊山町の特定の地域が調査対象となっているのかどうかについても、調査結果が公表されておりませんのでお答えできません。また、町独自の道路交通起終点調査は実施しておりません。なお、町独自の調査として、大山川堤防道路の整備に向け、平成24年度に神明橋付近で交通量調査を実施しております。その結果、大山川右岸側の町道では、1日につき2,463台の交通量があったと把握しております。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) ありがとうございます。

 前回、平成24年度ということで、現在、道路を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。今まで見通しがよかったところが、家が建つことにより見えにくくなったり、人の動き、車両の動きにも変化が生まれております。このような調査は道路整備事業においても、とても重要だと思います。今後、しっかり調査していただきたいなと思います。

 そして、第4次計画の基本は、町の推進する施策のみならず、各種団体、住民と協力し合う施策や、国や県などへの要望も含み定めるとありますが、大山川堤防道路の整備事業を進めるに当たり、町民はもちろん、周辺を利用すると思われるほかの団体、例えば学校、保育園、PTA、子ども会、地区防災会、交通安全協会、老人会などです。ほかに、近隣、近隣企業などと意見交換などしておりますでしょうか。



○議長(水野晃君) 長谷川産業建設部長。



◎産業建設部長(長谷川徳康君) 大山川堤防道路の整備事業に向けては、その道路の目的・必要性をご理解いただくために、周辺地域にお住まいの皆様を対象として、3回説明会を開催してまいりました。ご質問にあります利用が想定される団体、企業との意見交換等につきましては実施してございません。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) ありがとうございます。

 将来的に、大山川堤防道路並びに歩道が完成したときには、三菱の社員の人たちが昼休憩に走ったり、散歩したりと利用するようになると思いますし、新栄小学校区も一戸建てもふえて、小学校の通学路の問題もあると思います。ぜひ、いろいろな団体と意見交換をしていただいて、安心で安全な道路にしていただけるようにお願いしたいと思います。

 今回、初質問に当たり、豊山町第4次計画を参考にさせていただきました。この中の22ページ、23ページに、豊山町の30年後のイメージがわかりやすくイラストで描かれております。そこには、古くから伝わる人情と、時代の先端を行く産業、そして豊かな緑に包まれた安らぎの空間、この3つがそれぞれにキラリと輝き、豊山町の将来像であるにぎわいと安らぎのアーバンビレッジが描かれております。それはまさに、服部町長が目指す「町民の皆様の誰もが住みやすい、住み続けたいと思うまち、そして豊山町に多数の方が訪れ、住みたいと感じるまち」そのものだと思いました。この第4次計画の各目標に記されているのは、行政は、住民や各種団体、企業、国や県などと協働や協力して進めていくと、ほとんどの目標に書かれています。それは、全てにおいて横のネットワークが大切だと思いました。行政も縦割り行政ではなく横のネットワークを意識づけすることにより、このすばらしい計画が目標に向かって進められていくことを願い、初質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君の質問が終わりました。

 ここで10時45分まで暫時休憩といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時30分 休憩

     午前10時45分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(水野晃君) 休憩を閉じ再開いたします。

 次に、3番岡島政信君の発言を許可します。

 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) 3番岡島政信でございます。議長のご承認をいただきましたので、最初に、子どもたちの通学路の安全について質問させていただきます。

 先ほど、同僚議員のほうからも歩道の件につきましていろいろと質問されたというのもありますけれども、私もまた違った観点のほうから質問していきたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。

 では、進めさせていただきます。

 最近、今までにない交通事故がマスコミが報道しているわけでございます。その中の例として、高齢者のブレーキとアクセルを踏み間違えて、コンビニとか病院へ突っ込んで多くの人を事故の犠牲にしているという報道も出ているわけです。

 また、ほかにポケモン、今、問題にもよく上がっているポケモンGOをしていたり、また、突然病気になって事故を引き起こしたりさまざまな事故が起こっているわけでございます。これも、これからお話しさせていただく内容につきましても、その事故の一部と思いますけれども、その内容といたしましては、子どもたちの通学途中でありますけれども、車が通学路に進入し、未来ある子どもたちがその事故の犠牲になっている。そういう報道もよく耳にしているわけでございます。通学中の児童の事故の発生状況として、これは国土交通省のほうから発信しているデータによりますと、古いデータではございますが、平成24年度は3件、平成25年度は5件、平成26年度は10件と、毎年、登下校を合わせての数値ではございますけれども増加している、そんな状況でございます。

 また、セキュリティーの関係でよく耳にするセコムにおいてまとめられた資料があります。通学時間に起きやすい交通事故というのがありまして、その中には、横断歩道を横断中及びその他の横断時の歩行中の事故が多い状況でのまとめというものがありました。原因として挙げられる内容は、安全を確認しているつもりでも車のスピードが正しく認識できていない。つまり、車との距離感が、近づいてくるスピードが正しく認識できない場合で、車が近づいているのに児童については、一部でございますけれども、道路を横断しようとして事故になる場合があるということでした。そのほかには、スピードが出た車は黄色信号で強引に通過しようとする車があると。そうした場合に、信号が変わった瞬間に児童というのは、一部ではございますけれども、安全を確認すればよかったのに、すぐ道路を渡ろうとして、車の死角にもなった場合にとりましては事故に遭っているケースというのもあるということです。そんなデータがまとめられておりました。

 交通事故は、お互いに注意不足になった場合に発生すると言われています。

 通学路だけをとらえると、子どもたちが注意不足になるときというのは、まず1点が、友達とおしゃべり、ふざけたりしているときというのがあります。その次は、路上で気になるものを見つけたりするとき。3番目として、考え事をしているとき。4番目として、悩み事があるとき。最後に、先を急いでいるとき。忘れ物なんかしてしまったりするときに急いでというような感じだと思うのですけれども、そんなことなどが、危険が迫っていても気づけなく交通事故に遭遇するそうです。

 また、児童が交通事故に遭いやすい状態とも言っておりました。

 今年度、豊山町における子どもの交通死亡事故及び重傷事故は、9月末現在発生はしておりません。また、先般12月8日に、年末特別警戒日に西枇杷島警察署長様が言ってみえましたけれども、死亡事故は発生していないと、そういう状況のことをお聞きしているわけです。しかし、今後のことも踏まえ質問させていただきたいと思います。

 まず1番目、各小学校の通学路はどのようなメンバーで点検されているのでしょうか。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) 各小学校の通学路点検につきましては、各学校では定期的に、また、各学期に合同点検という形で、通学担当教諭が付き添い下校を行い、児童とともに点検を行っております。

 また、PTA役員による年5回の点検を初め、夏休みに実施されている保護者による安全パトロールの際にも実施をしているところでございます。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) その、今、メンバーで点検されているということで、その、大変申しわけないのですけれども、人数がもしわかったら教えていただけませんでしょうか。わかりますでしょうか。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) すみません。ちょっと人数までは把握しておりません。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) はい、わかりました。

 では、次の質問のほうに行きます。

 通学路の点検というのは、いろいろされている中で、どこから学校までか、まず教えていただきたいのと、通学団の決めた集合場所というのがありますけれども、各通学団ですね。その集合場所の変更などというのはされたというかされることはあるのでしょうか。また、ある場合、どんなときで、変更時にはどのように周知されているのか教えていただけませんでしょうか。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) 通学路の点検範囲は、集合場所から学校までを通学路としています。しかしながら、児童の安全を考慮して、自宅を含めた周辺地域の点検も学校の担任やPTAによって行っております。

 集合場所の変更につきましては、通学路に該当する道路工事や集合場所に対する住民の方々の苦情等があった場合が挙げられますが、町教育委員会及びPTA役員に確認の上、保護者に手紙等により周知をいたしておるところでございます。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) わかりました。

 その変更の周知が手紙でやられているということで、いろいろとその漏れのないように進めていただきたいと思います。

 次なのですけれども、通学路などの点検の関係なのですけれども、先ほど、いろいろと細かく教えていただいたわけなのですけれども、どんな時期に行われるもの、そして、どれぐらいの頻度で、回数は先ほど説明があったりしているのですけれども、その、どのぐらいの頻度でどのように行われているかというのは教えていただけませんでしょうか。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) 通学路の点検ですけれども、担当教諭と児童による合同点検の時期でありますが、学校によって多少のずれはございまして、年に3回から5回実施されております。また、学期や数カ月ごとの割合で定期的に行っておるところでございます。

 点検方法につきましては、実際に担当教諭と児童が通学路を歩きまして、危険な箇所をチェックシート等に記入をして、その情報を教職員全員で共有をしているところでございます。

 PTA役員による点検や保護者による点検につきましても、危険箇所をチェックシート等で学校に知らせていただき、その情報は交通安全指導や保護者の付き添い下校等にいかさせていただいております。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) ありがとうございます。

 いろいろ、その点検について聞かせていただきましたが、その、今まとめられた情報をいろいろ共有してというような格好を言われたわけでございますけれども、そのまとめられた内容、情報というものを各小学校から本町のほうへ伝えられると思いますが、その対処はどのようにされているものなのでしょうか。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) 点検による情報につきましては、各学校が集約をいたしまして安全マップを作成した後、町教育委員会に報告がされております。点検結果に基づき、通学する際に注意しなければならない箇所につきましては、学校から児童や保護者にお知らせをして注意喚起を図っているところでございます。

 また、学校で対処できない部分、例えばカーブミラー、信号の設置、また横断歩道とか、また路側帯等の経年劣化によりましてその薄れている白線、そういった塗り直しの要望につきましては、各学校から町教育委員会に報告をいただき、関係部署で対応することとしております。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) 今の内容ですと、今、情報としては小学校でまとめられて報告があるよという内容で、そこでちょっと詳しくお聞きしたいのですが、小学校のほうでまとめられたその情報というのは全て町のほうに、教育委員会のほうに来るのか、それとも各学校でまとめられ、そこで、自分たちの処置、対応できたやつはそれだけで、町に依頼する分だけが町のほうに来るのか。その辺ちょっと詳しく教えていただけませんでしょうか。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) 学校からは、とりあえず点検結果をもとに、こういったところが危険だ、こういったところが直してほしいと要望が来ますので、それはあくまでも町もしくは関係機関に、関係行政機関に影響する部分全てが一応上がってまいります。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) 今の状況ですと、大体危険を感じられる項目とか、あとはお願いしたいこととか、そういう情報は必ず来ますがというそういう考えでよろしいですね。そういう情報が上がってきたときに安全対策を確実にしていただきたいと思います。

 できれば、依頼事項というかそれだけでなくて記録を残しておく、委員会のほうで残しておくというのが大切ではないかなと僕は思っておるのですけれども、いろいろなPTAも含めて、どんな認識で行動されているか知るデータというのは学校教育委員会等のことでして、必要ではないかなというふうにも思っておるわけです。そういうデータは大切に生かしてほしいなというそういう思いであります。

 続いての質問ですけれども、先ほどの通学路の点検などについて、いろいろ聞かせていただいたのですけれども、その通学路の指定についていろいろな条件があって設定されていると思うのですけれども、そこら辺の条件、または指定の考え方について教えていただけませんでしょうか。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) 通学路の指定につきましては、各学校が児童・生徒の通学の安全確保と、教育的環境維持のために指定している道路とし、学校保健安全法第27条では、学校においては、児童・生徒等の安全の確保を図るため、当該学校の施設及び設備の安全点検、児童・生徒等に対する通学を含めた学校生活その他日常生活における安全に関する指導、職員の研修その他学校における安全に関する事項について計画を策定し、これを実施しなければならないと規定がされております。そのため、校長が決定をし、町教育委員会が報告を受けております。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) 一応は、今の確認なのですけれども、一応審議して、学校教育委員会のほうでまたそれを見てやってみえるというそういうお話ですね。はい、わかりました。

 そしたら次の質問のほうへ移ります。

 児童というのは、学校から登下校するときには各教師の皆様たちがいろいろなことをされていると思うのですけれども、その中でのどんな指導を登下校の際、指導されているのかというのをちょっと教えていただけませんか。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) 私どもは、児童が最も安全に登下校できることを考えまして、通学路を必ず通るように指導はしているところでございます。そのほか、班長、また通学団の団員に登下校の安全を図るよう担当職員が指導をしておるところでございます。

 また、その他の指導といたしまして、登下校時に交通標語を唱和させることや、通学路の点検や現地指導の実施、交通安全教室の開催などを行い、児童の安全確保に努めているところでございます。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) そうすると、いろいろなことをされておるということでわかりましたが、例えば下校の際、登校の際には、皆さん集合場所に集まって学校までという流れで進められていると思うのですけれども、下校の際なのですけれども、皆さん全てその集合場所に行ってそれで解散ということはないと思うのですよね。集合場所まで行くと遠くなるからということで途中でオフセットして、そこの通常決められたところ以外のところを通るケースというのがあると思うのですけれども、これらについてという、その指導というのは、先ほどいろいろなご説明のほかに何かされているというものはありますでしょうか。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) 下校時の通学路の対応ということでご質問だと思いますが、これにつきまして、学校が一斉下校と、各学年に帰る学年下校というのがありまして、基本的には通学路という形で集合場所から自宅に帰ることになるのですけれども、基本的には通学路を通っていただくという形で指導をしております。

 しかしながら、学年下校時につきましては、今ご指摘ありましたように、途中で帰ったほうが近いという子どもさんもおみえです。そういう場合につきましては、保護者からの申し出があれば、きちんと協議をして安全確認が確認とれましたら通学路から離れることも認める状況もあります。

 以上でございます。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) 今の話ですと、一応保護者の方もそこら辺の意見を聞きながら進めていくというそういう考え。はい、わかりました。

 以上、児童の通学路の安全については、今回質問させていただいたわけですけれども、教師の皆様とかPTAの方々はもう実施されているという内容だと思うのですけれども、通学路とか通学時間の事故のリスクですね、を、軽減するためには危険箇所を具体的に児童に教えたり、先ほどのお話の中で伺った内容ですけれども、そういうことが必要でありますし、気になる場所を学校に報告してもらえる環境づくり、これも話の中から、何かそのようなことをされているというふうに私なりに感じたのですけれども、それがとても必要だというふうに思っております。

 日々の状況の変化に対応ができることが事故遭遇回避に向けた対策だと私は思っております。通学路の安全は歩行及び通行量などいろいろな条件を加味して点検されていることと思いますが、今後も引き続いて、子どもたちが交通事故に遭わないように活動を行っていただきたいと思います。

 通学路の安全についての質問は以上で終わらせていただきます。

 続きまして、歩道の安全について質問させていただきたいと思います。

 私は、自動車以外に自転車で町内を走行する場合というのがあります。その走行中ですが、歩道が急に狭くなり危険を感じているところがあります。また、あるとき地域の方からの要望で、交通量がふえているのが歩道、つまり歩行する部分のことを言います、が狭く危険な状態になっているので確認して何とかしてほしいのだけれどもという、そういうお言葉もいただいたという状況です。

 そこで、その言葉も含めて、町内を先ほどの自転車で回っておることも含めて、その後で町内をずっといろいろと回りました。そのことも含めての私の意見にもなるのですけれども、驚いたことに、自分が感じていることと要望のあったところというのが同じだったというそんな内容でございます。

 特に気になったところというのは、まず、野田地区とか神戸に特定してしまうのですけれども、該当の道路というのは名古屋市のほうへ向かって出て行かれる方の車と名古屋市のほうから豊山町に見える方の車というのがあって、交通量が、三菱航空機の関係もありまして交通量がふえ始めてふえている状況でございます。通勤・通学時間の歩行者または自転車が安心して通行できないところでありました。

 そこでお聞きしたいのですけれども、町の考える歩道の定義を教えていただけませんでしょうか。



○議長(水野晃君) 長谷川産業建設部長。



◎産業建設部長(長谷川徳康君) 町が管理する町道の構造につきましては、豊山町道路構造の技術的基準を定める条例により規定し、その中で歩道の定義は、道路構造令によることとしております。

 道路構造令では、歩道とは、専ら歩行者の通行の用に供することを目的とする道路の部分であり、車道などその他の部分と縁石線や柵等の工作物によって物理的に分離されたものと定義しております。

 なお、道路標示や区画線によって分離されたものは歩道には該当しません。

 また、豊山町道路構造の技術的基準を定める条例第10条では、歩道の有効幅員について、歩行者の交通量の多い道路にあっては3.5メートル以上、その他の道路にあっては2メートル以上とするものと定めております。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) 今、歩道の定義をお聞きしまして、そこの中でちょっと確認だけですけれども、その、先ほど点検等で回ったというお話をさせていただいているのですけれども、志水地区のほうでちょっと気づいて、グリーン舗装されて、大体路側帯というのが1メートル以上、1.3メートルほどあったのですけれども、そこは、その通学路として使用はされているのですけれども、そこは歩道ではなくて路側帯という考えでよろしいのですよね。



○議長(水野晃君) 櫻井建設課長。



◎建設課長(櫻井充一君) 先ほど部長からの発言ありました物理的に縁石ブロックなどで仕切られたものについて歩道として規定するものでございます。ですから、今は多分、縁石ブロックで来て縁が切れているところだと思いますが。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) ちょっと確認だけですので。でしたので、大抵、僕、いろいろとインターネットを見ても、一応路側帯になっているのだけれども歩行できるところというのは聞きたいなあと思っていたので、その辺のところの確認だったです。

 ちょっと、次のほうに移ります。

 歩道が、先ほど、途中で急に路側帯、約、歩道が大体2メートルぐらいということになっておって、またそこから急に路側帯のところになって50センチぐらいに減少していって安心して通行できないというところがあったわけなのですけれども、そこら辺の先ほど、野田地区とか神戸のところもお話ししたのですけれども、そこら辺というのはいろいろな背景があってそのようになったというふうに思うのですけれども、背景などを教えていただくことはできますでしょうか。



○議長(水野晃君) 長谷川産業建設部長。



◎産業建設部長(長谷川徳康君) 従来、道路改良工事に合わせて、普通河川、排水路の有蓋化、暗渠化を行うことで、一定の道路幅員確保できる道路に限って、交通安全対策の一環として歩道の整備を行ってきた経過はございます。そのため、有蓋化、暗渠化を伴う道路改良工事を行っても、歩道としての有効な幅員が確保できない箇所では歩道整備は行っておりません。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) そのように暗渠、用水路等を暗渠にしてそこら辺を歩道にすることで、安全に、安全対策をされておるという、そういうふうなふうに私は受けとめたのですけれども。

 そこで、歩道の設置というか歩道の設置を本当は希望したいのですけれども、現状というのは土地買収等があって、いろいろな条件で困難だというふうに思っております。

 指摘箇所というのは路側帯が50センチぐらいのところで、両側が側溝または用水路になっているところなのですけれども、今は逐次計画がされておると思うのですけれどもふたをして、道路の幅員というか路側帯のところを広げている工事のところもされたところもあるのですけれども、そういうふやしていく考えというのはあるのでしょうか。



○議長(水野晃君) 長谷川産業建設部長。



◎産業建設部長(長谷川徳康君) 先ほど歩道の定義の中でもお答えしましたけれども、豊山町道路構造の技術的基準を定める条例第10条では、歩道の幅員は、歩行者の通行量が多い道路にあっては3.5メートル以上、その他の道路にあっては2メートル以上とするものと定めております。

 現時点で有蓋化されていない水路の有蓋化による歩道の整備は、有効な歩道幅員の確保が困難と考えております。仮に、このような道路において一定の歩道を確保するには、車道部分を狭めることになり、その結果、現状以上に車両の通行を阻害するおそれがあります。

 したがいまして、水路にふたをして歩道を整備することは考えてございません。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) 私の、先ほど指摘した箇所の中の一部なのですけれども、例えば、今、神戸の児童公園があって、そこの付近というのは、今、幼稚園児とか保護者の方の送迎もあったりして、よく事故に遭わないなというふうなことも思いながら、心配しながら見ているわけなのですけれども。

 もう一つ、空港口の信号の南側ですね、指摘箇所で、それ道路が路側帯のところが電柱で押さえられてしまって、歩行者の方は道路側のほうに、車道のほうに出て歩行をしている、そういうふうな状況も見受けられるわけなのです。道路の安全、歩行の安全などの観点で現状を確認していただきたいなというふうに思っております。

 豊山町が、事故がない町、安全な町へ向けPRできたらいいなというふうなことも思っております。そんな私の願いを込めて今回の質問は終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(水野晃君) 岡島政信君の質問が終わりました。

 次に、5番岩村みゆき君の発言を許可します。

 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) 5番公明党の岩村みゆきでございます。議長のお許しをいただきましたので、通告に基づき質問をさせていただきます。

 私は、2点、代読・代筆支援の充実についてと、熊本地震に学び防災対策の見直しをの2つさせていただきます。

 まず初めに、代読・代筆支援の充実についてであります。

 日常生活を送る上で、読むことと自己の意思をあらわすための書くことは必要不可欠の行為でありますけれども、高齢化の進展に伴い、視覚障害者だけでなく、視力の低下した高齢者の方など、読み書きに支障がある方への支援の必要性が高まってきております。

 例えば、金融機関や役場から送られてくる通知など社会生活を送るために必要な書類を受け取っても、目が不自由なために確認できないという事態に悩む人は少なくありません。東日本大震災では、多くの被災者が避難生活を送る中、避難所などに提示された各種お知らせ等がみずから読めず、周囲に読んでくれる人もいなかったため、必要な救援物資を受け取れなかった高齢者や障害者もあったとの指摘もあります。こういった読み書きに支障がある方への支援は、共生社会の実現に向けても重要な課題となります。

 そこで必要となるのが、目の不自由な方を対象とした代読・代筆などの読み書き支援の充実であります。我が家でも、母に届く郵便のほとんどは、母は読まずにそのままとなっていることが多いですので、家族が確認をしなければいけない状態であります。読み書きに支障がある方々に対する意思疎通支援は、視覚障害者だけでなく高齢者にとっても大変重要な支援ではないかと考えております。障害者だけでなく潜在的なニーズも、代読・代筆支援は潜在的なニーズもかなり多いのではないかと思います。

 そこで質問をします。

 まず最初、今現在、視覚障害者の方への支援の現状をお知らせください。お願いいたします。



○議長(水野晃君) 堀場生活福祉部長。



◎生活福祉部長(堀場昇君) 障害者の方への支援には、障害のある人がみずからの意思によって、地域で安心して暮らせる社会を実現するため、障害者総合支援法に基づき、障害者福祉サービスや地域生活支援事業を実施しております。特に視覚障害者の方には、訪問系サービスの同行援護や地域支援事業の移動支援を行い、補装具、安全のつえだとか日常生活用具などを交付しております。

 また、町では各種の手当、タクシー利用料及び医療費助成など、障害の等級や個別の状況に応じて支援を行っており、点字の広報や声の広報を社会福祉協議会やボランティアの協力を得て配布をしております。

 以上です。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) 視覚障害者の方への支援は、同行、移動支援、点字・声の広報の配布ということでございました。

 一般社会では、目で見て目から得る情報であふれております。それらを、それらの情報が十分に得られないということは、日常生活に何らかの支障を来している人が多いと思います。今、点字とおっしゃられましたけれども、この点字も中途失明者の方にはかなり難しい、声の配布もございますけれども、点字ということであればかなり難しいのではないかなというふうに私は推測しております。

 2番目の質問に移りますけれども、現在、聴覚障害者の方のための手話通訳や要約筆記の派遣はある程度行われておりますが、視覚障害者の方への読み書き支援は現在行われておりません。代読・代筆と言われる読み書き支援の必要性はどう考えておられますでしょうか。



○議長(水野晃君) 堀場生活福祉部長。



◎生活福祉部長(堀場昇君) 障害者の方のコミュニケーション手段について愛知県では、平成28年10月18日に手話言語の普及及び障害の特性に応じたコミュニケーション手段の利用促進に関する条例を公布しました。この条例の制定の趣旨は、全ての県民が障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合うこと、また、手話を初め障害の特性に応じたコミュニケーション手段を利用することの重要性を認めるとともに、その選択の機会の確保及び利用の拡大を図ることを基本理念としております。加えて、大規模災害時においては障害者の安全を確保するためにも、障害の特性に応じたコミュニケーション手段の利用が必要であるとしています。

 これまで町は、聴覚障害者の方に対しまして手話通訳の個人や各種行事への派遣、要約筆記のボランティア協力を依頼してまいりました。

 なお、この県条例におきまして市町村では、関係団体と協力して障害の特性に応じたコミュニケーション手段に関する啓発と学習機会の確保に努めることも規定をしており、視覚障害者の方に対する代読・代筆支援はその支援の一つと位置づけられ、町としましても必要性があるものと考えております。

 以上です。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) 今おっしゃられたとおり、愛知県の条例のほうにも代読・代筆が記載されたところでございます。必要性を感じていただけてよかったです。

 私は、潜在的な、例えば障害者の総合支援法で規定はしておりますけれども、障害者の方だけでなく、本当に潜在的なニーズはかなりあるのではないかなというふうに思っています。大人になってから視力障害になると、子どものころからの視覚障害者と違って聴覚に頼る生活には順応しにくい、かなり順応しにくいのではないかなというふうに思います。

 また、読み書き支援を必要とする人の中には、視覚障害の人だけでなく、例えば、学習障害の一つであるディスレクシアと呼ばれる方ですね、ディスレクシアは難読症とも言われていまして、識字障害、読字障害とも呼ばれておりますけれども、知的能力及び一般的な理解能力などは特段の異状でもないにもかかわらず、文字の読み書きの場面において著しい困難を抱える障害のことでありますけれども、俳優のトム・クルーズさんやスピルバーグさんは、監督のスピルバーグ監督なんかは、みずからディスレクシアであるということを告白しております。

 それから、お年寄りの方には読み書きの学習を十分に受けられなかった方や、高齢者の方でも加齢によって文字が読みにくくなるだけでなく、書かれた内容も理解しにくくなったり覚えられなかったりというふうに、また現在は外国人の方も非常に多い、在住外国人や帰国子女の方たちなど読み書き支援を必要とする方、かなりニーズは多いと私も同様に思っております。

 3番目の質問に伺います。

 小牧市、春日井市では、読み書き(代読・代筆)支援基礎講習会が行われたと聞きます。豊山町でも開催を希望しますがその考えはございますでしょうか。お願いいたします。



○議長(水野晃君) 堀場生活福祉部長。



◎生活福祉部長(堀場昇君) 近隣市では、視覚障害者はもちろんのこと認知症の高齢者がふえている現状を受け、市民に視覚障害者や代読・代筆支援について認識をしてもらうことを目的に、読み書き支援基礎講習会を開催していると伺っております。

 本町では、社会福祉協議会が平成26年3月に策定をしました第2次豊山町地域福祉活動計画の中で、ボランティア活動の強化として、各種講座の実施を事業の目標としており、町と社会福祉協議会では、これまで手話のレベルアップ講座や点訳講座の開催を共同で実施をしてボランティアの育成及び活動の多様性、充実性を図っております。

 このようなことから、代読・代筆支援講座につきましても、社会福祉協議会と連携し講座の開催に向けて検討をしてまいりたいと思っておりますのでご理解をよろしくお願いをしたいと思います。

 以上です。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) ぜひとも検討をよろしくお願いしたいと思います。

 私も小牧市の講習会の様子を少し見学させていただきました。代読などはヘルパーなんかが行ってみえるとは思いますけれども、一定のスキルとまでは言わないのですけれども、技術といいますか、わかりやすい話し方とか、通常の方でも、広報も音訳ということで、何回もテープで聞き直せばいいのですけれども、通常の方でも、話している言葉を覚えることができるのは、せいぜい2、3行程度しかないそうです。それを一度にばっと言われてもなかなか理解ができない。それ以上の情報は忘れていくそうですので、そんなこつとかを講習で学べば、学べられれば非常に役に立ちますし、また、視覚障害者の方への気持ちにも寄り添えるのではないかなというふうに思います。

 本当に、先ほど言われましたように、社会福祉協議会ではいろいろなボランティアの養成講座を行っておりますけれども、この代読・代筆も選択していただければなというふうに、よろしく検討をお願いいたします。

 それでは、2番目の質問に移ります。

 熊本地震に学び防災対策の見直しをということです。

 私、この10月に、自治体の防災・減災マネジメントの講習に参加させていただきました。そこで熊本の益城町の様子を聞きました。4月14日、16日と二度にわたる震度7の地震による被害に遭われた方々に、この場をおかりして一日も早い復興をお祈りしていることを申し上げます。

 益城町では、約1万4,000世帯で、全壊が2,309棟、半壊が2,452棟、一部損壊が5,209棟と非常に多くの建物が壊れ多数の避難者となりました。大規模体育館を2カ所、小・中学校も破壊、災害対策本部となる役場庁舎も被害を受け、100平米程度の児童館の一室に、職員、他自治体の応援職員、自衛隊などでごった返す。机や椅子がない。電話、パソコン、プリンター、ファクスを置く場がない。災害対策本部や会議をする部屋がなく、防災関係機関との連携をとるのが非常に難しかったということをお聞きしました。

 また、益城町職員数192人のうち161人が避難所等へ、本部にはわずか31人。これは発災1週間の4月21日のことでございます。災害時には通常の10倍の仕事量と言われております。被害やニーズの情報の収集・整理・共有、また、災害対策の立案・実施するには本部職員が少な過ぎたのではないか。このことをぜひ教訓にしなければならないと考えます。

 そこでお聞きします。

 想定外の災害でも、豊山町で災害対策本部が速やかに設置できるように、役場以外の代替地は決めているかどうかお聞きします。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 本年4月に、熊本県を中心に震度7の内陸直下型の地震が発生し、益城町を初めとする多くの自治体に甚大な被害をもたらしました。とりわけ、耐震対策がとられていない一部自治体の庁舎等が損壊し、災害対策の中心となるべき本部施設が機能しなかったと聞いています。

 災害発生時に本部施設が損壊するということは、同時に、非常用電源はもとより、国や県、関係機関との通信手段を失うことになります。電気もない、情報もない、倒壊の危機により関係書類が持ち出せないような状態での災害対応は、困難を極めたのではないかと想像ができます。

 本町が災害時に対策本部の設置を予定しているのは、役場の本庁舎、ここになります。本庁舎は平成8年に建築された施設であり、新耐震基準を満たしており、南海トラフ地震で想定する震度6弱規模の地震には十分に耐えられるようになっております。また、役場本庁舎は、町有施設の中で最も耐震性の高い施設ですので、現時点で、本庁舎の次はどこというような具体的な代替施設は決めておりませんが、損壊を免れた施設の中から対策本部の設置に最も適した施設を選定していきたいと考えております。

 以上です。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) 最も耐震性が高いのはここということで少し安心しましたけれども、二度にわたる震度7が来ないとも限りませんので、被害を免れたところから考えるという頭を持っていただけたらそれが一番重要なことだと思います。

 先ほども、益城町に通信手段がなくというふうにお話しされたのですけれども、2番目の質問ですけれども、やはり避難所での情報の収集・共有ということは非常に重要なことだと考えておりますけれども、その避難所での情報の収集・共有をしやすくするために、主な指定避難所にWi−Fi設備などをつけてはどうでしょうか。そのお考えをお答えください。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 主な指定避難所にWi−Fi設備の設置というご質問にお答えいたします。

 町内のWi−Fi設備の普及としましては、災害対策を目的とした設置ではございませんが、今年度の予算で交流拠点環境充実事業として設置を予定しております。本町を訪れる観光客の利便性を図るため、航空館boon、そのほか役場、社会教育センター、中学校など6カ所のとよやまタウンバスのバス停付近にWi−Fiのアクセスポイントを設置するものです。アクセス範囲が半径100メートルと聞いておりますてので、災害時には一部の避難所からもご利用いただけると考えております。

 また、災害発生時に主要な避難所の通信手段を確保するため、NTTの特設公衆電話の設置を検討しております。特設公衆電話とは、NTTがあらかじめ主要な避難所に電話回線と電話機のモジュラージャック等を設置するもので、災害発生時には電話機を接続するだけで速やかに通信を確保するというものです。Wi−Fiと違い、通信回線が回復すれば停電時にも使用することができますので、避難所の有効な通信手段と考えております。

 以上です。



○議長(水野晃君) すみません。

 傍聴者の方、議場では静粛にお願いします。

 では、続けます。

 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) Wi−Fiは航空館boon、役場、社教、中学校のバス停に交流拠点事業として今年度つくということで、半径100メートルのところが受信できるということで、ほぼ避難所のなるところでもできるということで、そのほかのところですかね、NTT特設公衆電話を検討しているということですね。これは停電時にも使えるということですので、ぜひとも防災対策として進めていただきたいと思います。

 次に行きます。

 熊本の被災地に視察に行った同僚議員より、現地ではブルーシートがかなり足りなかったと聞きますが豊山町の備蓄はどうか。かなり必要性が高かったということですけれども、ふやす考えはあるかどうかお聞きします。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) ことし4月に発生した熊本地震のニュース映像を見てもわかりますように、避難所の運営や倒壊家屋の雨漏り対策としてブルーシートが有効であることは十分理解しております。

 また、いざ地震災害等が発生すると、しばらくの間はブルーシートが品不足となり入手が困難であることも承知しております。

 その上で、本町のブルーシートの備蓄枚数と考え方を申し上げます。

 本町では災害備蓄品として、ブルーシートを町内3カ所の防災倉庫に合計で82枚備蓄しています。内訳は役場が56枚、磯吉浦21枚、神明5枚になります。

 次に、ブルーシートの備蓄の考え方です。

 ブルーシートは、災害時に避難所等で風雨を遮るために使用することはもとより、避難所の運営上、体育館、教室の敷物として使用したり共用部分の間仕切り等に使用するため備蓄しているものです。自宅避難や個人住宅の雨漏り対策等のため町民の皆さんへ配布するために備蓄しているわけではございません。ブルーシートにつきましては、基本的に今後もそういった目的のために備蓄する考えはございませんのでご了承いただきますようにお願いいたします。

 また、町民の皆様には、ブルーシートの必要性を広報していくとともに、非常用備蓄品の一つとして各家庭でご用意いただくよう周知啓発していきたいと考えております。

 以上です。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) はい、わかりました。

 ブルーシートは、町のブルーシートは避難所用に使うということで、ご心配のあるところは各家庭で備蓄をお願いしたいということですね。

 今おっしゃられたとおり、住民個人の備えも私非常に重要と考えております。それにしてはちょっと住民の方の意識がもう少しあるといいなというふうには考えておりますけれども、住民の備えも非常に重要と考えておりますが、災害用備蓄条例とか防災対策推進条例などを制定し、意識の向上に努めてはどうでしょうかお聞きします。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 防災対策条例、防災基本条例につきましては、愛知県を初め岡崎市、豊田市などで制定されております。これらの条例は、災害から住民の生命と暮らしを守るため、みずからのことはみずからで守る自助の理念、地域において助け合いお互いを守る共助の理念、公が住民及び事業者を災害から守る公助の理念に基づき、相互に連携・協力し合い、継続して防災・減災対策に取り組むことを目的としております。

 そのため、住民、事業者、公が適切な役割分担のもと、協働して地域防災力の向上を図り、一体となって災害に立ち向かう決意をあらわすために条例を制定するものになります。

 また、災害用備蓄条例につきましても、備蓄部分について同様の役割等を明確にするために制定するものでございます。条例の制定により、個人、地域、事業所、公の役割が明確になり、防災意識の向上に一定程度の効果があるものと考えます。

 しかしながら、条例の内容は、地域防災計画に記載されている骨格部分をわかりやすくまとめたようなものであり、個々に権利を与えたり義務を課すものではなく、何々に努めるものとするなど努力義務を課する表現にとどまっています。

 本町としましては、条例の内容が地域防災計画に記載されている内容であること、公として当然行わなければならないものの再掲であること、拘束を求めない努力義務の範疇にとどめていることなどから、現在のところ条例という形での事業推進は考えておりません。

 今後も引き続き、町民や地域、事業所の皆様に対し、自助・共助・公助の理念に基づいて周知啓発を図りながら、地域防災力の強化に努めてまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) 想像どおりの答弁でございましたけれども、私、これ、つくれと言われれば、条例をね、できますわね。書けばいいだけですので。住民の方の一定の向上はあるなということなのですけれども、非常に防災安全課は結構勉強をしてみえますので、どういうふうにつくればいいかというようなことも検討してみえると思うのですけれども、私はつくり方だと思うのですよ。ここで議員が言ったから、はい、つくりました。じゃあ皆さんが備蓄するかと言ったら、そんなものではないということは十分承知していますけれども、住民と一緒に考えながら条例も制定していく。防災計画を熱心に読んでみえる方がどこまでいるかということもまたあれですし、それをわかりやすくするのも町の仕事だと思いますので、そこをどういうふうに住民の人を巻き込んでいくかということも考えていただいて、ワークショップではないですけれども、住民と一緒に、町民討議でもありましたけれども、ああいうふうに住民と一緒にちょっと話せば意識も持って、そこで条例を制定すれば、あっ、自分たちもやらないといけないなということも出てくると思いますので、今のところは考えていなかったですけれども、私はつくり方だと思いますので検討をお願いしたいと思います。

 では、次の質問です。

 磯吉浦防災倉庫が大雨のときの使用に不安との住民の声を多く聞きます。代替地を考えてはどうでしょうかお聞きします。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 昨今は、地球温暖化による海水温の上昇や異常気象などの影響により、ゲリラ豪雨や、同じ場所に長時間大雨を降らせる線状降水帯の発生など想定外の水害に見舞われる可能性があります。

 本町でも町域の西南地区の地積が低く、ゲリラ豪雨などの災害の際には一時的に浸水する箇所があることは認識しております。とりわけ、磯吉浦防災倉庫が所在する久田良木川と堂前川が交わる周辺では本町でも特に浸水しやすい地域であり、そういった場所に防災倉庫を設けていることの是非については、ご指摘のような不安が全くないとは考えておりません。

 町では、防災倉庫を役場、磯吉浦、神明公園の3カ所に設置し、それぞれの施設に災害資材や食料等を分散して備蓄しております。磯吉浦倉庫は他の施設と比べ収容能力がありますので、かさばるものや重量のあるものなども備蓄しています。中には、土のう、スコップ、一輪車など浸水時に使用するものも含まれています。これらのものは、気象情報により浸水が予想される場合には事前に運び出すなどの災害対応に支障のないように準備のほうは行っております。

 磯吉浦には、できる限り浸水時に使用しないものを中心に備蓄していきたいと考えていますし、特に1階部分には、たとえ浸水したとしても使用に支障のないものを備蓄しています。

 また、どこか代替施設を考えてはというご質問ですが、現実として、磯吉浦倉庫と同規模の施設を建設できるような未利用地を町は有しておりません。他の場所に用地取得などをするなどの方向で防災倉庫を建設する予定は現在のところはございません。

 以上です。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) 現実として、同規模の未利用地がないのは私も承知しておりますが、随分あそこはちょっと不安なので質問をさせていただきました。未利用地があれば考えるということでいいですかね。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) それは予算を伴いますので、一概に、もう、当然その必要性は認めますけれども、予算の都合がありますので簡単なお答えはできません。

 以上です。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) そういうことらしいです。失礼いたしました。

 では、最後の質問に移ります。

 今回の研修の講師の先生は、東松島市の復興の対策に非常に高く評価をしておりました。災害対応のノウハウをぜひ聞いてみたいなというふうに研修では思いました。

 当町も職員を派遣しておりますけれども、フィードバック等どうしているかお聞きします。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 本町では、東日本大震災の復興支援として宮城県東松島市へ平成26年度より職員1名を1年間の任期で災害派遣しています。また、本年度はそれに加え、ことし4月に発生した熊本地震の被災地を支援するために、9月9日から16日までの1週間、熊本県上益城郡御船町に職員1名を派遣しました。災害派遣職員の報告会は毎年開催し、ことしは御船町派遣職員報告会を12月7日に開催しました。報告会では、被災地で経験した体験や感想などを報告しています。報告会に参加した職員からは、災害の悲惨さや被災地での貴重な経験談などを聞けて参考になったという意見が聞けました。

 これからも報告会などを積極的に開催し、他の職員へノウハウをフィードバックしていきたいと考えております。

 以上です。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) 防災に対して町の、私は一定の評価をしております。BCP、事業継続計画も県内でも早目に策定され、町内職員の研修も行いフィードバックもされているというお話を聞きました。

 これをどう住民に広げていくかというところが一番の問題だと思います。コミュニティの問題もあり、非常に、どう進めていくのか頭を悩ませているところかなと考えておりますけれども、本当に、悲惨さやその体験や経験が参考になったということですので、私も通告の後、12月7日開催するよと伺ったのですけれども、ちょっと日程が合わず伺えなかったのですけれども、ぜひとも、熊本、毎年やるということですので、フィードバック、議会のほうにもお知らせいただけたらなというふうに思います。

 この、本当に経験、その経験を共有するその方法などもしっかり調査研究していただき、住民を巻き込んだ形で、本当に災害は忘れたころにやってきますので、本当にこの、熊本の……熊本だけでなく災害が各地で起きておりますので、これを対岸の火事にしないことを豊山町は行っていきたいなというふうに思っておりますのでよろしくお願いいたします。

 私の質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君の質問が終わりました。

 ここで昼食休憩といたします。再開は午後1時からとなります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後0時0分 休憩

     午後1時0分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(水野晃君) それでは、昼食休憩を閉じ再開いたします。

 次に、8番大口司郎君の発言を許可します。

 大口司郎君。



◆8番(大口司郎君) 8番大口司郎でございます。

 議長のお許しをいただきましたので、通告に基づき、県道名古屋・豊山・稲沢線歩道についてご質問をさせていただきます。

 この問題は、県道ですので十分なご答弁はいただけないかなとは思っておりますが、県から2名の職員が豊山町にはお見えになっているので、ある程度はお答えがいただけるかなこういうふうに期待をしております。よろしくお願いいたします。

 それでは、質問をさせていただきます。

 MRJ組み立て工場も稼働間近であり、特に朝、夕と社教センターから大山川、めぐみ橋に至る区間においては、人であふれている状況は皆様ご承知のことと存じます。以前よりこの区間は、住民より危険で通りにくいと言われています。

 そこで当局に伺います。いまだ改修が行われていないわけはどうですか。



○議長(水野晃君) 長谷川産業建設部長。



◎産業建設部長(長谷川徳康君) 県道名古屋・豊山・稲沢線の社会教育センターから大山川に至る区間につきましては、平成3年度より供用開始しており、その整備に際しては当時の道路構造基準に基づき、都市計画決定幅員の16メーターで整備されたものであります。そのため、愛知県からは整備済み区間の位置づけであると聞いております。



○議長(水野晃君) 大口司郎君。



◆8番(大口司郎君) 先ほど午前中に、坪井議員からのご質問の中に、部長のご答弁が、県の要望について問題点があればというふうなことを出されておったというふうに聞いていますが、問題だらけの道路であるということをつけ加えておきたいと思います。

 ここは、非常に現在、特にここ一、二年ぐらいになりますか、もうすごい人が朝夕、本当に狭い歩道を行き来しておりまして、非常に危険であるし、一般住民が豊山町の三菱の従業員さん以外の方も当然お通りになる。通勤・通学にもたくさんの方がお通りになるという状況にありまして、確かに16メーターの狭い道路でありますので、歩道も十分に確保できない。以前はそれでよかったわけなんですね、16メーター、この道路を整備するときにはそれでよかった。しかし、現在ちょっといろいろなもので、社教センターから南については20メーター道路になっておると。当然、新しい制度に基づいて整備されておるというふうに承知してはおりますが、特に、自転車が右往左往しまして、非常に危険であるというふうに私は認識しております。

 今までに、いろんな整備をされておみえになるというふうには思っています。インターロッキングの改修をしたり、いろいろ木の根が生えておるところ、切り除いて整備されたとか。先ほどからも道路陥没の話も出ていましたけれども、そういう部分もまだまだこれから整備しなければいけないかな、こういうふうに思っております。

 この問題については、次の質問と関連をしますので、このぐらいにしておきたいと思います。

 次に、この区間は通行者、利用者の多い割には歩道が狭い、先ほどもお話ししましたように。それで、やはり自転車と人を分離することが必要じゃないかと思っております。前回、道路交通法の改正によりまして、自転車は車道を走りなさいということに改正をされまして、歩道を自転車が通過すると違反車両ということで、罰則が与えられるという法律が改正されましたので、当然、できないところにおいては歩道を自転車が通るこういうことである。

 これについて、当局はどのようなご見解をお持ちでしょう。



○議長(水野晃君) 長谷川産業建設部長。



◎産業建設部長(長谷川徳康君) 県道名古屋・豊山・稲沢線の社会教育センターから大山川に至る区間における現在の歩道幅員は、供用開始当時の道路構造基準に基づき、自転車・歩行者道の標準値である2.5メートルにより整備されたものであります。

 愛知県としては、当時の基準として適正であることと、整備済み区間であることから、改めて歩行者と自転車を区分けするための計画は持っていないことを確認しております。

 町としましては、現状幅員16メートルの中で歩行者、自転車、自動車の分離は困難であるものと考えております。



○議長(水野晃君) 大口司郎君。



◆8番(大口司郎君) 16メーターという決められた幅員の中で、いろんなものを取り入れていくというのは、非常に困難なことだというふうに思っております。

 ただし、私もここの道路については十分ないろいろ何回も言いまして、いろんな問題点もあり、また、改善できるんじゃないかということも思っております。

 ちょっと、この問題が同じ内容ですので、議長のお許しが得られると思いますが、通告に入っていないとおっしゃれば、おとめくださっても結構でございますが、愛知県の大村知事が考えておられる航空ミュージアム構想に基づいて、(仮称)航空博物館が建設されようとしております。今後この地域に人が集まり、にぎわいが生まれるというふうに当然そういうふうになります。また、現在空港中央線が、社教センターより国道41号線までの改修が現在行われておりまして、南北線、特に社教センターから大山川めぐみ橋までの改修は急務と私は考えております。

 そこで、1点はそういうことです。それから、2点目に問題は先ほどもお話ししましたが、幅員は16メーターしかないとおっしゃいますが、実際のところ分離するだけの余裕があるところもあるんですよ。特に、西側歩道が部長もご承知だと思うんですが、西側歩道については、2.5メーター以上の幅員を持った歩道整備をされておりまして、そこを改修すれば自転車専用道ができるんじゃないかと思っております。

 それから、今現在、高木がずっと社教センターから41号線までずっと植栽がされておりまして、特に社教センターから大山川めぐみ橋の間の高木が非常に大きくなりまして、私もちょっと本数数えました。現在47本あります。それから、枯れたり倒れたりして、設置をされた木が約10本、現在歯抜け状態ですね。非常に景観がよろしいかといやよろしくないというのがまずあります。

 それから、この高木は非常に落葉樹でございまして、落ち葉がたくさんありまして、当然、先ほどにも他の議員から質問がありましたが、その落ち葉が排水溝にたまりまして雨が降ると冠水すると、そのたびに町の職員は出向いて清掃しておるというのがずっと続いております。もうそろそろそれらのことも改善すべきじゃないか、見直しをしなければならないんじゃないかということを、常に私は考えているんですが、町のほうは、雨が降って冠水すると、慌てて建設部の方が忙しい中行って、清掃しておるというような状況ではらちが明かない。

 豊山町が、これからいろんな方がおみえになる、非常にメーンの場所がそんな状況では、非常に恥ずかしいんじゃないかこういうふうに思います。

 それから、なぜ歩道が通りにくいかと言うと、やはりこの高木のおかげなんですね。高木が、水分、栄養素吸うために歩道へ伸びて、それが歩道の段差を生じておるというのがあります。それから、高木は枝が車道へ飛び出ておりまして、車両と接触するというんですか、ひっかかる事故もたくさん今までありまして、苦情がどの程度町のほうにあったかなと思うんですが、これは、そこまで通告していないので別にいいんですけれども、実際のところはたくさんそういう苦情を聞いております。

 それから、この高木には鳥がたくさん夕方になりますと集まって、下の歩道を通る方々の頭の上から、変な話ふんが落ちてくるような状況なんです。ですから、それらのふん公害も考えていただかなきゃいけない。

 それから、高木が倒れて今まで交通事故がなかったというのが不思議なぐらいなんですが、数本高木が倒れまして、道路に倒れて道路を塞いだということもあります。非常に本当に車だとか、歩行者だとか、自転車だとかというところへ、直接にそれが倒れて当たったら大変なことになるということで、非常に危険であるとこういうことを考えます。それを考えた上で、やはり高木を、あの区域においては高木じゃなくて、低木か中木に見直すということも、ひとつ考えていただかないかんかな、こういうふうに思います。

 それで、改修は今県としては考えておみえにならんという話なんですが、この役場の前の空港中央線、これは県のほうが、今回多額の金を出していただいて改修が行われておるが、なぜ、社教センターから41号まで、特にめぐみ橋の間、この間はなぜ着手されないのか考えておみえにならんのか、ちょっとそこらのところをお聞きしたいんですが、通告にないので、お答えできなければそれで結構です。



○議長(水野晃君) 長谷川産業建設部長。



◎産業建設部長(長谷川徳康君) まず、1点目の県道の西側部分については、歩道については計画幅員以上に十分あるんではないかと、その部分について、歩行者、自転車、車の分離が可能ではないかというふうなお話だったと思います。

 いろいろな計画の中で、都市計画決定は16メーターとされてございます。ただ、現状よく見ていただくとわかりますけれども、この道路については、大山川を渡るときに、橋で制限されている部分が多少ございまして、橋の影響をもって東側の歩道と西側の歩道に若干違いがあるということであります。そのことは、片方が広くて片方が狭いじゃないかということを、多分おっしゃられていると思いますけれども、当時の道路建設のときの都合もいろいろあったというふうに思っておりますし、私どものほうで、その経過について詳しいことは記録してございません。ただ、片方だけ整備することの意味が、どの程度あるのかということから考えますと、人と自転車と車がふくそうした形で、それぞれの道路内に存在するということは、余り好ましいことではないなというふうに考えております。

 町として、そういうふうに思っているということでありまして、愛知県のほうは、この道路については完成した形のものでありますので、その維持管理については、最大の配慮をもって、適正に管理をしていくというふうにおっしゃっているということであります。

 それでもう一点、高木がございます。ケヤキでありますけれども、あれは豊山町のまちづくりガイドラインというものの中で、愛知県が県道整備、植栽計画をするときに、町として、景観ガイドラインではこういう植栽が望ましいと考えていますよということで、要望したものであります。

 それは、特定の樹種をということからすると、一定の特定の樹種を要望の対象として、町の意見として出させていただいて、愛知県は、その中からケヤキを採用なさったというふうな経過がございますので、ただ単に落葉だから見苦しいとか、いろんな災いがあるというふうなお話には、なかなかうまくいかないんじゃないかなと思っています。ただ、常緑であっても落葉はしますので、その辺は、常緑だから大丈夫で落葉だからだめなんだというふうなご意見は、適当ではないんではないかなというふうに思っております。

 いろいろな道路植栽については、いろいろなご意見があるというふうに私どものほうは考えております。仮に町道として、一定の幅員計画をする場合は、一定の緑陰というのは設けたいなというふうに考えておりますし、それが中木であったり、低木であったり、高木であったりということは、その場所その場所で選択をさせていただこうかなと思っております。それは、やはり一定の道路という無機質な空間に、一定のやはり潤いというものは一定程度必要ではないかなということが、背景にあるものでありまして、今、大きくなってしまったので、どうこうということをおっしゃっているとは思いませんけれども、植栽した当時は、本当に木も10センチぐらいの多分苗木だったと思います。それが、二十数年たつとあのように大きく成長してということがありますけれども、それでもやはり、道路がやはり歴史あるだろうと思いますし、景観上もその地域地域の景色となじんてきているんではないかなと思います。

 ただ、倒れたものについてどんどん植栽していくということは、やはり愛知県としてもいろいろと迷うところがあって、現状になっていると思いますけれども、一定程度、年に数回程度の植栽の管理なさっておりますし、そういう時期のちょっと前になると、少し景観上どうかなということありますが、全体としては、少ない予算の中で適正に管理していただいているんではないかなというふうに思っております。

 町のほうは、先ほど坪井議員からも道路が冠水する部分があるという話の中でお答えをさせていただいているところでありますけれども、私どものほうは、やはり道路の中に一定の潤い空間があることを前提に、県道だから管理しないよ、県道だから何かやらないよということはなくて、やはり車両の交通安全対策上、木があるからということではなくて、やはり道路に関してしづらいところがあれば、対応ができることについては、職員のほうでやれることは、町のほうでやらせていただいているということで、大変忙しいのにというふうに、ありがたい言葉いただいておりますけれども、やはりそれも、残念ですけれども道路にある条件として、私どもは仕事の中で適正にやっていきたいなというふうに考えております。

 もう一点、次の件です。高木の根によってというようなことがお話があったり、野鳥ということで、いろんなことがあるんですけれども、少なからず、ケヤキの根によって歩道のでこぼこがあって、これまでも何度も愛知県のほうに、実はこういう状況については適正にお願いいたしますということでお願いしておりまして、その中で、ほとんどお願いした区間については、非常に早く根切りをしてブロックの並べかえをやっていただいてきております。

 ですので、私どものほうとしては、確かに古いタイプのインターロッキングブロックでありますから、多少ひっかかりがあるかもしれませんけれども、目立つようなところについては、県のほうもきちっと点検をやってございますし、私どものほうからも、そういうご意見があれば、愛知県のほうにお願いをしてやっていただいております。ですので、その点につきましては、まあまあ愛知県も相当積極的に対応していただいているものではないかなと思っております。

 もう一点、事故があったかなしかというようなお話がありましたけれども、私どものほうも、職員は全く普通に公用車走っているわけではありませんで、実際に木の状況がうまくない状況があれば、愛知県のほうにお願いをして、枝を伐採してもらったりして、通過交通の邪魔にならないようなことについても、私どものほうも配慮しておりまして、そのことについて、町に事故にあったとか車が傷んだという話は、私が聞く範囲では、私は1回も経験をしていないというのが実態であります。

 もう一点、野鳥の話もございましたけれども、ちょっと初めてその話は聞きまして、実際には野鳥の話はそこそこで、電線の下でもございますので、いろいろあると思いますけれども、あそこの道路に限って、実は歩いていてふんが落ちて大変なことになっちゃったというふうな話までは、私はちょっと把握をしておりません。

 最後に、愛知県に高木を低木とか中木にしたらというふうに、検討してもらったらどうかというふうなお話がございましたけれども、そもそも、景観上あの樹種を選んで、あの構成をお願いしたのは町であります。現状、たまたま25年ぐらいたって、いろんな状況が生まれているのは事実であります。ただ、愛知県は、愛知県に限らずどこの自治体も、高木の倒木による実は死亡事故とか大規模な事故が起きて、今、非常に深刻な問題として捉えております。

 実際には、全ての木をチェックしながらどうだろうかというふうな判断を、現在実際にはおやりになられているんです。ただ、むやみに木を切るということも、なかなかやはり一つの意見としてはありますけれども、片方の意見としてはそうでもない意見もやはりあるということで、やはり今のところは、適正に管理をしていくというのが、最も効果的ではないかなというふうに思われているんではないかなというふうに思っています。ですので、現状のものを大きく変更したいというのは、まだまだそこまで多分愛知県内の論議が、県庁内の論議はそこまで至っていないんではないかなと思っておりますし、町のほうとしては、悪いところがあればご連絡をして、事故がないようにというふうな対応は、今後も継続していかなきゃいかんなというふうに思っております。

 以上であります。



○議長(水野晃君) 大口議員、一問一答の趣旨に基づき、通告に基づき1問ずつ質問してください。

 大口司郎君。



◆8番(大口司郎君) 今の部長のお話で、ちょっと質問の内容を変えなきゃいかんかなと思っていますが、基本的には、今ご答弁いただきましたが、木の話がそもそも一番根源にあるとこういうことになっておるということなんですね。

 分離する、通告書に基づいてご質問しているわけなんですが、分離するということは、全く今のところお考えないというようなご答弁ですが、非常に危険だというところの部分と、分離ができないというのは非常に話がちょっと合わないですよね。安心・安全な対策という話になりますと、ちょっと分離しなくて安心・安全ならばいいんですが、安心・安全はどのように、じゃ、お考えなのか。



○議長(水野晃君) 長谷川産業建設部長。



◎産業建設部長(長谷川徳康君) 大口議員のご質問は、危険だから分離すべきだというお話だけれども、町のほうは、分離することが危険だということが、どうも整合しないんではないかというふうな、ご趣旨のご発言だったというふうに思いますけれども、私どものほうが考えておりますのは、現状、16メーターの中で一定の幅員を、整備基準としてはちょっと古いタイプの整備基準ではありますけれども、自転車・歩行者道として現状の歩道については整備されていますよと。その中で、交通量に応じて車道幅員が定められておりますので、自転車を外側に出して車道側に出してやること自体は、交通量との関係からすると危険ではないかということを言っておるものでありまして、現状の中で、一定のマナーを守っていただきながら、通行していただくということしか、今の16メーターの中ではないんではないかというふうに、私どものほうは考えています。

 それで、愛知県はどう言っているかといいますと、そもそも整備済みの都市計画決定道路として整備した区間について、管理の世界に入っているので、それは改めて何か掘り返して、例えば全ての幅員構成を変えたりとか、水路を全部に出したりということはこの計画上はないと。

 空港中央線の場合は違う、こちらはやはり新しい活性交通があるものに対して対応していくということでやっておりますので、そういうものが、大きく変化がないものについて、現状の中で適正管理に愛知県は努めさせていただきますと。一定程度の情報については、市町村さんのほうでぜひ情報提供をお願いいたしますというふうなお話の中でやっているふうでありますので、これは、大口議員と私どものほうの考えが、すれ違っているというわけではないなというふうにご理解いただければなと思っております。



○議長(水野晃君) 大口司郎君。



◆8番(大口司郎君) ちょっと話が平行線かな。私前段で、愛知県の大村知事がお考えである航空ミュージアム構想に基づいて、今、空港中央線の整備がされているんじゃないかというふうに考えておりますので、そういう見地から考えますと、少なからず社教センターから大山川めぐみ橋の区間においても、やはりそのエリアじゃないかというふうに私はお尋ねをしておるわけでございます。ですから、ここを安心・安全対策をとるべき地域じゃないかと。愛知県の道路でございますので、そういうふうに私はお話をしておるわけでございます。

 どうも平行線なので、まとめます。

 今後、私の考えでちょっと述べさせていただきたいんですが、その区間においては、非常に景観を損なう可能性もあるとは思いますが、高木をその区間撤去いたしまして、車線を整備、変更することによって、歩道幅員を確保し、自転車専用道路が補填できるというふうに思っておりますので、ぜひ、この点をちょっと調査していただきまして、現状調査をしていただきまして、県のほうに要望はお願いできたらというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(水野晃君) 大口司郎君の質問が終わりました。

 次に、2番山本亮介君の発言を許可します。

 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) 2番山本亮介です。

 学習等供用施設の備品、管理・運営についてということで、質問をさせていただきます。

 まず、冒頭お話ししておきたいことは、この冨士学習等供用施設、説明文によりますと町南部地域の共同利用施設、また、生涯学習活動の場として、平成15年に新築、完成した。地域での集会、卓球や体操などの軽スポーツ、文化活動、各種団体の会議、研修などに利用できる。この施設で卓球を楽しんでいる住民のグループから、卓球台が1台しか使えなくて困っているという声をお聞きしまして、この供用施設について、冨士だけでなく東部、新栄と調べさせていただいたときに、そこで施設の備品管理、運営について、少し改善したほうがいいのではないかと思う点があったので、この一般質問の中で質問、要望をしていきたいと思います。

 それでは、最初に幾つか確認をしていきたいと思います。

 まず、この3カ所の学習等供用施設には、それぞれ集会室があります。そこは、老人会の食事会や集会、会議、卓球やダンスなど、さまざまな用途で利用されております。この集会室にある机、椅子、卓球台の備品の数をそれぞれ教えてください。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) それでは、集会室にあります備品の数を報告いたします。

 冨士学習等供用施設は机が23脚、椅子が78脚、卓球台2台、東部学習等供用施設は机が30脚、椅子が87脚、卓球台が3台、新栄学習等供用施設は机が26脚、椅子が97脚、卓球台が2台でございます。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) それでは、3カ所の学習等供用施設の集会室の面積をお答えください。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) 集会室の面積をご報告申し上げます。

 冨士学習等供用施設は116.87平方メートル、東部学習等供用施設は116.87平方メートル、同じでございます。新栄学習等供用施設は118.86平方メートルでございます。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) ありがとうございます。

 大体この面積同じぐらいということなんですけれども、備品の数に結構違いがあると思うんですね。これ、今椅子の数なんかを見ましても、78、87,97というふうになっていたり、施設ごとに備品の数の違いがあるんですけれども、どういった理由があるんでしょうか。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) 数の違いにつきましては、各学習等供用施設の集会室備品は、基本的には同数としております。ただ、倉庫の大きさ、また購入時の状況等により、収納が決まっております。また、地区の秋祭り等に貸し出しをするために、買いかえ以前のものを保管している施設もありますことから、差異が生じております。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) それでは、備品の購入は、この学習等供用施設というのは、指定管理制度を使ってシルバー人材センターが行っているわけですけれども、この備品の購入は、指定管理を受けているシルバーが行うのか、あるいは町が行うのか教えてください。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) 備品の購入につきましては、町が行っております。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) 確認なんですけれども、シルバーが購入するものというのはないのでしょうか。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) 一応、行政のほうは1万円を超えるものについては、一応備品というふうに考えておりまして、あと、若干1万円に近い、ごく近い少額のものにつきましては、指定管理のほうが用意する場合もあると認識しております。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) わかりました。そうしたら大筋のところに入っていきたいと思います。

 この卓球そのものについては、ご存じのとおり多くの高齢者が楽しめる、健康増進につながる、大変町にとっては重要なものであると考えておりますけれども、この卓球台ですね、現状を確認したところ、さっきご答弁があったように冨士に2台、東部に3台、新栄に2台置かれております。しかし、現状はそうなんですけれども、冨士学習等供用施設の卓球台は、一時期この1台が壊れていたため冒頭でもお話ししましたように、1台しか置いていなかった時期がありました。

 どういうことかと申しますと、壊れたものを確認させていただきました。そうしたら、台と台をくっつけるために爪の部分があるわけなんですけれども、この爪の部分が壊れていると。壊れた位置以外でも爪の場所を変えれば、変更すれば何とか使えるので直してほしいということで、シルバーの方に直していただいて、現在使っているわけでありまして、使えるように要望して今2台あるということになっております。

 また、卓球台に関してはホームページだと2台ずつというふうに書いてあるわけなんですけれども、冨士のNo.1とNo.3というのが存在していまして、この冨士のNo.2というのが今東部で使われていると。それが、平成20年の段階で東部に3台あったということなんで、基本的には3台置かれている施設もあると。

 ちょっとホームページの情報が違う部分があるんですけれども、いずれにしましても、1台しか卓球台がなくて、卓球をやめられた方がおるという話を聞きました。3台あればもっと多くの人が利用できますし、実際、3台使って利用していた人もいらっしゃると、なので、3台欲しいという声があります。

 何であれかと言いますと、盤面が壊れていて、エッジのところが壊れていてエッジボールだけでもちょっとえぐいんですけれども、エッジボールがそこに剥がれているところに当たると、イレギュラーで卓球にならなくなってしまう、どこ飛んでいくかわからないから。そういうような状態になっておるわけなんですけれども、こういう状態になっているのを、やはりしっかり対応していく必要があると、利用者の立場に立ってできるだけ早く対応してほしいと、やはり傷ついたり壊れたりしているものを、我慢して使っておられるので、足りないものはすぐに対応をお願いしたいということですけれども。

 すみません、もう少しで質問に入っていきます。

 このような問題など、利用者の声や施設の現状が行政に届くには、幾つものステップが必要と推測されております。具体的に申し上げますと、利用者の要望や声は管理人に届けられ、管理人のリーダーが管理人の声をまとめ、シルバーで各供用施設の声をまとめて判断し、シルバーでやれることはシルバーでやって、できないことは社教センターに頼んで、今度社教センターから町に話が行くというような、伝言ゲームというか、そういったことが考えられるわけなんですけれども、そういった意味では、先ほども言いましたように、幾つものステップが必要だと推測されるわけです。

 指定管理者であるシルバー人材センターとの連携を、どのように行われているのか教えてください。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) 備品を壊れたまま放置しましては、そういった部分もあることがわかりましたので、大変申しわけないと思っております。

 ただ、先ほどのちょっと補足になるんですけれども、私ども備品につきましては、修理できるものは極力早期に修理をいたしまして、それで、修理できないものにつきましては、買いかえをしたいというふうに考えております。

 また、シルバーとの連携をどのように行われているかとの問いにつきましては、毎年5月、9月、12月、3月の年4回ほど、学習等供用施設の指定管理者と打ち合わせ会議を定期的に行っているところでございます。

 また、管理・運営上に問題が発生した場合につきましては、随時打ち合わせ会を開くという形になっております。

 また、これらの会議以外に利用者からの要望、もしくは苦情を受けたり、大きな修繕が発生した場合については、その都度連絡をすぐいただくようになっております。

 以上でございます。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) 今、修理できるものは修理してというお話があったと思うんですけれども、私も自分の何か壊れたときに直せるものは直して使ったり、あるいは買いかえたりするわけですけれども、今回の卓球台に関して言えば、すごい古い卓球台になっていて、修理するのにも、修理するものが部品がなくて修理できないということがあって、今、無理くり使っている状態でありまして、住民の立場から考えますと、やはりそういったものに関してはもう修理できないものに関しては、今、無理くり修理しているわけですけれども、修理できないものに関しては、やはり適宜買っていく必要があるのかなと申しておきたいと思います。

 それから、最後に幾つか備品の購入、更新について要望をさせていただきたいと思います。

 卓球台に関しては、ぜひ新しいものを、壊れているものではなくやはり新しいものをしっかり買ってほしいということをお伝えします。そして、備品これから上げるものに関しては、実際こうなっているからかえてほしいということをお話ししていきますけれども、1つずつお話しさせていただきたいと思います。

 まず、机なんですけれども、机は冨士学習等供用施設がいろんなものがまざっている状態になっております。新栄と東部は、1つの種類の机がたくさん使われているわけなんですけれども、これが、平成15年のものがあれば何と昭和60年のものもあるという状態になっております。これは、使えるものは引き続き使っていこうということで、恐らく冨士で使われているんではないかなと思われるわけですけれども、あるいは、16年東部の建てかえのときは、助成金を使って新しいものに全て切りかえたと聞いております。新栄も新しいものを買ったとお聞きしておりますけれども、冨士だけ古いまだ状態の机ありますのでお願いしたいと思います。

 それから、あと3つあるんですけれども、すみません。椅子に関しては、先ほど冨士供用施設78脚というお話がありましたけれども、これ実は、22台不用品、使用禁止のものがありまして、これ、何で禁止なのかいろいろ調べてみますと、この22個の椅子の中には、椅子が古くて、椅子の脚にキャップがついているものなんです。このキャップがなくなったりして床に傷がつくからということで、どうもその椅子が使われていないということなんです。ですので、こういうキャップがなければ使えないような椅子をずっと使うのかどうかということも含めて、更新を考えていただけたらなと思っております。

 それから、あと2つですけれども、ロッカーですね。当番の人が私物を入れることができるんですけれども、冨士は実はロッカー1つしかないんですね。ほかを見てみますと東部が5つ、新栄が2つとなっておりまして、やはり男女分けて使えるようにすべきと考えております。ですので、現場の声をお聞きいただいて、ぜひロッカーのほうもお願いしたいと思います。

 それから最後に、アンプなんですけれども、これアンプがCDが使えない、これまた冨士だけCDが使えないアンプになっている、カセットしか使えない状態になっていて、そういうものを使う場合は、社教センターに借りに行かなければならないとそういう状況になっておりまして、こちらのほうもぜひ更新をお願いしたいということで、ちょっとまとめてしまったので、多くの要望になってしまいましたけれども要望といたします。



○議長(水野晃君) 飯塚教育次長。



◎教育次長(飯塚泰行君) 備品の更新につきましては、何度も同じ答えになってしまいますけれども、基本的には、修理できるものは修理をして、修理できないものについては、基本的には更新をしていきたいというふうに考えております。

 それで、冨士の椅子と机の話がございましたけれども、これは先ほど答弁をいたしましたけれども、冨士の場合は、地区で外で椅子と机を使いたいというご要望があります関係で、そういった脚のキャップの壊れたものを利用させていただいているということで、それを保管の場所が集会室しかありませんので、そこに保管をしたりという形で、外利用のものについては使用禁止という表示がされておりますので、ご理解いただきたいと思います。

 東部と新栄の改修前の机や椅子につきましては、これは豊山グランドのほうの倉庫のほうで利用させていただきまして、グラウンドでする競技の部分について、椅子とかそういった形に利用させていただいているところでございます。

 それから、ロッカーにつきましては、基本的には管理人さんといいますか方々の部屋の大きさによって、どうしてもロッカーの置くスペースが限られてしまいますので、それはご理解いただきたいなと思っております。

 それから、カセットテープにつきましては、カセットテープの使えるもの、また使えないものがさまざまありますけれども、今、カセットテープというのはほとんど特殊なものになってしまいました。そういった部分から、カセットをご利用の方については、大変申しわけないんですが、持ち込みという形でお願いしたいと思っておりますし、また、CDにつきましても、そういったものは極力あれば新しいときに交換を図っていきたいと思っておりますけれども、なければまた持ち込みという形で一時的でも構いませんが、ご理解いただきたいと思っております。

 そんなようなことでよろしいでしょうか。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) 一つ一つ教えていただきありがとうございます。

 僕も先ほどから引き続きになってしまいますけれども、やはり修理できるものは修理するというものもやはり限界があると思います。そして、古いものを使えるから使い続けるというのも、結局後で壊れたときに部品がなくて修理できないとかっていうことがあったりすると思うんで、買いかえの時期なんかは、そこら辺を見計らってやっていくべきじゃないかなというふうに思いました。

 パソコンなんかでも、どんどんアップデートしていかないと古いものは使えないのと同じように、やはり新しいものにかえていく、新しいものにかえていくことに関しては、決して無駄遣いとかではないと思いますので、やはり町民が使いやすいような形に更新していくという考え方も重要だと思っておりますので、ぜひそこのところをよろしくお願いしたいと思います。

 そして、今回、この質問多少細かい部分もあったんですけれども、大きく分けて2つの課題があったと思って、質問させていただいたわけですけれども、その課題を少しお話しして、質問を終わっていきたいと思います。

 この2つの課題のうちの1つは、やはり卓球台が1台しか使えなくて困っている状態が、そのままにされていたということです。これが、やはり実際1台しか使えなくて、利用者がやめられたという実態を受けとめる必要があるなというふうに私は思っております。先ほども途中でお話ししたように、卓球というのは町民の利用者の健康増進にもつながってまいりますので、卓球台1台しかなくてやめられたということは、大変無念であるなというふうに思っております。

 2つ目は、その声がしっかり町に届き切っていなかったということだと思います。連携という意味では、指定管理制度そのものの課題でもあると思います。

 まとめますけれども、1つ目に関しては、このようなことがないように、ぜひ引き続き対応してほしいということと、2つ目に関しては、シルバーとの連携、連絡をしっかりとやってほしいと思います。できれば、やはり月1回ぐらいはやったほうがいいんじゃないかなと、随時ということではあると思うんですけれども、年三、四回ではなくて、月1ぐらいでやってもいいんじゃないかなと思っております。

 以上で質問を終わります。



○議長(水野晃君) 山本亮介君の質問が終わりました。

 すみません、傍聴の方で帽子かぶっている方がみえますが、体に差し支えないようであれば外していただきたいと思います。

     (「カゼひいていますから」と呼ぶ者あり)

 わかりました。

 次に、4番坂田芳郎君の発言を許可します。

 坂田芳郎君。



◆4番(坂田芳郎君) 4番坂田芳郎でございます。

 通告に基づきまして、1点お尋ねさせていただきます。

 タイトルといたしましては、空港への名古屋市バス運行社会実験につきということでよろしくお願いいたします。

 1番目といたしまして、目的と実施期間を伺います。



○議長(水野晃君) 梶田理事。



◎理事(梶田浩昭君) 名古屋市バスの県営名古屋空港への延伸についての社会実験についてのご質問でありますので、答弁をさせていただきます。

 今回の社会実験は、近年、県営名古屋空港の利用者が増加していることに加えまして、MRJ関連による従業員も増加しておりますことから、現在、北部市場まで乗り入れている名古屋市営バス路線を、空港まで延伸した場合の需要や運行上の課題、利用者の意向、本町内のバスネットワークへの影響などを把握するため、名古屋市交通局と本町が連携して、平成29年3月の1カ月間実施するものでございます。



○議長(水野晃君) 坂田芳郎君。



◆4番(坂田芳郎君) ありがとうございます。連携ですか。

 2番目といたしまして、周知、PRとしてどのようなアプローチを予定、また、しておられますか。お願いいたします。



○議長(水野晃君) 梶田理事。



◎理事(梶田浩昭君) 平成29年3月の1カ月の社会実験であることから、通常は運行していません。そのため、記者発表、「広報とよやま」、本町のホームページなどにより、実施期間、ルート、バス停やダイヤなどを周知してまいりたいと考えております。

 また、名古屋市交通局においても、「広報なごや」、交通局ホームページ、バス車内、関係するバス停留所などで周知することを考えていると聞いております。



○議長(水野晃君) 坂田芳郎君。



◆4番(坂田芳郎君) ありがとございます。

 「広報なごや」とってもよろしいかと思います。ありがとうございます。ぜひ、名古屋市のほうにそこらあたり十分にお願いさせていただいて、出していただいて実施していただきたいというふうに思います。

 3番目といたしまして、期間以後、1カ月間ということですが、期間以後は終了となるのか。呼称、名称を変え、引き続きとはいかがでしょうか。



○議長(水野晃君) 梶田理事。



◎理事(梶田浩昭君) 社会実験は、あらかじめ設定した期間である平成29年3月の1カ月間で終了いたしますので、継続ということは考えてございません。

 ご理解をお願いいたします。



○議長(水野晃君) 坂田芳郎君。



◆4番(坂田芳郎君) 仮に終了を避けるには、どのような状況が必要と思われるか、具体的に詳しくお願いいたします。



○議長(水野晃君) 梶田理事。



◎理事(梶田浩昭君) 繰り返しになりますが、社会実験はあらかじめ設定した期間で終了いたします。

 仮にということは考えておりませんので、ご理解を願います。



○議長(水野晃君) 坂田芳郎君。



◆4番(坂田芳郎君) ありがとうといいますか、ご答弁に対して、正直なかなかその言葉が出せないと。

 5番目といたしまして、空港周辺の公共交通の整備は喫緊の課題である。交通網の整備なくして町の発展はなく、大量輸送手段としてのバスは言うに及ばず、地下鉄道をも含むあらゆるアクセス整備が至極当然、必要不可欠であると考えております。

 1カ月間という期間限定の実験路線が、増加著しい日々の通勤、また、通学、買い物、通院などの生活路線として、いかほどの判断、検討材料をもたらすというのか伺いたい。

 また、一面においての捉えようではありますが、これは本町住民方々の思惑、意向、意思を確認するための様子見実験ではないかとの指摘もありますが、どのように思われますか。



○議長(水野晃君) 梶田理事。



◎理事(梶田浩昭君) 社会実験の期間につきましては、名古屋市交通局の現行のバス車両数や乗務員数で対応できる範囲内で実施するものでございます。

 具体的には、3月は大学の春休み期間であり、学生輸送の貸し切りバスはほとんどなく、一部の遊休車両を社会実験のために使用することができることから、社会実験の期間となったものでございます。

 社会実験に係る調査は、名古屋市営バス延伸区間はもとより、町内を運行する全バス路線を対象としてまいります。

 限られた期間ではありますが、調査に際しては、公共交通に関する専門的な知見、ノウハウを有する学識者の協力を得て、社会実験の目的に沿ったデータを収集し、しっかりと分析、評価を行ってまいります。

 豊山町民の皆様方には、社会実験期間中のみならず、日常的に公共交通の利用促進に努めていただきたいと考えてございます。

 以上でございます。



○議長(水野晃君) 坂田芳郎君。



◆4番(坂田芳郎君) どうもありがとうございました。

 以上で終わります。



○議長(水野晃君) 坂田芳郎君の質問が終わりました。

 以上で一般質問を終わります。

 本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれにて散会といたします。

 お疲れさまでございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時6分 散会