議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊山町

平成21年  3月 定例会(第1回) 03月19日−04号




平成21年  3月 定例会(第1回) − 03月19日−04号







平成21年  3月 定例会(第1回)



1.議事日程

   (平成21年豊山町議会第1回定例会)

                               平成21年3月19日

                               午後1時30分招集

                               於議場

 日程第1 諸般の報告

 日程第2 議案第4号〜議案第29号(委員長報告、討論、採決)

 日程第3 議案第30号 平成20年度豊山町一般会計補正予算(第5号)(上程、提案説明、質疑、討論、採決)

 日程第4 議会閉会中の委員会継続調査の申し出について

2.出席議員は次のとおりである(14名)

  1番   今村一正          2番   安藤春一

  3番   筒井俊秋          4番   坪井武成

  5番   水野 晃          6番   野崎隆子

  7番   尾野康雄          8番   青山克己

  9番   戸田久晶          10番   粟田昌子

  11番   熊沢直紀          12番   柴田勝明

  13番   谷崎正明          14番   野崎八十治

3.欠席議員は次のとおりである(なし)

4.地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(13名)

  町長      鈴木幸育   副町長     坪井豊治

  教育長     松田康朗   総務部長    長縄松仁

  総務課長    早川晴男   税務課長    坪井 悟

  経済建設部長  堀江 勇   都市計画課長  河瀬皆雄

  生活福祉部長  小出哲雄   福祉課長    坪井利春

  住民課長    二村 勲   教育部長    近藤鎮彦

  生涯学習課長  池山富三

5.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(2名)

  事務局長    大森 浩

  書記      安藤真澄

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後1時30分 開議



○議長(青山克己君) 皆さん、改めまして、こんにちは。

 ことしは、例年より1週間から10日早いという桜開花予想でございまして、桜の便りがちらほらと聞こえております。本日は、また小学校の卒業式に出席させていただきまして、大変さわやかな感動をいただいてまいりました。

 3月議会もきょうが最終日ということになってまいりました。どうか最後まで滞りなく運営できますようにご協力のほどをお願い申し上げまして、早速会議を開いてまいります。

 ただいまの出席議員数は14名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、別紙でお手元に配付いたしましたとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 諸般の報告



○議長(青山克己君) 日程第1、諸般の報告を行います。

 本日、お手元に配付いたしました追加提案議案一覧表のとおり、1議案が提出されましたので、ご報告を申し上げます。

 以上で諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第4号〜議案第29号(委員長報告、討論、採決)



○議長(青山克己君) 日程第2、議案第4号から議案第29号を議題とし、各常任委員会へ付託となっておりました。その結果報告を求めます。

 まず、福祉建設委員会の報告を求めます。

 委員長 尾野康雄君。



◆福祉建設常任委員長(尾野康雄君) 平成21年第1回福祉建設委員会審査結果報告書。

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規則第76条の規定により報告いたします。

 記。

 1、日時、平成21年3月12日木曜日、午前9時30分から午後5時。

      平成21年3月13日金曜日、午前9時30分から午後3時15分。

 2、場所、委員会室。

 3、出席者、委員全員、議長同席。

 4、議題、(1)付託議案について、(2)所管事項について、(3)その他について。

 付託議案に入り、議案第4号豊山町安全なまちづくり条例の制定について、委員より、既存の5団体との関連性、自主防災組織形成等についての質疑に、当局より、既存の関係機関の代表者で組織、本策等を協議、総合的に町長の諮問を受け活動する協議会、平成21年4月施行、条例可決後、各関係団体総会以降に第1回目の会合開催を予定、ワークショップ形式で各学区で設立準備、その下の各地域の自主防災組織との答弁があった。

 討論はなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第5号豊山町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第13号豊山町児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部改正について、委員より、児童遊園廃止後の状況についての質疑に、当局より、自治会、子供会とも廃止後の再設置希望はなかったとの答弁があった。

 討論はなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第14号豊山町介護保険条例の一部改正について、委員より、基準額引き上げの内訳、国の町政交付金、保険料の算定等の質疑に、当局より、介護保険利用増による自然増、豊山町は調整交付金は交付されない、町は支払準備金より1,500万円繰り入れ、最大限保険者の負担上昇を下げる努力をしているとの答弁があった。

 委員より、討論は留保するとの発言があった。

 採決に入り、賛成多数により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第15号豊山町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部改正について、委員より、該当する業者数等の質疑に、当局より、一般廃棄物処理業者は7、浄化槽清掃業者は1、変更許可手数料については、許可の区域を広げたとの答弁があった。

 討論はなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第18号平成20年度豊山町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第19号平成20年度豊山町老人保健特別会計補正予算(第2号)について、質疑、討論もなく、採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第20号平成20年度豊山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第21号平成20年度豊山町介護保険特別会計補正予算(第2号)について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第22号平成20年度豊山町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、委員より、雨水工事中止等についての質疑に、当局より、平成9年度の豊山町公共下水道基本計画に基づき整備してきたが、平成12年の東海豪雨後、特定都市河川浸水被害対策法が施行され、豊山町も新川河川管理者として今後30年間での整備計画を策定したが、他の自治体との連携もあり、今後大山川の改修、しゅんせつ等の計画を踏まえ進めるとの答弁があった。

 討論はなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第24号平成21年度豊山町国民健康保険特別会計予算について、委員より、国民健康保険一般事業の人件費等についての質疑に、当局より、平成20年度業務は3人、平成21年度は2人体制とした。職員配置は予算策定段階では未確定だったが、職員定数により組みかえする。健康や生命を守るための救済規定の取り扱いは、税率の見直しとセットで検討するとの答弁があった。

 討論はなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第25号平成21年度豊山町老人保健特別会計予算について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第26号平成21年度豊山町後期高齢者医療特別会計予算について、委員より、保険料に対する特別軽減措置等についての質疑に、当局より、平成20年度の7割軽減措置者は平成20年11月現在で256人です。滞納者は10名程度、保養施設は尾張地区、三河地区各3カ所で、年4回利用できるとの答弁があった。

 委員より、討論を留保するとの発言があった。

 採決に入り、賛成多数により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第27号平成21年度豊山町介護保険特別会計予算について、質疑はなく、委員より、意見を留保するとの発言があった。

 採決に入り、賛成多数により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第28号平成21年度豊山町介護サービス事業特別会計予算について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 議案第29号平成21年度豊山町公共下水道事業特別会計予算について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 以上で付託議案は終了し、所管事項に入り、議案第17号平成20年度豊山町一般会計補正予算(第4号)について、歳入歳出ともに質疑はなかった。

 議案第23号平成21年度豊山町一般会計予算について、委員より、尾張農業共済派遣職員給与等負担金についての質疑に、当局より、任期は3年、平成21年度は豊山で派遣職員は課長級を1名予定している。保育園給食材料費負担金は保育士の分ですとの答弁があった。

 歳出に入り、2款総務費、1項総務管理費、6目防犯対策費、8目交通安全対策費、9目空港対策費及び3項戸籍住民基本台帳費について、委員より、防犯対策一般事業等についての質疑に、当局より、体制は防犯連絡責任者26名、工場、事業所代表者33名で平成21年度も同じ。今年度は自主パトロール隊も支援します。青パト運転費用は無料ですとの答弁があった。

 委員より、防犯灯維持管理事業についての質疑に、当局より、自動点滅機修繕は平成19年度36基、平成20年度40基、今年度は44基分を見込んでいるとの答弁があった。

 委員より、防犯灯整備事業についての質疑に、当局より、10基を予定との答弁があった。

 委員より、交通災害対策事業の負担金補助及び交付金についての質疑に、当局より、70歳以上の高齢者1,620人、中学生以下2,310人、それぞれに交通災害共済加入者補助金を全額補助しているとの答弁があった。

 3款民生費について、委員より、健康福祉フェスティバル事業の会場設営委託料の増加についての質疑に、当局より、健康福祉フェスティバル開催時は雨天が多いため、通常のテントのほかにビッグパワーテントを中央に設置するとの答弁があった。

 委員より、福祉団体助成事業についての質疑に、当局より、西春日井保護区保護司会負担金を増額、その中で組織運営を一括して行うとの答弁があった。

 委員より、日常生活支援対策事業の委託料の増加等についての質疑に、当局より、本人負担額は変更ない、総額の値上がり、食数も毎年増加している。緊急通報システムは47件計上、安全センターを通じ月に1回安全確認業務を委託、福祉電話運営費は電話料金との答弁があった。

 委員より、在宅福祉サービス実施事業についての質疑に、当局より、GPSは障害者の関係1名、高齢者の関係2名、要望があれば対処するとの答弁があった。

 委員より、保育室事業についての質疑に、当局より、町内の民間保育所は1カ所、平成20年度実績はゼロですとの答弁があった。

 委員より、特別養護老人ホーム運営事業についての質疑に、当局より、五条の里の借地料は40万2,245円、償還金は51万3,782円との答弁があった。

 委員より、在宅介護支援センター事業について、町内の老人ホームへの委託についての質疑に、当局より、町は社会福祉協議会へ委託しているとの答弁があった。

 委員より、金婚祝賀式運営事業についての質疑に、当局より、賞状記入を業者に作成依頼するとの答弁があった。

 委員より、老人クラブ助成事業についての質疑に、当局より、活動助成金は1人当たり1,000円、地域割は2,000円を23地区との答弁があった。

 委員より、児童センター運営事業についての質疑に、当局より、しいの木、正職1名、パート2名、さざんか、正職1名、パート3名、ひまわり、正職1名、パート2名、報償費はふれあい遊びのリトミック講師謝礼、相手を思いやる気持ちを持って子供たちに接するよう指導しているとの答弁があった。

 委員より、老人福祉一般事業についての質疑に、当局より、家族介護慰労金は活用実績もなく、今は介護保険を活用する考えで廃止したとの答弁があった。

 委員より、母子家庭等医療事業についての質疑に、当局より、母子家庭医療は子ども医療より優先するとの答弁があった。

 委員より、福祉作業所運営事業についての質疑に、当局より、通所者の負担はしていない、作業工賃は報酬となるとの答弁があった。

 委員より、児童遊園維持管理事業の設計委託料と下水切替工事等についての質疑に、当局より、青山下地区で就学前児童中心の児童遊園、総面積431平米、地元と協議し進める。下水道切替工事は青塚に2カ所、トイレ本体の改築と下水の放水先を検討、報償費は清掃1カ所1万5,400円、借地謝礼は平米当たり2,000円との答弁があった。

 委員より、介護保険低所得者対策事業についての質疑に、当局より、4人との答弁があった。

 委員より、老人保護措置事業についての質疑に、当局より、措置予定者は1人との答弁があった。

 委員より、放課後児童対策事業についての質疑に、指導者は11人で1人増員予定、時給は930円、児童数、豊山56名、青山47名、志水87名、なかよし会の建物は志水小学校の動物小屋南の予定、210平米前後で2階建て、鉄骨プレハブ造り、小学校にふさわしい外観で耐震も考慮しているとの答弁があった。

 委員より、防災機材の保管場所がない地域もある、学校の敷地内に併設考慮できないのかとの要望に、当局より、学校区に自主防災組織をつくる、学校内に防災設備も必要と考える、学校側とも調整が必要ですが趣旨は理解したとの答弁があった。

 委員より、保育園運営事業の設計委託料についての質疑に、当局より、保育園の低年齢児の顕著な増加で、豊山保育園内の東側に低年齢児に必要な設備を整備し、現状の部屋との使い方を検討する平面図との答弁があった。

 4款衛生費、委員より、保健衛生一般事業の負担金補助及び交付金についての質疑に、当局より、済衆館病院の負担金は2市2町の担当者が建物と医療機器についてすべて確認している、平成18年度から平成22年度の5年間で整備負担金は終了との答弁があった。

 委員より、老人保健事業の委託料等についての質疑に、当局より、がん検診を豊山町では40歳以上すべての方に実施している。高齢者については血液検査を実施し、希望者にはバリウム検査も実施している。健康の道マップ作成は、既存のウオーキンググループや一般町民の方、ボランティアで決め広報に載せるとの答弁があった。

 委員より、予防接種事業の定期予防接種等についての質疑に、当局より、風疹の予防接種状況は、1期、2期は7〜80%、3期は中学1年生、4期は高校3年生の年齢に実施、3期44%、4期60%でしたが、3回個別通知を実施、平成21年3月31日までには3期60%、4期70%ほどになる。日本脳炎の予防接種については、副作用が強いということで中止していたが、平成21年6月以降、新ワクチンで対応、再開するとの答弁があった。

 委員より、ごみ資源化事業についての質疑に、当局より、資源常時回収の場所はスカイプール駐車場の東側屋根のついた南から2つ目の1スパン、ごみステーション方式、収集処分した売上金は各地区に配布する。平成20年10月に地球温暖化防止の講演謝礼、平成21年度も開催予定との答弁があった。

 委員より、母子保健事業の委託料についての質疑に、当局より、医師に健康診査を委託する妊婦健康診査は14回になるとの答弁があった。

 委員より、清掃一般事業についての質疑に、当局より、ごみ処理に対する経常費の減額は、機械のオーバーホール工事費、破砕機の分解処理費などの見直しによる。し尿経常費の増額は、薬剤の投与増とポンプの整備工事、堆肥化施設の整備、生ごみ処理の現状は年間228キログラムで、第三次総合計画年間239キログラムに対し目標は達成したとの答弁があった。

 委員より、浄化槽設置補助事業についての質疑に、当局より、平成20年度より下水道の供用開始区域に対しては補助対象から外しているとの答弁があった。

 委員より、塵芥処理一般事業の消耗品費等についての質疑に、当局より町の指定ごみ袋可燃用Lをつくる。委託料については住宅事情の変化によるパッカー車での収集運搬距離増、ごみ袋の増、燃料代の上昇との答弁があった。

 5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費について、委員より、農業委員会一般事業についての質疑に、当局より、農業委員会、実行委員会の見直しについて懇談会を設立し3回開催した。任期は3年で16名の編成、委員定数の見直しは検討するとの答弁があった。

 委員より、鳥獣保護事業についての質疑に、当局より、平成20年度にアライグマ捕獲器3台購入、平成21年も3台購入予定、豊山地区3匹、青山地区2匹捕獲した。昨年夏にカラス被害が出たので西春日井猟友会に委託した。平成21年度も捕獲委託するとの答弁があった。

 委員より、緑化推進事業についての質疑に、当局より、町民の要望により実のなる木とした、配布数は状態を見るとの答弁があった。

 委員より、農業総務一般事業についての質疑に、当局より、ふれあい農園のあき待ちは9名との答弁があった。

 委員より、農業振興一般事業についての質疑に、当局より、苗の病気に対する薬剤に農協で一括申請を受け3割助成するとの答弁があった。

 委員より、米生産一般事業についての質疑に、当局より、転作については平米当たり26円の補助との答弁があった。

 8款土木管理費について、委員より、道路改良工事についての質疑に、当局より、委託料、工事請負費について説明があった。

 委員より、道路維持管理事業についての質疑に、当局より、平成21年度の側溝改良工事は、財源的に単独事業は予算計上しないとの答弁があった。

 委員より、治水対策事業についての質疑に、当局より、久田良木川の下流、北部市場の北側、春日井稲沢線南側で、東海豪雨以降浸水被害があった関係で、堂前川の名古屋市側護岸かさ上げなどの方策を検討する調査設計の計上との答弁があった。

 委員より、都市計画一般事業についての質疑に、当局より、報償費は都市計画マスタープラン策定委員会4回分の費用弁償、委託料は平成20年度、平成21年度都市計画マスタープラン作成と毎年実施している基礎調査費用との答弁があった。

 委員より、新栄住宅維持管理事業の公営住宅法の改定等についての質疑に、当局より、住宅法の施行令が平成21年4月から改定され、階層、家賃が下がる。現在の入居者も対象との答弁があった。

 その他として、当局より、工事進捗状況の説明、都市計画マスタープランの一部改訂の背景と概要の説明があった。保育園の卒園式は平成21年3月25日金曜日午前10時からそれぞれの園で開催します。レジ袋削減として平成21年4月から尾張中央農協全体でレジ袋の有料化が始まる、尾張中央農協とは平成21年3月19日に協定するとの報告があった。

 その他として、委員より、マスタープランの県協議等についての発言があった。

 以上をもって、第1回福祉建設委員会の審査結果といたします。



○議長(青山克己君) 福祉建設委員会の報告が終わりました。

 次に、総務文教委員会の報告を求めます。

 委員長 熊沢直紀君。



◆総務文教常任委員長(熊沢直紀君) それでは、総務文教委員会の報告をさせていただきます。

 平成21年第1回総務文教委員会審査結果報告書。

 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規則第76条の規定により報告いたします。

 記。

 1、日時、平成21年3月16日月曜日、午前9時30分から午後2時50分。

 2、場所、委員会室。

 3、出席者、委員全員、副議長同席。

 4、議題、(1)付託議案について、(2)その他。

 付託議案において、議案第6号平成21年度における固定資産税等に係る第1期の納期の特例に関する条例の制定について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第7号豊山町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第8号豊山町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第9号豊山町証人等の実費弁償に関する条例及び豊山町行政財産の目的外使用に係る使用料条例の一部改正について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第10号豊山町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第11号豊山町手数料条例の一部改正について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第12号豊山町給食センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第16号愛知県市町村職員退職手当組合規約の一部改正について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第17号平成20年度豊山町一般会計補正予算(第4号)について、質疑、討論もなく採決に入り、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第23号平成21年度豊山町一般会計予算について、歳入において、委員より、減収補てん特例交付金と住宅借入金等特別税額控除額についての質疑に、当局より、算定式によるとの答弁があった。

 委員より、国有提供施設等所在市町村助成交付金の増額についての質疑に、当局より、燃料タンク等の老朽施設の改修があったためとの答弁があった。

 委員より、神明公園使用料、加算金、雑草等除去受託事業収入の質疑に、当局より、中部電力の使用料等である。科目残しである。遠隔地の土地所有者よりの委託をシルバー人材センターに依頼するものであるとの答弁があった。

 委員より、児童保育実施費負担金は何件か、保育園給食材料費負担金に未納分が含まれるか、学校給食材料費負担金に未納分が含まれるかとの質疑に、当局より、職員の分であるので滞納はない、予算であるので未納分は含んでいないとの答弁があった。

 歳出に入り、1款議会費、2款総務費において、賦課徴収費についての質疑に、コンビニ等での徴収を検討はするが、現状は考えていないとの答弁があった。

 委員より、人事管理事業において、採用方法についての質疑に、当局より、他市町を勘案して行っている、旧警察官の嘱託職員採用は専門性が強いためであるとの答弁があった。

 社会保険、労災保険等を受ける資格はどのようになっているかの質疑に、当局より、社会保険については正規職員の4分の3以上の勤務時間、週30時間以上必要である。雇用保険については、20時間以上で1年以上勤務する必要がある。労災保険については、労災適用職員と非常勤特別職の職員に分かれており、それぞれ適応条項に基づいて行っているとの答弁があった。

 委員より、電子計算費委託料増についての質疑に、当局より、新健康管理システム等のソフトがふえているためとの答弁があった。

 委員より、職員研修事業の内容についての質疑に、当局より、西春日井地区職員研修会で行う、市町村アカデミーその他の場所で行う、内容等は職員のアンケート等をもとに行っているとの答弁があった。

 委員より、特別職通勤手当、特別職退職手当組合負担金についての質疑に、当局より、町外の特別職の通勤手当で月2,000円である。町長、副町長の退職金であり、県の退職手当組合に払うものである。

 委員より、21年度の新規採用人数は、20年度と21年度の職員の増減による金額の差はどれくらいかとの質疑に、当局より、8名である、6,500万円の減額であるとの答弁があった。

 委員より、新公会計制度導入支援委託料についての質疑に、当局より、財政の健全化を複式簿記でもあらわすことになったための公認会計士への委託料であるとの答弁があった。

 委員より、指定金融機関派出所手数料増についての質疑に、当局より、窓口取扱手数料等を含んだためとの答弁があった。

 委員より、各地区補助金についての質疑に、当局より、20年度までの人口割、世帯割、均等割をやめて、世帯割のみにしたとの答弁があった。

 続いて、9款消防費において、委員より、消防施設維持管理事業において点検はどうかとの質疑に、当局より、消防設備の点検は消防団や消防署が随時行っているとの答弁があった。

 続いて、10款教育費において、委員より、私立高等学校授業料補助事業費減についての質疑に、当局より、所得段階に応じた人数の変動等によるとの答弁があった。

 委員より、中学生海外派遣事業についての受益者負担方式の質疑に、当局より、現状のまま続けるが、見直しのときが来れば意見をいただき検討するとの答弁があった。

 委員より、児童・生徒援助事業についての質疑に、当局より、特定財源は特別支援教育の就学奨励費である、児童63名、生徒31名分の学校給食材料費が減った分であるとの答弁があった。

 委員より、学校管理一般事業について、少人数指導非常勤講師の人数はとの質疑に、当局より、豊小、志水小各3名、新栄小2名、豊中3名であるとの答弁があった。

 委員より、中学校での民間による特別授業の現状と報酬についての質疑に、当局より、中学校に確認する、教育振興共通事業に含まれるとの答弁があった。

 委員より、ボランティア部会についての質疑に、当局より、生涯学習ボランティアの活用検討のためのものであるとの答弁があった。

 続いて、11款公債費、12款予備費について質疑はなく、続いて3項戸籍住民基本台帳費についても質疑がなかった。

 続いて、3款民生費について、委員より、社会福祉協議会助成事業についての人数の質疑に、当局より、職員2名、臨時職員2名であるとの答弁があった。

 委員より、児童センター運営事業、地域福祉センター運営事業についての職員配置の質疑に、当局より、2名の臨時職員である、4名の職員とその他の臨時職員であるとの答弁があった。

 委員より、次世代育成支援対策後期行動計画策定委託料について、放課後児童対策事業について、児童遊園維持管理事業についての質疑に、当局より、22年度からの5年間を策定する委託料である、実態調査を行いながら「なかよし会」の運営を行っている、遊具の保守点検は3年ごとに実施しているとの答弁があった。

 委員より、児童虐待の質疑に、当局より、要保護児童対策事業に含まれる、児童虐待の通報は数件あったとの答弁があった。

 委員より、児童遊園清掃謝礼についての質疑に、当局より、基本額、面積加算額により1カ所当たり平均1万5,800円を支払っているとの答弁があった。

 委員より、児童遊園についての質疑に、新田町にて1カ所廃止されたが新たな要望があれば検討する。青山下地区で土地の返還要求があったため、新たな場所に児童遊園を移動する測量設計予算を計上しているとの答弁があった。

 委員より、福祉作業所運営事業人員についての質疑に、当局より、正職1名、嘱託1名、臨時職2名との答弁があった。

 委員より、放課後児童対策事業について、指導員数、定員数についての質疑に、当局より、豊山、新栄各3名、志水5名、豊山、新栄各55名、志水87名との答弁があった。

 委員より、母子通園施設運営事業の人員体制についての質疑に、当局より、21年度も同様の体制で行っていく、現在は13名が利用されているとの答弁があった。

 委員より、保育園運営事業の人員についての質疑に、当局より、正職は豊山8名、青山6名、志水10名との答弁があった。

 続いて、第4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費から3目母子衛生費において、委員より、老人保健事業についてメタボの質疑に、当局より、生活習慣病の予防、早期発見を目指し、21年度も同様の健康診査を行っていくとの答弁があった。

 続いて、6目防犯対策費、8目交通安全対策費、9目空港対策費、1項4目環境衛生費、4款2項清掃費、5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費において質疑はなく、8款土木費において、委員より、治水対策事業の貯留施設費の総額についての質疑に、当局より、単独地下貯留施設費総額は約5億4,700万円との答弁があった。

 委員より、新栄住宅維持管理事業についての質疑に、当局より、家賃収入は一般会計に入るとの答弁があった。

 質疑を打ち切り討論に入り、委員より、討論を留保するとの発言があった。

 採決に入り、賛成多数により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 その他に入り、当局より、3月19日木曜日午前9時30分より各小学校にて卒業式を行う。4月15日水曜日午前10時より臨時議会を行う。4月26日日曜日午前9時30分より社会教育センターホールにて豊山町消防団入退団式を行うとの発言があった。

 委員より、学校の通学路の件で発言があり、交通安全を優先し親御さんと協議して通学班ごとで通学路を決めているとの答弁があった。

 委員より、毎年行われている厄除神事を無形文化財になるよう審議会で検討を、新町公園の桜の木の養生を、開園はいつかとの発言に、それぞれ答弁があった。

 委員より、学校区の防災組織の説明が周知されていないがとの発言があり、19日の本会議最終日後に全員協議会で説明をするとの答弁があった。

 以上をもって、第1回総務文教委員会の審査結果報告といたします。



○議長(青山克己君) 総務文教委員会の報告が終わりました。

 以上で、各常任委員会の結果報告を終わります。

 議案第4号豊山町安全なまちづくり条例の制定について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございました。

 起立全員であります。よって、議案第4号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第5号豊山町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございました。

 起立全員であります。よって、議案第5号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第6号平成21年度における固定資産税等に係る第1期の納期の特例に関する条例の制定について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第6号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第7号豊山町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第7号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第8号豊山町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第8号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第9号豊山町証人等の実費弁償に関する条例及び豊山町行政財産の目的外使用に係る使用料条例の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第9号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第10号豊山町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第10号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第11号豊山町手数料条例の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第11号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第12号豊山町給食センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第12号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第13号豊山町児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第13号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第14号豊山町介護保険条例の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

 野崎八十治君。



◆14番(野崎八十治君) 14番野崎です。

 介護保険制度が導入されまして9年が経過をいたします。第三次介護保険事業計画が今年度で終了することから、第四次の介護保険料設定に関する条例改正でございます。

 保険制度は、65歳以上の1号被保険者の割合が下がれば保険料が上がることになっており、今回の1%分は約1,786万円に上ります。また、国庫負担率が給付費の25%としながらも、全国平均の高齢者比率の低い豊山町には20%しか負担しない仕組みになっており、その金額は8,756万円にも及び、保険料に転嫁され、保険料基準額に換算しますと約805円になります。公費負担をふやさない限り介護保険料も値上がりし続け、高齢者のほうに重くのしかかってまいります。第三次計画では、介護保険料認定基準や介護報酬が引き下げられ、多くの自治体では多額の剰余金が発生し、今回の見直しでは引き下げられる自治体が多いようであります。豊山町は1,500万円ほどの剰余金を生み、前期までの積立金と合わせて2,300万円余になっております。介護報酬引き下げによる劣悪な労働条件を改善するために、3%の介護報酬引き上げ分の保険料について、国は2分の1しか負担しないため、この分も保険料に影響します。社会保障費の自然増分をカットする国の負担削減政策は、とりわけ高齢者に重くのしかかるものとなっております。

 今回の改定では、保険料負担に係る費用の軽減を図るため、積立金2,300万円のうち1,500万円を取り崩し、保険料標準月額を138円軽減するなどして205円の引き上げにとどめるとしておりますが、毎年、毎回高齢者にのしかかる負担を少しでも軽くするために、全額取り崩せば80円ほどの圧縮が図られます。また、厚労省の試算でも、次期要介護判定基準では調査項目が減るなどして、実態にそぐわない結果が生ずるなどして、現状より利用時間や日数が大幅に減ることが予想されております。今回の見直し作業では、このことは考慮されておらず、このままでは剰余金が発生することも予想されます。

 負担増ばかりで、低所得者に対する軽減策も示さない冷たい提案であると思います。私は、せめて基金を全額繰り入れ、取り崩し、国の緊急対策分と同額を財源補てんして引き上げ幅を73円にとどめるなど、低く抑える努力をすべきで、要介護判定基準の変更や、国が一般財源から介護報酬部分に2分の1投入したように、制度上の財源原則は崩れており、諸般の事情を考えるとき不足分を一般会計で補うことも可能と考えております。

 こんなご時世だからこそ、保険料を上げない工夫と配慮が望まれることを申し上げて、私の反対討論といたします。

 以上です。



○議長(青山克己君) 次に、原案に賛成者の発言を許可いたします。

 戸田久晶君。



◆9番(戸田久晶君) 9番戸田久晶です。

 議案第14号豊山町介護保険条例の一部改正について、賛成の立場から討論いたします。

 この議案は、平成21年度から23年度の介護サービスを見込み、そのうち第1号被保険者が負担する保険料を改正するものであります。介護サービスの利用を的確に見込まれ、また、保険料の急激な上昇を制御するため基金を取り崩すなどの措置も講じられております。このことから、この議案に賛成いたします。



○議長(青山克己君) ほかに討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論が終わったようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立多数であります。よって、議案第14号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第15号豊山町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第15号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第16号愛知県市町村職員退職手当組合規約の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第16号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第17号平成20年度豊山町一般会計補正予算(第4号)について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第17号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第18号平成20年度豊山町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第18号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第19号平成20年度豊山町老人保健特別会計補正予算(第2号)について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございました。

 起立全員であります。よって、議案第19号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第20号平成20年度豊山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第20号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第21号平成20年度豊山町介護保険特別会計補正予算(第2号)について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第21号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第22号平成20年度豊山町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第22号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第23号平成21年度豊山町一般会計予算について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

 野崎隆子君。



◆6番(野崎隆子君) 6番野崎隆子です。

 では、第23号について反対の立場で討論させていただきます。

 2002年以降、相次ぐ増税や社会保障の負担増によって、当時と比べて年間で13兆円の負担増が国民に押しつけられています。2002年から7年間の累計で見れば50兆円近い大負担増です。こんな負担増をかぶせておいて、わずか2兆円を1回配布したとしても何の効果も期待できないことを多くの国民が見抜いています。たった一度の給付金と引きかえに消費税の大増税で、何倍、何十倍もの税金を取り戻そうというのが政権与党のねらいです。ばらまきは一瞬、増税は一生と言われるゆえんです。こんなねらいに惑わされることなく、内需優先、暮らし優先の政治を進めることが最も望まれています。大手企業、銀行、米軍軍事費などは優遇され、全く根拠のない骨太の方針2006、社会保障費2,200億円抑制方針はバイブルのように今継続されたままです。年金、医療、介護、保育、障害者などは給付を削られ、負担はふえるばかりの政治を転換しなければ、根本的な解決や展望は開けないと思いますが、地方自治体は、住民の暮らしや思いに心を寄せ、「やってやるんだ」などと住民を見下すのではなく、誠心誠意尽くすことが使命、地方自治法で言う全体の奉仕者でなければならないというふうに思います。

 その意味では、本予算に計上された子供の医療費の拡大や学童保育の定員拡大、これは豊小のほうですけれども、それから部屋の新築計画、土曜日開設の方向、保育園園舎の増築計画などは高く評価するものです。しかし、小牧基地機能強化の本質を見ない姿勢や、行政改革、集中改革プランの名のもとに正職員の削減と非正規職員の待遇切り下げ、不透明でご都合主義の嘱託職員採用、土曜日の1園集中保育、町営住宅家賃の引き上げ、介護、国保、後期高齢者医療、障害者自立支援などの減免回避などは、豊山町の財政状況からすれば、ここまで頑固に冷たく素知らぬ対応をしなくてもいいのではないかと残念でなりません。

 町長の施政方針に貫かれている内容は、町の将来をバラ色に描いているような印象を受けました。けれども、「しかし、厳しい、厳しい。バランスが必要だ」という一点張りで、予算に示されてきた内容は説明とは裏腹な印象を強く受けたことを申し上げまして、私の反対討論といたします。



○議長(青山克己君) 次に、原案に賛成者の発言を許可いたします。

 戸田久晶君。



◆9番(戸田久晶君) 9番戸田久晶です。

 議案第23号平成21年度豊山町一般会計予算について、賛成の立場で討論いたします。

 平成21年度当初予算につきましては、第4次総合計画を見据えた将来へのステップアップを実現するための予算編成をされております。

 特に、調和のとれた土地利用と生活基盤の推進では、都市計画マスタープランの策定や下水道供用開始のための予算措置がとられております。

 また、優しさと思いやりのある健やかな暮らしづくりでは、中学生卒業時まで、入院、通院ともに医療費の助成対象や、妊婦健診補助については妊婦健康診査回数を7回から14回に拡大するための予算措置がとられております。

 次に、豊かな人間性を彩る生きいきとしたまちづくりでは、子供たちが放課後に安心して活動できるために放課後子ども教室の開設や、公共施設の耐震補強工事が20年度に完了したので各学校施設の質的な向上を目指すための公費措置がとられております。

 今後は、事業をスムーズに執行されることを期待して賛成討論といたします。



○議長(青山克己君) ほかに討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論が終わったようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立多数であります。よって、議案第23号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第24号平成21年度豊山町国民健康保険特別会計予算について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございました。

 起立全員であります。よって、議案第24号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第25号平成21年度豊山町老人保健特別会計予算について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第25号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第26号平成21年度豊山町後期高齢者医療特別会計予算について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

 野崎八十治君。



◆14番(野崎八十治君) 14番野崎です。

 反対の立場から発言をしたいと思います。

 この制度は、75歳以上の高齢者と65歳以上障害者を隔離、差別する、世界に例を見ない医療制度でありまして、大きな社会問題になっているもので、国民の理解を得ていない制度を政権与党が無理やり押しつけているもので、一日も早くもとに戻すべきものだと思っております。また、具体的内容では、導入初年度、年金収入168万円以下の場合、均等割がプラス15%軽減をされ、80万円を超える人は本則に戻しゼロ%にするという内容が示されました。

 制度の内容も納得いかないものであることを申し上げ、私の反対討論といたします。



○議長(青山克己君) 次に、原案に賛成者の発言を許可いたします。

 坪井武成君。



◆4番(坪井武成君) 4番坪井武成です。

 私は、この議案につきましては賛成の立場で討論をさせていただきます。

 この議案につきましては、平成21年度の後期高齢者の保険収入と町負担分の収入、そして保険者である広域連合への納付金、徴収にかかわる事務費、そういったものを見込み計上されておるのでありまして、適切に見込まれておるというように私は考えまして、この議案に賛成するものであります。

 以上です。



○議長(青山克己君) ほかに討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論が終わったようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立多数であります。よって、議案第26号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第27号平成21年度豊山町介護保険特別会計予算について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

 野崎八十治君。



◆14番(野崎八十治君) 14番野崎です。

 この議案につきましては、14号議案で条例改正がされましたけれども、そのものが反映をされた議案でありまして、14号で申し上げました討論のとおりでありますので、私の反対意見とさせていただきます。

 以上です。



○議長(青山克己君) 次に、原案に賛成者の発言を許可いたします。

 筒井俊秋君。



◆3番(筒井俊秋君) 3番筒井俊秋です。

 議案第27号平成21年度豊山町介護保険特別会計予算について、この議案に賛成の立場から討論いたします。

 この議案は、平成21年度の介護保険の必要な収入、支出を的確に見込んだものであり、本議案に賛成するものであります。

 以上です。



○議長(青山克己君) ほかに討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論が終わったようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立多数であります。よって、議案第27号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第28号平成21年度豊山町介護サービス事業特別会計予算について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第28号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第29号平成21年度豊山町公共下水道事業特別会計予算について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございました。

 起立全員であります。よって、議案第29号は委員長の報告どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第30号 平成20年度豊山町一般会計補正予算(第5号)(上程、提案説明、質疑、討論、採決)



○議長(青山克己君) 日程第3、議案第30号平成20年度豊山町一般会計補正予算(第5号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第30号朗読〕

 内容につきましては総務部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 議案第30号平成20年度豊山町一般会計補正予算(第5号)についてご説明申し上げます。

 今回の補正予算につきましては、さきの第1回臨時会でお願いし議決いただきました子育て応援特別手当給付事業におきまして、当初厚生労働省提示額の対象児童数180人に2割増の220人で予算計上いたしました。その後、子育て応援電算システムが完成し、住民基本台帳をもとに通知したところ、228人が対象の子であることがわかりました。また、対象の子が別世帯の構成員となっている場合、システムでは抽出できませんので、さらにふえることが想定されますので、今回30人分の増額補正をお願いするものでございます。

 それでは、お手元に予算説明書に沿いましてご説明申し上げますので、予算説明書をお開きいただきたいと思います。

 まず、歳入の1・2ページをお開きいただきたいと思います。

 14款国庫支出金、2項国庫補助金、1目民生費国庫補助金につきましては、歳出事業の中で出てまいりますが、子育て応援特別手当給付事業に対する補助金108万円を計上させていただいております。これは事業に対する100%補助となります。

 続きまして、歳出に移ります。3・4ページをお開きいただきたいと思います。

 3款民生費、2項児童福祉費、5目子育て応援特別手当給付事業につきましては、先ほど説明しました内容により、子育て応援特別手当30人分、108万円の予算を計上しております。

 それでは次に、議案書の4ページのほうを見ていただきたいと思いますが、こちらに第2表で繰越明許費補正として、さきの臨時会でお願いしておりました子育て応援特別手当給付事業872万8,000円に今回の補正額108万円を増額しまして980万8,000円としております。なお、実際に繰り越した額につきましては、6月議会で繰越計算書を提出させていただきますので、よろしくお願いします。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 提案理由の説明が終わりました。

 質疑を行います。発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑はないようですので、質疑を終結いたします。

 ここでお諮りいたします。

 本案は、委員会付託を省略し、直ちに討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) ご異議なしと認めます。よって、本案は委員会付託を省略し、直ちに討論を行います。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 議案第30号について、原案のとおり賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第30号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議会閉会中の委員会継続調査の申し出について



○議長(青山克己君) 日程第4、議会閉会中の委員会継続調査の申し出についてを議題といたします。

 別紙でお手元に配付いたしました2常任委員会、議会運営委員会及び議会広報編集委員会より、閉会中の委員会継続調査の申し出が出されております。

 本継続調査の申し出について、これを認めることにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 ご異議なしと認めます。よって、本継続調査の申し出を認めることに決しました。

 ここで町長よりあいさつの申し出がありますので、発言を許可いたします。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 平成21年第1回定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 今期定例会におきましてご提案いたしました全議案につきまして、連日にわたり慎重なご審議をいただき、平成21年度予算並びに関係案件のすべてをご議決賜り、厚く御礼を申し上げます。

 また、執行に当たりましては、十分心して努めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げ、また、今後におきましても、本町の発展並びに町民の負託にこたえるべく努力してまいりますので、議員の皆様方のより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 最後に、皆様方のご健康と今後ますますのご健闘を念願いたしましてお礼の言葉にかえさせていただきます。よろしくお願いします。ありがとうございました。



○議長(青山克己君) 以上をもちまして、平成21年豊山町議会第1回定例会を閉会といたします。

 大変長時間ご苦労さまでございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時52分 閉会

 以上、会議の経過は、議会事務局長大森 浩の記載したものであるが、その内容の相違ないことを証するためここに署名する。

                  豊山町議会議長   青山克己

                  会議録署名議員   戸田久晶

                  会議録署名議員   粟田昌子