議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊山町

平成21年  3月 定例会(第1回) 03月02日−01号




平成21年  3月 定例会(第1回) − 03月02日−01号







平成21年  3月 定例会(第1回)



1.議事日程

   (平成21年豊山町議会第1回定例会)

                               平成21年3月2日

                               午前9時30分招集

                               於議場

 日程第1 会議録署名議員について

 日程第2 会期の決定について

 日程第3 諸般の報告

 日程第4 町長の施政方針

 日程第5 議案第2号 工事請負変更契約の締結について(上程、提案説明、質疑、討論、採決)

 日程第6 議案第3号 人権擁護委員候補者の推薦について(上程、提案説明、採決)

 日程第7 議案第4号〜議案第29号(上程、提案説明)

2.出席議員は次のとおりである(14名)

  1番   今村一正          2番   安藤春一

  3番   筒井俊秋          4番   坪井武成

  5番   水野 晃          6番   野崎隆子

  7番   尾野康雄          8番   青山克己

  9番   戸田久晶          10番   粟田昌子

  11番   熊沢直紀          12番   柴田勝明

  13番   谷崎正明          14番   野崎八十治

3.欠席議員は次のとおりである(なし)

4.会議録署名議員

  9番   戸田久晶          10番   粟田昌子

5.地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(13名)

  町長      鈴木幸育   副町長     坪井豊治

  教育長     松田康朗   総務部長    長縄松仁

  総務課長    早川晴男   税務課長    坪井 悟

  経済建設部長  堀江 勇   都市計画課長  河瀬皆雄

  生活福祉部長  小出哲雄   福祉課長    坪井利春

  住民課長    二村 勲   教育部長    近藤鎮彦

  生涯学習課長  池山富三

6.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(2名)

  事務局長    大森 浩

  書記      安藤真澄

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時30分 開会



○議長(青山克己君) どうも皆さん、おはようございます。

 やよい3月になりましたが、まだまだ朝晩は寒い日が続いております。

 この3月議会、予算議会ということで大変重要な議会でございますので、どうか最終日まで体調など崩されないようにお努めをいただきたいと思っております。

 それでは、早速開会してまいります。

 ただいまの出席議員数は14名であります。定足数に達しておりますので、平成21年豊山町議会第1回定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 日程に入ります前に、町長よりあいさつの申し出がありますので、発言を許可いたします。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) おはようございます。

 平成21年第1回定例会の開催に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員各位におかれましては、ご多忙の中をご出席いただき、まことにありがとうございます。

 さて、今定例会におきましては、契約の締結1件、人事案件1件、条例の制定3件、条例の一部改正9件、組合規約の一部改正1件、補正予算6件、平成21年度当初予算7件の合わせて28議案のご審議をお願い申し上げるものであります。

 なお、議案第19号平成20年度豊山町老人保健特別会計補正予算(第2号)につきましては、議案を配付後、愛知県から国庫負担金の交付予定額が大きく減額するとの連絡がありました。このため急遽補正予算の差しかえをお願いするものであります。

 あわせて、議案第17号平成20年度豊山町一般会計補正予算(第4号)につきましても、関連がありますので差しかえをお願いするものであります。

 議員各位におかれましては、慎重なるご審議の上、ご決議を賜りますよう心からお願い申し上げ、開会のあいさつとさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 本日の議事日程につきましては、別紙でお手元に配付いたしましたとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員について



○議長(青山克己君) 日程第1、会議録署名議員について。

 本件は、会議規則第118条の規定により、議長において、9番戸田久晶君、10番粟田昌子君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定について



○議長(青山克己君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、お手元に配付いたしました会期日程案のとおり、本日より3月19日までの18日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。ご異議なしと認めます。よって、会期は、本日より3月19日までの18日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 諸般の報告



○議長(青山克己君) 日程第3、諸般の報告を行います。

 本日、議会に提出されました議案は、お手元に配付いたしました提出議案一覧表のとおりであります。

 次に、今期定例会の説明員として、お手元に配付のとおり、町長以下、関係職員に対し、地方自治法第121条により出席を求めましたので、ご報告を申し上げます。

 次に、監査委員より平成20年10月分、11月分、12月分の月例出納検査の結果、財政的援助団体等の監査結果が提出されておりますが、いずれもお手元に配付いたしましたとおりであります。

 以上で諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 町長の施政方針



○議長(青山克己君) 日程第4、町長の施政方針を行います。

 発言を許可いたします。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 平成21年豊山町議会第1回定例会の始まりに当たりまして、施政方針を申し上げます。

 初めに、平成21年第1回豊山町議会定例会の開会に当たり、関係諸議案の審議に先立ちまして、新年度、町政に臨む私の所信と主要な施策の方針につきまして申し述べ、議員各位並びに町民の皆さんのご理解とご協力を賜りたいと思います。

 平成21年度は、第3次総合計画の集大成の年であります。7つの重点プロジェクトを初めとする計画の着実な推進に取り組むとともに、第4次総合計画への新たなステップアップの年として各種施策に取り組んでまいります。

 当初予算の概要説明に先立ちまして、第3次総合計画における最重要懸案事項である空港及び周辺の空港跡地の現況と今後の動向、そして将来のまちづくりの構想である第4次総合計画の策定状況について申し上げます。

 まず、初めに空港及び周辺の空港跡地の現況と今後の動向について3点申し上げます。

 第1点目は、エアポートウォーク名古屋のオープンであります。

 名古屋空港国際線ターミナル跡地利用として、昨年の10月25日にエアポートウォーク名古屋がオープンしました。開店以来、空港の建物等をリユースした施設としても話題になっており、多くのメディアにも取り上げられております。また、町民だけでなく、広く近隣の市町から多数の来店者を得て、本町に新たな活気と雇用を生み出しております。初年度の売り上げは約200億円、年間の来場者は700万人が見込まれ、雇用契約者数は約1,300人、うち45人がシルバー人材センターからの派遣となっております。エアポートウォーク名古屋の隣地には、林先公園もオープンしました。人々の触れ合いの場所として活用され、単なる商業施設としてだけではなく、新たなまちのにぎわいの場所、交流の場所になっております。

 2点目は、三菱リージョナルジェット、MRJの生産決定であります。

 昨年の3月に、国産初の民間ジェット旅客機となるMRJの開発、その生産拠点を三菱重工業小牧南工場とすることが正式決定しました。平成25年には、MRJの第1号機が小牧南工場から飛行を開始する予定であります。これに合わせて、平成23年には、現在の小牧南工場東側にある県有地に5,000平方メートルの格納庫が建設、稼働される予定であります。MRJの生産が本格化すると1,000人規模の新たな雇用が創出されると予定されております。また、新しい航空機の生産には、高い技術力に裏打ちされた数多くの部品、そして、それらを一つにまとめ上げる産業全体のインテグレーション、すなわち統合力が必要となります。MRJプロジェクトは、多大な技術的・経済的波及効果を必ずや本町にもたらすものと確信しております。

 3点目は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)誘致についてであります。

 昨年1月30日に、昨年度に引き続き、飛行研究施設の県営名古屋空港への設置と同施設へのジェット飛行実証機の導入について、文部科学省とJAXAに対し、空港の地元自治体である春日井市、小牧市及び本町の2市1町を代表しまして要望を行ってまいりました。これらの要望活動、これまでの取り組みの成果が実り、愛知県の平成21年度予算案にJAXAの研究施設建設のための基本設計費及び実施設計費が、国の予算案には飛行試験用ジェット機の購入費を盛り込むことができました。

 今後の予定としては、平成22年度にJAXA飛行研究施設の建設が着工され、平成23年の春には運用が開始される予定であります。JAXAではMRJの開発に役立つ研究や形式証明の取得に向けた技術的支援がなされるものとなっております。今後も職員とともに一丸となって、このプロジェクトが成功するように引き続き取り組み、皆様のご期待にこたえられるように努力してまいります。

 次に、第4次総合計画策定に向けた取り組みの状況と今後の予定について申し上げます。

 まず、これまでの取り組み状況ですが、平成20年6月から空港関連調査、各種統計調査などの関連文献調査、9月には町民、中学生、職員の町政に対する意識調査を実施してまいりました。また、10月には各種施策の達成度・優先度を評価する施策動向調査についても実施しております。現在は、これらの基礎調査をもとに総合計画策定部会を中心に第3次総合計画の評価・総括、第4次総合計画に向けた課題の抽出を行っているところでございます。また、それと並行して、有識者懇談会、中学生まちづくりワークショップについても開催しております。

 有識者懇談会では、町内の主要な企業、事業所の代表者にお集まりいただき、企業活動で実感している本町の特性と課題、つまり事業活動をする上での本町の強みと弱み、そして今後のまちづくりにおける重点課題とその解決のための取り組みの提案をいただきました。中学校まちづくりワークショップでは、豊山中学校生徒の皆さんと町若手職員を中心に、将来の豊山町について議論しております。ワークショップはフィールドワークを含め3月末まで計3回実施します。中学校の皆さんには、柔軟かつ新しい発想で町政に対する意見をいただくとともに、まちづくりの参画へのきっかけになればと大いに期待しております。有識者懇談会、中学生まちづくりワークショップの意見については、可能な限り第4次総合計画に反映してまいります。

 次に、今後の策定スケジュールでありますが、平成20年度中に第3次総合計画の評価・総括、第4次総合計画のまちづくりの方向性についてとりまとめております。平成21年度から、第4次総合計画の基本構想・基本計画について、具体的な検討を行ってまいります。そして、地域懇談会、パブリックコメント等を踏まえ、平成21年度9月定例会には基本構想案を上程してまいります。

 それでは、平成21年度当初予算の概要と施策の特徴について申し上げます。

 平成21年度については、第4次総合計画を見据えた強固な財政基盤を構築するとともに、第3次総合計画完成に向けた事業展開、さらには将来へのステップアップを実現するための予算として編成を行いました。また、編成に当たって、昨年度に引き続き、実施計画に基づき予算シーリング枠を設定し、事業の「選択と集中」による重点化を行っております。

 本町の特性である航空関連施設・産業を生かした地域活力の向上、良好な環境の維持、安全・安心の暮らしの実現、そして将来の発展戦略の布石となる予算であります。目指すべきは、地域特性を生かした持続可能な地域力向上であります。

 一般会計の総額は49億3,500万円で、対前年度比3,300万円の減、国民健康保険を初めとした特別会計は総額26億6,123万円で、対前年度比1,607万円の減となっております。

 一般会計の歳入につきましては、昨年度予算と比較して、町税が1億円超、町債が5,500万円増加し、国庫支出金が3,000万円、繰入金が9,000万円、雑入が5,000万円ほど減少しております。町税の増加要因については、新たな法人の設立、大手法人の増益が見込まれるものであります。繰入金の減少は、この町税の収入増によって財政調整基金からの繰入金額を抑制することができたものであります。国庫支出金の減少要因については、新栄小学校校舎の耐震化事業の完了に伴うものであります。また、雑入の減少要因については、県道名古屋・豊山・稲沢線の関連町道用地の購入がほぼ完了したものであります。

 特別会計におきましては、平成21年度についても国民健康保険特別会計を初めとする6つの特別会計を設置しております。老人保健制度については、平成19年度をもって既に廃止となっておりますが、最終の過誤調整期間として平成20年度に引き続き過年度精算に係る費用を計上しております。介護保険特別会計については、対前年度10%強の予算を編成しております。これは新たな介護保険計画、第4次介護保険計画が平成21年度からスタートするためであります。今後3年間の介護給付に見合った負担とその経費について計上しております。

 以下、豊山町第3次総合計画の施策の大綱に掲げる7つのまちづくりの目標に基づき、私のまちづくりの基本認識や関連する平成21年度予算の主要事業について説明をいたします。

 初めに、調和のとれた土地利用と生活基盤の推進について2点申し上げます。

 1点目は、都市計画マスタープランの策定であります。

 市街地内の住工混在の解消、都市的低未利用地の利用促進、空港周辺の土地利用の適正な誘導、市街化調整区域内の無秩序な開発の抑制など諸課題に取り組むため、昨年度から2カ年の継続事業として都市計画マスタープランの策定に取り組んでおります。平成20年度には、現計画の評価・総活を行うとともに、町民参画によるワークショップを開催し、地域別の土地利用、市街地整備、景観整備などの構想案の取りまとめを行っております。平成21年度は、平成20年度の調査、ワークショップの意見を踏まえ、全体及び地区別の土地利用構想をまとめてまいります。

 2点目は、下水道事業についてであります。

 野田地区を中心に下水道供用開始区域を新たに10ヘクタール広げてまいります。これにより下水道の認可区域146ヘクタールのうち119ヘクタール、認可区域の約80%の部分について下水道を供用開始することができます。水洗便所への改造、浄化槽の廃止に要する資金の融資のあっせん、融資を行う金融機関への利子補給などについても引き続き実施し、供用開始区域の接続率の向上に努めてまいります。

 次に、快適で住みやすい居住環境の整備への対応であります。

 後期基本計画の重点プロジェクトである「快適で住みやすいまちづくりプロジェクト」について2点申し上げます。

 1点目は、人にやさしい道路整備の推進であります。

 北部市場の周辺道路の道路改良を行います。街路灯の設置、歩道の拡幅等を行い、歩行者が夜間でも安心して歩行できる環境を整備するとともに、町民が利用しやすいバリアフリーの歩道を目指します。また、エアポートウォーク南側の南北線を道路改良し、周辺道路の交通緩和に努めてまいります。

 2点目は、公共交通の利用促進であります。

 とよやまタウンバスについては、利用者アンケート、グループインタビュー調査、地域公共交通会議等の検討結果を踏まえ、昨年4月1日からの運行の拡充を行ってまいりました。この結果、タウンバスの乗客者数は1月現在において対前年度比14.5%の増になっております。これに伴い、平成21年度のタウンバスの運行に対する負担金を引き下げることができました。町の運行負担金が減額に転じたのは、平成14年のタウンバス運行以来、初めてのことであります。

 また、タウンバスは、平成20年度に国土交通省がまとめた全国地域公共交通活性化・再生の100選にも選ばれました。これはバスだけではなく、鉄道、タクシー等すべての公共交通を対象とした全国の事例について、国土交通省が先進的であるとして選定したものであります。

 そのほか、名鉄バスのエアポートウォークへの乗り入れ、名古屋空港高速バスの名鉄味美駅、JR勝川駅への乗り入れなど、公共交通網の充実が図られております。

 平成21年度についても、利用者アンケート、グループインタビューを実施し、タウンバスに対する町民の利用者のニーズを把握しながら、町民の足として、だれもが利用しやすいタウンバスを目指してまいります。また、地域公共交通会議についても定期開催し、他の民間バスとも連携強化を図りながら、公共交通網の充実と公共交通の利用促進に努めてまいります。

 後期基本計画の重点プロジェクトである「災害や犯罪に強いまちづくりプロジェクト」について申し上げます。

 災害に強いまちづくりには、防災のための環境整備を促進するとともに、町民の防災意識の高揚を図り、防災体制の強化を図ることが重要であります。

 まず、防災の環境整備として、災害時の通信手段をより強固なものとするため、防災行政無線のデジタル化対応工事を進めます。平成21年度については、まず中央操作盤についてデジタル化を行い、平成22年度以降、順次、防災行政無線をデジタル対応に更新していく予定であります。

 次に、防災意識の高揚、防災体制の強化として、従来の総合防災訓練と並行し、新たに地区ごとの防災訓練についても開始いたします。地区防災訓練の開催については、自主防災組織の結成の機運を高めるため、平成19年度にはワークショップ、平成20年度にはプロジェクト組織の設置と取り組んでまいりました。6月に豊山小学校区と新栄小学校区で、11月に志水小学校区で自主防災組織による地区防災訓練を開催いたします。総合防災訓練については、従来どおり、町主体の全般的・総合的防災訓練として9月に実施してまいります。

 次に、防犯に関して申し上げます。

 犯罪への対応には、自主防犯組織の設立や相互のネットワーク化、また、こうした団体と学校、警察、地域、そして行政が連携することが重要であります。愛知県警OBを職員として迎え、これらの連携を一層強化し、地域の防犯力を向上させるとともに、安全なまちづくりに向けた取り組みを展開してまいります。さらに、子供たちの防犯教育にも一層努めてまいります。

 また、交通安全と防犯に関する事項を統合した条例、安全なまちづくり条例を制定し、安全・安心して暮らすことができる地域社会の実現に取り組んでまいります。

 ただいま申し上げました自主防災活動、自主防犯活動には、地区の取り組みが欠かせません。これらの地区の活動を支援するため、平成21年度より地区振興費の支給について引き上げを行ってまいります。

 次に、やさしさと思いやりのある健やかな暮らしづくりへの対応であります。

 暮らしの安心は、保健、福祉、医療、社会保障の信頼があってこそ成り立ちます。後期基本計画の重点プロジェクト、「愛と夢あふれる次世代育成環境づくりプロジェクト」を推進し、次代を担う子供たちが健やかに育つ環境を充実させるとともに、総合的かつ有機的な取り組みを行ってまいります。

 平成20年度には、子ども医療費助成制度について入院に係る医療費を就学前から中学校卒業までに、妊婦健診補助については5回から7回まで、それぞれ制度改正をしました。これらの制度についても平成21年度はさらに拡充・拡大を図ってまいります。

 具体的には、子ども医療費助成については、その助成対象枠を通院についても中学校卒業時までの対象枠としてまいります。これにより、本町においては中学校卒業時まで通院・入院とも医療費の助成の対象となります。妊婦健診補助制度については、医療機関において実施する妊婦健康診査に対する補助を21年2月から7回から14回に拡大しております。

 また、放課後児童対策の充実に向けた取り組みも行います。平成22年度の放課後児童クラブ新築棟建設に向けた実施計画を行います。現在、志水なかよし会は志水小学校の空き教室を利用して行っています。これにかわる施設として、新たに放課後児童クラブ用施設を志水小学校内に別棟として建設していく予定であります。これにより、より多くの児童の受け入れが可能となり、また、より多様な自主学習やスポーツ活動にも資することができます。

 さらに、園児待機者ゼロ、多様な保育の実践を図るため、豊山保育園の園舎増築にも取り組みます。平成21年度には増築に係る基本設計を行います。

 後期基本計画の重点プロジェクト、「誰もが暮らしやすい健康・福祉のまちづくりプロジェクト」についてであります。

 だれもが生涯を現役で活躍することができる社会づくりを目指し、高齢者、障害者、児童、ひとり親家庭を対象に総合的な福祉サービスを展開してまいります。平成20年度には、地域福祉計画とあわせ障害計画、障害者計画、高齢者保健福祉計画についても一体的に策定してまいりました。平成21年度には、これらの計画をもとに地域住民の理解と協力による福祉サービスに努めてまいります。

 また、国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療については、町民の皆様が引き続き安心して医療・介護サービスが受けられるよう医療・介護費の給付・助成の適正な推進を図るとともに、健康増進、疾病の発生予防、早期発見、早期治療の啓発や健康管理の奨励など保健対策事業を進めてまいります。

 平成21年度は、第4次介護保険計画のスタートの年となります。これに合わせて介護保険料の改定を行います。今後3年間の給付見込みの増加分と介護従事者の処遇改善のための介護報酬改定分について、新たに追加負担していただくことになりますが、昨今の経済状況等を勘案し、介護保険基金からの繰入金を充当することによって、極力上昇分を抑えることとしました。適正な介護サービスを提供するためには、給付に見合った負担をお願いする必要があります。ご理解をいただきますようお願いを申し上げます。

 次に、活気とにぎわいを生み出す産業活力づくりへの対応であります。

 県営名古屋空港という豊山町の強みを生かし、臨空性を生かした創造的で活力あるまちづくりを進めてまいります。引き続き旧空港用地の地域振興への転活用を促進し、にぎわいと交流の場を創出してまいります。また、航空宇宙関連の研究機能や関連産業の誘致に向け鋭意努力してまいります。

 次に、環境を重視したまちづくりへの対応であります。

 地球温暖化等、地球規模での環境問題に対する取り組みが急がれる中、だれもが環境問題に対して無関心ではいられません。また、豊かな自然と調和した豊山の町並みは、本町の特徴であると同時に誇りでもあります。この誇りを後世まで引き継いでいかなければなりません。

 後期基本計画の重点プロジェクトである「環境にやさしいまちづくりプロジェクト」を推進し、省エネルギーやリサイクルの促進、ごみの排出抑制につながる取り組みを一層進めてまいります。

 平成21年度に新たに資源ごみ回収場所として、スカイプール駐車場にリサイクルステーションを設置いたします。資源ごみについては、隔週ごとの曜日限定で地区ごとに回収を行ってきました。平成21年度からは、この地区回収に加え、町全域を対象地区とした集中資源ごみ回収場所として、リサイクルステーションを設置します。回収品目は、ペットボトル、古紙、布等のすべてのリサイクル資源を対象とし、回収日時は毎週末、金、土、日曜日の午前8時30分から午後5時までの常時回収とします。これにより、よりライフサイクルに合わせた資源ごみの搬出が可能になります。また、ごみ袋に入れる資源ごみを削減することにより、ごみ減量についても一層推進させることができます。

 省エネルギーに対する意識の啓発や太陽光発電の利用促進についても、引き続き行ってまいります。特に太陽光発電については、国においても環境施策の最重要施策として位置づけられている事業でございます。本町においても、太陽光発電に対する補助対象件数を倍増してまいります。

 次に、豊かな人間性を彩るいきいきとした人づくりへの対応であります。

 まちづくりの基本は人づくりであります。まちづくりの基本である人づくりに立ち返り、地域住民の一人一人が個性と創造力を発揮し、生き生きと輝いて生きていく人づくりを目指します。

 子供たちが放課後に安心して活動できる場所を確保すること、子供たちの健全育成を目指し、放課後子ども教室を開設します。平成21年度は、まず試行として、豊山小学校の1年生から3年生を対象とし、豊山小学校の多目的教室で実施してまいります。教室の開設時間は平日の午後4時までを予定いたしております。コーディネーター1名と指導員2名の3名体制で、子供たちの学習、スポーツ、文化活動などを支援、指導してまいります。

 また、平成20年度より見直し作業を行っています生涯学習まちづくり計画についても、平成21年度において、基本構想・基本計画の最終的な取りまとめを行ってまいります。

 平成20年度の新栄小学校の耐震補強工事をもって、町内のすべての公共施設の耐震工事を完了しました。平成21年度については、志水小学校屋上防水工事、豊山小学校、新栄小学校のプールろ過装置修繕工事等、学校施設の質的な向上を目指す環境整備を進めてまいります。また、アリーナトップライト改修工事、防犯カメラシステム改修工事等、社会教育センターの改善整備についても取り組んでまいります。引き続き、安全で安心して教育を受けることのできる教育環境の整備に努めてまいります。

 次に、心ふれあう対話のある地域社会への対応であります。

 高度情報化、国際化、少子高齢化の時代に至り、町民ニーズの多様化に対応するためには、町民との協働のまちづくりを推進し、連携と交流によって町の個性と魅力をつくり出していくことが肝要であります。また、国からの権限移譲が進む中、住民サービスの向上に努めながら、行財政システムの改革にも果敢に取り組んでいかなければなりません。

 こうした状況の中で、12月には豊山町まちおこしの会のどじょう寿司PRキャンペーンがマスコミでも大きく取り上げられました。徐々にではありますが、確実に協働によりまちづくりが進んでおります。

 愛知学泉大学とは、官学連携に関する包括協定を締結しました。この包括協定に基づき、現在策定中の第4次総合計画、都市計画マスタープラン、地域福祉計画などの各種計画には、多数の教授、学生が参画しております。12月には町職員が大学での講師を務め、2月には職場実習として学生を受け入れるなど、人材の相互交流も活発化しております。

 集中改革プランについても、定員の削減化計画が1年前倒しで達成できる見込みなど、順調かつ確実な取り組みを行っております。引き続き、後期基本計画の重点プロジェクトの「協働による自立・分権型の自治体づくりプロジェクト」を推進してまいります。

 最後になりますが、平成17年2月17日、名古屋空港の空港機能が変更されました。豊山町の空が一斉に曇り、忽然とまちから人と車、そして光まで消えた。決して大げさな表現ではなく、私は確かにそう感じました。税収の減少や雇用の不安、さらに不要になった旧国際線ビルの活用など、大きな課題が現実のものとして浮かび上がってまいりました。

 あれから4年が経過いたしました。空港ターミナルを利用したエアポートウォークは、大勢の若者や家族連れでにぎわっております。休日には、名古屋都心、三河地方、岐阜からもたくさんの来場者が訪れております。大きく落ち込んだ税収などについても一定のめどが立ってまいりました。空港跡地の一部には、JAXAの飛行研究施設、MRJの構造試験施設も計画されております。

 本町は今まさに萌芽のときを迎えようとしております。平成21年度は総合計画の総仕上げと新たな構想の年となります。いかにして短期的な問題を解決しながら、長期的な目標を実現するか。与えられた課題は決して易しくはありません。しかし、この時流を確実につかみ、まさに正鵠を射るがごとく、この萌芽を第4次総合計画の期間内には大輪の花として咲かせるべく、本日申し上げた施策、事業を確実に実行してまいります。小さくてもきらりと光るまち、そんなまちを目指しております。

 町民の皆様並びに議員各位のご支援とご理解を心からお願い申し上げまして、施政方針とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(青山克己君) ご苦労さまでございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第2号 工事請負変更契約の締結について(上程、提案説明、質疑、討論、採決)



○議長(青山克己君) 日程第5、議案第2号工事請負変更契約の締結についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第2号朗読〕

 内容につきましては、経済建設部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 堀江経済建設部長。



◎経済建設部長(堀江勇君) それでは、議案第2号工事請負変更契約の締結についてご説明申し上げます。

 平成20年度下水道工事(その1)につきましては、平成20年第2回定例会におきましてご承認いただき、合資会社安藤組と9,975万円で契約を締結しました。

 参考資料の平成20年度下水道工事(その1)変更概要をごらんいただきたいと思います。

 本工事においては、県道歩道部に下水道管を布設する必要があることから、昨年度に県道の管理者である愛知県と協議を行い、埋め戻し材料は発生土としておりましたが、工事発注後の道路占用申請時において、発生土を利用する場合は、砂、切り込み砕石または路床土及び良質土と同等以上に限るとの条件を付されました。発生土では、この条件を満たすことができませんので、改良土に変更するものであります。

 また、現場発生土を有効に利用するため管基礎材料を改良土としておりましたが、地下水位の高い箇所においては、改良土は泥状になり、使用が困難であることが判明しましたので、地下水位、以下、図面で赤色で着色した箇所でございますが、この箇所の管基礎材料を再生砂に変更するものであります。

 次に、舗装復旧につきましては、面積の変更は少ないですが、町道6号線の既設舗装圧が20センチであったため、舗装取り壊しを変更するとともに、路盤工10センチを追加します。また、現場生産により舗装復旧面積を3平米減の変更を行います。

 開削工につきましては、ガス、水道等の既設占用物件との調整等により、管径150ミリにつきましては14.7メートルの減、管径200ミリは9.2メートルの減、管径300ミリは0.1メートルの増の変更を行います。

 また、掘削土砂の含水が大きく、直接埋め戻しができないため、脱水のための一時仮置き場が必要となりましたので、借地料を追加します。

 これらに係る費用とそのほか現場調整費用に諸経費及び当初契約における請負率等を乗じますと、今回提案しております変更金額545万5,800円の増額となります。

 以上でございます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 提案理由の説明が終わりました。

 質疑を行います。発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑はないようですので、質疑を終結いたします。

 ここでお諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略し、直ちに討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) ご異議なしと認めます。よって、本案は委員会付託を省略し、直ちに討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 議案第2号について、原案のとおり賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議案第3号 人権擁護委員候補者の推薦について(上程、提案説明、採決)



○議長(青山克己君) 日程第6、議案第3号人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第3号朗読〕



○議長(青山克己君) 提案理由の説明が終わりました。

 ここでお諮りいたします。本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) ご異議なしと認めます。よって、本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。

 議案第3号について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(青山克己君) ありがとうございます。

 起立全員であります。よって、議案第3号は原案のとおり決定いたしました。



○議長(青山克己君) それでは、ここで35分まで休憩といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時18分 休憩

     午前10時35分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(青山克己君) 休憩を閉じ、再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議案第4号 豊山町安全なまちづくり条例の制定について(上程、提案説明)



△議案第5号 豊山町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について(上程、提案説明)



△議案第6号 平成21年度における固定資産税等に係る第1期の納期の特例に関する条例の制定について(上程、提案説明)



△議案第7号 豊山町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正について(上程、提案説明)



△議案第8号 豊山町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について(上程、提案説明)



△議案第9号 豊山町証人等の実費弁償に関する条例及び豊山町行政財産の目的外使用に係る使用料条例の一部改正について(上程、提案説明)



△議案第10号 豊山町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について(上程、提案説明)



△議案第11号 豊山町手数料条例の一部改正について(上程、提案説明)



△議案第12号 豊山町給食センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について(上程、提案説明)



△議案第13号 豊山町児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部改正について(上程、提案説明)



△議案第14号 豊山町介護保険条例の一部改正について(上程、提案説明)



△議案第15号 豊山町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部改正について(上程、提案説明)



△議案第16号 愛知県市町村職員退職手当組合規約の一部改正について(上程、提案説明)



△議案第17号 平成20年度豊山町一般会計補正予算(第4号)(上程、提案説明)



△議案第18号 平成20年度豊山町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)(上程、提案説明)



△議案第19号 平成20年度豊山町老人保健特別会計補正予算(第2号)(上程、提案説明)



△議案第20号 平成20年度豊山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)(上程、提案説明)



△議案第21号 平成20年度豊山町介護保険特別会計補正予算(第2号)(上程、提案説明)



△議案第22号 平成20年度豊山町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)(上程、提案説明)



△議案第23号 平成21年度豊山町一般会計予算(上程、提案説明)



△議案第24号 平成21年度豊山町国民健康保険特別会計予算(上程、提案説明)



△議案第25号 平成21年度豊山町老人保健特別会計予算(上程、提案説明)



△議案第26号 平成21年度豊山町後期高齢者医療特別会計予算(上程、提案説明)



△議案第27号 平成21年度豊山町介護保険特別会計予算(上程、提案説明)



△議案第28号 平成21年度豊山町介護サービス事業特別会計予算(上程、提案説明)



△議案第29号 平成21年度豊山町公共下水道事業特別会計予算(上程、提案説明)



○議長(青山克己君) 日程第7、議案第4号から議案第29号までを一括して議題とし、順次提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第4号朗読〕

 内容につきましては、経済建設部長から説明させます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 堀江経済建設部長。



◎経済建設部長(堀江勇君) それでは、議案第4号豊山町安全なまちづくり条例の制定についてご説明申し上げます。

 この条例は、交通安全及び防犯の推進について、町、町民及び事業者の役割を明確にすることで、町民等の交通安全及び犯罪に関する意識を高め、交通事故や犯罪のない安全で安心して暮らすことができるまちづくりを目指すため制定するものでございます。

 順次内容についてご説明申し上げます。

 1条につきましては、先ほど申しましたこの条例の目的を規定しております。本町における交通安全及び防犯の推進について、町、町民及び事業者の責務を明らかにするとともに、安全なまちづくりに関する施策の基本となる事項を定めることにより、町民が安全に安心して暮らすことができる地域社会の実現を図ることを目的としております。

 2条では、この条例で用いられている用語の定義を規定しております。町民、それから事業者、それぞれ定めております。

 3条では、安全なまちづくりの考え方を示したもので、行政と町民等が一体となって交通安全活動、防犯活動を行うことにより、交通事故及び犯罪のない生活環境をつくり上げ、その活動を継続することにより、安全に安心して暮らすことができる地域社会を実現することを基本理念としております。

 4条では、町の責務として、安全なまちづくりに関する施策の策定及び実施並びに町が実施する施策の基本事項を定めております。

 5条では、この条例の目的を達成するため町民の責務を、6条では事業者の責務をそれぞれ定めております。

 7条では、安全なまちづくりに関する施策を総合的、計画的に推進するため、協議会の設置について定めております。

 8条では、規則への委任について規定しております。

 附則としまして、施行期日として、この条例は平成21年4月1日から施行するものでございます。また、この条例の制定に伴い、現行の豊山町交通安全条例につきましては廃止するものでございます。

 以上です。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第5号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 小出生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小出哲雄君) それでは、議案第5号豊山町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定についてご説明申し上げます。

 この基金の設置条例につきましては、平成21年度から介護従事者の介護報酬改定により、その処遇改善を図ります。それに伴います介護保険料の急激な上昇を抑制することを目的として、国から臨時交付金が交付されます。この交付金を適正に管理運営するため、基金を設置するものでございます。

 なお、この条例につきましては、公布の日から施行しまして、平成24年3月31日をもって終わると、こういう時限的な内容でございます。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第6号朗読〕

 内容につきましては、総務部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 議案第6号平成21年度における固定資産税等に係る第1期の納期の特例に関する条例の制定につきましてご説明申し上げます。

 本案は、平成21年度に固定資産の評価替えが行われることから、その内容を含む地方税法等の一部を改正する法律案が今国会に提出されており、年度末の改正が見込まれているところであります。したがいまして、豊山町税条例第61条第1項及び豊山町都市計画税条例第5条第1項の規定により、固定資産税及び都市計画税の第1期納期を平成21年度に限り5月1日から6月1日までとするように変更するものであります。

 なお、この条例は公布の日から施行するものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第7号朗読〕

 内容につきましては、総務部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 議案第7号豊山町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正についてご説明申し上げます。

 まず、2ページをお開きいただきたいと思います。

 豊山町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正につきましては、第1条で豊山町職員の勤務時間、休暇等に関する条例を、第2条で豊山町職員の育児休業等に関する条例を、第3条で豊山町職員の給与に関する条例を、それぞれ職員の1日当たりの勤務時間8時間を7時間45分に改正することに伴う関連案件の一部改正のために行うものであります。

 なお、豊山町職員の勤務時間、休暇等に関する条例につきましては、あわせて年次有給休暇の取得開始時季を暦年から年度に改めるものであります。

 なお、これらの条例は平成21年4月1日から施行するものでありますので、よろしくお願いします。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第8号朗読〕

 内容につきましては、総務部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 議案第8号豊山町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 3ページの新旧対照表をごらんいただきたいと思います。

 まず、豊山町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正につきましては、教育事務執行等外部評価委員、学校関係者評価委員及び安全なまちづくり協議会委員の新設、交通安全推進協議会委員及び廃棄物減量等推進員の廃止に伴い、一部改正を行うものであります。

 なお、この条例は平成21年4月1日から施行するものでございますので、よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第9号朗読〕

 内容につきましては、総務部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 議案第9号豊山町証人等の実費弁償に関する条例及び豊山町行政財産の目的外使用に係る使用料条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 2ページをごらんいただきたいと思います。

 豊山町証人等の実費弁償に関する条例及び豊山町行政財産の目的外使用に係る使用料条例の一部改正につきましては、第1条で豊山町証人等の実費弁償に関する条例を、第2条で豊山町行政財産の目的外使用に係る使用料条例を、それぞれ地方自治法の一部改正により、関係条文の項数の変更に伴い一部改正を行うものであります。

 なお、この条例は公布の日から施行するものであります。

 以上、よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第10号朗読〕

 内容につきましては、総務部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 議案第10号豊山町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 3ページの新旧対照表をお開きいただきたいと思います。

 豊山町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正につきましては、特殊現場従事手当及び非常警備手当の2種類を廃止するため一部改正を行うものであります。

 なお、この条例は平成21年4月1日から施行するものであります。

 以上、よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第11号朗読〕

 内容につきましては、教育部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 近藤教育部長。



◎教育部長(近藤鎮彦君) 議案第11号豊山町手数料条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 3ページの新旧対照表をごらんください。

 社会教育センターの図書室資料の複写手数料につきまして、これまで1件につき20円ということで規定をさせていただいております。今回、新たに多色複写のものを1件50円で行いますので、その関係によりまして改正するものでございます。

 なお、従来の20円の単色の複写のものにつきましては、50円との関係によりまして改正をさせていただきます。

 以上です。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第12号朗読〕

 内容につきましては、教育部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 近藤教育部長。



◎教育部長(近藤鎮彦君) それでは次に、議案第12号豊山町給食センターの設置及び管理に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 こちらにつきましても、3ページの新旧対照表をごらんください。

 学校保健法等の一部を改正する法律が平成20年6月18日に公布をされております。その中で、学校給食法の一部改正が定められております。今回、一部改正を行わせていただきます部分につきましては、従来、改正前の学校給食法の規定の第5条の2、これは2つ以上の義務教育諸学校の学校給食を共同調理する場合の共同調理上の根拠規定になっております。それが法律の改正に伴いまして、条文のずれがまいりまして、第6条に同趣旨で規定が置かれることになりました。その関係をもちまして、第5条の2を第6条に改正するものでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第13号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 小出生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小出哲雄君) それでは、議案第13号豊山町児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 新田第3児童遊園につきましては、借地をしまして児童遊園を設置しておりましたが、地主に返還することになりました。そのために廃止いたしますので、削除するものでございます。

 この条例につきましては、平成21年4月1日から施行いたします。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第14号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 小出生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小出哲雄君) 議案第14号豊山町介護保険条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 この条例につきましては、介護保険法施行令第38条の規定によりまして、平成21年度から平成23年度の3年間における保険料率を定めるものでございます。

 その主な内容につきましては、平成18年度から平成20年度における給付費の伸び率、第1号被保険者と第2号被保険者の負担割合の変更、新たなサービスによる給付費の増及び介護従事者の処遇改善のための介護報酬改定分3%を見込み算定しております。

 ただし、国の介護従事者の処遇改善のための緊急特別対策により、本来ならば上昇する介護従事者の処遇改善分については、3年間を通じまして半額に抑えております。また、本町では極力この保険料率の上昇を抑え、被保険者の負担を少なくしたいと考えまして、この第4期当初時点での基金額を第3期の介護保険計画当初時点の基金額とほぼ同額としまして、1,500万円を取り崩しして基金から繰り入れをしております。この2つの措置によりまして、保険料率の上昇を基準額を月額に換算しますと189円抑制をしております。

 なお、附則第1項では、この条例の施行を平成21年4月1日とするとともに、附則第3項では、基準となる第5段階の者のうち所得金額が80万円以下の者に対して軽減した保険料を定めております。あわせまして、附則第4項では、本来ならば第8条の改正保険料率が適用となりますが、国の介護従事者の処遇改善のための緊急特別対策により上昇を抑制した保険料率を定めまして、これを適用していくものでございます。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第15号朗読〕

 内容につきましては、経済建設部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 堀江経済建設部長。



◎経済建設部長(堀江勇君) 議案第15号豊山町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 3ページの新旧対照表をごらんいただきたいと思います。

 8条につきましては、地区におきます資源分別収集の指導管理をこれまで廃棄物減量等推進員にお願いしておりましたが、この推進員を廃止しまして地区の管理に変更をさせていただくため削除をするものでございます。

 また、22条、許可申請手数料の中で、一般廃棄物処理業許可更新手数料、それから浄化槽清掃業許可更新手数料、一般廃棄物処理業変更許可手数料、この金額を1件3,000円から1件5,000円に改正させていただくものでございます。

 なお、この条例は平成21年4月1日から施行するものでございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第16号朗読〕

 内容につきましては、総務部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 議案第16号愛知県市町村職員退職手当組合規約の一部改正についてご説明申し上げます。

 3ページの新旧対照表をごらんいただきたいと思います。

 愛知県市町村職員退職手当組合規約の一部改正につきましては、地方自治法の一部改正に伴い、語句整理を行うものであります。

 なお、この規約は、愛知県知事の許可があった日から施行するものであります。

 以上、よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第17号朗読〕

 内容につきましては、総務部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) それでは、議案第17号平成20年度豊山町一般会計補正予算(第4号)についてご説明申し上げます。

 最初に、議案書のほうの4ページをお願いしたいと思います。

 議案書のほうでございます。4ページを見ていただきますと、今回繰り越しを行う事業につきましては、総合行政情報システム運用事業と公共補償町道改築事業の2事業となっております。

 総合行政情報システム運用事業につきましては、電算システム委託で、後期高齢者医療システム制度円滑運営対応委託業務の年度内完了を予定していましたが、改修による電算パッケージソフトのリリースが、年度をまたぎ段階的に行うことになりましたので、繰り越しを行い21年度に継続的に実施するためのものであります。

 次に、公共補償町道改築事業につきましては、現在予定しています町道用地の取得時期が先行する県道用地取得の関係で年度末にずれ込む可能性が高くなり、用地引き渡しの年度内完了が困難となりますので、こちらも繰越明許を行うものであります。よろしくお願いします。

 それでは次に、予算の内容につきましては、予算説明書のほうをごらんいただきたいと思います。

 説明書のほうの1、2ページをお開きいただきたいと思います。

 まず、1款町税、1項町民税、1目個人につきましては、納税者数の増加により均等割69万7,000円の増額、所得割につきましては、個人所得の増加により5,193万3,000円の増額をお願いします。

 同項2目法人についても、当初法人数の見込みより法人数の増加がありましたので、均等割で366万9,000円の増額、法人税割につきましても、航空機関連大手法人等の増益により1億4,464万円の増額をお願いしております。

 次に、同款4項たばこ税、1目たばこ税につきましては、たばこ消費量の減により現年課税分603万6,000円の減額をお願いしております。

 次に、14款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金につきましては、負担額の確定により保険基盤安定負担金85万7,000円の減額をお願いしております。

 同款2項国庫補助金、4目教育費国庫補助金につきましては、歳出予算の中で出てまいりますが、新栄小学校校舎耐震化工事費の減少により、安全・安心な学校づくり交付金が804万6,000円減額したものであります。

 次に、3、4ページをお開きいただきたいと思います。

 15款県支出金、1項県負担金、1目民生費県負担金につきましては、負担金及び拠出金の確定により保険基盤安定負担金364万3,000円の減額、後期高齢者医療保険基盤安定拠出金90万8,000円の増額をそれぞれお願いしております。

 次に、16款財産収入、1項財産運用収入、2目利子及び配当につきましては、財政調整基金の利子の増加がありましたので4万8,000円の増額をお願いしております。

 次に、21款町債、1項町債、1目教育債につきましては、先ほど教育費国庫補助金の中でも出てまいりましたが、新栄小学校校舎耐震化工事の減少により、起債を起こせる額が減少しましたので、新栄小学校校舎耐震化事業債490万円の減額をお願いしております。

 続きまして、歳出に移ります。5ページ、6ページをお開きいただきたいと思います。

 2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費につきましては、総務一般事業において職員勧奨退職による特別負担金の増といたしまして退職手当組合負担金4,745万4,000円の増額をお願いしております。

 次に、同項3目財政会計管理費につきましては、財政管理事業において歳入歳出の差8,721万6,000円を財政調整基金に積み立てるものでございますので、よろしくお願いします。なお、基金使途明細につきましては9ページに載せておりますので、よろしくお願いします。

 3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費につきましては、社会福祉一般事業において特別会計への繰出金の増等をお願いしております。

 国民健康保険特別会計繰出金につきましては、医療費の増加等に対する不足額の繰り入れ6,192万6,000円の増額を行います。

 また、保険基盤安定繰出金につきましては、繰り出し額の確定により480万4,000円の減額をお願いしております。

 次に、老人保健特別会計に対しましては、支払基金医療費交付金の減少により463万2,000円の増額をお願いしております。

 同項7目後期高齢者医療につきましては、後期高齢者医療事業において負担金及び繰出金の確定により、広域連合事務費負担金47万円の減額、保険基盤安定繰出金121万1,000円の増額をお願いしております。

 次に、4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費につきましては、保健衛生一般事業において負担金額の確定により、西春日井広域事務組合二次救急医療運営費負担金94万9,000円の減額をお願いしております。

 次に、7、8ページをお開きください。

 8款土木費、3項河川費、1目河川維持費につきましては、久田良木川排水機場維持管理事業において契約残による機器補修委託料52万9,000円の減額をお願いしております。

 次に、10款教育費、2項小学校費、1目学校管理費につきましては、施設整備事業において校舎耐震化工事費等の契約残等により、豊山小学校関係工事492万9,000円、新栄小学校関係工事1,234万5,000円の減額をお願いします。

 総額といたしまして1億7,841万3,000円の増額補正となりましたので、よろしくお願いします。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第18号朗読〕

 内容は生活福祉部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 小出生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小出哲雄君) それでは、議案第18号平成20年度豊山町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、説明書に基づきましてご説明申し上げます。

 1ページ、2ページをごらんいただきたいと思います。

 3款国庫支出金、国庫負担金、療養給付費等国庫補助金でございますが、今年度の国庫負担額が確定したことによりまして838万3,000円の増をお願いするものでございます。

 続きまして、次の高額医療費共同事業負担金でございますが、歳出の高額医療費共同事業拠出金の額が確定したことにより予算との差を減額するものでございまして238万3,000円の減額でございます。

 すぐ下の6款県支出金、1項県負担金、1目高額医療費共同事業負担金、これにつきましても今の数字と同じ238万3,000円が同じ理由によって減額するものでございます。

 次に、第6款県支出金、県補助金、都道府県財政調整交付金でございますが、歳出の療養給付費と高額療養費の国庫負担相当額6%分を補正するものでございます。272万9,000円の増でございます。

 次に、7款共同事業交付金、1項共同事業交付金、1目共同事業交付金でございますが、今年度の交付額が確定したことによりまして1,637万5,000円の減額でございます。

 次の保険財政共同安定化事業交付金でございますが、これにつきましても今年度の交付額が確定したことによりまして4,659万4,000円を減額するものでございます。

 次に、3ページ、4ページでございますが、一般会計からの繰入金としまして保険基盤安定繰入金でございますが、今年度の繰入金額が確定してまいりました。ということで480万4,000円の減額でございます。

 次の一般会計繰入金でございますが、これにつきましては歳入歳出の差額を繰り入れしておりまして6,192万6,000円の増をお願いするものでございます。

 次に、9款繰越金、1項繰越金、その他繰越金でございますが、前年度の繰越金が生じなかったために減額をするものでございます。1,000万円の減額でございます。

 次の財産収入につきましては、基金に利子が生じたため1,000円の増をお願いしております。

 次に、5ページ、6ページでございますが、2款の保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費でございますが、当初見込みより増が見込まれるということで4,104万円の増をお願いしております。

 2款保険給付費、2項高額療養費、1目一般被保険者高額療養費でございますが、これにつきましても当初見込みより増が見込まれるということで445万7,000円の増をお願いしております。

 7款の共同事業拠出金、第1項共同事業拠出金の1目高額医療費共同事業拠出金でございますが、今年度の額が確定したために957万1,000円の減額をお願いしております。

 その下の保険財政共同安定化事業の拠出金でございますが、これも同じ理由で今年度分が確定したために4,542万7,000円の減額をお願いしております。

 次に、7ページ、8ページでございますが、財政調整基金に利息分を積み立てるものでございます。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第19号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 小出生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小出哲雄君) 議案第19号平成20年度豊山町老人保健特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明申し上げます。

 説明書に基づきましてご説明申し上げます。1ページ、2ページをお願いいたします。

 第1款支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目の医療費交付金でございますが、交付金額が今年度の分が決定してまいりましたので225万2,000円を減額するものでございます。

 それから、すぐ下の国庫支出金、1項国庫負担金、医療費国庫負担金でございますが、これにつきましても交付金額が決定したことによりまして253万4,000円を減額するものでございます。

 次に、県支出金、1県負担金でございますが、これにつきましても県からの負担金の額が確定したことによりまして15万4,000円の増をお願いしております。

 4款繰入金、1項他会計繰入金として一般会計からの繰入金でございますが、他の財源が決定してきたために、その差額を繰り入れるものでございまして463万2,000円の増をお願いしております。

 以上の内容によりまして、3ページ、4ページにつきましては、その財源更正をお願いするものでございます。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第20号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 小出生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小出哲雄君) 議案第20号平成20年度豊山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)につきまして、説明書に基づきましてご説明申し上げます。

 歳入でございますが、1ページ、2ページでございます。

 2款繰入金、一般会計繰入金、その他一般会計繰入金ということで、保険基盤安定繰入金を一般会計から121万1,000円繰り入れるものでございます。

 次に、3ページ、4ページ、歳出でございますが、後期高齢者医療広域連合納付金、2款1項1目も同様な名前でございますが、これにつきましても納付金が確定してきたために121万1,000円を増額するものでございます。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第21号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 小出生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小出哲雄君) 議案第21号平成20年度豊山町介護保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、説明書に基づきましてご説明申し上げます。

 この内容につきましては、先ほどご提案申し上げました議案第5号で基金の設置を提案しておりますが、その同じ内容でございまして、国からの特例交付金が交付されます。それを歳入で610万8,000円受けまして、次の3ページ、4ページのほうで、議案第5号でお願いしております基金に同額の積み立てをする内容でございます。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第22号朗読〕

 内容につきましては、経済建設部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 堀江経済建設部長。



◎経済建設部長(堀江勇君) それでは、議案第22号平成20年度豊山町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。

 説明書に基づきましてご説明申し上げます。1、2ページ、歳入でございます。

 1款使用料及び手数料、1項使用料、1目下水道使用料でございます。使用料が見込みより少なくなったために400万円を減額するものでございます。

 次に、2款国庫支出金、1項国庫補助金、1目下水道事業費国庫補助金でございます。5,500万円の減額につきましては、下水道の雨水工事を取りやめしたために、この工事に充当することとしておりました国庫補助金を減額するものでございます。

 この雨水工事を取りやめました理由につきましては、本町の雨水事業は豊山町公共下水道基本計画に基づきまして進めてまいりました。その後、平成12年に東海豪雨に見舞われたことから、中小河川や下水道から新川、大山川への放流について規制が行われることになりました。また、東海豪雨後に特定都市河川浸水被害対策法が施行され、河川管理者、下水道管理者及び地方自治体が一体となり浸水被害対策を行うこととなり、河川管理者は1級河川、新川や大山川の整備計画を策定しました。

 しかしながら、この整備時期については決まっておりません。このため、町が雨水整備をしても、下流の河川である新川や大山川の河川整備が進まなければ排水ができませんので、整備効果があらわれないことになります。こうしたことから、新川や大山川の整備状況を見きわめながら、町の雨水整備工事を進めることとしたためでございます。

 次に、7款町債、1項町債、1目下水道事業債でございます。先ほど申しました雨水工事を取りやめしたことによりまして事業が中断となりましたため、減額を行うものでございます。

 次に、3、4ページ、歳出でございます。

 1款総務費、1項総務管理費、2目維持管理費、13節の委託料でございます。100万円の減額です。これは下水道台帳作成委託料が入札によりまして執行残額が生じましたので、減額するものでございます。

 次に、2款下水道事業費、1項下水道事業費、1目の下水道事業費でございます。工事請負金額で1億2,200万円の減、これも先ほどお話し申し上げました雨水工事を取りやめたことによる減額でございます。

 それから、22節の補償、補填及び賠償金1,500万円の減額でございます。占用物件の移設が必要なくなったということで、この金額を減額するものでございます。

 それから、4款公債費、1項公債費、2目利子でございます。この260万円につきましては、当初予算で利息を3%ということで見込んでおりました。借り入れ時2.05%から2.1%ということで減になりましたので、その差額を減額するものでございます。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第23号朗読〕

 入につきましては総務部長から、出につきましてはおのおの関係する部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) それでは、ただいまから平成21年度予算案をご説明申し上げます。

 まず、予算説明書でございますが、前年と同様、説明欄は款項目の目ごとの事業項目と総額がわかるように事業名と事業総額のみ記述しました。また、当初予算の概要説明資料は、予算説明書で示しました説明欄の事業総額を節別に詳しく記述しています。また、前年と同様、新規事業は括弧書きで(新)、廃止事業は括弧書きで(廃)、予算が他へ移管した事業は括弧書きで(移行)と表示しておりますので、よろしくお願いします。

 それでは、まず歳入からご説明申し上げますが、こちらにつきましては20年度の当初予算との比較を予算説明書に沿って説明させていただきますので、よろしくお願いします。

 それでは、予算説明書の8、9ページをお開きいただきたいと思います。

 まず、歳入でございますが、1款町税、1項町民税、1目個人町民税につきましては、均等割、納税者数の増加によりまして82万8,000円の増額となりましたが、収納率を考慮しまして78万5,000円の増額となりました。所得割では個人所得の大幅な増加により課税所得で8億4,254万5,000円の増額、税額では4,946万6,000円の増額となりました。また、土地譲渡や株式譲渡などの分離譲渡所得では7,702万1,000円の増、税額では250万9,000円の増額となりました。退職所得税額では50万3,000円の増額で、税額合計では5,247万8,000円の増額となります。税額控除におきましては、税源移譲に伴う調整控除が36万4,000円の増額、平成20年度から適用されております住宅借入金等特別税額控除が見込みより993万4,000円の減となったため、所得税額全体で6,204万8,000円の増額となりました。収納率を考慮いたしまして5,968万円の増額となりました。この結果、均等割と所得割の合計で6,046万5,000円の増額となりました。

 次に、法人町民税では、法人数の増加により462万4,000円の増額、収納率を考慮いたしまして460万6,000円の増額となりました。法人税割では、ほとんどの法人が減少すると考えておりますが、航空機関連大手法人が業績がアップするとの回答を得ておりますので4,744万9,000円の増額、収納率を考慮しまして4,725万9,000円の増額となりました。この結果、均等割と法人税割の合計で5,186万5,000円の増額となりました。

 次に、同款2項固定資産税、1目固定資産税につきましては、土地、家屋、償却資産の順でご説明申し上げます。

 まず、土地でありますが、農地は農地面積が住宅用地への転用により大きく減少しましたが、税額においては負担調整措置に伴い627万円の増額、反面、宅地は農地からの転用に伴い面積は増加しましたが、税額は住宅用地については住宅用地の特例措置が適用され、非住宅用地の増加はありますが、宅地全体としては124万8,000円の増額、雑種地では宅地化に伴う雑種地の減少に伴い434万2,000円の減となり、土地全体では317万6,000円の増額となりました。収納率を考慮して315万4,000円の増額となります。

 家屋では、木造家屋で91棟の新築により税額で165万7,000円の増額、非木造住宅では28棟の新築がありましたが、空港国際線ターミナルビルから複合商業施設の改築、3年に1度の評価替えによる減価などにより4,562万1,000円の減となり、木造・非木造合計で4,396万4,000円の減額となりました。収納率を考慮しまして4,365万7,000円の減となりました。

 償却資産では、一般申告分は旧国際線ビルの複合商業施設のオープンなどに伴い、納税者数が135社増加したことなどにより3,922万5,000円の増額、また総務大臣配分については640万7,000円の減額となり、合計では3,281万8,000円の増額となりました。収納率を考慮しまして3,258万9,000円の増額となりました。

 以上、固定資産税全体では791万4,000円の減額となりました。

 次に、2目国有資産等所在市町村交付金及び納付金につきましては、国からの交付金では、愛知県へ駐車場用地を売却し貸付資産面積が8,300平米減少したことにより、税額で171万4,000円の減額、また、名古屋市北部市場からの交付金が4万円の増額、県営名古屋空港内の愛知県の貸付資産に対する交付金は5万3,000円の減額となり、交付金合計では172万7,000円の減額となりました。

 次に、3項軽自動車税につきましては、四輪乗用車及び自家用四輪貨物の税額の高い車の数が大幅に増加したことにより216万1,000円の増額となりました。収納率を考慮して208万1,000円の増額となります。

 次に、10ページ、11ページをお開きください。

 4項たばこ税につきましては、喫煙者の減少により紙巻きたばこ等の本数が約150万本減少したため、全体で489万4,000円の減額となりました。

 次に、5項都市計画税は、市街化区域内の土地と家屋の所有者に課税し、償却資産は対象となりません。

 まず、土地につきましては、固定資産税同様、農地は住宅用地への転用により面積は減少しましたが、負担調整措置により税額で52万7,000円の増額、宅地につきましては、住宅用地は大きく増加しましたが、住宅用地の特例措置により税額としては51万2,000円の増額、雑種地は宅地化に伴う雑種地の減少により43万9,000円の減額となり、土地全体では60万円の増額となりました。収納率を考慮して59万5,000円の増額となりました。

 家屋につきましては、木造・非木造の合計で106棟の新築となり、評価替えに伴う減価分を見て172万8,000円の増額となりました。収納率を考慮して171万7,000円の増額となりました。

 以上、都市計画税全体では231万2,000円の増額となりました。

 次に、2款地方譲与税、1項地方揮発油税につきましては、平成21年4月から道路特定財源制度の廃止に伴い地方道路譲与税が地方揮発油譲与税に名称改正されました。予算額につきましては、国の地方財政計画に基づいて毎年推計し、推計により算定した額を予算計上しております。

 次に、2項自動車重量譲与税につきましては、地方揮発油譲与税と同様の積算により額を算定し、予算計上をしています。

 次に、3項地方道路譲与税につきましては、平成21年4月から道路特定財源制度の廃止に伴い地方道路譲与税が地方揮発油税に名称変更されましたが、4月譲与分は旧制度によるため、21年度は地方揮発油譲与税と並列で発生します。なお、額につきましては、国の地方財政計画に基づいて推計した額を予算計上しておりますので、よろしくお願いいたします。

 次に、12、13ページでございます。

 4項航空機燃料譲与税につきましては、国の地方財政計画に基づいて積算した額を予算計上しておりますので、よろしくお願いします。

 次に、3款利子割交付金につきましては、平成14年度から平年ベースとなっており、平成19年度交付実績額及び平成20年度第1回目の交付額を考慮し200万円の増額で計上しておりますので、よろしくお願いいたします。

 次に、4款配当割交付金につきましては、平成16年度から県より交付されております。平成20年度の交付予定額を予測し350万円の減額で予算計上しておりますので、よろしくお願いします。

 次に、5款株式等譲渡所得割交付金につきましては、平成16年度から県より交付されております。平成20年度交付予定額を予測し200万円の減額で計上しておりますので、よろしくお願いします。

 次に、14ページ、15ページをお開きください。

 6款地方消費税交付金及び7款自動車取得税交付金につきましては、国の地方財政計画に基づいて積算した額を予算計上しております。

 次に、8款国有提供施設等所在市町村助成交付金につきましては、20年度交付額をもとに算定し予算計上をいたしております。

 次に、9款地方特例交付金、1項地方特例交付金、児童手当特例交付金につきましては、21年度交付見込み額を算定した額を予算計上しております。減収補てん特例交付金につきましては、20年度交付額と同程度の額を予算計上しております。

 次に、16ページ、17ページをお開きください。

 10款地方交付税につきましては、頑張る地方応援プログラム分1,500万円を予算計上しております。

 11款交通安全対策特別交付金につきましては、国の地方財政計画に基づいて推計した額を予算計上しております。

 次に、16ページ以降の12款分担金及び負担金、13款使用料及び手数料、14款国庫支出金、15款県支出金、16款財産収入、17款寄附金までにつきましては、前年度を踏襲した額を予算計上させていただいておりますので、よろしくお願いします。

 次に、少し飛びまして、28ページ、29ページをお開きいただきたいと思います。

 28、29ページでございますが、15款県支出金、3項県委託金、1目総務費委託金の2節、県民税徴収取扱費交付金につきましては、平成18年度の税制改正により個人住民税均等割の納税者数に3,000円を乗じた金額が交付されています。しかし、平成19年度と平成20年度の2カ年に限り4,000円を乗じた金額が交付されましたが、平成21年度は3,000円に戻るため989万円の減額となりました。

 次に、32、33ページをお開きください。

 18款繰入金につきましては、歳入歳出の不足分として財政調整基金繰入金1億2,770万円の繰り入れをお願いしております。

 次に、34、35ページでございますが、19款繰越金につきましては、20年度当初予算額の1%分を予算計上させていただいておりますので、よろしくお願いします。

 次に、34ページ以降の20款諸収入につきましては、前年度を踏襲した額を予算計上しておりますので、よろしくお願いします。

 次に、40ページ、41ページをお開きください。

 20款町債につきましては、臨時財政対策債として2億1,900万円の起債をお願いしております。

 歳入につきましては以上でございますので、よろしくお願いします。

 続きまして、歳出につきましては、当初予算の概要説明資料により、新規事業と主な事業についてのみご説明申し上げますので、よろしくお願いします。

 まず、概要説明資料の34ページをお開きいただきたいと思います。

 財政管理事業でございます。下のほうにあります財政管理事業につきましては、簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律等において推進が要請されている新公開制度の整備のため、委託料として新公開制度導入支援委託料390万7,000円の予算の計上をお願いしておりますので、よろしくお願いします。

 次に、36ページをお願いいたします。

 ここに自治振興事業がございます。自主防災活動、自主防犯活動など地区の活動を支援するため、地区振興費の額を引き上げ、1世帯600円を交付するための予算348万円の予算を計上させていただいておりますので、よろしくお願いします。

 次に、37ページをお開きいただきたいと思います。

 一番下のほうでございます。第4次総合計画策定事業につきましては、基本構想・基本計画策定のための委託料802万4,000円の予算を計上しておりますので、よろしくお願いします。

 次に、38ページのバス運行事業につきましては、利用者の要望を把握しながら利用促進を図ってまいります。また、公共交通マップの改定などのため2,970万5,000円の予算を計上しておりますので、よろしくお願いします。

 次に、45ページをお願いしたいと思います。

 こちらでは衆議院議員総選挙執行事業につきまして、衆議院議員総選挙を執行するため842万6,000円の予算を計上しております。

 次に、46ページの町長選挙執行事業につきましては、平成21年8月5日に任期満了となるため、町長選挙を執行するため671万1,000円の予算を計上させていただいておりますので、よろしくお願いします。

 次に、ちょっと飛びます、防災のほうでございます。94ページをお開きいただきたいと思います。

 94ページでございます。防災一般事業でございます。こちらにつきましては、3小学校区の自主防災組織の防災訓練のための予算を計上しておりますので、よろしくお願いします。

 それから、その下の防災施設整備事業につきましては、防災行政無線操作卓のデジタル化対応工事費、次のページになりますが、操作卓工事費として2,966万4,000円の予算を計上させていただいておりますので、よろしくお願いします。

 総務は新規と主な事業が以上でございますので、よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) それでは、ここで昼食休憩に入りたいと思います。

 再開は午後1時といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前11時50分 休憩

     午後1時0分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(青山克己君) 休憩を閉じ、再開いたします。

 それでは、午前中に引き続きまして、ご説明のほどよろしくお願いいたします。

 小出生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小出哲雄君) それでは、生活福祉部の所管事項につきまして、概要説明資料に基づきまして、主なものと変更のあったもの、新規のものを中心にご説明いたします。

 49ページからごらんいただきたいと思います。民生委員協議会助成事業でございますが、民生委員に活動していただきます費用を計上いたしております。一番下の健康福祉フェスティバル事業では、健康福祉に対する理解を深めるため、健康福祉フェスティバルを開催する費用を計上いたしております。

 次に、50ページでございますが、一番下の社会福祉一般事業でありますが、一般管理事務に要する費用を初め国民健康保険、老人保健、介護保険の特別会計に対する繰出金を計上しております。

 次に、53ページでございますが、敬老会事業ですが、古希、喜寿、米寿、白寿の方へは1万円を、百寿の方へは10万円を、そのほかの平成21年中に74歳となられる方へは5,000円を長寿祝い金として、長年社会の発展に寄与された感謝の気持ちをあらわしてまいります。また、敬老会への招待につきましては、平成23年度に75歳とするよう順次年齢を引き上げてきておりまして、21年度は年度中に74歳になられる方を対象としております。

 すぐ下の高齢者能力活用推進事業ですが、高齢者の能力活用と生きがいの充実と社会参加対策を目的としまして事業を行っております豊山町シルバー人材センターに対し、一般的経費に対する補助1,000万円及び21年度につきましては、樹木剪定した枝葉を極力焼却しないで細かく粉砕しまして土に還元する機器購入に係る経費の3分の2を補助するため80万円を計上いたしております。

 少し飛びますが、58ページでございますが、在宅福祉サービス実施事業では、徘回障害者の所在位置を確認する機器を貸与し、家族に対し安心していただくサービスを始めます。その費用7万円を計上しております。なお、徘回高齢者のサービスもあわせて行いますが、これにつきましては介護保険特別会計の予算でその費用を計上いたしております。

 次に、60ページの障害者福祉サービス支援費支給制度事業では、障害者自立支援法に基づくサービス給付を行う費用を計上しております。一番下の地域生活支援事業では、障害者自立支援法に基づき市町村が行う地域生活支援事業のサービス給付を行う費用を計上いたしております。

 次に、61ページでございますが、一番下の子ども医療事業でございますが、12月議会で議決していただきました通院費につきましても中学校3年生まで助成する費用と、昨年から実施しました入院費用中学校3年生まで助成する費用6,013万3,000円を計上いたしております。

 後期高齢者福祉医療事業につきましては、県の制度におおむね準じておりまして、2分の1の県補助金があり、対象者はこの概要説明資料に記載してあるとおりでございます。

 入院時食事療養費支給事業につきましては、町の単独事業でありまして、子ども医療、障害者医療、母子医療、後期高齢者福祉医療の支給対象者に入院時の食事療養費を助成するものであります。

 次に、63ページでございますが、後期高齢者医療事業では広域連合への負担金、医療費に対する町の負担金、後期高齢者医療特別会計を運営するための繰出金などが主な内容となっております。

 次に、64ページの放課後児童対策事業では、3つのなかよし会とも入会希望がふえている傾向にあります。そのうち志水なかよし会は、現在、志水小学校教室で運営しておりますが、入会希望増への対応及び大規模クラブであることから、1クラブを70人以下に分割する必要があります。また、これ以上、志水小学校教室を利用することは困難でありますので、学校敷地内へ専用施設を建設するため実施設計費218万円を計上いたしております。

 次のページの65ページの真ん中でございますが、母子通園施設運営事業では、ひまわり園の運営を平成20年度から始めまして、ほぼ1年がたとうとしておりますが、開設当初は通園する児童が少なかったわけでございますが、通園の効果が徐々に評価されてきまして、現在では13名が通園し、まだまだふえる傾向にあります。その運営に要する費用を計上いたしております。

 67ページでございますが、保育園運営事業では、保育園の管理運営に要する費用を計上するとともに、保育の需要が低年齢化してきていることから、このような保育需要にこたえるため、低年齢児を保育する施設の増設が必要と考えております。そのため豊山保育園の増築に向け基本設計費10万円を計上しております。

 次に、68ページの下の事業でございますが、児童遊園維持管理事業では、児童遊園の維持管理に要する費用、及び現在、青山下児童遊園は正法寺境内を借地して設置しておりますが、以前から寺側から返還希望が出ており、すぐ近くで土地を借りるめどがついたことから、移転に向け実施設計費等300万円を計上しております。

 次に、71ページでございますが、老人保健事業につきましては、国民健康保険加入者40歳から74歳の方に特定健康診査を実施いたします。従来の成人健康診査と検査内容が同等になるよう、保健センターにおいて追加検査項目及びがん検診を同時に実施いたします。特定健康診査受診者に対しましては、糖尿病等の生活習慣病の予防を図るため、検査結果により特定保健指導を実施いたします。また、75歳以上の高齢者につきましては、後期高齢者医療広域連合の委託を受けまして健康診査を実施いたします。また、町民の運動習慣を向上させるため、町民の方の協力を得まして、健康の道の選定を行いまして、啓発のためのマップを作成いたします。

 次に、72ページの予防接種事業でございますが、従来の予防接種に加え、日本脳炎の新型ワクチンが開発されましたので、日本脳炎の予防接種を今年度から再開いたします。

 一番下の母子保健事業におきましては、妊婦の健康管理と経済的負担を軽減するため、妊婦健康診査を14回に増加して行う費用2,679万3,000円を計上しております。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 堀江経済建設部長。



◎経済建設部長(堀江勇君) それでは、経済建設部が所管いたします事業につきまして、概要説明書に基づきまして主な事業についてご説明申し上げます。

 概要説明資料の37ページをお願いいたします。真ん中のところで、防犯灯整備(更新)事業ということで防犯灯の設置工事費としまして10基分78万8,000円予算計上しております。

 続きまして、39ページです。交通安全対策一般事業につきましては、新規としまして、安全なまちづくり条例を制定させていただきまして、安全なまちづくり協議会を設置してまいります。協議会委員報酬24万円を計上させていただいております。これに伴いまして、今までの交通安全推進協議会は20年度をもって廃止させていただきます。また、工事請負費におきまして、交通安全灯1基、道路反射鏡2基設置する費用をお願いしております。

 飛びまして、73ページをお願いいたします。

 4款の衛生費でございます。ごみ資源化事業につきましては、資源分別収集は新年度より今までの廃棄物減量等推進員によります指導を廃止させていただきまして地区の管理とさせていただきます。これに伴いまして、地区の資源分別収集の奨励金の見直しを行ってまいります。奨励金の基礎額を月額8,000円から1万2,000円に4,000円増をさせていただきます。なお、基礎額に加算します収集量に対する奨励金1キログラム当たり5円については変更ございません。

 それから、住民の方が資源を今まで以上に出しやすくするため、スカイプール駐車場において、新年度、5月の連休明けを予定しておりますが、毎週金、土、日曜日に資源回収する場所を設置してまいりたいと思っております。この回収場所の管理委託料並びに工事費を計上させていただいております。

 それから、地球温暖化防止を推進するための講演会の講師謝礼やごみ減量意識の啓発を図ることを目的としました環境フェスティバルの開催の経費も計上しておるところでございます。

 次に、74ページの浄化槽設置補助事業につきましては、生活排水による河川の水質汚濁を防止するため、29基分の合併浄化槽の設置補助として783万円を計上させていただいております。

 それから、75ページでございます。地球温暖化対策事業につきましては、太陽光発電システムを住宅に設置する個人に1キロワット当たり5万円で最大4キロワットまでの補助を10基分、金額200万円を計上させていただいております。

 それから、76ページでございます。清掃一般事業でございます。北名古屋衛生組合において実施しております可燃ごみ、不燃ごみ、粗大ごみの焼却、破砕、最終処分場における埋め立て処分に必要な経費と鴨田エコパークにおいてし尿や浄化槽汚泥を処理するために必要な経費の負担金として2億7,654万3,000円お願いしております。

 なお、名古屋市とのごみ処理広域化事業を円滑に推進させるため、環境美化センターで実施していた可燃ごみの処理は平成22年から名古屋市のごみ処理工場に委託する予定でございます。そのため、焼却施設の修繕費については見直しを行ったことによりまして、このごみ経常費に係る負担金は20年度より減少しております。

 次に、飛んでいただきまして、82ページをお願いしたいと思います。

 6款の農林水産業費でございます。2つ目に鳥獣保護事業ということで記載させていただいていますが、この13節委託料で有害鳥獣処理業務委託料、新たに次の18節で備品購入の7万1,000円をお願いしておりますが、有害鳥獣を捕獲するための捕獲機を購入して、捕獲されました有害鳥獣を処理する委託ということで委託料もここで新たに計上させていただいております。

 それから、83ページでございます。農業用排水路改良事業でございます。

 大変恐縮でございますが、91ページに平成21年度工事箇所図ということで図をつけさせていただいております。ここの?でございます。?の箇所を県単独土地改良事業補助金を受けまして、神明地内でございますが42メーター用水路の改修工事を行ってまいります。それから、ここの91ページの?になりますが、幸田地内で水路のゲートを改修してまいります。

 本日参考資料で工事箇所断面図ということでつけさせていただいておりますが、ここの?神明地内、?幸田地内のスライドゲートの更新工事ということで参考資料をつけさせていただいておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 それから、84ページの商工費でございます。商工業振興事業では、中小企業振興融資補助金、商工会への補助金と商工業振興資金の預託金を予算計上させていただいております。

 次に、85ページでございます。8款土木費をご説明申し上げます。

 まず、公共補償町道改修事業でございますが、町道の道路改築に伴いまして県道名古屋・豊山・稲沢線道路改築事業に伴う町道の取りつけ部分の整備のため用地取得を行うものでございます。1件の用地費とこの用地契約に係る諸費用を計上しております。なお、この事業に伴います費用は、全額県から公共補償費として雑入で受け入れていくものでございます。

 それから、86ページでございます。建築指導一般事業、都市計画法によります開発許可の申請と建築基準法による建築確認を受け付けし、県土尾張建設事務所へ進達業務の費用をここで計上させていただいております。

 それから、その下の道路維持管理事業につきましては、道路の維持管理を適切に行い、車両及び歩行者が安全に通行できるよう、舗装の修繕、緑道管理等の維持管理費を計上しております。

 次に、その下の道路改良事業でございます。この中で15節の工事請負費でございます。先ほどの91ページの工事箇所の?でございます。中道地内のエアポートウォーク名古屋の南の町道508号線でございます。改修をさせていただきます。工事延長は100メーターでございます。

 次に、工事箇所?でございます。八反地内の町道815号線でございます。工事延長は145メーターでございます。この工事につきましては、調整交付金を充てて実施してまいります。

 次に、河川維持管理事業につきましては、住民生活を快適に保つため、河川、水路の改修や水路のしゅんせつ及び大山川、堂前川の草刈りでございます。河川修繕費、それから河川維持工事費、河川しゅんせつ工事費、それぞれ計上させていただいております。

 その下の久田良木川排水機場維持管理事業でございます。この事業は名古屋市と共同で管理しております久田良木川排水機場維持管理費でございます。主なものはポンプ機器の保守委託料でございます。

 続きまして、87ページ一番下にあります治水対策事業でございます。貯留施設の光熱水費及び委託料としまして久田良木川のかさ上げの影響調査費を計上させていただいております。

 次に、都市公園運営事業では、神明公園の維持管理を行う予算を計上しております。特に委託料では、神明公園の雨水系施設維持管理委託料として、ろ過器、ポンプの保守点検費用、雨水系施設の高圧洗浄清掃費用を計上しております。公園管理委託料では、神明公園と林先公園の芝刈り、草刈り、清掃等の維持管理費用を計上しております。それから工事請負費では、公園の維持工事として樹木等の補植などの費用を計上しております。

 それから用地購入費9,588万3,000円、これにつきましては尾張土地開発公社から神明公園用地の買い戻し費用を計上しております。なお、この買い戻し費用の3分の2は県から補助を受けております。

 次に、航空館boon管理事業でございます。委託料では、消防用設備保守委託料としまして感知器、消火器の点検費用、館内の床ワックスの清掃、冷暖房機器保守、警備保障等の委託料を計上しております。

 それから、89ページになりますが、都市計画一般事業では、都市計画審議会の報酬、職員の人件費等を計上させてもらっております。特に報償費につきましては、都市計画マスタープラン策定委員会の7名の委員の方の4回分ということで報償費を組ませてもらっております。

 それから委託料でございます。都市計画基礎調査委託料は、都市計画法に基づき平成18年度を初年度としまして5年間で29項目を順次行う調査を実施します。平成21年度は密集市街地の状況、幅員別道路状況を調査します。また、この委託料では、平成20年度に引き続いて行う都市計画マスタープラン策定の予算を計上しております。

 それから、負担金補助及び交付金3,209万5,000円でございます。新川東部流域下水道浄化センター及び衛生施設の修繕対策事業として北名古屋市が実施する事業の負担金、それとそのほか各種協議会の負担金を計上させていただいております。

 それから、水洗便所の改造資金利子補給補助金並びに浄化槽転用雨水貯留施設設置補助金の予算も計上しております。この2つの補助金は下水道である都市計画事業の一環ではありますが、都市計画税で下水道事業を賄うことから、この一般会計で支出するということにしておりますので、よろしくお願い申し上げます。水洗便所改造資金の利子補給補助金については10件分、それから浄化槽転用雨水貯留施設設置補助金につきましても10件分をそれぞれ計上させていただいております。

 繰出金の1億8,250万円は、下水道事業の公共下水道特別会計へ繰出金として計上させていただいております。

 それから90ページでございます。民間木造住宅耐震化事業につきましては、耐震診断は1件当たり4万5,000円で委託実施するものでございます。なお、この1棟当たり4万5,000円の費用負担については、国が2分の1、県が4分の1、残りの4分の1を町が負担して行うものでございます。30棟分135万円の予算を計上しております。

 耐震改修につきましては、1棟当たり60万円の補助を行うものでございます。1棟当たり37万5,000円の県費の補助を受けて行うものでございまして、2棟分の予算を計上させていただいております。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 近藤教育部長。



◎教育部長(近藤鎮彦君) それでは、10款教育費についてご説明を申し上げます。

 同じく概要説明資料の96ページから始まります。

 96ページ以降の教育委員会、学校教育課関係の主な事業につきまして順次ご説明をいたします。

 初めに、概要説明資料の96ページ中段にございます情操・情報・国際化事業でございます。これは小・中学校での学習指導の向上のための指導研究活動、実践活動を特に取り出して推進するものでございますが、まず、その中で13節委託料の中で外国人の英語助手派遣委託料でございます。これは、平成21年度は平成23年度からの新学習指導要領への移行期間に入ります。そのため、新たに小学校の英語教育に取り組むための体制整備として、外国人英語助手の派遣委託料の増額を行っております。

 それから、そのほか委託料の中で、社会見学、野外学習などの校外学習指導委託料、それから各小・中学校の特色ある学習活動を推進するための豊かな心を育てる活動推進委託料、それから教育の指導技術など教職員の資質を高めるための現職教育研修委託料につきましては、これまでも学校における学習活動、それから教職員の研修活動として位置づけが定着してきておりましたため、小学校費または中学校費のそれぞれの予算科目に振り分けて21年度から計上しております。

 なお、現在、当初予算をご提案する段階では、県の教育委員会などからの研究委嘱の指定された学校はございませんので、本年度はこれらの研究委嘱の指定の予算計上はございません。

 次に、97ページ下段から98ページにございます事務局の共通事業でございます。ここで、第1節の報酬の部分でございます。新たに教育委員会事務と評価委員の報酬を組ませていただいております。これは、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の規定に基づきまして、教育委員会がその権限に属する事務の管理及び執行の状況についての点検及び評価を行うに当たり、教育に関し学識経験を有する者の知見の活用を図ることが規定されております。その関係で、新たに外部評価委員といたしまして2名の非常勤特別職としての委嘱をするための報酬を予算計上しております。

 それから、99ページ中段にございます進路指導委託事業でございます。これは、これまで中学校生徒に対する進学、就職の情報提供、それから進路指導などの体制充実等を図るため、中学校内に進路指導委員会を設けまして、そこに事業委託を行っておりましたんですが、これもさきの情操・情報・国際化事業における校外学習指導委託料などの委託料の考え方と同様の考え方をもとに、この事業につきましても、これまでの中学校における進路指導及び支援活動として位置づけが定着してきたため、中学校費におけるそれぞれの予算科目に振り分けて計上しております。

 なお、平成21年度におきましても、県の学事振興課から所管の愛知・出会いと体験の道場推進事業につきましては、これは職場体験を3日間にふやすというものでございますが、これはもう現実に実施をしております。この分の事業経費についても、それぞれ確保して行っております。

 次に、第2項小学校費でございます。概要説明資料では100ページ下段の施設整備事業でございます。小学校における安全・安心、快適な学習環境づくりのための施設整備として、特に校舎等施設の耐震補強改修は完了いたしました。平成21年度からは、まず、小学校は1校だけでございますが、校舎施設における教室の照明設備、これは耐震補強を行った結果、やはり照明部分を改善すべきところがございます。それから扇風機設置等を踏まえた室内環境の整備、それからテレビ放送の地上デジタル化対応のための校舎内のケーブルの改善など、主に電気系統を中心とした改修整備工事の実施設計に着手をいたしたいと思っております。

 そのほか施設設備改修整備工事といたしまして、豊山小学校では下水道の供用に向け、学校敷地内の汚水・雨水・排水系統の再整備を含めた下水道の切りかえのための汚水管接続工事、あわせて災害避難所開設に備えた仮設便所設置の災害用マンホール設置のための事業経費を予算計上しております。

 なお、豊山小学校の下水道切りかえに関しましては、平成20年度でも予算計上を行っていただいておりますが、現在、豊山小学校の場合、既設の浄化槽が複数あること、それから汚水管経路の排水勾配とか雨水側溝との排水経路区分、また別敷地にあります水泳プールの排水など下水道切りかえに伴う施設設備のさまざまな改修整備が必要となってきたためで、効率的な下水道切りかえができるように再検討して、改めて平成21年度に一括して下水道切りかえ工事費を計上するものでございます。

 また、志水小学校では、第1期、第2期建設校舎の屋上防水改修を行うための事業経費を計上しております。

 また、そのほか各小学校とも安全・安心な学校施設の整備の一環として、経年劣化した特に消防設備、電気設備など、それから屋外遊具等の安全管理のための改善整備に取り組むための予算計上を行っております。

 次に、概要説明資料の101ページ下段に移ってください。学校管理一般事業におきまして、こちらも平成20年度に引き続き少人数指導によります児童の学校生活及び教科等の学習指導体制の充実を図るため、町雇用の非常勤講師、豊山小学校、志水小学校にはそれぞれ3名、新栄小学校に2名を配置するための予算計上を行っております。

 また、今説明しましたのは7節の賃金のところでございますが、そのほか平成21年度からは小学校においても新たに学校に在学しているさまざまな障害を持つ児童・生徒の学校生活上の介助や学習活動の支援を行う特別支援教育支援員を1名配置するための予算計上を行っております。

 そのほか、ちょっと戻っていただきますが、1節の報酬の部分でございます。これは学校関係者評価委員ということで、こちらも学校教育法施行規則第67条の規定に基づきまして、学校の教育活動やその他の学校運営の状況についての自己評価に対して、さらに当該学校の職員を除く学校関係者の評価活動が行われることとなっております。平成21年度から学校関係者評価委員を一応各校10名以内ということで非常勤特別職として委嘱するための報酬を予算計上しております。

 それと、すみません、ちょっと102ページのほうの13節になります。委託料(情報発信委託料)でございますが、これまでの不審者情報に加えて、学習指導活動とか学校教育の連絡情報も学年区分できめ細かく提供できるように、携帯電話のメール機能を利用した情報発信システムの改善を図るための予算計上を行っております。

 次に、102ページ中段の心の教室相談事業でございます。学校でのいじめ、不登校、問題行動の児童及びその保護者、教職員などの相談カウンセリングを実施し、家庭、学校が連携して、これを解消していくために、平成20年度に引き続き、町が直接臨床心理の専門家であるスクールカウンセラー2名を配置するための経費を予算計上しております。

 続きまして、概要説明資料では103ページの中段になります。新規といたしまして、教科用図書の改訂事業の予算を組ませていただいております。小学校教育では平成23年度から新学習指導要領の改訂が本格実施されることになっております。平成21年度からは、その移行期間ということになりまして、特に今回、小学校の場合は、新学習指導要領において導入されます小学校英語教育の実施に向けた指導法の研究、指導教材、教具の選定を進めるための経費として71万5,000円予算計上させていただいております。

 次に、概要説明資料の103ページ下段から始まります中学校費でございます。当ページの施設整備事業では、先ほど小学校のほうでお話しいたしましたように、中学校におきましても校舎施設における照明設備、扇風機設置等を踏まえた室内環境、テレビ放送の地上デジタル化対応のためのケーブル改善など、主に電気系統を中心とした改修整備工事の実施設計委託料を予定しております。また、小学校と同様に安全・安心な学校施設の整備の一環といたしまして、経年劣化した消防設備、電気設備、運動用具等の安全管理のための改善整備につきまして必要な予算計上を行っております。

 続きまして、104ページの下段から105ページにあります学校管理一般事業でございます。平成20年度に引き続き、中学校におきましても少人数指導のために町雇用の非常勤講師3名を配置いたします。また、平成20年度から配置をしております特別支援教育の支援員につきましても1名継続をいたします。

 それから、先ほど小学校でも申し上げましたように、1節の報酬では学校関係者評価委員ということで10名の非常勤特別職としての委嘱報酬を計上しております。また、小学校と同様に不審者情報に関する情報発信システムの機能充実を図るための増額の予算計上を行っております。

 次に、概要説明資料107ページの学校給食費でございます。学校給食事業では、小・中学校児童・生徒及び教職員等への学校給食の提供、センター施設設備、厨房設備等の維持管理、安全な給食提供のための衛生管理、設備の充実を行うものでありますが、まず賄い材料費のことでお話をいたします。

 本来、賄い材料費の財源となりますのは、児童・生徒保護者から徴収いたしました学校給食費でございます。平成20年4月以降、納入製造段階での原材料の価格高騰、職員の安全確保とか配送費コストの増から、20年度中盤までは非常に食材料の価格が引き上げられました。このため、平成20年度では献立内容、食材料調達の工夫により栄養価の確保ができ、しかも安価な食材料を使用することにより、現行の学校給食費額を維持するべく努力をしてまいりました。ただ、年度上半期でかなり価格が高騰した影響を受けまして、年度全体では学校給食費単価が現在の想定しておりました経費を上回る見込みが確実となってまいりました。

 このため、献立内容、食材料調達の工夫だけでは限界ですし、また、児童・生徒1人当たりでの栄養所要量の基準と比較しますと、摂取する熱量の低下が著しくなってまいりました。このため、平成21年4月から1食当たり小学校で18円、現行202円でございますが220円、それから中学校で31円、現行が224円で改定後255円の引き上げをさせていただきたいというふうに考えております。月額で申し上げますと現行小学校は3,600円でございます。それが3,800円の200円増、それから中学校では月額4,000円のものが4,400円になり、400円増ということで改定をさせていただき、その計算により賄い材料費の予算計上を行っております。

 なお、引き続き学校給食では納入製造業者からの品質保証、商品分析結果等を取り寄せ、より安全な食材料等を確保するとともに、献立作成においても万全の注意を払ってまいりたいと考えております。

 また、給食センターの調理場施設、調理設備の整備改善を図るため、長年使用してきた蒸気回転がまの更新、ドライ運用対応の移動台の更新などを進めるための予算をお願いしたいと思っております。

 次に、概要説明資料の108ページ以降、社会教育費、保健体育費関係の主な事業についてご説明をいたします。

 まず、少しページが飛びますが、概要説明資料の111ページをごらんください。

 111ページ下段の青少年健全育成支援事業では、学校、地域との連携により、子供の居場所づくりの事業として、現在、ふれあい広場事業、それから青少年の奉仕体験活動の促進など、健全育成のための諸事業の運営を行っておりますが、平成20年度から新たに文部科学省、厚生労働省所管の放課後子どもプランに基づく放課後子ども教室の開設に向けた事業計画の検討を続けてまいりました。平成21年度では、運営委員会組織の関係経費のほか、小学校1校で試行実施するためのコーディネーター賃金及び指導員謝礼、それから事業用備品購入費などの予算計上を行っております。

 また、112ページ中段の文化財保護でございますが、ここの中で文化財マップの在庫がなくなってまいりましたので、新たに印刷をさせていただく経費を予算計上しております。

 それから、次に生涯学習推進費でございますが、これは112ページ下段の生涯学習活動推進事業におきましては、生涯学習のまちづくりの基本構想・基本計画のもとに、各年度、実施計画を定め事業推進を図っており、その目標達成に向け、生涯学習推進審議会による事業点検、評価、意見を求める等による事業推進を行っております。平成21年度におきましても、前年度に引き続き、教育基本法の改正に伴う社会教育法等の関連する関係施策の改編に伴い、これまでの基本構想・基本計画の見直し改定に向け、生涯学習推進審議会の開催回数の増、それから改訂版印刷費等の予算計上をいたしております。

 また、概要説明資料の113ページ中段の生涯学習講座・教室事業におきましては、引き続き豊寿大学を初め、生活、社会、教養、趣味、国際、パソコンなど受講者のニーズに合った開催回数、内容の充実等に努め、成人の各年齢層に対応した学習機会の提供を進めてまいります。

 そのほか文化振興事業におきましては、子供から高齢者まで幅広い年齢層を対象に、すぐれた芸術や文化に触れる機会を拡大し、文化の香り高いまちづくりを進める目標のもとに、これまでも著名人による講演会、音楽演奏、落語など幅広い芸術、音楽、文化分野の演目を提供してまいりました。平成21年度も公募による文化振興事業サポーターのご参加をいただき、質の高い芸術文化の演目を選定して事業を行ってまいるよう予算化をしております。

 また、同じく年4回の開催ではございますが、お昼のひとときを質の高い音楽に気軽に触れていただける貴重な機会として定着しておりますサロンコンサートを実施するための予算計上をさせていただいております。

 次に、学習等供用施設であります。概要説明資料の113ページ下段の施設維持管理事業におきまして、平成20年度に引き続き学習等供用施設につきましての運営管理は指定管理者制度による社団法人豊山町シルバー人材センターが行うための指定管理委託料1,751万8,000円を予算計上しております。

 なお、平成21年度では下水道の供用開始区域の拡大に伴いまして、冨士学習等供用施設の下水道切りかえ工事の施工に要する経費の予算計上を行っております。

 続きまして、社会教育センター管理費でございます。概要説明資料では115ページ、まず115ページ上段の社会教育センター施設設備改善整備事業で、平成20年度に実施設計を行いましたアリーナのトップライトにつきまして、改修整備工事の施工のための予算計上を行っております。工事期間中は、利用者の頭上で行われる工事となるため、その安全確保を図るため、やむなく利用を中止させていただきます。事前に利用時期変更の調整、それから学校体育施設開放の活用などご紹介するなど、利用者に対する配慮をいたしますので、よろしくご協力をお願いいたします。

 次に、第7項保健体育費、保健体育総務費におきましては、これは概要説明資料の117ページ下段のまず生涯スポーツ振興事業でございます。町民の体力づくり、健康づくりを目標に幅広い年齢層の方に気軽にスポーツを楽しんでもらうために、ニュースポーツ講座、教室、講習会等を通じた生涯スポーツの普及を目標に、町全体を対象としたスポーツイベントの企画・運営のための町民体育大会の補助金330万円、それから第4回愛知万博メモリアル市町村対抗駅伝大会参加のための選手強化、消耗品等の経費、それから平成21年度におきましても神明公園周辺道路、大山川堤防道路を利用した第2回豊山エアポートビューマラソン大会の開催のための実行委員会補助金100万円を予算計上しております。

 次に、体育施設費でございます。概要説明資料では118ページ、下段でございます。豊山スカイプール維持管理事業です。平成20年度に引き続き、豊山スカイプールの運営管理は開場期、閉場期とも1年を通じて指定管理者制度によるハマダスポーツ企画株式会社が行うための指定管理委託料1,974万7,000円を予算計上しております。

 また、概要説明資料の119ページの上段でございます。スポーツ施設維持管理事業では、町民の健康増進、スポーツ振興、地域の触れ合いの場として設置された学校体育施設開放用設備、ゲートボール場、テニスコート、スポーツ広場、ふれあい広場の適切な維持管理を行っておりますが、21年度では志水テニスコートの日よけテントの改修、それから豊山中学校夜間照明施設の水銀ランプの取りかえなどをそれぞれ予算計上いたしております。

 以上で第10款教育費に関する主な事業の説明を終わらせていただきます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第24号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 小出生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小出哲雄君) それでは、議案第24号平成21年度豊山町国民健康保険特別会計予算につきましてご説明申し上げます。

 それでは、概要説明書により主なものを説明させていただきます。

 国民健康保険につきましては、医療費等を先に算出しまして、その合計に対する歳入を算出して編成しますので、順序は逆ですけれども歳出のほうからご説明申し上げます。

 概要説明書の128ページをごらんいただきたいと思いますが、国民健康保険一般事業でございます。対前年2,401万7,000円減の2,620万7,000円となっております。平成20年度は電算システムの改修費などがあったわけですが、今年度はございませんので減額となっております。

 次に、129ページの4つの事業ですが、平成20年度の実績見込みにより算出し計上しております。一般被保険者の療養給付事業は対前年2,572万1,000円増の7億3,800万円、退職被保険者の療養給付事業は対前年1,979万8,000円減の4,092万円、一般被保険者の療養費支給事業につきましては対前年207万円増の1,572万円、退職被保険者の療養費支給事業につきましては対前年116万3,000円減の37万2,000円となっております。

 130ページの下2段の一般被保険者と退職被保険者の高額療養費支給事業ですが、これも平成20年度の実績見込みにより計上しております。一般被保険者高額療養費支給事業は対前年722万4,000円増の5,880万円、退職被保険者高額療養費支給事業は対前年516万2,000円増の840万円となっております。

 131ページの下から2段目の出産育児一時金支給事業ですが、1件38万円で前年度と同様48件を見込んでおります。

 132ページ一番上の後期高齢者支援事業は、平成20年度から始まった後期高齢者医療への保険者支援分です。社会保険診療報酬支払基金からの通知により対前年比1,490万1,000円増の2億279万1,000円となっております。

 3番目の前期高齢者納付金事業ですが、前期高齢者は平成20年度に70歳以上74歳までから65歳以上74歳までとなりました。平成20年度は科目設定の1,000円を計上しておりましたが、平成21年度は社会保険診療報酬支払基金からの通知により63万1,000円を計上しております。

 132ページの最下段、老人保健医療費拠出事業につきましては、平成19年度の精算による保険者の拠出分であります。

 133ページ、2段目の介護給付費納付金一般事業は、保険者負担分を拠出金等により社会保険診療報酬支払基金へ支払うものであります。平成20年度の実績見込みをもとに7,346万8,000円を計上しております。

 次の高額医療費共同事業と保険財政共同安定化事業は、実施主体である愛知県国保連合会への拠出金でありまして、高額医療費共同事業は1件80万円以上のレセプト、保険財政共同安定化事業は30万円以上80万円未満のレセプトが対象となります。予算額は国保連合会からの通知によりまして、それぞれ2,788万3,000円と1億1,662万4,000円を計上しております。

 それでは、歳入のほうへ戻らせていただきます。126ページをお願いいたします。

 第1款の国民健康保険税でございますが、平成20年度の本算定分をもとに平成21年度の本算定分を見込みまして、対前年1,444万8,000円減の4億3,080万9,000円を計上しております。税率改正は行っておりません。

 第2款の使用料及び手数料につきましては、特定健康診査等に係る手数料として136万5,000円を計上しております。

 第3款の国庫支出金は、歳出の保険給付費から前期高齢者である65歳以上74歳の者に係る保険給付費を除いた一般被保険者に係る療養給付費、高額医療費、後期高齢者支援金、老人保健拠出金及び介護納付金の34%相当額の負担金、特定健康診査等に係る特定健康診査等負担金及び財政調整交付金である補助金から成っており、対前年189万3,000円増の3億1,939万7,000円を計上しております。

 次の第4款療養給付費交付金ですが、この交付金は退職被保険者に係る療養給付費、療養費及び高額療養費等の給付に要した金額から退職被保険者に係る国民健康保険税を控除した金額が交付されます。平成20年度に退職被保険者等の該当年齢が60歳以上64歳となったことから交付金が大幅に減少しましたが、平成21年度はさらに減額となり、対前年3,023万2,000円減の3,888万2,000円を計上しております。

 次の127ページ、第5款の前期高齢者交付金でございますが、社会保険診療報酬支払基金からの通知により2億694万6,000円を計上しております。

 第6款の県支出金ですが、負担金は歳出の第7款の高額医療費共同事業医療費拠出金の4分の1及び特定健康診査等負担金を、補助金は国庫負担金の算定基礎金額の6%相当額及び福祉医療波及分に対して補助される県補助金を算定し、負担金、補助金を合わせ対前年162万4,000円減の6,342万6,000円を計上しております。

 第7款の共同事業交付金ですが、この事業は歳出の高額医療費共同事業と保険財政共同安定化事業の特定財源となるもので、実施主体である国保連合会から各保険者に交付されます。歳出と同額を計上しております。

 第9款の繰入金ですが、保険基盤安定繰入金は保険税の軽減分を国・県・町が負担する制度であります。平成20年度の実績見込みをもとに2,630万5,000円を計上しております。一般会計繰入金につきましては、対前年1,156万4,000円減の1億3,435万2,000円を計上しております。このうち一般管理費、出産育児一時金、財政安定化支援などの法定分は対前年1,119万2,000円減の3,687万3,000円、法定外分は対前年37万2,000円減の9,747万9,000円となっております。

 第10款の繰越金ですが、大幅な繰越金は見込まれませんので、対前年と同額の1,000万1,000円を計上しております。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第25号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 小出生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小出哲雄君) それでは、議案第25号平成21年度豊山町老人保健特別会計予算につきましてご説明申し上げます。

 歳入歳出それぞれ200万円であります。

 平成20年4月から後期高齢者医療制度が始まったことによりまして、この制度は既に廃止となっておりますが、請求おくれなどの過年度分の支出に対応するための予算となっております。

 なお、老人保健特別会計は平成22年度まで存続することとなっております。

 それでは、概要説明資料により重立ったものを簡単にご説明申し上げます。

 140ページをお願いいたします。

 第1款の支払基金交付金ですが、医療費総額に対する交付率12分の6で78万7,000円、第2款の国庫支出金は、医療費総額に対する交付率12分の4で52万1,000円を見込んでおります。

 第3款の県支出金は、交付率12分の1の13万1,000円を見込んでおります。

 第4款の繰入金ですが、これは一般会計からの繰入金で老人保健特別会計に係る事務費、医療費の市町村負担分、旅費等に充当しております。

 次に、歳出ですが、141ページでございます。

 医療給付事業では、医科、歯科、調剤などの現物給付に120万円、次の医療費支給事業は、柔道整復、コルセット、マッサージなどの現金給付で36万円を見込んでおります。

 142ページの予備費事業につきましては、医療費の支払い等に支障を来したときのために40万7,000円を見込んでおります。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第26号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 小出生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小出哲雄君) 議案第26号平成21年度豊山町後期高齢者医療特別会計予算につきましてご説明申し上げます。

 この制度の医療費の財源につきましては、公費5割、各医療保険者からの支援金4割、高齢者からの保険料1割となっております。

 それでは、概要説明資料の146ページをお願いいたします。

 第1款の後期高齢者医療保険料ですが、これは被保険者に納めていただく保険料であります。保険料の納付方法は、普通徴収以外の方は年金からの天引きとなっておりましたが、平成21年度からは年金からの天引きと口座振替との選択制になりました。予算額としまして8,421万5,000円を計上いたしております。

 第2款の繰入金ですが、後期高齢者特別会計に係る人件費、事務費、保険基盤安定の支払基金への町負担分であります。予算額につきましては3,077万1,000円であります。

 続きまして、歳出でございますが、147ページのほうをごらんください。

 第1款の後期高齢者医療一般事業です。これは後期高齢者医療制度に係る一般管理費で2人分の人件費、需用費、通信運搬費等で2,017万2,000円を見込んでおります。

 第2款の後期高齢者医療広域連合納付金事業は、町で徴収しました保険料8,410万円、保険基盤安定繰入金911万1,000円などを広域連合へ納付金として支出するものであります。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第27号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 小出生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小出哲雄君) それでは、議案第27号平成21年度豊山町介護保険特別会計予算につきましてご説明申し上げます。

 概要説明資料の152ページでございますが、第1款の介護保険料では、65歳以上の第1号被保険者から徴収する介護保険料は1億3,368万9,000円でありまして、前年度より1,653万4,000円の増を見込んでおります。これは平成21年度から平成23年度までの介護保険料を改定したことによるものでございます。

 第2款の国庫支出金では、介護給付費用の20%相当額として給付される介護給付費負担金を9,782万4,000円、また地域支援事業として交付される国庫補助金を321万6,000円の合計1億104万円の予算額を計上しております。増額の理由につきましては、介護給付費及び地域支援事業の伸びによるものでございます。

 第3款の支払基金交付金では、40歳から64歳までの第2号被保険者の保険料分として介護給付費用の30%に相当する額が給付される支払基金交付金を1億6,771万2,000円計上しております。これにつきましても介護給付費及び地域支援事業の伸びによるものでございます。

 第4款の県支出金では、介護給付費用の12.5%相当額として給付される介護給付費負担金を8,373万7,000円計上しております。前年度より1,211万6,000円の増を見込んでおります。介護給付費の伸びによるものでございます。

 次に、第6款の繰入金では、一般会計からの繰入金として介護保険特別会計に係る介護給付費の町負担分、事務費等に充当しております。予算額としては1億2,606万6,000円で前年度より930万6,000円の増を見込んでいます。また、基金繰入金として平成20年度末の介護保険基金2,384万円から平成21年度は477万8,000円を介護従事者処遇改善臨時特例基金から195万8,000円を繰り入れまして第1号被保険者の介護保険料上昇分を抑えております。

 続きまして、歳出につきまして、153ページでございますが、総務費におきましては、介護保険の事業運営に必要な人件費、事務費等を計上しております。

 154ページの第2款保険給付費におきましては、介護保険サービスの法定給付を行う介護予防サービス給付事業として介護保険サービスの伸び、認知症グループホームの新規サービスや介護報酬改定分を見込んで5億5,307万3,000円を計上しております。

 156ページの第4款地域支援事業費におきましては、地域包括支援センターが介護予防特定高齢者の施策として、生活機能評価を実施する特定高齢者把握事業、通所により運動機能向上などの講習会を実施する通所型介護予防事業に係る費用を計上しております。また、一般高齢者介護予防施策として、高齢者生きがいづくり教室の開催など介護予防普及啓発事業、介護予防教室などを行う事業費を計上しております。

 そのほか介護予防任意事業として行う包括的・継続的ケアマネジメント支援事業は、介護予防の対象となる要支援認定者の増加に対応するため、ケアプランの作成を委託するための費用を計上しております。

 最後の157ページの一番下でございますが、家族介護支援等事業には、一般会計のほうでもご説明申し上げましたが、新たな事業として徘回のおそれのある認知症高齢者に位置情報検索システム端末機を貸与する事業を計上しております。

 以上です。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第28号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 小出生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小出哲雄君) それでは、議案第28号平成21年度豊山町介護サービス事業特別会計予算につきましてご説明申し上げます。

 162ページでございますが、歳入の第1款の介護サービス収入金でございますが、ケアプラン作成、管理に伴う介護サービス収入金を計上しております。対前年比607万円の減となっておりますが、平成21年度をもって町が行っております居宅介護支援事業所を閉鎖する予定でございますので、順次事業を縮小していくものでございます。

 続きまして、歳出でございますが、163ページのほうをごらんいただきたいと思いますが、第1款介護サービス事業費につきましては、主に居宅介護支援事業所としての事業運営を行うため、居宅介護支援一般事業として202万8,000円を計上しております。居宅介護支援事業所の縮小に伴い対前年509万3,000円の減となっております。

 第2款の諸支出金につきましては、事業収益が出てきました場合に一般会計へ繰り出す繰出金を計上しております。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第29号朗読〕

 内容につきましては、経済建設部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(青山克己君) 堀江経済建設部長。



◎経済建設部長(堀江勇君) それでは、議案第29号平成21年度豊山町公共下水道事業特別会計予算についてご説明申し上げます。

 概要説明資料168ページ、歳入でございます。

 1款使用料及び手数料の3,489万円につきましては、現年度の下水道使用料としまして460件分の3,471万円、滞納繰越分で6万円を計上させていただいております。また、指定工事店の指定申請手数料としまして10件の10万円、責任技術者登録申請手数料としまして10名分の2万円を計上しております。

 次に、2款国庫支出金9,550万円は、下水道工事費等に対します国庫補助金でございます。下水道工事の事業費のうち国庫補助対象基本額を1億9,100万円と見込んでおります。補助率は2分の1となっておりまして、工事関係で9,500万円、事務費50万円を見込んでおります。

 3款県支出金35万円は、下水道工事に対する県費補助金でございます。下水道工事の事業費のうち、県費補助対象分に対して10分の1の補助率で35万円を計上しております。

 4款繰入金でございます。1億8,250万円、これは下水道事業の国庫補助金、県費補助金、下水道事業債その他の収入で賄えない部分を一般会計から繰り入れるものでございます。なお、一般会計からの繰入金は都市計画税となっております。

 5款繰越金1,000円は、前年度繰越金を受け入れるための科目として計上しております。

 次に、6款諸収入でございます。405万9,000円、これは公共下水道事業において20年度に施工しました工事等における消費税の還付金を受けるものでございます。それから、流域下水道事業還付金は、愛知県が行う新川東部浄化センターの用地費、建物建設費、幹線管渠の建設費の事業負担分の過年度分の還付金を受け入れるものでございます。また、支障移転補償費は、下水道管渠が他の占用者にとって支障となった場合に、下水道管を移設するための費用と受け入れる科目として計上しております。

 それから、7款町債2億2,570万円は、愛知県が行う流域下水道事業で町が負担する事業費のうち、事業債分として4,760万円、町が行う公共下水道事業費の事業債分として1億7,810万円を予算計上しております。

 次に、169ページ、歳出でございます。

 総務一般事業でございます。下水道事業を進めるために必要な職員の給与等事務的な経費や下水道関係団体への負担金を支出する事業費を計上しております。

 次に、公共下水道施設維持管理事業でございます。維持管理を行うための事業で、台帳の管理、水質管理、流域下水道の維持管理、使用料徴収、維持管理等の費用を計上しております。

 特に、この中で19節の負担金補助及び交付金では、愛知県が維持管理する流域下水道の浄化センター及び流域幹線管渠の維持管理費と北名古屋水道企業団が行う下水道使用料徴収事務の負担金を予算計上しております。愛知県の維持管理費用は当面1立米当たり99円と特定排水につきましては1立米当たり37円を使用した量により愛知県に対して負担するものでございます。また、下水道使用料徴収事務負担金につきましては、1件当たり420円で6回の検針で460件の下水道接続で116万円を予算計上しております。

 次に、170ページ、下水道事業でございます。追加の事業認可区域としまして平成18年4月に行いましたが、次の事業認可の準備が必要となってまいりました。愛知県の全体計画の改定に伴い、本町の全体計画の見直しと次期事業認可申請図書等の委託業務費用を計上しております。

 また、平成20年度、3月31日に約90ヘクタールの供用開始をしましたが、今年度と同様に平成21年度も供用開始区域の拡大を図るため、町が面整備として行う下水道管を埋設するための工事費、補償費等と県が行う流域下水道の幹線管渠や浄化センターに必要な建設負担金を支出するための事業費を計上しております。

 特に、15節の工事請負費につきましては、汚水工事としまして、工事箇所につきましては91ページに工事箇所図をつけさせていただいておりますが、ここで斜線で囲っております区域でございますが、冨士、青塚屋敷、志水、野田地区を施工する計画で予算計上しておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 あと、一番下の利子償還事業でございます。14年度以降に下水道事業として借り入れました下水道の事業債の利子の償還金を計上しております。

 その前に、その1つ上でございます。大変申しわけございません、元利償還事業として、下水道事業債の元金を償還するための予算を1,223万3,000円計上させていただいております。これは平成14年、15年度の工事の事業債分です。平成20年度から償還が始まっておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) ご苦労さまです。

 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日の会議はこれにて散会といたします。

 どうも長時間ご苦労さまでございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時31分 散会