議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊山町

平成25年  9月 定例会(第3回) 09月02日−01号




平成25年  9月 定例会(第3回) − 09月02日−01号







平成25年  9月 定例会(第3回)



1.議事日程

   (平成25年豊山町議会第3回定例会)

                               平成25年9月2日

                               午前9時30分招集

                               於議場

 日程第1 会議録署名議員について

 日程第2 会期の決定について

 日程第3 諸般の報告

 日程第4 報告第5号 損害賠償の額の決定に関する専決処分について(報告)

      報告第6号 平成24年度豊山町財政健全化判断比率について(報告)

      報告第7号 平成24年度豊山町公共下水道事業特別会計資金不足比率について(報告)

      報告第8号 尾張土地開発公社の経営状況について(報告)

 日程第5 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(上程、提案説明、質疑、討論、採決)

 日程第6 議案第44号 教育委員の任命について(上程、提案説明、採決)

 日程第7 議案第45号 教育委員の任命について(上程、提案説明、採決)

 日程第8 議案第46号 工事請負契約の締結について(上程、提案説明、質疑、討論、採決)

 日程第9 議案第47号〜議案第61号(上程、提案説明)

2.出席議員は次のとおりである(11名)

  1番   岩村みゆき         2番   今村一正

  3番   安藤春一          4番   筒井俊秋

  5番   坪井武成          6番   水野 晃

  7番   大口司郎          9番   尾野康雄

  10番   青山克己          11番   粟田昌子

  12番   熊沢直紀

3.欠席議員は次のとおりである(1名)

  8番   野崎隆子

4.会議録署名議員

  10番   青山克己          11番   粟田昌子

5.地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(16名)

  町長      鈴木幸育   副町長     坪井豊治

  教育長     松田康朗   総務部長    近藤鎮彦

  総務課長    小川徹也   税務課長    堀尾政美

  経済建設部長  長谷川徳康  建設課長    蟹江敏彦

  都市計画課長  櫻井充一   生活福祉部長  早川晴男

  福祉課長    堀場 昇   住民課長    二村 勲

  教育部長    坪井 悟   生涯学習課長  水野典昌

  学校教育課長  飯塚泰行   代表監査委員  大野眞一

6.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(2名)

  事務局長    安藤光男

  書記      安藤真澄

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時30分 開会



○議長(筒井俊秋君) 皆さん、おはようございます。

 9月に月がかわりまして、少し過ごしやすいような天気になってきました。けさの新聞に、8月は、東海地方は例年より1.1度ぐらい高かったということですけれども、私どもはえてして10度以上違うような感じでおりましたけれども、9月になったら過ごしやすい天気になるかと思っております。

 それでは、平成25年豊山町議会第3回の定例会を開催いたします。

 ただいまの出席議員数は11名であります。定足数に達しておりますので、平成25年豊山町議会第3回定例会を開会いたします。

 ここで、野崎隆子君より病気療養のための欠席の届けが出ておりますので、皆様にご報告申し上げます。

 それでは、直ちに本日の会議を開きます。

 日程に入ります前に、町長より挨拶の申し出がありますので、発言を許可します。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 平成25年第3回定例会の開催に当たりまして、一言ご挨拶申し上げます。

 昨日は、第34回豊山町消防防災訓練が実施されました。皆様方、ご参加大変ありがとうございました。また、議員各位にはご多用のところご参集を賜り、まことにありがとうございます。平素は町行政に各般にわたりましてご指導、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 平成25年度もほぼ半年を経過しましたが、おかげをもちまして順調に各種事業の推進をさせていただいております。

 さて、今定例会におきましては、承認案件1件、人事同意案件2件、工事請負契約の締結1件、条例の制定1件、条例の一部改正1件、規約の変更1件、平成24年度の一般会計及び特別会計の決算認定6件、平成25年度一般会計及び特別会計補正予算6件の、合わせて19件のご審議をお願い申し上げるものでございます。

 なお、その他、損害賠償の額の決定の専決処分を報告第5号で、財政健全化法に係る決算指標報告を第6号及び第7号で、尾張土地開発公社の経営状況報告を第8号でそれぞれ報告させていただきます。

 いずれの案件につきましても、慎重審議の上、ご決議を賜りますことをお願い申し上げまして、第3回定例会のご挨拶とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 本日の議事日程につきましては、別紙でお手元に配付いたしましたとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員について



○議長(筒井俊秋君) 日程第1、会議録署名議員について。

 本件は、会議規則第118条の規定により、議長において10番青山克己君、11番粟田昌子君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定について



○議長(筒井俊秋君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、お手元に配付いたしました会期日程案のとおり、本日より9月20日までの19日間にいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(筒井俊秋君) それでは、ご異議なしと認めます。よって、会期は本日より9月20日までの19日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 諸般の報告



○議長(筒井俊秋君) 日程第3、諸般の報告を行います。

 本日議会に提出されました議案は、お手元に配付いたしました提出議案一覧表のとおりであります。

 次に、今期定例会の説明員として、お手元に配付しましたとおり、町長以下関係職員に対し、地方自治法第121条により出席を求めましたので、ご報告申し上げます。

 次に、監査委員より平成25年4月分、5月分、6月分の例月出納検査の結果が提出されておりますが、いずれもお手元に配付いたしましたとおりであります。

 次に、本定例会では決算認定の議案が6件上程されていますので、代表監査委員大野眞一君に本日と10日、11日にご出席を願っています。

 以上、諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 報告第5号 損害賠償の額の決定に関する専決処分について(報告)



△報告第6号 平成24年度豊山町財政健全化判断比率について(報告)



△報告第7号 平成24年度豊山町公共下水道事業特別会計資金不足比率について(報告)



△報告第8号 尾張土地開発公社の経営状況について(報告)



○議長(筒井俊秋君) 日程第4、報告第5号損害賠償の額の決定に関する専決処分について、報告第6号平成24年度豊山町財政健全化判断比率について、報告第7号平成24年度豊山町公共下水道事業特別会計資金不足比率について、報告第8号尾張土地開発公社の経営状況について報告を受けます。

 総務部長。



◎総務部長(近藤鎮彦君) それでは、報告第5号損害賠償の額の決定に関する専決処分についてご報告させていただきます。

 これは、地方自治法第180条第1項及び豊山町議会の権限に属する事項中、豊山町長の専決処分事項の指定について、第1項の規定に基づいて、損害賠償額の決定について専決処分を行いましたので、地方自治法第180条第2項の規定に基づき、議会に報告をするものでございます。

 専決処分の内容といたしましては、議案書裏面の専決処分書をごらんください。

 町の損害賠償額は7万5,894円、事故の内容は、平成25年3月29日、西春日井郡豊山町大字豊場字志水146番地豊山第1住宅駐車場内において、出入り口に向かって前進しておりました公用車と、後進で出庫してきた相手方自動車が接触いたしまして、双方の車両が破損したものでございました。以上で説明を終わります。

 続きまして、報告第6号平成24年度豊山町財政健全化判断比率について、それから報告第7号平成24年度豊山町公共下水道事業特別会計資金不足比率につきましては、関連がありますので、あわせて報告させていただきます。

 これは、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項に基づき、平成24年度決算に係る本町の財政健全化判断比率と公営企業会計の資金不足比率について、監査委員の意見を付し、議会にご報告を申し上げるものでございます。

 なお、監査委員の意見につきましては、別添審査意見書のとおり、財政健全化判断比率、資金不足比率、いずれにつきましても健全状況にあるとの審査結果をいただいております。以上で説明を終わります。

 続きまして、報告第8号です。尾張土地開発公社の経営状況についてのご報告をいたします。

 これは、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づきまして、尾張土地開発公社の平成24年度の決算の状況についてのみご報告を申し上げるものでございます。

 なお、尾張土地開発公社につきましては、平成24年度末をもって既に脱退しておりますことから、昨年まで決算とあわせてご報告をいたしておりました新年度の事業計画につきましては、本年度は本町と無関係の事業計画となることから、経営状況の報告事項から除かせていただきました。

 以上で説明を終わります。



○議長(筒井俊秋君) 報告が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(上程、提案説明、質疑、討論、採決)



○議長(筒井俊秋君) 日程第5、承認第1号専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明をお願いします。

 近藤総務部長。



◎総務部長(近藤鎮彦君) 〔承認第1号朗読〕



○議長(筒井俊秋君) 提案理由の説明が終わりました。

 質疑を行います。

 発言を許可します。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(筒井俊秋君) 質疑がないようですので、質疑を終結いたします。

 ここでお諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略し、直ちに討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(筒井俊秋君) ご異議なしと認めます。よって、本案は委員会付託を省略し、直ちに討論を行います。

 まず、原案に反対者の発言を許可します。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(筒井俊秋君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 承認第1号について、承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 起立全員であります。よって、承認第1号は承認することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議案第44号 教育委員の任命について(上程、提案説明、採決)



○議長(筒井俊秋君) 日程第6、議案第44号教育委員の任命についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第44号朗読〕

 経歴書につきましては省略させていただきます。



○議長(筒井俊秋君) 提案理由の説明が終わりました。

 ここでお諮りいたします。

 本案は人事同意案件でありますので、質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(筒井俊秋君) ご異議なしと認めます。よって、本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決いたします。

 議案第44号について、同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 起立全員であります。よって、議案第44号は同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議案第45号 教育委員の任命について(上程、提案説明、採決)



○議長(筒井俊秋君) 日程第7、議案第45号教育委員の任命についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第45号朗読〕

 経歴書につきましては省略させていただきます。



○議長(筒井俊秋君) 提案理由の説明が終わりました。

 ここでお諮りいたします。

 本案は人事同意案件でありますので、質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(筒井俊秋君) ご異議なしと認めます。よって、本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決いたします。

 議案第45号について、同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 起立全員であります。よって、議案第45号は同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議案第46号 工事請負契約の締結について(上程、提案説明、質疑、討論、採決)



○議長(筒井俊秋君) 日程第8、議案第46号工事請負契約の締結についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第46号朗読〕

 内容につきましては、経済建設部長から説明をさせます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 長谷川経済建設部長。



◎経済建設部長(長谷川徳康君) 議案第46号工事請負契約の締結についてご説明申し上げます。

 改修工事の概要について、参考資料として配付いたしました総合福祉センターしいの木改修工事概要に基づき説明いたします。

 参考資料の1ページは工事概要を記述したものです。2ページから4ページは工事図面です。

 次に、簡単に工事図面の右下、丸印の凡例の説明をします。

 2ページから4ページの右下に丸印の凡例がついてございます。上段の「AGM」につきましては、ガスヒートポンプ式マルチ空調機をあらわしております。下段の番号は、4ページを見ていただくとわかりますが、それぞれの空調機系統番号をあらわしております。全体で空調機系統は10系統あるということでご理解いただければと思います。

 それでは、説明に入らせていただきます。

 まず、空調方式です。採用する空調方式は、これまでと同様、都市ガスを燃料としたヒートポンプ式であります。ガスヒートポンプ式の採用に際しては、熱交換の冷媒である指定フロン22への対応と燃料費等の経済コストを重要視し決定いたしました。

 空調系統です。空調系統は、施設の利用形態を踏まえ、現況の系統を踏襲しております。4ページに示してありますとおり、10系統となっております。

 省エネルギーです。省エネ対策としまして、高効率の空調機を採用することにより、従来の機器と比較してエネルギーの消費率を計算上では約48.5%削減できるものと想定しております。

 工期短縮、利用者・周辺対策です。工期短縮、利用者・周辺対策としては、既設の空調配管を利用する計画としておりますので、既設の配管の撤去はございません。したがいまして、騒音、ほこり、工事車両の出入りは抑制できるものと考えております。また、工期の短縮も可能としておる計画になっております。

 施工計画です。工事期間としては、議会の承認後から平成26年1月17日までです。空調系統ごとに改修工事を実施する予定としておりますので、工事による施設利用者への影響を極力少なくできるものと考えております。また、工事機材の搬入に際しては、施設の駐車場などを使用する場合、できる限り施設の休館日を利用し、施設の運営や周辺環境への配慮をする計画としております。

 仮設計画です。工事仮設は計画的に配置し、工事箇所に施設利用者が立ち入りできないようし、安全確保に努めます。また、町道への工事車両の出入りや仮設計画につきましては、請負業者と十分に協議いたします。

 以上で議案第46号、豊山町総合福祉センターしいの木改修工事の工事請負契約議案の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(筒井俊秋君) 提案理由の説明が終わりました。

 質疑を行います。

 発言を許可します。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(筒井俊秋君) 質疑がないようですので、質疑を終結いたします。

 ここでお諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略し、直ちに討論に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(筒井俊秋君) ご異議なしと認めます。よって、本案は委員会付託を省略し、直ちに討論を行います。

 まず、原案に反対者の発言を許可します。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(筒井俊秋君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 議案第46号について、原案のとおり賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 起立全員であります。よって、議案第46号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 議案第47号 豊山町長の給料の特例に関する条例の制定について(上程、提案説明)



△議案第48号 豊山町後期高齢者医療に関する条例及び豊山町介護保険条例の一部改正について(上程、提案説明)



△議案第49号 西春日井広域事務組合規約の変更について(上程、提案説明)



△議案第50号 平成24年度豊山町一般会計歳入歳出決算の認定について(上程、提案説明)



△議案第51号 平成24年度豊山町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について(上程、提案説明)



△議案第52号 平成24年度豊山町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について(上程、提案説明)



△議案第53号 平成24年度豊山町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について(上程、提案説明)



△議案第54号 平成24年度豊山町介護サービス事業特別会計歳入歳出決算の認定について(上程、提案説明)



△議案第55号 平成24年度豊山町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について(上程、提案説明)



△議案第56号 平成25年度豊山町一般会計補正予算(第3号)(上程、提案説明)



△議案第57号 平成25年度豊山町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)(上程、提案説明)



△議案第58号 平成25年度豊山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)(上程、提案説明)



△議案第59号 平成25年度豊山町介護保険特別会計補正予算(第1号)(上程、提案説明)



△議案第60号 平成25年度豊山町介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)(上程、提案説明)



△議案第61号 平成25年度豊山町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)(上程、提案説明)



○議長(筒井俊秋君) 日程第9、議案第47号から議案第61号までを一括して順次提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第47号朗読〕

 内容につきましては、総務部長から説明をさせます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 近藤総務部長。



◎総務部長(近藤鎮彦君) それでは、議案第47号豊山町長の給料の特例に関する条例の制定についてご説明いたします。

 本条例制定案につきましては、町長の給与を時限的に減ずる特例措置を行うことを定めた条例でございます。

 議案書の2ページをごらんください。

 この条例を定めることにより、平成25年8月6日から平成29年8月5日までの間における町長の給料について、豊山町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の別表第1に掲げる額から当該額に10分の1を乗じた額を減じて支給することとなります。別表第1に掲げる額は82万9,000円であり、10分の1を減じた後の給料月額は74万6,100円になります。

 なお、この特例措置により、平成25年12月以降の期末手当についても10分の1を減じた後の給料月額をもとに算定いたします。

 附則第1項においては、この条例の施行を公布の日からとし、平成25年8月6日から適用することを定めております。

 附則2項では、公布の日以降、最初の給料支給月であります10月分から減額することとし、なお、日割り計算により算出します8月分及び9月分の給料の減額については、10月分の給料の減額に合わせて減額することを定めております。

 以上で豊山町長の給料の特例に関する条例の制定についての説明とさせていただきます。



○議長(筒井俊秋君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第48号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 早川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(早川晴男君) 議案第48号豊山町後期高齢者医療に関する条例及び豊山町介護保険条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 今回の改正は、地方税法の一部改正により、後期高齢者医療保険料及び介護保険料に係る延滞金の割合を引き下げるために改正を行うものでございます。

 新旧対照表をごらんいただきたいと思います。

 豊山町後期高齢者医療に関する条例の附則第3条及び豊山町介護保険条例の附則10項を改正するものでございます。

 改正の内容につきましては、延滞金の割合の特例に年14.6%の延滞金を追加するとともに、特例基準割合の定義を当該年の前年の租税特別措置法第93条第2項の規定により告示された割合に年1%の割合を加算したものに改め、年14.6%の割合にあっては、特例基準割合に7.3%を加算した割合とし、年7.3%の割合にあっては、特例基準割合に1%を加えた割合、年7.3%を超えるときは年7.3%に改正するものでございます。

 なお、これらの条例は平成26年1月1日から施行し、執行日前の延滞金につきましては従前のとおりといたします。

 以上で、豊山町後期高齢者医療に関する条例及び豊山町介護保険条例の一部改正についての説明を終わります。



○議長(筒井俊秋君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第49号朗読〕

 内容につきましては、総務部長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 近藤総務部長。



◎総務部長(近藤鎮彦君) 議案第49号西春日井広域事務組合規約の変更についてのご説明をいたします。

 本案につきましては、外国人住民を住民基本台帳法の適用対象に加えることとなった住民基本台帳法の一部を改正する法律が平成24年7月9日に施行されたことに伴い、西春日井広域事務組合の経費の支弁に係る算出基準の見直しを行うために、規約の一部を変更する改正を行うものであります。

 改正内容は、議案書の3ページの一部変更新旧対照表によりご説明をいたします。

 規約第8条は、組合の経費の支弁の方法を定めております。そのうち第1項第3号ア運営に関する負担金に係る基準中、旧の欄において「前年の10月1日における、総人口割」を新の欄のとおり、「人口割(前年10月1日における住民基本台帳の人口)」に改めるものでございます。

 なお、総人口とは、改正前の住民基本台帳法に基づく日本人住民登録人口と廃止前の外国人登録法に基づく外国人登録人口とを合算した人口でありました。今回、住民基本台帳法の一部改正の施行後は外国人登録法が廃止されたことに伴い、外国人もそのまま住民として移行させ、住民基本台帳法に基づく住民登録人口としたものであります。このことから、算出基準としての表記は変更するものの、人口としての示す数値に変動はございません。

 附則におきましては、この規約の一部を変更する規約の施行日を平成25年11月1日とすることを定めるものでございます。

 以上で、西春日井広域事務組合規約の変更についての議案の説明を終わります。



○議長(筒井俊秋君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第50号朗読〕

 内容につきましては、副町長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 坪井副町長。



◎副町長(坪井豊治君) 平成24年度一般会計歳入歳出決算についてご説明申し上げます。

 まず、歳入につきましては、4、5ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款町税につきましては、予算現額34億1,352万1,000円に対し、収入の決定を行った調定額は35億6,720万6,716円であります。そのうち、収入済額は34億2,775万802円、不納欠損額は814万6,376円、収入未済額は1億3,130万9,538円であります。

 地方税法第15条の7の規定に基づき不納欠損処分をした税目ごとの内訳につきましては、町民税の個人は445件、682万7,776円、固定資産税は34件の107万9,600円、軽自動車税は64件の23万9,000円であります。

 第2款地方譲与税につきましては、予算現額5,800万円に対し、収入済額は5,561万7,051円であります。

 第3款利子割交付金につきましては、予算現額720万円に対し、収入済額は573万3,000円であります。

 第4款配当割交付金につきましては、予算現額300万円に対し、収入済額は528万7,000円であります。

 第5款株式等譲渡所得割交付金につきましては、予算現額180万円に対し、収入済額は124万1,000円であります。

 第6款地方消費税交付金につきましては、予算現額1億9,700万円に対し、収入済額は2億850万2,000円であります。

 第7款自動車取得税交付金につきましては、予算現額1,600万円に対し、収入済額は2,180万8,000円であります。

 第8款国有提供施設等所在市町村助成交付金、いわゆる基地交付金につきましては、予算現額1億1,000万円に対し、収入済額は1億1,182万4,000円であります。

 第9款地方特例交付金につきましては、予算現額1,300万円に対し、収入済額は1,367万1,000円であります。

 第10款地方交付税につきましては、予算現額800万円に対し、収入済額は3,959万6,000円であります。

 次に、6、7ページをごらんいただきたいと思います。

 第11款交通安全対策特別交付金につきましては、予算現額310万円に対し、収入済額は338万5,000円であります。

 第12款分担金及び負担金につきましては、予算現額6,323万2,000円に対し、収入の決定を行った調定額は7,547万2,700円であります。そのうち、収入済額は6,741万4,700円、不納欠損額は159万9,200円、収入未済額は645万8,800円であります。不納欠損額につきましては、保育料17件の処分を行ったものであります。

 第13款使用料及び手数料につきましては、予算現額9,531万4,000円に対し、収入済額は8,805万8,655円であります。

 第14款国庫支出金につきましては、予算現額3億9,508万1,000円に対し、収入の決定を行った調定額は3億6,114万3,852円であります。そのうち、収入済額は3億6,008万7,852円、収入未済額は105万6,000円であります。未収入は、道路調査点検事業を繰り越したことによるものでございます。

 第15款県支出金につきましては、予算現額2億5,706万4,000円に対し、収入済額は2億4,595万1,318円であります。

 第16款財産収入につきましては、予算現額899万2,000円に対し、収入済額は850万3,354円であります。主な収入は、土地建物の貸し付け収入、基金運用利子等であります。

 第17款寄附金につきましては、予算現額2,000円に対し、収入済額は30万4,564円であります。4件の一般寄附及びユニーからのごみ資源化事業寄附金であります。

 第18款繰入金につきましては、予算現額3億849万5,000円に対し、収入済額は3億849万4,151円であります。財政調整基金からの取り崩し及び特別会計からの前年度決算剰余金等の繰り入れであります。

 第19款繰越金につきましては、予算現額2億2,989万1,000円に対し、収入済額は2億2,989万1,936円であります。前年度の決算剰余金を繰り越したものと、繰越明許を行った介護保険電算システム改修事業費630万円のうち353万円を繰り越したものであります。

 第20款諸収入につきましては、予算現額2億384万7,000円に対し、収入の決定を行った調定額は2億2,439万2,970円であります。そのうち、収入済額は2億1,563万2,586円、不納欠損額は160万7,544円、収入未済額は715万2,840円であります。不納欠損につきましては、学校給食費50件を処理したものであります。

 続いて、8、9ページをごらんいただきたいと思います。

 21款町債につきましては、予算現額、収入済額ともに8,900万円であります。臨時財政対策債を借り入れたものでございます。

 以上、収入済額の合計は55億775万3,969円であります。

 次に、歳出につきましては、10、11ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款議会費につきましては、予算現額1億1,216万7,000円に対し、支出済額は1億989万9,142円であります。主な支出につきましては、議会広報等の印刷製本費及び会議録作成委託料等であります。

 第2款総務費につきましては、予算現額10億3,267万4,000円に対し、支出済額は10億200万8,473円であります。主な支出につきましては、町制施行40周年記念式典、防災と公共交通をテーマとした町民討議会議の開催、衆議院議員総選挙執行等に要した費用でございます。

 第3款民生費につきましては、予算現額18億5,131万円に対し、支出済額は17億9,549万5,686円であります。主な支出につきましては、ファミリーサポートセンター、児童センターの運営費及び保育園運営に関する費用等であります。

 第4款衛生費につきましては、予算現額7億320万9,000円に対し、支出済額は6億7,877万6,710円であります。主な支出につきましては、成人健診を初め、各種検診委託料、ごみ・し尿処理に係る費用及び地球温暖化対策事業の太陽光発電システム設置費補助金等であります。

 第5款労働費につきましては、予算現額、支出済額ともに5万円であります。県労働者福祉協議会負担金であります。

 第6款農林水産業費につきましては、予算現額7,745万1,000円に対し、支出済額は7,397万215円であります。主な支出につきましては、農業用施設維持管理のための費用及び合瀬川水系農業用排水総合整備事業負担金等であります。

 第7款商工費につきましては、予算現額9,049万4,000円に対し、支出済額は8,533万6,504円であります。主な支出につきましては、企業立地推進基礎調査委託料及び58件の商工振興資金信用保証補助、5件の小企業等経営改善資金利子補給補助等であります。

 第8款土木費につきましては、予算現額4億8,337万5,000円に対し、支出済額は4億6,305万1,801円であります。翌年度繰越額は、道路調査委託料242万6,000円を繰り越したものでございます。主な支出につきましては、特定防衛施設調整交付金を充てた諏訪地内の町道502号線の道路改良工事及び16棟の耐震診断、2件の耐震改修費補助金等であります。

 次に、12、13ページをごらんいただきたいと思います。

 第9款消防費につきましては、予算現額2億6,662万4,000円に対し、支出済額は2億6,302万1,840円であります。主な支出につきましては、広域事務組合への負担金、新栄小学校区防災会のための防災倉庫の設置等であります。

 第10款教育費につきましては、予算現額7億2,275万4,000円に対し、支出済額は6億9,798万9,245円であります。主な支出につきましては、学習等供用施設及びスカイプールの指定管理及び小・中学校の施設改修工事費等でございます。

 第11款公債費につきましては、予算現額1億3,892万7,000円に対し、支出済額は1億3,892万6,428円であります。町債の元利償還金であります。

 第12款予備費につきましては、予算現額350万4,000円に対し、支出済額はゼロ円であります。

 以上、支出済額の合計は53億852万6,044円であります。よって、歳入歳出差引額は1億9,922万7,925円であります。

 続いて、決算結果につきまして、14ページの実質収支に関する調書をごらんいただきたいと思います。

 歳入総額55億775万4,000円、歳出総額53億852万6,000円、歳入歳出差引額1億9,922万8,000円であります。翌年度へ繰り越すべき財源である繰越明許費繰越額は67万円で、実質収支額は1億9,855万8,000円となっています。

 続きまして、財産に関する調書についてご説明申し上げます。

 274、275ページをごらんいただきたいと思います。

 1、公有財産、(1)の土地及び建物の増減については、増減はございません。

 次に、276、277ページの(2)の物件現在高についても、増減はございません。

 (3)の出資による権利現在高につきましては、尾張土地開発公社からの脱会により出資金300万円が返還されたことより、決算年度末現在高はゼロ円となっています。

 次に、278ページから288ページまでの2の物品につきましては、年度中の受け払いによって相殺したものが現在高となっています。

 次に、290、291ページの3、基金の決算年度末現在高は、財政調整基金11億9,816万円、介護保険基金699万2,000円、国民健康保険財政調整基金ゼロ円、介護従事者処遇改善臨時特例基金ゼロ円、子ども医療費助成事業基金3,106万2,339円となっています。

 4、町営住宅敷金及び利子につきましては、決算年度末現在高、敷金132万7,450円、利子7万9,454円となっています。

 以上でございます。



○議長(筒井俊秋君) ここで監査委員より審査結果をお願いいたします。

 大野眞一君。



◎代表監査委員(大野眞一君) 〔意見書朗読〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第51号朗読〕

 内容につきましては、副町長から説明をさせます。



○議長(筒井俊秋君) 坪井副町長。



◎副町長(坪井豊治君) 平成24年度国民健康保険特別会計歳入歳出決算についてご説明申し上げます。

 まず、歳入につきましては、165、166ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款国民健康保険税につきましては、予算現額3億8,120万2,000円に対し、収入の決定を行った調定額は5億8,422万3,501円であります。そのうち、収入済額は3億8,553万3,330円、不納欠損額は979万7,273円、収入未済額は1億8,889万2,898円であります。

 なお、不納欠損につきましては、地方税法第15条の7第4項の規定に基づき、執行停止期間3年経過による消滅理由等により768件の処分を行っています。

 第2款使用料及び手数料につきましては、予算現額98万2,000円に対し、収入済額は71万3,700円であります。特定健診手数料でございます。

 第3款国庫支出金につきましては、予算現額3億327万9,000円に対し、収入済額は3億608万9,717円であります。療養給付費等負担金、高額医療共同事業負担金等であります。

 第4款療養給付費交付金につきましては、予算現額8,718万円に対し、収入済額は9,590万8,849円であります。退職被保険者の医療費に係る社会保険診療報酬支払基金からの交付金であります。

 第5款前期高齢者交付金につきましては、予算現額3億4,969万1,000円に対し、収入済額は3億4,969万1,520円であります。前期高齢者の医療費に係る社会保険診療報酬支払基金からの交付金であります。

 第6款県支出金につきましては、予算現額9,976万2,000円に対し、収入済額は8,415万8,930円であります。高額医療費共同事業負担金、県補助金及び調整交付金であります。

 第7款共同事業交付金につきましては、予算現額1億4,337万7,000円に対し、収入済額は1億4,506万946円であります。高額医療費共同事業交付金及び保険財政共同安定化事業に係る国保連合会からの交付金であります。

 第8款繰入金につきましては、予算現額2億4,660万5,000円に対し、収入済額は2億4,660万4,955円であります。保険税の軽減による保険基盤安定繰入金及び一般会計からの繰入金であります。

 第9款繰越金につきましては、予算現額4,422万6,000円に対し、収入済額は4,422万5,490円であります。前年度の決算剰余金を繰り越したものであります。

 第10款諸収入につきましては、予算現額536万2,000円に対し、収入の決定を行った調定額は663万9,938円であります。そのうち、収入済額は648万4,564円、収入未済額は15万5,374円であります。未済額につきましては、一般被保険者から返納されるべき保険料であります。

 以上、収入済額の合計は16億6,447万2,001円であります。

 次に、歳出につきましては、167、168ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款総務費につきましては、予算現額3,105万5,000円に対し、支出済額は2,950万2,138円であり、事業運営に必要な人件費、事務費などであります。

 第2款保険給付費につきましては、予算現額11億1,183万7,000円に対し、支出済額は10億5,780万5,318円であります。一般及び退職者の療養給付費、療養費、高額療養費及び出産育児一時金及び葬祭費補助金等であります。

 第3款後期高齢者支援金等につきましては、予算現額2億1,974万円に対し、支出済額は2億1,973万9,235円であります。

 第4款前期高齢者納付金等につきましては、予算現額22万8,000円に対し、支出済額は22万6,987円であります。

 第5款老人保健拠出金につきましては、予算現額4万6,000円に対し、支出済額は4万5,142円であります。老人保健法の規定に基づき拠出したものであります。

 第6款介護納付金につきましては、予算現額8,531万9,000円に対し、支出済額は8,531万8,819円であります。介護保険法の規定に基づき納付したものでございます。

 第7款共同事業拠出金につきましては、予算現額1億4,190万2,000円に対し、支出済額は1億4,186万859円であります。高額医療費共同事業及び保険財政共同安定化事業の拠出金を国保連合会へ拠出したものであります。

 第8款保健事業費につきましては、予算現額998万円に対し、支出済額は836万6,020円であります。特定健診、健康診断補助金、宿泊補助金及び人間ドック補助金等であります。

 第9款諸支出金につきましては、予算現額5,830万9,000円に対し、支出済額は5,830万5,236円であります。保険税の還付及び一般会計への繰出金であります。

 第10款予備費につきましては、予算現額325万円に対し、支出済額はゼロ円であります。

 以上、支出済額の合計16億116万9,754円であります。よって、歳入歳出差引額は6,330万2,247円であります。

 続きまして、決算結果につきましては、171ページの実質収支に関する調書をごらんください。

 歳入総額16億6,447万2,000円に対し、歳出総額16億117万円、歳入歳出差引額6,330万2,000円であります。翌年度へ繰り越すべき財源はありませんので、差引額そのものが実質収支額となっています。

 以上であります。



○議長(筒井俊秋君) ここで監査委員より審査結果をお願いいたします。

 大野眞一君。



◎代表監査委員(大野眞一君) 〔意見書朗読〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第52号朗読〕

 内容につきましては、副町長から説明させます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 坪井副町長。



◎副町長(坪井豊治君) 平成24年度後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算についてご説明申し上げます。

 まず、歳入につきましては、202、203ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款後期高齢者医療保険料につきましては、予算現額1億1,072万6,000円に対し、収入の決定を行った調定額は1億1,184万8,700円であり、そのうち、収入済額は1億956万8,800円、不納欠損額は59万9,400円、収入未済額は168万500円であります。不納欠損につきましては、高齢者の医療に関する法律第160条第1項で規定される2年の時効により55件の処分を行っています。

 第2款繰入金につきましては、予算現額2,790万2,000円に対し、収入済額は2,790万1,650円であります。一般会計繰入金及び保険基盤安定繰入金であります。

 第3款繰越金につきましては、予算現額233万5,000円に対し、収入済額233万3,557円であります。前年度の決算剰余金であります。

 第4款諸収入につきましては、予算現額1万4,000円に対し、収入済額はゼロ円であります。

 以上、収入済額の合計は1億3,980万4,007円であります。

 次に、歳出につきましては、204、205ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款総務費につきましては、予算現額1,429万9,000円に対し、支出済額は1,323万2,981円であります。事業に必要な事務費等であります。

 第2款後期高齢者医療広域連合納付金につきましては、予算現額1億2,469万6,000円に対し、支出済額は1億2,302万9,250円であります。

 第3款諸支出金につきましては、予算現額198万2,000円に対し、支出済額は190万1,457円であります。

 以上、支出済額の合計は1億3,816万3,688円であります。よって、歳入歳出差引額は160万319円であります。

 続いて、決算結果につきましては、206ページの実質収支に関する調書をごらんいただきたいと思います。

 歳入総額1億3,980万4,000円、歳出総額1億3,816万4,000円、歳入歳出差引額164万円であります。翌年度へ繰り越すべき財源はございませんので、差引額そのものが実質収支額となっています。

 以上でございます。



○議長(筒井俊秋君) ここで監査委員より審査結果をお願いいたします。

 大野眞一君。



◎代表監査委員(大野眞一君) 〔意見書朗読〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第53号朗読〕

 内容につきましては、副町長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 坪井副町長。



◎副町長(坪井豊治君) 平成24年度介護保険特別会計歳入歳出決算についてご説明を申し上げます。

 歳入につきましては、219、220ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款介護保険料につきましては、予算現額1億6,362万1,000円に対し、収入の決定を行った調定額は1億6,959万5,000円であります。そのうち、収入済額は1億6,144万8,400円、不納欠損額は245万7,800円、収入未済額は568万8,800円であります。不納欠損につきましては、介護保険法第200条で規定する2年の時効により515件の処分を行っています。

 第2款国庫支出金につきましては、予算現額1億2,229万7,000円に対し、収入済額は1億2,230万2,802円であります。介護給付費用の25%相当を給付された介護給付負担金及び地域支援事業費補助金であります。

 第3款支払基金交付金につきましては、予算現額1億9,513万2,000円に対し、収入済額は1億9,513万4,000円であります。第2号被保険者である40歳から65歳未満の者の保険料から介護給付費用の30%相当額を支払基金から交付されたものでございます。

 第4款県支出金につきましては、予算現額1億113万2,000円に対し、収入済額は1億113万787円であります。介護給付費用の12.5%に相当する介護給付費負担金が主なものでございます。

 第5款財産収入につきましては、予算現額1万5,000円に対し、収入済額は8,440円であります。これは基金利子であります。

 第6款繰入金につきましては、予算現額、収入済額ともに1億7,087万円であります。一般会計から町負担分である給付費用の12.5%に相当する額及び事務費の繰り入れ等であります。

 第7款繰越金につきましては、予算現額18万2,000円に対し、収入済額は18万2,580円であります。前年度決算による剰余金を繰り越したものであります。

 第8款諸収入につきましては、予算現額1万1,000円に対し、収入済額はゼロ円であります。

 以上、収入済額の合計は7億5,107万6,937円であります。

 次に、歳出につきましては、221、222ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款総務費につきましては、予算現額5,895万6,000円に対し、支出済額は5,518万2,651円であります。事業運営に必要な人件費、事務費等であります。

 第2款保険給付費につきましては、予算現額6億7,545万円に対し、支出済額は6億7,391万8,724円であります。介護予防サービスの給付費等であります。

 第3款地域支援事業費につきましては、予算現額1,003万4,000円に対し、支出済額は855万991円であります。啓発事業及び生活機能評価委託料等であります。

 第4款基金積立金につきましては、予算現額、支出済額ともに298万9,000円であります。

 第5款諸支出金につきましては、予算現額583万1,000円に対し、支出済額は573万3,631円であります。介護保険給付費の精算による国・県への返還金等であります。

 以上、支出済額の合計は7億4,637万4,997円であります。よって、歳入歳出差引残高は470万1,940円であります。

 続きまして、決算結果につきましては、223ページの実質収支に関する調書をごらんいただきたいと思います。

 歳入総額7億5,107万7,000円、歳出総額7億4,637万5,000円、歳入歳出差引額470万2,000円であります。翌年度へ繰り越すべき財源はありませんので、差引額そのものが実質収支額となっています。

 以上でございます。



○議長(筒井俊秋君) ここで監査委員より審査結果をお願いいたします。

 大野眞一君。



◎代表監査委員(大野眞一君) 〔意見書朗読〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第54号朗読〕

 内容につきましては、副町長から説明させます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 坪井副町長。



◎副町長(坪井豊治君) 平成24年度介護サービス事業特別会計歳入歳出決算についてご説明申し上げます。

 まず歳入につきましては、244、245ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款介護サービス収入金につきましては、予算現額158万1,000円に対し、収入済額は130万9,973円であります。要支援者333件のケアプラン作成による収入であります。

 第2款繰越金につきましては、予算現額1,000円に対し、収入済額はゼロ円であります。

 第3款諸収入につきましては、予算現額1,000円に対し、収入済額はゼロ円であります。

 以上、収入済額の合計は130万9,973円であります。

 次に、歳出につきましては、246、247ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款介護サービス事業費につきましては、予算現額150万5,000円に対し、支出済額は120万6,389円であります。事業運営に必要な事務費等であります。

 第2款諸支出金につきましては、予算現額、支出済額ともに7万7,000円であります。事業収益を一般会計へ繰り出したものであります。

 第3款予備費につきましては、予算現額1,000円に対し、支出済額はゼロ円であります。

 以上、支出済額の合計は128万3,389円であります。よって、歳入歳出差引額は2万6,584円であります。

 続きまして、決算結果につきましては、248ページの実質収支に関する調書をごらんいただきたいと思います。

 歳入総額131万円、歳出総額128万3,000円、歳入歳出差引額2万7,000円であります。翌年度へ繰り越すべき財源はありませんので、差引額そのものが実質収支額となっています。

 以上です。



○議長(筒井俊秋君) ここで監査委員より審査結果をお願いいたします。

 大野眞一君。



◎代表監査委員(大野眞一君) 〔意見書朗読〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第55号朗読〕

 内容につきましては、副町長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 坪井副町長。



◎副町長(坪井豊治君) 平成24年度豊山町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算についてご説明申し上げます。

 まず、歳入につきましては、257、258ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款使用料及び手数料につきましては、予算現額7,352万4,000円に対し、収入の決定を行った調定額は7,317万8,722円であります。そのうち、収入済額は7,277万571円、収入未済額は113件の40万8,151円であります。

 第2款国庫支出金につきましては、予算現額、収入済額ともに1億2,230万円であります。事務費、実施設計委託料、工事費及び工事支障移転補償費等に対する補助金であります。

 第3款県支出金につきましては、予算現額、収入済額ともに40万円であります。国庫補助対象外の工事費に対する補助金であります。

 第4款繰入金につきましては、予算現額、収入済額ともに2億535万円であります。一般会計から繰り入れたものであります。

 第5款繰越金につきましては、予算現額473万8,000円に対し、収入済額は473万8,918円であります。前年度決算による剰余金を繰り入れたものであります。

 第6款諸収入につきましては、予算現額889万円に対し、収入済額は889万5,388円であります。預金利子、消費税還付金等の雑入でございます。

 第7款町債につきましては、予算現額1億3,340万円に対し、収入済額は1億1,650万円であります。事業実施のために借り入れた下水道事業債であります。

 以上、収入済額の合計は5億3,095万4,877円であります。

 次に、歳出につきましては、259、260ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款総務費につきましては、予算現額8,968万円に対し、支出済額は8,355万9,668円であります。事業に必要な事務費及び下水道事業に必要な負担金等であります。

 第2款下水道事業費につきましては、予算現額3億7,490万1,000円に対し、支出済額は3億5,943万9,213円であります。汚水管工事延長2,661メートルの工事費及び物件移転補償費等であります。

 第3款諸支出金につきましては、予算現額361万3,000円に対し、支出済額は360万4,827円であります。下水道使用還付金及び一般会計への繰出金であります。

 第4款公債費につきましては、予算現額8,040万8,000円に対し、支出済額は8,040万7,220円であります。これまで借り入れた借入金の元利償還であります。

 以上、支出済額の合計は5億2,701万928円であります。よって、歳入歳出差引額は394万3,949円であります。

 続いて、決算結果につきましては、261ページの実質収支に関する調書をごらんいただきたいと思います。

 歳入総額5億3,095万5,000円、歳出総額5億2,701万1,000円、歳入歳出差引額は394万4,000円であります。翌年度へ繰り越すべき財源はありませんので、差引額そのものが実質収支額となっています。

 以上であります。



○議長(筒井俊秋君) ここで監査委員より審査結果をお願いいたします。

 大野眞一君。



◎代表監査委員(大野眞一君) 〔意見書朗読〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 ここで、11時15分まで休憩をとりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前11時00分 休憩

     午前11時15分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(筒井俊秋君) それでは、休憩を閉じ再開いたします。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第56号朗読〕

 内容につきましては、総務部長から説明させます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 近藤総務部長。



◎総務部長(近藤鎮彦君) それでは、平成25年度豊山町一般会計補正予算(第3号)について説明いたします。

 本補正予算案の内容は、歳入歳出予算1億7,688万円の追加予算となっております。補正内容につきましては、平成24年度決算に伴う会計間の精算処理、翌年度予算への繰り越し等の決算剰余金処理及び人事異動に伴う人件費の補正がその主なものとなっています。

 以下、平成25年度豊山町一般会計補正予算(第3号)説明書に従いまして、補正内容の詳細について説明いたします。

 まず、歳入について、1ページ、2ページからご説明いたします。

 14款国庫支出金、1項国庫負担金につきましては、児童手当国庫負担金について、平成24年度国庫負担金の精算の結果、追加交付となりましたので、児童手当負担金44万2,000円の増額を行います。

 15款県支出金、1項県負担金についても、国庫負担金と同様に平成24年度児童手当負担金の精算の結果、追加交付となりましたので、44万9,000円の増額を行います。

 18款繰入金、1項1目特別会計繰入金につきましては、各特別会計においての平成24年度決算剰余金を初めとした、今回補正で生じた歳入歳出の差額の繰り入れを行います。内訳といたしましては、介護保険特別会計932万1,000円、介護サービス事業特別会計2万6,000円、公共下水道事業特別会計282万1,000円、国民健康保険特別会計834万9,000円、後期高齢者医療特別会計295万5,000円、それぞれ繰入金の増額を行います。

 19款1項1目繰越金につきましては、平成24年度一般会計の決算剰余金から翌年度に繰り越すべき財源を控除した額を平成25年度一般会計に編入するものでございます。今回の補正額は、当初予算計上分との差額であります1億4,855万7,000円を追加して計上しております。

 続きまして、説明書3ページ、4ページからの歳出についてご説明いたします。

 1款1項1目議会費については、議会一般事業において、市町村共済組合負担金負担率の変更に伴い一般職員の人件費について9万6,000円の減額を行います。

 2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費については、総務一般事業において人件費545万2,000円を減額いたします。その内容としましては、町長の選挙公約になっております給与月額10%引き下げ分として特別職1名分の人件費93万1,000円の減額と、一般職の人事異動による反映分としての人件費452万1,000円の減額を行います。

 同項3目財政会計管理費については、財政運営事業において、地方財政法第7条に基づく平成24年度決算剰余金の2分の1と本補正予算の歳入歳出の差を合わせた1億4,211万7,000円を財政調整基金に積み立てます。なお、基金積立後の基金残高につきましては、18ページの基金使途明細に記載しております。

 同款2項徴税費、1目税務総務費及び同款3項1目戸籍住民基本台帳費については、人事異動による人件費反映分として、税務総務一般事業において一般職員の人件費365万円、戸籍住民基本台帳事務事業において同じく一般職員の人件費1,158万1,000円をそれぞれ増額いたします。

 3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費については、社会福祉一般事業において、人事異動の反映分といたしまして一般職員の人件費38万6,000円の増額を行います。また、今回の介護保険特別会計補正予算において、歳出補正予算を計上しております介護給付費に対する町追加負担分として、介護保険特別会計繰出金555万2,000円の増額を行います。

 同項3目施設運営総務費につきましては、地域福祉センター運営事業において、人事異動の反映分といたしまして一般職員の人件費46万3,000円の減額を行います。

 同項4目障害者福祉費については、障がい者福祉一般事業において、平成24年度の障害者自立支援給付費、障害児施設措置費、障害者医療費に係る国・県負担金の交付額の実績に基づく精算分として、国県負担金過年度分返還金316万4,000円の増額を行います。内訳につきましては、国庫負担金の返還分が210万9,000円、県費負担金の返還分が105万5,000円となっております。

 同項7目後期高齢者医療費につきましては、後期高齢者医療事業において、平成24年度の市町村療養給付費負担金額が精算により確定したため、後期高齢者医療広域連合へ支払う療養給付費負担金の不足分897万1,000円について補正計上を行います。また、平成25年度の後期高齢者医療広域連合へ支払う事務費の確定に伴い広域連合事務費負担金3万円の増額を行います。

 同款2項児童福祉費、3目保育園費につきましては、保育園事業において、人事異動の反映分として一般職員分の人件費について1,740万6,000円の増額を行います。また、国県負担金過年度分返還金として、子育て支援交付金の交付決定額と確定した所要額との差額9万3,000円を計上しております。

 同項4目児童遊園施設費につきましては、児童遊園管理事業において、栄児童遊園に雑草予防対策としての雑草枯草整備を実施するための経費171万1,000円を児童遊園維持工事費の追加分として増額補正しております。

 4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費については、保健衛生一般事業において、こちらも人事異動の関係でございますが、一般職員の人件費について516万2,000円の増額を行います。

 同項4目環境衛生費につきましては、環境保全共通事業において、人事異動の反映分として同じく一般職員の人件費につきまして105万4,000円の減額補正を行います。

 6款農林水産業費、1項農業費、4目農地費については、農業施設の定期的な更新事業において、電気料金の値上げに伴い農業用施設に係る光熱費予算が不足する見込みとなったため、100万円の増額を計上しております。

 8款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費については、土木管理共通事業において、こちらも人事異動の関係でございますが、人件費について238万円の減額を行います。

 同款4項都市計画費、1目都市計画総務費についても、都市計画一般事業におきまして、人事異動による一般職員の人件費について181万3,000円の減額を行います。

 10款教育費、1項教育総務費、2目事務局費につきましては、事務局費共通事業において、人事異動の反映分といたしまして一般職員の人件費28万6,000円の減額を行います。

 同款4項1目学校給食費については、学校給食事業において、人事異動に係る一般職員の人件費につきまして881万4,000円の減額を行います。

 同款6項社会教育費、1目社会教育総務費については、社会教育一般事業におきまして、人事異動の反映分といたしまして一般職員の人件費358万5,000円の減額を行います。

 なお、人件費の補正に伴いまして、17ページにおいて給与費明細についても補正を行っておりますので、ご確認いただきますようお願いいたします。

 以上で説明を終わらせていただきます。



○議長(筒井俊秋君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第57号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 早川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(早川晴男君) 議案第57号平成25年度豊山町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を補正予算説明書により説明させていただきます。

 初めに、歳入についてご説明いたします。

 1、2ページをお願いいたします。

 4款療養給付費交付金、1項療養給付費交付金、1目療養給付費交付金1,169万5,000円の増額について、現年度分は歳出の退職被保険者等療養給付費及び退職被保険者等高額療養費の特定財源として充てるために760万9,000円を増額し、過年度分は療養交付金が確定したため408万6,000円を増額するものであります。

 5款前期高齢者交付金、1項前期高齢者交付金、1目前期高齢者交付金は、交付額が確定したため452万8,000円を減額するものであります。

 9款繰越金、1項繰越金、2目その他繰越金は、平成24年度の国民健康保険特別会計の収支の確定により5,330万2,000円を増額するものであります。

 続いて、歳出についてご説明いたします。

 3、4ページをお願いします。

 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費の148万6,000円の減額につきましては、人事異動等により、給料90万2,000円、職員手当等3万円、共済費55万4,000円を減額するものでございます。

 2款保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費については、特定財源を一般財源に財源更正するものでございます。

 2款1項4目退職被保険者等療養費は、これまでの支払い実績により今後の支払いが不足することが見込まれるため72万円を増額するものであります。

 2款2項高額療養費、2目退職被保険者等高額療養費についても、退職被保険者等療養費と同様、これまでの支払い実績により今後の支払いが不足することが見込まれるため688万9,000円を増額するものであります。

 5、6ページをお願いします。

 3款後期高齢者支援金等、1項後期高齢者支援金等、1目後期高齢者支援金等については、今年度の支援金等が確定したため2,223万4,000円を増額するものでございます。

 4款前期高齢者納付金等、1項前期高齢者納付金等、1目前期高齢者納付金等についても、今年度の納付額が確定したため2万4,000円を増額するものでございます。

 6款介護納付金、1項介護納付金、1目介護納付金についても、今年度の納付額が確定したため642万5,000円を増額するものでございます。

 9款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、2目償還金については、平成24年度療養給付費等負担金及び平成24年度高齢者医療制度円滑運用事業費補助金の実績の結果、返還金が生じたため1,731万4,000円を増額するものでございます。

 7、8ページをお願いします。

 9款2項繰出金、1目他会計繰出金については、今回の補正予算の歳入と歳出の差額分である834万9,000円を増額するものでございます。

 以上で議案第57号平成25年度豊山町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の説明を終わります。



○議長(筒井俊秋君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第58号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 早川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(早川晴男君) 議案第58号平成25年度豊山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について、補正予算説明書により説明いたします。

 初めに、歳入について説明いたします。

 1、2ページをお願いいたします。

 3款繰越金、1項繰越金、1目繰越金については、平成24年度の豊山町後期高齢者医療特別会計の収支の確定により164万円を増額するものでございます。

 次に、歳出についてご説明いたします。

 3、4ページをお願いします。

 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費の193万2,000円の減額については、人事異動等により、給料100万5,000円、職員手当等38万5,000円、共済費54万2,000円の減額を行うものでございます。

 2款後期高齢者医療広域連合納付金、1項後期高齢者医療広域連合納付金、1目後期高齢者医療広域連合納付金については、納付額の確定により61万7,000円を増額するものでございます。

 3款諸支出金、2項繰出金、1目他会計繰出金については、今回の補正予算の歳入と歳出の差額分である295万5,000円を増額するものでございます。

 以上で、議案第58号平成25年度豊山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の説明を終わります。



○議長(筒井俊秋君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第59号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 早川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(早川晴男君) 議案第59号平成25年度豊山町介護保険特別会計補正予算(第1号)について、補正予算説明書によりご説明いたします。

 初めに、歳入についてご説明いたします。

 1、2ページをお願いいたします。

 2款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金1,288万円の増額につきましては、介護給付費の増額のため現年度分として1,023万3,000円を、平成24年度国庫負担金の確定により過年度分として264万7,000円を増額するものでございます。

 3款支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目介護給付費交付金1,205万9,000円の増額につきましては、介護給付費の増額のため現年度分として1,021万4,000円を、平成24年度支払基金交付金の確定により過年度分として184万5,000円を増額するものでございます。

 4款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金1,298万6,000円の増額につきましては、介護給付費の増額のため現年度分として1,095万1,000円を、平成24年度県支出金の確定により過年度分として203万5,000円を増額するものでございます。

 4款2項財政安定化基金支出金、1目貸付金1,304万5,000円の増額につきましては、1号被保険者保険料の補填金として借り入れをするものでございます。

 3、4ページをごらんください。

 6款繰入金、1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金の555万2,000円の増額につきましては、介護給付費の増額のため一般会計から繰り入れるものでございます。

 6款2項基金繰入金、1目介護保険基金繰入金の99万2,000円の増額につきましては、介護給付費の増額のため基金を繰り入れるものでございます。

 7款繰越金、1項繰越金、1目繰越金の470万1,000円につきましては、平成24年度決算の収支の確定により増額するものでございます。

 続きまして、歳出についてご説明いたします。

 5、6ページをお願いいたします。

 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費の509万8,000円の減額につきましては、人事異動等により給料252万3,000円、職員手当等111万5,000円、共済費146万円を減額するものでございます。

 2款保険給付費、1項介護・予防サービス等諸費、1目介護・予防サービス給付費の5,708万3,000円の増額につきましては、介護給付費、居宅介護・予防サービス給付費の増額のため増額するものでございます。

 5款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目償還金の90万9,000円の増額につきましては、返還金が確定したために増額するものでございます。

 7、8ページをお願いいたします。

 5款2項繰出金、1目他会計繰出金の932万1,000円の増額につきましては、平成24年度の決算額の確定により増額するものでございます。

 10ページをお願いいたします。

 介護保険基金使途明細につきましては、今補正で99万2,000円を取り崩しますので、残高は6,000円となります。

 以上で、議案第59号平成25年度豊山町介護保険特別会計補正予算(第1号)の説明を終わらせていただきます。



○議長(筒井俊秋君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第60号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明させます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 早川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(早川晴男君) 議案第60号平成25年度豊山町介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)について、補正予算説明書でご説明いたします。

 歳入についてご説明いたします。

 1、2ページをお願いします。

 2款繰越金、1項繰越金、1目繰越金2万6,000円の増額につきましては、平成24年度決算の収支の確定により増額するものでございます。

 歳出についてご説明いたします。

 3、4ページをお願いします。

 2款諸支出金、1項繰出金、1目他会計繰出金2万6,000円の増額につきましては、平成24年度の決算額の確定により増額するものでございます。

 以上で、議案第60号平成25年度豊山町介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)の説明を終わります。



○議長(筒井俊秋君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第61号朗読〕

 内容につきましては、経済建設部長から説明させます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 長谷川経済建設部長。



◎経済建設部長(長谷川徳康君) 議案第61号平成25年度豊山町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、補正予算説明書により説明させていただきます。

 それでは、歳入からご説明いたします。

 1、2ページをごらんください。

 5款繰越金、1項繰越金、1目繰越金、1節前年度繰越金の394万2,000円の増額につきましては、平成24年度公共下水道事業特別会計において余剰金が生じましたので、平成25年度会計に受け入れるため増額するものであります。

 6款諸収入、2項雑入、1目総務費雑入、1節総務管理費雑入、消費税還付金の6万7,000円の減額につきましては、平成24年度からの繰越金及び人事異動等による人件費の減額分を下水道事業費に充当するため減額するものであります。

 7款町債、1項町債、1目下水道事業債、1節下水道事業債、公共下水道事業債の470万円の減額につきましては、平成24年度からの繰越金及び人事異動等による人件費の減額分を下水道事業費に充当するため減額するものであります。

 次に、歳出についてご説明いたします。

 3、4ページをごらんください。

 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費364万6,000円の減額につきましては、人事異動に伴うものです。内訳といたしまして、2節給料の159万6,000円の減額、3節職員手当等の118万円の減額、4節共済費の87万円の減額となります。

 2款下水道事業費、1項下水道事業費、1目下水道事業費につきましては、平成24年度からの繰越金及び人事異動等による人件費の減額分を下水道事業費に充当するため財源更正を行うものであります。

 3款諸支出金、2項繰出金、1目他会計繰出金、28節繰出金282万1,000円の増額につきましては、平成24年度公共下水道特別会計に一般会計からの繰入金に余剰金が生じましたので、一般会計に繰り出すためのものであります。

 歳入歳出それぞれ82万5,000円の減額となり、補正後の歳入歳出の予算総額を4億6,999万9,000円とするものであります。

 以上で、議案第61号平成25年度豊山町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)の説明とさせていただきます。



○議長(筒井俊秋君) 提案理由の説明が終わりました。

 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 本日の会議はこれにて散会といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前11時49分 散会