議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊山町

平成24年  9月 定例会(第3回) 09月03日−01号




平成24年  9月 定例会(第3回) − 09月03日−01号







平成24年  9月 定例会(第3回)



1.議事日程

   (平成24年豊山町議会第3回定例会)

                           平成24年9月3日

                           午前9時30分招集

                               於 議場

 日程第1 会議録署名議員について

 日程第2 会期の決定について

 日程第3 諸般の報告

 日程第4 報告第5号 平成23年度豊山町財政健全化判断比率について(報告)

      報告第6号 平成23年度豊山町公共下水道事業特別会計資金不足比率について(報告)

 日程第5 議案第44号 教育委員の任命について(上程、提案説明、採決)

 日程第6 議案第45号〜議案第57号(上程、提案説明)

2.出席議員は次のとおりである(12名)

  1番   岩村みゆき         2番   今村一正

  3番   安藤春一          4番   筒井俊秋

  5番   坪井武成          6番   水野 晃

  7番   大口司郎          8番   野崎隆子

  9番   尾野康雄          10番   青山克己

  11番   粟田昌子          12番   熊沢直紀

3.欠席議員は次のとおりである(なし)

4.会議録署名議員

  9番   尾野康雄          10番   青山克己

5.地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(16名)

  町長      鈴木幸育   副町長     坪井豊治

  教育長     松田康朗   総務部長    近藤鎮彦

  総務課長    小川徹也   税務課長    堀尾政美

  経済建設部長  長谷川徳康  建設課長    平岩 満

  都市計画課長  櫻井充一   生活福祉部長  早川晴男

  福祉課長    堀場 昇   住民課長    二村 勲

  教育部長    坪井 悟   生涯学習課長  水野典昌

  学校教育課長  飯塚泰行   代表監査委員  鈴木宏次

6.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(2名)

  事務局長    安藤光男

  書記      安藤真澄

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時30分 開会



○議長(筒井俊秋君) 皆さんどうも、おはようございます。

 8月は大変暑い月でございますけれども、月がかわりましたら、朝晩幾分かは涼しくなったかと思います。我が家でも、昨夜は冷房を使わずに休めたということで、これから少しずつは過ごしやすい日々になると思います。

 きのうは、防災訓練に参加していただきまして、皆さんご苦労さまでございました。

 それでは、これから19日間、議会がございますので、慎重審議、ご審議お願いしまして、あいさつとさせていただきます。

 ただいまの出席議員数は12名であります。定足数に達しておりますので、平成24年豊山町議会第3回定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 日程に入る前に、町長よりあいさつの申し出がありますので、発言を許可します。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) おはようございます。

 平成24年第3回の定例会の開会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 議員各位には、ご多用のところご参集を賜り、まことにありがとうございます。また、平素は町行政各般にわたりご指導、ご協力を賜っておりますこと、心から厚く御礼申し上げます。

 また、昨日は暑い中、第33回豊山町防災訓練にご参加を賜り、この場をかりまして、重ねて厚く御礼申し上げます。

 平成24年度もほぼ半年を経過いたしましたが、おかげをもちまして、町制施行40周年記念事業を初め、順調に各種事業の推進をさせていただいております。

 さて、今定例会におきましては、人事同意案件1件、条例の一部改正2件、平成23年度の一般会計及び特別会計の決算認定6件、平成24年度一般会計及び特別会計補正予算5件の合わせて14件のご審議をお願い申し上げるものでございます。

 なお、財政健全化法に係る決算指標報告第5号及び第6号で報告させていただいております。

 いずれの議案につきましても慎重審議の上、ご決議を賜りますことをお願い申し上げ、第3回定例会のごあいさつとさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 本日の議事日程につきましては、別紙でお手元に配付いたしましたとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員について



○議長(筒井俊秋君) 日程第1、会議録署名議員について。

 本件は、会議規則第118条の規定により、議長において9番尾野康雄君、10番青山克己君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定について



○議長(筒井俊秋君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、お手元に配付いたしました会期日程案のとおり、本日より9月21日までの19日間にいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(筒井俊秋君) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日より9月21日までの19日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 諸般の報告



○議長(筒井俊秋君) 日程第3、諸般の報告を行います。

 本日の議会に提出されました議案は、お手元に配付いたしました提出議案一覧表のとおりであります。

 次に、今期定例会の説明員として、お手元に配付いたしたとおり、町長以下関係職員に対し、地方自治法第121条により出席を求めましたので、ご報告申し上げます。

 次に、監査委員より平成24年4月分、5月分、6月分の例月出納検査の結果、総務文教委員長より平成24年第3回総務文教委員会審査結果報告書が提出されておりますが、いずれもお手元に配付いたしましたとおりであります。

 次に、本定例会では、決算認定の議案が6件上程されていますので、代表監査委員鈴木宏次君に本日と11日、12日にご出席を願っています。

 以上、諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 報告第5号 平成23年度豊山町財政健全化判断比率について(報告)



△報告第6号 平成23年度豊山町公共下水道事業特別会計資金不足比率について(報告)



○議長(筒井俊秋君) 日程第4、報告第5号平成23年度豊山町財政健全化判断比率について、報告第6号平成23年度豊山町公共下水道事業特別会計資金不足比率について報告を受けます。

 近藤総務部長。



◎総務部長(近藤鎮彦君) それでは、報告第5号平成23年度豊山町財政健全化判断比率について、報告第6号平成23年度豊山町公共下水道事業特別会計資金不足比率について、これらにつきましては関連がありますので、あわせて報告をさせていただきます。

 これは、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項、こちらは町の財政健全化のほうですね、それから第22条第1項、こちらは公共下水道事業でございますが、に基づきまして、平成23年度決算に係る本町の財政健全化判断比率と公営企業会計の資金不足比率につきまして監査委員の意見を付し、議会にご報告申し上げるものでございます。

 なお、監査委員の意見につきまして、別添審査意見書のとおり、財政健全化判断比率、資金不足比率とも健全状況にあるとの審査結果をいただいております。

 以上でございます。



○議長(筒井俊秋君) 報告が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第44号 教育委員の任命について(上程、提案説明、採決)



○議長(筒井俊秋君) 日程第5、議案第44号教育委員の任命についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第44号朗読〕



○議長(筒井俊秋君) 提案理由の説明が終わりました。

 ここでお諮りいたします。

 本案は人事同意案件でありますので、質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(筒井俊秋君) ご異議なしと認めます。よって、本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決いたします。

 議案第44号について、同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(筒井俊秋君) 全員起立でございます。ありがとうございました。

 起立全員であります。よって、議案第44号は同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議案第45号 豊山町税条例の一部改正について(上程、提案説明)



△議案第46号 豊山町子ども福祉手当支給条例及び豊山町放課後児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部改正について(上程、提案説明)



△議案第47号 平成23年度豊山町一般会計歳入歳出決算の認定について(上程、提案説明)



△議案第48号 平成23年度豊山町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について(上程、提案説明)



△議案第49号 平成23年度豊山町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について(上程、提案説明)



△議案第50号 平成23年度豊山町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について(上程、提案説明)



△議案第51号 平成23年度豊山町介護サービス事業特別会計歳入歳出決算の認定について(上程、提案説明)



△議案第52号 平成23年度豊山町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について(上程、提案説明)



△議案第53号 平成24年度豊山町一般会計補正予算(第2号)(上程、提案説明)



△議案第54号 平成24年度豊山町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)(上程、提案説明)



△議案第55号 平成24年度豊山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)(上程、提案説明)



△議案第56号 平成24年度豊山町介護保険特別会計補正予算(第1号)(上程、提案説明)



△議案第57号 平成24年度豊山町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)(上程、提案説明)



○議長(筒井俊秋君) 日程第6、議案第45号から議案第57号まで一括して順次提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第45号朗読〕

 内容につきましては、総務部長から説明をさせます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 近藤総務部長。



◎総務部長(近藤鎮彦君) それでは、議案第45号豊山町税条例の一部改正についてご説明を申し上げます。

 この議案他につきましては、経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための地方税法及び地方法人特別税等に係る暫定措置法の一部を改正する法律及び地方税法及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律、この2つの法律の中にあります、地方税法等の一部改正に伴い、豊山町税条例の一部を改正するものでございます。

 今回の改正の内容につきましては、議案書4ページの新旧対照表をもって順次ご説明をさせていただきます。

 まず、豊山町行政手続条例の適用除外を定める第4条の規定につきまして、地方税法第18条の4第1項、これは行政手続法の適用除外の規定でございます、の改正を受けまして一部改正を行うものです。第4条の規定では、これまで行政庁が行う申請に対する許認可の拒否する処分の理由の提示または不利益処分について、処分の理由の提示の規定を、豊山町行政手続条例の規定を適用しないことになっておりましたが、この地方税法の改正に伴いまして、その理由を提示することとするものであります。この改正は、地方税法の一部改正とあわせて、平成25年1月1日から施行いたします。

 次に、附則第10条の2の規定の新設でございます。現行の地方税法に規定されていました固定資産税の償却資産の課税標準の特例措置のうち、地方税法附則第15条第2項第6号、これは下水道除外施設でございます、及び同法第15条第10項、こちらは特定都市河川流域における雨水貯留浸透施設についての規定でございます。につきまして、法律の定める範囲内で、市町村が税の特例措置内容を条例で定めることができる仕組みが導入されたことによるものでございます。第1項の規定では、地方税法附則第15条第2項第6号の下水道除外施設の課税標準の特例割合を4分の3を参酌して3分の2以上、6分の5以下の範囲内において条例で定める割合とすると、このような改正になりました。愛知県内他市町同様の4分の3の割合といたします。なお、改正前の地方税法での特例割合につきましても4分の3でありました。第2項の規定では、地方税法附則第15条第10項特定都市河川流域における雨水貯留浸透施設の課税標準の特例割合を、3分の2を参酌して2分の1以上、6分の5以下の範囲内において条例で定める割合とすると、このような改正になりました。愛知県内他市町と同様の3分の2の割合といたすものでございます。なお、改正前の地方税法での特例割合も3分の2でございました。この附則の改正につきましては、公布の日から施行し、平成25年度以降の年度分の固定資産税に適用いたします。

 以上で、豊山町税条例の一部を改正する条例についての説明を終わります。



○議長(筒井俊秋君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第46号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明をさせます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 早川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(早川晴男君) 議案第46号豊山町子ども福祉手当支給条例及び豊山町放課後児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部改正についてご説明いたします。

 豊山町子ども福祉手当支給条例及び豊山町放課後児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部改正につきましては、児童福祉法の改正に伴い所要の整備を行うものでございます。

 改正の内容につきましては、新旧対照表でご説明いたします。3ページをごらんいただきたいと思います。

 豊山町子ども福祉手当支給条例の一部改正につきましては、第3条第2項第2号中第6条の3が第6条の4になるものでございます。

 4ページをごらんいただきたいと思います。

 豊山町放課後児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部改正につきましては、第2条第1項中第34条の7が第34条の8に、第4条第1号中第6条の2第2項が第6条の3第2項になるものでございます。なお、この条例は公布の日から施行してまいります。

 以上で、ご説明を終わります。



○議長(筒井俊秋君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第47号朗読〕

 内容につきましては、副町長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 副町長。



◎副町長(坪井豊治君) それでは、平成23年度一般会計歳入歳出決算についてご説明申し上げます。

 まず、歳入につきましては、決算書の4、5ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款町税につきましては、予算現額34億2,607万2,000円に対し、収入の決定を行った調定額は35億8,788万778円であります。そのうち、収入済額は34億3,814万3,071円、不納欠損額は1,154万6,062円、収入未済額は1億3,819万1,645円であります。

 地方税法第15条の7の規定に基づき、不納欠損処分した税目ごとの内訳につきましては、町民税の個人は487件、632万6,062円、固定資産税は97件の492万1,800円、軽自動車税は78件の29万8,200円であります。

 次に、第2款地方譲与税につきましては、予算現額5,500万円に対し、収入済額は5,737万6,048円であります。

 第3款利子割交付金につきましては、予算現額760万円に対し、収入済額は689万3,000円であります。

 第4款配当割交付金につきましては、予算現額300万円に対し、収入済額は479万4,000円であります。

 第5款株式等譲渡所得割交付金につきましては、予算現額180万円に対し、収入済額は114万6,000円であります。

 第6款地方消費税交付金につきましては、予算現額1億8,200万円に対し、収入済額は2億321万円であります。

 第7款自動車取得税交付金につきましては、予算現額1,900万円に対し、収入済額は1,632万円であります。

 第8款国有提供施設等所在市町村助成交付金、いわゆる基地交付金につきましては、予算現額、収入済額ともに1億1,158万3,000円であります。

 第9款地方特例交付金につきましては、予算現額、収入済額ともに3,695万7,000円であります。

 第10款地方交付税につきましては、予算現額800万円に対し、収入済額は5,723万5,000円であります。

 次に、6、7ページをごらんいただきたいと思います。

 第11款交通安全対策特別交付金につきましては、予算現額310万円に対し、収入済額は320万1,000円であります。

 第12款分担金及び負担金につきましては、予算現額5,592万6,000円に対し、収入の決定を行った調定額は7,201万3,200円であります。そのうち収入済額は6,351万6,400円、不納欠損額は137万9,600円、収入未済額は711万7,200円であります。不納欠損額については、保育料20件の処分を行ったものでございます。

 第13款使用料及び手数料につきましては、予算現額9,339万1,000円に対し、収入の決定を行った調定額は8,929万7,856円であります。そのうち収入済額は8,924万3,856円、収入未済額は5万4,000円であります。

 第14款国庫支出金につきましては、予算現額4億955万3,000円に対し、収入の決定を行った調定額は4億503万3,550円であります。そのうち収入済額は4億226万3,550円、収入未済額は277万円であります。収入未済額につきましては、繰越明許補正を行った介護保険電算システム改修事業補助金であります。

 第15款県支出金につきましては、予算現額2億3,385万2,000円に対し、収入済額は2億3,044万8,743円であります。

 第16款財産収入につきましては、予算現額1,179万5,000円に対し、収入済額は1,238万7,662円であります。主な収入は、土地建物の貸し付け収入、基金運用利子等であります。

 第17款寄附金につきましては、予算現額2,000円に対し、収入済額は16万384円であります。ユニーからのごみ資源化事業寄附金であります。

 第18款繰入金につきましては、予算現額3億5,272万2,000円に対し、収入済額は3億5,311万2,297円であります。財政調整基金の取り崩し及び特別会計からの前年度決算剰余金等の繰入金であります。

 第19款繰越金につきましては、予算現額2億2,015万3,000円に対し、収入済額は2億2,015万3,105円であります。前年度決算剰余金を繰り越したものと、豊山小学校扇風機設置工事費を繰り越したものでございます。

 第20款諸収入につきましては、予算現額1億8,960万7,000円に対し、収入の決定を行った調定額は2億188万1,451円であります。そのうち収入済額は1億9,282万1,711円、不納欠損額は146万2,796円、収入未済額は759万6,944円であります。不納欠損額につきましては、学校給食費44件を処分したものでございます。

 8、9ページをごらんいただきたいと思います。

 第21款町債につきましては、予算現額、収入済額ともに1億6,200万円であります。臨時財政対策債を借り入れたものでございます。

 以上、収入済額の合計は56億6,296万5,827円であります。

 次に、歳出につきましては、10、11ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款議会費につきましては、予算現額1億3,192万4,000円に対し、支出済額は1億2,877万9,632円であります。主な支出につきましては、議会広報等の印刷製本費及び会議録作成委託料等であります。

 第2款総務費につきましては、予算現額10億9,911万8,000円に対し、支出済額は10億6,961万6,314円、翌年度繰越額は630万円であります。主な支出につきましては、町民討議会議の開催、男女共同参画社会計画第2次とよやまレインボープランの策定にかかわる費用、名古屋空港利用促進補助金等であります。翌年度繰越額は、介護保険電算システム改修事業であります。

 第3款民生費につきましては、予算現額18億893万5,000円に対し、支出済額は17億7,316万7,395円であります。主な支出につきましては、ファミリーサポートセンターの開設にかかわる費用、子ども手当の給付等であります。

 第4款衛生費につきましては、予算現額6億8,199万円に対し、支出済額は6億5,408万8,227円であります。主な支出につきましては、成人健診を初め各種検診委託料、ごみ・し尿処理にかかわる費用及び地球温暖化対策事業の太陽光発電システム設置費補助金等であります。

 第5款労働費につきましては、予算現額、支出済額ともに6万円であります。県労働者福祉協議会負担金等であります。

 第6款農林水産業費につきましては、予算現額7,367万4,000円に対し、支出済額は6,896万4,128円であります。主な支出につきましては、農業施設維持管理のための費用及び合瀬川水系農業用排水総合整備事業負担金等であります。

 第7款商工費につきましては、予算現額8,931万1,000円に対し、支出済額は8,651万8,926円であります。主な支出につきましては、72件の商工振興資金信用保証補助、1件の小企業等経営改善資金利子補給補助等であります。

 第8款土木費につきましては、予算現額5億7,481万7,000円に対し、支出済額は5億6,069万9,813円であります。主な支出につきましては、特定防衛施設調整交付金を充てた町道103号線栄地内の道路改良工事、3件の耐震改修費補助金等であります。

 次に、12、13ページをお願いいたします。

 第9款消防費につきましては、予算現額2億6,776万2,000円に対し、支出済額は2億6,432万2,049円であります。主な支出につきましては、広域事務組合への負担金、愛知県消防操法大会に出場した費用、志水小学校区防災会のための防災倉庫の設置費等であります。

 第10款教育費につきましては、予算現額7億2,362万円に対し、支出済額は7億19万2,632円であります。主な支出につきましては、学習等供用施設及びスカイプールの指定管理委託料並びに小・中学校の施設改修工事費等であります。

 第11款公債費につきましては、予算現額1億2,666万6,000円に対し、支出済額は1億2,666万4,775円であります。町債の元利償還であります。

 第12款予備費につきましては、予算現額523万6,000円に対し、支出済額はゼロ円であります。

 以上、支出済額の合計は54億3,307万3,891円であります。よって、歳入歳出差引残額は2億2,989万1,936円であります。

 続いて、決算結果につきましては、14ページの実質収支に関する調書をごらんいただきたいと思います。

 歳入総額56億6,296万6,000円、歳出総額54億3,307万4,000円、歳入歳出差引額2億2,989万2,000円であります。翌年度へ繰り越すべき財源である繰越明許繰越額は353万円で、実質収支額は2億2,636万2,000円となっています。

 続きまして、財産に関する調書についてご説明申し上げます。

 278ページ、279ページをごらんいただきたいと思います。

 1の公有財産、(1)の土地及び建物の増減については、増減はありません。

 次に、280、281ページの(2)物件現在高、(3)の出資による権利現在高についても増減はございません。

 282ページから292ページまでの2の物品につきましては、年度中の受け払いの相殺による現在高となっています。

 次に、294、295ページをごらんいただきたいと思います。

 3の基金の決算年度末現在高につきましては、財政調整基金12億2,763万1,000円、介護保険基金2,933万7,000円、国民健康保険財政調整基金ゼロ円、介護従事者処遇改善臨時特例基金ゼロ円、子ども医療費助成事業基金3,100万円となっています。

 4の町営住宅敷金及び利子につきましては、決算年度末現在高敷金132万9,100円、利子7万9,174円となっています。

 以上でございます。



○議長(筒井俊秋君) ここで監査委員より審査結果をお願いいたします。

 監査委員鈴木宏次君。



◎代表監査委員(鈴木宏次君) 〔意見書朗読〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第48号朗読〕

 内容につきましては、副町長から説明をさせますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 坪井副町長。



◎副町長(坪井豊治君) 平成23年度国民健康保険特別会計歳入歳出決算についてご説明申し上げます。

 まず歳入につきましては、169、170ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款国民健康保険税につきましては、予算現額3億7,071万3,000円に対し、収入の決定を行った調定額は6億217万2,440円であります。そのうち、収入済額は3億8,876万3,892円、不納欠損額は1,634万6,247円、収入未済額は1億9,706万2,301円であります。

 なお、不納欠損につきましては、地方税法第15条の7第4項の規定に基づき、執行停止期間3年の経過による消滅理由等による不納欠損を行った件数につきましては1,304件であります。

 第2款使用料及び手数料につきましては、予算現額92万8,000円に対し、収入済額は70万5,900円であります。特定健診手数料であります。

 第3款国庫支出金につきましては、予算現額3億1,122万7,000円に対し、収入済額は3億1,901万4,169円であります。療養給付費等負担金、高額医療共同事業負担金等であります。

 第4款療養給付費交付金につきましては、予算現額5,918万6,000円に対し、収入済額は6,125万5,065円であります。退職被保険者の医療費にかかわる社会保険診療報酬支払基金からの交付金であります。

 第5款前期高齢者交付金につきましては、予算現額2億8,354万円に対し、収入済額は2億8,354万801円であります。前期高齢者の医療費に係る社会保険診療報酬支払基金からの交付金であります。

 第6款県支出金につきましては、予算現額7,990万6,000円に対し、収入済額は6,386万9,209円であります。高額医療費共同事業負担金、県補助金及び財政調整交付金であります。

 第7款共同事業交付金につきましては、予算現額9,972万4,000円に対し、収入済額は9,972万5,530円であります。高額療養費共同事業交付金及び保険財政共同安定化事業に係る国保連合会からの交付金であります。

 第8款繰入金につきましては、予算現額2億4,388万7,000円に対し、収入済額は2億4,388万7,265円であります。保険税の軽減による保険基盤安定繰入金及び一般会計からの人件費、事務費等への繰入金であります。

 第9款繰越金につきましては、予算現額8,232万2,000円に対し、収入済額は8,232万1,391円であります。前年度の決算剰余金を繰り越したものであります。

 第10款諸収入につきましては、予算現額889万7,000円に対し、収入済額は1,072万5,044円であります。延滞金及び交通事故の示談成立による第三者納付金等であります。

 以上、収入済額の合計額は15億5,380万8,266円であります。

 次に、歳出につきましては、171、172ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款総務費につきましては、予算現額3,617万2,000円に対し、支出済額は3,348万3,629円であります。事業運営に必要な人件費、事務費等であります。

 第2款保険給付費につきましては、予算現額9億8,682万4,000円に対し、支出済額9億6,265万3,833円であります。一般及び退職者の療養給付費、療養費、高額療養費及び出産育児一時金並びに葬祭費補助金等であります。

 第3款後期高齢者支給金等につきましては、予算現額2億290万4,000円に対し、支出済額は2億289万8,479円であります。

 第4款前期高齢者納付金等につきましては、予算現額60万2,000円に対し、支出済額は60万1,655円であります。

 第5款老人保健拠出金につきましては、予算現額1万3,000円に対し、支出済額は1万1,142円であります。老人保健法の規定に基づき拠出したものであります。

 第6款介護納付金につきましては、予算現額7,625万7,000円に対し、支出済額は7,625万6,065円であります。介護保険法の規定に基づき納付したものであります。

 第7款共同事業拠出金につきましては、予算現額1億3,591万6,000円に対し、支出済額は1億3,591万5,615円であります。高額医療費共同事業及び保険財政共同安定化事業の拠出金を国保連合会へ拠出したものであります。

 第8款保健事業費につきましては、予算現額1,100万1,000円に対し、支出済額は777万7,106円であります。特定健康診査、健康診断補助金、宿泊補助及び人間ドック補助金等であります。

 第9款諸支出金につきましては、予算現額8,999万2,000円に対し、支出済額は8,998万5,252円であります。保険税の還付及び一般会計への繰出金であります。

 第10款予備費につきましては、予算現額64万9,000円に対し、支出済額はゼロ円であります。

 以上、支出済額の合計は15億958万2,776円であります。よって、歳入歳出差引残額は4,422万5,490円であります。

 続きまして、決算結果につきましては、175ページをごらんいただきたいと思います。

 歳入総額15億5,380万8,000円、歳出総額15億958万3,000円、歳入歳出差引額4,422万5,000円であります。翌年度へ繰り越すべき財源はありませんので、差引額そのものが実質収支額となっています。

 以上でございます。



○議長(筒井俊秋君) ここで監査委員より審査結果をお願いいたします。

 監査委員鈴木宏次君。



◎代表監査委員(鈴木宏次君) 〔意見書朗読〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第49号朗読〕

 内容につきましては、副町長から説明をさせますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 坪井副町長。



◎副町長(坪井豊治君) 平成23年度後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算についてご説明を申し上げます。

 歳入につきましては、206、207ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款後期高齢者医療保険料につきましては、予算現額9,392万6,000円に対し、収入の決定を行った調定額は9,691万5,000円であります。そのうち収入済額は9,521万9,400円、不納欠損額は34万5,900円、収入未済額は135万300円であります。不納欠損につきましては、高齢者の医療に関する法律第160条第1項に規定する2年の時効により500件の処分を行っています。

 第2款繰入金につきましては、予算現額2,764万4,000円に対し、収入済額は2,764万3,577円であります。一般会計繰入金及び保険基盤安定繰入金であります。

 第3款繰越金につきましては、予算現額408万8,000円に対し、収入済額は408万7,415円であります。前年度の決算剰余金であります。

 第4款諸収入につきましては、予算現額1万4,000円に対し、収入済額は1,503円であります。預金利子であります。

 以上、収入済額の合計は1億2,695万1,895円であります。

 次に、歳出につきましては、208、209ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款総務費につきましては、予算現額1,498万2,000円に対し、支出済額は1,399万3,546円であります。事業に必要な事務費等であります。

 第2款後期高齢者医療広域連合納付金につきましては、予算現額1億889万2,000円に対し、支出済額は1億889万1,317円であります。

 第3款諸支出金につきましては、予算現額179万8,000円に対し、支出済額は173万3,475円であります。

 以上、支出済額の合計は1億2,461万8,338円であります。よって、歳入歳出差引残額は233万3,557円であります。

 続きまして、決算結果につきましては、210ページの実質収支に関する調書をごらんいただきたいと思います。

 歳入総額1億2,695万2,000円、歳出総額1億2,461万8,000円、歳入歳出差引額233万4,000円であります。翌年度へ繰り越すべき財源はございませんので、差引額そのものが実質収支額となっています。

 以上でございます。



○議長(筒井俊秋君) ここで監査委員より審査結果をお願いいたします。

 監査委員鈴木宏次君。



◎代表監査委員(鈴木宏次君) 〔意見書朗読〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第50号朗読〕

 内容については、副町長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 坪井副町長。



◎副町長(坪井豊治君) 平成23年度介護保険特別会計歳入歳出決算についてご説明申し上げます。

 歳入につきましては、223、224ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款介護保険料につきましては、予算現額1億4,608万円に対し、収入の決定を行った調定額は1億4,478万7,100円であるが、そのうち収入済額は1億3,737万2,300円、不納欠損額は254万4,800円、収入未済額は487万円であります。不納欠損につきましては、介護保険法第200条で規定する2年の時効により500件の保険料処分を行っております。

 第2款国庫支出金につきましては、予算現額1億1,056万4,000円に対し、収入済額は1億1,075万4,549円であります。介護給付費用の25%相当を給付された介護給付負担金及び地域支援事業費補助金であります。

 第3款支払基金交付金につきましては、予算現額1億8,408万9,000円に対し、収入済額は1億8,521万5,776円であります。第2号被保険者である40歳から65歳未満の者の保険料から介護給付費用の30%相当額を支払基金から交付されたものであります。

 第4款県支出金につきましては、予算現額9,066万円に対し、収入済額は9,066万7,425円であります。介護給付費用の12.5%に相当する介護給付費負担金等が主なものであります。

 第5款財産収入につきましては、予算現額2万2,000円に対し、収入済額が2万815円であります。基金利子でございます。

 第6款繰入金につきましては、予算現額1億4,284万8,000円に対し、収入済額は1億4,284万6,791円であります。一般会計からの町負担分である給付費用の12.5%に相当する額及び事務費の繰り入れ等であります。

 第7款繰越金につきましては、予算現額805万円に対し、収入済額は804万7,999円であります。前年度決算による剰余金を繰り越したものでございます。

 第8款諸収入につきましては、予算現額1万7,000円に対し、収入済額が3万8,988円であります。

 以上、収入済額の合計は6億7,496万4,643円であります。

 次に、歳出については、225、226をごらんいただきたいと思います。

 第1款総務費につきましては、予算現額5,375万6,000円に対し、支出済額は5,226万6,441円であります。事業運営に必要な人件費、事務費等であります。

 第2款保険給付費につきましては、予算現額6億953万1,000円に対し、支出済額が6億492万7,242円であります。介護予防サービスの給付費等であります。

 第3款地域支援事業費につきましては、予算現額1,033万3,000円に対し、支出済額は890万7,646円であります。啓発事業及び生活機能評価委託料等であります。

 第4款基金積立金につきましては、予算現額580万2,000円に対し、支出済額は578万円であります。

 第5款諸支出金につきましては、予算現額290万8,000円に対し、支出済額は290万806円であります。介護給付費の精算による国・県等への返還金等であります。

 以上、支出済額の合計は6億7,478万2,135円であります。よって、歳入歳出差引残額は18万2,508円であります。

 続いて、227ページの実質収支に関する調書をごらんいただきたいと思います。

 歳入総額6億7,496万5,000円、歳出総額6億7,478万2,000円、歳入歳出差引額18万3,000円であります。翌年度へ繰り越すべき財源はありませんので、差引額そのものが実質収支額となっています。

 以上でございます。



○議長(筒井俊秋君) ここで監査委員より審査結果をお願いいたします。

 監査委員鈴木宏次君。



◎代表監査委員(鈴木宏次君) 〔意見書朗読〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第51号朗読〕

 内容については、副町長から説明をさせます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 坪井副町長。



◎副町長(坪井豊治君) 平成23年度介護サービス事業特別会計歳入歳出決算についてご説明申し上げます。

 歳入につきましては、248、249ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款介護サービス収入金につきましては、予算現額204万9,000円に対し、収入済額は125万1,040円であります。要支援者292件のケアプラン作成による収入であります。

 第2款繰越金につきましては、予算現額5,000円に対し、収入済額は4,020円であります。前年度決算による剰余金を繰り入れたものであります。

 第3款諸収入につきましては、予算現額1,000円に対し、収入済額は11円であります。預金利子であります。

 以上、収入済額の合計は125万5,074円であります。

 次に、歳出につきましては、250、251ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款介護サービス事業費につきましては、予算現額177万9,000円に対し、支出済額は114万1,743円であります。事業運営に必要な事務費等であります。

 第2款諸支出金につきましては、予算現額27万5,000円に対し、支出済額は11万3,328円であります。事業収益を一般会計へ繰り出したものであります。

 第3款予備費につきましては、予算現額1,000円に対し、支出済額はゼロ円であります。

 以上、支出済額の合計は125万5,071円であります。よって、歳入歳出差引残額はゼロ円であります。

 続きまして、252ページの実質収支に関する調書をごらんいただきたいと思います。

 歳入総額125万5,000円、歳出総額125万5,000円、歳入歳出差引額ゼロ円であります。したがって、実質収支額はゼロ円となっています。

 以上です。



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。ここで監査委員より審査結果をお願いいたします。

 監査委員鈴木宏次君。



◎代表監査委員(鈴木宏次君) 〔意見書朗読〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第52号朗読〕

 内容につきましては、副町長から説明をさせますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 坪井副町長。



◎副町長(坪井豊治君) 平成23年度公共下水道事業特別会計歳入歳出決算についてご説明申し上げます。

 歳入につきましては、261、262ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款使用料及び手数料につきましては、予算現額6,890万4,000円に対し、収入の決定を行った調定額は、接続世帯1,477世帯の6,897万2,849円であります。そのうち収入済額は6,865万3,831円、収入未済額は91件の31万9,018円であります。

 第2款国庫支出金につきましては、予算現額、収入済額ともに9,215万円であります。事務費、実施設計委託料、工事費及び工事支障移転補償費に対する補助金でございます。

 第3款県支出金につきましては、予算現額、収入済額ともに110万円であります。国庫補助対象外の工事費に対する補助金であります。

 第4款繰入金につきましては、予算現額、収入済額ともに2億961万4,000円であります。一般会計から繰り入れたものであります。

 第5款繰越金につきましては、予算現額183万5,000円に対し、収入済額は183万5,409円であります。前年度決算による剰余金を繰り入れたものであります。

 第6款諸収入につきましては、予算現額872万2,000円に対し、収入済額は881万3,515円であります。預金利子、消費税還付金等であります。

 第7款町債につきましては、予算現額2億2,680万円に対し、収入済額は2億1,200万円であります。事業実施のために借り入れた下水道事業債であります。

 以上、収入済額の合計は5億9,416万3,755円であります。

 次に、歳出につきましては、263、264ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款総務費につきましては、予算現額8,376万8,000円に対し、支出済額は7,951万8,410円であります。事業に必要な事務費及び下水道事業に伴う負担金等であります。

 第2款下水道事業費につきましては、予算現額4億5,880万9,000円に対し、支出済額は4億4,332万5,168円であります。汚水管工事延長3658.5メートルの工事費及び物件移転補償費等であります。

 第3款諸支出金につきましては、予算現額1万1,000円に対し、支出済額はゼロ円であります。

 第4款公債費につきましては、予算現額6,658万4,000円に対し、支出済額は6,658万1,259円であります。これまでの借入金の元利償還であります。

 以上、支出済額の合計は5億8,942万4,837円であります。よって、歳入歳出差引残額は473万8,918円であります。

 続いて、265ページの実質収支に関する調書をごらんいただきたいと思います。

 歳入総額5億9,416万4,000円、歳出総額5億8,942万5,000円、歳入歳出差引額473万9,000円であります。翌年度へ繰り越すべき財源はありませんので、差引額そのものが実質収支額となっています。

 以上でございます。



○議長(筒井俊秋君) ここで監査委員より審査結果をお願いいたします。

 監査委員鈴木宏次君。



◎代表監査委員(鈴木宏次君) 〔意見書朗読〕



○議長(筒井俊秋君) ありがとうございました。

 ここで、11時まで休憩をしたいと思いますので、11時よりよろしくお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時46分 休憩

     午前11時0分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(筒井俊秋君) それでは、休憩を閉じ再開いたします。

 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第53号朗読〕

 内容につきましては、総務部長から説明をさせますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 近藤総務部長。



◎総務部長(近藤鎮彦君) それでは、平成24年度豊山町一般会計補正予算(第2号)についてご説明をいたします。

 本補正予算案の内容は、歳入歳出予算に2億5,973万円の予算を追加することとなっております。補正内容としましては、平成23年度決算に伴う会計間の精算処理、翌年度予算への繰り越し等の決算剰余金処理及び人事異動に伴う人件費の予算補正が主なものとなっております。

 それでは、説明書に従いまして補正内容の詳細についてご説明をいたします。

 まず、歳入について、1ページから款・項・目に従って順次説明いたします。

 14款国庫支出金、1項国庫負担金におきましては、子ども手当負担金113万2,000円の増額を行います。子ども手当国庫負担金については、国庫分と事業主分を合わせて国が負担金として交付する制度となっています。平成23年度国庫負担金の精算の結果、事業主負担分について追加交付となりましたので、当該追加交付額についての増額を行います。

 同款2項国庫補助金、3目土木費国庫補助金におきましては、追加交付が見込まれます特定防衛施設調整交付金について1,000万円を増額いたします。充当先の歳出事業は、16ページ、8款土木費、2項道路橋梁費における道路改良工事でございます。

 同款3項国庫委託金、2目民生費委託金におきましては、国民年金事務取扱交付金31万7,000円を新たに予算計上いたします。充当先歳出事業は、10ページ、3款民生費、1項社会福祉費、5目国民年金事務費における国民年金事務事業でございます。

 15款県支出金、2項県補助金におきましては、緊急雇用創出事業基金事業費補助金の2次追加分として、1目総務費県補助金において622万8,000円、6目土木費県補助金において1,122万円をそれぞれ増額いたします。充当先歳出事業は、8ページ、2款総務費、1項総務管理費、7目企画総務費において、公共交通環境整備事業に622万8,000円、それから14ページ下段、8款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費において、土木管理共通事業に1,122万円であり、補助率につきましてはいずれも100%となっております。

 次に、3ページ、4ページをお開きください。

 18款繰入金、1項特別会計繰入金、1目特別会計繰入金におきましては、各特別会計において平成23年度決算剰余金の精算処理に伴う繰り入れを行います。内訳といたしましては、介護保険特別会計220万5,000円、公共下水道事業特別会計が360万2,000円、国民健康保険特別会計が4,750万7,000円、後期高齢者医療特別会計が185万8,000円、それぞれ繰入金の増額を行うものでございます。

 19款繰越金、1項繰越金、1目繰越金におきましては、平成23年度一般会計における決算剰余金から翌年度に繰り越すべき財源を控除した額を平成24年度会計に編入するものです。当初予算計上分を控除した差額1億7,536万1,000円を予算計上しております。

 20款諸収入、5項雑入、2目雑入におきましては、新たに公益社団法人愛知県バス協会からの補助金交付が見込まれますので、30万円の予算計上を行います。充当先歳出事業は、8ページ上段、2款総務費、1項総務管理費、7目企画総務費における公共交通PR事業でございます。

 続きまして、説明書の5ページからの歳出のご説明をいたします。

 1款議会費、1項議会費、1目議会費におきましては、議会一般事業で人事異動に伴う人件費予算の反映分として、一般職員2名分の人件費について614万円の増額を行います。

 2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費におきましては、総務一般事業で人件費346万円を増額いたします。報酬額の引き下げに伴い、特別職2名分の人件費31万5,000円の減額、また、同じく人事異動に伴う人件費予算の反映分といたしまして、一般職員24名分の人件費377万5,000円の増額を行います。

 同項3目財政会計管理費におきましては、財政運営事業で地方財政法第7条に基づく平成23年度一般会計決算剰余金の2分の1の額と、本補正予算の歳入歳出の差を合わせた2億678万5,000円を財政調整基金に積み立てるものでございます。なお、基金積立後の基金残高につきましては、20ページの基金使途明細に記載いたしております。

 次に、7ぺージ、8ページをごらんください。

 同項7目企画総務費におきましては、公共交通PR事業で、歳入でご説明いたしました愛知県バス協会補助金を活用して、10月1日から10月31日までを予定といたします豊山タウンバス運行10周年記念事業での実施内容の充実を図ってまいります。内訳としましては、バスの乗り方教室における本町のキャラクター地空人くんのキャラクター操縦委託料2万2,000円、豊山タウンバスのラッピングに係る経費の委託料といたしまして27万8,000円の予算計上をしています。

 同項同目公共交通環境整備事業につきましては、町内にある民間路線も含めたバス路線のOD調査。これは利用者がどこから乗ってどこでおりたかなど、利用実態、その利用者の動向を調べる調査でございます。それから、近隣市町のバス路線の町民利用実態調査、バス利用者や一般住民の公共交通に関する意識調査を実施し、今後の地域公共交通の展開施策を策定するため、地域公共交通利用実態調査委託料として622万8,000円を計上しております。なお、当該事業に係る委託業務費用につきましては、先ほど歳入でご説明いたしました緊急雇用創出事業基金事業費補助金を充当してまいります。

 同款2項町税費、1目税務総務費及び同款3項戸籍住民基本台帳費、1目戸籍住民基本台帳費におきましては、やはり人事異動に伴う人件費の予算反映分でございます。税務総務一般事業において、一般職員10名分の人件費564万4,000円、戸籍住基外国人登録事務事業におきまして、一般職員5名分の人件費18万1,000円をそれぞれ減額いたしております。

 次に、9ページ、10ページをお開きください。

 3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費におきましては、社会福祉一般事業で、これも人事異動に伴うものでございますが、一般職員9名分の人件費1,342万円の増額を行います。また、介護保険特別会計で補正予算計上しております介護認定審査会運営経費及び人件費につきまして、町の負担分として介護保険特別会計繰出金88万7,000円の増額計上を行っております。

 同項3目施設運営総務費におきましては、地域福祉センター運営事業におきまして、これも人事異動に伴う人件費の調整でございますが、一般職員3名分の人件費について904万8,000円の減額を行います。

 同項4目障害者福祉費におきましては、障害福祉一般事業で、平成23年度の障害者自立支援給付費の実績報告に基づきます精算確定によりまして、国・県負担金過年度分返還金といたしまして156万4,000円の予算増額を行います。この内訳につきましては、国庫負担分が104万3,000円、県費負担金分が52万1,000円となっております。

 同項5目国民年金事務費につきましては、国民年金事務事業で年金市町村情報システムの更新に伴うパソコン購入費用として31万7,000円の予算計上を行います。なお、当該購入費用につきましては、全額歳入でご説明いたしました国民年金事務取扱交付金を充当してまいります。

 同項7目後期高齢者医療費につきましては、後期高齢者医療事業で、平成23年度市町村療養給付費負担金額の精算確定によりまして、後期高齢者医療広域連合に対して納付する療養給付費負担金の不足分866万2,000円について予算計上を行います。次の老人保健事業においては、平成23年度精算事業費の実績確定によりまして、社会保険診療報酬支払基金への返還金2万2,000円の予算増額を行います。

 次に、11ページ、12ページをごらんください。

 3款民生費、2項児童福祉費、2目児童措置費におきましては、子ども手当認定給付事業で、平成23年度子ども手当国・県負担金の精算確定に伴います国・県負担金の過年度分返還金として、交付決定額との確定した所要額の差額84万円を計上しております。その内訳といたしましては、国庫負担金分が9万9,000円、県費負担金分が74万1,000円となっております。

 同項3目保育園費におきましては、保育園運営事業で、人事異動に伴う人件費の予算反映分として、一般職員の人件費について390万2,000円の減額を行います。また、国・県負担金過年度分返還金として、次世代育成支援対策交付金の返還金でございますが、9万1,000円を計上しております。

 4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費におきましては、保健衛生一般事業におきまして、こちらも人事異動に伴うものでございますが、一般職員5名分の人件費について5万1,000円の減額を行います。

 同項2目予防費におきましては、予防接種事業で予防接種法の改正により、平成24年9月以降、従来の生ポリオワクチンから不活性化ポリオワクチンに変更して予防接種を実施することに伴いますこれまでの集団接種から医療機関での個別接種に変更するための所要経費として、予防接種委託料347万7,000円の増額を行うものでございます。

 次に、一部ちょっと次の13ページ、14ページにわたりますが、同項4目環境衛生費においては、環境保全共通事業で、こちらも人事異動に伴う調整といたしまして25万円の減額を行います。

 6款農林水産業費、1項農業費、4目農地費におきましては、農業施設の定期的な更新事業で、電気料金の値上げに伴いまして農業施設に係る光熱水費が不足する見込みとなったため、100万円の予算増額を計上しております。

 8款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費におきましては、土木管理共通事業で、こちらも人事異動に伴うものでございますが、一般職員6名分の人件費について12万7,000円の減額を行います。また、道路管理事務において必要な官民境界の立ち会い関連資料及び道路敷地内の借地資料をデジタル化するため、道路境界立会・借地データ作成業務委託料として1,122万円を予算計上いたしております。なお、この事業につきましては、全額緊急雇用創出事業基金事業費補助金を充当してまいります。

 次に、15ページ、16ページをお開きください。

 同款2項道路橋梁費、2目道路改良費におきましては、道路改良事業で、町道508号線中道地区でございますが、歩道整備に伴い隣接する用地261.87平方メートルの購入を行うため、印紙代としての消耗品費2万円と用地購入費1,118万2,000円の予算計上をしております。また、大山川左岸堤防道路、町道902号線の舗装の打ちかえ工事を行うための測量調査・実施設計費として、委託料256万7,000円の予算増額をいたします。

 同款3項河川費、2目治水対策費におきましては、本町が下水道計画に基づき計画しております中江川への基幹設置に先立ち、河川管理者である愛知県と放流量等の事前協議が必要となってまいります。このため、事前協議資料を作成するための委託料49万4,000円を雨水貯留対策事業において中江川放流量調査委託料として予算計上をしております。

 同款4項都市計画費、1目都市計画総務費におきまして、都市計画一般事業で、人事異動に伴うこちらも人件費予算の調整でございますが、一般職員5名分の人件費について14万6,000円の減額を行います。

 次に、一部17ページ、18ページにわたりますが、10款教育費、1項教育総務費、2目事務局費におきましては、事務局共通事業で、こちらも人事異動に伴うものでございますが、一般職員6名分の人件費について35万1,000円の減額を行います。

 同款4項学校給食費、1目学校給食費におきましては、学校給食事業で、こちらも人件予算の反映分といたしまして、4名分の人件費、21万4,000円の予算増額を行います。また、あわせて給食センターの排水処理装置のモーターポンプの修繕費用77万2,000円について、修繕料の予算増額を行います。

 同款6項社会教育費、1目社会教育総務費におきましては、社会教育一般事業で、人事異動に伴う人件費反映といたしまして、一般職員6名分の人件費について23万2,000円の減額を行ってまいります。なお、人件費の補正に伴いまして、19ページにおいて給与費明細書における補正を行っておりますので、ご確認いただきますようお願いいたします。

 以上で説明を終わります。



○議長(筒井俊秋君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第54号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明をさせますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 早川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(早川晴男君) 議案第54号平成24年度豊山町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、補正予算説明書により説明させていただきます。

 それでは、歳入からご説明いたします。

 1、2ページをお願いいたします。

 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目療養給付費等国庫負担金の2,116万9,000円の減額につきましては、国庫負担金の確定により減額するものであります。

 4款療養給付費交付金、1項療養給付費交付金、1目療養給付費交付金の213万8,000円の増額につきましては、療養給付費交付金が確定したため増額するものであります。

 5款前期高齢者交付金、1項前期高齢者交付金、1目前期高齢者交付金の6,615万1,000円の増額につきましては、前期高齢者交付金額が確定したため増額するものであります。

 6款県支出金、2項県補助金、2目財政調整交付金の595万4,000円の減額につきましては、財政調整交付金が確定したことにより減額するものであります。

 9款繰越金、1項繰越金、2目その他繰越金の3,422万5,000円の増額につきましては、平成23年度の国民健康保険特別会計の収支の確定により増額するものであります。

 続きまして、歳出についてご説明いたします。

 3、4ページをお願いします。

 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費の368万円の減額につきましては、人事異動等により、給料153万6,000円、職員手当等131万9,000円、共済費82万5,000円の減額を行うものであります。

 2款保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費及び2目退職被保険者療養給付費につきましては、国・県支出金交付金が確定したため、財源更正を行うものであります。

 3款後期高齢者支援金等、1項後期高齢者支援金等、1目後期高齢者支援金等の1,684万4,000円の増額につきましては、支援金額が確定したために増額するものでございます。

 5、6ページをごらんいただきたいと思います。

 4款前期高齢者納付金等、1項前期高齢者納付金等、1目前期高齢者納付金等の37万1,000円の減額につきましては、納付金額が確定したために減額するものでございます。

 6款介護納付金、1項介護納付金、1目介護納付金の607万1,000円の増額につきましては、納付金額が確定したために増額するものでございます。

 9款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、2目償還金の902万円の増額につきましては、平成23年度療養給付費等負担金及び平成23年度出産育児一時金補助金が確定したため、償還金を増額するためのものでございます。

 9款諸支出金、2項繰出金、1目他会計繰出金の4,750万7,000円の増額につきましては、平成23年度の決算額の確定により一般会計に繰り出すものでございます。

 以上で、平成24年度豊山町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の説明とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(筒井俊秋君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第55号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明をさせますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 早川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(早川晴男君) 議案第55号平成24年度豊山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について、補正予算説明書により説明させていただきます。

 それでは、歳入からご説明いたします。

 1、2ページをお願いいたします。

 3款繰越金、1項繰越金、1目繰越金233万3,000円の増額につきましては、平成23年度の後期高齢者医療特別会計の収支の確定により繰越金を増額するものであります。

 次に、歳出について説明させていただきます。

 3、4ページをお願いいたします。

 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費の90万9,000円の減額につきましては、人事異動等により給料28万2,000円、職員手当等45万5,000円、共済費17万2,000円を減額するものであります。

 2款後期高齢者医療広域連合納付金、1項後期高齢者医療広域連合納付金、1目後期高齢者医療広域連合納付金の138万4,000円の増額につきましては、広域連合納付金の過年度分が確定しましたので増額するものであります。

 3款諸支出金、2項繰出金、1目他会計繰出金の185万8,000円の増額につきましては、平成23年度の決算額が確定しましたので、一般会計に繰り出すものでございます。

 以上で、平成24年度豊山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の説明とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(筒井俊秋君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第56号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長から説明をさせますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 早川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(早川晴男君) 議案第56号平成24年度豊山町介護保険特別会計補正予算(第1号)について、補正予算説明書により説明させていただきます。

 それでは、歳入についてご説明いたします。

 1、2ページをお願いいたします。

 2款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金の132万5,000円の増額につきましては、負担金の確定により増額するものでございます。

 6款繰入金、1項一般会計繰入金、4目その他一般会計繰入金の88万7,000円の増額につきましては、職員給与費等繰入金分として68万円、事務費繰入金分として20万7,000円を増額するものでございます。

 6款繰入金、2項基金繰入金、1目介護保険基金繰入金の357万円の増額につきましては、平成23年度の決算に伴い増額するものでございます。

 7款繰越金、1項繰越金、1目繰越金の18万円の増額につきましては、平成23年度決算の収支の確定により増額するものでございます。

 続きまして、歳出についてご説明いたします。

 3、4ページをお願いします。

 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費の68万円の増額につきましては、人事異動等により給料費33万5,000円、職員手当費40万8,000円を増額し、共済費6万3,000円を減額したものを相殺するものでございます。

 1款総務費、3項介護認定審査会費、1目介護認定審査会費の20万7,000円の増額につきましては、要介護認定者増加に伴い、事務費支払委託料の増額を行うものでございます。

 5款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目償還金の287万円の増額につきましては、償還金が確定したために、国に50万3,000円、県に126万2,000円、支払基金に110万5,000円を返還するものであります。

 5、6ページをお願いいたします。

 5款諸支出金、2項繰出金、1目他会計繰出金の220万5,000円の増額につきましては、平成23年度の決算額の確定により増額し、一般会計に繰り出すものでございます。

 なお、8ページの豊山町介護保険基金使途明細につきましては、今補正で介護保険基金を357万円取り崩しますので、残額が2,162万円となるものでございます。

 以上で、平成24年度豊山町介護保険特別会計補正予算(第1号)の説明とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(筒井俊秋君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 〔議案第57号朗読〕

 内容につきましては、経済建設部長から説明をさせますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(筒井俊秋君) 長谷川経済建設部長。



◎経済建設部長(長谷川徳康君) 議案第57号平成24年度豊山町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、補正予算説明書によりご説明いたします。

 まず歳入でございます。

 説明書の1ページ、2ページをごらんください。

 5款繰越金、1項繰越金、1目繰越金の473万7,000円につきましては、平成23年度公共下水道事業特別会計において決算剰余金が生じましたので、平成24年度会計に受け入れるために計上したものでございます。

 6款諸収入、3項雑入、1目総務費雑入の6万7,000円の減額につきましては、平成23年度からの繰越金を下水道事業費に充当するため行うものです。

 7款町債、1項町債、1目下水道事業債100万円の減額につきましては、平成23年度からの繰越金を下水道事業費に充当するためのものであります。

 次に、歳出でございます。

 説明書の3ページ、4ページをごらんください。

 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費の6万8,000円につきましては、人事異動に伴うものでございます。内訳といたしまして、職員手当等で15万7,000円の増額、共済費で8万9,000円の減額であります。

 2款下水道事業費、1項下水道事業費、1目下水道事業費につきましては、平成23年度からの繰越金を下水道事業費に充当するため、財源更正を行うものです。

 3款諸支出金、2項繰出金、1目他会計繰出金の360万2,000円につきましては、都市計画税相当分とは別に一般会計から繰り入れた金額について、平成23年度公共下水道特別会計に剰余金が生じたため、一般会計へ繰り出しを行います。

 以上で、議案第57号平成24年度豊山町公共下水道事業特別会計補正予算の説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(筒井俊秋君) 提案理由の説明が終わりました。

 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 本日の会議は、これにて散会といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前11時36分 散会