議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊山町

平成24年  3月 定例会(第1回) 03月13日−03号




平成24年  3月 定例会(第1回) − 03月13日−03号







平成24年  3月 定例会(第1回)



1.議事日程

   (平成24年豊山町議会第1回定例会)

                               平成24年3月13日

                               午前9時30分招集

                               於議場

 日程第1 町長の施政方針

 日程第2 議案第4号 住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整理について(議案質疑、委員会付託)

      議案第5号 豊山町暴力団排除条例の制定について(議案質疑、委員会付託)

      議案第6号 平成24年度における固定資産税等に係る第1期の納期の特例に関する条例の制定について(議案質疑、委員会付託)

      議案第7号 豊山町精神障害者医療費支給条例の制定について(議案質疑、委員会付託)

      議案第8号 豊山町指定地域密着型サービス等の事業の人員等に関する基準を定める条例の制定について(議案質疑、委員会付託)

      議案第9号 豊山町子ども福祉手当支給条例の制定について(議案質疑、委員会付託)

      議案第10号 豊山町心身障害者手当支給条例の制定について(議案質疑、委員会付託)

      議案第11号 公益的法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について(議案質疑、委員会付託)

      議案第12号 豊山町議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について(議案質疑、委員会付託)

      議案第13号 豊山町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について(議案質疑、委員会付託)

      議案第14号 豊山町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について(議案質疑、委員会付託)

      議案第15号 豊山町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について(議案質疑、委員会付託)

      議案第16号 豊山町税条例の一部改正について(議案質疑、委員会付託)

      議案第17号 豊山町国民健康保険税条例の一部改正について(議案質疑、委員会付託)

      議案第18号 豊山町母子家庭等医療費支給条例の一部改正について(議案質疑、委員会付託)

      議案第19号 豊山町障害者医療費支給条例の一部改正について(議案質疑、委員会付託)

      議案第20号 豊山町介護保険条例の一部改正について(議案質疑、委員会付託)

      議案第21号 豊山町営住宅条例の一部改正について(議案質疑、委員会付託)

      議案第22号 豊山町養老福祉年金支給条例の廃止について(議案質疑、委員会付託)

      議案第23号 愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について(議案質疑、委員会付託)

      議案第24号 愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更について(議案質疑、委員会付託)

      議案第25号 平成23年度豊山町一般会計補正予算(第5号)(議案質疑、委員会付託)

      議案第26号 平成23年度豊山町国民健康保険特別会計補正予算(第5号)(議案質疑、委員会付託)

      議案第27号 平成23年度豊山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)(議案質疑、委員会付託)

      議案第28号 平成23年度豊山町介護保険特別会計補正予算(第3号)(議案質疑、委員会付託)

      議案第29号 平成23年度豊山町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)(議案質疑、委員会付託)

      議案第30号 平成24年度豊山町一般会計予算(議案質疑、委員会付託)

      議案第31号 平成24年度豊山町国民健康保険特別会計予算(議案質疑、委員会付託)

      議案第32号 平成24年度豊山町後期高齢者医療特別会計予算(議案質疑、委員会付託)

      議案第33号 平成24年度豊山町介護保険特別会計予算(議案質疑、委員会付託)

      議案第34号 平成24年度豊山町介護サービス事業特別会計予算(議案質疑、委員会付託)

      議案第35号 平成24年度豊山町公共下水道事業特別会計予算(議案質疑、委員会付託)

2.出席議員は次のとおりである(12名)

  1番   岩村みゆき         2番   今村一正

  3番   安藤春一          4番   筒井俊秋

  5番   坪井武成          6番   水野 晃

  7番   大口司郎          8番   野崎隆子

  9番   尾野康雄          10番   青山克己

  11番   粟田昌子          12番   熊沢直紀

3.欠席議員は次のとおりである(なし)

4.地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(15名)

  町長      鈴木幸育   副町長     坪井豊治

  教育長     松田康朗   総務部長    長縄松仁

  総務課長    安藤光男   税務課長    櫻井充一

  経済建設部長  坪井 悟   建設課長    平岩 満

  都市計画課長  長谷川徳康  生活福祉部長  近藤鎮彦

  福祉課長    堀場 昇   住民課長    二村 勲

  教育部長    早川晴男   生涯学習課長  水野典昌

  学校教育課長  飯塚泰行

5.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(2名)

  事務局長    大森 浩

  書記      安藤真澄

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時30分 開議



○議長(青山克己君) 皆さん、改めましておはようございます。

 また、けさも冷たい朝を迎えておりましたが、しかし、春は着実に一歩ずつ前へ進んでいるようでございます。近所の梅も三分から五分ほど咲いてまいりました。もうすぐ春になるだろうという気配を察しております。

 それでは、ただいまより会議を開いてまいります。本日は、きのうの一般質問に続きまして議案質疑を行いますので、よろしくお願いいたします。

 なお、いつもお願いをしておりますが、所属の委員会においての議題は、議会進行上の都合によりまして、できるだけスムーズに進行いたしたいと思いますので、委員会のほうで質問をしていただきますようにお願いを申し上げておきます。

 ただいまの出席議員数は12名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、別紙でお手元に配付いたしましたとおりでございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 町長の施政方針



○議長(青山克己君) 日程第1、町長の施政方針について質疑を行います。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 大口司郎君。



◆7番(大口司郎君) 7番大口司郎でございます。

 前回、豊山町議会、3月の議会において、町長が施政方針を述べられました。これについて、一言ご質問をさせていただきたいと思います。

 今回、航空宇宙産業の関係で特区申請がなされました。この豊山町地域に対して、豊山町長として、いろいろなお言葉を述べられております。この中で、冒頭に「本地域を中心に航空宇宙産業を将来の国家の中心産業に育成する機運も高まっています」こういうことから、「将来に成長の種を蒔き、芽を育てるべき年としてまいります」こうおっしゃっておられます。また、航空宇宙産業に関して「国や県、関係機関、その他の自治体とこれまで以上に連携、情報交換を密にして、本町の地域・産業振興に最大限寄与できるよう取り組んでまいります」というお話。それから、最後になりますが、「航空宇宙事業には、国や愛知県、事業者をはじめ、数多くの組織が関わり推進されています。しかし、そのような動きを傍観し、状況が進むことを座して待つわけにはいきません」「自分たちの地域は、自分たちで守り、盛りたてる」こういうことでございます。

 これについて、町長のお考えは非常にすばらしいお考えだと思っておりますが、現在、いろいろな情報が多数ありまして、新聞紙面に載っておるところでございますが、愛知県とJAXAが連携協定を結んだとか、北名古屋が先端技術企業を誘致したとか、それから、三菱重工がMRJに対して、黒字になるまで非常に厳しいんだというお話やら、それから、きょうの日経新聞にも載っておりましたが、航空宇宙特区は国が計画を認定したと。これによって、特区内で設備などを取得した場合は法人税の特別控除や税額控除を受けられることが決定したと、こんなような内容でございます。こういう状況の中で、町長として今後どのような方針で進められるのかということについてお聞きしたいと思います。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 施政方針の中にも大筋だけはお話し申し上げました。特に、国際戦略総合特区の指定、これは、現実には、区域的には三菱の東側のJAXAのあるところ、MRJ開発の関係のところが指定されたということでございます。本町は行政区域の3分の1が飛行場である。戦時中に飛行場をつくり、そして今日まで六十数年という長きにわたり、飛行場に愛着を持ってきた。この財産を豊山町は生かすべきだということが主にございまして、そういう中で、今回のアジア特区が指定されたということは、本町にとって非常にありがたいことだと思っております。また、YS11以来、もう既に50年がたっておりますが、MRJの開発、これもこの特区の指定の中の一つの位置づけだと思っております。

 私どもも、飛行場を生かす行政を推進すべく思っております。当然ながら、皆さん方にもご協力を賜り、飛行場を生かすということには変わりはございません。特に、指定を受けることによりまして、今回は特定の地区だけではございますが、今後いろいろな形の中で、豊山町地内にもいろいろな航空関連企業が出てくるだろうということは思っておりますが、いかんせん他の自治体に比べますと土地が若干高過ぎる、こういう問題もネックの一つにはあります。こういう中でこれをどう進めるかというようなこと、当然、そういう場合には条例を制定し、そして、県のほうの予算も何とかしていただきながらやっていかなければいけないと思っております。条例制定については、過去にも他の議員からもご質問がございました。今条例をつくって云々ではなくて、ある程度形の見えるものが出てきた時点で条例も提案させていただきたい、こう思っております。そのときには、当然ながら本町に誘致する形の中で、税制面の、あるいはいろいろな面の減免といいますか、そういうものも考えないと優良企業が来てくれない。やはり、優良企業が来れば、当然ながら雇用も、そして法人税、こういうものにも影響してくるということで、やはり、税収を上げ得る施設にしなければいかん、このように思っております。

 この豊山町にかかわる特区指定区域、先ほど申し上げましたが、やはり、MRJとJAXA、これが基本になってくると思っております。いずれにしても、本町は航空行政を除いた行政はできないと思っております。有効に活用すべきだ、このように思っております。当然、これからもおいおいと諸問題が出てくるとは思っております。これについては、またご報告申し上げ、ご協力を賜りたいと思っております。



○議長(青山克己君) 大口司郎君。



◆7番(大口司郎君) ありがとうございます。

 私は、この特区を国に認めていただいたということは、豊山町、空港を取り巻く地域もそうですが、特に、豊山町は財政が厳しくなった、そういう中での一つのすばらしいチャンスだと、こういうふうに位置づけして考えておるところでございます。

 今、クラスター形成特区の申請を出した構成団体は、岐阜から飛島まで、非常に広範囲にわたっております。しかし、名古屋空港を取り巻く春日井、小牧、豊山、今回北名古屋も新聞紙面に載っておりますが、2月26日付での先端技術誘致立地促進条例案を提案していると。こういう状況の中で、大きなグループではなくて、小さなグループの中で何か協議するお考えはお持ちなのかどうかということと、今、構成団体が進めている誘致をするには、やはり、将来的に41号線小牧インターが非常にネックになるんではないかと。豊山町は名濃バイパスの協議会にも参加されているというふうにお聞きしておりますが、ここでのお話などを含めて、町長がどのようにこれから進めていかれるか、私の今の話についてはどのようにお考えか。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 今、北名古屋市が条例を設定されたということで、私どもの構成しております特区のメンバーには入っておりません。これは北名古屋市独自が考えられたことでありまして、私どもは協議会をつくっております団体の中で特区指定が受けられたと、こういうことでございます。

 豊山町は、交通アクセス、非常に利便性のいいところだと思っておりますので、当然ながら、先ほども申し上げました優良企業が来てくれれば、それについては皆さん方にもお諮りしながら空港の活用をもっとすべきだと思っておりますし、交通アクセスがよければそういう企業も張りついてくれるだろうということは思っておりますが、これも、やはり、地勢的なものもございますので、宇宙システム開発とか、これは非常に難しいとは思っておりますけれども、いずれにしても、アジア特区に指定されたことにより、本町に対することは今後変化はあると思っておりますが、豊山町としては、アジア特区に指定されたことにより、航空機がこれからもっと充実するだろう、こういうことを思っておりますので、今後もそのような企業に対しましては努力はしていきたいと思っております。



○議長(青山克己君) 大口司郎君。



◆7番(大口司郎君) 私が今お聞きしたのは、名古屋空港を取り巻く豊山、小牧、春日井の区域での、何か協議、お話をされるような、そういう組織ができないかなと思っておるところですが、構成団体が非常に多くて範囲が広いものですから、特に、空港を核として隣接する地域だけの協議会というようなものが設けられないのかなというふうに思っております。

 それから、北名古屋は今回の特区には入っておりませんが、やはり、そういうお話です、これからの行政の戦略の中でどういうふうに進めていくかという中では、やはり、北名古屋も視野に入れるべきではないかと、こういうふうに思っておるところでございます。

 それから、41号の延伸は、小牧インターから北については非常に必要だというふうに思っておりまして、41号は、まずは犬山まで延伸することが必要ではないかというふうに思っております。これについても、町長が協議会に参加されておるということでございますので、ぜひ、その点も鋭意お話しをされるといいと思っておりますが、先ほどの空港を取り巻く協議会ができないかどうか、それから、今後の特区に対して、豊山町内に専任のスタッフできるかできんかということも含めて、町長のお考えをお尋ねいたします。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) いずれにしても、先端技術の特区指定を受けたということは、今の豊山町にとれば一番のメリットでございます。今、春日井、小牧、豊山では協議会もつくっておりまして、これは民間航空の利用促進をやっております。ですから、当然ながら、先ほど来北名古屋市の話が出ておりますが、やはり、他の自治体に豊山町としては取られたくない、豊山町でそういうものもやるべきだ、こう思っております。取り合いになりますから、豊山町は豊山町でやるべきだと思っておりますので、一応このアジア特区の構成団体と。当然ながら、民間の利用の場合は地域と取り巻くというのは必要かもしれませんけれども、分けて考えております。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 今、職員の専任というお話がございましたけれども、状況に応じてまた対応してまいりたいと思っております。



○議長(青山克己君) ほか、よろしいですか。

 筒井俊秋君。



◆4番(筒井俊秋君) 4番筒井俊秋です。

 今の大口議員の関連でお聞きしたいと思います。

 アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区に指定されたということは、昨年報道がありました。特区のお話も絡めてでございますが、今後県と国は協議を進め、関税撤廃や工場立地の規制緩和を具体策を固める予定ですということで、国・県、他の自治体と連携、情報交換し、本町の地域・産業に寄与できるようにということで、報道されております。

 このクラスター形成特区は、規制の特別措置が講じられて、税制、財政、金融上の支援が受けられるということになっております。それは三菱重工、JAXA、その周辺のところの特区の話でございまして、豊山町には、平成20年の定例会で高度先端産業の立地促進奨励条例の制定についてお尋ねを申しました。特区と高度先端産業の話とは分けてお話しをしておりますが、関連があるので質問しますが、20年に質問したときに、高度先端産業の条例をつくったらどうかということでお尋ねした経緯がございます。そのとき、当局からの回答はこういうことでございました。「町の活性化につながる産業誘致は必要であると認識をしますが、奨励条例の制度には条件が整うことが必要である」と。3つありまして、「第1は企業が立地することが確実、また、第2は立地の時期が明確であること、第3は場所が工場立地の適地であること、以上3点が整い、町として適当と判断したときに条例を検討する」という回答をいただいている。「市街化調整区域にも工業立地は可能であるが、農地を大幅に様変わりするおそれがあるので慎重な対応が必要である」ということを答弁いただきました。

 その時期はそうでございましたけれども、それは20年でございました。先ほどの質問にあったように、北名古屋市も条例をつくられてございます。愛知県の産業労働部の立地産業通商課で調べますと、高度先端産業の優遇制度で、高度先端産業、また中小企業高度先端産業と二色の制度の優遇措置がありまして、私どもが対象になるのは、中小企業高度先端産業ではないかと思うわけでございます。それには、固定資産取得費用の金額で、中小企業の場合2億円以上、新規の常用雇用者が5人以上というようなことになっておりますけれども、高度先端産業のほうは固定資産取得費用が50億円以上、新規常用雇用者が20人以上ということで、少し違っております。ただ、私ども豊山町で、先ほど町長が言われたように余裕の土地もそう多くないということでございますが、やはり、今、中小企業高度先端産業の優遇制度があるのを利用して、優良企業をこの際誘致したらいいかと、こう思っております。

 それにつきましては、先ほどの話で、愛知県の今いろいろな優遇制度をつくってみえるところは、調べますと、名古屋市を初め大方、一宮、豊橋、その周辺で26市は制度をつくってみえます。それから、町村の方では、東郷町を初め、6地区ということで、この周辺をずっと見渡しても、豊山町以外のところは、清須市も北名古屋市も小牧、犬山、江南、一宮、春日井、知多、あの辺のところ、すべてこの制度をつくってみえます。それは、時期としてはいろいろ差がありますけれども、21年度の4月ごろに大体の市町は制度をつくってみえます。豊山町だけが特区をされたんですけれども、特区のところは三菱重工の周辺のところで、いろいろな範囲が、私は、特区以外のところも、特区に指定されたことによって企業を誘致して、この時期に優良な企業に来ていただくのが、先ほど町長の答えのように、いろいろな固定資産税等々入る、雇用も創出できるということで、ぜひ、遅まきながらですけれどもその制度を取り入れて、優良な企業に来ていただきたいと、こう思っています。

 20年のときには、答弁の中で、市街化調整区域内にも工業立地が可能であるが、農地を大幅に様変わりするおそれがあるのでということでございますけれども、たまたまそういうことでございますが、4年も経過をしておりますけれども、やはり、今、農地といえども、TPPの話もあって、これからの先行き農業がどんなふうにさま変わりしていくかというのは、農業に対しては大変危惧するような状況でありますが、やはり、今豊山町としては、農業で成り立つというのは難しいということだから、たまたま特区に指定された、また、高度先端産業制度をつくって誘致して、秩序ある開発をするために制度をつくっていただいて、ぜひ優良な企業に来ていただくようなことを主眼として、この制度を取り入れるようなことをご検討をしていただけるかどうかということをお尋ねします。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) まず、アジア特区の関係は、やはり、MRJの開発、JAXAもそうです。そういうものが基準でございまして、高度産業の関係につきましては、当然ながら、今お話がございましたように、他の自治体と違う部分もあるかもわかりません。まず第一は、このアジア特区を何とかしたかったということが一つのネックでございまして、これも歴史がございまして、ようやくJAXAができて初めてアジア特区指定が受けられた。それから、今のご質問の中にあります高度産業の問題と、イコールはしますが、やはり、切り離した中の立地条件を生かした中で、どこの場所にどうすべきかということは、前にもご質問をいただいて、ご答弁いたしましたように、やはり、確実性をつかんでやりたい。当然ながら、今お話がございました用途の問題もございますので、ある程度そういうところの動きを見ながらやったほうが健全だろうということで、20年のときのご答弁にそういうふうに申し上げました。

 豊山町は、先ほどからも言っておりますように、飛行場を生かした1つのもの、そして、当然ながら優良企業の誘致、こういうものもございますが、狭隘な豊山町でそういうものがどのようになるのかということは、今がチャンスのときかもわかりません。十分精査しながら、位置設定とか、そういうものを考えなければいかん、このように思っておりますので、いずれにしても、その対策、研究というものはやってはおりますが、いつでも体制的にやれるような形は、今、心には持っております。そういう時期が来たときには、また皆さん方にご協力を賜りたいと思っております。



○議長(青山克己君) 筒井俊秋君。



◆4番(筒井俊秋君) ありがとうございます。

 今のご答弁で、この制度のことは考えようということはよくうかがえます。4年前の答弁も、今もですけれども、そういう条件が整ったら制度をつくるというお話でございますけれども、4年前と同じようなご答弁でございますけれども、企業が確実に来るとか、時期がきちんとわかっておるとか、適当な場所であるとか、条件がそろったらということで、そんなふうに受けとめておりますけれども、やはり、この周辺、愛知県は大方この制度を取り入れられておって、豊山町だけがその制度がない。来たら考える。来たら考えるということでは遅いと。

 企業は、やはりビジネスで、特区とかいろいろなことで、この地域は航空宇宙産業のメッカになるというところで、この近隣でそういうものを行いたいと思われることは普通だと思います。そのときに、確実に来るとか、時期がわからんのはいかんだとか、そんなことをしておったら、企業は、探すときに、豊山町は特区に近いところにあるのでそこにつくりたいなと、例えば神明公園の近くでやりたいなと。それは条件的には、先端産業の制度を使えばできることだと思いますけれども、優遇措置がなければ、この近くの小牧だとか北名古屋市とか春日井市とか、そういうところに先にお話しされて、豊山町はそういう制度がなかったら、何の優遇もないよということでは、企業が検討されないと思います。ですから、やや時期遅しと思っておりますが、お話ししてから4年もたっておりますけれども、今やるべきと思います。

 例えば、いろいろな話で、何とか整ったらやるではなしに。震災も一緒です。地震が来た、津波が来たら対策する、これでは後手だということは、今歴史が証明しておる。やはり、前もって来ていただけるような制度をつくって、企業が検討していただいて豊山町に来ていただけるというようなことで、多分、企業は、制度がなければ、神明公園のちょっと向こうへ行けば小牧です。小牧のほうがいいなと、北名古屋市がいいなと、そういうようなことで豊山町は避けられると思います。その時期が来たらつくるというのは、私は理解がしにくい。先ほど言ったように、名古屋市を初め26市、それから、町村では6町村が制定を決めておるんです。先ほども言いましたように、北名古屋市、清須市、小牧市、21年当時からできています。春日井市は昭和62年に先端産業ではなくて商業振興条例ということでやっております。それから、犬山なんかは企業立地促進条例という、名前は違っても、そういう制度を平成14年に条例をつくっておるというふうに聞いております。

 そういう意味で、町長がいつも言うように備えあればではなしに、今がやる時期であって、来たら考えるというのは、津波が来てからどこへ逃げると考えるんではなしに、来る前にどこへ逃げるかとやっていく話で、日ごろ町長が言ってみえるお話とは、少し乖離しておるんではないかと、こう思っております。今調べたところでは、26市というのは、名古屋市、豊橋、岡崎から刈谷、豊田、一宮、稲沢、春日井、犬山、北名古屋市、あま市、ほとんど、今ないのは豊山だけですよ。考える必要があるという話ですけれども、その時期が来たらというのは、もう時期は過ぎておると、こう思うわけです。

 以上、私が思って再度お尋ねしますので、前向きの発言をお願いいたします。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) まず、他の自治体の早くつくられたところも、やはり、工業誘致だとか、いろいろな形の中があると思うんです。例えば、本町が条例をつくった場合、きのうの一般質問で他の議員からもご質問がありました。広い道路だけが虫食い状態になってしまうんです。それも、やはり避けなければいかん。こういうことも大いにあるわけなんです。ですから、内々的にこういうものはどうかという関連の方々のお話は承っております。ある程度、そういうもので方向づけができれば、当然条例で制約しなければいかんと思っておりますけれども、だから、その条例の中身をどういうふうに持っていくかということは非常に難しいと思っております。何なら指定してやればいいと思うんです。ですから、早いところは、多分春日井あたりでも、工業立地の誘致条例だと思っております。これも先端のものだと、こういうふうに思っておりますけれども、そういう点を、この狭い豊山町ですので、その中ではどうしたらいいかということは、本当に知恵を出さなければできないと思っておりますので、ご指摘のことは重々ようわかっておりますので、いずれにしても、そういう時期が来たらでは遅いということを言われておりますけれども、当然ながら慎重には期して考えていきたいと考えております。



○議長(青山克己君) 安藤春一君。



◆3番(安藤春一君) 私からは1点、財政運営についてお伺いしたいと思います。

 町長の施政方針で、財政運営で、ことしの施政方針の中には「引き続き規律ある財政運営を堅持」、昨年の施政方針では「健全な財政基盤の確立」と、表現の違いはあれ、財政運営をしっかりやっていくという意気込みというか、考え方は変わっていないというふうに認識しております。

 そこで、私が勘違い、あるいは記憶間違いなら大変申しわけないと思うのですけれども、さきの全協で示された中期財政運営、これは24年から始まっております。行政の継続性、あるいは持続あるという言葉がよく使われますが、そういったことからいきますと、きのう出されたのは一定の評価をするものでございますが、今までの総合計画の関連からいきますと、私の勘違いなら申しわけないですけれども、21年3月議会で19年から21年まで財政計画がありましたから、22年から、例えば24年、あるいは25年ぐらいまでの財政計画の試算を示されて、それで今回見直して、より精度の高いものを24年から打ち出しましたというのが基本であり、筋と思うが、その点はどうでしょうか。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 確かに、私どもも財政が非常に厳しくなってきておる、そういう中で、行政の中でもいろいろな面の節約なり、あるいはいろいろな改革もしながら進めさせていただいております。いずれにしても、先回中期計画を皆さん方にもお示し申し上げました。ちょうど、今が一番ピークに、あと1年ちょっとぐらいかかるわけなんですが、それを何とかして乗り越えたいということで、できるだけ、ちりも積もれば山となる、小さなことから改善をしていかなければならん、こういうふうに思っております。特に、財政上のことが一番の大きな課題でございますので、皆さん方にご協力も賜りながら、これからはもっともっと掘り下げなければならんと思っております。今のお話はようわかります。何とかして財政をもっとよくしたいというのが願いでございます。そういう中でお話し申し上げております。



○議長(青山克己君) 安藤春一君。



◆3番(安藤春一君) 町長初め、非常に努力してみえますので、少ない人員で厳しい中やっておられますので、非常に酷なようでございますが、さきの議会でも同僚議員の多くの人から、本会議での約束事とか町長の施政方針はきっちり守ってほしいというお言葉がありましたが、私もそのように思いますので、それだけお願いして終わります。



○議長(青山克己君) ほか、よろしいですか。

 尾野康雄君。



◆9番(尾野康雄君) 9番尾野康雄です。

 施政方針の8ページの上段のところに「新栄小学校と志水小学校の各教室に扇風機を設置してまいります」というふうに書いてありますが、1つの教室にどのような形状でつけられるのか、また幾つぐらいつけられるのか教えていただければと思います。



○議長(青山克己君) 早川教育部長。



◎教育部長(早川晴男君) 新栄小学校と志水小学校の扇風機の設置の件ですけれども、普通教室につきましては、1部屋で4台設置してまいります。それで、まず新栄小学校ですけれども、総台数68台を設置してまいります。志水小学校につきましては、ここも普通教室は1室4台を設置してまいりますけれども、部屋の数が多いものですから、志水小学校につきましては合計で108台を設置してまいります。

 以上です。



○議長(青山克己君) 尾野康雄君。



◆9番(尾野康雄君) ありがとうございました。

 質問を差し上げたのは、ある父兄の方が、中学校に扇風機が1部屋に4つついていると。見た感じが小さい扇風機なもので、あんな小さい扇風機で部屋の隅々までちゃんと風が行くのかということを言われましたので、予算がないので小さいのにしたのか、あれで十分なのかと思って質問したわけです。どうですか。



○議長(青山克己君) 早川教育部長。



◎教育部長(早川晴男君) 実施設計を行っておりまして、実施設計上は、今の扇風機で十分隅まで風が通るというふうに考えております。そういうことで設置をしております。



○議長(青山克己君) よろしいですか。ほかに。

 粟田昌子君。



◆11番(粟田昌子君) 11番粟田です。

 6ページの下段のほうなんですけれども、目標4の新栄小学校太陽光パネル設置事業について、ここに「平成23年度に国庫補助採択の関係から事業化を見合わせました」。確かに昨年もついておりましたよね。議会だよりにもそういうことでお知らせしましたが、見合わせましたと。この辺のことを、私の聞いているのとはどんなふうに違うのか、ご説明をお願いしたいと思います。



○議長(青山克己君) 早川教育部長。



◎教育部長(早川晴男君) 平成23年度の太陽光パネル設置事業ですけれども、ご存じのように、昨年3月11日に東日本大震災が起きました。そのことで、国の予算が東日本のほうにシフトされました。そうしたことで、県といろいろお話しをしておりまして、国の補正もありましたけれども、豊山町につくかどうかの検討をしてまいりましたけれども、昨年の11月ぐらいで、県の担当者から補助金がつくことは非常に厳しい状況だろうというお話がありましたので、その時点で、国の補助が非常に厳しいという状況をもって、減額予算を計上したという状況であります。

 以上です。



○議長(青山克己君) 粟田昌子君。



◆11番(粟田昌子君) 私が聞いておりますのは、一たんは国の補助がついたが、それを豊山町は取り下げたと。そういうふうに聞いておりますが。



○議長(青山克己君) 早川教育部長。



◎教育部長(早川晴男君) 先ほども説明いたしましたように、11月段階で県とお話しをして、その段階では非常に厳しいというお話を聞いて、12月に補正で減額をさせていただきました。その後、ことし2月に入りまして、粟田議員がおっしゃられたように、国からは一たんは内示が来ました。しかしながら、豊山町は減額補正をいたしまして、事業がもうできない状況になっておりますので、この内示は返還をいたしました。したがいまして、平成23年度の事業として行うことは断念をしたという状況で、24年度、再度太陽光発電の設置工事ということで、今回計上している次第でございます。

 以上です。



○議長(青山克己君) 粟田昌子君。



◆11番(粟田昌子君) わかりました。

 そういう場合に、今度の申請に差し支えはないのでしょうか。それだけお聞きします。



○議長(青山克己君) 早川教育部長。



◎教育部長(早川晴男君) 新年度に差し支えないかどうかということですけれども、このあたりも県のほうと昨年の11月に協議をいたしまして、ペナルティーは何らないというふうに伺っていますので、大丈夫と思っています。



○議長(青山克己君) ほか、よろしいでしょうか。

 水野晃君。



◆6番(水野晃君) 6番水野です。

 6ページの上段、公共交通についてお伺いいたしますけれども、きのうも一般質問をさせていただきましたが、この施政方針の中で「地域公共交通総合連携計画に基づき、地域公共交通の利便性の向上に取り組んでまいります」ということが書いてありますが、その下に、とよやまタウンバスについては、商工会バス停の移設、青塚古墳前からの運賃引き下げ、それから、タウンバス10周年記念事業として無料乗車キャンペーンを実施するという3点ほどが掲げられていますけれども、平成24年度、この地域公共交通総合連携計画に基づいて実際に行われるのがほかにありましたら教えてください。

 それと、平成24年度も地域公共交通会議の予算が計上されておられますが、町長として、この交通会議にどのような利便性向上を考え、この会議に行って何を提言されるのか、新しい提言がありましたら教えていただきたいと思います。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 交通会議につきましては、それぞれのエリアの方がお見えになっております。そういう方たちのご意見も拝聴しております。豊山町としては、まず、できるだけ安く皆さんにご利用していただくということになるだろうというようなことで、当然ながら、その委員方からの意見も拝聴し、そして、我々からは、地域の方々から事務局のほうに要望のあったものも提起いたしております。そういう中で、必要性、こういうものはどうしたらよいかとか、こういうものをやっておりますけれども、特に皆さん方のご希望が多いというのは、やはりバス停だろうと思っております。それと本数、通勤・通学に使いたい。こういうときのバスの大きさだとか、いろいろなこともございます。総称した中で、委員の中で専門のご意見を拝聴し、決め、そして、従前発足したよりもかなり変わっておると思っております。

 この運行内容につきましては、他の自治体よりも本町のほうがかなり細やかにやっておるというふうに自負しておりますけれども、いずれにしても、交通会議で決定すれば、即座に登録もしながらやっておりまして、単純にいいますと、バス停をどうするかとか、それも皆さんの意見を踏まえた中でやっておりますので、こちらからこうしたいというのは今はありませんが、皆さん方の意見を踏まえた中で会議にかけていくと、こういう形で今進めております。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

 水野晃君。



◆6番(水野晃君) 提言のほうは目新しいのはないということでありますけれども、地域公共交通総合連携計画に基づいたものの中で、実際にことし実施されるものがこの3つ以外にあったら教えてください。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 今町長がお答えされましたように、その後、昨日お話しした連携計画44ページに載っておりまして、従来、皆様からご意見をいただきました、料金が、町内を過ぎると栄まで高いとか、そういうご意見を踏まえて、今回料金の見直しを行いました。それも、従来の課題を具体的に検討会の中で論議させていただいて、それを実施に移したと。それから、ルートについても検討したところで、その3つが主なものということです。

 なお、今後町のほうで検討してまいりますのは、昨日議員の一般質問の中にあったようにデマンド運行です。デマンド運行を具体的に24年度中に検討していきたいと。それから、これもきのうの一般質問でお答えしましたけれども、社会福祉協議会がやってみえるタクシー、これとの連携も考えさせていただきたいということで、こういうものを、これも各事業所とか、いろいろなところと調整が必要でございますので、そういう意味ではかなりの検討課題だと思っていますけれども、こういうものを検討させていただいて、より利用勝手のいいタウンバスにしていきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) 水野晃君。



◆6番(水野晃君) ありがとうございました。

 もう一つだけお聞きしておきたいことがございますが、地域公共交通会議の内容をわかりませんので、調べてありませんのであれですけれども、この交通会議でタウンバスルートとして、上小田井乗り入れとかいうようなことは、一度や二度出ておりませんでしたか。上小田井も視野に入れた運行ということは、会議では出ていなかったかどうかということをお聞きします。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) そのルートにつきましては、小牧のほうは、市民病院に乗り入れるのに当たって、途中で停留所を設けてほしいというお話は聞いております。上小田井のほうは、地域公共交通会議ではお話に上がっておりませんので、よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) ほか、よろしいでしょうか。

 坪井武成君。



◆5番(坪井武成君) 5番坪井です。

 予算の中で聞かせてもらってもと思うんですが、これから聞きますのは予算の中では申し上げません。ちょっと範囲が広くなるかもしれませんので、ここでお聞きをいたします。

 施政方針は非常によくつくられておりまして、もちろん、予算については、私もよい予算をつくっておるというように思っております。そこで少しひっかかりますのが、先ほどから財政の問題もほかの問題も出ておりますが、確かに本町の財政は厳しいであろうというように、私は前からそれも言っておるところでして、よくわかります。財政が厳しいとしましても、確かに、需用額、収入額、とんとんですので、交付税が不交付になって、むしろ本当にその辺で、どっちかといえばあんまり得でもない。そこで難しさがあろうかというように思っております。余計厳しいわけですよね。

 しかしながら、そこでよく見てみますと、そんなに前年、あるいは前々年から落ち込んでいないんです。それは何だといいますと、固定資産税を初め町税、要するに自主財源と言われるもの。自主財源比率を見ますと、ほとんど落ちておらんですよ。これは何で落ちておらんかというと、私の見解ですけれども、予算総額を落としておるから落ちんのかなという気もいたします。そういう気もするんですが、しかしながら、そんなに財政が、ぎりぎりで24年度、25年度、最低になるというような、この前の見込みの話なんですが、それはある程度わかるにしましても、そうぎりぎりではないような気がいたします。むしろ、税の関係は少しずつ上がっておりますので。今年度はどうですかね、固定資産にしましても少し上がるか、あるいは横ばい程度かというように思うわけですけれども、それは認識上の違いもあるでしょう。

 ちょっと前段で触れたんですけれども、そう極端に悪いわけでもないのに、また話を戻します。長寿祝い金です。これも70歳の人の1万円を切りました。75歳以上の5,000円を切りました。これもわかるんですけれども、そこで理由が、他の市町村は全然、豊山だけだからやっていないからということもありました。もちろん、有識者懇談会の提言もありました。それもわかります。それで、私が12月のときに申し上げたのが、75歳以上はこらえてもいいけれども、70歳はひとつ何とかできんかしらというような話をしたつもりです。これ両方やっても、私の試算では700万円から800万円だと思うんです。そうすると、700万円から800万円のことをちょこっとやれなんとかならんかしらん。75歳以上を外すと。どうです。200万円、私らの年代のあれが、豊山小学校、中学時代90人、100人ですので、町長の時代もそうだと思うんです。それの人口がふえた関係を考えましても、どうでしょうね、200人ちょっと、満額出しても250万円というようなことで、ちょっとその辺考えてもらえんかしらんと思うんです。予算は全部落ちておりますね。これ、くどいように言いますけれども、私はもらっております。同年は、早生まれの人はもらっておりません。だから、切りを年ではなしに3月なら3月までやってもらえば、もっと下がるんです。次の、町長や議長の、私らの年代から落ちますと言えばみんな一緒なんです。だから、極端な話であれですけれども、その辺を何とか考えて何とかしらんと思うんです。愚痴のようになって申しわけないですけれども、決して愚痴を言っているわけではありません。その辺考えられたらどうなのか、ひとつお聞きしたい。最近有識者懇談会といろいろ出てきます。有識者懇談会の提言は提言でいいんです。尊重しましょう。それを、やはりこちらでかみ砕かなきゃいかんと思うんです。という姿勢を持っていただきたいと思います。話を聞きますと、年寄りは今でも楽しみにしていますよ。

 それで、いま一つ残念だなと思うのは、今すごく予算はいいんです。この間、豊山のビューマラソン、日曜日にやりました。それで、boonの中のトイレを見られましたか。せめて、調査費ぐらい欲しかったと思うんです。予算は何も上がっておらんと思うんです。よろしいですわ、これはこれからの問題としての姿勢で結構ですので、今どうこうは申し上げませんが、残念だなという私の気持ちだけ申し上げます。これも何とかしてほしいなという気はするんですけれども、これだけ財政が厳しいということで、今くどいように言いましたけれども、こんなことができないのかなという私の気持ち。

 また、町長はいいことを触れられております。「新しい財源確保のために努力する」。この財源確保も、これからどこまで検討されるのか。これも有識者懇談会が出てきておりますが、もちろん有識者懇談会での意見も聞いてもらってもいいんですが、やはり、有識者懇談会の委員、失礼な言い方をするかもしれませんけれども、やはり、豊山町の状況を十分わかってみえるとは思いますけれども、懇談会に十分豊山町の状況を説明して、それで意見を出していただけるならば、提言をしていただけるならばというように思います。有識者懇談会でいろいろ意見を聞かれると思いますが、どの程度まで使用料を見直そうかというように思ってみえるのか、今わかれば、おおよその話で結構ですので。がんじがらめの話は申し上げません。そういうことでお聞きをしたいと思います。

 施政方針で、最後のほうに政治家としての言葉のように、私は非常にこういう言葉は好きです。「虚心坦懐に考え」、私もこの言葉は好きなんです。こういう気持ちで、こういう態度でやっていただけるならばというように思っておりますので、空港の問題はもちろんのこと、住民にもそうした気持ちで臨んでいただきたいということをお願いをいたします。

 質問といたしましては、財政の状況、本当に苦しい、いや違うよということ、そんなことはないと思うんですが、私はそう苦しいないと思っているんです。その辺の違い。それから、今の長寿祝い金の、せめて3月までの人を救えないのかなということ。できるなら、神明公園のトイレ、これも何と言いますかこの場で予算入っておらんで、またそのうち考えるわでもいいんですけど、そういうものでもあれば、お聞きをしたいということです。それと使用料の関係。3つ、4つぐらいですか、考えがあればお聞きしたいと思います。

 以上です。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 言われることはようわかっております。物事を行うときには、いずれかの時期というものもあると思っております。その時期でやらせていただいたのが、現状でございます。先ほど来言われております有識者懇談会の話もございます。我々と違った目で見ていただく方もお願いをしたということでございまして、当然ながら、皆さん方からの意見もたくさんありますけれども、特に次のステップとして、やはり、手数料関係の、皆さん方はよく言われます、供用施設と、社教センターはどうだとか、こういうお声がありますので、そういう声を現状の原価からも積み上げまして、そういうものも1つのたたき台にしながらやっていきたい。特に、ある程度の痛みもひとつご辛抱を願って、それと他自治体等の動きも見ながらということも考えております。全般的な中で、豊山だけ突出してやるという時代は、ある程度過ぎてきたのではないか、それぞれ特殊なものもあろうかとは思っておりますけれども、限られた財源の中で身の丈に合った行政をしたい、これがちょうど過渡期に来たと、こういうことでして、全般的を通しまして考えております。

 種々、先ほど、とよやまエアポートビューマラソンのときのトイレの状態、結局、便器の状態によりまして下が汚れておったと、こういうことだろうと思っております。私も即座にモップを持ってふけよとか、こういうことも言いました。そのときは、私も緊張しておったせいかもしれませんが、トイレは一遍も行かずだったもので、実情が、大体そうではないかなということはいつもお聞きしておりますので、当然ながら、ある程度考えられることは、やはりやっていかなならんなと。やはり、他の例でございますが、ごみを畑とか田んぼに捨ててあるとまた、みんなほかってくでしょう。片づければ当分よくなる。この人間心理だと、こういうこともありますので、そういう点では細やかに目を向けていきたいと思っておりますので、細かい話は、足らざる分があったら、また担当のほうからご説明申し上げます。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 財政についてお話がございましたので、過日全員協議会のほうに、豊山町財政中期試算というのを私のほうからご説明申し上げたと思っています。3ページに、きょうお持ちでない方はまた後ほどで結構でございますけれども、そこに町債のところがございます。そこの普通建設事業の総額というのを見ていただきますと、平成18年が6億4,700万円強あるんですが、22年は4億900万円ということで、議員が今おっしゃったように、予算総体はかなり減らしております。ご存じのように、17年2月17日の国際線の移転以後、歳入が5億円強減りましたので、その影響もあって、全体の予算を減らしてきているということで、こういうところの数字の影響があって、結果的に、歳入歳出を合わせているというような部分もあるのではないかと思っております。

 また、このときには1ページにもちょっと書かせていただきましたけれども、今後は、25年以降、臨時財政対策債が全く借りられなくなるということで、やはり、この中にも2億円から3億円というお話をさせていただいたと思うんですけれども、やはり、歳入が、どうしてもその分が借りられなくなった分が合わなくなるので、そういう意味では、非常に厳しいものが続いていくというふうに思っております。入は、今お話しあったように、23年から28年を見ていただきますと、町税は大きく変動はございません。その辺は、景気の変動等はあると思いますけれども、今のところ予測した段階では、おおむね横ばいに行くんではないかと思っていまして、それ以外の分は、どうしても切り詰めていかないと非常に厳しいかなというように思っておりまして、そういう意味では、議会のほうから町の財政状況の中期試算を出してくれというお話ございましたので、これをつくりまして、全員協議会のほうでお示しして今後の状況をご説明申し上げたということでございますので、よろしくお願いしたいと思います。

 それから、入のほうでございますけれども、これは、皆さんご存じと思いますけれども、封筒を、議会のほうからいろいろご意見をいただきまして、去年から企業のご協力をいただいて印刷費を減らしております。また、今年度につきましては、自販機についても、入札をもって入をふやしていくということで、できるだけ歳入をふやしていきたいという方針は変わりはございませんので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) 坪井武成君。



◆5番(坪井武成君) 今いろいろご答弁いただきまして、財政の状況は、今総務部長が言われたように、私が先ほど言ったのとよく似ておるようでございます。確かにそういうことでしょう。ただ、本当に周辺の状況を見ましても、自主財源だけを見た場合に豊山町は非常にいいんです。私はいいと思っております。この議論はやめましょう。日ごろの努力で、今言われたように、封筒もあれしました、本当に小さな、町長が言われたようにちりも積もればではないんですよね。今後そういう努力を続けていただきたいというように思います。

 長寿祝い金は、あれ以来何も考えなんだということですかね。予算どおりだと、見てもらえばわかる、そういうふうに私は理解をいたしますので、これは委員会でも言いません。

 以上で終わります。



○議長(青山克己君) それでは、ここで休憩に入りたいと思います。11時再開といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時42分 休憩

     午前11時0分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(青山克己君) 休憩を閉じ、再開いたします。

 引き続き、施政方針についての質疑を行います。

 ほか、よろしいでしょうか。

 野崎隆子君。



◆8番(野崎隆子君) 8番野崎です。

 私も、財政状況に関しては、厳しい厳しいと言われるほど悪くはないという認識を同僚議員と同じように持っています。そして、今までの中でも、東北の震災だとか企業誘致だとかというふうに大きな話が飛んでいますけれども、町民の安全や暮らし、福祉を犠牲にしたまちづくりは、どんなに立派に華やかに見えたとしても、やはり、行政としては正道ではないというふうに考えています。そこで、町長が1ページの最後のところで「防災や防犯、環境や福祉、教育といった足元の課題をしっかりと見据え、町民の皆様の暮らしを守ることを最優先に町政運営に全力で取り組む」と言っておられますので、そのことに関して大きく期待をしています。

 皆さんもいろいろな質問をされています中で、条例などについてはこの後の質疑にもなってきますので、2点ほどお尋ねしたいと思うんですが、2ページの中段の「収納率向上や町資産の広告媒体の活用に努める」というところで「公共用施設の自動販売機スペースを利用した行政財産貸付のための入札」云々というところがありますけれども、この点が大きくこの提案で変わってきていると思うんですが、従来はどういうふうにされていて、今この設置団体とはどんなようなお話し合いがされてこういうふうになったかについてお聞かせください。

 それと、5ページの一番下なんですけれども、23年度の予算では自主パトロール隊、防犯協会の支援を行うということで、自主パトロール隊の拠点事務所の設計や建設についてというところで設計の予算が出ていましたが、24年度ではそれが廃止されていますけれども、それは、どういうふうな経過と進捗状況になっているのかについてお知らせください。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) まず、現在の管理方法でございますが、現在は母子寡婦会と身障者協会の2団体に自販機の清掃等も含めまして管理をお願いしております。その管理体制をやめまして、それをこちらへ戻しまして、一括、町のほうで入札をやって管理をしていくという方式に。当然、入札をやりますと使用料がふえてまいりますので、そういう方法に変えていきたいと。その団体とは、事前に福祉部を通じてお話をさせていただいております。おおむねご了解をいただいておりまして、町としましては、6月から実施に移したいというふうに考えています。現在、役場庁舎が3台、しいの木、ひまわり、さざんか、航空館boon、社会教育センター、冨士学供、東部学供、新栄学供が各1台、それからスカイプール2台ということで、13台がその対象になっています。この13台を入札にかけて入を上げると考えておりまして、24年度予算の入で190万円ほど計上させていただいておりますので、よろしくお願いします。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 坪井経済建設部長。



◎経済建設部長(坪井悟君) 防犯の拠点としての施設交番の設置事業でございますが、今年度防犯協会なり自主パトロール隊との話し合いの中で、その施設の管理についての問題がなかなか結論まで至っておりませんので、現在のところ、その設計については凍結というか、予算は執行しておりません。



○議長(青山克己君) 野崎隆子君。



◆8番(野崎隆子君) 自主パトロール隊の問題ですけれども、管理について問題があるというのは、平たく言えば、だれが管理するんだと、おれらはそんなことはやれんよというようなことで話が始まったんですかね。23年度の設計の段階から予算は使ってないということなんですか。24年度の建設については、もう凍結だと、そういうふうに理解してよろしいでしょうか。

 それと、自販機のほうなんですけれども、身障者協会と母子寡婦協会のほうなんですが、例えば、そこの団体から、私たちでは管理ができないというふうに申し出があってそうなったのか、そうではなく町の方針のもとに話が出てきたということで、そうすると、入札をやっていけば、その団体は必然的に手を挙げないという形になってくるのか。全く業者が入ってくるのかどうなのかということについてお願いします。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 団体からの申し出ではなくて、町のほうからお願いして、おおむねご了解いただいているということでございますので、よろしくお願いします。なお、入札に参加されるところは当然業者だと思っていますので、団体は参加されないというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 坪井経済建設部長。



◎経済建設部長(坪井悟君) 当然、設計業務が執行しないということでございますので、24年度の予算についても計上しておりません。引き続き協議を進めていきまして、その協議が完成した段階で次の段階に移りたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) よろしいですか。ほか、ございますか。

 今村一正君。



◆2番(今村一正君) 2番今村です。

 施政方針というのは、将来の町の姿を見据えて、24年度、いわゆる新年度は何をやる、こういう事業をやって、それを具体的に住民や議会に諮って実施をしていくと、これが第一義であると、これが当たり前だと思って、そういうふうにとらえていますが、これについて、私ども議会はこういった形で町長から直接お話を聞いてやっているんですが、昨年度までは、ご存じのようにライブで町長の施政方針を30分開会前にやっておりまして、ことしからは町長が直接住民に語りかけることをしないというか、できなくなったというか、ケーブルテレビの関係でできなくなったんですが、したがって、住民への町長の施政方針としてはホームページでアップされておりますが、これだけで十分であるとお考えの上でこれにとどめたのかどうか。それとも、ほかに何か考えはなかったのかということをまず第1点にお聞きしたいと思ったわけです。

 それから、細かい事業は委員会のほうで聞くことがあれば聞きますが、住民が非常に関心を持っていることについて若干お聞きをしたいと思います。1つは40周年の行事でございます。これについても、8ページで若干、地空人ですとか、NHKの公開番組とかいろいろ述べられておりますが、私たちは、詳しいことについては過日の全員協議会で初めて正式に聞かされたと、これは否めない事実だと思うんです。それまではうわさで動いていたという面もあるんですが、住民のほうは、随分いろいろな形で先に流布して、これはどうなるんだああなるんだと、そういった先行した予測とかでいろいろ話がされておりますが、先ほどの施政方針も含めて、住民に対しては、40周年行事をいつどの時点でどういうふうにやるんだと、こういうことを年間で計画していますというようなことを示す予定はあるのか。また、その媒体としてはどういうふうな形を使っていくのかということを、まず第1点にお聞きします。

 それから、2点目は、先ほど来ずっとお話に出ていましたクラスター形成特区のことですが、条例制定だとか、いろいろな手段、方法はあるんですが、一番大事なものは住民の理解だと思うんです。町長もきのうの一般質問でもご答弁されていましたが、豊山町で一番ネックになるのは、正直申し上げまして地価の問題だと思うんです。例えば、私たちが1つの企業の経営者としてやるときに、そうアクセスが遠くなくても坪20万円の地価のところと、先ほどから話がありましたけれども、小牧だとか北名古屋とか周辺で15万円、10万円と、今の経営状態からすれば、少しでも投資を少なくしてという形でやるのは当たり前だと思うんです。

 そこで、24年度は、町長にぜひお願いしたいのは、住民との話し合いというか、まず住民に特区についての理解を求めて、理解をしていただいて、豊山町にとってはこういう特区のメリットがこれから出てくるというようなことをやはり理解していただいて、住民のほうから「そうか、ではおれたちも一緒に考えようか」といった声が出てこないことには、幾らいい条例をつくろうが何をしようが、絵にかいたもちとは言いませんが、それに等しいような形で、幾ら行政主導でやったとしても、そこには1つの大きな壁があると思うんです。今までにもいろいろな引き合いがあったことは聞いていますけれども、やはりネックは地価だと思いますので、まず、24年度は、ぜひ住民に対してそういった理解を求めるアクションを、1年間かかってでも起こしても遅くないと思いますので、策や方法は別として、その点について町長はどのように来年度を考えていらっしゃるか。

 それから、この施政方針を書かれたときには間に合わなかったと思うんですが、3点目に、例の居酒屋会合でございますが、尾張共和国の問題が突如として出てきまして、新聞報道はどんどん先行していろいろなことをやっていまして、住民から出てくる声は、当然届いているかもわからないですけれども、どうなるかと、全部名古屋と一緒になるのかと、まず合併というか、そういった、今後豊山町はどうなるんだというようなことが一番声として出てきて、私も実際に聞いております。町長はアンケートの中で、豊山町としては一つになることはないと、このようにおっしゃっていますのでその点では安心なんですが、住民は、やはり、そういった将来のことを考えると、ある程度疑心暗鬼になっているというんですか、そういうのがありますので、ここには書かれておりませんが、やむを得なかったと思いますので、そういった疑問について、経過とこれからの方向性について町長のお考えを再度お聞きをしたいというふうに思っております。

 それから、4点目に、一般質問でも取り上げておりますが、防災対策についてでございますが、5ページの目標3のところでいろいろな防災事業が出されております。この防災事業をやるに際しての冒頭で「今般の東日本大震災が残した教訓を本町のまちづくりに活かしていかなければなりません」とあります。これは当然のことだと思います。その教訓を活かしたまちづくりの事業はこれで終わりですかということを聞きたいんです。私はもっとやることがあるんではないかと思うんですが、これ以外に防災対策、いわゆる震災とか大災害に対しての対策を考えていらっしゃるのか、この事業は全部まとめると金額的には570万円ぐらいです。それから、防災服を取りかえるというんですか、これで予算的には245万円ですが、教訓を活かしたという災害対策にしては、その中身を見る限りでは、これをやってはいかんというわけではないですけれども、これで終わるにはちょっと決意が小さいんではないかと、このように思いますので、これ以外に何か今後こういうことを計画したいということがあれば、ぜひお聞かせをいただきたい。

 有識者懇談会については、先ほどからいろいろ話が出ています。先ほど町長もおっしゃっていましたが、何の事業でもそうですが、今回の場合は、こういった形で補助金とか扶助費の削減という形で、住民にある程度ご負担をしていただくという形になると思うんですが、そういった負担してもらったり我慢をしてもらったりする事業については、もっと住民にわかってもらえるような。私たちが幾ら言っても足りないんですわ。こうやって聞かれて、町長からいろいろな話を聞く、それはわかるんですが、先ほども出ていましたけれども、住民が、本当に豊山町の財政が厳しいんかと、どこまで厳しいんだと、どこまでやるんだと、次から次にありますので、はっきり申し上げて、これは事業をやる前に説明不足だと思うんです。いいことをやるにしても、こういった負担を強いること我慢をしてもらうことにしても、やはり、事前の説明というのは十分されていないと納得していただけない、これが一つのあれでございますので、この説明ということに対して町長は今後どのように考えてみえるか。住民に、こういったことに関して十分理解してもらっていると思っていますかということをお聞きします。

 1点だけ具体的なことを、ちょっとわからんかったものですから、教育になると思うんですが、8ページのクラウドについてです。なぜこの貸し出しシステムに急にクラウドを採用した。クラウドに更新していくという。まず、クラウドというのはどういうものかということを説明していただいて、なぜ今このシステムに変えるのか、変えることによってどういう効果があるのかと。私の調べるところでは、県内では2つの市町しか導入事例がないんですが、たしか常滑と長久手だと思うんですが、もしほかに導入事例があれば、そういうものも参考にしたんだということをお聞かせいただいて、その説明をしていただきたい。

 もう1点は町民討議会ですが、昨年2回行われまして、いろいろな提案がされました。その町民討議会で出てきた問題が、やっとこの間学泉のほうから報告書が出た段階ですから、実際に24年度に町民討議会で出てきた要望をこういうふうに取り入れたということはなかなか難しいと思うんですけれども、中には、こういう要望があったから、これはまず取り入れましたとか、町民討議会を受けて新年度の事業に取り入れた、生かしたというようなのがあれば、それをぜひお聞かせいただきたいと思います。

 それだけお願いいたします。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 何点かご質問がございました。私も行政をやっておってつくづく反省するのは、まず皆さん方にどのように周知させるか、これが一番大きな大きな課題だと思っています。私どもも、できれば、まず議会の皆さんにもある程度お話しを申し上げ、それとイコールでいくべきだということは思っております。先走りということも非常に難しいだろうと、こういうことは常日ごろ思っております。どの時期、タイミングというのが非常に難しい。ある程度確定したものについては、広報なり、そういうもので周知すれば対応できるだろうと思っております。

 今ご質問がございましたように、ホームページでやるにしても、使える人と使えない人もおられます。そうした人たちには、やはり、どこかでお話しを申し上げなければいかんと思っていますし、今は新聞折り込みでやっております広報が一番ベターだと、ベストとは言いません、ベターだと、このように思っております。先般来、いろいろなお話もございましたが、私どもは、一番いいのは平成21年につくりました学区の自主防災、ああいうところに皆さん方がお見えになる、そういう中でもできるだけ、防災を絡めた中のお話も一つずつさせていただくチャンスがありますのでやりますが、ただ、そこへ来られる人も、地域の方がたくさん来ていただければいいんですが、どちらかというと特定な方になってしまう。そうすると、それをどういうふうに持っていくかということが非常に難しいかと、このように思っています。

 いずれにしても、周知させる方法を具体的に今考えておるわけなんですが、議会軽視をしてもいけないし、それから住民を先にしてもいけない。そのタイミングといいますか、これが一番、どこの自治体でも、よくお話を聞くとそういうようなお話がございます。私としては、広報を有効に利用すべきだと、こういうことは思っておりますので、かいつまんだ中身でもいいですが、皆さんには全協という形の中でご報告申し上げ、次の広報に載せる。若干のずれ等はあるかもわかりませんが、そういう手法がいいかなと現実に思っております。この点につきましては、我々としては、周知させる手法がまだまだたくさんあるだろうと思っております。十分研究しなければならないと考えております。

 それから、共和国の話も出ました。実は、唐突な話でございまして、私は共和国という言葉をかいつまんで、これを共和国と言わずに共に和を持った話し合いだと、この前のときも各自治体が1分か2分と言われる。1分か2分でなかなか話はできませんでしたが、その中で河村市長に、我々はやはり地元の宣伝をしたいということで、フジドリームエアラインズの話をしました。よく聞いてみると名古屋市長は飛行機が嫌いということで、これも困ったなと思いまして、けれども、仲間には入ってみえますから。

 この陸地の県営空港、これは災害が起きた場合は当然必要不可欠な場所だと思っております。そのような中で、それぞれの自治体は、昨今よく新聞に出ておりますのが、ゼロメーター地帯、海部の、そういうところについては、ここ1日、2日新聞に出ております海部の自治体の首長が、市バスを入れてくれ、そのかわり避難するときはうちの高いビルを使ってもらってもいいとか、バーター条件のようなこともあるわけなんですが、私どもは、津波の心配はまずないだろうと思っています。ただ、庄内川から遡上してくるという恐れがどこまで来るかという、昨今庄内川が天井川になってきたと、中州ができてしまった、こういう問題もありますし、私どもは、やはり、地域の地区防災、そういう中でいろいろなそういう話もさせていただくんですが、対名古屋市、大都市を控えた豊山町としてやるべきこと、またお話しすること、こういうものはそれなりにお話し申し上げていきたいというふうに思っております。

 何せ、それぞれ自治体が自分自分のまちのことを思って言われます。私も先ほど来お話し申し上げております県営名古屋空港、貴重な豊山町3分の1の財産と言ってはいかんですが、だから、それを有効に使うべきことをどこへ行ってもお話し申し上げております。そのようなことで、私どもも、いろいろな方にお話しする場合は、出前講座をできるだけもっと多く利用していただきたいというのも1つございます。たとえ10人でも、小集団でも結構です。できたらそういうところにお話しを申し上げたいと、このように思っております。何せ、その手法を、これという確たるものは非常に難しいと思っています。若い人たちはインターネットで調べる、これは簡単にできると思うんですが、ある程度年配の人ですとそれができない。そうすると、さあどうしよう。それは、やはり広報を通じた媒体が一番いいかなと、これが昨今思っておる内容でございます。

 それから、個々細かいお話もございましたので、予算的に絡む部分もございますので、担当のほうから説明申し上げます。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) それでは、私のほうから事務的なお話をさせていただきたいと思います。

 まず、40周年の事業でございます。4月広報で特集を組ませていただいて、40周年についてのPRを図ってまいりたいというふうに考えております。よろしくお願いします。

 それから、施政方針のお話もございました。例年、こちらも4月広報で町の予算の状況というものをお知らせさせていただいております。そこの中で、できるだけ、今議員からご指摘があったような話については、どういう形がいいのか研究させていただいて、もう少し膨らませていただいてPRをしていきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いします。

 それから、前後するかもわかりませんけれども、町民討議会のお話もございました。議員の皆様にはちょっと遅くなりましたけれども、官学連携して、学泉大学と南山大学の先生から、町長のほうに「町民討議会の記録とアンケートの実施と分析」というのを提案いただきましたので、それを皆様にお配りした経緯でございます。その中で、やはり一番多かったのは、タウンバス、要するに地域公共交通というものが、非常に要望がございました。主要な方については24年度も、またその中で取り組んでいくというふうに変わりはございません。

 24年度に反映したものがあるかないかというお話もございました。それにつきましては、やはり、まずはタウンバスに乗ってもらわなければどうしようもないということで、予算の中でもお話しさせていただいたように、10月に無料乗車券を配って、とにかく1回乗っていただいて、リピーターではありませんが、そういう方をふやすような方法をとっていって、非常に便利だということをPRをしてまいりたいというふうに考えておりまして、10月にはそういうキャンペーンをやりたいというふうに思っております。

 また、他の議題もいただきました。それにつきましては先ほども言いましたように、24年度の中で改めてそれについて論議をしていきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いします。

 それから、防災の関係は、先ほど町長が述べられましたので、基本的には、議員がおっしゃったもの以外につきましては特段予算はございませんが、継続してやることが非常に大事かと思っておりますので、三小学校区自主防災会にも、一緒になって町も参加させていただきますし、できるだけ地元のそういうものに入っていただいてそこを高めていくことが、やはり、いざというときに一番役に立つのではないかと思っております。そういう意味では、議員もお話があったように、防災講演会でできるだけそういうこともPRしてまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いします。

 それだけだと思います。すみません。



○議長(青山克己君) 近藤生活福祉部長。



◎生活福祉部長(近藤鎮彦君) 補助金、扶助費の制度改定でございますが、住民の方に対する説明不足ではないかということのご指摘をいただいております。今回、先ほどの議員のご質問の中にもありましたように、財政運営との絡みでどうかということをおっしゃってみえますが、私ども、特に扶助費に関しましては、社会保障制度が非常にこれからふえていきます。今、地域主権という言葉も出てきておりますように、公費の負担と、それから、保険でいう被保険者の負担の割合がほとんど確定してきている状況にあります。そういう関係もありまして、例えば、給付がふえれば、当然ながら町の負担もふえてくる。率で追っていきますので、ふえていくというような状況がございます。ですから、介護保険しかり、医療制度もしかり、健康保険もしかりなんですが、非常にふえてきます。それに対応するための財源も考えていかなければいけない。

 それともう一つは、昨今、障害者福祉もそうですし、高齢者福祉もそうなんですが、新しい事業展開を考えていく上では、やはり、財源も確保していかなければいけません。また一つは、やはり、その財源確保のために財源の移行をさせていく。それと制度の整合性です。例えば、子ども手当制度がふえてまいりました。子どものための手当ということで昨今ずっと進んでおりますが、そういうような手当制度が拡充されますと、逆にこちらも町の負担というものが必ず出てきます。そういう点と、今回遺児手当を改定をさせていただくわけなんですが、やはり整合性です。所得補償という面での整合性をとっていかないと制度が維持できないというような問題もございます。

 これらを含めて、今回扶助費の見直しという部分がされておりまして、今後町の単独の扶助費制度が維持できるように、見直していきたいというふうに思っております。そういう点、まだまだ十分な説明という形は行いませんが、こういう考え方のもとにすべて進めておりますので、よろしくご理解をいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(青山克己君) 早川教育部長。



◎教育部長(早川晴男君) 図書室の図書貸し出しシステムのクラウドシステムのことについてお答えいたします。

 まず、今のシステムですけれども、クライアントサーバーシステム、図書室にサーバーコンピューターを置いて行っているシステムで運用しております。

 そこで、クラウドシステムはどういうものかという件でお答えいたします。クラウドシステムというのは、サーバーコンピューターを図書室に置くシステムではございません。サーバーコンピューターというものではなくて、契約会社の専用コンピューターで処理をするシステムであります。その専用コンピューターには専用の回線を結んで処理をしてまいります。

 それで、愛知県下でどれぐらいの団体が導入しているかということにつきましては、この件については直接調べてはございませんけれども、このクラウドシステムというのは非常に新しいシステムですので、議員がおっしゃられた程度の導入だというふうに我々も思っております。

 また、なぜクラウドシステムを導入しようかという経緯ですけれども、まず、コスト面で削減できるという提案がありました。提案で、従来型のクライアントサーバーシステムですと月額19万円程度かかる。ただ、今回のクラウドシステムにつきましては9万5,000円程度ということであります。また、運用面で、サーバーの障害やバックアップ等が軽減できる。もちろん、これはコンピューター会社の専用コンピューターで行いますので、町でのサーバー障害は起きないということになります。また、システム導入ですけれども、環境構築の手間が省ける。これも同じような理由ですけれども、サーバーで行うわけではなくてコンピューター会社の専用コンピューターで行うということで、構築の手間が省け稼働までの期間が短縮できる。また、災害時、データセンターの運用のため迅速な復旧が可能ということを踏まえて、クラウドシステムの導入をしてまいりたいと考えて、今回計上いたしました。

 以上です。



○議長(青山克己君) はい。



◆2番(今村一正君) 住民と話し合いはあるのかなということと、住民への説明を特区に関して考えていますかということ。それを一番聞きたい。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) 先ほどもちょっと申し上げました。住民との話し合いといいますか、そういうものの持っていき方で、まず、私が今お話し申し上げたというのは、出前講座、こういうようなものが、今もやっておりますが、もっと利用を促進していただけたらというところから、もっと行政と地域のそれぞれの団体との身近さを持っていくと。ただどこどこで場所を設けて云々ということは、なかなか難しさもあると思います。先ほども申し上げましたように、議会と住民とのトライアングルの中でどう持っていくかという形が難しいかなと、こう思っております。

 住民に出ていって行うということも、私はやってもいいと思っております。その場合にどういう形で持っていったらいいか、そういうこともありますし、他の自治体あたりのいろいろなものを見ておりますと、例えば、行政側がこの問題に対して行くよとか、あるところでは議会が行ってやられる、いろいろな形があると思うんです。ですから、私どもも、地元でやる場合に一番いいのは、地元の議員の方々も一緒になると両方が一番うまくいくかなという心は持っておるんですが、さて、それをどう持っていくかということが、まだこうしたいという決め手は持っておりません。できるだけ地元の方にはいろいろな話をしていきたい、それが、まずは学区制の自主防災会、このようなことをちょっとお話ししました。



○議長(青山克己君) 今村一正君。



◆2番(今村一正君) 要するに、住民に周知するというのは非常に難しいし、時間のかかる問題ですので、1つこっちに言って、今度はこっちでまた違う話が出れば、先ほどの整合性ではないですけれども、とれないという面も出てきますから、それは私も十分わかるんですが、1つのお願いとして、前回全員協議会で財政計画ですとか40周年の行事だとかを議会のほうには報告をいただきました。議長の計らいで、報告だけだよと、質問はやらないというような形で計らっていただいたものですから、今後、その手法をまずとっていただきたいんです。というのは、これはしょっちゅう言っていますからわかるんですが、住民から「議員さん、どうなっとるだ。こういう話をきいたけれども」と言われて、初めて窓口に行く、初めて副町長のところへ行ってどうなっておるんだと。「それはこうこうこうです」と言われても、「それなら議員は要らんわ、直接私が行くわ」という、これは私たちにとっても非常に致命的なことでもありますので、これは議長にもお願いして、ぜひ全員協議会でそういった行政報告をやっていただく。ただ、それについては、前回と同じような形で質疑応答なしと。報告で、あと質疑応答があれば窓口に行くというような形で進めてもらうことをやってもらえば、皆さんが説明するところを、私たちも一緒に説明していきたいと思いますので、その手法を一つはとっていただきたいと思います。

 それから、まちづくりの町民討議の報告書をいただきました。非常にまとまっていていいんですが、この中で、部長お持ちだと思うんですが、8ページ、きのうも一般質問で出ていましたが、アンケートで、「町から発信されている情報への接触度」というのがあるんです。広報「とよやま」が一番多いですわ。84%近くが見ています。その次が多いのがとよやまチャンネル、今回デジタル化しました。これを見られている方が41%。公式のホームページは、当たり前なんだけれども、20%も見てないんですよね。だから、私は、このとよやまチャンネルを1つの媒体で使うのもいいんではないかという提案をしたいと思うんです。そうすれば、町長の顔を見ながら、声を聞きながら、それは何人の人が関心を持つかわかりませんけれども、やらないよりはやったほうがいいんではないかと。とよやまチャンネルの使い方にしても、こういうふうにホームページにも出ていますが、時によっては30分、45分になることもありますよと。今までこういうことが余りないものですから、できればいろいろなことを、町のすぐ伝えたいことを、1カ月、2カ月おくれの紙媒体ではなくて、できればそういう伝えたいことは早目に、それを有効活用していけば、より多くの人に納得してもらえるような話ができるんではないかと思う。もちろん、町長のおっしゃっていることは十分大事ですよ、いろいろなところへ出向いてやられるということも。

 特区の件に関しても、先ほど申し上げましたし、町長からもお話がありましたが、非常に説明が難しいと思うんです。けれども、やはり皆さんが、これは後でも申し上げますけれども、行政に全部投げかけるんではなくて、はっきり申し上げて、行政、おまえたちでやれと、こういうのを行政が持ってきたから何とかしてくれんかというような、「こういう企業が来るで、何とか皆さん地元の人に協力してもらえんかね」ではなくて、地元で「おれたちはこういうふうにやる、だから企業を連れて来い」というぐらい、逆の反応をつくれるような。だから、意識の共有をすることが一番大事だと思うんです。条例も大事です。だけど、やはり地元の人が「よしわかった。では、ここを提供するわけではないけれども、これだけのものをみんなで考えようではないか」といった形で、こうやるで、町で一番そこを言いたかったと思うんだけれども、町長の口から言えないと思うんで私の口から言いますが、本当はそういう姿が出てくると一番ベターだなと。都市計画マスタープラン云々という話もきのうありましたが、これは二の次の問題であって、大事だけれども、やはり、一番大事なのはその辺ではないかなと思って、あえてきょうお聞きしたんです。

 尾張共和国については、うちも美化工場を名古屋にもお世話になるし、いろいろな形でお世話になるから、今後どういうふうになるかわからないけれども、1つは、先ほどおっしゃった気持ちを堅持していただいてやっていただきたいというのと、名古屋空港は、最近は、ご存じのように、名古屋市の方は口を開くたびに防災拠点という話が出て、特区のほうは、どちらかというと東向きに向いておるんですわ。臨空のあたりだとか半田のあたりだとか、あの辺の東のほうを向いた話が県のほうでも多いものですから、若干その辺ではうちのほうも心配なので。豊山を飛び越して岐阜のほうに行っちゃって、各務原の周りでわーわーやっていると。この辺もひとつ県のほうへ働きかけをぜひよろしくお願いしたいと思います。

 町民討議は、今言ったタウンバスの件は今回タイミングよくありましたけれども、そういった、町民討議でできた1つの大きなパブリックコメントだと思うんです。今まで、例えば、今回福祉のほうで健康の21世紀のパブリックコメントを求めていましたよね。開いたらゼロと。これは当然といえば当然かわからないけれども、町民討議というのはパブリックコメントを集約する1つの場所として大きな手段だと思いますので、出てきた以上は、それを何とか生かしていただきたい。タウンバスだけではなくて、いろいろなことが出てきていますので、それに対する答えを、次の町民討議会のときでもいいから、こういう意見が出たけれどもという形でフィードバックしていただきたいんです。おれらはやりっ放し、言いっ放しかというんでは、やはり参加者のモチベーションも上がっていきませんので、有効に生かしていくためには、それをぜひやっていただきたい。

 もう1点、さっき聞き忘れたんですが、今回予算的なことを言ったら申しわけないですが、FDAの480万円助成の事業をやっていますが、いろいろな方からも声が出ていますし、私も昨年の3月の議会で、23年度でこうやった240万円の補助をつけるといったときに質問をさせていただきました。豊山町民だけかねと、豊山町に在住している人だけではなくて、もっと広めたらどうですかということを質問させていただきましたら、町長のほうから、「それもわかる。とりあえずこれをやるけれども、次のステップで考えなければいかんな」という答弁をされたんですが、そんなことを聞くなと、言ったら怒られるかもわからん、町長の次のステップというのはいつごろを考えていらっしゃるのか。24年度は次のステップに入っていなかったみたいだけれども、搭乗率を上げて40万から50万というぐあいに持っていくんだったら、いろいろな人に利用してもらったらいいと思うんです。だから、豊山町の住民だったら往復6,000円ですけれども、それを半額にして、豊山町外の人とか、在勤の人とか、若干、1,500円なり1,000円にするなりして広げたほうがいいと思うんですが、町長のおっしゃる次のステップというのはどのように頭の中で考えていらっしゃるか、細かくなりましたけれども、その辺をお聞きをしたいと思います。



○議長(青山克己君) 町長。



◎町長(鈴木幸育君) まず、一番最初に行政報告の手法というお話がございました。これは、タイミングよくといいますか、この前の町民討議のものとか、そういうものが出ておりまして、今言われたとおりでございまして、やはり、広報、あるいはケーブルテレビ、こういうものをもっと利用すべきだというふうに思っております。ケーブルテレビも、途中で画像をやることによって視聴率が上がるかなということで、今、画像もいろいろな行事をやらせていただいております。そういうものも一つの手でありまして、そういう中にも、もっとPRすべきだということはつくづく考えておりますが、何せ15日ごとの区切りであるもので、それをどういう手法でやったらいいかということは常々思っております。そういうこともございますので、できるだけそういう形をもっと視野にチェンジしていきたいと思っております。

 それから、FDAのあり方でございます。私どもも、まずは、1年間の搭乗率、これを何とかして上げないと、万が一、フジドリームエアラインズが「やめた」と言われたら困るというところで、2市1町必死になってやってまいりました。ある程度の搭乗率確保ができたというようなことで、私どもも今考えておりますのは、先ほど来の話とも関連するかもわかりませんが、在勤の法人の方々がいろいろなところへ行かれると、営業をやられて豊山町とのつながりができる形があると、このように思っております。そういう形の中で本町に在勤されておる内容について、早い時期にやっていきたいということは、今思っております。そのやり方につきましても、もう少し時間をいただきながら、豊山町に貢献していただいておる法人の方々にもやるべきだと。そうすれば、もっと搭乗率もふえるだろうと思っております。そういう点については、前向きに検討していきたいと思っています。



○議長(青山克己君) 今村一正君。



◆2番(今村一正君) ありがとうございます。

 クラウドはまた委員会で聞きますからよろしいです。

 防災対策なんですが、先ほども言いましたけれども、ご答弁では、24年度に関してはこれ以上のことは考えていないと。次年度以降は次の問題ですが、今般の東日本大震災、遠くは阪神・淡路大震災、特に、うちの場合は桑名からの断層の関係もありますので、今は東南海・東海とか3連動ばかり言われていますけれども、逆に言えば、西のほうから、桑名・四日市断層のほうの直下型地震も怖いなと思っているんです。そういった意味で、今後の考えになりますが、思い切った対策を今のうちにかじを切っていくべきであると、このように思います。

 きのうも一般質問で申し上げましたように、震災はいつ起きてもおかしくない状況であると最近とみに言われておりますが、今、例えば何億円かの金をつぎ込んで防災対策をいろいろな形でやったとして、災害が起きたときに、その分は必ず「ああ、やっていてよかったな」というふうになると思うんです。今何もやらずに10億円を使うのか、今5億円を使ってあとの5億円で賄うのか、これはいろいろな考え方がありますが、先々の用心という言葉がありますが、前もってやるべきだと思います。きのうも言いましたが、BCPの問題もあります。これは、小学校、中学校も含めまして、避難施設等のいわゆる非構造部材の耐震化、天井とか窓ガラスとか、そういったものの耐震化、こういうものもあります。それから、町内の狭隘地域への緊急車両進入経路の確保、これも大事だと思うんです。耐震診断を今やっていますけれども、高齢者の方が耐震診断の書類を書くのが難しい、これを何とか簡素化してやれないかということもありますし、民間住宅の耐震化ということも進めていかなければいけないし、きのうもありましたが、街頭の消火設備の点検整備、それから、橋梁についてはちゃんと点検をしておりましたが、歩道橋についても、調べていると思うんですが、大丈夫かと。歩道橋があそこでつぶれてしまったら幹線道路は通行どめになってしまいますので、そういうことはやはり必要ではないかと。それから、もう一つは、近隣も含めまして、伊勢湾台風以降、県同士では災害の連携協定はされていますけれども、近隣もそうですが、同時に発生することはないということを想定をして、日本海側の市、または町とそういった災害の連携協定を結んでいく必要があるのではないかと。

 だから、考えれば本当に、それだけやっても、金が幾らいるだと言う、そう言われますけれども、それを使っても、やっていたことによって、いざという災害が来たときに、やっておいてよかったなというときが必ず来ると思いますので、その辺も、24年度は無理ですけれども、25年度以降といっても遅くなりますが、早目にそういった対策も考えていただいて、住民に安心をしていただきたい。72時間はタイムリミットと言いますが、72時間、3日ではもたないと思うんです。最低1週間は必要な時期が来ると思うし、逆に言えば、豊山町は液状化云々は大丈夫だよと、岩盤も強いからということになれば、この辺に地震が起きれば、豊山町から応援に行かないかんのです。来てもらうことではなくて、行くことも考えなくてはいかん。そういうことも含めて、防災対策について、しっかりともう一度取り組みを開始をしていただきたいということを申し上げまして、質問を終わります。

 ありがとうございました。



○議長(青山克己君) それでは、ここで昼食休憩に入りたいと思います。再開は1時からということにいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前11時56分 休憩

     午後1時0分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(青山克己君) 休憩を閉じ、再開をいたします。

 午前中に引き続きまして、施政方針について質疑を行います。

 質疑のある方は発言をお願いいたします。よろしいでしょうか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑は終わったようですので、質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第4号〜議案第35号(議案質疑、委員会付託)



○議長(青山克己君) 日程第2、議案第4号から議案第35号までを議題とし、議案質疑を行います。

 議案第4号住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整理についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 よろしいですか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第4号についての質疑を終結いたします。

 議案第5号豊山町暴力団排除条例の制定についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 今村一正君。



◆2番(今村一正君) 1点だけ。

 他の市町の状況なんですが、以前の説明では、清須も北名古屋もとおっしゃったんですが、北名古屋はたしか去年の4月に条例制定されておるんですが、清須とこの周辺はされているんですか。僕はされていないように思うんですけれども、これからですか。その辺を説明してください。



○議長(青山克己君) 坪井経済建設部長。



◎経済建設部長(坪井悟君) 清須市でございますが、伺っておるのは24年3月議会に条例を上げまして、施行日は24年7月1日の予定と聞いております。あと、春日井市は23年12月に議会に出されまして24年4月から施行、小牧市については年度内と聞いておりますので、今議会に上げているかどうかは確認していませんけれども、施行日も未定と聞いております。

 以上です。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

     (2番今村一正君「はい」と呼ぶ)

 ほか、よろしいでしょうか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑が終わったようですので、議案第5号についての質疑を終結いたします。

 次に、議案第6号平成24年度における固定資産税等に係る第1期の納期の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑もないようですので、議案第6号についての質疑を終結いたします。

 議案第7号豊山町精神障害者医療費支給条例の制定についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 野崎隆子君。



◆8番(野崎隆子君) 8番野崎です。

 議案第7号について質問します。

 この条例は、精神障害者の医療費支給対象者の条件を見直すに当たって、豊山町障害者医療費支給条例と区分して精神障害を独立に項目を設けたというふうに説明を受けて、そう理解しています。精神障害者医療費支給条例では、障害者自立支援医療受給者の助成対象医療費というのは、全疾患から精神疾患による通院医療費のみになるということと、診断書によるものはだめですというふうな内容だと解釈していますが、この条例を見ていましても、実態として、支給対象者が除外されていくのは何人で、削減額はどのくらいなのかということがなかなか理解できないので、予算のほうも見ながらですけれども、間違いがないかという意味で確認をしたいと思いますので、数字などについても教えていただけるとありがたいというふうに思います。

 私は、こういう条例とか、生活に密着するところでの変化については、いつも、この条例が通ったことによって、どういう方たちが、どういう生活になっていくんだろうということを常に心に刻んでいるんですが、そこで影響額をお聞きしていくわけです。説明の中では、現在診断書で受けてみえた方が4人みえて、その方たちは全員精神障害者手帳3級以上の取得が可能なので大丈夫ですと言われていました。それでいいのかということと、障害者自立支援医療受給者が94人あって、そのうち56%の方が3級以上の取得が可能だというふうに聞いていますが、医療の支給対象が全疾患入院・通院から精神疾患による通院のみに縮小されていく方というのは何人で、減少額がどのくらいになるということをお聞きしたいのですけれども、このことが聞けるのはここでしかないので、ぜひ教えておいていただきたいと思うのです。



○議長(青山克己君) 二村住民課長。



◎住民課長(二村勲君) これは予算のときにも説明しましたけれども、先ほど言いました診断書です。あれは4人で間違いない。人数からいいますと、診断書ですけれども、4人で間違いありません。

 それから、自立支援の受給者です。これも94人で、人数は議員の言われたとおりでございます。

 それから、影響額でございますけれども、診断書が107万円、これは前年度実績、ここ1年間の実績でございますので、毎年変動はします。ですから、4人の方がどれだけ使っているかですので、ここ1年は107万円でしたけれども、その後調べておりませんけれども、かなり変動はあります。これが、4人の方は107万円でございますけれども、ほとんどの方が手帳、自立支援を受けられるだろうということで、実質的な削減額はないだろうというふうに思っています。

 それから、現状自立支援で支給されている方で、いわゆる精神疾患以外の受給です。その影響額というのは300万円なんです。要するに、今回見直しで対象外となる金額です。これが実績から見ると300万円というふうに見込んでおります。ただ、これもここ1年ですので、毎年変動します。それが94人いますので、その中の53人、パーセントでいきますと56%の方は、引き続き、今度は自立支援から、2級なり3級なりという手帳を取得できる方が約56%見込まれるということで、300万円のうち56%の方が移行しますので、44%の方が削減の額になるわけです。ですから、300万円に44%を掛けますと132万円が削減される額というふうに見込んでおります。

 あと、説明のときには、これは24年度に関してですけれども、実施時期が8月でございますので、実質の削減額は約半分、支払い月からいきますと10月から3月までの半年になりますので、132万円の2分の1ということで、24年度の影響額に関しましては66万円が減額の予定ということでご説明申し上げましたので、詳しい中身は今のような内容でございます。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

     (8番野崎隆子君「はい」と呼ぶ)

 ほか、よろしいでしょうか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑が終わったようですので、議案第7号についての質疑を終結いたします。

 次に、議案第8号豊山町指定地域密着型サービス等の事業の人員等に関する基準を定める条例の制定についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 今村一正君。



◆2番(今村一正君) 2番今村です。

 議案説明のときに、これは去年の5月の一括法の関係でこうなったと。たしか、介護保険法78条の改正になるんですね。厚労省の省令から市町村の条例の制定になったわけなんですが、単純な話で、省令から市町村の条例制定に変わることによって、何がどういうふうに変わるのかというもよくわからないもので、もし、これがこういうふうに大きく変わるんですということがあれば聞かせていただきたいというのと、豊山町指定地域密着型サービス施設というのは、固有名詞を出していいかちょっとわからないですけれども、豊山町で委託してある9人床のグループホームで、1所しかありませんのでそれで間違いないと思うですが、まずそれは間違いないですよね。

 それで、中身で、ちょっとよくわからないのですけれども、第2章で認知症対応型共同生活介護、それから、第3章で、その上に介護予防というのがつきまして介護予防認知症対応型共同生活介護と、これは単に要介護度、要支援という区分けだけで見るのか、それとも何か。これはどういうふうに違うんですかね。さっき言った、豊山にある9人床のグループホームはどちらに入るのかというのもちょっとわからないもので、それも教えていただきたい。

 15ページの第38条で運営推進会議のことが書かれておりますが、運営推進会議を設置とあるんですが、この設置主体は、これを読む限りでは事業者ということになっていますので、そうなると、推進会議の構成員の選定というのは事業者が行うべきだと思うんですが、そうなるのかどうか。そうなった場合に、町の職員、もしくは地域包括支援センターの職員という形で書かれていますので、どちらがこの構成の中に入るのか、その4点を教えてください。



○議長(青山克己君) 近藤生活福祉部長。



◎生活福祉部長(近藤鎮彦君) この条例につきましては、議員おっしゃるとおり、地域主権改革の一環として、地方にも条例制定権が付与されたものでございます。今回、いろいろたくさんの基準に関して施設ごとに条例制定ができるようになっておりますが、大部分は、大きい施設につきましては都道府県の条例で定めるということになっていますので、省令からの移行がなされております。ただ、今回の地域密着型サービスにつきましては、現在でも市町村で指定ができる指定権限がある事業の一つでございまして、それに伴いまして、介護保険法の改正により、市町村の条例で基準を定めることができるようになりました。それを受けて、今回条例を上げさせていただいております。

 また、指定地域密着型サービス、介護予防と2つございます。これは何が違うかというと、先ほど議員もおっしゃられたとおり、地域密着型サービスにつきましては要介護度を持ってみえる方です。介護予防がつきますのは、要支援の方という区分でございます。ただ、事業所の基準といたしましては、それほど変わりはございません。対象者が違うということと、もう一つは、やはり、介護サービス地域密着型サービス事業所よりも少し緩和された形になっておりますが、設備の基準はほとんど同じ形になっております。私どものほうも、その中で、省令に従うべき基準、それから標準とすべき基準、参酌すべき基準ということで分けがございます。それに従いまして、私どもといたしましては、ほとんど省令に基づいた規定を設けております。ただ、1カ所違うのは、事業所の数でございます。ユニット数なんです。これが、私どものほうでは、現在豊山町では1ユニットのみ認めておりますので、そこだけ1に変えさせていただいております。それが省令の中で違う部分でございますが、できる限り、現在の省令をそのまま移行させております。

 それから、この地域密着型、第2章と第3章はそういう違いがございますし、それぞれ豊山町に1事業所を指定しております。ですから、認知症対応型共同生活介護事業所、豊山町にありますグループホームが1カ所、同じく、介護予防の事業所といたしましても指定をしております。そういう関係で、それぞれ基準を挙げさせていただいております。

 それから、運営推進会議でございますが、こちらも、今までの省令の中にも基準として設けられておりまして、事業者が設置をしなければなりませんし、2カ月に一遍は会議を開かなければいけないということになっております。委員の設定でございますが、基本的には、豊山町からも包括支援センターと福祉課のほうから2名出しております。それから、地域の民生委員とか利用者の代表ですとか、そういう方で構成されておりまして、この辺はきちんと運営がされております。

 以上でよろしかったですか。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

     (2番今村一正君「はい」と呼ぶ)

 ほか、よろしいですか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑が終わったようですので、議案第8号についての質疑を終結いたします。

 次に、議案第9号豊山町子ども福祉手当支給条例の制定についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 今村一正君。



◆2番(今村一正君) 委員会が違うものですから、わからんことばかりで、有識者懇談会の提言を受けて、所得制限の見直しという形でなされたというふうに話をお聞きしたんですが、その所得制限というのは、4ページの8条の支給の制限というところになるんですか。8条の1項、2項、3項で、いわゆる国で定める額以上の形で所得制限があるという形になると思うんですが、これも細かいですけれども、大体幾らぐらいと聞いて答えられるかな。幾らぐらいから以上が、当然子ども手当も所得制限をやってきれいな数字が出るんですから、この1項、2項、3項で違うと思うんですが、幾らぐらいからの人が外れるんだろうというのはやはり気になりますので、わかる範囲で教えていただければありがたいんですが。



○議長(青山克己君) 堀場福祉課長。



◎福祉課長(堀場昇君) 子ども福祉手当の所得制限につきましては、第8条の支給の制限で間違いはありません。それで、第1号の受給者の前年の所得でございますけれども、こちらにつきましては、国の児童扶養手当の所得制限を基準とさせていただいております。それで、これは児童扶養手当の話でございますけれども、一部支給停止ということの192万円を、これは扶養者がゼロの場合でございますけれども、扶養に応じて加算になってまいりますので、よろしくお願いをいたしたいと思います。

 それから、2号、3号につきましては、配偶者または扶養義務者ということになってまいりますけれども、この場合は、扶養者がゼロの場合を基準としますと、236万円が所得制限の基準ということになってまいりますので、それ以下の方につきまして手当の支給をしていくということになります。

 以上であります。



○議長(青山克己君) 今村一正君。



◆2番(今村一正君) そうすると、表のとおりという形、ゼロから1、2、3という場合ね。

 それで、この1項の192万円からの分に該当する人、1項、2項、3項に該当する方の人数がわかれば、どのくらいの人数がこれに該当して、年間の費用として幾らぐらいの、この人たちは、はっきり言って予算的に少なくなるわけです。どのくらいの影響があったのかということがわかれば教えてください。



○議長(青山克己君) 近藤生活福祉部長。



◎生活福祉部長(近藤鎮彦君) 今回所得制限を導入するのは初めてでございまして、これまでにないものですから、何を基準とすべきかということでございますけれども、現在、県の遺児手当というのがございます。もともと県の遺児手当は所得制限がありまして、こちらにつきましては、いつも現況届を出していただくとか、そういう手続をしていただいておりますので、そこからいきますと、推定でございます、まだ所得の調査をしておりませんのではっきり言えませんが、年間、24年4月の受給者数ではなくて児童数のほうで、大体266人を見込んでおるんですが、そのうち受給資格者の192万円という人だけはちょっと把握はできませんが、今回県の遺児手当の所得制限から見まして248人ですから、18人ほど外れるのではないかというふうに見込んでおります。1年間を通して影響する額として108万円を見込んでおるわけなんですが、ただ支給月によって児童数が変わってきますので増減がありますので、はっきりとは申し上げられませんが、24年4月当初で数字を固定した場合に108万円ぐらいの差が出てくるというふうに推定をしております。

 以上です。



○議長(青山克己君) よろしいですか。ほか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑が終わったようですので、議案第9号についての質疑を終結いたします。

 次に、議案第10号豊山町心身障害者手当支給条例の制定についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 今村一正君。



◆2番(今村一正君) 今と同じようなんですけれども、支給制限の所得制限の額なんですが、2ページの支給要件のところの書かれているのがそうではないかと思うんですが、国の特別児童扶養手当等の支給に関する法律施行令に基づいてやっていると思うんですが、概算で600万円から700万円以上の人ではないかと見ておるんですが、もし詳しい数字が、私は今600万円、700万円と概算を言っていますけれども、人数の関係もあるものですから、この辺から以上は支給の所得制限の額ですというのがわかれば教えてほしいというのと、先ほどと一緒で、その対象の人たちが何人ぐらいおって、影響額がどのくらいあるかということまで教えていただければありがたいのですが。

 以上です。



○議長(青山克己君) 近藤生活福祉部長。



◎生活福祉部長(近藤鎮彦君) こちらも、特別児童扶養手当法という法律の施行令に定められております。そのうち、これは幾つかありまして、特別障害者手当と特別児童扶養手当というのが同じ法律の中にありまして、特別障害者手当というのは20歳以上の者のほうです。特別児童扶養手当というのは18歳未満の障害を持つ子どもさんを監護している方に支払う手当でございまして、今回の制度では、特別障害者手当、20歳以上の者の方の手当の所得制限を用います。ですから、扶養義務者がゼロの場合、受給資格者本人ですが、こちらが360万4,000円、それから、配偶者、扶養義務者のほうが628万7,000円、議員がおっしゃったとおりの基準所得制限表を用います。扶養義務者数が1人ふえることにより38万円ずつプラスされていきます。

 それから、こちらも今までは所得制限がございませんでしたが、所得制限を設けさせていただきますと、総受給者数を24年4月当初で510人見込んでおります。こちらも、県の在宅重度障害者手当という制度がございますが、そちらは所得制限を設けておりますので、それに近い所得制限でございますので、そちらから見ますと、大体491人で19人ぐらい減という見込みを立てております。これも正確に所得を調べたわけではありませんので、それぐらいというふうに見込んでおります。同じ4月現在で考えた場合に、年間135万円の影響額を見込んでおります。こちらも支給月によって異動がかかりますので、それは見込まずに比較をしております。

 以上です。



○議長(青山克己君) よろしいですか。ほか。

 野崎隆子君。



◆8番(野崎隆子君) 全体の影響額はわかったんですけれども、新たに第4条のところで1、2、3というふうに区分分けをされましたよね。それによって、例えば3,500円もらっていた人が5,000円になったりとか、1,500円だった人が2,000円になったりという形で異動があると思うんです。これによる影響額も教えていただきたいというふうに思うんです。結局は、身体障害者手帳1級の人が何人みえてというのがわからないので、絶対的なイメージを持つことができないのですけれども、例えばなんですけれども、ここにずっと書いてありますよね、身体障害者手帳1級の人、2級の人、この項目ごとの人数というのはわかるんですか。わかったら教えてください。



○議長(青山克己君) 近藤生活福祉部長。



◎生活福祉部長(近藤鎮彦君) 今回、重度、中度、軽度という3区分にさせていただきました。今までは重度と中度が一緒になって、あと軽度という形で行っておりまして、身体障害者手帳の1から3級、それから知的障害の方の療育手帳のA、B判定、それから精神障害者保健福祉手帳の1級と2級、ここまでの方が従来月額5,000円。次に、それ以外の身体障害者の4級から6級、知的の療育のC、それから精神障害者保健福祉手帳の3級の方につきましては月額1,500円でございました。余りにも差が激しいというものもあるんですが、今回、重度、中度、軽度という形で、こちらは今回新しい条例の中にも表を入れておりますが、表の形のように改定をしております。

 この区分改定によりましてどれだけ差が出てくるかということですが、こちらも24年4月当初の支給見込みをそのまま移行させまして計算をしております。それによりますと、身体の3級の方が今まで5,000円から3,500円になりますので、ここで208万8,000円の減になります。対象者が116人です。次に、知的障害の療育手帳のB判定の方が19人おみえになります。この方も5,000円から3,500円になりますので、34万2,000円の減になります。次に、精神保健福祉手帳の2級の方が34人おみえになりまして、こちらの方が5,000円から3,500円になりますので、61万2,000円の減になります。今度は、身体の4、5、6級の方、それから知的のCの方、精神の3級の方につきましては、今まで1,500円だったのが2,000円に上がりますので、増額することになります。ですから、身体の4級の方が213万6,000円の増加になります。それから、身体障害者手帳の5級の方が12万6,000円の増になります。それから、身体障害者手帳の6級の方が13万2,000円の増になります。それから、知的の療育のC判定の方が12万円の増になります。それから、精神保健福祉手帳の3級の方が8万4,000円の増になりまして、これを全部合算いたしますと、全体では44万4,000円の支給総額ベースでの影響額が減になります。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

 ほかはよろしいでしょうか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑が終わったようですので、議案第10号についての質疑を終結いたします。

 次に、議案第11号公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第11号についての質疑を終結いたします。

 議案第12号豊山町議会の議員の議員報酬及び費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第12号についての質疑を終結いたします。

 議案第13号豊山町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第13号についての質疑を終結いたします。

 議案第14号豊山町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようでございますので、議案第14号についての質疑を終結いたします。

 議案第15号豊山町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第15号についての質疑を終結いたします。

 議案第16号豊山町税条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第16号についての質疑を終結いたします。

 議案第17号豊山町国民健康保険税条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 野崎隆子君。



◆8番(野崎隆子君) これについても影響額についてお聞きしたいと思いますので、医療費分で1万円値上げになりますよね。50万円が51万円になる。人数がわかったら教えてほしいと思っております。支援金分の1万円上がる人、介護分で2万円上がる人、合計額、最高額は77万円になる人の人数がわかったら教えてください。



○議長(青山克己君) 二村住民課長。



◎住民課長(二村勲君) これは昨年の本算定分ですので、24年度の本算定だと数字がちょっと変わってきますけれども、現在はそれしかわかりませんので、現時点でわかっている人数です。23年度の結果としてわかっている分です。まず、医療分が68人で掛ける1万円ですので、ここでは68万円。それから、支援金が137人、これも1万円ですので137万円、それから、介護分が28人、これは2万円ですので56万円、合計しますと261万円、全体としてはこの分だけ税収増になるというふうに考えています。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

     (8番野崎隆子君「はい」と呼ぶ)

 ほかはよろしいでしょうか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑が終わったようですので、議案第17号についての質疑を終結いたします。

 議案第18号豊山町母子家庭等医療費支給条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 野崎隆子君。



◆8番(野崎隆子君) この条例の児童扶養手当の所得制限も同じように、扶養者ゼロの場合192万円ということで理解してよろしいでしょうか。そのことで影響を受ける世帯が12世帯あると多分説明を受けたと思うんですけれども、結構大きな数だと思うんですが、現在母子とか父子で受けておられる世帯数と人数がわかったら教えてほしいと思います。



○議長(青山克己君) 二村住民課長。



◎住民課長(二村勲君) これも新たに所得制限をするという制度改正でございます。対象者数でございますけれども、すみません世帯数は把握しておりません。人数は現状で379人です。今回影響を受ける方の予定数、現状把握している段階では12世帯の26人、パーセンテージでいきますと約8%ちょっとぐらいになりますか、そのくらいの方が所得オーバーで児童扶養手当の受給者の所得制限にかかる方というふうに予定しております。

 以上でございます。

     (8番野崎隆子君「わかりました」と呼ぶ)



○議長(青山克己君) よろしいですか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑が終わったようですので、議案第18号についての質疑を終結いたします。

 議案第19号豊山町障害者医療費支給条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第19号についての質疑を終結いたします。

 議案第20号豊山町介護保険条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 野崎隆子君。



◆8番(野崎隆子君) 野崎です。

 この介護保険条例の改正については、去年の12月議会から、なるべく値上げをしない方向で考えられないかということで要望などを何回もしてきましたが、こういう数字で値上げの額とかが決まってきましたけれども、所得段階をふやしたとか、軽減を設けたというふうに説明を受けています。第3段階、軽減のところで0.63、基準額に対する割合ですけれども、設けられたということは評価するんですけれども、私は、所得の高い方の所得段階をふやして、基準額を下げて軽減階層をふやして、全体としては基準額の値上げにならないようにというふうにずっと言ってきたんです。

 第4次の介護保険料の算定のときには、第7段階が200万円以上の合計所得の方が最高額1.5になりますよと。そこが今回第7、第8段階とも190万円以上にされていて、ここの1.5倍の最高保険料というふうに設定されていますが、これには大きな理由があるのでしょうか。ここで、例えば1.75とかをつくれば、高所得のほうから保険料などは増収になってきて、基準額を上げなくてもよいのではないかというふうに考えるのですが、その辺についてのお考えというか、基準についてよろしくお願いいたします。



○議長(青山克己君) 近藤生活福祉部長。



◎生活福祉部長(近藤鎮彦君) 介護保険料でございますが、今回、まず、豊山町の場合、豊山町も、それから、北名古屋、清須もそうなんですが、6段階方式でやっております。これは政令で定められているやり方で、あと多段階方式という、もう一つ政令によって定めがありまして、これは多くの市で使われているやり方なんですが、6段階方式では、1.25の基準と1.5の基準がほとんどコンクリートされておりまして、これをさわることができない。今回多段階方式に切りかえるということも検討してみました。多段階方式にしますと、上のほうの190万円を超える所得に段階をつけていくわけなんですが、シミュレーションをかけてみますと非常に高くなっていってしまうんです。基準額を引き下げようと思いますと1.5以上の率をつくっていかなければいけなくなるわけなんですけれども、そうしますと、上のほうの段階の方の上げ幅が非常に大きくなり過ぎてしまうんです。これも、やはりご納得いただけないだろうということで、今回6段階方式で、上の5、6につきましては変更なしで計算して、基準額4,382円を出しました。

 いろいろやってみるんですけれども、やはり、軽減額をふやせば、その分、上のほうの所得の高い段階の方で徴収せざるを得なくなりますので、当然ながら上のほうの段階の方で負担をしていただく量が多くなります。ですから、それを解消しようと思いますと、上のほうの所得の段階の方の率を上げなければ基準額は下がりません。ですから、今回ぎりぎりのことで、それぞれ上げ幅の負担を少なくしていきたいということが原点にありましたので、今回そういう多段階方式はとりませんでした。

 以上です。



○議長(青山克己君) 野崎隆子君。



◆8番(野崎隆子君) 6段階でいけば、最高額は190万円以上というふうに決まりがあるんですか。豊山町は、23年度までは最高所得のところを200万円以上という形で区分されていたと思うんですけれども、それが190万円に減らされた大きな理由は何なのかなというふうに疑問に思ったわけです。なぜ最高区分のところを200万円以上ではいけなかったのかという疑問がわいてくるんですけれども、それについてお答えください。

 それから、第1号被保険者、65歳以上の負担率が20%から21%に上がりましたよね。この1%分というのは、額にすれば幾らで、例えば、これを保険料に換算すると基準額はどのくらい、こんなに上げなくてよかったのかなというところで、どのくらいになるんだろう。多分、決められてくるんだからしようがない額ですと言われると思うんですけれども、これがなかったら基準額というのはどのくらい下がったのかということを見ておきたいと思うのと、介護保険料を決めていくときに、調整交付金5%分というのが多分入っていると思うんですけれども、これは、豊山町は、いろいろな状況によってもらっていない交付金だと思うんですが、3年間の合計額でどのくらいになっているのか。それが入ってくると、保険料に換算すると上げ幅というのはどのくらい下げられたのかという疑問がありまして、それもお聞きしておきたいと思うんです。

 もう一つは、多分説明のときにされたと思うんですけれども、豊山町の被保険者は、要介護に対して使っている利用率が全国平均よりもかなり低くて60%ぐらいだと。国は70%で計算しなさいと言っているのでということで、利用率が60%で計算した場合というような説明も受けたと思うんですが、聞き漏らしたので、もうちょっと内容を教えてください。

 以上です。



○議長(青山克己君) 近藤生活福祉部長。



◎生活福祉部長(近藤鎮彦君) 190万円という限度につきましては、今回は、6段階方式の政令によりまして、住民税本人課税で前年所得金額190万円未満ということで定めてあります。政令のほうです。

 それから、第1号被保険者と第2号被保険者で全体の2分の1、50%を負担をしていただくことになりまして、第1号被保険者の割合が今まで20%であったのが21%になりました。あと、第2号被保険者が今まで30%でしたのが29%と下がりました。これは、やはり、負担していただく方の変動により1%を。第1号被保険者の方はどんどんふえていますから、そういう点を踏まえての調整だと思います。その1%ふえることによってというのは、全体の介護保険料を算定する上での集計結果から導き出さなければいけませんので、シミュレーションの中で1%差額を設けますと、基準月額で267円だったと思いますが、それぐらいの額になります。それから、もう一つは、県の財政安定化基金、これまで積み立ててきた分がありまして、その分が、297万3,000円ぐらい県が取り崩しをして、町のほうに交付金として24年度に入ります。そちらでいきますと、基準月額で26円程度の減額になっております。

 以上です。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

     (8番野崎隆子君「はい」と呼ぶ)

 ほか、よろしいでしょうか。

     〔発言する者なし〕



○議長(青山克己君) 質疑も終わったようですので、議案第20号についての質疑を終結いたします。

 次に、議案第21号豊山町営住宅条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第21号についての質疑を終結いたします。

 議案第22号豊山町養老福祉年金支給条例の廃止についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第22号についての質疑を終結いたします。

 議案第23号愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第23号についての質疑を終結いたします。

 議案第24号愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更についてを議題といたします。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第24号についての質疑を終結いたします。

 議案第25号平成23年度豊山町一般会計補正予算(第5号)についてを議題といたします。

 歳入歳出一括して受けます。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第25号についての質疑を終結いたします。

 議案第26号平成23年度豊山町国民健康保険特別会計補正予算(第5号)についてを議題といたします。

 歳入歳出一括して受けます。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第26号についての質疑を終結いたします。

 議案第27号平成23年度豊山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。

 歳入歳出一括して受けます。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第27号についての質疑を終結いたします。

 議案第28号平成23年度豊山町介護保険特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。

 歳入歳出一括して受けます。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第28号についての質疑を終結いたします。

 議案第29号平成23年度豊山町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。

 歳入歳出一括して受けます。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第29号についての質疑を終結いたします。

 議案第30号平成24年度豊山町一般会計予算についてを議題といたします。

 まず、歳入全般についての質疑を行います。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 次に、歳出についての質疑を行います。

 まず、1款議会費、2款総務費についての質疑を行います。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 大口司郎君。



◆7番(大口司郎君) 7番大口司郎です。

 概要説明書でお聞きしたいと思いますが、よろしいでしょうか。町制40周年記念事業の件でお聞きしたいと思います。



○議長(青山克己君) ページ数をお願いします。



◆7番(大口司郎君) 39ページです。

 町制40周年記念事業がことし行われるということで、町民も非常に楽しみにしてみえると思うんですが、予算の中で記念式典委託料及び記念事業委託料、これの業者選定についてはどのような方法をおとりになる予定か。それから、町キャラクター着ぐるみ作成委託料について、このキャラクターはどのような業者が何体つくられるのか。当然、1体ではいろいろ差し障りがあると思うんですが、どこでも2体ないしは3体はつくられるというふうにお聞きしているんですが、その点をお聞きいたしたいと思います。

 それから、きょうも午前中にいろいろなご質問もあったんですが、記念事業で冠事業があるんですけれども、エアポートマラソン、とよやまDEナイト、町民体育大会、産業まつり、文化展と、こういうふうに予定されていまして、これについては、予算のほうはどうなっているんですかね。それをお聞きしたいということです。

 それから、41ページ、LED防犯灯なんですが、今回試験的にLEDの防犯灯に切りかえるということなんですが、44基の予算が28万9,000円ということですが、工事請負費とはまた別だと思うんですが、賃借料28万9,000円というのは、どの部分の賃借料なのか。また、どの業者がこれに参入されるのかということです。

 それだけで結構です。



○議長(青山克己君) 平岩建設課長。



◎建設課長(平岩満君) LED防犯灯のリースの関係でお答えします。

 まず、金額につきましては、1年間の機器の金額ということで上げてありますが、合計として、6年間はこの機械を使いたいということで、1年当たりの金額をここで算出をして予算化させていただいております。業者につきましては、物品販売の業者ということで、これから選定させていただいて決めていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

     (7番大口司郎君「どの部分のリース代なのか」と呼ぶ)

 器具すべてです。ですから、設置費から中部電力の申請、当然LEDのほうが電気使用量も変わってきますので、その申請等をすべて一式という予定でございます。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 40周年の委託事業につきましては、プロポーザル方式で既に業者は決めております。12月議会で債務負担行為をお願いしまして、議会のほうへ予算は計上させていただいております。

 それから、ぬいぐるみを何体ずつかというお話ですけれども、1体を予定しておりますので、よろしくお願いします。

 それから、冠事業の予算のお話がございました。これはあくまで冠事業でありますので、別にこれといって予算をつけるわけではありません。従来の補助金の中で、その頭に「40周年記念事業」とうたうだけで、特段それについて予算は計上しておりませんので、よろしくお願いします。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

 大口司郎君。



◆7番(大口司郎君) まず、委託関係が、プロポーザル方式でもう業者が決まっているんですよね。どこがされるんですか。

 それと、キャラクターぬいぐるみを1体つくられるんですが、もし何かあったら困ると思うんで、1体ではちょっとどうかなと思うんですが、このぬいぐるみは年間を通してどのようなときにご使用される考え方なんですか。40周年の式典だけですか。

 それから、LED防犯灯なんですが、現在ポール式と電柱に取りつけ式とあるんですが、両方で、ポール式も全部変えてしまうということですか。

 以上。



○議長(青山克己君) 平岩建設課長。



◎建設課長(平岩満君) LED防犯灯の、ポール式と電柱共架式の2種類あるんですが、基本的に、電柱共架式については、同様に機器の取りかえということでやっていく予定です。ポール式については、使えるポールはそのまま利用して、器具だけ取りかえるという予定でやらせていただく予定ですので、よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 先ほどのプロポーザルの業者でございますが、電通名鉄コミュニケーションズという会社でございますので、よろしくお願いします。

 それから、どんな場面に使っていくかというお話ですけれども、県がつくりました県営名古屋空港の「なごぴょん」を見ていただきますとわかると思うんですけれども、いろいろなイベントでその着ぐるみを着てPRをするということで、当然40周年事業につきましても、そういうものを着てPRする場面があれば、できるだけいろいろな場面に「地空人」くんの着ぐるみを着てPRをしていきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いします。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) いいですか。

     (7番大口司郎君「はい」と呼ぶ)

 ほか、よろしいですか。

 粟田昌子君。



◆11番(粟田昌子君) 今の概要説明資料の44ページなんですが、多文化共生交流会の開催というのがあります。この多文化共生交流会というのはどんなふうなのか、このイメージです。多分、いろいろな国の方たちが一堂に会して何かイベントをするということだと思うんですけれども、その辺のご説明もお願いしたいと思います。

 きのう申し上げようと思っていたんですけれども、実は、私ども、これで丸4年たったんですが、豊山町国際交流の会というのを立ち上げて、年に2、3回程度ですけれども、活動しております。私どもとしては、自分たちでやりたいようにやっているんですけれども、町のいろいろなこういう行事、きのうだったら、本当は中学生たちのそういうことの受け皿になりたいなと思っていたぐらいなんですけれども、町のこういう事業に対して本当に喜んで協力いたしますので、どうぞお使いください。そのことも申し上げます。そして、今のイメージをご説明いただけたらと思います。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 今議員が言われましたように、去年はブータンのほうを社教センターの和室のほうでやらせていただいた。その前はフィリピンの方の料理教室、毎年そういう事業をやらせていただいております。ここの中で、ことしは、コーディネートを呼んでやるということは企画しておりますが、予算上の措置はしておりますが、まだ具体的にどこのということは決めておりませんので、今後詰めていきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) 粟田昌子君。



◆11番(粟田昌子君) そうしましたら、今までと同じような形でするということですか。私はもう少し発展的に考えたんですけれども、同じですかね。そうですか。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 今も言いましたように、当初は粟田議員のご協力をいただいてフィリピンの方と料理教室をやらせていただいた。去年はブータンの方を大阪から呼んで講演会というか、国の紹介をしていただいて、そういう意味では少しずつ変えてやらせていただいているんですけれども、また、やるに当たっては、ご意見もお伺いしながら考えてやっていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

     (11番粟田昌子君「はい」と呼ぶ)

 岩村みゆき君。



◆1番(岩村みゆき君) 1番岩村です。

 概要説明書の43ページの公共交通PR事業を、具体的にどのような方法を考えてみえるのか教えていただきたいです。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 施政方針のほうにも書かせていただいたんですが、10月にタウンバスをPRするということで、無料乗車券を印刷して、できるだけタウンバスの利用を呼びかけていきたい。先ほど他の議員にもお答えさせていただいたように、それで乗っていただいてリピーターをつくって、より利用者をふやしていきたいというふうに考えておりまして、ここでその無料券のための印刷費用を組んでおりますので、よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) 岩村みゆき君。



◆1番(岩村みゆき君) どのような方に配るんです。町民全員にどのような方法でというか、そこを聞きたかったんですけれども。



○議長(青山克己君) ここで15分間休憩をとります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時13分 休憩

     午後2時30分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(青山克己君) 休憩を閉じ、再開いたします。

 それでは、答弁を求めます。

 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) お時間をとっていただきましてありがとうございました。

 先ほどの10周年記念事業の無料乗車キャンペーンにつきましては、バスそのものはある程度人数もございますので、どの方法でどういうふうに配布するかは、バスの込みぐあいもありますので、今後調整させていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

     (1番岩村みゆき君「はい」と呼ぶ)

 ほか、よろしいでしょうか。

 坪井武成君。



◆5番(坪井武成君) 1つ聞かせてください。

 PRのために名刺をつくるという話がありましたね。これは職員だったですか。これはいいことだと思います。この職員が使う名刺は、写真とか絵を入れるわけ。これは共通ですか。あるいは、例えば社教センターを入れる、空港を入れる、FDAを入れる、イチローの顔も自分の顔も入れる、それもいいかと思いますけれども、そうかどうかということをよろしくお願いします。いいPRになると思います。

 それから、概要説明の39ページの一番下、財政運営事業の委託料で公会計業務支援委託料157万5,000円、これがわかりませんのでお願いをします。

 それから、42ページのとよやまタウンバスの運行で、聞き漏らしたかもしれませんが、財源内訳、県75万円、これは約半分になっています。何でしたでしょうかね、お願いします。

 もう一つ聞かせてください。選挙管理委員、それから監査、これの費用弁償、視察特別旅費といいますか、これがゼロになっておりますが、これは視察研修をやめられるのか、何かほかのあれをやめられるのか、これは委員の了解を得てといいますか、確認をしてやられておりますか。

 以上です。



○議長(青山克己君) 安藤総務課長。



◎総務課長(安藤光男君) 最初の名刺の関係になりますけれども、この名刺につきましては写真を入れます。写真につきましては、豊山町がイメージできるもの、豊山町の施設、例えば、公共施設を入れたり、また空港を入れるというような形で、名刺を見ただけで豊山町だということがわかる、PRを兼ねてという形にさせていただきます。

 それから、公会計につきましては、豊山町が今行っておりますこちらの予算については、単式簿記という形になっておりますけれども、これを複式簿記にあらわした場合どのような数字になるかというものに置きかえるような形の委託を行うものです。

 以上です。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) それから、とよやまタウンバスの県の補助金75万円のご質問がございました。予算説明書の24ページを見ていただきますと、下から6行目に市町村振興事業補助金というのがございます。これをこの財源に充てさせていただいておりますので、よろしくお願いします。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

     (5番坪井武成君「視察の話がありました」と呼ぶ)

 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 選管の委員につきましては、実は、会議でお話しをさせていただきました。議会のほうも視察がなくなったという状況もございましたので、監査委員も、特段どうしても行く理由もないので、今回についてはやめにしようということにしましたので、中止させていただきましたので、よろしくお願いします。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

 坪井武成君。



◆5番(坪井武成君) 内容はわかりました。

 そうすると、公会計業務支援の、複式にして、毎年これをやられるんですか。ことしだけなのか、毎年やっていくものですか。

 それから、今のタウンバスの、ちょっと聞き方が悪かったんですが、県の75万円というのは、昨年は147万円であった、それが半分になったということですか。そこの辺を。



○議長(青山克己君) 安藤総務課長。



◎総務課長(安藤光男君) 公会計につきましては、単年のものではなく、これから豊山町の予算、実際には決算になるわけなんですけれども、決算を今までの、こちらの今やっているような単式と、それから、改めて複式のほうで、両方で示すような形になります。複式にいたしますと、通常、企業なんかにお勤めされている経理の方が見ても非常にわかりやすいということで、今の単式ですとなかなかわかりにくいということで、同時にのせるような形につくっていただきます。ですから、毎年という形になります。

 以上です。



○議長(青山克己君) 長縄総務部長。



◎総務部長(長縄松仁君) 市町村振興事業補助金につきましては、毎年毎年県の補助額が減っております。その前は300万円ございました。去年は147万円でことしは75万円ということで、毎年減っておりまので、よろしくお願いします。

     (5番坪井武成君「わかりました」と呼ぶ)

 ほか、よろしいですか。

     〔発言する者なし〕



○議長(青山克己君) それでは、次に、3款民生費についての質疑を行います。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔発言する者なし〕



○議長(青山克己君) ないようですので、次に、4款衛生費についての質疑を行います。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 ありませんか。

     〔発言する者なし〕



○議長(青山克己君) ないようですので、次に、5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費についての質疑を行います。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 よろしいですか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、次に、8款土木費について質疑を行います。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 よろしいですか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、次に、9款消防費についての質疑を行います。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 粟田昌子君。



◆11番(粟田昌子君) 92ページですけれども。



○議長(青山克己君) 消防費です。



◆11番(粟田昌子君) では、もうだめなの。



○議長(青山克己君) 質疑はございませんか。

     〔発言する者なし〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、次に、10款教育費についての質疑を行います。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 岩村みゆき君。



◆1番(岩村みゆき君) 概要説明書の111ページ、新栄小学校の太陽光発電の内容というか、去年と多分一緒だと思うんですけれども、聞かせていただければと思います。



○議長(青山克己君) 早川教育部長。



◎教育部長(早川晴男君) 新栄小学校の太陽光発電工事ですけれども、まず、太陽光発電10キロワットを設置してまいります。それに伴う屋上防水工事、また、今、4階から屋上への実際の階段がないものですから、その階段の増設。また、各教室の照明器具の取りかえ、以上がこの工事費の内訳となっております。



○議長(青山克己君) いいですか。

 岩村みゆき君。



◆1番(岩村みゆき君) ありがとうございます。

 違うところなんですが、131ページのスカイプール改修工事ということで、これも内容のほうをお願いいたします。



○議長(青山克己君) 早川教育部長。



◎教育部長(早川晴男君) スカイプール改修工事でございます。これにつきましては、スカイプールの管理棟の2階部分で、ガラスの飛散防止をするための飛散防止フィルムを管理棟の西側、北側、これはプールサイドに面している部分ですけれども、そちらのフィルム張り工事を行ってまいります。

 以上です。



○議長(青山克己君) いいですか。

 大口司郎君。



◆7番(大口司郎君) 7番大口司郎です。

 概要説明書の110ページの豊山小学校のプール給水管改修工事及び111ページ、19節の負担金補助及び交付金の豊山小学校給水加入負担金81万9,000円、これの概要なんですが、豊山小学校のプールは、いつだったか改修された記憶があるんだけれども、あのときはどんな改修をされたのか記憶がないんだけれども、今回給水管ということですから当然修理箇所が違うと思うんですが、これはいつごろ工事予定をされるんでしょうか。それから、加入負担金というのは意味がわからないんですけれども。



○議長(青山克己君) 早川教育部長。



◎教育部長(早川晴男君) 豊山小学校プール給水管改修工事、それから、プール給水管装置設置工事、19節の豊山小学校給水加入負担金でございます。

 まず、694万6,000円ですけれども、これは、豊山小学校プールの水道管が水漏れを起こしておりますので、それの改修工事を行ってまいります。下のプール給水管装置設置工事並びに19節の豊山小学校給水加入負担金につきましては、今、豊山小学校のプールにつきましては、校庭側から道路を横断して水を給水しています。それを今回やめまして、プールそのものにメーターを取りつけるという工事を行ってまいりたいと思いますので、その経費が91万9,000円と81万9,000円となっております。

 また、工事につきましては、プール関係ですので、先ほど言いました694万6,000円は、漏水と施設のシャワー室のほうもやっていきます。まず、漏水のほうにつきましては、やはりプール開始をしていきたいと思っていますので、それまでにはやっていきたいと思います。シャワー室につきましては、今、直接漏水はされていません。ただ施設が古いものですから改修してまいりますけれども、これにつきましては、プール開始よりもおくれて、8月とか夏休み中には行ってまいりたいと思っています。直接プールに入るというものには特に支障がないということで、若干延びるかもしれませんけれども、それぐらいの予定で行っていきたいと思っています。

 以上です。



○議長(青山克己君) 大口司郎君。



◆7番(大口司郎君) そうしますと、今水漏れだというお話で、水漏れをとめる工事だけをプール使用前に施工され、あとの部分については、プールの使用期間が終了した段階で工事にかかるということでしょうか。



○議長(青山克己君) 早川教育部長。



◎教育部長(早川晴男君) そのように予定いたしております。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

 粟田昌子君。



◆11番(粟田昌子君) 粟田です。

 概要説明126ページですが、サロンコンサート事業です。これは大変人気のある事業だと思いますが、この前スタインウェイのグランドピアノのお披露目があって、それは名古屋空港の1階のロビーですが、とてもよかったんです。空港のアナウンスも入ってしまったりもありますけれども、しかし、とても音色もすばらしくて、こちらのコンサートでは、あれは電子ピアノですかね、音もそんなによくはないと思うんです。いつも職員の方がそれを運んで出し入れをなさるし、大変な労力だと思うんです。だから、せっかくなら名古屋空港を使わせてもらったらどうかなと思うんです。実際にそういう声があります。だから、あそこでするのも、ホワイエもいいですけれども、それなら、もっとピアノのいいものが欲しいというような感じがあるんです。名古屋空港のところは、多分これから何回でも使いたいんだろうと思います。町民の皆さんが空港に近くなります、空港に行くことによって身近に感じられるし、いろいろなことが、青森だとか、いろいろとそういう空港の運航の様子もわかりますし、そういう意味で、あそこのピアノを使わせていただいたらどうかなと思うですが、いかがでしょうか。



○議長(青山克己君) 早川教育部長。



◎教育部長(早川晴男君) サロンコンサートにつきましては、今、年4回、社会教育センターのほうで開いております。おおむね、毎回50人程度は来ていただいております。県営名古屋空港のピアノというお話ですけれども、当面は、とりあえず、今定着しております社会教育センターのほうで行ってまいりたいと思っております。当然、まだ事業者との話し合いも行ったこともないし、そこら辺で、当面は、まず社会教育センターで行っていく。将来的には、一度話し合って、検討もしてまいりたいと思っています。

 以上です。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

 粟田昌子君。



◆11番(粟田昌子君) 107ページですが、部活動振興事業のところで、先生方が、これは1時間500円と書いてありますけれども、部活動をご指導いただいてありがたく思います。本当にわずかなことで、先生方はこの何倍も力を尽くしていらっしゃるというか、働いてくださっているんですが、ここに差額が、ほんのちょっぴりですけれども出てまいりますね。差額500円が出るんです。体育系のところなんですが、昨年から見るとわずか500円が少なくなっているんですけれども、ちょっと計算が違うのね。四捨五入しているのね、そうですか、四捨五入ですね。わかりました。

 それと、その上のほうの外国人英語助手派遣委託料ですが、これは人数としては、今クラスをいくつぐらい持っていらっしゃるかわかりませんけれども、ふえていると思うんですが、町が雇用している外国の方はお二人だったかしら、その点もお聞きしたいです。

 それから、122ページですが、放課後子ども教室事業ですが、これはたしか試験的に豊山小学校に取り入れたと思います。これは何年ぐらい経過したことになるのかな。ほかの学校への広がりというものはどうなんでしょうか、この点についてもお尋ねしたいと思います。

 以上でございます。お願いします。



○議長(青山克己君) 早川教育部長。



◎教育部長(早川晴男君) 107ページの情操・情報・国際化事業の中の外国人英語助手、ALTの関係です。今、小学校に1人、中学校に1人ということで、2人委託契約をしています。それで、小学校は各校週1回で3回、中学校につきましては週5回、助手で授業を行っていただいています。

 122ページの放課後子ども教室につきましては、平成21年から豊山小学校で行っております。他の学校につきましては、余裕教室の関係で、今のところ豊山小学校での実施としていきたいと思っています。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

 ほか。

 坪井武成君。



◆5番(坪井武成君) 1つ聞かせてください。

 施政方針の中にも出ておりますが、バスケットボールの国際競技規則の改正だと、こういうことでバスケットコートを引き直しますということですが、聞き漏らしたかもしれません。これは中学校と社教センター、大会を主にやるところかなと思うんですが、3小学校は学校開放とかそういうこともあるんですが、その辺はどうも入っておらんように思うんですが、よろしいですか。ことしはなくて、また来年予算的に計画していくだとか、そういうことかどうかお聞きしたいと思います。



○議長(青山克己君) 早川教育部長。



◎教育部長(早川晴男君) バスケットボールのルールの関係です。3点シュートの関係で、それが広くなるということで、これが主な理由。あと、フリースローゾーンの関係で今回行ってまいりますけれども、当面、中学校と体育館を行ってまいります。理由は、議員のおっしゃられたように、対外試合を行うということで、当面はそこら辺をやっていきたいというふうに考えます。

 以上です。



○議長(青山克己君) 坪井武成君。



◆5番(坪井武成君) 今やっていくところの理由はわかりましたが、3小学校が学校開放で練習に使うと思うんです。夜間なんかに体育館を使っておりますね。それはよろしいですかということをあわせてお願いします。



○議長(青山克己君) 水野生涯学習課長。



◎生涯学習課長(水野典昌君) 議員の言われるように、実際には体育館を使っておりますが、バスケットのほうでは登録がございませんので、今のところいいと思います。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

     (5番坪井武成君「いいです」と呼ぶ)

 ほか、よろしいですか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) ほかに質疑がないようですので、次に、11款公債費、12款予備費及び債務負担行為、地方債についての質疑を行います。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔発言する者なし〕



○議長(青山克己君) よろしいですか。

 質疑がないようですので、議案第30号についての質疑を終結いたします。

 議案第31号平成24年度豊山町国民健康保険特別会計予算についてを議題といたします。

 歳入歳出一括して受けます。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 安藤春一君。



◆3番(安藤春一君) 3番安藤です。

 確認の意味で1点質問をいたします。

 予算全般を通して、全般といっても医療費と税にかかわると思いますけれども、ここ数年議論がありました一部負担金の減免、あるいは従来からあります法定で決められた6割・4割軽減以外の軽減といいますか、そういうものがこの予算の中には盛り込まれているという認識でよろしいでしょうか。



○議長(青山克己君) 二村住民課長。



◎住民課長(二村勲君) はい、今言われました、今、7・5・2の軽減、これは22年度からやっておりますし、そういうのは予算に盛り込んで24年度は計算しております。

 以上でございます。



○議長(青山克己君) 安藤春一君。



◆3番(安藤春一君) そうでありますならば、それに相対するものとして保険税の所得割の関係です。応能応益、これも従来の割合を堅持していますね。



○議長(青山克己君) 二村住民課長。



◎住民課長(二村勲君) 税率自体はなぶっておりませんので、応能応益割が極端に変動するということはございません。ただし、いわゆる所得割等がございますので、所得が減ればもちろん応益割は減るということで、応能応益割は若干、最近の傾向では応能割が少なくなりつつあります現状でいいますと、昨年の本算定部分でございますけれども、大体62対38と、これは21年度が、実績でございますが、65対35だったのが、3ポイント改善した形になっております。

 以上です。



○議長(青山克己君) ほか、よろしいですか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑が終わったようでございますので、議案第31号についての質疑を終結いたします。

 議案第32号平成24年度豊山町後期高齢者医療特別会計予算についてを議題といたします。

 歳入歳出一括して受けます。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑がないようですので、議案第32号についての質疑を終結いたします。

 議案第33号平成24年度豊山町介護保険特別会計予算についてを議題といたします。

 歳入歳出一括して受けます。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 大口司郎君。



◆7番(大口司郎君) 概要説明書176ページです。13節委託料、ケアプラの委託料なんだけれども、前年比少なくなっているんですが。



○議長(青山克己君) 介護保険です。



◆7番(大口司郎君) 入ってないんですか。失礼いたしました。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) ほかに質疑がないようですので、議案第33号についての質疑を終結いたします。

 議案第34号平成24年度豊山町介護サービス事業特別会計予算についてを議題といたします。

 歳入歳出一括して受けます。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

 大口司郎君。



◆7番(大口司郎君) 176ページの13節委託料なんですが、ケアプラの委託料なんですが、前年比減額となっていますが、これは対象者が少なくなったのか、作成するシステムが変わったのか、そこらのところをお聞かせいただきたいんですが。



○議長(青山克己君) 近藤生活福祉部長。



◎生活福祉部長(近藤鎮彦君) 介護サービス事業特会では、私ども、包括支援センターでケアプラン管理をしております。これは要支援1と2の方だけなんです。そちらのケアプラン管理をするわけなんですが、その中で、ケアプランの作成委託料につきましては、他の民間の指定介護支援事業所のほうに委託をするわけです。こちらは、昨年要支援1が、月ごとにいきますけれども、延べ228人であったのが、来年の見込みといたしまして161人に減りました。それから、要支援2の方が延べ12人、1人の方が12カ月ということだと思いますが、12人だったのが延べ10人になりますので、委託する分が減っております。

 以上です。



○議長(青山克己君) よろしいですか。

 ほか、よろしいですか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) 質疑が終わったようですので、議案第34号についての質疑を終結いたします。

 次に、議案第35号平成24年度豊山町公共下水道事業特別会計予算についてを議題といたします。

 歳入歳出一括して受けます。

 質疑のある方は発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(青山克己君) よろしいですか。

 質疑がないようですので、議案第35号についての質疑を終結いたします。

 以上をもって全議案の質疑を終結し、議案第4号から議案第35号までを、別紙でお手元に配付いたしました議案付託表のとおり各常任委員会に付託いたします。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 なお、あすは休会といたします。15日午前9時30分より福祉建設委員会を行いますので、よろしくお願いいたします。

 本日はこれにて散会といたします。

 どうもありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後3時3分 散会