議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 東郷町

平成19年第4回定例会(第1号) 本文




2007.11.26 : 平成19年第4回定例会(第1号) 本文


                  開会式
               午前10時00分開式
◯議会事務局長(近藤幸夫君)[ 3頁] ただいまから平成19年第4回東郷町議会定例会の開会式を行います。
 議長、開会あいさつ。
              [議長 星野靖江君登壇]


◯議長(星野靖江君)[ 3頁] 平成19年第4回東郷町議会定例会の開会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。
 北風に木の葉舞う季節となりました。議員各位におかれましては、公私ともに御多用のところお集まりいただき、厚く御礼申し上げます。
 また、町民の福祉向上を願いつつ、地方自治発展のため議会人として御活躍されておられますことに対し、感謝申し上げます。
 地方の時代とも言われ、従来の延長線では明るい未来の社会を構築することが困難となりました。行財政の厳しい現状を冷静に分析し、将来の選択への準備が求められています。真に自立したまちづくりを目指すことはたやすいことではありませんが、ふるさと東郷の理念を皆さんとともに築き、将来ビジョンへの責務を果たしてまいりたいと思います。
 本定例会には、愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを初めとしての11議案、請願が2件提出されております。内容につきましては、後ほど詳細な説明がありますが、いずれにしても重要な案件であり、十分なる審議をお願い申し上げます。
 また、議事運営につきましても、格別の御協力を賜りますよう、あわせてお願い申し上げまして、開会のあいさつといたします。


◯議会事務局長(近藤幸夫君)[ 3頁] 町長、招集あいさつ。
              [町長 川瀬雅喜君登壇]


◯町長(川瀬雅喜君)[ 3頁] 平成19年第4回東郷町議会定例会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 秋色さらに深まり、日増しに寒さを感じる季節になりました。議員の皆様には、公私とも御多用の中、御出席をいただきまして厚く御礼を申し上げます。
 今回の定例会におきましては、愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを初め、11案件について御審議をお願い申し上げるものでございます。
 案件の内容につきましては、後ほど御説明をさせていただきたいと存じますので、よろしく御審議いただきまして、適正な御議決を賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではありますが、開会のごあいさつといたします。よろしくお願いを申し上げます。


◯議会事務局長(近藤幸夫君)[ 4頁] 以上をもちまして開会式を終わります。
 御着席願います。
               午前10時04分閉式
             ─────────────
               午前10時04分開議


◯議長(星野靖江君)[ 4頁] ただいまから平成19年第4回東郷町議会定例会を開会いたします。
 ただいまの出席議員は20名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
 直ちに、お手元に配付した議事日程の順序に従い会議を進めます。
             ─────────────


◯議長(星野靖江君)[ 4頁] 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員には、有元洋剛議員、石川道弘議員を指名いたします。
             ─────────────


◯議長(星野靖江君)[ 4頁] 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本定例会の会期は、本日から12月19までの24日間と決定いたしまして御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、よって、会期は本日から12月19日までの24日間と決定いたしました。
             ─────────────


◯議長(星野靖江君)[ 4頁] 日程第3、諸般の報告をいたします。
 監査委員から、例月出納検査の結果、平成19年9月、10月分の一般会計、特別会計、基金、歳入歳出外現金の関係諸帳簿は、出納取扱金融機関提出の預金現在高証書と符合いたし、正確であると報告がございました。
 次に、それぞれの常任委員会から、閉会中に行いました行政視察の結果についての報告を、各位の議席に配付いたしました。
 なお、配付文書の内容につきましては、議事録に記載します。
 次に、本定例会に説明員として出席通知のありました者を、一覧表にして各位の議席に配付いたしました。
 次に、町長から送付を受けた議案は、各位のお手元に送付いたしました。
 次に、本日までに受理した請願は、各位のお手元に送付いたしました。
 以上、議長からの報告を終わります。
 次に、町長からの行政報告を各位の議席に配付いたしました。
 以上をもちまして、諸般の報告を終わります。
             ─────────────


◯議長(星野靖江君)[ 5頁] 日程第4、議案第63号愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について及び議案第64号愛知県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題といたします。
 提出者からの提案理由の説明を求めます。
 加藤副町長。
             [副町長 加藤利篤君登壇]


◯副町長(加藤利篤君)[ 5頁] 本定例会に町長から提出させていただきました議案第63号及び議案第64号につきまして、提案説明をさせていただきます。
 議案第63号愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について及び議案第64号愛知県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についての2議案は、一括して説明をさせていただきます。
 この2案件は、音羽町及び御津町が豊川市に編入合併するため、組合及び広域連合を組織する地方公共団体から脱退させることに伴い、規約を変更することについて関係地方公共団体の協議が必要であるため、規約の一部改正をするものでございます。
 したがいまして、議案第63号は音羽町、御津町及び宝飯南部学校給食組合を削ること。議案第64号は音羽町及び御津町を削るものでございます。
 なお、施行期日はいずれも平成20年1月15日であります。
 以上で、議案第63号及び議案第64号の2議案について、説明を終わらせていただきます。


◯議長(星野靖江君)[ 5頁] これをもちまして、提案理由の説明を終わります。
 これより質疑に入ります。
 発言を許します。
 13番、中川雅夫議員。
            〔13番 中川雅夫君質問席登壇〕


◯13番(中川雅夫君)[ 5頁] 議案第63号についてお伺いをいたします。
 合併によって音羽町、御津町がこの規約の中から名称がなくなることは理解いたしますが、第5条関係、別表第2、ここにおきまして12区議会議員の定数が1人、音羽町、小坂井町、御津町、宝飯南部学校給食組合、この4つの団体から1人ということで選出されていたのが、今度は小坂井町が1人でずっとやるということになります。ほかにも9区で幸田町の町長がずっと1人でやっているというようなところがあって、どういうことでこの規約で選挙区が定まっているのかが、いまいちよくわからない。それをまず説明していただいて、そして、これは今回、何の問題にもならないのかということをお伺いしたいと思います。ひとつよろしくお願いします。


◯議長(星野靖江君)[ 6頁] 答弁、市川企画部長。


◯企画部長(市川常美君)[ 6頁] 企画部長の市川でございます。
 選挙区につきましては、退職組合の議会の中で言われますように、1区から12区という形で現在決められております。今回、選挙区の対象となりますのは、先ほど申し出がありましたように、12区の音羽町、小坂井町、御津町、宝飯南部学校給食組合、この選挙区からお1人出ているわけでございますけれども、ここから音羽町、御津町、宝飯南部学校給食組合が抜けることによりまして、小坂井町1町という形になります。
 現在、ここの選挙区では小坂井町から議員が選出をされております。任期につきましては平成19年6月28日から平成21年6月27日と、この任期の中で議員を務められてみえます。今後その選挙区が小坂井町1町という形になります。
 そうした中で、平成21年6月27日までの間につきましては、今度の規約の改正の附則にありますように、ここの任期が満了するまでは小坂井町の議員さんがなされるという形でございます。
 以上でございます。


◯議長(星野靖江君)[ 6頁] 13番、中川雅夫議員。


◯13番(中川雅夫君)[ 6頁] それはわかりました。今、小坂井町の町長さんがやっておられるということで、今すぐこの規約に手をつけるつもりはないということで、それは理解しますが、もう一つ僕は聞いております。
 この選挙区はどのように決められているんですかということなんです。一方で、例えば東郷町の入っている第3区、東郷町、長久手町、尾張旭市長久手町衛生組合、尾三衛生組合、愛知中部水道企業団、日東衛生組合、これだけまとめて1人、一方で幸田町は9区、幸田町だけで1人、そして今度12区小坂井町だけで1人、一体どういう基準でこの定数は決められているのか。それについて説明をいただかないと、もう一つ理解が進まないので、よろしくお願いします。


◯議長(星野靖江君)[ 6頁] 答弁、市川企画部長。


◯企画部長(市川常美君)[ 6頁] 企画部長の市川でございます。
 現在12区につきましては、一部一町という考えでございますけれども、次回の任期以降につきましては、選挙区の見直しをしていきたいと、こんなふうには組合の方から聞いております。あと9区、11区までございますけれども、こちらの方につきましても、含めて考えていきたいというような形のものは聞いております。


◯議長(星野靖江君)[ 6頁] 13番、中川雅夫議員。


◯13番(中川雅夫君)[ 6頁] 改正の方法は、今説明された方法で結構だと思います。聞いているのは、この定数はどういうような形で選挙区が選ばれ、どういう形で定数が振られているのかという、その基本についてお伺いしているので、もう一度お願いします。


◯議長(星野靖江君)[ 7頁] 答弁、市川企画部長。


◯企画部長(市川常美君)[ 7頁] 企画部長の市川でございます。
 少し、私どもでは、今どのような形の規模で決められているかという部分については、現在ちょっと把握しておりませんので、後日確認をして、お答えをしたいと思いますけれども、よろしいでしょうか。


◯議長(星野靖江君)[ 7頁] 13番、中川雅夫議員。


◯13番(中川雅夫君)[ 7頁] それで結構だと思います。ただし、9区の幸田町1町、それから選挙区によって定数のアンバランスがあり過ぎるという感じがいたします。このことについては、どうお考えになるのかということ。それから今度の定数改正のときに、そのことについて東郷町として意見があるということは明確にしていただきたいという感じがいたします。それのためにも、この定数はどのように決められているのかということについての御回答をいただいてからということになりますので、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。


◯議長(星野靖江君)[ 7頁] ほかに質疑はございませんか。
               [発言する者なし]
 これをもちまして質疑を終わります。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第63号及び64号は、会議規則第37条第3項の規定によって委員会付託を省略することにいたします。これに御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、直ちに討論、採決に入ります。
 議案第63号愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について反対討論を許します。
               [発言する者なし]
 賛成討論を許します。
               [発言する者なし]
 討論を終結し、採決をいたします。
 議案第63号について可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 [起立全員]
 起立全員であります。
 よって、議案第63号は可決することに決しました。
 続きまして、議案第64号愛知県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について反対討論を許します。
               [発言する者なし]
 賛成討論を許します。
               [発言する者なし]
 討論を終結し、採決いたします。
 議案第64号について可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 [起立全員]
 起立全員であります。
 よって、議案第64号は可決することに決しました。
             ─────────────


◯議長(星野靖江君)[ 8頁] 日程第5、議案第65号損害賠償の額の決定及び和解についてから議案第73号平成19年度東郷町旭ヶ丘団地汚水処理事業特別会計補正予算(第1号)まで、以上9議案を一括して議題といたします。
 職員をして議案名のみ朗読させます。
 近藤議会事務局長。


◯議会事務局長(近藤幸夫君)[ 8頁] 議会事務局長、近藤です。
 議案名の朗読をさせていただきます。
 議案第65号損害賠償の額の決定及び和解について、議案第66号町道路線の認定について、議案第67号平成19年度東郷町一般会計補正予算(第3号)、議案第68号平成19年度東郷町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)、議案第69号平成19年度東郷町国民健康保険東郷診療所特別会計補正予算(第1号)、議案第70号平成19年度東郷町老人保健特別会計補正予算(第1号)、議案第71号平成19年度東郷町介護保険特別会計補正予算(第2号)、議案第72号平成19年度東郷町下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第73号平成19年度東郷町旭ヶ丘団地汚水処理事業特別会計補正予算(第1号)。
 以上です。


◯議長(星野靖江君)[ 8頁] 提出者からの提案理由の説明を求めます。
 加藤副町長。
             [副町長 加藤利篤君登壇]


◯副町長(加藤利篤君)[ 8頁] 議案第65号から議案第73号について、提案説明をさせていただきます。
 議案第65号損害賠償の額の決定及び和解についてでございます。
 この案件は、工事施工に起因して発生した損害賠償の額の決定及び和解について、議決を求めるものでございます。
 議案第66号町道路線の認定についてでございます。
 この案件は、1路線を新たに認定するものでございます。
 議案第67号平成19年度東郷町一般会計補正予算(第3号)についてでございます。
 この案件は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ3,247万9,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ98億5,572万8,000円とするものでございます。
 議案第68号平成19年度東郷町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてでございます。
 この案件は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ6,549万円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ34億3,613万5,000円とするものでございます。
 議案第69号平成19年度東郷町国民健康保険東郷診療所特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 この案件は、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ6万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億7,980万1,000円とするものでございます。
 議案第70号平成19年度東郷町老人保健特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 この案件は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1億7,751万円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ20億4,507万6,000円とするものでございます。
 議案第71号平成19年度東郷町介護保険特別会計補正予算(第2号)についてでございます。
 この案件は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ120万9,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ14億1,340万円とするものでございます。
 議案第72号平成19年度東郷町下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 この案件は、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ1,860万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ10億8,281万3,000円とするものでございます。
 議案第73号平成19年度東郷町旭ヶ丘団地汚水処理事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 この案件は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ36万9,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ468万2,000円とするものでございます。
 以上で,町長から提出させていただきました議案につきまして、提案説明を終わらせていただきます。
 なお、詳細につきましては、担当部長より説明いたします。


◯議長(星野靖江君)[ 9頁] 御苦労さまでした。
 次に、補足説明をお願いいたします。
 議案第65号、議案第66号、議案第67号、議案第72号及び議案第73号について、近藤経済建設部長、お願いします。


◯経済建設部長(近藤賢治君)[ 9頁] 経済建設部長、近藤でございます。
 経済建設部関係の議案につきまして、補足説明をさせていただきます。
 まず初めに、議案第65号損害賠償の額の決定及び和解についてでございます。
 本案件は、平成12年度建設課発注工事排水路改修工事、路線名涼松の排水路においてU型側溝を布設するために床掘りを施工したところ、現地地盤が長年の間、排水の垂れ流し状態であったため、地盤がヘドロ化しており地盤が沈下し、隣接するコンクリートブロック積み擁壁が約20センチ及び建物基礎が約1センチメートル沈下し、建物が平均6ミリ傾斜したため、建物内部の建具に最大13ミリのすき間が開き、土壁に散り切れ及びタイルがひび割れする損害が発生をいたしました。
 相手方につきましては、建物所有者が東郷町大字春木字涼松176番地51、三尾弘子氏、土地所有者につきましては、同地番の三尾則明氏で、東郷町が支払う損害賠償の額は、786万7,125円で消費税相当額37万4,625円を含んでおります。
 なお、損害賠償の内容及び損害賠償額につきましては、平成19年10月31日付で仮契約を締結し、承諾を得ております。
 議案の概要をお開きいただきたいと思います。
 補償の内容でありますが、地盤沈下により建物基礎が不等沈下を起こしているため、建物をジャッキ等により持ち上げ、建物基礎高を調整し、その後、建物内の建具の調整、土壁の補修、タイル等の補修を行うこととしております。
 補償額の算定には国の指針、建設物価版見積り等により積算をさせていただいております。
 また、施工業者山旺建設株式会社豊明支店に対しましては、先ほど説明いたしました補償内容の積算に基づき算定した補償額の総額874万1,250円のうち、1割の87万4,125円と、事故後さらなる地盤沈下を防止するために施工し、現地に埋め殺しをいたしました3型鋼製矢板、長さ5.9メートル、40枚の材料費及び施工費247万9,050円を負担させ、補償事業の約3割を負担させることとしております。
 なお、本町が工事施工計画を施行する際に土質調査を行う基準外とはいえ、細心の注意を払い土質調査等を実施せずに工事計画を作成し、事業損失事故を発生したことにつきましては、被害を与えました三尾氏及び議会及び住民の皆様に深くおわびを申し上げます。まことに申しわけございませんでした。
 今後、このようなことがないよう細心の注意を払い、工事を行ってまいりますので、御理解をいただきますようお願いを申し上げます。
 次に、議案第66号町道路線の認定についてを説明させていただきますので、議案の概要をお開きいただきたいと思います。
 また、次ページに位置図が添付してございますので、ごらんいただきたいと思います。
 認定をお願いいたします路線名につきましては、兵庫38号線、起点は東郷町兵庫4丁目4番8地先、終点は東郷町兵庫4丁目4番14地先、道路延長につきましては133.5メートル、道路の幅員は6.6メートルから11.5メートルでございます。
 本件道路は、東郷西部土地区画整理事業により、平成13年に整備された道路で豊明市東郷町境の道路で、市町境の変更により豊明市より東郷町が引き継ぐことになったことにより、今回新たに東郷町の道路として管理をするため、認定をお願いするものでございます。
 次に、議案第67号平成19年度東郷町一般会計補正予算(第3号)経済建設部所管分について説明をいたします。
 補正予算書の10ページ、11ページをお開きいただきたいと思います。
 款15項2目4農林水産業費県補助金90万円の減額でございますが、愛知県から補助金の額の決定通知があり、減額をさせていただくものでございます。
 12ページ、13ページをお開きいただきたいと思います。
 款20項4目2節5土木雑入963万4,000円の増額でございます。これは大坂池護岸整備工事負担金792万9,000円を和合地区、団体営春木川地区水管橋付替工事負担金170万5,000円を傍示本地区から、それぞれ事業費の2分の1相当額を負担していただくものでございます。
 32ページ、33ページをお開きください。
 款6項1目5農地費341万円の増額は、節15工事請負費の増額で、先ほど歳入で説明いたしました団体営春木川地区水管橋付替工事費でございます。本件工事につきましては、普通河川羽根穴川内に設置し、県道和合豊田線を横断する農業用水管が電触等により穴があき漏水が著しいため、つけかえ工事を行うものでございます。
 なお、財源更正につきましては、先ほど説明いたしました県補助金90万円を減額し、その他財源、地元負担金963万4,000円を増額し、一般財源532万4,000円を減額させていただくこととしております。
 次に、款8項3目2排水路改修費786万8,000円の増額は、議案第65号で説明いたしました事業損失補償費でございます。
 34ページ、35ページをお開きください。
 款8項5目1下水道整備費523万2,000円の増額は、節28繰出金で下水道事業特別会計繰出金でございます。内容につきましては、特別会計で説明をさせていただきます。
 次に、議案第72号平成19年度東郷町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について説明をさせていただきます。
 補正の概要につきましては、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ1,860万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ10億8,281万3,000円とさせていただくものでございます。
 3ページ、4ページをお開きいただきたいと思います。
 地方債の補正でございます。公共下水道事業債の限度額を、既定額2億5,430万円から2,350万円を減額し、2億3,080万円に変更をお願いするものでございます。
 5ページ、6ページをお開きいただきたいと思います。
 款1項1目1下水道事業受益者負担金400万円の増額は、節1現年度分の精査を行ったところ増額補正をさせていただくものでございます。
 款2項1目1下水道使用料357万4,000円の増額は、汚水使用量の増加に伴い増額をさせていただくものでございます。
 款4項1目1一般会計繰入金525万2,000円は、一般会計の繰り入れをお願いするものでございます。
 款5項1目1繰越金793万2,000円の減額は、前年度繰越金の額が決定いたしましたので、減額をお願いするものでございます。
 款7項1目1公共下水道債2,350万円の減額は、本年度の事業量等を精査させていただき補助事業分で450万円、単独事業分で1,900万円を減額させていただくものでございます。
 7ページ、8ページをお開きいただきたいと思います。
 款1項1目1一般管理費1,002万1,000円の減額のうち、節19負担金、補助及び交付金586万4,000円の減額は、説明欄、公共下水道一般管理事業費のうち、流域関連環境整備事業負担金の額が決定したため602万4,000円を減額するもので、境川浄化センターに隣接する土地改良事業に対する負担金で、6市3町が計画汚水量の按分比により負担するもので、減額につきましては、一部事業に対する同意が得られないため今年度事業を縮小するものでございます。
 下段の水洗化推進事業の浄化槽雨水貯留施設転用補助金16万円の増額は、雨水貯留施設転用申請が2件増加しましたのでお願いするもので、合計586万4,000円の減額をお願いするものでございます。
 次に、款2項1目2流域下水道維持管理事業費200万円の増額は、汚水量の増大に伴う増額で、愛知県に支出を行うものでございます。
 款2項2目2公共下水道事業費800万円の減額は、節15工事請負費において1,200万円の増額は、本年10月1日付で供用開始をいたしました白鳥、御岳地区の接続申請が予定よりハイピッチで、年度末までに約200件程度当初予算作成時より上回る予定のため、接続工事費の増額をお願いするものでございます。
 節22補償、補填及び賠償金2,000万円の減額は、今年度の水道、ガス等の占用物件移転費の額が決定したため減額をお願いするもので、合計800万円を減額させていただくものでございます。
 9ページ、10ページをお開きください。
 款3項1目1元金の財源更正は、先ほど説明しました使用料が357万4,000円の増額に伴い使用料徴収事務委託料及び境川流域下水道維持管理負担金に要した費用を差し引いた額137万4,000円をその他財源に充当し、同額を一般財源から差し引くものでございます。
 目2利子258万5,000円の減額は、借り入れ利子について約0.4%引き下げられたため減額となったものでございます。
 次に、議案第73号平成19年度東郷町旭ヶ丘団地汚水処理事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 補正の概要は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ36万9,000円を増額し、歳入歳出の総額を歳入歳出それぞれ468万2,000円とするものでございます。
 3ページ、4ページをお開きいただきたいと思います。
 目1財政調整基金繰入金36万9,000円の増額は、基金から繰り入れをさせていただき、歳入歳出の調整を図るものでございます。
 5ページ、6ページをお開きください。
 目1一般管理費36万9,000円の増額は、平成19年4月1日付の人事異動に伴います人件費の更正をお願いするものでございます。
 以上で経済建設部関係の議案の補足説明とさせていただきます。よろしくお願いをいたします。


◯議長(星野靖江君)[13頁] 御苦労さまでした。
 続きまして、議案第67号について真野総務部長。


◯総務部長(真野幸則君)[13頁] 総務部長の真野でございます。
 議案第67号平成19年度東郷町一般会計補正予算(第3号)総務部関係分について御説明をさせていただきます。
 6ページ、7ページをごらんいただきたいと思います。
 第2表、地方債補正でございます。臨時財政対策債につきまして、限度額を3億7,326万3,000円に変更するものでございます。
 歳入について御説明をいたします。
 8ページ、9ページをごらんください。
 款1町税、項2目1の固定資産税の7,641万4,000円の増額補正は、土地家屋償却資産の収入見込み額の増額によります。
 項5目1の都市計画税の239万9,000円の増額補正は、土地家屋の収入見込み額の増額によります。
 款9地方特例交付金項1目1の地方特例交付金の51万円の減額補正は、交付額が確定したことによります。
 項2目1の特別交付金407万7,000円の減額補正は、これも交付額が確定したということによります。
 おめくりをいただきまして、10ページ、11ページをごらんください。
 款15県支出金、項2目6の消防費県補助金の44万4,000円の減額補正は、補助金の額が確定したことによります。
 項3目1の総務費委託金の1,903万9,000円の増額補正は、総務費委託金が愛知県議会議員一般選挙の事業終了により150万6,000円の減額、これと徴税費委託金は、県民税徴収取扱委託金の決算見込み額の増ということによりまして、2,054万5,000円を増額するということによります。
 款16財産収入、項1目2の利子及び配当金の19万6,000円の増額補正は、財政調整基金の定期預金の利子の発生によります。
 項2目1の不動産売払収入の332万8,000円の増額補正は、普通財産の土地を売り払ったことによります。
 款18繰入金、項2目1の財政調整基金繰入金の4,187万6,000円の減額補正は、歳入歳出の調整によります。
 款21項1目1の総務債の2,673万7,000円の減額補正は、臨時財政対策債の発行可能額が確定したということによります。
 次に、歳出についてでございます。
 16ページ、17ページをごらんください。
 款2総務費、項1目5の財産管理費の496万7,000円の増額補正につきましては、説明欄をごらんください。旧庁舎の補修工事で35万7,000円、契約管理関係作業工賃で147万円、巡回バス運行事業でバス路線の一部改定見直し、この関係で314万円でございます。
 おめくりをいただきまして、18ページ、19ページをごらんください。
 目10地域振興事業費の20万円の増額補正につきましては、説明欄をごらんください。地域交流事業で大滝村の宿泊施設利用助成金を増額するというものでございます。
 次に、項2目3の収納費の331万1,000円の増額補正につきましては、人件費の補正以外では、おめくりをいただきまして21ページの説明欄をごらんください。上段のところでございます。前納報奨金の額の確定によりまして、95万7,000円、新収納システムに係る納付書等の印刷代が13万4,000円、還付金及び還付加算金で199万3,000円と11万7,000円ということでございます。
 次に、項4目3の参議院議員通常選挙費の241万9,000円の減額補正は、事業が終了したことによるものでございます。
 おめくりをいただきまして、22ページでございます。
 目4の愛知県議会議員一般選挙費の105万円の減額補正は、これも事業が終了したということによるものでございます。
 目5の東郷町議会議員一般選挙費の228万8,000円の減額補正は、これも事業が終了したということによるものでございます。
 次に、34ページ、35ページをごらんください。
 款9消防費、項1目2の非常備消防費につきましては、財源更正でございます。
 次に、38ページ、39ページをごらんください。
 款13諸支出金、項1普通財産取得費、目1積立金の352万5,000円の増額補正は、財政調整基金積立金事業で定期預金により発生いたしました利子19万6,000円を利子積立金とするものでございます。
 また、公共施設整備基金積立金事業で普通財産土地売払収入332万9,000円を予算積立金とするものでございます。
 以上で、総務部関係の補足説明を終わります。よろしくお願いをいたします。


◯議長(星野靖江君)[15頁] 御苦労さまです。
 続きまして、議案第67号について、市川企画部長お願いします。


◯企画部長(市川常美君)[15頁] 企画部長の市川でございます。
 議案第67号平成19年度一般会計補正予算(第3号)の企画部所管分について説明をさせていただきます。
 一番最後になりますけれども、40ページの給与費明細書をごらんいただきたいと思います。
 1の特別職でございますけれども、そこの表の下段の方になりますけれども、比較の長等の欄をごらんいただきたいと思います。給料110万円、それから期末手当15万円、共済費30万5,000円、これは町長の給料の減額に係る精査と副町長就任による期末手当の精査、共済組合、退職手当組合の負担率の変更等により、増額をお願いするものでございます。
 それから、そこの欄のその他の特別職の欄でございますけれども、2名の減は投票立会人の2名の減員と報酬1万8,000円の減額をお願いするものでございます。
 続いて、2の一般職でございますが、これも比較の欄をごらんいただきたいと思います。
 まず、職員数のところですけれども、職員8名の増、給料905万4,000円の減額、職員手当823万2,000円の増額、共済費185万円の減額でございますけれども、これは職員の採用、退職、人事異動等による精査、それから人事院勧告に伴う給与改定、諸手当の精査、共済組合、退職手当組合の負担率の変更等により補正をお願いするものでございます。
 なお、職員手当のうち人事院勧告により改定が見込まれる手当につきましては、子等に係る扶養手当の部分の引き上げと勤勉手当の引き上げでございます。
 それから、時間外勤務手当417万5,000円の増額につきましては、主なものは確定申告、医療制度改正等の関係事業についてお願いをするものでございます。
 なお、他の特別会計の人件費につきましても同様の考えでございますので、よろしくお願いいたします。
 それから、17ページをお願いをいたします。
 中段の欄になりますけれども、2款1項6目企画費、説明欄をごらんをいただきたいと思います。
 その中の、いこまい館見直し事業、11節需用費の印刷製本費69万7,000円でございますけれども、これは見直しに係る第2回目の全世帯に対する住民アンケートの用紙の印刷代、封筒、封入等に係る経費をお願いをするものでございます。
 それから、その下の9目人事管理費、これも説明欄の下段の方になりますけれども、4節共済費、労働者災害保険料85万円の減額につきましては、臨時職員に係る労働災害保険、雇用保険の保険料でございます。保険料の執行状況を踏まえ精査をし、減額をするものでございます。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。


◯議長(星野靖江君)[16頁] お諮りいたします。
 ここで暫時休憩にしたいと思いますけれども、御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、暫時休憩をいたします。
 再開は11時10分といたします。
 よろしくお願いいたします。
               午前10時54分休憩
             ─────────────
               午前11時10分再開


◯議長(星野靖江君)[16頁] それでは、休憩前に引き続き補足説明をお願いいたします。
 議案第67号について、藤井会計管理者、お願いします。


◯会計管理者(藤井一夫君)[16頁] 会計管理者の藤井でございます。
 議案第67号平成19年度東郷町一般会計補正予算(第3号)会計課所管分の補足説明をさせていただきます。
 14ページ、15ページをお開き願います。
 歳出の款2総務費、目4会計管理費5万5,000円の減額につきましては、給料職員手当等157万8,000円を減額させていただき、節13委託料で新財務システム等に対応するため、歳入システムのプログラム委託料としまして152万3,000円を増額するものであります。したがいまして、差し引き5万5,000円の減額補正をお願いするものでございます。
 以上で、会計課所管分の補足説明とさせていただきます。


◯議長(星野靖江君)[16頁] 続きまして、議案第67号及び議案第71号について、山内福祉部長、お願いします。


◯福祉部長(山内慎二君)[17頁] 福祉部長の山内でございます。
 福祉部関係議案につきまして、補足説明をさせていただきます。
 初めに議案第67号平成19年度東郷町一般会計補正予算(第3号)福祉部所管分について説明をさせていただきます。
 歳入でございます。
 8ページ、9ページをお願いいたします。
 14款1項1目民生費国庫負担金、1節社会福祉費負担金61万5,000円の増額は、説明欄のとおり障害者自立支援給付費国庫負担金について、歳出で説明いたします身体障害者に対する補装具給付費の増加に伴い、国庫負担が増額となるものでございます。国の負担は2分の1でございます。
 同じページ一番下、15款1項1目民生費県負担金、1節社会福祉費負担金32万6,000円の増額は、説明欄の下段、障害者自立支援給付費県費負担金につきましても、国庫負担金と同様補装具給付費の増額に伴う県の負担分で、負担率4分の1でございます。
 次のページをお開きください。
 17款1項2目民生費寄附金50万円の増額につきましては、先日亡くなられました元県会議員の野々山啓氏の御遺族から高齢者福祉事業にということで、御寄附いただいたものでございます。
 続いて、歳出でございます。
 24ページ、25ページをお開きください。
 3款1項1目社会福祉総務費1,565万4,000円の増額でございます。説明欄をごらんいただきたいと思います。一番下、障害者自立支援給付費事業、20節扶助費で補装具費が当初予算の想定を大きく上回っておりますので、今後の利用を見込んで123万円を計上させていただいております。
 一番下、4目老人福祉費は143万8,000円の減額でございますが、人件費、割愛いたしまして、次のページをお開きください。
 高齢者在宅支援サービス事業委託料として、工事委託料13万2,000円及び機械器具等購入費63万円、合わせて76万2,000円の増額は、歳入で説明いたしました寄附金を充当させていただいて、緊急通報システム10カ所分の整備を図るものでございます。
 同じページ、8目介護保険事業費188万9,000円の増額は、説明欄一番下、介護保険特別会計繰出金120万9,000円でございますが、介護保険特別会計への繰出金を介護保険の事務費等の増額に伴い、増額補正をお願いするものでございます。
 次のページをお開きください。
 2目児童館費257万円の増額でございます。説明欄の下、児童館管理事業、光熱水費43万4,000円の増額は、児童館の電気代に不足が見込まれますので、計上させていただいております。
 一つ飛んで、4目保育園費104万1,000円の増額は、人件費、割愛いたしまして、保育園管理事業で大きくなり過ぎました樹木の伐採委託料24万1,000円を計上させていただきました。
 一般会計は以上でございます。
 続いて、特別会計について説明させていただきます。
 介護保険特別会計補正予算書をごらんいただきたいと思います。
 今回の補正は、既定の予算の総額に、歳入歳出それぞれ120万9,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ14億1,340万円とするものでございます。
 3ページ、4ページをお開きください。
 歳入でございます。
 6款1項4目事務費等繰入金120万9,000円の増額につきましては、歳出の事務費等の増額に伴い、一般会計から繰り入れるものでございます。
 5ページ、6ページをお開きいただきたいと思います。
 歳出でございます。
 1款1項1目一般管理費68万3,000円の増額につきましては、説明欄にありますとおり町の電算の基幹システムの変更に伴い、介護保険システムの改修が必要となったため所要額を補正計上するものでございます。
 その下、3項1目介護認定審査会費52万6,000円の増額は、認定審査会の開催回数の増加に伴い、補正計上させていただくものでございます。
 福祉部、以上でございます。


◯議長(星野靖江君)[18頁] 御苦労さまです。
 続きまして、議案第67号、議案第68号、議案第69号及び議案第70号について、小島健康部長、お願いいたします。


◯健康部長(小島富夫君)[18頁] 健康部長の小島でございます。
 議案第67号平成19年度東郷町一般会計補正予算(第3号)でございます。健康部の所管分について補足説明をさせていただきます。
 まず、歳入でございます。
 8、9ページをお開き願いたいと思います。
 14款国庫支出金、1項1目5節の保険基盤安定負担金でございますが、保険者支援分の確定によりまして、10万8,000円の減額補正でございます。
 次ページをおめくりいただきたいと思います。
 15款県支出金、1項1目5節の保険基盤安定負担金137万7,000円の減額補正でございますが、保険税軽減分及び保険者支援分の確定によるものでございます。
 歳入につきましては、以上でございます。
 歳出につきまして、人件費につきましては省かせていただきます。
 24、25ページをお開き願います。中ほどでございます。
 3款1項2目国民健康保険費、28節繰出金197万8,000円の減額補正でございますが、保険基盤安定負担金の減額によるものでございます。
 その下にございます3目福祉医療費の23節の償還金、利子及び割引料の23万8,000円でございますが、平成18年分の精算による福祉医療費等補助金の返還が生じましたので、増額補正をさせていただくものでございます。
 28節繰出金1,378万6,000円の増額補正でございますが、こちらは老人保健医療給付費の増加によります老人保健特別会計への繰出金を増額するものでございます。
 続きまして、30、31ページをごらんください。
 4款1項1目保健予防総務費、28節繰出金でございます。こちらは人件費更正のための東郷診療所特別会計への繰出金を7万円減額補正するものでございます。
 一般会計につきましては、以上でございます。
 続きまして、議案第68号平成19年度東郷町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について補足説明をさせていただきます。
 今回の補正によりまして、既定の予算総額に、歳入歳出それぞれ6,549万円を増額させていただきまして、歳入歳出総額をそれぞれ34億3,613万5,000円とさせていただくものでございます。
 3、4ページをごらんください。
 初めに、歳入でございますが、2款1項1目療養給付費等負担金の現年分でございます。老人保健医療費拠出金負担金の額が確定をしてまいりましたので、573万5,000円を増額し、介護給付費負担金につきましても同様に額の確定によりまして、16万2,000円を、こちらは減額をするものでございます。
 4款1項2目財政調整交付金の1節普通調整交付金につきましては、51万2,000円減額するものでございます。
 6款1項1目利子及び配当金でございますが、預金利子の確定によりまして7万7,000円増額するものでございます。
 それから、7款1項1目一般会計繰入金でございますが、保険基盤安定繰入金の額が確定をしてまいりましたので、一般会計からの繰入金197万8,000円を減額するものでございます。
 同じく、7款2項1目基金繰入金でございますが、歳出予算の財源に使用するため6,233万円、財政調整基金から繰り入れをするものでございます。
 歳入につきましては、以上でございます。
 次ページをごらんください。
 1款1項1目一般管理費でございますが、11節の需用費でございます。退職者医療保険証等の印刷代といたしまして14万5,000円増額し、12節役務費でございますが、保険証の配達記録郵便代といたしまして、72万円を増額させていただくものでございます。13節委託料10万5,000円の増額につきましては、配達記録証作成委託料でございます。15節の工事請負費75万4,000円の増額につきましては、電算システムの配線工事費用でございます。18節備品購入費といたしまして、18万6,000円はパソコンの購入費用でございます。
 2項1目賦課徴税費でございますが、新システム対応用の納書等の印刷製本費といたしまして、35万6,000円の増額をするものでございます。
 3款1項1目老人保健医療費拠出金につきましては、医療費の確定によりまして6,338万6,000円を増額するものでございます。
 2目老人保健事務費拠出金につきましても、事務費の確定により23万7,000円を増額するものでございます。
 4款1項1目介護給付費でございますが、介護給付の事務費が確定をしてまいりましたので、47万6,000円の減額をさせていただくものでございます。
 次ページに移りまして、7款1項1目基金積立金でございますが、財政調整基金の利子7万7,000円を国保財政調整基金に積み立てをさせていただくものでございます。
 以上のとおりでございます。
 続きまして、議案第69号平成19年度東郷町国民健康保険東郷診療所特別会計補正予算(第1号)について補足説明をさせていただきます。
 今回の補正によりまして、既定の予算の総額に、歳入歳出それぞれ6万8,000円を減額し、歳入歳出の総額を1億7,980万1,000円とするものでございます。
 3、4ページをごらんください。
 歳入でございます。
 3款1項1目利子及び配当金でございますが、基金利子の確定によりまして、2,000円の増額をさせていただくものでございます。
 4款1項1目一般会計繰入金でございますが、職員の人件費の調整により7万円の減額補正をするものでございます。
 次ページをごらんください。
 歳出でございます。
 1款1項1目一般管理費29万円の減額、4款1項1目訪問看護事業費22万円の増額でございますが、こちらにつきましては、職員の異動に伴う人件費調整でございます。
 5款1項1目積立金でございますが、預金利子2,000円を基金に積み立てるものでございます。
 診療所の関係は以上でございます。
 続きまして、議案第70号平成19年度東郷町老人保健特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 今回の補正によりまして、既定の予算の総額に、歳入歳出それぞれ1億7,751万円を増額し、歳入歳出の予算総額をそれぞれ20億4,507万6,000円とするものでございます。
 2、3ページをごらんください。
 1款支払基金交付金から4款繰入金までの補正につきましては、歳出における老人保健医療費の増額見込みによりまして、それぞれ負担割合により1款支払基金交付金におきましては9,479万1,000円、2款国庫支出金におきましては5,514万7,000円、3款県支出金におきましては1,378万6,000円、4款一般会計繰入金につきましても1,378万6,000円をそれぞれ増額するものでございます。
 次ページをごらんください。
 1款1項1目医療給付費でございますが、医療給付費の増加見込みにより、1億6,984万2,000円を増額させていただき、2目医療費支給費におきましては、はり・きゅう、マッサージ等の治療費の増加により、766万8,000円を増額するものでございます。
 以上のとおりでございます。よろしくお願いをいたします。


◯議長(星野靖江君)[21頁] ありがとうございました。
 続きまして、議案第67号について、藤野教育部長、お願いいたします。


◯教育部長(藤野幹雄君)[21頁] 教育部長の藤野でございます。
 一般会計補正予算の教育部所管分につきまして、補足説明をさせていただきます。
 一般会計補正予算書8ページ、9ページをお開きください。
 下段になりますが、14款国庫支出金、2項4目の教育費国庫補助金、2節で私立幼稚園就園奨励費補助金394万3,000円の減額でございます。これは、文部科学省からの補助金で補助基準額の約4分の1が交付されるものですが、文部科学省の19年度補助基準額をアップするという概算要求に基づき歳入措置しておりましたが、要求どおり認められなかったため,その差額分を今回減額させていただくものでございます。
 続きまして、歳出でございますが、34ページ、35ページをお願いいたします。
 10款教育費、1項2目事務局費1,609万5,000円の減額でございます。説明欄下段でございますけれども、19節私立幼稚園就園奨励費補助金1,430万2,000円の減額につきましては、今、歳入のところで御説明いたしました国庫補助金が減額されたことにより、減額させていただくものでございます。
 その一番下、私立幼稚園経常費補助金15万5,000円の減額につきましては、額の確定により減額させていただくものでございます。
 1枚はねていただきまして、36ページ、37ページをお願いいたします。
 2項小学校費、1目学校管理費242万1,000円の増額をお願いをいたします。説明欄15節工事請負費223万1,000円の増額でございます。これは昭和63年以来、諸輪小学校の学習農園としてお借りしておりました土地、畑でございますが、1,363平米を今回廃止することになり、その土地に布設しておりました水道管、堆肥置き場の撤去費用、また整地の費用など97万1,000円、かわりまして学校敷地内に100平米確保いたしまして、そこの土の入れかえ、給水施設、堆肥置き場の整備費126万円でございます。
 次に、下段の方になりますが、4項社会教育費、4目文化財保護費90万8,000円の増額でございます。説明欄をごらんください。
 文化財保護事業でございますが、8節報償費13万円の増額でございます。これは当初見込んでおりませんでした埋蔵文化財が見つかり、その埋蔵範囲を確認するための調査員の謝礼金でございます。
 続いて、19節負担金、補助及び交付金32万6,000円につきましては、町の指定天然記念物でございますアベマキの枝が折れました。そのため、その修復に要する費用の2分の1を所有者に支払うものでございます。
 一番下になりますが、歴史民俗資料事業で郷土資料整理・データ化委託料45万2,000円の増額でございます。これも先ほど御説明させていただきました埋蔵文化財が見つかったということによります範囲確認のための測量代でございます。
 次に、1枚はねていただきまして、38ページ、39ページをお願いいたします。
 5項保健体育費、5目の共同調理場費全体で284万円の減額でございますが、人件費を除く増額部分の説明をさせていただきます。説明欄をお願いいたします。燃料費86万1,000円につきましては、ボイラー用の重油代、そして光熱水費51万円の増額につきましては、水道代でございますが、これらが不足いたしますので,今回増額をお願いするものでございます。
 そして、13節電算処理委託料48万9,000円につきましては、給食及び栄養管理のための電算処理システムを今回バージョンアップするための費用でございます。
 以上で補足説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


◯議長(星野靖江君)[22頁] 御苦労さまでした。
 これをもちまして提案理由の説明を終わります。
             ─────────────


◯議長(星野靖江君)[22頁] 日程第6、請願第4号深刻な医師不足打開のための法制定を求める請願及び請願第5号看護職員確保法の改正を求める請願についてを議題といたします。
 ただいま議題となっております請願第4号及び請願第5号をお手元に配付してあります請願文書表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。これに御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、よって、請願第4号及び請願第5号はお手元に配付してあります請願文書表のとおり、所管の常任委員会に付託することに決しました。
             ─────────────


◯議長(星野靖江君)[23頁] 日程第7、東郷町選挙管理委員会委員(4名)及び補充員(4名)の選挙を行います。
 お諮りいたします。
 選挙の方法については地方自治法第118条第2項の規定によって、指名推選にしたいと思いますが、御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。
 お諮りいたします。
 指名の方法については議長が指名することにしたいと思いますが、御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、よって、議長が指名することに決定しました。
 選挙管理委員には、諸輪字下市82番地、近藤芳人氏、和合字前田100番地2の石川正己氏、春木字白土86番地1の鬼頭通起氏、春木台1丁目5番地19の林弘明氏、以上の方を指名します。
 お諮りいたします。
 ただいま議長が指名した方を選挙管理委員の当選人と定めることに御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、よって、ただいま指名しました近藤芳人氏、石川正己氏、鬼頭通起氏、林弘明氏、以上の方が選挙管理委員に当選されました。
 続きまして、選挙管理委員補充員には次の方を指名いたします。第1順位、春木字東前田27、石川末男氏、第2順位、白鳥4丁目4番地1、押草団地207棟806号、岡村善夫氏、第3順位、清水3丁目11番地2、野々山和夫氏、第4順位、諸輪字北木戸西48番地509号県営諸輪住宅3棟307号、小沢憲二氏、以上の方を指名いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま議長が指名いたしました方を選挙管理委員補充員の当選人と定めることに御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、よって、ただいま指名いたしました第1順位、石川末男氏、第2順位、岡村善夫氏、第3順位、野々山和夫氏、第4順位、小沢憲二氏、以上の方が順位のとおり選挙管理委員補充員に当選されました。
             ─────────────


◯議長(星野靖江君)[23頁] 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 お諮りいたします。
 議案精読のため、明11月27日から12月4日まで休会とし、12月5日より本会議を開きたいと思います。これに御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、よって、明11月27日から12月4日まで休会といたし、12月5日午前10時から本会議を開きますのでお集まり願います。
 なお、質疑の通告は、11月28日午後4時までに議会事務局に提出願います。
 本日はこれをもちまして散会いたします。
               午前11時40分散会