議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 東郷町

平成18年第3回定例会(第1号) 本文




2006.08.31 : 平成18年第3回定例会(第1号) 本文


                  開会式
               午前10時00分開式
◯議会事務局長(真野幸則君)[ 3頁] ただいまから、平成18年第3回東郷町議会定例会の開会式を行います。
  議長、開会あいさつ。
              [議長 近藤秀樹君登壇]


◯議長(近藤秀樹君)[ 3頁] 平成18年第3回東郷町議会定例会の開会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。
 立秋も過ぎたとはいえ、まだまだ残暑厳しい折、議員各位には公私ともに御多忙のところお集まりいただき、厚く御礼申し上げます。
 さて、本定例会には、公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正についてを初め、平成17年度の各会計の決算認定など重要な案件が多数提出されております。内容につきましては、後ほど詳細な説明がございますが、議員各位には綿密周到な御審議を賜り、適正にして妥当な議決に達しますよう念願するものでございます。
 なお、議事運営につきましても、皆様の格別の御協力を賜りますよう、あわせてお願い申し上げ、開会のあいさつといたします。


◯議会事務局長(真野幸則君)[ 3頁] 町長、招集あいさつ。
              [町長 石川伸作君登壇]


◯町長(石川伸作君)[ 3頁] 平成18年第3回東郷町議会定例会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 日中はまだまだ暑さが続きますが、議員の皆さんには、公私とも御多用の中御出席をいただきまして、厚く御礼を申し上げます。
 今回の定例会におきましては、公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正についてを初め、平成17年度東郷町一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定など16案件の御審議をお願い申し上げるものでございます。
 案件の内容につきましては、後ほど御説明をさせていただきたいと存じますので、よろしく御審議いただきまして、御承認を賜りますようお願い申し上げ、開会のごあいさつといたします。


◯議会事務局長(真野幸則君)[ 3頁] 以上をもちまして開会式を終わります。
 御着席願います。
               午前10時04分閉式
             ─────────────


◯議長(近藤秀樹君)[ 3頁] 本日は、場内が暑くなっていますので、上着の着脱は自由といたします。
             ─────────────
               午前10時05分開議


◯議長(近藤秀樹君)[ 4頁] ただいまから平成18年第3回東郷町議会定例会を開会いたします。
 ただいまの出席議員は19名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
 直ちに、お手元に配付した議事日程の順序に従い会議を進めます。
             ─────────────


◯議長(近藤秀樹君)[ 4頁] 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員には、野々山充議員、浅井勇夫議員を指名いたします。
             ─────────────


◯議長(近藤秀樹君)[ 4頁] 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本定例会の会期は、本日から9月15日までの16日間と決定いたしまして御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、よって、会期は本日から9月15日までの16日間と決定いたしました。
             ─────────────


◯議長(近藤秀樹君)[ 4頁] 日程第3、諸般の報告をいたします。
 監査委員から、例月出納検査の結果、平成18年5月分、6月分、7月分の一般会計、特別会計、基金歳入歳出外現金の関係諸帳簿は、出納取扱金融機関提出の預金現在高証書と符合いたし、正確であると報告がございました。
 次に、去る8月14日に、4番川瀬雅喜議員より議員を辞職したい旨の願いが提出されました。よって、議会は閉会中のため、地方自治法第126条ただし書きの規定により、8月15日にこれを許可いたしましたので報告いたします。なお、関連措置として、東郷町選挙管理委員会に対し、同日通告いたしました。
 ここで、議席についてお諮りいたします。
 4番議席は空席として、他の議員の議席については従来どおりの議席といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、よって、4番議席は空席とし、他の議員の議席については従来どおりとすることに決しました。
 次に、本定例会に説明員として出席通知のありました者を、一覧表にして各位の議席に配付いたしました。
 次に、町長から送付を受けた議案は、各位のお手元に送付いたしました。
 以上、議長からの報告を終わります。
 次に、町長からの行政報告を各位の議席に配付いたしました。
 それでは、お諮りいたします。
 ここで暫時休憩をいたしたいと思いますが、御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、よって暫時休憩いたします。
 再開は全員協議会終了後といたします。
               午前10時10分休憩
             ─────────────
               午前10時48分再開


◯議長(近藤秀樹君)[ 5頁] それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。
             ─────────────


◯議長(近藤秀樹君)[ 5頁] 日程第4、川瀬雅喜議員の辞職に伴い、日東衛生組合議会議員に欠員が生じましたので、補欠選挙を行います。
 お諮りします。
 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思いますが、御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、よって、選挙の方法については、指名推選で行うことに決定しました。
 お諮りします。
 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思いますが、御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 異議なしと認め、よって、議長が指名することに決定しました。
 日東衛生組合議会議員に、19番菱川和英議員を指名します。
 お諮りします。
 ただいま議長が指名しました19番菱川和英議員を、日東衛生組合議会議員の当選人と定めることに御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、よって、ただいま指名しました19番菱川和英議員が、日東衛生組合議会議員に当選されました。
 ただいま日東衛生組合議会議員に当選されました19番菱川和英議員が議場におられます。会議規則第31条第2項の規定により、この席から当選の告知をします。
             ─────────────


◯議長(近藤秀樹君)[ 6頁] 日程第5、議案第44号公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正についてから議案第52号平成18年度東郷町旭ヶ丘団地汚水処理事業特別会計補正予算(第1号)まで、以上9議案を一括して議題とします。
 職員をして、議案名のみ朗読させます。
 真野議会事務局長。


◯議会事務局長(真野幸則君)[ 6頁] 議会事務局長の真野です。
 議案名の朗読をさせていただきます。
 議案第44号公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について、議案第45号議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について、議案第46号東郷町国民健康保険条例の一部改正について、議案第47号町道路線の認定について、議案第48号平成18年度東郷町一般会計補正予算(第2号)、議案第49号平成18年度東郷町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)、議案第50号平成18年度東郷町介護保険特別会計補正予算(第1号)、議案第51号平成18年度東郷町下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第52号平成18年度東郷町旭ヶ丘団地汚水処理事業特別会計補正予算(第1号)。
 以上でございます。


◯議長(近藤秀樹君)[ 6頁] 次に、提出者からの提案理由の説明を求めます。
 水野助役。
              [助役 水野尚敏君登壇]


◯助役(水野尚敏君)[ 6頁] 本定例会に町長から提出させていただきました議案第44号から議案第52号までにつきまして、提案説明をさせていただきます。
 議案第44号公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正についてでございます。
 この案件は、公益法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律の一部改正に伴い、条例の一部を改正するものでございます。
 議案第45号議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正についてでございます。
 この案件は、地方公務員災害補償法の一部改正に伴い、条例の一部を改正するものでございます。
 議案第46号東郷町国民健康保険条例の一部改正についてでございます。
 この案件は、健康保険法施行令の一部改正に伴い、条例の一部を改正するものでございます。
 議案第47号町道路線の認定についてでございます。
 この案件は、1路線を新たに認定するものでございます。
 議案第48号平成18年度東郷町一般会計補正予算(第2号)についてでございます。
 この案件は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ6,882万5,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ106億6,901万円とするものでございます。
 議案第49号平成18年度東郷町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 この案件は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1億2,972万8,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ30億1,795万6,000円とするものでございます。
 議案第50号平成18年度東郷町介護保険特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 この案件は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ2,774万5,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ12億6,788万6,000円とするものでございます。
 議案第51号平成18年度東郷町下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 この案件は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ2,842万5,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ11億6,993万2,000円とするものでございます。
 議案第52号平成18年度東郷町旭ヶ丘団地汚水処理事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 この案件は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ8万8,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ383万1,000円とするものでございます。
 以上で、町長から提出させていただきました議案につきまして、提案説明を終わらせていただきます。
 なお、詳細につきましては、それぞれ担当部長より申し上げます。よろしくお願いします。


◯議長(近藤秀樹君)[ 7頁] 次に、補足説明をお願いいたします。
 議案第44号及び議案第45号について、中根町長公室長。


◯町長公室長(中根源博君)[ 7頁] 町長公室長の中根でございます。
 それでは、町長公室関係の議案につきまして、補足説明をさせていただきます。
 まず議案第44号公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について、御説明を申し上げます。
 議案の概要をお開きいただきたいと思います。
 改正の理由と改正の内容でございますけれども、公益法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律の一部改正に伴い、有限会社が除かれたことにより、職員派遣の対象となる特定法人から有限会社を除くことでございます。
 施行期日につきましては、公布の日から施行するものでございます。
 続きまして、議案第45号議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正についてでございます。
 これも、議案の概要をお開きいただきたいと思います。
 改正の理由でありますけれども、地方公務員災害補償法の一部改正に伴い、議会の議員その他非常勤の職員に対する公務上の災害補償等に関する内容について、改正をするものでございます。
 改正の内容につきましては、通勤の範囲を拡大すること、第2条の2関係でございます。2点目としまして、監獄を刑事施設に改めることでございます。これが、第8条関係でございます。3点目としまして、身体障害者療養施設を障害者支援施設に改めるものでございます。第10条の2の関係でございます。その他、所要の規定を整備するものでございます。
 施行期日等につきましては、公布の日から施行することとし、第10条の2第2号及び第3号の規定につきましては、平成18年10月1日から施行するものでございます。また、第2条の2、第9条以下に記載のとおりの条文の規定につきましては、平成18年4月1日から適用するものでございます。なお、第2条の2の規定は、適用日以後に発生した事故に起因する通勤による災害について適用し、適用日前に発生した事故に起因する通勤による災害につきましては、従前の例によることとしております。
 以上であります。よろしくお願いをいたします。


◯議長(近藤秀樹君)[ 8頁] 続いて、議案第46号、議案第48号、議案第49号及び議案第50号について、市川民生部長。


◯民生部長(市川常美君)[ 8頁] 民生部長の市川でございます。
 民生部関係の議案の補足説明をさせていただきます。
 まず、議案第46号東郷町国民健康保険条例の一部改正についてでございますが、議案の概要をお願いいたします。
 改正理由でございますけれども、健康保険法の施行令の改正に準じまして、支給額の見直しの必要があるということでございます。
 改正内容につきましては、出産育児一時金の支給額を、現行の30万円から35万円に引き上げるものでございます。
 施行期日につきましては、平成18年10月1日から施行することとして、施行日以後の出産について適用するものでございます。
 続きまして、議案第48号の平成18年度一般会計補正予算(第2号)の民生部所管分について、説明をさせていただきます。
 歳入からお願いをしたいと思います。
 6ページ、7ページをお願いいたします。
 一番上のところになりますが、12款1項1目民生費負担金、1節社会福祉費負担金でございますが、説明欄の地域活動支援センター(精神)の負担金908万5,000円につきましては、これまで県の補助金で運用されていました精神障害者の地域生活支援センター、和合病院の隣にございます柏葉の、障害者自立支援法による地域活動支援センターへの移行に伴いまして、これまで100%県補助で実施をしておりました、この県の補助金が廃止をされます。このことから、利用関係自治体と合同で事業を継続委託するための関係自治体からの分担金を、ここに計上してございます。施設の所在市町村である東郷町が各市町の分担金を徴収し、歳出の方で今回委託をするという予算を組ませていただいております。
 次の14款1項1目民生費国庫負担金、社会福祉費負担金でございますが、説明欄の知的障害者施設訓練等支援費等負担金6万1,000円の減額、身体障害者保護費負担金の94万5,000円の増額につきましては、旧の法制度の身体障害者福祉法、知的障害者福祉法の制度による3月分から9月分までの給付見込みによりまして、国庫負担金を見込み、増減を整理するものでございます。旧法制度による施設支援費につきましては、9月分まででございます。10月分からは、障害者自立支援法による給付となります。こうしたことから、整理をさせていただくというものでございます。それから、障害者自立支援給付費国庫負担金490万5,000円の増額につきましては、障害者自立支援法により、4月分から実施をしております介護給付費と、10月分から実施される訓練等給付費の給付見込みによりまして、補正をするものでございます。
 次の14款2項1目民生費国庫補助金の説明欄をごらんいただきたいと思いますが、障害者の精神のホームヘルプサービス事業でございます。ここから、身体障害者保護費負担金、在宅心身障害児福祉対策費補助金、在宅福祉対策事業費補助金、それぞれの減額でございますが、これにつきましては、3月分のみが旧の法制度による給付となっております。この給付実績により、国庫補助金を減額整理するものでございます。旧法制度による居宅支援費については、3月分まででございます。4月分からは、障害者自立支援法による給付となりますので、整理をするものでございます。次の障害者自立支援事業費等国庫補助金69万6,000円の減額につきましては、自立支援法により4月分から実施される移動支援費事業の給付見込みにより、当初予算額を減額するものでございます。
 1つ飛びまして、15款1項1目民生費県負担金でございます。これも、説明欄のところの上から2つ、知的障害者施設訓練等支援費負担金、身体障害者保護費負担金につきましては、国庫負担金と同様に、旧法制度による3月分から9月分の給付見込みにより、県負担金を見込み、増減を整理するものでございます。次の障害者自立支援給付費県費負担金につきましては、自立支援法により4月分から実施しています介護給付費、10月から実施される訓練給付費の給付見込みにより、補正をするものでございます。
 その下の15款2項2目民生費県補助金でございます。説明欄の障害者ホームヘルプサービス事業から、下から2番目の知的障害者地域生活援助事業費等補助金までのところの減額につきましては、これも国庫補助金と同様に、3月分のみが旧法制度による給付となるため、この給付実績によりまして、県補助金を減額整理をするというものでございます。障害者自立支援事業費等県費補助金の34万8,000円の減額につきましては、自立支援法により4月から実施されている移動支援費事業の給付見込みによりまして、減額をするものでございます。
 8ページ、9ページをお願いいたします。
 2段目のところになりますけれども、17款1項2目民生費寄附金の30万円でございますが、これは、元職員の近藤美代子さんの御親族から保育園事業として御寄附をいただいたものでございます。
 18款1項2目介護保険特別会計繰入金526万4,000円につきましては、平成17年度の保険給付費等の確定に伴いまして、17年度の繰出金を精算し、一般会計へ繰り入れるものでございます。
 続いて歳出になりますが、10ページ、11ページをお願いいたします。
 中ほどになりますが、2款3項1目の住民基本台帳費の7節賃金33万7,000円につきましては、住民票、外国人登録証等の発行等の事務につきまして、臨時職員を週2日お願いするものでございます。
 11節需用費、消耗品費の27万5,000円につきましては、住基ネット等の消耗品について、補正をお願いするというものでございます。
 3款1項1目社会福祉総務費のところですが、説明欄をごらんいただきたいと思います。心身障害者(児)在宅支援サービス事業の13節委託料、精神障害者のヘルパー派遣事業委託料66万7,000円の減額、精神障害者短期入所事業委託料の2万8,000円の減額につきましては、障害者自立支援法に基づく福祉サービスが4月から施行されたため、旧法制度により予算化していた委託料を減額するものでございます。これらの事業は、障害者自立支援給付事業の居宅介護費、短期入所費の中で支出をいたします。
 障害者(児)支援費事業20節扶助費でございますが、施設支援費171万3,000円の補正につきましては、旧の法制度による支援費でございます。給付は、3月分から9月分までであります。その給付見込みにより、増額をお願いするものでございます。なお、10月からは、障害者自立支援法に基づく施設入所支援費の給付となります。居宅支援費の1,358万5,000円の減額につきましては、これも、旧法の制度による支援費でございます。給付は、3月分のみでございます。この給付実績により、減額するものでございます。なお旧法の居宅支援費は、4月からは障害者自立支援法による介護給付費による給付となっております。
 障害者自立支援給付費事業の20節扶助費でございますが、そちらの方の居宅介護費から6番目の施設入所支援費までの経費につきましては、障害者自立支援法に基づく介護給付の給付見込みにより、増減をさせていただくものでございます。就労継続支援費224万6,000円の減額、共同生活援助費の3万8,000円の減額につきましては、障害者自立支援法に基づく訓練等給付の給付見込みにより減額をするものでございます。
 次の地域生活支援事業、13節委託料の地域活動支援センター委託料1,924万8,000円の増額につきましては、障害者自立支援法に基づく地域生活支援事業の地域活動支援センター事業等について計上するものであり、10月から実施をするものでございます。中身としましては、身体・知的デイサービス事業のコスモスを地域活動支援センターへ移行するものとして386万8,000円、知的デイサービス事業所、なかよしハウス及びまたどうぞノーマカフェを地域活動支援センターとして委託するものが378万円、地域生活支援センター柏葉、先ほど歳入で御説明をしました柏葉を精神障害者の地域活動支援センターとして委託するものとして1,100万円、地域生活支援事業として障害者の日中の一時支援事業として、障害者タイムケア事業を創設いたしまして、中、高等学校の通学児童等の日中における活動の場を確保するものとして180万円、こういう内訳でございます。これの当初予算との差額を補正させていただくということでございます。
 12ページ、13ページをお願いいたします。
 一番上になりますが、20節扶助費、移動支援事業費139万1,000円の減額につきましては、障害者自立支援法に基づく地域生活支援事業の移動支援事業を10月から提供するものであります。その給付見込みにより、当初見込み額を減額するものでございます。
 2目国民健康保険費、28節繰出金につきましては、国保の特別会計繰出金として145万8,000円の増額をお願いするというものでございます。
 3款2項1目児童福祉総務費でございますけれども、説明欄をお願いいたします。児童手当支給事業、13節委託料、電算機保守点検委託料の183万8,000円につきましては、児童手当制度の改正による支給対象者の拡大に伴いまして、システム変更をお願いするというものでございます。
 次の子育て支援事業、7節賃金の35万9,000円の増額につきましては、児童課の子供相談専門員の相談件数、時間の増加等に伴いまして、補正をお願いするというものでございます。
 2目児童館費、児童館運営事業、13節委託料の講師等派遣委託料32万3,000円につきましては、南部児童館の中学生の利用増等に伴いまして、児童の指導業務等を委託するものでございます。
 3目保育総務費、保育総務一般管理事業の7節臨時職員賃金40万5,000円につきましては、保育関係の事務量の増加に伴いまして、児童課に臨時職員をお願いするものでございます。
 4目保育園費、保育園運営事業の18節備品購入費の30万円につきましては、先ほど歳入で説明しました御寄附をいただきました30万円について、各保育園に施設充実備品を購入するものでございます。
 続いて、特別会計の方に移らせていただきます。
 議案第49号平成18年度東郷町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 3ページ、4ページをお願いいたします。
 まず歳入でございますが、5款1項2目保険財政共同安定化事業交付金の1億675万5,000円の補正につきましては、医療制度改革に伴う国民健康保険法の一部改正に伴いまして、国保財政共同安定化事業が新たに創設をされたものであります。この事業による交付金であります。この事業は、県内の市町村の保険料の標準化と国保財政の安定化を図るため、この18年10月から事業主体である国保連合会が、愛知県内の全市町村から事業費相当額の拠出金を徴収し、各市町の診療報酬明細書、レセプト1件当たり30万円を超える医療費を対象として、保険給付費、支払いでございますけれども、保険給付費に応じた交付金を各市町に交付をするものでございます。事業創設のため、この後歳出の方で御説明しますけれども、拠出金と同額を計上させていただいております。
 7款1項1目1節一般会計繰入金の人件費等繰入金の19万1,000円につきましては、法定繰入金でありまして、歳出でお願いしております賃金の補正に係る経費についての繰入金であります。それから、出産育児一時金繰入金の126万7,000円につきましては、これも歳出の出産育児一時金に対して、3分の2を法定繰入金として、一般会計から繰り入れるものでございます。
 8款1項2目1節前年度繰越金につきましては、繰越額の確定に伴い、2,151万5,000円を増額し、3,151万5,000円とするものでございます。
 次に、5ページ、6ページをお願いいたします。
 歳出でございますが、1款1項1目一般管理費、7節賃金の19万1,000円の補正につきましては、職員の産前産後休暇に伴う臨時職員の経費をお願いするものでございます。
 2款4項1目出産育児一時金の190万円の補正につきましては、先ほど議案で御説明したとおり、給付基準額を30万円から35万円に10月から改正することに伴いまして、増額分について補正をお願いするというものでございます。
 5款1項4目保険財政共同安定化事業拠出金の1億675万5,000円の補正につきましては、先ほど歳入で説明しましたように、国民健康保険法の一部改正に伴いまして、国保財政共同安定化事業が新たに創設されたものであり、この事業実施に伴う拠出金でございます。
 5目保険財政共同安定化事業事務費拠出金については、これの事業の事務費でございますけれども、拠出見込みが不明確でございますので、1,000円の枠どりということでさせていただきました。
 9款予備費につきましては、医療費の急増等に対処するため、2,088万1,000円の増額をお願いし、予備費の総額を3,088万1,000円とするものでございます。
 それでは、引き続き、議案第50号平成18年度東郷町介護保険特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 3ページ、4ページをお願いしたいと思います。
 まず、歳入でございますが、7款1項1目1節前年度繰越金2,774万5,000円につきましては、17年度の繰越金の確定により補正をするものでございます。
 5ページ、6ページをお願いいたします。
 歳出でございますが、3款1項1目財政安定化基金拠出金の1万7,000円につきましては、拠出額の確定に伴い補正をお願いするというものでございます。
 4款1項1目25節積立金の1,299万8,000円につきましては、介護給付費準備基金積立金の増額をお願いするというものでございます。
 6款1項2目23節償還金、利子及び割引料の946万6,000円の補正増につきましては、平成17年度の保険給付費の確定に伴います国庫負担金、支払基金交付金、県負担金の精算に係ります返還並びに財政安定化基金貸付金の返還が確定したものについての補正でございます。
 6款2項1目一般会計繰出金、28節繰出金の526万4,000円につきましてでございますが、これも、平成17年度の保険給付費等の確定に伴いまして、17年度の一般会計負担分を精算し、一般会計に返還をするというものでございます。
 以上でございます。


◯議長(近藤秀樹君)[13頁] 続きまして、議案第47号、議案第48号、議案第51号及び議案第52号について、近藤経済建設部長。


◯経済建設部長(近藤賢治君)[13頁] 経済建設部長、近藤でございます。
 経済建設部関係の議案について、補足説明をさせていただきます。
 まず初めに、議案第47号町道路線の認定について、ご説明をさせていただきます。
 議案の概要をお開きいただきたいと思います。
 認定をお願いします路線につきましては、整理番号1、路線名白土65号線で、道路延長は71.6メートルでございます。この路線につきましては、白土、涼松地区計画において、地区計画道路5号として位置づけられている路線で、道路用地の寄附を受け、開発事業者と一部町での整備が完了いたしましたので、今回認定をお願いするものでございます。
 次に、議案第48号平成18年度東郷町一般会計補正予算(第2号)経済建設部所管分について、補足説明をさせていただきます。
 補正予算書の12、13ページをお開きいただきたいと思います。
 下段の款6項1目3農業振興費623万6,000円の増額でございます。これは、節19負担金、補助及び交付金において、尾張農業共済事務組合に交付されておりました国庫補助金が、三位一体改革に基づき地方交付税として市町に税源移譲されたことから、国庫補助金減額分を市町で負担する必要が生じたため、増額補正をお願いするものでございます。
 次に、目4地域農政推進費60万円の増額でございます。これは、節19負担金、補助及び交付金において、加工用米の出荷予定数量が1,200俵から1,500俵に増加することから、300俵分の補正をお願いするものでございます。
 次に、14、15ページをお開きいただきたいと思います。
 款8項1目1土木総務費300万円の増額でございます。これは、節13委託料において、今年度事業を予定しております箇所などの境界を査定するための測量費でございます。
 次に、目1道路維持費3,846万8,000円の増額であります。これは、節13委託料で、651万3,000円の増額。内訳につきましては、春木字小坂付近の道路境界が不明確であるため、祐福寺土地利用未処理委員会と共同で用地調査を行う委託料636万3,000円、町道音貝4号線の用地取得に関係する分筆登記委託料15万円となっております。
 次に、節15工事請負費で、主に諸輪地区の下水道整備後の側溝整備工事費などに3,000万円、節17公有財産購入費で、音貝4号線の用地購入費195万5,000円、合わせて3,846万8,000円を増額補正お願いするものでございます。
 次に、議案第51号平成18年度東郷町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、補足説明をさせていただきます。
 この案件は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ2,842万5,000円を増額し、総額を11億6,993万2,000円とするものでございます。
 3ページ、4ページをお開きいただきたいと思います。
 歳入の部で、款5項1目1繰越金2,675万3,000円の増額をお願いするものでございます。これは、平成17年度の繰越金の額が確定したためでございます。
 次に、下段の目1雑入167万2,000円の増額をお願いするものでございます。これにつきましては、愛知中部水道企業団への水道管移転補償費に係る消費税額が確定し、還付金が生じたものと、本町の消費税の還付金額の見込みが立ったためでございます。
 次に、歳出でありますが、5ページ、6ページをお開きいただきたいと思います。
 款2項2目2公共下水道事業費2,842万5,000円の増額をお願いするものでございます。節15工事請負費において、諸輪地区の舗装復旧工事を行う計画でございます。
 次に、議案第52号平成18年度東郷町旭ヶ丘団地汚水処理事業特別会計補正予算(第1号)について、補足説明をさせていただきます。
 これは、既定の予算額に、歳入歳出それぞれ8万8,000円を増額し、総額を383万1,000円とさせていただくものでございます。
 3ページ、4ページをお開きいただきたいと思います。
 歳入で、目1繰越金8万8,000円の増額で、これにつきましては、平成17年度の繰越金の額が確定したものでございます。
 次に、5ページ、6ページをお開きください。
 歳出で、目1予備費8万8,000円の増額をお願いするものでございます。
 以上で、経済建設部所管分の補足説明とさせていただきます。よろしくお願いをいたします。


◯議長(近藤秀樹君)[15頁] 続いて、議案第48号について、近藤総務部長。


◯総務部長(近藤幸夫君)[15頁] 総務部長近藤です。
 議案第48号の補正予算(第2号)総務部所管分の補足説明をさせていただきます。
 6ページ、7ページをお開き願います。
 歳入の中ほどの款14国庫支出金の総務費委託金3,000円の増額につきましては、自衛官募集事務委託金の決定額の増によるものであります。
 8ページ、9ページをお開き願います。
 款17寄附金の一般寄附金14万9,000円の増額につきましては、中部日本放送さんからの寄附金であります。
 款18繰入金の財政調整基金繰入金5,567万1,000円の増額は、歳入歳出の調整によるものであります。
 10ページ、11ページをお開き願います。
 歳出の款2総務費、目7交通安全対策費7万4,000円の増額は、交通安全啓発資材の購入。目13防犯対策費14万2,000円の増額は、防犯パトロール用のベストの購入。目14諸費3,000円の増額は、自衛官募集委託金の決定により、啓発資材の購入に充てるものでございます。
 以上であります。


◯議長(近藤秀樹君)[15頁] 続いて、議案第48号について、加藤教育部長。


◯教育部長(加藤利篤君)[15頁] 教育部長の加藤です。
 8ページ、ごらんいただきたいと思います。
 歳入でございます。20款4項2目7節教育雑入50万3,000円、伝統文化子ども教室事業の採択に伴い、50万3,000円の増額補正をさせていただくものでございます。財団法人伝統文化活性化国民協会からの交付でございます。
 続きまして、歳出に移らさせていただきます。
 14ページ、15ページ、お願いいたします。
 14ページの一番下段の部分、3目公民館費でございます。伝統文化子ども教室事業の謝金ということで、35万6,000円につきましては、日本舞踊、琴の講師謝礼金でございます。そのほかとしまして、傷害保険料、賃借料等を上げてございます。なお、この事業につきましては、全額補助の単年度事業でございます。
 以上で、説明を終わらせていただきます。


◯議長(近藤秀樹君)[16頁] これをもちまて、提案理由の説明を終わります。
 お諮りします。
 ここで、暫時休憩したいと思いますが、御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、暫時休憩します。
 再開は11時40分といたします。
               午前11時31分休憩
             ─────────────
               午前11時41分再開


◯議長(近藤秀樹君)[16頁] それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。
 日程第6に入る前に、町長の方から行政報告の追加がありました。休憩中に各位の議席に配付いたしましたので、よろしくお願いいたします。尾三衛生の臨時議会の分です。
             ─────────────


◯議長(近藤秀樹君)[16頁] 日程第6、議案第53号平成17年度東郷町一般会計歳入歳出決算認定についてから議案第59号平成17年度東郷町旭ヶ丘団地汚水処理事業特別会計歳入歳出決算認定についてまで、以上7議案を一括して議題といたします。
 職員をして議案名のみを朗読させます。
 真野議会事務局長。


◯議会事務局長(真野幸則君)[16頁] 議会事務局長の真野です。
 議案名の朗読をさせていただきます。
 議案第53号平成17年度東郷町一般会計歳入歳出決算認定について、議案第54号平成17年度東郷町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、議案第55号平成17年度東郷町国民健康保険東郷診療所特別会計歳入歳出決算認定について、議案第56号平成17年度東郷町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、議案第57号平成17年度東郷町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、議案第58号平成17年度東郷町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、議案第59号平成17年度東郷町旭ヶ丘団地汚水処理事業特別会計歳入歳出決算認定について。
 以上でございます。


◯議長(近藤秀樹君)[16頁] それでは、提出者からの提案理由の説明を求めます。
 石川収入役。
              [収入役 石川 修君登壇]


◯収入役(石川 修君)[17頁] 本定例会に町長から提出させていただきました議案第53号平成17年度東郷町一般会計歳入歳出決算認定についてから、議案第59号平成17年度東郷町旭ヶ丘団地汚水処理事業特別会計歳入歳出決算認定についてまでの7議案の提案説明をさせていただきます。
 最初に、議案第53号平成17年度東郷町一般会計歳入歳出決算認定について御説明申し上げます。
 一般会計の歳入歳出決算額は、歳入96億128万8,868円、歳出92億3,983万3,471円、歳入歳出差引残額3億6,145万5,397円であり、歳入歳出差引残額から平成18年度へ繰り越すべき財源467万円を差し引きますと、実質収支は3億5,678万5,397円の黒字となりました。このうち、財政調整基金へ2億6,878万5,397円を積み立てまして、平成18年度への繰越額は8,800万円であります。
 次に、特別会計について御説明申し上げます。
 最初に、議案第54号平成17年度東郷町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、歳入歳出決算額は、歳入28億3,723万2,419円、歳出26億7,571万7,296円、歳入歳出差引残額1億6,151万5,123円となりました。実質収支は差引残額と同額であり、このうち国民健康保険財政調整基金へ1億3,000万円積み立てまして、平成18年度への繰越額は3,151万5,123円であります。
 次に、議案第55号平成17年度東郷町国民健康保険東郷診療所特別会計歳入歳出決算認定について、歳入歳出決算額は、歳入1億8,302万7,529円、歳出1億7,302万9,476円、歳入歳出差引残額999万8,053円となりました。実質収支は、差引残額と同額であります。このうち国民健康保険東郷診療所財政調整基金へ899万8,053円積み立てまして、平成18年度への繰越額は100万円であります。
 次に、議案第56号平成17年度東郷町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、歳入歳出決算額は、歳入、歳出ともに19億8,307万7,286円であり、歳入歳出差引残額はゼロとなります。
 次に、議案第57号平成17年度東郷町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、歳入歳出決算額は、歳入11億190万8,847円、歳出10億7,415万9,179円、歳入歳出差引残額2,774万9,668円となりました。実質収支は差引残額と同額であり、平成18年度への繰越額は2,774万9,668円であります。
 次に、議案第58号平成17年度東郷町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、歳入歳出決算額は、歳入11億8,634万5,392円、歳出11億5,768万7,309円、歳入歳出差引残額2,865万8,083円であります。歳入歳出差引残額から平成18年度へ繰り越すべき財源90万4,650円を差し引きますと、実質収支は2,775万3,433円であり、同額を平成18年度へ繰り越すものであります。
 次に、議案第59号平成17年度東郷町旭ヶ丘団地汚水処理事業特別会計歳入歳出決算認定について、歳入歳出決算額は、歳入419万4,306円、歳出379万5,325円、歳入歳出差引残額39万8,981円となりました。実質収支は差引残額と同額であり、このうち旭ヶ丘汚水財政調整基金へ21万円積み立てまして、平成18年度への繰越額は18万8,981円であります。
 なお、詳細につきましては、別冊の平成17年度東郷町歳入歳出決算書及び自治行政の実績に関する調書を御参照いただきたいと存じます。
 以上で、平成17年度各会計歳入歳出決算の提案説明を終わらせていただきます。


◯議長(近藤秀樹君)[18頁] ここで、監査委員から監査結果の報告をいただきます。
 宮田代表監査委員。
             [監査委員 宮田亥三夫君登壇]


◯監査委員(宮田亥三夫君)[18頁] 議長の御指名を受けましたので、平成17年度の決算審査の結果を御報告いたします。
 地方自治法第233条第2項の規定に基づき、審査に付された平成17年度東郷町一般会計及び特別会計歳入歳出決算並びに同法第241条第5項の規定に基づき、審査に付された平成17年度基金運用状況に対する審査を、平成18年7月12日から7月28日の間に実施いたしました。
 決算審査に当たっては、各会計の決算書、決算に関する附属書、証拠書類等をもとに、定期監査、例月出納検査等の結果をも考慮しながら、本年も担当部局長に、「組織求心力」に加えて「組織内の執行予測」というテーマで対話をしました。さらに、主要施策等については関係課の説明を聴取し、予算の執行は適正かつ効率的になされているか、財務に関する事務は、法令等に基づき適正に処理されているか計数は関係諸帳簿及び証書類と符合し正確であるか、財産の管理は適正になされているか、などを主眼として実施しました。
 また、基金運用状況審査に当たっては、基金運用状況調書をもとに、基金の設置目的に沿って確実かつ効率的に運用されているか、財務に関する事務は法定等に基づき処理されているか、計数は正確であるかなどを主眼として実施しました。
 平成17年度東郷町一般会計及び特別会計歳入歳出決算額は、関係諸帳簿及び証書類を照合して審査した結果、計数は符合し、正確であることを確認いたしました。また、予算の執行につきましては、議会の議決の趣旨に沿い、効率性に留意して、おおむね適正に執行されているものと認めました。
 一方、財産に関しては、公有財産及び物品の取得、処分及び管理状況は、おおむね適正であり、東郷町財政調整基金初め11基金についても、条例等の設置目的により適正な運営がなされておりました。
 さらに、平成17年度の土地開発基金運用状況については、関係諸帳簿及び証書類を照合した結果、計数は符合し、正確であることを確認しました。
 なお、一般会計初め7会計の審査意見につきましては、平成18年8月22日付をもって東郷町長へ提出いたした審査意見書に付してあります。
 留意する点、改善すべき点等、今後十分検討の上、時代に即応した住民サービス、住民満足度の向上に励まれ、住民から信頼される自治体を構築されんことを望むものです。
 以上、監査委員を代表して御報告申し上げます。


◯議長(近藤秀樹君)[19頁] これをもちまして、提案理由の説明及び監査結果の報告を終わります。
             ─────────────


◯議長(近藤秀樹君)[19頁] 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 お諮りいたします。
 議案精読のため、明9月1日から9月5日まで休会とし、9月6日から本会議を開きたいと思います。これに御異議ございませんか。
             [「異議なし」と呼ぶ者あり]
 御異議なしと認め、よって、明9月1日から9月5日まで休会とし、9月6日午前10時から本会議を開きますのでお集まりください。
 なお、質疑の通告は、9月4日午後4時までに議会事務局に提出願います。
 本日は、これをもちまして散会といたします。
               午前11時58分散会