議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 長久手市

平成20年第2回定例会(第1号 6月 5日)




平成20年第2回定例会(第1号 6月 5日)





平成20年第 2回定例会





1.本定例会に付議された議案


 議案第30号    平成20年度長久手町一般会計補正予算(第1号)


 議案第31号    長久手町まちづくりセンターの設置及び管理に関する条例の一部を


          改正する条例について


 議案第32号    長久手町監査委員に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第33号    長久手町税条例の一部を改正する条例について


 議案第34号    長久手町都市計画税条例の一部を改正する条例について


 議案第35号    長久手町自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正


          する条例について


 議案第36号    長久手町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例につい


          て


 議案第37号    土地区画整理事業に伴う字の区域の設定及び変更について


 議案第38号    国庫補助事業公共下水道築造工事その1請負契約の締結について


 議案第39号    国庫補助事業公共下水道築造工事その2請負契約の締結について


 意見書案第1号  後期高齢者医療制度(長寿医療制度)の見直しを求める意見書の提


          出について


 同意案第4号   長久手町監査委員の選任について


 諮問第1号    人権擁護委員の候補者の推薦について


          議員派遣について





 
          平成20年第2回長久手町議会定例会(第1号)





平成20年6月5日(木)午前10時00分開会





1.本日の議事日程


 日程第1  会議署名議員の指名


 日程第2  会期の決定


 日程第3  諸般の報告


        1.常任委員会等正副委員長選任結果の報告について


        2.諸案の送付について


        3.監査委員から監査結果の報告について


        4.繰越明許費計算書及び継続費繰越計算書の報告について


        5.尾張土地開発公社の経営状況の報告について


        6.議案説明員の報告について


        7.町長行政報告について


 日程第4  議案第30号平成20年度長久手町一般会計補正予算(第1号)から議案第37


       号土地区画整理事業に伴う字の地域の設定及び変更についてまで


       (議案の上程、提案者の説明)


 日程第5  同意案第4号長久手町監査委員の選任について


       (議案の上程、提案者の説明、議案に対する質疑、討論採決)


 日程第6  諮問第1号人権擁護委員の候補者の推薦について


       (議案の上程、提案者の説明、議案に対する質疑、討論採決)


 日程第7  農業委員会委員の推薦について





1.本日の会議に付した事件


   議事日程に同じ





1.会議に出席した議員


   議 長 吉 田 日 勝   副議長 伊 藤 祐 司


   1番  田 崎あきひさ   2番  金 沢 裕次郎


   3番  佐 野 尚 人   4番  木 村 さゆり


   5番  原 田 秀 俊   6番  じんの 和 子


   7番  小 池 みつ子   8番  吉 田 ひでき


   9番  青 山 ? 人   10番  加 藤 和 男


   11番  丹 羽 茂 雄   12番  水 野 とみ子


   13番  川 本 勝 幸   14番  前 田 幸 明


   15番  浅 井 たつお   16番  加 藤   武


   17番  水 野 竹 芳   20番  川 合 保 生





1.会議に欠席した議員


   な し





1.地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者


   町長       加藤 梅雄  副町長       加藤 具己


   参事       末永 雅博  まちづくり推進部長 鈴木 孝美


   まちづくり推進部付自治組織調整監


            水野  修  総務部長      福岡 久申


   保健福祉部長   加藤  勝  生活環境部長    加藤八州夫


   建設部長     田中 憲二  消防長       伊藤 正彦


   保健福祉部次長  加藤 善長  建設部次長     戸田 鐘嗣


   財政課長     山下 幸信  安心安全課長    鈴木  裕


   教育長      青山 安宏  教育文化部次長   水野 正志





1.職務のため議場に出席した者


   議会事務局 局長 岩松 節明  議会事務局 主幹兼議事係長兼庶務係長


                             水野  悟





                 午前10時00分開会


○議長(吉田日勝君) ただいまの出席議員は20名であります。これより平成20年第2回長久手町議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 これより本日の日程に入ります。


              ――――――――――――――


○議長(吉田日勝君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第115条の規定により議長において指名いたします。7番小池みつ子議員、13番川本勝幸議員、以上の2名を指名いたします。


              ――――――――――――――


○議長(吉田日勝君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から6月20日までの16日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


             [「異議なし」と呼ぶ者あり]


 御異議なしと認めます。よって、会期は16日間と決定いたしました。


              ――――――――――――――


○議長(吉田日勝君) 日程第3、諸般の報告をいたします。


 まず、委員会に関する条例第6条第2項の規定により選任されました常任委員会の正副委員長の氏名を報告いたします。


 総務まちづくり委員会の委員長には丹羽茂雄議員、副委員長には金沢裕次郎議員、文教福祉委員会の委員長には原田秀俊議員、副委員長には加藤和男議員、建設環境委員会の委員長にはじんの和子議員、副委員長には田崎あきひさ議員、以上のように選任をされました。


 次に、議会運営委員会の正副委員長の氏名を報告いたします。


 委員長には水野とみ子議員、副委員長には青山?人議員、以上のように選任されました。


 次に、議会だより編集特別委員会の正副委員長の氏名を報告いたします。


 委員長には原田秀俊議員、副委員長には木村さゆり議員、以上のように選任されました。


 次に、議案は、議員各位のお手元に送付いたしましたから、御了承願います。


 次に、監査委員から平成19年度4月分及び平成20年度4月分の例月出納検査結果の報告がありましたので、その写しをお手元に配付しておきましたから、御了承願います。


 なお、係数表の添付は省略し、議会事務局に備えつけておきます。


 次に、町長から平成19年度繰越明許費繰越計算書及び平成19年度継続費繰越計算書の報告がありましたので、その写しをお手元に配付しておきましたから、御了承願います。


 次に、同じく町長から尾張土地開発公社の経営状況について報告がありましたので、その写しをお手元に配付しておきましたから、御了承願います。


 次に、今回の定例会に説明員として出席通知のありました者の職氏名を一覧表としてお手元に配付しておきましたから、御了承願います。


 次に、町長から行政報告及び長久手町における公金の管理運用要綱に基づく平成20年4月末現在における公金の管理・運用状況報告書並びに前回報告後の1件100万円以上の契約件数の報告がありましたので、その写しをお手元に配付しておきましたから、御了承願います。


 以上で諸般の報告は終わります。


              ――――――――――――――


○議長(吉田日勝君) 日程第4、議案第30号から議案第37号までの8件を一括議題といたします。


 提案者の説明を求めます。加藤副町長。


             [副町長 加藤具己君登壇]


○副町長(加藤具己君) それでは、本定例会に上程をさせていただきました議案の提案理由につきまして御説明を申し上げます。


 まず、議案第30号平成20年度長久手町一般会計補正予算(第1号)についてです。


 歳入歳出とも415万8,000円の増額で、予算総額を126億3,415万8,000円とするものです。


 歳入は寄附金の増額です。歳出は教育費の増額です。


 次に、議案第31号長久手町まちづくりセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてです。


 この案を提出いたしますのは、長久手町まちづくりセンター集会室の使用料を改正するため長久手町まちづくりセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する必要があるからです。改正の主な内容は、集会室の使用料について、時間帯区分での貸出しから1時間当たりの貸出しとし、使用料は1時間につき500円と改めるものです。


 なお、この条例は平成20年7月1日から施行し、施行日前に利用許可の申請をしたものはなお従前の例によるものです。


 次に、議案第32号長久手町監査委員に関する条例の一部を改正する条例についてです。


 この案を提出いたしますのは、地方公共団体の財政の健全化に関する法律の制定に伴い、長久手町監査委員に関する条例の一部を改正するため必要があるからです。改正の内容は新たな財政指標として健全化判断比率及び資金不足比率並びにその算定の基礎となる事項を記載した書類を監査委員の審査に付すための規定を設けるものです。


 なお、この条例は公布の日から施行するものです。


 次に、議案第33号長久手町税条例の一部を改正する条例についてです。


 この案を提出いたしますのは、地方税法の一部が改正されたことに伴い、長久手町税条例の一部を改正するため必要があるからです。


 改正の主な内容は、町民税関系では1点目として、個人住民税に公的年金からの特別徴収制度を導入すること。2点目として、控除対象寄附金について、現行の所得控除方式を税額控除方式に改め、その限度額を総所得金額等の30%とすること。3点目として、地方公共団体に対する寄附金のうち適用下限額5,000円を超える部分について一定の限度まで所得税とあわせて全額控除をすることなどです。固定資産税関係では、既存住宅において一定の省エネ改修工事を行った場合に、翌年度分の固定資産税額から3分の1を減額することなどです。


 なお、この条例は公布の日から施行し、平成20年度以降の町民税等に適用するものとします。


 また、別に施行日の定めのあるものはその定める日から施行するものです。


 次に、議案第34号長久手町都市計画税条例の一部を改正する条例についてです。


 この案を提出いたしますのは、地方税法の一部が改正されたことに伴い、長久手町都市計画税条例の一部を改正するため必要があるからです。改正の主な内容は、地方税法の一部改正により引用する条項の整理を行うものです。


 なお、この条例は公布の日から施行し、改正後の規定は平成20年度以降の年度分について適用します。


 次に、議案第35号長久手町自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてです。


 この案を提出いたしますのは、町が設置する藤が丘自転車等駐車場を公の施設から除外するため、長久手町自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する必要があるからです。改正の内容は、町内に8カ所設置している長久手町自転車等駐車場のうち藤が丘自転車等駐車場を、財団法人自転車駐車場整備センターによる有料運営化とするため町の施設から外すものです。


 なお、この条例は公布の日から施行するものです。


 次に、議案第36号長久手町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてです。


 この案を提出いたしますのは、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部が改正されたことに伴い、長久手町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する必要があるからです。改正の主な内容は、非常勤消防団員等に対する損害補償に係る補償基礎額の加算額について配偶者以外の扶養親族に係る額を200円から217円に引き上げるものです。


 なお、この条例は公布の日から施行し、改正後の条例の規定は平成20年4月1日から適用するものです。


 次に、議案第37号土地区画整理事業に伴う字の区域の設定及び変更についてです。


 この案を提出いたしますのは、長湫中部土地区画整理事業の換地処分に伴い、地方自治法第260条第1項の規定により、字の区域の設定及び変更をするため必要があるからです。なお、平成21年度中に予定されている換地処分の広告があった日の翌日から字の区地域及び字名が変更されます。


 以上8議案につきましてよろしく御審議を賜り、御議決下さいますようお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。


○議長(吉田日勝君) 以上で提案理由の説明は終わりました。


              ――――――――――――――


○議長(吉田日勝君) 日程第5、同意案第4号長久手町監査委員の選任についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。加藤町長。


              [町長 加藤梅雄君登壇]


○町長(加藤梅雄君) 提案理由の御説明を申し上げます。


 同意案第4号長久手町監査委員の選任についてであります。


 この案を提出いたしますのは、長久手町監査委員加藤寛氏が平成20年6月25日で任期満了となります。新たな委員として、長久手町五合池2201番地バンベール藤が丘イースト2・103号池田昌弘氏を選任したいと思いますので、地方自治法第196条第1項の規定に基づき、議会の同意を求めるものであります。


 同氏は昭和41年に名古屋市に勤務し、平成14年に退職されるまでに教育委員会事務局参事、建築局住宅部長、千種区長などの要職を歴任し、現在は愛知高速交通株式会社や株式会社イーストヒルの監査役を務めており、人格、識見ともに極めて高く、適任と考えておりますので、よろしく御同意賜りますようお願い申し上げます。


 以上で提案理由の説明とさせていただきます。


○議長(吉田日勝君) 以上で提案理由の説明は終わりました。


 これより議案の質疑に入ります。


 この際申し上げます。質疑の回数は同一議員につき2回までといたします。


 同意案第4号について質疑を許します。質疑のある議員は発言を願います。ございませんか。


 5番原田議員。


○5番(原田秀俊君) 今回、この池田さんの経歴を見てみますと、やはり名古屋市に勤務されてずっと公務員として働いてみえたということになっています。今、監査問題についてはやはり内部の方たちよりも外部からの監査、言うなら私は好きではありませんが、民間的なそういう経営手法とか財政とか、そういうこうに精通しているような人をやはり監査役にすべきではないかという声があります。また、議会から選出するについても疑問が出されているところでもあります。したがって、私は今回こういう公務員畑で働いてきた方が監査をやるということは、同じ身分の人たちが自分の監査をやるようなものになるんではないかということを心配しておりますが、その点についてはどうなんでしょうか、そういう心配はないんでしょうか。


○議長(吉田日勝君) 総務部長。


○総務部長(福岡久申君) 今の御質問の中で自治法の196条の中にもございますが、行政運営に関してすぐれた認識がある者、あるいは一般行政実務に関しても専門的な知識を有する者という条文がございます。そうした中におきましていろいろな外部団体の方も考えていく部分はございますが、今の部分でいきますと池田さんは適任であると感じておる次第でございます。


 以上です。


○議長(吉田日勝君) 2回目ございませんか。原田議員。


○5番(原田秀俊君) 私は内部的な感じをしているものですから、決してなれ合いとかそういうことにはならないかと思うんですけども、やはりこの間議員になりまして、監査委員の方と論戦をしてくる中でいきますと、やはり監査委員としての独自の見解をお聞きしたという経験がありません。したがって、今回これからこの方が監査委員になると決算、9月議会ではまたこの場で論戦をすることになるわけですけども、そういう本当に監査委員として独自の見解をきちんと述べてもらえるような方なんでしょうか、その点はどうでしょうか。


○議長(吉田日勝君) 総務部長。


○総務部長(福岡久申君) 当然、今回お願いしております池田さんにつきましては、そういう認識を持って発言をしていただけるものと感じております。


○議長(吉田日勝君) そのほかございませんか。小池みつ子議員。


○7番(小池みつ子君) この方を選ばれるに際して、候補者選定の中でほかにどのような方があったのかお伺いしたいと思います。それから、この池田さんについてはこの長久手町についてこれまで何かかかわりというか、お仕事などをしていただいていた方なんでしょうか。


○議長(吉田日勝君) 総務部長。


○総務部長(福岡久申君) 候補者につきましては、私ども担当事務局の方としましては10名ほどの方をある程度選ばさせていただきながら進めてきたわけでございますが、池田さんは筆頭と言ったらごめんなさい、最初にこの方なら間違いないだろうということで選ばさせていただいたような次第でございます。それと、町のかかわりは特に今まで長久手町で何かをやっていただいたということはございません。


 以上です。


○議長(吉田日勝君) 2回目ございませんか。小池みつ子議員。


○7番(小池みつ子君) ありません。


○議長(吉田日勝君) ほかにございませんか。浅井たつお議員。


○15番(浅井たつお君) いつも人事案件で出てくるんですけれども、やはり監査に対する池田さんの心構えというか、どういう方向性で監査をしていくんだというような、そういった資料をできたら提示してもらわないと、正直言って客観的な資料が全然ないのにこれで判断せよと言われても我々としては監査のやはり方向性というのが現在注目されておりますので、ぜひそういうものがあったらこの場に出してください。


○議長(吉田日勝君) 総務部長。


○総務部長(福岡久申君) 監査の方向性というのは私ども事務局と監査委員さんとお話をしながら進めていくことだと考えております。今回の分はこの地方自治法の196条に基づきまして町長から議会の皆様の方に同意をいただくものでございまして、この中でどうのこうという部分では、まずこの資料としてですけどもそうしたものではなく、今後先ほど申し上げましたように議会選出の議員さんから個々の認識というんですか、こちらの方の監査委員さん、そこの2名と事務局の方で監査方針、今までも踏まえながら詰めていくということになると思います。


 以上です。


○議長(吉田日勝君) 2回目ございませんか。浅井たつお議員。


○15番(浅井たつお君) 役場の執行部の監査というか、考え方というものを何というんですか、すり合わせをしてというふうにおっしゃいましたけれども、やはり町の財政支出に関して違った目で見るということはすごく大事なことですので、そういったときに監査委員になられる方の心構えとか方向性について資料がないということは何度も申し上げますけれども、我々としては正直言ってこれで判断せよということは執行部の主張に従って白紙委任をしなさいというような、そんなような感じにしか取れないのでやはりどのように考えて監査をされるのかといった、そういった考え方がわかるような資料というものを提示していただきたいと思いますけど、できませんか。


○議長(吉田日勝君) 総務部長。


○総務部長(福岡久申君) その部分に関しましては先ほど申しましたとおりでございまして、ここは選任同意の部分でございますので、そうした部分の資料をおつけしておりませんし、することはないと思っています。ただおっしゃる部分の中で、どのような部分の中で監査をしていくのかという部分に関しましては、今回の機構改革におきましても監査室というものができましたので、そちらの方も踏まえながらよく話し合いをして、今までとは違った部分の中の監査も取り入れるような方向で検討してまいりたい、そのように思っています。


○議長(吉田日勝君) ほかにございませんか。


 ないようですから質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。同意案第4号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。


             [「異議なし」と呼ぶ者あり]


 御異議なしと認めます。よって、同意案第4号については、委員会への付託を省略することに決しました。


 これより討論採決に入ります。


 同意案第4号長久手町監査委員の選任について討論を許します。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。ございませんか。


 ないようですから、次に本案に対する賛成討論の発言を許します。ございませんか。


 ないようですから、本案に対する討論を終結いたします。


 これより起立により採決いたします。


 同意案第4号について、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


               [起 立 多 数]


 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。


              ――――――――――――――


○議長(吉田日勝君) 日程第6、諮問第1号人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題といたします。


 提案者の説明を求めます。加藤町長。


              [町長 加藤梅雄君登壇]


○町長(加藤梅雄君) 提案理由の説明を申し上げます。


 諮問第1号人権擁護委員の候補者の推薦についてであります。


 人権擁護委員の候補者に現委員の長久手町久保山1014番地川本照子氏を推薦したいと思いますので、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、議会の意見を求めるものです。


 この案を提出いたしますのは、現任期が平成20年12月31日で満了いたしますので、同氏を再度推薦するため必要があるからであります。同氏は人格、識見ともに高く、人権擁護についての理解と実績もあり、適任と考えますのでよろしく御推挙賜りますようお願い申し上げます。


 以上で提案理由の説明とさせていただきます。


○議長(吉田日勝君) 以上で提案者の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 この際申し上げます。質疑の回数は、同一議員につき2回までといたします。


 諮問第1号人権擁護委員の候補者の推薦について質疑を許します。質疑のある議員は発言を願います。ございませんか。6番じんの和子議員。


○6番(じんの和子君) 当町の人権擁護委員は4名おりまして、この川本さんは今現在唯一の女性擁護委員ということで大変貴重な存在だと思うんです。そして、平成6年ぐらいからですか、いじめとか不登校とかそういった子供をめぐる人権問題もいろいろ発生しまして、適切な対処が求められることもふえてまいりました。そういったことを考えてみますと、今回の方はことし74歳ということですか、少し御高齢過ぎるのではないかと思って、私としましては気の毒に思うんですけどその点はどう考えられたのか。日程的にはまだあるんですけれども、ほかの方は候補者として挙がらなかったのでしょうかということをお尋ねします。


○議長(吉田日勝君) 保健福祉部長。


○保健福祉部長(加藤 勝君) ただいまの件につきましてですけれど、まず今回の選考に当たりまして先ほど言われた女性であるということをまず一義的に考えさせていただきました。それから、虐待等の問題がございますので、それについても現在同委員につきましては愛知県の人権擁護委員連合会の方の事務ということで深くかかわってみえるということ。それから、名古屋人権委員協議会の中の愛知地区委員会の男女共同参画推進委員ということで、そのあたりも非常に熱心にやってみえます。御質問のありました現在73歳でございますけれど、非常に積極的にやってみえまして、私どもとしましてはもっと長くやっていただきたいんですけれど、任期が3年ということでございますので、今回ぜひとも引き続きということでお願いをするものでございます。候補者につきましてはいろいろございますけど、そういった実績、経験、それから意欲、そういったことを勘案しながら今回提案をさせていただくということでございますので、よろしくお願いをしたいと思います。


 以上でございます。


○議長(吉田日勝君) 2回目ございませんか。じんの和子議員。


○6番(じんの和子君) いろいろと熱心に積極的にやっていただける方ということで、平成12年度から人権擁護委員もなされていますけれども、何か私たちに言えるエピソードみたいなものがありましたら御披露ください。


○議長(吉田日勝君) 保健福祉部長。


○保健福祉部長(加藤 勝君) エピソードといいますか、まずこの方につきましてはもちろん町でいきますと心配事相談等々の相談員という形もやっておりますが、一番大きいのは愛知県人権擁護委員会という連合会がございまして、そこで人権標語でありますとかあるいは人権の書道、そういった審査員もやってみえまして、非常にそういった事務には非常に多くかかわってみえるということ。それから、相談の中で先ほどちょっと話題にありますような虐待の問題あるいは高齢者の虐待もありますので、そんなことにつきましても非常に関心を持ってみえまして、私どもとよくそういった会話、相談されるということもございますので、そういった意味合いから非常に熱心だなと思っております。ただ、比較的この人権擁護委員というのは裏方のことでございまして、なかなか表に出る業務じゃないものですから、これというすばらしいエピソードはないんですが、そういった地道な活動をずっとしてみえるということでございますので、ぜひともお願いしたいと思います。


 以上です。


○議長(吉田日勝君) ほかにございませんか。5番原田秀俊議員。


○5番(原田秀俊君) 確かに一生懸命やっていただいておるということは今の説明の部分ではわかりましたが、後進に道をゆずるという考え方もあるんですよね。同じ人がずっとその役におることによって、逆の意味で言うと硬直をするということだってあるわけです。実際、今の話でいくとそういうふうじゃなくて一生懸命やってみえるということですが、やはり後進に道をゆずって川本さんが平成12年からやって6年前ですから、やはりもっと現役に近いような方をこの際推薦をするというのも一つの方法だったんだろうと思います。したがってその点についてはどうだったかということと、それと長久手町の議会がこれに同意しなかったら、今部長が言われましたように県でのさまざまな活動についてそれに支障が来るんでしょうか、その辺の関係はどうでしょうか。


○議長(吉田日勝君) 保健福祉部長。


○保健福祉部長(加藤 勝君) 当然ながら若い人をこれから登用するという考え方もございますけど、先ほどお話ししたように実績等々勘案しましてお願いするということでございます。それで承認されないということになりますと、先ほど言ったような業務自体が滞るということでございます。それから、長久手町の人権の部分も滞るということでございます。


 よろしくお願いします。


○議長(吉田日勝君) 2回目ございませんか。原田秀俊議員。


○5番(原田秀俊君) いつの議会か忘れましたけども、大体同意案件はぎりぎりの議会で提案されたこともあるんですね。しかし、今回は12月、半年前という提案になりました。したがって、ある意味で言うと時間的な余裕はあったのじゃないかというふうに、先ほどじんの議員も言われましたがやはりあったと思うんですね。したがって、本当にやはり今抱えているさまざまな人権に対する問題についてはやはり新しい人という可能性を私はもっと追求してもよかったんじゃなかったのかなと思うんですけども、その点はどうでしょうか。


○議長(吉田日勝君) 保健福祉部長。


○保健福祉部長(加藤 勝君) 今回提案させていただきますのは、これは認めていただきますと4カ月以上かかるわけでございます。したがいまして、9月議会では間に合わないということで今回提案をさせていただくということでございます。


 以上です。


○議長(吉田日勝君) ほかにございませんか。


 ないようですから質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。諮問第1号については会議規則第37条第3項の規定により委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


             [「異議なし」と呼ぶ者あり]


 御異議なしと認めます。諮問第1号については、委員会への付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論採決に入ります。


 諮問第1号人権擁護委員会委員の候補者の推薦について討論を許します。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。ございませんか。


 ないようですから、次に本案に対する賛成討論の発言を許します。ございませんか。


 ないようですから、本案に対する討論を終結いたします。


 これより起立により採決いたします。諮問第1号について、原案のとおり答申することに賛成の議員の起立を求めます。


               [起 立 全 員]


 起立全員であります。諮問第1号は、原案のとおり答申することに決定いたしました。


              ――――――――――――――


○議長(吉田日勝君) 日程第7、農業委員会委員の推薦の件を議題といたします。


 お諮りいたします。農業委員会委員の推薦の方法については、指名推選によりたいと思います。これに御異議ございませんか。


             [「異議なし」と呼ぶ者あり]


 御異議なしと認めます。よって、推薦の方法は指名推選によることに決しました。


 お諮りいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


             [「異議なし」と呼ぶ者あり]


 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。


 農業委員会委員には、加藤武議員、加藤具己副町長の2名を指名いたします。


 お諮りいたします。ただいま指名いたしました加藤武議員、加藤具己副町長の2名を農業委員会委員に推薦することに御異議ございませんか。


             [「異議なし」と呼ぶ者あり]


 御異議なしと認めます。よって、加藤武議員、加藤具己副町長の2名を農業委員会委員に推薦することに決しました。


              ――――――――――――――


○議長(吉田日勝君) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。


 次回は6月6日午前10時から本会議を開きます。


 本日は、これにて散会いたします。


                午前10時35分再開