議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 長久手市

平成18年第2回定例会(第1号 6月 8日)




平成18年第2回定例会(第1号 6月 8日)





平成18年第 2回定例会





1.本定例会に付議された議案


 議案第49号    平成18年度長久手町一般会計補正予算(第2号)


 議案第50号    議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一


          部を改正する条例について


 議案第51号    長久手町税条例の一部を改正する条例について


 議案第52号    長久手町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について


 議案第53号    長久手町乳幼児医療費支給条例等の一部を改正する条例について


 議案第54号    長久手町議会の議員の定数条例の一部を改正する条例について


 議案第55号    (仮称)グリーンロード南保育園建築工事請負契約の締結について


 議案第56号    国庫補助事業公共下水道築造工事その2請負契約の締結について


 議案第57号    (仮称)田園バレー交流拠点施設建設工事請負契約の締結について


 請願第1号    出資法の上限金利の引き下げ等、「出資の受入れ、預り金及び金利


          等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の


          改正を求める請願書


 意見書案第1号  出資法の上限金利の引き下げ等、「出資の受入れ、預り金及び金利


          等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の


          改正を求める意見書の提出について





 
          平成18年第2回長久手町議会定例会(第1号)





平成18年6月8日(木)午前10時00分開会





1.本日の議事日程


 日程第1  会議録署名議員の指名


 日程第2  会期の決定


 日程第3  諸般の報告


        1.監査委員から監査結果の報告について


        2.継続費繰越計算書及び繰越明許費計算書並びに事故繰越計算書の報


          告について


        3.尾張土地開発公社の経営状況の報告について


        4.常任委員会等正副委員長選任結果の報告について


        5.議案説明員の報告について


        6.議案の送付について


        7.請願書の提出について


        8.町長行政報告について


 日程第4  議案第49号平成18年度長久手町一般会計補正予算(第2号)から議案第53


       号長久手町乳幼児医療費支給条例等の一部を改正する条例についてまで


       (議案の上程、提案者の説明)


 日程第5  議案第54号長久手町議会の議員の定数条例の一部を改正する条例について


       (議案の上程、提出者の説明)


 日程第6  出資法の上限金利の引き下げ等、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取


       締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の改正を求める


       請願書


       (請願の上程、紹介議員の説明)





1.本日の会議に付した事件


   議事日程に同じ





1.会議に出席した議員


   議 長 中 野 文 夫   副議長 淺 井 光日出


   1番  吉 田 ひでき   2番  原 田 秀 俊


   3番  川 本 勝 幸   4番  前 田 幸 明


   5番  神 野 和 子   6番  伊 藤 祐 司


   7番  石 井 芳 樹   8番  吉 田 日 勝


   9番  丹 羽 茂 雄   11番  小 池 みつ子


   12番  水 野 とみ子   13番  加 藤   武


   14番  川 上 孝 一   15番  川 合 保 生


   16番  青 山 作 市   17番  浅 井 良 和


   18番  正 木 祥 豊   19番  伊 藤 克 彦





1.会議に欠席した議員


   な し





1.地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者


   町長       加藤 梅雄  助     役  伊藤 祥子


   収入役      川本 保弘  教育長      青山 安宏


   参事       夏目 吉昌  経営企画部長   田中 憲二


   総務部長     福岡 久申  民生部長     水野  修


   建設部長     加藤 具己  消防長      近藤 武彦


   教育部長     加藤八州夫  なんでも町政サロン室長


                            野田 康司


   総務課長     山下 幸信  人事秘書課長   川本  忠


   福祉課長     加藤  勝  都市整備課長   鈴木 孝美





1.職務のため議場に出席した者


   議会事務局 局長 山田 三行  議会事務局 主幹兼議事係長


                            水野  悟





                 午前10時00分開会


○議長(中野文夫君) ただいまの出席議員は20名であります。定足数に達しておりますので、これより平成18年第2回長久手町議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 これより本日の日程に入ります。


            ―――――――――――――――――


○議長(中野文夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第115条の規定により、議長において指名いたします。8番吉田日勝議員、12番水野とみ子議員、以上の2名を指名いたします。


            ―――――――――――――――――


○議長(中野文夫君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から6月27日までの20日間としたいと思います。これに御異議ございませんか。


              [「異議なし」と呼ぶ者あり]


 御異議なしと認めます。よって、会期は20日間と決定いたしました。


            ―――――――――――――――――


○議長(中野文夫君) 日程第3、諸般の報告をいたします。


 まず、監査委員から、平成17年度4月分の例月出納検査結果の報告がありましたので、その写しをお手元に配付しておきましたから、御了承願います。


 次に、町長から、平成17年度継続費繰越計算書及び平成17年度繰越明許費計算書並びに平成17年度事故繰越計算書の報告がありましたので、その写しをお手元に配付しておきましたから、御了承願います。


 次に、同じく町長から、尾張土地開発公社の経営状況について報告がありましたので、その写しをお手元に配付しておきましたから、御了承願います。


 次に、委員会に関する条例第6条第2項の規定により選任されました常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長の氏名を報告いたします。


 総務常任委員会の委員長には丹羽茂雄議員、副委員長には原田秀俊議員。


 民生文教常任委員会の委員長には水野とみ子議員、副委員長には神野和子議員。


 建設常任委員会の委員長には川本勝幸議員、副委員長には伊藤克彦議員。


 議会運営委員会の委員長には浅井良和議員、副委員長には石井芳樹議員。


 以上のように選任されました。


 次に、今回の定例会に説明員として出席通知のありました者の職、氏名を一覧表としてお手元に配付しておきましたから、御了承願います。


 次に、議案は議員各位のお手元に送付いたしましたから、御了承願います。


 次に、本定例会に提出されました請願書につきましては、請願文書表としてお手元に送付いたしましたから、御了承願います。


 次に、町長から行政報告及び長久手町における公金の管理運用要綱に基づく、平成18年4月末現在における公金の管理・運用状況報告書並びに前回報告後の1件100万円以上の契約件数の報告がありましたので、その写しをお手元に配付しておきましたから、御了承願います。


 以上で、諸般の報告は終わります。


            ―――――――――――――――――


○議長(中野文夫君) 日程第4、議案第49号から議案第53号までの5件を一括議題といたします。


 提案者の説明を求めます。伊藤助役。


               [助役 伊藤祥子君登壇]


○助役(伊藤祥子君) それでは、本定例会に上程させていただきました議案の提案理由につきまして御説明申し上げます。


 まず、議案第49号平成18年度長久手町一般会計補正予算(第2号)についてです。


 歳入歳出とも6,000万円の増額で、予算総額を120億4,100万円とするものです。


 歳入は、繰越金の増額で、歳出は、民生費及び教育費の増額です。


 次に、議案第50号議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例についてです。


 この案を提出いたしますのは、地方公務員災害補償法の一部改正に伴い、議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正するため必要があるからです。


 改正の主な内容は、通勤の範囲として複数就業者の就業の場所から勤務場所への移動等を加えること及び条文中の字句の整理を行うものです。


 なお、この条例は公布の日から施行するものです。


 次に、議案第51号長久手町税条例の一部を改正する条例についてです。


 この案を提出いたしますのは、地方税法の一部改正に伴い、長久手町税条例の一部を改正するため必要があるからです。


 改正の主な内容は、町民税関係では平成19年度以降の個人町民税の所得割の税率を課税所得に応じて、現行3%、8%、10%であるものを一律6%に改めること。平成19年度以降の個人町民税所得割の定率減税控除額を廃止することなどです。


 町たばこ税関係では、平成18年7月1日から旧3級品以外の製造たばこの税率を1,000本につき、現行2,977円から3,298円に、旧3級品の製造たばこの税率を1,000本につき、現行1,412円から1,564円に引き上げるものです。


 なお、この条例は公布の日から施行しますが、附則の各号で定めるものについては、当該各号に定める日から施行するものです。


 次に、議案第52号長久手町国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてです。


 この案を提出いたしますのは、地方税法の一部改正等に伴い、長久手町国民健康保険税条例の一部を改正するため必要があるからです。


 改正の主な内容は、個人住民税の公的年金等控除の見直しに伴い、国民健康保険税額が増加することとなる一部の高齢者について、激変緩和措置として所得割額の算定基礎から平成18年度は13万円、平成19年度は7万円を控除すること。また、租税条約適用利子等に係る利子所得、条約適用配当等に係る配当所得等がある場合の所得割額、国民健康保険税の減額の規定の適用について特例を定めること。その他必要な規定の整理を行うものです。


 なお、この条例は公布の日から施行し、改正後の条例の規定は、平成18年4月1日から適用するものです。


 次に、議案第53号長久手町乳幼児医療費支給条例等の一部を改正する条例についてです。


 この案を提出いたしますのは、病院等への入院等により、住所を変更したものに係る受給資格等の取り扱いに関し、長久手町乳幼児医療費支給条例、長久手町母子家庭等医療費の支給に関する条例、長久手町老人医療費の助成に関する条例、長久手町障害者医療費支給条例の一部を改正するため必要があるからです。


 改正の主な内容は、病院等に入院等したことにより、本町の区域外に住所を変更した場合においては、その者を引き続き受給資格者等とすること、及び病院等に入院等したことにより、本町の区域内に住所を変更した者については、その者を受給資格者等としないこととするものです。


 なお、この条例は平成18年8月1日から施行するものです。


 以上、5議案につきましてよろしく御審議を賜り、御議決くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。


○議長(中野文夫君) 以上で、提案者の説明は終わりました。


            ―――――――――――――――――


○議長(中野文夫君) 日程第5、議案第54号長久手町議会の議員の定数条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。


 提案者の説明を求めます。18番正木祥豊議員。


               [18番 正木祥豊君登壇]


○18番(正木祥豊君) それでは、議案第54号長久手町議会の議員の定数条例の一部を改正する条例について、提出者としての説明をいたします。


 提案理由としまして、地方分権がいよいよ加速される今日、私ども町議会にとっても新しい地方の時代にふさわしい議会のあり方が求められております。もとより地方議会と行政とは、住民の福祉向上を図る上で、その間の運営の原則は、牽制と均衡を旨としております。すなわち行政の行き過ぎを抑え、足らざるを補いながら、調和を図るというものであります。


 日ごろの我が町議会を顧みるに、いかにも心もとない気がするのは、私だけでしょうか。真の議会制民主主義、住民に信頼される議会の再生を図るため、さらなる議会の質の向上、活性化を求め、一石を投じさせていただくわけであります。


 私自身を含め、議員の一人一人がいま一度初心に立ち返り、みずからに問いかける時期が来たものと判断する次第であります。また、万博後の本町にありましては、万博という余りにも大きなイベントの反動に耐え切れていないのが実情かと思いますが、近い将来、今回提案しました少数精鋭の議会が核となって、すばらしいまちづくりが完成するものと期待するものであります。


 最後に、議員各位におかれましては、厳しい選択を強いることになりましたが、将来の本町の議会発展のため、御賛同を得たいと存じます。


 これで提案理由を終わらせていただきます。


○議長(中野文夫君) 以上で、提出者の説明は終わりました。


            ―――――――――――――――――


○議長(中野文夫君) 日程第6、出資法の上限金利の引き下げ等、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の改正を求める請願についてを議題といたします。


 紹介議員の説明を求めます。


 19番伊藤克彦議員。


               [19番 伊藤克彦君登壇]


○19番(伊藤克彦君) 最近、マスコミで盛んに話題になっていることは知っておりますけど、そういう社会情勢を何とかしようということで、愛知県司法書士会の会長、大須賀憲太さん初め数名の司法書士や弁護士さんから請願が出ておりますので、私、建設常任委員会の副委員長がやれということは聞いておりましたが、なかなか上手に説明できませんが、件名としまして、出資法の上限金利の引き下げ等、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の改正を求める請願書です。


 要旨としては、秩序ある経済環境の整備を図り、もって国民生活の安定や社会秩序の構築を実現するため、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、法務大臣、金融大臣、担当大臣に意見書を提出してください。


 3項目ありますので、読まさせていただきます。


 出資の受入、預り金及び金利等の取締りに関する法律の改正につき、現行法の上限金利を利息制限法の上限金利まで引き下げること。


 二つ目、出資の受入、預り金及び金利等の取締りに関する法律の改正につき、現行法における日賦貸金業者及び電話担保金融に関する特例金利を廃止すること。


 三つ目としては、貸金業の規制等に関する法律の改正につき、現行法第43条のみなし弁済規定を廃止すること。


 以上、読み上げたことによって、御提案とさせていただきます。


○議長(中野文夫君) 以上で、紹介議員の説明は終わりました。


 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。


 次回は、6月12日、午前10時から本会議を開きます。


 本日は、これにて散会いたします。


                 午前10時17分散会