議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 あま市

平成27年3月定例会(第4日) 本文




2015年03月19日:平成27年3月定例会(第4日) 本文

 議 事 の 経 過

◯議長 本日の出席議員は定足数に達しておりますので、ただいまから本日の会議を開きます。
     (午前10時00分)



◯議長 地方自治法第121条第1項の規定により、説明のため本日の会議に出席した者の職、氏名は、お手元に配付いたしております名簿のとおりでございます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
 なお、皆様のお手元に御配付の議案第36号、平成26年度あま市一般会計補正予算(第6号)、発議第2号、あま市議会委員会条例の一部を改正する条例について、発議第3号、あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について、発議第4号、ISILによるテロ行為に対する非難決議についての議案1件、発議3件につきましては、本日午前9時開催の議会運営委員会で上程承認され、最終日追加議案のため、委員会付託省略で討論、採決に入っていくことが議会運営委員会で決定されておりますので、よろしくお願いします。

  日程第1 議案第1号


◯議長 日程第1、議案第1号、あま市子どものための教育・保育給付に係る利用者負担に関する条例についてを議題とします。
 本案は厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、櫻井信夫厚生委員長、どうぞ。


◯厚生委員長 厚生委員会委員長、櫻井信夫でございます。
 厚生委員会の報告を申し上げます。
 平成27年3月12日午前9時から第一委員会室にて厚生委員全員出席、また、当局側より市長、副市長を初め各関係部課長出席のもと開催いたしました。厚生委員会に付託されました事件は、議案14件、発議1件、請願1件及び陳情1件です。
 付託議案第1号、あま市子どものための教育・保育給付に係る利用者負担に関する条例についてを報告いたします。
 委員より、保育園入園の案内に1日8時間の保育となっている。延長保育等運用についてはとの質疑があり、当局より、1日8時間は朝8時から4時までが基準となっているが、毎日30分おくれて8時半からしか保育園に行けないという保護者がおられれば、相談しながら8時間の枠をとります。しかし、12時からしか行けませんという保護者がおられる場合は、8時間は難しいと思われるので、保護者ときちんと相談して対応したいとの答弁でした。
 その他多くの質疑がありました。
 討論はなく、採決の結果、賛成多数により議案第1号は原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。


◯議長 これより厚生委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
 質疑はございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
 2番、野中幸夫議員。


◯2番議員(野中幸夫) 日本共産党議員団を代表いたしまして、議案第1号、あま市子どものための教育・保育給付に係る利用者負担に関する条例に反対する討論をいたします。
 保育短時間、つまり、1日8時間とされる子供たちの保育時間である利用可能時間内であれば延長保育とならず、新たな負担を生じさせないとしたことは一定の評価ができるものでございます。
 しかし、この間、年少扶養控除が廃止をされて、所得税が引き上げられております。この年少扶養控除があるとみなして所得税を引き下げた税額で、この間、保育料が算定されておりました。保育料の引き上げの歯どめがかけられていたものでありますけれども、これをなくして高い保育料になっていくものでございます。
 また、非婚のひとり親家庭への寡婦控除のみなし適用も行われないなど、子育て支援となっていないものであり、私どもは、この議案第1号には反対をいたします。
 以上です。


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第1号は、厚生委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

  日程第2 議案第2号


◯議長 日程第2、議案第2号、あま市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営等に関する基準を定める条例についてを議題とします。
 本案は厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、櫻井信夫厚生委員長、どうぞ。


◯厚生委員長 厚生委員会の報告を申し上げます。
 開催日時、場所、出席者は、先ほど述べましたとおりでございます。以後の報告でも同様ですので、省略いたします。
 付託議案第2号、あま市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営等に関する基準を定める条例についてを報告いたします。
 委員より、高齢者の安全確保等及び事故発生時の対応についてはとの質疑があり、当局より、基本方針の中で、利用者に対する安全確保は今回の基準どおりで守られていると考えている。事故等については、何か事故があれば、もちろん家族のほうに連絡する。また、本人及び家族の方とともにケアプランを立てていく上で、事故発生時の対応を記載するとの答弁でした。
 その他の質疑もありました。
 討論はなく、採決の結果、賛成多数により議案第2号は原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。


◯議長 これより厚生委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
 2番、野中幸夫議員。


◯2番議員(野中幸夫) 日本共産党議員団を代表いたしまして、議案第2号、あま市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営等に関する基準を定める条例に反対する討論をします。
 この条例は、厚生労働省令の基準で定める内容がそのまま条例になっています。厚生労働省令は、国会審議がされずに変更されることになります。その変更されたものが自動的にこの条例となっていくものであり、市議会でこれが審議されることがなくなってしまいます。地域の自主性及び自律性を高めるための改革で、地方分権がうたい文句になっておりますが、地域の自主性、自律性のかけらもありません。
 そして、第4条で、介護予防支援事業の運営に関しては、利用者の安全確保策が抜け落ちているなど、国基準どおりで自主的な方向がありません。
 以上のことから、私どもは、議案第2号に反対をするものでございます。
 以上です。


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第2号は、厚生委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

  日程第3 議案第3号


◯議長 日程第3、議案第3号、あま市地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準を定める条例についてを議題とします。
 本案は厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、櫻井信夫厚生委員長、どうぞ。


◯厚生委員長 厚生委員会の報告を申し上げます。
 付託議案第3号、あま市地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準を定める条例についてを報告いたします。
 委員より、保健師、社会福祉士などこれに準ずるとあるが、準ずる者の規定はとの質疑があり、当局より、原則はそれぞれの資格を有する者が必要であるが、全て資格者を採用することが難しく、これに準ずる者が挙げられています。国の通達の中では、保健師に準ずる者は看護師であること、社会福祉士に準ずる者はケアマネジャーの経験が3年、または相談業務を3年以上、ケアマネジャーについては県のマネジメントリーダー研修を修了した者との答弁でした。
 討論はなく、採決の結果、賛成多数により議案第3号は原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。


◯議長 これより厚生委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
 質疑はございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
 2番、野中幸夫議員。


◯2番議員(野中幸夫) 日本共産党議員団を代表いたしまして、議案第3号、あま市地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準を定める条例に反対する討論を行います。
 この条例も、厚生労働省の基準をそのまま条例化していくものであります。現在、市の地域包括支援センター運営事業実施要綱では、管理者、保健師、主任介護支援専門員、社会福祉士等となっています。国の基準では、これが、保健師はこれに準ずる者となっております。準ずる者とは看護師だと言われておりますが、職種が違うわけであります。これでは、専門職をその仕事につかせることから離れていくことになります。曖昧な表現は必要ありませんので、私どもは、この議案第3号に反対をいたします。
 以上です。


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第3号は、厚生委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

  日程第4 議案第4号


◯議長 日程第4、議案第4号、あま市保育の実施に関する条例を廃止する条例についてを議題とします。
 本案は厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、櫻井信夫厚生委員長、どうぞ。


◯厚生委員長 厚生委員会の報告を申し上げます。
 付託議案第4号、あま市保育の実施に関する条例を廃止する条例についてを報告いたします。
 質疑、討論もなく、採決の結果、全員賛成により議案第4号は原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。


◯議長 これより厚生委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第4号は、厚生委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

  日程第5 議案第5号


◯議長 日程第5、議案第5号、あま市部設置条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案は総務文教委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、藤井定彦総務文教委員長、どうぞ。


◯総務文教委員長 総務文教委員長の藤井定彦でございます。
 総務文教委員会の報告をさせていただきます。
 去る3月11日午前9時より第一委員会室におきまして、村上市長初め、早川、小出両副市長並びに関係部課長に御出席をいただき、委員全員出席のもと、付託されました16件の議案につきましての審議内容、結果を報告いたします。
 最初に、付託議案第5号、あま市部設置条例の一部を改正する条例についてであります。
 委員より、建設産業部から分かれて上下水道部を設置する理由と、人員変化はどうなるのか。また、意思決定の迅速化、指揮命令系統の明確化を図るとあるが、どのように改善をされるのかとの質問がありました。当局よりは、現在、上下水道課については、建設産業部所管として建設産業部長をトップとした組織機構となっているが、部長級職員である上下水道事業調整監の所管課でもある。現在の組織運営については、建設産業部長が上下水道事業調整監と協力し、事業の推進を図っているが、実質的には上下水道事業調整監が所管部長としての役割を果たしているので、このような位置づけを整理し、簡素で効率的な組織機構とするために機構改革をするものである。また、人員についての増減はなく、建設産業部長と上下水道部長をそれぞれのトップとした簡素な組織機構とすることで、決裁等意思決定の迅速化が図られるとともに、所管事業についてより綿密で的確な指揮命令が可能となると考えているとの答弁がございました。
 その他の質問もなく、慎重審議の結果、全員賛成にて付託議案第5号は原案のとおり可決されましたので、報告といたします。
 なお、以降の報告につきましては、同日同時刻でありますので、割愛をさせていただきます。


◯議長 これより総務文教委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
 ございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第5号は、総務文教委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

  日程第6 議案第6号


◯議長 日程第6、議案第6号、あま市情報公開条例及びあま市個人情報保護条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案は総務文教委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、藤井定彦総務文教委員長、どうぞ。


◯総務文教委員長 続きまして、付託議案第6号、あま市情報公開条例及びあま市個人情報保護条例の一部を改正する条例についての報告をいたします。
 この議案につきましては、慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されましたので、よろしくお願いいたします。


◯議長 これより総務文教委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第6号は、総務文教委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

  日程第7 議案第7号


◯議長 日程第7、議案第7号、あま市行政手続条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案は総務文教委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、藤井定彦総務文教委員長、どうぞ。


◯総務文教委員長 付託議案第7号、あま市行政手続条例の一部を改正する条例についての報告をいたします。
 この議案につきましても、慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されましたので、よろしくお願いいたします。


◯議長 これより総務文教委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第7号は、総務文教委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

  日程第8 議案第8号


◯議長 日程第8、議案第8号、あま市職員定数条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案は総務文教委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、藤井定彦総務文教委員長、どうぞ。


◯総務文教委員長 続きまして、付託議案第8号の報告をいたします。
 あま市職員定数条例の一部を改正する条例についての審議内容、結果について報告をいたします。
 慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されましたので、よろしくお願いいたします。


◯議長 これより総務文教委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第8号は、総務文教委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

  日程第9 議案第9号


◯議長 日程第9、議案第9号、あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案は総務文教委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、藤井定彦総務文教委員長、どうぞ。


◯総務文教委員長 付託議案第9号、あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についての審議内容、結果について報告をいたします。
 慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決となりましたので、よろしくお願いいたします。


◯議長 これより総務文教委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第9号は、総務文教委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

  日程第10 議案第10号


◯議長 日程第10、議案第10号、あま市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案は総務文教委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、藤井定彦総務文教委員長、どうぞ。


◯総務文教委員長 付託議案第10号、あま市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例についての審議内容、結果について報告いたします。
 この議案につきましても、慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されましたので、よろしくお願いいたします。


◯議長 これより総務文教委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
 1番、加藤哲生議員。


◯1番議員(加藤哲生) それでは、日本共産党議員団を代表いたしまして、議案第10号、あま市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について、反対する討論を行います。
 第1条では、教育長を特別職とするものであります。新しく教育長となり、議会の同意は必要となるが、新教育長として市長が任命、罷免ができるようになる。現在の教育委員が教育長となり、任命、罷免することができるのと違う状況が生まれ、市長の意を受けて教育行政が進められることが懸念されます。
 法改正で政治的な発言が重みを増します。市長は政治家で、考え方を持っているものであり、教育現場への政治介入に危惧するものであります。教育は教育委員会に任せるべきであり、中立性を守ることが必要であります。首長がみずからの政治的な考えで教育の施策を変えれば、その被害は子供たちにも及んでいくことが懸念されております。
 よって、この議案第10号は私どもは反対といたします。
 また、次に出される議案第11号についても、教育長が一般職から特別職になっていく条例も含まれます。
 よって、議案第11号も同じく反対といたします。
 以上です。


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 18番、花木敏行議員。


◯18番議員(花木敏行) 18番、花木です。
 議案第10号について、賛成の立場から討論いたします。
 今回の改正の趣旨は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正に伴い、教育長の身分が一般職から特別職となるため、教育長の給与及び旅費を条例の規定に基づき支給するための改正で、これまで教育公務員特例法を根拠として条例で定めてきたものが、地方自治法を根拠として条例で定めるものです。
 今回の改正においては、教育長の身分は特別職となっておりますが、教育委員会の職務権限は変更されておりません。引き続き教育委員会は、地方公共団体の教育行政をみずからの責任と権限において管理し、執行する執行機関であります。また、教育委員会の議事は出席者の過半数で決することとされており、教育長と教育委員の合議制で意思決定することも何ら変わりありません。
 これらのことから、この条例改正は、教育長が特別職という立場から、市長と同じ条例の中で例規上の整備を行うことであり、市長部局と教育委員会との独立性は従来どおりであります。また、あま市職員の給与改定に準じ、特別職の職員で常勤の者、期末手当の6月期と12月期の支給月数の平準化を行うものであり、この条例の改正は、こうした法令等の改正に対応するために必要なものと考え、議案第10号について賛成をいたします。
 議案第11号も同じです。
 以上です。


◯議長 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第10号は、総務文教委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

  日程第11 議案第11号


◯議長 日程第11、議案第11号、あま市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他勤務条件に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案は総務文教委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、藤井定彦総務文教委員長、どうぞ。


◯総務文教委員長 付託議案第11号、あま市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他勤務条件に関する条例の一部を改正する条例についての審議内容、結果について報告をいたします。
 この議案につきましても、慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されましたことをここに報告いたします。


◯議長 これより総務文教委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第11号は、総務文教委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

  日程第12 議案第12号


◯議長 日程第12、議案第12号、あま市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案は総務文教委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、藤井定彦総務文教委員長、どうぞ。


◯総務文教委員長 付託議案第12号、あま市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についての審議内容、結果について報告いたします。
 この議案につきましても、慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されましたので、よろしくお願いいたします。


◯議長 これより総務文教委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
 1番、加藤哲生議員。


◯1番議員(加藤哲生) 日本共産党議員団を代表いたしまして、議案第12号、あま市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、反対する討論を行います。
 管理者、単身者職員に対しての改正には賛成をいたしますが、一部職員の月額給料の引き下げには反対をいたします。
 現在の消費税の増税と物価上昇によって、不況を脱するためには、働く者の賃金を引き上げることがその鍵を握ると考えます。民間人に加え、公務員に値下げでは、矛盾のきわみでございます。職員の皆様の命、暮らしを守り豊かにしていくことで、住民全体にも明るい未来を開いていくことができます。そのためには、職員の皆様の賃金引き上げを求めることが必要であります。
 よって、私どもは、この議案第12号には反対といたします。
 以上です。


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第12号は、総務文教委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

  日程第13 議案第13号


◯議長 日程第13、議案第13号、あま市手数料条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案は総務文教委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、藤井定彦総務文教委員長、どうぞ。


◯総務文教委員長 付託議案第13号、あま市手数料条例の一部を改正する条例についての審議内容、結果について報告をいたします。
 委員より、議案審議の際、答弁の中に、使用料のことで煙火の一定量という言葉が出ていたが、その一定量についての質疑があり、当局よりの説明では、一定量というのは、例えば、4号程度の打ち上げ花火を1日に11個以上の消費を指します。そして、その4号玉というものは、直径10センチ以上14センチ未満の玉である。その他に仕掛け花火については、爆発音を出す筒物であって、火薬が1グラム以下、爆薬0.1グラム以下の煙火で300個以上をする場合は、届け出が必要であるとの答弁でございました。
 また、他の委員より、煙火の消費の許可の申請に対する審査事務に係る手数料の徴収を本市に移譲されたわけであるが、これはどのようなときに誰が申請をするのかとの問いがあり、そのことに対しては当局より、一定量以上の火薬類を消費する者は、火薬類取締法に基づいて都道府県知事の許可が必要となる。一定量以上の火薬類を消費する者というのは、イベントの主催者が申請者になる。申請については、火薬類の消費許可申請書と消費計画書、仕掛け花火であればその明細書を添付して、安全安心課へ申請をしていただくとの説明がございました。
 以上、慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されましたので、よろしくお願いいたします。


◯議長 これより総務文教委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
 質疑はございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第13号は、総務文教委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

  日程第14 議案第14号


◯議長 日程第14、議案第14号、あま市介護保険条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案は厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、櫻井信夫厚生委員長、どうぞ。


◯厚生委員長 厚生委員会の報告を申し上げます。
 付託議案第14号、あま市介護保険条例の一部を改正する条例についてを報告いたします。
 委員より、介護保険料の段階を国の基準以上に広められた理由はとの質疑があり、当局より、今回の改正では10段階から12段階に広めました。これは高額の所得の方に負担を多くする改正となっているとの答弁でした。
 また、委員より、市民税非課税の方も介護保険料を相当高額料払っており、住民からは介護保険料が高過ぎるとの声が多い。ついては、一般財源を投入して、介護保険料を引き下げる検討はとの質疑があり、当局より、介護保険料につきましては、国の中に一般財源は組み込まないという3原則があり、一般財源からの法定割合分以外の導入はできないとの答弁でした。
 その他多くの質疑がありました。
 討論はなく、採決の結果、賛成多数により議案第14号は原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。


◯議長 これより厚生委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
 2番、野中幸夫議員。


◯2番議員(野中幸夫) 日本共産党議員団を代表いたしまして、議案第14号、介護保険条例の一部を改正する条例に反対する討論を行います。
 この条例は、65歳以上の方々の介護保険料の値上げであります。本人が非課税で年金収入プラス合計所得80万円超の人たちは、保険料年額が5万1,600円から5万6,400円になるものです。1割近い値上げになっております。これ以下の収入の方々も値上げとなっております。
 65歳以上人口の56%、半数以上の方々が、住民税が非課税、本人あるいは世帯という状況になっており、余りにも高過ぎる状況です。高所得者の保険料の設定をしましたが、対象者は1.5%であります。介護保険料は上がり続けています。保険料を払ったら、手元にお金がなくなってしまい、介護サービスが受けられないという高齢者もいます。保険あって介護なしです。
 高齢者の中には、出費を抑えるために、食事は1日2回、買い物の回数を減らしている。特売日に買いだめ、服は買わない。あるいは、もうどこを削っていいかわからないなど、悲鳴に近い声が上がっています。こうしたとき、住民の生活を守っていくためには、介護保険料の値下げこそ行うべきであり、引き上げなどとんでもありません。
 つけ加えさせていただきますと、介護保険の会計への一般財源の投入は、国も禁止事項ということにはなっておりません。そのことは明確にしていきたいと思います。当局は禁止だという認識があるようですけれども、正しくありません。
 以上、議案第14号には反対をいたします。
 以上です。


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 4番、加藤正議員。


◯4番議員(加藤正) 4番、加藤正。
 議案第14号、あま市介護保険条例の一部を改正する条例案について、賛成の立場で討論いたします。
 介護保険料は、平成12年4月より始まった制度であり、将来における高齢者の増加または高齢者の介護問題を解決すべく、新たに導入された制度です。この制度は、3年に一度、事業の全体の計画で保険料を見直すことが決められ、5期15年が終了しました。
 平成27年度からは、新たに6期に入ります。保険料の見直しがされることとなり、その作業としては、平成26年度当初から始まっています。計画書の策定については、あま市高齢者福祉計画・介護保険事業計画策定委員会が設置され、学識者や市議会議員、関係機関または団体の代表と行政の関係職員によって組織が構成されています。この間、5回の会議が開催され、第6回あま市高齢者福祉計画・介護保険事業計画書が本年の3月に福祉部高齢福祉課によって製本完成し、また、これは市のホームページにもアップされています。
 さて、介護保険の収支に際しては、この計画書に基づいた必要事業と必要見込みの量によって算出されます。これが基準となり、その事業費が算出されます。負担割合としては、国が25%、愛知県とあま市がそれぞれ12.5%となっています。残り50%を保険料に求めることとなり、40から64歳の方が28%、65歳以上の方が22%を負担することとなっております。これらの割合をもとに各段階の保険料が決定される仕組みになっています。
 第5期の保険料の割合の金額は、実質には8段階に分類され、最も低い第1段階では年額2万5,800円、基準段階では5万1,600円、最も高い段階では9万300円となっていました。今回の第6期では、3年間で保険に求める金額の総額を約151億4,943万円と算出し、新たな保険料の金額が出されています。
 その結果、今回新たに提案された金額としては、12段階として最も安い第1段階では月に200円増額の年間2万8,200円、基準段階では月に400円増の年間5万6,400円、最も高い段階では月に1,875円増の年額11万2,800円となり、被保険者の負担能力に応じたよりきめ細やかな保険料の算定を行うこととしております。
 介護保険の考え方は、高齢者の増加に対し、社会全体として行うという考え方のもとスタートしております。最初は、この高齢者に対応するのが事業者ということで、新規に多数の事業者が参入し、これが介護保険の初期の姿でした。事業者として多くの民間事業者が参入したのですが、結果として事業から撤退した民間業者も多く、この結果、事業者だけでは成り立たないことがわかり、次に方針を立てたのが、事業者から各家庭に戻すことを目的に制度改正が行われました。
 しかしながら、一度つくられた道を戻すには大変なことで、結果として各家庭に戻すこともできず、そして今、第6期を迎えるに当たって、今後は地域全体として見守ることを主眼として、計画の立案の制度改正が行われつつあります。
 さて、第6期の方針でありますが、地域全体として行うこととして、地域包括ケアシステムの構築が求められております。この地域包括ケアシステムとは、誰もが健やかに安心して生き生きと暮らせるよう、医療、介護、予防、住まい、生活支援が一体に提供される地域包括ケアシステムということで、最終的には、団塊の世代が後期高齢者、75歳となる2025年度を目指して構築されるということになっております。
 また、団塊の世代の高齢化も一段と進むことから、当然この分出費がふえることも、新たなる制度のラインが設けられ、非課税年金である遺族年金や障害年金も含め、所得と計算されることになる見込みともなっております。その所得については、銀行預金の調査も可能となるとも言われております。
 その結果、一定所得以上の方については、利用者負担割合も今までは一律1割だったものが2割となり、さらに自己負担額も上がることとされております。その他特別養護老人ホームについては、入居条件として原則要介護3以上ということとなること、さらには、介護報酬にかかわり事業者側が減収となることとなり、小規模グループホームで300万円、大規模施設では6%程度の2,000万から3,000万の減収となることが予測されております。
 これら国の方針の転換の中、あま市の介護保険条例の一部改正が提案されたわけでありますが、国の施策が確定していないこともあって、国会状況としても暫定予算でスタートするのではないかと言われております。また、国の料金の見直しは、先ほど申し上げた負担割合の変更や所得の年金調査については、平成27年8月から始まるとも言われております。
 このような不確定な状況の中、末端の市町では、おのおのの保険料を改定していかなければならないことは、国民生活を不安に陥れるだけではなく、その苦情を末端の市町に要は押しつけるようなやり方については、政治の根幹にかかわるんじゃないかと僕は感じます。
 しかしながら、政府は、遅かれ早かれ決めたことはやってくるでしょうし、あま市もそれに対してやっていかなければならないというのが宿命になっております。そのような背景の中で提案された介護保険料の改定については、あま市の高齢化も相まって、非常に難しい判断をしなければならないと感じております。
 あま市の65歳以上の人口は、平成26年10月時点で2万1,610人と、率としては24.5%となっており、おおむね4人に1人は高齢者であるという状況です。第6期終了の年、平成29年は、65歳以上の人口は2万2,750人と、率としては26%となる見込みであり、団塊の世代が75歳となる2025年、平成37年には、高齢化率がさらにふえることも予測されております。
 高齢者がふえれば、当然ですが、介護保険が使われる率も上がるのは必定であり、提案された第6期においては、平成37年度までの長期的な視点で見ると、現行の制度のまま自然体で増加した場合、年間約68億まで上昇する可能性ということが推測されております。
 介護保険全体では、要望が多い事項としては、一般会計からの繰り入れを認めてほしいと、国の負担割合を上げてほしいという2点で、どの自治体でも同じことが起きております。特に負担割合については、国が下げることはあってもふやすことはないと考えています。国としては、当初の財源に充てるため、消費税の増税についても不確定な中でどうなるかもわからない現状です。
 このような中、現職世代が少なくなれば、当然税収も落ちることが予測され、一般会計からの繰り入れもできなくなるでしょうし、また、国全体の国力としても、高齢化によって落ちるとするならば、その年その年の収支を合わせるのはいたし方ないと思います。将来にツケを残すことはやはり難しいのではないかと考えられます。また、このたび、制度の変更により、民間業者はもうからなければ撤退、廃業ということとなり、入居者サービスを受ける高齢者が被害を受けるという事態にもなりかねません。
 これらの事例から、住民、高齢者を守ることができるのはあま市だけであり、現在の市役所の体制で満足できるかできないかは、今後構築が求められている地域包括ケアシステムです。これは水道、下水、道路といったインフラと同様に、今後は第3のインフラとも言われております。このよしあしが市の住みよさの優位づけをつけるものだと思っております。とにかく、この猶予期間内にしっかりとした体制づくりをしていただきたいと思います。
 さて、議会に提出された介護保険値上げ改定は、所得の低い人には、先ほど申しましたけれども、月に200円の増額と低く抑えられておりますが、高所得者の方については、月に1,875円とかなり金額が高くなっております。
 今後、どの自治体も料金改正が提案されているようですが、料金の引き下げを求める議員もかなりみえるようですが、現在の生活が厳しいこともあり、少しとはいえども、値上げをしてほしくないというのが住民の願いであるのは十分承知しております。このような矛盾したことを抱えながら、今の介護保険の姿がありますが、一定程度定着したことも事実には違いないです。また、この制度を変えることもできません。その中、議員としては難しい判断をしなければなりません。
 料金改正を行わない場合、介護保険の要介護者の増加により収支の悪化が見込まれ、これを将来に送るとしても、将来の人口動向からも鑑みると、収支の改善が見込まれませんと判断するならば、今の現世代の方に相応分を負担していただくのが筋だと私は考えます。
 市長並びにあま市におきましては、厳しい生活環境、状況の中、保険料を支払っていかなければならない市民の方、住民の方に対し、再度、市職員のあるべき姿をどうしていかなければならないかということを考え直し、事に当たってほしいと思います。そして、勇健都市“あま”を築くため、最大限の努力をしていただけるものと私は信じ、この条例の一部改正に賛成いたします。
 以上で終わります。


◯議長 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第14号は、厚生委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

  日程第15 議案第15号


◯議長 日程第15、議案第15号、海部地方教育事務協議会規約の変更についてを議題とします。
 本案は総務文教委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、藤井定彦総務文教委員長、どうぞ。


◯総務文教委員長 付託議案第15号、海部地方教育事務協議会規約の変更についての審議内容、結果について報告をいたします。
 慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されましたので、報告といたします。


◯議長 これより総務文教委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
 質疑はございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
 2番、野中幸夫議員。


◯2番議員(野中幸夫) 日本共産党議員団を代表いたしまして、議案第15号、海部地方教育事務協議会規約の変更について、反対する討論を行います。
 現行の教育長は、教育委員会が任命しています。それが法律の改正に伴って、市長が直接任命あるいは罷免できるようになり、いわば、教育委員会の一員から市長の部下になるわけであります。その教育長が教育委員のリーダーとなり、教育委員長としての地位も持ち、市長がトップで、次が教育長、その次に教育委員となる危険があるわけであります。教育委員会の政治的中立性が守られず、市長の介入の仕組みが含まれています。こうした中での海部地方教育事務協議会規約の変更でありますので、反対をいたします。
 なお、私どもは、新教育長のもとでも、教育委員の皆さんが保護者、子供、教職員の皆さんなどの要求を把握して、市の教育施策を改善、あるいはチェックをしていく、教育委員会の役割が果たせる体制づくり、政治的介入から教育の自由と自主性を守る憲法と子どもの権利条約の立場に立つことを求めて、討論といたします。
 以上です。


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第15号は、総務文教委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。

  日程第16 議案第16号


◯議長 日程第16、議案第16号、あま市営土地改良事業の施行についてを議題とします。
 本案は建設産業委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、新間賢治建設産業委員長、どうぞ。


◯建設産業委員長 おはようございます。建設産業委員会の報告を申し上げます。
 3月13日午前9時より第一委員会室にて、委員全員と、オブザーバーとして議長が出席、理事者側として村上市長、両副市長に関係部課長出席のもと委員会が開催されました。また、傍聴の申し出もありましたので、これを許可しました。
 建設産業委員会に付託されました議案は9件です。
 付託議案第16号、あま市営土地改良事業の施行について、委員より、施設の所在地それぞれの工事が行われますが、組合でやるのか、また市がやるのか、そして、予定工期、平成27年度から32年度で5カ所をやるということですが、工事は1カ所ずつやっていくのか、重複してやっていくのかという質疑がありました。当局より、この事業は、土地改良法に基づきあま市が事業主体となり、国、県の補助を受けて実施します。また、補助金の関係で1年に1カ所となりますとの答弁でした。
 ほかに質疑はなく、討論もありませんでした。
 慎重審議の上、採決の結果、全員賛成にて付託議案第16号は原案のとおり可決されました。


◯議長 これより建設産業委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第16号は、建設産業委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。

  日程第17~日程第23 議案第17号~議案第23号


◯議長 会議規則第35条の規定により、日程第17、議案第17号、平成26年度あま市一般会計補正予算(第5号)から日程第23、議案第23号、平成26年度あま市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)までの議案7件を一括議題とします。
 本案は各常任委員会に付託してありましたので、各常任委員長の報告を求めます。
 なお、各常任委員長報告及び各常任委員長報告に対する質疑は一括で行い、討論、採決は各議案ごとに行いますので、よろしくお願いします。
 初めに、藤井定彦総務文教委員長、どうぞ。


◯総務文教委員長 付託議案第17号、平成26年度あま市一般会計補正予算(第5号)中、所管事項についての審議内容、結果を報告いたします。
 委員より、スクールサポーター配置費で、社会保険料85万円と賃金340万円の減額の理由を説明してほしいとの発言があり、当局より、社会保険料の減額理由については、予算積算時に負担率を2段階上の基準を適用していたので、その差額が減額分となっている。また、邦人ALT、英語担当補助員というそうですが、1名の雇用形態の変更により社会保険非該当となり、減額となりました。また、賃金の主な減額理由については、新たに支援が必要となる児童生徒に対応するために予備を設けており、その執行残と邦人ALTの人員入れかえによる減額となっている旨の説明がございました。
 また、他の委員より、消防団運営費の報償金のマイナス補正の質問や、消防団員訓練等事業費についても質問がありましたが、慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されましたので、報告といたします。
     (「19」と呼ぶ者あり)


◯総務文教委員長 ごめんなさい、御無礼をいたしました。
 続けて、付託議案第19号、平成26年度あま市土地取得特別会計補正予算(第1号)について報告をいたします。
 この案件につきましても、慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されましたので、よろしくお願いいたします。
 ちょっと御無礼。書類を持ってこなかった。ちょっと済みません。
 大変失礼をいたしました。
 付託議案第20号、平成26年度あま市営住宅管理事業特別会計補正予算(第2号)についての審議内容、結果について報告をいたします。
 慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されましたので、よろしくお願いいたします。


◯議長 続きまして、櫻井信夫厚生委員長、どうぞ。


◯厚生委員長 厚生委員会の報告を申し上げます。
 付託議案第17号、第18号、第21号及び第23号を一括で報告申し上げます。
 付託議案第17号、平成26年度あま市一般会計補正予算(第5号)を報告いたします。
 委員より、予防費について1億5,000万ほど非常に大きな減額補正となっている。理由と精度を上げることはとの質疑があり、当局より、理由は、子宮頸がんが積極的勧奨を差し控えたこと、日本脳炎の接種者が予想以上に少なかったこと、水痘症、高齢者肺炎球菌の予防ワクチンについては、定期接種化になったばかりで接種者がつかみ切れなかったことなどです。精度については、今後とも社会情勢をつかみながら予算計上をしていきたいとの答弁でした。
 また、委員より、生活保護費の扶助費8,000万円の減額についてとの質疑があり、当局より、当初予算では584世帯760人を見込んでいましたが、27年2月1日現在で559世帯718人と世帯数でマイナス25、人数でマイナス42人です。なお、24年度から25年度にかけて586世帯が最高となっているとの答弁でした。
 その他多くの質疑がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員賛成により議案第17号は原案のとおり可決されました。
 続いて、付託議案第18号、平成26年度あま市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を報告いたします。
 質疑1件、討論はなく、採決の結果、全員賛成により議案第18号は原案のとおり可決されました。
 続いて、付託議案第21号、平成26年度あま市介護保険特別会計補正予算(第3号)を報告いたします。
 委員より、成年後見人等助成費の件、20万円の減額となっている。住民の中には、この制度を使ってみたいという人がみえるのになかなか進んでいないが、PRはとの質疑があり、当局より、市のホームページでPRしているが、全額負担をさせていただく方は現在のところございません。パンフレット等を作成して、本当に困っておられる方にPRをさせていただきたいと思っていますとの答弁でした。
 討論はなく、採決の結果、全員賛成により議案第21号は原案のとおり可決されました。
 続いて、付託議案第23号、平成26年度あま市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)を報告いたします。
 質疑、討論もなく、採決の結果、全員賛成により議案第23号は原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。


◯議長 続きまして、新間賢治建設産業委員長、どうぞ。


◯建設産業委員長 建設産業委員会の報告を申し上げます。
 開催日、出席者名等は、先ほど報告したとおりですので、以後、省略をさせていただきます。
 議案第17号、第22号を一括して報告します。
 付託議案第17号、平成26年度あま市一般会計補正予算のうち、所管事項について、質疑、討論ともありませんでした。
 採決の結果、全員賛成にて付託議案第17号は原案のとおり可決されました。
 付託議案第22号、平成26年度あま市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、委員より、2款、1項、1目で工事請負費が5,790万減となっているが、その理由はと質疑があり、当局より、下水道の事業を行うために財源として国庫補助金に多くを依存しているが、2億5,300万円で4,700万円が削減されたということで、下水道事業の事業規模を縮小したものですとの答弁でした。
 ほかにも質疑はありましたが、討論はございませんでした。
 付託議案第22号は、採決の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されました。
 以上です。


◯議長 これより各常任委員長報告に対する質疑を一括で行います。
 質疑をどうぞ。
 質疑はございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより各議案ごとの討論、採決に入ります。
 初めに、議案第17号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第17号は、各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第17号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第18号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第18号は、厚生委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第18号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第19号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第19号は、総務文教委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第19号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第20号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第20号は、総務文教委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第20号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第21号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第21号は、厚生委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第21号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第22号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第22号は、建設産業委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第22号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第23号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第23号は、厚生委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、議案第23号は原案のとおり可決されました。

  日程第24~日程第33 議案第24号~議案第33号


◯議長 会議規則第35条の規定により、日程第24、議案第24号、平成27年度あま市一般会計予算から日程第33、議案第33号、平成27年度あま市病院事業会計予算までの議案10件を一括議題とします。
 本案は各常任委員会に付託してありましたので、各常任委員長の報告を求めます。
 なお、各常任委員長報告及び各常任委員長報告に対する質疑は一括で行い、討論、採決は各議案ごとに行いますので、よろしくお願いします。
 初めに、藤井定彦総務文教委員長、どうぞ。


◯総務文教委員長 付託議案第24号、平成27年度あま市一般会計予算中、所管事項について、審議内容、結果について報告をいたします。
 委員より、公用車青色回転灯設置費について、何人の職員が講習を受けるのか、また、10台の公用車に青色回転灯をつけるようになっているが、各庁舎の配分はどのようにするのかとの質問がありました。当局よりの答弁では、医療職、保育園に勤務する保育士を除く約420名を予定している。各庁舎の配分については、既存の2台と合わせて計12台となるので、3地区に均等に4台ずつ配置をしたいとの答弁がありました。
 その他に、地域公共交通、いわゆる巡回バスについてお尋ねがあり、当局より、ことしの秋には試行運転を開始したい旨の答弁がございました。
 また、そのほかに、地区集会所建設補助金について、何カ所の予定なのか、また、建設地区を教えてほしいとの質問があり、当局より、地区名は、七宝町沖之島公民館と七宝町遠島公民館、それから花正公民館、小橋方公民館の4カ所であるとの答弁がありました。
 その他にも、広報の発行部数とか、市民活動センターのことについても質問がありました。
 慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されましたので、報告といたします。
 続きまして、付託議案第26号、平成27年度あま市土地取得特別会計予算についての審議内容、結果について報告をいたします。
 慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されましたので、ここに御報告をいたします。
 続きまして、付託議案第28号、平成27年度あま市営住宅管理事業特別会計予算について、審議内容、結果を報告いたします。
 慎重審議の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されましたので、報告といたします。


◯議長 続きまして、櫻井信夫厚生委員長、どうぞ。


◯厚生委員長 厚生委員会の報告を申し上げます。
 付託議案第24号、第25号、第29号、第31号及び第33号一括で報告申し上げます。
 付託議案第24号、平成27年度あま市一般会計予算を報告いたします。
 委員より、生活困窮者自立支援事業の具体的内容はとの質疑があり、当局より、これまで生活保護に至る前の生活困窮者に対して、甚目寺庁舎に相談窓口をつくります。内容は、住宅確保給付金、失業して家賃が払えない方に対して家賃の限度額まで給付等、自立支援の困られている方の相談業務でございます。対応は、市の職員1名、臨時職員2名を予定しているとの答弁でした。
 また、委員より、小型電子機器の回収事業の内容についての質疑があり、当局より、小型家電の回収場所については、リサイクルセンターとコンビニを予定しています。一定量たまったところで回収業者が引き取る形にするとの答弁でした。
 また、委員より、児童遊園費の施設整備費について、遊具修繕ということになっているが、遊具の撤去もされていると聞くが、新設はとの質疑があり、当局より、修理がきかない場合、撤去もあり、安全第一ということで、危険なものから修繕、補修を考えていくとの答弁でした。
 その他多くの質疑がありました。
 討論はなく、採決の結果、賛成多数により議案第24号は原案のとおり可決されました。
 続いて、付託議案第25号、平成27年度あま市国民健康保険特別会計予算を報告します。
 委員より、高額療養費が1月から変わるということが言われている。変わる内容の周知の状況はとの質疑があり、当局より、高額医療費の段階が3段階から5段階に変わることはリーフレットを発送しているとのこと、また、窓口に高額の申請に見えた方には、市独自のA4、1枚の説明書を配布しているとの答弁でした。
 その他の質疑がありました。
 討論はなく、採決の結果、賛成多数により原案のとおり可決されました。
 続いて、付託議案第29号、平成27年度あま市介護保険特別会計予算を報告いたします。
 委員より、障害福祉サービスを受けていて、65歳以上になったら自動的に介護保険にかわり、それまで無料が1割負担と自動的に移行させてしまうのかとの質疑があり、当局より、一般会計の中で介護保険の低所得者の負担軽減事業費として、利用者負担額の減額に関する要綱があり、障害のときに無料であった方は、介護になられたときに助成制度があります。しかし、利用されていないのが現状で、今後PRを進めていきたいとの答弁でした。
 討論はなく、採決の結果、賛成多数により議案第29号は原案のとおり可決されました。
 続いて、付託議案第31号、平成27年度あま市後期高齢者医療特別会計予算を報告いたします。
 委員より、後期高齢者保険料が昨年比186万4,000円と大幅増となっている。理由はとの質疑があり、当局より、人数が26年度比、27年度は5.8%増が要因で、税率の変更はございませんとの答弁でした。
 討論はなく、採決の結果、賛成多数により原案のとおり可決されました。
 続いて、付託議案第33号、平成27年度あま市病院事業会計予算を報告いたします。
 委員より、一般会計からの負担金が運営費として毎年10億円と余りにも大きな金額である。病院の規模から、また、他の公立病院と比べても大きな金額となっている。間もなく開院する新しい市民病院は、改革プラン等も含めてどのような体制でいくのか。また、改革プラン策定には、外部からのコンサルタント、アドバイザーを入れるべきと考えるがとの質疑があり、当局より、一般会計から毎年10億円出していることに対しては、限界はもうそこに来ていますので、あま市民病院をいかにいい病院にするかということが一番の課題です。そういった意味でも、コンサルタントを入れることだけでなく、やはり今いる医師がいかに意識を変えていただけるかといったことに今は特化して、重点的に取り組んでいますとの答弁でした。
 その他多くの質疑がありました。
 討論はなく、採決の結果、賛成多数により議案第33号は原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。


◯議長 続きまして、新間賢治建設産業委員長、どうぞ。


◯建設産業委員長 建設産業委員会の報告を申し上げます。
 付託議案第24号、27号、30号、32号を一括して報告します。
 付託議案第24号、平成27年度あま市一般会計予算中、所管事項について、委員より、農業振興推進費となっているが、平成26年度と27年度では4,276万増額となっているが、理由はとの質疑があり、当局より、農地中間管理事業費を新設したため、増額されたとの答弁でした。
 また、委員より、排水路現況調査費ですが、上、中、下萱津地区全体の排水路ということですが、どのような調査をされたかという質疑があり、当局より、現状の排水路系統及び排水路施設の規模等を把握するために測量調査を行い、雨天どきの排水状況を確認するためのモニタリング調査を実施したとの答弁でした。
 また、委員より、観光費で施設管理費についての質疑があり、当局より、旧甚目寺町にあります水辺乃並木道の管理費ですとの答弁でした。
 ほかにも幾つか質疑がありましたが、討論はありませんでした。
 慎重審議の上、採決した結果、賛成多数にて付託議案第24号は原案のとおり可決されました。
 付託議案第27号、平成27年度あま市簡易水道事業特別会計予算について、この議案については質疑、討論もありませんでした。
 全員賛成にて付託議案第27号は原案のとおり可決されました。
 付託議案第30号、平成27年度あま市公共下水道事業特別会計予算について、委員より、1款、1項、2目委託料で、業務内容は、下水道管清掃業務委託料と新しい項目と思うが、内容はどのようなものかとの質疑がありました。当局より、公共下水道が河川を横断している区間があり、供用開始をして5年経過しているため、閉塞防止のため清掃を行っている。場所は七宝町鯰橋から下之森へ向かう区間であるとの答弁でした。
 ほかに質疑はありませんで、討論もありませんでした。
 採決の結果、全員賛成にて付託議案第30号は原案のとおり可決されました。
 付託議案第32号、平成27年度あま市水道事業会計予算について、委員より、川部上水道配水場更新事業について、平成27年から28年の2年間にわたる工事内容はとの質疑がありました。当局より、27年度に機械設備、電気系統設備等を発注し、28年度に工場での立ち会い検査を行い、ポンプ室に搬入し、据えつけ、配管・配線工事を行い、水質検査を実施し、各家庭に給水を始めるとの答弁でした。
 また、委員より、コンビニ収納手数料はどのくらいか、また、何件あるかという質疑があり、当局より、1件当たり63円72銭、件数は1万7,254件を予定しているとの答弁でした。
 討論はありませんでした。
 採決の結果、付託議案第32号は全員賛成にて原案のとおり可決されました。
 以上です。


◯議長 これより各常任委員長報告に対する質疑を一括で行います。
 質疑をどうぞ。
 質疑はございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより各議案ごとの討論、採決に入ります。
 初めに、議案第24号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
 2番、野中幸夫議員。


◯2番議員(野中幸夫) 日本共産党議員団を代表いたしまして、議案第24号、一般会計予算に反対する討論をします。
 木造住宅での耐震化のために、シェルター設置補助や使用済み小型電子機器回収など、評価できるものもございます。
 地域公共交通試行運行、いわゆる巡回バスの試行運行が延期され、秋ごろとなると言われておりますが、これは一日も早く実現すべきであります。
 就学援助の受給率が中学生で11.4%となっており、子供の貧困があま市でも影響しております。生活保護基準額の引き下げによって、援助対象者が減らされようとしておりますけれども、そうなってはなりません。
 期日前投票の場所が3庁舎から本庁舎だけになっており、期日前投票をしたいという住民の願いに応えておりません。住民の参政権を保障しない、これは民主主義を否定するものとしか受けとめられません。
 社会保障・税番号制度への準備が進んでいます。社会保障と税だけに活用されていくものではなく、医療情報、預貯金までもが対象になろうとしております。住民の情報が全て行政によって管理される危険が一層強まっているわけであります。
 以上のように、私どもは、評価できる内容もありますけれども、危険な内容が含まれておりますので、議案第24号には反対をいたします。
 以上です。


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 9番、林正彦議員。


◯9番議員(林正彦) 9番、政和会、林正彦です。
 議案第24号、平成27年度あま市一般会計予算について、賛成の立場から討論いたします。
 平成27年度一般会計予算は264億800万円であり、昨年に比べ4.24%の伸びの予算となっております。これは、市税のわずかな伸び、繰入金もふえる中、開院も間近に控えた病院事業負担金、高齢化に伴う社会保障費増大など、欠くことのできないものです。
 災害や防犯面においては、地震・津波ハザードマップ作成、木造住宅耐震診断の結果に基づいての耐震シェルターへの補助金、公用車の一部青パト化、名鉄木田駅、甚目寺駅に続き七宝駅周辺に防犯カメラ設置など、災害に備え、防犯面にも積極的な予算となっております。また、道路ストック修繕や橋梁長寿命化改良などを行い、インフラ老朽化対策を図っています。
 健康増進事業としては、ウオーキングマップ配布、健康ボランティア講座、健康マイレージ事業、がん検診事業の拡充、また、県内でも5カ所しか実施されていない子どもインフルエンザ予防接種費用を引き続き助成など、健康面に予防面に配慮しています。
 子育て支援としては、児童クラブの定員を小学校6年生まで増員、地域で助け合う子育て支援の仕組みとしてのファミリーサポートセンターの継続運営など、家族が働きやすい環境をサポートし、保育環境の整備、充実を図っています。そして、政和会、進政会、公明党の3会派の要望により、満13歳から15歳の医療費の通院について、26年度には自己負担額の3分の2の助成が実現いたしました。引き続き27年度予算にも含まれております。
 全てにおいて、市民の安全、安心な暮らしを守るために必要な予算と考えます。
 最後に、この平成27年度の予算の執行を通じて、一生涯、住み続けたいまち“あま”、自助、共助、公助力を結集した勇健都市づくりに向け、市長のリーダーシップのもと、市民の目線に立って各施策が着実に行われることを期待し、賛成討論とさせていただきます。


◯議長 反対討論をどうぞ。
 24番、松下議員。


◯24番議員(松下昭憲) 建設産業委員会で、私、賛成したんですけれども、やっぱりよう考えてみると、これはいかんなということで、今、ここの場で反対討論をしたいんですけれども。
 それは土木の関係ですけれども、木田の区画整理なんです。今回、3,900万ほど区画整理の事業の費用に市が組んでいるんですけれども、もともと二十三、四年前に、美和町時代に、近藤隆町長のときに、木田区画整理をやらないかということで3年間もんでおるんですよ。私、何が気に入らないというと、そのときの全くほとんど一緒のメンバーで今度やろうと言っておるんですよ。あのときやっておったらいっつかやれとるんです。
 それと、もう一つは、今、あの土地のところを民間の不動産屋が買っています。かなり買っています。それで、民間にやらせればいいんですよ、市が出さなくても、お金。そうじゃないですか。民間の力を利用して、そのとおりなんですよ。民間にやっていただければ、多分3年でやれると思いますよ、あそこ、3年で。区画整理やったら、市もこれからまだお金を出さないかん。そして、10年かかるでしょう、10年。
 まちの繁栄を祈るなら、本当にやるなら、民間に任せないかんですよ、こんなものは。全く同じメンバーが、二十何年たった今ごろ、また手を挙げるっておかしいですよ。それに市も協調しておってはあかん。民間がやると言っているんだから、民間にやらせればええじゃないですか。
 ですから、私は、この予算に対して反対。ただ、この1点だけ反対ですので、27年度予算に反対します。
 以上です。


◯議長 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第24号は、各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、議案第24号は原案のとおり可決されました。
 お諮りします。
 暫時休憩したいと思いますが、御異議ありませんか。
     (「タイミングが悪い」と呼ぶ者あり)


◯議長 申しわけないです。トイレ休憩としたいもので、申しわけありませんが、12時5分で再開をしたいと思いますので、よろしくお願いします。
     (午前11時50分)



◯議長 それでは、休憩前に引き続き会議を再開いたします。
     (午後0時01分)



◯議長 議案第25号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
 1番、加藤哲生議員。


◯1番議員(加藤哲生) それでは、日本共産党議員団を代表いたしまして、議案第25号、平成27年度あま市国民健康保険特別会計予算に反対する討論を行います。
 昨年の消費税増税や物価上昇で、給料はふえず、さらに働く貧困層が急増しています。このような生活苦のもとで、国民健康保険税が高過ぎて払えないという状況のもと、国保を滞納している住民から厳しい徴収も続き、短期保険証などふえ続けています。
 市民の声では、強権的とも言われる国保の支払いで、毎日仕事をダブルワークしている。睡眠も少なく、そして、いつ倒れてもおかしくない。リスクが高過ぎて、睡眠不足で、失うものが多過ぎて、ストレスもたまると言っておられました。鬱病にもつながる重大なことではないでしょうか。
 また、短期保険証を役所にとりに毎月行くことも、仕事を休まなくてはならないので大変と単身の方からもお話がありました。このようなことは、撤回、改善をしていかなければなりません。
 さらに、私どもが求めている、払いたくても払えない、高過ぎる国保税を年間1万円の引き下げが急務であります。何でこんなに高いの、とてもじゃないけれども払えないとあま市の市民も悲鳴を上げています。
 これが実情です。正規保険証の発行と法定軽減と申請減免のさらなる充実、国庫支出金の増額を求めていくことも必要です。このように、誰でも払える国保税にしていくことが必要不可欠と考え、私ども日本共産党議員団は議案第25号に反対をいたします。
 以上です。


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第25号は、厚生委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、議案第25号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第26号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第26号は、総務文教委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第26号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第27号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第27号は、建設産業委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第27号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第28号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第28号は、総務文教委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第28号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第29号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
 1番、加藤哲生議員。


◯1番議員(加藤哲生) 日本共産党議員団を代表いたしまして、議案第29号、平成27年度あま市介護保険特別会計予算に反対する討論を行います。
 介護では、昨年の改悪法案で決められた介護保険利用の2割の引き上げ、今年度から実施されます。また、介護施設の食費、居住費の補助の対象制限もことし8月から実施されます。さらに、2015年度予算では、介護事業者に支払われる介護報酬は2.27%と引き下げられることになりました。
 このような状況では、要支援1、2の利用者の訪問通所サービスを保険対象から外されてしまい、保険料を払っているのに保険が使えなくなることも出てきます。特別養護老人ホームでは、要介護3以上の方の入所を絞り込むことが、一定の貯金などある人の食費、居住費の軽減措置の縮小、さらに打ち切りを行うことで、お金がない人は介護施設から締め出され、介護難民が多く出てくることも危惧されてしまいます。このような改悪は、社会保障の充実にはほど遠いと私どもは考えております。
 よって、議案第29号には反対をいたします。
 以上です。


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第29号は、厚生委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、議案第29号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第30号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第30号は、建設産業委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第30号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第31号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
 1番、加藤哲生議員。


◯1番議員(加藤哲生) それでは、日本共産党議員団を代表いたしまして、議案第31号、平成27年度あま市後期高齢者医療特別会計予算に反対する討論を行います。
 後期高齢者医療制度に反対し、廃止、見直しを要請する運動が全国的に毎年高まっています。戦争中は国のために死ねと言われ、長生きすれば国賊扱いで、うば捨て山で政治を強行する政治への怒りが全国で噴き上がっています。
 年齢によって医療を差別する制度を絶対に許してはならないと、10の都府県の医師会が撤回を求め、廃止を求めています。住民、世論を反映して、全国の都市、市町村でも3割以上に当たる約600の地方議会が後期高齢者医療制度について反対を求める意見書、決議を上げています。
 年齢によって医療を差別するようなことはあってはならないと、私ども日本共産党議員団は考えております。よって、この議案第31号には反対をいたします。
 以上です。


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第31号は、厚生委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、議案第31号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第32号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第32号は、建設産業委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第32号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第33号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
 23番、岩本一三議員。


◯23番議員(岩本一三) 議案第33号、平成27年度あま市病院事業会計予算に反対する立場で討論をいたします。
 病院事業会計は、厳しい経営の中、市民の皆様の命を守るために一丸となって努力している中、組合病院から5年経過したからと、議会に何ら説明することなく大治町運営協力金を500万円減額するなど、また、市長は常々、市民の税である一般会計から持ち出しは10億円が限度であろうと言いながら、一般会計から病院会計へ補助する金額は16億401万2,000円と明記されていることに、私は理解しがたく、反対をいたします。


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第33号は、厚生委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、議案第33号は原案のとおり可決されました。

  日程第34~日程第35 議案第34号~議案第35号


◯議長 会議規則第35条の規定により、日程第34、議案第34号、市道路線の廃止についてから日程第35、議案第35号、市道路線の認定についてまでの議案2件を一括議題とします。
 本案は建設産業委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 なお、委員長報告及び委員長報告に対する質疑は一括で行い、討論、採決は各議案ごとに行いますので、よろしくお願いします。
 それでは、新間賢治建設産業委員長、どうぞ。


◯建設産業委員長 建設産業委員会の報告を申し上げます。
 議案第34号、35号を一括して報告します。
 付託議案第34号、市道路線の廃止について、委員より、東溝口54号線を廃止する理由はとの質疑があり、当局より、東溝口一般廃棄物の埋立処分の終了に伴い、地域住民に配慮した景観に戻し、住環境を保全するためとの答弁でした。
 討論はありませんでした。
 付託議案第34号は、採決の結果、全員賛成にて原案のとおり可決されました。
 付託議案第35号、市道路線の認定について、この議案については、質疑、討論はありませんでした。
 採決の結果、付託議案第35号は全員賛成にて原案のとおり可決されました。
 以上です。


◯議長 これより建設産業委員長報告に対する質疑を一括で行います。
 質疑をどうぞ。
 質疑はございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより各議案ごとの討論、採決に入ります。
 初めに、議案第34号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第34号は、建設産業委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第34号は原案のとおり可決されました。
 続きまして、議案第35号に対する討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第35号は、建設産業委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、議案第35号は原案のとおり可決されました。

  日程第36 発議第1号


◯議長 日程第36、発議第1号、国による子ども医療費助成制度の創設を求める意見書の提出についてを議題とします。
 本案は厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、櫻井信夫厚生委員長、どうぞ。


◯厚生委員長 厚生委員会の報告を申し上げます。
 発議第1号、国による子ども医療費助成制度の創設を求める意見書の提出についてを報告いたします。
 委員より、今回これを出された理由はとの質疑があり、発議者の1人である委員より、子ども医療費無料化は財政的な負担が大きいという中で、国による支援制度ができればと常に思っていたので、今回提出したとの答弁でした。
 討論はなく、採決の結果、賛成多数により発議第1号は原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。


◯議長 これより厚生委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
 質疑はございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
 24番、松下昭憲議員。


◯24番議員(松下昭憲) 24番、松下です。
 この意見書が出たわけですけれども、12月議会のときにキャラバンの請願が出ておるんですよね、同じような趣旨で。高校生とかいろいろ、若干変わっていましたけれども。
 それで、そのとき全員が反対しておって、今、これはどういうのか、私、意味がわからんのだけどね。私は賛成しましたよ。たしかあのとき、7人賛成したんですけれども、あとの方、反対されたと思うんですよ。
 こんなのは、1つは、国に、遠いところにお願いするよりも近いところにお願いしないかんでしょう、こんなの。明らかに選挙目的だと思いますよ、こんなの。こんなの、私は、おかしいですよ。だから、反対します。


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 25番、倉橋博議員。


◯25番議員(倉橋博) 25番、倉橋です。
 発議第1号、国による子ども医療費助成制度の創設を求める意見書の提出について、賛成討論をいたします。
 意見書にもあるように、子供はどこに生まれ住んだとしても、ひとしく大切に育てなければならない。日本全国、地方自治体において、子育て支援にはサービス内容の格差が生じないようにしたいものであります。
 未来を担うのは子供たちであり、誰しも子供は健康で健やかに育ってもらいたいと願い、無償の愛を注ぎ育てていると思いますが、にもかかわらず、病気にかかったときには、経済的理由を問わず、義務教育同様に、子育ては皆平等に安心して治療を受けられるよう制度が必要であります。
 子供は国の宝、元気に育って未来に羽ばたけるよう、義務教育修了時までの子供に対し、国による子ども医療費助成制度の創設を求める意見書に賛成し、賛成討論といたします。


◯議長 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 発議第1号は、厚生委員長の報告のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございました。
 起立多数です。よって、発議第1号は原案のとおり可決されました。

  日程第37 請願第1号


◯議長 日程第37、請願第1号、子ども医療費中学校卒業まで完全無料化を求める請願書を議題とします。
 本案は厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、櫻井信夫厚生委員長、どうぞ。


◯厚生委員長 厚生委員会の報告を申し上げます。
 付託請願第1号、子ども医療費中学校卒業まで完全無料化を求める請願書を報告いたします。
 委員より、住民の皆さんの署名の数が1万人を超えて1万4,000人となっています。それだけ強い要望となっております。ぜひ採択をしていただきたいと考えているとの発言がありました。
 討論はなく、採決の結果、賛成少数により請願第1号は不採択とすることに決定しました。
 以上で報告を終わります。


◯議長 これより厚生委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
 質疑はございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 討論の順番につきましては、委員長報告が不採択のため、請願第1号に対する賛成討論を初めに行い、次に、請願第1号に対する反対討論を行います。
 それでは、請願第1号に対する賛成討論をどうぞ。
 24番、松下昭憲議員。


◯24番議員(松下昭憲) 24番、松下です。
 今、先ほどの案件で、倉橋議員が、子供は国の宝だ。そのとおりなんですよ。賛成します。


◯議長 次に、請願第1号に対する反対討論をどうぞ。
 5番、柏原功議員。


◯5番議員(柏原功) 請願第1号、子ども医療費中学校卒業まで完全無料化を求める請願書について、反対の立場から討論をさせていただきます。
 平成26年の12月議会の請願第15号、子ども医療費中学校卒業まで完全無料化を求める請願書についての賛成討論の中で、平成25年度の子ども医療費に含まれる一般会計決算で、実質収支は11億円以上の黒字となっています。財源については、決してないということは考えられませんとの討論がございました。
 本当にあま市の財政は潤って、お金が余っているのでしょうか。本当に黒字である11億円のお金は、どこに使ってもよいお金でしょうか。私はそうは思いません。他の多くの方も、あま市の財政はよくないと感じていると思う、現に悪化しているとも思います。
 なぜ11億円の黒字になるのか。これは収支上での黒字であり、実際の黒字とは言えないと思っております。なぜなら、歳入の中には、市債である市の借金が18億円存在しているからです。簡単に言うと、借金の18億円を加えた金額で市政を運営して、11億円の黒字を生み出しただけでございます。実際は赤字経営なのです。それもかなり切り詰めた経営をしながらも、赤字になっているのが現状ではないでしょうか。
 さらに、市政を圧迫する大きな問題として、合併の特例措置として13億円が国から交付されておりましたが、平成27年度から減額が始まり、5年後にはゼロになります。そのことは、さらに厳しい経営を迫られることとなります。また、社会保障費の増加も毎年1億円が見込まれており、収入は減り、支出は増加する傾向にあります。
 さらに、公共工事である新あま市民病院や新庁舎建設、さらに新給食センター建設等の大きな出費も予想されております。とても11億円の黒字があるとは言えない状況でございます。また、一般会計による市債である市の借金が毎年増加傾向にあり、平成27年度末には195億円が見込まれております。さらに、5年後には280億円に増加すると試算をされております。
 このような状況の中で、さらにたがを外し、借金を膨らませ、将来世代にこれ以上ツケを回してよいのでしょうか。私はよくないと考えます。黒字の11億円を将来世代のために慎重に使うべきものと考えます。
 地方公共団体の財政力を示す指標として用いられる財政力指数を見ても、あま市は0.79と県内の市の中で下から5番目にあり、大変厳しい状態であります。しかしながら、そのような厳しい財政状況の中でも、昨年3月議会で中学生の通院を償還払い方式で3分の2助成を提案され、私たち公明党議員団、政和会、進政会の賛成で可決をいたしました。この償還払い方式の3分の2助成が、現在のあま市の財政から見て限界であると判断いたしました。
 私たちは、新たな財源確保に努めながら、さらなる高みを目指していきたいと考えております。
 以上です。


◯議長 他に討論はございませんか。
 1番、加藤哲生議員。


◯1番議員(加藤哲生) それでは、日本共産党議員団を代表いたしまして、請願第1号、子ども医療費中学校卒業まで完全無料化を求める請願書に賛成する立場から討論を行います。
 県民の声と運動で、2008年に県が入院助成を中学校卒業まで拡大して、その後、多くの自治体で入通院とも中学校卒業まで無料化になりました。全国でも、県でも、約8割近い自治体が医療費の窓口負担をゼロにしています。昨年4月から、3割負担から1割負担にと前進しましたが、残念ながら、あま市は完全無料化までまだなっていません。
 このような状況のもと、非正規雇用の拡大など雇用不安や、年収200万以下のワーキングプア、働く貧困層の増加で、若い人たちや子育て世代にも経済的負担が重くのしかかり、そのしわ寄せが子供たちの生活にも及んでいます。また、子ども医療費の無料化制度の拡充は、子供の中にも広がっている貧困対策としても極めて重要な意義を持っていることであります。中学生における貧困問題は、生活の中でも、健康問題にも深刻な問題をはらんでいます。医療費の負担を何とかしてほしい、子供を持つ家族や中学生など、共通の願いではないでしょうか。
 財源については、本市の財政状況は、決算の審査でも明らかになったように安定しています。あと1割の負担を無料化にしても、財政負担は大きくないと考えます。財源がないと言うならば、ないのは福祉の心、やる気ではないでしょうか。多くの住民の方が完全無料化と望んでいます。
 この請願署名された市民から、昨年12月議会にも言いましたが、たくさんの声が上がりました。今回も無料化を諦めることができないと、4回目の請願書が2,088筆提出されました。現在でも署名がまだまだ広がっております。累計でありますが、1万4,000筆以上になります。今回の請願書の代表者で、お母さんのお話でございます、1人で1,000近く署名を集めたということです。
 さきの討論でも発言しましたが、もう一度言います。
 今でも私は感動しています。中学生と小さい子供さんがいる母親です。当時1歳の子供を背負いながら、1人で、あるいはおしゅうとめさんと一緒にスーパーなどで署名に取り組んでいました。さらに、たくさん集めた署名の一部に、多分雨に濡れたと思います、少しにじんだ署名を見たときは、私は本当に涙が出たことを今でも忘れられません。
 しかし、この涙ぐましいお母さんの声は届かず、昨年の12月議会では否決されました。今回も、請願の紹介議員になっていただいた各議員に直接足を運んだそうです。その結果、10人の紹介議員が集まりました。このような努力を今回も議員の皆さんは本当に無視できますか。
 何度でも言いますが、私は無視できません。子育ては本当に大変です。しかし、子供の笑顔を見ると元気が出ます。毎日頑張っているママとパパをしっかり支えていくこの社会が、本当に平和な未来をつくるのが議員の役割であり、地方自治体の役割だと私はいつも思っています。
 私ども日本共産党議員団と一部の議員も、4年前のマニフェストで、子ども医療費中学校卒業までの完全無料化の公約を掲げました。無料化の実現をしていくためには、くどいと思われるぐらい、何度も一般質問などを行ってまいりました。公約も私たちの議員の役割であります。市民の声を代弁することも大事な役割ではないでしょうか。
 子供は将来、先ほどもお話がありました、国を支えていく私たちの大切な宝物であります。お母さんたち、住民のこの切実な思いをどうしても、今までの1万4,000以上の集まった声を尊重するものとして、今度こそ請願に全会一致で可決を議員の皆様にお願いしまして、賛成の討論といたします。
 以上です。


◯議長 他に討論はございませんか。
 17番、伊藤嘉規議員。


◯17番議員(伊藤嘉規) 17番の伊藤でございます。
 それでは、請願第1号、子ども医療費中学校卒業まで完全無料化を求める請願書について、反対討論をさせていただきます。
 まず申し上げるのは、この子ども医療費中学校卒業までの無料化の実施に関しては、何度も何度も申し上げておりますが、県内の実施状況から見ても、子育て支援の施策として、私も含め、政和会、進政会、公明党あま市議団、いずれも賛成であります。
 では、なぜこの請願書に反対するのかと申しますと、私たち3会派は、昨年の2月に、子ども医療費助成制度の恒久的な実現と拡充に向けて財源の確保を図る要望書を市長に提出し、強く働きかけました。
 どんな内容かと申しますと、景気動向は上昇しつつあるものの、各家庭においては、まだまだ景気がよくなったとは言えない。子ども医療費の助成制度を実施すれば、子育て世代の家計の助けになるし、何より安心して医療が受けられるようになれる。しかし、こういった施策は一時的なものではなく、実施に当たっては恒久的なものでなければならない。しかるに、市長においては、財政が依然厳しい中ではあるが、実施に向けてさらに無駄を省いて、財源確保に努めてほしい。そして、私たちもみずからを律し、身を削る覚悟で臨みますといった内容でありました。それを受けて、市側も補正予算を組み、とりあえず自己負担の3分の2の助成が始まり、私たちもそれに応えて、議員定数削減に踏み切ったわけであります。
 この施策は本年度実施したばかりであり、いまだその効果、財源的な負担については検証が全くできておりません。その証拠に、昨年の12月議会、今定例会においても、子ども医療費3分の2助成に、今のところ、医療にかかった人数や金額はどうかといった議員の質問が多く、また、27年度予算全体においても、今後いろいろやらなければならない事業がたくさんある中、財政的には大丈夫かといった議員の質問がたくさん出されておりました。
 今後の財政見通しにおいても、既に合併特例措置期間が終わり、来年度予算から1億5,000万円もの普通交付税が減額され、今後5年間で13億円もの普通交付税が減額されることがわかっているとの答弁もありました。すなわち、財源面において依然厳しい状況の中、その政策効果としてはまだ検証ができていないということであります。
 また、市長は、この医療費無料化について、子ども医療費の目標額に向けて予防医療に努力し、抑制して、何とか実施できるように鋭意努力すると発言されております。勇健を旗頭に市民に働きかけ、健康を推進し、市民力で医療費を抑制して、財源を捻出しようと精力的に活動されております。県内でもまだ珍しいインフルエンザ予防接種の補助を実施していることからも、予防医療に力を入れておられることがわかります。
 また、昨年の12月に、私のもとに新日本婦人の会と名乗られる方からお電話をいただきました。本当に切実な思いでかけてこられたものだと思います。内容はと申し上げますと、伊藤議員さんは、子ども医療費無料化に賛成なんですよね。何で無料化の請願に賛成してくれないのかというものでありました。私は、大変貴重な御意見でありますので、丁寧に対応させていただきました。
 合併して、本当はもっと財政的にスリムになっていなければならないが、努力はしているものの、なかなか難航していること、これから合併の特例の交付税が今後5年間で13億円も減っていくこと、それでも我々は少しでも無料化に近づけるため、市長に要望して3分の2の助成が始まったこと、今はまだその効果について検証段階であることをゆっくり説明させていただきました。
 それでもお金は貯金できるぐらいに余っていると聞きましたと、90億円ぐらいあると聞きましたと言われるので、普通の貯金は30億円程度ですと、基金とか全て合計するとそれぐらいになるかもわかりません。しかし、基金は目的のある貯金で、学校を直すためのお金であったり、下水道を整備するお金であったりするんです。普通の貯金の30億円だって決して潤沢なものではありません。一たび災害が起きたら、あっという間になくなってしまいます。しかも、借金も約200億円ぐらいありますという説明をさせていただきましたら、そんな情報は私たち市民の耳には聞こえてこないとお叱りをいただきましたので、そこについては、私たち議員の努力が足りないと思いますと陳謝させていただきました。
 約1時間ほどお話をさせていただきましたが、最後には、これからもよろしくお願いしますと言われて、電話を切られました。やっぱりちゃんと話せばわかってもらえるものだと思いました。
 また、過日、非公式の会議ではありますが、議会活性化に関する勉強会が開かれ、どうしたらよりよい議会になるかが話し合われました。その発言の中で、もっと各会派間でいろいろな政策討論をして、二元代表制の一翼を担うようにならなければなりませんという発言もありましたが、今は、この医療費無料化があま市議会の最大の政策課題だから、一致することは難しいとの御意見もありました。
 本当にそうでしょうか。この子ども医療費の助成の方向性については、全ての会派が一致しておりますし、市長ですら、財源を捻出して必至にこぎつきたいと言っております。
 ですから、我々が今やらなければならないのは、この子ども医療費の無料の施策を政治的争いのネタにするのではなく、どうしたら実施できるか、やれるとしたらいつごろなのか、また、所得が1,000万円以上ある人も無料にすべきか、財政全体から見たらどうか、また、市内の小児科医の負担はどういう影響があるか等々、さまざまなことを議員同士が真剣に議論すべきであると思います。こういった状況の中、政策の実施、結果も見ず、ただやみくもにやれやれやれやれ言うのは、私たちは無責任だと考えております。
 よって、本請願に反対をいたします。
 以上です。


◯議長 他に討論はございませんか。
 16番、八島進議員。


◯16番議員(八島進) 16番、八島です。
 私は、当然のごとく、この事案には賛成でありますが、現実に1万4,000名の方々が必死になって賛同を願っているわけですが、これを今、議員の方々がいろいろへ理屈を言いながら、つまり、予算の配分先はこうであるべきだ、予算がないからと言われますが、やはり根本的には、子供さんの医療環境、あるいは教育環境を豊かにして、将来を担う子供に対する明らかな税の配分ということを認めなければ、将来を担う方々に対しての負担がもっと大きくなるというふうに考えます。
 もちろん、親御さんについても、医療費ということについては非常にお金のかかることですから、これをうまく助けながら、子供さんに対する教育、あるいは愛情を注ぐ、そういう環境を整えてあげなければいけない。つまり、行政は方向づけを、いろんな事業に目を向けられておりますが、当然のごとく、将来の宝である子供にはっきりとゴーをかけなければいけないというふうに私は思います。
 いろいろ使い勝手、あるいは、今、近々の税の投入先はあるかもしれませんが、やはり基本中の基本である子供に対して、有無を言わさず行政の配分を決めるべきであるというふうに私は考えます。
 以上です。


◯議長 他に討論はございませんか。
 12番、後藤幸正議員。


◯12番議員(後藤幸正) 進政会、後藤です。
 反対の立場から討論いたします。
 現在行っている子ども医療費3分の2の助成というのを、今現在、まだ進行中というか、まだ1年もたっておりません。この検証が済む前に、今の無料化というお話は早計ではないでしょうか。私どもの立場から市の施策等をいろいろ検討した結果、今、あま市では、県内で5市町村しか行われていないインフルエンザの予防接種の補助等を行っております。
 これは医療費だとか、そういった無駄な支出を少しでも削減しよう、皆さんに健康になっていただいて、医療費のものの削減ができる、こういうようなことを一生懸命やっております。これは、全体から見れば、市民の皆さんの全体から見れば、子ども医療費ももちろんその費用は多少ありますが、全体の費用、医療費全体から見れば、かなり削減できる方策だと思います。こういった大きな大所から見て、医療費の問題を講じなければいけないというふうに私は思います。
 それと、先ほど発議第1号でありましたが、子ども医療費のものは全国的に一元化で考える問題であるというふうに思います。こういったような措置を国が行うということが、日本国全体が一元化で医療が受けられるということになりますので、この国の意見書をまず通していただいて、御検討いただく。なおかつ、あま市では、今の現状で予防医療に力を入れ、邁進していくということが第一であるというふうに思います。
 その状況を見て、あと、先ほどの子ども医療費の無料化ですけど、検証を待ってから、もう一遍きちっと論議をしたいというふうに思います。
 以上の理由から、この請願に対して反対をいたします。
 以上です。


◯議長 他に討論はございませんか。
 3番、石田良雄議員。


◯3番議員(石田良雄) 反対討論でいいですか。


◯議長 賛成討論はございますか。
     (討論なし)


◯議長 では、反対討論をどうぞ。


◯3番議員(石田良雄) それでは、3番、石田でございます。
 請願第1号に反対の立場から、へ理屈に聞こえるかもしれませんけど、反対討論をさせていただきます。
 反対討論の中にあったように、市債が多く、中学生まで医療費無料化にする予算が今はなく、永久的なものにならないこと、我々進政会、政和会、公明党あま市議団で市長に対し、子ども医療費助成制度の永久的な実現に向けて財源の確保を図る要望書を提出して、また、子ども医療費の軽減ができるよう要望してきました。そして、医療費中学校卒業まで3分の2を負担する条例改正を提案されて、可決したという経緯があります。
 この条例に賛成した者として、その結果を見据える義務があると考えます。検証した上で、システム改修等の初期費用も含め、永久的に子ども医療費の中学校無料化が実施できるかを考えなければならないことを踏まえ、毎回議会に請願を提出される熱意には頭がただただ下がります。
 提出するばかりではなく、どのようにすれば中学生まで子ども医療費を無料化ができるかを議論することが本来の姿ではないですか。我々は、無料化に反対しているわけではありません。一刻も早く実現をしていただきたいと思っています。だからこそ、数年で終わらせないためにも、議員間で議論して無料化にすることが大切だと考えています。
 最後に、この請願について賛成できないから、中学校の子ども医療費無料化に反対というわけではありません。これが議案として出されたものであるならば、何度も言いますが、反対しているわけではないんです。私は間違いなく賛成します。そこには予算の裏づけがあり、他の施策との整合性もとれると考えられるのであります。
 しかしながら、そういったことも全て考慮しないで賛成することは、あま市の健全な発達を考えていないのではないかと考えます。医療費は無料化にはなったけど、そのツケをその子供たちに回すということは、すなわち本末転倒であると考えます。
 以上の点から、この請願には反対いたします。


◯議長 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 請願第1号に対する委員長報告は不採択です。
 それでは、請願第1号について採決します。
 請願第1号を採択することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立少数です。よって、請願第1号は不採択とすることに決定いたしました。
 野中幸夫議員。


◯2番議員(野中幸夫) 採択までちょっと待っていたんですけれども、今の議論の中で、僕、問題だというふうに思った点がありますので、議長、どういうふうに判断していただけるか聞きたいんですけれども。
 請願書の、今、議論をしていましたね。医療費無料化の実施をやれやれということを言われておるということなんですよね。我々は、ここで請願書に対する議論をやった。やれやれということを言うということは、住民に対してそういうことを投げかけておるということになるわけですので、そういうふうに、僕、受けとめたんですね。極めて無責任な住民に対する対応だというふうに思うんですね。
 議事録、今ここにありませんから、正確性が欠けるかもしれませんが、賛成か反対かの議論の中で、こういった内容が出てくるということは極めて驚きなんですよね。今までにない状況だというふうに思いますので、後刻、テープを起こすなりして、きちんとしていただきたいというふうに思うんです。
 それから、もう一点は、11億円の黒字の問題です。私たち、黒字と言っていますけれども、これは、監査委員さんが提出をした資料、監査結果審査報告書です。これを否定するというような発言になったように思うわけですけれども、そうしますと、監査委員さんへの不信任というんですか、そういう方向性に発展する可能性がありますので、その問題についても、後刻、この議会が終わってから審議したほうがいいのではないかというふうに思うんですが、いかがでしょうか。


◯議長 御意見として承っておきます。
 それでは、続けます。

  日程第38 陳情第1号


◯議長 日程第38、陳情第1号、年金積立金の適正運用の確保についての陳情書を議題とします。
 本案は厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。
 それでは、櫻井信夫厚生委員長、どうぞ。


◯厚生委員長 厚生委員会の報告を申し上げます。
 付託陳情第1号、年金積立金の適正運用の確保についての陳情書を報告いたします。
 発言、討論もなく、採決の結果、全員賛成により陳情第1号は採択されました。
 以上で報告を終わります。


◯議長 これより厚生委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
 質疑はございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 質疑を終結し、これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 23番、岩本一三議員。


◯23番議員(岩本一三) ただいまは、陳情第1号、公的年金は高齢者の方の生活の糧であり、運用には安全かつ効率的な運用を堅持し、かつ被保険者の利益を第一に考えてほしいとの意見陳情であり、賛成するものであります。


◯議長 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 陳情第1号は、厚生委員長の報告のとおり採択することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、陳情第1号は採択とすることに決定いたしました。

  日程第39 議案第36号


◯議長 日程第39、議案第36号、平成26年度あま市一般会計補正予算(第6号)を議題とします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長。


◯市長 提案理由。
 議案第36号、平成26年度あま市一般会計補正予算(第6号)についての提案理由を申し述べます。
 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億4,073万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ264億4,701万8,000円とする補正であります。
 以上、よろしくお願いいたします。


◯議長 当局より議案の朗読を求めます。
 総務課長。


◯総務課長 議案第36号、平成26年度あま市一般会計補正予算(第6号)。
 1ページをお願いいたします。
 平成26年度あま市一般会計補正予算(第6号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億4,073万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ264億4,701万8,000円とする。
 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 (繰越明許費)
 第2条、地方自治法第213条第1項の規定により、翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費」による。
 平成27年3月19日提出。あま市長、村上浩司。


◯議長 皆さんにお諮りします。
 これにて議案の朗読は省略し、当局より概要説明を求めたいと思いますが、御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認め、当局より概要説明を求めます。
 企画財政部長。


◯企画財政部長 議案第36号について、平成26年度あま市一般会計補正予算書に基づきまして御説明申し上げます。
 概要説明に入ります前に、少し私から、まち・ひと・しごと創生について説明をさせていただきます。
 これは、平成26年11月に施行され、少子高齢化の進展に的確に対応し、人口の減少に歯どめをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくことを目的としております。
 具体的な内容でございますけど、地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金では、1といたしまして、地域消費喚起・生活支援型として、地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策に対応し、地域における消費喚起やこれに直接効果を有する生活支援を推進するための事業、いわゆるプレミアム付商品券や旅行券などの発行事業がございます。
 また、2といたしまして、地方創生先行型としては、地方版総合戦略の策定経費及び戦略の策定に先行して行う施策の実施に対し支援されるものでございます。
 あま市といたしましては、地域消費喚起・生活支援型では、プレミアム付商品券発行事業、地方創生先行型としましては、まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定及びシルバーカレッジ事業を実施してまいりたいと考えております。
 では、補正予算の説明をさせていただきます。
 なお、歳入につきましては私から、その後、歳出につきましてはそれぞれの所管部長から、お手元に配付しております平成26年度あま市一般会計補正予算(第6号)に基づきまして説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。
 最初に、繰越明許についての御説明を申し上げます。
 4ページをお願いいたします。
 2款総務費、1項総務管理費では、まち・ひと・しごと創生総合戦略策定費としまして996万8,000円を、7款商工費、1項商工費では、プレミアム付商品券発行事業支援費補助金として1億1,499万円を、10款教育費、4項社会教育費では、シルバーカレッジ事業費として1,577万3,000円を計上しております。
 以上、これらの事業は、平成26年度国の地方創生事業としての補正予算の対応事業として実施するため、事業費を計上しております。
 なお、各事業の概要につきましては、後ほど事項別明細書の歳出において説明させていただきます。
 それでは、歳入補正の項目について説明をさせていただきます。
 8ページ、9ページをお願いいたします。
 上段になりますが、13款、2項、5目総務費国庫補助金、1節総務費補助金では、1億95万2,000円を計上しております。これは、国の地方創生事業として地方における消費喚起策に対する地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金、地域消費喚起・生活支援型8,521万1,000円及びまち・ひと・しごと創生総合戦略の策定と、これに先行して行う施策等の実施に対する地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金、地方創生先行型2,574万1,000円を新規計上しております。
 失礼しました。訂正させていただきます。
 先ほど13款の2項、5目でございますけど、金額が1億1,095万2,000円の訂正をさせていただきます。失礼しました。
 次に、14款、2項、6目商工費県補助金、2節商工業振興費県補助金では、プレミアム付商品券発行事業支援費交付金として1,977万9,000円を新規計上しております。
 次に、17款、2項、1目財政調整基金繰入金、1節財政調整基金繰入金では、プレミアム付商品券発行事業支援費補助金へ財源充当するため、1,000万円を増額しております。
 以上、歳入の説明とさせていただきます。
 続きまして、歳出について御説明申し上げます。
 10、11ページをお願いいたします。
 2款、1項、6目企画費では、まち・ひと・しごと創生法に基づく地方創生を図るため、まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定経費として、まち・ひと・しごと創生総合戦略策定費996万8,000円を新規計上しております。
 その内訳で主なものといたしましては、まち・ひと・しごと創生総合戦略委員会委員に対する謝礼といたしまして報償費33万9,000円、まち・ひと・しごと創生人口ビジョン及び総合戦略策定支援業務委託として委託料883万5,000円などを計上しております。
 以上、企画財政部所管の歳出の説明とさせていただきます。


◯議長 建設産業部長。


◯建設産業部長 続きまして、建設産業部の所管する歳出の内容について御説明申し上げます。
 同じく、10ページ、11ページをごらんいただきたいと思います。
 中段になりますが、7款、1項、2目商工業振興費、プレミアム付商品券発行事業支援費補助金1億1,499万円の補正でございます。
 この補正につきましても、まち・ひと・しごと創生総合戦略の地域住民生活等緊急支援のための地域消費喚起・生活支援型のプレミアム付商品券を発行し、広く消費喚起に努めていくことを目的として行うものでございます。
 主な事業内容としまして、この金額1億1,499万円をあま市商工会へ補助金として支出しまして、商工会と協力して商品券を作成し、7月をめどに販売する計画を考えております。
 以上で説明を終わらさせていただきます。


◯議長 教育部長。


◯教育部長 続きまして、教育部所管の歳出の内容について御説明申し上げます。
 同じく、10、11ページの下段でございます。
 10款、4項、2目社会学級費、シルバーカレッジ事業費としまして、平成28年度の開講を予定しておりますあま市シルバーカレッジの準備経費として1,577万3,000円を予算計上しました。
 経費の主な内訳ですが、学習の場として使用を予定しております施設の修繕料276万7,000円、シルバーカレッジを市民にPRするための事業として開催予定の講演会、各種講座の経費としての委託料822万7,000円、机や椅子、パソコン、プリンターなどの備品購入費376万8,000円となっております。
 なお、平成28年度からのシルバーカレッジは、美和文化会館の施設の一部で、今まであま市商工会美和支部が事務所として使用していたところでの開講を予定しております。
 以上で議案第36号の概要説明とさせていただきます。


◯議長 これより質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
 2番、野中幸夫議員。


◯2番議員(野中幸夫) まず、今説明したぐらいのことは、補正予算として出したわけだから、なぜ事前に出されんのかと。つまり、補正予算を、もっと言えば、議会運営委員会を開いて、もっと事前に、補正予算、提出できたはずだというふうに思うんですよ、そこまでの今、説明があったということは。
 そうすると、事前に、一般会計予算でも予算説明書がきちっと出されているわけでしょう。ですから、先ほど言ったように、それぐらいの内容については、説明書として提出されてしかるべきだというふうに思うんですよね。聞いていて、メモするだけでやっとですよ。理解することなんかなかなかできないんですよ。そこからまずはっきりさせてくださいよ。


◯議長 答弁を求めます。
 企画財政部長。


◯企画財政部長 今回、市といたしまして、国のほうからのこういった地方創生ということで、最終日に追加上程させていただくということで、全協でもお願いした経緯がございます。
 そして、今、議員の御質問と申しますか、要望がございましたように、今回、補正予算の追加議案ということで、私ども、実は過去、先例的でございますけど、これは先例に倣ってということになりましょうが、一昨年度、こういった追加上程を最終日にお願いするに当たりまして、私ども、その場におきまして、特に資料というものを、そのとき、先例、一昨年、風疹ワクチンというところで上程申し上げたときには、口頭での説明を、あるいは質疑に対して答弁させていただきながらやった経緯がございまして、その際にも特に資料というものは、そのときもつけてございませんでした。そういった先例に倣いまして、ここに、特に資料は御用意させていただいていないのが現実でございます。
 そういったことで、まことにあれですが、予算書等で質疑、この後、質疑等におきまして答弁させていただきたいと、こんなふうに思っております。
     (「議長」と呼ぶ者あり)


◯議長 いや、今、野中議員の質疑中ですので、しばらくお待ちください。
 よろしいですか。
 それでは、24番、松下昭憲議員。


◯24番議員(松下昭憲) そんな悪い先例を出していかんて、悪い先例を。先例に従ってって、そんな悪いことを言っておったらいかんわ。
 今、野中氏が言ったのは、事前にわかっておるなら出せということでしょう。出せるはずじゃない。
 前やったから今回もって、そんな話やないですよ。もっと気合いを入れてやってもらわないかんですよ。


◯議長 野中議員。


◯2番議員(野中幸夫) 繰越明許する内容は3点出ているでしょう、ここでね。そうすると、次年度に向けて、この26年度の予算なんだけど、進めていくわけですよね。しかも、金額的には1億円を超えておるわけですよ。そうすると、我々、責任を持って採択せないかんわけでしょう。そこを言いたいわけですよ。
 だから、先例は確かにあったと思います。だけど、市長の所信表明ですか、その中にも、予算の概要説明の中にも、この内容は若干触れておるんですよ。だから、そういう点からいえば、当局としては準備を進めてきているわけだから、丁寧な説明というのをやっぱり議会側にしていくべきだというふうに思うんだわ。
 質問に入ります。
 1つは、歳出の総務費の総務管理費の企画費で、委託料で事務事業委託料になっています。この事務事業は、まち・ひと・しごとで総合戦略をいろいろ計画しているということの中身だというふうに思うんだけれども、そこに委員さんが配置されて、取り組みをしていく内容だというふうに思うんだけど、じゃ、市としてはどういう方向性を持って、あるいは何を自分たちが持って、この方向性で、この中身で進めていこうとしているのか。
 事務事業委託ということで、コンサルに恐らく投げていくというふうに思うんだけれども、しかし、自分たちが何をやりたいかということがはっきりしなければ、その意味では無駄遣いになるわけで、そこのところをひとつ明らかにしてください。


◯議長 答弁を求めます。
 企画財政部長。


◯企画財政部長 今回、そういった委員会を立ち上げまして、市といたしましては、先ほどもちょっと申し上げましたが、今回の地方創生につきましては、国の総合戦略、4つの基本的な目標がございまして、1つには、やはり地方における安定した雇用の創出、2つ目としましては、やはり地方への人の流れ、そして、3つ目には、若い世代、結婚、出産、子育て、こういった希望をかなえる、4つ目には、そういった時代に合った地域づくり、安心した暮らしを守ると相まって、地域と地域の連携、こういったものを目標に、あま市といたしましても、現在のところ、人口というのは、日本全国で減少社会に入る中で、あま市としては、現在のところはまだ微増というところでございますけど、間もなくと申しますか、やがては減少になります。
 そういったところも、総合計画の中にも、9万人という人口増を目指すというところで、今回も、総合計画とはちょっと異なります。総合計画は全体的になりましょうけれども、この地方創生につきましては、ある意味そういったもの、総合計画よりは少し具体的といいますか、そういった人口の流れ、人口減少、そういったところに特化した政策になろうと思いますが、そういった地方版の総合戦略を立て、国から、先ほど申し上げました目標に向け、あま市としても、何はともあれ、まず人の流入というところ、人の動き、そういったところを目指してまいりたいと、こんなふうに考えております。
 以上でございます。


◯議長 野中議員。


◯2番議員(野中幸夫) 国の言われたとおりだけになっているんじゃないですか、それ。人の動きを探ったってしようがない話じゃないの。
 あま市の、僕、以前にも言った覚えがあるんだけど、地方、本当に創生するということだったら、農業を位置づけて、農業が本当に発展していくような、大都市近郊として食料を供給するという立場、この地域にあるわけですよね。そういうことを本気になって考えていく方向性があるのかどうかわかりませんよね、あま市特有の問題として。
 あるいは、雇用の問題で取り組みをするんだと言っていますけど、じゃ、今、非正規雇用の人たち、このあま市の中で皆さんどういうふうに把握しているんですか。雇用の問題、深刻だというふうに言われていますけれども、非正規で年間収入200万、300万で生活しろということが言われているわけですよね。
 そういうものを打破していく方向性を持って、正規雇用をあま市の中でどんどん進めていくんだという方向を持った、そういう戦略をつくっていくのかどうかということがとても見えてこないというふうに思うんですけれども、もっとその辺では、市長も含めてトップが何をどうするんだということをもっとはっきりさせる必要があるんじゃないですか。
 要は、事務事業委託ということで業務委託して、バラ色の計画は出てきますよ、いろんな問題として、プロがやるわけですから。だけど、あま市独自の問題があるでしょうというふうに思うんですけれども、そこは提起していく方向があるのかどうか、明確にしていただきたい。
 3回しかやれないから、今、1回目ですよ、質問としては。
 それで、もう一点、プレミアム付商品券の発行事業の支援費ですけど、消費喚起で商工会に補助金として出しちゃうということが言われているわけですよね。商品券の発行をするわけですけれども、プレミアム商品券の。そうすると、商工会に加入をされている業者の皆さんしかこれが使えていけなくなってしまうのかどうかということですよね。
 商工業者の皆さんは、商工会に入っていなくても商売をやってみえるわけです。商工会だけということになっていくのかどうか。つまり、差別的な待遇をしていくのかどうかということについて、ここで明らかにしていただきたいということです。


◯議長 答弁を求めます。
 産業振興課長。


◯産業振興課長 議員の御質問にお答えをさせていただきます。
 ただいまの商工会へ補助という話でございますが、そちらのほうでは、会員、そして非会員という、今すみ分けがございます。それで、こちらのほうも、その関係を今十分、近隣市町村等の動向を見ながら詰めておるわけでございまして、現在は商工会のまず会員さん、そして、その中で会員外をどうしていくかということでもう一度詰めておりますので、計画ということで、もうしばらくお待ちいただきたいと思います。


◯2番議員(野中幸夫) 予算を出して、そんな話はないよ、だけど。詰めた話をここで出すというのが予算じゃないですか。


◯議長 課長、答弁に関して正確にお願いします。


◯2番議員(野中幸夫) 余りいいかげんな答弁をされると困っちゃうがね、そんなことは。


◯議長 建設産業部長。


◯建設産業部長 今、一応商工会にお願いするということで進めておりますので、今現在は商工会の会員を対象にということですけれども、市からの補助事業ということで、その辺は商工会とも調整しまして、会員以外の方も参加していただける方策を今詰めておりますので、よろしくお願いしたいと思います。


◯2番議員(野中幸夫) 違うわ、そんなことは。方策を詰めるんだったら、ここに出した時点で詰めたものを出さないかんと言っておるんだ。だから、そこのところをはっきりさせてくださいよ。


◯議長 答えられますか。
 暫時休憩いたします。
     (午後1時18分)



◯議長 それでは、休憩前に引き続き会議を再開いたします。
     (午後1時25分)



◯議長 答弁を求めます。
 産業振興課長。


◯産業振興課長 ただいま、ちょっと言い間違いというか、申しわけございませんでした。
 私のほうの考えは、商工会の会員、非会員ともにお願いをしてやっていくことで考えております。そして、商工会を中心に、市のほうも一緒にやりたいと考えておりますので、よろしくお願いします。


◯議長 答弁は、そのほか。
 市長。


◯市長 総合戦略の件のほうでございますけれども、今、先ほど部長が答弁を申しましたように、4つの項目が国からの基本目標となっております。中でも、あま市といたしましては、若い世代、または子育てを希望することをかなえる、そういった部分が重点的になってくるんだと。もう一つは、時代に合った地域づくり、安心な暮らしを守ることという部分が、我々にとって、あま市にとって、ふさわしい部分だと思っております。
 そういった中で、あま市といたしまして、あま市にそういったものを置きかえるとどのような形になるのかといった部分というものを、委員会を設けまして、市民の代表の方、または学識経験者、そして産業界の代表、そして教育機関の代表、そして金融機関の代表の方、議会の代表、そして私どもの職員の代表、そういった、今、そのような考えの組織を設けまして、戦略を子育て世代、または中高生、いろんな分野にわたってのあま市版に置きかえながらの戦略をつくろうと考えておるところでもございます。
 そういった意味でも、先ほどの答弁の中にありましたが、今、あま市は8万8,000人で、微増ではございますけれども、人口がふえております。これはまさに、今まで歴史であま市を支えていただいた、50年前からさかのぼる、または100年前からの施策が今生きて、人口を、微増でございますけれども、なっていると私は確信をしております。
 そういった意味でも、今後、あま市において、10年間の計画である9万人を目標としておりますので、10年後の9万人がなし遂げられるよう、またはさらに10万人以上をなし遂げられるような50年先または100年先を見据えた計画もつくっていかなきゃいけないだろうと思っております。
 そういった今後の総合戦略におきましては、あま市版に置きかえながらの戦略をつくっていこうと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。


◯議長 野中議員、質問回数を超えておりますが、答弁漏れでしょうか。


◯2番議員(野中幸夫) だって、一番最初に、質問じゃない、要望を言ったのに質問……。


◯議長 質疑の時間ですから、要望等は認められません、申しわけありませんが。


◯2番議員(野中幸夫) じゃ、もう一件。


◯議長 じゃ、最終に、これを最後とさせていただきます。3回目ということでお願いいたします。


◯2番議員(野中幸夫) 歳出の11ページで、社会学級費で、シルバーカレッジ事業費が平成28年なのか8年度なのかよくわかりませんが、いずれにしても、繰越明許して27年度中にこれを使うわけだけれども、28年に入ってシルバーカレッジが開校するという方向になりますと、予算上の裏づけが要るわけですよね。
 そうすると、今、歳入の分野で国の国庫補助金が、先ほど言った形で来ているわけですけれども、そういうことが保障されていく方向になっているのかどうかについて聞きたいわけですが、どうでしょうか。


◯議長 答弁を求めます。
 教育部長。


◯教育部長 まず、本格的なシルバーカレッジの開講につきましては、28年度からでございます。
 そうした中でございますけれども、今までこういったシルバーカレッジ事業におきまして進めるべく検討しておったところの内情でございます。
 そうした中で、今回、地域住民型等の緊急支援のための交付金制度というものがございまして、そうしたものにつきましては、26年の12月27日の経済対策会議におきまして新規に予算計上されたもの、これが事業としての対象となっております。
 そうした中、28年度から予定をしておったわけですけれども、その準備経費としまして、先ほど言いました講演会、講座、またはそれに伴う環境整備、そういったものも今回の交付金の対象となるということで、27年度に前倒しをして、準備経費として上げさせていただきました。
 したがって、27年度は、1つの講演会等々、市民の方が参加できるような形で進めて、28年度からシルバーカレッジとしての事業を本格的に進めさせていただきます。


◯議長 企画政策課長。


◯企画政策課長 28年度以降の補正の関係を御説明させていただきます。
 ごめんなさい、28年度の国の予算の説明をさせていただきます。
 国は、平成26年度の補正で、まず、まち・ひと・しごと創生の関係の予算をつけました。そして、地方に対しましては、原則ですが、26年度補正でまず玉上げをしてくださいというようなことでございました。今回、上程をさせていただいたと。
 27年度につきましては、現在、国は予算をつけておりません。これは、繰越明許するということで、27年度につきましては予算を上げておりません。
 28年度につきましては、地方創生関連の新型交付金を考えているというようなことを聞いております。まだ具体的な、どのような形で新型、地方創生に関する新型交付金をつけるかということは、国としてもまだ決めてはおりませんが、28年度以降もつけるというのは聞いております。
 以上でございます。


◯議長 他に質疑はございませんか。
 6番、橋口紀義議員。


◯6番議員(橋口紀義) 6番、橋口です。
 プレミアム商品券についてお伺いをいたしますが、まず、どうやって市民のほうにお知らせをするのか。また、この商品券のプレミアム率というのは何%ぐらいを考えていらっしゃるのか。2つ目に、1枚の商品券の金額は幾らを考えているのか、また、一家に何口ぐらいまでというのを考えていらっしゃるのか。あとは、受け取りはどこでするのか、使い切れなかった場合は払い戻しができるのか。この3点、お伺いします。


◯議長 答弁を求めます。
 産業振興課長。


◯産業振興課長 議員の御質問にお答えさせていただきます。
 まず、広報体制でございますが、あま市、そして商工会ともに、ホームページのほうにおいてお知らせをすると。そして、もう一つ、あま市の広報紙、そして、それからエフエムななみ、そしてクローバーテレビ等、そういう広報媒体を使って広く周知をしていく予定でございます。
 そして、もう一件ですが、プレミアム付商品券の内容でございますが、一応1冊当たり1万2,000円の商品券を発行するということで、そのうちの1万円というのが、まず商品券の元価格ということでございます。そして、プレミアム分がプラス2,000円ということで、1万2,000円の商品券を発行するということと、それから、1冊の中に、早く言うと小切手のような形になりますが、それの500円券を24枚つづったということで予定をしております。
 そして、あとは払い戻しの件でございます。期限を一応切らせていただきまして、その期限を超えた場合は使用できませんので、払い戻しもいたしません。と同時に、500円の未満の物を買った場合は、未満もおつりは出ませんので、そちらのほうも周知をさせていただく予定でおります。
 以上でございます。
     (「配布方法」と呼ぶ者あり)


◯産業振興課長 済みません。もう一つ、ごめんなさい。
 枚数のほうの関係でございますが、今、市内の1世帯当たり1枚ずつ届くという計算で、それ以上の部分で一応計算しまして、3万5,000世帯以上でプラス5,000世帯ということで、4万世帯分というか、4万冊ということで、今、計画をさせていただいております。
 それから、あと、配布方法でございますが、配布方法につきましては、現在のところ、あま市の3庁舎のほうを使用しまして、そちらのほうで商工会とともに配布のほう、いわゆる販売のほうをさせていただくということで予定しております。よろしくお願いいたします。


◯議長 よろしいですか。
 15番、櫻井信夫議員。


◯15番議員(櫻井信夫) シルバーカレッジについて質問します。
 既にシルバーカレッジというのは、ほかの市なんかでも先行してやっているところがあるのは御存じだと思いますけれども、3点ほどちょっと聞きたいんですが、対象者はどういう人を対象にするのか。それから、2番目に、一応カレッジですから、専門的に何を教えるのかということ。それから、例えばほかの市なんかでは、市が要望するボランティアをここで育てるとか、そういう目標を持った取り組みをしておるところもありますけど、その3点について、具体的に今、どんなアイデアを持っておられるのかお聞きしたいと思います。


◯議長 答弁を求めます。
 生涯学習課長。


◯生涯学習課長 それでは、対象者でございますけれども、60歳以上の方を対象としております。
 次に、どういったことを学んでいくのかという御質問でしたが、やはり議員おっしゃられましたように、カレッジ受講後は、地域でボランティア活動であったり、コミュニティ活動の中心的な役割を担う方を育成していくというのがカレッジの目標として考えておりますので、学び終えた方々が地域へ戻られて、地域の振興、またはあま市を元気にしていく源となるような受講内容を、今、案としては考えております。
 以上でございます。


◯議長 よろしいですか。
 答弁はございますか。


◯生涯学習課長 専門的に何を学ぶということでしたと思うんですけれども、先ほど答弁させていただきましたが、まだ具体的にどういった講座というところはございませんが、地域へ戻られて、地域のボランティア活動、コミュニティ活動の中心的な人材になっていく方々を育成していくような内容を今検討しております。
 以上でございます。


◯議長 櫻井議員。


◯15番議員(櫻井信夫) これからのことですから、まだアイデア段階かと思うんですが、これは有料なカレッジとされるのかということと、それから、ゆっくり検討されてというような雰囲気なんですが、地方創生というのは、国のほうも、地方からの提案、あま市に合った提案、先ほどもどなたかおっしゃいましたけれども、こういうのを早く出してきなさいと、そういうことでお金を早くつけるからという背景があるので、やはりこれは非常にいいことだと思いますので、もっとスピードを上げることを期待しているんですけれども、この辺についてはいかがですか。


◯議長 生涯学習課長。


◯生涯学習課長 まず、受講料につきまして、27年度と28年度、事業の目的を変えております。27年度は、シルバーカレッジということを広く市民に認知していただくための事業として考えておりますので、27年度におきましては無料と考えております。反対に、28年度からは本格的な開講を目指しておりますので、受講料は市民の皆様からお預かりする予定でございます。
 以上でございます。


◯議長 よろしいですか。
 櫻井議員。


◯15番議員(櫻井信夫) 先ほどから盛んに28年度スタート、スタートとおっしゃっていて、27年度は無料でやるということというのはどういうことなのか、説明をいただきたいと思います。
 28年度から有料とおっしゃっていますけど、有料というのは、例えばどういう先生、教える人はどういう人を持ってこられるのか、2点お尋ねします。


◯議長 生涯学習課長。


◯生涯学習課長 27年度の事業ですけれども、先ほど申しましたが、このシルバーカレッジという事業、まだまだ広く市民の皆様には認知度が低いものかと思っておりますので、これを広く進めていく、認知していく、28年度からはこういったあま市ではシルバーカレッジを始めるんだよということを知ってもらうための期間と考えておりますので、周知または施設の準備、備品の購入等を考えております。
 28年度からの受講料でございますけれども、今の段階では金額はまだ申し上げる段階ではございませんが、1年を通して、または複数年も視野に入れての検討をしていくところだと思うんですけれども、受講料につきまして、相当の、相当という言い方はおかしいですけど、1年か2年間、授業を受けていただくわけでございますので、それなりの受講料は考えております。
 講師の方の講師料を幾らにするかというお話になってまいりますと、これ、国からの……。
     (「聞いていない、それは」と呼ぶ者あり)


◯生涯学習課長 失礼しました。


◯議長 講師料は言っていない。


◯15番議員(櫻井信夫) 講師をどこから持ってくるんですか。答弁漏れ、2つ。
 最初に、27年度は無料でやるって、27年度の無料でやるって何かということを聞いたのと、シルバーカレッジって、そんなに皆さん知らないわけじゃないですよ、シルバーカレッジ。新聞にもいっぱい出てきますし、一般の大学も受け入れていますし、かなり知っていますよ。
 ですから、そのPRに1年もかけてということと、今、27年度は無料と言われたのが、何をやられるのを無料なのかよくわからないなということと、講師に幾ら払うんじゃなくて、講師はどういう人を考えているんですかという、その2点、再質問で申しわけないです。


◯議長 生涯学習課長。


◯生涯学習課長 27年度、先ほどから無料と申しておりますけれども、講演会、また、10月からは後期になりますけれども、講座を幾つかやっていきたいなと思っております。なかなか市民への認知度というのは、はかってはかり知れないところもございますので、やはり半年間、周知をさせていただくつもりではおります。
 次に、28年度、講師はどういうところからというところでございますけれども、生涯学習事業といたしましては、海部地区、この地域での講師の先生方の一覧表も手にしているところもございますし、また、専門的知識、それぞれ担当している課からもいろんな先生を御紹介していただく中で、市民の皆様のニーズに合った、または将来、地域に戻って活躍していただけるような人材を育成できるような内容にしていく上での講師を考えていきたいと思っております。


◯議長 23番、岩本議員。


◯23番議員(岩本一三) この質問、7款の商工費でお尋ねをするわけですけど、今、課長が説明する1世帯1枚ということで4万枚ということで、2,000円だから8,000万円ですよね。あと3,499万はまだ残りますよね。これが印刷費とかいろいろとかかると思うんですよね。こういう説明と、また、このプレミアム商品券がどのような場所で使うのか、あま市の中の商工業を営んでいる方全てのところで、事業所で使えるのかどうかを確認しておきます。


◯議長 答弁を求めます。
 産業振興課長。


◯産業振興課長 それでは、議員の質問にお答えさせていただきます。
 先ほどちょっと私、説明を漏らしてしまいましたので、それもつけ加えまして、御報告をさせていただきたいと思います。
 プレミアム商品券のいわゆる世帯1という話でございますが、こちらのほうは、広報紙のポスティングの中に案内文及び引きかえ券を同封させていただいて、各世帯全部に行き渡るようにさせていただきまして、その引きかえ券をもとに商品券のほうと交換させていただくという考えでございます。
 それで、あと、庁舎のほうで引きかえをさせていただくということでおりますので、そちらもよろしくお願いします。
 それから、いわゆる商品券自身は、1万円プラス2,000円で1万2,000円のものを4万セット、一応用意するということで考えております。そして、そちらのほうにかかる経費以外のものでどういったものがということでございますが……。
 ごめんなさい、失礼しました。使用できるところでございました。
 こちらのほうは、商工会、先ほど言いましたように、会員、非会員の方のほうで、一応全部手を挙げられた方に対し講習会を開きまして、そちらのほうに、その時点において、引きかえのできるシールといいますか、指定店ですよという、そういったシールのほうを用意するのと、それから、PR用ののぼりといいますか、そういったものも用意しております。
 そして、あと、それ以外のところ、PRのポスターなどもそういったところに張らせていただいたり考えておりますので、よろしくお願いしたいかと思います。


◯議長 岩本議員。


◯23番議員(岩本一三) ごめんなさいね、課長、私がお尋ねしたのは、1万2,000円の券を全世帯に配るわけだけど、元金を1万払うんでしょう、住民が。払わなくていいんですか。
 だから、2,000円だから、8,000万円だから、あと3,499万ぐらいですか、残るから、それは印刷代とかいろいろかかるんでしょう。実際は、皆さん、お客さんということはないけど、プレミアム券を購入される方には、1万円は負担していただくわけでしょう。そうじゃない。
 だから、そういう説明をしていただきたいと言っているわけですよね。


◯議長 答弁を求めます。
 産業振興課長。


◯産業振興課長 大変御無礼いたしました。
 まず買っていただくのには、1万2,000円の額面ですが、1万円ずつの御負担をいただきたいということで考えております。そちらの1万円分につきましては、その経費の中で販売促進等、いろんな基本料金等ありますので、そういった部分につけ加えさせていただいて、お願いする予定でおりますので、よろしくお願いします。


◯議長 よろしいですか。
 他に質疑はございますか。
     (質疑なし)


◯議長 これにて質疑を終了し……。
 市長。


◯市長 少しプレミアムでつけ加えてお話をさせていただきます。
 プレミアム商品券、まさにポスティングによって申込用紙といいますか、パンフレットと一緒に各世帯に、全世帯にお配りをさせていただきます。その後、申込用紙がございますので、その申込用紙にお名前などを書いていただきながら、3庁舎で期限を決めて、その用紙を持ってきてもらいまして、1万2,000円の商品券を1万円で購入することができます。
 その後、さらに2次販売もございますので、その2次販売にも申込書をさらに持ってきていただきますと、販売もできるような形をとっておりますので、またそういった面でもお知らせをさせていただきたいというふうに思っております。
 以上でございます。


◯議長 よろしいですか。
 これにて質疑を終了します。
 お諮りします。
 ただいま議題となっております議案第36号は、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認めます。よって、議案第36号は委員会の付託を省略することに決定しました。
 これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 討論はございませんか。
 6番、橋口紀義議員。


◯6番議員(橋口紀義) それでは、6番、公明党の橋口でございます。
 賛成討論をいたします。
 ただいま議題となっております議案第36号、平成26年度あま市一般会計補正予算(第6号)について、賛成の立場から意見を申し述べます。
 アベノミクス効果により、日本経済はやっと失われた20年を取り戻すかのように景気の好循環を取り戻しつつあるところであります。株価も上がり、大企業を初めとする企業も、やっと賃上げへと向かいつつあるところでもあります。
 しかし、中小企業や個人商店、さらには国民の隅々まではまだまだ実感が湧かないといった声がありました。その声に応えるためにも、政府も今回の緊急経済対策を打ち出したところでもあります。
 12月議会におきまして、地域活性化の成功例として、各自治体が行っている地域振興券やクーポン券、そしてプレミアム商品券の発行を行っているので、検討してはどうかという一般質問をしたところであります。
 プレミアム商品券は、なかなか個人のお金が消費に回らないものが、プレミアムをつけることにより消費に回るという利点があります。地域の商店街などでの消費喚起を促すことで、あま市内や個人商店が活性化するものと期待をしております。近隣の稲沢市や一宮市、小牧市でも先進的に行っており、大盛況であったということであります。
 また、若い世代に生活者支援の観点から見ても、大いに喜ばしい事業でもあります。シルバーカレッジ事業におきましても、高齢者を元気にするものと期待をしているところでございます。この地域内の個人商店街の皆様方からも大いに期待をするとの声が寄せられておることから、本案に賛成をいたします。
 以上です。


◯議長 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 議案第36号は、原案のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 起立多数です。よって、議案第36号は原案のとおり可決されました。

  日程第40 発議第2号


◯議長 日程第40、発議第2号、あま市議会委員会条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 提出者より提案理由の説明を求めます。
 それでは、石田良雄議員、どうぞ。


◯3番議員(石田良雄) 発議第2号、あま市議会委員会条例の一部を改正する条例についての提案理由を申し述べます。
 あま市部設置条例に上下水道部が新設されることに伴う本条例の一部改正でありますので、慎重に御審議を賜り議決くださるようお願いいたします。
 平成27年3月13日提出。提出者、石田良雄。
 以上であります。


◯議長 事務局より発議の朗読を求めます。
 議会事務局長。


◯議会事務局長 発議第2号、あま市議会委員会条例の一部を改正する条例について。
 上記の議案を、地方自治法第112条及びあま市議会会議規則第14条第1項の規定により、別紙のとおり提出する。
 平成27年3月13日。あま市議会議長、横井敏夫殿。提出者、あま市議会議員、岩本一三、石田良雄、横井正秀、櫻井信夫、伊藤嘉規、後藤幸正、藤井定彦、柏原功、加藤哲生。
 1枚おめくり願いまして、あま市議会委員会条例の一部を改正する条例。
 あま市議会委員会条例(平成22年あま市条例第161号)の一部を次のように改正する。
 第2条第2項第3号中「建設産業部」の次に「、上下水道部」を加える。
 附則。
 この規則は、平成27年4月1日から施行する。
 以上であります。


◯議長 提出者より概要説明を求めます。
 それでは、石田良雄議員、どうぞ。


◯3番議員(石田良雄) 発議第2号、あま市議会委員会条例の一部を改正する条例についての概要説明を申し述べます。
 それでは、新旧対照表をごらんください。
 第2条第2項第3号の建設産業委員会の所管に上下水道部を追加するものです。
 施行期日は、平成27年4月1日からです。
 以上で概要説明を終わります。お願いいたします。


◯議長 以上で概要説明を終わります。
 これより質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
 質疑はございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 これにて質疑を終了します。
 お諮りします。
 ただいま議題となっております発議第2号は、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認めます。よって、発議第2号は委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 発議第2号は、原案のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 申しわけない、ちょっとわかりませんので、もう一度立っていただけますでしょうか。
 賛否が今ちょっとわかりかねますので、申しわけありませんが、ちょっと立っていただけますか。
     (「採択するの」と呼ぶ者あり)


◯議長 採択です。
     (「2回もするの」と呼ぶ者あり)


◯議長 いや、2回ではございません。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立多数です。よって、発議第2号は原案のとおり可決されました。

  日程第41 発議第3号


◯議長 日程第41、発議第3号、あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 提出者より提案理由の説明を求めます。
 それでは、石田良雄議員、どうぞ。


◯3番議員(石田良雄) 発議第3号、あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についての提案理由を申し述べます。
 あま市議会委員会の委員長報酬を廃止するための本条例の一部改正でありますので、慎重に御審議を賜り議決くださるようお願いいたします。
 平成27年3月13日提出。提出者、石田良雄。
 以上であります。よろしくお願いいたします。


◯議長 事務局より発議の朗読を求めます。
 議会事務局長。


◯議会事務局長 発議第3号、あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について。
 上記の議案を、地方自治法第112条及びあま市議会会議規則第14条第1項の規定により、別紙のとおり提出する。
 平成27年3月13日。あま市議会議長、横井敏夫殿。提出者、あま市議会議員、岩本一三、石田良雄、横井正秀、櫻井信夫、伊藤嘉規、後藤幸正、藤井定彦、柏原功、加藤哲生。
 1枚おめくり願いまして、あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例。
 あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例(平成22年あま市条例第45号)の一部を次のように改正する。
 別表委員長の項を削る。
 附則。
 この条例は、平成27年5月1日から施行する。
 以上であります。


◯議長 提出者より概要説明を求めます。
 それでは、石田良雄議員、どうぞ。


◯3番議員(石田良雄) 発議第3号、あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についての概要説明を申し述べます。
 それでは、新旧対照表をごらんください。
 議員報酬別表中委員長報酬月額41万8,000円を廃止するものです。
 施行期日は、平成27年5月1日からです。
 以上で概要説明を終わります。よろしくお願いいたします。


◯議長 以上で概要説明を終わります。
 これより質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
 質疑はございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 これにて質疑を終了いたします。
 お諮りします。
 ただいま議題となっています発議第3号は、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認めます。よって、発議第3号は委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 発議第3号は、原案のとおり決定することに賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございました。
 起立全員です。よって、発議第3号は原案のとおり可決されました。

  日程第42 発議第4号


◯議長 日程第42、発議第4号、ISILによるテロ行為に対する非難決議についてを議題とします。
 事務局より決議についての朗読をさせます。
 議会事務局長。


◯議会事務局長 発議第4号、ISILによるテロ行為に対する非難決議について。
 上記決議を会議規則第14条第1項の規定により提出する。
 平成27年3月13日。あま市議会議長、横井敏夫殿。発議者、あま市議会議員、加藤哲生。賛成者、あま市議会議員、柏原功。賛成者、あま市議会議員、横井正秀。
 1枚おめくり願いまして、ISILによるテロ行為に対する非難決議。
 今般、ISILが2名の邦人を拘束し、非道、卑劣極まりないテロ行為を行った。これは、いかなる理由や目的によっても正当化されるものではない。
 よって、あま市議会は、ISILによるテロ行為を強く非難する。
 あわせて、我が国政府が、中東・アフリカ諸国に対する人道支援を拡充し、国連安保理決議に基づき、テロの脅威に直面する国際社会との連携を強め、これらに対する取り組みを一層強化すること、さらに、日本国民の安全確保に万全の対策を講ずることを強く求める。
 以上、決議する。
 平成27年3月19日。愛知県あま市議会。
 以上であります。


◯議長 提出者より提案理由の説明を求めます。
 それでは、加藤哲生議員、どうぞ。


◯1番議員(加藤哲生) 提案理由。
 発議第4号、ISILによるテロ行為に対する非難決議についての提案理由を申し述べます。
 ISILによる非道、卑劣極まりないテロ行為を、強く非難するものでありますので、よろしくお願いします。
 平成27年3月13日提出。発議者、あま市議会議員、加藤哲生。
 以上です。


◯議長 これより質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
 質疑はございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 これにて質疑を終了します。
 お諮りします。
 ただいま議題となっております発議第4号は、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認めます。よって、発議第4号は委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 24番、松下昭憲議員。


◯24番議員(松下昭憲) 賛成討論なんですけれども、この文章は、決まったのは、全員協議会で全然違う文章だったんですよね。ところが、全会一致でその文が決まっておったのに、5分か10分後に議運で全然違う文章になっちゃったと。
 私は、内容的には別に反対しないですよ。だけど、こういう手法はよくないんですよ。やっぱり全員協議会でみんなが納得した文章で、あのとき、ISとか何か、一部訂正という言葉はありましたよ。それは私も認めていますよ。だけれども、全部一から、頭から終わりまで変わるとは、そういう説明は受けていないです。
 ですから、この決議文に賛成はしますけれども、今後、あま市議会、こういうことのないように、みんなで全会一致したのなら全会一致して、日にち、時間があったんだから、文言をもう少し考えてやっていただかないと、おかしなほうに走っていきますよ。それだけつけ加えて、賛成しますけど。


◯議長 他に討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 発議第4号に賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、発議第4号は原案のとおり可決されました。

  日程第43 議員派遣の件


◯議長 日程第43、議員派遣の件を議題とします。
 事務局より説明させます。
 議会事務局長。


◯議会事務局長 議員派遣の件。平成27年3月19日。次のとおり議員を派遣する。
 1、東海市議会議長会定期総会。
 (1)目的、東海市議会議長会定期総会への参加。
 (2)派遣場所、三重県四日市市。
 (3)期間、平成27年4月15日水曜。
 (4)派遣議員、議長、副議長。
 以上のとおりであります。


◯議長 お諮りします。
 議員派遣の件は、皆様のお手元に配付のとおり決定することに御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認めます。よって、議員派遣の件はお手元に配付のとおり決定いたしました。
 お諮りします。
 ただいまの議員派遣につきまして、やむを得ず派遣内容に変更、追加が生じました場合は、議長の私に御一任願いたいと思いますが、御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認めます。よって、そのように取り扱いさせていただきます。

  日程第44 例月出納検査報告


◯議長 日程第44、例月出納検査報告を議題といたします。
 地方自治法第235条の2第3項の規定により、2月20日に実施されました例月出納検査の結果に関する報告書が議長宛てに提出されております。
 例月出納検査報告につきましては、この報告書の配付をもって報告とさせていただきますので、よろしくお願いします。
 皆さんにお諮りします。
 先ほど陳情第1号が採択され、これに関する意見書の提出について、議会運営委員会を開催して御審議していただきたいと思いますので、ここで暫時休憩をしたいと思いますが、御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認めます。よって、ここで暫時休憩いたします。
     (午後2時07分)



◯議長 それでは、休憩前に引き続き会議を再開します。
     (午後2時15分)



◯議長 皆さんにお諮りします。
 発議第5号、年金積立金の適正運用の確保についての意見書の提出についてが追加提案され、先ほど開催の議会運営委員会において上程承認をいただきましたので、これを日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認めます。よって、発議第5号を日程第44─1と日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

  日程第44─1 発議第5号


◯議長 日程第44─1、発議第5号、年金積立金の適正運用の確保についての意見書の提出についてを議題といたします。
 事務局より意見書の朗読をさせます。
 議会事務局長。


◯議会事務局長 発議第5号、年金積立金の適正運用の確保についての意見書の提出について。
 地方自治法第99条の規定による別紙意見書を会議規則第14条第1項の規定により提出する。
 平成27年3月19日。あま市議会議長、横井敏夫殿。発議者、あま市議会議員、八島進。賛成者、あま市議会議員、加藤正。賛成者、あま市議会議員、倉橋博。
 1枚おめくり願いまして、年金積立金の適正運用の確保についての意見書。
 我が国では、高齢者世帯の収入の約7割を公的年金が占めており、また、約6割の高齢者世帯が年金収入だけで生活しているなど、年金は老後の生活保障の柱となっている。
 こうした中、政府は、公的資金等の運用について、デフレからの脱却を図り、適度なインフレ環境へと移行しつつある我が国の経済の状況を踏まえ、運用対象の見直しやリスク管理体制等のガバナンスの見直しを進めることとしている。
 また、公的年金の積立金の運用を行っている年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、昨年10月に中期計画を変更し、運用資産に占める国内債券の割合を引き下げ、株式の割合を引き上げるなどの運用方法の見直しを行うとともに、内部統制やリスク管理体制の強化等を行うこととしている。
 もとより、年金積立金の運用は、年金財政・年金制度と密接にかかわるものであり、現役世代の保険料負担を維持しつつ、将来の年金給付に支障が生じないよう、長期的な健全性を確保していかなければならない。
 よって、国におかれては、年金積立金の適正運用の確保を図るため、下記事項について特段の措置を講じられるよう強く要望する。
 1、年金積立金の運用は、引き続き、厚生年金保険法及び国民年金法の規定に基づき、専ら被保険者の利益のために長期的な観点から安全かつ効率的に行うこと。
 2、年金積立金の運用が適切に行われるよう、早急にGPIFのガバナンス体制の強化を図ること。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成27年3月19日。愛知県あま市議会。衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、厚生労働大臣殿。
 以上のとおりであります。


◯議長 発議者より提案理由の説明を求めます。
 それでは、八島進議員、どうぞ。


◯16番議員(八島進) 提案理由。
 発議第5号、年金積立金の適正運用の確保についての意見書の提出についての提案理由を申し述べます。
 年金積立金の運用は、年金財政・年金制度と密接に関わるものであり、将来の年金給付に支障が生じないよう、長期的な健全性を確保していかなければなりません。
 よって、年金積立金の適正運用の確保を図るため、特段の措置を講じられるよう強く要望する意見書であります。
 平成27年3月19日提出。発議者、あま市議会議員、八島進。


◯議長 これより質疑に入ります。
 質疑をどうぞ。
 質疑はございませんか。
     (質疑なし)


◯議長 これにて質疑を終了します。
 お諮りします。
 ただいま議題となっております発議第5号は、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認めます。よって、発議第5号は委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 これより討論に入ります。
 初めに、反対討論をどうぞ。
     (討論なし)


◯議長 次に、賛成討論をどうぞ。
 討論はございませんか。
     (討論なし)


◯議長 討論を終結し、直ちに採決に入ります。
 発議第5号に賛成の皆さんは御起立願います。
     (賛成者起立)


◯議長 ありがとうございます。
 起立全員です。よって、発議第5号は原案のとおり可決されました。
 以上をもちまして、今定例会の全日程を終了いたしました。
 これにて平成27年3月あま市議会定例会を閉会いたします。ありがとうございました。
     (午後2時21分)
───────────────────────────────────

 以上、会議の経過を記載してその相違ないことを証するためここに署名する。

 平成27年3月19日

     あま市議会議長 横 井 敏 夫

        署名議員 倉 橋   博

        署名議員 杉 藤 憲 二