議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 あま市

平成26年12月定例会(第1日) 本文




2014年11月28日:平成26年12月定例会(第1日) 本文

 議 事 の 経 過

◯議長 本日招集されました平成26年12月あま市議会定例会は定足数に達していますので、これより開会します。
     (午前10時00分)



◯議長 地方自治法第121条第1項の規定により、説明のため今定例会に出席した者の職、氏名は、お手元に配付いたしております名簿のとおりでございます。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。

  日程第1 会議録署名議員の指名


◯議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、23番、岩本一三議員、24番、松下昭憲議員を指名いたします。

  日程第2 会期の決定


◯議長 日程第2、会期の決定を議題とします。
 お諮りします。
 今定例会の会期は、11月21日開催の議会運営委員会で決定されました本日から12月18日までの21日間にしたいと思いますが、御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月18日までの21日間に決定いたしました。

  日程第3 招集挨拶


◯議長 日程第3、招集挨拶に入ります。
 市長の招集挨拶の発言を許可します。
 市長。


◯市長 議長からのお許しを得ましたので、開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。
 本日、平成26年12月あま市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方におかれましては、年末を控え何かとお忙しい中、全員の御出席を賜りまして、まことにありがとうございます。
 今定例会におきまして御審議をいただきます案件につきましては、お手元に御配付のように、専決処分の承認1件、条例の一部改正6件、平成26年度各会計補正予算6件、人権擁護委員候補者の推薦について1件、以上14件の案件について提案をさせていただきました。
 後ほど提案理由につきましては御説明申し上げます。よろしく御審議いただき、御議決を賜りますようお願い申し上げまして、開会の挨拶とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。


◯議長 以上で招集挨拶を終わります。

  日程第4 市長の報告(海部津島土地開発公社の経営状況を説明する書類につい
            て)


◯議長 日程第4、市長の報告(海部津島土地開発公社の経営状況を説明する書類について)を議題とします。
 市長より報告を求めます。
 市長。


◯市長 海部津島土地開発公社の経営状況を説明する書類について。
 地方自治法第243条の3第2項の規定により、海部津島土地開発公社の平成26年度決算に関する書類を別紙のとおり提出します。
 以上、よろしくお願いいたします。


◯議長 以上で市長の報告を終わります。

  日程第5 承認第1号


◯議長 日程第5、承認第1号、専決処分の承認を求めることについて(平成26年度あま市一般会計補正予算(第3号))を議題とします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長。


◯市長 提案理由。
 承認第1号、専決処分の承認を求めることについて(平成26年度あま市一般会計補正予算(第3号))の提案理由を申し述べます。
 地方自治法第179条第3項の規定により報告し、承認を求めるものであります。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。


◯議長 当局より議案の朗読を求めます。
 総務課長。


◯総務課長 承認第1号、専決処分の承認を求めることについて(平成26年度あま市一般会計補正予算(第3号))。
 地方自治法第179条第1項の規定により別紙のとおり専決処分したので、これを報告し、承認を求める。
 平成26年11月28日提出。あま市長、村上浩司。
 次のページをお願いいたします。
 専決処分書。
 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、平成26年度あま市一般会計補正予算(第3号)を別紙のとおり専決処分する。
 平成26年11月21日。あま市長、村上浩司。


◯議長 皆さんにお諮りします。
 これにて議案の朗読は省略し、当局より概要説明を求めたいと思いますが、御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認め、当局より概要説明を求めます。
 総務部長。


◯総務部長 承認第1号、専決処分の承認を求めることについて(平成26年度あま市一般会計補正予算(第3号))の概要説明をさせていただきます。
 専決処分は、地方自治法の規定により別紙のとおり専決処分を実施したものでございます。
 11月21日に専決いたしました平成26年度あま市一般会計補正予算(第3号)は、11月21日に衆議院が解散され、12月2日公示、12月14日投開票の衆議院議員選挙が執行されることによる補正予算でございます。
 10ページ、11ページをごらんください。
 歳出でございますが、2款、4項、7目衆議院議員総選挙費で総額3,229万円を計上させていただき、事業別内訳は、投票管理者等報酬133万4,000円、職員人件費1,174万円、事務管理費1,921万6,000円でございます。
 次に、財源として、戻りますが、8、9ページをお願いいたします。
 歳入につきましては、14款、3項、1目総務費委託金、3節選挙費委託金、衆議院議員総選挙委託金2,300万円を、17款、2項、1目、1節財政調整基金繰入金929万円を計上しております。
 以上で説明とさせていただきます。よろしくお願いします。


◯議長 以上で概要説明を終わります。

  日程第6~日程第8 議案第46号~議案第48号


◯議長 会議規則第35条の規定により、日程第6、議案第46号、あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についてから日程第8、議案第48号、あま市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてまでの議案3件を一括議題とします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長。


◯市長 提案理由。
 議案第46号、あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についての提案理由を申し述べます。
 あま市職員の給与改定に準じ、議員報酬の期末手当の支給月額の改定を行うための本条例の一部改正であります。
 議案第47号、あま市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例についての提案理由を申し述べます。
 あま市職員の給与改定に準じ、特別職の職員で常勤のものの期末手当の支給月額の改定を行うための本条例の一部改正であります。
 議案第48号、あま市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についての提案理由を申し述べます。
 平成26年8月7日の人事院勧告に基づき、職員の給与改定を行うための本条例の一部改正であります。
 以上、よろしくお願いいたします。


◯議長 市長。


◯市長 議案第46号の「支給月額」を、「月数」の誤りでございますので、よろしくお願いいたします。
 そして、議案第47号の「支給月額」と申しましたけれども、そちらのほうも「月数」と訂正をさせていただきます。
 以上です。済みません、よろしくお願いいたします。


◯議長 ここで皆さんにお諮りします。
 これより議案の朗読に入りますが、議案第46号から議案第48号までの各議案の朗読は表題のみの朗読としたいと思いますが、御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認め、そのように進行させていただきます。
 当局より議案の朗読を求めます。
 総務課長。


◯総務課長 議案第46号、あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり提出する。
 平成26年11月28日提出。あま市長、村上浩司。
 続いて、議案第47号をお願いいたします。
 議案第47号、あま市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり提出する。
 平成26年11月28日提出。あま市長、村上浩司。
 続いて、議案第48号をお願いいたします。
 議案第48号、あま市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり提出する。
 平成26年11月28日提出。あま市長、村上浩司。
 以上です。


◯議長 これより、議案第46号、あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についてから議案第48号、あま市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてまでの議案3件を一括して当局より概要説明を求めます。
 企画財政部長。


◯企画財政部長 議案第46号、あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。
 配付させていただいておりますあま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正新旧対照表により御説明申し上げますので、ごらんください。
 改正の趣旨は、あま市職員の給与改定に準じ、議員報酬の期末手当の支給月数の改定を行うための本条例の一部改正であります。
 改正の内容は、議員報酬の期末手当について、12月の支給月数を1.475月から1.675月に引き上げるものであります。
 施行期日でありますが、公布の日から施行し、平成26年12月1日から適用するものであります。
 次に、議案第47号、あま市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。
 配付させていただいておりますあま市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正新旧対照表により御説明申し上げますので、ごらんください。
 改正の趣旨は、あま市職員の給与改定に準じ、特別職の職員で常勤のものの期末手当の支給月数の改定を行うための本条例の一部改正であります。
 改正の内容は、特別職の職員で常勤のものの期末手当について、12月の支給月数を1.475月から1.675月に引き上げるものであります。
 施行期日でありますが、公布の日から施行し、平成26年12月1日から適用するものであります。
 続きまして、議案第48号、あま市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。
 配付させていただいておりますあま市職員の給与に関する条例の一部改正新旧対照表と概要により御説明申し上げますので、ごらんください。
 今回の改正の趣旨でありますが、概要の1にお示しをしておりますとおり、人事院勧告に基づく国家公務員の給与制度の改正に伴い、地方公務員の給与決定原則である均衡の原則にのっとり、関係規定を改正するものであります。
 改正の内容でありますが、最初に、第15条第2項関係でありますが、自動車などの交通用具使用者に係る通勤手当について、民間の支給状況などを踏まえ、使用距離の区分に応じ、100円から7,100円までの幅で引き上げを行うものであります。
 次に、第21条第2項関係でありますが、期末・勤勉手当について、昨年8月から本年7月までの直近1年間の民間におけるボーナスの支給割合と公務の年間の支給月数を比較し、民間の支給割合に見合うよう0.15月分の引き上げを行うもので、12月期の勤勉手当の支給月数を0.675月から0.825月とするものであります。
 1枚はねていただきまして、附則第19項関係でありますが、55歳を超える職員のうち、給料月額の減額支給の規定の適用を受けるものの勤勉手当減額対象額及び同基礎額の算出割合を変更するものであります。
 最後に、別表第1及び別表第2関係でありますが、給料表について、民間給与との較差を埋めるため、世代間の給与配分の観点から若年層に重点を置き、給料表の水準を引き上げるものであります。
 施行期日でありますが、公布の日から施行し、平成26年4月1日から適用するものであります。ただし、勤勉手当支給月数の改正については、平成26年12月1日から適用するものであります。
 以上、議案第46号から議案第48号の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


◯議長 以上で概要説明を終わります。

  日程第9~日程第10 議案第49号~議案第50号


◯議長 会議規則第35条の規定により、日程第9、議案第49号、あま市放課後児童健全育成事業施設条例の一部を改正する条例についてから日程第10、議案第50号、あま市放課後児童健全育成事業の実施に関する条例の一部を改正する条例についてまでの議案2件を一括議題とします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長。


◯市長 提案理由。
 議案第49号、あま市放課後児童健全育成事業施設条例の一部を改正する条例についての提案理由を申し述べます。
 あま市放課後児童クラブの新設及び増設並びにあま市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定に伴う本条例の一部改正であります。
 議案第50号、あま市放課後児童健全育成事業の実施に関する条例の一部を改正する条例についての提案理由を申し述べます。
 あま市放課後児童クラブの新設及び増設並びにあま市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定及び児童福祉法の改正に伴う本条例の一部改正であります。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。


◯議長 ここで皆さんにお諮りします。
 これより議案の朗読に入りますが、議案第49号から議案第50号までの各議案の朗読は表題のみの朗読としたいと思いますが、御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認め、そのように進行させていただきます。
 当局より議案の朗読を求めます。
 総務課長。


◯総務課長 議案第49号、あま市放課後児童健全育成事業施設条例の一部を改正する条例を別紙のとおり提出する。
 平成26年11月28日提出。あま市長、村上浩司。
 続いて、議案第50号をお願いいたします。
 議案第50号、あま市放課後児童健全育成事業の実施に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり提出する。
 平成26年11月28日提出。あま市長、村上浩司。
 以上です。


◯議長 これより、議案第49号、あま市放課後児童健全育成事業施設条例の一部を改正する条例についてから議案第50号、あま市放課後児童健全育成事業の実施に関する条例の一部を改正する条例についてまでの議案2件を一括して当局より概要説明を求めます。
 福祉部長。


◯福祉部長 では、議案第49号、あま市放課後児童健全育成事業施設条例の一部を改正する条例につきまして、配付しております概要をもとに御説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。
 1の改正の趣旨でありますが、あま市放課後児童クラブの新設及び増設並びにあま市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定に伴い、関係規定を改正するものでございます。
 2の改正の内容として、第2条(設置)につきましては、七宝児童クラブは七宝小学校内にありますが、その隣の余裕教室に児童クラブ室を増設することに伴い、既存の七宝児童クラブの名称を七宝第1児童クラブに改めるものであります。
 次に、伊福児童クラブにつきましては、現在、伊福小学校内において2教室で実施しております部屋を、それぞれ伊福第1児童クラブ及び伊福第2児童クラブに改めるものでございます。
 次に、第3条(職員)につきましては、放課後児童指導員の規定について、あま市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の第10条に職員の設置基準が定められたことに伴い、削るものであります。
 その他につきましては、条の繰り上げでございますが、先ほど御説明しました第3条を削ることに伴い、第4条から第6条まで1条ずつ条を繰り上げるものであります。
 次に、3の施行期日につきましては、平成27年4月1日からとしております。
 ただし、第3条の規定を削り、条を繰り上げる改正については、子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行日としております。
 続きまして、議案第50号、あま市放課後児童健全育成事業の実施に関する条例の一部を改正する条例について、配付しております概要をもとに御説明申し上げます。
 1ページをお願いします。
 1の改正の趣旨でありますが、あま市放課後児童クラブの新設及び増設並びにあま市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定に伴い、また、児童福祉法の改正に合わせ、関係規定を改正するものであります。
 次に、2の改正の内容として、第1条(趣旨)につきましては、児童福祉法の規定に合わせ、条が繰り下げられたことに伴い、第6条の2第2項を第6条の3第2項に改めるものであります。
 第2条(事業の対象となる児童)につきましては、児童福祉法に準じて現行の小学3年生までを小学6年生までに拡充することに伴い規定を改めるとともに、保護者の就労や疾病だけでなく、介護を行っている場合も事業の対象とする規定を加えるものであります。
 第6条(放課後児童指導員)につきましては、あま市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の第10条に職員の設置基準が定められたことに伴い、削るものであります。
 次に、別表第1、第3条関係につきましては、放課後児童クラブの新設及び増設に伴い別表を改めるものであります。
 まず、七宝地区でございますが、七宝児童クラブにつきましては、七宝小学校内にありますが、その隣の余裕教室に児童クラブ室を増設することに伴い、既存の七宝児童クラブの名称を七宝第1児童クラブに改め、新たに七宝第2児童クラブを追加するものであります。
 次に、伊福児童クラブにつきましては、現在、伊福小学校内において2教室で実施しております部屋を、それぞれ伊福第1児童クラブ及び伊福第2児童クラブに改めるものでございます。
 秋竹小学校につきましては、今まで未設置でありましたが、秋竹小学校内の余裕教室を改修し、児童クラブ室を新設することに伴い、秋竹児童クラブを追加するものであります。
 はねていただきまして、2ページをお開き願いたいと思います。
 美和地区及び甚目寺地区でございますが、こちらにつきましては、既存の児童クラブ室を分割し、それぞれ第1児童クラブ及び第2児童クラブと改めるものであります。
 なお、児童クラブの増改修を行うことにより、児童クラブ数につきましては、平成27年4月1日より21児童クラブとなり、8クラブの増設となります。
 次に、その他につきましては、条の繰り上げでございますが、先ほど御説明しました第6条を削ることに伴い、第7条から第13条までを1条ずつ条を繰り上げるものであります。
 3の施行期日につきましては、平成27年4月1日からとしております。
 ただし、第6条の規定を削り、条を繰り上げる改正については、子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行の日としております。
 以上で議案第49号と議案第50号の概要説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


◯議長 以上で概要説明を終わります。

  日程第11 議案第51号


◯議長 日程第11、議案第51号、あま市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長。


◯市長 提案理由。
 議案第51号、あま市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についての提案理由を申し述べます。
 児童扶養手当法の一部改正に伴う本条例の一部改正であります。
 以上でございます。よろしくお願いします。


◯議長 当局より議案の朗読を求めます。
 総務課長。


◯総務課長 議案第51号、あま市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例を別紙のとおり提出する。
 平成26年11月28日提出。あま市長、村上浩司。
 1枚おめくりをいただきたいと思います。
 あま市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例。
 あま市消防団員等公務災害補償条例(平成22年あま市条例第156号)の一部を次のように改正する。
 附則第5条第7項第1号中「第4条第2項第2号、第5号若しくは第10号若しくは第3項第2号」を「第13条の2第1項第1号から第3号まで若しくは第2項第1号」に改め、同項第2号中「第4条第2項第3号、第8号、第9号又は第13号」を「第13条の2第1項第4号又は第2項第2号」に改める。
 附則。
 この条例は、公布の日から施行する。
 以上です。


◯議長 当局より概要説明を求めます。
 総務部長。


◯総務部長 それでは、議案第51号、あま市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について、新旧対照表に基づき御説明申し上げますので、ごらんいただきますようお願い申し上げます。
 児童扶養手当法の改正により、本条例附則第5条第7項第1号及び同項第2号中の下線部分の児童扶養手当法の引用条項を改正するものです。
 施行の期日につきましては、附則で、この条例は、公布の日から施行するものでございます。
 以上、簡単ですが、概要説明とさせていただきます。よろしくお願いします。


◯議長 以上で概要説明を終わります。

  日程第12~日程第17 議案第52号~議案第57号


◯議長 会議規則第35条の規定により、日程第12、議案第52号、平成26年度あま市一般会計補正予算(第4号)から日程第17、議案第57号、平成26年度あま市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)までの議案6件を一括議題とします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長。


◯市長 議案第52号、平成26年度あま市一般会計補正予算(第4号)についての提案理由を申し述べます。
 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ377万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ268万6,681万6,000円とする補正であります。
 議案第53号、平成26年度あま市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についての提案理由を申し述べます。
 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ760万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ101億1,762万円とする補正であります。
 議案第54号、平成26年度あま市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)についての提案理由を申し述べます。
 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ70万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5,342万4,000円とする補正であります。
 議案第55号、平成26年度あま市介護保険特別会計補正予算(第2号)についての提案理由を申し述べます。
 保険事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,338万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ47億3,985万5,000円とする補正であります。
 議案第56号、平成26年度あま市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についての提案理由を申し述べます。
 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ662万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ19億7,868万3,000円とする補正であります。
 議案第57号、平成26年度あま市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についての提案理由を申し述べます。
 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,140万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ15億5,846万6,000円とする補正であります。
 以上でございます。よろしくお願いします。


◯議長 少し訂正ですか。よろしいですか。
     (「訂正します」と呼ぶ者あり)


◯議長 市長。


◯市長 大変申しわけございませんでした。平成26年度あま市一般会計……。


◯議長 市長、議案号数を言ってください。


◯市長 議案第52号の件でございます。平成26年度あま市一般会計補正予算(第4号)についての提案理由でございますが、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ268億6,681万6,000円と訂正させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。


◯議長 ここで皆さんにお諮りします。
 これより議案の朗読に入りますが、議案第52号から議案第57号までの議案の朗読は、各会計補正予算の表題のみの朗読としたいと思いますが、御異議ありませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認め、そのように進行させていただきます。
 当局より議案の朗読を求めます。
 総務課長。


◯総務課長 議案第52号、平成26年度あま市一般会計補正予算(第4号)。
 1枚おめくりをいただきたいと思います。
 平成26年度あま市一般会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ377万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ268億6,681万6,000円とする。
 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成26年11月28日提出。あま市長、村上浩司。
 続いて、議案第53号をお願いいたします。
 議案第53号、平成26年度あま市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)。
 1枚おめくりをいただきたいと思います。
 平成26年度あま市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ760万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ101億1,762万円とする。
 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成26年11月28日提出。あま市長、村上浩司。
 続いて、議案第54号をお願いいたします。
 議案第54号、平成26年度あま市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)。
 1枚おめくりをいただきたいと思います。
 平成26年度あま市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ70万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5,342万4,000円とする。
 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成26年11月28日提出。あま市長、村上浩司。
 続いて、議案第55号をお願いいたします。
 議案第55号、平成26年度あま市介護保険特別会計補正予算(第2号)。
 1枚おめくりをいただきたいと思います。
 平成26年度あま市介護保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、保険事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,338万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ47億3,985万5,000円とする。
 2、保険事業勘定の歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成26年11月28日提出。あま市長、村上浩司。
 続いて、議案第56号をお願いいたします。
 議案第56号、平成26年度あま市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)。
 1枚おめくりをいただきたいと思います。
 平成26年度あま市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ662万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ19億7,868万3,000円とする。
 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成26年11月28日提出。あま市長、村上浩司。
 続いて、議案第57号をお願いいたします。
 議案第57号、平成26年度あま市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)。
 1枚おめくりをいただきたいと思います。
 平成26年度あま市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,140万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ15億5,846万6,000円とする。
 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成26年11月28日提出。あま市長、村上浩司。
 以上です。


◯議長 これより、議案第52号、平成26年度あま市一般会計補正予算(第4号)から議案第57号、平成26年度あま市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)までの議案6件を一括して当局より概要説明を求めます。
 企画財政部長。


◯企画財政部長 議案第52号、平成26年度あま市一般会計補正予算(第4号)について御説明申し上げます。
 説明につきましては、最初に、歳入の部について、所管部長がそれぞれ関係部分を御説明申し上げ、その後、歳出の部についても、所管部長がそれぞれ関係部分を御説明することとし、その順序につきましては組織建制順としますので、議員の皆様には、ページが飛びましてお手を煩わせますが、お許しをいただきたいと存じます。
 歳入。
 それでは、企画財政部所管の歳入について御説明申し上げます。
 補正予算8、9ページをお願いいたします。
 13款、2項、5目総務費国庫補助金では、社会保障・税番号制度システム整備費補助金について、交付金額の確定により42万8,000円を増額しております。
 次に、10、11ページをお願いいたします。
 15款、2項、4目出資法人清算金収入では、海部津島土地開発公社の解散に伴う清算金収入として1,960万4,000円を新規計上しております。
 17款、1項、4目介護保険特別会計繰入金では、海部東部消防組合における介護認定事務についての負担金精算により1,160万1,000円を増額しております。
 17款、2項、1目財政調整基金繰入金では、本補正による歳入歳出差引額の財源調整として3,095万6,000円を減額しております。
 以上、企画財政部所管の歳入について説明させていただきました。


◯議長 福祉部長。


◯福祉部長 福祉部所管の歳入について御説明申し上げます。
 8、9ページをお願いいたします。
 11款、1項、1目民生費負担金、1節現年度児童福祉費負担金702万4,000円につきましては、保育所の途中入所園児数、特に乳児等の増加に伴い、保育運営費負担金を増額計上しております。
 次に、13款、1項、1目民生費国庫負担金、1節社会福祉費負担金につきましては、自立支援医療(更生医療)給付費負担金で152万8,000円と自立支援給付費負担金3,003万2,000円を増額計上しました。これは、扶助費の実績と今後の見込みにより増額補正をするものであります。
 また、4節保育所運営費負担金735万3,000円につきましても、先ほどの11款負担金と同様、保育所の途中入所園児数の増加に伴い、私立保育園運営費負担金を増額計上しました。
 次に、13款、2項、1目民生費国庫補助金、2節児童福祉費補助金782万円につきましては、子育て世帯臨時特例給付金給付事業費の増額に伴い、子育て世帯臨時特例給付金給付事業費補助金を増額計上しました。
 また、3節保育緊急確保事業費補助金としまして、保育士等処遇改善臨時特例事業費補助金634万6,000円を交付見込みにより新たに計上いたしました。
 続きまして、14款、1項、1目民生費県負担金、1節社会福祉費負担金では、自立支援医療(更生医療)給付費負担金76万4,000円と自立支援給付費負担金1,501万6,000円を国庫支出金と同様、増額計上しました。
 また、4節保育所運営費負担金367万6,000円につきましては、国庫支出金と同様、私立保育園運営費負担金を増額計上しました。
 次に、14款、2項、3目民生費県補助金、9節保育緊急確保事業費補助金105万7,000円につきましても、国庫支出金と同様、補助金を新たに計上いたしました。
 はねていただきまして、続きまして、10、11ページをお願いいたします。
 次に、19款、5項、1目雑入、2節民生費収入につきましては、平成25年度海部東部消防組合負担金の精算に伴う返還金といたしまして170万4,000円を、平成25年度海部東部障害者総合支援協議会負担金の精算に伴う返還金といたしまして17万2,000円を計上いたしました。
 以上で福祉部所管の歳入の説明とさせていただきます。


◯議長 建設産業部長。


◯建設産業部長 続きまして、建設産業部の所管する歳入について御説明申し上げます。
 8ページ、9ページをお願いいたします。
 中段になりますが、13款、2項、3目土木費国庫補助金、1節社会資本整備総合交付金、道路事業といたしまして、県と同調して進めております坂牧東交差点改良事業の用地・物件補償の交渉が難航しており、年度内の執行が困難になったため、交付金の一部、8,858万円を減額補正しております。
 次に、下段になりますが、14款、2項、5目農林水産業費県補助金では、農業委員会補助金、農地台帳システム整備費として164万1,000円を新規計上しております。
 以上で一般会計補正予算(第4号)の歳入の説明とさせていただきます。


◯議長 企画財政部長。


◯企画財政部長 続きまして、企画財政部所管の歳出であります。
 12、13ページをお開きください。
 最初に、人件費関係についてであります。
 1款、1項、1目議会費、3節職員手当等では、職員人件費の勤勉手当40万円の増額、2款、1項、1目一般管理費、特別職人件費では、2節給料、特別職給料について120万円の減額、3節職員手当等の期末手当45万円の増額、4節共済費80万円の減額をしております。
 同じく、職員人件費では、2節給料、一般職給料について1,000万円の減額、3節職員手当等では、管理職手当170万円の減額、住居手当110万円の増額、期末手当250万円の減額、勤勉手当330万円の増額、退職手当組合負担金130万円の減額、4節共済費では180万円の減額をしております。
 人件費につきましては、この議会費や総務費を含め、以降、30、31ページの10款、5項、3目給食センター総務費までにおいて、人事院勧告に基づく勤勉手当の引き上げのほか、育児休業など職員の異動などによる不用額について減額をするものであり、議員人件費を除きます一般会計全体で合計4,154万6,000円の減額をしております。
 再び12、13ページをお願いいたします。
 2款、1項、7目電子計算費では、社会保障・税番号制度対応事業費において、システム改修費の確定見込みにより電算委託料55万3,000円を減額し、地方公共団体が情報提供ネットワークシステムに接続し、情報連携を行うための中間サーバーの整備費の負担金98万1,000円を新規計上しております。
 ページが飛びますが、32、33ページをお願いいたします。
 13款、1項、1目国民健康保険特別会計繰出金、28節繰出金では760万円の増額、同じく、2目簡易水道事業特別会計繰出金では70万円の増額、同じく、4目介護保険特別会計繰出金では178万円の増額、同じく、5目公共下水道事業特別会計繰出金では662万円の減額、同じく、6目後期高齢者医療特別会計繰出金では1,140万円の減額をしております。
 これらにつきましては、各特別会計における職員人件費の補正による過不足分を一般会計からの繰出金で財源調整するものであります。
 以上、企画財政部所管の歳出補正について御説明とさせていただきます。


◯議長 総務部長。


◯総務部長 続きまして、総務部所管の歳出について御説明申し上げますので、14、15ページをお願いいたします。
 3、歳出、2款、2項、1目税務総務費、23節償還金、利子及び割引料で、過誤納金還付金等費として259万円を増額補正させていただくものです。
 これは例年に比べて、所得税の過年度の還付申告の増加に伴う市県民税の減額更正による還付金が多く発生したことや、株式譲渡割・配当割の源泉徴収分の還付申告が多かったこと、償却資産の過年度修正申告があったことなどにより当初の見込み額より予算額が不足することになったため、今後の不足見込み分として、還付金245万円、還付加算金14万円を増額計上させていただくものでございます。
 次に、同じページの下段になりますが、2款、4項、5目市長選挙費684万3,000円の減額補正をさせていただくものです。
 これは、平成26年4月13日に執行いたしましたあま市長選挙の執行経費の確定により、投票管理者等報酬6万2,000円、職員人件費71万4,000円、事務管理費606万7,000円、合わせて684万3,000円の減額をさせていただくものでございます。
 以上で総務部所管の説明とさせていただきます。よろしくお願いします。


◯議長 市民生活部長。


◯市民生活部長 それでは、市民生活部所管の歳出につきまして御説明申し上げます。
 18、19ページをお開きください。
 3款、1項、4目福祉医療費、4節共済費4万4,000円、7節賃金31万2,000円の増額につきましては、産前産後休暇及び育児休業取得中の一般職員にかわりまして、臨時職員を雇用させていただいたことによります増額補正でございます。
 以上で市民生活部所管の歳出の説明とさせていただきます。


◯議長 福祉部長。


◯福祉部長 福祉部所管の歳出について御説明申し上げます。
 16、17ページをお願いいたします。
 3款、1項、1目社会福祉総務費、1枚はねていただきまして、18、19ページをお願いいたします。
 説明欄の事務管理費、過誤納償還金としまして、平成25年度自立支援医療(更生医療)給付費の国庫負担金及び県費負担金の精算に伴う返還金及び平成25年度自立支援医療(更生医療)給付費の国庫負担金及び県費負担金の精算に伴う返還金並びに平成25年度特別障害者手当等支給費の国庫負担金の精算に伴う返還金を、合わせまして256万6,000円を増額計上しました。
 次に、自立支援更生医療事業費の扶助費につきましては、受給者の増加に伴い、305万7,000円の増額補正をお願いするものであります。
 また、自立支援介護給付費等事業費の扶助費につきましては、障害福祉サービスの利用者の増加に伴い、6,006万6,000円の増額計上をしております。
 また、心身障害者扶助料支給費の扶助費につきましては、手帳交付者の増加に伴い、81万6,000円の増額計上をしております。
 次に、新規事業となります生活困窮者自立支援事業費につきましては、来年度より生活困窮者自立支援法に伴う相談窓口を開設するための関係費用としまして337万3,000円を新規計上しております。内訳としまして、需用費で11万8,000円、工事請負費としまして248万円、備品購入費としまして77万5,000円をお願いしております。
 次に、3款、2項、1目児童福祉総務費、1枚はねていただきまして、20、21ページをお願いいたします。
 事務管理費として172万5,000円を増額計上しております。これにつきましては、平成25年度児童入所施設措置費等国県負担金の精算に伴う過誤納償還金、また、自立支援教育訓練費給付費及び高等技能訓練促進費等事業の国庫補助金の精算に伴う過誤納償還金などでございます。
 次に、運営費委託料につきましては、児童扶養手当法の一部改正により、電算システムの改修費として電算委託料117万8,000円を増額計上しております。
 また、子育て世帯臨時特例給付金給付事業費につきましては、これまでの支給実績により支給対象見込み数が、国が示した非課税者における不支給割合に基づき算出した当初の支給対象者を上回る見込みになったため、不足見込み分782万円を増額計上しております。
 また、2目児童措置費につきましては、私立保育園運営事業費として、保育所の途中入所園児数、特に乳児等の増加により、事務事業委託料2,630万9,000円を増額計上しました。また、保育士等処遇改善臨時特例事業費補助金として801万2,000円を新たに計上しておりますが、これにつきましては、保育士の処遇改善に取り組む私立保育園に補助金を交付するものであります。
 6目児童クラブ費につきましては、運営費として、児童クラブの定員の見直し及び既設の児童クラブ室の分割に伴い、児童クラブ事業に必要な備品を購入するため、192万9,000円を増額計上しております。
 また、施設整備費として、既存の児童クラブ室にアコーディオンカーテン等を取りつけ、2クラブに分割する改修工事を行うため、89万7,000円を増額計上しております。
 次に、3款、2項、1目生活保護総務費、1枚はねていただきまして、22、23ページをお願いいたします。
 事務管理費、過誤納償還金としまして、平成25年度生活保護扶助費の国庫負担金及び県費負担金の精算に伴う返還金及び平成25年度セーフティネット支援対策等事業費の国庫補助金の精算に伴う返還金を、合わせまして5,120万1,000円の増額計上をしております。
 以上で福祉部所管の歳出の説明とさせていただきます。


◯議長 建設産業部長。


◯建設産業部長 続きまして、建設産業部の所管する歳出について御説明申し上げます。
 24ページ、25ページをお開きください。
 6款、1項、1目農業委員会費、事務管理費では、平成26年4月に施行された改正農地法に伴い、農地台帳システムの一部改修が必要となったため、農地台帳システムを整備する経費といたしまして164万2,000円を増額計上しております。
 続きまして、26ページ、27ページをお願いいたします。
 8款、2項、2目道路維持費では、社会資本総合整備交付金、坂牧東交差点改良費の一部を活用し、市道篠田安松線の舗装修繕の経費といたしまして、道路ストック修繕費3,000万を新規計上しております。
 次に、3目道路新設改良費、坂牧東交差点改良費では、県と同調して進めております坂牧東交差点改良事業の用地買収、物件補償の交渉が難航しており、年度内に執行が困難になったため、1億8,568万3,000円を減額補正させていただいております。
 次に、4目橋りょう維持費、施設管理費では、橋梁長寿命化修繕事業は、平成28年度までに修繕計画の策定と修繕を実施しなければならないため、来年度に予定していた修繕計画策定を今年度に前倒しで実施するための経費として933万5,000円を計上しております。
 なお、修繕計画策定業務につきましては、年度内の業務完了が困難と見込まれるため、繰越明許費を3月補正で計上させていただく予定をしております。
 同じく、橋梁長寿命化改良費では、平成24年度に点検及び修繕計画策定を行った橋梁の修繕を平成28年度までに行う必要があり、早急に詳細設計委託業務を発注するため、工事請負費から2,487万6,000円を委託料に振りかえるものでございます。この詳細設計委託業務につきましても、年度内の業務完了が困難と見込まれるため、繰越明許費を3月補正で計上する予定であります。
 以上で建設産業部所管の歳出の説明とさせていただきます。


◯議長 教育部長。


◯教育部長 教育部所管の歳出について御説明申し上げます。
 28、29ページをお開きください。
 中段の10款、2項、2目教育振興費、11節需用費でございますが、平成26年度の教科書採択がえによりまして、平成27年4月から全ての学年、学科におきまして、教師用の教科書及び指導書が必要となるため、購入費として2,343万6,000円を新規計上いたしました。
 以上で教育部所管の歳出の説明とさせていただきます。


◯議長 議会事務局長。


◯議会事務局長 続きまして、議会事務局の所管の補正につきまして説明を申し上げます。
 ページを少し戻っていただきまして、12ページ、13ページをお開き願います。12ページ、13ページでございます。
 1款、1項、1目議会費の1節報酬の議員報酬62万4,000円の減額及び4節共済費の議員共済費164万7,000円の減額につきましては、本年3月定例会におきまして、あま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例が可決され、議員報酬額の減額が本年4月1日から施行となり、議員報酬及び議員共済費の確定に伴う減額補正でございます。
 また、3節職員手当等のうち、議員期末手当239万3,000円の増額につきましては、今定例会に上程されておりますあま市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例に伴う増額補正でございます。
 以上で平成26年度あま市一般会計補正予算(第4号)の概要説明を終わります。よろしくお願いします。


◯議長 福祉部長。


◯福祉部長 先ほどの福祉部の歳出の説明の中で、20ページ、21ページの款項目のところで、「3款、2項」と言いましたが、済みませんが、「3款、3項」ということで。
 失礼いたしました。よろしくお願いします。


◯議長 市民生活部長。


◯市民生活部長 それでは、引き続きまして、議案第53号、平成26年度あま市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について御説明を申し上げます。
 補正予算書の8ページ、9ページをお開きください。
 初めに、歳入につきましては、10款、1項、1目一般会計繰入金、3節職員給与費等繰入金で、補正額760万円の増額でございますが、これは人件費の増額に伴う補正でございます。
 続きまして、1枚はねていただきまして、10、11ページをごらんください。
 歳出でございますが、1款、1項、1目一般管理費、2節給料300万円、3節職員手当等390万円、4節共済費70万円の増額は、人事院勧告に基づく勤勉手当の引き上げに伴います増額補正でございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。


◯議長 上下水道事業調整監。


◯上下水道事業調整監 議案第54号、平成26年度あま市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。
 補正予算書8、9ページをお願いいたします。
 歳入でございますが、2款、1項、1目一般会計繰入金につきましては、70万円の増額補正をお願いするものでございます。
 1枚はねていただきまして、10、11ページをお願いいたします。
 歳出では、1款、2項、1目管理費については、職員人件費70万円の増額補正をお願いするものでございます。
 以上で説明とさせていただきます。


◯議長 福祉部長。


◯福祉部長 議案第55号、平成26年度あま市介護保険特別会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。
 保険事業勘定の補正でございますので、よろしくお願いします。
 予算書10ページ、11ページをお願いいたします。
 歳入から説明をさせていただきます。8款、1項、4目その他一般会計繰入金としまして、職員給与費等繰入金178万円を計上しております。
 10款、3項、4目雑入としまして、海部東部消防組合負担金精算に伴う返還金1,160万1,000円を計上しております。
 12ページ、13ページをお願いいたします。
 歳出であります。1款、1項、1目一般管理費としまして178万円を増額計上しております。この金額につきましては、給料等の年度執行見込みに基づき増額しておるものでございます。
 また、4款、2項、1目介護予防ケアマネジメント事業費としまして、職員人件費の53万3,000円の減額及び介護予防ケアマネジメント事業費の53万3,000円の増額計上をしております。この金額につきましては、育児休業取得中の一般職員のかわりに賃金職員を雇用するものでございます。
 また、6款、3項、1目一般会計繰出金としまして1,160万1,000円を増額計上しております。この金額につきましては、平成25年度介護認定審査事務に係る海部東部消防組合介護保険特別会計決算の結果、余剰金が生じましたので、雑入に受け入れをし、一般会計へ繰り出すものでございます。
 以上で説明とさせていただきます。


◯議長 上下水道事業調整監。


◯上下水道事業調整監 議案第56号、平成26年度あま市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。
 補正予算書8、9ページをお願いいたします。
 歳入でございますが、4款、1項、1目一般会計繰入金につきましては、補正額662万円の減額は、職員人件費の減額に伴う補正をお願いするものでございます。
 1枚はねていただきまして、10、11ページをお願いいたします。
 歳出では、1款、1項、1目一般管理費については、職員人件費の年度執行見込みに基づき、人件費全体で662万円の減額補正をお願いするものでございます。
 以上で説明とさせていただきます。


◯議長 市民生活部長。


◯市民生活部長 それでは、議案第57号、平成26年度あま市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について御説明を申し上げます。
 補正予算書の8ページ、9ページをごらんください。
 初めに、歳入につきまして、3款、1項、1目一般会計繰入金、1節一般会計繰入金で、補正額1,140万円の減額につきましては、人件費の減額に伴う補正でございます。
 続きまして、10、11ページをお開きください。
 歳出でございますが、1款、1項、1目一般管理費、2節給料800万円、3節職員手当等130万円、4節共済費210万円の減額は、人事院勧告に基づく勤勉手当の引き上げのほか、産前産後休暇、育児休業などによる職員の休業取得によりまして、年度執行見込みに基づき減額の補正を行うものでございます。
 以上で説明を終わらさせていただきます。


◯議長 以上で概要説明を終わります。

  日程第18 諮問第5号


◯議長 日程第18、諮問第5号、人権擁護委員候補者の推薦について(服部光雄氏)を議題とします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長。


◯市長 提案理由。
 諮問第5号、人権擁護委員候補者の推薦についての提案理由を申し述べます。
 平成27年3月31日付で任期満了となります服部光雄氏を引き続き人権擁護委員の候補者として推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものであります。
 以上、よろしくお願いいたします。


◯議長 当局より諮問案の朗読を求めます。
 総務課長。


◯総務課長 諮問第5号、人権擁護委員候補者の推薦について。
 下記の者を人権擁護委員の候補者として推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求める。
 平成26年11月28日提出。あま市長、村上浩司。
 記。
 住所、愛知県あま市篠田八反田15番地、氏名、服部光雄、昭和21年9月19日生まれ。
 以上です。


◯議長 当局より概要説明を求めます。
 企画財政部長。


◯企画財政部長 諮問第5号、人権擁護委員候補者の推薦について御説明申し上げます。
 人権擁護委員候補者の推薦につきましては、人権擁護委員法第6条の第3項において、市町村長は、法務大臣に対し、当該市町村の議会の議員の選挙権を有する住民で、人権擁護について理解のある者を候補者として議会の意見を聞き、推薦するとされておるところであります。
 本諮問でお願いする方は、平成27年3月31日に任期満了となります服部光雄氏でございます。
 服部氏につきましては、人権擁護委員として最適任者であり、引き続き推薦をいたしたく、議会の御意見をいただき、法務大臣に推薦したいと考えております。
 なお、任期につきましては、同法第9条の規定により3年となっております。御審議のほどよろしくお願い申し上げます。


◯議長 以上で概要説明を終わります。

  日程第19~日程第29 請願第5号~請願第15号


◯議長 会議規則第35条の規定により、日程第19、請願第5号、介護・福祉・医療など社会保障の施策拡充についての請願書(消費税率の10%引き上げ中止を求める意見書の提出を求める請願書)から日程第29、請願第15号、子ども医療費中学校卒業まで完全無料化を求める請願書までの請願11件を一括議題とし、皆様のお手元に配付の請願文書表のとおり、会議規則第140条の規定により所管の常任委員会へ付託します。
 以上で本日の日程は終了しました。
 本日は、これにて……。


◯4番議員(加藤正) よろしいですか。
 今、請願書を各常任委員会のほうへ付託ということがあったんですけれども、請願者を見ますと、総務のほうは紹介議員の方がおられないんですけれども、もし私たちが聞きたい場合はどうしたらよろしいんですかね。


◯議長 少しお待ちください。
 会議規則の141条で、委員会は、審査のために必要があると認めるときは、紹介議員の説明を求めることができるとありますので、必要なときには紹介議員の説明を招致してください。なお、総務文教委員長のほうからそのときはよろしくお願いいたします。
 本日は、これにて散会いたします。
 なお、12月4日木曜日、午前10時より本会議を再開し、日程第1で一般質問に入り、一般質問終了後、質疑通告に基づき、市長の報告、専決処分の承認案、各議案、諮問案に対する質疑を行った後、各議案につきましては各常任委員会に付託し、専決処分の承認案、諮問案につきましては先例集30の規定により委員会付託を省略し、討論、採決を行いますので、よろしくお願いいたします。
 本日は大変御苦労さまでした。
     (午前11時24分)
───────────────────────────────────

 以上、会議の経過を記載してその相違ないことを証するためここに署名する。

 平成26年11月28日

     あま市議会議長 横 井 敏 夫

        署名議員 岩 本 一 三

        署名議員 松 下 昭 憲