議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 あま市

平成22年9月定例会(第1日) 本文




2010年09月07日:平成22年9月定例会(第1日) 本文

 議 事 の 経 過

◯議長 本日招集されました平成22年9月あま市議会定例会は定足数に達しておりますので、これより開会いたします。
 なお、3番、清田議員より、病気療養のため、今定例会の欠席届が出ておりますので、御報告いたします。
     (午前10時00分)



◯議長 地方自治法第121条の規定により、説明のため今定例会に出席した者の職、氏名は、お手元に配付いたしております名簿のとおりでございます。
 なお、本日の会議には、平成21年度決算審査意見書、平成21年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書の報告のため、横橋俊一監査委員さんに御出席をいただいておりますので、よろしくお願いいたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

  日程第1 会議録署名議員の指名


◯議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、10番、寺本かね子議員、11番、前田豊光議員を指名いたします。

  日程第2 会期の決定


◯議長 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。
 今定例会の会期は、8月31日開催の議会運営委員会で決定されました本日から9月29日までの23日間にしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認めます。よって、会期は本日から9月29日までの23日間に決定いたしました。

  日程第3 招集あいさつ


◯議長 日程第3、招集あいさつに入ります。
 ここで、市長より招集あいさつの申し出がありますので、これを許可いたします。
 市長、どうぞ。


◯市長 それでは、議長さんのお許しをいただきましたので、登壇させていただきながらあいさつを申し上げたいと思います。
 本日は、平成22年9月のあま市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方におかれましては、何かと御多用の中、御出席賜りまして、まことにありがとうございます。
 本定例会は、お手元に配付させていただきましたが、平成21年度七宝、美和、甚目寺町及びあま市の各会計、歳入歳出決算の認定40件、条例議案2件、平成22年度各会計補正予算8件及び二級河川の指定の変更1件、たくさんの案件を提案させていただいております。慎重に御審議賜りまして、御承認、そして、御議決くださるようお願いを申し上げて、開会のごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。


◯議長 以上で招集あいさつを終わります。

  日程第4 市長の報告(平成20年度・平成21年度継続事業に係る継続費精算報
            告書について)
            (平成21年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比
            率について)


◯議長 日程第4、市長の報告に入ります。
 市長、どうぞ。


◯市長 それでは、平成20年度・平成21年度のあま市継続事業に係る継続費精算報告書について、議題となっておりますので、報告をさせていただきます。
 この報告は、平成20年度・21年度継続事業が終了いたしましたので、継続費精算報告書を自治法施行令第145条第2項の規定に基づき報告するものでございます。
 表紙をはねていただきまして、事業名につきましては、甚目寺中学校大規模改修及び増築事業であります。報告書には、全体計画といたしまして、年割計画や実績について詳細に記載をしております。
 執行実績額でありますが、表の最終行の計の欄、そして、実績の列でありますが、事業執行といたしまして4億8,835万5,000円を支出しており、その財源内訳といたしまして、国県支出金9,810万3,000円、地方債2億3,130万円及び一般財源といたしまして1億5,895万2,000円となっております。
 以上、御報告をさせていただきます。よろしくお願いを申し上げます。
 続きまして、平成21年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率についてでございます。こちらのほうも私から御説明をさせていただきます。
 この報告は、平成21年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率を、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により報告するものでございます。
 表紙をはねていただきまして、健全化判断比率についてでございますが、最初に、実質赤字比率につきましては、計算値がマイナスであったため、バー表示となっております。あま市における早期健全化基準は12.77%となっております。
 二つ目の指標でございますが、連結実質赤字比率についてでございます。こちらのほうも計算値がマイナスであったため、バー表示となっております。あま市における早期健全化基準は17.77%となっております。
 三つ目の指標でございます。実質公債費比率でありますが、6.9%となっております。あま市における早期健全化基準といたしましては25%となっております。
 四つ目の指標でございます。将来負担比率でございます。23.2%となっております。あま市における早期健全化基準は350%となっております。
 続きまして、資金不足比率についてでございます。
 水道事業会計、病院事業会計、簡易水道事業特別会計及び公共下水道事業特別会計の該当でございますが、各会計、すべて計算値がマイナスであったため、バー表示となっております。
 以上で報告とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。


◯議長 以上で市長の報告を終わります。

  日程第5~日程第44 認定第1号~認定第40号


◯議長 会議規則第35条の規定により、日程第5、認定第1号、平成21年度七宝町一般会計歳入歳出決算の認定についてから日程第44、認定第40号、平成21年度あま市病院事業会計決算の認定についてまでの認定案40件を一括議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長、どうぞ。


◯市長 それでは、認定第1号から認定第40号までの提案理由を一括して申し述べます。
 認定第1号、平成21年度七宝町一般会計歳入歳出決算の認定について、認定第2号、平成21年度七宝町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第3号、平成21年度七宝町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第4号、平成21年度七宝町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第5号、平成21年度七宝町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第6号、平成21年度七宝町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第7号、平成21年度七宝町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第8号、平成21年度美和町一般会計歳入歳出決算の認定について、認定第9号、平成21年度美和町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第10号、平成21年度美和町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第11号、平成21年度美和町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第12号、平成21年度美和町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第13号、平成21年度美和町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第14号、平成21年度美和町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第15号、平成21年度甚目寺町一般会計歳入歳出決算の認定について、認定第16号、平成21年度甚目寺町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第17号、平成21年度甚目寺町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第18号、平成21年度甚目寺町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第19号、平成21年度甚目寺町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第20号、平成21年度甚目寺町営住宅管理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第21号、平成21年度甚目寺町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第22号、平成21年度甚目寺町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第23号、平成21年度甚目寺町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第24号、平成21年度甚目寺町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第25号、平成21年度あま市一般会計歳入歳出決算の認定について、認定第26号、平成21年度あま市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第27号、平成21年度あま市土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第28号、平成21年度あま市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第29号、平成21年度あま市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第30号、平成21年度あま市営住宅管理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第31号、平成21年度あま市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第32号、平成21年度あま市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第33号、平成21年度あま市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第34号、平成21年度あま市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第35号、平成21年度七宝町水道事業会計決算の認定について、認定第36号、平成21年度美和町水道事業会計決算の認定について、認定第37号、平成21年度あま市七宝水道事業会計決算の認定について、認定第38号、平成21年度あま市美和水道事業会計決算の認定について、認定第39号、平成21年度公立尾陽病院組合病院事業決算の認定について、認定第40号、平成21年度あま市病院事業会計決算の認定について、以上認定40件につきまして、地方自治法第233条第3項、同法施行令第5条第3項及び地方公営企業法第30条第4項の規定により、または規定を準用して、監査委員の審査意見をつけて、議会の認定に付しますので、慎重に御審議を賜り、承認くださるようお願いいたします。
 なお、決算の概要は、お手元に配付の平成21年度一般会計・特別会計歳入歳出決算主要施策成果及び基金の運用状況のとおりでありますので、よろしくお願い申し上げます。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。


◯議長 御苦労さまでした。
 ここで皆さんにお諮りいたします。
 あま市先例集においては、議案の朗読は実施することとし、議長が必要と認めるときは、会議に諮って議案の朗読を省略することができることとなっております。
 また、8月31日開催の議会運営委員会において、議事の都合上、認定案40件の朗読は省略することに決定いたしましたので、議会運営委員会の決定のとおり、認定案40件の朗読は省略したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
     (異議なし)


◯議長 異議なしと認めます。ありがとうございます。よって、認定案の朗読は省略することに決定いたしました。
 それでは、これより横橋俊一監査委員より、平成21年度決算審査意見書、平成21年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書の報告を求めます。
 横橋俊一監査委員、どうぞ。


◯横橋俊一監査委員 ただいま議長より指名のありました代表監査委員の横橋俊一でございます。
 先般、地方自治法第233条第2項、地方公営企業法第30条第2項、地方自治法第241条第5項、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定に基づき、市長より審査に付されました平成21年度七宝町・美和町・甚目寺町・あま市一般会計及び特別会計歳入歳出決算、平成21年度七宝町・美和町・あま市公営企業会計及び公立尾陽病院組合病院事業決算、基金運用状況、平成21年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率の審査結果について、監査委員を代表し、意見を述べさせていただきます。
 平成21年度決算審査意見書に沿って意見を申し上げます。
 5枚目の1ページをお開きください。
 平成21年度七宝町・美和町・甚目寺町・あま市一般会計及び特別会計歳入歳出決算並びに基金運用状況審査意見。
 第1、審査の対象。平成21年度七宝町・美和町・甚目寺町・あま市一般会計歳入歳出決算、平成21年度七宝町・美和町・甚目寺町・あま市国民健康保険特別会計歳入歳出決算、平成21年度七宝町・美和町・甚目寺町・あま市土地取得特別会計歳入歳出決算、平成21年度甚目寺町・あま市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算、平成21年度甚目寺町・あま市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算、平成21年度甚目寺町・あま市営住宅管理事業特別会計歳入歳出決算、平成21年度七宝町・美和町・甚目寺町・あま市老人保健特別会計歳入歳出決算、平成21年度七宝町・美和町・甚目寺町・あま市介護保険特別会計歳入歳出決算、平成21年度七宝町・美和町・甚目寺町・あま市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算、平成21年度七宝町・美和町・甚目寺町・あま市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、平成21年度七宝町・美和町・甚目寺町・あま市基金運用状況。
 第2、審査の期間。平成22年7月26日から平成22年7月30日。
 第3、審査の方法。審査にあたっては、市長から審査に付された平成21年度七宝町・美和町・甚目寺町・あま市一般会計及び特別会計歳入歳出決算書、附属資料並びに基金運用状況調書が関係法令等に準拠し正確に調製されているかを確認するとともに、予算に定める目的に従って、事務事業が最も効果的、効率的及び合法的に執行され、その本来の目的である住民の福祉の増進に着眼し、関係諸帳簿、証拠書類及び各主管課等から提出された資料を照合し、併せて関係職員からの説明を求め審査を実施した。
 第4、審査の結果。各会計の歳入歳出決算書及び附属書類は、いずれも関係法令等に準拠して調製されており、その計数は正確で、事務事業においても関係法令等並びに議会の議決の趣旨に沿い、適正な予算執行及び財政運営と認めた。また、基金の運用状況調書についても、計数は正確であり、基金の設置目的に従って適正に運用・管理されているものと認めた。
 4ページをお開きください。
 第6、審査の意見。七宝町、美和町及び甚目寺町(以下「旧3町」という。)からあま市への移行は、適正な処理がされていることを確認した。旧3町の特別会計の一部では打切り決算により赤字を計上しているが、合併後のあま市にて繰替流用金等の返済を終えたうえで、さらに黒字へ転換しているため問題はないと認めた。一昨年秋以降のアメリカの金融問題に端を発した世界的な経済危機により、あま市においても市税の減収など非常に厳しい歳入状況の中、歳出では生活保護費を含めた扶助費は増加傾向にある。今後は収納率等の向上による財源確保に努め、合併によるスケールメリットを十分に活かせるよう行財政改革を推進し、健全な財政運営を図られたい。
 以上をもちまして、平成21年度七宝町・美和町・甚目寺町・あま市一般会計及び特別会計歳入歳出決算書並びに基金の運用状況の審査の意見といたします。
 続きまして、5ページをお開きください。
 平成21年度七宝町・美和町・あま市公営企業会計及び公立尾陽病院組合病院事業決算審査意見。
 第1、審査の対象。平成21年度七宝町水道事業会計決算、平成21年度美和町水道事業会計決算、平成21年度あま市七宝水道事業会計決算、平成21年度あま市美和水道事業会計決算、平成21年度公立尾陽病院組合病院事業決算、平成21年度あま市病院事業会計決算。
 第2、審査の期日。平成22年7月30日。
 第3、審査の方法。審査にあたっては、市長から付された決算諸表及び附属書類が地方公営企業法に基づいて作成され、かつ、事業の経営成績及び財政状況を適正に表示しているかどうかを検証するため、会計諸帳票及び証拠書類と照合し、併せて関係職員からの説明を求めて審査を実施した。
 また、その事業運営が経済性及び公共性を発揮するとともに公共の福祉を増進するよう行われているかについて、特に意を用いて行った。
 第4、審査の結果。審査に付された決算諸表及び附属書類は、地方公営企業法及び関係法令等に定められた会計諸規定に準拠して調製されており、その計数は正確であり、かつ、経営成績及び財政状況を適正に表示しているものと認めた。
 8ページをお開きください。
 第6、審査の意見。1、水道事業。七宝町水道事業からあま市七宝水道事業、美和町水道事業からあま市美和水道事業への移行は、適正な処理がされていることを確認した。経営収支においては、美和町水道事業は当年度純利益を、七宝町水道事業、あま市七宝水道事業及びあま市美和水道事業は当年度純損失を計上している。収納率は低下傾向であるため、収益の増加及び経費の削減に努め、合理的かつ安全な水道水の供給を図られたい。
 2、病院事業。尾陽病院から市民病院への移行は、適正な処理がされていることを確認した。経営収支においては、尾陽病院は当年度純損失を、市民病院は当年度純利益を計上している。今後も医師の確保及び収益の増加並びに経費の削減に努め、経営状況の改善を図られたい。
 以上をもちまして、平成21年度七宝町・美和町・あま市公営企業会計及び公立尾陽病院組合病院事業の決算審査の意見といたします。
 続きまして、平成21年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率の審査意見書に沿って意見を申し上げます。
 3枚目の1ページをお開きください。
 平成21年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率審査意見。
 第1、審査の対象。1、平成21年度決算に基づく健全化判断比率。(1)実質赤字比率、(2)連結実質赤字比率、(3)実質公債費比率、(4)将来負担比率。2、平成21年度決算に基づく資金不足比率。(1)水道事業会計資金不足比率、(2)病院事業会計資金不足比率、(3)簡易水道事業特別会計資金不足比率、(4)公共下水道事業特別会計資金不足比率。
 第2、審査の期間。平成22年8月11日から平成22年8月20日。
 第3、審査の方法。審査にあたっては、市長から提出された健全化判断比率及び資金不足比率並びにその算定の基礎となる事項を記載した書類が、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づいて適正に作成されているかどうかを主眼として、関係諸帳簿及び証拠書類等との照合確認を行うとともに、主務課からの説明を聴取したうえで審査を実施した。
 第4、審査の結果。審査に付された健全化判断比率及び資金不足比率並びにその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも関係法令に準拠し、適正に作成されているものと認めた。
 4ページをお開きください。
 健全化判断比率審査意見につきましては、2、是正改善を要する事項。本市の一般会計等における健全化判断比率の指標である実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び将来負担比率のいずれの項目においても、早期健全化基準に触れることなく良好な状態にあると認め、特に指摘すべき事項はない。
 6ページをお開きください。
 資金不足比率審査意見につきましては、2、是正改善を要する事項。本市の公営企業における資金不足額はなく、資金不足比率は該当ない。したがって、早期健全化基準に触れることなく良好な状態にあると認め、特に指摘すべき事項はない。
 以上をもちまして、平成21年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率の審査の意見といたします。
 以上、御報告申し上げます。


◯議長 どうもありがとうございました。
 以上で監査委員の報告を終わります。
 ここで、所用のため、横橋俊一監査委員さんが退席されますので、よろしくお願いいたします。
     (横橋俊一監査委員、退席)


◯議長 これより認定第1号、平成21年度七宝町一般会計歳入歳出決算の認定についてから認定第40号、平成21年度あま市病院事業会計決算の認定についてまでの認定案40件を一括して当局より概要説明を求めます。
 企画財政部長、どうぞ。


◯企画財政部長 議題となっております認定第1号から認定第40号までをお手元に配付しております平成21年度一般会計・特別会計歳入歳出決算主要施策成果及び基金の運用状況報告書をもとに御説明申し上げます。
 説明に入ります前に、さきの全員協議会において御指摘がありましたことについて、お手元に別冊として補足資料を配付させていただきましたので、よろしくお願いをいたします。
 また、説明者及び説明内容でありますが、一般会計の決算規模や歳入については私から一括して朗読説明し、歳出につきましては、組織建制順により所管部局長がそれぞれ関係部分を、七宝町、美和町、甚目寺町の順に朗読説明をさせていただきます。あま市分をまた私から申し上げます。その後、会計順に所管部長が説明をさせていただきます。
 それでは、私から説明に入りますが、歳出の説明において、各旧町においての経常的な事務事業については、同科目で同様な事業執行のため、同じような記述内容となっている部分も多くあります。よって、こうした部分について、一部朗読説明を省略させていただきたいと考えております。議長、よろしいでしょうか。


◯議長 それでは、皆さんにお諮りいたします。
 ただいま企画財政部長より、各旧町の経常的な事務事業については、同科目で同様な事業執行のため、同じ記述内容になっている部分が多くあるということで、そうした部分については、朗読説明を省略させていただきたいとの申し出がありました。そのように進めさせていただくことについて御異議ございませんか。
     (異議なし)


◯議長 ありがとうございます。
 異議なしと認めます。それでは、そのように進めさせていただきます。
 それでは、当局より続けて説明を求めます。


◯企画財政部長 ありがとうございました。
 それでは、お手元の資料、報告書に基づいて説明をさせていただきます。
 2ページをお願いいたします。
 最初に上段でございます。決算の概要についてであります。一般会計では、21年度途中で3町が消滅し、1市が誕生したことにより、21年度決算は3町の打ち切り決算とあま市の10日間決算という4本立ての変則的な決算となっております。
 具体的には、3町打ち切り決算による黒字額、17億6,037万7,000円、内訳として、七宝町が3,758万6,000円、美和町が8億6,089万8,000円、甚目寺町が8億6,189万3,000円をあま市へ引き継いだ上で、21年度歳入歳出差し引き額は15億8,872万9,000円となりました。そして、翌年度へ繰り越しすべき財源5,607万8,000円を差し引いた実質収支額、22年度への純繰り越しでありますが、15億3,265万1,000円となりました。
 続いて、一般会計歳入について説明させていただきます。同じく2ページでございます。なお、歳入の口述に用いる決算額は、21年度中に収入した合計額としておりますので、よろしくお願いをいたします。
 最初に、1、町税についてであります。町、市税は103億525万4,000円で、対前年比3億6,356万8,000円減少しました。これは、主に住民税の減収によるもので、平成20年のサブプライムローン問題が起因しています。特にトヨタショックはさまざまな業界に影響を及ぼしました。これらにより法人住民税は、本市の主要法人を初めとする多くの法人が大幅な減収となったことや、同様に、個人住民税も企業業績の悪化から人件費を抑制するなど、個人所得が減少し、結果として税収も減収となりました。
 また、固定資産税は、平成21年度が3年に一度の評価がえということもあり、既存の家屋の評価額が経年減点補正に伴って減少したこと、さらには、年々増加傾向にあるたばこ離れに伴うたばこ税の減収も影響しております。
 3ページをお願いいたします。
 2、地方譲与税についてでありますが、決算額は2億6,788万9,000円で、対前年比1,907万5,000円減少しました。
 3の利子割交付金についてであります。決算額は5,068万2,000円で、対前年比850万7,000円減少しました。
 4、配当割交付金についてであります。決算額は2,124万7,000円で、対前年比656万8,000円減少しました。
 5の株式等譲渡所得割交付金についてであります。決算額は1,038万8,000円で、対前年比104万8,000円増加しました。
 6の地方消費税交付金についてであります。決算額は7億3,569万4,000円で、対前年比4,573万8,000円増加しました。
 右のページ、4ページでございます。
 7の自動車取得税交付金についてであります。決算額は1億5,099万6,000円で、対前年比1億390万1,000円減少しました。これは、自動車の販売台数の不振とエコカー減税に伴う減収が影響しております。
 8、地方特例交付金についてであります。決算額は1億8,810万2,000円で、対前年比1,994万8,000円増加しました。これは、新規としまして、エコカー減税に伴う減収分が地方特例交付金で補てんされたことが影響しております。
 9、地方交付税についてであります。決算額は25億3,710万5,000円で、対前年度比4億9,871万4,000円増加しました。これは、主に法人町民税の収入減により基準財政収入額が減少したことや、地域雇用創出推進費の創設により、基準財政需要額が増加したことにより普通交付税が増加したことが影響しております。また、合併による準備経費が算入されたことなどにより特別交付税が増加したことが影響しております。
 10、交通安全対策特別交付金についてであります。決算額は1,671万7,000円で、対前年比46万8,000円増加しました。
 ページをおめくりいただいて、5ページをお願いいたします。
 11、分担金及び負担金についてであります。決算額は9億6,216万3,000円で、対前年比4億9,752万1,000円増加しました。これは、合併に伴う電算統合経費を美和町で一括発注するため、七宝町、甚目寺町がおのおの、3分の1になりますけれども、2億8,632万円の経費を美和町へ負担したことが影響しております。
 12、使用料及び手数料についてであります。決算額は2億4,789万6,000円で、対前年度比2,209万2,000円増加しました。これは、甚目寺町において、ごみ袋の価格等の変更や、粗大ごみ収集の有料化による受益者負担の見直しが影響しております。
 13、国庫支出金についてであります。決算額は33億1,027万2,000円で、対前年比18億3,660万5,000円増加しました。これは、定額給付金事業費補助金、給付金分で13億1,095万6,000円、子育て応援特別手当交付事業費補助金、手当分として5,011万2,000円、地域活性化・経済対策臨時交付金が3億4,199万1,000円、地域活性化・公共投資臨時交付金が5,128万5,000円など、一過性の規模の大きな事業に対する補助金が交付されたことが影響しております。
 また、安全・安心な学校づくり交付金、秋竹小学校、七宝町でありますけれども、1億1,339万3,000円、まちづくり交付金、美和町、1億7,000万円、甚目寺東小学校増築工事負担金、甚目寺町でございます、7,927万7,000円など、国庫財源を有効に活用したことも影響しております。
 14、県支出金でございます。決算額は14億287万円で、対前年度比1億6,485万円増加しました。これは、市町村合併特例交付金1億5,000万円の交付が影響しております。
 また、緊急雇用創出事業基金事業費補助金、美和町、甚目寺町において1,533万3,000円、人にやさしい街づくり推進事業補助金、甚目寺町において424万5,000円などを有効に活用したことも影響しております。
 6ページでございます。
 財産収入についてでございます。決算額は、4,905万6,000円で、対前年度比1億5,978万5,000円減少しました。
 寄附金についてであります。決算額は31万4,000円で、対前年度比150万9,000円の減少でございます。
 繰入金についてであります。決算額は31億4,423万円で、対前年度比17億1,354万4,000円増加しました。これは、合併準備経費の財源として財政調整基金繰入金で一般財源を確保したことが影響しております。
 18、繰越金についてであります。決算額は11億4,201万4,000円で、対前年度比1億8,220万2,000円減少しました。
 7ページをお願いいたします。
 諸収入についてであります。決算額は26億2,895万6,000円で、対前年度比17億7,968万8,000円増加しました。これは、年度途中の合併の特異なケースとして、3町の決算剰余金13億2,307万1,000円をあま市歳入に組み入れたことと、打ち切り決算により赤字となった特別会計は、歳入不足に対して一般会計の歳計現金を繰りかえ運用することにより現金を確保し、その後、あま市になってから現金を一般会計へ繰り戻す処理をしたことが影響しております。また、七宝・美和・甚目寺町合併協議会解散に伴う精算金1,868万4,000円がありました。
 20の町債でございます。町、市債は16億9,980万円で、対前年度比2億5,055万3,000円増加しました。これは、3町合計で臨時財政対策債を20年度より1億5,665万3,000円多い9億6,800万円の借り入れをしたことが影響しております。
 以上、歳入の説明とさせていただきまして、続きまして、企画財政部所管の歳出について説明に移らせていただきます。
 最初に各町の説明を申し上げますが、あま市決算について、各町の当初予算に基づき執行した事務事業の未払い等の支払いをしていることから、あま市で会計処理されました事業については、各町の主な歳出概要説明に含んでの説明とさせていただきます。よろしくお願いをいたします。
 8ページでございます。よろしくお願いします。
 初めに、七宝町でございます。七宝分であります。七宝町の歳出決算額は60億112万円となりました。
 2款総務費中、中ほどですけど、文書広報費につきましては、広報しっぽうを発行するとともに、町のお金の使い方を町民の皆様に説明するための予算ガイドブックを作成し、全戸に配布しました。
 続く財政管理費につきましては、財務会計システムにおいて、町の予算を正しく執行管理するとともに、公会計整備を実施しました。
 下のほうになりますけれども、財政調整基金につきましては、財政調整基金、減債基金、大規模事業推進基金、地域福祉振興基金の利子を積み立ていたしております。
 9ページをお願いいたします。
 上段、電子計算費については、高度情報化社会に合った利便性の高いサービスを提供するため、県と県内市町村の共同組織であるあいち電子自治体推進協議会に参加し、電子調達システムの利用などに要する経費を負担しました。また、各種情報システムの有効活用及びコンピュータ機器等の適正な管理運営を行い、事務処理の効率化を図るとともに、個人情報等の重要なデータの盗難、情報漏えい等に対するセキュリティ対策を実施し、情報の確保、管理の強化に努めました。
 次に、七宝・美和・甚目寺町合併準備費についてであります。合併を円滑に行うため、電算システム構築などに要する費用を支出するとともに、町内各施設において銘板の書きかえ等を行うなど、合併に必要な経費の支出を行いました。
 下のほうになります。統計調査費についてでございます。この統計調査費につきましては、各町とも工業統計調査、農林業センサスを初め、各種指定統計調査を実施しました。
 一番下でございます。企画費についてであります。町の情報を伝達する手段である町のホームページを更新、追加を行う費用を支出し、また、定額給付金の円滑な支給に努めました。さらに、合併協議会への負担金を支出しました。コミュニティ事業では、地区住民が協力し合い、自立した地域活動の実践を推進するための補助、助成を行いました。
 ページが飛びます。申しわけございません。15ページをお願いいたします。
 七宝町の11、公債費でございます。公債費につきましては、各町とも地方債元金の償還及び利子の支払いを行っておるところでございます。
 次に、隣のページ、16ページになりますけれども、美和町分ということでよろしくお願いをいたします。歳出決算額は62億8,538万9,000円となりました。
 2款総務費中、中ほど、文書広報費につきましては、広報みわ発行事業費として広報みわを発行し、行政情報や行事などを広く町民に伝達したところでございます。
 その次の財政管理費につきましては、公会計整備事業、公有財産台帳の整備を実施しました。
 企画費、下のほうでございますけれども、情報通信整備管理運営費として、公共施設予約システム及び町ホームページサーバにより、公共施設予約や町図書館の図書検索、予約ができるよう利用者への利便性の向上を図りました。また、電算事業運営費として、各種情報システムの有効活用及びコンピュータ機器等の適正な管理等、事務処理の効率化、個人情報に対するセキュリティ対策に努めました。
 また、企画負担事業費では、七宝・美和・甚目寺町合併協議会の運営費を負担し、閉庁式事業費では、合併に伴い美和町を閉じる閉町式典を実施しました。
 次のページ、17ページをお願いいたします。
 コミュニティ推進費につきましては、コミュニティ負担金事業費としまして、商工会へ補助金を交付し、納涼夏まつりを開催し、町民の触れ合いと地域振興を図りました。
 情報ふれあいセンター費及び篠田防災コミュニティセンター費につきましては、両センターの維持管理を適正に行いました。
 続く定額給付金給付事業費につきましては、定額給付金の円滑な支給に努めたものでございます。
 同じく、続きまして、七宝・美和・甚目寺町合併準備費につきましては、電算業務の統合、銘板改修、各種行政サービスの統合等、合併期日までに必要な事業を行い、合併後の住民サービスが円滑にできるよう準備を進めたものでございます。
 ページが飛びます。申しわけございません。23ページをお願いいたします。
 12款諸支出金でございます。これにつきましては、水道事業への補助金を交付しております。
 右のページ、24ページになります。お願いをいたします。
 甚目寺町分でございます。
 歳出決算額は94億6,559万2,000円となりました。
 2款総務費中、文書広報費の部分でございますけれども、ここもやはり広報じもくじの発行、それから、わかりやすい町の予算説明書を作成し、町民の皆様へ情報をタイムリーに提供したところでございます。
 財政管理費につきましては、公会計整備を実施しました。
 それから、下のほう、企画費でございます。甚目寺町においては、平和を推進するまちに基づき、広島市へ生徒の代表を派遣するとともに、平和の署名等の啓発活動を実施しました。また、町国際交流協会への補助金を交付し、各種国際交流事業を推進したところでございます。さらに、七宝・美和・甚目寺町合併協議会の運営費を負担し、甚目寺町を閉じる閉町式典を実施しております。
 ページをはねていただきまして、25ページをお願いいたします。
 上段、地域振興費でございます。地域づくり実行委員会へ補助金を交付し、町民夏まつりを開催し、町民の触れ合いと地域振興を図っております。
 続く電子計算費につきましては、同じく県内市町村の共同組織である電子自治体推進協議会に参加し、電子調達利用システムなどに要する経費を負担しました。また、各種情報システムの有効活用、コンピュータ機器等の適正管理を行い、事務処理の効率化を図るとともに、個人情報等に対するセキュリティ対策に努めたところでございます。
 その下、定額給付金事務事業につきましては、これまで御説明した各町と同様の適正な支給に努めたところでございます。
 それから、七宝・美和・甚目寺町合併準備費についても、電算業務の統合、銘板修繕等々、合併期日までに必要な事業を行い、合併後の住民サービスが円滑に実施できるよう準備を進めたところでございます。
 隣のページ、26ページになります。
 3款でございますけれども、所管が今私になっておりますので、お願いをいたします。
 3款民生費中、人権同和推進費については真ん中ぐらいです。人権同和問題の講演会を実施し、同和問題を初めとする人権問題の正しい認識と理解を深めるとともに、リーフレット等を作成し、啓発に努めたところでございます。
 その下、人権ふれあいセンター運営管理費につきましては、隣保館デイサービス事業や各種教室を開催し、人権啓発と住民の交流に努めたところでございます。
 その下、老人福祉センター運営管理費についてであります。各種事業、教室及び介護予防相談等を実施し、お年寄りが健康で明るく生きがいのある生活を送れるように努めました。また、ボイラー等改修事業を行い、施設の整備に努めたところでございます。
 最後に、31ページでございます。
 13、諸支出金でございます。これについては、特別会計への繰り出しを行っておるところでございます。
 以上、簡単でありますけれども、歳入、それから、企画所管の歳出の説明とさせていただきます。


◯議長 総務部長。


◯総務部長 続きまして、総務部の所管する一般会計の歳出決算の概要について御説明申し上げます。
 戻っていただきまして、8ページをお願いしたいと思います。
 総務部の主要な施策の成果については、次のとおりでございます。
 まず、七宝町分でございますが、2款総務費、一般管理費につきましては、法制管理のため例規システムのデータ更新を委託し、また、老朽化した公用車1台を買いかえ、さらに行政委託協力助成費を交付し、大字区長の皆さんに町行政と町民のかけ橋として活動していただきました。
 少し飛んでいただきまして、財産管理費につきましては、平成23年7月に完全移行される地上デジタル放送への対応工事を行うなど、庁舎等の維持管理に努め、また、各町とも公共アスベスト調査を実施、さらに、愛知県が施行する主要地方道名古屋津島線道路改築工事の用地として売り払いするために、土地取得特別会計で取得していた下田旧作業所96平米を一般会計に買い戻しいたしました。
 下のほうでございますが、自治振興費につきましては、大字の掲示板設置費に対し補助を行う一方、合併に伴い不要となった大字の町掲示板の撤去を行いました。
 次に、交通安全対策費につきましては、交通指導員を配置し、児童生徒の安全確保に努めるとともに、交通安全意識の高揚を図るため、交通安全協会七宝分会とともに啓発活動に努めました。
 1枚おめくりいただきまして、9ページをお願いします。
 上から2段目でございますが、諸費につきましては、町防犯協会とともに啓発活動に努め、住民が安心して暮らせる明るく住みよいまちづくりを推進しました。
 徴税費につきましては、固定資産の評価を適切に処理するため、各種の作業を進めるとともに、固定資産税の適切な課税と事務の効率化に努め、また、住民税においては、国税や県税と連携を密にして適切かつ公平な課税を行うとともに、電算委託による事務処理の効率化に努め、さらに、滞納管理システムにより事務効率の向上を図り、税負担の公平性を確保するため、徴収嘱託員の雇用や各税関係職員による滞納整理を引き続き行うとともに、口座振替の普及や広報による税関係の情報提供により税収の確保に努めました。
 少し飛んでいただきまして、下のほうでございますが、選挙費につきましては、各町ともに第45回になります衆議院議員選挙を実施いたしております。
 13ページをお願いいたします。
 9款の消防費のほうでございます。非常備消防費につきましては、地域社会での消防の中核として複雑多様化する火災に対応するため、消防団幹部などの教養訓練等を実施し、非常備消防体制の充実を図りました。
 消防施設費につきましては、住民の生命や財産を火災から守るため、消火栓維持管理、新設消火栓の工事費を負担し、消防水利の整備に努め、また、消防力の強化及び緊急救助体制の充実を図るため、各町とも海部東部消防組合の経費を負担しております。
 水防費につきましては、水防管理団体相互間の応援並びに器具資材等の充実を図り、水防活動に万全を期するため、こちらも各町とも海部地区水防事務組合の経費を負担いたしました。
 災害対策費につきましては、地震その他災害に対処するため、指定避難所に必要な備蓄用非常食、アルファ米及び災害用簡易トイレを購入し、また、災害時の被害が最小限に抑えられるように、小中学校を初め、各種施設に緊急地震速報機器を設置いたしております。
 16ページをお願いいたします。
 美和町分でございます。2款総務費、一般管理費につきましては、区長関係事業費として区長業務委託交付金を交付いたしております。
 少し飛んでいただきまして、下のほうになります。
 自治振興費につきましては、大字集会所補助事業費として、下篠田集会所の修繕に係る補助金を交付いたしております。
 17ページをお願いいたします。
 上から2段目でございますが、諸費につきましては、安全なまちづくり推進事業費として、防犯灯電気料に対する補助金の交付や防犯灯の設置など、防犯対策の強化に努めました。
 中ほどでございますが、徴税費につきましては、業績が大幅に悪化した企業への法人町民税中間納付還付を実施し、また、町税を納期前納入した納税者に報奨金を交付することで、納税者の納税意欲の向上と町税収入の早期確保を図っております。
 少し飛んでいただきまして、20ページのほうをお願いいたします。
 8款の土木費、交通安全対策費のほうでございますが、こちらは安心安全課の所管になるということで、私のほうから説明をさせていただきます。交通安全対策の部分でございます。
 交通安全対策推進事業費として、交通安全対策の強化、取り組みを推進するため、啓発活動等の事業拡大を図り、交通安全教育の充実を推進し、交通道徳の向上を図っております。
 21ページをお願いしたいと思います。
 9款の消防費、非常備消防費につきましては、消防団活動事業費として、火災などの災害発生時に迅速かつ的確に対処し、被害が最小限に抑えられるよう各種訓練などを実施し、消防団員の士気高揚に努めております。
 次に、消防施設費につきましては、消防施設維持運営費として標識板設置工事、65ミリ消火栓の維持管理、大字消防施設の充実により消防力の強化を図り、災害時に迅速に対応できるよう体制を整えました。
 一つ飛んでいただいて、災害対策費につきましては、自主防災育成事業費として、各大字において自主防災訓練を実施し、自主防災組織の育成及び組織力の強化を図り、また、災害対策備蓄事業費として避難所の備蓄用非常食の更新を行い、地震その他の災害への整備に努めておるところでございます。
 24ページをお願いいたします。
 甚目寺町分でございます。2款総務費、一般管理費につきましては、法制管理のため例規集及び法規類の追録を行い、また、引き続き複雑化する行政課題に対応するために顧問弁護士による相談体制をとっております。
 次に、一番下の交通安全対策費につきましては、町交通安全推進協議会及びボランティア組織へ活動費を補助するとともに、交通指導員を配置するなど、交通死亡事故のない安全なまちづくりに努めました。
 25ページをお願いします。
 上から3段目の諸費のところでございますが、諸費につきましては、携帯電話を使って防犯、防災情報等の緊急情報を町民へ配信する安全安心メールシステムを運営いたしました。
 徴税費につきましては、滞納管理システムにより事務効率の向上を図り、税負担の公平性を確保するため、全職員による滞納整理を引き続き行い、税収の確保に努めました。
 29ページをお願いいたします。
 9款の消防費、非常備消防費につきましては、地域社会での消防防災の中核として、複雑多様化する火災に対応するため、消防団幹部などの教養訓練等を実施し、非常備消防体制の充実に努めました。
 消防施設費につきましては、住民の生命や財産を火災から守るため、防火水槽修繕事業などを実施し、消防水利の整備に努めておるところでございます。
 30ページをお願いします。
 災害対策費につきましては、一時避難所に必要な毛布、防水シート、備蓄用非常食、アルファ米及び災害用簡易トイレを購入し、地震その他災害の整備に努めました。
 防災センター費につきましては、地域住民の防災拠点となる新居屋及び甚目寺南の各防災センターの管理に対して、地元自治組織を指定管理者とし、施設の効率的な管理に努めました。
 以上をもちまして、総務の所管する一般会計の歳出決算の概要説明を終わらせていただきます。


◯議長 続きまして、市民生活部長。


◯市民生活部長 それでは、市民生活部が所管しますところの主な歳出について御説明申し上げます。
 初めに七宝町でございますが、報告書の9ページでございます。
 2款総務費、戸籍住民基本台帳費、戸籍・住民基本台帳システムを使用して正確な処理を行い、事務の効率化ときめ細やかな行政サービスを提供したところでございます。
 外国人登録費、年々増加する外国人登録に関する事務の正確な処理に努めました。
 10ページでございます。
 3款民生費、福祉医療費、子ども医療、障害者医療、母子家庭等医療等の公費負担を行いました。
 11ページでございます。
 国民年金事務取扱費、国民年金システムの使用料を支出しました。
 4款衛生費、保健衛生総務費、地域住民の健康を守るため、公立尾陽病院等へ経費を負担し、医療体制の充実に努めました。
 保健センター費、各種がん検診等を実施し、疾病の早期発見と生活習慣病の指導、相談を実施しました。また、感染予防のため、各種予防接種を行いました。
 塵芥処理費、ごみ収集を計画的に進めるとともに、海部地区環境事務組合への負担金の支払い、また、子供会等が回収する資源ごみに対して補助を行いました。
 し尿処理費、海部地区環境事務組合への負担金の支払いでございます。
 続きまして、17ページでございます。美和町分でございます。
 2款総務費、戸籍住民基本台帳費、戸籍・住民基本台帳システムを使用しまして正確な処理を行うとともに、休日を含めた住民票、印鑑証明、戸籍謄抄本の交付を実施し、住民サービスの向上に努めました。
 18ページでございます。
 3款民生費、国民年金事務費、年金システムにより効率的な事務処理を行い、窓口業務等の向上を図り、年金相談を実施するとともに、無年金者をなくすための年金制度のPRなどに努めました。
 福祉医療費、子ども医療費の公費負担を引き続き実施するとともに、障害者、母子家庭等医療等の公費負担を実施しました。
 国民健康保険事務費、特別会計操出金が主なもので、国民健康保険事業の事務を適正かつ円滑に執行しました。
 4款衛生費、保健衛生総務費、公立尾陽病院と海部地区休日診療所組合への経費を負担し、医療体制の充実に努めました。
 予防費、各種がん検診等を実施し、疾病の早期発見に努めるとともに、生活習慣病についての指導、相談を実施しました。また、感染症予防のために、各種予防接種を実施しました。
 母子衛生費、母子保健事業として、母親を支援する教室や育児相談等を実施しました。また、妊婦健康診査の公費負担を5回から14回に拡充しました。さらに不妊治療費の助成事業を実施しました。
 環境衛生費、犬の登録事務及び狂犬病予防注射事務を行い、狂犬病の蔓延防止と撲滅を図りました。
 塵芥処理費、海部地区環境事務組合へごみ処理に係る負担金を支出しました。また、一般家庭ごみの分別と計画的な収集を実施することにより、ごみの減量化及び不法投棄の防止を図りました。
 し尿処理費、海部地区環境事務組合へし尿処理に係る負担金を支出しました。
 25ページでございます。甚目寺町分でございます。
 2款総務費、戸籍住民基本台帳費、戸籍・住民基本台帳システムを使用しまして、正確な処理を行うとともに、休日を含めた住民票、印鑑証明、戸籍謄抄本の交付を実施し、住民サービスの向上に努めました。
 26ページでございます。
 3款民生費、国民年金事務費、年金システムにより効率的な事務処理を行い、窓口業務等の向上を図りました。また、年金相談を実施するとともに、無年金者をなくすため、年金制度のPRなどに努めました。
 福祉医療費、子ども医療費の公費負担を引き続き実施するとともに、障害者、母子家庭等医療等の公費負担を実施しました。
 総合福祉会館運営管理費、冷温水発生機等整備事業を行い、施設の整備に努めました。
 27ページでございます。
 4款衛生費、保健衛生総務費、名古屋市上下水道局へ市外給水関係負担金を支出するとともに、公立尾陽病院と海部地区休日診療所組合への経費を負担し、医療体制の充実に努めました。
 予防費、各種がん検診等を実施し、疾病の早期発見に努めるとともに、生活習慣病についての指導、相談を実施しました。また、感染症予防のため、各種予防接種を実施しました。
 清掃総務費、五条広域事務組合へ経費を負担し、クリーンパーク新川の運営及び各種事業の推進を図りました。
 塵芥処理費、ごみ袋の価格等の見直しを行い、新規のごみ袋に切りかえました。また、リサイクルステーションを設置、運営することで、ごみの分別、減量を推進しました。
 し尿処理費、浄化槽の清掃に対する補助を行い、環境保全に努めました。
 28ページでございます。
 母子保健指導費、母子保健事業として、母親を支援する教室や育児相談等を実施しました。また、妊婦健康診査の公費負担を5回から14回に拡充しました。さらに、不妊治療費の助成を実施しました。
 以上、市民生活部が所管します歳出についての説明を終わらせていただきます。


◯議長 続いて、福祉部長。


◯福祉部長 それでは、福祉部が所管します主なものにつきまして決算概要を説明させていただきます。
 初めに、旧七宝町でございます。10ページをお開きいただきたいと思います。
 3款民生費、社会福祉総務費につきましては、七宝町社会福祉協議会に対して4,857万円を助成し、必要な運営経費を助成いたしました。また、総合福祉センターの管理に対して、七宝町社会福祉協議会を指定管理者と指定し、4,830万円を支出し、施設の効率的な管理運営に努めました。
 次に、老人福祉費でございますが、主なものといたしまして、敬老会を開催し、多年にわたり社会に貢献された高齢者に敬老金を支給しました。また、七宝町シルバー人材センターに対し、運営費補助金として1,700万円を支出しました。また、高齢者生きがい活動センターの管理に対して、七宝町シルバー人材センターを指定管理者として、施設の効率的な管理に努めました。
 次に、障害者福祉費につきましては、決算額1億2,174万6,072円でございます。扶助費が主なものでございまして、障害者自立支援法に基づくものや心身障害者扶助料を支出しております。
 一つ飛びまして、児童福祉総務費につきましては、両親が共働き等により昼間家庭にいない児童を対象に、適切な遊び及び生活の場を与えることにより、児童の健全育成の向上を図るため、放課後児童対策事業を実施いたしました。
 また、新規に七宝小学校の余裕教室の改修工事を実施するとともに、七宝町児童クラブを新設いたしました。さらに、次世代育成支援地域行動計画を策定し、子育て応援特別手当の円滑な支給に努めました。
 次に、児童措置費でございますが、小学校終了前までの支給対象児童の養育者に児童手当を支給いたしました。
 母子福祉費につきましては、母子家庭等を支援するため、遺児の養育者に手当を支給しました。
 次に、保育園費につきましては、保育園児が健康で快適な園生活が送れるよう保育環境の整備に努めました。
 1枚めくっていただきまして、11ページをごらんください。
 児童館費につきましては、地域の児童健全育成の拠点としての事業を実施いたしました。
 次に、児童福祉施設費でございますが、児童遊園及びちびっ子広場の維持管理を行いました。
 次に、少し飛びますが、17ページ下をごらんください。旧美和町分でございます。
 3款民生費、社会福祉総務費でございますが、障害者自立支援事業費や在宅心身障害者扶助料支給事業費等、扶助費が主なもので、決算額は2億2,674万8,138円でございます。
 次に、18ページをごらんください。
 老人福祉費でございますが、敬老事業として、敬老会の開催、敬老祝金の支給等をしております。
 一つ飛びまして、すみれの里費でございますが、指定管理事業として、美和町社会福祉協議会に対して、すみれの里に4,100万円、ひまわり作業所に1,800万円をそれぞれ支出しており、施設の効率的な管理に努めました。
 また、美和町シルバー人材センターに運営費として1,512万5,000円を助成いたしました。さらに、社会福祉協議会活動強化事業費として町社会福祉協議会に助成しており、地域福祉活動の強化に努めました。
 一つ下に飛びまして、次に、児童福祉総務費でございますが、つどいの広場事業、子育て支援事業、一時保育事業を実施し、子育て支援の充実に努めるとともに、次世代育成支援対策地域行動計画を策定いたしました。また、子育て応援特別手当事業費として子育て応援特別手当の支給をいたしました。
 次に、児童措置費につきましては、児童手当支給事業費として、小学校終了前までの支給対象児童の養育者に児童手当を支給しました。
 次に、保育園費につきましては、多様な保育ニーズにこたえるため、心身の発達に配慮した保育に努めました。正則保育園や篠田保育園において改修工事を行い、施設整備に努めました。
 次に、少し飛びまして、26ページをごらんください。旧甚目寺町分でございます。
 3款民生費、社会福祉総務費につきましては、甚目寺町社会福祉協議会に活動強化補助金として3,165万1,000円を助成し、地域福祉活動の強化に努めました。また、障害者支援施設くすのきの家及び地域福祉センターの管理に対して、町社会福祉協議会を指定管理者とし、施設の効率的な管理運営に努めました。
 さらに、扶助費として2億7,724万4,815円を支出しておりますが、主なものとしましては、障害者扶助料、自立支援給付費、地域生活支援事業費等でございまして、障害者福祉の増進に努めました。
 次に、一つ飛びまして、老人福祉費でございますが、敬老会の開催、長寿祝金を贈呈しました。また、町シルバー人材センターに対する運営費として1,320万円を助成いたしました。
 少し下に行きまして、憩の家運営管理費でございますが、各種事業によりお年寄りの余暇時間の充実に努めました。
 次に、一つ下に飛びまして、児童福祉総務費でございますが、遺児の養育者に対して手当を支給し、母子家庭等の支援に努めました。また、次世代育成支援対策地域行動計画を策定いたしました。
 次に、1ページめくっていただきまして、27ページをごらんください。
 保育園費につきましては、延長保育を初め、地域子育て支援センター、一時保育事業、特定保育事業等の実施により、多様なニーズにこたえるよう努めました。また、大花保育園屋根防水等改修事業として1,312万5,000円を支出し、施設整備に努めました。
 次に、児童措置費でございますが、小学校終了前までの支給対象児童の養育者に児童手当を支給しました。
 次に、児童館運営管理費でございますが、お年寄りと子供のふれあい事業を実施いたしました。また、放課後児童健全育成事業につきましては、新たに甚目寺小学校に児童クラブを開設して、6カ所で実施し、充実を図りました。
 次に、母子通園事業費でございますが、心身の発達におくれのある幼児等を対象とした言語聴覚指導や作業療法指導など療育支援に努めました。
 また、子育て応援特別手当交付事業費につきましては、子育て応援特別手当の円滑な支給に努めたところでございます。
 以上で福祉部所管の決算概要説明を終わらせていただきます。


◯議長 続いて、建設産業部長。


◯建設産業部長 建設産業部関係でございます。
 12ページをお願いいたします。七宝町関係でございます。
 上段の6款農林水産費のうち、農業委員会費につきましては、農地の適正化及び農地の有効利用の推進に努めました。
 農業総務費につきましては、農業経営調査や選挙人名簿登載申請について、各町内、各支部に委託を行いました。
 農業振興費につきましては、農業災害補償法に基づき、農業災害補償制度を運営する海部農業共済組合に対し補助を行いました。
 農地費につきましては、円滑な排水の整備を図るため、排水管理、排水機場の維持管理を行う各湛水防除事業協議会、県営土地改良事業に負担金を支出しました。また、七宝町土地改良区に補助金を交付して、排水路及び樋門の改修を行い、農業生産基盤の向上を図りました。
 緑化推進対策費につきましては、小切戸川堤防の沿線を利用した水仙ロードの管理を委託し、町の花、水仙に対する意識向上と緑化を図りました。
 続きまして、7款商工費、商工振興費につきましては、商工会組織の基盤強化のため、また、商工業の振興を図るため、七宝町商工会に補助金を交付しました。また、観光振興事業の一環として商工まつり補助金を交付しました。さらに、商工業振興資金の融資を受けた事業者に対する信用保証料の助成や、商工業振興資金融資預託事業等、中小企業対策に努めました。
 産業会館費につきましては、施設の維持管理を行うとともに、昨年に引き続き産業会館の管理に対し、七宝町商工会を指定管理者として施設の効率的な管理に努めました。
 七宝焼アートヴィレッジ費につきましては、フレンドシップ継承交付金制度を活用した外国人向け尾張七宝解説ボランティア育成事業を実施し、アートヴィレッジボランティアや一般の参加者に、外国人来館者に対するときのマナーや心構えを講義し、外国人来館者への対応可能な体制を整えました。
 同じくフレンドシップ継承事業として、ホームページの内容を充実させるとともに、英語表記への切りかえを可能とし、外国人が内容を理解できる環境を整えました。また、伝統的工芸品である七宝焼を深く知ることによって、郷土に対する誇りと愛着心を育てることを目的とし、町内の小学4年生と中学2年生を対象として七宝焼の生産体験と施設見学を実施しました。さらに、伝統的工芸品尾張七宝について広く理解を深めてもらうために企画展を実施しました。
 8款土木費、土木総務費につきましては、各種負担金を支出するとともに、道路管理を円滑に行うために引き続き道路台帳を修正しました。
 道路橋りょう費につきましては、道路の舗装陥没や破損、道路側溝の補修やしゅんせつ、カーブミラーの道路照明の修繕を行い、道路等の維持保全に努めました。
 道路橋りょう新設改良費につきましては、新たに道路舗装や側溝、交通安全施設の整備を行い、路面排水の向上を図り、道路保全と沿線の環境整備を図るとともに、道路利用の安全対策に努めました。
 用悪水費につきましては、排水路の改修やしゅんせつ工事を行い、排水環境の改善に努めました。
 都市計画総務費につきましては、地震対策事業として民間木造住宅耐震診断事業を行いました。
 街路事業費につきましては、七宝町新総合計画実施計画において、優先度の高い位置づけとされる都市計画道路である遠島桂線及び安松鷹居線の用地取得を行いました。また、名古屋津島バイパス関連事業を整備するための用地を取得しました。
 下水道事業につきましては、公共下水道事業特別会計へ必要な経費を繰り出しました。
 19ページをお願いいたします。美和町関係でございます。
 中段より下の5款労働費、労働諸費につきましては、勤労者育成事業費として、愛知県雇用開発協会へ負担金を支出しました。
 6款農林水産業費、農業費につきましては、農業委員会総務管理運営費として、農業委員会を月1回開催し、法令に基づき、適正な農業行政を行うとともに、学童の食育事業として、4小学校において、サツマイモ、ジャガイモの栽培と収穫を行い、食に対する農業の大切さを体験してもらいました。
 また、農業振興運営費として、農業近代化資金利子補給補助金を交付しました。さらに、水田農業構造改革対策事業費として、自主流通米の価格低下に歯どめをかけ、効率かつ安定的な経営体の育成を支持するための水田農業構造改革対策事業を円滑に推進しました。
 7款商工費、商工費につきましては、七宝町と同様な事業を実施しております。
 8款土木費、土木管理費につきましては、各種負担金を支出するとともに、道路管理を円滑に行いました。
 道路橋梁費につきましては、道路整備事業費として道路舗装改築事業、美化対策事業、側溝清掃事業、維持補修事業を実施し、道路の整備、充実及び道路の維持保全に努めました。また、単独事業として、集落市街化地域の道路舗装、側溝の改善や面的整備を進め、より良好な生活道路や集落間連絡道路、集落外周道路の整備、拡充を進めました。
 河川費につきましては、排水路整備事業として排水路の整備を図るとともに、排水路の汚泥の除去、清掃を行い、排水環境の改善に努めました。
 都市計画費につきましては、公園等維持運営費及び公園等整備事業費として、都市公園、緑地等の適正な維持管理を行い、健全な緑空間の確保及び環境美化を推進し、快適で潤いのある都市環境の保全を図るとともに、二ツ寺親水公園の一部を整備しました。
 また、建築物地震対策推進費としまして、木造住宅耐震診断の実施及び木造住宅耐震改修に対する補助金を交付して地震対策に努め、さらに、まちづくり交付金事業として、用地買収、物件移転補償、工事等を実施し、木田駅周辺地区の整備を進めました。
 交通安全対策費につきましては、交通安全対策推進事業費として、交通安全対策の強化、取り組みを推進するため、啓発活動等の事業拡大を図り、交通安全教育の充実を推進し、交通道徳の向上を図りました。また、単独交通安全施設整備事業費として、安全で円滑な道路交通を推進するため、道路反射鏡、視線誘導標及び標識等の設置、区画線や防護さくの整備を実施し、交通安全施設の整備、充実を図るとともに、維持管理を行いました。
 土地改良事業費につきましては、農村振興総合整備事業費として、農業者及び農村居住者にとって住みよい居住環境への改善を図るため、村づくり交付金を活用して集落内の排水路及び側溝工事などの整備を行いました。
 また、単独土地改良事業費として、愛知県の補助を受け、農道の整備を行いました。さらに、排水対策工事負担金事業費として、愛知県が実施する用排水路及び排水機場の整備、維持管理に対しての負担金を支出しました。
 28ページをお願いいたします。甚目寺町関係でございます。
 中段のところで、5款労働費、労働諸費につきましては、厳しい雇用問題及び労働問題に対する相談会等を実施しました。
 6款農業水産費、農業委員会費につきましては、農地の適正化及び農地の有効利用の推進に努めました。
 農業総務費につきましては、牛海綿状脳症、BSEに伴う肉骨粉焼却処分等を実施しました。
 農業振興費につきましては、ファームじもくじを通じて、都市・農村交流の中から新しい活力ある農業の推進に努めました。また、かんがい排水路工事により農地に適した利水の整備を実施するとともに、萱津排水機場ポンプ等修繕工事により生活環境の整備に努めました。
 緑化推進費につきましては、都市の美しい景観づくりとして整備した散歩道、花と緑のプロムナードの維持管理に努めました。また、花工房じもくじ事業等を通じて潤いのあるまちづくりに努めました。
 7款商工費、商工振興費につきましては、七宝町、美和町と同様の事業を実施しております。
 観光費につきましては、水辺乃並木道の維持管理を行い、魅力ある景観の保全に努めました。
 町民会館管理費につきましては、施設の維持管理を行うとともに、産業会館の管理に対し、甚目寺町商工会を指定管理者として施設の効率的な管理に努めました。また、町民会館屋上改修事業等を行い、施設の整備に努めました。
 8款土木費、道路橋梁費につきましては、側溝、舗装の新設事業により主要道路及び生活道路の整備を引き続き進めるとともに、舗装維持修繕事業により道路の維持保全に努めました。また、歩道設置事業、カーブミラー設置事業、道路照明灯新設、補修事業等により通学路等の安全確保に努めました。
 なお、まちづくり交付金事業のうち自転車駐車場整備費では、自転車駐車場が完成しました。
 また、道路整備事業費では、引き続き用地購入、物件移転補償、道路改良工事等を実施し、22年度末完成に向けて駅アクセス道路の整備を進めました。
 河川費につきましては、下水排水路工事、水路環境整備事業を実施し、排水環境の改善に努めました。
 都市計画総務費につきましては、民間木造住宅耐震診断事業等を実施し、地震対策に努めました。また、名鉄甚目寺駅バリアフリー化に対する補助を実施し、高齢者等が利用しやすい環境の整備を図りました。
 公園費につきましては、遊具等の充実を図るとともに、都市公園及び児童公園の管理運営に努めました。また、遊具等新設、改築事業を行い、施設の整備に努めました。さらに、八反田公園用地を土地取得特別会計から買い戻しました。
 都市計画調査費につきましては、都市計画の基礎となる調査を実施しました。
 梶村ポンプ場管理費につきましては、梶村ポンプ場の維持管理を行いました。
 駅周辺整備事業につきましては、まちづくり交付金事業として、引き続き用地購入、物件移転補償、工事等を実施し、22年度末完成に向けて、五条高校線、駅前広場の整備等を進めました。
 以上、建設産業部関係でございます。


◯議長 続きまして、教育部長。


◯教育部長 それでは、教育関係を御説明申し上げます。14ページのほうをお開きください。
 七宝町でございますが、教育総務費につきましては、私立高等学校授業料補助金96名分、私立幼稚園就園奨励費381人分を支給し、保護者負担の軽減に努めました。また、教職員6人を雇用し、小中学校の少人数指導授業、あるいは特別支援教育などの推進に努めました。さらに、外国人英語指導助手3人によります児童生徒の英語教育向上を図るとともに、国際交流の推進に努めました。一方、学校コンピュータの更新に伴いますパソコン教室の教育用パソコン480台の更新及び教職員への校務用パソコン147台の配置を行い、情報教育の推進に努めました。
 次に、小学校費でございますが、耐震補強及び便所の改修工事として、秋竹小学校校舎改修工事1億6,464万円、伊福小学校北棟屋上防水等改修工事、地上デジタル放送対応工事、デジタルテレビ33台及び電子黒板4台の購入を実施し、施設の安全確保、教育環境の充実に努めました。
 また、教育振興費につきましては、伊福小学校において、県補助事業として、外国語活動における教材の効果的な活用及び評価のあり方等に関する実践研究事業、授業名人活用推進事業を宝小学校で実施しました。さらに、経済的な理由により就学困難な児童の保護者47名に対して援助を行い、義務教育の円滑な推進に努めました。
 次に、中学校費でございますが、老朽化に伴います七宝中学校体育館雨どい及びトイレ改修工事など改修工事を、地上デジタル放送対応工事、デジタルテレビ17台及び電子黒板2台の購入などを実施し、施設の安全確保と教育環境の充実に努めました。
 教育振興費につきましては、あいち・出会いと体験の道場事業、経済的な理由による就学困難な生徒の保護者66名に対して援助を行い、義務教育の円滑な推進に努めました。
 社会教育総務費につきましては、成人式事業を実施するとともに、小学校の休日の安全な居場所対策といたしまして、わくわく親子塾、土曜こども教室などを開催いたしました。また、文化協会の保護と育成のために補助金545万3,736円を交付いたしました。
 次に、視聴覚教育費でございますが、親子共通の話題づくりのための機会の提供といたしまして、600名の参加を得まして、屋外親子映画鑑賞会を実施いたしました。
 公民館費につきましては、町民に生涯学習活動の場を提供するとともに、生涯学習社会の実現に向け、各層に応じた趣味、教養講座といたしまして、手づくりパン教室、パソコン講習などを開催いたしました。
 次に、14ページ、15ページにわたりますが、保健体育総務費でございます。
 町民が生涯にわたり、健康維持、仲間づくりや家族とのきずなを深めるため、五つのスポーツ教室や各種大会を実施しました。また、2,959名の参加によります町民体育大会、体育協会各競技団体等の運営活動に対して補助、支援を実施し、町の社会体育及びスポーツ活動の振興に努めました。さらに、スポーツ少年団に対しましても支援を行いました。また、第4回愛知県市町村駅伝競走大会にも参加いたしました。
 体育施設費につきましては、経済危機対策臨時交付金による柔道場の畳の取りかえ、バスケットゴールを設置するなど施設を整備するとともに、施設の維持管理に努めてまいりました。
 給食センター総務費につきましては、2,108名の児童生徒に安全、安心な給食を提供するとともに、給食時の栄養指導等を行いました。また、老朽化した食缶洗浄機を取りかえするなど施設整備を進めるとともに、施設の維持管理に努めてまいりました。
 次に、美和町のほうに移らせていただきます。17ページをお開きください。
 上段の文化会館費でございますが、文化の杜指定管理事業費9,989万7,000円として文化の杜を指定管理するとともに、住民サービスや利便性の向上及び管理運営経費の削減を図りました。
 次に、21ページをお開きください。
 10款教育費、教育総務費でございます。緊急雇用創出事業費といたしまして、学校ICT支援員1名、学校生活安全員5名を配置し、教育環境の充実に努めました。
 また、ふるさと雇用再生事業といたしまして、児童及び保護者などのカウンセリングを行う親と子の相談事業を実施し、さらに、私立高等学校授業料補助金を94名に支給し、保護者負担の軽減に努めてまいりました。
 小学校費でございますが、小学校整備事業費として、美和小学校、東小学校の校舎屋上防水工事、給食用昇降機改修工事を行い施設整備に努めるとともに、地域活性化・経済危機対策臨時交付金を活用し、教職員用ノートパソコン27台、電子黒板と兼用できるデジタルテレビ12台の購入、校内LAN整備工事及び周辺機器等のICT関連環境整備に努めてまいりました。
 また、小学校就学援助費として、就学困難な児童の保護者90名に対しまして援助を行いました。さらに、小学校新学習指導要領教材整備費といたしまして、平成23年度から全面改訂される新学習指導要領の指導書及び教材用備品を購入いたしました。
 次に、22ページをお願いいたします。
 中学校費でございますが、中学校整備事業といたしまして、プール改修工事、プール槽の塗装工事、体育館修繕工事といたしまして、体育館屋根部分の塗装工事を行い、施設の整備に努めるとともに、地域活性化・公共投資臨時交付金を活用し、太陽光発電設備設置工事及び地域活性化・経済危機対策臨時交付金を活用し、教職員用ノートパソコン18台、デジタルテレビ6台の購入及び周辺機器等のICT関連環境整備に努めました。
 また、中学校就学援助費といたしまして、就学困難な生徒の保護者54名に対しまして援助を行いました。さらに、中学校新学習指導要領教材整備費といたしまして、小学校費と同じく指導書及び教材用備品を購入いたしました。
 幼稚園費につきましては、235名の私立幼稚園就園奨励費を支給し、保護者負担の軽減に努めてまいりました。
 社会教育総務費でございますが、社会教育団体負担金事業といたしまして、社会教育団体が行う女性の社会参加、芸術文化の振興、スポーツの普及、青少年の指導、育成などの事業に補助を行いまして、町民に社会教育活動の場を提供いたしました。
 公民館費につきましては、生涯学習の拠点として、各層に応じた趣味、教養講座といたしまして5講座を開催いたしました。
 歴史民俗資料館でございますが、展示資料購入事業費といたしまして、町民が一層地域の歴史、民俗に興味を持ち、資料館を活用していただくよう展示資料の充実を図りました。また、緊急雇用創出事業といたしまして、収集資料のデータベース化を実施いたしました。
 図書館費につきましては、資料購入事業費といたしまして、図書館利用者19万9,759人の多種多様なニーズにこたえるため、さまざまな分野の資料の収集提供し、子供から大人まで知識、教養を高める援助を行いました。
 保健体育総務費につきましては、スポーツ講座事業費といたしまして、ウオーキング・カローリング、グラウンドゴルフを実施し、スポーツ普及振興を図りました。
 次に、体育施設費でございますが、町民グラウンドナイター設備改修工事を行い、安全で快適なスポーツ環境の整備に努めてまいりました。なお、平成21年度より町民プールは休止をしております。
 学校給食費でございますが、大型冷蔵庫の購入、食缶保管庫の改修を行いまして、2,073名の児童生徒に安全、安心な給食を提供いたしました。
 次に、甚目寺町に移らせていただきます。30ページをお開きください。
 教育総務費でございます。チームティーチングや小中学校教職員補助配置事業といたしまして18人、特別支援教育支援員配置事業といたしまして4人、外国人英語補助員配置事業といたしまして1人を配置し、教育環境の充実に努めてまいりました。
 私立高等学校授業料補助金といたしまして175名、私立幼稚園就園奨励費といたしまして670名に支給し、保護者負担の軽減に努めてまいりました。さらには、新たに適応指導教室を開設し、不登校児童11名に対しまして、個に応じた支援を行い、学校への復帰を目指しました。
 次に、小学校費でございます。児童に豊かな人間性と社会性を培うために、道徳授業の中に地域とはぐくむモラル向上事業、教師の教育力向上のため、授業力向上支援事業を全小学校で実施いたしました。国庫補助事業を受け、東小学校の改修、特別教室棟の増築事業2億3,100万円、甚目寺小学校プールろ材取りかえ等改修工事など、施設の整備に努めてまいりました。
 さらに、教育振興費につきましては、就学困難な児童の保護者230名に対して援助を行いました。
 中学校費につきましては、地域とはぐくむモラル向上事業、授業力向上支援事業、生徒が社会性を身につけていくための職場体験といたしまして、あいち・出会いと体験の道場事業を実施いたしました。また、安心・安全学校づくり交付金を受けまして、甚目寺中学校大規模改修増築事業を20年、21年度継続事業とし、21年度事業費2億9,270万円、校内LAN等整備事業を行い、施設の整備に努めてまいりました。
 さらに、教育振興費につきましては、就学困難な生徒の保護者113名に対しまして援助を行いました。
 社会教育総務費でございますが、町民文化祭等を実施し、町民文化の向上に努めました。また、昨年度から南小学校で実施している放課後子ども教室を甚目寺小学校でも実施し、安全な児童の居場所確保に努めてまいりました。
 次に、31ページをお願いいたします。
 社会学級費についてでございます。青少年健全育成推進のための街頭啓発活動や、町民総決起大会、500名の参加のもと実施いたしました。また、妊娠期から乳幼児期の親のあり方について学習するマタニティースクールや、すこやか子供講座を開催し、家庭教育の推進に努めてまいりました。
 文化財保護費でございますが、夏休み歴史教室、親子しめなわ教室、古文書の読み方などの講座により、文化財保護の理解に努めてまいりました。
 公民館費につきましては、中央公民館改修事業を行い、施設の整備に努めてまいりました。
 次に、保健体育総務費でございますが、親子体操教室、ふれあいスポーツ教室、健康・体力づくり教室などを行い、スポーツを楽しみながら健康づくりに取り組めるよう継続的な体育活動の推進を図りました。
 体育施設費につきましては、トレーニング器具の一部を入れかえ、安全で快適なスポーツ環境の整備に努めてまいりました。
 給食センター総務費でございますが、641名の園児及び3,835名の児童生徒に安全、安心な給食を提供するとともに、給食時の栄養指導を行ってまいりました。
 以上で教育部を終わらせていただきます。


◯議長 続いて、会計管理者。


◯会計管理者 恐れ入りますが、いま一度8ページのほうへお戻りをいただきたいと思います。
 2款総務費の4項目めでございますが、会計管理費につきましては、派出委託に必要な経費等を支出し、公金の出納事務の効率的かつ安全な運営を図りました。
 なお、美和町、甚目寺町につきましても同一内容となっておりますので、省略をさせていただきます。よろしくお願いをいたします。


◯議長 議会事務局長、どうぞ。


◯議会事務局長 それでは、議会事務局のほうから歳出の説明をさせていただきます。
 私ども、関係いたしますページは、8ページ、16ページ、24ページでございます。共通していますのは、1款の議会費につきましては、旧3町共通し、町民の皆様方の代表として的確な政策決定と監視機能の充実のため、活発な議会活動を実施し、あわせて議会だよりを発行いたしました。
 さらには、旧美和町におきまして、ケーブルテレビ放送による議会中継や、旧甚目寺町では、旧甚目寺町ホームページ内の会議録検索システムにより議会の公開に努めました。
 議会事務局からは以上であります。


◯議長 続きまして、監査事務局長。


◯監査委員事務局長 それでは、9ページをお願いいたします。
 9ページの下段でありますけど、監査委員会費につきましては、七宝町、美和町、甚目寺町とも監査事務の適正な運営に努めました。
 監査委員会費について説明させていただきました。


◯議長 はい、どうぞ。


◯企画財政部長 32ページをお願いいたします。
 これまで各担当部局長が各旧町のことを御説明申し上げました。私からは、32ページ、あま市の歳出についてであります。
 記述してありますように、平成22年3月22日で3町が消滅したため、3町が実施した事業経費のうち、3月21日まで3町で支払いが完了しなかった未払金は21年度あま市予算に計上しました。
 これまでの各町の主な歳出概要説明をもってあま市の概要説明とさせていただきます。なお、3月22日以降、あま市予算で支出されましたあま市21年度歳出決算額は37億7,043万8,000円となりました。
 以上、一般会計の説明とさせていただきます。


◯議長 亀卦川議員。


◯34番議員(亀卦川参生) 34番、亀卦川です。
 12時になって特別会計のほうに入っていったら、今までの説明をお聞きしておっても何時間かかるかわからないという状況ですので、ここで昼食休憩をお願いしたいと思います。


◯議長 私は、特別会計をしてから休憩を入れようと、説明が非常に丁寧なものですから調子が狂っているんですけれども、特別会計だけやらせてください。よろしくお願いいたします。
     (「休憩」と呼ぶ者あり)


◯議長 それでは、採決をとります。
 特別会計だけやって休憩をとるか、それともここで休憩をとるか。
 まず最初に、ここで休憩をとるという方、どうぞ。
     (賛成者挙手)


◯議長 それでは、却下します。
 続けて、特別会計だけやってください。
 市民生活部長。


◯市民生活部長 それでは、特別会計につきまして御説明申し上げます。
 七宝、美和町、甚目寺町及びあま市の国民健康保険の主要施策につきまして御説明申し上げます。
 報告書の33ページでございます。初めに、七宝町でございます。
 国民健康保険の加入世帯は、平成22年2月末現在で3,973世帯、被保険者は7,492人となっております。保険給付費は、一般分・退職分療養費、高額療養費、出産育児一時金等で合計16億8,732万6,000円、そのほか後期高齢者支援金2億9,850万6,000円、前期高齢者納付金85万円、介護納付金1億202万5,000円の内容となりました。
 また、保険財政の安定化を図るため、共同事業拠出金2億862万2,000円を拠出しました。さらに、特定健康診査・特定保健指導等、保健事業費として2,398万9,000円を支出しました。
 国保税の収納につきまして、国保税滞納者に短期被保険者証を発行する等、国保税滞納者対策の強化を図り、税負担の公平の確保に努めました。
 次に、美和町でございます。
 国民健康保険の加入世帯は、平成22年2月末現在で3,841世帯、被保険者は7,156人となっております。保険給付費は、一般分・退職分療養費、高額療養費、出産育児一時金等で合計15億3,060万1,000円、そのほか後期高齢者支援金2億8,932万3,000円、前期高齢者納付金82万3,000円、介護納付金1億9万6,000円の内容となりました。
 また、保険財政の安定化を図るため、共同事業拠出金2億649万9,000円を拠出しました。さらに、特定健康診査・特定保健指導等、保健事業として1,846万7,000円を支出しました。
 国保税の収納につきまして、国保税滞納者に短期被保険者証等を発行する等、国保税滞納者対策の強化を図り、税負担の公平の確保に努めました。
 次に、甚目寺町でございます。
 国民保険の加入世帯は、平成22年2月末現在で6,277世帯、被保険者は1万1,863人となっております。保険給付費は一般分・退職分療養費、高額療養費、出産育児一時金等で24億3,117万5,000円、そのほか後期高齢者支援金4億7,520万8,000円、前期高齢者納付金135万2,000円、介護納付金1億6,491万3,000円の内容となりました。
 また、保険財政の安定化を図るため、共同事業拠出金3億1,608万1,000円を拠出しました。さらに、特定健康診査・特定保健指導等、保健事業費として2,224万2,000円を支出しました。
 基金積立金につきましては、支払準備基金積立金2,451万7,000円を積み立てました。
 国保税の収納につきまして、国保税滞納者に短期被保険者証を発行する等、国保税滞納者対策の強化を図り、税負担の公平の確保に努めました。
 最後に、あま市でございます。
 国民健康保険の加入世帯は、平成22年3月末現在で1万4,108世帯、被保険者は2万6,513人となっております。保険給付費は一般分・退職分療養費、高額療養費、出産育児一時金等で合計3億947万9,000円、そのほか後期高齢者支援金9,655万1,000円、前期高齢者納付金27万2,000円、老人保健拠出金136万9,000円、介護納付金3,336万5,000円の内容となりました。
 また、保険財政の安定化を図るため、共同事業拠出金3,002万8,000円を拠出しました。さらに、合併に伴う保険者証の更新等に653万6,000円を支出しました。
 基金積立金につきましては、支払準備基金積立金35万円を積み立てました。
 国保税の収納につきましては、国保税滞納者に短期被保険者証を発行し、国保税滞納者対策の強化を図り、税負担の公平の確保に努めました。
 なお、別冊の資料、旧3町及びあま市の国保の収納状況等の概要につきましてもお目通しをくださいますようお願い申し上げます。
 以上で説明を終わらせていただきます。


◯議長 総務部長。


◯総務部長 それでは、認定第2号、認定第13号、認定第17号、認定第27号の平成21年度の七宝、美和、甚目寺町及びあま市の土地特別会計歳入歳出決算の認定について説明を申し上げます。
 34ページをお願いいたします。
 土地取得特別会計の主要な成果でございますが、七宝町分につきましては、土地取得会計で保有する用地、下田旧作業所用地96平米の一般会計買い戻しを行い、土地開発基金のほうへ積み立てをいたしております。
 次に、美和町分につきましては、新たな公共用地の先行取得、土地取得会計で保有する用地の一般会計の買い戻しはございませんでしたので、土地開発基金預金利子等を受け入れさせていただいております。
 続きまして、甚目寺町分につきましては、土地取得特別会計で保有する用地、八反田公園用地834平米の一般会計買い戻しを行い、土地開発基金へ積み立てをさせていただいております。
 なお、あま市土地取得特別会計につきましては、土地開発基金預金利子等を土地開発基金のほうへ積み立てをいたしております。
 以上、簡単でございますが、平成21年度の土地取得特別会計歳入歳出決算の概要説明を終らせていただきます。よろしくお願いいたします。


◯議長 企画財政部長。


◯企画財政部長 それでは、私からは、認定第18号及び認定第28号、平成21年度甚目寺・あま市住宅新築資金等貸付事業特別会計の決算について御説明申し上げます。
 35ページになります。お願いをいたします。
 事業の概要でありますが、従来の貸し付けに対する貸付金の元利収入事務及び地方債の償還事務等に努めました。
 以上、説明とさせていただきます。


◯議長 続いて、調整監。


◯上下水道事業調整監 それでは、簡易水道事業特別会計の決算について概要説明を申し上げます。
 甚目寺町でございますが、名古屋市上下水道局より18万2,326トンの分水を受け、740戸に飲料水の供給を実施しました。
 なお、工事関係につきましては、配水池防水工事等を実施いたしました。
 以上、簡単でございますが、概要説明とさせていただきます。


◯議長 早川部長。


◯企画財政部長 続きまして、認定第20号及び認定第30号であります。
 平成21年度の甚目寺町、あま市の市営住宅管理事業特別会計の歳入歳出決算について御説明申し上げます。
 事業の概要でございます。
 改良住宅350戸の維持管理に努めたほか、小集落改良住宅外壁等修繕事業、小集落改良住宅地上デジタル放送対応改善工事を実施しました。
 また、現年度、過年度の住宅使用料の未納者に対して督促状等の送付及び訪問徴収に努めたところでございます。
 以上、説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


◯議長 次、市民生活部長。


◯市民生活部長 老人保健特別会計でございますけど、これは、20年度、後期高齢者医療に移行したことに伴いまして、新たな老人保健事業はございませんでした。
 以上でございます。


◯議長 続きまして、福祉部長。


◯福祉部長 それでは、介護保険特別会計について御説明申し上げます。
 認定第5号、認定第11号、認定第22号でございますが、35ページ、36ページをごらんください。
 初めに、保険事業勘定でございますが、高齢化が進んでおり、旧3町ともに第1号被保険者、要介護認定者は増加しております。
 七宝町では、第1号被保険者は5,470人、要介護認定者は575人でございまして、介護給付費の総額は6億6,374万9,000円となりました。
 事業実施の形態につきましては、それぞれ若干異なっておりまして、七宝町におきましては、介護予防事業及び包括的支援事業を社会福祉協議会に委託いたしました。
 次に、美和町につきましては、第1号被保険者は5,467人、要介護認定者は675人で、介護給付費の総額は8億6,464万4,000円となりました。
 介護予防事業については、保健センターと共同で実施し、包括的支援事業については、社会福祉協議会に委託をいたしております。
 次に、甚目寺町につきましては、第1号被保険者は7,210人、要介護認定者は937人で、介護給付費の総額は11億9,169万4,000円となりました。
 甚目寺町におきましては、介護予防事業、包括的支援事業ともに町直営で実施いたしております。
 次に、あま市でございます。
 介護予防事業及び包括的支援事業については、いずれもあま市直営で実施しておりますが、第1号被保険者は1万8,180人、要介護認定者は2,228人で、介護給付費の総額は2億3,989万2,000円となりました。
 最後に、サービス事業勘定でございますが、要支援1・2の新予防給付の認定者を対象に、自立した生活ができるようケアプランを作成いたしました。
 なお、参考資料といたしまして、本日、お手元に被保険者や平成21年度介護保険料収納状況等の補足資料を配付させていただきました。時間の都合もございますので、細かい説明は省略させていただきますが、一度目を通していただければ幸いでございます。
 以上、簡単でございますが、介護保険特別会計の概要説明を終わらせていただきます。


◯議長 上下水道調整監。


◯上下水道事業調整監 それでは、公共下水道事業特別会計の決算内容について御説明申し上げます。
 下水道工事につきましては、平成16年度から工事に着手いたしまして、平成21年度の整備区域につきましては、別紙の38ページに記載のとおりでございます。
 それでは、七宝町でございますが、21年度に13ヘクタールを整備いたしました。この結果、事業認可区域である150ヘクタールのうち、21年度末には約60.7%の整備率となりました。
 38ページをお願いいたします。
 県が実施しています日光川下流流域下水道に各市町が負担金を納めております。美和町につきましては、平成21年度に10ヘクタールを整備いたしました。この結果、整備事業認可区域である176ヘクタールのうち、21年度末には約64.8%の整備率となりました。
 次に、甚目寺町でございますが、21年度に10ヘクタールを整備いたしました。この結果、事業認可区域である390ヘクタールのうち、21年度末には約40%の整備率となりました。
 また、下水道事業、雨水につきましては、梶村ポンプ場の経年劣化による施設能力低下のための改築工事を実施いたしました。
 以上、概要説明を終わります。


◯議長 はい、どうぞ。


◯市民生活部長 それでは、後期高齢者医療特別会計につきまして御説明申し上げます。
 この後期高齢者医療制度は2年が経過しまして、新しい医療制度としまして定着してきておるところでございます。七宝町、美和町、甚目寺町及びあま市の後期高齢者の主要施策につきましては、次のとおりでございます。
 初めに、七宝町でございます。
 後期高齢者の被保険者は、平成22年4月末現在で1,921人となっております。後期高齢者医療広域連合納付金としまして2億5,096万5,000円を支出しました。また、後期高齢者健康診査に714万1,000円を支出しました。
 次に、美和町でございます。
 後期高齢者医療の被保険者は、平成21年2月末現在で2,159人となっております。後期高齢者医療広域連合納付金としまして2億9,429万6,000円を支出しました。また、後期高齢者健康審査に601万5,000円を支出しました。
 次に、甚目寺町でございます。
 後期高齢者医療の被保険者は、平成22年2月末現在2,740人となっております。後期高齢者医療広域連合納付金としまして3億7,516万8,000円を支出しました。また、後期高齢者健康診査に600万9,000円を支出しました。
 次に、あま市でございます。
 後期高齢者医療の被保険者は、平成22年3月末現在で6,866人となっております。後期高齢者医療広域連合納付金としまして4,301万6,000円を支出しました。また、合併に伴う保険者証等の更新等に273万7,000円を支出しました。
 以上で、市民生活部が所管します特別会計の説明を終わります。


◯議長 続きまして、上下水道事業調整監。


◯上下水道事業調整監 それでは、公営企業会計の決算概要を説明させていただきます。
 初めに、七宝町水道事業会計でございますが、都市近郊に起因する環境の変化と生活水準の向上に伴う水量確保に万全を期し、地下水と愛知県からの受水によりまして、町民の安定供給に努めました。
 本年度事業における給水量は251万9,967トンで、1日平均配水量は7,098トン、1日最大配水量は8,740トンとなりました。一方、給水人口におきましては2万3,207人で、計画給水人口2万8,000人の82.9%となりました。
 事業といたしましては、主に配水管の新設工事及び老朽管、石綿管の布設がえ工事を施工し、町全域に合理的安定給水ができるよう努めました。
 次に、あま市七宝水道事業会計でございますが、七宝町水道事業会計は、あま市の誕生により平成22年3月22日からあま市七宝水道事業会計に引き継ぎました。
 本事業年度における給水量は6万7,479トンで、1日平均配水量は6,748トン、1日最大配水量は7,158トンとなりました。一方、給水人口におきましては2万3,233人で、計画給水人口2万8,000人の82.9%となりました。
 次に、美和町水道事業会計でございます。
 生活水準の向上や生活意識の多様化に伴い、変化する水需要に対応しながら、常に安全で、しかも、豊富な水を供給するため、地下水と愛知県からの受水により町民への安定供給に努めました。
 本事業年度における給水量は265万1,360トンで、1日平均配水量は7,469トン、1日最大配水量は8,583トンとなりました。一方、給水人口においては2万4,469人で、計画給水人口の2万6,700人の91.6%となりました。
 事業といたしまして、町内7カ所に新たに配水管の布設を行ったほか、水の安定供給を図るため、施設設備の保守点検を充実させ、事故防止に努めました。
 次に、あま市美和水道事業会計でございます。
 美和水道事業会計は、あま市の誕生により平成22年3月22日からあま市水道事業会計に引き継ぎました。
 本事業年度における給水量は7万845トンで、1日平均配水量は7,085トン、1日最大配水量は7,394トンとなりました。一方、給水人口においては2万4,469人で、計画給水人口2万6,700人の91.6%となりました。
 以上、概要説明を終わらせていただきます。


◯議長 市民病院事務局長。


◯市民病院事務局長 長くなって申しわけございません。最後でございます。
 最初に、公立尾陽病院の病院事業でございます。
 平成21年度におけます病院事業は、医師・看護師不足の困難な医療情勢によりますます厳しさが増す中で、海部東部地域の中核病院として地域住民に対する良質な医療サービスの提供に努めました。
 収益的支出は、総支出で20億3,149万2,000円となりました。
 資本的支出は、建設改良費5,230万8,000円、企業債償還金6,472万9,000円で、総額1億1,703万7,000円となりました。
 主な内容につきましては、全自動化学発光免疫測定装置などの機器、備品を購入いたしました。
 続きまして、あま市民病院事業会計でございます。
 公立尾陽病院組合は、あま市の誕生などによりまして、平成22年3月21日に解散いたしまして、平成22年3月22日からあま市に引き継ぎ、あま市民病院としてスタートいたしました。
 入院患者の延べ数でございますが、尾陽病院組合との患者数を合算いたしますと、通年では2万3,608人、1日平均65人、前年度対比335人の増となりました。外来患者数は、通年では6万6,211人、1日平均274人、前年度比2,719人の増となりました。
 収益的支出は、総支出5,381万8,000円、通年では20億8,531万円となり、前年度対比8,471万5,000円の減となりました。
 費用の減の主な原因は、新陳代謝に伴いました給与費の削減によるものでございます。
 資本的支出は、当決算ではゼロ円、通年では1億1,703万7,000円となりました。
 以上をもちまして、認定第1号、平成21年度七宝町一般会計歳入歳出決算の認定から認定案40号、平成21年度あま市病院事業会計決算の認定についての概要説明を終わらせていただきます。
 以上でございます。


◯議長 以上で、認定第1号、平成21年度七宝町一般会計歳入歳出決算の認定についてから認定第40号、平成21年度あま市民病院事業会計決算の認定についてまでの概要説明を終わります。
 それでは、大変長時間にわたりましたけれども、1時半から再開いたしますので、非常にタイトな時間でありますけど、よろしくお願いいたします。
 休憩いたします。
     (午後0時26分)



◯議長 それでは、休憩前に引き続き会議を再開いたします。
     (午後1時30分)


◯議長 なお、説明者においてはよく考えて説明をするようによろしくお願いいたします。

  日程第45 議案第24号


◯議長 日程第45、議案第24号、あま市副市長定数条例についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長、どうぞ。


◯市長 提案理由。
 議案第24号、あま市副市長定数条例についての提案理由を申し述べます。
 地方自治法第161条第2項の規定に基づく本条例の制定でありますので、慎重に御審議を賜り議決くださるようお願いいたします。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。


◯議長 当局より議案の朗読を求めます。
 どうぞ、総務課長。


◯総務課長 議案の朗読をさせていただきます。
 議案第24号、あま市副市長定数条例を別紙のとおり提出する。
 平成22年9月7日提出。あま市長、村上浩司。
 次のページをお願いいたします。
 あま市副市長定数条例。
 地方自治法(昭和22年法律第67号)第161条第2項の規定に基づき、副市長の定数を1人とする。
 附則、この条例は、平成22年10月1日から施行する。


◯議長 続いて、担当部長。
 概要説明をどうぞ。


◯企画財政部長 それでは、議題となっております議案第24号、あま市副市長定数条例について御説明申し上げます。
 条例文をお開き願います。
 条例の内容でございますが、地方自治法第161条第2項に、副知事及び副市町村長の定数は条例で定めることとするという本規定に基づき、あま市における副市長の定数を1人とするものであります。
 附則において、条例施行は平成22年10月1日とするものであります。
 御審議の上、御議決いただきますようよろしくお願い申し上げます。
 以上でございます。


◯議長 以上で概要説明を終わります。

  日程第46 議案第25号


◯議長 日程第46、議案第25号、あま市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長、どうぞ。


◯市長 提案理由。
 議案第25号、あま市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についての提案理由を申し述べます。
 児童扶養手当法施行令及び非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴う本条例の一部改正でありますので、慎重に御審議を賜り議決くださるようお願いいたします。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。


◯議長 当局より議案の朗読を求めます。
 総務課長、どうぞ。


◯総務課長 議案の朗読をさせていただきます。
 議案第25号、あま市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例を別紙のとおり提出する。
 平成22年9月7日提出。あま市長、村上浩司。
 次のページをお願いいたします。
 あま市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例。
 あま市消防団員等公務災害補償条例(平成22年あま市条例第156号)の一部を次のように改正する。
 附則第5条第7項第1号中「若しくは第4号」を「、第5号若しくは第10号」に改め、同項第2号中「第4条第2項第3号」の次に「、第8号、第9号又は第13号」を加える。
 附則、この条例は公布の日から施行し、改正後のあま市消防団員等公務災害補償条例の規定は、平成22年8月1日から適用する。


◯議長 概要説明を求めます。
 総務部長。


◯総務部長 それでは、議案第25号、あま市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について概要説明を申し上げます。
 新旧対照表のほうをお開き願います。
 この条例の改正でございますが、児童扶養手当法の改正に伴い、児童扶養手当法施行令及び非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令が改正されました。非常勤消防団員等に支給される損害補償と、新たに父子家庭に支給されることとなる児童扶養手当との調整に係る規定が整備されたことに伴い、あま市の非常勤消防団員等の公務災害補償について、これに応じた措置を行うため、改正を行うものでございます。
 附則第5条は、他の法律による給付との調整を規定しており、第7項において、児童扶養手当との調整が規定されております。このため、児童扶養手当法の引用条項について整備を行うため、同項第1号及び同項の第2号の改正をするものでございます。
 議案の2枚目をごらんください。
 附則で施行期日及び適用日を規定しておりまして、公布の日から施行し、改正後のあま市の消防団員等公務災害補償条例の規定は、平成22年8月1日から適用するものでございます。
 以上で概要説明を終わらせていただきます。よろしく御審議の上、御議決を賜りますようお願いいたします。


◯議長 以上で概要説明を終わります。
 ここで皆さんにお諮りいたします。
 日程第47、議案第26号から日程第54、議案第33号までの一般会計及び各特別会計補正予算案については、各議案ごとの議題といたしますが、当局よりの議案の朗読については、各会計補正予算案の表題を朗読とし、第1表歳入歳出予算補正及び事項別明細書の朗読は省略したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
     (異議なし)


◯議長 ありがとうございます。
 異議なしと認め、そのように進行させていただきます。

  日程第47 議案第26号


◯議長 日程第47、議案第26号、平成22年度あま市一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長、どうぞ。


◯市長 提案理由。
 議案第26号、平成22年度あま市一般会計補正予算(第1号)についての提案理由を申し述べます。
 歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ11億6,495万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ262億8,730万1,000円とする補正でありますので、慎重に御審議を賜り議決くださるようお願いいたします。
 以上でございます。お願いいたします。


◯議長 それでは、当局より議案の朗読を求めます。
 総務課長、どうぞ。


◯総務課長 それでは、議案の朗読をさせていただきます。
 議案第26号、平成22年度あま市一般会計補正予算(第1号)。
 次のページをお願いいたします。
 平成22年度あま市の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ11億6,495万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ262億8,730万1,000円とする。
 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成22年9月7日提出。あま市長、村上浩司。


◯議長 続いて、概要説明を求めます。
 初めに、企画財政部長、どうぞ。


◯企画財政部長 それでは、議案第26号について御説明を申し上げます。
 説明は、最初に、歳入の部について所管部長がそれぞれ関係部分を御説明し、その後、歳出の部についても所管部長がそれぞれ関係部分を御説明することとし、その順序については組織建制順といたします。議員の皆様には、ページが飛び、お手を煩わせますが、お許しをいただきたいと存じます。
 それでは、歳入でございます。
 企画財政部所管の歳入について御説明申し上げます。
 10、11ページをお開き願います。
 17款繰入金、1項特別会計繰入金、1目国民健康保険特別会計繰入金では6,968万6,000円、2目老人保健特別会計繰入金では1,163万9,000円、3目介護保険特別会計繰入金では7,266万円、4目後期高齢者医療特別会計繰入金では1,339万円、5目公共下水道事業特別会計繰入金では1億1,022万7,000円、7目市営住宅管理事業特別会計繰入金では380万5,000円を計上しています。これらは、いずれも各会計の前年度繰出金精算分の確定によるものでございます。
 一番最終行、18款繰越金でございます。1項繰越金、1目繰越金では、前年度繰越金の確定に伴い、7億6,004万8,000円を計上しております。
 以上、企画財政部の所管といたします。


◯議長 続いて、総務部長。


◯総務部長 続きまして、総務部の所管する歳入の内容について御説明を申し上げます。
 同じく10ページ、11ページでございます。
 16款寄附金、1項寄附金、1目一般寄附金5,768万8,000円の増額補正をさせていただきました。内容につきましては、あま市内の故人からの遺贈で、金融商品等を換価して得られた財産の10分の5を遺贈いただきましたので、一般寄付金として計上させていただきました。
 以上をもちまして、概要説明を終らせていただきます。


◯議長 続いて、市民生活部長。


◯市民生活部長 それでは、市民生活部所管の一般会計補正予算の説明を申し上げます。
 予算書の8、9ページをお願いいたします。
 歳入でございます。14款2項4目衛生費県補助金、新型インフルエンザワクチン接種助成臨時補助金でございまして、2,103万7,000円を補正するものでございます。


◯議長 続きまして、福祉部長。


◯福祉部長 それでは、福祉部関係の補正予算の概要について御説明申し上げます。歳入について御説明申し上げます。
 予算書の8、9ページをごらんください。
 13款国庫支出金の主な内容ですが、1項1目2節児童手当負担金では、児童手当負担金の過年度精算分で94万6,000円を計上し、2項国庫補助金、1目4節子ども手当事務取扱交付金では604万2,000円計上いたしております。これは、子ども手当の支給に伴う事務費としての補助金でございます。
 また、5節地域介護・福祉空間整備交付金につきましては、先進的事業支援特例交付金事業として394万2,000円を計上いたしております。
 次に、14款県支出金の主な内容ですが、2項3目2節児童福祉費補助金では、子育て支援対策基金事業費補助金として1,486万8,000円、計上いたしております。これは、感染症対策としての空気清浄機やAED購入に係る補助金でございます。
 また、すぐ下の8節老人福祉費補助金では、介護職員処遇改善等臨時特例基金事業費補助金で1,080万円、計上しております。
 以上でございます。


◯議長 続きまして、建設産業部長。


◯建設産業部長 同じく8ページ、9ページの14款県支出金、2項県補助金、5目労働費県補助金につきましては、708万4,000円増額補正をお願いするものでございます。緊急雇用創出事業基金事業費補助金の増額による補正でございます。学校学習支援事業、屋外広告物現況調査業務に充当予定しております。
 以上、建設部関係でございます。


◯議長 続きまして、教育部長。


◯教育部長 それでは、教育部のほうから、8ページ、9ページ、一番下段でございます。
 14款県支出金、3項委託金、6目教育費委託金でございますが、県からの新たな委託事業といたしまして、世代間交流交通安全活動推進事業委託金といたしまして、15万円を新たに計上いたしました。
 以上が歳入でございます。


◯議長 続きまして、支出の部。はい、どうぞ。


◯企画財政部長 それでは、以上、歳入の説明とさせていただきまして、歳出のほうに移らせていただきます。
 12、13ページをお願いいたします。
 企画財政部所管の歳出でございます。2款総務費、1項総務管理費、6目企画費、1節報酬では、行政改革推進委員会委員報酬として41万3,000円を、13節委託料では、まちづくりの基本となります総合計画策定に向けた市民意識調査等業務委託料として510万円を計上しております。
 なお、この委託料については、土地利用、都市施設整備などに関する都市計画マスタープランの策定に関する住民意識調査をあわせて執行するということにしてございます。よろしくお願いいたします。
 同じページ、2款総務費、7項人権推進費、1目人権同和推進費、13節委託料では、市の人権行動計画策定に向けた市民意識調査業務委託料として423万8,000円を計上いたしております。
 ページ飛びますけれども、18、19ページをお願いいたします。
 13款諸支出金、1項繰出金、4目後期高齢者医療特別会計繰出金、28節繰出金では、療養費給付金等へ2,782万8,000円、同じく6目簡易水道事業特別会計繰出金、28節繰出金では、簡易水道システム作成等経費として1,879万6,000円を計上しております。
 同じページでございます。
 3項積立金では、1目財政調整基金では8億3,755万3,000円、3目まちづくり事業推進基金費では5,768万8,000円、4目公共下水道基金費では1億1,022万7,000円を、繰越金の確定による剰余金の基金積立として計上いたしました。
 以上、企画財政部所管とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


◯議長 続いて、総務部長。


◯総務部長 続きまして、総務部所管の歳出内容について御説明申し上げます。
 1ページ戻っていただきまして、16、17ページをお願いいたします。
 9款消防費、1項消防費、2目消防施設費で、総額129万円の増額補正をさせていただきました。内訳でございますが、13節委託料、防火水槽土地分筆登記委託料18万円、これにつきましては、防火水槽の土地を購入するため、土地を測量し、分筆登記委託するための経費を新たに計上させていただきました。
 17節公有財産購入費、防火水槽土地購入費111万円につきましては、あま市篠田地内に設置されている防火水槽が境界立ち会いにより民地に食い込んでいることが判明し、地主から土地を購入してほしいとの要望があり、消防水利の確保をするためにも必要であり、防火水槽の土地購入費を新たに計上させていただきました。
 4目災害対策費で総額1,253万2,000円の減額補正をさせていただきました。内容でございますが、13節の委託料、地域防災計画等策定業務委託料につきましては、地域防災計画及び国民保護計画策定業務委託料の入札執行により125万4,000円の減額補正を計上させていただいております。
 15節工事請負費で1,127万8,000円の減額補正をさせていただくもので、耐震性貯水槽工事請負費1,200万円の減額をさせていただくのは、まちづくり交付金事業内の組み替えによるものでございます。
 続きまして、サイレン集中管理システム導入工事72万2,000円の増額につきましては、災害時に住民に避難を促す際や、火災時における消防団員の招集のため、本庁から七宝、甚目寺庁舎へのサイレンが吹鳴できるよう、サイレン集中管理システムを導入するための工事費を新たに計上させていただきました。
 以上をもちまして、総務部所管の概要説明を終わらせていただきます。


◯議長 続きまして、市民生活部長。


◯市民生活部長 それでは、市民生活部所管の歳出につきまして御説明申し上げます。
 予算書の14、15ページをお願いいたします。
 4款1項2目予防費でございますが、インフルエンザ予防接種委託料ということで3,213万8,000円を、インフルエンザ予防接種助成事業といたしまして82万2,000円の計3,296万円を増額補正するものでございます。よろしくお願い申し上げます。


◯議長 続きまして、福祉部長。


◯福祉部長 それでは、歳出について御説明申し上げます。
 12、13ページをごらんください。
 3款民生費、1項社会福祉費、3目老人福祉費の主な内容ですが、13節委託料につきましては378万円で、平成23年度に策定いたしますあま市高齢者福祉計画・介護保険事業計画に伴うアンケート調査費用の委託料でございます。
 また、19節負担金、補助及び交付金につきましては、介護職員処遇改善等臨時特例基金事業費補助金で、本年12月開設予定の第二あま恵寿荘グループホームの開設準備としての1,080万円と地域介護・福祉空間整備推進事業費補助金は、旧甚目寺町にありますグループホームやすらぎの家にスプリンクラーを設置するための経費として394万2,000円を計上しております。
 なお、本補助事業につきましては、国庫補助金及び県費補助金ですべて賄われます。
 次に、3款民生費、2項児童福祉費、1目児童福祉総務費、18節備品購入費の主な内容でございますが、インフルエンザ等の感染症対策として、保育所等の安全、安心な保育環境整備のため、県の子育て支援対策基金を活用し、保育園、児童館、児童クラブ、幼稚園の施設に126台の空気清浄機設置に係る経費を計上いたしました。
 また、同様の基金を活用し、AEDを保育園、児童館、子育て支援センター、つどいの広場の施設に24台設置するための予算を計上いたしました。
 また、その下の2目児童措置費、23節償還金、利子及び割引料の主な内容ですが、平成21年度保育所運営費、児童手当、次世代育成支援対策交付金の補助金所要額の確定に伴う過誤納償還金で186万円を計上していたしております。
 以上、簡単でございますが、22年度あま市一般会計補正予算の福祉部関係の概要説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。


◯議長 建設産業部長。


◯建設産業部長 続きまして、建設産業部関係の歳出でございます。
 14ページ、15ページをお願いいたします。
 6款農林水産業費、1項農業費、3目農業振興費につきましては、227万9,000円増額補正をお願いするものでございます。このことにつきましては、旧3町それぞれの農業振興地域整備計画を、合併に伴い、あま市としての計画策定をするものであります。本年度は、整備計画策定に当たり、基礎資料となるアンケート等の基礎調査及び基礎調査資料作成を委託するものでございます。
 2目農地費につきましては1,626万3,000円増額補正をお願いするものであります。農村振興総合整備事業に係る経費を新規に13節登記委託料10万円、不動産鑑定委託料につきましても新規に70万円、15節工事請負費につきましては、農村振興総合整備事業に係る工事費1,546万3,000円を増額補正をお願い申し上げるものでございます。
 7款1項商工費、1目商工総務費につきましては、新規に3万3,000円増額をお願いするものでございます。
 8節指定管理者選定委員会委員謝礼としまして、新規にお願いするものでございます。
 8款土木費、4項都市計画費、1目都市計画総務費につきましては、655万円増額補正をお願いするものでございます。
 13節の委託料としまして、仮称、美和木田郷南土地区画整理業務委託料としまして、新規に210万円お願いするものであります。土地区画整理組合設立を目指し、施行区域地区報告書作成及び調査業務に係る経費でございます。
 下段の屋外広告物現況調査業務委託料としまして、新規に445万円お願いするものでございます。市街化区域のみの許可申請が、合併により市内全域が許可区域に拡大されたために実施するものでございます。財源としまして、すべての経費を緊急雇用事業の制度活用を予定しております。
 6目甚目寺駅周辺整備事業費としまして、1,200万円を増額補正お願いするものでございます。
 15節工事請負費としまして、五条高校線・駅前広場工事費の増額でございます。内容につきましては、駅周辺アクセス道路等の充実に係る経費でございます。
 以上が建設産業部関係でございます。


◯議長 続きまして、教育部長。


◯教育部長 それでは、教育部の歳出に移らせていただきます。
 12ページ、13ページ、上段でございますが、総務費、総務管理費、12目の美和文化会館費でございますが、324万1,000円の修繕料を新たに計上させていただいております。この修繕でございますが、文化会館の非常用電源である蓄電池が16年経過をいたしまして、腐食が激しく、安全性が確保できないということから必要な経費を計上したものでございます。
 次に、16ページ、17ページをお開きください。
 10款1項2目事務局費の4節共済費、7節賃金、11節の需用費では、緊急雇用創出事業といたしまして、軽度の発達障害等の児童に対する生活自立支援や学習補助などを行う特別支援学級補助員3名分の経費を263万4,000円計上し、8節報償費では、教育委員会といたしまして、小中学校の適正規模等に関する基本的な方針及び具体的な方策につきまして検討するための小中学校適正規模等検討委員会委員謝礼といたしまして、10人分16万5,000円を新規に計上いたしました。
 18ページ、19ページをお開きください。
 上段の10款2項小学校費、1目学校管理費になりますが、県からの委託事業といたしまして、子供と高齢者、地域住民との連携により、交流を通じて高齢者の交通安全啓発活動に取り組むため、委託料15万円を新規に計上し、3項中学校費でございますが、美和中学校におきまして、本年度に入り、プール、体育館への侵入、また、学校用地内への頻繁な侵入に対し、施設管理上早急な対応が必要なため、役務費といたしまして、美和中学校セキュリティ設備取付手数料といたしまして、新たに262万5,000円を計上するものであります。
 以上をもちまして、平成22年あま市一般会計補正予算(第1号)の説明を終わらせていただきます。


◯議長 以上で概要説明を終わります。

  日程第48 議案第27号


◯議長 日程第48、議案第27号、平成22年度あま市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長、どうぞ。


◯市長 提案理由。
 議案第27号、平成22年度あま市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についての提案理由を申し述べます。
 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億6,026万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ92億9,038万3,000円とする補正でありますので、慎重に御審議を賜り議決くださるようお願いいたします。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。


◯議長 続きまして、議案の朗読を求めます。
 総務課長、どうぞ。


◯総務課長 議案の朗読をさせていただきます。
 議案第27号、平成22年度あま市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)。
 次のページをお願いいたします。
 平成22年度あま市の国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億6,026万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ92億9,038万3,000円とする。
 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成22年9月7日提出。あま市長、村上浩司。


◯議長 続きまして、概要説明を求めます。
 市民生活部長。


◯市民生活部長 それでは、予算書の8、9ページをお開きください。
 歳入でございます。11款1項1目繰越金で、補正額が1億6,026万2,000円、これは前年度繰越金の確定に伴いまして増額補正をするものでございます。
 予算書の10、11ページをお開きください。
 歳出でございます。9款1項1目支払準備基金積立金で、補正額が9,057万6,000円、これは、歳入歳出間の予算額を調整するための増額補正でございます。
 次に、11款2項1目一般会計繰出金で、補正額が6,968万6,000円、これは、前年度精算分の確定に伴い増額補正をするものでございます。
 以上でございます。


◯議長 以上で概要説明を終わります。

  日程第49 議案第28号


◯議長 続きまして、日程第49、議案第28号、平成22年度あま市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長、どうぞ。


◯市長 提案理由。
 議案第28号、平成22年度あま市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)についての提案理由を申し述べます。
 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,905万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5,881万6,000円とする補正でありますので、慎重に御審議を賜り、議決くださるようお願いいたします。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。


◯議長 続きまして、総務課長より議案の朗読を求めます。
 総務課長、どうぞ。


◯総務課長 議案の朗読をさせていただきます。
 議案第28号、平成22年度あま市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)。
 次のページをお願いいたします。
 平成22年度あま市の簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,905万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5,881万6,000円とする。
 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成22年9月7日提出。あま市長、村上浩司。


◯議長 続きまして、上下水道事業調整監、概要説明をどうぞ。


◯上下水道事業調整監 それでは、議案第28号、平成22年度あま市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、簡易水道の業務につきまして、今まで検針や料金徴収等の業務を栄区長に委託して行っておりましたが、今回のあま市合併に伴い、今後はあま市において行ってほしい旨の申し入れが栄区長よりされており、その料金徴収等の業務に必要な経費を計上させていただきました。
 それでは、歳出のほうから御説明を申し上げます。
 予算書の10、11ページをごらんください。
 1款事業費の管理費につきましては、簡易水道台帳整備等に必要な人件費及び水道料金を管理するための簡易水道事業システム委託料等1,905万2,000円を新たに計上いたしました。
 次に、歳入について御説明いたします。
 戻っていただきまして、8、9ページをお願いいたします。
 3款でございますが、繰入金につきましては、歳出の事業に必要な経費を1,879万6,000円を一般会計から繰り入れるもので、増額計上いたしました。
 4款繰越金につきましては、前年度繰越金の確定に伴い、25万6,000円を増額計上いたしました。
 以上、議案第28号、平成22年度あま市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)の概要説明を終わります。

  日程第50 議案第29号


◯議長 続きまして、日程第50、議案第29号、平成22年度あま市営住宅管理事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長、どうぞ。


◯市長 提案理由。
 議案第29号、平成22年度あま市営住宅管理事業特別会計補正予算(第1号)についての提案理由を申し述べます。
 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ380万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6,187万9,000円とする補正でありますので、慎重に御審議を賜り議決くださるようお願いいたします。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。


◯議長 総務課長より議案の朗読を求めます。
 総務課長、どうぞ。


◯総務課長 議案の朗読をさせていただきます。
 議案第29号、平成22年度あま市営住宅管理事業特別会計補正予算(第1号)。
 次のページをお願いいたします。
 平成22年度あま市の市営住宅管理事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ380万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6,187万9,000円とする。
 第2項、歳入歳出の予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成22年9月7日提出。あま市長、村上浩司。


◯議長 それでは、概要説明を求めます。
 企画財政部長、どうぞ。


◯企画財政部長 それでは、議案第29号について御説明申し上げます。
 補正予算書の8、9ページをお願いいたします。
 歳入でありますが、4款繰越金、1項繰越金、1目繰越金、1節繰越金では、前年度繰越金の確定に伴い、380万5,000円を計上しております。
 ページめくっていただきまして、10、11ページをお願いいたします。
 歳出であります。2款諸支出金、1項繰出金、1目一般会計繰出金、28節繰出金では、前年度精算分の確定に伴う一般会計への繰り出しということで380万5,000円を計上いたしました。
 以上、簡単でありますが、よろしくお願いいたします。

  日程第51 議案第30号


◯議長 続きまして、日程第51、議案第30号、平成22年度あま市老人保健特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長、どうぞ。


◯市長 提案理由。
 議案第30号、平成22年度あま市老人保健特別会計補正予算(第1号)についての提案理由を申し述べます。
 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,394万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,083万4,000円とする補正でありますので、慎重に御審議を賜り議決くださるようお願いいたします。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。


◯議長 続きまして、議案の朗読を、総務課長、どうぞ。


◯総務課長 議案の朗読説明をさせていただきます。
 議案第30号、平成22年度あま市老人保健特別会計補正予算(第1号)。
 次のページをお願いします。
 平成22年度あま市の老人保健特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,394万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,083万4,000円とする。
 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成22年9月7日提出。あま市長、村上浩司。


◯議長 続きまして、概要説明を求めます。
 市民生活部長、どうぞ。


◯市民生活部長 それでは、予算書の8、9ページをお願いいたします。
 歳入でございます。
 5款1項1目繰越金で、補正額が1,394万8,000円、これは前年度繰越金の確定に伴い増額補正をするものでございます。
 続きまして、10、11ページをお願いいたします。
 歳出でございます。
 2款1項1目償還金で、補正額が230万9,000円、これは返還金の確定に伴う増額補正でございます。
 次に、2款2項1目一般会計繰出金、補正額が1,163万9,000円、これは前年度精算分の確定に伴い増額補正をするものでございます。
 以上でございます。

  日程第52 議案第31号


◯議長 続きまして、日程第52、議案第31号、平成22年度あま市介護保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長、どうぞ。


◯市長 提案理由。
 議案第31号、平成22年度あま市介護保険特別会計補正予算(第1号)についての提案理由を申し述べます。
 保険事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億622万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ37億9,092万5,000円とする補正であります。また、サービス事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ176万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,693万1,000円とする補正でありますので、慎重に御審議を賜り議決くださるようお願いいたします。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。


◯議長 議案の朗読を求めます。
 総務課長、どうぞ。


◯総務課長 議案の朗読をさせていただきます。
 議案第31号、平成22年度あま市介護保険特別会計補正予算(第1号)。
 次のページをお願いいたします。
 平成22年度あま市の介護保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、保険事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億622万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ37億9,092万5,000円とする。また、サービス事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ176万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,693万1,000円とする。
 第2項、保険事業勘定及びサービス事業勘定の歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成22年9月7日提出。あま市長、村上浩司。


◯議長 続きまして、概要説明を、福祉部長、どうぞ。


◯福祉部長 議案第31号、平成22年度あま市介護保険特別会計補正予算について御説明申し上げます。
 まず、保険事業勘定から御説明申し上げます。予算書の4、5ページをごらんください。
 保険事業勘定の歳入歳出補正予算の総額は歳入歳出それぞれ2億622万2,000円と定めるものでございます。この予算額は、前年度の繰越金として2億622万2,000円を財源としております。
 次に、12、13ページをごらんください。
 5款基金積立金、1項基金積立金、1目介護給付費準備基金積立金でございますが、7,029万8,000円を計上しております。この金額の精算につきましては、先ほど申し上げました繰越金の2億622万2,000円から6款の諸支出金の合計したものを差し引いた残額を積立金として計上したものでございます。
 次に、6款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、2目償還金の6,326万4,000円でございますが、これは平成21年度の介護給付費等の国県等への返還金であります。
 次に、同じ6款の3項繰出金、1目一般会計繰出金の7,266万円につきましては、給付負担割合に応じて計上したものでございます。
 次に、サービス事業勘定でございますが、16、17ページをごらんください。
 サービス勘定の歳入歳出補正予算の総額は176万5,000円でございますが、これは平成21年度の繰越額を予備費に計上するものでございます。
 以上、簡単ではございますが、22年度あま市介護保険特別会計補正予算の説明とさせていただきます。

  日程第53 議案第32号


◯議長 日程第53、議案第32号、平成22年度あま市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長、どうぞ。


◯市長 提案理由。
 議案第32号、平成22年度あま市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についての提案理由を申し述べます。
 歳入歳出それぞれの総額に歳入歳出それぞれ1億1,527万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ18億2,161万1,000円とする補正でありますので、慎重に御審議を賜り議決くださるようお願いいたします。
 以上でございます。よろしくお願いします。


◯議長 議案の朗読を求めます。
 総務課長、どうぞ。


◯総務課長 議案の朗読をさせていただきます。
 議案第32号、平成22年度あま市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)。
 1枚はねていただきまして、平成22年度あま市の公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億1,527万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ18億2,161万1,000円とする。
 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成22年9月7日提出。あま市長、村上浩司。


◯議長 続いて、概要説明を求めます。
 上下水道事業調整監。


◯上下水道事業調整監 それでは、議案第32号、平成22年度あま市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について概要説明を申し上げます。
 それでは、歳入から御説明いたします。
 予算書の8、9ページをごらんください。
 第1款の分担金及び負担金につきましては、公共下水道事業受益者負担金の実績と今後の見込みを見込んで、9,164万円を増額計上いたしました。
 次に、6款繰越金につきましては、前年度繰越金の確定に伴い、2,363万4,000円を増額計上いたしました。
 次に、歳出について御説明申し上げます。10、11ページをごらんください。
 1款の総務費の一般管理費につきましては、一括納付報奨金の実績と今後を見込んで、1,371万9,000円を増額計上いたしました。
 3款の公債費につきましては、地方債利子の確定に伴い、867万2,000円を減額計上いたしました。
 次に、4款の諸支出金につきましては、歳入歳出間の予算額を調整するための一般会計操出金1億1,022万7,000円を増額計上いたしました。
 以上で議案第32号の概要説明を終わらせていただきます。

  日程第54 議案第33号


◯議長 日程第54、議案第33号、平成22年度あま市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長、どうぞ。


◯市長 提案理由。
 議案第33号、平成22年度あま市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についての提案理由を申し述べます。
 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,966万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ12億9,245万6,000円とする補正でありますので、慎重に御審議を賜り議決くださるようお願いいたします。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。


◯議長 議案の朗読を求めます。
 総務課長、どうぞ。


◯総務課長 議案の朗読をさせていただきます。
 議案第33号、平成22年度あま市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)。
 次のページをお願いします。
 平成22年度あま市の後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
 第1条、歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ4,966万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ12億9,245万6,000円とする。
 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成22年9月7日提出。あま市長、村上浩司。


◯議長 続いて、概要説明を求めます。
 市民生活部長、どうぞ。


◯市民生活部長 それでは、予算書の8、9ページをお願いいたします。
 歳入でございます。
 3款1項1目一般会計繰入金、補正額が2,782万8,000円、これは広域連合負担金の平成21年度精算額の確定及び平成22年度負担額の確定に伴いまして、一般会計繰入金の増額補正をするものでございます。
 次に、4款1項1目繰越金で、補正額が2,183万7,000円、これは前年度繰越金の確定に伴う増額補正でございます。
 10、11ページをお開きください。
 歳出でございます。
 2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金で、補正額3,627万5,000円、これは療養給付費負担金、保険料等負担金及び事務費負担金の確定に伴う増額補正でございます。
 次に、3款3項1目一般会計繰出金で、補正額1,339万円、これは前年度精算分の確定に伴い増額補正をするものでございます。
 以上でございます。

  日程第55 議案第34号


◯議長 続きまして、日程第55、議案第34号、二級河川の指定の変更についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
 市長、どうぞ。


◯市長 提案理由。
 議案第34号、二級河川の指定の変更についての提案理由を申し述べます。
 二級河川小切戸川の上流端の位置が変更されるため、河川法第5条第6項の規定により愛知県知事から意見を求められたので、同意する意見を述べることについて、同条第5項の規定により議会の議決を求めるものでありますので、慎重に御審議を賜り議決くださるようお願いいたします。
 平成22年9月7日提出。あま市長、村上浩司。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。


◯議長 続いて、総務課長より議案の朗読を求めます。
 総務課長、どうぞ。


◯総務課長 議案の朗読をさせていただきます。
 議案第34号、二級河川の指定の変更について。
 河川法(昭和39年法律第167号)第5条第5項の規定により、愛知県知事が別紙河川の指定の変更をすることに対し、同意する旨の意見を述べることについて議会の議決を求める。
 平成22年9月7日提出。あま市長、村上浩司。
 次のページをお願いいたします。
 指定の変更。
 (変更前)
 水系名、河川名、区間、上流端、下流端の順で読み上げますので、よろしくお願いします。日光川、小切戸川、左岸、海部郡大治町大字西條字苅屋橋15番1地先、右岸、海部郡大治町大字西條字笠見立59番1地先、蟹江川への合流点。
 (変更後)
 水系名、河川名、区間、上流端、下流端の順で読み上げます。日光川、小切戸川、左岸、あま市七宝町秋竹新所69番79地先、右岸、あま市七宝町遠島七台1140番2地先、蟹江川への合流点。


◯議長 続いて、概要説明を求めます。
 建設産業部長、どうぞ。


◯建設産業部長 それでは、二級河川の指定の変更についての概要説明を行います。
 小切戸川変更イメージ図でもって説明をいたします。現在の状況を上半面に、河川指定変更工事計画を下半面に示しております。
 平成17年度より、愛知県により実施されました床上浸水対策特別緊急事業により、二級河川福田川と県道甚目寺佐織線の交差する大宝橋左岸下流側におきまして、排水機場築造工事が平成22年3月に完成しました。新設された排水機場よりも上流となる小切戸川の流域につきましては、従来、福田川と並行して流下し、円楽寺川排水機場にて福田川に排水していましたが、今後は新設の排水機場により福田川へショートカットして排水されることになりました。
 現在の小切戸川につきましては、今回協議願うところでございます。福田川より西側の部分を上流端とする全長4.5キロメートルの河川となり、上流端の所在地は大治町大字西條からあま市七宝町秋竹へ変更します。なお、大治町地内ではございますが、現在の小切戸川上流端から新設された排水機場にて福田川へ合流する区間につきましては、二級河川西條小切戸川と命名し、新設された排水機場についても西條小切戸川排水機場といたします。
 西條小切戸川につきましては、福田川への合流点、新設排水機場のところの合流点でございます、を下流端とし、大治町大字西條字苅屋橋25の1を上流端とする全長0.8キロメートルの河川となります。
 以上で概要説明とさせていただきます。


◯議長 以上で概要説明を終わります。

  日程第56~日程第62 陳情第5号~陳情第11号


◯議長 続きまして、会議規則第35条の規定により、日程第56、陳情第5号、30人以下学級の実現と義務教育費国庫負担制度拡充を求める陳情書、日程第57、陳情第6号、「子ども手当の見直し」の意見書の提出を求める陳情書、日程第58、陳情第7号、「永住外国人への地方参政権付与法に反対」の意見書の提出を求める陳情書、日程第59、陳情第8号、「選択的夫婦別姓法に反対」の意見書の提出を求める陳情書、日程第60、陳情第9号、シルバー人材センター事業の育成・強化を図る要望書、日程第61、陳情第10号、国の私学助成の拡充に関する意見書の提出を求める陳情書、日程第62、陳情第11号、愛知県の私学助成の拡充に関する意見書の提出を求める陳情書の陳情7件を一括議題とし、皆様のお手元に配付の陳情文書表のとおり、会議規則第133条の規定により所管の常任委員会へ付託いたします。

  日程第63 議員派遣の件


◯議長 日程第63、議員派遣の件を議題といたします。
 この件につきましては、事務局より説明させます。
 事務局長、どうぞ。


◯議会事務局長 それでは、私のほうから説明を申し上げます。
 議員派遣の件。平成22年9月7日。次のとおり議員を派遣する。
 1、あま市合併記念式典。
 (1)目的、市行事への参加。
 (2)派遣場所、あま市美和文化会館。
 (3)期間、平成22年9月23日木曜。
 (4)派遣議員、全員。
 2番以降からは、各目的から派遣議員の各項目については省略しまして、内容のみ読み上げますので、よろしくお願いします。
 2、健康福祉まつり2010、市及び社会福祉協議会行事への参加、あま市甚目寺総合福祉会館、平成22年10月3日日曜、全員。
 3、第72回全国都市問題会議、都市の危機管理に関する研究・研修、兵庫県神戸市、平成22年10月7日木曜、8日金曜、正副議長。
 4、市民スポーツフェスティバル、市及び教育委員会行事への参加、あま市美和グラウンド、平成22年10月10日日曜、全員。
 5、あま市安全安心大会、市行事への参加、あま市美和文化会館、平成22年10月23日土曜、全員。
 6、人権講演会、市及び教育委員会行事への参加、あま市甚目寺公民館、平成22年11月14日日曜、全員。
 7、第5回愛知県市町村対抗駅伝競走大会、市及び教育委員会行事への参加、愛・地球博記念公園、平成22年12月4日土曜、正副議長。
 以上であります。よろしくお願いします。


◯議長 お諮りいたします。
 議員派遣の件は、皆様のお手元に配付のとおり決定することに御異議ございませんか。
     (異議なし)


◯議長 ありがとうございます。
 異議なしと認めます。よって、議員派遣の件はお手元に配付のとおり決定いたしました。
 お諮りいたします。
 ただいまの議員派遣につきまして、やむを得ず派遣内容に変更、追加が生じた場合は、議長の私に御一任願いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
     (異議なし)


◯議長 ありがとうございます。
 異議なしと認めます。よって、そのように取り扱わせていただきます。
 以上で、本日の日程は終了いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
 なお、9月13日月曜日、午前10時より本会議を再開し、決算審査意見書及び決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書及び認定案並びに議案に対する質疑を行った後、議案第24号につきましては、8月31日開催の議会運営委員会で決定のとおり、委員会付託を省略し、討論、採決を行い、議案第24号を除く議案及び認定案については、各常任委員会に付託し、その後、一般質問に入りますのでよろしくお願いいたします。
     (午後2時38分)
───────────────────────────────────

 以上、会議の経過を記載してその相違ないことを証するためここに署名する。

 平成22年9月7日

     あま市議会議長 松 下 昭 憲

        署名議員 寺 本 かね子

        署名議員 前 田 豊 光