議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 みよし市

平成20年第2回定例会(第5号 6月23日)




平成20年第2回定例会(第5号 6月23日)





 
             平成20年第2回三好町議会定例会会議録


第5号


                       平成20年6月23日(月曜日)午前9時00分開議


日程第1  会議録署名議員の指名


日程第2  常任委員会委員長報告、質疑


日程第3  議案第42号から議案第53号までについて(討論、採決)


日程第4  常任委員会の閉会中継続調査申出事件について


日程第5  農業委員会委員の推薦


日程第6  議員派遣について


日程第7  町長あいさつ





出席議員(20名)


   1番  高 木 和 彦 議員       2番  小 嶋 立 夫 議員


   3番  青 木 敏 郎 議員       4番  伊 藤 邦 洋 議員


   5番  近 藤 ? 男 議員       6番  加 藤 孝 久 議員


   7番  林   ? 秋 議員       8番  近 藤 尚 之 議員


   9番  鈴 木 勇 夫 議員      10番  佐 藤 幸 美 議員


  11番  野々山   幸 議員      12番  伊 東 修 子 議員


  13番  山 田 隆 司 議員      14番  水 谷 邦 恵 議員


  15番  久 野 泰 弘 議員      16番  加 藤 康 之 議員


  17番  関 口   賢 議員      18番  加 藤 芳 文 議員


  19番  日 置 孝 彦 議員      20番  横 山 紀美恵 議員





欠席議員(0名)





説明のため出席した者の職氏名


 町長      久 野 知 英      副町長      冨 田 義 親


 病院事業管理者 柴 田 時 宗      政策推進部長   小野田 恵 一


 政策推進部参事 簗 井 友 美      総務部長     小 栗 真佐人


 町民生活部長  宮 川 昭 光      町民協働部長   赤 川 鈴 治


 健康福祉部長  中 河   基      経済建設部長   正 木 義 則


 経済建設部参事 野々山 弘 紀      会計管理者    柴 田 延 保


 病院事務局長  久 野 裕 一      教育長      廣 ? 正 己


 教育部長    寺 田 良 人      教育部参事    小 栗 一 夫


 監査委員事務局長


         柘 植 清 孝





職務のために出席した事務局職員の職氏名


 議会事務局長  鈴 木 基 之      議事課長     近 藤 和 男


 議事課長補佐  深 谷 幸 広      書記       林   航 平





                                午前9時00分 開議


○議長(加藤康之議員) おはようございます。ただいまの出席議員は19名であります。前回に引き続いて会議を開きます。


 お諮りします。本日の議事日程は、お手元に配付しました日程表のとおり決定してご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、本日の日程は決定しました。


 日程第1、会議録署名議員の指名を議題とします。


 会議録署名議員の指名は、今議会冒頭にお願いをいたしました7番 林 ?秋議員、18番 加藤芳文議員、以上お二人にお願いをいたします。


 日程第2、常任委員会委員長報告、質疑を議題とします。


 議案第42号から議案第53号までについてを一括議題とします。


 この際、各常任委員長より審査結果の報告を求めます。総務協働委員長、19番 日置孝彦議員。


            (総務協働委員長 日置孝彦議員 登壇)


○総務協働委員長(日置孝彦議員) 総務協働委員会の審議の経過及び結果について報告します。


 去る6月6日の本議会において、同委員会に付託されました案件は、議案第42号、43号、44号、49号、第1条、歳入歳出予算補正、歳入全部、歳出、款2総務費、第2条、継続費、表は第2表の4議案であります。6月13日金曜日、午前8時58分より第3委員会室において、委員全員出席のもと委員会を開催し、会期を1日間とし、直ちに審議に入りました。


 主な審議内容について報告します。


 議案第42号、暴力団の判断基準として、応募してきた団体の資格審査はどのように行いますかという質疑に対し、答弁は、判断については、暴力団による不当な行為の防止に関する法律に規定する暴力団及び組員としています。また、指定管理者の応募の段階で、豊田警察刑事課へ照会し、暴力団等を判断することにしていますとの答弁がありました。


 質疑が、次に、指定した以外の審査は定期的に審査するのかの質疑に対し、定期的に行わないが、警察が情報を持っているので、疑わしいと思ったら照会しますとの答弁でありました。


 議案第43号は、質疑ありませんでした。


 議案第44号、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づいて決算審査を行うことを町条例に盛り込む考えはないか、また町独自の判断でよいのか、決算審査が7月7日から19日までの実施の間で十分審査ができるか、法律によって審査期間は変わるのかという質疑に対し、必要な項目の追加のみの改正です。決算審査の部分は財政健全化法第9条第1項、第2条の第1項を対象としており、その他を入れるについては考えておりません。町独自の判断でよいかについては、これ以外のものを条例改正する予定はない。日数的にはどうかについては、担当者が県の説明会に出席しているところであり、現時点ではわかっておりません。審査期間については、上位法による1年以内に行うこととなっていますので、本年の決算審査で行い、9月議会で報告を行っていきますとの答弁がありました。


 つぎに、監査委員の責任はどうなるかという質疑に対し、当然監査に対する責任はありますとの答弁でありました。


 公営企業法の適用を受けている町民病院に資金不足が発生した場合の対応はどうなるかの質疑に対し、監査委員としては、提出された資料をもとに数値の訂正かどうかを判断するものであり、資金不足の場合の対応は考えておりませんの答弁でありました。


 議案第49号、歳入については質疑ありませんでした。


 歳出、複合施設策定委員会が設置され、当局より検討素案を出すことということですが、行政施設と機能が異なる図書館については、静かな環境のところがよいのではとの、本会議でも質問があったが、当局より、その設置の場所について数カ所提案をされるのかという質疑に対し、複合施設については、町の中心部のにぎわい交流の創出を図ることができる施設ということを考えている。町が所有している土地の中で建設場所を選定します。また、基本構想委員会では、町の提案をお示しした上で検討していただくことを予定しているとの答弁がありました。


 庁舎建設の設計業務委託について、事務棟一体化で1万平米程度で検討していくとのことですが、業務委託の内容は条件提示していくのですか、全部提案型なのかという質疑に対し、条件はおおむね1万平米で、建設位置は役場正面、概算費用はどれぐらいかという条件を提示しますとの答弁がありました。


 庁舎にしても複合施設についても、検討する方は健康な方だと思う。障害者の意見も十分入れていただけるような場を設けていただきたい。公募委員には、健康な方が応募してくると思うが、障害者の意見をどのように集約し、反映されますかという質疑に対し、基本的には住民の代表である議員の皆様の意見をお聞きし、進めたいと思っている。議員の皆様には、地元のいろいろな機会で住民の皆様との意見を吸い上げ、議会や特別委員会の中で意見をちょうだいしていきたいと考えてます。


 複合施設については、子供からお年寄りまですべての人が利用されると思いますので、事務局としては障害者の方の目線に立ち、見えがたい部分もいろんな意見をいただけるようにし、すべての人が利用しやすい施設にしてまいりたいと考えておりますの答弁がありました。


 その後、質疑がありませんでしたので、質疑を終結した後、全議員に対し、討論を省略することに賛成していただき、採決に入りました。採決の結果は、議案第42号、43号、44号、49号とも、全員賛成をもって本委員会に付託されました議案4件については、原案を可決すべきものと決しました。


 以上、報告といたします。


○総務協働委員長(日置孝彦議員) ただいまの委員長報告に対する質疑を許します。


 ご苦労さんでした。


 次に、文教厚生委員長、18番 加藤芳文議員。


            (文教厚生委員長 加藤芳文議員 登壇)


○文教厚生委員長(加藤芳文議員) それでは、文教厚生委員会の審議の経過とその結果をご報告いたします。


 本委員会は、6月16日9時より、7人全員の委員と町側から久野町長を初め関係職員の出席のもと開かれました。本委員会に付託された議案は、議案第49号 平成20年度三好町一般会計補正予算(第1号)、議案第50号 工事請負契約の締結について(三好中学校大規模改修(1期)建築工事)、議案第52号 物品の買入れについて(学校給食センター厨房機器)、この3議案です。


 本委員会は、開会後、直ちに質疑に入り、議案第49号に関し、総合福祉システム整備事業費の改修の内容はとの質問に対し、障害者自立支援法の円滑な実施を図るため、この7月より障害福祉サービスの利用者負担額の見直しがされるため、障害者福祉システムの電算処理を行っている総合福祉システムの変更を行うものですとの答弁でした。


 また、見直しについては、?低所得世帯を中心とする利用者負担の軽減、?軽減対象となる課税世帯の範囲の拡大、?個人単位を基本とした所得段階区分への見直しの3項目ですとの答弁でした。


 小学校普通教室扇風機設置工事の内容は、また設置時期はいつかとの質問に対し、30センチ径のものを一部屋天井4つつける予定です。中学校も同様です。今後、入札を行い、8月中に設置したいとの答弁でした。


 次に、地区公民館修繕等補助事業費について、今後の整備計画はとの質問に対し、地区公民館は9つあり、本年度は当初に打越公民館の駐車場、そして今回、福谷公民館と、いずれも地元からの要望に沿い予算化し実施します。また、耐震化については、平成20年度から調査、順次実施してまいりますとの答弁でした。


 次に、指定寄附はどのように受けているのかとの質問に対し、寄附者の意向を尊重した結果の指定寄附です。今回は、豊田信用金庫から300万円の寄附の申し出があり、教育関係に使ってほしいということで、打ち合わせの上、町制施行50周年記念の普通教室扇風機設置事業の費用に使わせていただきましたとの答弁でした。


 黒笹保育園で購入する備品はどんなピアノかとの質問に対し、アップライト型のピアノですとの答弁でした。


 次に、議案第50号に入り、三好中学校大規模改修(1期)建築工事とあるが、1期の契約金額の中には、給排水の設備工事は入っているのか、また北側校舎は外に廊下があるつくりであり、雨の吹き込みや冬の北風もあり、暖房効果も悪いと思うが、その対策は今回の工事に入っているかとの質問に対し、給排水は建築工事と機械工事、電気工事の中に入っています。北校舎は、昭和46年につくられた当時は、モダンで斬新な構造であったが、ご指摘のとおり、廊下は雨や風に当たりやすい。今回の改修工事には、廊下に壁やパネルをつけることは予定に入っていません。その理由は、壁をつける工事は基礎工事を初め工事が大規模になるため、夏休み期間中にはできないため、手すりのパネルも検討したが、台風時期の風圧に耐える構造になっていないためとの説明でした。


 次に、三好中学校大規模改修工事の第1期はわかったが、2期工事はいつごろの予定か、また南中学校の改修工事の予定はあるかとの質問に対し、三好中学校の第2期工事は平成21年度に体育館及び特別教室の改修工事をし、第3期工事は平成22年度に外構工事として外回りを行う予定である。大規模改修計画では、南中学校は平成30年度から改修工事を予定しているとの説明でした。


 次に、議案第52号に入り、厨房機器購入についてであるが、給食センターから移設した機器でまだ残っているものはあるか、今後の更新計画はとの質問に対し、また高額な機器はどんなものか、その機器の耐用年数はどうかとの質問に対し、旧給食センターから移設した厨房機器で現存するものは、平成7年度に購入した昇降式消毒保管機4台、平成10年と平成12年に購入した蒸気回転がま2台、それに自動食器洗浄システム1基の3機種、7台があります。既に耐用年数は10年を経過している。旧の給食センターから移設したものについては、平成22年度までの更新計画がありますとの答弁でした。また、高額な機器としては、平成15年3月に購入した冷却機で、附帯工事を含め1,260万円、平成15年3月に購入した焼き物機で、工事費を含め997万5,000円、冷凍室が903万円などがありますとの答弁でした。


 次に、給食センターを視察したが、扇風機はあったが、クーラーが使えないのですかとの質問に対し、ごらんいただいたのは洗浄室です。クーラーも設置していますが、洗浄室はどうしても温度が上がるため、扇風機も使用していますとの答弁でした。


 昇降式消毒保管機は蒸気で消毒するのかとの質問に対し、ボイラーで発生させた蒸気を機内側面の蒸気管を通して機内温度を上げ、温度むらがないようファンで循環させる仕組みです。また、今回購入の消毒保管機は、機内温度を90度Cで1時間の熱処理を行うものですとの答弁でした。


 地震などによりスチーム管等の配管が亀裂ができたときの対応はどうかとの質問に対し、給食センターの地下はピット方式となっており、空間ができているので掘り起こすことなく地下に入って作業がしやすいようになっている。緊急時の対応については、給食センター内に安全衛生委員会を設置し、委員会の中で労働災害や緊急時等の安全確保について話し合いを行っていますとの答弁でした。


 昇降式消毒保管機、スチームコンベクションオーブン、それぞれ1台あたりの価格は幾らかとの質問に対し、昇降式消毒保管機1台当たりの落札価格は310万円、スチームコンベクションオーブンは400万円です。これ以外に工事費を見込んでいますとの答弁でした。


 毎日の作業工程など、どのような方法で調理員に説明しているのかとの質問に対し、毎日昼の休憩時間を利用して、栄養士さんから調理員の皆さんに対し、翌日の調理方法や動線について説明し、打ち合わせを行っていますとの答弁でした。


 ここで、質疑もなくなりましたので、討論を省略し、採決をしたところ、3議案とも原案を可決すべきものと全員賛成で決しました。


 以上をもって、文教厚生委員会の報告といたします。


○議長(加藤康之議員) ただいまの委員長報告に対する質疑を許します。


 ご苦労さんでした。


 続いて、生活経済委員長、11番 野々山幸議員。


            (生活経済委員長 野々山幸議員 登壇)


○11番(野々山幸議員) 生活経済委員会の主な審議の経過及び結果についてご報告申し上げます。


 6月12日の本会議におきまして、当委員会に付託されました案件は、議案第45号 三好町国民健康保険税条例の一部を改正する条例、議案第46号 三好町税条例の一部を改正する条例、議案第47号 三好町都市計画税条例の一部を改正する条例、議案第48号 三好町営住宅管理条例の一部を改正する条例、議案第49号 平成20年度三好町一般会計補正予算(第1号)、第1条、歳入歳出予算の補正、歳出、款4衛生費、項1保健衛生費、目6公害対策費、議案第51号 工事請負契約の締結について、議案第53号 町道路線の認定について、以上の7件であります。


 6月17日午前9時より第3委員会室において、委員6名全員、町側から久野町長、冨田副町長初め関係部課長出席のもと、委員会を開催いたしました。審査予定を6月17日の1日間と決定し、直ちに議案の審議に入りました。


 初めに、議案第45号 三好町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、改正4条で資産割額100分の20を100分の17に改めたが、今後はどのように考えているのかの質疑に対して、資産割額は所得割額の補完制度であり、18年度、19年度の国民健康保険運営協議会でも取り上げられており、引き上げの方向の答申は受けています。ただ、現状の税収を確保する観点に立てば、資産割額を引き下げるということは、所得割額、均等割額、平等割額の引き上げにつながりますので、低所得者への配慮も必要と考えていますとの答弁でした。


 次に、この改正によって、国民健康保険税額、後期高齢者支援金等支援額おのおのの合計額、一般会計の繰入額は幾らになるかの質疑に対し、平成20年度の後期高齢者支援額が1億5,763万6,000円、国民健康保険税額が8億6,837万7,000円、繰入額が6億9,428万2,000円の見込みですとの答弁でした。


 次に、75歳以上の後期高齢者医療費への町からの一部補助はあるか、できるかとの質疑に対して、できないことはありませんが、現時点では考えていませんとの答弁でした。


 国の示している限度額と町の限度額は幾らかの質疑に対し、国の示している限度額は、医療分が47万円、後期高齢者支援分が12万円、介護分が9万円で、合計68万円。町は医療分42万円、後期高齢者支援分10万円、介護分7万円で、合計59万円ですとの答弁でした。


 次に、議案第46号 三好町税条例の一部を改正する条例について、ふるさと納税制度の手続と影響はどうかの質疑に対して、市町村または県への寄附申請を行い、その領収書を添付して、来年の3月15日までに確定申告をした場合、個人住民税の所得割額の10%を上限に5,000円を超えた部分の寄附額を所得税においては所得控除、住民税においては税額控除されますとの答弁でした。


 人格のない社団、一般社団法人、一般財団法人とはどのような法人かの質疑に対して、人格のない社団とは、法人格のない団体や登記されていない団体を指します。また、一般社団法人や一般財団法人は、平成20年12月1日施行される一般社団法人及び一般財団法人に関する法律により設立される法人ですとの答弁でした。


 居住安全改修工事の安全基準はあるか、また山林所得とは何かの質疑に対し、改修工事の基準については国土交通省が定めています。山林所得とは、取得してから5年を経過している山林を伐採して譲渡したり、立ち木のままで譲渡することによって生ずる所得をいいますとの答弁でした。


 次に、議案第47号 三好町都市計画税条例の一部を改正する条例について、条例改正による影響と三好町の都市計画税0.3%は、豊田市の0.25%、日進市の0.15%、長久手町の0.25%と比較して高いが、引き下げの考えはあるかの質疑に対し、条例改正による影響はありません、また都市計画税の率を引き下げる考えは現在はありませんとの答弁でした。


 次に、議案第48号 三好町営住宅管理条例の一部を改正する条例については、今回の条例の一部改正の中で、入居者または同居者が暴力団員であることが判明したときとあるが、暴力団員であることをどのように判断するのかの質疑に対して、警察との協議がありますので、警察に入居者を照会し、暴力団員であるか否か判断していただきますとの答弁でした。


 町営住宅の家賃滞納の状況はどうか、また滞納者への対応はの質疑に対して、町営住宅の家賃滞納は現在300万円ほどあります。滞納者には戸別訪問を行い、滞納整理を行っています。過去3年間では滞納整理により滞納金が毎年減少してきています。また、滞納者には誓約書を作成し納付していただいていますとの答弁でした。


 町営住宅の入居希望は現在どのくらいかの質疑に対して、平成19年度は町営住宅全体の入居可能戸数に対して9倍の申し込みがあり、住宅別では福谷住宅が23から27倍、莇生住宅が3から8倍、明知住宅が3から10倍でありましたとの答弁でした。


 次に、議案第49号 平成20年度三好町一般会計補正予算(第1号)、水生生物調査の時期、場所、方法、実施者はだれか、児童の体験学習として有意義と思うが、今後はどうかの質疑に対し、7月28日から30日の4日間で境川上流の北部小学校付近、下流の旧給食センター付近、茶屋川のトヨタ明知工場付近、砂後川の国道153号線南側付近の4カ所で実施する予定です。各地区、小学生にやっていただいています。平成19年度は3カ所で、小学生52名、随行員を含めて81名の参加をいただき、今後も続けていきたいと考えていますとの答弁でした。


 寄附金が補正予算の財源更正に使われているが、寄附金は財源更正ではなく、目に見えるような使い方をしていただきたいとの質疑に対し、寄附金の使い方については、寄附者とよく相談し検討した上で決めていますが、今後も寄附者の意向に沿うよう十分に協議、検討し、決定させていただきますとの答弁でした。


 次に、議案第51号 工事請負契約の締結について、新設する町道三好ケ丘駒場線の交差点部の安全対策はどのように考えているかの質疑に対し、平成21年度までに町道三好ケ丘駒場線を全線開通する目標で事業を進めています。新設される交差点箇所などの安全対策については、打越黒笹2号線との交差点、落合辰巳山線との交差点部への信号機設置やその他の安全施設の設置などについて、公安委員会と協議を行い、その実施をお願いしていますとの答弁でした。


 今回の制限つき一般競争入札はどのような制限があったのか、制限が激し過ぎたため2社しか入札がなかったのではないかの質疑に対して、入札参加者、入札参加資格者の内容は、高速道路区域内の工事実績があり、経営規模等評価の評価点が700点以上の業者であることなどです。高速道路区域内の工事は、制限もあり難しい工事であるため、入札参加者が少なかったと思われますとの答弁でした。


 昨年度の橋台工事費5,250万円とことしの橋台工事費8,190万円の差は何かの質疑に対して、今年度は昨年度と比較して橋台が大きい点、工事の作業ヤードが広い点、仮設工事に係る費用や原材料費が高くなっている点などの要因から、工事費が高くなっていますとの答弁でした。


 次に、議案第53号 町道路線の認定については、町道の認定基準はの質疑に対し、町道の認定基準は、道路幅員が4メートル以上であることを初め7項目の基準に適合していることが要件でありますとの答弁でした。


 そして、質疑が終わり、総括質疑に入り、議案第51号の三好ケ丘駒場線について、畜産業者付近の工事の進捗状況はの質疑に対して、道路法による監督処分を行い、昨年度着手した道路改良工事については繰り越しを行いましたが、おおむね作業を終えています。現在は平成20年度予算の路盤を含む舗装工事を発注し、作業に取りかかっています。平成21年度末の全線開通を目標に、三好ケ丘駒場線全体の工事を推進していますとの答弁でした。


 総括質疑も終了し、討論を省略し、採決した結果、議案45号、46号、47号、48号、49号、51号、53号の7議案とも全員賛成。よって、本委員会に付託されました議案は、全議案、原案どおり可決すべきものと決しました。


 以上で、生活経済委員会の委員長報告といたします。


○議長(加藤康之議員) ただいまの委員長報告に対する質疑を許します。


 ご苦労さんでした。


 以上をもって常任委員会委員長報告、質疑を終わります。


 ただいまの出席議員は20名であります。


 引き続き会議を開きます。


 日程第3、議案第42号から議案第53号までについてを一括議題とします。


 これより討論に入ります。


 議案第42号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 議案第43号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 議案第44号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 議案第45号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 議案第46号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 議案第47号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 議案第48号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 議案第49号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 議案第50号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。20番 横山紀美恵議員。


○20番(横山紀美恵議員) 私はこの50号の工事請負契約の締結について大賛成なんですが、実はね、この3期もかかってせずに、できるだけ早く、2期のこの特別教室、体育館は耐震の問題もあるので、もうできるだけ予算の許す限りでも早くやってほしいと思います。外回りは特に、急ぐなというわけじゃないんですけどね、やっぱり教育問題はもうね、けちけち予算をしてないで、早くやってほしいと思います。それと、3期のプールなんですがね、今、紫外線対策が問題になっておりますので、マーガレット幼稚園が行っているように、屋根にシートをしていただくようなね、後からするのにはまた予算がかさんでしまうので、この際、ぜひそういう対策をやっていただきたい。賛成討論になるかどうかあれなんですがね、ぜひよろしくお願いします。以上です。


○議長(加藤康之議員) 次に、反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 議案第51号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 議案第52号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 議案第53号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 これで討論を終わります。


 これより採決をします。


 議案第42号は、委員長報告のとおり原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立全員)


○議長(加藤康之議員) 起立全員です。よって、議案第42号は、原案のとおり可決されました。


 議案第43号は、委員長報告のとおり原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立全員)


○議長(加藤康之議員) 起立全員です。よって、議案第43号は、原案のとおり可決されました。


 議案第44号は、委員長報告のとおり原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立全員)


○議長(加藤康之議員) 起立全員です。よって、議案第44号は、原案のとおり可決されました。


 議案第45号は、委員長報告のとおり原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立多数)


○議長(加藤康之議員) 起立多数です。よって、議案第45号は、原案のとおり可決されました。


 議案第46号は、委員長報告のとおり原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立多数)


○議長(加藤康之議員) 起立多数です。よって、議案第46号は、原案のとおり可決されました。


 議案第47号は、委員長報告のとおり原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立多数)


○議長(加藤康之議員) 起立多数です。よって、議案第47号は、原案のとおり可決されました。


 議案第48号は、委員長報告のとおり原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立全員)


○議長(加藤康之議員) 起立全員です。よって、議案第48号は、原案のとおり可決されました。


 議案第49号は、委員長報告のとおり原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立全員)


○議長(加藤康之議員) 起立全員です。よって、議案第49号は、原案のとおり可決されました。


 議案第50号は、委員長報告のとおり原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立全員)


○議長(加藤康之議員) 起立全員です。よって、議案第50号は、原案のとおり可決されました。


 議案第51号は、委員長報告のとおり原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立全員)


○議長(加藤康之議員) 起立全員です。よって、議案第51号は、原案のとおり可決されました。


 議案第52号は、委員長報告のとおり原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立全員)


○議長(加藤康之議員) 起立全員です。よって、議案第52号は、原案のとおり可決されました。


 議案第53号は、委員長報告のとおり原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立全員)


○議長(加藤康之議員) 起立全員です。よって、議案第53号は、原案のとおり可決されました。


 日程第4、常任委員会の閉会中継続調査申出事件についてを議題とします。


 各常任委員会における町所管事務の調査について、会議規則第71条の規定により、各常任委員長から委員の所管所属変更がなされるまでの閉会中の継続調査の申し出がありましたので、これを一覧表にしてお手元に配付しておきました。


 お諮りします。各常任委員長から申し出のとおり、委員の所属変更がなされるまで、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、各常任委員長からの申し出のとおり、委員の所属変更がなされるまで、閉会中の継続調査をすることに決定しました。


 日程第5、農業委員会委員の推薦の件を議題といたします。18番 加藤芳文議員。


○18番(加藤芳文議員) 今回、農業委員会の委員の推薦ということが日程として出てるわけですけれど、話としては聞いてますけれど、正式にだれを推薦するかっていうことが文書として本会議に出てないと思うので、やはり出すべきじゃないですか。


○議長(加藤康之議員) 後ほどにご説明をさせていただくということで。18番。


○18番(加藤芳文議員) こういったものは口頭の説明ではなくて、文書できちっと出すべきことで、私の今までの経験だと、こういった書類が本会議に出てないということはなかったと思うので、やはり出してください。


○議長(加藤康之議員) 次回から提出していただくということで、よろしいでしょうか。18番 加藤芳文議員。


○18番(加藤芳文議員) 今出せない理由が何かあるわけですか。数分あれば出ることだと思うんですけど。


○議長(加藤康之議員) それでは、出していただきますので。


 暫時、ここで休憩をいたします。午前10時から開会をいたします。


                                午前 9時40分 休憩


                                午前10時00分 再開


○議長(加藤康之議員) ただいまの出席議員は20名であります。


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 前回、18番 加藤芳文議員より農業委員の被推薦者の一覧表の質疑がございましたが、お手元に配付しておきましたので、お願いをいたします。


 町長から、農業委員が平成20年7月19日をもって任期満了となることに伴い、農業委員の議会推薦の依頼がありましたので、農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定に基づき、委員の推薦を行います。


 お諮りします。委員の推薦方法につきましては、議長からの指名によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、議長からの指名によることに決定しました。


 被推薦者は3名であります。


 それでは、指名します。


 近藤?男氏、鈴木克代氏、小寺小君氏、以上を農業委員に推薦します。


 なお、近藤?男議員は、地方自治法第117条の規定により除斥の対象となりますので、これより暫時退席を求めます。


                 (近藤?男議員退席)


○議長(加藤康之議員) お諮りします。議会推薦の農業委員は、ただいま指名しました3名を推薦することに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立多数)


○議長(加藤康之議員) 起立多数です。よって、近藤?男氏、鈴木克代氏、小寺小君氏、以上3名を農業委員に推薦することを決定しました。


 さきに退席しました近藤?男議員の出席を求めます。


                 (近藤?男議員着席)


○議長(加藤康之議員) 日程第6、議員派遣についてを議題とします。


 お諮りします。議員の派遣については、三好町議会会議規則第114条の規定により、お手元に配付しました資料のとおり実施したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、議員の派遣については、お手元の資料のとおり実施することに決定しました。


 お諮りします。本議会において議決されました全議案の条項、字句、数字、その他整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、条項、字句、数字、その他の整理は議長に委任することに決定しました。


 これをもって本議会に付議された案件の審議は全部終了しました。


 日程第7、町長のあいさつをお願いします。久野町長。


                 (久野町長 登壇)


○町長(久野知英) 閉会に当たり、一言お礼のごあいさつを申し上げます。


 去る6日に開会いたしました第2回三好町議会定例会も円滑な議事運営のもと、滞りなく全日程を終了いただきまして、ここに閉会の運びとなりました。


 議員各位には、本会議並びに各委員会において極めて熱心かつ慎重なご審議を賜り、提案いたしました全議案について、原案どおり可決ご決定をいただき、厚くお礼を申し上げます。


 なお、審議に際し、議員各位から賜りましたご意見、ご要望等につきましては、十分これを尊重し、検討いたしまして、今後の行政運営に取り組んでまいります。


 議会開会のあいさつにおいて、ミャンマーのサイクロン、そして中国四川大地震について触れたところでありますけども、今議会開会中の14日には内陸型の大地震、岩手・宮城内陸地震が発生し、多くの皆様が被災されました。心よりお悔やみ、お見舞いを申し上げますとともに、一刻も早い復興をお祈りいたします。


 東海地方も危惧されております東海、東南海地震といった海溝型地震のみならず内陸型地震につきましても、いつどこで起きるかわからないと報じられています。大規模地震が頻発する中、地震に対する危機意識が高まり、世帯個々での震災への備えが重要視されています。行政といたしましても、常に危機管理意識を持ち、緊急時に迅速な行動がとれるよう備えるとともに、小・中学校、保育園を初め多くの皆様方が集う公共施設への緊急地震速報システムの早急な整備に取り組んでまいります。皆様におかれましても、みずからできる備えを講じていただき、ご自身の安全の確保に努めていただくようお願いいたします。


 さて、去る6月13日から17日にかけまして、友好都市でありますアメリカ、コロンバス市から、高校生と引率の先生など16名の皆さんが来訪されました。滞在中は、これまでにコロンバス市への中学生派遣に参加された高校生や国際交流ボランティアに登録いただいてる皆様のご家庭でホームステイをしながら、三好高校への体験入学、町内小・中学校の訪問、尾三消防本部の視察など、さまざまな交流事業があり、参加されました。我が町の若い世代の皆さんとの交流が活発に行われたことは、まことに意義深く、貴重な思い出となったのではなかろうかと思います。


 さて、議会におかれましては、7月初旬から常任委員会並びに特別委員会の行政調査が予定されておると伺っています。議員各位におかれましては、行政調査を通じ研さんされた事柄を市制施行に向けたまちづくりの参考としてご指導くださるようお願いいたします。


 梅雨の真っただ中、すっきりしない天候が続いております。議員各位におかれましては、健康に十分留意され、今後ともますますご活躍されんことをご祈念するとともに、町政推進に当たり一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げまして、閉会のあいさつといたします。ありがとうございました。


               (議長 加藤康之議員 登壇)


○議長(加藤康之議員) 閉会に当たりまして、一言お礼を申し上げます。


 本定例会は、去る6月6日の開会以来本日まで18日間にわたり、補正予算など町政当面の諸議案を審議いたしましたが、議員各位のご精励によりまして、ただいま閉会を迎えることができましたことは、議長としてまことに喜びにたえません。町長初め理事者各位におかれましては、審議の間、常に真摯な態度を持って審議にご協力いただきましたことに対して、深く感謝をいたします。


 また、議会中において、議員各位から述べられました意見、要望、事項につきましては特にご考慮をいただき、執行に際しては町行政に十分反映されますよう強く要望いたす次第であります。


 梅雨に入り、特に自然災害の心配される季節となりましたが、議員各位におかれましては、来月上旬より各委員会の行政調査が予定されております。健康にはくれぐれもご留意をいただきまして、町政の積極的な推進にご尽力賜らんことをお願いを申し上げまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。


 これをもって平成20年第2回三好町議会定例会を閉会します。


                                午前10時10分 閉会





 上記会議の顛末を記載し、相違ないことを証明するためここに署名する。


       平成20年6月23日





             三好町議会議長  加 藤 康 之





             署 名 議 員  林   ? 秋





             署 名 議 員  加 藤 芳 文