議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 みよし市

平成20年第1回臨時会(第1号 5月14日)




平成20年第1回臨時会(第1号 5月14日)





 
             平成20年第1回三好町議会臨時会会議録


第1号


                    平成20年5月14日(水曜日)午前9時00分開会


日程第  1  議会運営委員会委員長の報告


日程第  2  会議録署名議員の指名


日程第  3  会期の決定


日程第  4  町長あいさつ


日程第  5  議案第40号から議案第41号までについて(提案説明、議案質疑)


日程第  6  委員会付託


日程第  7  常任委員会委員長報告、質疑


日程第  8  議案第40号から議案第41号までについて(討論、採決)


日程第  9  議員提出議案第1号について(提案説明から採決まで)


追加日程第1  副議長辞職の件


追加日程第2  副議長の選挙


日程第 10  常任委員会委員、議会運営委員会委員及び特別委員会委員の選任


日程第 11  議会運営委員会の閉会中継続調査申出事件について


日程第 12  町長あいさつ





出席議員(20名)


   1番  高 木 和 彦 議員       2番  小 嶋 立 夫 議員


   3番  青 木 敏 郎 議員       4番  伊 藤 邦 洋 議員


   5番  近 藤 ? 男 議員       6番  加 藤 孝 久 議員


   7番  林   ? 秋 議員       8番  近 藤 尚 之 議員


   9番  鈴 木 勇 夫 議員      10番  佐 藤 幸 美 議員


  11番  野々山   幸 議員      12番  伊 東 修 子 議員


  13番  山 田 隆 司 議員      14番  水 谷 邦 恵 議員


  15番  久 野 泰 弘 議員      16番  加 藤 康 之 議員


  17番  関 口   賢 議員      18番  加 藤 芳 文 議員


  19番  日 置 孝 彦 議員      20番  横 山 紀美恵 議員





欠席議員(0名)





説明のため出席した者の職氏名


 町長        久 野 知 英     副町長      冨 田 義 親


 政策推進部長    小野田 恵 一     政策推進部参事  簗 井 友 美


 総務部長      小 栗 真佐人     町民生活部長   宮 川 昭 光


 町民協働部長    赤 川 鈴 治     健康福祉部長   中 河   基


 経済建設部長    正 木 義 則     経済建設部参事  野々山 弘 紀


 会計管理者     柴 田 延 保     病院事務局長   久 野 裕 一


 教育長       廣 瀬 正 己     教育部長     寺 田 良 人


 教育部参事     小 栗 一 夫     監査委員事務局長 柘 植 清 孝





職務のために出席した事務局職員の職氏名


 議会事務局長    鈴 木 基 之     議事課長     近 藤 和 男


 議事課長補佐    深 谷 幸 広     書記       林   航 平





                                午前9時00分 開会


○議長(加藤康之議員) おはようございます。ただいまから平成20年第1回三好町議会臨時会を開会いたします。


 現在の出席議員は20名で、議員定数の過半数に達しております。よって、平成20年第1回三好町議会臨時会は成立しております。


               (議長 加藤康之議員 登壇)


○議長(加藤康之議員) 平成20年第1回臨時会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 議員各位におかれましては、公私ともご多用のところご出席をいただき、厚く御礼を申し上げます。


 今臨時会に提出される議案は、専決処分の承認を求めることについてを初め計2件であります。議員各位には、ご精励を賜りまして議案に対して慎重な審議の上、適切なる結論を得られますよう念願をいたします。


 風薫る新緑の中、議員各位の十分なご自愛の上、諸般の議事運営にご協力いただきますことをお願いを申し上げまして開会のあいさつといたします。


 これより本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付しました日程表のとおり決定してご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、本日の日程は決定しました。


 これより本日の日程に入ります。


 日程第1、議会運営委員会委員長の報告を求めます。議会運営委員長、13番 山田隆司議員。


            (議会運営委員長 山田隆司議員 登壇)


○議会運営委員長(山田隆司議員) おはようございます。議会運営委員会の主な決定事項の報告をさせていただきます。


 去る5月9日午前9時から議会運営委員会を開催し、平成20年第1回三好町議会臨時会の提出議案、日程等について、委員9名、当局は町長以下6名、関係職員2名が出席し、慎重審議いたしました。


 会期日程につきましては、本日、5月14日の1日間とし、提出議案の説明、議案質疑、委員会付託、討論及び採決等をし、次に常任委員会委員等の選任、議会運営委員会の閉会中継続審査申し出事件を議題とし、閉会といたします。


 以上、議会運営委員会の主な決定事項の報告といたします。


○議長(加藤康之議員) ご苦労さんでした。


 日程第2、会議録署名議員の指名を議題とします。


 会議録署名議員は、会議規則第113条の規定により、議長から指名をいたします。


 それでは、6番 加藤孝久議員、17番 関口 賢議員、以上お二人に今回の会議録署名議員をお願いをいたします。


 日程第3、会期決定の件を議題として、お諮りをします。本臨時会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日1日間としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は、本日1日間と決定しました。


 なお、会議予定につきましては、お手元に配付しました案のとおりでありますので、ご了承をお願いいたします。


 本臨時会に説明員として出席通知のありました者の職、氏名を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。


 町長から議案の提出がありましたので、報告します。


 日程第4、町長のあいさつをお願いします。久野町長。


                 (久野町長 登壇)


○町長(久野知英) おはようございます。開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 本日ここに平成20年第1回三好町議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には何かとご多用の中ご出席を賜り開会できますことを厚くお礼を申し上げます。


 一昨日、中国四川省においてマグニチュード7.8という大規模な地震が発生し、家屋やビルの倒壊などにより1万2,000人を超える方々が犠牲となられ、今後もさらにふえる可能性が高いと報道されております。犠牲となられた方々に対し心よりお悔やみを申し上げますとともに、一日も早い復旧を祈念いたすところであります。


 本町も東海・東南海地震の発生が危惧されている地域であり、公共施設の耐震化や家庭の耐震改修など早急な震災対策の必要性を改めて痛感したところであります。


 去る5月2日に、豊田市内において女子高校生が下校途中に殺害されるという極めて痛ましい事件が発生いたしました。ご両親を初めご親族の皆様の心中をご察し申し上げるに、お慰めの言葉も見つかりません。心よりお悔やみを申し上げますとともに、一刻も早い犯人逮捕を願うところでございます。


 我がまちにおきましても以前から不審者情報が寄せられており、各地域における防犯パトロール活動の実施や保護者の皆様への不審者情報の配信などにより、児童生徒が危害に巻き込まれないよう安全対策に努めてきたところであります。事件発生後は、登下校時における安全確保の一層の徹底を図るため、複数での登下校や明るいうちの帰宅など事件に遭遇しないための行動を再確認するとともに、防犯教室の開催や緊急時における連絡体制及び教職員のとるべき行動の確認、見直し等をいたしております。地域の皆様と一体となり、児童生徒が凶悪な犯罪に巻き込まれることのないよう、防犯体制の一層の強化と安全・安心のまちづくりに今後とも取り組んでまいりますので、皆様のご協力をお願いいたします。


 さて、本年度は、町制を施行し50周年という節目の年でございます。この記念すべき町制施行50周年を町民の皆様とともに祝い、今日の我がまちの礎を築いていただいた皆様方のご功績に感謝するとともに、ふるさと三好の変遷の歴史を振り返っていただくため、来る5月24日に開催いたします町制施行50周年記念式典を初めさまざまな記念事業の実施を予定いたしております。主な記念事業につきましては4月1日号の広報みよしで紹介させていただいておりますので、多くの皆様のご参加をお願いいたします。


 現在、ふるさと三好のさらなる進展を目指し、将来に向けたまちづくりの指針となる第6次総合計画の策定に取り組んでおります。町民の皆様の生活にかかわる極めて重要な計画であることから、パブリックコメント手続などにより今後も積極的な情報の発信に努め、皆様のご意見、ご意向を拝聴しつつ市制にふさわしい計画を策定してまいりますので、議員各位並びに町民の皆様のご理解とご協力をお願いをいたします。


 本年は、市制施行に向けた重要な年であります。現在、市制施行名称等検討委員会において市の名称と市制施行の時期について検討いただいており、今年じゅうには決定したいと考えておりますので、議員各位並びに町民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。


 次に、私がこの立場に就任させていただいてから毎年開催いたしております皆さまと語る会でありますが、より多くの皆様との対話の機会を設けさせていただくため、昨年度より行政区や団体、グループからのご要請におこたえし、ふれあい座談会を新たに開催いたしております。本年度も行政区はもとよりのこと、団体やグループの皆様との対話を通じ率直なご意見、ご提言を拝聴するため、ふれあい座談会を引き続き開催することとし、4月の区長会や5月1日号の広報みよしでご案内いたしたところであります。より多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。


 さて、今臨時会に提出いたします議案は、専決処分の承認、物品の買い入れの2案件です。詳細につきましては、後ほど担当部長より説明させていただきます。慎重なるご審議をいただき、原案どおり可決、ご決定をいただきますようお願い申し上げまして、開会のあいさつといたします。


○議長(加藤康之議員) 日程第5、議案第40号及び議案第41号についてを一括議題とします。


 議事進行を図るため、議案名のみ事務局長に朗読させ、その他は朗読を省略します。鈴木議会事務局長。


○議会事務局長(鈴木基之) (議案名朗読)


○議長(加藤康之議員) それでは、提案者の説明を求めます。議案第40号 宮川町民生活部長。


○町民生活部長(宮川昭光) 議案第40号 専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。


 地方自治法第179条第1項の規定によりまして、別紙のとおり専決処分をしたので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものでございます。


 おめくりをいただきまして、専決第1号 専決処分書。平成20年4月30日に専決処分いたしました。処分事項につきましては、三好町税条例の一部を改正する条例でございます。理由といたしまして、地方税法の一部が改正されたことに伴いまして三好町税条例の一部を改正する必要があるからでございます。


 2ページの条例改正点の説明書で説明させていただきます。附則第20条は住民税の関係でございまして、金融・証券税制の改正で特定中小会社が発行した株式に係る課税の特例につきまして経過措置を設けて廃止するものでございます。


 1ページお戻りいただきまして、附則といたしまして、この条例は公布の日から施行する。なお、2条、3条で関係する経過措置を定めております。


 以上、説明とさせていただきます。


○議長(加藤康之議員) 次に、議案第41号 説明者、小野田政策推進部長。


○政策推進部長(小野田恵一) 議案第41号 物品の買入れについて。説明としまして、この案を提出するのは、さんさんバス車両を買い入れるため必要があるからであります。


 物件名、さんさんバス車両、物件の概要としまして小型ノンステップバス2台、買い入れ金額につきましては3,806万4,080円、買い入れ先につきましては愛知県豊田市伊保町大鳥居28番地、愛知日野自動車株式会社豊田営業所、所長、山内雅人、契約の方法、制限つき一般競争入札(事後審査型)であります。なお、開札記録表を添付しておりますので、ご参照いただきたいと思います。


 以上、説明とさせていただきます。


○議長(加藤康之議員) 以上で説明を終わります。


 これより議案に対する質疑に入ります。


 なお、質疑については、会議規則第52条及び第53条第1項の規定により、発言は15分以内、回数は4回以内としてご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認め、さよう決定しました。


 なお、発言については、議案に直接関係のある質疑にしていただきますようお願いをします。


 議案第40号に対する質疑を許します。14番 水谷邦恵議員。


○14番(水谷邦恵議員) それでは、議案第40号 専決処分の承認を求めることについてです。


 今回の専決処分を行った株式譲渡益2分の1とする特例の廃止により、三好町にどのような影響がありますか。また、今回専決処分をしなかった事項について町は今後どのような対応を考えていますか、お尋ねいたします。


○議長(加藤康之議員) 宮川町民生活部長。


○町民生活部長(宮川昭光) 2点ほど議案質疑をいただきました。


 まず1点目でございますが、特定中小会社というのはベンチャー企業のことでございまして、現段階で大きな影響はないものと考えておりますけども、適用あるとしたら株式の譲渡所得者、いわゆる譲渡益があれば改正後の町民税はふえるものと考えておるところでございます。


 2つ目でございますが、今回の地方税法の一部改正条例につきましては、全体を含めましてこの1議案を除きまして6月定例議会に上程する予定でございます。


 以上、お答えとさせていただきます。


○議長(加藤康之議員) よろしいですか。


 次に、議案第41号に対する質疑を許します。20番 横山紀美恵議員。


○20番(横山紀美恵議員) 41号議案 物品の買入れについて。入札参加業者が1社だけなのはなぜですか。事後審査型とはどのような制度ですか。三好町が今回購入するバスは、日野自動車のポンチョで4,728cc、36人乗りです。東郷町に問い合わせたところ平成15年度に日野自動車リエッセ5.3リットル、38人乗りを2台購入しておりますが、購入代金は2,562万円と三好町よりも1,000万円余安い。三好町の購入代金は高過ぎるのではないですか、お尋ねいたします。


○議長(加藤康之議員) 小野田政策推進部長。


○政策推進部長(小野田恵一) 3点でありますが、まず1社だけというご質問ですが、今回制限つき一般競争入札(事後審査型)で実施をいたしましたが、入札参加の業者が1社しかございませんでしたということであります。


 事後審査型でありますが、一般競争入札におきまして入札参加する者に必要な資格条件を付して入札を実施をし、入札後に参加資格条件に適しているか否かを審査、審査後に落札者を決定する方法であります。


 それから3点目でありますが、本町のさんさんバスは道路運送法第4条による一般旅客自動車運送事業の許可を受けて運営をしております。これは名鉄バスの路線バスの許可、これは緑ナンバーの関係ですが、同じであります。東郷のじゅんかい君は、道路運送法第79条による自家用有償旅客運送の登録、これは白ナンバーで運営されております。平成18年の6月に改正公布されました高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律、通称交通バリアフリー法と言われてるんですが、その8条において、道路運送法第4条の許可の公共交通事業者等は、車両を新たにその事業の用に供するときは公共交通移動等円滑化基準に適合させなければならないとされておりまして、ノンステップバスの導入が義務づけられております。ですから、名鉄バスも路線バスの更新にはノンステップバスを導入されております。東郷町のじゅんかい君は、この基準が適用されてないため今ご質問にありました日野の自動車のツーステップバスのリエッセで運営がされております。比較して高いということでありますが、この購入代金の差のほとんどがノンステップバスとツーステップバスの車両本体の差が今言われた差額になっております。以上です。


○議長(加藤康之議員) よろしいですか。


○20番(横山紀美恵議員) わかりました。


○議長(加藤康之議員) 18番 加藤芳文議員。


○18番(加藤芳文議員) ただいま横山議員が東郷町と比較して三好町のバスの購入代金が高いのではないかという質問されたわけで、小野田部長さんの言われてることだけで1,000万円の差というものが説明できるのかどうかということが私もちょっと疑問に思うわけですけれども、今回の入札で予定価格の設定は行っていたのか。行っていたとすればその金額は幾らなのか。


 それと普通の自家用車だと定価というものがあるわけですけれど、バスの場合、定価というものがあるのかどうか。あったとすれば今度のポンチョの場合、幾らだったのか。定価があって、それに対してオプションを追加することによってこの金額になったというふうだとすると、このオプションの内訳とそれぞれのオプションをつけたための費用がそれぞれ幾らだったのか。


 それとバスの引き取りはいつ行うかということと、また保証期間はどれだけ持ってますかということお伺いします。


○議長(加藤康之議員) 小野田政策推進部長。


○政策推進部長(小野田恵一) 5点でありますが、まず1点目でありますが、予定価格は設定をしております。ただ、公表は今現在はしておりません。


 それからバスの定価でありますが、定価というんですか、メーカーの方は名古屋地区の希望小売価格というものは設定をしております。今回購入予定のさんさんバス車両のメーカーが言っとる名古屋地区の希望小売価格、これ消費税別なんですが、1,535万円である。これ1台で1,535万円になります。


 それから導入したオプションでありますが、今回特別仕様として装備いたしました1台10万円以上のちょっと品目だけ上げさせていただきますと、まず1点目でアイドルストップシステム、これが1台で28万円、それから運転席の窓、左方視界窓、ヒーター入りで、これが13万、それから側面ガラス、スモークガラスでありますが、10万円、それからバックアイカメラ、カラーのシャッターつきで、これが23万円、方向幕、前と横と後ろ、LED式で95万円、それからワンマン放送装置で35万円、ラジオ、これアンテナを含んでおりますが、10万円、それからバスロケーションシステムの取りつけソフトの設定費で12万9,000円、運賃箱、簡易式でありますが、12万円、次停名表示器が36万円、外板色110万円。今これ10万以上が11点上げさせていただきましたが、そのほかに17点ありまして、すべてで28品目で1台当たり439万5,200円、消費税は別でありますが、であります。


 それからバスの引き取りでありますが、現在使っているバスの引き取りのことかと思いますので、今回購入予定のさんさんバス車両の運行開始後、一応8月の1日が納車予定でありまして、2週間程度研修運行、試験運行を行いまして、本格運行後にさんさんバスの売り払い手続を行っていきたいと考えております。


 それから保証の期間でありますが、今回購入予定のさんさんバス車両の保証期間につきましては1年または10万キロであります。以上です。


○議長(加藤康之議員) 18番 加藤議員。


○18番(加藤芳文議員) 名古屋地区の希望小売価格が1,535万円ということで、消費税込みでオプションの28項目で439万円ということなので、多少の値引きはあった、こう解釈してよろしいんかということと、予定価格の設定は行っているけれども、公表はしない、そういう考えだということなんですけども、予定価格の公表というのは公共事業については行ってると思うんですけども、どういう条件の場合に公表しないのかと、その2点をお伺いします。


○議長(加藤康之議員) 小野田政策推進部長。


○政策推進部長(小野田恵一) 車両本体は結構値引きがありました。


○議長(加藤康之議員) 小栗総務部長。


○総務部長(小栗真佐人) 予定価格の公表でございますが、現在行っていません。この理由につきましては、入札参加者に有利な基準を与えることになりまして、適正な入札の執行が担保できない。また、開札後であっても入札の不調に終わった場合、再度入札あるいは予定価格の範囲内で随意契約を締結する場合があり得ますので、公表すべきでないと考えております。


 また、事後公表でありますが、同種契約の予定価格を推定されるおそれがあると考えておりますので、現在のところ三好町では公表はしておりません。以上、回答といたします。


○議長(加藤康之議員) これで質疑ありませんので、これで質疑を終わります。


 日程第6、委員会付託を議題といたします。


 ただいま議題となっております議案第40号及び議案第41号は、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、会議規則第37条第1項により所管の常任委員会に付託し、なお慎重なる審議をお願いすることにしてご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議ありませんので、所管の常任委員会にそれぞれ付託します。


 ここで暫時休憩します。午後1時より再開します。


                              午前9時31分 休憩


                              午後1時00分 再開


○議長(加藤康之議員) ただいまの出席議員は20名であります。休憩前に引き続いて会議を開きます。


 日程第7、常任委員会委員長報告、質疑を議題とします。


 議案第40号及び議案第41号についてを一括議題とします。


 この際、各常任委員長より審査結果の報告を求めます。総務協働委員長、9番 鈴木勇夫議員。


            (総務協働委員長 鈴木勇夫議員 登壇)


○総務協働委員長(鈴木勇夫議員) 総務協働委員会の主な審議の経過及び結果について報告いたします。


 本日の本会議におきまして当委員会に付託された案件は、議案第41号の1議案であります。


 午前9時30分より第3委員会室において、委員7名出席のもと委員会を開催しました。


 審査予定を本日の1日間と決定し、直ちに議案の審議に入りました。


 議案第41号について。買い入れするバスの外観デザインは変更しないのか、新しいバスにはエアサスペンションはついているか、またスモークガラスにする理由は何かの質疑に対し、現在さつきちゃん、くろまつくんとしてともに利用者に親しまれているので、買い入れするバスについても外観については現在のデザインを踏襲してまいります。サスペンションについては、エアサス仕様のものになっております。また、スモークガラスにする理由ですが、1つ目は日差しの強さを和らげるためであり、2つ目はノンステップバスの特徴として乗車位置が低いため歩行者との目線が同じ高さになり、利用者のプライバシーに配慮する目的であります。現在走っているバスにはスモークフィルムが張ってありますが、フィルムだと破れてしまってそのままになっているところもあるので、最初からスモークガラスにします。


 車内のバーは抗菌仕様か、また温かみのあるものになっているかの質疑に対し、抗菌仕様ではありませんが、現在走っているバスのバーは鉄に塗装されたものですが、今度買い入れするバスはソフトパッドでカバーされており、今までよりも温かみのあるものになっていますとの答弁でした。


 購入する車両の仕様について住民の意見を反映させているかの質疑に対し、アンケートはとっていますが、車両等の仕様についての不満や意見はありませんでしたので、基本的に現在の仕様を踏襲していますとの答弁でした。


 車いすは何台まで乗れるか、オーバーして乗れなくなることはないかの質疑に対し、車いすは1台ですが、万一重なって乗りこぼした場合には運転手が無線でタクシーを手配することになっていますとの答弁でした。


 バスロケーションシステムでふぐあいが起こることはないかの質疑に対し、修理中などでシステムがついていない代車を走らせているときにご迷惑をおかけしていることがありますとの答弁でした。


 先ほど委員会、9時30分より第3委員会室と申しましたが、間違いでありまして、9時40分から第3委員会室において委員会を開催いたしました。訂正させていただきます。


 以上ですべての質疑を終わり、討論を省略し、採決に入りました。議案第41号、全員賛成。よって、本委員会に付託されました議案は、原案を可決すべきものと決しました。


 以上で総務協働委員会の委員長報告を終わります。


○議長(加藤康之議員) ただいまの委員長報告に対する質疑を許します。19番 日置孝彦議員。


○19番(日置孝彦議員) バスが新しくなるのは結構なことですが、これに対して利用者増加はどのような対策があるかという質疑はありませんでしたか。


○総務協働委員長(鈴木勇夫議員) 利用者増加についての対策という質疑はありませんでしたが、路線を見直す等の質疑はありました。


○議長(加藤康之議員) ご苦労さんでした。


 生活経済委員長、18番 加藤芳文議員。


            (生活経済委員長 加藤芳文議員 登壇)


○生活経済委員長(加藤芳文議員) それでは、生活経済委員会での審議の経過についてご報告いたします。


 本委員会は、9時42分より第2委員会室で、委員6人、町側から久野町長ほか関係職員の出席で開かれました。


 本委員会に付託された議案は、第40号の専決処分の承認を求めることについてです。


 本委員会で付託された議案の説明は本会議で行われていましたので、直ちに審議に入りました。


 本会議でベンチャー企業が対象ということを聞いたが、三好町で対象が何社あるか、また株式譲渡益の2分の1はどのように確認されるのかとの質疑に対し、本町のベンチャー企業が何社あるかについては情報をとっておりませんのでわかりません。株式譲渡益の2分の1については確定申告書に条文記載を行っていただき、対象かどうかの確認を行いますとの答弁でした。


 特定中小会社であるかどうかはどこかに登録するのか、あるいは申請するのかとの質問に対し、該当するかどうかは会社が経済産業局長に確認を行い、その確認を行った結果、経済産業局長から確認書が発行され、それに基づいて特定中小会社かどうかを確認しますとの答弁でした。


 経済産業局長に会社が確認を行わないと特定中小会社に認められないのかとの質問に対し、そのとおりですとの答弁でした。


 以上で質疑がありませんでしたので、討論を省略し、採決に入りました。採決の結果、委員全員の賛成で原案を可決すべきものと決しました。


 以上で本委員会の審議の経過についてご報告いたします。


○議長(加藤康之議員) ただいまの委員長報告に対する質疑を許します。19番 日置孝彦議員。


○19番(日置孝彦議員) この条例改正による町内にある法人企業が何社あるかというような質疑はありませんでしたか。


○生活経済委員長(加藤芳文議員) 何社あるかという質疑はありましたけど、今お答えしましたように町としてその情報は持っていませんとの答弁です。


○議長(加藤康之議員) ご苦労さんでした。


 以上をもって常任委員会委員長報告、質疑を終わります。


 日程第8、議案第40号及び議案第41号までについてを一括議題とします。


 これより討論に入ります。


 議案第40号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 次に、議案第41号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 これで討論を終わります。


 これより採決します。


 議案第40号は、委員長報告のとおり原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立全員)


○議長(加藤康之議員) 起立全員です。よって、議案第40号は、原案のとおり可決されました。


 議案第41号は、委員長報告のとおり原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立全員)


○議長(加藤康之議員) 起立全員です。よって、議案第41号は、原案のとおり可決されました。


 日程第9、議員提出議案第1号 特別委員会の設置についてを議題とします。


 ここで提出者の説明を求めます。議員提出議案第1号 提出者、9番 鈴木勇夫議員。


               (9番 鈴木勇夫議員 登壇)


○9番(鈴木勇夫議員) 議員提出議案第1号 特別委員会の設置についての提案説明をいたします。


 昨年度より市制施行の実施について調査研究と住みよいまちづくりのための施設や複合施設の整備などについてまちづくり特別委員会を設置して調査研究を行ってきましたが、今年度は新たに役場庁舎の建設に関する事項を加え、特別委員会を設置していく必要があります。市制施行を目指し単独町政を進める本町のまちづくりとして、町民との協働による創意あふれる魅力的なまちづくりが必要です。議会と町民と行政がそれぞれの果たすべき役割を確認し、互いに連携しながら活気あるまちづくりを推進するため、まちづくりについての総合的な内容での調査研究を行う本特別委員会の設置を提案し、以下、議案を朗読させていただきます。


 議員提出議案第1号 特別委員会の設置について。上記の議案を提出する。平成20年5月14日提出。提出者、鈴木勇夫。賛成者、久野泰弘、関口 賢、伊東修子、加藤芳文、横山紀美恵。説明、この案を提出するのは、まちづくり特別委員会を設置するため必要があるからであります。


 特別委員会の設置について。下記の特別委員会を設置する。名称、まちづくり特別委員会。定数8名。目的、町民と行政による新しいまちづくりを目指し、平成21年度内の市制施行及び計画的な施設整備等の総合的な調査研究のため。記としまして、この件は議決の日から適用する。以上であります。


○議長(加藤康之議員) ここで議員提出議案第1号に対する質疑を許します。ご苦労さんでした。


 これをもって質疑を終結します。


 お諮りします。議員提出議案第1号については、会議規則第37条第1項の規定により、委員会への付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、議員提出議案第1号については、委員会への付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 議員提出議案第1号に対する反対討論の発言を許します。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 これで討論を終わります。


 これより採決します。


 議員提出議案第1号は、原案を可決するに賛成の諸君の起立を求めます。


                   (起立多数)


○議長(加藤康之議員) 起立多数であります。よって、議員提出議案第1号は、原案のとおり可決されました。


 ここで暫時休憩をします。1時30分より再開をします。


                                午後1時15分 休憩


                                午後1時30分 再開


○議長(加藤康之議員) ただいまの出席議員は19名であります。休憩前に引き続き会議を開きます。


 休憩中に久野泰弘副議長より副議長辞職願が提出されました。


 お諮りします。この際、副議長辞職の件を日程に追加し、順序を変更し、追加日程第1として、直ちに議題としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、副議長辞職の件を日程に追加し、順序を変更し、追加日程第1として、直ちに議題とすることに決定しました。


 追加日程第1、副議長辞職の件を議題とします。


 ここで辞職願を事務局長に朗読させます。鈴木議会事務局長。


○議会事務局長(鈴木基之) 辞職願を朗読いたします。私儀、今般都合により三好町議会副議長の職を平成20年5月14日限りをもって辞職したいので、許可くださいますようお願いいたします。平成20年5月14日。三好町議会副議長、久野泰弘。三好町議会議長、加藤康之殿。以上であります。


○議長(加藤康之議員) お諮りします。久野泰弘議員の副議長辞職を許可することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、久野泰弘議員の副議長辞職を許可することに決定いたしました。


               (15番 久野泰弘議員 入場)


○議長(加藤康之議員) それでは、久野泰弘前副議長から皆さんへのあいさつをお願いをいたします。15番 久野泰弘議員。


               (15番 久野泰弘議員 登壇)


○15番(久野泰弘議員) 皆様に一言お礼を申し上げます。


 昨年の5月、副議長の要職につかさせていただいて以来、今日までの1年間、議員の皆様並びに町長を初め理事者の皆様方に温かいご指導を賜りまして、この責を全うできましたことを心よりお礼申し上げます。


 終わりに、議員の皆様のますますのご活躍並びに三好町の限りない発展を祈念いたしまして、お礼のあいさつとさせていただきます。大変ありがとうございました。(拍手)


○議長(加藤康之議員) お諮りします。ただいま副議長が欠員となりました。この際、副議長の選挙を日程に追加し、順序を変更し、追加日程第2として、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、副議長の選挙を日程に追加し、順序を変更し、追加日程第2として、直ちに選挙を行うことに決定いたしました。


 追加日程第2、副議長の選挙を行います。


 お諮りします。選挙の方法は投票によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は投票によることに決定しました。


 議事課長に議場の閉鎖を命じます。


                                      (議場閉鎖)


○議長(加藤康之議員) お諮りします。投票における白票の取り扱いは無効投票としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、投票における白票の取り扱いは無効投票とすることに決定しました。


 ただいまの出席議員は20名であります。


 念のため申し上げます。投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じ順次投票をお願いします。


 それでは、投票用紙を配付いたします。


                                    (投票用紙配付)


○議長(加藤康之議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


 配付漏れはないものと認めます。


 それでは、投票箱の点検を事務局長に命じます。


                                (事務局長 投票箱点検)


○議長(加藤康之議員) 異状なしと認めます。


 これより投票に移ります。事務局長の点呼により順次投票願います。


○議会事務局長(鈴木基之) それでは、1番 高木和彦議員、2番 小嶋立夫議員、3番 青木敏郎議員、4番 伊藤邦洋議員、5番 近藤?男議員、6番 加藤孝久議員、7番 林 ?秋議員、8番 近藤尚之議員、9番 鈴木勇夫議員、10番 佐藤幸美議員、11番 野々山幸議員、12番 伊東修子議員、13番 山田隆司議員、14番 水谷邦恵議員、15番 久野泰弘議員、16番 加藤康之議員、17番 関口 賢議員、18番 加藤芳文議員、19番 日置孝彦議員、20番 横山紀美恵議員。


○議長(加藤康之議員) 投票漏れはありませんか。


 投票漏れはないと認めます。


 以上で投票を終了いたします。


 これより開票を行います。


 お諮りします。会議規則第31条第2項の規定により、立会人を議長において指名いたします。これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。


 それでは、立会人に、1番 高木和彦議員、2番 小嶋立夫議員、3番 青木敏郎議員を指名いたします。以上3名の立ち会いをお願いいたします。


                                        (開票)


○議長(加藤康之議員) 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数20票、これは出席議員数に符合しております。そのうち有効投票20票。


 有効投票中、山田隆司議員20票。以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、13番 山田隆司議員が副議長に当選しました。


 議事課長に議場の閉鎖を解くことを命じます。


                                      (議場開鎖)


○議長(加藤康之議員) ただいま副議長に当選されました13番 山田隆司議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。


 ここで新副議長、山田隆司議員のあいさつをお願いいたします。


               (13番 山田隆司議員 登壇)


○13番(山田隆司議員) このたび不肖私、先輩、同僚議員のご推挙をいただきまして歴史と伝統のある三好町議会副議長の要職につくことになりました。身に余る光栄に存ずるとともに、その責務の重大さをひしひしと痛感しておる次第であります。もとより浅学非才な私でございまして、その器ではございませんが、精進を重ね一生懸命努力をさせていただき、議会が公平でかつ円満に運営され、5万7,000有余の町民の福祉向上と新時代のまちづくりが着実に前進するとともに、町民の皆様方の信託にこたえるべく邁進してまいる所存でございます。そして、この名誉ある職を汚さぬよう誠心誠意努力を重ね、ご推挙いただきましたご厚意に報いることを覚悟しとる次第でございます。


 この上は、議員の皆様や久野町長を初め理事者の皆様方の温かいご指導、ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げ、就任のあいさつとさせていただきます。まことにありがとうございました。(拍手)


○議長(加藤康之議員) ありがとうございました。


 日程第10、常任委員会委員、議会運営委員会委員及び特別委員会委員の選任についてを議題とします。


 常任委員会委員、議会運営委員会委員及び特別委員会委員の選任は、委員会条例第5条第1項の規定により議長からの指名としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、常任委員会委員、議会運営委員会委員及び特別委員会委員の選任は、議長からの指名とすることに決定しました。


 これより指名いたします。総務協働委員会委員に、2番 小嶋立夫議員、4番 伊藤邦洋議員、10番 佐藤幸美議員、15番 久野泰弘議員、17番 関口 賢議員、19番 日置孝彦議員、20番 横山紀美恵議員、文教厚生委員会委員に、5番 近藤?男議員、6番 加藤孝久議員、8番 近藤尚之議員、9番 鈴木勇夫議員、12番 伊東修子議員、13番 山田隆司議員、18番 加藤芳文議員、生活経済委員会委員に、1番 高木和彦議員、3番 青木敏郎議員、7番 林 ?秋議員、11番 野々山幸議員、14番 水谷邦恵議員、16番 加藤康之議員、議会運営委員会委員に、4番 伊藤邦洋議員、7番 林 ?秋議員、9番 鈴木勇夫議員、11番 野々山幸議員、12番 伊東修子議員、15番 久野泰弘議員、17番 関口 賢議員、18番 加藤芳文議員、19番 日置孝彦議員、まちづくり特別委員会委員に、4番 伊藤邦洋議員、7番 林 ?秋議員、9番 鈴木勇夫議員、10番 佐藤幸美議員、11番 野々山幸議員、15番 久野泰弘議員、17番 関口 賢議員、18番 加藤芳文議員、議会広報特別委員会委員に、1番 高木和彦議員、2番 小嶋立夫議員、3番 青木敏郎議員、5番 近藤?男議員、6番 加藤孝久議員、12番 伊東修子議員、13番 山田隆司議員、14番 水谷邦恵議員、それぞれ指名をいたします。これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名をいたしましたとおり諸君をそれぞれの常任委員会委員、議会運営委員会委員及び特別委員会委員に選任することに決定しました。


 ここで各常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の正副委員長を委員会条例第6条第2項及び第7条の規定に基づき、それぞれの委員会において互選を行っていただきます。


 それでは、各常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の正副委員長互選のため、ここで暫時休憩をいたします。休憩中に正副委員長を互選の上、議長までご報告ください。3時15分より再開をいたします。


                                午後1時55分 休憩


                                午後3時14分 再開


○議長(加藤康之議員) ただいまの出席議員は20名であります。休憩前に引き続き会議を開きます。


 ここで休憩中に各常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の正副委員長を互選していただきましたので、ご報告申し上げます。


 総務協働委員会委員長、19番 日置孝彦議員、副委員長、10番 佐藤幸美議員、文教厚生委員会委員長、18番 加藤芳文議員、副委員長、5番 近藤?男議員、生活経済委員会委員長、11番 野々山幸議員、副委員長、14番 水谷邦恵議員、議会運営委員会委員長、15番 久野泰弘議員、副委員長、12番 伊東修子議員、まちづくり特別委員会委員長、9番 鈴木勇夫議員、副委員長、18番 加藤芳文議員、議会広報特別委員会委員長、12番 伊東修子議員、副委員長、3番 青木敏郎議員。以上であります。


 ここでご報告いたします。尾三消防組合議会議員のうち、さきに当選した13番 山田隆司副議長は、尾三消防組合規約第5条第2項第1号の規定により、尾三消防組合議会議員となります。


 尾三衛生組合議会議員のうち、さきに当選した13番 山田隆司副議長は、尾三衛生組合規約第5条第2項第1号の規定により、尾三衛生組合議会議員となります。


 日程第11、議会運営委員会の閉会中継続調査申出事件について議題といたします。


 議会運営委員会の調査について、会議規則第71条の規定により、議会運営委員長から閉会中の継続調査の申し出がありましたので、これを一覧表にしてお手元に配付しておきました。


 お諮りします。議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。


 お諮りします。本議会において議決されました全議案の条項、字句、数字その他の整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声起こる)


○議長(加藤康之議員) 異議なしと認めます。よって、条項、字句、数字その他の整理は議長に委任することに決定しました。


 これをもって本議会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。


 日程第12、町長のあいさつをお願いいたします。久野町長。


                 (久野町長 登壇)


○町長(久野知英) 閉会に当たりまして、一言お礼のごあいさつを申し上げます。


 本日、臨時会に提案いたしました議案につきましては、慎重なるご審議を賜り、先ほどは原案どおり可決ご決定をいただき、厚くお礼を申し上げます。


 審議に際し議員各位から賜りましたご意見、ご要望等につきましては、十分これを尊重し、事務執行に当たりましては慎重を期して取り組んでまいります。


 さて、今議会におきましては、副議長の選任を初め各常任委員会、特別委員会及び一部事務組合議会などの委員構成を行っていただきました。続投される加藤康之議長、新たに副議長に就任されました山田隆司議員を初め議員各位のご活躍を心より祈念申し上げるとともに、今後の町政推進に格別のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


 新緑がまばゆい、すがすがしい季節となってまいりました。議員各位におかれましては、くれぐれもご自愛いただき、今後ますますご活躍されんことを祈念申し上げ、閉会のあいさつといたします。ありがとうございました。


               (議長 加藤康之議員 登壇)


○議長(加藤康之議員) 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 今臨時会は、急を要する議案の審議をいただきましたが、議員の皆さんのご精励によりまして無事閉会の運びとなりましたことは、議長といたしましてもまことに喜びにたえません。


 町長初め理事者各位におかれましても審議の間、常に真摯な態度をもって審議にご協力いただきましたことに対しまして深く感謝いたしますとともに、今後の執行に際しましては十分注意を払われますよう強く要望いたす次第であります。


 また、きょうまで久野泰弘議員には副議長職を誠心誠意務めていただきまして、大変感謝をいたしております。ありがとうございます。


 新しく副議長になられた山田隆司議員には、三好町の一層の発展のためにご尽力いただけることと期待もしております。


 議員各位におかれましては、公私とも何かとご多用のことと存じますが、今後ともご自愛くださいまして、町政の積極的な推進にご尽力いただきますことをお願いを申し上げまして閉会のあいさつといたします。


 これをもって平成20年第1回三好町議会臨時会を閉会いたします。


                                午後3時22分 閉会





 上記会議の顛末を記載し、相違ないことを証明するためここに署名する。


       平成20年5月14日





             三好町議会議長    加 藤 康 之





             署 名 議 員    加 藤 孝 久





             署 名 議 員    関 口   賢