議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 北名古屋市

平成28年第2回定例会( 6月) 06月03日−01号




平成28年第2回定例会( 6月) − 06月03日−01号









平成28年第2回定例会( 6月)



        平成28年第2回北名古屋市議会定例会会議録(第1号)



招集年月日  平成28年6月3日

招集場所   北名古屋市議会議場

開   会  6月3日 午前10時 議長開会宣言

応招議員

 1番 梅 村 真 史  2番 阿 部 武 史  3番 渡 邉 麻衣子

 4番 齊 藤 裕 美  5番 間 宮 文 枝  6番 猶 木 義 郎

 7番 渡 邊 幸 子  8番 永 津 正 和  9番 山 下 隆 義

 10番 大 原 久 直  11番 桂 川 将 典  12番 上 野 雅 美

 13番 松 田   功  14番 神 田   薫  15番 大 野   厚

 16番 沢 田   哲  17番 平 野 弘 康  18番 牧 野 孝 治

 20番 長 瀬 悟 康  21番 黒 川 サキ子

不応招議員  な し

出席議員   20名

欠席議員   な し

欠   員  1名

地方自治法第121条の規定により説明員として出席した者の職氏名

 市長      長 瀬   保    副市長     日 置 英 治

 教育長     吉 田 文 明    統括参事    岩 越 雅 夫

 総務部長    能 村 義 則    財務部長    魚 住 幸 三

 防災環境部長  福 永 直 吉    市民健康部長  大 西   清

 福祉部長    水 野 高 作    建設部長    井 上 昭 人

 教育部長    村 瀬 雅 彦    会計管理者   森   幹 彦

 総務部次長兼人事秘書課長       財務部次長兼財政課長

         森 川 三 美            柴 田 幹 夫

 防災環境部次長兼防災交通課長     市民健康部次長兼市民課長

         大 野 勇 治            植 手   厚

 福祉部次長兼高齢福祉課長       建設部次長兼下水道課長

         伊 藤 誠 浩            坪 井 光 広

 教育部次長兼生涯学習課長

         大 野   勇

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長  山 中 郁 男    議会事務局議事課長

                            早 川 正 博

 議会事務局議事課課長補佐       議会事務局議事課主査

         一 柳 賢 司            中 原 孝 治

会議録署名議員の氏名

 議長は会議録署名議員に次の2名を指名した。

 17番 平 野 弘 康  18番 牧 野 孝 治

市長提出議案の題目

議案第58号 北名古屋市の議会の議員及び長の選挙における自動車の使用及びポスターの作成の公営に関する条例の一部改正について

議案第59号 北名古屋市職員の配偶者同行休業に関する条例の一部改正について

議案第60号 北名古屋市職員の退職管理に関する条例の一部改正について

議案第61号 平成28年度北名古屋市一般会計補正予算(第1号)について

議案第62号 北名古屋市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について

議案第63号 平成28年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について

議案第64号 財産の処分について

議事日程  議長は議事日程を別紙のとおり報告した。





     平成28年第2回北名古屋市議会定例会 議事日程〔第1号〕



                    平成28年6月3日 午前10時00分開議



〇開会

〇市長招集挨拶



日程第1 会議録署名議員の指名(  番      ・  番      )

日程第2 会期の決定

日程第3 諸般の報告 (1)行政報告・(2)議長報告

日程第4 議案第58号 北名古屋市の議会の議員及び長の選挙における自動車の使用及びポスターの作成の公営に関する条例の一部改正について

日程第5 議案第59号 北名古屋市職員の配偶者同行休業に関する条例の一部改正について

日程第6 議案第60号 北名古屋市職員の退職管理に関する条例の一部改正について

日程第7 議案第61号 平成28年度北名古屋市一般会計補正予算(第1号)について

日程第8 議案第62号 北名古屋市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について

日程第9 議案第63号 平成28年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について

日程第10 議案第64号 財産の処分について





             (午前10時00分 開  会)



○議長(沢田哲君)

 おはようございます。

 議員各位には、定刻までにご参集をいただき、まことにありがとうございます。

 ただいまの出席議員は20名で、定足数に達しております。

 よって、会議は成立いたしましたので、ただいまから平成28年第2回北名古屋市議会定例会を開会いたします。

 初めに、市長より招集の挨拶の申し出がありますので、これを許可いたします。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 おはようございます。

 議長のお許しをいただきまして、一言お礼のご挨拶をさせていただきます。

 本日、ここに平成28年第2回北名古屋市議会定例会を議員全員の皆様方ご参集をいただきまして、開会をしていただきました。まずもって心からお礼を申し上げます。

 今まさに6月、雨季の季節に入ったところであります。近隣では、水路でも水が入り、田植えの真っ盛りというときであります。そうした時期に、特に私どもが懸念しますのは、水によります水難事故、さらには水害、こうした面に対して緊張し、また危機管理意識を高めるところでございます。

 殊に、当市においては、水害に対する防止策は万全を期さねばなりません。そうした面で、議員の皆さん方の格別なご理解のもとに、またお力添えを頂戴する中で、市民の安全・安心のまちづくりを一層強く、そして誠心誠意、市民の福祉向上に努めてまいりたい、そんな思いでございます。どうかご理解を賜りたいと存じます。

 また、本日は7件の議案の提案を予定させていただきます。どうか上程いたします各議案ともに慎重審議を頂戴いたしまして、全ての議案に対してご賛同、ご可決を頂戴できますことを心からお願いしてご挨拶にかえます。大変お世話になりますが、どうかよろしくお願いします。ありがとうございました。



○議長(沢田哲君)

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました別紙のとおりでございます。

 日程第1、会議録署名議員の指名につきましては、会議規則第81条の規定により、17番 平野弘康議員、18番 牧野孝治議員の2名を指名いたします。

 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今定例会の会期は、別紙でお手元まで配付いたしました会期日程(案)のとおり、本日から6月27日までの25日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(沢田哲君)

 異議なしと認めます。

 よって、今定例会の会期は、本日から6月27日までの25日間とすることに決しました。

 日程第3、諸般の報告に入ります。

 最初に、行政報告を行います。

 日置副市長。



◎副市長(日置英治君)

 おはようございます。

 行政報告をいたします。

 今回は、報告事項が第2号から第5号まで4件でございます。順を追って報告をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 初めに、報告第2号

   専決処分(損害賠償)について

 地方自治法第180条第1項の規定により、次のとおり専決処分したので、同条第2項の規定に基づき報告する。

  平成28年6月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 なお、事故の概要、損害賠償の額等につきましては、下記のとおりでございますので、ご参照いただきたいと存じます。

 この報告第2号は公用車による交通事故が含まれており、今回も報告することになりました。まことに申しわけございません。

 次に、報告第3号

   平成27年度北名古屋市一般会計継続費繰越計算書について

 地方自治法施行令第145条第1項の規定により、平成27年度北名古屋市一般会計継続費の逓次繰越しについて別紙のとおり報告する。

  平成28年6月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 一般会計におきまして、継続費の逓次繰り越しとして、平成27年度から平成28年度へ繰り越しましたのは、固定資産税賦課費400円で、別紙継続費繰越計算書のとおり報告するものでございます。

 次に、報告第4号

   平成27年度北名古屋市一般会計繰越明許費繰越計算書について

 地方自治法施行令第146条第2項の規定により、平成27年度北名古屋市一般会計繰越明許費の繰越しについて別紙のとおり報告する。

  平成28年6月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 一般会計におきまして、繰越明許費として平成27年度から平成28年度へ繰り越しましたのは、電子計算事務費1億3,500万円、戸籍住民基本台帳事務費1,971万2,000円、障害者福祉事務費600万円、年金生活者等支援臨時福祉給付金給付費1億9,210万8,000円、健康管理システム費400万円、道路橋りょう新設改良事業費9,029万5,000円、小学校整備事業費9億800万円、マラソン大会事業費231万7,000円で、別紙繰越明許費繰越計算書のとおり報告するものでございます。

 次に、報告第5号

   平成28年度尾張土地開発公社予算について

 地方自治法第243条の3第2項の規定により、平成28年度尾張土地開発公社の予算を説明する書類を別紙のとおり報告する。

  平成28年6月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 なお、平成28年度尾張土地開発公社の予算を説明する書類としては、別紙平成28年度尾張土地開発公社予算書でございますので、ご参照いただきたいと存じます。

 以上、報告とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(沢田哲君)

 以上で行政報告を終わります。

 次に、議長報告を行います。

 今定例会に監査委員から平成28年3月及び4月における例月出納検査の結果について、並びに平成28年2月及び3月における定例監査の結果についてが提出されております。いずれもお手元に配付いたしましたとおりであります。朗読は省略いたします。

 次に、今定例会における議案について、別紙写しの議案の提出についてのとおり受理したことをご報告いたします。朗読は省略いたします。

 次に、今定例会の説明員を地方自治法第121条の規定により出席を要求しましたところ、別紙写しの説明員の通知についてのとおり通知されましたので、受理したことをご報告します。朗読は省略いたします。

 次に、平成28年3月、4月及び5月の議会活動状況につきましては、議会活動状況日誌の配付をもって報告とさせていただきます。

 以上で議長報告を終わります。

 日程第4、議案第58号、北名古屋市の議会の議員及び長の選挙における自動車の使用及びポスターの作成の公営に関する条例の一部改正についてから日程第9、議案第63号、平成28年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてまでの議案6件を一括議題といたします。

 提案説明に入ります。

 順次説明を求めます。

 能村総務部長。



◎総務部長(能村義則君)

 私の所管いたします議案第58号ほか2件の議案につきまして、ご説明申し上げます。

 初めに、議案第58号、北名古屋市の議会の議員及び長の選挙における自動車の使用及びポスターの作成の公営に関する条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、公職選挙法施行令の一部を改正する政令が施行されたことに伴い、選挙運動の公費負担に関する限度額を見直すため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 改正内容につきましては、平成26年4月に消費税が5%から8%に改められていることを踏まえて、本年4月、衆議院議員及び参議院議員の選挙運動の公費負担に関する限度額を定める公職選挙法施行令が改正されました。それに伴い、北名古屋市議会議員一般選挙及び北名古屋市長選挙における選挙運動の公費負担に関する限度額の改正を行うものでございます。

 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。

 次に、議案第59号、北名古屋市職員の配偶者同行休業に関する条例の一部改正につきまして、ご説明を申し上げます。

 この案を提出するのは、配偶者同行休業をした職員が職務に復帰した場合の号給の調整時期について整備をするため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。その内容は、国家公務員に準じた号給の調整時期に改めるものでございます。

 施行日につきましては、公布日としております。

 次に、議案第60号、北名古屋市職員の退職管理に関する条例の一部改正につきまして、ご説明を申し上げます。

 この案を提出するのは、県費負担教職員の再就職等の届け出に関する規定を追加することに伴い、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 改正前の条例は、12月議会で新規制定されたものでございますが、市職員に加えて、県費負担教職員が再就職をした場合の届け出に関する規定を追加するというものでございます。

 施行日につきましては、公布日としております。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(沢田哲君)

 次に、魚住財務部長。



◎財務部長(魚住幸三君)

 議案第61号、平成28年度北名古屋市一般会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明申し上げます。

 一般会計補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成28年度北名古屋市の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,976万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ269億976万5,000円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (地方債の補正)

 第2条 地方債の変更は、「第2表 地方債補正」による。

  平成28年6月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 この補正予算(第1号)につきましては、平成27年度一般会計補正予算(第3号)で計上いたしました地方創生加速化交付金について、内閣府より通知があり、採択されない事態となり、改めて2次募集に申請するための補正予算として編成させていただきました。

 歳入についてご説明させていただきますので、2ページをご覧ください。

 款13国庫支出金、項2国庫補助金は、地方創生加速化交付金3,976万5,000円を計上。

 款17繰入金、項2基金繰入金は、中学校整備事業に係る一般財源分を財政調整基金から繰り入れるため、50万円を増額。

 款20市債は、950万円を増額するものでございます。その内容につきましては、第2表 地方債補正でご説明させていただきます。

 続きまして、歳出についてご説明申し上げますので、3ページをご覧ください。

 款8土木費、項4都市計画費は、地方創生加速化交付金を活用した土地区画整理事業調査費2,780万円を計上。

 款10教育費、項3中学校費は、中学校空調機整備工事の実施設計として設計監理1,000万円を増額。

 項4社会教育費は、地方創生加速化交付金を活用した児童生徒英語力推進事業費1,196万5,000円を計上するものでございます。

 続きまして、4ページをご覧ください。

 第2表 地方債補正は、中学校整備事業費の財源として950万円の市債を発行するため、合併特例事業の限度額を12億2,780万円に増額するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(沢田哲君)

 次に、水野福祉部長。



◎福祉部長(水野高作君)

 議案第62号、北名古屋市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準の改正に伴い、小規模保育事業所及び事業所内保育事業所の設備の基準を変更するため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、小規模保育事業所及び事業所内保育事業所の保育室等が4階以上の階に設けられている場合の避難用設備の構造要件について、基準を改めるものでございます。

 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(沢田哲君)

 次に、井上建設部長。



◎建設部長(井上昭人君)

 議案第63号、平成28年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成28年度北名古屋市の公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億120万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ22億820万円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (地方債の補正)

 第2条 地方債の変更は、「第2表 地方債補正」による。

  平成28年6月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入から順次、説明申し上げます。

 2ページをご覧ください。

 款3国庫支出金では5,060万円を増額計上いたしました。

 款7市債では、国庫支出金の増額に伴い、5,060万円を増額計上いたしました。

 次に、歳出についてご説明いたします。

 3ページをご覧ください。

 款2下水道建設費では、国庫支出金の増額に伴い、1億120万円を増額計上いたしました。

 次に、4ページをご覧ください。

 地方債の補正内容につきましては、第2表 地方債補正のとおりでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(沢田哲君)

 日程第10、議案第64号、財産の処分についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 魚住財務部長。



◎財務部長(魚住幸三君)

 議案第64号、財産の処分につきまして、ご説明申し上げます。

 次のとおり財産の処分をしたいので、地方自治法第96条第1項第8号及び北名古屋市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求める。

  平成28年6月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 1.処分する財産、所在地、北名古屋市二子四反地15番3、種別、土地、地目、宅地、面積9,264.26平方メートル。2.処分金額、6億7,200万円。3.契約の相手方、北名古屋市九之坪五反地80番地、北名古屋衛生組合代表者、副管理者 鈴木幸育。4.処分の理由、(仮称)北名古屋清掃工場建設用地。

 本案は、本市が所有しております旧市民グラウンド用地を(仮称)北名古屋清掃工場建設事業に供することに伴い、北名古屋衛生組合に処分するため仮契約を締結したものでございます。

 添付資料の土地売買仮契約書をご覧ください。

 この土地売買仮契約書は、平成28年5月16日に締結したものでございます。

 第3条、土地の引き渡し期限は、平成28年9月30日としております。

 第10条として、この仮契約書は、甲乙それぞれの議会の議決を経たときに本契約とみなし、改めて契約を行わないこととしております。

 次の資料といたしまして、図面を添付させていただきましたので、ご参照ください。

 また、次の財産の処分資料について、1.処分金額及び別途契約予定の2.補償金額を合わせますと、7億5,539万1,427円のうち、北名古屋市負担分は5億9,705万6,096円となります。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(沢田哲君)

 これより質疑に入ります。

 質疑の通告はございませんので、これをもちまして質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はございませんので、これをもちまして討論を終結いたします。

 これより、本案を採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(沢田哲君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 以上で、本日の議事日程は全て終了いたしました。

 次の本会議は6月14日午前10時より開催いたしますので、定刻までに議場へご参集くださいますようお願いいたします。

 本日はこれをもって散会といたします。ご苦労さまでございました。



             (午前10時23分 散  会)







△会期日程(案)





平成28年第2回北名古屋市議会定例会会期日程(案)



自 平成28年6月3日

会 期             25日間

至 平成27年6月27日


月日曜会  議  名開 議 時 刻摘     要
63金本  会  議午前10時
〇開会

〇市長招集挨拶

〇会議録署名議員の指名

〇会期の決定

〇諸般の報告

〇陳情提出

〇議案の上程

〇提出者の説明

〇議案に対する質疑

(64号)

〇討論(64号)

〇採決(64号)
64土     休 会
65日     休 会
66月     休 会
67火     休 会
68水     休 会
69木     休 会
610金     休 会
611土     休 会
612日     休 会
613月議会運営委員会午前10時〇諮問事項協議
614火本  会  議午前10時
〇議案に対する質疑

〇議案の委員会付託

(58号〜63号)

〇一般質問
615水     本会議予備日
616木予算決算常任委員会午前10時〇付託議案審査
617金福祉教育常任委員会午前10時〇付託議案審査
618土     休 会
619日     休 会
620月建設常任委員会午前10時〇調査事項
621火総務常任委員会午前10時〇付託議案審査
622水鉄道連続立体交差
事業等検討特別委員会午前10時〇調査事項
623木議会運営委員会午前10時〇諮問事項協議
624金     休 会
625土     休 会
626日     休 会
627月本  会  議午前10時
〇委員長報告

〇委員長報告に対する質疑

〇討論

〇採決

〇閉会中の継続調査の申出

〇閉会中の継続調査の申出



○市長挨拶

〇閉会
全員協議会閉会後