議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 北名古屋市

平成27年第4回定例会(12月) 11月24日−01号




平成27年第4回定例会(12月) − 11月24日−01号









平成27年第4回定例会(12月)



        平成27年第4回北名古屋市議会定例会会議録(第1号)



招集年月日  平成27年11月24日

招集場所   北名古屋市議会議場

開   会  11月24日 午前10時 議長開会宣言

応招議員

 1番 梅 村 真 史  2番 阿 部 武 史  3番 渡 邉 麻衣子

 4番 齊 藤 裕 美  5番 間 宮 文 枝  6番 猶 木 義 郎

 7番 渡 邊 幸 子  8番 永 津 正 和  9番 山 下 隆 義

 10番 大 原 久 直  11番 桂 川 将 典  12番 上 野 雅 美

 13番 松 田   功  14番 神 田   薫  15番 大 野   厚

 16番 沢 田   哲  17番 平 野 弘 康  18番 牧 野 孝 治

 20番 長 瀬 悟 康  21番 黒 川 サキ子

不応招議員  な し

出席議員   20名

欠席議員   な し

欠   員  1名

地方自治法第121条の規定により説明員として出席した者の職氏名

 市長      長 瀬   保    副市長     日 置 英 治

 教育長     吉 田 文 明    統括参事    岩 越 雅 夫

 総務部長    能 村 義 則    財務部長    魚 住 幸 三

 防災環境部長  福 永 直 吉    市民健康部長  大 西   清

 福祉部長    水 野 高 作    建設部長    井 上 昭 人

 教育部長    村 瀬 雅 彦    会計管理者   森   幹 彦

 総務部次長兼人事秘書課長       財務部次長兼財政課長

         森 川 三 美            柴 田 幹 夫

 防災環境部次長兼環境課長       市民健康部次長兼国保医療課長

         鈴 村 昌 弘            植 手   厚

 福祉部次長兼高齢福祉課長       建設部次長兼下水道課長

         柴 田 忠 利            坪 井 光 広

 教育部次長兼学校教育課長       監査委員事務局次長兼監査課長

         大 野   勇            櫻 井 健 司

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長  山 中 郁 男    議会事務局議事課長

                            中 畑 裕 太

 議会事務局議事課課長補佐       議会事務局議事課主任

         一 柳 賢 司            肥 田 辰 哉



会議録署名議員の氏名

 議長は会議録署名議員に次の2名を指名した。

 5番 間 宮 文 枝  6番 猶 木 義 郎

市長提出議案の題目

 議案第90号 北名古屋市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部改正について

 議案第91号 北名古屋市職員の退職管理に関する条例の制定について

 議案第92号 北名古屋市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正について

 議案第93号 北名古屋市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部改正について

 議案第94号 地方公務員法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

 議案第95号 北名古屋市証人等の実費弁償に関する条例の一部改正について

 議案第96号 北名古屋市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について

 議案第97号 平成27年度北名古屋市一般会計補正予算(第2号)について

 議案第98号 北名古屋市市税条例等の一部改正について

 議案第99号 北名古屋市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

 議案第100号 西春日井広域事務組合規約の変更について

 議案第101号 北名古屋市障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行条例の一部改正について

 議案第102号 指定管理者の指定について(総合福祉センターもえの丘)

 議案第103号 指定管理者の指定について(鹿田児童館)

 議案第104号 指定管理者の指定について(久地野児童館)

 議案第105号 指定管理者の指定について(熊之庄児童館)

 議案第106号 指定管理者の指定について(九之坪児童館)

 議案第107号 指定管理者の指定について(宇福寺児童館)

 議案第108号 指定管理者の指定について(鍜治ケ一色児童館)

 議案第109号 指定管理者の指定について(沖村児童館)

 議案第110号 北名古屋市農業委員会委員及び北名古屋市農地利用最適化推進委員の定数に関する条例の制定について

 議案第111号 北名古屋市農業委員会委員候補者等選考委員会条例の制定について

 議案第112号 人権擁護委員の候補者の推薦について

 議案第113号 人権擁護委員の候補者の推薦について

議事日程  議長は議事日程を別紙のとおり報告した。







     平成27年第4回北名古屋市議会定例会 議事日程〔第1号〕



                    平成27年11月24日 午前10時00分開議



〇開会

〇市長招集挨拶



日程第1 議席の変更

日程第2 会議録署名議員の指名(  番      ・  番      )

日程第3 会期の決定

日程第4 諸般の報告 (1)行政報告・(2)議長報告

日程第5 議案第90号 北名古屋市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部改正について

日程第6 議案第91号 北名古屋市職員の退職管理に関する条例の制定について

日程第7 議案第92号 北名古屋市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正について

日程第8 議案第93号 北名古屋市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部改正について

日程第9 議案第94号 地方公務員法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

日程第10 議案第95号 北名古屋市証人等の実費弁償に関する条例の一部改正について

日程第11 議案第96号 北名古屋市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について

日程第12 議案第97号 平成27年度北名古屋市一般会計補正予算(第2号)について

日程第13 議案第98号 北名古屋市市税条例等の一部改正について

日程第14 議案第99号 北名古屋市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

日程第15 議案第100号 西春日井広域事務組合規約の変更について

日程第16 議案第101号 北名古屋市障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行条例の一部改正について

日程第17 議案第102号 指定管理者の指定について(総合福祉センターもえの丘)

日程第18 議案第103号 指定管理者の指定について(鹿田児童館)

日程第19 議案第104号 指定管理者の指定について(久地野児童館)

日程第20 議案第105号 指定管理者の指定について(熊之庄児童館)

日程第21 議案第106号 指定管理者の指定について(九之坪児童館)

日程第22 議案第107号 指定管理者の指定について(宇福寺児童館)

日程第23 議案第108号 指定管理者の指定について(鍜治ケ一色児童館)

日程第24 議案第109号 指定管理者の指定について(沖村児童館)

日程第25 議案第110号 北名古屋市農業委員会委員及び北名古屋市農地利用最適化推進委員の定数に関する条例の制定について

日程第26 議案第111号 北名古屋市農業委員会委員候補者等選考委員会条例の制定について

日程第27 議案第112号 人権擁護委員の候補者の推薦について

日程第28 議案第113号 人権擁護委員の候補者の推薦について

日程第29 議案第114号 北名古屋市議会委員会条例の一部改正について

日程第30 議案第115号 北名古屋市議会政務活動費の交付に関する条例の一部改正について

日程第31 予算特別委員会の設置

日程第32 予算特別委員会委員長及び副委員長の互選







             (午前10時00分 開  会)



○議長(長瀬悟康君)

 おはようございます。

 議員各位には、定刻までにご参集をいただき、まことにありがとうございます。

 ただいまの出席議員は20名で、定足数に達しております。

 よって、会議は成立いたしましたので、ただいまから平成27年第4回北名古屋市議会定例会を開会いたします。

 初めに、市長より招集挨拶の申し出がありますので、これを許可いたします。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 おはようございます。

 時の移ろいの速さを実感するところでありまして、今年もあと1カ月余りで新しい年を迎える、そんなときになりました。日々活発な議員活動を展開される皆さん方にとりましては、格別ご多端の折、本日ここに平成27年第4回の北名古屋市議会定例会開会をしていただきました。まずもってお礼を申し上げたいと存じます。

 本定例会には、私ども24件の議案を上程させていただく予定でございます。各議案ともに慎重審議頂戴しまして、原案にご賛同、ご可決を賜りますように心からお願いするところであります。

 さて、周りを見ますと、国内・国外ともに大変衝撃的な事件、事故が発生しています。ことに自然災害においても大きな災害が起きたところでございまして、被災をされた皆さん方のこれからの力強い復興に対して、変わらぬご支援と、そしていち早く立ち直っていただくことを願うばかりでございます。

 そうした中で、本市にとりましても、先般も北名古屋市消防団の観閲式を挙行させていただきました。大変団員各位においてはすばらしい取り組みをしていただいている昨今であるだけに、さらに市民の身近で防災組織として唯一の消防団体制をさらに強化し、団員の士気高揚に向けて私どももしっかりとご支援申し上げたい、そんな思いでございます。そうした中で市民の安全・安心、そうした面をしっかりとかち取りながら、この北名古屋市の安定ある、そして発展する北名古屋市を創造してまいりたい、そんな思いでございますので、各議員におかれましても格別なご理解とご支援を頂戴できますことを心からお願いしながら、本日の開会に当たってのお礼のご挨拶にさせていただきます。大変お世話になりますが、どうかよろしくお願いします。ありがとうございました。



○議長(長瀬悟康君)

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました別紙のとおりであります。

 日程第1、議席の変更についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 議席の変更については、北名古屋市議会会議規則第4条第3項の規定により、現在お座りの議席のとおりといたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 異議なしと認めます。

 よって、現在お座りの議席のとおり議席を変更することに決しました。

 日程第2、会議録署名議員の指名につきましては、会議規則第81条の規定により、5番 間宮文枝議員、6番 猶木義郎議員の2名を指名いたします。

 日程第3、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今定例会の会期は、別紙でお手元まで配付いたしました会期日程(案)のとおり、本日から12月18日までの25日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 異議なしと認めます。

 よって、今定例会の会期は、本日から12月18日までの25日間とすることに決しました。

 日程第4、諸般の報告に入ります。

 最初に、行政報告を行います。

 日置副市長。



◎副市長(日置英治君)

 おはようございます。

 行政報告をいたします。

 報告第10号

   新地方公会計制度に基づく財務書類について

 新地方公会計制度に基づく平成26年度北名古屋市普通会計財務書類(貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書、資金収支計算書)及び平成26年度北名古屋市連結財務書類(連結貸借対照表、連結行政コスト計算書、連結純資産変動計算書、連結資金収支計算書)を別紙のとおり報告する。

  平成27年11月24日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 行政改革推進法等により、地方公共団体における行政改革のさらなる推進に資するため、公会計を整備することとされています。

 このため、平成26年度決算に基づき、普通会計単体ベースと北名古屋市全体及び一部事務組合等を含めた連結ベースでの財務書類を作成しましたので、別紙のとおり報告いたします。よろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 以上で行政報告を終わります。

 次に、議長報告を行います。

 今定例会に、監査委員から平成27年9月及び10月における例月出納検査の結果について、並びに平成27年9月における定例監査の結果についてが提出されております。いずれもお手元に配付いたしましたとおりであります。朗読は省略いたします。

 次に、今定例会における議案について、別紙写しの議案の提出についてのとおり受理したことをご報告いたします。朗読は省略いたします。

 次に、今定例会の説明員を地方自治法第121条の規定により出席を要求しましたところ、別紙写しの説明員の通知についてのとおり通知されましたので、受理したことをご報告いたします。朗読は省略いたします。

 次に、平成27年9月、10月及び11月の議会活動状況につきましては、議会活動状況日誌の配付をもって報告とさせていただきます。

 以上で議長報告を終わります。

 ここで各常任委員会の行政視察の結果について、各常任委員会委員長から報告を受けることにいたします。

 総務常任委員会委員長 牧野孝治議員。



◆総務常任委員会委員長(牧野孝治君)

 改めまして、おはようございます。

 総務常任委員会行政視察につきまして、委員会を代表してご報告をさせていただきます。

 平成27年10月20日から22日までの3日間におきまして、総務常任委員会委員6名、財務部長及び議会事務局職員1名の計8名で行政視察を実施いたしました。

 1日目は、天草Webの駅、地域ICT事業についてを調査事項に、熊本県天草市を視察し、個人や団体、企業等がICTを利活用することにより、情報を提供、収集、共有化し、地域活動の活性化や新しいサービスの創出につなげる取り組み状況について調査をいたしました。

 2日目は、行政評価についてを調査事項に、熊本県合志市を視察し、行政評価を議会と一体となって行い、費用対効果を見ながら外部からの評価等を取り入れ、透明性の高い行政運営を目指す取り組みについて調査をいたしました。

 3日目は、宗像市のコミュニティーの推進についてを調査事項に、全国的にも先進地である福岡県宗像市を視察し、全ての地区においてコミュニティー運営協議会を設置し、地域住民が主体となり、地域づくり体制を構築し、それに伴う権限、財源の移譲等の運営状況について調査いたしました。

 研修時におきましては、委員各位から活発な質問が行われ、また参考となる多くの事項を得ることもでき、大変有意義な行政視察であったと思います。視察で得ましたことを参考に、それぞれの立場で市の発展につなげていただきたいと思います。

 最後に、今行政視察につきまして委員各位の格段のご協力をいただき、無事に終えることができましたことを厚くお礼を申し上げます。

 以上で総務常任委員会の行政視察報告を終わります。



○議長(長瀬悟康君)

 福祉教育常任委員会委員長 永津正和議員。



◆福祉教育常任委員会委員長(永津正和君)

 福祉教育常任委員会行政視察報告をさせていただきます。

 平成27年10月28日から30日までの3日間におきまして、福祉教育常任委員会委員7名、市民健康部長及び議会事務局職員1名の計9名で行政視察を実施いたしました。

 1日目は、福祉教育における震災及び復興についてを調査事項に、災害時相互応援協定を締結している宮城県東松島市を視察し、中部地方で予測されている東南海地震の発生時に備えるため、東日本大震災時の福祉及び教育施設等の震災及び復興の実例について説明を受け、福祉教育においての甚大なる被害及び復興について調査をいたしました。

 2日目は、健康マイレージ事業についてを調査事項に、山形県上山市を視察し、地域の特性を利用したクアオルト健康ウオーキングなど、市民の健康予防の意識づけと、市内の店舗、事務所等を連携、協力しながら、産業の活性化を図り、元気あるまちづくりにつなげる先進的な取り組みについて調査をいたしました。

 同じく2日目は、介護ボランティアについてを調査事項に、山形県天童市を視察し、本格的な高齢社会を迎える中、高齢者の社会参加を通じて社会貢献や生きがいづくりを増進、及び介護保険予防の効果を上げ、また介護給付費の抑制につなげるため、ポイント制を導入し活動への意欲を高めるなど、取り組み状況についてを調査いたしました。

 3日目は、子ども・子育て支援事業についてを調査事項に、にっけい子育て支援大賞を受賞した山形県東根市を視察し、総合保健福祉施設さくらんぼタントクルセンターを拠点とし、さまざまな子育て支援に取り組んでおり、運営をNPO法人に委託することにより、子育てに要する経済的な負担の軽減ともに子供の視点に立った取り組みを調査いたしました。

 以上のとおり3日間にわたる福祉教育常任委員会の行政視察について、委員会を代表してご報告させていただきます。委員各位のご協力を賜り、熱心に調査、研究を行い、研さんに努められ、今回の視察の目的が達成できましたことをここに厚くお礼を申し上げます。また、視察で得ましたことを参考に、それぞれの立場で市の発展につなげていただきたいと思います。

 以上で福祉教育常任委員会の行政視察報告を終わります。



○議長(長瀬悟康君)

 建設常任委員会委員長 大野 厚議員。



◆建設常任委員会委員長(大野厚君)

 建設常任委員会行政視察の報告を行います。

 平成27年10月21日から23日までの3日間におきまして、建設常任委員7名、防災環境部次長及び議会事務局職員1名の計9名で行政視察を実施いたしました。

 1日目は、観光振興への取り組みについてを調査事項に、沖縄県島尻郡南風原町を視察し、観光地への通り道から脱却するため、公衆Wi−Fiの設置や環境ARアプリケーションの新規構築等により、観光客の地域内誘致を図る独自の取り組みについて調査を行いました。

 2日目は、ごみの削減と発泡スチロール回収のシステム化についてを調査事項に、沖縄県八重山郡竹富町を視察し、独自の地域課題である漂着ごみをエネルギー資源として捉え、処理費用の削減と地域雇用を生み出す取り組みについて調査を行いました。

 また、生ごみの回収を行わないことでごみの削減を図っている竹富町の大型生ごみ堆肥化容器トラッシュを現地視察いたしました。

 3日目は、6次産業化支援と青と緑の再生プロジェクト事業についてを調査事項に、沖縄県石垣島を視察し、農業生産者がみずから農作物の加工や販売、経営に関する6次産業を支援し、経営の多角化や農業所得向上を図る取り組みについて調査いたしました。

 また、石垣市の豊かな自然環境の保護と環境等による経済活動の活性化の両方を推進する青と緑の再生プロジェクトについて、関係地域の現地視察を行いました。

 以上のとおり3日間にわたる建設常任委員会の行政視察について、委員会を代表してご報告させていただきます。委員各位の格別なるご協力を賜り、始終極めて熱心に研修され、今回の視察の目的が達成できましたことをここに厚く御礼を申し上げます。

 視察で得ましたことを参考に、それぞれの立場でこれからのまちづくりに取り組んでいきたいと思っております。

 以上で建設常任委員会の行政視察報告を終わります。



○議長(長瀬悟康君)

 以上で各常任委員会の行政視察の結果報告を終わります。

 日程第5、議案第90号、北名古屋市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部改正についてから日程第26、議案第111号、北名古屋市農業委員会委員候補者等選考委員会条例の制定についてまでの議案22件を一括議題といたします。

 提案説明に入ります。

 順次説明を求めます。

 能村総務部長。



◎総務部長(能村義則君)

 私の所管いたします議案第90号ほか6件の議案につきまして、ご説明申し上げます。

 初めに、議案第90号、北名古屋市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、北名古屋市において個人番号を独自利用する事務及び特定個人情報を追加するため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 改正内容につきましては、第4条に規定する別表第1及び別表第2に個人番号を独自利用する事務として、特別障害者手当、障害児福祉手当及び福祉手当の愛知県上乗せ分の支給に関する事務を追加し、独自利用する特定個人情報として住民票関係情報、地方税関係情報及び障害者関係情報を追加するものです。

 条例から規則に委任する事項につきまして、参考資料として関係規則を添付させていただきました。

 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。

 次に、議案第91号、北名古屋市職員の退職管理に関する条例の制定につきまして、ご説明を申し上げます。

 この案を提出するのは、地方公務員法の一部を改正する法律が公布され、営利企業等に再就職した元職員が離職前の職務に関して現職員への働きかけを禁止する規定等が設けられたことに伴い、職員の退職管理の適正化を確保するため、条例を定めるものでございます。

 施行日につきましては、平成28年4月1日としております。

 次に、議案第92号、北名古屋市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正につきまして、ご説明を申し上げます。

 この案を提出するのは、地方公務員法の一部改正に伴い、公表事項に人事評価及び退職管理を加えるため改めるものでございます。

 施行日につきましては、平成28年4月1日としております。

 次に、議案第93号、北名古屋市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部改正につきまして、ご説明を申し上げます。

 この案を提出するのは、地方公務員法の一部改正に伴い、降給の事由等について規定するため、改めるものでございます。

 施行日につきましては、平成28年4月1日としております。

 また、この条例の改正に伴う北名古屋市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例の条文整備を附則で行っております。

 次に、議案第94号、地方公務員法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、地方公務員法の一部改正に伴い、関係条例の一部を改める必要があるからでございます。

 本案は、北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例、北名古屋市職員の育児休業等に関する条例、北名古屋市職員の給与に関する条例及び北名古屋市職員の特殊勤務手当に関する条例の4つの条例を一括で一部改正するもので、地方公務員法第24条第6項が第5項に繰り上げられたことに伴い、各条例の関係条文を整備するため改正するものでございます。

 なお、附則といたしまして、この条例は平成28年4月1日から施行するものとしています。

 次に、議案第95号、北名古屋市証人等の実費弁償に関する条例の一部改正につきまして、ご説明を申し上げます。

 この案を提出するのは、農業委員会等に関する法律の一部改正に伴い、関係条文を改めるものでございます。

 施行日につきましては、平成28年4月1日としております。

 次に、議案第96号、北名古屋市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、被用者年金制度の一元化を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律の施行により、旧共済組合員期間を有する者が同法律の施行により、同法の施行日以降に新規裁定される場合には、原則として厚生年金が支給されることとなるため、関係条文を改めるものでございます。

 この条例は、公布の日から施行します。

 以上、簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 次に、魚住財務部長。



◎財務部長(魚住幸三君)

 私の所管いたします議案第97号ほか1件の議案につきまして、ご説明申し上げます。

 初めに、議案第97号、平成27年度北名古屋市一般会計補正予算(第2号)につきまして、ご説明申し上げます。

 一般会計補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成27年度北名古屋市の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ229万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ290億2,869万5,000円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (債務負担行為の補正)

 第2条 債務負担行為の追加は、「第2表 債務負担行為補正」による。

  平成27年11月24日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 この第2号補正予算につきましては、おめでとう寄附金を財源とした市制施行10周年記念事業の準備経費、英語圏へ中学生を派遣するための調査団旅費、農業委員会候補者等選考に伴う経費などを補正予算として編成させていただきました。

 歳入についてご説明させていただきますので、2ページをご覧ください。

 款16寄附金は、ふるさと納税寄附金229万5,000円を増額して、市制施行10周年記念事業に充当するものでございます。

 続きまして、歳出についてご説明申し上げますので、3ページをご覧ください。

 款2総務費、項1総務管理費は、市制施行10周年記念事業の準備経費、英語圏であるアメリカ合衆国準州グアムへの調査団派遣旅費をそれぞれ増額するとともに、北名古屋市国際交流協会補助金を減額することにより207万7,000円を増額。

 款6農林水産費、項1農業費は、農業委員会等に関する法律の改正による農業委員会委員候補者等選考委員会委員報酬など、21万8,000円を増額計上するものでございます。

 次に、債務負担行為についてご説明申し上げますので、4ページをご覧ください。

 第2表 債務負担行為補正は、選挙システム更新事業で選挙人名簿登録制度の見直しにあわせてシステムをリプレースするため、平成28年度から平成33年度までの期間で、限度額を594万円に設定するものでございます。

 次に、議案第98号、北名古屋市市税条例等の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、地方税法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、市の徴収金の徴収及び換価の猶予に関し必要な事項を定め、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の公布に伴う関係条文の整備をするため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 主な改正内容につきましては、北名古屋市市税条例等の一部を改正する条例の説明書が添付してございますので、この説明書に基づいて説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 本案は、1にございます納税環境の整備につきましては、国税における猶予制度の見直しを受け、地方税においても地方分権の推進や地域の実情に応じて、納税者の負担軽減を図るとともに、早期かつ的確な納税の履行を確保する観点から、市の徴収金の分割納付、または分割納入の方法、徴収の猶予及び換価の猶予に係る申請手続等について条例で定めるものでございます。

 (1)の徴収の猶予につきましては、アの分割納付または納入方法を規定するもので、納税者、特別徴収義務者が災害、病気・負傷、事業の休廃業その他の事実により一時に納付または納入できない場合等に猶予を受ける者の財産の状況、その他の事情から見て合理的かつ妥当なものに原則1年以内で猶予する金額を分割して納付・納入することができることを規定するものでございます。

 イの申請手続等につきましては、その猶予を受けようとする者から一時に納付することができない事情の詳細などを記載した申請書と猶予の事実を証する添付書類及び猶予する金額と期間に応じて、担保に関する書類を求めるものでございます。

 2の換価の猶予につきましては、アの職権により換価を猶予する場合、滞納がある者が市の徴収金を一時に納税することにより、事業の継続またはその生活の維持を困難にするおそれがあり、直ちにその換価をすることに比べて徴収上有利であるときは、滞納処分における財産の換価を猶予し、分割納付または納入することができる手続を規定するものでございます。

 続きまして、説明書の裏面をご覧ください。

 イの申請による換価の猶予は、納税者が猶予を受けようとする市の徴収金以外に滞納がなく、新たに納期が到来する市の徴収金を一時に納付することにより、事業の継続またはその生活の維持を困難にするおそれがあるとき、納期限から6カ月以内の申請に基づき、職権による換価の猶予と同様にすることを規定するものでございます。

 なお、換価の猶予を求めることができる対象者は、納税について誠実な意思を有することが要件となりまして、いずれも猶予する期間は徴収の猶予と同様2年まで延長することができるものでございます。

 (3)担保の徴取につきましては、徴収猶予、職権及び申請による換価の猶予ともに、猶予に係る金額が100万円以下、期間が3カ月以内である場合、または特別の事情がある場合は担保を徴収する必要がないものとするものでございます。

 2の番号法による関係条文の整備につきましては、番号法の公布に伴い、納付書及び納入書に法人番号を記載する改正を平成27年4月に行いましたが、平成27年10月、国からの通知により記載しないこととなり、関係条文の整備をするものでございます。

 3.施行期日につきましては、1の納税環境の整備が平成28年4月1日から施行し、2の番号法による関係条文の整備は公布の日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 次に、福永防災環境部長。



◎防災環境部長(福永直吉君)

 私の所管いたします議案第99号ほか1件の議案につきまして、ご説明申し上げます。

 初めに、議案第99号、北名古屋市消防団員等公務災害補償条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、旧共済組合期間を有する者が同法の施行日以後に新規裁定される場合は、原則として厚生年金が支給されることとなるため、関係条文を改めるものでございます。

 本条例の施行につきましては、公布の日から施行するものでございます。

 次に、議案第100号、西春日井広域事務組合規約の変更につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、愛知県事務処理特例条例に基づき、組合市町が処理することとされた事務のうち、液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律に基づく事務を組合で共同処理するに当たり、組合の共同処理する事務に関する規定を追加するため、本組合規約の一部を改めるものでございます。

 改正内容につきましては、本規約の第3条第4号中「煙火の消費に係る事務」の次に「及び液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律(昭和42年法律第149号)に基づく事務」を追加するものでございます。

 なお、この規約の施行につきましては、平成28年4月1日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、ご説明とさせていただきます。よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 次に、水野福祉部長。



◎福祉部長(水野高作君)

 私の所管いたします議案第101号ほか8件の議案につきまして、ご説明申し上げます。

 初めに、議案第101号、北名古屋市障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の公布に伴い、本条例を定める必要があるからでございます。

 第1条につきましては、申請書の記載事項に個人番号を加えるものでございます。

 第2条につきましては、記載事項に個人番号を加えることにより、不要となる書類を削るものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、平成28年1月1日から施行するものでございます。

 ただし、第2条の規定につきましては、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律附則第1条第5号に掲げる規定の施行の日から施行するものでございます。

 次に、議案第102号、指定管理者の指定につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、総合福祉センターもえの丘の指定管理が平成28年3月31日をもって指定管理期間の満了を迎えることに伴い、改めて指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、あらかじめ議会の議決をお願いするものでございます。

 内容につきましては、次のページをご覧いただきたいと存じます。

 北名古屋市総合福祉センターもえの丘指定管理者。

 1.指定に係る施設の名称、北名古屋市総合福祉センターもえの丘。

 2.指定の相手方、北名古屋市西之保藤塚93番地、社会福祉法人北名古屋市社会福祉協議会会長 高柳利清。

 3.指定の期間、平成28年4月1日から平成32年3月31日まで。

 参考資料として、総合福祉センターもえの丘の概要と社会福祉法人北名古屋市社会福祉協議会の概要をつけさせていただきました。

 指定管理者として社会福祉法人北名古屋市社会福祉協議会を選定した経緯につきましては、北名古屋市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例第5条第1項第1号により、公募によらないで候補者として指定できる旨の規定に基づきまして、指定管理者候補者選定委員会において、これまでの指定管理の運営状況を評価いただき、同団体が候補者として適正であると決定されたものでございます。

 次に、議案第103号、指定管理者の指定につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、北名古屋市鹿田児童館の指定管理が平成28年3月31日をもって指定管理期間の満了を迎えることに伴い、改めて指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、あらかじめ議会の議決をお願いするものでございます。

 内容につきましては、次のページをご覧いただきたいと存じます。

 北名古屋市鹿田児童館指定管理者。

 1.指定に係る施設の名称、北名古屋市鹿田児童館。

 2.指定の相手方、北名古屋市熊之庄古井97番地1ミーテKE101、NPO法人ゆめ・ひと・みらいづくりサポーターズひまわり、代表者 吉田 舞。

 3.指定の期間、平成28年4月1日から平成32年3月31日まで。

 参考資料として、北名古屋市鹿田児童館の概要とNPO法人ゆめ・ひと・みらいづくりサポーターズひまわりの概要をつけさせていただきました。

 この指定管理者の候補者につきましては、候補者の募集を実施しましたところ、今回提案させていただきました1団体からの申請でございました。

 その申請を受けまして、北名古屋市指定管理者候補者選定委員会が審査した結果、指定管理者の候補者として適正であると認めたものでございます。

 次に、議案第104号、指定管理者の指定につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、北名古屋市久地野児童館の指定管理が平成28年3月31日をもって指定管理期間の満了を迎えることに伴い、改めて指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、あらかじめ議会の議決をお願いするものでございます。

 内容につきましては、次のページをご覧いただきたいと存じます。

 北名古屋市久地野児童館指定管理者。

 1.指定に係る施設の名称、北名古屋市久地野児童館。

 2.指定の相手方、北名古屋市熊之庄東出24番地3、特定非営利活動法人健全育成おひさま、代表者 榊原孝子。

 3.指定の期間、平成28年4月1日から平成32年3月31日まで。

 参考資料として、北名古屋市久地野児童館の概要と特定非営利活動法人健全育成おひさまの概要をつけさせていただきました。

 この指定管理者の候補者につきましては、前議案と同様に候補者の募集を実施しましたところ、今回提案させていただきました1団体からの申請でございました。

 その選定の経緯につきましても、前議案でご説明いたしました手続を経て候補者として適正であると認められたものでございます。

 次に、議案第105号、指定管理者の指定につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、北名古屋市熊之庄児童館の指定管理が平成28年3月31日をもって指定管理期間の満了を迎えることに伴い、改めて指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、あらかじめ議会の議決をお願いするものでございます。

 内容につきましては、次のページをご覧いただきたいと存じます。

 北名古屋市熊之庄児童館指定管理者。

 1.指定に係る施設の名称、北名古屋市熊之庄児童館。

 2.指定の相手方、北名古屋市九之坪天下地101番地、特定非営利活動法人在宅福祉の会じゃがいも、代表者 早川京子。

 3.指定の期間、平成28年4月1日から平成32年3月31日まで。

 参考資料として、北名古屋市熊之庄児童館の概要と特定非営利活動法人在宅福祉の会じゃがいもの概要をつけさせていただきました。

 この指定管理者の候補者につきましては、議案第103号と同様に候補者の募集を実施しましたところ、今回提案させていただきました団体のほか1団体の申請がございました。

 指定管理者の候補者として、特定非営利活動法人在宅福祉の会じゃがいもを選定した経緯につきましては、議案第103号で説明いたしました手続を経て、同団体が指定管理者の候補者として適正であると決定されたものでございます。

 次に、議案第106号、指定管理者の指定につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、北名古屋市九之坪児童館の指定管理が平成28年3月31日をもって指定管理期間の満了を迎えることに伴い、改めて指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、あらかじめ議会の議決をお願いするものでございます。

 内容につきましては、次のページをご覧いただきたいと存じます。

 北名古屋市九之坪児童館指定管理者。

 1.指定に係る施設の名称、北名古屋市九之坪児童館。

 2.指定の相手方、北名古屋市九之坪天下地101番地、特定非営利活動法人在宅福祉の会じゃがいも、代表者 早川京子。

 3.指定の期間、平成28年4月1日から平成32年3月31日まで。

 参考資料として、北名古屋市九之坪児童館の概要と特定非営利活動法人在宅福祉の会じゃがいもの概要をつけさせていただきました。

 この指定管理者の候補者は、議案第103号と同様に候補者の募集を実施しましたところ、今回提案させていただきました1団体からの申請でございました。

 その選定の経緯につきましても、議案第103号でご説明いたしました手続を経て、指定管理者の候補者として適正であると認められたものでございます。

 次に、議案第107号、指定管理者の指定につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、北名古屋市宇福寺児童館の指定管理が平成28年3月31日をもって指定管理期間の満了を迎えることに伴い、改めて指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、あらかじめ議会の議決をお願いするものでございます。

 内容につきましては、次のページをご覧いただきたいと存じます。

 北名古屋市宇福寺児童館指定管理者。

 1.指定に係る施設の名称、北名古屋市宇福寺児童館。

 2.指定の相手方、北名古屋市宇福寺天神46番地3、NPO法人次世代健全育成サポートあひるっこ、代表者 中田るり子。

 3.指定の期間、平成28年4月1日から平成32年3月31日まで。

 参考資料として、北名古屋市宇福寺児童館の概要とNPO法人次世代健全育成サポーターあひるっこの概要をつけさせていただきました。

 この指定管理者の候補者につきましては、議案第103号と同様に候補者の募集を実施しましたところ、今回提案させていただきました1団体からの申請でございました。

 その選定の経緯につきましても、議案第103号でご説明いたしました手続を経て、指定管理者の候補者として適正であると認められたものでございます。

 次に、議案第108号、指定管理者の指定につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、北名古屋市鍜治ケ一色児童館の指定管理が平成28年3月31日をもって指定管理期間の満了を迎えることに伴い、改めて指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、あらかじめ議会の議決をお願いするものでございます。

 内容につきましては、次のページをご覧いただきたいと存じます。

 北名古屋市鍜治ケ一色児童館指定管理者。

 1.指定に係る施設の名称、北名古屋市鍜治ケ一色児童館。

 2.指定の相手方、北名古屋市弥勒寺西一丁目54番地、特定非営利活動法人子育てネットワークあすなろ、理事長 水野美保。

 3.指定の期間、平成28年4月1日から平成32年3月31日まで。

 参考資料として、北名古屋市鍜治ケ一色児童館の概要と特定非営利活動法人子育てネットワークあすなろの概要をつけさせていただきました。

 この指定管理者の候補者につきましては、議案第103号と同様に候補者の募集を実施しましたところ、今回提案させていただきました1団体からの申請でございました。

 その選定の経緯につきましても、議案第103号でご説明いたしました手続を経て、指定管理者の候補者として適正であると認められたものでございます。

 次に、議案第109号、指定管理者の指定につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、北名古屋市沖村児童館の指定管理が平成28年3月31日をもって指定管理期間の満了を迎えることに伴い、改めて指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、あらかじめ議会の議決をお願いするものでございます。

 内容につきましては、次のページをご覧いただきたいと存じます。

 北名古屋市沖村児童館指定管理者。

 1.指定に係る施設の名称、北名古屋市沖村児童館。

 2.指定の相手方、北名古屋市弥勒寺西一丁目54番地、特定非営利活動法人子育てネットワークあすなろ、理事長 水野美保。

 3.指定の期間、平成28年4月1日から平成32年3月31日まで。

 参考資料として、北名古屋市沖村児童館の概要と特定非営利活動法人子育てネットワークあすなろの概要をつけさせていただきました。

 この指定管理の候補者につきましては、議案第103号と同様に候補者の募集を実施しましたところ、今回提案させていただきました1団体からの申請でございました。

 その選定の経緯につきましても、議案第103号でご説明いたしました手続を経て、指定管理者の候補者として適当であると認められたものでございます。

 以上、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 次に、井上建設部長。



◎建設部長(井上昭人君)

 私の所管いたします議案第110号ほか1件の議案につきまして、ご説明申し上げます。

 初めに、議案第110号、北名古屋市農業委員会委員及び北名古屋市農地利用最適化推進委員の定数に関する条例の制定につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、農業委員会等に関する法律施行令の一部を改正する政令の公布に伴い、政令に定める基準に従い、北名古屋市農業委員会委員及び北名古屋市農地利用最適化推進委員の定数を定めるため、本条例を定める必要があるからでございます。

 各委員の定数につきましては、農業委員会委員を14人、農地利用最適化推進委員を4人とするものでございます。

 附則といたしましては、この条例の施行日を平成28年4月1日とするほか、この条例の施行に合わせて北名古屋市農業委員会の選挙による委員の定数条例を廃止し、北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例において、農地利用最適化推進委員の報酬額を年額16万8,000円とするものでございます。

 次に、議案第111号、北名古屋市農業委員会委員候補者等選考委員会条例の制定につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、農業委員会の組織及び制度が改められ、北名古屋市において農業委員会委員及び農地利用最適化推進委員の候補者を公平かつ適正に選考する北名古屋市農業委員会委員候補者等選考委員会を設置するため、本条例を定める必要があるからでございます。

 本案の概要といたしましては、選考委員会は委員7名以内をもって組織し、委員の任期は3年とするほか、会議の運営について定めるものでございます。

 附則といたしましては、この条例の施行日を公布の日とするほか、この条例の施行後の最初の委員の任期を平成30年9月30日までとし、北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例において委員の報酬額を日額6,000円とするものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 日程第27、議案第112号、人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 議案第112号

   人権擁護委員の候補者の推薦について

 次の者を人権擁護委員の候補者として推薦したいから、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求める。

  平成27年11月24日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 住所 北名古屋市沖村天花寺67番地

 氏名 栗木清章

 生年月日 昭和23年8月14日

 提案理由

 この案を提出するのは、人権擁護委員 石黒紀子氏が平成28年3月31日に任期満了となるので、上記の者を適任と認め、人権擁護委員の候補者として推薦したいからでございます。

 当事者に係ります職歴等、参考資料として添付をさせていただきました。ご参照いただければ幸いに存じます。よろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 これより質疑に入ります。

 本案については質疑の通告はございませんので、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 本案については討論の通告はございませんので、討論を終結いたします。

 これより本案を採決いたします。

 本案は、原案に異議ない旨決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案に異議ない旨決しました。

 日程第28、議案第113号、人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 議案第113号

   人権擁護委員の候補者の推薦について

 次の者を人権擁護委員の候補者として推薦したいから、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求める。

  平成27年11月24日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 住所 北名古屋市九之坪北浦1番地

 氏名 加藤正彦

 生年月日 昭和27年1月26日

 提案理由

 この案を提出するのは、人権擁護委員 長谷川裕美子氏が平成28年3月31日に任期満了となるので、上記の者を適任と認め、人権擁護委員の候補者として推薦したいからでございます。

 当事者に係ります職歴等、参考資料として添付させていただきました。ご参照いただければ幸いに存じます。よろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 これより質疑に入ります。

 本案については質疑の通告はございませんので、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 本案については討論の通告はございませんので、討論を終結いたします。

 これより本案を採決いたします。

 本案は、原案に異議ない旨決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案に異議ない旨決しました。

 日程第29、議案第114号、北名古屋市議会委員会条例の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 猶木義郎議員。



◆6番(猶木義郎君)

 議案第114号、北名古屋市議会委員会条例の一部改正について。

 北名古屋市議会委員会条例(平成18年北名古屋市条例第153号)の一部を別紙のとおり改正するものです。

 平成27年11月24日提出。提出者、北名古屋市議会議員 平野弘康、猶木義郎、大原久直、上野雅美。賛成者、北名古屋市議会議員 神田 薫、桂川将典、間宮文枝、渡邉麻衣子、黒川サキ子。

 提案理由。この案を提出するのは、議会における予算と決算の審査を一体的に行うとともに、議会運営の効率化を図り、あわせて条文整備を行うため、本条例の一部を改める必要があるからである。

 主な改正内容をご説明申し上げます。

 第2条第1項中、「少なくとも一の常任委員」を「予算決算常任委員会の委員のほか、一の常任委員会の委員(以下「常任委員」という。)」に改め、同条第2項に第4号予算決算常任委員会21人、ア、予算に関する事務、イ、決算に関する事務を加え、第4条第2項中「議会運営委員」を「議会運営委員会の委員(以下「議会運営委員」という。)」に改め、第6条第2項中「特別委員」を「特別委員会の委員(以下「特別委員」という。)」に改めるものであります。

 なお、この条例は、平成28年1月1日から施行するものであります。

 以上、簡単でございますが、説明とさせていただきます。



○議長(長瀬悟康君)

 これより質疑に入ります。

 本案については質疑の通告はございませんので、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 本案については討論の通告はございませんので、討論を終結いたします。

 これより本案を採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第30、議案第115号、北名古屋市議会政務活動費の交付に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 平野弘康議員。



◆17番(平野弘康君)

 議案第115号、北名古屋市議会政務活動費の交付に関する条例の一部改正について。

 北名古屋市議会政務活動費の交付に関する条例(平成25年北名古屋市条例第1号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

 平成27年11月24日提出。提出者、北名古屋市議会議員 平野弘康、猶木義郎、大原久直、上野雅美。賛成者、北名古屋市議会議員 神田 薫、桂川将典、間宮文枝、渡邉麻衣子、梅村真史。

 提案理由。この案を提出するのは、議員の自己研さんと資質の向上及び幅広い視野の強化を目的に、北名古屋市議会政務活動費の交付額を改訂し、議会活動の一層の推進を図るため、本条例の一部を改める必要があるからである。

 主な改正内容をご説明申し上げます。

 第3条第1項中「月額1万円を」を「月額3万円を限度として」に改めるものであります。

 なお、この条例は、平成28年4月1日から施行するものであります。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。



○議長(長瀬悟康君)

 これより質疑に入ります。

 本案については質疑の通告はございませんので、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 本案については討論の通告はございませんので、討論を終結いたします。

 これより本案を採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第31、予算特別委員会の設置及び日程第32、予算特別委員会委員長及び副委員長の互選を一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 平成27年度の北名古屋市一般会計の補正予算に関する議案を審査するため、20名の委員をもって構成する予算特別委員会を設置し、予算特別委員会の委員長に平野弘康議員、副委員長に猶木義郎議員を選任することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 異議なしと認めます。

 よって、20名の委員をもって構成する予算特別委員会を設置し、予算特別委員会の委員長に平野弘康議員、副委員長に猶木義郎議員を選任することに決しました。

 以上で、本日の議事日程は全て終了いたしました。

 次の本会議は12月3日午前10時より開きますので、定刻までに議場へご参集くださるようお願いいたします。

 本日はこれをもって散会といたします。ご苦労さまでした。



             (午前11時05分 散  会)









△会期日程(案)





平成27年第4回北名古屋市議会定例会会期日程(案)



自 平成27年11月24日

会 期             25日間

至 平成27年12月18日
月日曜会  議  名開 議 時 刻摘     要
1124火本会議午前10時
〇開会

〇市長招集挨拶

〇議席の変更

〇会議録署名議員の指名

〇会期の決定

〇諸般の報告

〇議案の上程

〇提出者の説明

〇議案に対する質疑

(112号及び113号)

〇討論

(112号及び113号)

〇採決

(112号及び113号)

〇議案の上程

〇提出者の説明

〇議案に対する質疑

(114号及び115号)

〇討論

(114号及び115号)

〇採決

(114号及び115号)

〇予算特別委員会の設置

〇予算特別委員会委員長及び副委員長の互選
1125水     休会
1126木     休会
1127金     休会
1128土     休会
1129日     休会
1130月     休会
121火     休会
122水議会運営委員会午前10時〇諮問事項協議
123木本会議午前10時〇議案に対する質疑
〇議案の委員会付託
〇一般質問
124金     本会議予備日
125土     休会
126日     休会
127月     休会
128火予算特別委員会午前10時〇付託議案審査
129水福祉教育常任委員会午前10時〇付託議案審査及び報告事項
1210木     休会
1211金建設常任委員会午前10時〇付託議案審査及び報告事項
1212土     休会
1213日     休会
1214月総務常任委員会午前10時〇付託議案審査及び報告
事項
1215火鉄道連続立体交差
事業等検討特別委員会午前10時〇報告事項
1216水議会運営委員会午前10時〇諮問事項協議
1217木     休会
1218金本会議午前10時〇委員長報告
〇委員長報告に対する質疑
〇討論
〇採決
〇閉会中の継続審査の申出
〇議員派遣
〇市長挨拶
〇閉会
全員協議会閉会後