議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 北名古屋市

平成27年第3回定例会( 9月) 08月26日−01号




平成27年第3回定例会( 9月) − 08月26日−01号









平成27年第3回定例会( 9月)



        平成27年第3回北名古屋市議会定例会会議録(第1号)



招集年月日  平成27年8月26日

招集場所   北名古屋市議会議場

開   会  8月26日 午前10時 議長開会宣言

応招議員

 1番 梅 村 真 史  2番 阿 部 武 史  3番 渡 邉 麻衣子

 4番 齊 藤 裕 美  5番 間 宮 文 枝  6番 猶 木 義 郎

 7番 渡 邊 幸 子  8番 永 津 正 和  9番 山 下 隆 義

 10番 大 原 久 直  11番 桂 川 将 典  12番 上 野 雅 美

 13番 松 田   功  14番 神 田   薫  15番 大 野   厚

 16番 沢 田   哲  17番 平 野 弘 康  18番 牧 野 孝 治

 20番 長 瀬 悟 康  21番 黒 川 サキ子

不応招議員  な し

出席議員   20名

欠席議員   な し

欠   員  1名

地方自治法第121条の規定により説明員として出席した者の職氏名

 市長      長 瀬   保    副市長     日 置 英 治

 教育長     吉 田 文 明    統括参事    岩 越 雅 夫

 総務部長    能 村 義 則    財務部長    魚 住 幸 三

 防災環境部長  福 永 直 吉    市民健康部長  大 西   清

 福祉部長    水 野 高 作    建設部長    井 上 昭 人

 教育部長    村 瀬 雅 彦    会計管理者   森   幹 彦

 総務部次長兼人事秘書課長       財務部次長兼財政課長

         森 川 三 美            柴 田 幹 夫

 防災環境部次長兼環境課長       市民健康部次長兼国保医療課長

         鈴 村 昌 弘            植 手   厚

 福祉部次長兼高齢福祉課長       建設部次長兼下水道課長

         柴 田 忠 利            坪 井 光 広

 教育部次長兼学校教育課長       監査委員事務局次長兼監査課長

         大 野   勇            櫻 井 健 司

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長  山 中 郁 男    議会事務局議事課長

                            中 畑 裕 太

 議会事務局議事課課長補佐       議会事務局議事課主任

         一 柳 賢 司            肥 田 辰 哉



会議録署名議員の氏名

 議長は会議録署名議員に次の2名を指名した。

 3番 渡 邉 麻衣子  4番 齊 藤 裕 美

市長提出議案の題目

議案第59号 平成26年度北名古屋市一般会計決算の認定について

議案第60号 平成26年度北名古屋市土地取得特別会計決算の認定について

議案第61号 平成26年度北名古屋市国民健康保険特別会計決算の認定について

議案第62号 平成26年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計決算の認定について

議案第63号 平成26年度北名古屋市介護保険特別会計決算の認定について

議案第64号 平成26年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計決算の認定について

議案第65号 平成26年度北名古屋市公共下水道事業特別会計決算の認定について

議案第66号 北名古屋市役所の位置を定める条例の一部改正について

議案第67号 北名古屋市コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部改正について

議案第68号 北名古屋市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の制定について

議案第69号 北名古屋市個人情報保護条例の一部改正について

議案第70号 北名古屋市情報公開・個人情報保護審査会条例の一部改正について

議案第71号 北名古屋市手数料条例の一部改正について

議案第72号 平成27年度北名古屋市一般会計補正予算(第1号)について

議案第73号 平成27年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について

議案第74号 平成27年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について

議案第75号 平成27年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第1号)について

議案第76号 平成27年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について

議案第77号 平成27年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について

議案第78号 土地区画整理事業に伴う町の区域の設定について

議案第79号 北名古屋市総合運動広場の設置及び管理に関する条例の一部改正について

議案第80号 北名古屋市運動広場等の設置及び管理に関する条例の一部改正について

議案第81号 愛日地方教育事務協議会規約の変更について

議案第82号 工事請負契約の締結について(総合体育館天井等改修工事)

議案第83号 人権擁護委員の候補者の推薦について

議案第84号 人権擁護委員の候補者の推薦について

議案第85号 人権擁護委員の候補者の推薦について

議案第86号 人権擁護委員の候補者の推薦について

議事日程  議長は議事日程を別紙のとおり報告した。

     平成27年第3回北名古屋市議会定例会 議事日程〔第1号〕



                    平成27年8月26日 午前10時00分開議



〇開会

〇市長招集挨拶



日程第1 会議録署名議員の指名(  番      ・  番      )

日程第2 会期の決定

日程第3 諸般の報告 (1)行政報告・(2)議長報告

日程第4 請願提出

日程第5 議案第59号 平成26年度北名古屋市一般会計決算の認定について

日程第6 議案第60号 平成26年度北名古屋市土地取得特別会計決算の認定について

日程第7 議案第61号 平成26年度北名古屋市国民健康保険特別会計決算の認定について

日程第8 議案第62号 平成26年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計決算の認定について

日程第9 議案第63号 平成26年度北名古屋市介護保険特別会計決算の認定について

日程第10 議案第64号 平成26年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計決算の認定について

日程第11 議案第65号 平成26年度北名古屋市公共下水道事業特別会計決算の認定について

日程第12 議案第66号 北名古屋市役所の位置を定める条例の一部改正について

日程第13 議案第67号 北名古屋市コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部改正について

日程第14 議案第68号 北名古屋市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の制定について

日程第15 議案第69号 北名古屋市個人情報保護条例の一部改正について

日程第16 議案第70号 北名古屋市情報公開・個人情報保護審査会条例の一部改正について

日程第17 議案第71号 北名古屋市手数料条例の一部改正について

日程第18 議案第72号 平成27年度北名古屋市一般会計補正予算(第1号)について

日程第19 議案第73号 平成27年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について

日程第20 議案第74号 平成27年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について

日程第21 議案第75号 平成27年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第1号)について

日程第22 議案第76号 平成27年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について

日程第23 議案第77号 平成27年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について

日程第24 議案第78号 土地区画整理事業に伴う町の区域の設定について

日程第25 議案第79号 北名古屋市総合運動広場の設置及び管理に関する条例の一部改正について

日程第26 議案第80号 北名古屋市運動広場等の設置及び管理に関する条例の一部改正について

日程第27 議案第81号 愛日地方教育事務協議会規約の変更について

日程第28 議案第82号 工事請負契約の締結について(総合体育館天井等改修工事)

日程第29 議案第83号 人権擁護委員の候補者の推薦について

日程第30 議案第84号 人権擁護委員の候補者の推薦について

日程第31 議案第85号 人権擁護委員の候補者の推薦について

日程第32 議案第86号 人権擁護委員の候補者の推薦について

日程第33 議案第87号 北名古屋市議会会議規則の一部改正について

日程第34 決算特別委員会の設置

日程第35 予算特別委員会の設置

日程第36 決算特別委員会委員長及び副委員長の互選

日程第37 予算特別委員会委員長及び副委員長の互選

日程第38 議員派遣について







             (午前10時00分 開  会)



○議長(長瀬悟康君)

 おはようございます。

 議員各位には、定刻までにご参集をいただき、まことにありがとうございます。

 ただいまの出席議員は20名で、定足数に達しております。

 よって、会議は成立いたしましたので、ただいまから平成27年第3回北名古屋市議会定例会を開会いたします。

 初めに、市長より招集挨拶の申し出がありますので、これを許可いたします。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 おはようございます。

 本日、ここに平成27年第3回北名古屋市議会定例会を全員の議員の皆様方にご参集いただきまして開会していただきました。まことにありがとうございます。

 本日のこの本定例会に付議いたしますのは議案28件、大変数多くの議案提案でございますが、一つ一つ真剣、そして慎重にご審議を頂戴しまして、ご認定、ご可決を賜りますように、まずもってお願いするところであります。

 北名古屋市も誕生して10年を迎えるところであります。これまで一貫して市民の融和を中心にしまして、さまざまな課題に取り組み、皆様方の格別なるお力添えの中に一つ一つクリアをさせていただいているところであります。特に、最大の懸案事項であります生活環境の整備、殊に、塵芥処理場の建設に向けまして大変ご心労をおかけしているところでありますが、いよいよ現実的に着工の運びになってくるという段階であります。そうした意味合いから、さらなる北名古屋市の市民の生活や福祉向上に向けてお力添えを賜りたい、そんな一面をお願いするところであります。

 どうか本定例会が実のある定例会になりますことを心からお願いしまして、ご挨拶にかえさせていただきます。どうかよろしくお願いします。ありがとうございました。



○議長(長瀬悟康君)

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました別紙のとおりであります。

 日程第1、会議録署名議員の指名につきましては、会議規則第81条の規定により、3番 渡邉麻衣子議員、4番 齊藤裕美議員の2名を指名いたします。

 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今定例会の会期は、別紙でお手元まで配付いたしました会期日程(案)のとおり、本日から9月24日までの30日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 異議なしと認めます。

 よって、今定例会の会期は、本日から9月24日までの30日間とすることに決しました。

 日程第3、諸般の報告に入ります。

 最初に、行政報告を行います。

 日置副市長。



◎副市長(日置英治君)

 おはようございます。

 行政報告をいたします。

 今回は、報告事項が第6号から第9号まで4件でございます。順を追って報告をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 初めに、報告第6号

   専決処分(損害賠償)について

 地方自治法第180条第1項の規定により、次のとおり専決処分したので、同条第2項の規定に基づき報告する。

  平成27年8月26日提出

 北名古屋市長 長 瀬   保  

 なお、事故の概要、損害賠償の額等につきましては、下記のとおりでございますので、ご参照いただきたいと存じます。

 次に、報告第7号

   平成26年度北名古屋市一般会計継続費精算報告書について

 地方自治法施行令第145条第2項の規定により、平成26年度北名古屋市一般会計継続費を別紙のとおり精算したので報告する。

  平成27年8月26日提出

 北名古屋市長 長 瀬   保  

 一般会計におきまして、平成25年度から平成26年度の2年間の継続事業であります款2総務費の庁舎整備事業費における西庁舎耐震改修工事、及び平成24年度から平成26年度の3年間の継続事業であります款2総務費の固定資産税賦課費における土地評価等委託事業が完了いたしましたので、別紙平成26年度北名古屋市一般会計継続費精算報告書のとおり報告をいたします。

 次に、報告第8号

   平成26年度北名古屋市財政健全化判断比率及び資金不足比率について

 地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により、平成26年度北名古屋市財政健全化判断比率及び資金不足比率を別紙監査委員の意見をつけて次のとおり報告する。

  平成27年8月26日提出

 北名古屋市長 長 瀬   保  

 なお、報告数値につきましては、下記のとおりであります。別紙監査委員の意見とあわせてご参照いただきたいと存じます。

 最後に、報告第9号

   平成26年度尾張土地開発公社の経営状況について

 地方自治法第243条の3第2項の規定により、平成26年度尾張土地開発公社の経営状況を説明する書類を別紙のとおり報告する。

  平成27年8月26日提出

 北名古屋市長 長 瀬   保  

 なお、平成26年度尾張土地開発公社の経営状況を説明する書類としては、別紙平成26年度尾張土地開発公社決算書でございますので、ご参照いただきたいと存じます。

 以上、報告とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 以上で行政報告を終わります。

 次に、議長報告を行います。

 今定例会に、監査委員から平成27年5月における随時監査の結果について、並びに平成27年6月及び7月における例月出納検査の結果についてが提出されております。また、教育委員会委員長から教育に関する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価報告書についてが提出されております。いずれもお手元に配付いたしましたとおりであります。朗読は省略いたします。

 次に、今定例会における議案について、別紙写しの議案の提出についてのとおり受理したことをご報告いたします。朗読は省略いたします。

 次に、今定例会の説明員を地方自治法第121条の規定により出席を要求しましたところ、別紙写しの説明員の通知についてのとおり通知されましたので、受理したことをご報告いたします。朗読は省略いたします。

 次に、平成27年6月、7月及び8月の議会活動状況につきましては、議会活動状況日誌の配付をもって報告とさせていただきますので、ご了承願います。

 以上で議長報告を終わります。

 日程第4、請願提出に入ります。

 本日までに受理いたしました請願は、お手元に配付いたしました請願文書表のとおりであります。会議規則第134条第1項の規定により、所管委員会に審査を付託いたします。

 日程第5、議案第59号、平成26年度北名古屋市一般会計決算の認定についてから日程第27、議案第81号、愛日地方教育事務協議会規約の変更についてまでの議案23件を一括議題といたします。

 提案説明に入ります。

 順次説明を求めます。

 森会計管理者。



◎会計管理者(森幹彦君)

 私の所管いたします議案第59号ほか6件の議案につきまして、ご説明を申し上げます。

 初めに、議案第59号、平成26年度北名古屋市一般会計決算の認定につきまして、ご説明を申し上げます。

 説明につきましては、本議案を含め各特別会計決算の認定に係る議案説明につきましても、主な項目のみとさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。

 それでは、歳入についてご説明をさせていただきますので、決算書の2ページ、3ページをご覧ください。

 款1市税は、予算現額135億4,696万円に対し、収入済額は137億5,147万1,291円でございます。調定額と収入済額との比率であります収納率は95.2%でございまして、前年度より8億9,519万6,377円の増でございます。

 款9地方交付税は、収入済額12億4,207万6,000円でございまして、前年度より909万9,000円の増でございます。

 4ページ、5ページをご覧ください。

 款13国庫支出金は、児童手当、生活保護費などの国庫負担金24億9,640万2,532円、社会資本整備総合交付金、臨時福祉給付金などの国庫補助金7億5,460万7,000円でございまして、収入済額32億7,487万9,008円、前年度より1億8,484万4,601円の増でございます。

 款14県支出金は、児童手当費負担金、子ども医療費補助金、子育て支援減税手当補助金等で、収入済額15億7,738万6,817円、前年度より2億7,565万8,674円の増でございます。

 6ページ、7ページをご覧ください。

 款20市債は、収入済額45億560万円でございまして、うち合併特例事業債34億7,860万円、臨時財政対策債10億2,700万円で、前年度より8億3,680万円の増でございます。

 収入合計の調定額294億2,537万2,432円、収入済額284億8,534万325円、不納欠損額6,889万7,141円、収入未済額8億7,113万4,966円でございます。予算現額と収入済額との比率であります収入率は97.0%でございます。また、自主財源の割合は57.7%となり、前年度と比較いたしますと、市債の増加により1.6%の減少でございます。

 続きまして、歳出についてご説明させていただきますので、8ページ、9ページをご覧ください。

 款2総務費は、平成25年度から継続の西庁舎耐震改修工事と現在建設中であります西庁舎分館建設工事などの庁舎整備事業費8億4,452万8,440円を初め、電子計算費、徴税費、各種選挙費などを含め、前年度より6億1,340万8,139円増の33億5,559万8,165円でございます。

 款3民生費は、児童館・児童クラブ整備事業費1億3,568万1,868円を初め、国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険特別会計への繰出金、さらには障害福祉費、福祉医療費、児童福祉費、生活保護費などを含め、前年度より5億3,190万4,151円増の110億2,751万2,458円でございます。

 款4衛生費は、前年度より7,785万2,040円増の27億8,749万9,212円でございます。

 款7商工費は、企業立地奨励金等2億9,759万6,000円を含め、前年度より1億5,149万4,993円増の5億6,725万508円でございます。また、翌年度繰越金6,009万9,000円は、プレミアム付商品券発行業務に充てるものでございます。

 款8土木費は、ゲリラ豪雨に対応するための雨水貯留施設新設工事や、都市公園整備工事、市内各所の道路改良工事、公共下水道事業特別会計への繰出金など、前年度より2億5,074万8,861円増の23億8,516万2,633円でございます。翌年度繰越額1億319万8,000円は、道路橋りょう新設改良事業費に充てるものでございます。

 10ページ、11ページをご覧ください。

 款10教育費は、小・中学校整備事業、文化勤労会館整備事業、土地購入を含む(仮称)総合運動広場建設工事、新給食センター建設事業など、前年度より4億6,910万9,359円増の43億5,911万4,384円でございます。翌年度繰越額6億9,172万2,000円は、児童・生徒英語力推進事業及び(仮称)総合運動広場建設事業に充てるものでございます。

 款12公債費は、前年度より1億807万9,228円増の16億4,679万1,776円でございます。

 款14予備費は、1,573万4,000円を充用いたしました。

 歳出合計の支出済額276億8,628万4,809円、翌年度繰越額8億7,501万9,600円、不用額8億389万1,591円で、予算現額と支出済額との比率であります執行率は94.3%でございます。歳入歳出差引残額は7億9,905万5,516円でございます。

 続いて、12ページの実質収支に関する調書をご覧ください。

 5の実質収支額は、7億6,075万4,916円でございます。

 財産に関する調書が、決算書の240ページから249ページにわたって掲載してございますので、ご参照いただきたいと存じます。

 次に、議案第60号、平成26年度北名古屋市土地取得特別会計決算の認定につきまして、ご説明を申し上げます。

 歳入についてご説明をさせていただきますので、決算書の252、253ページをご覧ください。

 款3市債は、調整池用地を取得するため、公共用地先行取得等事業債で2億2,700万円を借り入れたものでございます。

 歳入合計の調定額、収入済額は、同額の2億8,256万4,936円で、収入率は99.1%でございます。

 続きまして、歳出についてご説明をさせていただきますので、254、255ページをご覧ください。

 款1公共用地取得費は、調整池用地7,396平方メートルを取得した費用2億8,236万2,100円でございます。

 歳出合計の支出済額2億8,256万4,936円、不用額243万5,064円で、執行率は99.1%でございます。歳入歳出差引残額はゼロ円でございます。

 なお、実質収支に関する調書は256ページに、財産に関する調書は262ページに掲載してございます。

 次に、議案第61号、平成26年度北名古屋市国民健康保険特別会計決算の認定につきまして、ご説明を申し上げます。

 被保険者数は平均2万2,980人で、前年度より630人、世帯数は平均1万3,071世帯、前年度より172世帯それぞれ減少でございます。

 それでは、歳入についてご説明をさせていただきますので、決算書の264、265ページをご覧ください。

 款1国民健康保険税につきましては、予算現額19億960万円に対し、収入済額は19億3,618万8,319円で、収納率は66.4%でございます。

 款3国庫支出金は、収入済額15億5,242万4,904円で、前年度より979万427円の増でございます。

 款5前期高齢者交付金は、収入済額22億8,411万1,179円で、前年度より1,114万4,277円の減でございます。

 款9繰入金は、前年度と比べ6,610万円増の10億1,610万円を一般会計から繰り入れいたしました。

 歳入合計の調定額93億9,975万264円、収入済額84億1,851万6,992円、不納欠損額1億1,172万9,693円、収入未済額8億6,950万3,579円で、収入率は99.6%でございます。

 続きまして、歳出についてご説明をさせていただきますので、266、267ページをご覧ください。

 款2保険給付費は、被保険者の減少により、医療給付高額療養費などが前年度と比べ7,496万2,860円減の54億1,127万1,804円でございます。

 款3後期高齢者支援金等は、前年度と比べ1,945万8,746円減の12億3,038万8,159円でございます。

 款6介護納付金は、介護保険給付費の増加により、前年度と比べ658万2,942円増の4億9,613万7,373円でございます。

 268、269ページをご覧ください。

 款11予備費の支出はございませんでした。

 歳出合計の支出済額82億7,524万8,825円、不用額1億7,915万6,175円で、執行率は97.9%でございます。歳入歳出差引残額は1億4,326万8,167円でございます。

 なお、実質収支に関する調書は270ページに、財産に関する調書は298ページに掲載してございます。

 次に、議案第62号、平成26年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計決算の認定につきまして、ご説明を申し上げます。

 被保険者数は平均7,966人で、前年度より460人の増加でございます。

 歳入についてご説明をさせていただきますので、決算書の300、301ページをご覧ください。

 款1後期高齢者医療保険料は、予算現額7億3,340万円に対し、収入済額は7億3,525万7,300円で、収納率は98.8%でございます。

 款2繰入金は、収入済額1億2,224万5,317円で、保険基盤安定繰入金などでございます。

 歳入合計の調定額8億7,175万5,405円、収入済額8億6,254万1,005円、不納欠損額43万9,400円、収入未済額877万5,000円で、収入率は100.1%でございます。

 続きまして、歳出についてご説明をさせていただきますので、302、303ページをご覧ください。

 款2後期高齢者医療広域連合納付金は、保険料等の増加により、前年度と比べ7,710万8,824円の増でございまして、8億3,848万5,027円でございます。

 歳出合計の支出済額8億5,299万8,386円、不用額859万7,614円で、執行率は99.0%でございます。歳入歳出差引残額は954万2,619円でございます。

 なお、実質収支に関する調書は304ページに掲載してございます。

 次に、議案第63号、平成26年度北名古屋市介護保険特別会計決算の認定につきまして、ご説明を申し上げます。

 1号被保険者数は平均1万9,238人で、前年度より753人の増加でございます。

 それでは、歳入についてご説明をさせていただきますので、決算書の316、317ページをご覧ください。

 款1保険料は、予算現額10億2,418万6,000円に対し、収入済額は10億1,271万4,900円で、収納率は96.7%でございます。

 款2国庫支出金及び款3支払基金交付金は、保険給付費等の増加に伴い、それぞれ7億294万6,925円、10億5,508万9,000円の交付でございます。

 歳入合計の調定額40億3,779万7,658円、収入済額40億285万986円、不納欠損額805万9,342円、収入未済額2,688万7,330円で、収入率は98.2%でございます。

 続きまして、歳出についてご説明をさせていただきますので、318、319ページをご覧ください。

 款2保険給付費は、施設介護サービス給付費が減少しているものの、居宅介護サービス給付費及び地域密着型介護サービス給付費等の増加により、前年度と比べて1億1,735万2,321円増の36億3,465万1,983円でございます。

 歳出合計の支出済額38億9,385万7,775円、不用額1億8,352万7,225円で、執行率は95.5%でございます。歳入歳出差引残額は1億899万3,211円でございます。

 なお、実質収支に関する調書は320ページに掲載してございます。

 次に、議案第64号、平成26年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計決算の認定につきまして、ご説明を申し上げます。

 歳入についてご説明をさせていただきますので、決算書の350、351ページをご覧ください。

 款2繰入金は、一般会計から6,899万7,000円を繰り入れいたしました。

 歳入合計の調定額及び収入済額は、同額の8,013万1,682円で、収入率は100.0%でございます。

 続きまして、歳出についてご説明をさせていただきますので、352、353ページをご覧ください。

 款2事業費は、物件移転補償費などで2,174万8,700円でございます。翌年度繰越額1,040万円は、駅前開発事業費に充てるものでございます。

 款3公債費は、前年度より10万7,690円減の1,678万6,175円でございます。

 歳出合計の支出済額4,977万8,995円、不用額1,995万1,005円で、執行率は62.1%でございます。歳入歳出差引残額は3,035万2,687円でございます。

 なお、実質収支に関する調書は354ページに掲載してございます。

 次に、議案第65号、平成26年度北名古屋市公共下水道事業特別会計決算の認定につきまして、ご説明を申し上げます。

 歳入についてご説明をさせていただきますので、決算書の364、365ページをご覧ください。

 款1分担金及び負担金は、予算現額1,010万円に対し、収入済額1,161万6,600円で、収納率は89.4%でございます。

 款2使用料及び手数料の下水道使用料は、予算現額2億6,541万1,000円に対し、収入済額2億6,668万3,922円で、収納率は99.1%でございます。

 款3国庫支出金は、下水道整備事業費に対する社会資本整備総合交付金として、収入済額5億3,989万円でございます。

 款4繰入金は、前年度より1億2,260万円増の6億4,840万円を一般会計から繰り入れいたしました。

 款7市債は、前年度と比べて5,360万円増の収入済額6億3,680万円でございます。

 歳入合計の調定額22億1,857万4,295円、収入済額22億1,486万7,441円、不納欠損額29万7,864円、収入未済額340万8,990円で、収入率は103.0%でございます。

 続きまして、歳出についてご説明をさせていただきますので、366、367ページをご覧ください。

 款2下水道建設費は、前年度より4億283万7,161円増の14億451万9,512円でございます。

 款3公債費は、前年度より5,216万8,960円増の4億1,391万746円でございます。

 歳出合計の支出済額21億2,466万8,045円、翌年度繰越額はございません。不用額2,671万955円で、執行率は98.8%でございます。歳入歳出差引残額は9,019万9,396円でございます。

 続きまして、368ページの実質収支に関する調書をご覧ください。

 5の実質収支額は9,019万9,396円でございます。

 財産に関する調書は、384ページに掲載してございます。

 なお、各決算の詳細につきましては、別冊の監査委員から提出されました決算審査意見書と主要施策の成果に関する説明書を添付させていただいておりますので、ご参照いただきたいと存じます。

 以上、説明にかえさせていただきます。よろしくご審議を賜りまして、ご認定いただきますようお願いを申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 次に、能村総務部長。



◎総務部長(能村義則君)

 私の所管いたします議案第66号ほか5件の議案につきまして、内容をご説明申し上げます。

 初めに、議案第66号、北名古屋市役所の位置を定める条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、北名古屋市役所西庁舎分館を解体し、西庁舎と一体利用する建物を増築するため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 改正内容につきましては、庁舎として位置づけられていました北名古屋市役所西庁舎分館の規定を削除するものであり、現在建築中の建物を西庁舎として位置づけるものです。附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。

 次に、議案第67号、北名古屋市コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、西庁舎分館の建てかえに伴い、北名古屋市コミュニティセンターを新築することにあわせて使用料を見直すため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 改正内容につきましては、さきの議案第66号、北名古屋市役所の位置を定める条例の一部改正についてと同様に、西庁舎と同一の所在地とするものでございます。また、使用料につきましては、公共施設の使用料適正化計画に基づき、コミュニティセンター3室の使用料を建設費及び維持管理費をもとに統一的な積算方法で算出した使用料を基準としつつ、激変緩和措置として従前の使用料を1.2倍した使用料を設定しました。附則といたしまして、この条例は平成28年1月4日から施行するものでございます。

 次に、議案第68号、北名古屋市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の制定につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、以後提案理由も含め、番号法と呼ぶことにさせていただきます。番号法が公布されたことに伴い、北名古屋市において個人番号を独自利用することに関し必要な事項を定めるため、本条例を定める必要があるからでございます。

 制定内容につきましては、条例の説明書を添付させていただきましたので、この説明書に基づいて説明させていただきますので、よろしくお願いします。

 1の条例制定の趣旨につきましては、番号法第9条第2項の規定に基づく個人番号の利用に関し必要な事項を定めるものです。

 2の市の責務につきましては、個人番号の利用に関し、その適正な取り扱いを確保するために必要な措置を講ずるとともに、国との連携を図りながら、自主的かつ主体的に、地域の特性に応じた施策を実施する旨を定めております。

 3の個人番号の利用範囲につきましては、番号法第9条第2項の規定に基づき、市の独自利用事務及び庁内連携について定めております。

 まず(1)の独自利用事務でございますが、「遺児手当の支給に関する事務」を規定しております。

 また、(2)の庁内連携につきましては、市役所内部での情報連携について市の条例で定める必要がありますので、規定をします。

 4でございますが、この条例の施行に関し必要な事項は規則で定めることとしておりますので、参考資料として関係規則を添付させていただきました。

 5でございますが、附則といたしまして、この条例は平成28年1月1日から施行するものでございます。

 次に、議案第69号、北名古屋市個人情報保護条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、番号法の公布に伴い、市が保有する特定個人情報の適正な取り扱い及び開示、訂正、利用の停止等の手続について定めるため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 改正内容につきましては、番号法の公布を受けて、特定個人情報、情報提供等記録、特定個人情報ファイルなどの法概念を定義し、特定個人情報の利用及び提供に制限を加えつつ、特定個人情報ファイルとして分類される情報の保護について、改めて詳細に規定する改正となっております。

 附則といたしまして、この条例は平成28年1月1日から施行することを原則とし、例外的に、各号に定める日から施行するものでございます。

 次に、議案第70号、北名古屋市情報公開・個人情報保護審査会条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、番号法の公布に伴い、北名古屋市情報公開・個人情報保護審査会の諮問対象となる事項を定めるとともに例規全体の整備をするため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 改正内容につきましては、趣旨及び設置規定を集約・整理し、北名古屋市情報公開・個人情報保護審査会の設置根拠を明確にすると同時に、審査会の所掌事務を詳細に明記し、例規全体の整理をするものでございます。

 附則といたしまして、この条例は平成27年10月5日から施行するものでございます。

 次に、議案第71号、北名古屋市手数料条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、番号法の公布に伴い、通知カード及び個人番号カードの再交付に係る手数料を徴収するため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 改正内容につきましては、通知カードまたは個人番号カードを紛失・破損等した場合、通知カードの再交付に係る手数料の額を1枚につき500円とし、個人番号カードの再交付に係る手数料の額を1枚につき800円とするものでございます。

 また、住民基本台帳カードの交付または住民基本台帳の再交付については、その事務を廃止します。

 附則といたしまして、通知カードの再交付に係る手数料の規定については平成27年10月5日から、個人番号カードの再交付に係る手数料及び住民基本台帳カードの交付・再交付を廃止する規定については、平成28年1月1日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 次に、魚住財務部長。



◎財務部長(魚住幸三君)

 議案第72号、平成27年度北名古屋市一般会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明申し上げます。

 一般会計補正予算の1ページをご覧ください。

 平成27年度の北名古屋市一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億8,440万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ290億2,640万円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (債務負担行為の補正)

 第2条 債務負担行為の追加は、「第2表 債務負担行為補正」による。

 (地方債の補正)

 第3条 地方債の変更は、「第3表 地方債補正」による。

  平成27年8月26日提出

 北名古屋市長 長 瀬   保  

 この1号補正予算につきましては、主に平成26年度決算に伴う精算及び緊急を要する事業に係るものを補正予算として編成させていただきました。

 歳入についてご説明させていただきますので、2ページをご覧ください。

 款13国庫支出金、項2国庫補助金は、地域住民生活等緊急支援のための交付金及び個人番号カード交付事務費補助金332万6,000円を計上、項3委託金は、国民年金事務委託金60万5,000円を増額。

 款14県支出金、項1県負担金は、過年度生活保護費負担金228万6,000円を計上、項2県補助金は、在宅医療連携システム整備事業補助金185万円を増額。

 款16寄附金は、ふるさと納税寄附金2,900万円を増額。

 款17繰入金、項1特別会計繰入金は、後期高齢者医療特別会計など、4つの特別会計からの平成26年度決算余剰金の精算に係る繰入金1億3,219万6,000円を増額。

 項2基金繰入金は、繰越金等の精算により財政調整基金の繰り入れを一部取りやめるため、3億4,978万4,000円を減額。

 款18繰越金は、平成26年度決算余剰金1億6,075万4,000円を増額。

 款19諸収入、項4雑入は、後期高齢者医療療養給付費負担金過年度精算金及びマラソン大会参加料2,976万7,000円を計上。

 款20市債は、臨時財政対策債の発行可能額が確定したことにより、1億7,440万円を増額するものでございます。

 続きまして、歳出についてご説明申し上げますので、3ページのほうをご覧ください。

 款2総務費、項1総務管理費は、ふるさと納税寄附金の取り扱い変更に伴うものなど332万6,000円を増額。

 項3戸籍住民基本台帳費は、マイナンバー制度における個人番号カード交付事務に非常勤職員賃金71万1,000円を増額。

 款3民生費、項1社会福祉費は、在宅医療連携システムに医療介護資源マップを搭載、及び過年度の臨時福祉給付金給付費の国・県支出金返還金など、1,285万6,000円を増額。

 項3生活保護費は、過年度生活保護費の国・県支出金返還金が生じたため、8,802万3,000円を計上。

 款10教育費、項5保健体育費は、マラソン大会の主体を体育協会から市へ移管するため、体育協会補助金を減額し、マラソン大会事業費を計上したことにより780万3,000円を増額。

 款13諸支出金、項1基金費は、平成26年度都市計画税の充当余剰金を都市計画事業基金に、また、ふるさと納税寄附金をふるさと応援基金にそれぞれ積み立てるため7,168万1,000円を増額するものでございます。

 次に、債務負担行為についてご説明申し上げますので、4ページをご覧ください。

 第2表 債務負担行為補正は、IT教育支援事業で学校情報システムをリプレースするため、平成28年度から平成33年度までの期間で限度額を9億6,565万円に設定するものでございます。

 第3表 地方債補正は、臨時財政対策債を1億7,440万円増額して、6億7,440万円とするものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 次に、大西市民健康部長。



◎市民健康部長(大西清君)

 私の所管いたします議案第73号ほか1件の議案につきまして、ご説明申し上げます。

 初めに、議案第73号、平成27年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)につきまして、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成27年度北名古屋市の国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億2,326万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ95億2,926万9,000円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成27年8月26日提出

 北名古屋市長 長 瀬   保  

 それでは、歳入につきましてご説明いたします。

 2ページをご覧ください。

 款10繰越金につきましては、前年度会計の決算に伴う繰越金の確定により1億2,326万9,000円を増額いたしました。

 次に、歳出につきましてご説明いたします。

 3ページをご覧ください。

 款9基金積立金につきましては、歳入の繰越金の増額分1億2,326万9,000円を基金積立金として増額いたしました。

 次に、議案第74号、平成27年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)につきまして、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成27年度北名古屋市の後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ454万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9億3,754万2,000円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成27年8月26日提出

 北名古屋市長 長 瀬   保  

 それでは、歳入につきましてご説明いたします。

 2ページをご覧ください。

 款3繰越金につきましては、前年度会計の決算に伴う繰越金の確定により454万2,000円を増額いたしました。

 次に、歳出につきましてご説明いたします。

 3ページをご覧ください。

 款2後期高齢者医療広域連合納付金につきましては、前年度の精算分として、後期高齢者医療広域連合への返還金を331万2,000円増額いたしました。

 款3諸支出金につきましても、前年度決算に伴う一般会計からの繰入金の返還金として123万円を増額いたしました。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 次に、水野福祉部長。



◎福祉部長(水野高作君)

 議案第75号、平成27年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第1号)につきまして、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成27年度北名古屋市の介護保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,690万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ44億9,890万2,000円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成27年8月26日提出

 北名古屋市長 長 瀬   保  

 それでは、歳入についてご説明いたします。

 2ページをご覧ください。

 款3支払基金交付金は、保険給付費及び地域支援事業経費の確定に伴い、あわせて592万3,000円を増額。

 款6繰入金は、保険給付費の市負担分確定に伴い、198万6,000円を介護給付準備基金から取り崩すため増額、これにより介護給付準備基金の積立額は2億9,616万4,000円となります。

 款7繰越金は、前年度繰越金の確定に伴い、当初予算額に計上した額との差額4,899万3,000円を増額するものでございます。

 続きまして、歳出についてご説明いたします。

 3ページをご覧ください。

 款5諸支出金は、介護給付費等の経費確定に伴い、国庫・県費の負担金及び一般会計からの繰入金に係る過剰額の返還金として5,690万2,000円を増額するものでございます。

 以上、簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 次に、井上建設部長。



◎建設部長(井上昭人君)

 私の所管いたします議案第76号ほか2議案につきまして、ご説明申し上げます。

 まず議案第76号、平成27年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成27年度北名古屋市の西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,895万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5,195万3,000円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成27年8月26日提出

 北名古屋市長 長 瀬   保  

 それでは、歳入から順次説明いたします。

 2ページをご覧ください。

 款3繰越金につきましては、平成26年度の繰越金の確定に伴い1,895万3,000円を増額計上いたしました。

 次に、歳出につきましてご説明いたします。

 3ページをご覧ください。

 款4諸支出金につきましては、平成26年度の繰越金を一般会計へ繰り戻すための一般会計繰出金1,895万3,000円を増額計上いたしました。

 次に、議案第77号、平成27年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成27年度北名古屋市の公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8,920万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ24億3,720万円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成27年8月26日提出

 北名古屋市長 長 瀬   保  

 それでは、歳入から順次ご説明いたします。

 2ページをご覧ください。

 款5繰越金では、平成26年度の繰越金の確定に伴い8,920万円を増額計上いたしました。

 次に、歳出についてご説明いたします。

 3ページをご覧ください。

 款4諸支出金では、平成26年度の繰越金を一般会計へ戻すための一般会計繰出金8,920万円を増額計上いたしました。

 次に、議案第78号、土地区画整理事業に伴う町の区域の設定につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、名古屋都市計画事業西春駅西土地区画整理事業の実施に伴い、町の区域を設定する必要があるため、別図第1に示す区域において、町の区域を別図第2に示すとおり設定するものでございます。

 資料といたしまして、区域を設定する町の名称及び区域を添付しておりますので、ご参照いただきたいと存じます。

 なお、この土地区画整理事業に伴う町の区域の設定は、本土地区画整理事業の換地処分の公告のあった日の翌日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 ここで一旦休憩といたします。休憩後の再開は、午前11時15分といたしますので、定刻までに議場へご参集くださるようお願いいたします。

 それでは、一旦休憩とします。



             (午前11時01分 休  憩)





             (午前11時15分 再  開)





○議長(長瀬悟康君)

 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。

 次に、村瀬教育部長。



◎教育部長(村瀬雅彦君)

 私の所管いたします議案第79号ほか2議案につきまして、ご説明申し上げます。

 初めに、議案第79号、北名古屋市総合運動広場の設置及び管理に関する条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、北名古屋市総合運動広場の呼称について、北名古屋稲葉篤紀ふるさと広場とするため、本条例の一部を改正するものでございます。

 附則といたしまして、この条例は平成27年10月1日から施行するものでございます。

 次に、議案第80号、北名古屋市運動広場等の設置及び管理に関する条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、北名古屋市米野運動広場の地主より土地賃貸借契約の解除申し出があり、かつ利用も少ないところから、用地を返還することに伴い、平成27年11月1日付で北名古屋市米野運動広場の供用を廃止するため、本条例の一部を改正するものでございます。

 附則といたしまして、この条例は平成27年11月1日から施行するものでございます。

 次に、議案第81号、愛日地方教育事務協議会規約の変更につきまして、ご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴い、共同採択地区における市町教育委員会の協議の方法等を整備するため、本協議会規約の一部を変更する必要があるからでございます。

 従来、小学校及び中学校の教科用図書の共同採択は、尾張東部教科用図書採択地区協議会において協議し、その結果により愛日地方教育事務協議会が共同採択する図書を選定しておりましたが、今年度からは、改正後の義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律第13条第4項の規定に基づき設置される尾張東部教科用図書採択地区協議会が図書を選定することとされたことにより、愛日地方教育事務協議会では、小学校及び中学校の教科用図書の採択に関する事務を行わないため、規定について整理するものでございます。

 なお、附則といたしまして、この規約は平成27年11月1日から施行するものでございます。

 以上、簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 日程第28、議案第82号、工事請負契約の締結について(総合体育館天井等改修工事)を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 村瀬教育部長。



◎教育部長(村瀬雅彦君)

 議案第82号、工事請負契約の締結につきまして、ご説明申し上げます。

 次のとおり工事請負契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項第5号及び北名古屋市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 1.工事名、総合体育館天井等改修工事。2.工事場所、北名古屋市能田引免地40番地。3.工事の概要、アリーナつり天井撤去工事一式、多目的ホール天井改修工事一式、2階トイレ改修工事一式、昇降機(エレベーター)改修工事一式。4.契約金額、2億7,540万円(うち取引に係る消費税等2,040万円)。5.工期、契約日の翌日から平成28年3月16日まで。6.契約の相手方、愛知県北名古屋市法成寺八竜326番地、三山建設株式会社、代表取締役 池山 悟。7.契約の方法、指名競争入札。

 総合体育館天井等改修工事の入札につきましては、平成27年7月10日に15者へ指名競争入札の指名通知を行い、8月6日午前9時より電子入札による開札を執行いたしました。添付させていただきました入札執行調書にございますように、15者から応札があり、最低価格で入札した三山建設株式会社が落札したものでございます。

 また、参考資料として施工箇所の平面図を添付してございますので、ご参照いただきたいと存じます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 お諮りいたします。

 本案については質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより本案を採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第29、議案第83号、人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第83号

   人権擁護委員の候補者の推薦について

 次の者を人権擁護委員の候補者として推薦したいから、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求める。

  平成27年8月26日提出

 北名古屋市長 長 瀬   保  

 住所 北名古屋市高田寺383番地

 氏名 柴田真成

 生年月日 昭和26年1月19日

 提案理由

 この案を提出するのは、人権擁護委員 柴田真成氏が平成27年12月31日に任期満了となるので、同氏を適任と認め、人権擁護委員の候補者として推薦したいからでございます。

 当事者に係ります職歴等、参考資料として添付させていただきました。ご参照いただければ幸いに存じます。よろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 お諮りいたします。

 本案については質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより本案を採決いたします。

 本案は、原案に異議ない旨決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案に異議ない旨決しました。

 日程第30、議案第84号、人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第84号

   人権擁護委員の候補者の推薦について

 次の者を人権擁護委員の候補者として推薦したいから、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求める。

  平成27年8月26日提出

 北名古屋市長 長 瀬   保  

 住所 北名古屋市西之保東屋敷20番地

 氏名 浅田有彦

 生年月日 昭和40年2月2日

 提案理由

 この案を提出するのは、人権擁護委員 浅田有彦氏が平成27年12月31日に任期満了となるので、同氏を適任と認め、人権擁護委員の候補者として推薦したいからでございます。

 当事者に係ります職歴等、参考資料として添付させていただきました。ご参照いただければ幸いに存じます。よろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 お諮りいたします。

 本案については質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより本案を採決いたします。

 本案は、原案に異議ない旨決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案に異議ない旨決しました。

 日程第31、議案第85号、人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第85号

   人権擁護委員の候補者の推薦について

 次の者を人権擁護委員の候補者として推薦したいから、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求める。

  平成27年8月26日提出

 北名古屋市長 長 瀬   保  

 住所 北名古屋市中之郷南71番地

 氏名 本田昭見

 生年月日 昭和39年9月17日

 提案理由

 この案を提出するのは、人権擁護委員 本田昭見氏が平成27年12月31日に任期満了となるので、同氏を適任と認め、人権擁護委員の候補者として推薦したいからでございます。

 当事者に係ります職歴等、参考資料として添付させていただきました。ご参照いただければ幸いに存じます。よろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 お諮りいたします。

 本案については質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより本案を採決いたします。

 本案は、原案に異議ない旨決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案に異議ない旨決しました。

 日程第32、議案第86号、人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第86号

   人権擁護委員の候補者の推薦について

 次の者を人権擁護委員の候補者として推薦したいから、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求める。

  平成27年8月26日提出

 北名古屋市長 長 瀬   保  

 住所 北名古屋市六ツ師町田117番地2

 氏名 稲垣芳美

 生年月日 昭和28年11月21日

 提案理由

 この案を提出するのは、人権擁護委員 大野洋子氏が平成27年6月30日をもって辞職されたので、上記の者を適任と認め、人権擁護委員の候補者として推薦したいからでございます。

 当事者に係ります職歴等、参考資料として添付させていただきました。ご参照いただければ幸いに存じます。よろしくお願いをいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 お諮りいたします。

 本案については質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより本案を採決いたします。

 本案は、原案に異議ない旨決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案に異議ない旨決しました。

 日程第33、議案第87号、北名古屋市議会会議規則の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 平野弘康議員。



◆17番(平野弘康君)

 議案第87号、北名古屋市議会会議規則の一部改正について。

 北名古屋市議会会議規則(平成18年北名古屋市議会規則第1号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

 平成27年8月26日提出。提出者、北名古屋市議会議員 平野弘康、同、猶木義郎、同、大原久直、同、上野雅美。賛成者、北名古屋市議会議員 神田 薫、同、桂川将典、同、間宮文枝、同、渡邉麻衣子、同、黒川サキ子。

 提案理由。この案を提出するのは、近年の男女共同参画の状況に鑑み、本市議会においても男女共同参画を考慮した議会活動を促進するため、本規則の一部を改める必要があるからである。

 主な改正内容をご説明申し上げます。

 第2条に、第2項として議員は、出産のため出席できないときは、日数を定めて、あらかじめ議長に欠席届を提出することができるを、第84条に、第2項として委員は、出産のため出席できないときは、日数を定めて、あらかじめ委員長に欠席届を提出することができるを加えるものであります。

 なお、この規則は公布の日から施行するものであります。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 お諮りいたします。

 本案については質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより本案を採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第34、決算特別委員会の設置から日程第37、予算特別委員会委員長及び副委員長の互選までを一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 平成26年度の北名古屋市一般会計及び特別会計の決算認定に関する議案並びに平成27年度の北名古屋市一般会計及び特別会計の補正予算に関する議案を審査するため、20名の委員をもって構成する決算特別委員会及び予算特別委員会を設置し、各特別委員会の委員長に平野弘康議員、副委員長に猶木義郎議員を選任することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 異議なしと認めます。

 よって、20名の委員をもって構成する決算特別委員会及び予算特別委員会を設置し、各特別委員会の委員長に平野弘康議員、副委員長に猶木義郎議員を選任することに決しました。

 日程第38、議員派遣についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 会議規則第159条第1項の規定により、9月15日、建設中の西庁舎分館への総務常任委員会現地調査に松田副議長を派遣、9月18日から20日までの3日間、災害時相互応援協定市との交流を深め、より実効性のある協力関係を構築するため、旭川市で開催される「北の恵み食べマルシェ」に議長の私と山下隆義議員、猶木義郎議員を派遣いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 異議なしと認めます。

 よって、ただいまの2件について議員を派遣することに決しました。

 お諮りいたします。

 ただいま議決されました議員派遣について変更が生じた場合は、議長の私において決定いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 異議なしと認めます。

 よって、議員派遣について変更が生じた場合は、議長の私において決定することに決しました。

 以上で、本日の議事日程は全て終了いたしました。

 次の本会議は9月3日午前10時より開きますので、定刻までに議場へご参集くださるようお願いいたします。

 本日はこれをもって散会といたします。ご苦労さまでした。



             (午前11時35分 散  会)









△会期日程(案)









平成27年第3回北名古屋市議会定例会会期日程(案)



自 平成27年8月26日

会 期             30日間

至 平成27年9月24日


月日曜会  議  名開 議 時 刻摘     要
826水本  会  議午前10時
〇開会

〇市長招集挨拶

〇会議録署名議員の指名

〇会期の決定

〇諸般の報告

〇請願提出

〇議案の上程

〇提出者の説明

〇議案に対する質疑

(82号から87号)

〇討論(82号から87号)

〇採決(82号から87号)

〇決算特別委員会の設置

〇予算特別委員会の設置

〇決算特別委員会委員長及び副委員長の互選

〇予算特別委員会委員長及び副委員長の互選

〇議員派遣
827木     休 会
828金     休 会
829土     休 会
830日     休 会
831月     休 会
91火     休 会
92水議会運営委員会午前10時〇諮問事項協議
93木本  会  議午前10時〇議案に対する質疑
〇議案の委員会付託
〇一般質問
94金     本会議予備日
95土     休 会
96日     休 会
97月     休 会
98火決算特別委員会午前10時〇付託議案審査
99水決算特別委員会午前10時〇付託議案審査
910木予算特別委員会午前10時〇付託議案審査
911金福祉教育常任委員会午前10時〇付託議案審査及び報告事項
912土     休 会
913日     休 会
914月建設常任委員会午前10時〇付託議案審査及び報告事項
915火総務常任委員会午前10時〇付託議案審査及び報告事項
916水鉄道連続立体交差
事業等検討特別委員会午前10時〇報告事項
917木議会運営委員会午前10時〇諮問事項協議
918金     休 会
919土     休 会
920日     休 会
921月(祝)     休 会
922火(祝)     休 会
923水(祝)     休 会
924木本  会  議午前10時
〇委員長報告

〇委員長報告に対する質疑

〇討論

〇採決

〇閉会中の継続調査の申出

〇市長挨拶

〇閉会
全員協議会閉会後 








△請願文書表


請 願 文 書 表平成27年第3回北名古屋市議会定例会提出
請願
番号受理年月日
(受理番号)件       名請願者氏名紹介議員氏名所管委員会
請 願
第2号平成27年
8月11日
(399)所得税法56条を廃止するために意見書提出を求める請願北名古屋市九之坪北浦41−1
北名古屋民主商工会婦人部

婦人部長 宮崎喜美子大原 久直
渡邉麻衣子総 務
常 任
委員会