議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 北名古屋市

平成27年第1回臨時会( 4月) 04月21日−01号




平成27年第1回臨時会( 4月) − 04月21日−01号









平成27年第1回臨時会( 4月)



        平成27年第1回北名古屋市議会臨時会会議録



招集年月日  平成27年4月21日

招集場所   北名古屋市議会議場

開   会  4月21日 午前10時 議長開会宣言

応招議員

 1番 梅 村 真 史  2番 阿 部 武 史  3番 渡 邉 麻衣子

 4番 齊 藤 裕 美  5番 間 宮 文 枝  6番 猶 木 義 郎

 7番 渡 邊 幸 子  8番 永 津 正 和  9番 山 下 隆 義

 10番 大 原 久 直  11番 桂 川 将 典  12番 上 野 雅 美

 13番 松 田   功  14番 神 田   薫  15番 大 野   厚

 16番 沢 田   哲  17番 平 野 弘 康  18番 牧 野 孝 治

 20番 長 瀬 悟 康  21番 黒 川 サキ子

不応招議員  な し

出席議員   20名

欠席議員   な し

欠   員  1名

地方自治法第121条の規定により説明員として出席した者の職氏名

 市長      長 瀬   保    副市長     日 置 英 治

 教育長     吉 田 文 明    統括参事    岩 越 雅 夫

 総務部長    能 村 義 則    財務部長    魚 住 幸 三

 防災環境部長  福 永 直 吉    市民健康部長  大 西   清

 福祉部長    水 野 高 作    建設部長    井 上 昭 人

 教育部長    村 瀬 雅 彦    会計管理者   森   幹 彦

 総務部次長兼人事秘書課長       財務部次長兼財政課長

         森 川 三 美            柴 田 幹 夫

 教育部次長兼生涯学習課長

         大 野   勇

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長  山 中 郁 男    議会事務局議事課長

                            中 畑 裕 太

 議会事務局議事課課長補佐       議会事務局議事課主任

         一 柳 賢 司            肥 田 辰 哉



会議録署名議員の氏名

 議長は会議録署名議員に次の2名を指名した。

 15番 大 野   厚  16番 沢 田   哲

市長提出議案の題目

 議案第45号 専決処分の承認を求めることについて

 議案第46号 北名古屋市市税条例等の一部改正について

 議案第47号 北名古屋市都市計画税条例の一部改正について

 議案第48号 財産の取得について

議事日程  議長は議事日程を別紙のとおり報告した。



    平成27年第1回北名古屋市議会臨時会 議事日程



                    平成27年4月21日 午前10時00分開議



〇開会

〇市長招集挨拶



日程第1 会議録署名議員の指名(  番      ・  番      )

日程第2 会期の決定

日程第3 諸般の報告

日程第4 議案第45号 専決処分の承認を求めることについて

日程第5 議案第46号 北名古屋市市税条例等の一部改正について

日程第6 議案第47号 北名古屋市都市計画税条例の一部改正について

日程第7 議案第48号 財産の取得について



〇市長挨拶

〇閉会





             (午前10時00分 開  会)



○議長(平野弘康君)

 皆さん、おはようございます。

 議員各位には、定刻までにご参集いただき、まことにありがとうございます。

 ただいまの出席議員は20名で定足数に達しております。

 よって、会議は成立いたしましたので、ただいまから平成27年第1回北名古屋市議会臨時会を開会いたします。

 初めに、市長より招集の挨拶の申し出がありますので、これを許可いたします。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 おはようございます。

 新緑極めてまばゆいときになりました。きょうは、ご案内のように平成27年第1回北名古屋市議会臨時会をここにお開きいただきましたこと、まずもって心からお礼を申し上げます。

 昨今の自治体の動向は極めて厳しく、また自治体間の競争意識というものが極めて高まっている昨今であります。北名古屋市におきましても合併をして誕生し、北名古屋市としてこのように市としての対応を、これまで10年にわたる年月を経まして、市民の皆さん方の深いご理解、そしてご支援を頂戴して今日があるわけでございます。殊に市議会の皆さん方においては、ご心労絶え間ない日にてあったかと存じますが、こうしたこれからの未来志向に立った北名古屋市がここに現存するこの現実を私どもは改めて直視し、さらなる北名古屋市の発展、そして住まいされる8万3,000有余の市民お一人お一人の福祉向上に対して、一層心新たにして取り組んでいかなければいけない、そんな大切な、そして重要なときになっている、そのように私は受けとめているところであります。

 これからの北名古屋市がどのような姿として子々孫々にわたって継承していくか、これはまさしく私ども初め、市議会の皆さん方の格別なご理解とご支援、ひたすらに心からご祈念、ご期待を申し上げるところでございます。そのような思いでこの平成27年度が始まりました。私どもは極めて緊張感を持って事に対処する、そんな思いで取り組みを進めているところでございます。

 どうか皆さん方の格別なるご支援と、そしてご理解、さらなる発展のために、私どもに心お寄せいただきますことを心からお願いいたしまして、開会に当たりましてのご挨拶にさせていただきます。大変お世話になりますが、どうかよろしくお願いいたします。ありがとうございました。



○議長(平野弘康君)

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました別紙のとおりであります。

 日程第1、会議録署名議員の指名につきましては、会議規則第81条の規定により、15番 大野 厚議員、16番 沢田 哲議員の2名を指名いたします。

 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今臨時会の会期は、別紙でお手元に配付いたしました会期日程案のとおり本日1日といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(平野弘康君)

 異議なしと認めます。

 よって、今臨時会の会期は本日1日とすることに決しました。

 日程第3、諸般の報告に入ります。

 今臨時会における議案について、別紙写しの議案の提出についてのとおり受理したことを報告いたします。朗読は省略いたします。

 次に、今臨時会の説明員を地方自治法第121条の規定により出席を要求いたしましたところ、別紙写しの説明員の通知についてのとおり通知されましたので、受理したことをご報告いたします。朗読は省略いたします。

 以上で報告を終わります。

 日程第4、議案第45号、専決処分の承認を求めることについてから、日程第6、議案第47号、北名古屋市都市計画税条例の一部改正についてまでの議案3件を一括議題といたします。

 提案説明に入ります。

 説明を求めます。

 魚住財務部長。



◎財務部長(魚住幸三君)

 私の所管いたします議案第45号ほか2件の議案につきましてご説明申し上げます。

 初めに、議案第45号、専決処分の承認を求めることにつきましてご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、地方税法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、北名古屋市市税条例等の一部を改正する条例を改正する必要が生じたが、議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により、北名古屋市市税条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例を専決処分したからででございます。

 改正内容につきましては、北名古屋市市税条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例の説明書が添付してございますので、この説明書に基づいて説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 軽自動車税の税率の改正につきまして、平成26年6月議会でご可決いただき、平成27年4月1日から新税率での課税の予定でありました2輪車等の税率引き上げについて1年延期し、平成28年度分から適用する必要が生じたため改めたものでございます。

 なお、2輪車等の税率引き上げについては、地方税法等の一部改正を改正する法律が平成27年3月31日に公布施行され、この条例につきましても同様に施行しなければならないため、3月31日に専決処分をし、施行したものでございます。

 次に、議案第46号、北名古屋市市税条例等の一部改正につきましてご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、地方税法等の一部を改正する法律が公布施行されたことに伴い、ふるさと納税の寄附金税額控除の申告の特例、法人市民税の均等割資本金等の見直し、環境への負荷の少ない軽自動車税の軽課、旧3級品の製造たばこ税の税率の見直し、固定資産税のわがまち特例の拡大、平成27年度の評価がえに伴う土地に係る固定資産税の税負担の調整、番号法の改正等及び市税の減免申請の提出期限の緩和を行うため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 主な改正内容につきましては、北名古屋市市税条例等の一部を改正する条例の説明書が添付してございますので、この説明書に基づいて説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 1.個人市民税のふるさと納税の寄附金控除額に係る申告の特例につきましては、確定申告を行わない給与所得者等が、ふるさと納税の寄附先である地方団体の県・市町村に対して個人住民税を課税する市町村に寄附金控除の申告を本人にかわって行うことを要請することができる、いわゆるふるさと納税ワンストップ特例制度の地方団体間の事務に関して規定するものでございます。

 また、地方税法の改正により、個人住民税の寄附金税額控除の特例控除額の控除限度額を、個人住民税所得割額、現行1割を2割に引き上げるものでございます。

 2.法人市民税の均等割の税率区分の見直しにつきましては、法人市民税均等割の現行基準である資本金等の額に無償増減資等の金額を加減算する措置を講ずるとともに、当該資本金等の額が資本金に資本準備金を加えた額を下回る場合、当該額を均等割の税率区分の基準とするものでございます。

 3.固定資産税。(1)わがまち特例の拡大につきましては、アの都市再生緊急整備地域については、課税標準額をその価格に5分の3を乗じた額とし、イの津波避難施設等については、課税標準をその価格に2分の1を乗じた額とするものでございます。現状、北名古屋市におきましては該当がありません。ウの新築サービスつき高齢者向け賃貸住宅については、税額を最初の5年間3分の2を減額するものでございます。ア及びイの特例割合、ウの減額割合につきましては、それぞれ地方税法を参酌した割合を用いたものでございます。

 (2)その他につきましては、平成27年度の評価がえが行われ、現行の固定資産税の課税の仕組みであります土地の負担水準の均衡化をさらに継続するため、所要の整備を行うものでございます。

 4.軽自動車税の税率改正につきましては、一定の環境性能を有する4輪車等について、その燃費性能に応じたグリーン化特例の導入により軽自動車税の税率を軽減するものでございます。

 (1)電気自動車及び天然ガス自動車で、基準に該当する場合につきましては税率をおおむね75%軽減し、(2)の基準に該当する場合につきましては税率をおおむね50%軽減し、(3)の基準に該当する場合につきましては税率をおおむね25%軽減するもので、平成27年4月1日から平成28年3月31日までに初回車両番号指定を受けた3輪以上の軽自動車で、平成28年度に限り適用するものでございます。

 5.たばこ税、旧3級品の製造たばこの税率の見直しにつきましては、現行旧3級品、例えばわかば、エコーなどのたばこ税は、市税条例の附則により1,000本当たり2,495円とする特例税率としておりましたが、段階的に廃止を行い、平成31年4月1日には他の税率と同じ1,000本当たり5,262円とするものでございます。

 6.番号法による所要の整備につきましては、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、いわゆる番号法が公布され、本条例中に規定する納付書等の書類に個人番号または法人番号を記載事項として追加するもので、施行日は番号法附則第1条第4号に規定する日、平成28年1月1日でございます。

 7.市税の減免の申請期日の見直しにつきましては、市税の減免申請の提出期限である納期限前7日を納期限まで、または減免事由発生の日から30日経過した日までとするものです。減免の事由及び申請期限につきましては、地方税法に基づき市町村の裁量で市税条例に規定があるところでございますが、今回総務省行政評価局に対し、身体障害者等の軽自動車税の減免の申請期限について、納期限前7日ではなく、少なくとも納期限までと相談があり、総務省行政評価局より納期限までに見直すようあっせんという形で通知があり、他の減免の申請期限につきましても実情に応じて検討するよう通知がありました。これを受け、市税の減免につきまして再度検討し、減免事由によって納期限まで、または事由発生の日から30日経過した日までと改正するものでございます。施行日は、平成27年5月1日からでございます。

 8.その他につきましては、地方税法等の一部改正に伴う所要の整備を行うものでございます。この改正後の条例は別段の定めがあるものを除き、公布の日から施行し、平成27年4月1日から適用するものでございます。

 次に、議案第47号、北名古屋市都市計画税条例の一部改正につきましてご説明申し上げます。

 この案を提出するのは、地方税法等の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、わがまち特例の拡大、平成27年度の評価がえに伴う土地に係る税負担の調整の改正等を行うため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 主な改正内容につきましては、北名古屋市都市計画税条例の一部を改正する条例の説明書が添付してございますので、この説明書に基づいて説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 1.わがまち特例の拡大につきましては、都市計画税の課税標準の特例措置でございまして、都市再生緊急整備地域につきましては地方税法を参酌し、課税標準をその価格に5分の3を乗じて得た額とするものでございます。

 2.土地に係る負担調整措置につきましては、平成27年度の評価がえが行われ、現行の固定資産税の課税の仕組みである土地の負担水準の均衡化をさらに継続するため、所要整備を行うものでございます。

 3.その他につきましては、地方税法等の一部改正に伴う所要の整備を行うものでございます。

 この改正後の条例は、公布の日から施行し、平成27年4月1日から適用するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(平野弘康君)

 これより質疑に入ります。

 質疑の通告はございませんので、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第45号から議案第47号までの議案3件につきましては、会議規則第37条第1項の規定により、議案付託表のとおり総務常任委員会に審査を付託いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま委員会付託とした議案3件につきましては、会議規則第44条第1項の規定により、本日中に審査を終了するよう期限を付したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(平野弘康君)

 異議なしと認めます。

 よって、委員会付託とした議案3件については、本日中に審査を終了するよう期限を付することに決しました。

 この際、暫時休憩といたします。



             (午前10時20分 休  憩)





             (午前11時35分 再  開)





○議長(平野弘康君)

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 ここで、議案第45号から議案第47号までの議案3件の審査を所管した総務常任委員会の委員長に審査結果の報告を求めます。

 総務常任委員会委員長 松田 功議員。



◆総務常任委員会委員長(松田功君)

 総務常任委員会における審査結果をご報告いたします。

 当委員会は、本日、第1委員会室におきまして、委員7名の出席により開催し、付託議案3件について審査を行いました。

 付託された議案のうち、議案第45号、専決処分の承認を求めることについて、議案第46号、北名古屋市市税条例等の一部改正についての2議案につきましては、質疑があったものの討論はなく、採決では全員賛成により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第47号、北名古屋市都市計画税条例の一部改正については、質疑、討論はなく、採決では委員全員の賛成により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第45号及び46号の主な質疑と答弁でございますが、議会を開く時間的余裕がない理由はとの問いに対し、3月31日に地方税法の一部改正が国会によって可決され、4月1日の賦課期日に適用しなければならないからであるとの答弁がなされました。

 次に、条例改正内容の今後の住民への周知スケジュールはとの問いがあり、5月の広報で周知するとの答弁がなされました。

 議案第46号の主な質疑と答弁でございますが、本市におけるふるさと納税の現在の状況はとの問いがあり、記念品を贈呈するようになった以降増加している。今回の改正を踏まえ、今後のあり方を検討していくとの答弁がなされました。

 以上で、総務常任委員会における審査結果の報告を終わります。



○議長(平野弘康君)

 これをもちまして委員長報告を終わります。

 これより、委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「質疑なし」の声あり)



○議長(平野弘康君)

 別に質疑もないようですので、これで質疑を終結いたします。

 次に、議案第45号、専決処分の承認を求めることについての討論に入ります。

 本案の討論は通告がございませんので、討論を終結いたします。

 これより本案を採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(平野弘康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第46号、北名古屋市市税条例等の一部改正についての討論に入ります。

 本案の討論は通告がございませんので、討論を終結いたします。

 これより本案を採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(平野弘康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第47号、北名古屋市都市計画税条例の一部改正についての討論に入ります。

 本案の討論は通告がございませんので、討論を終結いたします。

 これより本案を採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(平野弘康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第7、議案第48号、財産の取得についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 村瀬教育部長。



◎教育部長(村瀬雅彦君)

 議案第48号、財産の取得につきましてご説明申し上げます。

 次のとおり財産の取得をしたいので、地方自治法第96条第1項第8号及び北名古屋市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 1.件名、北名古屋市学校給食センター厨房備品購入。2.種別及び数量、コンテナ96台、保温食缶620個等。3.購入金額、1億4,580万円(うち消費税等の額1,080万円)。4.納入期限、平成27年8月5日。5.購入先、愛知県名古屋市瑞穂区明前町14番地5号、株式会社アイホー名古屋支店、支店長 宮崎眞嗣。6.契約の方法、指名競争入札。

 本案は、新給食センターにおいて使用する厨房備品の購入に係るものでございます。

 入札につきましては、去る3月13日に7者へ指名競争入札の指名通知を行い、4月8日午前9時15分より入札の執行を行いました。入札結果につきましては、参考資料の入札執行調書にございますように6者から応札があり、最低価格で入札した株式会社アイホー名古屋支店が落札したものでございます。なお、株式会社マルゼン名古屋支店は辞退届が提出されました。

 この給食センター厨房備品の購入の内容といたしましては、学校等給食の配回送に必要なコンテナ96台、保温食缶620個、移動式パンラック118台、食器かご1,046個など、調理場で用います厨房備品及び学校、保育園への給食配回送用備品を購入するものでございます。

 なお、この財産の取得につきましては、平成27年9月からの新給食センター運用に向け、納入期限を平成27年8月5日までとし、議決をいただきましたら速やかに契約いたしたいと考えております。

 また、資料といたしまして主な厨房備品のリストを添付してございますので、ご参照いただきたいと存じます。

 以上、簡単ではございますが、説明にかえさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(平野弘康君)

 これより質疑に入ります。

 本案の質疑は通告がございませんので、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 本案の討論は通告がございませんので、討論を終結いたします。

 これより本案を採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(平野弘康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ここで、市長から挨拶の申し出がありますので、これを許可いたします。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 一言、議長のお許しをいただきましてご挨拶をさせていただきます。

 本臨時議会に上程をいたしました4件の議案に対しまして、極めて慎重審議頂戴いたしまして、原案ご賛同、ご可決を賜りました。まことにありがとうございます。

 殊に新しく今建設を進めております給食センターのこれからの維持管理、運用につきましては、衛生の条件をより高めながら、子供たちのこれからの幸せのために、また食育促進のために、私ども全霊で努力させていただきたいと存じます。

 そんな意味合いも含めまして、税法関係も、市民の皆さん方の納税意識の高揚に対しましても努めてまいる所存でございます。どうか市議会の皆さん方におかれましても、さまざまな角度から北名古屋市発展のためにお力添えを頂戴できますことを心からお願いし、本日の臨時議会に当たってのお礼のご挨拶にさせていただきます。大変これからもお世話になりますが、よろしくお願いします。ありがとうございました。



○議長(平野弘康君)

 以上で、今臨時会に付議された議案については全て終了いたしました。

 議員各位には、慎重なる審議をいただき、無事閉会できましたことを厚く御礼申し上げます。

 これをもちまして、平成27年第1回北名古屋市議会臨時会を閉会いたします。



             (午前11時46分 閉  会)





△会期日程(案)





平成27年第1回北名古屋市議会臨時会会期日程(案)



自 平成27年4月21日

会 期             1日間

至 平成27年4月21日


月日曜会  議  名開 議 時 刻摘     要
421火本  会  議午前10時
〇開会

〇市長招集挨拶

〇会議録署名議員の指名

〇会期の決定

〇諸般の報告

〇議案の上程

 (45号〜47号)

〇提出者の説明

 (45号〜47号)

〇議案に対する質疑

 (45号〜47号)

〇議案の委員会付託

 (45号〜47号)
建設常任委員会議案の委員会
付託後〇報告事項
総務常任委員会建設常任委員会
終了後〇付託議案審査
本  会  議総務常任委員会
終了後
〇委員長報告

 (45号〜47号)

〇委員長報告に対する

 質疑(45号〜47号)

〇討論(45号〜47号)

〇採決(45号〜47号)

〇議案の上程(48号)

〇提出者の説明(48号)

〇議案に対する質疑(48号)

〇討論(48号)

〇採決(48号)

〇市長挨拶

〇閉会




△議案付託表


議案付託表
付託委員会名議案番号件            名
総務常任委員会議案第45号専決処分の承認を求めることについて
議案第46号北名古屋市市税条例等の一部改正について
議案第47号北名古屋市都市計画税条例の一部改正について






会議の経過を記載して、その相違ないことを証するために署名する。



                       議長   平 野 弘 康



                       署名議員   大 野   厚



                       署名議員   沢 田   哲