議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 北名古屋市

平成19年第1回定例会( 3月) 03月23日−04号




平成19年第1回定例会( 3月) − 03月23日−04号









平成19年第1回定例会( 3月)



      平成19年第1回北名古屋市議会定例会会議録(第4号)



招集年月日  平成19年3月23日

招集場所   北名古屋市議会議場

開   会  3月23日 午前10時 議長開会宣言

応招議員

 1番 桂 川 将 典  2番 上 野 雅 美  3番 堀 場 弘 之

 4番 松 田   功  5番 塩 木 寿 子  6番 神 田   薫

 7番 大 野   厚  8番 青 山 喜代一  9番 沢 田   哲

 10番 平 野 弘 康  11番 牧 野 孝 治  12番 太 田 考 則

 13番 金 崎 慶 子  14番 長 瀬 悟 康  15番 日 栄 政 敏

 16番 石 間 江美子  17番 海 川 恒 明  18番 山 田 金 紀

 19番 大 嶌 治 雅  20番 黒 川 サキ子  21番 法 月   章

 22番 寺 川 愛 子  23番 渡 邉 紘 三  24番 茶 納 邦 夫

不応招議員  な し

出席議員   応招議員に同じ

欠席議員   な し

地方自治法第121条の規定により説明員として出席した者の職氏名

 市長      長 瀬   保    助役      武 市 重 信

 行政部長    阿 部 久邇夫    防災環境部長  田 中   勝

 市民部長    栗 木   猛    福祉部長    永 津 正 和

 建設部長    岩 越 久 夫    行政改革推進室長森 川 孝 一

 行政部行政・人事担当次長       行政部企画・情報担当次長

         舟 橋 直 樹            平 手 秀 廣

 行政部財政担当次長          防災環境部防災・環境担当次長

         石 黒 秀 夫            井 上 隆 夫

 市民部税務担当次長          市民部市民担当次長

         粕 谷 紀 光            加 藤 英 夫

 福祉部福祉担当次長          福祉部児童担当次長

         海 川 和 行            宮 地 孝 茂

 福祉部健康担当次長          建設部産業・下水担当次長

         早 瀬   守            坪 井 克 至

 建設部建設担当次長          収入役室長   中 山 忠 夫

         池 田 正 敏

 教育長     吉 田 文 明    教育部長    新 安 哲 次

 教育部学校教育担当次長        教育部社会教育担当次長

         吉 田 光 雄            玉 田 嵩 士

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長  加 藤 公 久    書記      森   喜 好

 書記      安 藤 将 昭

議事日程  議長は議事日程を別紙のとおり報告した。







     平成19年第1回北名古屋市議会定例会 議事日程〔第4号〕



                    平成19年3月23日 午前10時00分開議



日程第1 諸般の報告

日程第2 委員長報告

日程第3 議案第1号 平成18年度北名古屋市一般会計補正予算(第3号)について

日程第4 議案第2号 平成18年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について

日程第5 議案第3号 平成18年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第2号)について

日程第6 議案第4号 平成18年度北名古屋市介護サービス特別会計補正予算(第2号)について

日程第7 議案第5号 平成18年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について

日程第8 議案第6号 平成18年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について

日程第9 議案第7号 平成19年度北名古屋市一般会計予算について

日程第10 議案第8号 平成19年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算について

日程第11 議案第9号 平成19年度北名古屋市老人保健特別会計予算について

日程第12 議案第10号 平成19年度北名古屋市介護保険特別会計予算について

日程第13 議案第11号 平成19年度北名古屋市介護サービス特別会計予算について

日程第14 議案第12号 平成19年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算について

日程第15 議案第13号 平成19年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算について

日程第16 議案第14号 北名古屋市副市長の定数を定める条例の制定について

日程第17 議案第15号 北名古屋市名誉市民条例の制定について

日程第18 議案第16号 北名古屋市表彰条例の制定について

日程第19 議案第17号 北名古屋市職員互助会条例等の一部を改正する条例について

日程第20 議案第18号 北名古屋市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について

日程第21 議案第19号 北名古屋市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例について

日程第22 議案第20号 北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について

日程第23 議案第21号 北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について

日程第24 議案第22号 北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について

日程第25 議案第23号 北名古屋市職員の公益法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例について

日程第26 議案第24号 北名古屋市基金条例の一部を改正する条例について

日程第27 議案第25号 北名古屋市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例について

日程第28 議案第26号 北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例について

日程第29 議案第27号 北名古屋市児童クラブ設置条例等の一部を改正する条例について

日程第30 議案第28号 北名古屋市道路占用料条例及び北名古屋市法定外公共物の管理に関する条例の一部を改正する条例について

日程第31 議案第29号 愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について

日程第32 議案第30号 西春日井広域事務組合規約の変更について

日程第33 議案第31号 尾張市町交通災害共済組合規約の変更について

日程第34 議案第32号 北名古屋衛生組合規約の変更について

日程第35 議案第33号 尾張農業共済事務組合規約の変更について

日程第36 議案第37号 平成18年度北名古屋市一般会計補正予算(第4号)について

日程第37 議案第38号 北名古屋市議会会議規則の一部を改正する規則について

日程第38 議案第39号 北名古屋市議会委員会条例の一部を改正する条例について

日程第39 議案第40号 トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書の提出について

日程第40 所管事務調査の申し出について







             (午前10時00分 開  議)



○議長(大嶌治雅君)

 ただいまの出席議員は24名で定足数に達しております。

 よって、会議は成立いたしましたので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました別紙のとおりであります。

 日程第1、諸般の報告をいたします。

 本日議会に提出されました議案については、お手元に配付いたしました4件であります。

 以上をもって提出議案の報告にかえます。

 日程第2、委員長報告に入ります。33件を一括して議題といたします。

 お諮りいたします。

 予算特別委員会についての委員長報告は、会議規則第39条第3項の規定により、省略することといたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、予算特別委員会についての委員長報告は、省略することに決しました。

 この際、委員会における審査結果の報告を求めます。

 まず最初に、福祉教育常任委員長 太田考則君。



◆12番(太田考則君)

 皆さん、おはようございます。

 福祉教育常任委員会の報告を申し上げます。

 当委員会は、去る3月19日午前10時より、第1委員会室におきまして委員全員出席のもと、付託されました議案1件について審査を行いました。

 議案第27号、北名古屋市児童クラブ設置条例等の一部を改正する条例について、質疑につきましては、「盲学校」「聾学校」という言葉は一般的に不快用語として今後取り扱われるかの問いに対しまして、一般的にはそうではないとの答弁がありました。

 採決の結果、全員賛成でありましたことをご報告申し上げます。



○議長(大嶌治雅君)

 続いて、建設常任委員長 茶納邦夫君。



◆24番(茶納邦夫君)

 おはようございます。

 建設常任委員会のご報告を申し上げます。

 当委員会は、去る3月19日午後1時30分より、第1委員会室におきまして全員出席のもと行いました。

 当委員会に付託された議案第28号、北名古屋市道路占用料条例及び北名古屋市法定外公共物の管理に関する条例の一部を改正する条例について、審査の内容とその結果をご報告申し上げます。

 最初に当局の説明を求め、その後、直ちに質疑に入りました。

 これといった質疑はなく、採決の結果、全員賛成でありましたことをご報告申し上げます。以上でございます。

 次に、議案第33号、尾張農業共済事務組合規約の変更について、審査の内容とその結果をご報告申し上げます。

 最初に当局の説明を求め、その後、直ちに質疑に入りました。

 これといった質疑はなく、採決の結果、全員賛成でありましたことをご報告申し上げます。

 以上でございます。



○議長(大嶌治雅君)

 最後に、行政常任委員長 山田金紀君。



◆18番(山田金紀君)

 皆さん、おはようございます。

 行政常任委員会に付託を受けました議案の審査結果を報告いたします。

 3月20日午後1時30分より、第1委員会室において委員8名、市長以下関係職員の出席を得て、行政常任委員会に付託されました議案17件について審査を行いました。

 議案第14号、北名古屋市副市長の定数を定める条例の制定について、議案第15号、北名古屋市名誉市民条例の制定について、議案第16号、北名古屋市表彰条例の制定について、議案第17号、北名古屋市職員互助会条例等の一部を改正する条例について、議案第18号、北名古屋市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第19号、北名古屋市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例について、議案第20号、北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第21号、北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について、議案第22号、北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、議案第23号、北名古屋市職員の公益法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第24号、北名古屋市基金条例の一部を改正する条例について、議案第25号、北名古屋市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例について、議案第26号、北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例について、議案第29号、愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について、議案第30号、西春日井広域事務組合規約の変更について、議案第31号、尾張市町交通災害共済組合規約の変更について、議案第32号、北名古屋衛生組合規約の変更について、以上17件について全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。

 委員よりの質問で、議案第15号で、第4条の一時金の金額の質問については、参考までにインターネット等で検討し、決定していきたいと答弁がありました。

 議案第16号で、自治功労者表彰について年数の基準についての質問は、市長、議会議員について、基本的には功労を参考にして、社会情勢から見て8年、10年、12年で表彰、その功績が顕著な者と答弁がありました。

 議案第23号で、公益法人等への派遣について、派遣する職員、また給料についての質問に対し、まだ具体的には決まっていないが、派遣のときに協議して決めると答弁がありました。

 議案第25号で、プラスチック製容器包装の収集・回収についてどのように対応されるのかの質問に対し、新規事業であるので自治会の方で話をさせていただく。総会で集まられたときにPRしていきたいと説明がありました。

 その他についても的確な答弁がありました。

 以上、行政常任委員会の報告といたします。



○議長(大嶌治雅君)

 日程第3、議案第1号については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第1号、平成18年度北名古屋市一般会計補正予算(第3号)についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第1号、平成18年度北名古屋市一般会計補正予算(第3号)については原案のとおり可決されました。

 日程第4、議案第2号については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第2号、平成18年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第2号、平成18年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)については原案のとおり可決されました。

 日程第5、議案第3号については、討論の通告がありますので、順次発言を許します。

 渡邉紘三君。



◆23番(渡邉紘三君)

 23番、日本共産党、渡邉紘三。

 議案第3号、平成18年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第2号)について、反対の立場から反対討論を行います。

 議案第3号の反対の理由は、介護システム開発の予算計上です。これは、平成20年度から導入される後期高齢者医療保険制度ですが、制度の導入については、私どもは医療保険制度の改悪という立場から反対の態度を表明しています。この制度導入のための予算が計上されている点です。また、補正予算で介護保険料が増収になっていますが、これは、私どもが指摘しているように、税の改正、高齢者に対する控除の廃止や定率減税の廃止などの影響が介護保険料の負担増としてあらわれていると考えます。このように、高齢者に対する負担増や、さらに生活に対する負担感を強いる医療保険制度導入を含む補正予算に反対するものであります。

 よって、議案第3号、平成18年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第2号)について反対し、反対討論といたします。議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(大嶌治雅君)

 続いて、牧野孝治君。



◆11番(牧野孝治君)

 11番、市政クラブ、牧野孝治でございます。

 議案第3号、平成18年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、賛成の立場から討論をいたします。

 旧師勝町、旧西春町が合併し、北名古屋市として1年がたちました。また、介護保険も平成18年度から第3期介護保険事業計画のスタートした年であります。こうした中、高齢化の進展とともに、要介護認定者や介護サービスを受ける方が増加してきております。この保険制度をうまく取り入れ、自立生活をされる方がふえたことにより、保険の給付費も増加しているものと考えます。介護保険制度の趣旨としましては、生涯を生き生きと心身ともに健康で、生きがいや楽しみがある生活を送り、介護が必要となっても尊厳を持ち続けられることであります。この補正予算は、ふえ続ける要介護の方々に対し、介護の予防体制や自立した暮らしを送るための支援に必要な予算であり、特に後期高齢者医療制度改正に伴う介護電算システムの改修は必要不可欠な補正で、その内容を慎重に審議した結果、適切なものと判断いたしましたので、賛成するものであります。議員各位のご賛同をお願いいたしまして、賛成討論とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(大嶌治雅君)

 以上をもって討論を終結いたします。

 これより議案第3号、平成18年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第2号)についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立多数であります。

 よって、議案第3号、平成18年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第2号)については原案のとおり可決されました。

 日程第6、議案第4号については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第4号、平成18年度北名古屋市介護サービス特別会計補正予算(第2号)についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第4号、平成18年度北名古屋市介護サービス特別会計補正予算(第2号)については原案のとおり可決されました。

 日程第7、議案第5号については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第5号、平成18年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第5号、平成18年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)については原案のとおり可決されました。

 日程第8、議案第6号については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第6号、平成18年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第6号、平成18年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)については原案のとおり可決されました。

 日程第9、議案第7号については、討論の通告がありますので、順次発言を許します。

 渡邉紘三君。



◆23番(渡邉紘三君)

 23番、日本共産党、渡邉紘三。

 議案第7号、平成19年度北名古屋市一般会計予算について、反対の立場から反対討論を行います。

 国・県の予算も、国民の貧困の格差がますます深刻になっていく予算と言えます。これは、相変わらずの大企業優遇の予算であります。生活密着型の事業のための補助金や福祉に必要な負担金・補助金が削減されています。国は医療制度を改悪し、75歳以上の住民を別の保険制度、後期高齢者保険にするのではなく、憲法第29条、国民の生存権、国の社会保障的義務を守り、国の負担金・補助金をふやして、今の国民健康保険制度をもっと重視すればよいと考えます。北名古屋市の歳入は、定率減税廃止などの税改正の影響で市民税は増収しています。税改正によって、市民が負担する税金などはこれからもふえていきます。そのことによって、市民の生活や暮らしを大きく圧迫しています。

 歳出面では、市民が願う事業、教育環境の充実や災害対策、福祉対策、市内循環バスの運行などの予算は計上されていますが、しかし、だれでもが安全・安心に暮らせるまちのために、住民の皆様と築いてきた福祉行政が行政改革大綱の名のもとで削られていきます。合併して福祉が削られたという市民の声で、精神障害者の医療費補助は一部もとに戻りましたが、市民の福祉の心をとらえた予算編成にはなっていません。指定管理者制度に対する予算計上でも、市民に対して理解を深めるための予算資料・説明が不十分で、公の施設の運営・管理についての経緯が問われる予算計上です。職員配置も同様です。正職を削減して臨時職員を採用していますが、これでは真に住民の負託にこたえる行政にはなりません。住民負担や市民サービス向上を視野に入れた予算計上が求められています。

 以上の理由から、今年度の予算編成は、住民福祉の心の負託にこたえていないものとなっています。よって、平成19年度北名古屋市一般会計予算について反対し、反対討論といたします。議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(大嶌治雅君)

 続いて、牧野孝治君。



◆11番(牧野孝治君)

 11番、市政クラブ、牧野孝治でございます。

 議案第7号、平成19年度北名古屋市一般会計予算につきまして、賛成の立場で討論を行います。

 我が国の経済動向を見ますと、原油価格も落ちつきを見せ、企業収益は改善し、設備投資は増加、個人消費も底がたく推移し、景気回復は続いておりますが、国の膨大な累積赤字と、その解消を目指す制度改革の影響が本市の財政を圧迫し、依然として厳しい財政状況になっております。

 こうした厳しい財政状況の中、合併協議の合意を尊重して、できる限り住民サービスの低下しないよう、特に福祉施策などでは旧2町の事業を継承し、さまざまな事業を統一的に実施できるよう取り組まれる中、起債額を大幅に削減され、財政の健全化に努力されており、十分評価できるものと考えます。

 主な事業として、健康面では新たに脳ドック検診を始め、健康ドームではトレーニング機器を増設し、一人ひとりに合った健康づくりメニューによる指導、広域救命・救急医療体制の充実、子育て支援では新たに病後児保育を加え、保育の充実、広域障害者施設の補助、国の認知症地域資源活用モデル事業の指定、防災関係では消防自動車の買いかえ、老朽化した民間住宅の耐震診断・改修補助、五条小学校に雨水貯留施設の新設、名鉄犬山線の駅及び駅周辺の整備のための基金の設置、市内循環バス事業の実施、環境面では公共下水道の整備、廃プラスチック製容器包装の分別収集、中島公園の完成、鹿田第1公園の整備に着手、商工面ではポイントカード事業組合の支援、教育面では小学校1年生と中学校3年生の全クラスに非常勤講師の雇用、西春中学校では環境省モデル事業のエコ改修事業と耐震改修・増築、国際交流協会の設立、平和記念式典へ市民の派遣、市民保養施設の利用補助の継続、地域づくりでは自治会の自治推進事業や納涼事業の補助等の経費を計上、また市制施行1周年記念事業、市民憲章、市の木・市の花、北名古屋音頭の制作等、市民融和・統合の経費の計上、さらには北名古屋市の将来ビジョンを作成する総合計画に対する費用を計上されるなど、市政全般にわたり、きめ細かく配慮された予算編成となっております。

 よって、議案第7号、平成19年度北名古屋市一般会計予算について賛成するものであります。議員各位のご賛同をお願い申し上げまして、賛成討論とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(大嶌治雅君)

 以上をもって討論を終結いたします。

 これより、議案第7号、平成19年度北名古屋市一般会計予算についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立多数であります。

 よって、議案第7号、平成19年度北名古屋市一般会計予算については原案のとおり可決されました。

 日程第10、議案第8号については、討論の通告がありますので、順次発言を許します。

 渡邉紘三君。



◆23番(渡邉紘三君)

 23番、日本共産党、渡邉紘三。

 議案第8号、平成19年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算について、反対の立場から反対の討論を行います。

 議案に対する反対理由は、予算計上の中に、私どもが反対している後期高齢者医療保険制度導入のための電算システム開発の予算が計上されているという点です。また、この予算には、私どもが反対した葬祭費補助金給付削減の予算が計上されています。そのときの反対の理由は、葬祭事業に関する計画も見通しもなく、一方的に住民負担増を押しつける条例改正に反対しました。今回の予算計上は、住民が求める快適で安心・安全に暮らせるものとはなっていません。

 よって、議案第8号、平成19年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算に反対し、反対討論といたします。議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(大嶌治雅君)

 続いて、牧野孝治君。



◆11番(牧野孝治君)

 11番、市政クラブ、牧野孝治でございます。

 議案第8号、平成19年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算について、賛成の立場から討論を行います。

 平成19年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算は、加入世帯数1万4,870世帯、被保険者数2万8,870人を見込み、歳入歳出予算の総額は76億8,100万円で、前年度と比較して6億9,100万円の増額となっております。歳入といたしましては、来年度の税制改正実施や後期高齢者医療制度開始を念頭に置かれ、国民健康保険税率の引き上げをされなかったこと、一般会計繰入金の大幅な増額をされたこと、一方、歳出では、保険給付費と共同事業拠出金を大幅に見込まれ、平成20年度から開始する後期高齢者医療制度などのさまざまな医療制度改革に対応するための関係経費も計上されております。今回の予算編成は、加入者の高齢化、医療技術の進化等により医療費が増大していく傾向の中で、税率を据え置きとし、保険事業の安定的な運営と財政の健全化を図るため、市当局におかれましては、財政状況が大変厳しい中、一般会計より保険財政支援として大幅な繰入金の増額がなされるなど、大変努力された予算編成となっております。今後は、さらに国保事業の運営が厳しい状況になるものと認識いたしますが、国保事業の長期的かつ安定性のある運営に努めていただきたいと思います。

 よって、以上のことから、議案第8号、平成19年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算について賛成するものであります。議員各位のご賛同をお願いいたしまして、賛成討論とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(大嶌治雅君)

 以上をもって討論を終結いたします。

 これより、議案第8号、平成19年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立多数であります。

 よって、議案第8号、平成19年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算については原案のとおり可決されました。

 日程第11、議案第9号については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第9号、平成19年度北名古屋市老人保健特別会計予算についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第9号、平成19年度北名古屋市老人保健特別会計予算については原案のとおり可決されました。

 日程第12、議案第10号については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第10号、平成19年度北名古屋市介護保険特別会計予算についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第10号、平成19年度北名古屋市介護保険特別会計予算については原案のとおり可決されました。

 日程第13、議案第11号については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第11号、平成19年度北名古屋市介護サービス特別会計予算についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第11号、平成19年度北名古屋市介護サービス特別会計予算については原案のとおり可決されました。

 日程第14、議案第12号については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第12号、平成19年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第12号、平成19年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算については原案のとおり可決されました。

 日程第15、議案第13号については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第13号、平成19年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第13号、平成19年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算については原案のとおり可決されました。

 日程第16、議案第14号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第14号、北名古屋市副市長の定数を定める条例の制定についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第14号、北名古屋市副市長の定数を定める条例の制定については原案のとおり可決されました。

 日程第17、議案第15号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第15号、北名古屋市名誉市民条例の制定についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第15号、北名古屋市名誉市民条例の制定については原案のとおり可決されました。

 日程第18、議案第16号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第16号、北名古屋市表彰条例の制定についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第16号、北名古屋市表彰条例の制定については原案のとおり可決されました。

 日程第19、議案第17号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第17号、北名古屋市職員互助会条例等の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第17号、北名古屋市職員互助会条例等の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 日程第20、議案第18号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第18号、北名古屋市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第18号、北名古屋市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 日程第21、議案第19号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第19号、北名古屋市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第19号、北名古屋市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 日程第22、議案第20号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第20号、北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第20号、北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 日程第23、議案第21号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第21号、北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第21号、北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 日程第24、議案第22号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第22号、北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第22号、北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 日程第25、議案第23号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第23号、北名古屋市職員の公益法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第23号、北名古屋市職員の公益法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 日程第26、議案第24号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第24号、北名古屋市基金条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第24号、北名古屋市基金条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 日程第27、議案第25号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第25号、北名古屋市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第25号、北名古屋市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 日程第28、議案第26号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第26号、北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第26号、北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 日程第29、議案第27号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第27号、北名古屋市児童クラブ設置条例等の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第27号、北名古屋市児童クラブ設置条例等の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 日程第30、議案第28号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第28号、北名古屋市道路占用料条例及び北名古屋市法定外公共物の管理に関する条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第28号、北名古屋市道路占用料条例及び北名古屋市法定外公共物の管理に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 日程第31、議案第29号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第29号、愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第29号、愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更については原案のとおり可決されました。

 日程第32、議案第30号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第30号、西春日井広域事務組合規約の変更についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第30号、西春日井広域事務組合規約の変更については原案のとおり可決されました。

 日程第33、議案第31号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第31号、尾張市町交通災害共済組合規約の変更についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第31号、尾張市町交通災害共済組合規約の変更については原案のとおり可決されました。

 日程第34、議案第32号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第32号、北名古屋衛生組合規約の変更についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第32号、北名古屋衛生組合規約の変更については原案のとおり可決されました。

 日程第35、議案第33号の委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第33号、尾張農業共済事務組合規約の変更についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第33号、尾張農業共済事務組合規約の変更については原案のとおり可決されました。

 日程第36、議案第37号、平成18年度北名古屋市一般会計補正予算(第4号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第37号

   平成18年度北名古屋市一般会計補正予算(第4号)について

 平成18年度北名古屋市一般会計補正予算(第4号)について議会の議決を求める。

  平成19年3月23日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、行政部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(大嶌治雅君)

 阿部行政部長。



◎行政部長(阿部久邇夫君)

 議案第37号、平成18年度北名古屋市一般会計補正予算(第4号)につきまして、ご説明をさせていただきます。

 予算書の1ページをご覧ください。

 平成18年度北名古屋市一般会計補正予算(第4号)。

 平成18年度北名古屋市の一般会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。

 (歳出予算の補正)

 第1条 歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳出予算の金額は、「第1表 歳出予算補正」による。

 (繰越明許費の補正)

 第2条 繰越明許費の追加は、「第2表 繰越明許費補正」による。

  平成19年3月23日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 今回の補正予算は、東公民館において緊急に施設改修工事を行う必要が生じたため、工事に必要な予算について補正をさせていただくものでございます。

 それでは、補正予算の内容につきましてご説明をさせていただきます。

 2ページをご覧ください。

 この補正は、改修工事の費用を、小学校施設補修工事費と総合体育館整備工事の執行残額と予備費を組み替えて計上するもので、予算総額には変わりございません。

 款10教育費では、940万円を増額計上いたします。その内容でございますが、項2小学校費では、師勝西小学校及び西春小学校の施設補修工事の執行残額450万円を減額し、社会教育費では東公民館の施設改修工事費1,646万4,000円と設計監理費43万6,000円の合計1,690万円を増額計上し、項5保健体育費では、総合体育館整備工事の執行残額300万円を減額計上しております。

 款13の予備費では、940万円を減額計上しております。

 3ページをご覧ください。

 第2表 繰越明許費補正でございますが、款10教育費で公民館整備事業費1,690万円について、平成18年度中には工事の完了が見込めず、平成19年度まで繰り越して事業を行うことになるため、繰越明許費とするものでございます。

 以上、大変簡単ではございますが、ご説明とさせていただきます。年度末に再度の補正をお願いするもので大変心苦しいわけでございますが、事業の緊急性と早期開館の必要性をご理解いただき、ご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(大嶌治雅君)

 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第37号については、会議規則第37条第1項の規定により、議案付託表のとおり所管委員会に付託いたします。

 この際、暫時休憩といたします。



             (午前10時52分 休  憩)





             (午前11時18分 再  開)





○議長(大嶌治雅君)

 それでは、休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 議案審議を続行いたします。

 お諮りいたします。

 予算特別委員会についての委員長報告は、会議規則第39条第3項の規定により省略することにしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、予算特別委員会についての委員長報告は、省略することに決しました。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第37号、平成18年度北名古屋市一般会計補正予算(第4号)を採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第37号、平成18年度北名古屋市一般会計補正予算(第4号)は原案のとおり可決されました。

 日程第37、議案第38号、北名古屋市議会会議規則の一部を改正する規則についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 日栄政敏君。



◆15番(日栄政敏君)

 議案第38号、北名古屋市議会会議規則の一部を改正する規則について。

 北名古屋市議会会議規則(平成18年北名古屋市議会規則第1号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。平成19年3月23日提出、提出者、北名古屋市議会議員 長瀬悟康、同じく海川恒明、同じく日栄政敏、同じく法月 章。賛成者、北名古屋市議会議員 黒川サキ子、同じく金崎慶子、同じく松田 功、同じく桂川将典、同じく渡邉紘三。

 提案理由。この案を提出するのは、地方自治法の一部を改正する法律(平成18年法律第53号)が施行されたことに伴い、本規則の一部を改めるため必要があるからである。

 北名古屋市議会会議規則の一部を改正する規則についてご説明申し上げます。

 主な改正内容ですが、地方自治法の改正により、議会の実質的な審査を行う委員会にも議案を提出する権限を認めたことに伴い、第14条に「委員会が議案を提出しようとするときは、その案を備え、理由を付け、委員長が議長に提出しなければならない」を第2項として加え、第19条に「委員会が提出した議案につき第1項の承認を求めようとするときは、委員会の承認を得て委員長から請求しなければならない」を第3項として加え、第37条に「委員会提出の議案は、委員会に付託しない。ただし、議長が必要があると認めるときは、議会の議決で、議会運営委員会に係る議案は議会運営委員会に、常任委員会又は特別委員会に係る議案は常任委員会又は特別委員会に付託することができる」を第2項として加える改正であります。

 なお、この規則は平成19年4月1日から施行するものであります。

 以上、簡単でございますが、ご説明とさせていただきます。



○議長(大嶌治雅君)

 お諮りいたします。

 本案については、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより議案第38号、北名古屋市議会会議規則の一部を改正する規則についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第38号、北名古屋市議会会議規則の一部を改正する規則については原案のとおり可決されました。

 日程第38、議案第39号、北名古屋市議会委員会条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます

 海川恒明君。



◆17番(海川恒明君)

 議案第39号、北名古屋市議会委員会条例の一部を改正する条例について。

 北名古屋市議会委員会条例(平成18年北名古屋市条例第153号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。平成19年3月23日提出、提出者、北名古屋市議会議員 長瀬悟康、同じく海川恒明、同じく日栄政敏、同じく法月 章。賛成者、北名古屋市議会議員 黒川サキ子、同じく金崎慶子、同じく松田 功、同じく桂川将典、同じく渡邉紘三。

 提案理由。この案を提出するのは、地方自治法の一部を改正する法律(平成18年法律第53号)が施行されたこと及び常任委員会の防災環境部に関する事務を行政常任委員会から建設常任委員会に移行するため、本条例の一部を改めるため必要があるからである。

 北名古屋市議会委員会条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。

 主な改正内容ですが、第2条は常任委員会の所管規定で、防災環境部に関する事務が行政常任委員会の所管であったものを建設常任委員会の所管に移行するものであります。

 また、地方自治法の改正により、閉会中においては委員の選任を議長が指名できるようになったため、第3条第2項及び第5条ただし書きを削り、第7条第1項中「は、議長が会議に諮って指名する」を「の選任は、議長の指名による」に改めるものであります。

 なお、この条例は平成19年4月1日から施行するものであります。

 以上、簡単でございますが、ご説明とさせていただきます。



○議長(大嶌治雅君)

 お諮りいたします。

 本案については、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより議案第39号、北名古屋市議会委員会条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第39号、北名古屋市議会委員会条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

 日程第39、議案第40号、トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書の提出についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます

 長瀬悟康君。



◆14番(長瀬悟康君)

 トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書の提出について。

 地方自治法第112条及び北名古屋市議会会議規則第14条の規定により意見書を別紙のとおり提出する。平成19年3月23日提出、提出者、北名古屋市議会議員 長瀬悟康、同じく海川恒明、同じく日栄政敏、同じく法月 章。賛成者、北名古屋市議会議員 黒川サキ子、同じく金崎慶子、同じく松田 功、同じく桂川将典、同じく渡邉紘三。

 本文の朗読をもって提案説明とさせていただきます。

 トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書。

 じん肺は、結核や気管支炎、肺がんなどの併発を引き起こして死に至ることがある職業性疾病であり、根本的な治療法が確立されていない中で、粉じん作業に従事する労働者の生命と健康を脅かし続けてきた疾病である。

 こうした中、国においては、じん肺の予防対策に取り組んできたところであるが、今なお、トンネルの建設工事現場における粉じんの吸入により、毎年じん肺患者が発生しており、対策の効果は十分ではなく、歯止めがかかっていない状況である。

 特にトンネルじん肺は、その多くが公共工事によるものであることから、規制権限を行使する国が、責任を持って解決に向けて取り組むべき重要な社会問題である。

 よって、国においては、トンネルじん肺による被害の深刻な実情を踏まえ、発注者及び施行者に対する適切な指導を行うとともに、粉じん濃度測定の義務付けや坑内労働者が粉じんにさらされる時間の短縮・規制など、トンネルじん肺の根絶に向けた抜本的な対策を早期に確立されるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成19年3月23日、愛知県北名古屋市議会、衆議院議長 河野洋平様、参議院議長 扇 千景様、内閣総理大臣 安倍晋三様、厚生労働大臣 柳澤伯夫様、国土交通大臣 冬柴鐵三様。

 以上でございます。



○議長(大嶌治雅君)

 お諮りいたします。

 本案については質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより、議案第40号、トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書の提出についてを採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(大嶌治雅君)

 起立全員であります。

 よって、議案第40号、トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書の提出については原案のとおり可決されました。

 日程第40、所管事務調査の申し出についてを議題といたします。

 会議規則第98条第1項の規定により、議会運営委員長よりお手元に配付しました申出書のとおり所管事務調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 議会運営委員長からの申し出のとおり所管事務の調査に付することにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(大嶌治雅君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、議会運営委員長からの申し出のとおり所管事務の調査に付することに決しました。

 ここで市長よりあいさつの申し出がありますので、これを許可いたします。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 議長のお許しをいただきまして、一言ごあいさつをさせていただきます。

 去る3月6日に開会をされまして、本日まで長きにわたりまして数々の付議いたしました議案に対しまして慎重審議をちょうだいし、原案のとおりご可決をいただきました。まことにありがとうございます。心からお礼を申し上げます。

 寄せられました皆さん方のご意見、ご提言、一つ一つ、職員一丸となりまして、市民の福祉向上と、さらなる北名古屋市の発展のために有意義に生かしてまいりたい、そんな思いでございます。今後とも格別な皆様方のお力添えをちょうだいいたしまして、さらなる北名古屋市の発展のために尽くしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。まことに、この3月市議会定例会にご配慮いただきましたことを、改めて心からお礼を申し上げてごあいさつにかえます。ありがとうございました。



○議長(大嶌治雅君)

 以上をもって、本定例会に付議された議案については全部終了いたしました。

 18日間、終始極めて熱心に審議され、無事閉会できましたことは、議員各位のご協力のたまものであり、厚く御礼を申し上げます。

 これをもって平成19年第1回北名古屋市議会定例会を閉会といたします。



             (午前11時35分 閉  会)







会議の経過を記載して、その相違ないことを証するために署名する。



                       議  長   大 嶌 治 雅



                       署名議員   牧 野 孝 治



                       署名議員   太 田 考 則