議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 北名古屋市

平成24年第4回定例会(12月) 12月03日−01号




平成24年第4回定例会(12月) − 12月03日−01号









平成24年第4回定例会(12月)



      平成24年第4回北名古屋市議会定例会会議録(第1号)



招集年月日  平成24年12月3日

招集場所   北名古屋市議会議場

開   会  12月3日 午前10時 議長開会宣言

応招議員

 1番 伊 藤 大 輔  2番 猶 木 義 郎  3番 谷 口 秋 信

 4番 渡 邊 幸 子  5番 阿 部 久邇夫  6番 永 津 正 和

 7番 山 下 隆 義  8番 大 原 久 直  9番 桂 川 将 典

 10番 上 野 雅 美  11番 堀 場 弘 之  12番 松 田   功

 13番 塩 木 寿 子  14番 神 田   薫  15番 大 野   厚

 16番 沢 田   哲  17番 平 野 弘 康  18番 牧 野 孝 治

 19番 太 田 考 則  20番 金 崎 慶 子  21番 長 瀬 悟 康

 22番 山 田 金 紀  23番 黒 川 サキ子  24番 渡 邉 紘 三

不応招議員  な し

出席議員   応招議員に同じ

欠席議員   な し

地方自治法第121条の規定により説明員として出席した者の職氏名

 市長      長 瀬   保    副市長     海 川 美 徳

 教育長     吉 田 文 明    総務部長    岩 越 雅 夫

 財務部長    長 瀬 晴 彦    防災環境部長  大 野 紀 夫

 市民健康部長  池 田 正 敏    福祉部長    清 水 孝 司

 建設部長    日 置 英 治    教育部長    武 市   学

 総務部次長兼人事秘書課長       財務部次長兼財政課長

         能 村 義 則            魚 住 幸 三

 財務部次長兼収納課長         市民健康部次長兼国保医療課長

         山 田   茂            上 條 正 義

 福祉部次長兼児童課長         福祉部保育士長 稲 垣 芳 美

         水 野 高 作

 建設部次長兼企業対策課長       教育部次長兼生涯学習課長

         森   幹 彦            池 山 栄 一

 会計管理者   森 川 幸 夫

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長  石 原   龍    議会事務局議事課長

                            山 中 郁 男

 議会事務局議事課課長補佐       議会事務局議事課主査

         中 畑 裕 太            加 藤 裕 司

会議録署名議員の氏名

 議長は会議録署名議員に次の2名を指名した。

 11番 堀 場 弘 之  12番 松 田   功

市長提出議案の題目

 議案第80号 平成24年度北名古屋市土地取得特別会計予算について

 議案第81号 平成24年度北名古屋市一般会計補正予算(第2号)について

 議案第82号 平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について

 議案第83号 北名古屋市土地取得特別会計条例の制定について

 議案第84号 北名古屋市証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第85号 北名古屋市下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第86号 北名古屋市下水道条例の一部を改正する条例について

 議案第87号 北名古屋市健康ドームの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第88号 尾張土地開発公社定款の変更について

 議案第89号 指定管理者の指定について(陽だまりハウス)

 議案第90号 指定管理者の指定について(六ツ師児童館)

 議案第91号 指定管理者の指定について(井瀬木児童館)

 議案第92号 人権擁護委員の候補者の推薦について

 議案第93号 人権擁護委員の候補者の推薦について

議事日程  議長は議事日程を別紙のとおり報告した。







    平成24年第4回北名古屋市議会定例会 議事日程〔第1号〕



                    平成24年12月3日 午前10時00分開議



〇開会

〇市長招集挨拶



日程第1 会議録署名議員の指名(  番      ・  番      )

日程第2 会期の決定

日程第3 諸般の報告 (1)行政報告・(2)議長報告

日程第4 議案第80号 平成24年度北名古屋市土地取得特別会計予算について

日程第5 議案第81号 平成24年度北名古屋市一般会計補正予算(第2号)について

日程第6 議案第82号 平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について

日程第7 議案第83号 北名古屋市土地取得特別会計条例の制定について

日程第8 議案第84号 北名古屋市証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例について

日程第9 議案第85号 北名古屋市下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例について

日程第10 議案第86号 北名古屋市下水道条例の一部を改正する条例について

日程第11 議案第87号 北名古屋市健康ドームの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

日程第12 議案第88号 尾張土地開発公社定款の変更について

日程第13 議案第89号 指定管理者の指定について(陽だまりハウス)

日程第14 議案第90号 指定管理者の指定について(六ツ師児童館)

日程第15 議案第91号 指定管理者の指定について(井瀬木児童館)

日程第16 議案第92号 人権擁護委員の候補者の推薦について

日程第17 議案第93号 人権擁護委員の候補者の推薦について

日程第18 予算特別委員会の設置

日程第19 予算特別委員会委員長及び副委員長の互選







             (午前10時00分 開  会)



○議長(山下隆義君)

 皆さん、おはようございます。

 議員各位には定刻までにご参集いただき、まことにありがとうございます。

 ただいまの出席議員は24名で、定足数に達しております。

 よって、会議は成立いたしましたので、ただいまから平成24年第4回北名古屋市議会定例会を開会いたします。

 開議に先立ち、市長より招集の挨拶の申し出がありましたので、これを許可いたします。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 皆さん、おはようございます。

 12月に入りまして、寒さが一段と厳しくなってまいりました。本日、ここに平成24年第4回北名古屋市議会定例会をお開きいただきまして、まことにありがとうございます。

 明日、国政選挙の告示がされるということでございまして、各議員におかれましては格別ご多用の中、本日ここに市議会を開会していただいたということでありまして、皆さん方のご厚情に対して心から厚く御礼を申し上げたいと存じます。

 このたびの市議会に対します上程する議案は、14件予定をさせていただきました。どうか慎重審議を賜りまして、原案ご賛同、ご可決をちょうだいできますように心からお願いしてご挨拶にかえます。大変お世話になりますが、よろしくお願いします。ありがとうございました。



○議長(山下隆義君)

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました別紙のとおりであります。

 日程第1、会議録署名議員の指名につきましては、会議規則第81条の規定により、11番 堀場弘之君、12番 松田 功君の2名を指名いたします。

 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今定例会の会期は、別紙のお手元まで配付いたしました会期日程案のとおり、本日から12月21日までの19日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(山下隆義君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、今定例会の会期は本日から12月21日までの19日間とすることに決しました。

 日程第3、諸般の報告に入ります。

 最初に、行政報告を行います。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 報告をいたします。

報告第10号

   専決処分(損害賠償)について

 地方自治法第180条第1項の規定により、次のとおり専決処分したので、同条第2項の規定に基づき報告する。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 なお、事故の概要、損害賠償の額につきましては、下記のとおりでございますので、ご参照いただければ幸いに存じます。

報告第11号

   新地方公会計制度に基づく財務書類について

 新地方公会計制度に基づく平成23年度北名古屋市普通会計財務書類(貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書、資金収支計算書)及び平成23年度北名古屋市連結財務書類(連結貸借対照表、連結行政コスト計算書、連結純資産変動計算書、連結資金収支計算書)を別紙のとおり報告する。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 平成23年度決算に基づき、普通会計単体ベースと北名古屋市全体及び一部事務組合等を含めた連結ベースでの財務書類を作成いたしますので、別紙のとおり報告をさせていただきます。

 以上で報告を終わります。



○議長(山下隆義君)

 以上で行政報告を終わります。

 次に、議長報告を行います。

 今定例会に監査委員から平成24年9月、10月及び11月における例月出納検査の結果についてが提出されております。いずれもお手元に配付いたしましたとおりであります。朗読は省略いたします。

 次に、今定例会における議案について、別紙写しの議案の提出についてのとおり受理したことをご報告いたします。朗読は省略いたします。

 次に、今定例会の説明員を地方自治法第121条の規定により出席を要求したところ、別紙写しの説明員の通知についてのとおり通知されましたので、受理したことをご報告いたします。朗読は省略いたします。

 次に、平成24年9月、10月及び11月の議会活動状況日誌を配付しておきましたので、ご了承願います。

 以上で議長報告を終わります。

 ここで、各常任委員会の行政視察の結果について、各常任委員会委員長から報告を受けることにいたします。

 総務常任委員会委員長 金崎慶子君。



◆総務常任委員会委員長(金崎慶子君)

 改めまして、おはようございます。

 総務常任委員会の行政視察につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会は、平成24年10月17日から19日までの3日間におきまして、委員8名、総務部長及び議会事務局職員1名の計10名で行政視察を実施いたしました。

 1日目の10月17日は「みんなで築く市民協働のまちづくりについて」を調査事項に、佐賀県鳥栖市を視察いたしました。

 視察では、将来都市像「まちづくりの主役は市民」を基本理念として、10年後の高齢化を乗り切るため、地域づくり基本構想により、小学校区を単位としたまちづくり推進協議会の設置や、その取り組みについて調査いたしました。

 2日目の10月18日は、「自治体クラウドシステムについて」を調査事項に、大分県日田市を調査いたしました。

 視察では、増大する電算経費に対し、総務省が開発実証を実施するクラウドコンピューティング事業に参加、災害発生時等の業務継続にすぐれ、共同利用による割り勘効果でコスト削減が図られるシステムとして、その導入について調査いたしました。

 3日目の10月19日は、「人に優しいまちづくりプラン及び地域コミュニティー基本方針について」を調査事項に、佐賀県嬉野市を視察いたしました。

 視察では、人に優しいまちづくりプランについては、新たな活力を生む戦略的な地域振興策を展開するため、民間団体等が主体となり、行政と協議して策定した地域活性化プランの事業展開について調査し、また地域コミュニティー基本方針については、将来に備え、小さな行政区の連携など、コミュニティーを組織化していく事業展開について調査いたしました。

 以上のとおり、3日間にわたる総務常任委員会の行政視察について、委員会を代表してのご報告とさせていただきます。

 委員各位の格別なるご協力を賜り、終始、極めて熱心に研修され、今回の視察の目的が達成できましたことをここに厚く御礼申し上げます。

 委員各位におかれましては、視察で得ましたことを参考に、それぞれの立場でこれからのまちづくりに取り組んでいただければと思います。

 以上で、総務常任委員会の行政視察報告を終わります。



○議長(山下隆義君)

 次に、福祉教育常任委員会委員長 永津正和君。



◆福祉教育常任委員会委員長(永津正和君)

 福祉教育常任委員会の行政視察につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会は、平成24年10月29日から31日までの3日間におきまして、委員8名、市民健康部長及び議会事務局職員1名の計10名で行政視察を実施いたしました。

 1日目の10月29日は、「八戸市教育立市プランについて」を調査事項に、青森県八戸市を視察いたしました。

 視察では、八戸市教育立市プランの事業概要、施策の展開について調査し、本年度が同プランの計画期間の最終年度であることから、主な事業の成果や課題についての教授、来年度以降の施策である八戸市教育振興基本計画について概要などを調査いたしました。

 2日目の10月30日は、「文化センター等施設の概要について」を調査事項に、岩手県一関市を視察いたしました。

 視察では、一関市博物館や障害者ふれあい施設であるサン・アビリティーズ一関を初め、市内の代表的な施設について、その概要、運営状況や実施事業などを調査いたしました。

 3日目の10月31日は、「遠野わらすっこプランについて」を調査事項に、岩手県遠野市を視察いたしました。

 視察では、少子化対策・子育て支援総合計画である遠野わらすっこプランについて、計画の基本理念である「子どもを産み育てることに夢がもてるまちづくり」を目指したさまざまな施策の現状及び今後の事業展開について調査をいたしました。

 以上のとおり、3日間にわたる福祉教育常任委員会の行政視察について、委員会を代表してのご報告とさせていただきます。

 委員各位の格別なるご協力を賜り、終始、極めて熱心に研修されまして、今回の視察の目的が達成できましたことを、ここに厚くお礼申し上げます。

 委員各位におかれましては、視察で得られましたことを参考に、それぞれの立場でこれからのまちづくりに取り組んでいただければと存じます。

 以上で、福祉教育常任委員会の行政視察報告を終わります。



○議長(山下隆義君)

 建設常任委員会委員長 大野 厚君。



◆建設常任委員会委員長(大野厚君)

 おはようございます。

 建設常任委員会の行政視察につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会は、平成24年11月6日から8日までの3日間におきまして、委員8名、防災環境部長及び議会事務局職員1名の計10名で行政視察を実施いたしました。

 1日目の11月6日は、「エコアイランド構想」をテーマに沖縄県宮古島を視察し、低炭素社会システムの構築に向け、市の基幹産業であるサトウキビの製糖過程で発生する副産物を利用したバイオエタノール燃料の生産や、バガスによる発電、自然エネルギーを利用した太陽光発電、風力発電などを活用することによりCO2の排出削減を図るとともに、エネルギーや資源の地産地消に向けたさまざまな取り組みについて研修をいたしました。

 2日目の11月7日は、「金融IT国際未来社会」をテーマに沖縄県名護市を視察し、平成14年に金融特区、情報特区の指定を受け、金融関連企業、情報関連企業の誘致を積極的に推進し、地域経済の発展と雇用機会の拡大を図る取り組みについて研修を行ったほか、この事業を推進するに当たり、名護市が整備したレンタルオフィス「みらい3号館」の現地視察を行いました。

 3日目の11月8日は、「牧志・安里地区の市街地再開発事業」をテーマに沖縄県那覇市を視察し、地区の地権者により設立された市街地再開発組合により事業を実施し、特定業務代行制度を導入することで、民間事業者の人材や知見を活用する取り組みなどについて研修いたしました。

 以上のとおり、建設常任委員会における視察内容を概略的にご報告させていただきましたが、研修時におきましては、委員各位が熱心に質問し、また参考となる多くの事項を得ることができ、大変意義ある行政視察でありました。

 最後に、今行政視察につきまして、委員各位の格段のご協力をいただき、無事終えることができましたことを厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

 以上で、建設常任委員会の行政視察報告を終わります。



○議長(山下隆義君)

 以上で、各常任委員会の行政視察の結果報告を終わります。

 日程第4、議案第80号、平成24年度北名古屋市土地取得特別会計予算についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第80号

   平成24年度北名古屋市土地取得特別会計予算について

 平成24年度北名古屋市土地取得特別会計予算について議会の議決を求める。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、財務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(山下隆義君)

 長瀬財務部長。



◎財務部長(長瀬晴彦君)

 議案第80号、平成24年度北名古屋市土地取得特別会計予算につきまして、ご説明を申し上げます。

 予算書の1ページをご覧ください。

 平成24年度北名古屋市の土地取得特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ4億5,210万円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (地方債)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 歳入についてご説明をさせていただきますので、2ページをご覧ください。

 款1繰入金は、市債の10万円未満の端数金額を一般会計から繰り入れるため10万円を計上いたしました。

 款2市債は、公共用地先行取得等事業債をもって起債するため4億5,200万円を計上いたしました。

 続きまして、歳出についてご説明させていただきますので、3ページをご覧ください。

 款1公共用地取得費は、建設予定の給食センター用地を確保するため4億5,210万円を計上いたしました。

 4ページをご覧ください。

 第2表 地方債についてご説明いたします。

 起債の目的、限度額は、公共用地先行取得等事業に4億5,200万円を2.5%以内の利率で借り入れるものでございます。

 以上、簡単でございますが、土地取得特別会計予算のご説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下隆義君)

 日程第5、議案第81号、平成24年度北名古屋市一般会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第81号

   平成24年度北名古屋市一般会計補正予算(第2号)について

 平成24年度北名古屋市一般会計補正予算(第2号)について議会の議決を求める。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、財務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(山下隆義君)

 長瀬財務部長。



◎財務部長(長瀬晴彦君)

 議案第81号、平成24年度北名古屋市一般会計補正予算(第2号)につきまして、ご説明を申し上げます。

 一般会計補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成24年度北名古屋市の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5億5,815万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ249億6,498万8,000円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (継続費の補正)

 第2条 継続費の変更は、「第2表 継続費補正」による。

 (繰越明許費)

 第3条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第3表 繰越明許費」による。

 (地方債の補正)

 第4条 地方債の追加及び変更は、「第4表 地方債補正」による。

 平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 この第2号補正予算につきましては、障害者自立支援法等の制度改正を初め、合併特例債を活用する事業費を主とした補正予算の編成とさせていただきました。

 歳入についてご説明をさせていただきますので、2ページをご覧ください。

 款8地方特例交付金は、住宅借入金等特別税額控除からの交付金決定により175万6,000円を増額。

 款9地方交付税は、普通交付税算定の結果、基準財政収入額が減少し、交付見込み額より多く交付されることになり1億4,812万9,000円を増額。

 款11分担金及び負担金は、岩倉市からの橋梁再築事業負担金196万円を計上。

 款13国庫支出金は、項1国庫負担金で、生活保護費負担金等の増加により1億1,742万3,000円を増額、項2国庫補助金で障害者自立支援対策臨時特例基金事業費補助金等の交付が見込まれるため1,057万8,000円を増額。

 款14県支出金は、項1県負担金で、制度改正による障害児施設措置費負担金等3,272万1,000円を増額、項2県補助金で障害者自立支援対策臨時特例基金事業費補助金等の交付が見込まれるため718万3,000円を増額。

 款19諸収入は、制度の延長により心身障害児通園事業収入等3,440万円を計上。

 款20市債は、地方交付税の算定において、臨時財政対策債発行可能額が確定したため、2億400万円を増額させていただくものでございます。

 続きまして、歳出についてご説明を申し上げますので、3ページをご覧ください。

 款2総務費、項1総務管理費で、西庁舎耐震改修工事実施設計を実施するため、庁舎整備事業費等1,900万円を増額。

 款3民生費は、項1社会福祉費で、制度改正による障害児施設措置費等1億5,394万2,000円を増額。

 項2児童福祉費で、児童センター建設事業が国庫補助対象に採択され、本年度から建設に着工するため244万1,000円を増額。

 項3生活保護費で、扶助費の増加に伴い7,000万円を増額。

 款7商工費は、企業立地促進条例に基づく申請により企業立地奨励金54万5,000円を計上。

 款8土木費は、項2道路橋りょう費で、橋梁再築事業の地質調査等のため770万円を増額、項4都市計画費で、国庫補助金の減額により事業縮小のため、公共下水道事業特別会計繰出金等6,482万8,000円を減額。

 款9消防費は、借地していた防火水槽用地を返還するため、撤去工事等263万円を増額。

 款13諸支出金は、歳入歳出の余剰金を財政調整基金と都市計画事業基金に3億6,672万円積み立てをするものでございます。

 続きまして、4ページをご覧ください。

 第2表 継続費補正は、児童センター建設事業費を前倒し施行するため、総額及び年割額を改めるものでございます。

 第3表 繰越明許費は、西庁舎耐震改修工事実施設計を翌年度に繰り越して実施するため設定するものでございます。

 続きまして、5ページをご覧ください。

 第4表 地方債補正は、追加として合併特例債の一部を緊急防災・減災事業に充てるため1,190万円を設定し、変更は、合併特例債1,190万円を減額して12億1,610万円とするものです。また、臨時財政対策債の発行可能額が13億4,400万円とされたため2億400万円を増額させていただくものでございます。

 以上、簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますよう、お願い申し上げます。



○議長(山下隆義君)

 日程第6、議案第82号、平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第82号

   平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について

 平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について議会の議決を求める。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、建設部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(山下隆義君)

 日置建設部長。



◎建設部長(日置英治君)

 議案第82号、平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、ご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成24年度北名古屋市の公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億6,252万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ21億6,412万1,000円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (継続費の補正)

 第2条 継続費の変更は、「第2表 継続費補正」による。

 (地方債の補正)

 第3条 地方債の変更は、「第3表 地方債補正」による。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入から順次ご説明いたします。

 2ページをご覧ください。

 款1分担金及び負担金では、公共下水道事業受益者負担金滞納繰越分の増加に伴い、公共下水道事業受益者負担金を800万円増額し、舗装復旧範囲の減少に伴う北名古屋水道企業団舗装復旧費負担金を600万円減額し、その結果、200万円を増額計上いたしました。

 款3国庫支出金では、国庫補助金の決定に伴い4,580万円を減額計上いたしました。

 款4繰入金では、国庫補助対象事業費の減少に伴い、下水道建設費が減少したため7,252万8,000円を減額計上いたしました。

 款6諸収入では、消費税等還付金の決定に伴い360万円を増額計上いたしました。

 款7市債では、国庫補助対象事業費の減少に伴い、起債対象事業費が減少したため4,980万円を減額計上いたしました。

 次に、歳出についてご説明いたします。

 3ページをご覧ください。

 款1総務費では、再任用職員が配置され、非常勤職員を雇用しなかったため、非常勤職員賃金で192万8,000円を減額計上いたしました。

 款2下水道建設費では、国庫補助金の決定に伴い、下水道整備事業費が減少するなど1億5,260万円を減額計上いたしました。

 款3公債費では、地方債の利率の確定により、起債償還利子800万円を減額計上いたしました。

 なお、継続費及び地方債の補正内容につきましては、4ページの「第2表 継続費補正」及び「第3表 地方債補正」のとおりでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下隆義君)

 日程第7、議案第83号、北名古屋市土地取得特別会計条例の制定についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第83号

   北名古屋市土地取得特別会計条例の制定について

 北名古屋市土地取得特別会計条例を別紙のとおり定めるものとする。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、公共用地先行取得事業の円滑な運営とその会計を一般会計と区分することにより経理の適正化を図るため、本条例を定める必要があるからでございます。

 内容につきましては、財務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いをいたします。



○議長(山下隆義君)

 長瀬財務部長。



◎財務部長(長瀬晴彦君)

 議案第83号、北名古屋市土地取得特別会計条例の制定につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、公共用地先行取得事業の円滑な運営とその会計を一般会計と区分することにより経理の適正化を図るため制定をするものでございます。

 条例は3カ条で構成してございますので、主な内容につきまして順次ご説明させていただきます。

 第1条は、条例制定の根拠法律に基づき、特別会計の設置について、必要な事項を定める趣旨でございます。

 第2条は、公共用地の取得について、公共事業の円滑かつ効率的な執行と合理的な土地利用を図るために用地を先行して取得するものでございます。この公共用地先行取得事業の円滑な運営とその経理の適正を図るために、一般会計と区分して特別会計で経理をすることを定めております。

 第3条は、この会計における歳入及び歳出の経理区分を定める規定でございます。

 なお、この条例は公布の日から施行するものでございます。

 以上、簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下隆義君)

 日程第8、議案第84号、北名古屋市証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第84号

   北名古屋市証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市証人等の実費弁償に関する条例の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、地方自治法の一部を改正する法律により、議会本会議において公聴会の開催及び参考人の招致が行えるようになったことに伴い、公聴会参加者等に対する実費弁償について定めた規定が改正されたため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いをいたします。



○議長(山下隆義君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第84号、北名古屋市証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明を申し上げます。

 本案は、地方自治法の一部を改正する法律により議会本会議において公聴会の開催及び参考人の招致が行えるようになったことに伴い、公聴会参加者等に対する実費弁償について定めた規定が改正されたため、本条例の改正を行うものでございます。

 以上、簡単でございますが、ご説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(山下隆義君)

 日程第9、議案第85号、北名古屋市下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第85号

   北名古屋市下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市下水道事業受益者負担に関する条例の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、下水道事業受益者負担金の督促及び滞納処分に関する規定を設け、より明確な根拠とすることにより、徴収の公平化及び適正化を図るため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、建設部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(山下隆義君)

 日置建設部長。



◎建設部長(日置英治君)

 議案第85号、北名古屋市下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、下水道事業受益者負担金の督促及び滞納処分に関する規定を設け、より明確な根拠とすることにより、徴収の公平化及び適正化を図るため、本条例の一部を改めるものでございます。

 改正内容につきましては、第1条で、受益者負担金を徴収するための条例であることを明確にするため、「受益者負担金の賦課及び徴収」の「賦課」を削り、「受益者負担金を徴収する」に改めるものでございます。

 次に、受益者負担金を徴収することに関して、公平化及び適正化を図るため、督促及び滞納処分に関する規定を加えるものでございます。

 続いて、受益者負担金の滞納処分に関する事務に関して、徴収職員に委任することを明確にするため、事務の委任に関する規定を加えるものでございます。

 さらに、書類の送達が困難な場合、税の取り扱いと同様に運用する必要があるため、公示送達に関する規定を加えるものでございます。

 なお、資料といたしまして、新旧対照表を添付しておりますので、ご参照いただきたいと存じます。

 また、附則により、この条例は平成25年1月4日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下隆義君)

 日程第10、議案第86号、北名古屋市下水道条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第86号

   北名古屋市下水道条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市下水道条例の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、排水設備指定工事店及び排水設備工事責任技術者の更新制度を見直し、適正化を図るとともに、下水道使用料の督促及び滞納処分に関する規定を設け、徴収の公平化及び適正化を図るため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、建設部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(山下隆義君)

 日置建設部長。



◎建設部長(日置英治君)

 議案第86号、北名古屋市下水道条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、排水設備指定工事店及び排水設備工事責任技術者の更新制度を見直し、適正化を図るとともに、下水道使用料の督促及び滞納処分に関する規定を設け、徴収の公平化及び適正化を図るため、本条例の一部を改めるものでございます。

 改正内容につきましては、排水設備指定工事店の指定に関して、新たに、有効期間及び更新制度に関する規定を加えるものでございます。

 次に、排水設備工事責任技術者の登録及び更新に関して、有効期間を愛知県下水道協会が認める被登録資格の有効期限に合わせるよう改めるものでございます。

 さらに、下水道使用料を徴収することに関して、公平化及び適正化を図るため、督促及び滞納処分に関する規定を加えるものでございます。

 続いて、使用料の滞納処分に関する事務に関して、徴収職員に委任することを明確にするため、事務の委任に関する規定を加えるものでございます。

 最後に、手数料に関して、指定工事店の指定の更新について、1件につき1万円、責任技術者の登録の更新について、1件につき2,000円の手数料を徴収するための規定を加えるものでございます。

 なお、資料といたしまして、新旧対照表を添付しておりますので、ご参照いただきたいと存じます。

 また、附則により、この条例は、平成25年1月4日から施行するものとし、経過措置といたしまして、改正前に指定を受けている者の指定工事店としての有効期間は、改正後の条例第6条の規定にかかわらず、平成30年3月31日までとするものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下隆義君)

 日程第11、議案第87号、北名古屋市健康ドームの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第87号

   北名古屋市健康ドームの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市健康ドームの設置及び管理に関する条例の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、北名古屋市健康ドームを指定管理から市の管理に移行することに伴い、本条例の一部を改めるため、必要があるからでございます。

 内容につきましては、教育部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(山下隆義君)

 武市教育部長。



◎教育部長(武市学君)

 議案第87号、北名古屋市健康ドームの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、北名古屋市健康ドームの管理運営を市が直接行うことに伴い、条例の一部を改正するものでございます。

 主な改正内容につきましては、第3条で「健康ドームに職員を置く」を追加させていただき、第17条の「(指定管理者による管理)」から、第20条の「(指定管理者が行う管理の基準)」を削ることにより参照条文の条項が変わることに対応するとともに、各条文内の「教育委員会」を「市長」に改めたものでございます。

 なお、この条例は、平成25年4月1日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下隆義君)

 日程第12、議案第88号、尾張土地開発公社定款の変更についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第88号

   尾張土地開発公社定款の変更について

 公有地の拡大の推進に関する法律第14条第2項の規定により、尾張土地開発公社定款を別紙のとおり変更することについて、議会の議決を求める。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、豊山町、大口町及び扶桑町が尾張土地開発公社を脱退することに伴い、設立団体、役員の数及び基本財産の額に変更が生じるため、本定款の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、財務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(山下隆義君)

 長瀬財務部長。



◎財務部長(長瀬晴彦君)

 議案第88号、尾張土地開発公社定款の変更につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、平成25年4月1日に尾張土地開発公社の設立団体であります豊山町、大口町、及び扶桑町が脱退することに伴い、公社の定款を変更するものでございます。

 新旧対照表をご覧ください。

 改正内容は、第3条の(設立団体)では、第6号の西春日井郡豊山町、第7号の丹羽郡大口町、第8号の丹羽郡扶桑町を削除するものでございます。また、長久手市の市制施行により、第4号を長久手市、第5号を愛知県東郷町に改めるものでございます。

 第6条の(役員)では、第1号の理事を「8名」から「5名」に改めるものでございます。

 第21条の(資産)では、設立団体がそれぞれ300万円の出資をしておりますところ、豊山町、大口町及び扶桑町が脱退することから、第2項の基本財産の額を「2,400万円」から「1,500万円」に改めるものでございます。

 なお、附則で、この定款は、平成25年4月1日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、ご説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下隆義君)

 日程第13、議案第89号、指定管理者の指定について(陽だまりハウス)を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第89号

   指定管理者の指定について

 地方自治法第244条の2第3項の規定により、公の施設の管理を行わせる者を別紙のとおり指定するものとする。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、北名古屋市陽だまりハウスの指定管理者を指定するため必要があるからでございます。

 内容につきましては、福祉部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(山下隆義君)

 清水福祉部長。



◎福祉部長(清水孝司君)

 議案第89号、指定管理者の指定につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、陽だまりハウスの指定管理が平成25年3月31日をもって指定管理期間の満了を迎えるに当たり、改めて指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、あらかじめ議会の議決をお願いするものでございます。

 内容につきましては、次のページをご覧いただきたいと存じます。

 北名古屋市陽だまりハウス指定管理者。

 1.指定に係る施設の名称、北名古屋市陽だまりハウス。

 2.指定の相手方、北名古屋市宇福寺天神46番地3、NPO法人次世代健全育成サポートあひるっこ、理事長 中田るり子。

 3.指定の期間、平成25年4月1日から平成29年3月31日まで。

 参考資料といたしまして、陽だまりハウスの概要とNPO法人次世代健全育成サポートあひるっこの概要をつけさせていただきました。

 この指定管理者の候補者につきましては、候補者の募集を実施いたしましたところ、今回指定管理者として提案させていただきました団体のほか、もう1団体の申請がございました。その申請を受けまして、北名古屋市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例第4条第2項の規定に基づき、提出された申請書類及び提出添付書類等につきまして、3回にわたり指定管理者候補者選定委員会において審査された結果、同団体が指定管理者の候補者として適正であると決定されたものでございます。

 以上、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下隆義君)

 日程第14、議案第90号、指定管理者の指定について(六ツ師児童館)を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第90号

   指定管理者の指定について

 地方自治法第244条の2第3項の規定により、公の施設の管理を行わせる者を別紙のとおり指定するものとする。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、北名古屋市六ツ師児童館の指定管理者を指定するため必要があるからでございます。

 内容につきましては、福祉部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(山下隆義君)

 清水福祉部長。



◎福祉部長(清水孝司君)

 議案第90号、指定管理者の指定につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、六ツ師児童館の指定管理が平成25年3月31日をもって指定管理期間の満了を迎えるに当たり、改めて指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、あらかじめ議会の議決をお願いするものでございます。

 内容につきましては、次のページをご覧いただきたいと存じます。

 北名古屋市六ツ師児童館指定管理者。

 1.指定に係る施設の名称、北名古屋市六ツ師児童館。

 2.指定の相手方、北名古屋市宇福寺天神46番地3、NPO法人次世代健全育成サポートあひるっこ、理事長 中田るり子。

 3.指定の期間、平成25年4月1日から平成29年3月31日まで。

 参考資料といたしまして、六ツ師児童館の概要とNPO法人次世代健全育成サポートあひるっこの概要をつけさせていただきました。

 この指定管理者の候補者につきましては、前議案と同様、候補者の募集を実施いたしましたところ、今回指定管理者として提案させていただきました団体のほか、もう1団体の申請がございました。その申請を受けまして、前議案でご説明申し上げました手続を経て、同団体が候補者として適正であると決定されたものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下隆義君)

 日程第15、議案第91号、指定管理者の指定について(井瀬木児童館)を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第91号

   指定管理者の指定について

 地方自治法第244条の2第3項の規定により、公の施設の管理を行わせる者を別紙のとおり指定するものとする。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、北名古屋市井瀬木児童館の指定管理者を指定するため必要があるからでございます。

 内容につきましては、福祉部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(山下隆義君)

 清水福祉部長。



◎福祉部長(清水孝司君)

 議案第91号、指定管理者の指定につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、井瀬木児童館の指定管理が平成25年3月31日をもって指定管理期間の満了を迎えるに当たり、改めて指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、あらかじめ議会の議決をお願いするものでございます。

 内容につきましては、次のページをご覧いただきたいと存じます。

 北名古屋市井瀬木児童館指定管理者。

 1.指定に係る施設の名称、北名古屋市井瀬木児童館。

 2.指定の相手方、北名古屋市徳重広畑45番地フォルビート101、NPO法人ゆめ・ひと・みらいづくりサポーターズひまわり、理事長 廣村 舞。

 3.指定の期間、平成25年4月1日から平成29年3月31日まで。

 参考資料といたしまして、井瀬木児童館の概要とNPO法人ゆめ・ひと・みらいづくりサポーターズひまわりの概要をつけさせていただきました。

 この指定管理者の候補者につきましても、前議案と同様、候補者の募集を実施いたしましたところ、今回指定管理者として提案させていただきました団体のほか、もう1団体の申請がございました。その申請を受けまして、前議案でご説明申し上げました手続を経て、同団体が候補者として適正であると決定されたものでございます。

 以上、簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下隆義君)

 日程第16、議案第92号、人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第92号

   人権擁護委員の候補者の推薦について

 次の者を人権擁護委員の候補者として推薦したいから、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求める。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 住所 北名古屋市沖村西ノ郷235番地

 氏名 石黒紀子

 生年月日 昭和33年8月25日

 提案理由

 この案を提出するのは、人権擁護委員石黒紀子氏が平成25年3月31日に任期満了となるので、同氏を適任と認め、人権擁護委員の候補者として推薦したいからであります。

 本人に係ります職歴等、参考資料として添付してあります。ご参照をいただければ幸いに存じます。よろしくお願いをいたします。以上でございます。



○議長(山下隆義君)

 お諮りいたします。

 本案については、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(山下隆義君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより本案について採決いたします。

 本案については、これを原案のとおり適任者とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(山下隆義君)

 起立全員であります。

 よって、本案については、原案のとおり適任者とすることに決しました。

 日程第17、議案第93号、人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第93号

   人権擁護委員の候補者の推薦について

 次の者を人権擁護委員の候補者として推薦したいから、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求める。

  平成24年12月3日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 住所 北名古屋市九之坪宮前6番地1

 氏名 長谷川裕美子

 生年月日 昭和43年4月6日

 提案理由

 この案を提出するのは、人権擁護委員城代順子氏が平成25年3月31日に任期満了となるので、上記の者を適任と認め、人権擁護委員の候補者として推薦したいからであります。

 ご本人に係ります履歴等を添付してございます。ご参照をいただければ幸いに存じます。以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(山下隆義君)

 お諮りいたします。

 本案については、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(山下隆義君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより本案について採決いたします。

 本案については、これを原案のとおり適任者とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(山下隆義君)

 ありがとうございました。

 起立全員であります。

 よって、本案については、原案のとおり適任者とすることに決しました。

 日程第18、予算特別委員会の設置についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 平成24年度北名古屋市土地取得特別会計予算、平成24年度北名古屋市一般会計補正予算(第2号)及び平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を審査するため、24名の委員をもって構成する予算特別委員会を設置したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(山下隆義君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、24名の委員をもって構成する予算特別委員会を設置することに決しました。

 日程第19、予算特別委員会の委員長及び副委員長の互選についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 議会運営の先例申し合わせ事項の規定により、予算特別委員会の委員長に長瀬悟康君、副委員長に塩木寿子君を選任することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(山下隆義君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、予算特別委員会の委員長に長瀬悟康君、副委員長に塩木寿子君を選任することに決しました。

 以上をもって、本日の議事日程は全部終了いたしました。

 次の本会議は、12月11日午前10時より開きますので、定刻までに議場へご参集くださるようにお願いいたします。

 本日はこれをもって散会といたします。どうもご苦労さんでございました。



             (午前11時07分 散  会)









△会期日程





平成24年第4回北名古屋市議会定例会会期日程(案)



自 平成24年12月3日

会 期             19日間

至 平成24年12月21日


月日曜会  議  名開 議 時 刻摘     要
123月本  会  議午前10時
〇開会

〇市長招集挨拶

〇会議録署名議員の指名

〇会期の決定

〇諸般の報告

〇陳情提出

〇議案の上程

〇提出者の説明

〇議案に対する質疑(92号、93号)

〇討論(92号、93号)

〇採決(92号、93号)

〇予算特別委員会の設置

〇予算特別委員会委員長及び副委員長の互選
124火     休会
125水     休会
126木     休会
127金     休会
128土     休会
129日     休会
1210月議会運営委員会午前10時〇諮問事項協議
1211火本  会  議午前10時〇議案に対する質疑
〇議案の委員会付託
〇一般質問
1212水     本会議予備日
1213木予算特別委員会午前10時〇付託議案審査
鉄道連続立体交差
事業等検討特別委員会午後1時30分〇所管事項調査
1214金福祉教育常任委員会午前10時〇付託議案審査及び報告事項
1215土     休会
1216日     休会
1217月建設常任委員会午前10時〇付託議案審査及び報告事項
1218火総務常任委員会午前10時〇付託議案審査及び報告事項
1219水     休会
1220木議会運営委員会午前10時〇諮問事項協議
1221金本  会  議午前10時
〇委員長報告

〇委員長報告に対する質疑

〇討論

〇採決

〇閉会中の継続審査の申出

〇市長挨拶

〇閉会
全員協議会閉会後