議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 北名古屋市

平成24年第1回定例会( 3月) 03月23日−04号




平成24年第1回定例会( 3月) − 03月23日−04号









平成24年第1回定例会( 3月)



      平成24年第1回北名古屋市議会定例会会議録(第4号)



招集年月日  平成24年3月23日

招集場所   北名古屋市議会議場

開   会  3月23日 午前10時 議長開会宣言

応招議員

 1番 伊 藤 大 輔  2番 猶 木 義 郎  3番 谷 口 秋 信

 4番 渡 邊 幸 子  5番 阿 部 久邇夫  6番 永 津 正 和

 7番 山 下 隆 義  8番 大 原 久 直  9番 桂 川 将 典

 10番 上 野 雅 美  11番 堀 場 弘 之  12番 松 田   功

 13番 塩 木 寿 子  14番 神 田   薫  15番 大 野   厚

 16番 沢 田   哲  17番 平 野 弘 康  18番 牧 野 孝 治

 19番 太 田 考 則  20番 金 崎 慶 子  21番 長 瀬 悟 康

 22番 山 田 金 紀  23番 黒 川 サキ子  24番 渡 邉 紘 三

不応招議員  な し

出席議員   応招議員に同じ

欠席議員   な し

地方自治法第121条の規定により説明員として出席した者の職氏名

 市長      長 瀬   保    副市長     海 川 美 徳

 教育長     吉 田 文 明    総務部長    岩 越 雅 夫

 財務部長    長 瀬 晴 彦    防災環境部長  大 野 紀 夫

 市民健康部長  池 田 正 敏    福祉部長    清 水 孝 司

 建設部長    日 置 英 治    会計管理者   加 藤 幹 治

 教育部長    武 市   学    総務部次長兼経営企画課長

                            六 浦 寿 夫

 財務部次長兼財政課長         財務部次長兼税務課長

         魚 住 幸 三            山 田   茂

 市民健康部次長兼国保医療課長     福祉部次長兼児童課長

         上 條 正 義            水 野 高 作

 福祉部保育士長 稲 垣 芳 美    建設部次長兼企業対策課長

                            森   幹 彦

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長  石 原   龍    書記      山 中 郁 男

 書記      川 口 賢 一

議事日程  議長は議事日程を別紙のとおり報告した。







     平成24年第1回北名古屋市議会定例会 議事日程〔第4号〕



                    平成24年3月23日 午前10時00分開議



日程第1 諸般の報告

日程第2 委員長報告

日程第3 議案第1号 平成23年度北名古屋市一般会計補正予算(第3号)について

日程第4 議案第2号 平成23年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について

日程第5 議案第3号 平成23年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について

日程第6 議案第4号 平成23年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第2号)について

日程第7 議案第5号 平成23年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について

日程第8 議案第6号 平成23年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について

日程第9 議案第7号 平成24年度北名古屋市一般会計予算について

日程第10 議案第8号 平成24年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算について

日程第11 議案第9号 平成24年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算について

日程第12 議案第10号 平成24年度北名古屋市介護保険特別会計予算について

日程第13 議案第11号 平成24年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算について

日程第14 議案第12号 平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算について

日程第15 議案第13号 北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給料の特例に関する条例の制定について

日程第16 議案第14号 北名古屋市教育長の給料の特例に関する条例の制定について

日程第17 議案第15号 北名古屋市議会の議員の議員報酬の特例に関する条例の制定について

日程第18 議案第16号 平成24年度における固定資産税等に係る納期の特例に関する条例の制定について

日程第19 議案第17号 住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

日程第20 議案第18号 北名古屋市企業立地促進条例の制定について

日程第21 議案第19号 北名古屋市行政組織条例の一部を改正する条例について

日程第22 議案第20号 北名古屋市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例について

日程第23 議案第21号 北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について

日程第24 議案第22号 北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について

日程第25 議案第23号 北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について

日程第26 議案第24号 北名古屋市基金条例の一部を改正する条例について

日程第27 議案第25号 北名古屋市市税条例の一部を改正する条例について

日程第28 議案第26号 北名古屋市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について

日程第29 議案第27号 北名古屋市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例について

日程第30 議案第28号 北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例について

日程第31 議案第29号 北名古屋市介護保険条例の一部を改正する条例について

日程第32 議案第30号 北名古屋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例について

日程第33 議案第31号 北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

日程第34 議案第32号 北名古屋市病後児保育施設の設置及び管理に関する条例を廃止する条例について

日程第35 議案第33号 北名古屋市児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

日程第36 議案第34号 愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について

日程第37 議案第35号 愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更について

日程第38 議案第36号 指定管理者の指定事項の変更について(あけぼのふれあい会館)

日程第39 議案第37号 指定管理者の指定事項の変更について(高齢者活動センターしあわせの家)

日程第40 議案第38号 指定管理者の指定事項の変更について(高齢者活動センターふれあいの家)

日程第41 議案第39号 指定管理者の指定事項の変更について(憩いの家とくしげ)

日程第42 附属機関等委員の選任

日程第43 閉会中の継続審査の申し出について

〇市長挨拶

〇閉会







             (午前10時00分 開  議)



○議長(牧野孝治君)

 おはようございます。

 議員各位には定刻までにご参集をいただきまことにありがとうございます。

 ただいまの出席議員は24名で、定足数に達しております。

 よって、会議は成立いたしましたので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました別紙のとおりであります。

 日程第1、諸般の報告を行います。

 監査委員から新たに定例監査の結果についてが提出されましたので、お手元に配付させていただきました。朗読は省略させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 以上、ご報告いたします。

 日程第2、委員長報告に入ります。

 所管委員会に審査を付託しました議案第1号から議案第39号までの議案39件の審査結果についての委員長報告を一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 議案第1号から議案第12号までの議案12件の審査を所管した予算特別委員会における審査結果についての委員長報告は、会議規則第39条第3項の規定により省略することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 ご異議なしと認めます。よって、予算特別委員会における審査結果についての委員長報告は省略することに決しました。

 この際、議案第13号から議案第39号までの議案27件について、審査を所管した委員会の委員長に審査結果の報告を求めます。

 福祉教育常任委員会委員長 山下隆義君。



◆福祉教育常任委員会委員長(山下隆義君)

 福祉教育常任委員会における審査結果をご報告いたします。

 当委員会は、去る3月15日午前10時から、第1委員会室におきまして、委員8名の出席により開催しました。

 当委員会へは議案11件が付託され、審査を行いましたところ、議案第17号、住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、議案第31号、北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、議案第32号、北名古屋市病後児保育施設の設置及び管理に関する条例を廃止する条例について、議案第35号、愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更について、議案第37号、指定管理者の指定事項の変更について(高齢者活動センターしあわせの家)、議案第38号、指定管理者の指定事項の変更について(高齢者活動センターふれあいの家)、議案第39号、指定管理者の指定事項の変更について(憩いの家とくしげ)、以上の議案7件につきましては、質疑、討論はなく、採決では、いずれの議案も委員全員の賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 また、議案第28号、北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例について、議案第30号、北名古屋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例について、議案第36号、指定管理者の指定事項の変更について(あけぼのふれあい会館)、以上の議案3件につきましては、質疑はあったものの、討論はなく、採決ではいずれの議案も委員全員の賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 また、議案第29号、北名古屋市介護保険条例の一部を改正する条例については、質疑、討論がなされ、採決では賛成多数により、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、主な質疑と答弁でありますが、議案第28号については、医療費助成の対象者数と予算見込み額はとの問いがなされ、予定では小学校1年生から中学校3年生までの世帯数が5,098世帯、うち非課税世帯が460世帯、均等割のみの世帯が156世帯、予算は受診率の状況にもよりますが、約700万円を見込んでいるとの答弁がなされました。

 議案第29号については、年間にすると介護保険料が非常に値上げになる、年金生活者にとっては負担増となるが、この状況をどう思うかとの問いがなされ、負担増の抑制、軽減を図るため、介護準備基金の一部を取り崩し、また県の財政安定化基金拠出金を事業費に充てさせていただくとの答弁がなされました。

 議案第30号については、児童クラブを2つに分けないで行う構想はなかったかとの問いがなされ、1クラブ当たり40名の定員を基本としている。また、分けることで補助金が多く受けられるとの答弁がなされました。

 議案第36号については、広域指定を受けるメリットはとの問いがなされ、税金面で非課税扱いとなるとの答弁がなされました。

 以上のとおり、福祉教育常任委員会における審査結果をご報告いたしました。よろしくお願いします。



○議長(牧野孝治君)

 建設常任委員会委員長 長瀬悟康君。



◆建設常任委員会委員長(長瀬悟康君)

 建設常任委員会における審査結果をご報告いたします。

 当委員会は、去る3月16日午前10時から、第1委員会室におきまして、委員8名の出席により開催し、付託された議案4件について審査を行いました。

 付託された議案4件のうち、議案第26号、北名古屋市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について、議案第33号、北名古屋市児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、以上の議案2件につきましては、質疑、討論はなく、採決ではいずれの議案も委員全員の賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 また、議案第18号、北名古屋市企業立地促進条例の制定について、議案第27号、北名古屋市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例について、以上、議案2件につきましては、質疑はあったものの、討論はなく、採決ではいずれの議案も委員全員の賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、主な質疑と答弁でありますが、議案第18号におきましては、他の自治体の条例と比較して特に重点を置いた点、まさる点は、また奨励金の限度額は他の自治体に十分太刀打ちできる額なのかとの問いがなされ、新エネルギー施設、雨水活用施設、雨水流出抑制施設を奨励金候補の対象施設としたことと、地域貢献事業等促進奨励金、航空機産業国際認証奨励金を設けたことが重点、まさる点で、財政状況や財政的体力を総合的に考えて、他の自治体に負けないものであると自負しているとの答弁がなされました。

 議案第27号につきましては、この条例では資源のごみの持ち去り者、すなわち違反者を処罰することはできないと思われる。他市のように罰金等の規定を設けるべきではないかとの問いがなされ、罰金等を規定しても、実際に告発、起訴することは難しいから持ち去り行為の禁止規定を設けることにより、まずは市民の意識の高揚を図り、市を挙げて犯罪行為の抑止に努めたいと思っている、ご理解いただきたいとの答弁がなされました。

 以上のとおり、建設常任委員会における審査結果をご報告いたします。



○議長(牧野孝治君)

 総務常任委員会委員長 大野 厚君。



◆総務常任委員会委員長(大野厚君)

 おはようございます。

 総務常任委員会における審査結果をご報告いたします。

 当委員会は、去る3月19日午後1時30分から、第1委員会室におきまして、委員8名の出席により開催し、付託された議案12件について審査を行いました。

 このうち、議案第13号、北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給料の特例に関する条例の制定について、議案第14号、北名古屋市教育長の給料の特例に関する条例の制定について、議案第15号、北名古屋市議会の議員の議員報酬の特例に関する条例の制定について、議案第16号、平成24年度における固定資産税等に係る納期の特例に関する条例の制定について、議案第20号、北名古屋市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第21号、北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第22号、北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、議案第23号、北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について、議案第34号、愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について、以上の議案9件につきましては、質疑、討論はなく、採決ではいずれの議案も委員全員の賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 また、議案第19号、北名古屋市行政組織条例の一部を改正する条例について、議案第24号、北名古屋市基金条例の一部を改正する条例について、以上の議案2件につきましては、質疑はあったものの、討論はなく、採決ではいずれの議案も委員全員の賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 また、議案第25号、北名古屋市市税条例の一部を改正する条例につきましては、質疑、討論がなされ、採決では賛成多数により、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、主な質疑と答弁でありますが、議案第19号につきましては、今までそれ相応に対応されてきた中、あえて家庭支援課を設けることを職員は理解し、また機能するよう努めていただきたいと思うが、いかがかとの問いがなされ、これまで部をまたぐ2つの課において対応していたが、今後は家庭支援を重点に子供・若者一人ひとりの家庭状況に応じた適切な支援の実現に向けて努めていきたいとの答弁がなされました。

 議案第24号につきましては、都市計画事業のために基金を積み立てられるが、主な事業計画はとの問いがなされ、街路の高田寺久地野線の延長整備、沖村六反周辺地区の開発、鉄道連続立体交差事業に伴う区画整備事業などであるとの答弁がなされました。

 議案第25号につきましては、東海、東南海、南海地震を初め、今後起こりうるさまざまな災害に対処していくため、今回の施策はやむを得ないものと思うが、この点について当局の考えはとの問いがされ、学校校舎の耐震化などの防災対策に取り組んできたが、今回の施策による財源をもとに保育園、庁舎の耐震化などを進め、今後も防災対策の強化に努めていきたいとの答弁がなされました。

 以上のとおり、総務常任委員会における審査結果をご報告いたします。



○議長(牧野孝治君)

 日程第3、議案第1号、平成23年度北名古屋市一般会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第4、議案第2号、平成23年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第5、議案第3号、平成23年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第6、議案第4号、平成23年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第7、議案第5号、平成23年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第8、議案第6号、平成23年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第9、議案第7号、平成24年度北名古屋市一般会計予算についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございますので、順次発言を許します。

 渡邉紘三君。



◆24番(渡邉紘三君)

 24番、日本共産党、渡邉紘三。

 議案第7号、平成24年度北名古屋市一般会計予算について、反対の立場から反対討論を行います。

 国の予算は、社会保障を切り捨てながら無駄遣いは温存し、大企業などには減税を続ける一方、国民には消費税増税を前提に巨額の負担を押しつける内容となっています。私どもは、社会保障と税の一体改革での社会保障削減でなく、消費税に頼らず社会保障を拡充することを強く求めるものです。

 その中での当市の予算案は、合併7年目の予算、国の政治、3・11からの教訓を学び、安心・安全な福祉のまちづくりや、市民の命と暮らしを守り、市民の負託にこたえられる予算案となっているのかどうか。

 しかし、国の社会保障と税の一体改革推進は、地方自治体の使命である住民の福祉の増進とする自治体に対して、市民の暮らしも経済も財政も破壊への道へ突き進むものです。国からの財源保障もないのに、身の丈に合った市政運営では、憲法での最低限度の文化生活の確保はさらに厳しくなります。

 市民の暮らし応援では、市が目指す、健康で文化的な最低限度の生活に必要な措置は少しずつ確保されていますが、市民とともに歩む姿勢や、情報公開や市民の声を聞くなどが十分に担保されない行財政改革のもとでの選択と集中では、市民が求める、安全・安心に暮らすことなど、真に市民の負託にこたえ、未来に希望を持てるまちづくりの中身にはなっていきません。

 今大切なことは、憲法を暮らしに生かす市政運営、市民の暮らしと命を守る災害に強い福祉のまちづくりの取り組みや予算編成が大切です。同時に、国に対して社会保障の切り捨てや、消費税の増税など税の負担を強いることをしないよう、国に強く求めることが大切です。

 以上の理由で、議案第7号、平成24年度北名古屋市一般会計予算について反対し、反対の討論といたします。議員各位のご賛同をよろしくお願いします。



○議長(牧野孝治君)

 太田考則君。



◆19番(太田考則君)

 19番、市政クラブの太田考則です。

 議案第7号、平成24年度北名古屋市一般会計予算について、賛成の立場で討論を行います。

 昨年3月11日に発生した東日本大震災は、未曾有の大災害として甚大な被害をもたらしただけではなく、社会情勢などが不安定な状況下にある日本経済に大きな打撃を与えました。日本の経済情勢は、長期にわたる円高や国内産業の空洞化などにより、景気の先行きが見通せない足踏み状態が依然として続いているところであります。

 こうした状況の中、平成24年度の予算編成がなされたところでありますが、編成に当たっては、歳入予算の確保が極めて厳しく、非常に努力されて編成されたことがうかがわれます。特に、市税等の増収は依然として期待ができないことから、市民の生活基盤を整備するための財源を補うため、財政調整基金の活用や合併特例債、臨時財政対策債を発行するなど、市の財政状況の現況をかんがみれば、やむを得ない措置を講じて、財源確保に努められたものと推察いたします。

 予算執行に当たっては、厳しい財政状況を踏まえて、選択と集中による事業展開のもと、受益と負担の公平性の観点から、事業の見直しを行うなど、経費の削減と事業の効率化を図り、最少の経費で最大の効果が得られることを期待しております。

 以上のことから、議案第7号、平成24年度北名古屋市一般会計予算については、賛成するものであります。

 議員各位のご賛同をお願い申し上げ、賛成討論とさせていただきます。



○議長(牧野孝治君)

 以上をもって、討論を終結いたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第10、議案第8号、平成24年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算についてを議題といたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので、討論は省略いたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第11、議案第9号、平成24年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございますので、順次発言を許します。

 大原久直君。



◆8番(大原久直君)

 おはようございます。8番、日本共産党の大原久直です。

 議案第9号、北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算について、党議員団を代表して反対の立場を表明し、以下理由を述べます。

 私たちは、この制度が導入されるときから、高齢者を差別する制度として厳しく批判してまいりました。

 国会では、参議院では廃止法案が可決され、衆議院に送付された経緯もあります。運営も愛知県全体広域連合が行うため、主権者の声が反映されない制度です。保険料はどんどん値上げされる事態を招くことも発言してまいりました。

 今回、2月9日に開かれた愛知県後期高齢者医療広域連合議会で決定された保険料は平均年額7万5,775円から8万214円に、4,439円の値上げであります。年金が減額され、負担がふえる。市民の悲鳴が聞こえてきます。

 この議会の閉会あいさつで、柴田紘一広域連合長、岡崎市長は保険料を上げなくてもいい制度にしたいと語っています。それほどひどい制度であります。当市の市長も、もとの老人保健のほうが市民に優しい制度だと思ってらっしゃると思います。

 以上のことを述べて、反対討論といたします。議員諸氏のご賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 平野弘康君。



◆17番(平野弘康君)

 17番、市政クラブの平野弘康です。

 議案第9号、平成24年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算について、賛成の立場で討論を行います。

 この特別会計の平成24年度予算は、高齢化が進展する中、被保険者数を580人増の7,100人となることを見込んで、前年度比4,600万円増額の総額7億1,000万円となっておりますが、本市の現在の財政状況から見ると、編成に当たってはいろいろとご尽力いただいたことがうかがわれます。

 財源の主なものとなる保険料については、社会、経済情勢等かんがみて、2年ごとに見直しがなされており、後期高齢者医療制度の安定した運営と健全財政の維持、確保に努められたと言えます。

 また、低所得者に対しては、引き続き軽減措置や減免措置がとられており、これらの措置によって歳入減となる部分については、一般会計から1億493万円を繰り入れるという手だてが施されていることから、評価できる予算と言えます。

 よって、議案第9号、平成24年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算については、賛成するものであります。議員各位の賛同をお願い申し上げ、賛成討論とさせていただきます。お願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 以上をもって、討論を終結いたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第12、議案第10号、平成24年度北名古屋市介護保険特別会計予算についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございますので、順次発言を許します。

 大原久直君。



◆8番(大原久直君)

 8番、日本共産党の大原久直です。

 党議員団を代表して、議案第10号、平成24年度北名古屋市介護保険特別会計予算案に反対の立場を表明し、以下理由を述べます。

 国民、市民のお年寄りを大切にしたい、自分の老後のために一定の負担はやむを得ない、こんな気持ちを利用したやり方、導入当時は多くの方が賛成されました。でも、スタートした途端、国は老人福祉に使う予算を2,500億円も減らしました。市当局も、これは大変な制度になってしまうと思われたと推察いたします。

 やむを得ず介護を受けられる方は、亡くなるまで保険料を払わなければならないと嘆かれます。また、自身を介護してくださる方の待遇がひどい、介護者の待遇を改善してくださいと陳情され、待遇が改善されましたけども、その費用も1割負担になって戻ってきました。待遇改善を望めば望むほど負担がふえる、余りにもひどい制度ではありませんか。人は皆、自分とかかわる人に優しい視線を、優しい心遣いをされます。人間関係も壊しかねない制度、国民に、市民に歓迎される制度へ変えられることを願い、これを表明し、反対討論といたします。議員諸氏の賛同よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 永津正和君。



◆6番(永津正和君)

 6番、市政クラブの永津正和でございます。

 議案第10号、平成24年度北名古屋市介護保険特別会計予算につきまして、賛成の立場で討論を行います。

 平成24年度の介護保険特別会計予算は総額37億3,500万円と、前年度と比較して1,900万円の増額となっておりますが、財政状況が厳しい中、予算編成に当たってはいろいろとご尽力いただいたものと推察するところであります。

 高齢化が年々進み、高齢者が求める希望や要望は多種多様にわたっており、どの市町村も介護保険事業計画を策定して取り組まれているところであります。

 本市においても、今年度、平成24年度から平成26年度までを計画期間とする第5期介護保険事業計画を策定し、介護保険料の基礎となる月額基準額や、介護予防事業、包括的支援事業、任意事業などの事業が示されております。

 平成24年度の介護保険特別会計予算は、この第5期介護保険事業計画に基づいて、事業を推進するに必要な財源を確保し、平成24年度に行うべき事業を、有効的かつ効果的に実施するために編成されたものであり、高齢者が求める希望や要望にこたえ、高齢者福祉の向上と介護保険制度の充実を図る上においては、必要な予算と言えます。

 以上のことから、議案第10号、平成24年度北名古屋市介護保険特別会計予算については、賛成するものであります。議員各位のご賛同を心よりお願い申し上げ、賛成討論とさせていただきます。



○議長(牧野孝治君)

 以上をもって、討論を終結いたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第13、議案第11号、平成24年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算についてを議題といたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第14、議案第12号、平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算についてを議題といたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第15、議案第13号、北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給料の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第16、議案第14号、北名古屋市教育長の給料の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第17、議案第15号、北名古屋市議会の議員の議員報酬の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第18、議案第16号、平成24年度における固定資産税等に係る納期の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第19、議案第17号、住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第20、議案第18号、北名古屋市企業立地促進条例の制定についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第21、議案第19号、北名古屋市行政組織条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第22、議案第20号、北名古屋市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第23、議案第21号、北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第24、議案第22号、北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第25、議案第23号、北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第26、議案第24号、北名古屋市基金条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第27、議案第25号、北名古屋市市税条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございますので、順次発言を許します。

 渡邉紘三君。



◆24番(渡邉紘三君)

 24番、日本共産党、渡邉紘三。

 議案第25号、北名古屋市市税条例の一部の改正について、反対の立場から反対討論を行います。

 昨年の3月11日から1年が過ぎました。大震災からの復興、原発事故被害から暮らしと健康を守ることは、日本の政治に課せられた最重要、最優先の課題です。しかし、被災地での懸命の努力にもかかわらず、生活となりわい、生活を立てるための仕事の再建は一向に進んではいません。原発事故が持つ異質の危険が、大規模かつ深刻な形で明らかになっています。政府の取り組みが余りにも遅いという思いです。

 「コンクリートから人へ」と言っていましたが、無駄な予算は減らさず、中止のものが復活し、浪費が拡大している。そして、東日本大震災復興財源を個人住民税均等割の引き上げや、退職所得の分離課税の特例の廃止など負担増を庶民に求め、さらに財源がないからといって、社会保障の切り捨て、子ども手当の削減、公務員の給与削減や定数削減、職員の採用の縮減などの政治を進めています。復興財源を市民に求めるのではなく、国の責任で確保すべきです。憲法を暮らしに生かさず、十分に国の役割を果たさないで、復興財源を理由として庶民負担増を求める政治方針には反対です。

 今、国が進めている消費税増税とTPP参加は、復興に逆行し、生活となりわいの再建に重大な障害を持ち込むものであります。

 よって、議案第25号、北名古屋市市税条例の一部を改正する条例について反対し、反対討論といたします。議員各位のご賛同よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 神田 薫君。



◆14番(神田薫君)

 14番、市政クラブの神田 薫です。

 議案第25号、北名古屋市市税条例の一部を改正する条例について、賛成の立場で討論を行います。

 この条例の改正は、昨年12月に公布、施行された法律に準拠して行うもので、内容としては、東日本大震災からの復興を目的に、全国的かつ緊急的に地方公共団体が実施する防災施策に必要な財源を確保するため、時限的、特例的に個人市民税に限って、均等割の標準税率を引き上げるなど、法律の規定に基づいて必要な改正を行うものであり、適正になされたものと言えます。

 よって、議案第25号、北名古屋市市税条例の一部を改正する条例については、賛成するものであります。議員各位のご賛同をお願い申し上げ、賛成討論とさせていただきます。



○議長(牧野孝治君)

 以上をもって、討論を終結いたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第28、議案第26号、北名古屋市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略いたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第29、議案第27号、北名古屋市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第30、議案第28号、北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第31、議案第29号、北名古屋市介護保険条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございますので、順次発言を許します。

 大原久直君。



◆8番(大原久直君)

 8番、日本共産党の大原久直です。

 議案第29号、北名古屋市介護保険条例の一部を改正する条例について、反対の立場を表明し、以下理由を述べます。

 議案第10号と基本的には同じでありますが、見直しと言っては保険料を上げたり、サービスの低下を招く、ひどい仕組みです。予算の質問でも出ましたが、サービスの選択と称して、介護士の派遣時間を短縮し、利用しにくくしています。介護する人と介護される人との触れ合う時間を短縮し、心の会話を軽視し、介護も機械を回す歯車のような扱いを進めていると言わざるを得ません。人の優しさや人と触れ合う喜びが、リハビリの成果や生きがいをはぐくむのに無限の可能性を生み出すものです。

 制度創設どきにはこんな制度をだれが予想したでしょうか。市長が健康で文化的な最低限度の生活が営めるようと表明されていますが、今、国は税と社会保障の一体改革と称し、国民には重く税負担を押しつけ、社会保障は改悪ばかりです。

 市長は市民生活を守るためにも、市民と自治体への負担増に厳しく反対されるよう意見を述べ、討論といたします。皆さんのご賛同よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 黒川サキ子君。



◆23番(黒川サキ子君)

 23番、市政クラブの黒川サキ子です。

 議案第29号、北名古屋市介護保険条例の一部を改正する条例について、賛成の立場で討論を行います。

 この条例改正案は、高齢化が進展する中、日常の生活において高齢者が求める介護需要にこたえようと、本年策定された第5期介護保険事業計画、計画年度は平成24年度から平成26年度までの3年度でございますが、この計画に基づいて介護予防事業や包括的支援事業、任意事業などの事業を効果的に、また円滑に展開するため、必要な財源、いわゆる平成26年度までの3年度間における介護保険料率等を定めることにより、その財源を確保するためになされるもので、介護保険制度の安定した運営、高齢者福祉の充実を図る上においては必要なものであると考えます。

 なお、介護保険料の算定基礎の一つである月額基準額については、平成21年度から平成23年度までのものと比較してふえてはおりますが、介護給付準備基金の一部と、県の交付金を事業費に充てることにより、介護保険料の急激な上昇を抑制するための手だてが施されるなどの配慮がなされており、現在の市の財政状況を踏まえると、評価できるものと言えます。

 以上のことから、議案第29号、北名古屋市介護保険条例の一部を改正する条例については、賛成するものであります。議員各位のご賛同をお願い申し上げ、賛成討論とさせていただきます。



○議長(牧野孝治君)

 以上をもって、討論を終結いたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第32、議案第30号、北名古屋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略いたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第33、議案第31号、北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第34、議案第32号、北名古屋市病後児保育施設の設置及び管理に関する条例を廃止する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第35、議案第33号、北名古屋市児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第36、議案第34号、愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第37、議案第35号、愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第38、議案第36号、指定管理者の指定事項の変更について(あけぼのふれあい会館)を議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第39、議案第37号、指定管理者の指定事項の変更について(高齢者活動センターしあわせの家)を議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第40、議案第38号、指定管理者の指定事項の変更について(高齢者活動センターふれあいの家)を議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第41、議案第39号、指定管理者の指定事項の変更について(憩いの家とくしげ)を議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案についての討論は、通告がございませんので討論は省略といたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第42、附属機関等委員の選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 市当局から選任依頼がありました、(仮称)北名古屋市鉄道周辺まちづくり構想策定委員会の委員については、お手元に配付いたしました附属機関等一覧表のとおり、選任いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、(仮称)北名古屋市鉄道周辺まちづくり構想策定委員会の委員については、附属機関等一覧表のとおり、選任することに決しました。

 日程第43、閉会中の継続審査の申し出についてを議題といたします。

 会議規則第104条の規定により、議会運営委員会委員長から、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続審査について申し出がありました。

 お諮りいたします。

 議会運営委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、議会運営委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。

 ここで、市長からあいさつの申し出がありますので、これを許可いたします。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 議長のお許しをいただきまして、一言お礼のごあいさつをさせていただきます。

 本議会、平成24年3月市議会定例会におきまして、私どもが上程、付議をいたしました数々の議案に対しまして、各議員ともども、大変真剣に、真摯に審査いただきました。大変ありがとうございます。

 すべての議案に対してご賛同、ご可決をちょうだいしたということでございます。私どもはこの間に寄せられました、各議員の一つ一つのご意見、ご示唆、そしてご提言に対して真摯に受けとめ、さらに、この北名古屋市が元気な市になることをひたすら目標にいたしまして頑張ってまいりたい、そんな思いでございます。

 世の中、とかく閉塞感に包まれがちでございますが、北名古屋市が元気なまちとして、全国に発信できる、そんなまちを創造し、皆様とともども力を合わせて、この市民を、そして企業をしっかりと支援し、盛り上げていただくように心からお願いをするところでございます。

 いずれにいたしましても、議会の皆様方の活発なる議員活動に敬意を表しながら、本定例会に対するさまざまな思いを込めながら、お礼とさせていただきます。大変お世話になりましたが、今後ともよろしくお願いします。ありがとうございました。



○議長(牧野孝治君)

 以上をもって、今定例会に付議された議案については、全部終了いたしました。

 終始極めて熱心に審議され、無事閉会できましたことは、議員各位のご協力のたまものであり、厚くお礼を申し上げます。

 これをもって、平成24年第1回北名古屋市市議会定例会を閉会いたします。ご苦労さまでございました。



             (午前11時10分 閉  会)







会議の経過を記載して、その相違ないことを証するために署名する。



                       議  長   牧 野 孝 治



                       署名議員   渡 邉 紘 三



                       署名議員   伊 藤 大 輔