議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 北名古屋市

平成24年第1回定例会( 3月) 03月02日−01号




平成24年第1回定例会( 3月) − 03月02日−01号









平成24年第1回定例会( 3月)



      平成24年第1回北名古屋市議会定例会会議録(第1号)



招集年月日  平成24年3月2日

招集場所   北名古屋市議会議場

開   会  3月2日 午前10時 議長開会宣言

応招議員

 1番 伊 藤 大 輔  2番 猶 木 義 郎  3番 谷 口 秋 信

 4番 渡 邊 幸 子  5番 阿 部 久邇夫  6番 永 津 正 和

 7番 山 下 隆 義  8番 大 原 久 直  9番 桂 川 将 典

 10番 上 野 雅 美  11番 堀 場 弘 之  12番 松 田   功

 13番 塩 木 寿 子  14番 神 田   薫  15番 大 野   厚

 16番 沢 田   哲  17番 平 野 弘 康  18番 牧 野 孝 治

 19番 太 田 考 則  20番 金 崎 慶 子  21番 長 瀬 悟 康

 22番 山 田 金 紀  23番 黒 川 サキ子  24番 渡 邉 紘 三

不応招議員  な し

出席議員   応招議員に同じ

欠席議員   な し

地方自治法第121条の規定により説明員として出席した者の職氏名

 市長      長 瀬   保    副市長     海 川 美 徳

 教育長     吉 田 文 明    総務部長    岩 越 雅 夫

 財務部長    長 瀬 晴 彦    防災環境部長  大 野 紀 夫

 市民健康部長  池 田 正 敏    福祉部長    清 水 孝 司

 建設部長    日 置 英 治    会計管理者   加 藤 幹 治

 教育部長    武 市   学    総務部次長兼経営企画課長

                            六 浦 寿 夫

 財務部次長兼財政課長         財務部次長兼税務課長

         魚 住 幸 三            山 田   茂

 市民健康部次長兼国保医療課長     福祉部次長兼児童課長

         上 條 正 義            水 野 高 作

 福祉部保育士長 稲 垣 芳 美    建設部次長兼企業対策課長

                            森   幹 彦

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長  石 原   龍    書記      山 中 郁 男

 書記      川 口 賢 一

会議録署名議員の氏名

 議長は会議録署名議員に次の2名を指名した。

 24番 渡 邉 紘 三  1番 伊 藤 大 輔

市長提出議案の題目

 議案第1号 平成23年度北名古屋市一般会計補正予算(第3号)について

 議案第2号 平成23年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について

 議案第3号 平成23年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について

 議案第4号 平成23年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第2号)について

 議案第5号 平成23年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について

 議案第6号 平成23年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について

 議案第7号 平成24年度北名古屋市一般会計予算について

 議案第8号 平成24年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算について

 議案第9号 平成24年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算について

 議案第10号 平成24年度北名古屋市介護保険特別会計予算について

 議案第11号 平成24年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算について

 議案第12号 平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算について

 議案第13号 北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給料の特例に関する条例の制定について

 議案第14号 北名古屋市教育長の給料の特例に関する条例の制定について

 議案第15号 北名古屋市議会の議員の議員報酬の特例に関する条例の制定について

 議案第16号 平成24年度における固定資産税等に係る納期の特例に関する条例の制定について

 議案第17号 住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

 議案第18号 北名古屋市企業立地促進条例の制定について

 議案第19号 北名古屋市行政組織条例の一部を改正する条例について

 議案第20号 北名古屋市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第21号 北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第22号 北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第23号 北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第24号 北名古屋市基金条例の一部を改正する条例について

 議案第25号 北名古屋市市税条例の一部を改正する条例について

 議案第26号 北名古屋市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について

 議案第27号 北名古屋市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第28号 北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例について

 議案第29号 北名古屋市介護保険条例の一部を改正する条例について

 議案第30号 北名古屋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例について

 議案第31号 北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第32号 北名古屋市病後児保育施設の設置及び管理に関する条例を廃止する条例について

 議案第33号 北名古屋市児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第34号 愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について

 議案第35号 愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更について

 議案第36号 指定管理者の指定事項の変更について(あけぼのふれあい会館)

 議案第37号 指定管理者の指定事項の変更について(高齢者活動センターしあわせの家)

 議案第38号 指定管理者の指定事項の変更について(高齢者活動センターふれあいの家)

 議案第39号 指定管理者の指定事項の変更について(憩いの家とくしげ)

 議案第40号 北名古屋市固定資産評価審査委員会委員の選任について

 議案第41号 北名古屋市固定資産評価審査委員会委員の選任について

 議案第42号 北名古屋市固定資産評価審査委員会委員の選任について

議事日程  議長は議事日程を別紙のとおり報告した。





     平成24年第1回北名古屋市議会定例会 議事日程〔第1号〕



                    平成24年3月2日 午前10時00分開議



〇開会

〇市長招集挨拶



日程第1 会議録署名議員の指名(  番      ・  番      )

日程第2 会期の決定

日程第3 諸般の報告 (1)行政報告・(2)議長報告

日程第4 市長施政方針

日程第5 議案第1号 平成23年度北名古屋市一般会計補正予算(第3号)について

日程第6 議案第2号 平成23年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について

日程第7 議案第3号 平成23年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について

日程第8 議案第4号 平成23年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第2号)について

日程第9 議案第5号 平成23年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について

日程第10 議案第6号 平成23年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について

日程第11 議案第7号 平成24年度北名古屋市一般会計予算について

日程第12 議案第8号 平成24年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算について

日程第13 議案第9号 平成24年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算について

日程第14 議案第10号 平成24年度北名古屋市介護保険特別会計予算について

日程第15 議案第11号 平成24年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算について

日程第16 議案第12号 平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算について

日程第17 議案第13号 北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給料の特例に関する条例の制定について

日程第18 議案第14号 北名古屋市教育長の給料の特例に関する条例の制定について

日程第19 議案第15号 北名古屋市議会の議員の議員報酬の特例に関する条例の制定について

日程第20 議案第16号 平成24年度における固定資産税等に係る納期の特例に関する条例の制定について

日程第21 議案第17号 住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

日程第22 議案第18号 北名古屋市企業立地促進条例の制定について

日程第23 議案第19号 北名古屋市行政組織条例の一部を改正する条例について

日程第24 議案第20号 北名古屋市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例について

日程第25 議案第21号 北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について

日程第26 議案第22号 北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について

日程第27 議案第23号 北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について

日程第28 議案第24号 北名古屋市基金条例の一部を改正する条例について

日程第29 議案第25号 北名古屋市市税条例の一部を改正する条例について

日程第30 議案第26号 北名古屋市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について

日程第31 議案第27号 北名古屋市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例について

日程第32 議案第28号 北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例について

日程第33 議案第29号 北名古屋市介護保険条例の一部を改正する条例について

日程第34 議案第30号 北名古屋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例について

日程第35 議案第31号 北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

日程第36 議案第32号 北名古屋市病後児保育施設の設置及び管理に関する条例を廃止する条例について

日程第37 議案第33号 北名古屋市児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

日程第38 議案第34号 愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について

日程第39 議案第35号 愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更について

日程第40 議案第36号 指定管理者の指定事項の変更について(あけぼのふれあい会館)

日程第41 議案第37号 指定管理者の指定事項の変更について(高齢者活動センターしあわせの家)

日程第42 議案第38号 指定管理者の指定事項の変更について(高齢者活動センターふれあいの家)

日程第43 議案第39号 指定管理者の指定事項の変更について(憩いの家とくしげ)

日程第44 議案第40号 北名古屋市固定資産評価審査委員会委員の選任について

日程第45 議案第41号 北名古屋市固定資産評価審査委員会委員の選任について

日程第46 議案第42号 北名古屋市固定資産評価審査委員会委員の選任について

日程第47 予算特別委員会の設置

日程第48 予算特別委員会委員長及び副委員長の互選







             (午前10時00分 開  会)



○議長(牧野孝治君)

 おはようございます。

 議員各位には定刻までにご参集をいただき、まことにありがとうございます。

 ただいまの出席議員は24名で、定足数に達しております。

 よって、会議は成立いたしましたので、ただいまから平成24年第1回北名古屋市議会定例会を開会いたします。

 開議に先立ち、市長より招集あいさつの申し出がありますので、これを許可いたします。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 皆さん、おはようございます。

 本日、ここに平成24年第1回北名古屋市議会定例会をお願いいたしました。全員の議員の皆さん方、ご参集いただきまして開会をしていただきましたことを、まずもって心からお礼を申し上げます。

 昨今の世相を見るにつけて、昨年の3月11日に発生した東日本大震災、この大きな震災に向けての復興に対する形がいまだはっきりとしない混沌とした、そんな思いの中で、本日、ここに市議会を開会させていただくということでございます。

 まことに経済社会においては、大変厳しい状況下の中にありまして、私ども自治体、全国における自治体でございますが、大変厳しい財政状況の中で市民の生活、そして企業のなりわい、私たちはしっかりと守っていかなければいけない、大変厳しい状況下に置かれているさなかでございます。とりわけ北名古屋市におきましてもさようであります。議員各位においては、市民の幸せと、そして北名古屋市の市政発展のために日々ご尽力をちょうだいしておるところでありまして、大変皆さん方の活動に対して敬意を表するところでございます。

 後ほど施政方針を申し述べさせていただきますけれども、この状況下の中で、私たちはこれからの北名古屋市のあり方をしっかりと見きわめながら、市民の福祉向上と、まさに個性ある北名古屋市のまちづくり発展に全力を通して取り組む、そのような思いで編成をしておるところでございます。どうか事情ご賢察いただきまして、格別なる皆様方のお力添えをいただき、さらなる北名古屋市の発展にお力添えをちょうだいできますことを心からお願いを申し上げまして、開会に当たってのごあいさつとさせていただきます。大変お世話になりますが、どうかよろしくお願いします。ありがとうございました。



○議長(牧野孝治君)

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました別紙のとおりであります。

 日程第1、会議録署名議員の指名につきましては、会議規則第81条の規定により、24番 渡邉紘三君、1番 伊藤大輔君の2名を指名いたします。

 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今定例会の会期は、別紙でお手元まで配付いたしました会期日程案のとおり、本日から3月23日までの22日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、今定例会の会期は本日から3月23日までの22日間とすることに決しました。

 日程第3、諸般の報告に入ります。

 最初に、行政報告を行います。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

報告第1号

   専決処分(損害賠償)について

 地方自治法第180条第1項の規定により、次のとおり専決処分したので、同条第2項の規定に基づき報告する。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 なお、事故の概要、損害賠償の額等につきましては、下記のとおりでございますので、ご参照をお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(牧野孝治君)

 以上で行政報告を終わります。

 次に、議長報告を行います。

 今定例会に監査委員から平成23年12月、平成24年1月及び2月における例月出納検査の結果について、並びに平成23年10月、11月及び12月における定例監査の結果についてが提出されております。いずれもお手元に配付いたしましたとおりであります。朗読は省略いたします。

 次に、今定例会における議案について、別紙写しの議案の提出についてのとおり受理したことをご報告いたします。朗読は省略いたします。

 次に、今定例会の説明員を地方自治法第121条の規定により出席を要求しましたところ、別紙写しの説明員の通知についてのとおり通知されましたので、受理したことをご報告いたします。朗読は省略いたします。

 次に、平成23年12月、平成24年1月及び2月の議会活動状況日誌を配付しておきましたので、ご了承願います。

 以上で議長報告を終わります。

 日程第4、市長施政方針に入ります。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 平成24年第1回北名古屋市議会定例会の開会に当たり、平成24年度当初予算の上程に合わせ、施政方針、市政運営に対する方針を申し述べる機会を賜り、心から感謝申し上げます。

 約1年前の3月11日、リーマンショックに端を発した不況からようやく立ち直る気配が見えてきたまさにそのとき、東北地方太平洋沖地震が発生し、東日本大震災という未曾有の複合的大災害として、日本全体が大津波とともに混乱の渦にのみ込まれました。今なお、仮設住宅や避難先で不自由な生活を余儀なくされている多くの方々や被災自治体に対しましては、本市といたしましても職員の現地派遣や必要物資の提供など、引き続きできる限りのお力添えをしてまいりたいと考えております。

 さて、現在の日本では、少子・高齢化やデフレの問題などが山積しており、なかなか将来に向け明るい要素を見出すことが難しい状況にございます。

 これまで堅実な運営を行ってきた本市の財政も、じわじわと右肩下がりの状況に進みつつあり、この傾向は当面の間継続することが予想されます。こうした将来の見通しを踏まえますと、我々の世代が将来の世代に大きなツケを残すような事態は避けなければならないことから、さらなる行財政改革に取り組むとともに、身の丈に合った財政運営に努めなければなりません。

 しかしながら、一方では、不況や高齢化の進展等に伴い、扶助費などの社会保障関係費が増加しておりますが、市民の皆様の健康で文化的な最低限度の生活を確保するため、必要な措置はしっかりと講じていかなくてはなりません。

 北名古屋市は、合併による誕生から7年目を迎え、私の2期目の任期も折り返し地点を経過するところでございますが、昨年の大災害では市民の命を守る行政の役割の重要性に改めて思いをいたしました。市民の皆様が安全・安心に暮らしていただけるまちとするため、新潟県妙高市及び北海道旭川市と災害相互応援協定を締結し、地震や水害などで被災した際に救援物資などを提供し合う相互協力体制を構築いたしました。

 また、自治体だけでなく、愛知医科大学とも連携協定を締結し、医療・健康分野の施策に関する連携強化を図ることはもちろんのこと、有事の際の連携についても検討していきたいと考えております。

 また、北名古屋市の未来を担う子供たちの支援の充実を図ることを目的として、(仮称)家庭支援課を創設します。これまでの児童福祉事業の一部や、青少年健全育成事業などを一貫性のある事業としてとらえ、さらに一歩踏み込んで専門性を持たせることにより、子供の健全な成長・育成を支援する仕組みを確立することを目指してまいります。

 以上のように、市民の皆様が安全・安心に暮らしていただけるまち、そして市民の皆様が誇りや愛着を感じ、未来に希望を持ち続けられるまちづくりに向け、必要な施策について計画的かつ大胆に推進することが必要であります。また、求められていることだと考えます。

 平成24年度の予算では、このような相反する要素をいかに融和し、選択と集中の観点から、めり張りのある施策展開を行うかということに注力し、バランスのとれた編成に努めたところでございます。

 それでは、今年度の予算についてご説明申し上げます。

 まず一般会計でございますが、平成24年度の一般会計予算は239億2,200万円で、平成23年度と比較しますと9億5,200万円、4.1%の増額でございます。

 特別会計の5会計を含めた総額は388億3,900万円で、平成23年度と比較しますと15億円、4.0%の増額でございます。主な増額要因は、新規事業として(仮称)多目的運動場建設事業費を8億6,600万円、文化勤労会館整備事業費を4億1,000万円計上いたしていることによるものでございます。特別会計では、1人当たり医療費の増加などにより、国民健康保険特別会計の総額で4億7,000万円の増額でございます。

 それでは、一般会計予算から概要を申し述べます。

 まず歳入でございます。

 歳入の市税は、総額で2,430万円の減額を見込んでおり、そのうち市民税では、景気低迷により全体的に所得が低下しておりますが、2億3,540万円の増収を見込んでおります。特に個人市民税の所得割は、税法改正により16歳未満の年少扶養控除の廃止等に伴いまして1億8,000万円の増収を見込むものでございます。法人市民税では、税収の落ち込みもやや回復の兆しがあり、5,640万円の増収を見込みました。市たばこ税でも5,620万円の増収を、固定資産税では、平成24年度に評価がえ等のため2億9,470万円の減収を見込んでおります。地方交付税についても国の地方財政措置を考慮して増額とし、国庫支出金は子ども手当制度などを精査して計上しております。

 また、これから歳出の中でも申し述べますが、施設の老朽化による大規模な改修が必要となってきたことや、新しい施設の建設用地購入などで経費が増大して財源不足が生じたため、平成24年度も財政調整基金から3億5,300万円繰り入れ、また起債額も27億4,600万円とすることで歳入を確保しておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 次に、歳出でございます。

 健康で生き生きしたまちづくりとしまして、本市の将来像であります「健康快適都市 だれもが安全・安心に暮らせるまち」を目指した事業として、まず子ども医療費扶助を拡大いたします。子供の福祉増進を図るため医療費の一部を扶助しておりますが、平成24年8月からは世帯の市民税が非課税、または均等割のみの小・中学生に限り、通院に係る自己負担額の全額を扶助して子育てを支援するとともに、親と行政がともに子育てを行う環境づくりと医療の適切な受診を図ります。

 また、児童センターの建設に向けて用地を取得します。市内児童館の中心的な役割に加え、乳幼児から中・高生までの幅広い年齢層が利用できる施設として、平成24年度は用地取得を行い、平成25年度に建設いたします。

 次に、健康状態の確認と、病気の早期発見を目的とした健康診査事業について、青年から高齢者まで日常的な健康管理の相談相手となる身近なかかりつけ医を持つことを推進するとともに、市民の利便性を配慮して、従来の集団健診と医療機関での個別健診を選択できるようにいたします。

 続いて、予防接種事業では助成を拡大します。65歳以上の方に対する高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種の費用の一部と、乳児に対しまして、激しい下痢や嘔吐をもたらす原因となるロタウイルスに対するワクチン接種の費用の一部を助成します。

 また、市民の食品に関する安全・安心と、今後の不測の事態に備える中で、食品を検査できる放射性物質検査器を購入いたします。

 2つ目に、安全・安心で快適に暮らせるまちづくりとしまして、東日本大震災という未曾有の災害が発生したことにより、市民の皆様の災害への意識にも大きな変化をもたらしました。

 また、この地域でも東海地震・東南海地震が近い将来に発生すると言われております。安全・安心のまちづくりは、皆様の命にもかかわる重要課題であります。こうした中で、小・中学校の教育施設では、耐震性が不足していたすべての校舎と体育館の耐震改修工事が平成23年度で完了いたしました。次のステップとして、児童福祉施設等の公共施設耐震化へ計画的に取り組んでまいります。本年度は、耐震性が不足している中之郷保育園について、園舎耐震改修工事などの施設整備工事を行います。

 次に、安全・安心が保たれる生活環境づくりとして、大雨によります浸水被害を防ぐため、市道の地下に一時的に雨水をためておく雨水貯留管を新設する工事を山之腰地内で行います。また、大雨時に雨水ポンプを正常に稼働させるため、電車川排水機場の老朽化した設備の更新及び主要な部品の交換を行い、治水安全度の向上を図ります。

 3つ目に、都市基盤が充実した快適なまちづくりとしまして、従来から継続して進めております徳重・名古屋芸大駅周辺まちづくり事業は、学識経験者や地元代表者による北名古屋市鉄道周辺まちづくり構想策定委員会を立ち上げ、目指すべきまちの将来像の設定やまちづくりの基本構想を策定し、本市の玄関口として、都市拠点にふさわしいまちづくりの実現に向けて推進いたします。

 鍜治ケ一色土地区画整理事業はおおむね完了の時期を迎えており、あわせて関連する西春北部環状線に街路樹の植樹を行い、都市基盤整備の仕上げを進めます。

 西春駅西土地区画整理事業も終盤を迎えております。残る西春駅西口駅前広場、2,300平米の整備工事を2カ年で施行し、事業の完了を図るとともに、駅周辺の交通体系を確立します。

 4つ目に、環境に優しい潤いのあるまちづくりとしまして、都市公園整備事業といたしまして鍜治ケ一色地内に整備する迎島公園は、平成24年度から着工し、3カ年で施行する予定であります。

 また、薬師寺地区では、五条川プロムナード計画に基づき緑地を整備し、散策路の景観性の向上を図ります。

 5つ目に、創造的で活力あるまちづくりといたしまして、企業誘致の取り組みにつきましては、地域産業の活性化に向けて企業立地戦略ビジョンを基本に、愛知県と連携を図りながら企業への支援策を講じてまいります。

 その1つとして、市内企業の市外流出を防ぐ産業の空洞化対策として、工場の新設や増設などを行う企業に対して奨励金を交付する新たな条例整備を行います。

 また、沖村六反周辺地区開発推進事業は、企業誘致を図るための新たな工業系市街地整備の事業化に向け、これまでの基本構想や現地測量などをもとに、地権者検討会を開催しながら、区画整理設計、都市計画決定図書作成及び想定換地の検討を行います。

 6つ目に、豊かな心をはぐくみ文化の薫るまちづくりとしまして、学校教育では、新たな施策として市民協働による学び支援推進事業を確立します。

 まず、小学校3校に学校運営協議会制度の導入に向け準備を進めます。保護者や地域住民などが学校運営にかかわり、協働して子供たちの学びを支えていくことにより、子供たちの生き抜く力、学力の向上を目指します。加えて、この事業と並行して新たに進める地域・家庭への支援活動等を行う地域・家庭・学校の連携による教育支援推進事業と連携させることにより、家庭の教育力の向上、地域のきずなの強化などの成果が期待されます。

 小・中学校の施設整備事業については計画的に実施しておりますが、小・中学校のプールでは、塗装のはがれやろ過機の老朽化により藻が発生している学校があり、児童の安全性や良好な水質の確保が難しいため、師勝南小学校と師勝北小学校ではプール塗装工事、白木中学校ではプールろ過機整備工事を行います。

 また、文化勤労会館は、平成4年に開館し、空調、舞台照明、音響などの設備の経年劣化が激しいため、平成24年、25年度の継続費として大規模な改修整備工事を行います。東図書館も平成2年に開館し、空調設備や外壁の経年劣化が激しいため、改修整備事業を行います。

 そして、大きなプロジェクトの一つであります(仮称)多目的運動場建設事業のため、その用地取得費用を計上しております。現在の市民グラウンドは、清掃工場の建設予定地となるため、平成27年度から使用できなくなります。その市民グラウンドにかわる市民の新たなスポーツ・レクリエーション活動の場を確保するため、建設に着手するものでございます。

 次に特別会計でございますが、国民健康保険特別会計へは、高齢化の進展や医療技術の高度化により1人当たり医療費が増加しているため、平成23年度から2億円増額した8億円を一般会計から繰り入れるものでございます。医療費を抑制し、健全な財政運営を行うため、定期的な健康診査を受けることを勧めるなど、一人一人が健康管理に努め、健康維持への意識を高める努力を続けてまいります。

 後期高齢者医療特別会計は、後期高齢者医療制度に係るもので、保険料、広域連合への納付金、納付書の印刷や保険証の交付などの事務を行ってまいります。

 介護保険特別会計では、平成24年度から第4期介護保険事業計画を見直した第5期介護保険事業計画に基づいて、今後3年間の被保険者の増加、介護給付費の増加に対応できるよう適正な認定と給付を行うとともに、回想法事業を初めとした介護予防事業をさらに充実させます。

 西春駅西土地区画整理事業特別会計は、平成23年度末における事業進捗率は97.4%の見込みであり、平成25年度の事業完了に向けて大詰めとなる道路の調査設計、整地工事、仮設店舗解体工事、物件移転補償などを行ってまいります。

 公共事業下水道事業特別会計では、12.3ヘクタールの公共下水道汚水管の整備を進め、引き続き浄化センターと幹線管渠を整備する流域下水道建設費の一部を負担します。また、大雨による浸水被害を軽減するため、公共下水道雨水管の整備も継続して進めてまいります。

 以上、新年度の市政運営の方針と予算の概要を申し上げました。予算の執行に当たっては、厳しい財政状況を踏まえて、選択と集中による事業展開のもと、受益と負担の公平性の観点から事業の見直しを行うなど、経費の削減と事業の効率化を図り、最少の経費で最大の効果が得られるよう努めてまいります。

 平成24年度では、北名古屋市が持続的に発展するための施策として、幾つかの新しいプロジェクトを具体化いたしました。私の思い描く、だれもがいつまでも健康で生き生きと暮らせるまちづくりに向けて、停滞することなく前へ進んでいかなければなりません。一人一人が健康で元気に過ごすことができ、将来もその希望を持ち続けられることは、総合計画を達成するという目標に向かって前進するための必要な力でございます。そして、その目標に向かう道筋の途中には、財政を取り巻く諸条件や、国内政治の不確定な要因及び世界経済の不透明感など、さまざまな課題が山積みであります。将来的に明るい材料は見当たりませんが、私を初め職員一丸となって全力で市の発展のため取り組んでまいりますので、議員の皆様方、市民の皆様の一層のご理解とお力添えを賜ることをお願い申し上げまして、平成24年度、私の施政方針とさせていただきます。ご清聴ありがとうございました。



○議長(牧野孝治君)

 日程第5、議案第1号、平成23年度北名古屋市一般会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第1号

   平成23年度北名古屋市一般会計補正予算(第3号)について

 平成23年度北名古屋市一般会計補正予算(第3号)について議会の議決を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、長瀬財務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 長瀬財務部長。



◎財務部長(長瀬晴彦君)

 議案第1号、平成23年度北名古屋市一般会計補正予算(第3号)につきまして、ご説明を申し上げます。

 一般会計補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成23年度北名古屋市の一般会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2,281万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ229億6,856万2,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (繰越明許費)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費」による。

 (債務負担行為の補正)

 第3条 債務負担行為の変更は、「第3表 債務負担行為補正」による。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 この第3号補正予算につきましては、各事業の執行に伴う補助金等の確定、不用見込み額等の予算措置を主とした補正予算の編成とさせていただきました。

 歳入についてご説明をさせていただきますので、2ページをご覧ください。

 款1市税は、項1市民税で法人市民税2,500万円の減額、項4市たばこ税5,500万円を増額。

 款11分担金及び負担金は、保護者の所得低下により保育所運営費保護者負担金など540万円を減額。

 款12使用料及び手数料は、ごみの量の減少により、ごみ処理手数料など1,124万円を減額。

 款13国庫支出金は、項1国庫負担金で生活保護費の増加に伴い生活保護費負担金など1,007万7,000円を増額、項2国庫補助金で地域生活支援事業補助金など交付決定により2,230万9,000円を減額。

 款14県支出金は、項1県負担金で生活保護費負担金など698万5,000円を増額、項2県補助金で地域生活支援事業補助金、ワクチン接種促進事業費補助金など4,105万6,000円を減額。

 款15財産収入は、基金利子の収入413万1,000円を増額。

 款19諸収入は、プラスチック製容器包装再商品化配分金収入600万円を増額するものでございます。

 続きまして、歳出についてご説明を申し上げますので、3ページをご覧ください。

 款2総務費は、電子計算機等賃借料など不用見込み額1,101万1,000円を減額。

 款3民生費は、項1社会福祉費で国民健康保険特別会計への繰出金などを増額し、介護保険特別会計への繰出金などを減額した結果、1億1,091万1,000円の増額、項2児童福祉費で児童扶養手当など不用見込み額833万円を減額、項3生活保護費で生活保護の医療扶助の増加に伴い2,000万円を増額。

 款4衛生費は、項1保健衛生費で健診、予防接種など事業費の不用見込み額5,849万5,000円を減額、項2清掃費でごみ処理委託料及び資源分別収集事業費などの不用見込み額3,610万円を減額。

 款6農林水産費は、県営土地改良事業負担金などの不用見込み額580万3,000円を減額。

 款7商工費は、信用保証料等補助事業補助金の不用見込み額1,721万1,000円を減額。

 款8土木費は、項3河川費で排水路整備事業負担金などの不用見込み額1,006万4,000円を減額、項4都市計画費で街路事業費などの執行に伴う不用見込み額を減額いたしましたが、児童遊園敷地貸し主からの申し出により、土地購入費を計上したため1,555万円の増額。

 款10教育費は、IT教育支援事業費の事業執行に伴う不用見込み額336万円を減額。

 款12公債費は、利子の不用見込み額3,328万5,000円を減額。

 4ページをご覧ください。

 款13諸支出金は、各基金の利子及び歳計余剰金を財政調整基金に積み立てるため1,438万6,000円を増額するものでございます。

 続きまして、5ページをご覧ください。

 第2表 繰越明許費についてご説明いたします。

 この表の3つの事業につきましては、平成23年度に事業が完了しないため、平成24年度に繰り越して事業を行うため、繰越明許事業として設定させていただくものでございます。

 次に、第3表 債務負担行為補正についてご説明いたします。

 債務負担行為補正は、北名古屋市融資制度に係る愛知県信用保証協会への損失補償の期間を、平成24年度から35年度までとするものでございます。

 以上、簡単でございますけど、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第6、議案第2号、平成23年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第2号

   平成23年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について

 平成23年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について議会の議決を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、池田市民健康部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 池田市民健康部長。



◎市民健康部長(池田正敏君)

 議案第2号、平成23年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成23年度北名古屋市の国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億3,574万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ79億8,242万8,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入につきましてご説明をさせていただきます。

 2ページをご覧いただきたいと存じます。

 款3国庫支出金につきましては、療養給付費等負担金と普通調整交付金で、対象経費である保険給付費の歳出を勘案し、4,510万円の増額計上をいたしました。

 款4療養給付費等交付金につきましては、退職者医療費交付金過年度分の交付決定に伴い705万3,000円の増額計上をいたしました。

 款7共同事業交付金につきましては、高額医療費共同事業交付金と保険財政共同安定化事業交付金の1月末交付状況から見込み、5,371万1,000円を減額。

 款9繰入金につきましては、一般会計繰入金より、財源不足を1億3,730万円の増額を計上いたしました。

 次に、歳出についてご説明させていただきます。

 3ページをご覧ください。

 款2保険給付費につきましては、1月末の決算見込みに伴い、一般被保険者療養費で4,060万円、一般被保険者高額療養費で740万円を増額。

 款10諸支出金につきましては、平成22年度の国県支出金返還金として8,774万2,000円の増額計上をいたしました。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第7、議案第3号、平成23年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第3号

   平成23年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について

 平成23年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について議会の議決を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、池田市民健康部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 池田市民健康部長。



◎市民健康部長(池田正敏君)

 議案第3号、平成23年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)につきまして、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成23年度北名古屋市の後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ201万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6億6,612万1,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入につきましてご説明をさせていただきます。

 2ページをご覧ください。

 款1後期高齢者医療保険料につきましては、調定及び収納見込みを勘案し、320万円を減額。

 款2繰入金につきましては、保険基盤安定繰入金の確定に伴い118万1,000円の増額計上をいたしました。

 次に、歳出についてご説明させていただきます。

 3ページをご覧ください。

 款2後期高齢者医療広域連合納付金は、保険料などの減額に伴い201万9,000円の減額計上をいたしました。

 以上、簡単ではございますが説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第8、議案第4号、平成23年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第4号

   平成23年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第2号)について

 平成23年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第2号)について議会の議決を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、清水福祉部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 清水福祉部長。



◎福祉部長(清水孝司君)

 議案第4号、平成23年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧いただきたいと存じます。

 平成23年度北名古屋市の介護保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億6,357万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ36億1,396万3,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (繰越明許費)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費」による。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入につきましてご説明いたします。

 2ページをご覧いただきたいと存じます。

 款1保険料につきましては、第1号被保険者保険料の決算見込みにより1,200万円を減額計上いたしました。

 款2国庫支出金につきましては、保険給付費の減額に伴い、国庫負担金、国庫補助金合わせて4,075万円を減額計上いたしました。

 款3支払基金交付金につきましても、保険給付費の減額に伴い5,780万円を減額計上いたしました。

 款4県支出金につきましても同様に、保険給付費の減額に伴い、県負担金、県補助金合わせて3,007万円を減額計上いたしました。

 款5財産収入につきましては、利子及び配当金として、55万1,000円を増額計上いたしました。

 款6繰入金につきましては、保険給付費の減額に伴い、一般会計繰入金2,407万円を減額計上いたしました。

 款8諸収入につきましては、第三者納付金といたしまして56万1,000円を増額計上いたしました。

 続きまして、歳出についてご説明いたします。

 3ページをご覧いただきたいと存じます。

 款1総務費につきましては、介護システムの修正委託料といたしまして1,200万円を増額計上いたしました。この介護システムの修正につきましては、平成24年度にかけての継続事業となりまして、繰越明許費となるものでございます。

 款2保険給付費につきましては、各種給付費の決算見込みから合わせて1億9,000万円を減額計上いたしました。

 款3地域支援事業費につきましては、職員体制の見直しにより、介護予防事業費300万円を減額計上いたしました。

 款4基金積立金につきましては2,065万6,000円を増額計上いたしました。

 その結果、介護給付準備基金の積立額は1億2,087万円となるものでございます。

 款5諸支出金につきましては、介護従事者処遇改善臨時特例基金に係る償還金といたしまして323万4,000円を減額計上いたしました。

 以上、簡単でございますが説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第9、議案第5号、平成23年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第5号

   平成23年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について

 平成23年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について議会の議決を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、日置建設部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いします。



○議長(牧野孝治君)

 日置建設部長。



◎建設部長(日置英治君)

 議案第5号、平成23年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成23年度北名古屋市の西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ600万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億6,351万1,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (繰越明許費)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費」による。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入から順次ご説明申し上げます。

 2ページをご覧ください。

 款1公共施設管理者負担金は、事業費の減額に伴い、市からの負担金600万円を減額いたしました。

 次に、歳出についてご説明いたします。

 3ページをご覧ください。

 款2事業費につきましては、物件移転補償費の残金600万円を減額いたしました。

 最後に、繰越明許費についてご説明いたします。

 4ページをご覧ください。

 繰越明許費は、駅前開発事業費のうち建物移転補償費として1,170万円を翌年度に繰り越しするものでございます。

 以上、簡単ではございますが説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第10、議案第6号、平成23年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第6号

   平成23年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について

 平成23年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について議会の議決を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、日置建設部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 日置建設部長。



◎建設部長(日置英治君)

 議案第6号、平成23年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成23年度北名古屋市の公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,820万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ19億4,699万5,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (地方債の補正)

 第2条 地方債の変更は、「第2表 地方債補正」による。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入から順次ご説明いたします。

 2ページをご覧ください。

 款7市債では、流域下水道建設事業の起債対象事業費の減額により、流域下水道整備事業債3,820万円を減額計上いたしました。

 なお、地方債の補正の内容につきましては、4ページの「第2表 地方債補正」のとおりでございます。

 次に、歳出についてご説明いたします。

 3ページをご覧ください。

 款2下水道建設費では、流域下水道建設事業の建設負担金の減少により、3,820万円を減額計上いたしました。

 以上、簡単ではございますがご説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第11、議案第7号、平成24年度北名古屋市一般会計予算についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第7号

   平成24年度北名古屋市一般会計予算について

 平成24年度北名古屋市一般会計予算について議会の議決を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、長瀬財務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 長瀬財務部長。



◎財務部長(長瀬晴彦君)

 議案第7号、平成24年度北名古屋市一般会計予算につきましてご説明を申し上げます。

 予算書の1ページをご覧ください。

 平成24年度北名古屋市の一般会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ239億2,200万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (継続費)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第212条第1項の規定による継続費の経費の総額及び年割額は、「第2表 継続費」による。

 (債務負担行為)

 第3条 地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第3表 債務負担行為」による。

 (地方債)

 第4条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第4表 地方債」による。

 (一時借入金)

 第5条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は、20億円と定める。

 (歳出予算の流用)

 第6条 地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)各項に計上した給料、職員手当等及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 予算の内容につきまして、ご説明をさせていただきます。

 なお、説明につきましては、主な項目のみとさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 2ページをご覧ください。

 まず、歳入をご説明させていただきます。

 款1市税は121億9,070万円で、前年度比2,430万円を減額いたしました。以下、増減につきましては、平成23年度当初予算との比較でございますので、よろしくお願いいたします。

 項1市民税は55億1,240万円、項2固定資産税は52億4,690万円、項3軽自動車税は1億20万円、項4市たばこ税は5億9,000万円、項5都市計画税は7億4,120万円を計上いたしました。

 市税の積算内容は、別冊予算資料の16ページ以降に掲載しておりますので、ご参照していただきたいと思います。

 款2地方譲与税は2億1,500万円、款3利子割交付金は3,900万円、款4配当割交付金は2,800万円、款5株式等譲渡所得割交付金は700万円、款6地方消費税交付金は7億8,800万円、款7自動車取得税交付金は1億3,000万円をそれぞれ景気の動向、実績を考慮し計上いたしました。

 3ページをご覧ください。

 款8地方特例交付金は6,300万円で、住宅ローン減税補てん分の計上でございます。

 款9地方交付税は14億円で、地方財政計画及び交付実績から4億5,000万円を増額しました。

 款10交通安全対策特別交付金は1,600万円、款11分担金及び負担金は3億2,432万9,000円で、主なものは保育所運営費保護者負担金3億1,847万5,000円でございます。

 款12使用料及び手数料は3億6,116万7,000円で、主なものはごみ処理手数料1億9,500万円、道路占用料3,725万円、自転車駐車場使用料2,626万4,000円などでございます。

 款13国庫支出金は26億983万4,000円で、4億6,592万6,000円の減額。これは制度改正によります子ども手当費負担金が5億8,247万4,000円の減額で、11億8,056万6,000円でございます。そのほか主なものといたしまして、障害者自立支援法負担金2億7,329万円、生活保護費負担金6億3,750万円などでございます。

 款14県支出金は13億625万円で、主なものは国民健康保険基盤安定負担金1億290万円、障害者自立支援法負担金1億3,664万5,000円、子ども手当費負担金2億4,436万6,000円、福祉医療費補助金2億9,597万7,000円などでございます。

 4ページをご覧ください。

 款15財産収入は4,411万6,000円、款16寄附金は100万円、款17繰入金は3億5,650万1,000円で、1億6,310万円の減額で、財政調整基金から3億5,300万円を繰り入れております。

 款18繰越金は5億円で、前年と同額といたしました。

 款19諸収入は7億9,610万3,000円で、主なものといたしまして、商工業預託金元金1億5,600万円、給食材料費児童生徒等負担金3億6,731万8,000円などでございます。

 款20市債は27億4,600万円で、12億2,200万円の増額で、その内容につきましては、第4表 地方債でご説明をさせていただきます。

 続きまして、歳出のほうをご説明させていただきます。

 5ページをご覧ください。

 款1議会費は3億916万5,000円で、3,319万4,000円の減額、議員共済会負担金率の減少でございます。

 款2総務費は24億6,610万3,000円で、2億3,020万3,000円の減額。主なものといたしましては、両庁舎のエレベーター制御リニューアル等の庁舎整備費3,950万円、電子計算費2億3,259万1,000円、安心・安全パトロール委託等の防犯対策費に6,693万8,000円、市内循環バス事業費6,114万円、自治会振興費7,966万円などでございます。

 款3民生費は98億1,902万円で、9,714万2,000円の増額。子ども手当は制度改正により5億3,636万円を減額しておりますが、国民健康保険特別会計への繰出金は2億円を増額して8億円、子ども医療費の一部無料化により6,999万2,000円増額して、子ども医療扶助費3億2,999万2000円、児童センター建設事業費に1億1,756万7,000円、生活保護費1億3,000万円を増額し8億5,000万円などによるものでございます。そのほか病児・病後児保育事業730万8,000円、中之郷保育園耐震補強工事など児童福祉施設整備事業費6,384万5,000円などでございます。

 款4衛生費は27億3,367万3,000円で、健康診査事業費に1億3,626万6,000円、新たに実施いたします高齢者肺炎球菌ワクチン、ロタウイルスワクチンの接種を含みます予防接種事業費2億1,531万2,000円、母子保健事業費1億1,313万8,000円、食の安全を確保の視点から放射能物質検査器購入費300万円、名古屋市へごみ処理委託料6億1,000万円、北名古屋衛生組合への負担金6億5,390万4,000円などでございます。

 款5労働費は1,444万6,000円で、職業訓練助成補助金500万円などでございます。

 6ページをご覧ください。

 款6農林水産費は1億4,827万6,000円で、水利施設管理費4,584万円などでございます。

 款7商工費は2億8,318万2,000円で、商工業振興資金預託金1億5,000万円、信用保証料等補助事業補助金2,388万円などでございます。

 款8土木費は21億1,143万1,000円で、道路橋梁の管理・新設改良事業費3億9,982万9,000円、雨水対策事業費1億2,250万円、駅前街路事業費1億5071万4,000円、電車川排水機場の設備更新7,300万円、公共下水道事業特別会計への繰出金4億6,200万円などでございます。

 款9消防費は8億1,559万1,000円で、西春日井広域事務組合負担金6億9,662万円などでございます。

 款10教育費は37億6,485万円で、12億7,178万1,000円の増額。学び支援事業費に1億533万2,000円、市民協働による学び支援推進事業等に687万3,000円、小・中学校施設整備事業費に1億3,787万7,000円、文化勤労会館整備事業費に4億1,042万円、図書館整備事業費に5,970万円、(仮称)多目的運動場建設事業費に8億6,621万6,000円などでございます。

 款11災害復旧費は1,000円。

 7ページをご覧ください。

 款12公債費は14億2,324万3,000円でございます。

 款13諸支出金は301万9,000円で、各基金の運用益を積み立てるものでございます。

 款14予備費は3,000万円でございます。

 次に、8ページをご覧ください。

 第2表 継続費についてご説明いたします。

 款2総務費の固定資産税賦課費は平成27年度の土地の評価替えに向けた3年間の業務委託、款3民生費の児童センター建設事業費は2年間で施設を建設、款10教育費の文化勤労会館整備事業費は2年間で施設の改修を行うもので、それぞれ継続費として設定させていただくものでございます。

 第3表 債務負担行為につきましてご説明いたします。

 都市計画街路用地(師勝環状線)及び能田中央公園用地を尾張土地開発公社に先行取得していただくための債務保証と、北名古屋市がその用地を再取得するために設定するものでございます。

 次に、9ページをご覧ください。

 第4表 地方債についてご説明申します。

 起債の目的、限度額は、合併特例債を12億2,800万円、庁舎整備事業で2,500万円、河川改良事業で2,000万円、地方道路等整備事業で1,600万円、文化勤労会館整備事業で2億7,700万円、図書館整備事業で4,000万円、臨時財政対策債を11億4,000万円の合計27億4,600万円を、それぞれ2.5%以内の利率で借り入れるものでございます。

 なお、予算の詳細につきましては、別冊で予算資料を添付させていただいておりますので、ご参照いただきたいと存じます。

 以上、簡単でございますが、一般会計予算の説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 ここで一たん休憩いたします。

 休憩後の再開は11時20分といたしますので、定刻までに議場へご参集くださるようお願いいたします。それでは一たん休憩いたします。



             (午前11時10分 休  憩)





             (午前11時20分 再  開)





○議長(牧野孝治君)

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 日程第12、議案第8号、平成24年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第8号

   平成24年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算について

 平成24年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算について議会の議決を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、池田市民健康部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 池田市民健康部長。



◎市民健康部長(池田正敏君)

 議案第8号、平成24年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算につきまして、内容をご説明申し上げます。

 国民健康保険特別会計予算書の1ページをご覧ください。

 平成24年度北名古屋市の国民健康保険特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ81億8,000万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (歳出予算の流用)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合におけるこれらの経費の各項の間の流用。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入につきましてご説明をさせていただきます。

 2ページをご覧ください。

 款1国民健康保険税につきましては、歳出の88.74%を占める保険給付費、後期高齢者支援金等、介護納付金を勘案し、19億2,600万円を計上いたしました。

 款2使用料及び手数料は3万円、款3国庫支出金につきましては16億9,000万円で、項1国庫負担金は、保険給付費、後期高齢者支援金及び介護納付金等の実績を勘案し15億8,880万円、項2国庫補助金は、財政調整交付金及び保健事業補助金の計1億120万円を計上いたしました。

 款4療養給付費等交付金につきましては、退職者医療費の状況を勘案いたしまして5億4,980万円を計上いたしました。

 款5前期高齢者交付金につきましては、前期高齢者の加入率により交付されるもので20億8,000万円を計上いたしました。

 款6県支出金につきましては3億4,740万円で、項1県負担金は、高額医療費共同事業負担金及び特定健康診査等負担金の計4,840万円を、項2県補助金は、福祉医療の波及に伴います補助金及び財政調整交付金の計2億9,900万円を計上いたしました。

 款7共同事業交付金につきましては、対象となる高額な医療費の状況を見込み7億5,200万円を計上いたしました。

 款8財産収入は1,000円、款9繰入金につきましては、他会計繰入金8億円を計上いたしました。

 3ページをご覧ください。

 款10繰越金は100万円、款11諸収入につきましては、項1延滞金、加算金及び過料から項3雑入で3,376万9,000円を計上いたしました。

 次に、歳出についてご説明させていただきます。

 4ページをご覧ください。

 款1総務費につきましては3,570万円で、項1総務管理費は3,036万1,000円、項2徴税費は493万円、項3運営協議会費は16万2,000円、項4趣旨普及費は24万7,000円を計上いたしました。

 款2保険給付費につきましては、被保険者を2万4,300人、1万3,340世帯と見込み、55億6,800万円で、項1療養諸費は49億7,150万円、項2高額療養費は5億2,937万円、項3移送費は9万8,000円、項4出産育児諸費は6,003万2,000円、項5葬祭諸費は700万円を計上いたしました。

 款3後期高齢者支援金等は12億3,711万円、款4前期高齢者納付金等は391万円、款5老人保健拠出金は287万円、款6介護納付金は4億5,400万円を計上いたしました。

 5ページをご覧ください。

 款7共同事業拠出金は8億100万円、款8保健事業費は5,173万4,000円で、項1保健事業費は215万7,000円、項2特定健康診査等事業費は4,957万7,000円を計上いたしました。

 款9基金積立金は1,000円、款10諸支出金につきましては、項1償還金及び還付加算金で567万5,000円を計上いたしました。

 款11予備費につきましては、2,000万円を計上いたしました。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第13、議案第9号、平成24年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第9号

   平成24年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算について

 平成24年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算について議会の議決を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、池田市民健康部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 池田市民健康部長。



◎市民健康部長(池田正敏君)

 議案第9号、平成24年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算につきまして、内容をご説明申し上げます。

 後期高齢者医療特別会計予算書の1ページをご覧ください。

 平成24年度北名古屋市の後期高齢者医療特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ7億1,000万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入につきましてご説明申し上げます。

 2ページをご覧ください。

 款1後期高齢者医療保険料につきましては、被保険者を7,100人と見込み、5億9,950万円を計上いたしました。

 款2繰入金につきましては、一般会計の繰入金で均等割額に係る保険料軽減額及び事務費として1億493万円を計上いたしました。

 款3繰越金は380万円、款4諸収入につきましては、項1延滞金、加算金及び過料から項4雑入まで177万円を計上いたしました。

 次に、歳出についてご説明申し上げます。

 3ページをご覧ください。

 款1総務費につきましては2,293万円で、項1総務管理費は2,147万6,000円を、項2徴収費では145万4,000円を計上いたしました。

 款2後期高齢者医療広域連合納付金につきましては、6億8,441万1,000円を計上いたしました。

 款3諸支出金につきましては265万9,000円で、項1償還金及び還付加算金、並びに項2繰出金でございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第14、議案第10号、平成24年度北名古屋市介護保険特別会計予算についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第10号

   平成24年度北名古屋市介護保険特別会計予算について

 平成24年度北名古屋市介護保険特別会計予算について議会の議決を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、清水福祉部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 清水福祉部長。



◎福祉部長(清水孝司君)

 議案第10号、平成24年度北名古屋市介護保険特別会計予算につきまして、内容をご説明申し上げます。

 介護保険特別会計予算書の1ページをご覧いただきたいと存じます。

 平成24年度北名古屋市の介護保険特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ37億3,500万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (歳出予算の流用)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合におけるこれらの経費の各項の間の流用。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入につきましてご説明いたします。

 2ページ及び3ページをご覧いただきたいと存じます。

 款1保険料につきましては、第5期介護保険事業計画の初年度(1年目)に当たりますが、第1号被保険者の介護保険料の見直し、また被保険者数の見込みにより前年度より22.92%、1億7,648万6,000円増の9億4,646万7,000円を計上いたしました。

 款2国庫支出金につきましては6億4,193万9,000円で、項1国庫負担金につきましては、保険給付費の施設等給付分の15%と居宅給付分の20%を合わせて6億1,313万6,000円を、項2国庫補助金につきましては、介護予防事業費の25%と包括的支援事業・任意事業費の39.5%を地域支援事業交付金いたしまして2,880万3,000円を計上いたしました。

 款3支払基金交付金につきましては10億5,062万円で、第2号被保険者に係る負担分として保険給付費と介護予防事業費の30%を計上いたしました。

 款4県支出金につきましては5億5,123万3,000円で、項1県負担金につきましては、保険給付費の施設等給付分の17.5%、居宅給付分の12.5%を合わせて5億1,502万6,000円を、項2県補助金につきましては、介護予防事業費の12.5%と包括的支援事業費・任意事業費の19.75%を合わせて3,620万7,000円を計上いたしました。

 款5財産収入につきましては、介護給付準備基金の利子2万6,000円を計上いたしました。

 款6繰入金につきましては、一般会計繰入金として保険給付費と介護予防事業費の12.5%、包括的支援事業費・任意事業費の19.75%、その他一般会計繰入金を合わせて4億9,350万2,000円を計上いたしました。

 款7繰越金につきましては、平成23年度の決算見込みにより5,000万円を計上いたしました。

 款8諸収入につきましては121万3,000円で、項1延滞金、加算金及び過料を10万円、項2預金利子は科目設定で1,000円、項3雑入につきましては還付未済金、地域支援事業利用者負担金、後見人申し立て費用戻し入れ及び在宅介護者支援金過年度返還金といたしまして111万2,000円を計上いたしました。

 続きまして、歳出についてご説明いたします。

 4ページと5ページをご覧いただきたいと存じます。

 款1総務費につきましては、総務管理費、徴収費、介護認定審査会費及び趣旨普及費といたしまして、合わせて4,519万3,000円を計上いたしました。

 款2保険給付費につきましては、事業実績に基づき34億7,127万円を計上いたしました。

 項1介護サービス等諸費といたしまして31億3,580万2,000円、項2介護予防サービス等諸費といたしまして1億5,901万4,000円、項3その他諸費といたしまして342万9,000円、項4高額介護サービス費といたしまして5,215万8,000円、項5高額医療合算介護サービス費といたしまして926万6,000円、そして項6特定入所者介護サービス費といたしまして1億1,160万1,000円を計上いたしました。

 款3地域支援事業費につきましては8,447万8,000円で、項1介護予防事業費につきましては3,104万9,000円、項2包括的支援事業・任意事業費につきましては5,342万9,000円を計上いたしました。

 款4基金積立金につきましては、介護給付準備基金及び利子の積み立てといたしまして1億17万9,000円を計上いたしました。

 款5諸支出金につきましては388万円で、項1償還金及び還付加算金は387万9,000円、項2繰出金は科目設定で1,000円を計上いたしました。

 款6予備費につきましては、保険給付費の1%弱、3,000万円を計上いたしました。

 以上、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第15、議案第11号、平成24年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第11号

   平成24年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算について

 平成24年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算について議会の議決を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、日置建設部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 日置建設部長。



◎建設部長(日置英治君)

 議案第11号、平成24年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算について、内容をご説明いたします。

 予算書の1ページをご覧ください。

 平成24年度北名古屋市の西春駅西土地区画整理事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ7,700万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入から順次ご説明をいたします。

 2ページをご覧ください。

 款1使用料及び手数料は、仮換地の証明書発行に伴う手数料1,000円を計上いたしました。

 款2繰入金は、一般会計からの繰入金7,599万7,000円を計上いたしました。

 款3繰越金は、前年度の繰越金100万円を計上いたしました。

 款4諸収入は、預金利子1,000円と事業計画概要版売払代金1,000円の計2,000円を計上いたしました。

 次に、歳出について説明をいたします。

 3ページをご覧ください。

 款1総務費は、土地区画整理事業に係る事務費として31万4,000円を計上いたしました。

 款2事業費は6,058万1,000円を計上し、その主なものといたしまして、工事請負費で区画道路の整備、仮設店舗の解体費等で2,260万円、物件等の移転補償費3,524万円でございます。

 款3公債費は1,410万5,000円を計上し、その内訳は起債元金1,159万1,000円と起債に対する利子251万4,000円でございます。

 款4諸支出金は、一般会計への繰出金として100万円を計上いたしました。

 款5予備費は100万円を計上いたしました。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第16、議案第12号、平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第12号

   平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算について

 平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算について議会の議決を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、日置建設部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 日置建設部長。



◎建設部長(日置英治君)

 議案第12号、平成24年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算について、内容をご説明申し上げます。

 予算書の1ページをご覧ください。

 平成24年度北名古屋市の公共下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ22億1,500万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (継続費)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第212条第1項の規定による継続費の経費の総額及び年割額は、「第2表 継続費」による。

 (地方債)

 第3条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第3表 地方債」による。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入から順次ご説明いたします。

 2ページをご覧ください。

 款1分担金及び負担金では、公共下水道工事に充てるための公共下水道区域外流入分担金、公共下水道事業受益者負担金及び北名古屋水道企業団舗装復旧費負担金1億1,502万5,000円を計上いたしました。

 款2使用料及び手数料では、公共下水道の利用者による下水道使用料や指定工事店の申請手数料など2億1,860万5,000円を計上いたしました。

 款3国庫支出金では、公共下水道工事や設計委託費などに対する補助金として4億50万円を計上いたしました。

 款4繰入金では、一般会計からの繰入金4億6,200万円を計上いたしました。

 款5繰越金では100万円を計上いたしました。

 款6諸収入では、平成23年度分の工事等に対する消費税等還付金など3,307万円を計上いたしました。

 款7市債では、公共下水道の整備や流域下水道建設負担金に充てるため、整備事業債として9億8,480万円を計上いたしました。

 次に歳出についてご説明いたします。

 3ページをご覧ください。

 款1総務費では2億5,685万1,000円を計上、その主なものは、新川東部浄化センターの維持管理に伴う下水道維持管理費でございます。

 款2下水道建設費では16億2,475万7,000円を計上、その内訳は、約12ヘクタールの汚水整備事業費11億4,620万9,000円、雨水整備事業費1億3,920万円、流域下水道の整備に伴う負担金3億3,934万8,000円を計上いたしました。

 款3公債費では、市債の元利償還金3億3,139万2,000円を計上いたしました。

 款4諸支出金では、前年度繰越金を一般会計へ繰り出すための100万円を計上いたしました。

 款5予備費では100万円を計上いたしました。

 次に、4ページをご覧ください。

 第2表 継続費についてご説明いたします。

 款2下水道建設費の公共下水道(汚水)整備事業費のうち、下水道幹線管渠を2年間で施行するもので、継続費として設定させていただくものでございます。

 第3表 地方債についてご説明いたします。

 地方債は、公共下水道整備事業の限度額を6億4,560万円、流域下水道整備事業の限度額を3億3,920万円とし、いずれも年2.5%以内の利率で借り入れるものでございます。

 以上、簡単ではございますが、ご説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第17、議案第13号、北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給料の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第13号

   北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給料の特例に関する条例の制定について

 北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給料の特例に関する条例を別紙のとおり定めるものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、現下の厳しい市の財政状況にかんがみ、市長及び副市長の給料を時限的に減額する特例措置を講じることに伴い、本条例を定めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第13号、北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給料の特例に関する条例の制定につきまして、ご説明を申し上げます。

 本案は、本年1月に北名古屋市特別職報酬等審議会から出されました、現在の厳しい財政状況など、北名古屋市を取り巻く諸事情をかんがみた答申を受け、市としましてもその必要があると判断し、市長及び副市長の給料を時限的に引き下げるものでございます。

 新たに制定する条例は、現在の市長の給料月額を93万円から90万円に、副市長の給料月額を76万円から73万5,000円に、平成24年度に限り引き下げを行う内容でございます。

 以上、簡単でございますがご説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第18、議案第14号、北名古屋市教育長の給料の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第14号

   北名古屋市教育長の給料の特例に関する条例の制定について

 北名古屋市教育長の給料の特例に関する条例を別紙のとおり定めるものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、現下の厳しい市の財政状況にかんがみ、教育長の給料を時限的に減額する特例措置を講じることに伴い、本条例を定めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第14号、北名古屋市教育長の給料の特例に関する条例の制定につきまして、ご説明を申し上げます。

 本案は、市長、副市長と同様に、北名古屋市特別職報酬等審議会から出されました、北名古屋市を取り巻く諸事情をかんがみた答申を受け、市としましてもその必要性があると判断し、教育長の給料を時限的に引き下げるものでございます。

 新たに制定する条例は、現在の教育長の給料月額を62万円から60万円に、平成24年度に限り引き下げを行う内容でございます。

 以上、簡単でございますがご説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第19、議案第15号、北名古屋市議会の議員の議員報酬の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第15号

   北名古屋市議会の議員の議員報酬の特例に関する条例の制定について

 北名古屋市議会の議員の議員報酬の特例に関する条例を別紙のとおり定めるものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、現下の厳しい市の財政状況にかんがみ、議長、副議長及び議員の議員報酬を時限的に減額する特例措置を講じることに伴い、本条例を定めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いします。



○議長(牧野孝治君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第15号、北名古屋市議会の議員の議員報酬の特例に関する条例の制定につきまして、ご説明を申し上げます。

 本案は、市長、副市長及び教育長と同様に、北名古屋市特別職報酬等審議会からの北名古屋市を取り巻く諸事情をかんがみた答申を受け、市としましてもその必要性があると判断し、議長、副議長及び議員の議員報酬について時限的に引き下げる条例を提示するものでございます。

 新たに制定する条例は、現在の議長の議員報酬を月額52万円から月額50万円に、副議長の議員報酬を月額43万円から月額42万円に、議員の議員報酬を月額41万円から40万円に、平成24年度に限り引き下げを行うものでございます。

 以上、簡単でございますが、ご説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 ここで一たん休憩といたします。

 休憩後の再開は午後1時30分といたしますので、定刻までに議場へご参集くださるようお願いいたします。それでは一たん休憩といたします。



             (午前11時55分 休  憩)





             (午後1時30分 再  開)





○議長(牧野孝治君)

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 ここで、岩越総務部長より発言の申し出がありますので、これを許可します。

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 午前中の議案第14号の北名古屋市教育長の給料の特例に関する条例の制定につきまして、訂正をさせていただきます。

 ご説明の中で、教育長の給料月額を62万円から60万円ということでご説明しましたが間違いでございまして、68万円から66万円にということで訂正のほうをよろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 日程第20、議案第16号、平成24年度における固定資産税等に係る納期の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第16号

   平成24年度における固定資産税等に係る納期の特例に関する条例の制定について

 平成24年度における固定資産税等に係る納期の特例に関する条例を別紙のとおり定めるものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、地方税法の一部改正が見込まれるため、本条例を定める必要があるからでございます。

 内容につきましては、長瀬財務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いします。



○議長(牧野孝治君)

 長瀬財務部長。



◎財務部長(長瀬晴彦君)

 議案第16号、平成24年度における固定資産税等に係る納期の特例に関する条例の制定につきまして、ご説明を申し上げます。

 本案は、平成24年度に固定資産の評価替えが行われることから、地方税法の一部を改正する法律案が今国会に提出されており、改正が見込まれているところでございます。

 したがいまして、北名古屋市市税条例第67条第2項及び北名古屋市都市計画税条例第5条第2項の規定により、固定資産税及び都市計画税の第1期の納期を平成24年度に限り5月1日から5月31日までを納期とするよう変更するもので、この条例は平成24年4月1日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、ご説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第21、議案第17号、住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第17号

   住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

 住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例を別紙のとおり定めるものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴い、関係条例の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、池田市民健康部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いします。



○議長(牧野孝治君)

 池田市民健康部長。



◎市民健康部長(池田正敏君)

 議案第17号、住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴い、関連する6条例の関係条文を一括して改めるものでございます。

 内容につきましては、説明書を添付してございますので、その説明書に基づき説明させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

 初めに、本案条例の概要でありますが、平成21年7月に入管法等改正法、住民基本台帳法の一部を改正する法律が公布され、これにより外国人登録法は廃止となり、外国人住民は外国人登録原票による登録制度から、日本人と同じく住民基本台帳に記録される新たな制度に切りかわることになりました。

 また、この改正法の施行日が平成24年7月9日として政令で定められたことを受け、関連する6条例を一括して整理し、改めるものでございます。

 次に、逐条内容でございますが、第1条、北名古屋市行政組織条例の一部改正では、事務分掌中、「外国人登録」を「外国人住民在留管理及び特別永住者」に改め、第2条、北名古屋市印鑑条例の一部改正では、日本人と同様に住民基本台帳の対象者とするとともに、印鑑登録をする際の通称名や片仮名表記の取り扱い等を規定するものでございます。

 第3条、北名古屋市手数料条例の一部改正では、外国人登録法関係証明書の手数料等を削除し、第4条、北名古屋市住宅介護者支援金支給条例及び第5条、北名古屋市障害(児)者扶助料支給条例の一部改正では、外国人住民を住民基本台帳の対象者とする改正をするものでございます。

 最後に、第6条の北名古屋市下水道条例の一部改正では、指定の申請等における登録原票記載事項証明書を削除するものでございます。

 附則といたしまして、この条例は平成24年7月9日から施行するものでございます。

 また、印鑑条例で、外国人住民の印鑑登録に係る職権抹消、職権修正の取り扱いを定めております。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第22、議案第18号、北名古屋市企業立地促進条例の制定についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第18号

   北名古屋市企業立地促進条例の制定について

 北名古屋市企業立地促進条例を別紙のとおり定めるものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、市内に工場等を新増設する事業者に対し奨励措置を講じ、企業立地の促進、企業の流出防止及び雇用の拡大を図るため、本条例を定める必要があるからでございます。

 内容につきましては、日置建設部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 日置建設部長。



◎建設部長(日置英治君)

 議案第18号、北名古屋市企業立地促進条例の制定について、ご説明申し上げます。

 本案は、市内に工場等を新増設する事業者に対し奨励措置を講じ、企業立地の促進、企業の流出防止及び雇用の拡大を図るため制定するものでございます。

 条例は、第1条の目的から第11条の委任までの11カ条と附則で構成をしております。

 それでは、主な内容につきまして、順次ご説明申し上げます。

 第1条では、条例の制定に当たっての目的を定めております。

 第2条では、この条例で用いられる用語について定義しております。

 第3条では、奨励金の交付対象となる事業者等に対し、予算の範囲内において、規則で定める額を交付することができると定めております。

 第4条では、奨励金の交付対象となる事業者及び企業立地協力者についての要件を定めております。

 第5条では、重複受給の禁止について定めております。

 第6条では、奨励措置を受けようとする事業者等の認定申請及び可否決定について定めております。

 第7条では、認定された事業者等に対し、認定の取り消しについて定めております。

 第8条では、奨励金の交付の申請及び可否決定について定めております。

 第9条では、認定の取り消しを行った場合の奨励金の不交付及び返還について定めております。

 第10条では、認定事業者等に対して、必要な報告及び工場等への立入調査ができることを定めております。

 第11条では、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定めるとしております。

 また、附則で、この条例は平成24年4月1日から施行する旨を定めております。

 なお、参考資料といたしまして、条例施行規則と条例の概要を添付しておりますので、ご参照をいただきたいと思います。

 以上、簡単ではございますが説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第23、議案第19号、北名古屋市行政組織条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第19号

   北名古屋市行政組織条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市行政組織条例(平成18年北名古屋市条例第5号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、福祉部に家庭支援の拠点となる家庭支援課を設置するため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いします。



○議長(牧野孝治君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第19号、北名古屋市行政組織条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明を申し上げます。

 本案は、福祉部児童課が分掌していました要保護児童対策、母子家庭支援の事務と、教育部生涯学習課が分掌していました青少年の健全育成の事務に、家庭相談、子供・若者支援の事務を加え、家庭支援を包括的に担当する部署として、福祉部に家庭支援課を設置するため、本条例の一部を改めるものでございます。

 改正内容につきましては、福祉部の事務分掌に家庭支援に関することを加えるものでございます。

 この条例は平成24年4月1日から施行するものでございます。

 以上、簡単でございますがご説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第24、議案第20号、北名古屋市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第20号

   北名古屋市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例(平成18年北名古屋市条例第35号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、社団法人北名古屋市シルバー人材センター及び財団法人愛知県市町村振興協会が公益認定を受けて、公益法人に移行するため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第20号、北名古屋市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明を申し上げます。

 本案は、北名古屋市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例において、職員を派遣することができるとされている法人のうち、社団法人北名古屋市シルバー人材センター及び財団法人愛知県市町村振興協会が公益認定を受け、平成24年4月1日に公益法人に移行するため、本条例の法人名称の変更を行うものでございます。

 以上、簡単でございますがご説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第25、議案第21号、北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第21号

   北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成18年北名古屋市条例第38号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、4月1日を期日とした任用事務の実態に合わせた休暇付与期日に変更するため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いします。



○議長(牧野孝治君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第21号、北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明を申し上げます。

 本案は、北名古屋市職員の休暇の取得対象期間を年から年度に改めるため、所要の改正を行うものでございます。

 現在、職員の年次有給休暇は年ごとに付与されており、毎年1月から12月を基準としておりますが、職員の任用は4月に、退職は3月に行われることが多いため、休暇の取得期間もこれに合わせ年度ごとの4月から3月に改めるものでございます。

 また、あわせて年ごとに取得する日数を規定しているその他の休暇についても、取得対象期間を年度ごとに改めるものでございます。

 また、附則において施行期日を定めるとともに、移行に係る経過措置を定めております。

 以上、簡単でございますがご説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第26、議案第22号、北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第22号

   北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市職員の給与に関する条例(平成18年北名古屋市条例第49号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、職名の変更により職務の級を見直すことに伴い、本条例の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いをいたします。



○議長(牧野孝治君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第22号、北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明を申し上げます。

 本案は、北名古屋市職員の職名の変更に伴い、級別職務分類表の改正を行うものでございます。

 平成24年4月から、他団体との均衡を考慮し、主査の職名を課長補佐に改め、職員の意識改革をより一層促すための変更でございます。

 これに伴い、現在の主任の職を主査及び主任に分け、部長級、次長級、課長級を含め、1職1級制を確立し、職責と処遇を明確にするものでございます。

 また、職員を部長級への昇任させる際に、次長級の職員からの選考に限定せず、課長級からの登用をも想定し、職務の級が6級の職員が部長級に昇任した場合の職務の級について、他の職務の級への昇格との均衡を考慮し、定めたものでございます。

 以上、簡単でございますが、ご説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第27、議案第23号、北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第23号

   北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成18年北名古屋市条例第44号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、スポーツ振興法の全部改正に伴い、本条例の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第23号、北名古屋市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明を申し上げます。

 本案は、スポーツ振興法の全部改正によりスポーツ基本法が公布され、「体育指導委員」の名称が「スポーツ推進委員」に変更されたため、本条例の一部を改正するものでございます。

 以上、簡単でございますが、ご説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第28、議案第24号、北名古屋市基金条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第24号

   北名古屋市基金条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市基金条例(平成18年北名古屋市条例第64号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、介護従事者処遇改善臨時特例基金の廃止及び都市計画事業基金の設置のため、本条例の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、長瀬財務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 長瀬財務部長。



◎財務部長(長瀬晴彦君)

 議案第24号、北名古屋市基金条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、介護従事者処遇改善臨時特例基金の廃止及び都市計画事業基金の設置のため、本条例の一部を改正するものでございます。

 改正内容につきましては、介護従事者処遇改善臨時特例基金が平成23年度末をもって清算されるため廃止し、都市計画事業基金は今後の都市計画事業に対応するため基金を設置し、活用していくものでございます。

 なお、この条例は平成24年3月31日から施行するものでございます。

 ただし、都市計画事業基金につきましては、平成24年4月1日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第29、議案第25号、北名古屋市市税条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第25号

   北名古屋市市税条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市市税条例(平成18年北名古屋市条例第56号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律及び経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための地方税法及び地方法人特別税等に関する暫定措置法の一部を改正する法律が公布施行されたことに伴い、本条例の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、長瀬財務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 長瀬財務部長。



◎財務部長(長瀬晴彦君)

 議案第25号、北名古屋市市税条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明を申し上げます。

 本案は、東日本大震災からの復興に関し、地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律の制定及び経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための地方税法及び地方法人特別税等に関する暫定措置法の一部を改正する法律が公布施行されたことに伴いまして、関係条文を改めるものでございます。

 主な改正内容につきましては、北名古屋市市税条例の一部改正に関する説明書が添付してございますので、この説明書に基づいて説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 1の個人市民税関係では、(1)東日本大震災からの復興に伴う個人市民税の税率の特例による条文の追加でございます。

 これは、東日本大震災からの復興を図ることを目的として、東日本大震災復興基本法第2条に定める基本理念に基づき緊急に地方公共団体が実施する防災のための施策に要する財源を確保するために、臨時の措置として平成26年度から平成35年度までの各年度分の個人市民税の均等割の税率を500円加算するもので、現行3,000円から3,500円に改正するものでございます。

 (2)退職所得の分離課税に係る所得割の特例の廃止につきましては、昭和42年に退職所得に係る個人住民税が翌年度課税から現年度課税に変更された結果、従来よりも1年早く徴収されることになったため、当時の利息相当分を10%と定めて決定されたものでございますが、ここ10年ほどゼロ金利となっている最近の金利情勢などを踏まえ、平成25年1月1日から廃止するものでございます。

 2の市たばこ税につきましては、法人税率の引き下げにより法人住民税が減収となる一方で、県税である法人事業税は課税ベースの拡大により増収となるため、この増減を調整するために、県たばこ税を引き下げ、市たばこ税に移譲するもので、平成25年4月1日以後に売り渡し等が行われた製造たばこから、1,000本につき4,618円を5,262円に、旧3級品の紙巻きたばこの税率が1,000本につき2,190円を2,495円に改正するものでございます。

 3.その他、地方税法等の一部改正に伴い、所要の整備を行うものでございます。

 なお、改正後の条例は、別段の定めがあるものを除き、公布の日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第30、議案第26号、北名古屋市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第26号

   北名古屋市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市消防団員等公務災害補償条例(平成18年北名古屋市条例第142号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、障害者自立支援法の改正に伴い、本条例の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、大野防災環境部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いします。



○議長(牧野孝治君)

 大野防災環境部長。



◎防災環境部長(大野紀夫君)

 議案第26号、北名古屋市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、障害者自立支援法の改正に伴い、北名古屋市消防団員等が公務により一定の障害を有することとなった場合の補償について条例の一部を改正するものでございます。

 改正内容としましては、障害者自立支援法の参照条文の項がずれることに対応するものであります。なお、適用内容に変更はございません。

 この条例は平成24年4月1日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、ご説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第31、議案第27号、北名古屋市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第27号

   北名古屋市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市廃棄物の処理及び清掃に関する条例(平成18年北名古屋市条例第118号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、家庭系廃棄物から分別収集する資源物の持ち去り行為の防止を図るため、本条例の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、大野防災環境部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いします。



○議長(牧野孝治君)

 大野防災環境部長。



◎防災環境部長(大野紀夫君)

 議案第27号、北名古屋市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、家庭系廃棄物から分別収集する資源物の持ち去り行為の防止を図るため、関係条文を改めるものでございます。

 主な改正内容につきましては、第2条で、新たに資源物について、再利用を目的として家庭系廃棄物から分別収集するものと明記しております。

 第15条の2(収集又は運搬の禁止等)では、市及び市から収集、運搬の委託を受けた者以外のものは、資源物を収集し、または運搬してはならないこととし、第2項では、違反する行為を行った者に対し、当該行為を行わないように命ずることができるものとしております。

 なお、この条例は平成24年4月1日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第32、議案第28号、北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第28号

   北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市医療費支給条例(平成18年北名古屋市条例第116号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、子ども医療費の支給要件の拡大に伴い、本条例の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、池田市民健康部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いします。



○議長(牧野孝治君)

 池田市民健康部長。



◎市民健康部長(池田正敏君)

 議案第28号、北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、子ども医療費の支給要件につきまして、現在、就学児の通院費に係る医療費の自己負担の3分の2を申請に基づき助成をいたしておりましたが、8月診療分から、市民税の非課税世帯及び均等割のみを課税される世帯に限り、通院費に係る医療費の自己負担額を全額支給することに拡大するものでございます。

 附則として、この条例は平成24年8月1日から施行するもので、経過措置として、改正後の第8条第2項の規定は、平成24年8月1日以降に行われた医療に関する給付について適用し、同日前に行われた医療に関する給付については、なお従前の例とするものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第33、議案第29号、北名古屋市介護保険条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第29号

   北名古屋市介護保険条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市介護保険条例(平成18年北名古屋市条例第115号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、介護保険料率の見直しを行い、介護保険事業の適正な運営を図るため、本条例の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、清水福祉部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 清水福祉部長。



◎福祉部長(清水孝司君)

 議案第29号、北名古屋市介護保険条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、介護保険料率の見直しを行い、介護保険事業の適正な運営を図るため関係条文の一部を改めるものでございます。

 改正内容につきましては、今年度策定いたしました第5期介護保険事業計画に基づき、第1号被保険者の介護保険料を見直すことに伴い、第4条に規定いたします保険料率の改正を行うものでございます。

 第1号被保険者の新しい保険料につきましては、平成24年度から平成26年度までの3年間に係る保険給付費及び地域支援事業費の見込み額を推計試算し、これに第1号被保険者負担割合や予定保険料収納率、第1号被保険者数などを踏まえて算定した後、介護保険料の急激な上昇を少しでも抑制するため、介護給付準備基金と、県から交付される財政安定化基金拠出金の交付金を充て算出いたしました。

 保険料の基準額につきましては、第4条第4号に当たりますが、1月当たり4,316円、年額5万1,792円とさせていただくものでございます。

 附則第1項といたしまして、この条例は平成24年4月1日から施行し、附則第2項で、第4条の保険料率については平成24年度以降の年度分に適用する旨を、附則第3項では、保険料所得段階の第3段階で、公的年金等収入額及び合計所得金額の合計額が120万円以下に該当する者については、保険料を基準となる保険料率の0.65倍として3万3,664円に軽減するものでございます。

 さらに、附則第4項で、保険料所得段階の第4段階で公的年金等収入額及び合計所得金額の合計額が80万円以下に該当するものについては、保険料を基準となる保険料率の0.83倍として4万2,987円に軽減するものでございます。

 以上、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第34、議案第30号、北名古屋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第30号

   北名古屋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市児童クラブ設置条例(平成18年北名古屋市条例第104号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、師勝西児童クラブの定員等を変更することに伴い、本条例の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、清水福祉部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 清水福祉部長。



◎福祉部長(清水孝司君)

 議案第30号、北名古屋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、師勝西児童クラブの定員等の変更に伴い、関係条文の一部を改めるものでございます。

 改正内容につきましては、別表第1中「師勝西児童クラブ」を2つに分割し、名称を「師勝西ほほえみ児童クラブ」と「師勝西ゆめっ子児童クラブ」に、位置の括弧内「北名古屋市立師勝西小学校内」を「師勝西児童クラブ室内」に、定員をそれぞれ40人に改めるものでございます。

 附則といたしまして、この条例は平成24年4月1日から施行するものでございます。

 以上、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第35、議案第31号、北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第31号

   北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例(平成18年北名古屋市条例第105号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、師勝西小学校の校舎内で実施している児童クラブを、新たに設置する児童クラブ室で運営することに伴い、本条例の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、清水福祉部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 清水福祉部長。



◎福祉部長(清水孝司君)

 議案第31号、北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、現在、師勝西小学校の校舎内で実施している児童クラブを、新たに設置する児童クラブ室で管理・運営することに伴い、関係条文を改めるものでございます。

 改正内容につきましては、第3条の表に「師勝西児童クラブ室」の名称と、位置として「北名古屋市鹿田清水64番地」を加え、第4条の対象者では、クラブ室を利用できるものとして、土曜日に集中方式で児童クラブを実施することに対応するため、北名古屋市児童クラブ設置条例第4条第1項の規定により、別表第1に掲げる児童クラブの承認を受けた児童に改めるものでございます。

 附則といたしまして、この条例は平成24年4月1日から施行するものでございます。

 以上、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第36、議案第32号、北名古屋市病後児保育施設の設置及び管理に関する条例を廃止する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第32号

   北名古屋市病後児保育施設の設置及び管理に関する条例を廃止する条例について

 北名古屋市病後児保育施設の設置及び管理に関する条例を廃止する条例を別紙のとおり定めるものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、病児・病後児保育事業を民間委託により実施することに伴い、病後児保育施設を廃止するため、本条例を定める必要があるからでございます。

 内容につきましては、清水福祉部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 清水福祉部長。



◎福祉部長(清水孝司君)

 議案第32号、北名古屋市病後児保育施設の設置及び管理に関する条例を廃止する条例につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、現在実施している病後児保育事業を、本年4月1日から、病児・病後児保育事業として民間委託により実施することに伴い、病後児保育施設こぐま園を廃止するものでございます。

 以上、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第37、議案第33号、北名古屋市児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第33号

   北名古屋市児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市児童遊園の設置及び管理に関する条例(平成18年北名古屋市条例第102号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、児童遊園を新たに設置するため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、日置建設部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 日置建設部長。



◎建設部長(日置英治君)

 議案第33号、北名古屋市児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、北名古屋市九之坪地内に整備を進めております児童遊園が平成24年3月末に完成することから、本条例第2条の別表にその名称と位置を追加し、適正に管理するものでございます。

 新たに設置いたします児童遊園の名称は北名古屋市九之坪両家児童遊園、位置は北名古屋市九之坪石ノ戸15番地、敷地面積は644平方メートルでございます。

 資料といたしまして、新旧対照表と位置図を添付しておりますので、ご参照いただきたいと存じます。

 なお、この条例は平成24年4月1日から施行するものでございます。

 以上、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第38、議案第34号、愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第34号

   愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第286条第1項の規定により、愛知県市町村職員退職手当組合規約を別紙のとおり変更することについて、議会の議決を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、長久手町の市制施行に伴い、本組合規約の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いします。



○議長(牧野孝治君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第34号、愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、平成24年1月4日に、愛知郡長久手町が長久手市に名称を変更したため、愛知県市町村職員退職手当組合規約の一部を改めるため、退職手当組合の構成団体である北名古屋市の議会の議決を求めるものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第39、議案第35号、愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第35号

   愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第291条の3第3項の規定により、愛知県後期高齢者医療広域連合規約を別紙のとおり変更することについて、議会の議決を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、住民基本台帳法の一部改正に伴い、本広域連合規約の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、池田市民健康部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 池田市民健康部長。



◎市民健康部長(池田正敏君)

 議案第35号、愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更につきまして、ご説明申し上げます。

 今回の規約の変更につきましては、地方自治法第291条の3第3項の規定により、平成24年7月9日に住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴う規約の変更でございます。

 附則として、この規約は平成24年7月9日から施行するものです。

 経過措置といたしまして、この規約による改正後の愛知県後期高齢者医療広域連合規約別表第3の規定は、平成25年度以降の年度分の負担金について適用し、平成24年度分までの負担金については、なお従前の例によるものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第40、議案第36号、指定管理者の指定事項の変更について(あけぼのふれあい会館)から日程第43、議案第39号、指定管理者の指定事項の変更について(憩いの家とくしげ)までについては、会議規則第35条の規定により、一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第36号

   指定管理者の指定事項の変更について

 平成22年6月22日議決の北名古屋市あけぼのふれあい会館の指定管理者の指定について、別紙のとおり議決事項を変更するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、指定した指定管理者が公益認定を受けて、公益社団法人に移行するため必要があるからでございます。

議案第37号

   指定管理者の指定事項の変更について

 平成22年6月22日議決の北名古屋市高齢者活動センターしあわせの家の指定管理者の指定について、別紙のとおり議決事項を変更するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、指定した指定管理者が公益認定を受けて、公益社団法人に移行するため必要があるからでございます。

議案第38号

   指定管理者の指定事項の変更について

 平成22年6月22日議決の北名古屋市高齢者活動センターふれあいの家の指定管理者の指定について、別紙のとおり議決事項を変更するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、指定した指定管理者が公益認定を受けて、公益社団法人に移行するため必要があるからでございます。

議案第39号

   指定管理者の指定事項の変更について

 平成22年6月22日議決の北名古屋市憩いの家とくしげの指定管理者の指定について、別紙のとおり議決事項を変更するものとする。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、指定した指定管理者が公益認定を受けて、公益社団法人に移行するため必要があるからでございます。

 以上、一括してご提案申し上げました。よろしくお願いいたします。



○議長(牧野孝治君)

 清水福祉部長。



◎福祉部長(清水孝司君)

 議案第36号から議案第39号までの指定管理者の指定事項の変更につきまして、一括してご説明申し上げます。

 本年4月1日に、社団法人北名古屋市シルバー人材センターが公益認定を受け、公益社団法人北名古屋市シルバー人材センターへ名称を改めることに伴い、当該団体が指定管理者となっております北名古屋市あけぼのふれあい会館、北名古屋市高齢者活動センターしあわせの家、北名古屋市高齢者活動センターふれあいの家、北名古屋市憩いの家とくしげの4施設の指定事項を変更するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 日程第44、議案第40号、北名古屋市固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第40号

   北名古屋市固定資産評価審査委員会委員の選任について

 次の者を北名古屋市固定資産評価審査委員会委員に選任したいから、地方税法(昭和25年法律第226号)第423条第3項の規定により議会の同意を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 住所 北名古屋市鹿田天王山80番地

 氏名 早稲田順久

 生年月日 昭和24年10月8日

 提案理由

 この案を提出するのは、北名古屋市固定資産評価審査委員会委員 早稲田順久氏が平成24年5月22日をもって任期満了となるが、同氏を再任するに当たり議会の同意を得る必要があるからでございます。

 当事者におきます職歴等、参考資料として添付しておきます。ご参照をいただければ幸いに存じます。よろしくご同意のほどお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 お諮りいたします。

 本案については、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案については質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は、原案のとおり同意することに決しました。

 日程第45、議案第41号、北名古屋市固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第41号

   北名古屋市固定資産評価審査委員会委員の選任について

 次の者を北名古屋市固定資産評価審査委員会委員に選任したいから、地方税法(昭和25年法律第226号)第423条第3項の規定により議会の同意を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 住所 北名古屋市徳重与八杁72番地1

 氏名 高柳正彦

 生年月日 昭和22年1月23日

 提案理由

 この案を提出するのは、北名古屋市固定資産評価審査委員会委員 加藤丈定氏が平成24年5月22日をもって任期満了となるので、高柳正彦氏を適任と認め、選任したいからでございます。

 どうかご同意いただきますようにお願いを申し上げます。以上でございます。



○議長(牧野孝治君)

 お諮りいたします。

 本案については、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案については質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより本案について採決いたします。

 本案には、これを原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は、原案のとおり同意することに決しました。

 日程第46、議案第42号、北名古屋市固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第42号

   北名古屋市固定資産評価審査委員会委員の選任について

 次の者を北名古屋市固定資産評価審査委員会委員に選任したいから、地方税法(昭和25年法律第226号)第423条第3項の規定により議会の同意を求める。

  平成24年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 住所 北名古屋市鹿田合田25番地2

 氏名 上田敏喜

 生年月日 昭和44年9月10日

 提案理由

 この案を提出するのは、北名古屋市固定資産評価審査委員会委員 細野和實氏が平成24年5月22日をもって任期満了となるので、上田敏喜氏を適任と認め、選任したいからでございます。

 よろしくご同意いただきますようお願い申し上げます。



○議長(牧野孝治君)

 お諮りいたします。

 本案については、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案については質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(牧野孝治君)

 起立全員であります。

 よって、本案は、原案のとおり同意することに決しました。

 日程第47、予算特別委員会の設置についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 平成23年度の北名古屋市一般会計及び特別会計の補正予算に関する議案並びに平成24年度の北名古屋市一般会計及び特別会計の予算に関する議案を審査するため、24名の委員をもって構成する予算特別委員会を設置いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、24名の委員をもって構成する予算特別委員会を設置することに決しました。

 日程第48、予算特別委員会委員長及び副委員長の互選についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 議会運営の先例申し合わせ事項の規定により、予算特別委員会の委員長に沢田 哲君、副委員長に金崎慶子君を選任することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(牧野孝治君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、予算特別委員会の委員長に沢田 哲君、副委員長に金崎慶子君を選任することに決しました。

 以上をもって本日の議事日程は全部終了いたしました。

 次の本会議は、3月9日午前10時より開きますので、定刻までに議場へご参集くださるようお願いいたします。

 本日はこれをもって散会といたします。ご苦労さまでございました。



             (午後2時36分 散  会)









△会期日程(案)





平成24年第1回北名古屋市議会定例会会期日程(案)



自 平成24年3月2日

会 期             22日間

至 平成24年3月23日

月日曜会  議  名開 議 時 刻摘     要
32金本会議午前10時〇開会
〇市長招集挨拶
〇会議録署名議員の指名
〇会期の決定
〇諸般の報告
〇市長施政方針
〇議案の上程
〇提出者の説明
〇議案に対する質疑
 (40号〜42号)
〇討論(40号〜42号)
〇採決(40号〜42号)
〇予算特別委員会の設置
〇予算特別委員会委員長及び副委員長の互選
33土     休会
34日     休会
35月     休会
36火     休会
37水議会運営委員会午前10時〇諮問事項協議
38木     休会
39金本会議午前10時〇議案に対する質疑
〇議案の委員会付託
〇一般質問
310土     休会
311日     休会
312月     本会議予備日
313火予算特別委員会午前10時〇付託議案審査
314水予算特別委員会午前10時〇付託議案審査
315木福祉教育常任委員会午前10時〇付託議案審査及び所管事項審査
316金建設常任委員会午前10時〇付託議案審査及び所管事項審査
317土     休会
318日     休会
319月総務常任委員会午後1時30分〇付託議案審査及び所管事項審査
320火     休会
321水     休会
322木議会運営委員会午前10時〇諮問事項協議
323金本会議午前10時〇委員長報告
〇委員長報告に対する質疑
〇討論
〇採決
〇閉会中継続審査の申出
〇市長挨拶
〇閉会
全員協議会閉会後