議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 北名古屋市

平成22年第4回臨時会(11月) 11月30日−01号




平成22年第4回臨時会(11月) − 11月30日−01号









平成22年第4回臨時会(11月)



      平成22年第4回北名古屋市議会臨時会会議録



招集年月日  平成22年11月30日

招集場所   北名古屋市議会議場

開   会  11月30日 午前10時 議長開会宣言

応招議員

 1番 伊 藤 大 輔  2番 猶 木 義 郎  3番 谷 口 秋 信

 4番 渡 邊 幸 子  5番 阿 部 久邇夫  6番 永 津 正 和

 7番 山 下 隆 義  8番 大 原 久 直  9番 桂 川 将 典

 10番 上 野 雅 美  11番 堀 場 弘 之  12番 松 田   功

 13番 塩 木 寿 子  14番 神 田   薫  15番 大 野   厚

 16番 沢 田   哲  17番 平 野 弘 康  18番 牧 野 孝 治

 19番 太 田 考 則  20番 金 崎 慶 子  21番 長 瀬 悟 康

 22番 山 田 金 紀  23番 黒 川 サキ子  24番 渡 邉 紘 三

不応招議員  な し

出席議員   応招議員に同じ

欠席議員   な し

地方自治法第121条の規定により説明員として出席した者の職氏名

 市長      長 瀬   保    副市長     海 川 美 徳

 教育長     吉 田 文 明    総務部長    岩 越 雅 夫

 財務部長    林   俊 光    防災環境部長  海 川 和 行

 市民健康部長  池 田 正 敏    福祉部長    池 口 克 八

 建設部長    樋 口 栄 俊    会計管理者   加 藤 幹 治

 教育部長    石 原   龍    総務部総務人事担当次長

                            武 市   学

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長  平 手 秀 廣    書記      森   喜 好

 書記      川 口 賢 一

会議録署名議員の氏名

 議長は会議録署名議員に次の2名を指名した。

 7番 山 下 隆 義  8番 大 原 久 直

市長提出議案の題目

 議案第72号 北名古屋市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について

 議案第73号 北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第74号 北名古屋市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例について

議事日程  議長は議事日程を別紙のとおり報告した。







     平成22年第4回北名古屋市議会臨時会 議事日程



                    平成22年11月30日 午前10時00分開議



〇開会

〇市長招集挨拶



日程第1 会議録署名議員の指名(  番      ・  番      )

日程第2 会期の決定

日程第3 諸般の報告

日程第4 議案第72号 北名古屋市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について

日程第5 議案第73号 北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について

日程第6 議案第74号 北名古屋市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例について

日程第7 委員長報告

日程第8 議案第72号 北名古屋市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について

日程第9 議案第73号 北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について

日程第10 議案第74号 北名古屋市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例について







             (午前10時00分 開  会)



○議長(長瀬悟康君)

 おはようございます。

 議員各位には、定刻までにご参集をいただき、まことにありがとうございます。

 ただいまの出席議員は24名で、定足数に達しております。

 よって、会議は成立いたしましたので、ただいまから平成22年第4回北名古屋市議会臨時会を開会いたします。

 開議に先立ち、市長より招集あいさつの申し出がありますので、これを許可いたします。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 おはようございます。

 朝夕の寒さが身にしみるような季節になりました。

 本日、ここに平成22年第4回北名古屋市議会臨時会をお願いいたします。議員全員のご参集をいただきまして開会をしていただきましたことを、まずもって厚く御礼を申し上げます。

 昨今の世相をかんがみるときに、大変、市民の生活はもとよりでありますけれども、職員においても同じように大変厳しい生活を余儀なくされている昨今でございます。そうした中において、本日付議いたします議案3件ほか各議案ともに慎重審議ちょうだいいたしまして、ご可決をちょうだいできますことを心からお願いするところであります。

 大変日々の議員活動に対し、敬意を表しながら、活発なる議論をお願いいたしまして、ごあいさつにかえます。どうかよろしくお願いします。ありがとうございました。



○議長(長瀬悟康君)

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程については、お手元に配付いたしました別紙のとおりであります。

 日程第1、会議録署名議員の指名につきましては、会議規則第81条の規定により、7番 山下隆義君、8番 大原久直君の2名を指名いたします。

 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今臨時会の会期は、別紙でお手元まで配付いたしました会期日程案のとおり本日1日といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、今臨時会の会期は本日1日とすることに決しました。

 日程第3、諸般の報告をいたします。

 今臨時会における議案について、別紙写しの議案の提出についてのとおり受理したことをご報告いたします。朗読は省略いたします。

 次に、今臨時会の説明員を、地方自治法第121条の規定により出席を要求しましたところ、別紙写しの説明員の通知についてのとおり通知されましたので、受理したことを報告いたします。朗読は省略いたします。

 日程第4、議案第72号、北名古屋市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第72号

   北名古屋市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について

 北名古屋市職員の給与に関する条例等の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成22年11月30日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、人事院勧告を受けて北名古屋市職員の給与を改定するため、関係条例の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第72号、北名古屋市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例につきまして、ご説明を申し上げます。

 本案は、本年8月に人事院が国家公務員の給与を引き下げるよう勧告を行ったことを受け、本市においても民間との給与水準の均衡を考慮し、関係条例の改正を行うものでございます。

 改正する条例は、北名古屋市職員の給与に関する条例、北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の2条例でございます。この条例は、以下「改正条例」と申し上げますが、改正内容ごとに適用が異なるため、条例ごとに分けた改正条文構成となっております。

 まず、改正条例第1条でございますが、北名古屋市職員の給与に関する条例第20条における職員の平成22年12月期の期末手当の支給率を「100分の150」から「100分の135」に、再任用職員の支給率を「100分の85」から「100分の80」に減ずるものでございます。第21条の職員の勤勉手当につきましても、支給率を「100分の70」から「100分の65」に、再任用職員の支給率を「100分の35」から「100分の30」に改めるものでございます。また、人事院勧告に基づき行政職給料表を基本的に平均改定率0.1%の減額を行うものでございますが、初任給を中心に若年層は引き下げを行わないもので、別表第1を改正するものでございます。

 次に、改正条例第2条による改正内容でございますが、平成23年度以降の期末・勤勉手当の支給率を改めるものであります。北名古屋市職員の給与に関する条例第20条における職員の6月期の期末手当の支給率を「100分の125」から「100分の122.5」に、12月期の期末手当の支給率を「100分の135」から「100分の137.5」に改めるもので、第21条の職員の勤勉手当の支給率を「100分の65」から「100分の67.5」に、再任用職員の支給率を「100分の30」から「100分の32.5」に改めるものでございます。

 次に、改正条例第3条は、北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部改正として、今回の給料表減額改正に伴い、附則第7項に規定されております経過措置に規定されているものについてもあわせて改めるものでございます。

 最後に、附則で施行期日を定めております。

 今回の人事院勧告に基づく職員の給与等につきましては、約4,000万円の減額となりますので、第4回議会定例会において補正予算を計上させていただきます。

 以上、簡単でございますが、ご説明とさせていただきます。よろしくご審議をいただきますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 次に、質疑に入ります。

 発言を許します。

 大原議員。



◆8番(大原久直君)

 議案第72号について、数点にわたって質問をさせていただきます。

 まず職員の給料のことについてですが、市長のあいさつでもございましたように、非常に厳しい状況にあると、生活が厳しい状況にあるとおっしゃってみえました。そういう世の中で、改めてこういう提案をされているわけですけれども、まず第1点は、職員の給与は生活費と考えているのか、それとも文化的な生活を営むためのお金と考えてみえるのか、その辺についてまずご答弁いただきたいと思います。



○議長(長瀬悟康君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 当然職員の生活給と考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 大原議員。



◆8番(大原久直君)

 職員の給与と考えてみえるということですので、生活が厳しくなるようなことは避けていただきたいというのが思いであります。

 2点目は、職員の給与の引き下げが地域経済への多大な影響を与えると考えますと、市民の消費意欲をなくすことにつながると。また、民間が下がっている、公務員も下がっていると、昨年も下げましたけれども、下げ方の連続です。市民生活を応援して、市民の購買力を高めることこそ景気回復への処方せんと思いますが、どのように判断されるでしょうか。



○議長(長瀬悟康君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 当然給与が下がれば皆さんの生活も下げざるを得ないというところで、本当は上げていただきたいというのは本音でございます。ただ、民間が下がっておるもんですから、公務員というのは人事院勧告に基づいて引き下げざるを得ないという状況でずっときておりますので、今回もそんなような形でやらせていただいております。

 ただ、今回、人勧そのものは国全体を見た形で人事院勧告というのはなされておりますが、私どもの方の地域については、国全体から見れば若干違うような気はしております。今回につきましては、このような形で引き下げを人事院勧告どおりということでさせていただきますが、今後、来年以降、そういうことも含めて、今総務省の方からも通達が参っておりまして、人事院勧告に基づくものを基本として、地区地区で考えなさいという指導もいただいておりまして、今後につきましては、そういうことも含めまして職員給のあり方というものを含めていきたいなと思っております。

 また、この市民生活を応援して市民の購買力を高める、こういうことで景気をよくするということは、おっしゃられるとおりだろうと思いますが、国全体の中での私どもの方の奉仕者でございますので、そういう中でいけば、そういうことでやらざるを得ないという状況でございますので、よろしくお願いいたしたいと思います。以上でございます。



○議長(長瀬悟康君)

 大原議員。



◆8番(大原久直君)

 国家公務員に対する人事院勧告を中心になっておるわけですね。国家公務員と当市の職員の給与は同じなのでしょうか。どういう状態でしょうか。



○議長(長瀬悟康君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 今現状におきましては、皆様のおかげで地域手当との調整の中で、給与の見直しをさせていただきました。そういう中で、今年度のラスパイレス指数、国との比較でございますが給与との、97.1の状況になってきましたので、要するに97%ですね、国家公務員との給与差というのは3%ございますけど、そういう状況まで改善をしたと。去年につきましては92%前後だと思いますが、そういうことで給与改善はさせていただいております。ただ、これは地域手当、先ほども申しましたように、国全体と私どもの方の地域、私どもの方は大体10%ぐらいじゃないかなと思っておりますが、それを3%に落とさせていただいた結果の中で、こういうラスパイレス指数も上がってきたという状況でございますが、国のそういうことで見た場合、97.1まで改善をさせていただいたという状況でございますので、このあたりも含めて、よろしくお願いしたいと思っております。



○議長(長瀬悟康君)

 大原議員。



◆8番(大原久直君)

 国家公務員並みの給料をいただいておるならば、国家公務員の人事院勧告にそのままというのはいいかもしれませんけれども、まだまだ3%の差が開いておるという状況です。

 次に、今回の引き下げが施行された場合、定年間近の方々の影響額はどのくらいの影響を受けるんでしょうか。また、退職金、年金に及ぼす影響についてお願いしたいと思います。



○議長(長瀬悟康君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 一応今回、部長の定年間際の人につきましては、年間十二、三万ぐらい下がるというところでございます。

 退職金、年金につきましても、0.1%下がることによりまして、当然下がってくるというところでございます。



○議長(長瀬悟康君)

 ほかに。

 (発言する者なし)



○議長(長瀬悟康君)

 ほかに質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 日程第5、議案第73号、北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第73号

   北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成22年11月30日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、人事院勧告を受けて北名古屋市の常勤の特別職職員に対して支給する期末手当の額を改定するため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第73号、北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明を申し上げます。

 本案は、人事院が行った民間における特別給の支給割合の調査結果を受け、北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正するものでございます。以下「改正条例」と申し上げますが、改正条例第1条では、平成22年12月期の期末手当の支給率を「100分の165」から「100分の150」に減ずるものでございます。改正条例第2条では、平成23年度以降の6月期の期末手当の支給率を「100分の145」から「100分の140」に、12月期の期末手当の支給率を「100分の150」から「100分の155」に改めるものでございます。

 最後に、附則において施行期日を定めております。

 以上、簡単でございますが、ご説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 次に、質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 日程第6、議案第74号、北名古屋市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第74号

   北名古屋市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成22年11月30日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、人事院勧告を受けて北名古屋市議会の議員に対しての支給する期末手当の額を改定するため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第74号、北名古屋市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明を申し上げます。

 本案は、常勤の特別職と同様に、北名古屋市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正するものでございます。以下「改正条例」と申し上げますが、改正条例第1条では、平成22年12月期の期末手当の支給率を「100分の165」から「100分の150」に減ずるものでございます。改正条例第2条では、平成23年度以降の6月期の期末手当の支給率を「100分の145」から「100分の140」に、12月期の期末手当の支給率を「100分の150」から「100分の155」に改めるものでございます。

 最後に、附則において施行期日を定めております。

 以上、簡単でございますが、ご説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(長瀬悟康君)

 次に、質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 ただいま議題といたしました議案第72号から議案第74号までの議案3件につきましては、会議規則第37条第1項の規定により、議案付託表のとおり所管委員会に審査を付託いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま委員会付託といたしました議案3件につきましては、会議規則第44条第1項の規定により、本日審査を終了するよう期限を付したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、議案3件につきましては、本日審査を終了するよう期限を付することに決しました。

 この際、暫時休憩いたします。



             (午前10時22分 休  憩)





             (午前11時35分 再  開)





○議長(長瀬悟康君)

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 日程第7、委員長報告に入ります。

 議案第72号から議案第74号までの議案3件について、審査を所管した総務常任委員会の委員長に審査結果の報告を求めます。

 総務常任委員会委員長 塩木寿子君。



◆総務常任委員会委員長(塩木寿子君)

 総務常任委員会における審査結果をご報告いたします。

 当委員会は、本日、第1委員会室におきまして、委員8名の出席により、開催いたしました。

 当委員会に付託されました議案第72号、北名古屋市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について、議案第73号、北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について、議案第74号、北名古屋市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例について、以上3件の議案について審査を行いましたところ、議案第72号、議案第73号については、質疑はあったものの討論はなく、出席委員全員の賛成によって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、主な質疑と答弁でございますが、議案第72号につきましては、今回の改正は人事院の勧告どおりなのかという問いがなされ、5点の勧告がなされたが、そのうち55歳超えの職員給与、年間給与、若年、中堅層の職員給与の3点については、今回は見送らせていただいたという答弁がなされました。

 また、議案第73号につきましては、提案理由において、報酬について、「人事院勧告を受けて」とある、表現が適切でないと思うがという問いがなされ、指摘事項を踏まえて、検討させていただきますという答弁がなされました。

 議案第74号につきましては、討論もなく、全員賛成によって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、総務常任委員会における審査結果をご報告いたします。



○議長(長瀬悟康君)

 日程第8、議案第72号、北名古屋市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございますので、順次発言を許します。

 渡邉紘三君。



◆24番(渡邉紘三君)

 24番、日本共産党、渡邉紘三。

 議案第72号、北名古屋市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例についての反対討論を行います。

 自治体の職員は、憲法が定める市民の社会福祉などの福利の実現、生存権などの基本的人権を保障する役割などを負っています。そのため、公務員は国民全体の奉仕者と定められ、公平・中立な行政運営が課せられ、不当な介入や干渉を許さないための身分保障が設けられています。

 しかし、政府は、職員定数と総人件費の2割削減を掲げて、行財政改革を進めるとともに、地域主権、新しい公共の名のもとに、民間委託を進めようとしています。このような国の政策は、国や自治体が本来の公務員の役割を果たせない状態を今後も続けようとするものです。

 私どもは、このような政治のあり方を改めて、公務員が真に国民や市民全体の奉仕者として職務を遂行できるような給与の保障と正職員の増員、非正規職員の労働条件の引き上げなど働きやすい職場の環境整備が大切と考えます。

 今回の公務員の給与の引き下げは、職員と家族の生活を顧みないものと言わざるを得ません。中小企業を含む民間労働者の給与・ボーナスにも波及し、国民・市民の消費を一層冷え込ませることは明らかです。当市としては、一定の配慮はされていますが、とても受け入れられるものではありません。今、必要な政策は、給与の引き下げでなく、社会全体の労働者の給与や賃金の引き上げなどの経済対策で家計内需の底上げの政策が大切です。給与や賃金の引き上げが内需拡大につながり、地域経済の活性化につながります。さらなる給与の引き下げは、さらに地域経済を冷え込ませるものであります。

 以上の理由で、家計の台所を温めない国民・市民の生活を破壊していくような公務員、一般職の給与の引き下げなどを進める政治継承の議案第72号、北名古屋市職員の給与に関する条例等の一部改正条例について反対し、反対の討論といたします。

 議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 大野 厚君。



◆15番(大野厚君)

 15番、市政クラブの大野 厚です。

 議案第72号、北名古屋市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について、賛成の立場で討論を行います。

 本件の条例改正は、人事院及び愛知県人事委員会の勧告、また地方公務員法第24条第3項の規定の趣旨を踏まえて行われるものであります。

 地方公務員法第24条第3項では、「職員の給与は、生計費並びに国及び他の地方公共団体の職員並びに民間事業の従事者の給与その他の事情を考慮して定めなければならない」と規定しており、その趣旨は、真の地方自治の実現のために、その地域を代表する民間事業所において、同じような職種の仕事に従事する勤労者の賃金と大差があってはならないというものであります。

 昨今、国において、景気回復に向けて各種の経済対策が図られておりますが、いまだに景気・企業業績は低迷状況にあり、失業率は高く、また勤労者の賃金も抑制志向にあり、雇用情勢は依然として厳しい状況下にあると思われます。

 こうしたことから、人事院及び愛知県人事委員会が行った民間企業の賃金調査の結果に基づいてなされた勧告を踏まえて、本市職員の給与の引き下げを決断されたものと受けとめられますので、議案第72号、北名古屋市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例については賛成するものであります。

 議員各位のご理解とご賛同をお願い申し上げ、賛成討論とさせていただきます。



○議長(長瀬悟康君)

 以上をもって討論を終結いたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第9、議案第73号、北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第10、議案第74号、北名古屋市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ここで、市長よりあいさつの申し出がありますので、これを許可いたします。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 議長のお許しをいただきまして、一言ごあいさつをいたします。

 大変貴重なお時間をいただきまして、臨時議会このように開催をしていただき、付議いたしました3議案ともに原案のとおりご賛同、ご可決をちょうだいできました。心からお礼を申し上げたいと思います。

 この議会を通して議員各位からちょうだいした一語一句大切にして、さらに市民の福祉向上に努力、職員全員こぞって取り組んでまいる所存でございますので、今後とも格別なお力添えをちょうだいできますことを心からお願いして、お礼のごあいさつとします。大変ありがとうございました。



○議長(長瀬悟康君)

 以上をもって、今臨時会に付議された議案の審議については、全部終了いたしました。

 これをもって、平成22年第4回北名古屋市議会臨時会を閉会いたします。ご苦労さまでした。



             (午前11時48分 閉  会)









△会期日程(案)





平成22年第4回北名古屋市議会臨時会会期日程(案)



自 平成22年11月30日

会 期             1日間

至 平成22年11月30日


月日曜会  議  名開 議 時 刻摘     要
1130火本  会  議午前10時
〇開会

〇市長招集挨拶

〇会議録署名議員の指名

〇会期の決定

〇諸般の報告

〇議案の上程

〇提出者の説明

〇議案に対する質疑

〇議案の委員会付託
福祉教育常任委員会議案の委員会
付託後
〇所管事項審査
総務常任委員会福祉教育常任
委員会終了後
〇付託議案審査
本  会  議総務常任委員会
終了後
〇委員長報告

〇委員長報告に対する質疑

〇討論

〇採決

〇市長挨拶

〇閉会
全員協議会閉会後  










△議案付託表


議案付託表
付託委員会名議案番号件            名
総務常任委員会議案第72号北名古屋市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について
議案第73号北名古屋市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について
議案第74号北名古屋市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例について






会議の経過を記載して、その相違ないことを証するために署名する。



                       議  長   長 瀬 悟 康



                       署名議員   山 下 隆 義



                       署名議員   大 原 久 直