議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 北名古屋市

平成22年第3回定例会( 9月) 09月28日−04号




平成22年第3回定例会( 9月) − 09月28日−04号









平成22年第3回定例会( 9月)



      平成22年第3回北名古屋市議会定例会会議録(第4号)



招集年月日  平成22年9月28日

招集場所   北名古屋市議会議場

開   会  9月28日 午前10時 議長開会宣言

応招議員

 1番 伊 藤 大 輔  2番 猶 木 義 郎  3番 谷 口 秋 信

 4番 渡 邊 幸 子  5番 阿 部 久邇夫  6番 永 津 正 和

 7番 山 下 隆 義  8番 大 原 久 直  9番 桂 川 将 典

 10番 上 野 雅 美  11番 堀 場 弘 之  12番 松 田   功

 13番 塩 木 寿 子  14番 神 田   薫  15番 大 野   厚

 16番 沢 田   哲  17番 平 野 弘 康  18番 牧 野 孝 治

 19番 太 田 孝 則  20番 金 崎 慶 子  21番 長 瀬 悟 康

 22番 山 田 金 紀  23番 黒 川 サキ子  24番 渡 邉 絋 三

不応招議員  な し

出席議員   応招議員に同じ

欠席議員   な し

地方自治法第121条の規定により説明員として出席した者の職氏名

 市長      長 瀬   保    副市長     海 川 美 徳

 教育長     吉 田 文 明    総務部長    岩 越 雅 夫

 財務部長    林   俊 光    防災環境部長  海 川 和 行

 市民健康部長  池 田 正 敏    福祉部長    池 口 克 八

 建設部長    樋 口 栄 俊    会計管理者   加 藤 幹 治

 教育部長    石 原   龍    総務部総務人事担当次長

                            武 市   学

 総務部企画情報担当次長        財務部財政行革担当次長

         六 浦 寿 夫            魚 住 幸 三

 財務部税務収納担当次長        防災環境部防災環境担当次長

         山 田   茂            大 野 紀 夫

 市民健康部市民健康担当次長      福祉部福祉担当次長

         上 條 正 義            清 水 孝 司

 福祉部児童担当次長          福祉部保育士長 稲 垣 芳 美

         水 野 高 作

 建設部建設担当次長          建設部産業下水道担当次長

         日 置 英 治            森   幹 彦

 会計管理室長  吉 田 英 典    教育部学校教育担当次長

                            杉 山 恭 朗

 教育部社会教育担当次長        監査委員事務局長大 野 正 幸

         長 瀬 晴 彦

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長  平 手 秀 廣    書記      森   喜 好

 書記      川 口 賢 一

議事日程   議長は議事日程を別紙のとおり報告した。







     平成22年第3回北名古屋市議会定例会 議事日程〔第4号〕



                    平成22年9月28日 午前10時00分開議



日程第1 諸般の報告

日程第2 委員長報告

日程第3 議案第54号 平成21年度北名古屋市一般会計決算の認定について

日程第4 議案第55号 平成21年度北名古屋市国民健康保険特別会計決算の認定について

日程第5 議案第56号 平成21年度北名古屋市老人保健特別会計決算の認定について

日程第6 議案第57号 平成21年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計決算の認定について

日程第7 議案第58号 平成21年度北名古屋市介護保険特別会計決算の認定について

日程第8 議案第59号 平成21年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計決算の認定について

日程第9 議案第60号 平成21年度北名古屋市公共下水道事業特別会計決算の認定について

日程第10 議案第61号 平成22年度北名古屋市一般会計補正予算(第2号)について

日程第11 議案第62号 平成22年度北名古屋市老人保健特別会計補正予算(第1号)について

日程第12 議案第63号 平成22年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について

日程第13 議案第64号 平成22年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第1号)について

日程第14 議案第65号 平成22年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について

日程第15 議案第66号 平成22年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について

日程第16 議案第67号 北名古屋市行政財産使用料条例の制定について

日程第17 議案第68号 北名古屋市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について

日程第18 議案第69号 北名古屋市国民健康保険条例の一部を改正する条例について

日程第19 議案第71号 30人以下学級の実現と義務教育費国庫負担制度拡充を求める意見書の提出について

日程第20 閉会中の継続調査申出について

日程第21 所管事務の調査申出について







             (午前10時00分 開  議)



○議長(長瀬悟康君)

 おはようございます。

 議員各位には定刻までにご参集をいただき、まことにありがとうございます。

 ただいまの出席議員は24名で、定足数に達しております。

 よって、会議は成立いたしましたので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました別紙のとおりであります。

 日程第1、諸般の報告を行います。

 本日、新たに議案が提出されました。提出されました議案については、お手元に配付いたしました議案第71号、30人以下学級の実現と義務教育費国庫負担制度拡充を求める意見書の提出についての1件であります。

 以上、ご報告いたします。

 日程第2、委員長報告に入ります。

 所管委員会に審査を付託いたしました議案第54号から議案第69号までの議案16件の審査結果についての委員長報告を一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 議案第54号から議案第60号までの議案7件の審査を所管した決算特別委員会及び議案第61号から議案第66号までの議案6件の審査を所管した予算特別委員会における審査結果についての委員長報告は、会議規則第39条第3項の規定により省略することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、決算特別委員会及び予算特別委員会における審査結果についての委員長報告は、省略することに決しました。

 この際、議案第67号から議案第69号までの議案3件について、審査を所管した委員会の委員長に審査結果の報告を求めます。

 福祉教育常任委員会委員長 牧野孝治君。



◆福祉教育常任委員会委員長(牧野孝治君)

 改めまして、おはようございます。

 福祉教育常任委員会における審査結果をご報告いたします。

 当委員会は、去る9月16日午前10時から、第1委員会室におきまして、委員8名の出席により開催いたしました。

 当委員会に付託されました議案第69号、北名古屋市国民健康保険条例の一部を改正する条例について審査を行いましたところ、質疑、討論はなく、出席委員全員の賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、福祉教育常任委員会における審査結果の報告を終わります。



○議長(長瀬悟康君)

 建設常任委員会委員長 沢田 哲君。



◆建設常任委員会委員長(沢田哲君)

 おはようございます。

 建設常任委員会における審査結果をご報告いたします。

 当委員会は、去る9月17日午前10時から、第1委員会室におきまして、委員7名の出席により開催いたしました。

 当委員会へは、議案第68号、北名古屋市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についての議案1件の審査が付託されましたが、質疑、討論はなく、出席委員全員の賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、建設常任委員会における審査結果の報告を終わらせていただきます。



○議長(長瀬悟康君)

 総務常任委員会委員長 塩木寿子君。



◆総務常任委員会委員長(塩木寿子君)

 おはようございます。

 総務常任委員会における審査結果をご報告させていただきます。

 当委員会は、去る9月21日午前10時から、第1委員会室におきまして、委員8名の出席により開催いたしました。

 当委員会に付託されました議案第67号、北名古屋市行政財産使用料条例の制定について審査を行いましたところ、質疑はあったものの、討論はなく、出席委員全員の賛成によりまして、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、主な質疑と答弁でございますが、窓口での取り扱いや判断が異ならないよう、規則等で取扱基準を定めておいた方がよいのではとの問いに対して、検討させていただくとの答弁がなされました。

 以上のとおり、総務常任委員会における審査結果をご報告いたします。



○議長(長瀬悟康君)

 日程第3、議案第54号、平成21年度北名古屋市一般会計決算の認定についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございますので、順次、発言を許します。

 渡邉紘三君。



◆24番(渡邉紘三君)

 24番、日本共産党、渡邉紘三。

 議案第54号、平成21年度北名古屋市一般会計決算の認定について、反対の立場から反対討論を行います。

 景気の低迷のとき、アメリカのリーマンショックが世界に広がり、日本経済も深刻な経済悪化となりました。今、経済も底を打ったと言っていますが、輸出による外国中心の経済政策では、国民や市民の台所の家計は温まらず、福祉削減などの三位一体の構造改革による規制緩和の政治が国民、市民の暮らしを、生活を圧迫しています。

 当市も、すべての事業予算の1割カットの行財政改革、集中改革プランを急速に進めたが、それは安心・安全なまちづくりでなく、また市民の暮らしと健康を守る行政改革でもありませんでした。

 決算状況は、市民の要求にこたえた子供支援や教育環境整備、お年寄りや障害者支援、雇用支援、中小企業対策、西春駅の交通環境整備などの歳出はありますが、しかし、その反面、行政改革による福祉切り捨てや、官から民へ業務委託や指定管理制度の導入を早急に進めましたが、市民の福祉の心のすべてを民間活力にゆだねることはできません。市民の理解が十分に担保できない行政改革、集中改革プランを市民本位に見直し、将来や生活不安を感じている市民に対して、市民の心が通う、市民の心のケアを重視する事業展開が大切と考えます。

 以上の理由から、平成21年度北名古屋市一般会計決算について反対し、反対討論といたします。議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 大野 厚君。



◆15番(大野厚君)

 おはようございます。15番、市政クラブの大野 厚でございます。

 議案第54号、平成21年度北名古屋市一般会計決算の認定について、賛成の立場で討論を行います。

 平成21年度の行財政運営は、将来都市像を「健康快適都市、誰もが安全・安心に暮らせるまち」として策定された総合計画の具現化への取り組みが行われております。決算内容についてみますと、歳入全般では前年度より増収となっており、経済情勢の低迷により収納率はやや悪化しているものの、コンビニ収納は浸透し、納税者に広く利用され、税の確保に努められております。市税以外の収入につきましては、制度改正、補助対象事業の影響により増減はありますが、適切な収入の確保に努められたと評価できる内容となっております。

 次に、歳出について見ますと、国の経済対策により、地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業で、学校情報通信技術環境整備事業など公共施設の整備充実を図り、地域活性化・公共投資臨時交付金事業では、地域における公共投資等を円滑に実施できるよう、公共事業の充実が図られております。

 また、緊急雇用創出事業基金事業では、離職を余儀なくされた非正規労働者や中高齢者等の失業者に対して、短期雇用、就業機会を創出・提供することで、これらの者の生活安定が図られました。

 その他、名古屋市で開催予定のCOP10で取り上げられている地球温暖化防止対策については、基本方針を定めるべく、基本計画の策定に取り組まれております。

 鉄道駅総合改善事業として、市道西春駅東西連絡橋にエスカレーターを設置し、高齢者、障害者を初めとする駅利用者の利便性及び安全性も図られております。

 学校情報通信技術環境整備事業としては、校内ネットワークの整備等、学校における情報通信技術環境の整備を行い、わかりやすい授業の実現及び子ども達の情報活用機能の育成を図り、白木中学校、師勝中学校の校舎耐震改修・改築工事などを進めるなど、さまざまな安全・安心なまちづくりへの取り組みが実施されております。

 次に、財政運用面では、プライマリーバランスも引き続き黒字を堅持し、各種基金残高の合計は24億円余りを保有しております。また、財政健全化判断比率も、一般会計等が負担する元利償還金及び準元利償還金の標準財政規模に対する比率の実質的公債費比率はやや上昇しているものの、早期健全化基準に比較して低く、健全な財政運営が行われたと言えます。

 よって、平成21年度一般会計決算は、総合計画の実現に向け、予算に基づいた適切な執行がなされた結果と認め、賛成するものでございます。

 議員各位のご賛同をお願いしまして、賛成討論とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 以上をもって、討論を終結いたします。

 これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第4、議案第55号、平成21年度北名古屋市国民健康保険特別会計決算の認定についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第5、議案第56号、平成21年度北名古屋市老人保健特別会計決算の認定についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第6、議案第57号、平成21年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計決算の認定についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第7、議案第58号、平成21年度北名古屋市介護保険特別会計決算の認定についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第8、議案第59号、平成21年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計決算の認定についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第9、議案第60号、平成21年度北名古屋市公共下水道事業特別会計決算の認定についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第10、議案第61号、平成22年度北名古屋市一般会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第11、議案第62号、平成22度北名古屋市老人保健特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第12、議案第63号、平成22年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第13、議案第64号、平成22年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第14、議案第65号、平成22年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第15、議案第66号、平成22年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第16、議案第67号、北名古屋市行政財産使用料条例の制定についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第17、議案第68号、北名古屋市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第18、議案第69号、北名古屋市国民健康保険条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第19、議案第71号、30人以下学級の実現と義務教育費国庫負担制度拡充を求める意見書の提出についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 堀場弘之君。



◆11番(堀場弘之君)

 議案第71号、30人以下学級の実現と義務教育費国庫負担制度拡充を求める意見書の提出について。

 北名古屋市議会会議規則第14条第1項の規定により、30人以下学級の実現と義務教育費国庫負担制度拡充を求める意見書を別紙のとおり提出する。

 平成22年9月28日提出。提出者、北名古屋市議会議員 堀場弘之、金崎慶子、渡邉紘三、谷口秋信、松田 功。賛成者、北名古屋市議会議員 大野 厚、牧野孝治、塩木寿子、大原久直、伊藤大輔、上野雅美。

 意見書の朗読をもって提案説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 30人以下学級の実現と義務教育費国庫負担制度拡充を求める意見書。

 未来を担う子供たちが夢や希望を持ち、健やかに成長していくことは、すべての国民の切なる願いである。しかし、学校現場では子供たちの健全育成に向けて真摯に取り組んでいるものの、いじめや不登校、非行問題行動を含めた子供たちを取り巻く教育課題は依然として克服されていない。また、特別な支援を必要とする子供や日本語教育の必要な子供が依然多く、適切な支援を行うための十分な時間が確保できないなどの課題にも直面している。これらの解決に向け、子供たちにこれまでにも増してきめ細かに対応するためには、学級規模の縮小は不可欠であり、標準定数法を改正し、国の財政負担と責任で学級編制を30人以下とすべきである。

 また、三位一体改革により、義務教育費国庫負担制度の国庫負担率は、2分の1から3分の1に引き下げられ、自治体財政を圧迫している。子供たちが全国どこに住んでいても、機会均等に一定水準の教育を受けられることが憲法上の要請であり、そのために義務教育費国庫負担制度を堅持すること、また国庫負担率を2分の1へ復元することは、国が果たさなければならない大きな責任の一つである。

 よって、貴職においては、平成23年度の政府予算編成に当たり、国段階における30人以下学級の実現と、義務教育費国庫負担制度の堅持とともに、国庫負担率2分の1への復元に向けて、十分な教育予算を確保されるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成22年9月28日、愛知県北名古屋市議会、内閣総理大臣 菅 直人様、総務大臣 片山善博様、財務大臣 野田佳彦様、文部科学大臣 高木義明様、内閣官房長官 仙谷由人様。

 以上で提案説明といたします。議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(長瀬悟康君)

 次に質疑に入ります。

 発言を許します。

 (「なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(長瀬悟康君)

 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第20、閉会中の継続調査申出についてを議題といたします。

 会議規則第104条の規定により、議会運営委員会委員長から、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続調査について申し出がありました。

 お諮りいたします。

 議会運営委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、議会運営委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決しました。

 日程第21、所管事務の調査申出についてを議題といたします。

 会議規則第98条第1項の規定により、各常任委員会委員長から、お手元に配付いたしました申出書のとおり、所管事務の調査について申し出がありました。

 お諮りいたします。

 各常任委員会委員長からの申し出のとおり、所管事務の調査に付することにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(長瀬悟康君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、各常任委員会委員長からの申し出のとおり、所管事務の調査に付することに決しました。

 ここで、市長からあいさつの申し出がありますので、これを許可いたします。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 議長のお許しをいただきまして、一言ごあいさつをさせていただきます。

 長きにわたっての9月市議会定例会でありました。一日一日を議会、議員の皆様方が真摯に、市政発展のために、また市民の福祉向上に向かって、鋭意ご努力され、活発なる議員活動を展開していただきました。敬意を表するところでございます。私も、上程をいたしました16の議案、本当に慎重審議ちょうだいいたしまして、原案に対しご可決をちょうだいできましたことを、まずもって心からお礼申し上げるところでございます。

 とりわけ、社会は不況下のさなかでありまして、市民の生活は疲弊に疲弊を重ね、大変厳しい生活を強いられる今日にありまして、私どもはそうした現実をより深く認識し、そしてさらなる市民の幸せと安全・安心のために、今後とも格別なる取り組みを議員の皆さん方とともに積極的にかかわってまいりたいと存じます。

 どうかそうした一面を持ちながら、希望を持って北名古屋市のさらなる発展向上のために皆さん方の格別なるお力添えをちょうだいできますように心からお願いするところであります。

 大変お世話になることばかりでありますが、今議会の中で、さまざまにご示唆いただいたり、またご指摘いただいたり、また励ましもいただいたり、そうした面をしっかりと胸に刻みながら、さらなる市民の福祉向上に重ねて努力することをお誓い申し上げまして、お礼のごあいさつにさせていただきます。大変お世話になりました。ありがとうございました。



○議長(長瀬悟康君)

 以上をもって、本定例会に付議されました議案につきましては全部終了いたしました。

 終始極めて熱心に審議され、無事閉会できましたことは、議員各位のご協力のたまものであり、厚くお礼を申し上げます。

 これをもって、平成22年第3回北名古屋市議会定例会を閉会いたします。ご苦労さまでした。



             (午前10時31分 閉  会)







会議の経過を記載して、その相違ないことを証するために署名する。



                       議  長   長 瀬 悟 康



                       署名議員   阿 部 久邇夫



                       署名議員   永 津 正 和