議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 北名古屋市

平成22年第1回定例会( 3月) 03月02日−01号




平成22年第1回定例会( 3月) − 03月02日−01号









平成22年第1回定例会( 3月)



      平成22年第1回北名古屋市議会定例会会議録(第1号)



招集年月日  平成22年3月2日

招集場所   北名古屋市議会議場

開   会  3月2日 午前10時 議長開会宣言

応招議員

 1番 桂 川 将 典  2番 上 野 雅 美  3番 堀 場 弘 之

 4番 松 田   功  5番 塩 木 寿 子  6番 神 田   薫

 7番 大 野   厚  8番 青 山 喜代一  9番 沢 田   哲

 10番 平 野 弘 康  11番 牧 野 孝 治  12番 太 田 考 則

 13番 金 崎 慶 子  14番 長 瀬 悟 康  15番 日 栄 政 敏

 16番 石 間 江美子  17番 海 川 恒 明  18番 山 田 金 紀

 19番 大 嶌 治 雅  20番 黒 川 サキ子  21番 法 月   章

 22番 寺 川 愛 子  23番 渡 邉 紘 三  24番 茶 納 邦 夫

不応招議員  な し

出席議員   応招議員に同じ

欠席議員   な し

地方自治法第121条の規定により説明員として出席した者の職氏名

 市長      長 瀬   保    副市長     武 市 重 信

 教育長     吉 田 文 明    総務部長    岩 越 雅 夫

 財務部長    林   俊 光    防災環境部長  海 川 和 行

 市民健康部長  石 黒 秀 夫    福祉部長    池 口 克 八

 建設部長    樋 口 栄 俊    会計管理者   新 安 哲 次

 教育部長    早 瀬   守    総務部総務人事担当次長

                            武 市   学

 総務部企画情報担当次長        財務部財政行革担当次長

         池 田 正 敏            魚 住 幸 三

 財務部税務収納担当次長        防災環境部防災環境担当次長

         稲 垣 幸 利            大 野 紀 夫

 市民健康部市民健康担当次長      福祉部福祉担当次長

         上 條 正 義            清 水 孝 司

 福祉部児童担当次長          福祉部保育士長 赤 塚 美代子

         加 藤 幹 治

 建設部建設担当次長          建設部産業下水道担当次長

         石 原   龍            六 浦 寿 夫

 会計管理室長  吉 田 英 典    教育部学校教育担当次長

                            杉 山 恭 朗

 教育部社会教育担当次長        監査委員事務局長大 野 正 幸

         長 瀬 晴 彦

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長  平 手 秀 廣    書記      森   喜 好

 書記      川 口 賢 一

会議録署名議員の氏名

 議長は会議録署名議員に次の2名を指名した。

 7番 大 野   厚  8番 青 山 喜代一

市長提出議案の題目

 議案第5号 平成21年度北名古屋市一般会計補正予算(第5号)について

 議案第6号 平成21年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について

 議案第7号 平成21年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について

 議案第8号 平成21年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第3号)について

 議案第9号 平成21年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について

 議案第10号 平成22年度北名古屋市一般会計予算について

 議案第11号 平成22年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算について

 議案第12号 平成22年度北名古屋市老人保健特別会計予算について

 議案第13号 平成22年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算について

 議案第14号 平成22年度北名古屋市介護保険特別会計予算について

 議案第15号 平成22年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算について

 議案第16号 平成22年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算について

 議案第17号 北名古屋市職員の給与に関する条例及び北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第18号 北名古屋市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第19号 北名古屋市職員の旅費に関する条例等の一部を改正する条例について

 議案第20号 北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例について

 議案第21号 北名古屋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例について

 議案第22号 北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第23号 北名古屋市運動広場等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

 議案第24号 市道路線の認定及び廃止について

 議案第25号 人権擁護委員の候補者の推薦について

議事日程  議長は議事日程を別紙のとおり報告した。







     平成22年第1回北名古屋市議会定例会 議事日程〔第1号〕



                    平成22年3月2日 午前10時00分開議



〇開会

〇市長招集挨拶



日程第1 会議録署名議員の指名(  番      ・  番      )

日程第2 会期の決定

日程第3 諸般の報告

日程第4 請願提出

日程第5 陳情提出

日程第6 議案第5号 平成21年度北名古屋市一般会計補正予算(第5号)について

日程第7 議案第6号 平成21年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について

日程第8 議案第7号 平成21年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について

日程第9 議案第8号 平成21年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第3号)について

日程第10 議案第9号 平成21年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について

日程第11 議案第10号 平成22年度北名古屋市一般会計予算について

日程第12 議案第11号 平成22年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算について

日程第13 議案第12号 平成22年度北名古屋市老人保健特別会計予算について

日程第14 議案第13号 平成22年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算について

日程第15 議案第14号 平成22年度北名古屋市介護保険特別会計予算について

日程第16 議案第15号 平成22年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算について

日程第17 議案第16号 平成22年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算について

日程第18 議案第17号 北名古屋市職員の給与に関する条例及び北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について

日程第19 議案第18号 北名古屋市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例について

日程第20 議案第19号 北名古屋市職員の旅費に関する条例等の一部を改正する条例について

日程第21 議案第20号 北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例について

日程第22 議案第21号 北名古屋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例について

日程第23 議案第22号 北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

日程第24 議案第23号 北名古屋市運動広場等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

日程第25 議案第24号 市道路線の認定及び廃止について

日程第26 議案第25号 人権擁護委員の候補者の推薦について

日程第27 予算特別委員会の設置

日程第28 予算特別委員会委員長・副委員長の互選







             (午前10時00分 開  会)



○議長(太田考則君)

 皆さん、おはようございます。

 議員各位におかれましては定刻までにご参集をいただき、まことにありがとうございます。

 ただいまの出席議員は24名で、定足数に達しております。

 よって、会議は成立いたしましたので、ただいまから平成22年第1回北名古屋市議会定例会を開会いたします。

 開議に先立ち、市長より招集あいさつの申し出がありますので、これを許可いたします。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

 おはようございます。

 議長のお許しをいただきまして、一言ごあいさつをさせていただきます。

 ここに、平成22年第1回北名古屋市議会定例会をお願いしましたところ、全員の議員の皆様ご参集のもとに開会をしていただますこと、まずもって心から厚く御礼を申し上げます。

 北名古屋市も市政施行以来4年を迎えようという歳月を過ごしてまいったところであります。これまで市政誕生以来市民の融和、そして北名古屋市の人づくりに向かって、議員の皆さん方のたゆまぬ議員活動の中で、市政の安定と市民の福祉向上にひたむきに取り組んでいただきまして、盤石な北名古屋市の基礎を築いていただいたということであります。心から敬意を表するところであります。

 今、私たちは時代の変革と時勢を的確にとらえながら、さらなる北名古屋市の発展、そして市民のご要請にしっかりとこたえ得るべく北名古屋市を創造してまいらなければならないと存じます。そうした意味合いの中で、国政も大きく変貌いたしました。さまざまな角度から北名古屋市のこれからの取り組みが課題として浮き彫りになってきている昨今ではございますが、どうか堅実な姿にして、北名古屋市がしっかりとした、そして他市町村に誇り得る北名古屋市を皆さん方のお力添えをちょうだいしてさらに取り組んでまいる所存でございます。そうした意味においても、今定例会におきまして提案いたします数々の議案に対し、真摯に、そして積極的に慎重審議をちょうだいしまして、原案にご可決を賜りたいと、そんな思いでいっぱいでございます。大変ご厄介をかけますが、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。



○議長(太田考則君)

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました別紙のとおりであります。

 日程第1、会議録署名議員の指名につきましては、会議規則第81条の規定により、7番 大野 厚君、8番 青山喜代一君の2名を指名いたします。

 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今定例会の会期は、別紙でお手元まで配付いたしました会期日程案のとおり、本日から3月24日までの23日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(太田考則君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、今定例会の会期は、本日から3月24日までの23日間とすることに決しました。

 日程第3、諸般の報告に入ります。

 今定例会に監査委員から平成21年12月並びに平成22年1月及び2月に関する例月出納検査の結果について、並びに定例監査の結果についてが提出されておりますが、いずれもお手元に配付いたしましたとおりであります。朗読は省略いたします。

 次に、今定例会における議案について、別紙写しの議案の提出についてのとおり受理したことをご報告いたします。朗読は省略いたします。

 次に、今定例会の説明員を、地方自治法第121条の規定により出席を要求しましたところ、別紙写しの説明員の通知についてのとおり通知されましたので、受理したことをご報告いたします。朗読は省略いたします。

 次に、平成21年12月並び平成22年1月及び2月の議会活動状況日誌を配付しておきましたので、ご了承をお願いいたします。

 日程第4、請願提出に入ります。

 本日までに受理いたしました請願は、お手元に配付いたしました請願文書表のとおり、請願第1号の1件であります。会議規則第134条第1項の規定により、所管委員会に審査を付託いたします。

 日程第5、陳情提出に入ります。

 本日までに受理いたしました陳情は、お手元に配付いたしました陳情文書表のとおり、陳情第1号の1件であります。この1件の陳情につきましては、陳情文書表のとおり所管委員会に送付いたします。

 日程第6、議案第5号、平成21年度北名古屋市一般会計補正予算(第5号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第5号

   平成21年度北名古屋市一般会計補正予算(第5号)について

 平成21年度北名古屋市一般会計補正予算(第5号)について議会の議決を求める。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、林財務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 林財務部長。



◎財務部長(林俊光君)

 議案第5号、平成21年度北名古屋市一般会計補正予算(第5号)につきまして、ご説明を申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 平成21年度北名古屋市の一般会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6億3,714万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ232億8,643万6,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (繰越明許費の補正)

 第2条 繰越明許費の追加は、「第2表 繰越明許費補正」による。

 (債務負担行為の補正)

 第3条 債務負担行為の変更は、「第3表 債務負担行為補正」による。

 (地方債の補正)

 第4条 地方債の変更は、「第4表 地方債補正」による。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 この第5号補正予算につきましては、国の補正予算第2号で措置された地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業、安全・安心な学校づくり交付金を活用する学校校舎耐震改修事業、西春駅東西連絡橋エレベーター設置事業の予算を計上。各事業執行に伴う補助金等の確定、不用見込み額等の予算措置を主として編成をさせていただきました。

 歳入につきましてご説明をさせていただきますので、2ページをご覧ください。

 最初に、款6地方消費税交付金は、景気動向による消費の落ち込みにより4,000万円を減額。

 款9地方交付税は、特別交付税の交付見込みにより2,700万円を増額。

 款11分担金及び負担金は、保育所運営費保護者負担金で景気下落に伴う保護者の所得低下により2,422万円を減額。

 款13国庫支出金は項1国庫負担金で生活保護費負担金3,199万2,000円。

 項2国庫補助金で、小・中学校校舎耐震改修工事に係る安全・安心な学校づくり交付金、地域活性化・きめ細かな臨時交付金等2億6,154万9,000円。

 項3委託金で、子ども手当システム経費委託金813万6,000円をそれぞれ増額計上。

 款14県支出金は項1県負担金で生活保護費負担金等を増額。

 項2県補助金で緊急雇用創出事業基金事業費補助金を減額。児童福祉費補助金、市町村土木事業費補助金を増額。

 項3委託金は、県民税徴収事務委託金を増額し、款合計で3,595万円を増額。

 款15財産収入は、3人乗り自転車貸付収入10万円を新規計上。

 款16寄附金は、ふるさと納税寄附金30万6,000円を増額計上。

 款19諸収入は、市税延滞金を増額、給食費負担金、雇用保険料負担金を減額、生活保護費返還金等を増額。款合計1,133万2,000円を増額計上。

 3ページに移りまして、款20市債は小・中学校校舎耐震工事に充当するため合併特例債3億2,500万円を増額計上させていただきました。

 続きまして、歳出につきましてご説明申し上げますので、4ページをご覧ください。

 款1議会費は、不用見込み額310万円を減額。

 款2総務費は項1総務管理費で、臨時職員教材費等を減額し、地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業の対象事業費を一括計上したことにより、計1億56万4,000円を増額。

 項2徴税費は、税務事務費等不用見込み額960万円を減額。

 款3民生費は項1社会福祉費で、介護保険特別会計及び後期高齢者医療特別会計への繰出金を減額。子ども医療費は扶助費の不用見込み額を減額し、5,987万8,000円を減額。

 項2児童福祉費で、子ども手当システム構築等1,175万6,000円を増額。

 項3生活保護費で、生活保護世帯数の増加対応により、扶助費等4,730万円を増額。

 款4衛生費は塵芥処理費の塵芥収集事業及び資源分別収集事業費の不用見込み額1,138万6,000円を減額。

 款5労働費は、職業訓練助成事業補助金の不用見込み額418万円を減額。

 款6農林水産費は、生産調整補助金の不用見込み額110万円を減額。

 款8土木費は、項2道路橋梁費で道路台帳データ化業務委託料の不用見込み額551万2,000円を減額。

 項4都市計画費で、街路整備事業の調査設計委託料等不用見込み額を減額し、西春駅東西連絡橋東側へのエレベーター設置事業を追加計上したことにより、計7,267万6,000円を増額計上。

 5ページに移りまして、款10教育費は項1教育総務費で、非常勤講師学習指導事業費及びIT教育支援事業費の不要見込み額967万1,000円を減額。

 項2小学校費で、栗島小学校校舎耐震改修事業2億4,240万円を追加計上。

 項3中学校費で、訓原中学校校舎耐震改修事業2億7,470万円を追加計上。

 項4社会教育費は、図書館運営費臨時職員賃金の増額及びカウンター業務委託事業中止による不用見込み額を減額し、計413万円を減額。

 項5保健体育費で、インフルエンザ等による給食数の減により、給食の賄い材料費を400万円減額。

 款13諸支出金は、ふるさと納税寄附金30万6,000円をふるさと応援基金に積み立てるため追加計上させていただきました。

 続きまして、6ページをご覧ください。

 第2表 繰越明許費補正についてご説明をいたします。この表の7事業につきましては、平成21年度に事業完了しないため、平成22年度に繰り越して事業を行うため、繰越明許事業として設定させていただくものでございます。

 次に、第3表 債務負担行為補正は、第5特別養護老人ホーム用地取得が完了し、元利償還金が確定したことにより限度額を減額させていただくものでございます。

 7ページをご覧ください。

 第4表 地方債補正は栗島小学校、訓原中学校の校舎耐震改修工事を財源として、合併特例債を充当するため3億2,500万円を増額計上させていただくものでございます。

 以上、大変簡単ではございますが説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第7、議案第6号、平成21年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第6号

   平成21年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について

 平成21年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について議会の議決を求める。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、石黒市民健康部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 石黒市民健康部長。



◎市民健康部長(石黒秀夫君)

 議案第6号、平成21年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の45ページをお願いいたします。

 平成21年度北名古屋市の国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8,314万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ73億1,461万円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 歳入につきましてご説明を申し上げますので、46ページをお願いいたします。

 款3国庫支出金につきましては、前年度の確定に伴う精算分、国庫支出金の算定に係る医療給付費等の歳出を勘案しまして1億907万6,000円を増額計上。

 款4療養給付費等交付金につきましては、交付金の算定に係る退職被保険者の歳入及び歳出を勘案し、前年度の確定に伴う精算分として4,549万8,000円の増額計上。

 款5前期高齢者交付金につきましては、交付金の確定に伴い2,100万円の増額計上。

 款6県支出金につきましては、項1県負担金では、対象経費である共同事業拠出金の歳出を勘案し150万円の減額を、項2県補助金では、県補助金の算定に係る医療給付費等の歳出を勘案し、2,420万円の減額計上。

 款7共同事業交付金につきましては、高額な医療費の方の減少に伴い6,680万円の減額計上。

 款8財産収入につきましては、財政調整基金利子として7万円の増額計上をいたしました。

 次に、歳出のご説明を申し上げますので、47ページをお願いいたします。

 款2保険給付費、項1療養諸費では6,780万円の増額を、項2高額療養費では1,430万円の減額計上。

 款3後期高齢者支援金等につきましては、後期高齢者支援金の確定に伴い167万9,000円の増額計上。

 款6介護納付金につきましては、介護納付金の確定に伴い150万円の減額計上。

 款7共同事業拠出金につきましては、財源更正でございます。

 款9基金積立金につきましては、財政調整基金利子として7万円の増額計上。

 款10諸支出金につきましては、過年度分の国庫支出金返還金として2,939万5,000円の増額計上をいたしました。

 以上、簡単ではございますが説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第8、議案第7号、平成21年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第7号

   平成21年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について

 平成21年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について議会の議決を求める。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、石黒市民健康部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 石黒市民健康部長。



◎市民健康部長(石黒秀夫君)

 議案第7号、平成21年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)につきまして、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の65ページをお願いいたします。

 平成21年度北名古屋市の後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,562万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5億9,450万円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 歳入につきましてご説明を申し上げますので、66ページをお願いいたします。

 款1後期高齢者医療保険料につきましては、調定及び収入見込みを勘案し、特別徴収保険料600万円の減額を、普通徴収保険料3,000万円の増額計上。

 款2繰入金につきましては、均等割額の軽減に係る保険基盤安定繰入金の確定に伴い162万4,000円の増額計上をいたしました。

 次に、歳出についてご説明を申し上げます。

 67ページをご覧ください。

 款2後期高齢者医療広域連合納付金につきましては、保険料、保険基盤安定繰入金の増額に伴い2,562万4,000円の増額計上をいたしました。

 以上、簡単ではございますが説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第9、議案第8号、平成21年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第8号

   平成21年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第3号)について

 平成21年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第3号)について議会の議決を求める。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、池口福祉部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 池口福祉部長。



◎福祉部長(池口克八君)

 議案第8号、平成21年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第3号)につきまして、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の77ページをご覧いただきたいと存じます。

 平成21年度北名古屋市の介護保険特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,798万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ31億9,862万6,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入につきましてご説明をいたします。

 78ページをご覧いただきたいと存じます。

 款1保険料につきましては、第1号被保険者保険料の決算見込みにより2,898万7,000円を減額計上いたしました。

 款2国庫支出金につきましては906万8,000円を減額計上しました。

 款3支払基金交付金につきましては254万4,000円を減額計上いたしました。

 款4県支出金につきましては479万4,000円を増額計上いたしました。

 款6繰入金につきましては6,379万4,000円を増額計上いたしました。

 内訳の項1一般会計繰入金では、介護給付費繰入金といたしまして349万8,000円を、項2基金繰入金につきましては、介護給付準備基金からの繰り入れ6,029万6,000円をそれぞれ増額計上いたしました。この結果、介護給付準備基金の積立額は2億4,261万6,000円となるものでございます。

 続きまして、歳出についてご説明をいたします。

 79ページをご覧いただきたいと存じます。

 款2保険給付費につきましては、各介護サービス費の決算見込みにより2,798万9,000円を増額計上いたしました。

 内訳の項1介護サービス等諸費では3,893万8,000円を増額し、項2介護予防サービス等諸費は1,979万6,000円の減額。項3その他諸費につきましては財源更正でございます。項4高額介護サービス費は462万7,000円を増額、項5高額医療合算介護サービス費につきましては財源更正でございます。項6特定入所者介護サービス費は422万円を増額計上いたしました。

 以上、簡単ではございますが説明にかえさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第10、議案第9号、平成21年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第9号

   平成21年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について

 平成21年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について議会の議決を求める。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、樋口建設部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 樋口建設部長。



◎建設部長(樋口栄俊君)

 議案第9号、平成21年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について、内容をご説明申し上げます。

 補正予算書の103ページをご覧ください。

 平成21年度北名古屋市の西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,000万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億2,044万4,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (繰越明許費)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費」による。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入から順次説明をいたします。

 104ページをご覧ください。

 款1公共施設管理者負担金は、事業費の減額に伴い、愛知県負担金300万円を減額いたしました。

 款3国庫支出金は、まちづくり交付金の一部を一般会計へ振りかえたことにより700万円を減額いたしました。

 次に、歳出について説明をいたします。

 105ページをご覧ください。

 款2事業費につきまして、建物移転のおくれにより、予定していた占用物の移転を行うことができなかったため1,000万円を減額いたしました。

 最後に繰越明許費について説明いたします。

 106ページをご覧ください。

 繰越明許費は、駅前開発事業費のうち建物移転補償金として3,000万円を翌年度に繰り越しするものでございます。

 以上、簡単ではございますが説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第11、議案第10号、平成22年度北名古屋市一般会計予算についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第10号

   平成22年度北名古屋市一般会計予算について

 平成22年度北名古屋市一般会計予算について議会の議決を求める。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 本来ですと施政方針を申し述べるべきでございますが、今回におきましてはご案内のように、国の予算の動向が十分把握できていない背景が予算編成時にあります。そうした意味において、予算が新年度に向けて不明確となっておるということであります。それとあわせて、このたび4月11日告示されます市長選挙、こうした新たな市政体制の中で、市民のお声をしっかりと伺った中で、選挙後最初の定例会にしっかりとした内容をもってお示しし、所信表明をさせていただき、施政方針を述べさせていただきたいということでございます。

 また、これもご案内のとおりでありますが、北名古屋衛生組合の計画変更に伴います業務縮小等によりまして、当組合の職員の受け入れ態勢等々予算整理が確立されていなかったと。こうした面で、予算編成時に特異な現象の中で十分な予算編成ができない、いわゆる骨格予算に近い内容となっておりますので、その点十分議会の皆さん方ご理解いただきまして、施政方針についてこうした割愛をさせていただくことに対して、ご理解をちょうだいしたいということでございます。よろしくご理解のほどお願いいたします。

 内容につきましては、林財務部長をして説明をいたさせますので、よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 林財務部長。



◎財務部長(林俊光君)

 議案第10号、平成22年度北名古屋市一般会計予算につきましてご説明を申し上げます。

 予算書の1ページをご覧ください。

 平成22年度北名古屋市の一般会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ222億5,500万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (債務負担行為)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第2表 債務負担行為」による。

 (地方債)

 第3条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第3表 地方債」による。

 (一時借入金)

 第4条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は、20億円と定める。

 (歳出予算の流用)

 第5条 地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)各項に計上した給料、職員手当等及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 予算の内容につきましてご説明をさせていただきます。

 なお、説明につきましては、主な項目のみとさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。

 2ページをご覧ください。

 最初に歳入をご説明させていただきます。

 款1市税は123億6,370万円で、前年度比2億2,450万円の減額をいたしました。以下、増減につきましては、平成21年度当初予算との比較でございますので、よろしくお願いをいたします。

 項1市民税は54億5,450万円で、個人所得の落ち込みや法人の利益の低落により2億7,830万円の減額でございます。

 項2固定資産税は55億6,250万円で、家屋の新増築分の増加を見込み9,600万円の増額をいたしました。

 項3軽自動車税は9,630万円で250万円の増額。

 項4市たばこ税は4億9,440万円で、10月から税率の改正が予定されておりますが、喫煙者の減少を見込み5,470万円の減額でございます。

 項5都市計画税は7億5,600万円で1,000万円の増額をいたしました。

 市税の積算内容は、別冊予算資料の18ページ以降に掲載しておりますので、ご参照をいただきたいと存じます。

 款2地方譲与税は2億1,000万円で、エコカー減税の拡充等から1,300万円の減額を見込みました。

 款3利子割交付金は4,500万円で、金利の動向から1,200万円の減額をいたしました。

 款4配当割交付金は2,000万円で500万円の減額。

 款5株式等譲渡所得割交付金は800万円で、株価低迷を考慮し1,000万円を減額いたしました。

 款6地方消費税交付金は7億2,000万円で、消費動向の低迷及び平成21年度は13ヵ月分の交付されたことなどを考慮し1億円の減額としました。

 款7自動車取得税交付金は1億円で、自動車販売台数の低迷の現状から5,000万円を減額いたしました。

 3ページをご覧ください。

 款8地方特例交付金は1億5,000万円で、項1地方特例交付金において、子ども手当の公務員分が交付金で支給されることなどによる増額、恒久減税に伴う地方税の減収補てん分が平成21年度で終了することによる減額などで、1,400万円の減額を見込みました。

 款9地方交付税は6億3,000万円で、地方財政計画及び実績から5,500万円の増額をいたしました。

 款10交通安全対策特別交付金は1,800万円で、前年度と同額を見込みました。

 款11分担金及び負担金は3億5,358万7,000円で、保育園児保護者の所得低下に伴い3,633万5,000円の減額といたしました。

 款12使用料及び手数料は4億2,402万円で、名古屋市へのごみ処分委託に伴い、事業系可燃ごみの処理手数料を新たに計上したことによる1億8,085万6,000円の増額を見込みました。

 款13国庫支出金は24億6,966万9,000円で、10億1,175万円と大幅な増額でございます。これは子ども手当負担金12億8,418万3,000円を新たに計上したことによるもので、主なものは、障害者自立支援法負担金2億2,719万6,000円、生活保護費負担金4億6,500万円、師勝中学校整備事業に対する安全・安心な学校づくり交付金4,352万2,000円などでございます。

 款14県支出金は14億1,637万1,000円で4億1,082万3,000円の増額は、新たに緊急雇用創出事業基金事業費補助金6,830万5,000円、介護基盤緊急整備等臨時特例基金事業費補助金7,410万円の計上及び流域下水道関連環境整備事業費補助金の増額計上によるもので、ほかに障害者自立支援法負担金1億1,359万8,000円、子ども手当費負担金1億7,459万3,000円、福祉医療費補助金2億5,208万6,000円などを計上いたしております。

 4ページをご覧ください。

 款15財産収入は4,217万8,000円で、市が保有する普通財産のうち、売り払い収入などを計上いたしております。

 款16寄附金は2,000円でございます。

 款17繰入金は2億5,603万6,000円で、7億3,975万1,000円の大幅な減額計上といたしました。尾張土地開発公社から用地の再取得に充てる繰り入れにとどめたことによるものでございます。

 款18繰越金は5億円で、前年と同額といたしました。

 款19諸収入は8億5,243万7,000円で、8,392万4,000円の増額をいたしました。

 主なものは、商工業預託金元金1億9,400万円、給食材料費児童生徒等負担金3億4,830万円、緊急防災対策河川工事公共補償費6,199万6,000円などでございます。

 款20市債は16億7,600万円で、1億2,600万円を増額計上いたしました。その内容につきましては、後ほど第3表 地方債でご説明をさせていただきます。

 続きまして、歳出をご説明させていただきますので、5ページをご覧ください。

 款1議会費は2億6,098万9,000円で、414万6,000円の減額でございます。

 款2総務費は26億8,560万5,000円で、1億8,358万8,000円の増額でございます。

 主な事業は、自治会振興費5,937万9,000円、広報活動費3,300万9,000円、電子計算事務費1億360万1,000円、基幹業務システム事務費1億1,550万1,000円、自転車駐車場事業費4,275万8,000円、市内循環バス事業費6,176万円、国勢調査費3,775万3,000円などでございます。

 款3民生費は85億4,796万7,000円で、9億761万2,000円の増額で、子ども手当扶助費の計上が主な増加要因でございます。

 主なものは、項1社会福祉費では社会福祉協議会補助金6,423万4,000円、後期高齢者医療事業費3億4,647万9,000円、介護保険施設補助事業費9,826万5,000円、障害者自立支援事業費4億9,402万6,000円、障害者地域生活支援事業費8,013万4,000円、障害者施設補助事業費1億922万4,000円、福祉医療費6億6,494万8,000円などでございます。

 項2児童福祉費では、児童手当費・子ども手当費17億6,007万9,000円、児童扶養手当支給事業費2億6,033万8,000円、保育施設管理費、運営費、活動費、保育施設整備事業費で5億4,114万9,000円、生活保護扶助費6億2,000万円などでございます。

 款4衛生費は28億33万9,000円で3億6,401万2,000円の増額で、新たに名古屋市へのごみ処理委託料の計上が主な増加要因でございます。

 主なものは、項1保健衛生費で二次救急病院への整備事業運営費補助金1億784万7,000円、健康診査事業費9,895万8,000円、予防接種事業費1億5,262万1,000円、母子保健事業費1億841万2,000円、地球温暖化対策事業費1,545万円などでございます。

 項2清掃費では、北名古屋衛生組合負担金、ごみ・し尿合わせまして6億4,047万5,000円、名古屋市へのごみ処理委託料6億1,900万円、塵芥収集事業費2億9,879万円、資源分別収集事業費2億8,368万5,000円などでございます。

 款5労働費は1,447万3,000円で346万8,000円の減額です。

 主なものは、労働金庫預託金700万円、雇用対策事業費497万円などでございます。

 6ページをご覧ください。

 款6農林水産費は2億488万9,000円で、3,713万5,000円の増額でございます。

 主なものは、国営総合農地防災事業負担金などの農地事務費7,357万3,000円、水利施設管理費3,488万3,000円などでございます。

 款7商工費は3億5,225万8,000円で、3,478万6,000円の増額でございます。商工業事務費4,442万2,000円、商工業者金融対策事業費2億5,810万1,000円などが主なものでございます。

 款8土木費は24億4,843万2,000円で、4億7,132万9,000円の減額でございます。

 主なものは、道路橋りょうの管理、新設改良事業費4億1,193万6,000円、河川の管理、改良、整備事業費2億2,615万3,000円、街路整備、駅前街路事業費2億7,231万4,000円、流域下水道周辺対策事業費2億5,766万1,000円、児童遊園管理整備事業費1億5,602万1,000円、区画整理事業費1億5,850万円などでございます。

 款9消防費は8億2,082万4,000円で、328万4,000円の減額でございます。

 西春日井広域事務組合負担金6億8,369万円、非常備消防総務費3,892万3,000円、消防施設整備事業費3,031万3,000円などでございます。

 款10教育費は26億3,999万4,000円で、5億1,215万8,000円の減額でございます。

 主なものは、項1教育総務費で、学び支援事業費1億491万8,000円、IT教育支援事業費5,614万7,000円。

 項2小学校費で、小学校の管理運営、振興費2億8,576万4,000円、小学校整備事業費3,045万円。

 項3中学校費で、中学校の管理運営、振興費2億2,461万円、師勝中学校整備事業費等の中学校整備事業費3億1,843万円。

 項4社会教育費での施設の管理運営費は、文化勤労会館8,443万1,000円、図書館9,830万4,000円。

 項5保健体育費での施設の管理運営費は、健康ドーム9,115万5,000円、総合体育館6,251万7,000円、プール5,071万9,000円、給食センター管理運営費5億5,211万5,000円などでございます。

 款11災害復旧費は1,000円でございます。

 7ページをご覧ください。

 款12公債費は14億4,524万9,000円で1億6,111万2,000円の増額でございます。

 主な増加理由といたしましては、新たに移管金の償還及び利子の支払いが始まることによるものでございます。また一時借入金でございますが、補助金等の交付及び地方債の借り入れが事業完了後となるため、資金運用の必要性から限度額を20億円とさせていただくため、この利子分を計上いたしております。

 款13諸支出金は398万円で、各基金の運用益を積み立てるものでございます。

 款14予備費は3,000万円でございます。

 次に8ページをご覧ください。

 第2表 債務負担行為でご説明をいたします。

 住民情報システム更新業務は、現行の住民情報システムが平成24年4月以降の構築改正に対応できないこと及びシステム保守が終了するため、平成24年1月から新システム導入を予定し、平成22、23年度でシステムの構築を行うため設定するものでございます。

 次に、社会福祉法人西春日井福祉会(仮称)第5特別養護老人ホーム建設資金借入金元利償還補助金は、西春日井福祉会が(仮称)第5特別養護老人ホーム建設のため、借り入れる資金が平成23年度から32年度までの10年間で償還されるため、この間の元利償還金北名古屋市補助金分を設定するものでございます。

 次に、北名古屋市融資制度に係る愛知県信用保証協会損失補償は、市の融資制度に関して、愛知県信用保証協会がこうむった損失の2分の1の補償を設定するものでございます。

 次に、第3表 地方債についてご説明をいたします。

 起債の目的、限度額は、合併特例債を2億4,900万円、総合農地防災事業で3,300万円、河川改良事業で1,700万円、地方道路等整備事業で5,700万円、消防施設整備事業で2,000万円、臨時財政対策債を13億円の合計16億7,600万円をそれぞれ2.5%以内の利率で借り入れるをするものでございます。

 なお、予算の詳細につきましては、別冊で予算資料を添付させていただいておりますので、ご参照をいただきたいと存じます。

 以上、大変簡単ではございますが一般会計予算の説明とさせていただきます。よろしくご審議を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第12、議案第11号、平成22年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第11号

   平成22年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算について

 平成22年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算について議会の議決を求める。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、石黒市民健康部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 石黒市民健康部長。



◎市民健康部長(石黒秀夫君)

 議案第11号、平成22年度北名古屋市国民健康保険特別会計予算につきまして、内容をご説明申し上げます。

 特別会計予算書の1ページをお願いいたします。

 平成22年度北名古屋市の国民健康保険特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ72億9,000万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (歳出予算の流用)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合におけるこれらの経費の各項の間の流用。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは歳入につきましてご説明申し上げますので、2ページをお願いいたします。

 款1国民健康保険税につきましては、歳出の89.4%を占める保険給付費、後期高齢者支援金、介護納付金を勘案し、23億1,400万円を計上。

 款2使用料及び手数料につきましては8万1,000円を計上。

 款3国庫支出金につきましては、国庫支出金の算定に係る医療給付費等の歳出を勘案し、15億9,400万円を計上。

 項1国庫負担金では、歳出の保険給付費、後期高齢者支援金等及び介護納付金等の実績を勘案し、また高額医療費共同事業、特定健康診査、出産一時金で14億7,920万円を計上。

 項2国庫補助金では、財政調整交付金1億1,180万円、介護従事者処遇改善臨時特例交付金300万円を計上。

 款4療養給付費等交付金につきましては、退職者の医療費の状況を勘案いたしまして4億380万円を計上。

 款5前期高齢者交付金につきましては、前期高齢者の加入率により交付されるもので、15億2,200万円を計上。

 款6県支出金につきましては3億1,340万円を計上。

 項1県負担金では、高額医療費共同事業負担金の2,800万円を、特定健康診査負担金の740万円を、項2県補助金では、福祉医療費の波及に伴います補助金300万円を、財政調整交付金2億7,500万円を計上。

 款7共同事業交付金につきましては、対象となる高額な医療費の状況を見込み5億7,000万円を計上。

 款8財産収入につきましては1,000円を計上。

 款9繰入金につきましては4億3,043万7,000円を計上。

 項1他会計繰入金では、一般会計繰入金3億2,000万円、項2基金繰入金では、財政調整基金繰入金1億1,043万7,000円を計上。

 3ページをお願いいたします。

 款10繰越金につきましては1億2,300万円を見込み計上。

 款11諸収入につきましては、項1延滞金、加算金及び過料から項3雑入で1,928万1,000円を計上いたしました。

 歳入合計72億9,000万円でございます。

 次に、歳出についてご説明申し上げますので、4ページをお願いいたします。

 款1総務費につきましては5,000万円を計上。

 項1総務管理費では4,380万円を、項2徴税費では567万円を、項3運営協議会費では27万円を、項4趣旨普及費では26万円を計上。

 款2保険給付費につきましては、被保険者を2万5,200人、1万3,700世帯と見込み50億5,600万円を計上。

 項1療養諸費では45億7,620万円を、項2高額療養費では4億1,068万円を計上。項3移送費では8万8,000円を、項4出産育児諸費では6,303万2,000円を、項5葬祭諸費では600万円を計上。

 款3後期高齢者支援金等につきましては10億7,370万円を計上。

 款4前期高齢者納付金等につきましては503万円を計上。

 款5老人保健拠出金につきましては376万円を計上。

 款6介護納付金につきましては3億8,760万円を計上。

 5ページをお願いいたします。

 款7共同事業拠出金につきましては6億4,789万円を計上。

 款8保健事業費につきましては4,070万円を計上。

 項1保健事業費では320万円を、項2特定健康診査等事業費では3,750万円を計上。

 款9基金積立金につきましては1,000円を計上。

 款10諸支出金につきましては、項1償還金及び還付加算金、項2繰出金で531万9,000円を計上。

 款11予備費につきましては2,000万円を計上いたしました。

 歳出合計72億9,000万円でございます。

 以上、簡単ではございますが説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第13、議案第12号、平成22年度北名古屋市老人保健特別会計予算についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第12号

   平成22年度北名古屋市老人保健特別会計予算について

 平成22年度北名古屋市老人保健特別会計予算について議会の議決を求める。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、石黒市民健康部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 石黒市民健康部長。



◎市民健康部長(石黒秀夫君)

 議案第12号、平成22年度北名古屋市老人保健特別会計予算につきまして、内容をご説明申し上げます。

 特別会計予算書の45ページをお願いいたします。

 平成22年度北名古屋市の老人保健特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1,200万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 歳入につきましてご説明申し上げますので、46ページをお願いいたします。

 平成22年度の老人保健特別会計予算は、後期高齢者医療制度の創設に伴い、平成20年3月診療分までの月おくれ請求分の支払いに係る歳入歳出予算となっております。

 款1支払基金交付金につきましては3,000円を計上。

 款2国庫支出金につきましては1,000円を計上。

 款3県支出金につきましては1,000円を計上。

 款4繰越金につきましては1,199万円を計上。

 款5諸収入につきましては、項1延滞金、加算金及び過料から項3雑入で5,000円を計上いたしました。

 歳入合計1,200万円でございます。

 次に、歳出についてご説明申し上げますので、47ページをお願いいたします。

 大変申しわけございません。歳出のページ数ですが3ページをご覧いただきたいと思います。

 款1総務費につきましては7万8,000円を計上。これにつきましては需用費、役務費及び委託料等の一般事務経費でございます。

 款2医療諸費につきましては、医療給付費、医療費支給費及び審査支払い等の平成20年3月診療分までの月おくれ請求分として391万8,000円を計上。

 款3諸支出金につきましては、項1償還金及び還付加算金、項2繰出金で4,000円を計上。

 款4予備費につきましては800万円を計上いたしました。

 歳出合計1,200万円でございます。

 なお、老人保健特別会計は、法律の規定により平成22年度で会計を閉鎖といたします。

 以上、簡単ではございますが説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(太田考則君)

 ここで、一たん休憩いたします。

 休憩後の再開は11時15分といたしますので、定刻までに議場へご参集くださいますようお願いいたします。それでは一たん休憩いたします。



             (午前11時07分 休  憩)





             (午前11時15分 再  開)





○議長(太田考則君)

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 日程第14、議案第13号、平成22年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第13号

   平成22年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算について

 平成22年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算について議会の議決を求める。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、石黒市民健康部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 石黒市民健康部長。



◎市民健康部長(石黒秀夫君)

 議案第13号、平成22年度北名古屋市後期高齢者医療特別会計予算につきまして、内容をご説明申し上げます。

 特別会計予算書の1ページをご覧ください。

 平成22年度北名古屋市の後期高齢者医療特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ6億4,400万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 歳入につきましてご説明申し上げますので、2ページをご覧ください。

 款1後期高齢者医療保険料につきましては、被保険者を6,030人と見込み、5億6,573万8,000円の増額計上。

 款2繰入金につきましては、一般会計からの繰入金で均等割額に係る保険料軽減額及び事務費として7,411万1,000円の増額計上。

 款3繰越金につきましては300万円を計上。

 款4諸収入につきましては、項1延滞金、加算金及び過料から項4雑入までの115万1,000円を計上いたしました。

 歳入合計6億4,400万円でございます。

 次に、歳出について説明を申し上げますので、3ページをお願いいたします。

 款1総務費につきましては1,635万5,000円の減額計上。

 項1総務管理費では1,440万5,000円を、項2徴収費では195万円を計上。

 款2後期高齢者医療広域連合納付金につきましては6億2,564万5,000円の増額計上。

 款3諸支出金につきましては、項1償還金及び還付加算金、項2繰出金で200万円を計上いたしました。

 歳出合計6億4,400万円でございます。

 以上、簡単ではございますがご説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第15、議案第14号、平成22年度北名古屋市介護保険特別会計予算についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第14号

   平成22年度北名古屋市介護保険特別会計予算について

 平成22年度北名古屋市介護保険特別会計予算について議会の議決を求める。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、池口福祉部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 池口福祉部長。



◎福祉部長(池口克八君)

 議案第14号、平成22年度北名古屋市介護保険特別会計予算につきまして、内容をご説明申し上げます。

 介護保険特別会計予算書の1ページをご覧いただきたいと存じます。

 平成22年度北名古屋市の介護保険特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ34億4,200万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (歳出予算の流用)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合におけるこれらの経費の各項の間の流用。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入につきましてご説明いたします。

 2ページ及び3ページをご覧いただきたいと存じます。

 款1保険料につきましては、第4期介護保険事業計画の2年目に当たりますが、第1号被保険者数の見込みにより前年度より0.06%、47万8,000円減の7億5,326万2,000円を計上いたしました。

 款2国庫支出金につきましては6億1,103万3,000円で、項1国庫負担金につきましては、保険給付費の施設等給付費分の15%と居宅給付費分の20%を合わせて5億8,450万5,000円を、項2国庫補助金につきましては、介護予防事業費の25%と包括的支援事業・任意事業費の40%を地域支援事業交付金として2,652万8,000円を計上いたしました。

 款3支払基金交付金につきましては9億9,590万8,000円で、第2号被保険者に係る負担分として保険給付費と介護予防事業費の30%を計上いたしました。

 款4県支出金につきましては4億9,683万2,000円で、項1県負担金につきましては、保険給付費の施設等給付費分の17.5%と居宅給付費分の12.5%を合わせて4億8,356万8,000円を、項2県補助金につきましては、介護予防事業費の12.5%と包括的支援事業費・任意事業費の20%を合わせて1,326万4,000円を計上いたしました。

 款5財産収入につきましては、介護給付準備基金及び介護従事者処遇改善臨時特例基金の利子55万5,000円を計上いたしました。

 款6繰入金につきましては5億5,274万1,000円で、項1一般会計繰入金につきましては保険給付費と介護予防事業費の12.5%、包括的支援事業費・任意事業費の20%、その他一般会計繰入金と合わせて4億6,936万5,000円を計上し、項2基金繰入金につきましては、介護給付準備基金及び介護従事者処遇改善臨時特例基金からの繰入金として8,337万6,000円を計上いたしました。

 款7繰越金につきましては、平成21年度の決算見込みにより3,000万円を計上いたしました。

 款8諸収入につきましては166万9,000円で、項1延滞金、加算金及び過料を10万円、項2預金利子は科目設定で1,000円、項3雑入につきましては還付未済金、地域支援事業利用者負担金及び後見人申立費用戻入として156万8,000円を計上いたしました。

 次に、歳出につきましてご説明いたします。

 4、5ページをご覧いただきたいと存じます。

 款1総務費につきましては、総務管理費、徴収費、介護認定審査会費等4,530万4,000円を計上いたしました。

 款2保険給付費につきましては、第4期介護保険事業計画及び事業実績に基づき32億8,638万3,000円を計上いたしました。

 項1介護サービス等諸費として29億8,287万9,000円、項2介護予防サービス等諸費として1億3,497万4,000円、項3その他諸費として284万3,000円、項4高額介護サービス費として4,426万1,000円、項5高額医療合算介護サービス費として465万3,000円、そして項6特定入所者介護サービス費として1億1,677万3,000円を計上いたしました。

 款3地域支援事業費につきましては7,885万5,000円で、項1介護予防事業費は3,335万4,000円、項2包括的支援事業・任意事業費は4,550万1,000円を計上いたしました。

 款4基金積立金につきましては、介護給付準備基金及び介護従事者処遇改善臨時特例基金利子の積み立てとして55万5,000円を計上いたしました。

 款5諸支出金につきましては90万3,000円で、項1償還金及び還付加算金は90万2,000円、項2繰出金は科目設定で1,000円を計上いたしました。

 款6予備費につきましては、保険給付費の1%相当額の3,000万円を計上いたしました。

 以上、簡単でございますが説明にかえさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第16、議案第15号、平成22年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第15号

   平成22年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算について

 平成22年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算について議会の議決を求める。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、樋口建設部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 樋口建設部長。



◎建設部長(樋口栄俊君)

 議案第15号、平成22年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算について、内容をご説明申し上げます。

 予算書の1ページをご覧ください。

 平成22年度北名古屋市の西春駅西土地区画整理事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億5,500万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入から順次説明をいたします。

 2ページをご覧ください。

 款1公共施設管理者負担金は、道路管理者となる北名古屋市からの負担金4,000万円を計上いたしました。

 款2使用料及び手数料は、仮換地の証明書発行に伴う手数料1,000円を計上いたしました。

 款3繰入金は、一般会計からの繰入金1億1,399万7,000円を計上いたしました。

 款4繰越金は100万円を計上いたしました。

 款5諸収入は、預金利子1,000円と事業計画概要版売払代金1,000円の2,000円を計上いたしました。

 次に歳出について説明をいたします。

 3ページをご覧ください。

 款1総務費では48万2,000円を計上。その主なものといたしまして、土地区画整理審議会委員の報酬、権利者への郵送料及び仮設店舗の維持管理費等でございます。

 款2事業費は1億4,483万5,000円を計上。その主なものといたしましては、工事請負費で区画道路の整備費等4,024万5,000円、建物等の移転補償費9,597万4,000円でございます。

 款3公債費は768万3,000円を計上、その内容は起債償還元金450万7,000円と起債に対する利子317万6,000円でございます。

 款4諸支出金は、一般会計への繰出金として100万円を計上いたしました。

 款5予備費は100万円を計上いたしました。

 以上、簡単ではございますが説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第17、議案第16号、平成22年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第16号

   平成22年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算について

 平成22年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算について議会の議決を求める。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 内容につきましては、樋口建設部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 樋口建設部長。



◎建設部長(樋口栄俊君)

 議案第16号、平成22年度北名古屋市公共下水道事業特別会計予算について、内容をご説明申し上げます。

 予算書の1ページをご覧ください。

 平成22年度北名古屋市の公共下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ18億2,500万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (地方債)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 それでは、歳入から順次説明を申し上げます。

 2ページをご覧ください。

 款1分担金及び負担金は、公共下水道工事に充てるための下水道事業受益者負担金1億3,550万円を計上いたしました。

 款2使用料及び手数料は、下水道の供用開始による下水道使用料や指定工事店の申請手数料など1億3,658万5,000円を計上いたしました。

 款3国庫支出金は、公共下水道工事や移転補償費などに対する補助金として3億490万円を計上いたしました。

 款4県支出金は、公共下水道工事に対する補助金として126万円を計上いたしました。

 款5繰入金は、一般会計からの繰入金4億円を計上いたしました。

 款6繰越金は100万円を計上いたしました。

 款7諸収入は、平成21年度分の工事等に対する消費税等還付金など5,025万5,000円を計上いたしました。

 款8市債は、公共下水道の整備や流域下水道建設負担金に充てるため整備事業債として7億9,550万円を計上いたしました。

 次に歳出について説明をいたします。

 4ページをご覧ください。

 款1総務費は1億4,555万1,000円を計上。その主なものは、新川東部浄化センターの維持管理に伴う下水道維持管理費でございます。

 款2下水道建設費では14億3,460万8,000円を計上。その主なものは、約20ヘクタールの汚水整備事業費9億7,465万7,000円、雨水整備事業費2億1,038万円、流域下水道の整備に伴う負担金2億4,957万1,000円を計上いたしました。

 款3公債費は、市債の元利償還金2億4,284万1,000円を計上いたしました。

 款4諸支出金は、一般会計への繰出金として100万円を計上いたしました。

 款5予備費は100万円を計上いたしました。

 次に5ページをご覧ください。

 第2表 地方債について説明いたします。

 地方債は、公共下水道整備事業の限度額を5億4,610万円、流域下水道整備事業の限度額を2億4,940万円とし、いずれも年2.5%以内の利率で借り入れをするものでございます。

 以上、簡単ではございますが説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第18、議案第17号、北名古屋市職員の給与に関する条例及び北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第17号

   北名古屋市職員の給与に関する条例及び北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市職員の給与に関する条例及び北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、職員に支給している地域手当の支給率を給料の100分の10から100分の3に減ずるため及び労働基準法の改正に伴い1箇月の時間外勤務が60時間を超える場合の取り扱いを規定するため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第17号、北名古屋市職員の給与に関する条例及び北名古屋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例につきまして、ご説明申し上げます。

 本案は、昇給抑制を行う職員の範囲を国家公務員に準じて改め、また地域手当の支給率を給料の100分の10から100分の3に減じ、さらには時間外労働の限度に関する基準の見直し、法定割り増し賃金率の引き上げを行う改正労働基準法の施行に伴い、1箇月の時間外勤務が60時間を超える場合の割り増し率を100分の125の場合、100分の150に割り増しするか、または代休時間として勤務を休ませるかという措置について規定するため、関係条例の一部を改めるものでございます。

 なお、再任用短時間勤務職員及び育児短時間勤務職員につきましても、本改正により同様の措置が適用されるものでございます。

 以上、簡単ですが説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願いを申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第19、議案第18号、北名古屋市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第18号

   北名古屋市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市職員の特殊勤務手当に関する条例(平成18年北名古屋市条例第50号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、清掃業務に従事した職員に対して支給する清掃業務手当を廃止するため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第18号、北名古屋市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。

 本案は、清掃業務に従事する職員に対し、勤務1日に対し1,500円を支給していたものを廃止するため、本条例の一部を改めるものでございます。

 なお、手当の支給は平成19年以降毎年500円ずつ減額し、平成21年4月を最後に支給しておりません。

 以上、簡単ですが説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願いを申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第20、議案第19号、北名古屋市職員の旅費に関する条例等の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第19号

   北名古屋市職員の旅費に関する条例等の一部を改正する条例について

 北名古屋市職員の旅費に関する条例等の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、一般職の職員の公務による旅行に関し、当分の間、日当の支給を行わないようにするため、関係条例の一部を改める必要があるからでございます。

 内容につきましては、岩越総務部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いします。



○議長(太田考則君)

 岩越総務部長。



◎総務部長(岩越雅夫君)

 議案第19号、北名古屋市職員の旅費に関する条例等の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。

 本案は、職員の公務による旅行に関し、当分の間、日当の支給を行わないようにするため関係条例の一部を改めるものでございます。

 第1条では、北名古屋市職員の旅費に関する条例の附則において、日当及び日額旅費を支給しない旨を規定しております。

 また、第2条以下では、職員に準じて旅費を支払う旨が規定されている特別職等の旅費及び費用弁償に関する支給を規定した条例の一部を改めています。第2条では常勤の特別職について、第3条では非常勤の特別職について、第4条では議会の議員について、第5条では固定資産評価審査委員会が出席及び証言を求めた関係者について、第6条では消防団員について、それぞれ従前どおりに日当を支給するための改正を行っています。

 以上、簡単ですが説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願いを申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第21、議案第20号、北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第20号

   北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市医療費支給条例(平成18年北名古屋市条例第116号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、子ども医療費の支給要件の拡大に伴い、本条例の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、石黒市民健康部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 石黒市民健康部長。



◎市民健康部長(石黒秀夫君)

 議案第20号、北名古屋市医療費支給条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。

 本案は、子ども医療費の拡大につきまして、現行の小学校1年生から小学校6年生を対象として、通院費に係る医療費の自己負担額の3分の2を申請に基づき助成をいたしておりますが、この助成の範囲を平成22年4月診療分から中学校3年生まで拡大するものであります。

 この条例は公布の日から施行するものであります。

 以上、簡単ではございますが説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第22、議案第21号、北名古屋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第21号

   北名古屋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市児童クラブ設置条例(平成18年北名古屋市条例第104号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、師勝南児童クラブ及び西春児童クラブの定員等を変更することに伴い、本条例の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、池口福祉部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 池口福祉部長。



◎福祉部長(池口克八君)

 議案第21号、北名古屋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。

 本案は、師勝南児童クラブ及び西春児童クラブの定員の変更に伴い関係条文を改めようとするものでございます。

 主な改正内容につきましては、新旧対照表をご覧ください。

 別表第1中、師勝南児童クラブを二つに分割し、名称を「師勝南ほほえみ児童クラブ」と「師勝南ゆめっ子児童クラブ」に、位置の括弧内の「北名古屋市立師勝南小学校内」を「師勝南児童クラブ室内」にして、定員をそれぞれ40人とし、西春児童クラブにつきましても二つに分割し、名称を「西春ほほえみ児童クラブ」「西春ゆめっ子児童クラブ」として、位置の括弧内の「北名古屋市児童クラブ室内」を「西春児童クラブ室内」、定員は前者を50人と後者を30人に改めるものでございます。

 なお、この条例につきましては、平成22年4月1日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが説明にかえさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第23、議案第22号、北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第22号

   北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例(平成18年北名古屋市条例第105号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、師勝南小学校の校舎内で実施している児童クラブを、新たに設置する児童クラブ室で運営することに伴い、本条例の一部を改めるため必要があるからであります。

 内容につきましては、池口福祉部長をして説明いたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 池口福祉部長。



◎福祉部長(池口克八君)

 議案第22号、北名古屋市児童クラブ室の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。

 本案は、師勝南小学校の校舎内で実施している児童クラブを、新たに設置する児童クラブ室で運営することに伴い、関係条文を改めようとするものでございます。

 主な改正内容につきましては、新旧対照表をご覧いただきたいと存じます。

 第3条の表の名称欄の「北名古屋市児童クラブ室」を「西春児童クラブ室」に改める。その次に、師勝南児童クラブ室の名称と位置、北名古屋市二子曙1番地1を加えるよう改めるものです。

 第4条、対象者では、クラブ室を利用できる者として、先ほどの議案第21号で提案させていただきました西春児童クラブと師勝南児童クラブの、それぞれ「ほほえみ」「ゆめっ子」の4児童クラブの利用を承認された児童のみとし、第5条、開室時間として、今まで規則で規定していたものを条例に明記するとともに、退室時間の月曜日から金曜日までは午前10時から午後7時30分までとし、小学校の休業日は午前7時30分から午後7時30分までとするものです。

 次に、第6条の休室日については、日曜日及び土曜日、国民の祝日に関する法律に規定する休日、12月29日から翌年の1月3日まで。

 第7条に、雑則として、この条例の施行に関し、必要な事項は市長が別に定める旨の規定を設け、第8条から第12条までを削除するものでございます。

 なお、ここまでの改正は平成22年4月1日から施行するものでございます。

 次に第2条による改正ですが、第6条の休室日については、第1号の「及び」を削り、7月1日から現在7ヵ所で実施しているクラブのうち2ヵ所と、児童館内で行っている児童クラブ3ヵ所を土曜日についても児童クラブを実施するため改正するものでございます。

 また、本文附則の第2項につきましては、関係条文を整備するものでございます。

 以上、簡単ではございますが説明にかえさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(太田考則君)

 間もなく正午になりますが会議を続行いたします。

 日程第24、議案第23号、北名古屋市運動広場等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第23号

   北名古屋市運動広場等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

 北名古屋市運動広場等の設置及び管理に関する条例(平成18年北名古屋市条例第85号)の一部を別紙のとおり改正するものとする。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、運動広場を新たに設置することに伴い、本条例の一部を改めるため必要があるからでございます。

 内容につきましては、早瀬教育部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 早瀬教育部長。



◎教育部長(早瀬守君)

 議案第23号、北名古屋市運動広場等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。

 本案は、運動広場を新たに設置することに伴い、条例第2条の別表にその名称と位置を追加し、適正に管理しようとするものでございます。

 この運動広場の名称は、北名古屋市久地野運動広場、その位置は北名古屋市久地野戌亥14番地で、その面積は1,616平方メートルでございます。詳しくは新旧対照表、位置図を添付しておりますのでご参考にお願いいたします。

 なお、この条例は平成22年4月1日から施行するものでございます。

 以上、簡単ですがご説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 日程第25、議案第24号、市道路線の認定及び廃止についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第24号

   市道路線の認定及び廃止について

 道路法(昭和27年法律第180号)第8条第2項及び第10条第3項の規定に基づき、別紙のとおり市道路線の認定及び廃止をするものとする。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 提案理由

 この案を提出するのは、流域下水道関連環境整備事業に伴う道路改良により、市道路線の認定及び廃止をする必要があるからでございます。

 内容につきましては、樋口建設部長をして説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。



○議長(太田考則君)

 樋口建設部長。



◎建設部長(樋口栄俊君)

 議案第24号、市道路線の認定及び廃止についてご説明申し上げます。

 本案は、流域下水道の関連環境整備事業に伴う道路改良により、現道の市道C−1673号線を延伸することにより起・終点に変更が生じるため、市道路線の認定及び廃止を行うものでございます。

 調書にありますように、路線の廃止につきましては、路線名C−1673号線、起点は北名古屋市加島新田南田面230番1地先、終点は北名古屋市九之坪東ノ川181番地先まで、延長は182メートルでございます。

 次に路線の認定につきましては、路線名C−1673号線、起点は北名古屋市加島新田南田面230番1地先、終点は北名古屋市九之坪東ノ川143番地先まで、延長は約278メートルでございます。

 なお、別添資料といたしまして、認定及び廃止の場所図を添付してありますので、ご参照いただきたいと存じます。

 以上、簡単ではございますが説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(太田考則君)

 日程第26、議案第25号、人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長瀬市長。



◎市長(長瀬保君)

議案第25号

   人権擁護委員の候補者の推薦について

 次の者を人権擁護委員の候補者として推薦したいから、人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定により議会の意見を求める。

  平成22年3月2日提出

                      北名古屋市長 長 瀬   保

 住所 北名古屋市六ツ師677番地

 氏名 大野洋子

 生年月日 昭和21年2月1日

 提案理由

 この案を提出するのは、人権擁護委員 大野洋子氏が平成22年6月30日に任期満了となるので、同氏を適任と認め、人権擁護委員の候補者として推薦したいからであります。

 ご本人に対します履歴書を別紙参考資料として添付しておきました。ご参照いただきたいと存じます。以上でございます。



○議長(太田考則君)

 お諮りいたします。

 本案については、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(太田考則君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。

 これより本案について採決をいたします。

 本案については、原案のとおり適任者することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(太田考則君)

 起立全員であります。

 よって、本案につきましては原案のとおり適任者とすることに決しました。

 日程第27、予算特別委員会の設置についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 平成21年度の北名古屋市一般会計及び特別会計の補正予算に関する議案並びに平成22年度の北名古屋市一般会計及び特別会計の予算に関する議案を審査するため、24名の委員をもって構成する予算特別委員会を設置したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(太田考則君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、24名の委員をもって構成する予算特別委員会を設置することに決しました。

 日程第28、予算特別委員会委員長・副委員長の互選についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 議会運営の先例申し合わせ事項の規定により、予算特別委員会の委員長に、茶納邦夫君、副委員長に日栄政敏君を選任することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(太田考則君)

 ご異議なしと認めます。

 よって、予算特別委員会の委員長に茶納邦夫君、副委員長に日栄政敏君を選任することに決しました。

 以上をもって本日の議事日程は全部終了いたしました。

 次の本会議は、3月9日午前10時より開きますので、定刻までに議場へご参集くださいますようお願いいたします。

 本日はこれをもって散会といたします。ありがとうございました。



             (午後0時06分 散  会)









△会期日程(案)





平成22年第1回北名古屋市議会定例会会期日程(案)



自 平成22年3月2日

会 期             23日間

至 平成22年3月24日


月日曜会  議  名開 議 時 刻摘     要
32火本会議午前10時〇開会
〇市長招集挨拶
〇会議録署名議員の指名
〇会期の決定
〇諸般の報告
〇請願提出
〇陳情提出
〇議案の上程
〇提出者の説明
〇議案に対する質疑(25号)
〇討論(25号)
〇採決(25号)
〇予算特別委員会の設置
〇予算特別委員会委員長・副委員長の互選
33水     休会
34木     休会
35金     休会
36土     休会
37日     休会
38月議会運営委員会午後1時30分〇諮問事項協議
39火本会議午前10時〇議案に対する質疑
〇議案の委員会付託
〇一般質問
310水本会議予備日    
311木予算特別委員会午前10時〇付託議案審査
312金予算特別委員会午前10時〇付託議案審査
313土     休会
314日     休会
315月福祉教育常任委員会午前10時〇付託議案審査
316火建設常任委員会午前10時〇付託議案審査及び所管事項審査
317水総務常任委員会午前10時〇付託議案審査及び所管事項審査
318木     休会
319金     休会
320土     休会
321日     休会
322月     休会
323火議会運営委員会午前10時〇諮問事項協議
324水本会議午前10時〇委員長報告
〇委員長報告に対する質疑
〇討論
〇採決
〇閉会中継続調査の申出
〇市長挨拶
〇閉会
全員協議会本会議終了後  








△請願文書表


請 願 文 書 表平成22年第1回北名古屋市議会定例会提出
請願
番号受理年月日
(受理番号)件       名請願代表者氏名紹介議員氏名所管委員会
請願
第1号平成22年
2月18日
(66)国民健康保険税の引き下げを求める請願北名古屋市熊之庄古井16
 正岡  修渡邉 紘三福祉教育常任委員会








△陳情文書表


陳 情 文 書 表平成22年第1回北名古屋市議会定例会提出
陳情
番号受理年月日
(受理番号)件       名陳情代表者氏名所管委員会
陳情
第1号平成21年
12月9日
(558)憲法違反の外国人参政権による選挙を実施しないことを再確認する陳情愛知県尾張旭市狩宿町
1−106−2
 北山 貴之総務常任委員会