議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 日進市

平成17年  5月 臨時会(第1回) 05月17日−01号




平成17年  5月 臨時会(第1回) − 05月17日−01号









平成17年  5月 臨時会(第1回)



     平成17年第1回日進市議会臨時会本会議[5月17日(火)]

1.開会式      平成17年5月17日(火)午前9時30分

                  議長挨拶

                  市長挨拶

1.開議       午前9時33分 議長宣告

1.会議に出席した議員

         1番 折原由浩      2番 下地康夫

         3番 田中紀男      4番 片岡志保

         5番 山田 茂      6番 村瀬志げ子

         7番 寺本芳樹      8番 浅井芳夫

         9番 正木和彦      10番 後藤尚子

         11番 白井えり子     12番 西尾克彦

         13番 峯 隆之      14番 小屋登美子

         15番 渡邊明子      16番 朝倉弥介

         17番 和田幸雄      18番 余語充伸

         19番 鈴村修波      20番 山田芙美夫

         21番 茅野正寿      22番 福安克彦

         23番 高木弘美      24番 武田 司

         25番 小池ていじ     26番 中川増雄

1.会議に欠席した議員

         なし

1.地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名

   市長        佐護 彰   助役        中川勝美

   収入役       市岡俊寛   教育長       穂積克彦

   市長公室長     松本幸治   総務部長      青山 陽

                    生涯支援部長兼

   総務部参事     萩野和延             堀之内秀紀

                    福祉事務所長

   産業環境部長    花植里美   都市建設部長    石原 束

   教育振興部長    萩野修二   教育振興部参事   福和冨士男

                    総務部次長兼

   監査委員事務局長  小澤史郎             伊藤一正

                    総務課長

   教育振興部次長兼

             山田雄志   税務課長      與語 了

   スポーツ課長

   教育行政課長    水野和秀

1.会議に職務のために出席した者の職氏名

   議会事務局長    中川利美   書記        佐藤邦男

1.会議に付した事件

  議案第44号 専決処分事項の承認を求めることについて

         (日進市税条例の一部を改正する条例)

  議案第45号 専決処分事項の承認を求めることについて

         (日進市都市計画税条例の一部を改正する条例)

  議案第46号 工事請負契約の締結について

         (日進中学校体育館建設工事)

  議案第47号 日進市監査委員の選任について

  意見書案第1号 「障害者自立支援法」に関する意見書

1.議事日程

       ◯議会運営委員長報告

  日程第1 会議録署名者の指名

  日程第2 会期の決定

  日程第3 議案第44号及び議案第45号について

       (上程・説明・質疑・討論・採決)

  日程第4 議案第46号について

       (上程・説明・質疑・委員会付託・委員長報告・報告に対する質疑・討論・採決)

  日程第5 意見書案第1号について

       (上程・質疑・討論・採決)

  日程第6 常任委員会委員の選任

  日程第7 議会運営委員会委員の選任

  日程第8 特別委員会委員の選任

  日程第9 議長辞職の件

  日程第10 議長選挙

  日程第11 副議長辞職の件

  日程第12 副議長選挙

  日程第13 愛知中部水道企業団議会議員選挙

  日程第14 尾三消防組合議会議員選挙

  日程第15 尾三衛生組合議会議員選挙

  日程第16 日東衛生組合議会議員選挙

  日程第17 尾張農業共済事務組合議会議員選挙

  日程第18 議案第47号について

       (上程・説明・質疑・討論・採決)

  日程第19 議会閉会中の常任委員会所管事項継続調査並びに議会運営委員会所管事項継続調査の申し出について

  日程第20 議員派遣の件

1.閉議        午後11時43分 議長宣告

1.閉会式       午後11時44分 議長挨拶

                   市長挨拶

                    開会式

                 午前9時30分 開式



◎(中川事務局長) ただいまから平成17年第1回日進市議会臨時会の開会式を行いますので、御起立願います。

 最初に、議長からあいさつがあります。

                 〔議長 武田 司登壇〕



○議長(武田司) おはようございます。

 平成17年第1回日進市議会臨時会の開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日臨時会を開会しましたところ、議員各位並びに執行機関の皆様には御出席を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 さて、今期臨時会の付議事件は、市長から3議案があります。このほか議会構成に関する案件もございます。いずれの案件につきましても御精励賜りまして、慎重なる御審議、御審査を重ねられ適切なる議決をいただき、また、議事の円滑な運営に格段の御協力を賜りますようお願いを申し上げまして、あいさつとさせていただきます。



◎(中川事務局長) 次に、市長からあいさつがあります。

                 〔市長 佐護 彰登壇〕



◎(佐護市長) 平成17年第1回日進市議会臨時会の開会に当たりまして、私の方からも一言ごあいさつを申し上げます。

 日ごとに日差しの強さが増してまいりまして、もえ出る新緑若葉のころとなりました。まさに、生命の息吹を感じる今日この頃でございます。

 議員各位におかれましては、何かとお忙しい中、本臨時会に御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。

 本臨時会に上程をさせていただきます議案は、第44号から第46号までの3議案でございます。

 なお、監査委員の選任につきまして、議案第47号として追加提案をさせていただきますので、あわせて御審議を賜り、適切な御議決をいただきますようお願いを申し上げます。

 また、先ほども議長の方からもお話がございましたが、本議会は議会役員の選出を行う議会でもございます。議員各位におかれましては、議事運営につきまして格段の御協力を賜り、円満のうちに終了されますよう御祈念を申し上げまして、私からのごあいさつとさせていただきます。

 よろしくお願いいたします。



◎(中川事務局長) これをもちまして、第1回臨時会の開会式を終わります。

 御着席願います。

                 午前9時33分 閉式

              −−−−−−−−−−−−−−−−−

                 午前9時33分 開議



○議長(武田司) 開議に先立ち報告します。

 本日の出席説明員は、お手元に配付したとおりです。

 ただいまの出席議員数は26人です。定足数に達していますので、平成17年第1回日進市議会臨時会を開会します。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付した日程表のとおりです。

 日程に入る前に、議会運営委員長から報告を行っていただきます。

 議会運営委員会 鈴村委員長。

             〔議会運営委員会 鈴村修波委員長登壇〕



◆(議会運営委員会鈴村修波委員長) おはようございます。

 議長の御指名がございましたので、平成17年5月10日及び本日開催しました議会運営委員会の協議の内容と、その結果について報告いたします。

 委員会は、委員全員と市長を始め、関係者の出席を得て開催をいたしました。

 協議内容は、平成17年第1回日進市議会臨時会の運営についてであります。

 初めに、市長から提案されます議案第44号から議案第46号までの3議案について説明を受け、続いて運営について協議をしました。この結果、次の議事日程とすることと決しました。

 会期は本日、5月17日の1日間とすることとし、日程第1で、会議録署名者に26番中川増雄議員、1番折原由浩議員を議長から指名し、日程第2で会期の決定を行っていただきます。

 日程第3の議案第44号及び議案第45号はいずれも専決処分に係るもので、一括議題とし、上程、市長から提案説明、質疑の後、委員会付託を省略し、討論・採決まで行っていただきます。

 日程第4、議案第46号を議題とし、上程・説明・質疑・委員会付託の後、本会議を休憩し、休憩の間に委員会審査を行い、本会議再開後、委員長報告、報告に対する質疑・討論・採決まで行っていただきます。

 日程第5で意見書案第1号を議題とし、説明及び委員会付託を省略し、上程・質疑・討論・採決まで行っていただきます。

 日程第6及び日程第7、各常任委員会及び議会運営委員会委員の選任については、委員選任表を配付し、議長から指名していただきます。

 日程第8においては、議会広報特別委員会及び名古屋瀬戸道路特別委員会の委員の選任について、委員選任表を配付し、議長から指名していただきます。

 なお、本日の議事日程に変更が生じた場合は、議長において取り計らっていただくことを了承しました。

 以上で議会運営委員会の報告を終わります。



○議長(武田司) 以上で報告を終わります。

 これより本日の日程に入ります。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武田司) 日程第1、会議録署名者の指名を行います。

 会議録署名者は、会議規則第81条の規定により、議長から26番中川増雄議員、1番折原由浩議員を本臨時会の会議録署名者に指名します。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武田司) 日程第2、会期の決定を議題とします。

 お諮りします。本臨時会の会期は、本日5月17日の1日間としたいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、会期は本日1日間と決定しました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武田司) 日程第3、議案第44号及び議案第45号を一括議題とします。

 各議案はお手元に配付したとおりです。

 各議案について提案説明を求めます。説明者、市長。

                 〔市長 佐護 彰登壇〕



◎(佐護市長) 議長の御指名をいただきましたので、上程をいたしました議案第44号及び第45号について、御説明を申し上げます。

 議案第44号でございますが、日進市税条例の一部を改正する条例の専決処分事項の承認を求めるものであります。

 この条例改正は、地方税法等の一部改正をする法律が平成17年3月18日に参議院で可決をした後に、同月の31日に公布をされ、4月1日から施行のために、3月31日付で専決処分をさせていただいたものであります。

 改正の主な内容といたしましては、市民税関係では、肉用牛の売却の際、事業所得の課税における特例措置を3年間延長するもの、土地譲渡などに係る事業所得等に係る課税の特例規定の整備を行うもの及び特定中小企業の発行した株式の課税の特例措置を2年間延長することなどであります。また、固定資産税では、地震等で被災した住宅の所有者に対する固定資産税について、避難指示が翌年以降に及んだ場合、解除後3年間住宅用地とみなす規定を追加するもの及び阪神大震災に係る固定資産税の特例を3年間延長するものであります。また、特別土地保有税では、徴収猶予の根拠となっております課税の特例規定の整備を行うことに伴いまして、関係条文の改正を行おうとするものであります。

 次に、議案第45号日進市都市計画税条例の一部を改正する条例の専決処分事項の承認を求めることについてであります。

 この条例につきましても、地方税法等の一部を改正する法律が平成17年3月18日に参議院で可決した後に、同月31日に公布をされ、4月1日から施行のため、3月31日付で専決処分をさせていただいたものであります。

 改正の主な内容といたしましては、税額に影響するものではなく、地方税法の改正に伴い、所要の規定の整備を行おうとするものであります。

 以上で提案説明とさせていただきます。

 よろしくお願いします。



○議長(武田司) 以上で提案説明を終わります。

 これより、議案質疑に入ります。

 議案第44号及び議案第45号について、一括して質疑を許します。

 質疑はありせんか。(なし)

 質疑なきものと認め、これにて議案第44号及び議案第45号に対する質疑を終結します。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第44号及び議案第45号について、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、議案第44号及び議案第45号については、委員会付託を省略することに決しました。

 これより議案第44号について討論に入ります。

 最初に、反対論の発言を許します。(なし)

 次に、賛成論の発言を許します。(なし)

 討論なきものと認め、これにて議案第44号に対する討論を終結します。

 これより議案第44号を採決します。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕

 起立全員です。よって、議案第44号専決処分事項の承認を求めることについては、原案のとおり可決承認されました。

 これより議案第45号について討論に入ります。

 最初に、反対論の発言を許します。(なし)

 次に、賛成論の発言を許します。(なし)

 討論なきものと認め、これにて議案第45号に対する討論を終結します。

 これより議案第45号を採決します。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕

 起立全員です。よって、議案第45号専決処分事項の承認を求めることについては、原案のとおり可決承認されました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武田司) 日程第4、議案第46号を議題とします。

 議案はお手元に配付したとおりです。

 議案第46号について提案説明を求めます。説明者、市長。

                 〔市長 佐護 彰登壇〕



◎(佐護市長) 議長のお許しをいただきましたので、議案の第46号工事請負契約の締結について御説明を申し上げます。

 この工事は、日進中学校体育館の老朽化が進みまして、また、耐力度調査の点数が改築基準でありました5,000点を下回ったために、地震対策事業により建てかえを行うものであります。

 工事概要といたしましては、鉄筋コンクリート造2階建て、面積1,859平方メートル、そのようになっておりまして、施設といたしましては、アリーナ、舞台、クラブ室4室、施設開放用男女更衣室各1室、器具庫を新設するものであります。

 契約の金額は4億215万円、履行期間は、平成17年5月19日から平成18年3月3日までとなっております。

 契約の相手方は、岐建・鈴木特定建設工事共同企業体であります。

 契約の方法は一般競争入札であります。

 以上、御審議の上、御議決を賜りますようお願いを申し上げまして、提案説明とさせていただきます。

 よろしくお願いいたします。



○議長(武田司) 以上で提案説明を終わります。

 これより議案質疑に入ります。

 議案第46号について質疑を許します。

 村瀬議員。



◆6番(村瀬志げ子) 5番に書いてあります契約の方法について質問いたします。

 一般競争入札とありますが、これは単純に一般競争入札として理解してよろしいのかどうか。

 前回、西中学校の校舎増築のときには、制限つき一般競争入札という記載がされておりましたけれども、今回はそのような形になっておりませんので、そういうことではなくて、あくまでこれは一般競争入札というふうに理解してよろしいかどうかが1点目です。

 2点目ですが、入札の説明書を見せていただきました。そのときに、代表のいわゆる点数が1,200点以上ということになっておりました。これは西中学校の増築のときでも点数が高くなっているわけですけれども、その金額は西中学校の増築の方が多かったと思います。そこで、今回1,200点以上にしたというのはなぜかという、この2点について、まず質問をいたします。



○議長(武田司) 答弁者、総務部長。



◎(青山総務部長) それでは、お答えいたします。

 まず、1点目の制限つきではないかという御質問でございますが、入札の説明書の折には、私ども制限は加えておりますが、自治法上の分類といたしましては一般競争入札というふうに記載をさせていただきました。

 2点目の1,200点以上と西中との比較でございますが、御承知のとおり、指名願は2年に1度提出をしていただくこととしております。その際に、経営規模等評価結果数値、総合数値でございますが、それを把握しております。総合数値につきましては、その会社等の実績により変更があり、御質問の西中の2年前と比較いたしますと、それぞれの会社が変わってきているのが現状でございます。数値はそのときに比較して全体的には上昇をしております。2年前と比較して点数を100点上げまして、今回は1,200点という制限を加えさせてもらったものでございます。

 以上でございます。



○議長(武田司) 村瀬議員。



◆6番(村瀬志げ子) 再質問いたします。

 それでは、前回15年度のときの工事請負契約の締結についてのときには、制限つき一般競争入札と記載したのは、地方自治法上は間違っていたということでしょうか。確認をしたいと思います。

 今、地方自治法上はそのようになっているのでそうしたということでしたので、では前回は間違っていたら間違っていたということをお認め願いたいと思います。

 それから、今100点ずつ上がったということですが、前回のときの全体の数値をもらっておりませんけれども、では前回は落札したところは今回は何点になっているんでしょうか。全部100点以上上げたのでしょうか、そのことについて詳細な説明をお願いします。



○議長(武田司) 総務部長。



◎(青山総務部長) 再質問にお答えさせていただきます。

 前回の議案のものは手元にございませんが、解釈として自治法上のことを申し上げました。

 2点目の前回100点上がったということでございますが、点数の切りのいいところで1,100点から1,200点としたもので、その範囲というふうに考えておりまして、前回からすべての会社が100点上がったというものではございません。

 以上でございます。

          〔村瀬志げ子議員「答えになっていません」と呼ぶ〕



○議長(武田司) 質問に対する答弁をしてください。総務部長。



◎(青山総務部長) 大変失礼いたしました。

 制限つきの件でございますが、前回の議案の表示を私、手元にございませんので、契約の方法について、今回そういう表示をさせていただいたということをお答えさせていただきました。先回のことにつきましては、制限つきというふうに詳しく表示することによって、わかりやすいというふうなことが考えられたのではないかというふうに想像はいたします。

 以上でございます。



○議長(武田司) 暫時休憩します。

                 午前9時50分 休憩

              −−−−−−−−−−−−−−−−−

                 午前10時10分 再開



○議長(武田司) 会議を再開します。

 村瀬志げ子議員に対する答弁を行っていただきます。総務部長。



◎(青山総務部長) 大変申しわけございません。それではお答えさせていただきます。

 西中の際の議案の表記の場合と今回と異なりましたことについては、混乱を来しましたので、申しわけございません。自治法上の表記は一般競争入札であり、今回の表記は、そういう意味で言えば正しいものでございます。しかしながら、西中につきましてはより詳細に表記いたしました。表記方法につきましては統一性がございませんでしたので、今後は混乱のないよう、同一のできるだけわかりやすい表現とさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 また、総合数値など、答弁でわかりにくい部分につきましては委員会でお答えさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(武田司) ほかに質疑はありませんか。白井議員。



◆11番(白井えり子) 数点具体的なところで質疑をいたします。

 まず、体育館の広さの割り出しの根拠なんですが、現在日中の学生が594人ですけれども、最大キャパシティーをどのぐらい想定して、この広さの割り出しをされたのでしょうか、その根拠と、また従前よりどのぐらい広いかお尋ねします。

 2点目が、教員や生徒の意見を当然聴取されたと聞きましたが、結果、取り入れた点はどのような点でしょうか。

 3点目ですが、同じく体育館ということで、防災拠点という点で、防災関係は担当課との調整で実現できた点は何でしょうか。

 また、水の関係で、貯水槽、ろ過装置、あるいは電気の関係では非常用発電機等、この図面ではわかりませんけれども、その点どのような検討をされたでしょうか。

 また、4点目ですけれども、体育館は講堂とか文化施設にも対応する施設ですけれども、空調設備は今回どのような検討をされたでしょうか。また、それに関連しまして、この公共施設の建設に当たって、普通、通風調査というのがされるわけですが、この通風調査についてはいかがされたでしょうか。

 以上です。



○議長(武田司) 答弁者、教育振興部長。



◎(萩野教育振興部長) お答えします。

 第1点目で体育館の広さの関係でございます。この件につきましては、以前からの要望にも強くございましたバスケットコート、バレーコート等で1面しかできないということで、バスケットコートが2面とれる広さにアリーナを設定した関係で、アリーナが広くなっております。この面積につきましては、以前898平米のアリーナでありましたが1,295平米となりまして、397平米広くなりました。

 次に、教員、生徒の意見聴取の結果はどうかという御質問でございますが、学校の位置の見直しという点も関係いたしまして、いろいろ御意見も伺ってきたわけですが、先ほど申しましたように、バスケットボール競技が2面同時に使える広さにしたりですとか、管理人、体育教官室等についての注文、それから、2面のコートを分けるネットを生徒が競技、部活に集中できるような仕様にしてほしいと、こういうような要望が出ておりますので、これを取り入れております。

 それから、3点目の防災の関係でございますが、現行の建築基準法に準拠しておりまして、地震等に対応して、大破したというような報告はございません。ということで、水害に対しましては、体育館の床レベルを天白川の堤防道路より上げておりまして、よほどのことがない限り、冠水しないように配慮をさせていただきました。

 次に、防災の拠点となるような配慮という点でございます。炊き出しができるように、外部にガスの取り出し口を設けました。それから、通信ケーブルを配線いたしまして、非常の場合は市役所本部と情報伝達ができるような配慮をいたしております。

 あと、水の関係で貯留槽、ろ過装置、電気の関係、非常用発電機等につきましては、特に検討の中には入っておりませんでした。

 次が、空調設備の件でございますが、暖房につきましてはガス暖房を考えておりますが、冷房の方は特に考えてございません。

 それから、通風の関係につきましては、既設の体育館につきましては、北側に後で建設してきました器具庫があります。その倉庫について通風に差しさわりがあるということで、この部室の方、東側に部室ですとか倉庫につきましても持っていったというようなことで、検討してつくってきております。

 よろしくお願いいたします。



○議長(武田司) 白井議員。



◆11番(白井えり子) 1点目については、こちらの質問のとおりの答弁がいただけませんでしたけれども、つまり使用する予定の人数がどのくらいなら、例えばバスケットコート1面あればいいとか、例えば、日中ですと今20クラス普通教室があるわけですが、だから最大キャパシティーをどのくらいに見積もったらこの広さが出たとか、そういった点、つまり体育館を建てかえるなんていうことはめったにないわけですけれども、使う人数と広さの関係ということはどういうふうになっているのか、その点もう一回お願いいたします。

 それから、通風調査等も今回は建てかえということでされなかったということですけれども、シックハウス対策等はどのように、ではそれに関連してされているでしょうか。

 以上です。



○議長(武田司) 教育振興部長。



◎(萩野教育振興部長) お答えします。

 体育館の広さの割り出し、人数という形では検討の中には入っておりませんが、学校の体育館の基準面積がございます。この基準面積につきましては、学校規模が中学校で1学級から17学級対応までは1,138平米、それから18学級以上は1,476平米の基準面積がございます。この関係から1,476平米18学級以上の関係から持ってきた。それと最初に申しましたように、面積をバスケットコート、バレーコート等の2面とれる面積ということで算定して、面積が決まったものでございます。

 次に、シックハウスの関係でございます。接着剤や塗料、このフローリングのホルムアルデヒドなどについて注意を払わなければならないわけでございます。その使用剤につきましては、一番影響の少ないものを使用するよう指定をしております。また、完成検査のときに実際の測定検査を行いまして、規定量以下を確かめることといたしております。

 以上です。



○議長(武田司) ほかに質疑はありませんか。山田議員。



◆5番(山田茂) 議案第46号について、質疑をさせていただきます。

 去年7月に実施設計が一般入札で契約され、そして今回工事が行われます。この工事について、監理についてお聞きしますけれども、この法的手続というか、どのような契約方法をとるのか、お聞きいたします。



○議長(武田司) 答弁者。教育振興部長。



◎(萩野教育振興部長) 今決裁中でございますが、監理につきましては随意契約で検討をいたしております。ということで、実施設計を行った会社と契約をしたいと思っております。

 以上です。



○議長(武田司) 山田議員。



◆5番(山田茂) 再質疑をさせていただきます。

 今回、随意契約ということでありますけれども、4月28日に玉井設計と契約がされております。このときには、4分の1ぐらいの値段で落札されておりますけれども、随契ということを今回行われるわけですけれども、その選定基準とかあれば教えていただきたいと思います。



○議長(武田司) 教育振興部長。



◎(萩野教育振興部長) 前回は入札で実施設計を行っておりますが、今回につきましては、随意契約で監理の設計に基づきまして見積もり徴収を行って、随意契約としたいと思っております。

 以上です。



○議長(武田司) ほかに質疑はありませんか。(なし)

 ほかに質疑なきものと認め、これにて議案第46号に対する質疑を終結します。

 これより議案の委員会付託を行います。

 議案第46号は、文教民生常任委員会に付託します。

 直ちに文教民生常任委員会を第1委員会室で開いていただき、議案の審査をお願いします。

 ただいまから暫時休憩します。

                 午前10時23分 休憩

              −−−−−−−−−−−−−−−−−

                 午前11時30分 再開



○議長(武田司) 会議を再開します。

 この際、文教民生常任委員長より議案の審査結果の報告を求めます。

 文教民生常任委員会 高木委員長。

            〔文教民生常任委員会 高木弘美委員長登壇〕



◆(文教民生常任委員会高木弘美委員長) 議長の御指名がございましたので、本会議休憩中に開催いたしました文教民生常任委員会の審査の模様と、結果について御報告申し上げます。

 議案第46号を議題とし、説明の後、質疑に入りました。

 体育の授業及び部活動における対応はどうするのかとの質疑に、授業内容により雨の多い時期についてはスポーツ課と協議し、スポーツセンターの利用について配慮しているとの答弁がございました。

 指名業者の総合数値についての質疑があり、2年前の西中の増築の時点と比較し、全体的に数値が上昇傾向にあり、今回、1,100点を1,200点としたとの答弁がございました。

 身体障害者への配慮はされているのか、また、障害者団体との協議はされたのかとの質疑に、玄関からは段差なしのバリアフリーで車いすでもアクセスできるように配慮しており、多目的トイレにおいては、オストメイト対応になっているとの答弁がございました。

 体育館が災害時拠点として機能するために、設計上どのような配慮がされているのかとの質疑に、体育館の床面を天白川の堤防道路より高くする配慮や、器具庫を大きくとり、非常時に備蓄倉庫として利用できるように工夫したとの答弁がございました。

 他に質疑、意見もなく、討論を求めるも特になく、議案第46号工事請負契約の締結について採決をいたしましたところ、全員賛成であり、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上をもちまして、報告を終わります。



○議長(武田司) 以上で報告を終わります。

 ただいまの文教民生常任委員長の報告に対する質疑を許します。(なし)

 質疑なきものと認め、文教民生常任委員長の報告に対する質疑を終結します。

 これより議案第46号について討論に入ります。

 最初に、反対論の発言を許します。(なし)

 次に、賛成論の発言を許します。(なし)

 討論なきものと認め、これにて議案第46号に対する討論を終結します。

 これより議案第46号を採決します。

 本案に対する文教民生常任委員長の報告は可決です。本案は、文教民生常任委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕

 起立全員です。よって、議案第46号工事請負契約の締結については原案のとおり可決されました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武田司) 日程第5、意見書案第1号を議題とします。

 意見書案はお手元に配付したとおりです。

 お諮りします。ただいま議題となっております意見書案第1号について、会議規則第37条第2項の規定により説明・委員会付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、意見書案第1号に対する説明・委員会付託を省略することに決しました。

 これより意見書案の質疑に入ります。

 意見書案第1号について質疑を許します。(なし)

 質疑なきものと認め、これにて意見書案第1号に対する質疑を終結します。

 これより意見書案第1号について討論に入ります。

 最初に、反対論の発言を許します。(なし)

 次に、賛成論の発言を許します。後藤議員。



◆10番(後藤尚子) 意見書案第1号について、政策ネットワーク"ペガサス"を代表して、賛成の立場で討論いたします。

 本年2月10日に国会に上程された障害者自立支援法は、障害者の自立と就労を支援する観点をうたい、障害種別を超えた福祉サービスの一元化や、現行の福祉施策の体系を大幅に見直すなど、今後の障害者施策を決定づけるものとなっています。

 しかし、この法案は昨年10月に今後の障害福祉施策について、いわゆる改革のグランドデザイン案が示されて以来の議論であり、障害当事者等の協議もほとんど行われないまま実施に移されようとしています。こうした動きは余りに拙速で、福祉の最前線である市町村において非常な混乱をもたらしかねない状態であると考えます。

 そして、この法案についてはいよいよ4月26日より衆議院で審議が始まり、本日も厚生労働委員会でその審議が続いています。委員会開催に先立っては、5月12日日比谷野外音楽堂・公会堂で全国の障害当事者とその家族、関係者など6,600人が集まり、その審議を見守っています。それほどに障害者のこれからの生活をそのまま決定づけるものだというふうに考えます。

 この法案について、私たちは次のような点での考慮が必要であると考えております。意見書にもあるように、障害者施策の実施並びに自立支援サービスの構築のために必要な財源を確保すること、そして、制度の谷間にある障害をなくし、あらゆる障害者を対象とするサービス体系を確立すること。また、当事者の中で一番問題になっています利用者負担については、応益負担制度の導入について個人として自立した生活を進める観点に立って、生計同一者からの負担は求めないようにしてほしいというふうに願っています。

 そして、いよいよこの法が決まったとき、市町村がサービスを決定していくのですが、そのときに障害当事者の自己決定権を尊重し、市町村がそのサービスの内容を勝手に決めていかないような、そうした運用を願っているものです。

 国際障害者年にうたわれた障害者の完全な平等と参加を実現するために、障害者のための法となることを願って、賛成討論といたします。



○議長(武田司) ほかに討論はありませんか。(なし)

 ほかに討論なきものと認め、これにて意見書案第1号に対する討論を終結します。

 これより意見書案第1号を採決します。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕

 起立全員です。よって、意見書案第1号障害者自立支援法に関する意見書は、原案のとおり可決されました。

 ただいまから1時30分まで休憩します。

                 午前11時38分 休憩

              −−−−−−−−−−−−−−−−−

                 午後1時30分 再開



○副議長(福安克彦) 会議を再開します。

 議長 武田 司議員から議長の辞職願が提出されました。

 お諮りします。議長辞職の件を本日の日程に追加し、日程の順序を変更して議長辞職の件を先に行いたいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、議長辞職の件を本日の日程に追加し、日程の順序を変更して議長辞職の件を先に行うことに決しました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(福安克彦) 日程第9、議長辞職の件を議題とします。

 事務局長に辞職願を朗読させます。

                  〔事務局長 朗読〕

 お諮りします。武田 司議員の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、武田 司議員の議長の辞職を許可することに決しました。

                〔24番 武田 司入場〕

 ここで、前議長の武田 司議員に退任のあいさつを行っていただきます。

 登壇願います。

                〔24番 武田 司登壇〕



◆24番(武田司) 副議長のお許しをいただきましたので、議長退任に当たりまして、一言お礼のあいさつを申し上げます。

 昨年5月の臨時会において、皆様のご推挙により議長の栄職につかせていただきました。皆様の本当に温かい御支援、御協力で本日を迎えることができましたこと、心より御礼を申し上げます。本当に福安副議長始め皆様の御協力のたまものと、心より御礼を申し上げる次第であります。また、佐護市長始め理事者の皆様方の御支援、御協力を賜り、心から御礼を申し上げます。

 私にとりまして、本当にいい経験をさせていただき、本当にありがたいと思っております。一言多い議長でありましたので、皆様に多くの御迷惑をおかけしたと思っております。今、大いに反省をしながら、またこれを糧として頑張っていこうと思っています。これからは皆様方からお教えいただきましたいろいろなことを、議会はもとより市政のため精いっぱい頑張っていこうと思っております。

 まことに簡単ではございますが、議長退任のあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。



○副議長(福安克彦) お諮りします。ただいま議長が欠員となっていますので、この際、議長選挙を本日の日程に追加し、日程の順序を変更して議長選挙を先に行いたいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、議長選挙を本日の日程に追加し、日程の順序を変更して議長選挙を先に行うことに決しました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(福安克彦) 日程第10、議長選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

                   〔議場閉鎖〕

 ただいまの出席議員数は26人です。

 投票用紙を配付させます。

                  〔投票用紙配付〕

 投票用紙の配付漏れはありませんか。(なし)

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

                   〔投票箱点検〕

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。点呼を命じます。

                 〔事務局長点呼・投票〕

 投票漏れはありませんか。(なし)

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 議場の閉鎖を解きます。

                   〔議場開鎖〕

 開票を行います。

 立会人についてお諮りします。立会人は、会議規則第31条の規定により2人以上となっています。立会人の2人を議長から指名することに御異議ございませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。立会人に25番小池ていじ議員、10番後藤尚子議員を指名します。

 両議員の立ち会いを願います。

                 〔立会人登壇・開票〕

 選挙の結果を報告します。

 投票総数26票、これは先ほどの出席議員数に符合しています。

 そのうち、有効投票26票、無効票ゼロ。

 有効投票中、鈴村修波議員23票、村瀬志げ子議員3票。以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は7票です。よって、鈴村修波議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました鈴村議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選を告知します。

 ここで、議長に当選されました鈴村修波議員から議長就任のあいさつを行っていただきます。

 鈴村修波議員、登壇願います。

                〔19番 鈴村修波登壇〕



◆19番(鈴村修波) 先ほどの選挙におきまして、日進市議会の議長に御推挙いただきまして、まことに身に余る光栄と心から感謝を申し上げますとともに、この職責の重大なことを痛感している次第でございます。

 市民の代表として、公平な立場から、議員の皆様と十分な審議を尽くせる場を設けるとともに、議会の円滑なる運営のために誠心誠意努力をいたしてまいりたいと存じております。

 また、議員の皆様方並びに理事者の皆様方の一層の御支援、御指導、御協力を賜りますよう心からお願いを申し上げまして、就任のごあいさつといたします。

 どうもありがとうございました。



○副議長(福安克彦) これにて、私の議長の職務を終わります。

 皆様方の議事運営に対する御協力に感謝申し上げます。

 議長、議長席にお着き願います。

                 〔議長 鈴村修波着席〕

              −−−−−−−−−−−−−−−−−

        〔福安克彦議員「議長、発言の許可をお願いします」と呼ぶ〕



○議長(鈴村修波) 福安克彦議員の発言を許します。



◆22番(福安克彦) 副議長の職を辞したいと思いますので、辞職願を提出したいと思います。

 よろしくお願いします。

                〔22番 福安克彦退場〕



○議長(鈴村修波) ただいま副議長 福安克彦議員から副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りします。副議長辞職の件を本日の日程に追加し、日程の順序を変更して副議長辞職の件を先に行いたいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、副議長辞職の件を本日の日程に追加し、日程の順序を変更して副議長辞職の件を先に行うことに決しました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴村修波) 日程第11、副議長辞職の件を議題とします。事務局長に辞職願を朗読させます。

                  〔事務局長 朗読〕

 お諮りします。福安克彦議員の副議長の辞職を許可することに御異議はありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、福安克彦議員の副議長の辞職を許可することに決しました。

                〔22番 福安克彦入場〕

 ここで、前副議長の福安克彦議員に退任のあいさつを行っていただきます。

 登壇願います。

                〔22番 福安克彦登壇〕



◆22番(福安克彦) 副議長退任に当たりまして、一言お礼を申し上げます。

 平成16年5月の臨時会において、議員各位の温かい御支援、御推挙により、1年間副議長の責務につかせていただきました。もとより浅学非才の私が1年、大過なく無事務めることができました。ひとえに、武田議長を始め議員の皆様方並びに理事者の皆様方に温かい御支援、御協力を賜り、本日を迎えることができました。

 今後は、一議員として、市政の発展、繁栄に傾注してまいりますので、皆様には今まで以上に御指導願いますようお願いを申し上げまして、まことに簡単でございますが、副議長退任に当たりまして、ごあいさつといたします。

 ありがとうございました。



○議長(鈴村修波) お諮りします。ただいま副議長が欠員となっていますので、この際、副議長選挙を本日の日程に追加し、日程の順序を変更して副議長選挙を先に行いたいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、副議長選挙を本日の日程に追加し、日程の順序を変更して副議長選挙を先に行うことに決しました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴村修波) 日程第12、副議長選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

                   〔議場閉鎖〕

 ただいまの出席議員数は26人です。

 投票用紙を配付させます。

                  〔投票用紙配付〕

 投票用紙の配付漏れはありませんか。(なし)

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

                   〔投票箱点検〕

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。点呼を命じます。

                 〔事務局長点呼・投票〕

 投票漏れはありませんか。(なし)

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 議場の閉鎖を解きます。

                   〔議場開鎖〕

 開票を行います。

 立会人についてお諮りします。立会人は、会議規則第31条の規定により、2人以上となっています。立会人の2人を議長から指名することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。立会人に14番小屋登美子議員、2番下地康夫議員を指名します。

 両議員の立ち会いを願います。

                 〔立会人登壇・開票〕

 選挙の結果を報告します。

 投票総数26票、これは先ほどの出席議員数に符合しています。

 そのうち、有効投票26票、無効投票ゼロ票。

 有効投票中、高木弘美議員17票、折原由浩議員6票、村瀬志げ子議員3票、以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は7票です。よって、高木弘美議員が副議長に当選をされました。

 ただいま副議長に当選されました高木弘美議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選を告知します。

 ここで、副議長に当選されました高木弘美議員から副議長就任のあいさつを行っていただきます。高木弘美議員、登壇願います。

                〔23番 高木弘美登壇〕



◆23番(高木弘美) 日進市議会の副議長に議員の皆様の温かい御支援、御推挙いただき、この場をおかりしお礼を申し上げます。この上ない光栄と存じ、感謝いたしておりますと同時に、その責任の重大さを痛感するものでございます。微力でございますが、この職責を全うしたいと存じますので、議員、理事者の皆様方の御支援を賜りますようお願いを申し上げます。

 まことに簡単でございますが、就任のあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(鈴村修波) ここで、各常任委員長並びに議会運営委員長から退任のあいさつを行っていただきます。

 各常任委員長並びに議会運営委員長は登壇願います。

            〔各常任委員長並びに議会運営委員長登壇〕

 各委員長を代表されまして、総務常任委員長にあいさつ願います。



◆(総務常任委員会村瀬志げ子委員長) 議長のご指名がございましたので、各常任委員長並びに議会運営委員長を代表いたしまして、一言お礼を申し上げます。

 昨年5月に私どもはそれぞれ委員長に選出されました。以来1年間、委員の皆さんの温かい御指導、御協力をいただきまして、つつがなく各委員会を運営できたことを心よりお礼申し上げます。また、理事者各位におかれましても、常に親切で丁寧な説明、御答弁をいただきまして、心より感謝申し上げます。

 1年間どうも本当にありがとうございました。



○議長(鈴村修波) これより議会構成に関する協議のため、会派代表者会議を第2委員会室で開いていただきます。

 ただいまから暫時休憩します。

                 午後2時08分 休憩

              −−−−−−−−−−−−−−−−−

                 午後4時00分 再開



○議長(鈴村修波) 会議を再開します。

 この際、申し上げます。本日の会議は議事の都合上、時間延長します。

 ただいまから議会構成に関する協議のため、暫時休憩します。

                 午後4時00分 休憩

              −−−−−−−−−−−−−−−−−

                 午後7時15分 再開



○議長(鈴村修波) 会議を再開します。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴村修波) 日程第6、常任委員会委員の選任を行います。

 お諮りします。常任委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、お手元に配付した常任委員会委員選任表のとおり、各常任委員会委員にそれぞれ指名したいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、常任委員会委員選任表のとおり、それぞれ選任することに決しました。

 ただいまから、各常任委員会の委員長、副委員長を選出していただきます。

 選出は、第1委員会室で総務常任委員会、文教民生常任委員会、建設経済常任委員会の順で選出願います。

 選出が終わるまで暫時休憩します。

                 午後7時16分 休憩

              −−−−−−−−−−−−−−−−−

                 午後7時56分 再開



○議長(鈴村修波) 会議を再開します。

 各常任委員会の委員長、副委員長が選出されましたので、報告します。

 総務常任委員会委員長に茅野正寿議員、副委員長に峯 隆之議員、文教民生常任委員会委員長に渡邊明子議員、副委員長に浅井芳夫議員、建設経済常任委員会委員長に朝倉弥介議員、副委員長に福安克彦議員がそれぞれ選出されました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴村修波) 日程第7、議会運営委員会委員の選任を行います。

 お諮りします。議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、お手元に配付した議会運営委員会委員選任表のとおり、議会運営委員会委員にそれぞれ指名したいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、議会運営委員会委員選任表のとおり、選任することに決しました。

 ただいまから、議会運営委員会の委員長、副委員長を選出していただきます。

 選出は第1委員会室でお願いします。

 選出が終わるまで暫時休憩します。

                 午後7時58分 休憩

              −−−−−−−−−−−−−−−−−

                 午後8時08分 再開



○議長(鈴村修波) 会議を再開します。

 議会運営委員会の委員長に余語充伸議員、副委員長に正木和彦議員が選出されましたので報告します。

 ここで、各常任委員長並びに議会運営委員長から就任のあいさつを行っていただきます。

 各常任委員長並びに議会運営委員長は登壇願います。

            〔各常任委員長並びに議会運営委員長登壇〕

 各委員長を代表されまして、総務常任委員長にあいさつ願います。



◆(総務常任委員会茅野正寿委員長) 議長からの御指名をいただきましたので、委員長を代表しまして一言ごあいさつ申し上げます。

 私ども、このたび図らずも皆様方の御推挙により、委員長の重責を仰せつかりました。委員の皆様の御厚意に対し、深く御礼申し上げます。

 微力ではございますが、職責の遂行に最善の努力をいたす所存でございますので、委員会の運営に当たりまして、皆様方の御協力、御指導をいただきますよう、よろしくお願いを申し上げ、就任のごあいさつとさせていただきます。

 どうもありがとうございました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴村修波) 日程第8、特別委員会委員の選任を行います。

 お諮りします。特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、お手元に配付した特別委員会委員選任表のとおり、特別委員会委員にそれぞれ指名したいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、特別委員会委員選任表のとおり、選任することに決しました。

 ただいまから各特別委員会の委員長、副委員長を選出していただきます。

 選出は、第1委員会室で議会広報特別委員会、名古屋瀬戸道路特別委員会の順で選出していただきます。

 選出が終わるまで暫時休憩します。

                 午後8時11分 休憩

              −−−−−−−−−−−−−−−−−

                 午後8時42分 再開



○議長(鈴村修波) 会議を再開します。

 各特別委員会の委員長、副委員長が選出されましたので、報告します。

 議会広報特別委員会委員長に小屋登美子議員、副委員長に山田 茂議員、名古屋瀬戸道路特別委員会委員長に和田幸雄議員、副委員長に福安克彦議員がそれぞれ選出されました。

 ただいまから暫時休憩します。

                 午後8時42分 休憩

              −−−−−−−−−−−−−−−−−

                 午後9時43分 再開



○議長(鈴村修波) 会議を再開します。

 お諮りします。愛知中部水道企業団議会議員である村瀬志げ子議員、正木和彦議員、渡邊明子議員が辞職しましたので、この際、愛知中部水道企業団議会議員の選挙を本日の日程に追加したいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、愛知中部水道企業団議会議員の選挙を本日の日程に追加することに決しました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴村修波) 日程第13、愛知中部水道企業団議会議員の選挙を行います。

 この選挙は、愛知中部水道企業団規約第5条及び第6条第1項の規定による3人の議員を選挙するものです。

 議場の閉鎖を命じます。

                   〔議場閉鎖〕

 ただいまの出席議員数は26人です。

 投票用紙を配付させます。

                  〔投票用紙配付〕

 投票用紙の配付漏れはありませんか。(なし)

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

                   〔投票箱点検〕

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。点呼を命じます。

                 〔事務局長点呼・投票〕

 投票漏れはありませんか。(なし)

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 議場の閉鎖を解きます。

                   〔議場開鎖〕

 開票を行います。

 立会人についてお諮りします。立会人は、会議規則第31条の規定により2人以上となっています。立会人の2人を議長から指名することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。立会人に11番白井えり子議員、23番高木弘美議員を指名します。

 両議員の立ち会いを願います。

                 〔立会人登壇・開票〕

 選挙の結果を報告します。

 投票総数26票、これは先ほどの出席議員数に符合しています。

 そのうち、有効投票26票、無効投票ゼロ票。

 有効投票中、小池ていじ議員10票、折原由浩議員9票、中川増雄議員7票。以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は3票です。よって、小池ていじ議員、折原由浩議員、中川増雄議員が愛知中部水道企業団議会議員に当選されました。

 当選されました小池ていじ議員、折原由浩議員、中川増雄議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をします。

 お諮りします。尾三消防組合議会議員である和田幸雄議員、高木弘美議員が辞職しましたので、この際、尾三消防組合議会議員の選挙を本日の日程に追加したいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、尾三消防組合議会議員の選挙を本日の日程に追加することに決しました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴村修波) 日程第14、尾三消防組合議会議員の選挙を行います。

 この選挙は、尾三消防組合規約第5条第2項第2号の規定による2人の議員を選挙するものです。

 議場の閉鎖を命じます。

                   〔議場閉鎖〕

 ただいまの出席議員数は26人です。

 投票用紙を配付させます。

                  〔投票用紙配付〕

 投票用紙の配付漏れはありませんか。(なし)

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

                   〔投票箱点検〕

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。点呼を命じます。

                 〔事務局長点呼・投票〕

 投票漏れはありませんか。(なし)

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 議場の閉鎖を解きます。

                   〔議場開鎖〕

 開票を行います。

 立会人についてお諮りします。立会人は、会議規則第31条の規定により2人以上となっています。立会人の2人を議長から指名することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。立会人に24番武田 司議員、3番田中紀男議員を指名します。

 両議員の立ち会いを願います。

                 〔立会人登壇・開票〕

 選挙の結果を報告します。

 投票総数26票、これは先ほどの出席議員数に符合しています。

 そのうち、有効投票26票、無効投票ゼロ票。

 有効投票中、朝倉弥介議員10票、白井えり子議員9票、浅井芳夫議員7票。以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は4票です。よって、朝倉弥介議員、白井えり子議員が尾三消防組合議会議員に当選されました。

 当選されました朝倉弥介議員、白井えり子議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をします。

 お諮りします。尾三衛生組合議会議員である白井えり子議員、私、鈴村修波が辞職しましたので、この際、尾三衛生組合議会議員の選挙を本日の日程に追加したいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、尾三衛生組合議会議員の選挙を本日の日程に追加することに決しました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴村修波) 日程第15、尾三衛生組合議会議員の選挙を行います。

 この選挙は、尾三衛生組合規約第5条第2項第2号の規定による2人の議員を選挙するものです。

 議場の閉鎖を命じます。

                   〔議場閉鎖〕

 ただいまの出席議員数は26人です。

 投票用紙を配付させます。

                  〔投票用紙配付〕

 投票用紙の配付漏れはありませんか。(なし)

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

                   〔投票箱点検〕

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。点呼を命じます。

                 〔事務局長点呼・投票〕

 投票漏れはありませんか。(なし)

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 議場の閉鎖を解きます。

                   〔議場開鎖〕

 開票を行います。

 立会人についてお諮りします。立会人は、会議規則第31条の規定により2人以上となっています。立会人の2人を議長から指名することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。立会人に21番茅野正寿議員、7番寺本芳樹議員を指名します。

 両議員の立ち会いを願います。

                 〔立会人登壇・開票〕

 選挙の結果を報告します。

 投票総数26票、これは先ほどの出席議員数に符合しています。

 そのうち、有効投票26票、無効投票ゼロ票。

 有効投票中、余語充伸議員10票、片岡志保議員9票、寺本芳樹議員7票。以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は4票です。よって、余語充伸議員、片岡志保議員が尾三衛生組合議会議員に当選されました。

 当選されました余語充伸議員、片岡志保議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をします。

          〔「議長、暫時休憩をお願いします」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴村修波) ただいまから暫時休憩をします。

                 午後10時18分 休憩

              −−−−−−−−−−−−−−−−−

                 午後10時40分 再開



○議長(鈴村修波) 会議を再開します。

 お諮りします。日東衛生組合議会議員である浅井芳夫議員、西尾克彦議員、朝倉弥介議員、山田芙美夫議員が辞職しましたので、この際、日東衛生組合議会議員の選挙を本日の日程に追加したいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、日東衛生組合議会議員の選挙を本日の日程に追加することに決しました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴村修波) 日程第16、日東衛生組合議会議員の選挙を行います。

 この選挙は、日東衛生組合規約第5条第2項第2号の規定による4人の議員を選挙するものです。

 議場の閉鎖を命じます。

                   〔議場閉鎖〕

 ただいまの出席議員数は26人です。

 投票用紙を配付させます。

                  〔投票用紙配付〕

 投票用紙の配付漏れはありませんか。(なし)

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

                   〔投票箱点検〕

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。点呼を命じます。

                 〔事務局長点呼・投票〕

 投票漏れはありませんか。(なし)

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 議場の閉鎖を解きます。

                   〔議場開鎖〕

 開票を行います。

 立会人についてお諮りします。立会人は、会議規則第31条の規定により2人以上となっています。立会人の2人を議長から指名することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。立会人に26番中川増雄議員、12番西尾克彦議員を指名します。

 両議員の立ち会いを願います。

                 〔立会人登壇・開票〕

 選挙の結果を報告します。

 投票総数26票、これは先ほどの出席議員数に符合しています。

 そのうち、有効投票26票、無効投票ゼロ票。

 有効投票中、正木和彦議員11票、西尾克彦議員9票、和田幸雄議員3票、峯 隆之議員3票。以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は2票です。よって、正木和彦議員、西尾克彦議員、和田幸雄議員、峯 隆之議員が日東衛生組合議会議員に当選されました。

 当選されました正木和彦議員、西尾克彦議員、和田幸雄議員、峯 隆之議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をします。

 お諮りします。尾張農業共済事務組合議会議員である茅野正寿議員が辞職しましたので、この際、尾張農業共済事務組合議会議員の選挙を本日の日程に追加したいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、尾張農業共済事務組合議会議員の選挙を本日の日程に追加することに決しました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴村修波) 日程第17、尾張農業共済事務組合議会議員選挙を行います。

 この選挙は、尾張農業共済事務組合規約第5条第1項及び第2項の規定による1人の議員を選挙するものです。

 お諮りします。選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定による指名推選によりたいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りします。被選挙人の指名の方法は議長から指名したいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、指名の方法は議長から指名することに決しました。

 尾張農業共済事務組合議会議員に中川増雄議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長において指名しました中川増雄議員を、尾張農業共済事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、中川増雄議員が尾張農業共済事務組合議会議員に当選されました。

 当選されました中川増雄議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をします。

 これより議事日程協議のため、議会運営委員会を第1委員会室で開催していただきます。

 ただいまから暫時休憩します。

                 午後10時54分 休憩

              −−−−−−−−−−−−−−−−−

                 午後11時34分 再開



○議長(鈴村修波) 会議を再開します。

 この際、議会運営委員長より報告を行っていただきます。

 議会運営委員会 余語委員長。

             〔議会運営委員会 余語充伸委員長登壇〕



◆(議会運営委員会余語充伸委員長) 議長の御指名がございましたので、本会議休憩中に開催しました議会運営委員会の協議の内容と、その結果について報告いたします。

 協議事項は、市長から議案1件、各常任委員長及び議会運営委員長から提出された議会閉会中における所管事項継続調査の申し出、議員派遣の件についてでありました。

 協議の結果、これを急施事件と認め、本日の日程に追加し、日程第18において、議案第47号を議題とし、上程・説明・質疑、委員会付託を省略し、討論・採決をしていただきます。

 次に、日程第19において議会閉会中における常任委員会所管事項継続調査並びに議会運営委員会所管事項継続調査の申し出についてを議題とし、採決していただきます。

 日程第20では、全国市議会議長会定期総会に高木弘美副議長を出席させるものであり、議員派遣を行っていただくことと決しました。

 以上で報告を終わります。



○議長(鈴村修波) これにて議会運営委員長の報告を終わります。

 市長から議案1件と、各常任委員長及び議会運営委員長から、それぞれ議会閉会中の常任委員会所管事項継続調査並びに議会運営委員会所管事項継続調査の申し出がありました。

 お諮りします。議案第47号及び議会閉会中の常任委員会所管事項継続調査並びに議会運営委員会所管事項継続調査の申し出及び議員派遣の件については緊急を要しますので、急施事件と認め、この際、本日の日程に追加したいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、議案第47号及び議会閉会中の常任委員会所管事項継続調査並びに議会運営委員会所管事項継続調査の申し出及び議員派遣の件を、本日の日程に追加することに決しました。

 追加議事日程はお手元に配付したとおりです。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴村修波) 日程第18、議案第47号を議題とします。

 議案はお手元に配付したとおりです。

 議案について提案説明を求めます。説明者、市長。

                 〔市長 佐護 彰登壇〕



◎(佐護市長) 議長の御指名がございましたので、議案第47号日進市監査委員の選任につきまして、御説明させていただきます。

 監査委員 中川増雄氏は、平成17年5月16日をもって辞任をされましたので、新たに議員の中から武田 司氏を選任しようとするものであります。

 地方自治法第196条第1項の規定に基づき議会の同意をお願い申し上げたく、ここに提案をさせていただきました。

 よろしく御審議をいただきまして御賛同賜りますようお願いを申し上げ、提案説明とさせていただきます。

 以上。



○議長(鈴村修波) 以上で提案説明を終わります。

 これより議案質疑に入ります。

 議案第47号について質疑を許します。(なし)

 質疑なきものと認め、これにて議案第47号に対する質疑を終結します。

 お諮りします。ただいま議題となっています議案第47号について、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、議案第47号は、委員会付託を省略することに決しました。

 これより議案第47号について討論に入ります。

 最初に、反対論の発言を許します。(なし)

 次に、賛成論の発言を許します。余語充伸議員。



◆18番(余語充伸) 賛成の立場で討論いたします。

 私は、議案第47号日進市監査委員の選任について、賛成の立場から発言いたします。

 本件は、前監査委員 中川増雄氏の辞任に伴い、新たに武田 司氏を監査委員に選任しようとするものであります。武田 司氏は、人格、見識、識見にもすぐれておられまして、議員といたしましても経験豊富でありますので、監査委員として適任者であります。したがいまして、武田 司氏を監査委員として選任しようとする本案に賛成するものであります。



○議長(鈴村修波) ほかに討論はありませんか。(なし)

 ほかに討論なきものと認め、これにて議案第47号に対する討論を終結します。

 これより議案第47号を採決します。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立多数〕

 起立多数です。よって、議案第47号日進市監査委員の選任については、原案のとおり可決同意されました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴村修波) 日程第19、議会閉会中における常任委員会所管事項継続調査並びに議会運営委員会所管事項継続調査の申し出についてを議題とします。

 各常任委員長及び議会運営委員長から、それぞれ議会閉会中の常任委員会所管事項継続調査並びに議会運営委員会所管事項継続調査の申し出がありましたので、議席に配付しました。

 お諮りします。各常任委員長及び議会運営委員長からの申し出を許可することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、各常任委員長及び議会運営委員長からの申し出を許可することに決しました。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴村修波) 日程第20、議員派遣の件を議題とします。

 お諮りします。お手元に配付しました全国市議会議長会第81回定期総会の議員派遣の件については、会議規則第159条第1項の規定により許可することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、議員派遣の件は許可することに決しました。

 お諮りします。派遣内容について変更がある場合は、その取り扱いを議長に委任されたいと思いますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。

 よって、派遣内容について変更がある場合は、その取り扱いを議長に委任することに決しました。

 この際、お諮りします。本臨時会において議決されました事項については、会議規則第43条の規定により、その条項、字句、数字その他の整理を要するものにつきましては、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、条項、字句、数字その他の整理は、議長に委任することに決しました。

 以上で本臨時会に付議された案件の審議は全部終了しました。

 これにて、平成17年第1回日進市議会臨時会を閉会します。

                 午後11時43分 閉議

              −−−−−−−−−−−−−−−−−

                    閉会式

                 午後11時44分 開式



◎(中川事務局長) ただいまから平成17年第1回日進市議会臨時会の閉会式を行いますので、御起立願います。

 最初に、議長からあいさつがあります。

                 〔議長 鈴村修波登壇〕



○議長(鈴村修波) 平成17年第1回臨時会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日招集されました今期臨時会は、議案の審議及び議会各役職の選挙、選任の議事を終え、ここに閉会の運びとなりました。不肖私も皆様の温かい御支援を賜り、市議会議長の要職に就任させていただき、お礼を申し上げる次第であります。幸いにいたしまして、高い識見と強い信念を持っておられる高木弘美議員が副議長に就任されましたので、ともに手を携え、議会の権能の向上と、今後の議会運営に万全を期してまいる所存であります。

 終わりに議員各位並びに市長を始め、理事者の皆様の今後のますますの御健勝をお祈り申し上げ、閉会のあいさつといたします。



◎(中川事務局長) 次に、市長からあいさつがあります。

                 〔市長 佐護 彰登壇〕



◎(佐護市長) 平成17年第1回臨時会は昨年の時間を更新する非常に長い時間になりましたが、議員の皆さんも大変お疲れだと思います。閉会に際しまして、私の方からも一言ごあいさつを申し上げたいと思います。

 本日上程をさせていただきました4つの議案につきましては、いずれも御議決、御承認をいただきまして、まことにありがとうございました。

 また、本議会におきまして、鈴村修波議長、高木弘美副議長を始め、議会議員に就任をされました皆様におかれましては、心からお喜びを申し上げたいと思います。

 それとともに、今後議会の円満な運営、また日進市の発展のために、格段の御尽力を賜りますようお願いを申し上げる次第でございます。

 さて、暦の上では立夏も過ぎ、これから初夏に向かってまいります。まだまだしばらくは気候の不安定な時期が続くかと思われます。議員各位におかれましては、健康に十分御留意をいただきまして、さまざまな分野において御活躍をいただきますよう御期待を申し上げますと同時に、万博も6月9日のバングラデシュ、7月8日のパラオ、そして7月16日は日進市の日と控えております。ぜひ、そういった面も含めながら、皆様からの格段の御支援、御協力をお願い申し上げ、閉会のごあいさつとさせていただきます。

 本日はまことにありがとうございました。



◎(中川事務局長) これをもちまして、第1回臨時会の閉会式を終わります。

                 午後11時47分 閉式

 会議の経過を記載して、その相違ないことを証すためここに署名する。

   議長     武田 司

   副議長    福安克彦

   議長     鈴村修波

   署名議員   中川増雄

   署名議員   折原由浩