議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 日進市

平成28年  9月 定例会(第3回) 08月31日−01号




平成28年  9月 定例会(第3回) − 08月31日−01号









平成28年  9月 定例会(第3回)



        平成28年第3回日進市議会定例会本会議[8月31日(水)]

1.開会式       平成28年8月31日(水)午前9時30分

                   議長挨拶

                   市長挨拶

1.開議        午前9時33分 議長宣告

1.会議に出席した議員

         1番 白井えり子       2番 山田久美

         3番 武田治敏        4番 福安淳也

         5番 青山耕三        6番 山根みちよ

         7番 舟橋よしえ       8番 島村きよみ

         9番 道家富好        10番 萩野 勝

         11番 中川東海        12番 下地康夫

         13番 小屋登美子       14番 渡邊明子

         15番 ごとうみき       16番 大橋ゆうすけ

         17番 近藤ひろき       18番 小野田利信

         19番 永野雅則        20番 余語充伸

1.会議に欠席した議員

         なし

1.地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名

  市長          萩野幸三   副市長         青山雅道

  教育長         吉橋一典   企画部長        金山敏和

  企画部調整監      小林正信   総務部長        須崎賢司

  市民生活部長      鈴木正敏   健康福祉部長      山中和彦

  健康福祉部参事     梅村光俊   健康福祉部参事     蟹江幸久

  こども福祉部長     萩野敬明   建設経済部長      伊藤孝明

  建設経済部担当部長   遠松 誠   建設経済部参事     武田健一

  会計管理者       櫻井弘幸   教育部長        西村幸三

  代表監査委員      鷲田智砂   監査委員事務局長    杉浦淳司

  教育部次長兼教育総務課長

              牧 智彦

1.会議に職務のために出席した者の職氏名

  議会事務局長      幸村和男   議会事務局次長兼議事課長

                                 森本幸治

1.会議に付した事件

  議案第53号 平成27年度日進市一般会計歳入歳出決算の認定について

  議案第54号 平成27年度日進市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について

  議案第55号 平成27年度日進市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について

  議案第56号 平成27年度日進市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について

  議案第57号 平成27年度日進市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について

  議案第58号 平成27年度日進市農業集落排水処理施設事業特別会計歳入歳出決算の認定について

  議案第59号 平成27年度日進市三ケ峯台団地汚水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について

  議案第60号 平成27年度日進市南山エピック団地汚水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について

  議案第61号 平成27年度日進市五色園団地汚水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について

  議案第62号 日進市税条例等の一部改正について

  議案第63号 日進市都市計画税条例の一部改正について

  議案第64号 日進市使用料及び手数料条例の一部改正について

  議案第65号 日進市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について

  議案第66号 日進市国民健康保険税条例の一部改正について

  議案第67号 日進市介護保険条例の一部改正について

  議案第68号 日進市指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部改正について

  議案第69号 日進市国民健康保険条例の一部改正について

  議案第70号 日進市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について

  議案第71号 日進市都市公園条例の一部改正について

  議案第72号 日進市下水道条例の一部改正について

  議案第73号 日進市ふれあい工房条例の一部改正について

  議案第74号 日進市スポーツセンター条例の一部改正について

  議案第75号 平成28年度日進市一般会計補正予算(第3号)について

  議案第76号 平成28年度日進市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について

  議案第77号 平成28年度日進市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について

  議案第78号 平成28年度日進市介護保険特別会計補正予算(第1号)について

  議案第79号 平成28年度日進市下水道事業特別会計補正予算(第2号)について

  議案第80号 平成28年度日進市農業集落排水処理施設事業特別会計補正予算(第1号)について

  議案第81号 平成28年度日進市三ケ峯台団地汚水処理事業特別会計補正予算(第1号)について

  議案第82号 平成28年度日進市南山エピック団地汚水処理事業特別会計補正予算(第1号)について

  議案第83号 平成28年度日進市五色園団地汚水処理事業特別会計補正予算(第1号)について

  議案第84号 日進市教育委員会委員の任命について

  請願第2号 東小、梨の木小の学区再編に伴う学童保育所受け入れに関する請願書

1.議事日程

  日程第1 会議録署名者の指名

  日程第2 会期の決定

  日程第3 諸般の報告

       1 議長

       2 副市長

  日程第4 議案第53号から議案第83号までについて

       (上程・説明)

  日程第5 議案第84号について

       (上程・説明・質疑・討論・採決)

  日程第6 請願第2号について

       (上程・委員会付託)

1.閉議        午前11時14分 議長宣告

        開会式

     午前9時30分 開式



◎(幸村事務局長) ただいまから平成28年第3回日進市議会定例会の開会式を行いますので、御起立願います。

 最初に、議長から挨拶があります。

     〔議長 永野雅則登壇〕



○議長(永野雅則) おはようございます。

 平成28年第3回日進市議会定例会の開会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。

 本定例会に提出されております案件は、決算の認定を始め補正予算、条例の一部改正、人事案件など32議案であります。いずれも重要な案件でございますので、慎重なる御審議、御審査を重ねられ、適切な議決をいただきますようお願い申し上げます。

 また、今議会では、17名の議員から一般質問の通告が出されております。活発な議論が交わされることを期待し、また、議会運営に格別の御協力をお願い申し上げまして、開会の挨拶とさせていただきます。よろしくお願いします。



◎(幸村事務局長) 次に、市長から挨拶があります。

     〔市長 萩野幸三登壇〕



◎(萩野市長) おはようございます。

 平成28年第3回日進市議会定例会の開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。

 議員の皆様におかれましては、御多用の中、本日の定例会に御参集をいただき、厚く御礼を申し上げます。

 連日暑い日が続いておりますが、リオデジャネイロオリンピックでは、日本選手団が大活躍をし、史上最多の41個ものメダルラッシュに日本列島が沸きました。この夏は、日進の中学生たちも、体操やテコンドー、吹奏楽で全国大会に出場を決めたほか、都市対抗野球では、日進市民が投打で大活躍されるなど明るい話題もありました。また、地域では、夏祭りが盛んに行われました。地元の皆様の御尽力、議員各位の御協力に対しまして深く感謝を申し上げさせていただきます。

 そして、いよいよ秋には、にっしん夢まつりや市民まつりのほか、地域の秋祭りなどの行事が続きます。活気づく夏の勢いに魅せられて、さらなる御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げます。

 さて、本定例会に提案させていただきます議案は32議案でございます。内訳といたしましては、決算関係では、平成27年度一般会計及び特別会計の決算の認定が9議案、予算関係では、平成28年度一般会計及び特別会計の補正予算が9議案、条例関係では、一部改正が13議案でございます。また、人事案件といたしまして、教育委員会委員の任命が1議案ございます。

 議員の皆様には、各議案とも慎重なる御審議の上、御議決、御賛同いただきますようお願い申し上げ、開会の挨拶とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



◎(幸村事務局長) これをもちまして、開会式を終わります。

 御着席願います。

     午前9時33分 閉式

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時34分 開議



○議長(永野雅則) 開議に先立ち報告します。

 本日の出席説明員は、お手元に配付したとおりです。

 ただいまの出席議員数は20人です。定足数に達していますので、平成28年第3回日進市議会定例会を開会します。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付した日程表のとおりです。

 これより本日の日程に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永野雅則) 日程第1、会議録署名者の指名を行います。

 会議録署名者は、会議規則第88条の規定により、議長から15番ごとうみき議員、16番大橋ゆうすけ議員を本定例会の会議録署名者に指名します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永野雅則) 日程第2、会期の決定を議題とします。

 お諮りします。本定例会の会期は、本日から9月29日までの30日間としたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、会期は30日間と決定しました。

 会期中の会議予定については、お手元の会期日程表のとおりですので御了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永野雅則) 日程第3、諸般の報告を議題とします。

 議長から報告をします。

 8月1日に本市で開催しました尾三11市議会議長協議会に私と副議長が出席しましたので報告します。

 次に、8月4日を派遣期間として北名古屋市で開催されました尾三11市議会議員合同研修会に全議員が参加しましたので報告します。

 次に、市長から、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項に規定する健全化判断比率の報告並びに同法第22条第1項に規定する資金不足比率の報告及び平成27年度日進アシスト株式会社の経営状況の報告が本職にありましたので、資料をお手元に配付させていただきました。

 次に、教育委員会から、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第26条第1項の規定に基づき、教育に関する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価の結果に関する報告書の提出が本職にありましたので、資料をお手元に配付させていただきました。

 次に、監査委員から、平成28年5月分、6月分及び7月分の例月出納検査結果と、梅森保育園、三本木保育園、日進市立西小学校及び日進市立日進中学校の定期監査結果の報告が本職にありました。なお、詳細資料は、いずれも議会事務局に備えてありますので閲覧願います。

 次に、陳情の取り扱いについて報告します。

 陳情第2号、育児休業中の3歳未満児退園制度廃止に関する陳情書は福祉厚生委員会に、陳情第3号、定数改善計画の早期策定・実施と義務教育費国庫負担制度の堅持及び拡充を求める陳情書は、総務文教委員会に付託をいたします。

 以上で報告を終わります。

 次に、行政報告を行っていただきます。

 副市長。

     〔副市長 青山雅道登壇〕



◎(青山副市長) 平成28年第3回日進市議会定例会の開催に当たり、平成28年第2回定例会以降の行政について、主な事業の概要を御報告申し上げます。

 初めに、総務部関係でございますが、6月12日に日進市水防工法訓練を野方町天白川左岸堤防敷で行い、河川の増水や堤体の破損等による被害の軽減を目的に、消防団員の水防技術の錬磨、市職員の技術習得を行いました。

 次に、6月26日に日進市地域合同総合防災訓練を開催し、浅田、梅森、野方の各行政区の市民や防災関連団体の関係者など、約850人の皆様に御参加をいただきました。

 また、7月30日には、第61回愛知県消防操法大会が尾張旭市で開催され、日進市の代表として出場した折戸分団が日ごろの訓練成果を遺憾なく発揮し、小型ポンプ操法の部で入賞を果たしました。当日は、議員の皆様を始め、区長並びに関係者の方々から心温まる応援をいただき、まことにありがとうございました。

 次に、市民生活部関係でございますが、6月22日に市民会館において、日進市安全安心推進大会を開催いたしました。今年度からは、防犯、交通安全の啓発のほか、更生保護活動や社会を明るくする運動の啓発も加えて開催し、盛大な大会となりました。

 また、7月23日、24日の2日間、図書館において、にっしん平和の集いを開催いたしました。愛知淑徳大学の学生による朗読劇を始め、パネル展示や映画の上映等を行い、約400人の皆様に御参加をいただきました。

 次に、健康福祉部関係でございますが、8月1日に、定期巡回・随時対応型訪問介護看護を行う地域密着型サービス事業所を1カ所、指定いたしました。

 次に、こども福祉部関係でございますが、8月27日に市民会館において、チャレンジド夏祭りが、障害福祉サービス事業者と学生ボランティアなどの実行委員会により開催され、障害のあるお子さんとその御家族など、約900人の皆様に御来場いただきました。

 次に、建設経済部関係でございますが、6月1日から30日までの1カ月間で、プレミアム商品券の予約販売申し込みを行い、発行総数3,000冊に対して9,048冊、2,199人の申し込みがございました。7月7日には抽せん会を実施し、725人の方が当選されました。

 続きまして、各組合議会について御報告申し上げます。

 初めに、愛知県後期高齢者医療広域連合議会でございますが、平成28年第1回臨時会が7月25日に開催され、副広域連合長の選任、監査委員の選任についての2議案が提案され、いずれも原案のとおり可決されました。

 また、平成28年第2回定例会が8月22日に開催され、個人情報保護条例等の一部改正を始め2件の条例等の一部改正、平成28年度一般会計補正予算(第1号)など、5件の予算、決算関連を合わせまして6議案が提案され、いずれも原案のとおり可決されました。

 次に、愛知中部水道企業団議会でございますが、平成28年第2回定例会が7月25日に開催され、平成27年度企業団会計利益処分及び決算の認定についての1議案が提案され、原案のとおり可決されました。

 最後に、工事請負契約について御報告申し上げます。

 5月19日から8月12日までの契約金額1,000万円以上の工事請負契約は19件ございます。工事請負契約報告書をお配りいたしますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上をもちまして、行政報告を終わらせていただきます。



○議長(永野雅則) 以上で諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永野雅則) 日程第4、議案第53号から議案第83号までを一括議題とします。

 各議案は、お手元に配付したとおりです。

 各議案について、提案説明を求めます。

 説明者、最初に、市長。

     〔市長 萩野幸三登壇〕



◎(萩野市長) 議長の御指名がございましたので、上程いたしました議案第53号から議案第83号までにつきまして、議案の概要を御説明申し上げます。

 初めに、議案第53号から第61号につきましては、地方自治法第233条並びに施行令第166条の規定に基づき、平成27年度日進市一般会計歳入歳出決算並びに平成27年度日進市特別会計歳入歳出決算の認定をお願いするものでございます。

 まず、一般会計でございますが、歳入総額241億1,663万5,965円に対しまして、歳出総額228億4,349万664円で、歳入歳出差引額は12億7,314万5,301円となり、翌年度に繰り越すべき財源を差し引いた実質収支は12億2,882万6,301円となりました。

 特別会計につきましては、8つの特別会計を合計いたしまして、歳入158億5,414万9,759円に対しまして、歳出153億6,269万5,742円、歳入歳出差引額は4億9,145万4,017円となりました。

 なお、平成27年度決算の概要につきましては、会計管理者より御説明申し上げますが、関係書類として、決算書並びに自治行政の実績報告書に監査委員の決算審査意見書を添えて提出をさせていただいております。

 次に、議案第62号でございます。

 この条例は、地方税法等の一部を改正する等の法律の施行及び個人番号利用手続の一部見直しに伴い、日進市税条例等の一部を改正しようとするものでございます。

 次に、議案第63号であります。

 この条例は、地方税法等の一部を改正する等の法律の施行に伴い、日進市都市計画税条例の一部を改正しようとするものでございます。

 次に、議案第64号であります。

 この条例は、使用料及び手数料の適正化を図るため、日進市使用料及び手数料条例の一部を改正しようとするものでございます。

 次に、議案第65号であります。

 この条例は、使用料及び手数料の適正化を図るため、日進市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正しようとするものでございます。

 次に、議案第66号であります。

 この条例は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に規定する個人番号利用手続の一部見直しに伴い、日進市国民健康保険税条例の一部を改正しようとするものでございます。

 次に、議案第67号であります。

 この条例は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に規定する個人番号利用手続の一部見直しに伴い、日進市介護保険条例の一部を改正しようとするものでございます。

 次に、議案第68号であります。

 この条例は、指定地域密着型サービスの人員、設備及び運営に関する基準の一部改正に伴い、日進市指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正しようとするものでございます。

 次に、議案第69号であります。

 この条例は、日進市国民健康保険運営協議会の委員定数を変更するため、日進市国民健康保険条例の一部を改正しようとするものでございます。

 次に、議案第70号であります。

 この条例は、児童福祉施設の設備及び運営に関する基準及び家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令の施行に伴い、日進市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正しようとするものでございます。

 次に、議案第71号から議案第74号につきましては、使用料及び手数料の適正化を図るため、日進市都市公園条例、日進市下水道条例、日進市ふれあい工房条例及び日進市スポーツセンター条例の一部を改正しようとするものでございます。

 次に、議案第75号であります。

 今回の補正は、5億4,994万1,000円を増額し、予算総額を236億9,571万7,000円にしようとするものでございます。

 次に、議案第76号であります。

 今回の補正は、1億3,761万円を増額し、予算総額を77億1,763万7,000円にしようとするものでございます。

 次に、議案第77号であります。

 今回の補正は、3,884万7,000円を増額し、予算総額を16億2,448万円にしようとするものでございます。

 次に、議案第78号であります。

 今回の補正は、1億2,004万1,000円を増額し、予算総額を44億9,986万5,000円にしようとするものでございます。

 次に、議案第79号であります。

 今回の補正は、9,852万円を増額し、予算総額を24億8,753万6,000円にしようとするものでございます。

 次に、議案第80号であります。

 今回の補正は、173万9,000円を増額し、予算総額を990万2,000円にしようとするものでございます。

 次に、議案第81号であります。

 今回の補正は、188万4,000円を増額し、予算総額を1,076万5,000円にしようとするものでございます。

 次に、議案第82号であります。

 今回の補正は、17万2,000円を増額し、予算総額を883万8,000円にしようとするものでございます。

 次に、議案第83号であります。

 今回の補正は、426万8,000円を増額し、予算総額を6,088万9,000円にしようとするものでございます。

 以上をもちまして、提出議案の説明とさせていただきます。

 なお、詳細につきましては、所管部長より説明をいたしますので、よろしくお願いいたします。



○議長(永野雅則) 次に、会計管理者。



◎(櫻井会計管理者) 御指名をいただきましたので、議案第53号から議案第61号までの平成27年度の一般会計と特別会計、歳入歳出決算について補足説明をさせていただきます。

 なお、説明に際して少々お時間をいただきたいので、よろしくお願いいたします。

 それでは、決算書の2ページ、3ページになりますが、歳入歳出決算総括表から主な決算内容を御説明申し上げます。

 平成27年度の一般会計及び全ての特別会計を合わせました歳入決算総額は399億7,078万5,724円で、前年度に比べ20億6,200万2,987円、5.4%の増加となりました。

 次に、歳出決算の総額は382億618万6,406円で、前年度に比べ15億9,626万2,997円、4.4%の増加となりました。

 また、歳入歳出の差引額の合計金額は、17億6,459万9,318円で、前年度比較で4億6,573万9,990円の増加となりました。

 次に、一般会計歳入歳出決算について御説明を申し上げます。

 同じく2ページ、3ページの一番上の一般会計の欄をごらんいただきたいと思います。

 一般会計の歳入決算額は、241億1,663万5,965円で、歳出決算額は、228億4,349万664円であります。歳入歳出差引額といたしましては、12億7,314万5,301円でございます。

 次に、ページが飛んで恐縮でございますが、167ページの実質収支に関する調書をごらんいただきたいと思います。

 翌年度へ繰り越すべき財源は、繰越明許費繰越額が4,431万9,000円となりまして、実質収支額は12億2,882万6,301円と、前年度に比べて3億8,465万9,983円、45.6%の増加でございます。

 それでは、初めに戻りまして、18ページ以降の事項別明細書により、歳入状況について前年度に比べ増減額の大きな項目について説明を申し上げます。

 まず、18、19ページになります。

 初めに、1款市税の歳入額は148億9,398万2,385円で、前年度に比べ2億1,069万1,867円、1.4%の増加であります。市税の中では、個人市民税が特別徴収分の増加などにより約2億1,200万円の増加、法人市民税が税率の引き下げに伴い、約1億800万円の減少、固定資産税が地価の上昇並びに家屋の増加等により約5,400万円の増加となりました。

 次に、20、21ページ、6款の地方消費税交付金は、15億8,961万2,000円で、6億6,294万9,000円、71.5%の増加となりました。この増加につきましては、平成26年4月1日からの地方消費税率が引き上げられたことによるものでございます。

 次に、22、23ページ、10款地方交付税は4,471万8,000円で、1億8,233万4,000円、80.3%の減少となりました。これは普通交付税が不交付になったことによるものでございます。

 次に、36、37ページ、16款財産収入は2億8,150万5,166円で、2億3,546万2,147円、511.4%の増加となりました。これは、米野木駅前の不動産の売り払いによるものでございます。

 同じページの17款寄附金は1,184万4,688円で、1,094万7,070円、1,219.6%の増加であります。ふるさと納税1件1,000万円によるものでございます。

 次に、46、47ページ、21款市債は、1億7,340万円で、3億7,610万円、率で68.4%の減少となりました。

 続きまして、48ページからの歳出について御説明を申し上げます。

 まず、50ページの2款総務費は、29億9,406万7,762円で、2億3,257万6,594円、8.4%の増加となりました。主な増減事業は、52ページ、1項3目財政管理費で、財源安定確保事務が1億621万844円、27.4%の増加。58ページ、1項6目企画費で、情報化推進事務が1億1,447万1,931円、52.7%の増加、その他には、選挙関係での増加がございました。

 次に、80ページ、3款民生費は、95億1,641万8,269円で、3億3,943円、3.3%の増加となりました。増減の主な事業等は、同じページの1項1目社会福祉総務費で、地域福祉計画推進事業が2億4,812万1,537円、6,098.1%の増加で、不動産の売払収入を地域福祉基金に積み立てをしたことによるものでございます。また、同じく1目では、障害者自立支援給付事業が1億5,570万7,324円、21.2%の減少でありますが、これは障害児通所支援給付費等を機構改革に伴って、98ページの2項児童福祉費、1目児童福祉総務費の障害者福祉センター運営事業に組み替えをしたものでございます。86ページ、3目福祉医療費で、福祉医療事務が3億1,718万5,878円、28.5%の増加、96ページ、5目臨時福祉給付金給付事業費で5,372万5,493円、46.7%の減少、98ページ、2項1目児童福祉総務費で、障害者福祉センター運営事業が2億9,623万5,719円、773.7%の増加は、先ほど1項1目で申し上げました障害児通所支援給付等の組み替えによるものでございます。100ページ、3目保育所費では、全体で2億3,479万8,075円、11.2%の減少ですが、東部地区保育園整備事業が皆減したことなどによるものでございます。104ページ、5目子育て給付金給付事業費で、子育て世帯臨時特例給付金給付事業が2億1,746万2,429円、83.2%の減少ですが、これは、国の給付金の額が下げられたこと、愛知県子育て支援減税手当の給付事業が廃止されたことによるものでございます。

 次に、106ページ、4款衛生費につきましては19億4,641万3,007円、3,867万677円、2.0%の増加でございます。増減の主なものは、116ページ、2項2目塵芥処理費で、可燃・不燃ごみ収集処理事業が1,386万2,469円、2.0%の増加でございます。

 次に、116ページ、5款農林水産業費につきましては1億1,762万4,870円で、1,401万5,714円、10.6%の減少となりました。

 次に、122ページ、6款商工費につきましては、2億5,491万3,569円で、4,793万7,359円、23.2%の増加となりました。増減の主なものといたしましては、122ページ、1項2目商工振興費が全体で4,996万8,449円、28.6%の増加でございます。

 次に、124ページ、7款土木費は20億6,972万4,094円で、3億3,950万9,719円、14.1%の減少となりました。増減の主なものといたしましては、128ページ、2項3目道路整備事業費が全体で2億3,923万1,097円、51.5%の減少、132ページ、4項3目土地区画整理費が全体で1億1,909万2,589円、39.3%の減少。同じページの4目下水道費で、下水道事業特別会計繰出金が8,039万3,000円、12.9%の増加などでございます。

 次に、134ページ、8款消防費は9億2,570万4,692円で、1,101万7,965円、1.2%の増加となりました。

 次に、138ページ、9款教育費は33億9,955万5,136円で、3億2,536万7,405円、10.6%の増加となりました。主な増減事業といたしましては、142ページ、2項1目学校管理費が全体で3億6,428万4,392円、87.9%の増加ですが、主に小学校管理事業、繰越明許分になりますが、赤池小学校の増築工事等によるものでございます。156ページ、4項4目文化財保護費は全体で1億532万1,508円、74.2%の減少でございますが、主に旧市川家の住宅改修整備工事の終了に伴い、文化財補修等の工事が皆減したことによるものでございます。

 次に、164ページ、11款公債費は13億4,240万8,468円で、1億7,357万3,254円、11.4%の減少となりました。これは、市債償還元利金ともに減少したものでございます。

 同じく164ページ、12款諸支出金は522万9,877円で、258万6,287円、97.8%の増加となりました。

 ここまでが一般会計歳入歳出決算でございます。

 続きまして、特別会計の説明をさせていただきます。

 まず、国民健康保険特別会計歳入歳出決算であります。

 173ページの国民健康保険特別会計歳入の決算額の収入済額の合計は77億5,452万1,699円で、前年度比19.2%の増加となりました。

 次に、177ページ、歳出決算額の支出済額の合計は76億1,874万5,965円で、前年度比18.0%の増加となりました。

 歳入の主な増減項目を御説明申し上げます。

 180ページ、1款国民健康保険税は、一般・退職被保険者などの減少により5,118万2,152円の減少、同ページ、2款国庫支出金は、6,294万2,760円の増加。

 182ページ、3款療養給付費等交付金は、退職被保険者の減少により現年度分療養給付費等交付金が9,380万7,660円の減少。

 184ページ、6款共同事業交付金が10億8,226万4,391円の増加でありますが、これにつきましては、保険財政共同安定化事業の制度の改正に伴うものでございます。

 同じページ、8款繰入金が3億8,376万3,097円の増加。

 9款繰越金は、前年度からの繰越金から1億5,317万7,685円の減少となりました。

 歳出の主な増減といたしましては、188ページの2款保険給付費の一般被保険者の療養給付費が1億8,212万4,734円。

 194ページ、7款共同事業拠出金で、保険財政共同安定化事業拠出金が制度の改定に伴って、10億333万7,616円それぞれ増加いたしました一方、188ページ、2款保険給付費の退職被保険者等療養給付費が4,230万564円、194ページ、6款介護納付金が3,959万9,879円と、それぞれ減少しております。

 続きまして、後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について御説明を申し上げます。

 205ページ、後期高齢者医療保険特別会計歳入の決算額の収入済額の合計は15億1,131万7,879円で、前年度比4.5%の増加となりました。

 次に、207ページ、歳出決算額の支払済額の合計は15億339万1,364円、前年度比で5.1%の増加となりました。

 次に、歳入のうち、主な増減項目を御説明申し上げます。

 210ページ、1款後期高齢者医療保険料は、対象者の増加などで2,516万5,000円の増加。3款の繰入金の療養給付費市負担分繰入金が保険給付の増加に伴い、2,624万6,169円の増加となりました。

 歳出では、214ページ、2款後期高齢者医療広域連合納付金が、保険料及び療養給付費負担金等の増加によりまして6,861万4,408円の増加となりました。

 続きまして、介護保険特別会計歳入歳出決算について御説明を申し上げます。

 最初に、225ページになります。歳入決算額は42億2,037万4,415円で、前年度比6.2%の増加となりました。

 次に、227ページ、歳出決算額は支出済額の合計40億5,589万3,539円で、前年度比5.2%の増加となりました。

 次に、歳入のうち主な増減項目を御説明申し上げます。

 230ページ、1款介護保険料では、保険料の改定により、現年度分の特別徴収保険料と普通徴収保険料が合わせて2億420万400円の増加となりました。

 2款国庫支出金、4款県支出金、7款1項一般会計繰入金の増加は、介護給付費の伸びによるものでございます。

 234ページ、8款繰越金は1,803万8,435円の増加でございます。

 歳出では、236ページ、2款保険給付費が5,975万8,452円の増加。

 240ページ、5款基金積立金が1億598万9,200円の増加となっております。

 続きまして、下水道事業特別会計歳入歳出決算について説明申し上げます。

 最初に、249ページになります。歳入決算額は、合計22億9,195万761円、前年度比で8.3%の減少となりました。

 次に、251ページ、歳出決算額は、支出済額の合計21億2,219万3,923円、前年度比11.2%の減少となりました。

 次に、歳入の主な増減項目を御説明申し上げます。

 254ページ、1款分担金及び負担金が1,310万8,500円の増加、3款国庫支出金が2億855万2,000円の減少、256ページ、5款繰入金が8,039万3,000円の増加、8款市債が1億2,210万円の減少でございました。

 次に、歳出では、258ページ、2款事業費が全体で2億9,027万6,965円の減少、262ページ、3款公債費が全体で3,755万4,566円の増加となりました。

 最後になります。農業集落排水処理施設事業特別会計及び汚水処理事業特別会計の3会計の歳入歳出決算において、歳出は施設の運転、維持管理に係る費用で、歳入は、その充当する使用料でございます。

 少し長いお時間をいただきました。

 以上で平成27年度日進市一般会計並びに特別会計歳入歳出決算各議案の補足説明とさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(永野雅則) 次に、総務部長。



◎(須崎総務部長) 次に、議案第62号、日進市税条例等の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 主な内容といたしましては、まず1点目として、個人市民税等について減免の申請書に記載すべき事項から行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号を削り、申請期限を各納期限までに延長するものでございます。

 2点目として、固定資産税について、再生可能エネルギー発電設備の減額措置に対し、わがまち特例を導入するものでございます。

 3点目として、必要な規定の整理を行うものでございます。

 なお、施行期日につきましては公布の日からとし、2点目、3点目につきましては平成28年4月1日から適用するものでございます。ただし、附則第6条の改正規定につきましては、平成30年1月1日から施行するものでございます。

 次に、議案第63号、日進市都市計画税条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 改正内容としましては、地方税法の改正に伴い、必要な規定の整理を行うものでございます。なお、施行期日につきましては、公布の日から施行し、平成28年4月1日から適用するものでございます。

 次に、議案第64号、日進市使用料及び手数料条例の一部改正について御説明申し上げます。主な内容としましては、使用料及び手数料の一部について金額の見直しを行い、その他必要な規定の整理を行うものでございます。

 なお、施行期日につきましては公布の日からとするものですが、別表第2の改正規定のうち地方税法に法律番号を追記する部分を除き、別表第2及び別表第3の改正規定は平成29年4月1日から施行するものでございます。また、改正後の別表第1の規定は、平成29年4月1日以後の利用について適用し、同日前の利用につきましては、なお、従前の例によるとするものでございます。



○議長(永野雅則) 次に、市民生活部長。



◎(鈴木市民生活部長) 次に、議案第65号、日進市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について御説明申し上げます。

 主な改正内容としましては、使用料及び手数料の適正化を図るため、一般廃棄物収集運搬業及び処分業の許可等申請手数料の改正並びにその他必要な規定の整理を行うものでございます。

 なお、施行期日につきましては、公布の日からとし、許可等申請手数料につきましては平成29年4月1日とするものでございます。

 以上です。



○議長(永野雅則) 次に、健康福祉部長。



◎(山中健康福祉部長) 次に、議案第66号、日進市国民健康保険税条例の一部改正について御説明申し上げます。

 主な改正内容としましては、国民健康保険税の減免の申請書に記載すべき事項から、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号を削るものでございます。

 なお、施行期日につきましては、公布の日とするものでございます。

 次に、議案第67号、日進市介護保険条例の一部改正について御説明申し上げます。

 主な改正内容としましては、介護保険料の徴収猶予及び減免の申請書に記載すべき事項から、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号を削るものでございます。

 なお、施行期日につきましては、公布の日とするものでございます。

 次に、議案第68号、日進市指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部改正について御説明申し上げます。

 主な改正内容としましては、国の省令で定める指定地域密着型サービスの人員、設備及び運営に関する基準の一部が改正されたことに伴い、地域密着型通所介護等について規定を加えるため、必要な見直しを行うものでございます。

 なお、施行期日につきましては、平成28年10月1日とするものでございます。

 次に、議案第69号、日進市国民健康保険条例の一部改正について御説明申し上げます。

 主な改正内容としましては、国民健康保険運営協議会において、平成30年度に財政運営の責任主体が愛知県となる制度改正に向けてより幅広く意見を聴取するため、被用者保険等保険者を代表する委員1名を追加するものでございます。

 なお、施行期日につきましては、平成28年10月1日とするものでございます。



○議長(永野雅則) 次に、こども福祉部長。



◎(萩野こども福祉部長) 次に、議案第70号、日進市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について御説明申し上げます。

 主な改正内容としましては、小規模保育事業所A型及び保育所型事業所内保育事業所における職員の配置基準及び資格要件について特例を設け、小規模保育事業所、保育所型事業所内保育事業所及び小規模型事業所内保育事業所における避難用階段の規定の整理を行うものでございます。

 なお、施行期日につきましては、公布の日とするものでございます。



○議長(永野雅則) 次に、建設経済部長。



◎(伊藤建設経済部長) 次に、議案第71号、日進市都市公園条例の一部改正について御説明申し上げます。

 主な改正内容としましては、公園施設内の設置等許可に係る使用料、公園敷地内に設置する電柱等の占用料、公園敷地内で許可を受けた行為をする場合の使用料の規定を追加し、有料公園施設に係る使用料の見直し等を行うものでございます。

 なお、施行期日につきましては、公布の日とするものでございます。



○議長(永野雅則) 次に、建設経済部担当部長。



◎(遠松建設経済部担当部長) 次に、議案第72号、日進市下水道条例の一部改正について御説明申し上げます。

 主な改正内容といたしましては、排水設備工事責任技術者登録手数料及び排水設備工事指定工事店指定手数料を改正するものでございます。

 なお、施行期日につきましては、公布の日から施行し、平成29年4月1日以降の申請から適用とするものでございます。



○議長(永野雅則) 次に、教育部長。



◎(西村教育部長) 次に、議案第73号、日進市ふれあい工房条例の一部改正について御説明申し上げます。

 主な改正内容としましては、ふれあい工房の陶芸利用に係る使用料の見直しを行うものでございます。

 なお、施行期日につきましては、公布の日から施行し、平成29年4月1日以後の利用から適用するものでございます。

 次に、議案第74号、日進市スポーツセンター条例の一部改正について御説明申し上げます。

 主な改正内容としましては、トレーニング室の市外使用者に係る使用料を追加し、その他必要な規定の整理を行うものでございます。

 なお、施行期日につきましては、公布の日から施行し、平成29年4月1日以後の使用から適用するものでございます。



○議長(永野雅則) 現在、提案説明の途中ですが、ただいまから午前10時35分まで休憩します。

     午前10時23分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時35分 再開



○議長(永野雅則) 会議を再開します。

 休憩前に引き続き、提案説明を行っていただきます。

 説明者、総務部長。



◎(須崎総務部長) それでは、議案第75号、平成28年度日進市一般会計補正予算(第3号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、歳入歳出にそれぞれ5億4,994万1,000円を追加いたしまして、予算総額を236億9,571万7,000円にしようとするものであります。

 それでは、第1表歳入歳出予算補正につきまして御説明させていただきます。

 まず、歳入でございますが、14款国庫支出金は1億4,777万円の増額となっておりますが、これは、2項国庫補助金の地域介護福祉空間整備事業を217万5,000円、保育所等整備事業を1億4,441万3,000円、3項委託金の女性若者等消防団加入促進モデル事業委託金を118万2,000円、それぞれ増額するものでございます。

 15款県支出金は8,358万4,000円の減額となっておりますが、主なものといたしましては、2項県補助金の子育て支援対策基金事業を8,880万円減額し、元気な愛知の市町村づくり事業を500万円増額するものでございます。

 16款財産収入は499万9,000円の増額となっておりますが、これは、日進アシスト株主配当金でございます。

 18款繰入金は4億6,726万1,000円の減額となっておりますが、これは、1項特別会計繰入金を1億2,449万円増額し、2項基金繰入金の財政調整基金繰入金を4億9,175万1,000円、公共施設整備基金繰入金を1億円、それぞれ減額するものでございます。

 19款繰越金は、前年度繰越金から当初予算計上分の3億円を差し引いた額としまして、9億2,882万6,000円を増額するものであります。

 20款諸収入は1,919万1,000円の増額となっておりますが、主なものといたしましては、消防団員退職報償金受入金を243万4,000円、休日急病診療所運営精算金を1,625万7,000円、それぞれ増額するものであります。

 次に、歳出につきまして御説明させていただきます。

 2款総務費でございますが、3億4,930万3,000円の増額となっておりますが、主なものといたしましては、財源安定確保事務の財政調整基金積立金を1億8,688万8,000円、公共施設整備基金積立金を1億5,000万円、公共交通対策事業のバス停設置等工事を1,195万円、それぞれ増額するものでございます。

 3款民生費は1億1,576万3,000円の増額となっておりますが、主なものといたしましては、1項社会福祉費の介護ロボット等導入支援特別事業補助金を217万5,000円、後期高齢者医療特別会計繰出金を3,092万1,000円、2項児童福祉費の認可保育所建設補助金を6,256万5,000円、3項生活保護費の生活保護等事業の返還金を1,675万5,000円、それぞれ増額するものでございます。

 4款衛生費は750万4,000円の増額となっておりますが、これは、救急医療体制支援事業返還金でございます。

 5款農林水産業費は144万円の増額となっておりますが、これは、1項農業費の人件費を増額するものであります。

 7款土木費は4,367万円の増額となっておりますが、主なものといたしましては、2項道路橋梁費の道路維持修繕料を1,250万円、道路改良工事を1,600万円、4項都市計画費の野方三ツ池公園線整備事業用地購入費を910万円、それぞれ増額するものであります。

 8款消防費は378万5,000円の増額となっておりますが、主なものといたしましては、1項消防費の消防団員退職報償金を243万4,000円、消耗品費を111万3,000円、それぞれ増額するものであります。

 9款教育費は2,847万6,000円の増額となっておりますが、主なものといたしましては、スポーツ施設管理事業の総合運動公園再生整備工事を2,930万3,000円、給食センター施設設備維持管理事務の修繕料を330万円、それぞれ増額するものでございます。

 以上が平成28年度日進市一般会計補正予算(第3号)の内容でございます。



○議長(永野雅則) 次に、健康福祉部長。



◎(山中健康福祉部長) 次に、議案第76号、平成28年度日進市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ1億3,761万円を増額し、予算総額を77億1,763万7,000円にしようとするものでございます。

 それでは、第1表歳入歳出予算補正につきまして説明いたします。

 初めに、歳入でございますが、2款国庫支出金は183万6,000円の増額となっておりますが、これは、歳出の1款総務費の電算事務委託料に対する補助金でございます。9款繰越金は1億3,577万4,000円の増額となっておりますが、これは、平成27年度決算における歳入歳出差引額でございます。

 次に、歳出でございますが、1款総務費は185万7,000円の増額となっておりますが、これは、制度改正に伴うシステム改修費として電算事務委託料を183万6,000円、国民健康保険運営協議会の委員を追加するため、委員報酬を2万1,000円増額するものでございます。2款保険給付費は、9,902万円の増額となっておりますが、これは、退職被保険者等療養給付費を3,048万円、一般被保険者高額療養費を5,699万円、退職被保険者等高額療養費を1,155万円増額するものでございます。11款諸支出金は3,673万3,000円の増額となっておりますが、これは、平成27年度に受け入れた国庫支出金の精算として一般被保険者過誤収納返戻金を2,915万6,000円、一般家計から受け入れた事務費繰入金の精算として一般会計繰出金を757万7,000円増額するものでございます。

 次に、議案第77号、平成28年度日進市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ3,884万7,000円を増額し、予算総額を16億2,448万円にしようとするものでございます。

 それでは、第1表歳入歳出予算補正につきまして御説明いたします。

 初めに、歳入でございますが、3款繰入金を一般会計から3,092万1,000円、4款繰越金を前年度精算分として792万6,000円、それぞれ増額するものでございます。

 次に、歳出でございますが、2款後期高齢者医療広域連合納付金は、平成27年度療養給付費負担金の確定に伴い3,092万1,000円、3款諸支出金は平成27年度決算における歳入歳出差引額を一般会計繰出金として792万6,000円、それぞれ増額しようとするものでございます。

 次に、議案第78号、平成28年度日進市介護保険特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、歳入歳出からそれぞれ1億2,004万1,000円を追加いたしまして、予算総額を44億9,986万5,000円にしようとするものでございます。

 それでは、第1表歳入歳出予算補正につきまして御説明いたします。

 初めに、歳入でございますが、7款繰入金は4,193万9,000円の減額となっておりますが、主なものといたしましては、基金繰入金を減額するものでございます。8款繰越金は1億6,198万円の増額となっておりますが、これは、平成27年度決算における歳入歳出差引額でございます。

 次に、歳出でございますが、2款保険給付費は6,550万円の増額となっておりますが、これは、居宅介護サービス等給付費を5,050万円、高額介護サービス等費用1,500万円、それぞれ増額するものでございます。7款諸支出金は5,454万1,000円の増額となっておりますが、これは、介護給付費等の償還金が3,910万2,000円、一般会計繰出金を1,543万9,000円、それぞれ増額するものでございます。



○議長(永野雅則) 次に、建設経済部担当部長。



◎(遠松建設経済部担当部長) 次に、議案第79号、平成28年度日進市下水道事業特別会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、歳入歳出にそれぞれ9,852万円を増額し、予算総額を24億8,753万6,000円にしようとするものでございます。

 それでは、第1表歳入歳出予算補正につきまして御説明させていただきます。

 初めに、歳入でございますが、5款繰入金で一般会計繰入金を225万円、6款繰越金で前年度の収支差引額を9,180万9,000円、7款諸収入で雑入を446万1,000円増額するものでございます。

 次に、歳出でございますが、1款のうち人件費の時間外手当を225万円、2款のうち南部浄化センター整備事業の既存設備機能調査業務委託料を446万1,000円、4款の一般会計繰出金を9,180万9,000円増額するものでございます。

 次に、議案第80号、平成28年度日進市農業集落排水処理施設事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、歳入歳出にそれぞれ173万9,000円を増額し、予算総額を990万2,000円にしようとするものでございます。

 それでは、第1表歳入歳出予算補正につきまして御説明させていただきます。

 初めに、歳入でございますが、4款繰越金で前年度の収支差引額として173万9,000円増額するものでございます。

 次に、歳出でございますが、2款諸支出金のうち一般会計繰出金で繰出金を173万9,000円増額するものでございます。

 次に、議案第81号、平成28年度日進市三ケ峯台団地汚水処理事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、歳入歳出にそれぞれ188万4,000円を増額し、予算総額を1,076万5,000円にしようとするものでございます。

 それでは、第1表歳入歳出予算補正につきまして御説明させていただきます。

 初めに、歳入でございますが、3款繰入金を115万5,000円減額し、4款繰越金で前年度の収支差引額として303万9,000円増額するものでございます。

 次に、歳出でございますが、1款総務費のうち施設管理委託料の入札執行残分として115万5,000円減額し、2款諸支出金のうち基金費で基金積立金として303万9,000円増額するものでございます。

 次に、議案第82号、平成28年度日進市南山エピック団地汚水処理事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、歳入歳出にそれぞれ17万2,000円を増額し、予算総額を883万8,000円にしようとするものでございます。

 それでは、第1表歳入歳出予算補正につきまして御説明させていただきます。

 初めに、歳入でございますが、3款繰入金を188万円減額し、4款繰越金で前年度の収支差引額として205万2,000円増額するものでございます。

 次に、歳出でございますが、1款総務費のうち施設管理委託料を入札執行残により188万円減額し、2款諸支出金のうち基金費で基金積立金として205万2,000円増額するものでございます。

 次に、議案第83号、平成28年度日進市五色園団地汚水処理事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、歳入歳出にそれぞれ426万8,000円を増額し、予算総額を6,088万9,000円にしようとするものでございます。

 それでは、第1表歳入歳出予算補正につきまして御説明させていただきます。

 初めに、歳入でございますが、3款繰入金を241万5,000円減額し、4款繰越金で前年度の収支差引額として668万3,000円増額するものでございます。

 次に、歳出でございますが、1款総務費のうち施設管理委託料を入札執行残により241万5,000円減額し、2款諸支出金のうち基金費で基金積立金として668万3,000円増額するものでございます。

 以上で説明とさせていただきます。



○議長(永野雅則) 次に、議案第53号から議案第61号までの各会計決算については、決算審査がなされていますので、監査委員より報告を求めます。

 鷲田智砂代表監査委員、登壇願います。

     〔代表監査委員 鷲田智砂登壇〕



◎(鷲田代表監査委員) 議長から御指名がございましたので、平成27年度の一般会計及び特別会計の決算審査の結果について、監査委員を代表いたしまして報告させていただきます。

 平成27年度一般会計及び特別会計歳入歳出決算の審査につきましては、地方自治法第233条第2項の規定に基づき、市長から審査依頼がありましたので、渡邊監査委員とともに慎重に審査を行い、合議のもと意見を取りまとめ、平成28年8月18日付で、市長へ決算審査意見書を提出いたしました。

 それでは、結果について申し上げます。

 決算書等は関係法令に準拠して作成されており、その計数は正確であると認められました。また、決算内容及び予算の執行状況も正確に表示され、おおむね適切な財政運営がなされていたと認められました。

 詳細につきましては、お手元の日進市決算審査意見書の記述のとおりでございますので、ここでは、45ページからの「むすび」をもとに、特徴的なところを申し述べさせていただきます。なお、各科目の増減等、会計管理者の説明と重複するような部分は、一部割愛させていただきますのでよろしくお願いいたします。

 初めに、平成27年度の決算規模でございますが、全体では歳入総額399億7,078万5,724円、歳出総額382億618万6,406円となり、前年度に比べ歳入で20億6,200万2,987円、率にして5.4%、歳出で15億9,626万2,997円、率にして4.4%、いずれも増加しています。

 まず、一般会計の決算について申し上げます。

 歳入の総額は241億1,663万5,965円で、前年度に比べ7億1,172万4,949円、率にして3%増加しています。

 歳入全体を構成する財源の内訳を見ますと、市税を始めとする自主財源は177億5,929万9,021円で、率にして73.6%、市債や国庫支出金を始めとする依存財源は63億5,733万6,944円で、率にして26.4%となり、自主財源の占める割合は0.5ポイント上昇しております。

 また、市税につきましては、148億9,398万2,385円となり、前年度に比べ2億1,069万1,867円、率にして1.4%増加し、歳入決算額の構成比率では61.8%と、本市の歳入の根幹をなしております。

 次に、歳出の総額は228億4,349万664円で、前年度に比べ4億3,622万1,966円、率にして1.4%増加しています。

 歳出決算を性質別の構成比で見ますと、義務的経費が41.8%、投資的経費が5.5%、その他の経費が52.7%となっており、金額では、前年度に比べ、義務的経費が800万1,006円減少し、投資的経費が4億630万2,476円減少、また、その他の経費が8億5,052万5,488円の増加となっています。

 その結果、一般会計における歳入歳出差引額は12億7,314万5,301円で、翌年度へ繰り越すべき財源4,431万9,000円を差し引いた実質収支額が12億2,882万6,301円、また、前年度の実質収支額を差し引いた単年度の収支額は3億8,465万9,983円の黒字となりました。

 続きまして、特別会計の決算内容について申し上げます。

 特別会計8会計の歳入総額は158億5,414万9,759円で、前年度と比べ13億5,027万8,038円、率にして9.3%増加しています。また、歳出総額は153億6,269万5,742円で、前年度に比べ11億6,004万1,031円、率にして8.2%増加しています。

 会計別に申し上げますと、国民健康保険特別会計につきましては、歳入が約12億円増加しており、主な要因といたしましては、保険財政共同安定化事業交付金が増加したことなどが挙げられます。また、収入未済額については、3億561万4,316円と前年度に比べ4,895万9,377円、率にして13.8%減少しています。また、不納欠損額は4,923万773円で423万9,863円、率にして9.4%増加しております。

 一方、歳出におきましては、加入者の高齢化等の影響による医療費の増加により保険給付費が45億4,083万7,861円と、前年度に比べ1億9,140万2,852円、率にして4.4%増加し、歳出全体の59.6%を占めております。

 その結果、本年度の実質収支額は1億3,577万5,734円となっておりますが、前年度と比較すると、8,632万598円、率にして174.5%増加しており、一般会計からの法定外繰入金と平成26年度からの繰越金を引くと、3億9,799万402円の赤字となっております。会計運営は、依然厳しい状況におかれており、保険税の見直しなどさらなる財源確保策が必要と考えます。

 次に、後期高齢者医療特別会計につきましては、歳入における後期高齢者医療保険料の収入未済額は217万5,400円と前年度に比べ64万9,800円、率にして23%減少しています。また、不納欠損額は7万4,100円で、7,300円、率にして9%減少しています。

 歳出におきましては、主な支出として後期高齢者医療広域連合納付金が14億4,717万8,000円と前年度に比べ6,861万4,408円、率にして5%増加しています。

 次に、介護保険特別会計につきまして、歳入において、介護保険料の収入未済額が1,657万7,100円と前年度に比べ14万1,145円、率にして0.9%増加しています。また、不納欠損額は531万9,700円で、94万6,700円、率にして21.6%ほど増加しております。

 歳出においては、保険給付費が37億4,937万1,419円と前年度に比べ5,975万8,452円、率にして1.6%増加しています。

 次に、下水道事業特別会計につきましては、歳入において、下水道使用料の収入未済額が504万6,904円と前年度に比べ60万5,348円、率にして10.7%減少しております。これは、愛知中部水道企業団による下水道料金催告システムが十分に機能したことによる成果と認められます。

 歳出におきましては、公共下水道事業費が13億1,412万4,464円と前年度に比べ2億9,027万6,965円、率にして18.1%減少していますが、年度末の公共下水道の普及率は70.2%と前年度に比べ1.3ポイント上昇しており、着実に事業の推進が図られていると認められます。

 続きまして、一般会計からの繰入金の状況ですが、特別会計全体では27億1,199万7,141円で、前年度に比べ4億2,889万5,951円、率にして18.8%増加しております。ますます一般会計からの繰入金に頼らざるを得ない状況が進行しております。財政状況の厳しい中、今後においても一般会計の負担を軽減できるように、特別会計の収支内容を精査し、健全な運営を図る必要があると考えます。

 次に、市債の状況でございますが、平成27年度末における市債の現在高が226億6,813万52円となり、前年度に比べ9億4,886万2,155円、率にして4%減少しています。また、市民1人当たりの市債額は25万6,845円で、前年度より1万4,353円、率にして5.3%減少しております。

 次に、財政指標が示す財政状況につきましては、単年度の財政力指数が1.020、経常収支比率は82.6%となりました。単年度の財政力指数は前年度に比べ0.025ポイント上昇、また、経済収支比率は前年度に比べ1.8ポイント低下いたしましたが、依然高い数値を示しているため、今後も経常経費の抑制に留意する必要があります。

 ここで、平成27年度の決算の特徴として、款別の増減の主な要因につきましては、会計管理者の説明にもございましたので、省略させていただきます。

 続きまして、審査を通して感じた点や意見、要望などを述べさせていただきます。

 まず、平成27年度決算の歳入歳出の差引残額は、一般会計で12億7,300万円、全体で17億6,500万円となっており、残額が多く感じられますが、会計的には特に問題が生じるものではないと認められます。なお、3カ年平均の実質公債費率や将来負担比率は年々減少しており、良好と言えますが、今後においても、歳入の確保、歳出の縮減に努め、より健全な財政運営を図っていただくことを望みます。

 次に、収入未済額につきましては、それぞれの部署において、新たな滞納を発生させないよう、現年分の未納削減に努められている状況が見られました。特に市税におきましては、現年度分の収納率が前年度に比べ0.09ポイント、滞納繰越分が9.99ポイント高くなったことにより全体では0.46ポイント高くなっており、収納率が97.03%と過去最高の数値を示しております。

 この点については評価できるところでございます。

 不納欠損額につきましては、滞納処分をすることができる財産がないものや外国人で国外転出をしてしまったものなど、徴収できる可能性がないと判断し、不納欠損処分が妥当とした結果であり、やむを得ないものと認められます。

 なお、不納欠損処分につきましては、平成28年4月に市税等の滞納処分の停止等に関する取扱要領を施行し、平成27年度においても、この要領に準じた取り扱いをしていることは評価できます。

 今後においても、滞納処分の執行を停止する場合、適切な判断のもと、執行していただくとともに、不納欠損処分とならないよう努力していただきたいと思います。

 次に、歳出の関係ですが、業務委託契約や工事請負契約の中に地方自治法施行令第167条の2第1項第1号を適用した随意契約によるものが本年度もかなり見られました。工事や委託業務を取りまとめるなど、できる限り入札での対応を心がけていただきたいと思います。

 次に、各種会議、協議会または団体等に業務委託料や負担金、補助金を交付している事業について確認させていただきましたが、一部に要綱等を持たない負担金の支出が見られました。また、補助金の交付に当たっては、交付要綱で概算払いと規定しているにもかかわらず、前金払いとしている補助金も幾つか見られました。適正な補助金交付に努めていただきたいと思います。

 負担金や補助金等を交付する際には、その根拠を明確にするとともに、内容を十分に精査し、結果についても実績報告書や決算書など、関係書類の検査を確実に行い、適宜その必要性を検証することが重要であると考えます。

 最後に、平成27年度におきましては、過年度払い、支払い先誤り、二重払い、消費税の支払い誤りなどと誤った事務処理が見受けられました。幹部職員を始め、管理監督者が率先して職員の意識を変革し、さまざまなリスクに対応できる体制を構築するなど、内部統制機能の整備、充実を図っていただきたいと思います。

 また、今後、財政構造の硬直化により、将来的なインフラ整備、公共施設の長寿命化に係る大規模改修費用などへの影響が大いに危惧されるため、将来を見据えた健全な財政計画のもと、安定的な行財政運営に努めていただくように要望いたします。

 以上をもちまして、平成27年度一般会計、特別会計決算審査の結果報告とさせていただきます。



○議長(永野雅則) 以上で提案説明並びに監査報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永野雅則) 日程第5、議案第84号についてを議題とします。

 議案は、お手元に配付したとおりです。

 議案第84号について、提案説明を求めます。

 説明者、市長。

     〔市長 萩野幸三登壇〕



◎(萩野市長) 議長の御指名がございましたので、上程いたしました議案第84号につきまして御説明を申し上げます。

 この案を提出するのは、教育委員の成田ゆき江氏の任期が平成28年9月30日をもちまして満了となりますが、人格は高潔で、教育に関し高い見識を有する同氏を引き続き任命したいと存じますので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定に基づき議会の同意を求めるものでございます。よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げて、説明とさせていただきます。



○議長(永野雅則) 以上で提案説明を終わります。

 これより議案質疑に入ります。

 議案第84号について質疑を許します。質疑はありませんか。(なし)

 質疑なきものと認め、これにて議案第84号に対する質疑を終結します。

 お諮りします。ただいま議題となっています議案第84号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、御異議はありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。よって、議案第84号は、委員会付託を省略することに決しました。

 これより議案第84号について討論に入ります。

 最初に、反対論の発言を許します。(なし)

 次に、賛成論の発言を許します。

 青山耕三議員。



◆5番(青山耕三) 議長の許可を得ましたので、議案第84号、日進市教育委員会委員任命について賛成の立場から発言いたします。

 成田ゆき江氏は、経歴書にもありますように、日東保育園の理事長を務められ、人格は温厚で見識も高く、かかわる人々に慕われ、地域においても幅広く活躍をされている方であります。

 また、平成24年10月から現在まで、教育委員として精力的に活動されており、昨年度は文部科学省で開催された市町村教育委員研究協議会にも出席され、全国の教育委員の方々との意見交換をされたとお聞きしております。

 昨今の目まぐるしい社会情勢の変化の中で、子どもたちがたくましく育ち、生きる力を持った人材へと育成するため、豊富な経験と実績をお持ちの成田ゆき江氏は、本市の教育行政には欠くことのできない存在であります。引き続き本市教育行政の充実、発展に御尽力いただきたいと考え、私は、教育委員に成田ゆき江氏を任命しようとする本案に賛成するものであります。



○議長(永野雅則) ほかに討論はありませんか。(なし)

 ほかに討論なきものと認め、これにて議案第84号に対する討論を終結します。

 これより議案第84号を採決します。

 本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔起立全員〕

 起立全員です。よって、議案第84号、日進市教育委員会委員の任命については原案のとおり可決同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永野雅則) 日程第6、請願第2号、東小、梨の木小の学区再編に伴う学童保育所受け入れに関する請願書を議題とします。

 請願文書表は、お手元に配付したとおりです。

 請願第2号の委員会付託を行います。

 請願第2号は、福祉厚生委員会に付託します。

 付託を受けた福祉厚生委員会は、会期日程により委員会を開いていただき、請願の審査をお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永野雅則) 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれにて散会します。

 来る9月2日は午前9時30分から本会議を開きます。

     午前11時14分 散会