議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 岩倉市

平成20年第1回臨時会(第 1号 5月19日)




平成20年第1回臨時会(第 1号 5月19日)




平成20年5月(第1回)岩倉市議会臨時会


 ─────────────────────



 平成20年5月19日(月)


 午前10時   開 会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 議案第30号及び第31号の上程、提案説


     明(議案精読)


日程第4 議案第30号及び第31号の議案質疑、討


     論、採決


日程第5 議案第32号及び第33号の上程、提案説


     明(議案精読)


日程第6 議案第32号及び第33号の議案質疑、委


     員会付託


日程第7 議案第32号及び第33号の委員会報告、


     議案質疑、討論、採決


日程第8 議会人事


 ─────────────────────


〇本日の会議に付した案件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 議案第30号及び第31号の上程、提案説


     明(議案精読)


日程第4 議案第30号及び第31号の議案質疑、討


     論、採決


日程第5 議案第32号及び第33号の上程、提案説


     明(議案精読)


日程第6 議案第32号及び第33号の議案質疑、委


     員会付託


日程第7 議案第32号及び第33号の委員会報告、


     議案質疑、討論、採決


日程第8 議会人事


追加日程 議長辞職の件


追加日程 議長の選挙


追加日程 副議長辞職の件


追加日程 副議長の選挙


 ─────────────────────


〇出席議員(18名)


        1番  相 原 俊 一


        2番  加 納 のり子


        3番  須 藤 智 子


        4番  片 岡 恵 一


        5番  高 桑 敏 直


        6番  松 浦 正 ?


        7番  関 戸 八 郎


        8番  伊 藤 隆 信


        9番  宮 川   隆


        10番  井 上 博 彦


        11番  安 田   豊


        12番  桝 谷 規 子


        13番  木 村 冬 樹


        14番  横 江 英 樹


        15番  岸   孝 之


        16番  三 輪 佳 幸


        17番  大 島 昇 一


        18番  馬 路 康 子


 ─────────────────────


〇欠席議員(0名)


 ─────────────────────


〇説明のため出席した者


   市     長  石 黒 靖 明


   副  市  長  赤 堀 俊 之


   教  育  長  井 上   剛


   総 務 部 長  長  瀬 章 一


   市 民 部 長  嶋  田   博


   福祉事務所長   井 筒 洋 一


   建 設 部 長  野 杁 二三夫


   水 道 部 長  吉 田   巧


   会計管理者兼会計課長


            桜 井 義 則


   教 育 部 長  伴   祥 三


   消  防  長  奥 村 正 光


   行 政 課 長  大 堀 誠三郎


 ─────────────────────


〇職務のため出席した事務局職員


   議会事務局長   大 西 富美男


   専  門  員  後 藤 美 一





○議長(三輪佳幸君) おはようございます。平成20年5月の臨時会が開会となりますが、全議員の方に御参集をいただきましてありがとうございます。最近では中国を初めとして大きな災害が起こっておるわけですけれども、今も市の方の義援金等の活動もありますので、ひとつ御協力の方をお願いしたいと思っております。


 5月の臨時会が、招集されたわけでありますけれども、当局議案が4件と、その後は議会人事をやりますが、議会会期内に皆さんの良識ある御協力をいただきまして、ぜひ延長せずに議会が円満に終了いたしますことを御協力をお願い申し上げまして、簡単ではございますがごあいさつといたします。どうも御苦労さまでございます。


○議会事務局長(大西富美男君) 市長あいさつ。


     〔市長石黒靖明君 登壇〕


○市長(石黒靖明君) おはようございます。


 平成20年5月の第1回臨時会をお願いいたしましたところ、全員の御出席をいただきまして、ありがとうございました。


 ただいま議長さんからもお話がございましたように、今月の12日でございますけれども、中国の四川省で大地震が起こりまして、何か5万人ぐらいの方が亡くなったということでございますし、またミャンマーではサインクロンが起こりまして、これも13万人とか、もっと大きなことも言っていますので、本当に心配でございますし、被災に遭われた方につきましては心から御冥福を祈りたいと思っています。そういうこともございますので、災害は忘れたことにやってくるということもございますので、さらに気を引き締めて岩倉市も安全・安心なまちづくりに全力を挙げていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。


 今臨時会にお願いいたしました議案につきましては4件でございまして、岩倉市教育委員会委員の選任について、岩倉市公平委員会委員の選任についてと、条例関係では後期高齢者医療制度の創設によりまして、国保におきまして国保保険税の負担がふえる方につきまして軽減措置を行う等々の条例の改正と、補正予算では平成19年度の決算が不足をしておりますので、その不足を20年度予算の繰り上げ充当をするということで老人保健特別会計でお願いするわけでございますが、何とぞ慎重審議をいただきますようにお願いしますとともに、先ほど議長さんからもお話がございましたように、今議会は議会の人事が中心だと思っておりますので、会期内に終わりますようにお願いをいたしまして、私からのあいさつにかえます。どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。


○議会事務局長(大西富美男君) これをもって開会式を終わります。


 ─────────────────────


      午前10時03分 開会


○議長(三輪佳幸君) ただいまの出席議員は18名であります。


 したがいまして、定足数に達していますので議会は成立いたします。


 これより平成20年5月第1回岩倉市議会臨時会を開会いたします。


 地方自治法第121条の規定により、議案等の説明者として当局側の出席を求めております。


 議事は、お手元に配付してあります議事日程表に従い、進めさせていただきます。


 ─────────────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(三輪佳幸君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第76条の規定により、議長において指名いたします。12番桝谷規子議員、13番木村冬樹議員を指名いたします。


 ─────────────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(三輪佳幸君) 日程第2、5月臨時会の会期の決定についてを議題といたします。


 本件について、議会運営委員会が開催されていますので、報告を求めます。


 議会運営委員長、9番宮川 隆議員。


○議会運営委員長(宮川 隆君) 9番宮川でございます。


 去る5月13日に議会運営委員会を開催し、平成20年5月第1回臨時会の会期について審議をいたしましたので報告いたします。


 審議の結果、本臨時会の会期は、本日より5月21日までの3日間とすることに決しております。


 以上、報告を終わります。


○議長(三輪佳幸君) 報告が終わりました。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、ただいま委員長の報告のとおり、本日から5月21日までの3日間とすることに御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 よって、会期は本日より5月21日までの3日間とすることに決しました。


 ─────────────────────





◎日程第3 議案第30号及び第31号の上程、提案説明(議案精読)





○議長(三輪佳幸君) 日程第3、議案第30号「岩倉市教育委員会委員の選任について」及び議案第31号「岩倉市公平委員会委員の選任について」を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 市長。


     〔市長石黒靖明君 登壇〕


○市長(石黒靖明君) 平成20年5月臨時会に上程させていただきました議案第30号及び議案第31号につきまして、提案理由の説明をさせていただきます。


 議案第30号「岩倉市教育委員会委員の選任について」につきましては、現在委員の内藤洋子氏が平成20年5月31日をもって任期満了となりますので、引き続き同氏を選任するため、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の規定に基づき議会の同意を求めるものでございます。


 議案第31号「岩倉市公平委員会委員の選任について」につきましては、現在委員の乾てい子氏が平成20年5月31日をもって任期満了となりますので、新たに深見早惠氏を選任するため、地方公務員法の規定に基づき議会の同意を求めるものでございます。


 なお、両名につきましては、所属政党はございません。


 その他参考資料といたしまして略歴を添付しましたので、御参照いただきますようによろしくお願いします。


 以上、よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由とさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。


○議長(三輪佳幸君) 説明が終わりました。


 お諮りいたします。


 議案精読の間、休憩したいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 よって、休憩いたします。


      午前10時06分 休憩


 ─────────────────────


      午前10時20分 再開


○議長(三輪佳幸君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 ─────────────────────





◎日程第4 議案第30号及び第31号の議案質疑、討論、採決





○議長(三輪佳幸君) 日程第4、議案第30号及び議案第31号の議案審議を行います。


 議案第30号「岩倉市教育委員会委員の選任について」の審議に入ります。


 本件については、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 これより議案第30号を採決いたします。


 本案については、原案のとおり同意することに賛成の議員の挙手を求めます。


       〔賛成者挙手〕


○議長(三輪佳幸君) 挙手全員であります。


 よって、議案第30号は原案のとおり同意することに決しました。


 次に、議案第31号「岩倉市公平委員会委員の選任について」の審議に入ります。


 本案については、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 これより議案第31号を採決いたします。


 本案については、原案のとおり同意することに賛成の議員の挙手を求めます。


       〔賛成者挙手〕


○議長(三輪佳幸君) 挙手全員であります。


 よって、議案第31号は原案のとおり可決することに決しました。


 ─────────────────────





◎日程第5 議案第32号及び第33号の上程、提案説明(議案精読)





○議長(三輪佳幸君) 日程第5、議案第32号及び議案第33号を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 議案第32号「岩倉市国民健康保険税条例の一部改正について」説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(嶋田 博君) 議案第32号「岩倉市国民健康保険税条例の一部改正について」につきまして御説明をいたします。


 提案理由といたしましては、地方税法の改正等により、国民健康保険の被保険者が後期高齢者医療制度に移行することに伴う保険税の負担増に対する緩和を図るため、軽減措置を規定する条項の整備等を行うものでございます。


 それでは、条文に従いまして、その内容について御説明をさせていただきます。


 まず、第6条の改正につきましては、同一世帯の国保被保険者が後期高齢者医療制度に移行したことによって被保険者が1人となった世帯を特定世帯とし、これまで1世帯当たり1万9,500円としていた基礎課税額に係る世帯別平等割額を、特定世帯については5年間は2分の1に軽減し、1世帯当たり9,750円とするものです。


 第10条の改正につきましては、これまで1世帯当たり6,500円としていた後期高齢者支援金等課税額に係る世帯別平等割額を、特定世帯については5年間は2分の1に軽減し、1世帯当たり3,250円とするものです。


 第18条の改正につきましては、平成18年6月21日に公布されました健康保険法等の一部を改正する法律による国民健康保険法の一部改正が平成20年4月1日に施行されたことに伴い、引用条項の整理等を行うものです。


 第28条の改正につきましては、国民健康保険税の減額を定めるもので、6割軽減及び4割軽減世帯で第6条及び第10条と同様、特定世帯については基礎課税額に係る世帯別平等割額及び後期高齢者支援金等課税額に係る世帯別平等割額を5年間は2分の1とするもので、6割軽減では5,850円と1,950円に、4割軽減では3,900円と1,300円にするものです。また、これらの軽減判定を行う際には、後期高齢者医療制度に移行した旧国保被保険者については、特定同一世帯所属者として含めた形で判定を行うことについても規定するものでございます。


 第29条の改正につきましては、新たに国民健康保険税の減免をできる者を加えるもので、健康保険法等の規定による被保険者が被用者保険から後期高齢者医療制度に移行したことにより、その被扶養者であった65歳以上の方が新たに国民健康保険の被保険者となった場合には、国民健康保険税を減免する旨を規定するものです。なお、減免の内容につきましては、岩倉市国民健康保険税の減免に関する規則を改正して、その中で規定してまいりますが、新たに国民健康保険の被保険者となってから2年間は、所得割額及び資産割額の全額並びに均等割額の2分の1を減免し、さらに当該世帯の被保険者が1人の場合等については、平等割額についても2分の1を減免する旨を規定するものでございます。


 本則、附則第2項から第16項までの改正につきましては、地方税法の規定により所得の特例を受けた場合の国民健康保険税条例の適用について、後期高齢者医療制度に移行した旧国保被保険者である特定同一世帯所属者を含めて適用する旨を規定するとともに、平成18年度及び平成19年度の国民健康保険税の特例について定めた第3項から第6項までを削り、これによる項の移動を行うものです。


 附則としまして、この条例は公布の日から施行し、平成20年4月1日から適用するものです。


 適用区分として、改正後の新条例は、平成20年度以降の年度分について適用し、平成19年度分までは、なお従前の例によるものです。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第33号「平成20年度岩倉市老人保健特別会計補正予算(第1号)」について説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(嶋田 博君) 議案第33号「平成20年度岩倉市老人保健特別会計補正予算(第1号)」につきまして、提案理由といたしましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,594万円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ3億663万2,000円とさせていただくものです。


 その内容といたしましては、歳出から御説明をさせていただきますので、9ページ、10ページをお願いいたします。


 款5前年度繰上充用金、項1前年度繰上充用金、目1前年度繰上充用金、節22補償補填及び賠償金4,594万円の増額につきましては、平成19年度決算見込みにおいて歳入決算額26億4,708万9,301円、歳出決算額26億9,302万9,264円となり、収支差引額として4,593万9,963円の不足額となるため、地方自治法施行令第166条の2の規定によりまして、前年度繰上充用金の補正をお願いするものであります。


 続きまして、歳入の御説明をさせていただきますので、7ページ、8ページをお願いいたします。


 老人保健特別会計の財源につきましては、医療諸費等に対して支払基金、国、県、市の負担割合が定められておりますが、当該年度の交付額は概算で交付されるため、決算後の翌年度に精算されることになります。今回、支払基金、国・県ともに19年度の概算交付額が不足となり追加交付となるため、款1支払基金交付金で882万4,000円、款2国庫支出金で2,969万3,000円、款3県支出金で742万3,000円をそれぞれ過年度分として予算を計上し、歳出予算に充当するものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) お諮りいたします。


 議案精読の間、休憩したいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 よって、休憩いたします。


      午前10時34分 休憩


 ─────────────────────


      午前11時05分 再開


○議長(三輪佳幸君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 ─────────────────────





◎日程第6 議案第32号及び第33号の議案質疑、委員会付託





○議長(三輪佳幸君) 日程第6、議案第32号「岩倉市国民健康保険税条例の一部改正について」の審議に入ります。


 質疑を許します。


 12番桝谷規子議員。


○12番(桝谷規子君) 12番桝谷です。


 今度の国民健康保険税条例の一部改正については、後期高齢者医療制度の国民的な批判が高まる中で地方税法の改正をということで、後期高齢者医療制度ができて、国民健康保険税の負担増に対する緩和措置として、この激変緩和を規定されたわけですが、特定世帯という、より複雑な世帯を条項に入れるなど、激変緩和措置、軽減措置というのが余りにもまた複雑で、市町村の窓口も混乱させ、市民もより制度をわかりにくくさせる、本当にこの後期高齢者医療制度そのものを私たちは何としても中止にと思うものでありますが、やっぱり今まで世帯が一つの健康保険で構成していたものを、75歳になったということでこのような制度、本当に怒りでいっぱいなわけなんですが、今度の軽減分の負担はきちんと国が財源を出すように示しているのかどうか、今の段階で状況がどうなのかお聞かせいただきたいと思います。


○議長(三輪佳幸君) 市民部長。


○市民部長(嶋田 博君) 今回の税条例の改正によりまして、全体では約680万円程度の影響が見込まれますが、この財源措置については今の段階では明確になっておりません。しかしながら、この影響額に対する財政措置については、今後関係機関等を通して国の方へ要望していきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 12番桝谷規子議員。


○12番(桝谷規子君) 今のところその財源をどうするのかというのが明確になっていない状況ということなんでありますが、今後の要望ということを今答弁の中でおっしゃられたんですが、市長会とかそういったところではこの議論がどんなふうになっているのか、市長会などでの要望の状況というのか、議論などはどのようになっているのか、市長の答弁をお願いしたいと思うんですが。


○議長(三輪佳幸君) 市長。


○市長(石黒靖明君) この後期高齢者医療制度というのは、もともと実は国保の中に老人保健が入っていまして、小さな市町で75歳以上の方がたくさん見えますと、老人保健の方への拠出金が多くて国保はやっていけないというようなことがあるわけでございます。ですから、できるだけ国保自体を、本来私たちは県でやってもらえんだろうかと、そうすれば安定的な財源が確保できるんではないかという議論でありましたが、こういう形になりました。後期高齢者医療制度についてはいろんな、市長会でも議論されておりますけれども、新たな削減といいますか、いわゆる保障というのは突然出てくるんですね。突然出てきておりますので、この問題についてはまだ議論がされておりません。しかし私は聞いて、早速これは部長にも言っておきましたけれども、市長会で議論をするので、市長会のとき議題として上げてくれと。そして、やっぱり国が法律で決めるんだから、当然これは国が持つべきではないかという議論を展開したいと思っていますので、よろしくお願いします。


○議長(三輪佳幸君) これをもって議案第32号の質疑を終結いたします。


 続いて、議案第33号「平成20年度岩倉市老人保健特別会計補正予算(第1号)」について質疑を許します。


      〔発言する者なし〕


○議長(三輪佳幸君) これをもって議案第33号の質疑を終結します。


 お諮りします。


 議会運営委員会を開催する間、休憩したいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 よって、休憩いたします。


      午前11時09分 休憩


 ─────────────────────


      午前11時13分 再開


○議長(三輪佳幸君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 休憩中に議会運営委員会が開かれておりますので、報告を求めます。


 議会運営委員長、9番宮川 隆議員。


○議会運営委員長(宮川 隆君) 9番宮川でございます。


 休憩中に議会運営委員会を開催し、議案2件の委員会付託について審議をいたしましたので報告いたします。


 審議の結果につきましては、ただいまお手元に配付いたしました議案付託表のとおり付託することに決しております。


 以上、報告を終わります。


○議長(三輪佳幸君) 報告が終わりました。


 お諮りいたします。


 ただいま議会運営委員長の報告のとおり付託をいたしたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 よって、お手元に配付いたしました議案付託表のとおり付託することに決しました。


 お諮りいたします。


 委員会を開催する間、休憩したいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 よって、休憩いたします。


      午前11時14分 休憩


 ─────────────────────


      午後1時15分 再開


○議長(三輪佳幸君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 ─────────────────────





◎日程第7 議案第32号及び第33号の委員会報告、議案質疑、討論、採決





○議長(三輪佳幸君) 日程第7、議案第32号及び議案第33号の議案審議を行います。


 議案第32号「岩倉市国民健康保険税条例の一部改正について」を議題といたします。


 本案について、委員長の報告を求めます。


 市民・福祉常任委員長、13番木村冬樹議員。


○市民・福祉常任委員長(木村冬樹君) 13番木村です。


 市民・福祉常任委員会は、本日午前11時18分より第3委員会室にて委員全員出席のもと開催いたしました。


 当委員会に付託されました議案第32号「岩倉市国民健康保険税条例の一部改正について」審議いたしましたので、報告をいたします。


 当局の説明を省略し、直ちに質疑に入りました。何点かにわたる質疑がありましたが、ここでは省略をさせていただきます。討論はなく、採決の結果、議案第32号は委員全員賛成により原案のとおり可決すべきものと決しております。


 以上、報告を終わります。


○議長(三輪佳幸君) 報告が終わりました。


 お諮りいたします。


 本案については、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 これより議案第32号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の挙手を求めます。


       〔賛成者挙手〕


○議長(三輪佳幸君) 挙手全員であります。


 よって、議案第32号は原案のとおり可決することに決しました。


 次に、議案第33号「平成20年度岩倉市老人保健特別会計補正予算(第1号)」を議題といたします。


 本案について委員長の報告を求めます。


 市民・福祉常任委員長、13番木村冬樹議員。


○市民・福祉常任委員長(木村冬樹君) 13番木村です。


 前議案に続き、当委員会に付託されました議案第33号「平成20年度岩倉市老人保健特別会計補正予算(第1号)」について審議いたしましたので、報告いたします。


 当局の説明を省略し、直ちに質疑に入りました。質疑もなく、討論もなく、採決に入りました。採決の結果、議案第33号は全員賛成により原案のとおり可決すべものと決しました。


 以上、報告を終わります。


○議長(三輪佳幸君) 報告が終わりました。


 お諮りいたします。


 本案については、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 これより議案第33号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の挙手を求めます。


       〔賛成者挙手〕


○議長(三輪佳幸君) 挙手全員であります。


 よって、議案第33号は原案のとおり可決することに決しました。


 ─────────────────────





◎日程第8 議会人事





○議長(三輪佳幸君) 日程第8、議会人事を議題といたします。


 お諮りいたします。


 ここで調整のため休憩いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 よって、休憩いたします。


      午後1時17分 休憩


 ─────────────────────


      午後3時00分 再開


○副議長(関戸八郎君) 休憩前に続き会議を開きます。


 教育長は公務のため離席の申し出がありましたので、許可をいたしました。


 ただいま議長の三輪佳幸議員から辞職願が提出されました。


 お諮りいたします。


 この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(関戸八郎君) 異議なしと認めます。


 よって、この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。


 ─────────────────────


 追加日程 議長辞職の件


○副議長(関戸八郎君) まず、辞職願を事務局長に朗読させます。


 事務局長。


○議会事務局長(大西富美男君) 命により、朗読いたします。


 辞職願


 岩倉市議会申し合わせ任期により、本職を辞職したいので御許可くださるようお願いします。


 平成20年5月19日


 岩倉市議会議長 三輪佳幸


 岩倉市議会副議長 関戸八郎様


 以上でございます。


○副議長(関戸八郎君) お諮りいたします。


 三輪佳幸議員の議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(関戸八郎君) 異議なしと認めます。


 よって、三輪佳幸議員の議長の辞職を許可することに決しました。


 ただいま議長が欠員となりました。


 お諮りいたします。


 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(関戸八郎君) 御異議なしと認めます。


 よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。


    〔16番三輪佳幸君 入場・復席〕


 ─────────────────────





◎追加日程 議長の選挙





○副議長(関戸八郎君) 途中でございますが、会議録署名議員に17番大島昇一議員、16番三輪佳幸議員を追加指名いたします。


 日程第9、これより議長の選挙を行います。


 お諮りします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選により行いたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(関戸八郎君) 御異議なしと認めます。


 選挙の方法は、指名推選によることに決しました。


 お諮りします。


 副議長が指名することにしたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(関戸八郎君) 御異議なしと認めます。


 副議長が指名することに決しました。


 議長に大島昇一議員を指名します。


 お諮りします。


 ただいま副議長が指名しました大島昇一議員を議長の当選人と定めることに御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(関戸八郎君) 御異議なしと認めます。


 ただいま指名しました議員が議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました大島昇一議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をします。


 この際、議長に就任されました大島昇一議員からごあいさつをいただきます。


○新議長(大島昇一君) 岩倉の周辺部では、目下田植えに向かって準備中の農作業が行われておりますこの新緑の候に、出席の議員さんの全員の御推薦によりまして議長に就任させていただくことができました。これもひとえに皆様方のおかげでございまして、心より御礼申し上げます。


 無論のこと浅学非才の私でございますが、憲法に記されている憲法92条、岩倉市の市の自治体としての本旨にのっとって、一生懸命市民の幸せを念頭に置きながら、皆様方の御理解と御協力のもとに尽くしてまいりたいと思います。いっときも休むことなく誠心誠意私も努力させていただきますので、今後とも御理解と御協力を賜りまして、お支えくださいます場合が多々あるかと思いますが、よろしくお願い申し上げまして、簡単でございますがごあいさつにかえさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)


○副議長(関戸八郎君) 引き続きまして、前議長の三輪佳幸議員から退任のごあいさつをお願いいたします。


○16番(三輪佳幸君) 1年間でありましたけれども、皆様に御協力をいただきまして議長職を務めることができまして、本当に感謝申し上げます。


 いろんなことがありましたけれども、宮川議運委員長さんの御協力のもと、議会運営委員会の皆さん方に議会改革ということで本当にさまざまなことを検討していただきまして、まだ継続で残されたこともありますけれども、やはり私も思いますけれども、行動する議会といいますか、市民に姿の見える議会が、これからもなされていくことを期待申し上げまして、大島議長のもとにまた岩倉市議会議員が一丸となって市政に当たられることを御祈念申し上げまして、お礼のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)


○副議長(関戸八郎君) 議長を交代する間、暫時休憩いたします。


      午後3時11分 休憩


 ─────────────────────


      午後4時30分 再開


○議長(大島昇一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 ただいま副議長の関戸八郎議員から辞職願が提出されております。


 お諮りします。


 この際、副議長辞職の件も日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(大島昇一君) 異議なしと認めます。


 よって、この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。


 ─────────────────────


 追加日程 副議長辞職の件


○議長(大島昇一君) まず、辞職願を事務局長に朗読させます。


 事務局長。


○議会事務局長(大西富美男君) 命により、朗読いたします。


 辞職願


 岩倉市議会申し合わせ任期により、本職を辞職したいので御許可くださるようお願いします。


 平成20年5月19日


 岩倉市議会副議長 関戸八郎


 岩倉市議会議長 大島昇一様


 以上でございます。


○議長(大島昇一君) お諮りします。


 関戸八郎議員の副議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(大島昇一君) 御異議なしと認めます。


 よって、関戸八郎議員の副議長の辞職を許可することに決しました。


 ただいま副議長が欠員となりました。


 お諮りします。


 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(大島昇一君) 御異議なしと認めます。


 よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。


    〔7番関戸八郎君 入場・復席〕


 ─────────────────────





◎追加日程 副議長の選挙





○議長(大島昇一君) 日程第10、これより副議長の選挙を行います。


 お諮りします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(大島昇一君) 御異議なしと認めます。


 選挙の方法は、指名推選によることに決しました。


 お諮りします。


 議長が指名することにしたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(大島昇一君) 御異議なしと認めます。


 議長が指名することに決しました。


 副議長に伊藤隆信議員を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長が指名しました伊藤隆信議員を副議長の当選人と定めることに御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(大島昇一君) 御異議なしと認めます。


 ただいま指名しました伊藤隆信議員が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました伊藤議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をします。


 この際、副議長に就任されました伊藤隆信議員からごあいさつをいただきます。


○新副議長(伊藤隆信君) ただいま議長さんの方から副議長の御推選をいただきました伊藤でございます。


 思えば私は今4期目でございますけれども、3期目のちょうど3年目だと思うんですけれども、副議長にならせていただきました。そのときは大変議会が厳しい状況の中で、今思い起こせば本当に厳しい中で運よく副議長に当選させていただきまして、今回は4期目の2年目でございますけれども、非常に皆様方から、議員の皆様方の全員の御推挙をいただきましてこうやって副議長に就任したわけでございますけれども、まだまだ私、自分でも未熟でございまして、非常にまだ至らない点が多いわけでございますけれども、何とか大島議長を支えて市政の発展のために粉骨頑張っていきたいと、そんなような決意で今いるわけでございます。どうか皆様方の御協力、御支援のほどをよろしくお願いを申し上げまして、甚だ簡単ではございますけれども、就任のあいさつにかえさせていただきます。どうもありがとうございます。(拍手)


○議長(大島昇一君) 引き続きまして、前副議長の関戸八郎議員から退任のごあいさつをお願いいたします。


○7番(関戸八郎君) 早いもので、副議長という席をいただき、あっという間に1年が過ぎました。この1年間、本当に皆様方の御協力により大過なく務めさせていただき、本当に心から感謝と御礼を申し上げたいと思います。


 早いもので、1年間というもののあっという間で終わってしまったなというのが実感でありまして、なおなお市政はこれから非常に難しい場面が到来すると私は思っております。そういった中で、今度は一議員として一生懸命市政に尽力していきたいと思っておりますので、何とぞ皆様方の御交誼をいただきながら務めさせていただきますのでよろしくお願いを申し上げ、甚だ簡単ではございますが、私の退任のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)


○議長(大島昇一君) 本日はこれをもって散会いたします。


 次回は明5月20日午前10時から再開いたします。


 どうも御苦労さまでございました。


      午後4時36分 散会


 ─────────────────────