議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 岩倉市

平成20年第1回定例会(第 1号 3月 3日)




平成20年第1回定例会(第 1号 3月 3日)




平成20年3月(第1回)岩倉市議会定例会


 ―――――――――――――――――――――



      平成20年3月3日(月)


      午前10時   開 会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 施政方針説明


日程第5 報告第1号の報告、質疑


日程第6 諮問第1号及び議案第1号の上程、提


     案説明(議案精読)


     諮問第1号及び議案第1号の質疑、採


     決


日程第7 議案第2号から議案第28号までの上程、


     提案説明


 ―――――――――――――――――――――


〇本日の会議に付した案件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 施政方針説明


日程第5 報告第1号の報告、質疑


日程第6 諮問第1号及び議案第1号の上程、提


     案説明(議案精読)


     諮問第1号及び議案第1号の質疑、採


     決


日程第7 議案第2号から議案第28号までの上程、


     提案説明


 ―――――――――――――――――――――


〇出席議員(18名)


        1番  相 原 俊 一


        2番  加 納 のり子


        3番  須 藤 智 子


        4番  片 岡 恵 一


        5番  高 桑 敏 直


        6番  松 浦 正 隆


        7番  関 戸 八 郎


        8番  伊 藤 隆 信


        9番  宮 川   隆


        10番  井 上 博 彦


        11番  安 田   豊


        12番  桝 谷 規 子


        13番  木 村 冬 樹


        14番  横 江 英 樹


        15番  岸   孝 之


        16番  三 輪 佳 幸


        17番  大 島 昇 一


        18番  馬 路 康 子


 ―――――――――――――――――――――


〇欠席議員(0名)


 ―――――――――――――――――――――


〇説明のため出席した者


   市     長   石 黒 靖 明


   副  市  長   赤 堀 俊 之


   教  育  長   井 上   剛


   総 務 部 長   長 瀬 章 一


   市 民 部 長   嶋 田   博


   福祉事務所長    井 筒 洋 一


   建設部長兼水道部長 野 杁 二三夫


   会計管理者     桜 井 義 則


   教 育 部 長   伴   祥 三


   消  防  長   奥 村 正 光


   行 政 課 長   松 田 喜 澄


 ―――――――――――――――――――――


〇職務のため出席した事務局職員


   議会事務局長    大 西 富美男


   主幹兼庶務係長   森 島 克 己





○議会事務局長(大西富美男君) 3月定例会の開会式を行います。


 議長あいさつ。


     〔議長三輪佳幸君 登壇〕


○議長(三輪佳幸君) 皆さん、おはようございます。


 今、花粉症だとか、きょうは何か中国の方から黄色い砂が来るようでありますけれども、そうした中でありますけれども、議員の皆さん方には全員3月定例会開会に際し御出席いただきましてありがとうございました。


 私が申すまでもなく、3月定例議会は平成20年度の予算を審議する大切な議会であります。


 議会はいつのときでもそれなりの要件を持っておるわけでありますけれども、9月の決算でさまざまの御意見を皆さんから出していただきまして、それを受けて当局がいろんなことを精査して、平成20年度従来のものを見直し、あるいは新しいものを踏まえた予算が皆さんの手元に配られたわけであります。


 議会の存在感を出すためにも、議会の意見をしっかり出していただきまして、充実した3月議会としていただきますようお願いを申し上げまして、簡単でございますが、ごあいさつといたします。どうぞよろしくお願いいたします。


○議会事務局長(大西富美男君) 市長あいさつ。


     〔市長石黒靖明君 登壇〕


○市長(石黒靖明君) おはようございます。


 まだまだ寒い日が続いておりますけれども、春の兆しがやってきておるという状況でございます。また、昨日はいわくら五条川マラソン、天気になりまして盛大に開会できまして、ありがとうございました。


 平成20年3月第1回定例会を招集させていただきましたところ、各議員には御多忙の中、御出席をいただきましてありがとうございました。


 今定例会に提案させていただきます議案につきましては、事故による損害賠償で専決処分の報告が1件、人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについて、岩倉市固定資産評価審査委員会委員の選任についての人事案件が2件、条例関係では、犯罪のない安全で安心して暮らせるまち岩倉の実現を図るため、岩倉市安全・安心なまちづくり推進条例の制定や、市が行う後期高齢者医療の事務処理等を定める岩倉市後期高齢者医療に関する条例の制定など新規制定が4件、一部改正では、岩倉市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の一部改正など8件をお願いしているものございます。補正予算では、19年度の執行状況を踏まえながら、一般会計補正予算及び特別会計補正予算で4件をお願いしているところでございます。


 新年度予算につきましては、第3次岩倉市総合計画と岩倉市行政改革集中改革プランに意を尽くすとともに、私の政治目標であります改革と前進を基本として、安全・安心なまちづくりや北街区市街地再開発事業など、事業の重点化を図りながら予算配分を行いました。


 一般会計の主な事業といたしましては、岩倉駅東地区再開発事業に係る補助金及び再開発ビル内に整備をする自転車駐車場用地取得、(仮称)生涯学習センターの公益床の取得、学校施設耐震補強工事、子ども医療費助成の拡充などをお願いしております。


 このほか、特別会計予算を含め新年度予算関係全体で9件、また岩倉駅東地下連絡道整備工事請負契約の変更、岩倉市道路線の廃止など、今議会には報告、諮問を含めまして計30件をお願いしているところでございます。


 先ほど議長もおっしゃいましたように、ぜひとも慎重審議の上、議決を賜りますようにお願い申し上げまして、長くなりましたがあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。


○議会事務局長(大西富美男君) これをもって開会式を終わります。


 ―――――――――――――――――――――


      午前10時04分 開会


○議長(三輪佳幸君) ただいまの出席議員は18名であります。


 したがいまして、定足数に達しておりますので議会は成立いたします。


 これより平成20年3月第1回岩倉市議会定例会を開会いたします。


 地方自治法第121条の規定により、議案等の説明者として、当局側の出席を求めております。


 議事は、お手元に配付してあります議事日程表に従い、進めさせていただきます。


 ―――――――――――――――――――――





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(三輪佳幸君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第76条の規定により、議長において指名いたします。10番井上博彦議員、11番安田 豊議員を指名いたします。


 ―――――――――――――――――――――





◎日程第2 会期の決定





○議長(三輪佳幸君) 日程第2、3月定例会の会期の決定についてを議題といたします。


 本件については、議会運営委員会が開催されておりますので、報告を求めます。


 議会運営委員長、9番宮川 隆議員。


○議会運営委員長(宮川 隆君) 9番宮川でございます。


 2月27日に議会運営委員会を開催し、平成20年3月第1回岩倉市議会定例会の会期について審議をいたしましたので、御報告いたします。


 会期につきましては、本日より3月26日までの24日間とすることに決しております。


 以上、報告を終わります。


○議長(三輪佳幸君) 報告が終わりました。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、ただいま委員長の報告のとおり、本日から26日までの24日間とすることに御異議ございませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 異議なしと認めます。


 よって、会期は24日間とすることに決しました。


 ―――――――――――――――――――――





◎日程第3 諸般の報告





○議長(三輪佳幸君) 日程第3、諸般の報告を行います。


 議長会等が開催されておりますので、その概要を議席に配付し、報告にかえさせていただきます。


 ―――――――――――――――――――――





◎日程第4 施政方針説明





○議長(三輪佳幸君) 日程第4、施政方針の説明に入ります。


 市長の発言を許します。登壇してください。


     〔市長石黒靖明君 登壇〕


○市長(石黒靖明君) 平成20年第1回岩倉市議会定例会の開会に当たりまして、平成20年度の私の市政運営に対する基本方針を申し上げ、市民の皆様並びに議員各位の御理解と御協力を賜りたいと思います。


 平和の世紀や環境の世紀とも言われました21世紀も8年目を迎えましたが、世界はいまだ平和には、ほど遠く、自然環境につきましても北極圏などの氷は観測史上最少を記録し、国内では昨年、記録的な猛暑となるなど、温室効果ガスによる地球温暖化の影響が、私たちの暮らしに入り込み、将来に大きな不安を残したまま、時が過ぎようとしております。


 一方、我が国の経済状況に目を向けますと、原油高や米国の信用力の低い個人向け住宅融資問題の悪影響などにより、株価の下落を初め個人消費などに力強さが感じられないのが、実感であると考えます。


 また、最近では食の安全が脅かされ、私たちの暮らしも安心できない状況になっています。


 このような社会情勢ではありますが、嘆いているばかりの傍観者であってはならないと思います。大空から時代をしっかりと見る目と同時に、「看脚下」という言葉を心にとどめ、足元をしっかりと見る目を持って、市民の皆様と協働で岩倉市のまちづくりの次なる一歩を踏み出してまいりたいと考えます。


 さて、平成20年度における政府の一般会計予算案は前年度当初比0.2%増の83兆613億円と、過去2番目に大きな規模となっています。このうち、国の政策的経費に充てる一般歳出は0.7%増の47兆2,845億円となり、歳入歳出とも前年度に続き増額となりました。しかし、予算案の総額では増加していますが、その一方で公共事業の削減や新規国債発行額を減額するなど、5年間の歳出削減策を盛り込んだ経済財政改革の基本方針2007等に従って厳しいものとなっています。地方財政計画での歳入歳出規模についても、引き続き歳出の抑制がされていますが、特別枠である地方再生対策費が創設された結果、前年度当初比0.3%増の83兆4,014億円となり、7年ぶりの増加となっています。これは、都市と地方間の財政力格差に配慮するため、地方税の偏在是正による財源を4,000億円見込み、特に財政状況の厳しい地域に重点的に配分するため、創設されたことによるものであります。


 また、予算に占める一般財源総額は、前年度当初比1.1%増の59兆8,858億円とされました。このような状況を踏まえ、本市の平成20年度の予算編成に当たりましては、引き続き第3次岩倉市総合計画と岩倉市行政改革集中改革プランに意を尽くすとともに、私の政治目標であります改革と前進を基本とし、安全・安心なまちづくりや北街区市街地再開発事業など、事業の重点化を図りながら予算配分を行いました。


 本市の平成20年度一般会計予算の総額は、132億5,000万円で前年度当初比4.7%増となっています。増の主な理由につきましては、北街区市街地再開発事業に関連する工事費や、小・中学校の耐震補強工事、(仮称)生涯学習センター整備事業などによるものです。


 歳入では、前年度に税源移譲された個人市民税とたばこ税の減収が予測されますが、固定資産税や都市計画税は前年度を上回ることから、市税全体では63億9,200万円で1.1%の増を見込みました。


 地方交付税につきましては、地方財政対策による地方再生対策費などを踏まえても10億5,000万円で6.2%減となりました。


 市債では、北街区市街地再開発事業などの借り入れを見込んでおりますが、全体では9億8,980万円で6.2%減になりました。そのうち、臨時財政対策債は4億1,000万円と8.9%の減を見込んでいます。市債につきましては、ここ数年にわたり市債発行額を抑制したことや、市債の借りかえ、借り入れ利率の引き下げなどに取り組んできたことにより、市債借り入れ残高は徐々にではありますが減少しております。今後もこうした努力を行いながら、後年度の負担増にならないよう市債の運用に努めてまいります。


 一方、地方譲与税については前年度と同様、道路特定財源の一部が一般財源化されることなどにより、1億5,600万円で0.6%の減、自動車の買いかえ需要の減少で、自動車取得税交付金は1億4,800万円で6.3%の減といたしました。


 また、子育て支援策として行われます児童手当の拡大により必要となる財源につきましては、前年度と同様、地方特例交付金により手当されていますが、平成20年度から適用される個人住民税における住宅借入金等特別税額控除、いわゆる住宅ローン控除の実施に伴う地方公共団体の減収分につきましても、地方特例交付金の増額により補てんされる見込みでございます。


 公共料金の改正につきましては、後期高齢者医療制度の創設によって必要となります国民健康保険税は不確定部分が多いため、平成20年度は限度額の改正により対応します。


 また、原油価格高騰などの影響による急激な賄い材料等の値上がりのため、学校給食費を本年4月から1食当たり小学校で10%増の220円に、中学校を8.7%増の250円にそれぞれ20円の料金改定をお願いいたします。


 次に、平成20年度において推進いたします四つの重点施策と主な新規事業などについて、順次御説明申し上げます。


 最初に、安全・安心なまちづくりの推進でございます。


 市民の皆様の安全を守り、安心して暮らしていただけるまちづくりを進めることは、行政経営における最重要課題の一つであり、早急に対応しなければならない問題でもあります。


 昨年は、震度6強の能登半島地震や新潟県中越沖地震があり、多くのとうとい命が失われました。また、平成16年10月の新潟県中越地震で壊滅的な被害を受けた旧山古志村村長の防災講演会では、命の大切さ、家族の大切さ、ふるさとの大切さ、そして、平凡に平和に暮らせることが、本当に幸せであることを改めて認識したところでございます。いつ発生してもおかしくないと言われています東海地震などとともに、浸水対策等の防災の備えに全力を尽くしていきたいと考えます。


 地震対策では、昨年度策定いたしました耐震改修促進計画に基づき、学校施設耐震化事業など計画的に耐震補強工事を推進いたします。平成20年度につきましては、北小学校南館・西館や、岩倉中学校屋内運動場の耐震補強工事と、東小学校南館の耐震化を含めた大規模改造工事などを行ってまいります。


 また、岩倉団地給水塔や北部保育園西棟の耐震補強工事、学校給食センターなどの耐震診断を実施いたします。さらに、木造住宅耐震診断・耐震改修の補助とともに、新たに非木造建築物を対象とした耐震診断の補助をいたします。


 なお、地震発生までに少しでも早く初動体制を整えるため、消防本部に気象庁から緊急地震速報を受信する緊急地震速報受信機器を設置してまいります。


 浸水対策では、雨水整備計画に基づき南小学校に雨水を地下貯留するために必要な導水管の設置工事を行います。また、神野地区などの浸水を解消するため、平成20年度完成を目指して一宮春日井線排水路布設工事を実施いたします。


 このほか、救急体制の強化のため、高規格救急車を増車するとともに、防災用非常持ち出し袋配付事業や、各小学校に設置してあります防災倉庫に簡易ベッドなどの避難所資機材の充実を引き続き図ってまいります。


 防犯対策につきましては、関係者の皆様の御努力によって長年の懸案でありました岩倉幹部交番が昨年移転したことや、地域安全パトロール隊など、市民の皆様の御協力により犯罪発生件数が昨年は平成18年と比較して271件、21.9%も減少しました。今後も新たに策定する安全・安心なまちづくり推進条例などに基づいて、江南警察署や市民の皆様などと協働して、犯罪のないまちづくりに全力を挙げて取り組んでまいります。


 また、交通安全対策につきましても、交通事故が平成18年度に比べ27件、10.3%減少し、交通死亡事故は幸いにして現時点でゼロを続けております。しかし、今後も気を緩めることなく、これまで以上に交通安全啓発活動を推進するとともに、区画線引きなど交通安全の環境整備に努めてまいります。なお、より一層の安全・安心なまちづくりの推進をするため、生活安全指導員を行政課生活安全係に配置いたします。


 これらのほか、上水道では安全で安定した給配水を図るため、漏水調査や岩倉団地配水場自家発電設備改修工事などを行います。


 第2は、岩倉駅東地区市街地再開発事業の推進でございます。


 昨年度は岩倉の長年の夢でありました再開発ビルなどの建設に再開発組合を初めとして、多くの関係者の皆様の御努力で着工することができました。そして現在、まちの新しい顔として、また中心市街地活性化のかなめとしての北街区市街地再開発事業が平成21年9月末の竣工に向けて着々と進んでいるところです。


 平成20年度では、引き続き再開発事業の支援とあわせて、再開発ビルの2階に岩倉の生涯学習の拠点施設となります(仮称)生涯学習センターの建物などを取得いたします。(仮称)生涯学習センターにつきましては、現在の公民館の機能に加えて、市内初の音楽スタジオなどを備えた幅広い市民文化の創造施設として、また生きがいづくりの場として整備してまいります。なお、工事期間中には、市民の皆様に何かと御不便、御迷惑をかけますが、御理解、御協力を賜りますようにお願い申し上げます。


 第3は、行財政改革の断行であります。


 国から地方へという地方分権改革が進む中にあって、地域の課題は地域が主体的に解決していかなくてはならず、これからの行政経営においては、市民の皆様との協働とともに、より徹底した行財政改革が求められています。


 私はこれまで、持続可能な岩倉市を確立するために平成21年度を目標とした岩倉市行財政改革集中改革プランに基づき、職員の減員や事務事業の見直し、民間委託などを推進してまいりました。こうした不断の行財政改革に取り組んできたことにより、安全・安心なまちづくりや少子化対策、(仮称)生涯学習センターなどが整備される北街区市街地再開発事業、都市計画道路等の都市基盤整備など、現下の課題解決を図るとともに、将来を見据えたまちづくりを前進させることができるものと確信しています。今後も市民の皆様の福祉増進などの行政需要に備えるために、徹底した行財政改革を断行してまいります。


 平成20年度は引き続き職員補充を最小限にとどめるとともに、経常経費の削減などのほか、民間委託は水道事業の検針徴収総合業務や、配水施設等の運転管理業務などを実施いたします。これらにより平成20年度の削減総額は、2億1,510万円でございます。また、財源確保のために北島町などでの企業誘致と、小さな試みではありますが、ホームページを利用した広告を行ってまいります。


 このほか、市民参画で補助金のあり方について検討してまいりましたが、より公正・公平なものにしていくために、その内容を情報公開しながら、平成20年度中に見直ししていきたいと思います。


 消防の広域化につきましては、愛知県消防広域化推進計画に基づき、関係市町と協議してまいります。


 第4は、少子化対策の推進であります。


 安心して子どもが産み育てられるとともに、次代を担う子どもたち一人ひとりが健やかに成長していくことができる環境づくりを目指して、次世代育成支援行動計画に基づき、各種の子育て支援事業を推進してまいります。


 子ども医療費につきましては、県の補助制度の拡大により、小学校就学前までの通院と、中学校卒業まで入院が無料化されたことに伴いまして、岩倉市は小学校3年生までの通院を単独事業として拡大助成し、子育て中の保護者の経済的な負担の軽減を図ります。


 また、一般不妊治療費の助成や、妊娠中の母子の健康を守るため、妊婦健康診査の拡充を行います。


 子ども条例につきましては、子どもたちの健全な成長を守っていくため、市民参画で策定してまいります。


 このほか、子育て家庭を地域で見守るための赤ちゃん訪問事業とともに、子育てに関する支援などを行う「つどいの広場」を昨年度の東部保育園に続いて西部保育園にも設けます。なお、専業主婦の方などの育児疲れを解消するため、リフレッシュ保育事業として南部保育園での一時保育の拡充を図ってまいります。


 次に、主な新規事業などについて説明をいたします。


 まず、健康・福祉であります。


 健康事業につきましては、「健康いわくら21」に基づいて、生活習慣病の予防など、だれもが健康で心豊かで元気に生活できるまちづくりを推進いたします。


 また、8020運動の一つとして、65歳の方全員を対象に歯周病などを予防するため、65歳節目歯科健康診査を新たに行い、歯科健康診査の拡充に努めます。


 このほか、脳梗塞、クモ膜下出血などの脳血管疾患の早期発見や予防のため、国民健康保険事業で行っています脳ドック、脳検査の受診者の拡大を図ってまいります。なお、平成20年5月の江南厚生病院のオープンに伴い、こども医療センターが開設されるため、その運営費の一部を助成いたします。


 長寿社会の対応では、平成20年度に国の医療制度改革による後期高齢者医療制度と特定健康診査、特定保健指導が新たにスタートいたしますので、円滑かつ確実な実施に向け、医療と保健の連携をさらに密にするとともに、特定健康診査については、市民の皆様の健康を守るため、国民健康保険加入者と同様、他の医療保険加入者についても全項目を拡大して実施してまいります。また、県では福祉医療制度の見直しにより、ひとり暮らしのお年寄りに対する医療費の自己負担の助成を廃止されますが、岩倉市では、ひとり暮らしのお年寄りの健康と経済的負担の軽減を図るため、単独事業として全額を助成いたします。


 介護保険につきましては、認知症の早期発見と理解を深めていただくために、ボランティアによる認知症ケアアドバイザーの養成とあわせて、認知症サポーターの育成に努めてまいります。


 このほか、平成21年度から平成23年度を計画期間とする第4期岩倉市高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画を策定いたします。


 なお、老人憩の家の老朽化などに伴い、八剱町にお年寄りの生きがいづくりと心身の健康づくりの場として(仮称)老人憩の家を建設するための基本設計を行います。


 障害者福祉では、昨年度策定いたしました平成20年度から24年度までを計画期間とする岩倉市障害者計画を基本に、障害者福祉の充実に努めてまいります。また、手話通訳の配置や障害者自立支援法の施行に伴う激変緩和などのために、通所サービス利用への補助金等を行います。


 次に、教育、文化、スポーツについてであります。


 学校教育につきましては、新教育プランに基づいて、岩倉の次世代を担う子どもたち一人ひとりが生きる力をはぐくむとともに、未来に夢と希望を抱きながら、生き生きと学ぶことができるよう教育環境の充実に努めてまいります。


 また、子どもたちの読書環境を向上させるため、学校図書館図書とあわせて読書指導員の充実を図るほか、子どもと親の心をはぐくみ支える、子どもと親の相談員設置事業や、少人数授業等臨時講師事業などを引き続き推進いたします。


 学校施設の整備では、岩倉中学校北館屋上防水事業や両中学校の扇風機設置事業などを実施し、学習環境の充実を図ってまいります。


 生涯学習の推進では、生涯学習基本構想・基本計画に基づき、生涯学習施設の整備・拡充とともに、文化講演会開催事業や、父親の家庭教育参加促進事業などを行い、この計画の基本理念であります「楽しく学び、人と人とが響き合うまちいわくら」の実現に向け、積極的に取り組んでまいります。


 音楽のあるまちづくりの推進につきましては、引き続き青少年健全育成の一つとして、ジュニアオーケストラの育成や、ポップスコンサートなどを行います。


 スポーツの振興では、市民一スポーツを推進するため、子どもから高齢者まで生涯にわたって、だれもがスポーツを楽しむことができるよう、地域が主体となって運営していく総合型地域スポーツクラブ育成事業に取り組んでまいります。平成20年度につきましては、現在、設立準備が進められています岩倉北スポーツクラブを支援してまいりたいと考えています。また、総合体育文化センターなどスポーツ施設の改修を計画的に進めてまいります。


 続いて、都市基盤整備についてであります。


 道路は、古代から人々の暮らしを支え、まちの発展を支えるなど、私たちの生活に欠くことのできない重大な社会資本であると考えます。社会経済活動を支える幹線道路では、北島藤島線の整備促進とともに、豊田岩倉線につきましては平成20年度完成に向け、引き続き工事を推進いたします。


 さらに、駅東地区の活性化の鍵となります桜通線の整備促進を図るため、一部道路用地を先行取得していきたいと考えます。


 また、名古屋江南線や一宮春日井線などの県事業につきましても工事着手がされましたが、さらに早期整備に向け、関係機関に要請してまいります。


 なお、暮らしに欠くことのできない身近な生活道路におきましては、引き続き側溝の改良を重点に整備を進めます。


 橋梁の整備では、老朽化した生田橋のかけかえ工事を、県、岩倉市、北名古屋市の共同で行います。


 公共下水道事業につきましては、五条川右岸処理区の面整備として、西市町や宮前町、新いづみ団地などの工事を実施いたします。


 このほか、人に優しいまちづくりの推進を図るため、岩倉駅ホームへのエレベーター設置を鉄道事業者と共同で工事着手いたします。


 次に、より快適な環境の創出であります。


 冒頭に申し上げましたが、地球温暖化による環境の破壊や異常気象は大きな課題となっています。


 本市の取り組みは、これまで庁舎の太陽光発電や天然ガス・コージェネレーションなどの省エネルギーシステムとあわせて、電気自動車の導入等を行ってまいりました。今後、この取り組みをさらに推進するに当たり、岩倉市が一事業所として温室効果ガス排出量の抑制を図るための地球温暖化対策実施計画を策定していきたいと考えます。


 また、現在、環境への負荷が少ない資源循環型社会を構築するため、第3次岩倉市一般廃棄物処理計画に基づき、ごみの減量・資源化を推進しているところです。今日的な課題としてのレジ袋の削減につきましては、県のレジ袋削減取り組み店制度とあわせ、ごみを元から減らす運動の一つとして、市民、事業者、行政の協働で展開していきたいと思います。なお、小牧岩倉衛生組合施設整備に必要となる負担金につきましては、引き続き財政調整基金に積み立ててまいります。


 公園整備事業では、緑の基本計画に基づき、公園が不足しています東部地区に、昨年度用地買収いたしました(仮称)長瀬公園の整備工事を行ってまいります。


 このほか、五条川尾北自然歩道の環境整備として、お祭り広場のトイレ改修にあわせて多目的トイレを新設いたします。なお、五条川の桜につきましては、岩倉五条川桜並木保存会などの協力を得て保全に努めてまいります。


 続いて、産業の振興であります。


 農業振興では、農業後継者の育成や農地の保全、活用などを目的として、意欲的な農業者を支援するため、農業振興事業助成金を創設いたします。また、これまで本市の特産農産物として、高齢者でも手軽に栽培できる新ブランド野菜の研究を続けてまいりましたが、品目をミニ野菜の「ちッチャイ菜」に絞り込み、農家の協力を得て栽培を拡大していきたいと考えています。これにあわせて新ブランド野菜の学校給食への導入などにより、地産地消の推進を図るとともに、食の安全を守るため、国内産の原材料等の使用に努めてまいります。


 このほか、団塊世代の退職後の生きがいづくりなどでもあります農業体験塾を継続してまいります。


 商業などの振興では、駅東地区の再開発と連動して、商業の活性化を図るための方策を検討していきたいと思います。


 また、依然として厳しい状況が続いています中小企業への金融支援として、融資制度など引き続いて行ってまいります。


 このほか、岩倉を元気にするため市民の皆様による実行委員会が中心となって行われました、桜のイルミネーションなどについても継続して支援いたします。


 雇用問題では、額に汗して懸命に働いているにもかかわらず、低所得の状況から抜け出せないまま、不安定な生活を余儀なくされている方がふえていると思います。こうした方が、みずからの人生を切り開き、将来の展望を見出すことができるよう引き続き市長会を通じて国へ要望していくとともに、格差是正の一つとして相談窓口の充実に努めていきたいと考えます。


 消費者行政では、多重債務対策連絡会議を立ち上げ、庁内各部署と横の連絡を図りながら、多重債務を抱える方に対する支援体制を強化いたします。


 これらの諸施策のほか、第4次岩倉市総合計画策定に向けて、基本資料となります市民意向調査を行います。また、愛知万博の一市町村一国フレンドシップ事業の理念を継承・発展させるとともに、国際交流の充実を図るため、万博メモリアルコンサートなどを実施いたします。


 広聴の充実では、まちづくりを理解していただくこととあわせて、市民自治の醸成を図るため、公募により岩倉市の施設などの見学会を行います。


 市町村合併につきましては、行財政改革を断行するとともに、自立した岩倉市を基本に置きながら、平成20年度に行う市民移行調査の中で、合併について市民の皆様の御意見をお聞きし、検討を重ねていきたいと考えます。


 以上、平成20年度における市政運営の基本方針について、私の所信を申し述べさせていただきました。


 平成20年度は、5期目の仕上げの年でございます。私の政治目標は、これまで「若さと活力のある市政」、「ふれあいと真心の市政」、「誇りと夢のある市政」、「安全・安心、心豊かなふれあいの市政」、そして5期目は「改革と前進」を掲げ、皆様の御支援、御協力を賜りながら、市民が主役の岩倉のまちづくりに、一生懸命取り組んでまいりました。


 平成20年度につきましても、改革と前進を基本に、だれもが岩倉に本当に住んでよかったと誇りを持っていただける安全・安心、便利で快適なまちづくりに、持てる力のすべてを傾けて取り組んでまいりますので、市民の皆様初め議員各位のより一層の御支援、御協力を心からお願い申し上げまして、施政方針説明とさせていただきます。ありがとうございました。


○議長(三輪佳幸君) 説明が終わりました。


 ここで施政方針を配付する間、このまま休憩といたします。


      午前10時38分 休憩


 ―――――――――――――――――――――


      午前10時39分 再開


○議長(三輪佳幸君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 ―――――――――――――――――――――





◎日程第5 報告第1号の報告、質疑





○議長(三輪佳幸君) 日程第5、報告第1号「専決処分の報告について」を議題といたします。


 報告を求めます。


 市民部長。


○市民部長(嶋田 博君) 報告第1号「専決処分の報告について」につきましては、事故による和解につきまして、議会の権限に属する事項中、市長の専決事項処分について専決処分をさせていただきましたので、地方自治法の規定に基づき報告させていただくものでございます。


 内容といたしましては、平成19年11月12日に発生しました職員による事故につきまして、損害賠償の額が決定し、これに伴う和解をいたしましたので、平成19年12月25日に専決処分をさせていただきました。


 事故の概要といたしましては、市民部健康課職員が市道北151号線神野町平久田41番地、神野会館北側で荷物をおろして、公用車を移動させようと右側へ発進したところ、後方より走行してきた車と接触し、相手側の左側ドア部分等を破損したものでございます。相手方の住所氏名につきましては、車の所有者は、岩倉市北島町九反畑47番地1、株式会社岩倉工務店 代表取締役植手 章氏、運転者は、西春日井郡春日町大字落合字落合65番地の2、川越一男氏です。損害賠償の額につきましては27万3,483円であります。この損害賠償の額につきましては、全国市有物件災害共済会により、補てんされるものでございます。


 このような事故を起こしましたことに対し、深くおわびを申し上げます。


○議長(三輪佳幸君) 報告が終わりました。


 質疑を許します。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) これをもって質疑を終結し、報告第1号を終わります。


 ―――――――――――――――――――――





◎日程第6 諮問第1号及び議案第1号の上程、提案説明、質疑、採決





○議長(三輪佳幸君) 日程第6、諮問第1号及び議案第1号を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(石黒靖明君) 平成20年3月定例会に上程させていただきました諮問第1号及び議案第1号につきまして、提案理由の説明をさせていただきます。


 諮問第1号「人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについて」につきましては、現在、委員の宮田浩明氏が平成20年6月30日をもって任期満了となりますので、引き続き同氏を推薦するため人権擁護委員法の規定に基づき、議会の意見を求めるものでございます。


 議案第1号「岩倉市固定資産評価審査委員会委員の選任について」につきましては、現在、委員の浅田 ?氏が平成20年4月4日をもって任期満了となりますので、引き続き同氏を地方税法の規定に基づき選任するため、議会の同意を求めるものでございます。


 なお、両名については、所属政党はございません。その他参考資料として、略歴を添付していますので、御参照いただきたいと思います。


 以上、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げまして、提案理由とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 説明が終わりました。


 お諮りいたします。


 議案精読の間、休憩をいたしたいと思いますが、御異議ございませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。よって、休憩をいたします。


      午前10時43分 休憩


 ―――――――――――――――――――――


      午前11時05分 再開


○議長(三輪佳幸君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これより諮問第1号「人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについて」の審議に入ります。


 質疑を許します。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) これをもって諮問第1号の質疑を終結いたします。


 お諮りします。


 本案については、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。これより諮問第1号を採決します。


 本案は、原案の者が適任であることとすることに賛成の議員の挙手を求めます。


     〔賛成者挙手〕


○議長(三輪佳幸君) 挙手全員であります。よって、諮問第1号は原案の者が適任であると決しました。


 続いて、議案第1号「岩倉市固定資産評価審査委員会委員の選任について」の審議に入ります。


 質疑を許します。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) これをもって議案第1号の質疑を終結します。


 お諮りいたします。


 本案については、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。これより議案第1号を採決します。


 本案について、原案のとおり同意することに賛成の議員の挙手を求めます。


     〔賛成者挙手〕


○議長(三輪佳幸君) 挙手全員であります。よって、議案第1号は原案のとおり同意することに決しました。


 ―――――――――――――――――――――





◎日程第7 議案第2号から議案第28号までの上程、提案説明





○議長(三輪佳幸君) 日程第7、議案第2号から議案第28号までを一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 議案第2号「岩倉市安全・安心なまちづくり推進条例の制定について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) それでは、議案第2号「岩倉市安全・安心なまちづくり推進条例の制定について」御説明を申し上げます。


 提案理由といたしましては、平成16年12月6日に安全・安心なまち宣言を行っている本市において、この宣言を受け、市民との協働による安全・安心なまちづくりに関し、条例を定めるものでございます。


 その内容といたしましては、まず第1条につきましては、「安全・安心なまち宣言」を受け、「犯罪のない安全で安心して暮らせるまち岩倉」の実現を図るため、施策の基本となる事項を定めるものとしております。


 第2条につきましては、市民と事業者の用語の定義を行っております。市民には、本市に住所を有される方以外に、通勤・通学される方や一時滞在者などを含んでおり、また、事業者には、市内で事業活動を行われる方以外に、市内において土地・建物を所有、管理等される方を含んでおります。


 第3条につきましては、市、市民及び事業者が協働で犯罪防止活動を行い、犯罪を防ぐ地域の生活環境をつくり上げていくことを定めております。また、平穏な市民生活を脅かし、公正な事業活動や行政施策の執行を阻害する暴力団員等に対して、適正に対処していくことを定めております。


 第4条につきましては、市が安全・安心なまちづくりを推進するために、警察等関係する機関及び団体と連携して実施する施策について規定をしております。裏面をお願いいたします。


 第5条につきましては、市民一人ひとりが安全・安心なまちづくりに関する活動を推進することを、市の施策に協力することも含めて規定しております。


 第6条につきましては、事業者が地域社会の一員として、安全・安心なまちづくりに関し、自主防犯上必要な措置を講じたり、また、所有等する不動産について適正な管理を行うことを、市の施策に協力することも含めて規定しております。


 第7条につきましては、市は、関係する機関及び団体の協力を得て、安全・安心なまちづくりに関する施策を総合的かつ計画的に推進するための体制を整備することを規定しております。


 第8条につきましては、雑則規定であります。


 附則といたしまして、この条例は、平成20年4月1日から施行するとしております。


 以上、よろしくお願いをいたします。


ます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第3号「地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 議案第3号「地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定」につきまして、御説明をいたします。


 提案理由といたしましては、平成19年5月16日に地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律が公布され、同年8月1日に施行されたことに伴い、育児を行う職員の職業生活と家庭生活の両立を一層容易にするための環境整備として、小学校就学の始期に達するまでの期間、育児のための短時間勤務制度等が導入されたことにより、関係条例の改正を行う必要があるからでございます。


 それでは、条文に従いまして御説明をさせていただきます。


 最初に、第1条、岩倉市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について、御説明をさせていただきます。


 まず、第2条第3項につきましては、育児短時間勤務の導入に伴い、新しく第3項が設けられ、育児短時間勤務の承認を受けた職員の1週間当たりの勤務時間を育児短時間勤務の内容により、任命権者がそれぞれ規定を加えるものでございます。


 第3条第1項につきましては、育児短時間勤務の週休日の規定を追加するものでございます。


 第3条第2項につきましては、育児短時間勤務職員等の勤務時間を1週間ごとの期間について、1日8時間を超えない範囲で割り振りの定めを追加するものでございます。


 第4条第2項につきましては、育児短時間勤務職員の週休日についての定めを追加するものでございます。


 次のページ、2枚目をお願い申し上げます。


 第8条第1項及び第2項につきましては、育児短時間勤務職員等の勤務時間以外の時間における勤務について、公務の運営に著しい支障が認められる場合に命ずることができることを追加するものでございます。


 第12条につきましては、育児短時間勤務職員等を加えるものでございます。


 続きまして、第2条、岩倉市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について、説明をさせていただきます。


 まず、目次につきましては、今回の改正により新たな制度といたしまして、育児短時間勤務制度の制定を行うことから、それぞれの制度を整理するために章立てを行ったものでございます。


 まず第1条につきましては、育児休業の改正に伴い、育児短時間勤務職員に係る給与等の取り扱いに関し、必要な事項を追加規定するものでございます。


 次ページをお願いいたします。


 第2条第6号及び第3条第1号につきましては、字句の改正をするものでございます。


 第3条第3号につきましては、再度の育児休業をすることができる特別な事情に、負傷等から回復した場合を定めるものでございます。


 第3条第4号につきましては、新しく第4号として、再度の育児休業をすることができる特別な事情に、両親が交互に子を養育する場合を定める規定を加えるものでございます。


 第5条につきましては、字句の改正をするものでございます。


 第10条以降につきましては、今回の改正によりまして、各条番号のずれ等を含む改正となっております。


 第10条につきましては、見出しをつけて字句の改正をし、同条を第22条とするものでございます。


 第9条につきましては、見出しをつけて、同条を第21条とするものでございます。


 第8条につきましては、見出しを改めまして、第1項では部分休業の承認要件を緩和し、次のページ4枚目でございますが、お願いをいたします。第2項では、部分休業の1日当たりの取得時間を定めるものを追加し、同条を第20条とするものでございます。


 第7条につきましては、字句の改正と、部分休業することができない職員として育児短時間勤務職員を追加し、同条を第19条とするものでございます。


 第6条につきましては、見出しを改正し、育児休業から復帰した職員の育児休業期間の調整期間の換算率を改正し、同条を第8条とするものでございます。


 次に、育児短時間勤務の創設に伴いまして、第3章として、新たに第9条から第18条までの10条が設けられました。


 第9条につきましては、育児短時間勤務をすることができない職員について、各第1号から第6号までにおいてそれぞれ定めるものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 第10条につきましては、育児短時間勤務終了後、1年を経過する日以前に、同じ子について育児短時間勤務をすることができる特別の事情について、1号から6号までにおいてそれぞれ定めるものでございます。


 次のページをお願い申し上げます。


 第11条につきましては、育児短時間勤務の週休日、勤務時間について定めるものでございます。


 第12条につきましては、育児短時間勤務の承認または期間の延長の請求手続について定めるものでございます。


 第13条につきましては、育児短時間勤務の承認の取り消し事由について定めるものです。


 次の7ページ目になりますが、お願いをいたします。


 第14条につきましては、育児短時間勤務の承認が失効した場合においても、引き続き継続させることができる、やむを得ない事情について定めるものです。


 第15条につきましては、育児短時間勤務の例による短時間勤務について、書面により通知しなければならないことを定めるものです。


 第16条につきましては、育児短時間勤務職員等について、第6条第1項の初任給、昇給、通勤手当、時間外勤務手当、期末・勤勉手当についての給与条例の規定の読みかえについて定めるものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 第17条につきましては、育児短時間勤務に伴う短時間勤務職員の任用に係る任期の更新について定めるものでございます。


 第18条につきましては、第16条と同様に、育児短時間勤務に伴う短時間勤務職員についての、給与条例の規定の読みかえについて定めるものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 第5条の3につきましては、見出しの改正と字句の改正をし、同条を第7条とするものでございます。


 第5条の2につきましては、見出しを改正し、同条を第6条とするものでございます。


 続きまして、第3条、岩倉市職員の給与に関する条例の一部改正について、御説明をさせていただきます。


 第7条第2項につきましては、字句の改正をするものです。


 附則といたしまして、第1項で、この条例は公布の日から施行するものであります。


 附則第2項では、育児休業をした職員が平成19年8月1日以降に職務に復帰した場合における号級の調整について適用し、育児休業をした職員が平成19年8月1日前に職務に復帰した場合における号級の調整について、なお従前の例によることとすることを定めております。


 附則第3項では、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律の施行の際、現に育児休業をしている職員が平成19年8月1日以後に職務に復帰した場合については、当該職員が育児休業をした期間のうち平成19年8月1日前の期間については、2分の1の換算率により換算して得た期間を引き続き勤務したものとみなすことを定めております。


 以上でございます。よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第4号「岩倉市後期高齢者医療に関する条例の制定について」説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(嶋田 博君) 議案第4号「岩倉市後期高齢者医療に関する条例の制定について」御説明をいたします。


 提案理由といたしましては、市が行う後期高齢者医療の事務について、法令及び愛知県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例に定めがあるもの以外の事務処理を定めるため、制定するものです。


 それでは、条文に従いまして、その内容について御説明をさせていただきます。


 第1条につきましては、趣旨を定めるもので、後期高齢者医療の事務については、法令などに定めがあるもののほか、この条例に定めるものでございます。


 第2条につきましては、市において行う事務を定めるもので、保険料の徴収並びに法令に規定する事務のほか、葬祭費の支給に係る申請書の提出の受け付け、保険料の額に係る通知書の作成及び引き渡しなどやこれに付随する事務などを定めるものです。


 第3条につきましては、保険料を徴収すべき被保険者を定めるもので、第1号は、市の区域内に住所を有する被保険者と定めるもので、第2号から第4号までは、病院等に入院等をした際における住所地特例を定めるものです。


 第4条第1項につきましては、普通徴収に係る保険料の納期を定めるもので、第1期から第12期と定めるものです。


 同条第2項は、保険料の納期が前項に規定する第12期までの納期によりがたい場合は、市長が別に納期を定めることができることとし、この場合には当該被保険者等へ通知しなければならない規定を定めるものです。


 同条第3項は、納期ごとの分割金額について100円未満の端数等が生じた場合の処理方法について定めるものです。


 第5条につきましては、普通徴収の特例を定めるもので、保険料の算定基礎となる所得が確定しない場合の保険料の額及び徴収について定めるものです。


 第6条第1項及び第2項につきましては、延滞金について定めるもので、納期限後の保険料を納付した場合の計算方法及びその年当たりの割合を定めるものです。


 第7条から第9条までにつきましては、罰則の規定を定めるものです。


 第7条は、後期高齢者の医療の確保に関する法律の規定に基づき、文書の提出の求めに従わなかったり、虚偽等の答弁を行った場合には過料を科する規定です。


 第8条は、偽りその他不正行為により保険料等の徴収を免れた場合の過料を科する規定です。


 第9条は、第7条及び第8条で定める過料の額及び納期限を定める規定です。


 附則としまして、第1条は、この条例の施行日を平成20年4月1日からと定めるものです。


 第2条第1項は、平成20年度における普通徴収の特例を定めるもので、第4条第1項の規定にかかわらず納期を第1期から第9期までと定めるものです。


 同条第2項は、平成20年度における被扶養者であった被保険者の保険料の普通徴収は、前項の規定にかかわらず第4期からと定めるものです。


 同条第3項は、平成20年度において被扶養者であった被保険者に係る普通徴収の納期について、第4条第2項の規定を適用する場合の読みかえ規定でございます。


 第3条は、延滞金割合の特例を定めるもので、日本銀行で定める年7.3%に満たない場合は、第6条に規定する7.3%の延滞金割合にかかわらず、当分の間、特例基準割合とするものです。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第5号「岩倉市の長の選挙におけるビラの作成の公営に関する条例の制定について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) それでは、議案第5号「岩倉市の長の選挙におけるビラの作成の公営に関する条例の制定について」御説明をさせていただきます。


 提案理由といたしましては、公職選挙法が改正され、地方公共団体の長の選挙において選挙運動のために使用するビラの頒布が認められ、条例で定めるところにより、当該ビラの作成を公営により行うことができるようになったため、法改正の趣旨を踏まえ、条例の制定をお願いするものでございます。


 初めに、第1条につきましては、公職選挙法の規定に基づき、ビラの作成の公営に関して必要な事項を定めるという、この条例の趣旨を規定するものでございます。


 第2条につきましては、ビラを無料で作成できる者を市長選挙の候補者とするもので、ただし書きにより、供託物が没収された場合には、この条例の適用を受けることができない旨を規定したものであります。


 第3条につきましては、公営によりビラの作成ができる要件といたしまして、ビラ作成業者と有償契約を締結し、選挙管理委員会に届け出なければならないことを規定するものでございます。


 第4条につきましては、市はビラ作成業者からの請求に基づいて、作成単価に作成枚数を乗じて得た額を支払う旨を規定するものでございます。ただし、作成単価につきましては7円30銭、作成枚数につきましては、公職選挙法に定める枚数、すなわち1万6,000枚を限度とし、選挙管理委員会が確認したものに限るとするものでございます。


 第5条につきましては、選挙管理委員会への委任規定で、具体的な様式等について選挙管理委員会の規定により定めさせていただきます。


 附則といたしまして、この条例は、平成20年4月1日に施行し、同日以降に告示される選挙から適用することを定めるものでございます。


 よろしくお願いをいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第6号「岩倉市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の一部改正について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 続きまして、議案第6号「岩倉市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の一部改正について」御説明をいたします。


 提案理由といたしましては、公の施設の管理を行わせる指定管理者の手続に関し、指定管理者の指定の申請ができない者及び指定の取り消しができる規定を整備するものであります。


 その内容といたしましては、第3条につきましては、同条中の「法人その他の団体」の次に「(以下「法人等」という。)」を加えるものでございます。


 次に、第3条に第2項として、第1号から第4号までの法人等については、指定管理者の指定の申請をすることができない規定を加えるものでございます。第1号は、地方自治法施行令第167条の4の規定により、一般競争入札に参加する資格を制限されている法人等、第2号は、第9条第1項の規定により指定を取り消された法人等、第3号は、市長、副市長、教育長若しくは市議会議員、又はその配偶者、若しくは2親等以内の親族が代表者その他の役員である法人等(公共団体又は公共的団体を除く)、第4号は、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号で規定する暴力団員、若しくは暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者が、その事業活動を支配等している者です。


 第9条につきましては、同条中の「従わないとき」の次に「、第3条第2項各号のいずれかに該当するに至ったとき又は該当していると判明したとき」を加えるものであります。


 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行するものであります。


 よろしくお願いをいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第7号「岩倉市国民健康保険税条例の一部改正について」説明を求めます。


○市民部長(嶋田 博君) 議案第7号「岩倉市国民健康保険税条例の一部改正について」御説明いたします。


 提案理由といたしましては、後期高齢者医療制度の施行に伴い、平成20年4月から国民健康保険税の算定に、新たに後期高齢者支援金等の課税額を追加するため、所要の措置を講ずるものです。


 また、地方税法の改正に伴い、平成20年10月から老齢等年金給付の支払いを受けている65歳以上の国民健康保険の被保険者である世帯主に対する国民健康保険税を、原則特別徴収の方法により徴収するため関係条項の整備を行うものです。


 それでは、条文に従いまして、その内容について御説明させていただきます。


 第2条第1項につきましては、国民健康保険税の課税額に、高齢者の医療の確保に関する法律の規定により、新たに後期高齢者支援金等の課税額が設けられたため、関連規定を整備するものです。


 同条第2項は、国民健康保険税の基礎課税額の限度額を「53万円」から「46万円」に改めるものです。


 同条第3項は、後期高齢者支援金等課税額の限度額を「11万円」と定めるものです。


 同条第4項は、介護納付金課税額の限度額を「7万円」から「8万円」に改めるものです。


 第3条第1項につきましては、国民健康保険の被保険者の所得割額の率を「100分の7.9」から「100分の6.0」に改め、関係条項を整理するものです。


 第4条につきましては、国民健康保険の被保険者の資産割額の率を「100分の55」から「100分の40」に改めるものです。


 第5条につきましては、国民健康保険の被保険者の被保険者均等割額を被保険者1人について「2万6,000円」から「1万9,500円」に改めるものです。


 第16条以降の改正につきましては、特別徴収等に係る条項を追加することに伴い、関連する各条番号の項ずれ等を含む改正となっています。


 では、第16条から御説明いたします。


 改正前の第16条、第15条、第14条、第13条の2までは、それぞれの条番号を第32条、第31条、第30条、第29条番号を繰り下げるとともに、改正後の第32条は、見出しとして雑則を加えるものです。


 第13条の改正につきましては、第13条を第28条とし、改正後の第2条の改正に伴い、限度額等を整理するもので、国民健康保険税の限度額を「53万円」から「46万円」に、介護納付金課税額を「7万円」から「8万円」に改めるものです。また、後期高齢者支援金等課税額を「11万円」と定めるものです。


 また、第1号で定める6割軽減については、国民健康保険の1人当たり被保険者均等割額及び1世帯当たりの世帯別平等割額をそれぞれ「1万5,600円」を「1万1,700円」に改めるものです。


 また、新たに後期高齢者支援金等課税に係る被保険者1人当たりの被保険者均等割額及び1世帯当たりの世帯別平等割額を「3,900円」と定めるものです。


 第2号で定める4割軽減については、国民健康保険の1人当たりの被保険者均等割額及び1世帯当たりの世帯別平等割額をそれぞれ「1万400円」から「7,800円」に改めるものです。


 また、新たに後期高齢者支援金等課税に係る被保険者1人当たりの被保険者均等割額及び1世帯当たりの世帯別平等割額を「2,600円」と定めるものです。


 第12条の改正につきましては、改正前の第12条を第27条とし、同条中の第15条を第31条に改めるものです。


 第11条の改正につきましては、改正前の第11条を第26条とし、同条中の「徴収すべき」を「普通徴収の方法によって徴収すべき」に改めるものでございます。


 第10条の改正につきましては、改正前の第10条を第18条とし、同条中の第13条を第28条に改めるものです。


 続きまして、第19条から第25条までは、新たに特別徴収関係の規定を設けるものです。


 第19条から順次、御説明させていただきます。


 第19条第1項につきましては、地方税法施行令で規定する老齢等年金給付の支払いを受けている65歳以上の国民健康保険法で規定する被保険者である世帯主に課する国民健康保険税は、特別徴収の方法によって徴収するものと定めるものです。


 同条第2項は、当該年度の初日の属する年の4月2日から8月1日までの間に、国民健康保険税の納税義務者が特別徴収対象被保険者となった場合は、特別徴収の方法によって徴収することができると定めるものです。


 第20条につきましては、特別徴収義務者の指定等を定めるもので、老齢等年金給付の支払いをする者は、国民健康保険税の特別徴収義務者と定めるものです。


 第21条につきましては、特別徴収義務者の納入義務等を定めるもので、特別徴収義務者は、保険税額を徴収した日の属する月の翌月の10日までに納入する義務を定めるものです。


 第22条につきましては、特別徴収義務者は、地方税法第718条の5第1項の規定による通知を受けた場合は、国民健康保険税の特別徴収及び納入義務を負わないものと定めるものです。


 またこの場合、特別徴収義務者は、その徴収の実績及び必要事項を市長に通知することを定めるものです。


 第23条第1項につきましては、前年度に国民健康保険税が特別徴収となっていた者は、特別徴収となる被保険者が当該年度の初日からその年度の9月までの特別徴収の方法は、地方税法施行規則第24条の37第1項の規定により、特別徴収による仮徴収の方法で徴収するものと定めるものです。


 同条第2項は、第23条第1項で規定する特別徴収対象被保険者で、初日の属する年の6月1日から9月30日までの間において、支払い回数割保険税額に相当する額を徴収することは適当でない特別の事情がある場合には、前項の規定にかかわらず、所得状況等を勘案して市長が定める額を特別徴収することができるものです。


 第24条につきましては、新たに特別徴収対象被保険者となった者の仮徴収について定めるもので、第1号から第3号に定める区分に応じて、地方税法第718条の8第2項で規定する、支払い回数割保険税額の見込み額により特別徴収の方法で徴収するものと定めるものです。


 第25条第1項につきましては、普通徴収の繰り上げについて定めるもので、特別徴収対象被保険者が特別徴収対象年金給付の支払いを受けなくなった場合には、特別徴収されなくなった額を普通徴収によって徴収する旨を規定するものです。


 同条第2項は、特別徴収義務者から既に納入された特別徴収対象保険税額が、徴収すべき額を超える場合において、未納の徴収金がある場合には、普通徴収で徴収する保険税に充当する規定でございます。


 第9条につきましては、改正前の第9条を第17条とし、同条中の国民健康保険税を普通徴収によって徴収する国民健康保険税に改めるものです。


 第8条につきましては、改正前の第8条を第15条とし、条番号を整理するものです。


 第16条につきましては、徴収の方法について第16条で定めるもので、改正後の第19条、第23条及び第24条の規定による特別徴収のほかは、普通徴収の方法によって徴収するものと定めるものです。


 第7条の3から第7条の2、第7条、第6条までにつきましては、各条番号を第14条、第13条、第12条、第11条に改め、各条項中、「第2条第3項」を「第2条第4項」に改めるものです。


 第5条の2につきましては、第5条の2を第6条とし、国民健康保険の被保険者の世帯別平等割額を「2万6,000円」から「1万9,500円」に改めるものです。


 次は、改正後の第6条の次に第7条から第10条までを加えるものです。


 第7条につきましては、後期高齢者支援金等課税被保険者に係る所得割額は、基礎控除後の総所得金額に100分の1.9を乗じて算定するものと定めるものです。


 第8条につきましては、後期高齢者支援金等課税被保険者に係る資産割額は、当該年度分の固定資産税額のうち、土地及び家屋に係る部分の額に100分の15.0を乗じて算定するものと定めるものです。


 第9条につきましては、後期高齢者支援金等課税被保険者に係る被保険者均等割額は、1人について「6,500円」と定めるものです。


 第10条につきましては、後期高齢者支援金等課税被保険者に係る世帯別平等割額は、1世帯について「6,500円」と定めるものです。


 附則第2項から第16項までにつきましては、改正に伴い、各項中の第13条を第28条に整理するものです。


 附則としまして、この条例は、平成20年4月1日から施行するものです。


 適用区分として、改正後の新条例は、平成20年度以降の年度について適用し、平成19年度分までは、なお従前の例によるものです。また、新条例第19条から第25条までの規定については、平成20年10月1日からの適用とするものです。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第8号「岩倉市遺児手当支給条例の一部改正について」説明を求めます。


 福祉事務所長。


○福祉事務所長(井筒洋一君) それでは、議案第8号「岩倉市遺児手当支給条例の一部改正について」御説明いたします。


 提案理由といたしましては、遺児手当を支給しない者の所得基準につきましては、愛知県遺児手当支給規則で定める額としているため、愛知県規則の改正等に伴い、関係条項番号等を改めるものでございます。


 その内容といたしましては、第3条では、「第3条第1項から第4項」を、「第6条の3第1項から第3項」に改め、第6条では、「第3項第2項各号」を「第3条第4項各号」に改めるものでございます。


 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行するものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第9号「岩倉市介護保険条例の一部を改正する条例の一部改正について」説明を求めます。


 福祉事務所長。


○福祉事務所長(井筒洋一君) それでは、議案第9号「岩倉市介護保険条例の一部を改正する条例の一部改正について」御説明させていただきます。


 提案理由といたしましては、介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令の一部を改正する政令が平成19年12月12日に公布され、平成20年4月1日から施行されることに伴い、所要の改正をするものでございます。


 その内容といたしましては、平成19年の合計所得金額が125万円以下であり、かつ平成17年1月1日現在において、年齢が65歳以上であった者の介護保険料を、平成18年度及び平成19年度に講じた激変緩和措置を引き続き平成20年度においても実施するものでございます。


 この改正に伴う影響といたしましては、対象者として988人、額として602万円を見込んでおります。


 なお、この条例は、平成20年4月1日から施行するものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第10号「岩倉市営住宅管理条例の一部改正について」説明を求めます。


 建設部長兼水道部長。


○建設部長兼水道部長(野杁二三夫君) 議案第10号「岩倉市営住宅管理条例の一部改正について」御説明を申し上げます。


 平成19年6月1日に、国土交通省住宅局長より公営住宅における暴力団排除の基本方針が示されております。そのことに伴う改正であります。


 内容については、新規入居申込者については、暴力団員を入居決定しない。入居後に暴力団員であることが判明した場合は、明け渡し請求を行う。既存入居者については、暴力団であることが判明した場合は、市場家賃を課し、自主的な退去を促進する。不法行為等を行った場合は、明け渡し請求を行うというものであります。


 この基本方針に基づき、暴力団排除のための岩倉市営住宅管理条例の一部を改正するものであります。条例の中に、第5条中に第5号を挿入し、その条文を整理しております。


 また、第39条第1項中に「第6号」を挿入しております。


 なお、この条例については、公布の日から施行するものとしております。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第11号「岩倉市旅館建築の規制に関する条例の一部改正について」説明を求めます。


 建設部長兼水道部長。


○建設部長兼水道部長(野杁二三夫君) 議案第11号「岩倉市旅館建築の規制に関する条例の一部改正について」御説明を申します。


 今回の改正は、学校教育法及び文化財保護法が変更されたことに伴う改正です。


 旅館建築物を建築する場合は、建築に関する法令の手続の前に、市長に申請し同意を得ることになっております。市長の同意基準では、申請の建物周囲に、条例上、別表第2に定める施設がある場合は、同意しないことになっています。この施設の法条項であります学校教育法「第82条の2」専修学校が「第124条」に、同法「第83条第1項」各種学校が「第134条第1項」に変更されました。また、文化財保護法「第98条第2項」既存及び活用のために必要な措置を講じられる構築物が「第182条第2項」に変更されたことにより条例の一部改正を行うものであります。


 なお、この条例は、公布の日から施行します。よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第12号「岩倉市都市公園条例の一部改正について」説明を求めます。


 建設部長兼水道部長。


○建設部長兼水道部長(野杁二三夫君) 議案第12号「岩倉市都市公園条例の一部改正について」の提案説明をさせていただきます。


 今回の改正は、岩倉市都市公園条例第2条第2項関係の別表第1、都市公園の名称及び位置に、名称として「竹林公園」、位置として「岩倉市大市場町郷前51番地1」を加えるものであります。


 都市公園の竹林公園の新設に伴うものであります。


 施行期日は、供用開始予定の平成20年4月1日となっております。


 よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第13号「岩倉市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について」説明を求めます。


 建設部長兼水道部長。


○建設部長兼水道部長(野杁二三夫君) 議案第13号「岩倉市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について」の提案説明をさせていただきます。


 この分については、第3号議案の地方公務員に関する規則の改正に伴うものであります。


 その概要を説明させていただきます。


 地方公務員法の育児休業に関する法律の一部改正が平成19年5月16日に公布され、同年8月1日に施行されたことに伴い、部分休業の対象となる子を小学校就学の始期に達するまでとし、その時間を1日につき2時間を超えない範囲に限るものとする。また、短時間勤務職員については、この規定を適用しないとするものでありまして、企業職員の給与の種類及び基準に関する条例第18条第2項及び第23条の一部を改正するものであります。


 以上、説明とさせていただきますが、附則でこの条例については、公布の日からするとしております。


 よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第14号「平成19年度岩倉市一般会計補正予算(第5号)」について説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 議案第14号「平成19年度岩倉市一般会計補正予算(第5号)」について、御説明をいたします。


 提案理由といたしましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1億4,926万5,000円を減額し、総額を131億3,928万7,000円とさせていただくものであります。


 3月補正につきましては、平成19年度の最終補正ということで、減額補正が主な内容となっています。減額補正の考え方といたしましては、歳出は事業の完了、もしくは完了見込みにより不用額が見込まれるものを中心にお願いをしております。


 それでは15ページ、16ページの歳出から御説明をさせていただきます。


 15ページをお開きいただきたいと思います。


 初めに、増額補正につきましては、款2総務費、項1総務管理費、目6財政管理費、事業名、減債基金積立金3億円は、平成19年度の収支見込みから減債基金に積み立てさせていただくものでございます。


 款3民生費、項1社会福祉費、目11後期高齢者医療準備費、事業名、後期高齢者医療準備費201万6,000円は、保険料徴収管理システムの改修に係る経費の増額をお願いするものです。


 款3民生費、項2児童福祉費、目2保育園費、事業名、保育事業費588万6,000円は、中途退職や育休等による職員不足分のパート雇用賃金の増額、そして、同じく目8乳幼児医療費、事業名、乳幼児医療費助成事業55万8,000円は、平成20年4月から子ども医療費助成金の拡充に伴う、新しい受給者証へ切りかえ経費の増額をお願いするものです。


 17ページ、18ページをお願いいたします。


 款7土木費、項2道路橋梁費、目2道路新設改良費、事業名、市道北60号線道路改良事業624万4,000円は、市道北60号線の道路改良を行うために必要な用地を取得するものです。事業名、生田橋かけかえ事業160万円は、生田橋かけかえに係る架橋設置場所の変更により、県の実施設計委託料に変更が生じたために必要となる負担金を増額するものでございます。


 19ページ、20ページをお願いいたします。


 款9教育費、項2小学校費、目1学校管理費、事業名、小学校施設改良費、工事請負費561万円は、曽野小学校の老朽化したガス管を耐震性などにすぐれたポリエチレン管に布設がえを行う経費を増額するものでございます。


 このほかにつきましては、減額補正となっております減額分の大きなものを中心に説明をさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。


 15ページにお戻りいただきたいと思います。


 初めに15ページから、まず款2総務費、項1総務管理費、目15情報化管理費、事業名、電子自治体推進事業280万円は、決算見込みに合わせて減額するものでございます。


 款3民生費、項1社会福祉費では、目1社会福祉総務費、事業名、介護保険特別会計繰出金1,207万3,000円は、決算見込みに合わせて一般会計繰出金を減額するものでございます。


 事業名、事務管理費は、社会福祉協議会補助金272万1,000円は、正規職員1人が退職となったため減額するものです。事業名、老人ホーム措置事業276万7,000円は、決算見込みに合わせて減額するものでございます。


 目6心身障害者福祉費、事業名、在宅福祉事業及び心身障害者福祉費248万7,000円は、入浴サービス委託料の決算見込み及び障害者計画策定委託料の事業決算に合わせて減額するものでございます。


 項2児童福祉費、目5母子福祉費426万3,000円は、母子生活支援施設等措置費で、決算見込みに合わせて減額するものでございます。


 項3生活保護費、目2扶助費3,339万4,000円は、医療扶助費の対象者が減少したことなどにより、減額をお願いしております。


 款4衛生費、項1保健衛生費、目2保健費、基本健康診査事業385万7,000円、17ページをお願いいたします。また、予防接種事業254万4,000円は、事業決算及び決算見込みに合わせて減額をするものでございます。


 項2清掃費、目2塵芥処理費、事業名、ごみ減量化推進事業413万1,000円は、古紙類等が有償で引き取られていること、及び逆有償分が不要となったことにより減額するものでございます。事業名、小牧岩倉衛生組合負担金4,027万8,000円及び目3し尿処理費、事業名、愛北広域事務処理組合し尿処理場運営費等負担金353万5,000円は、両負担金とも運営費負担金の減額によるものでございます。


 款7土木費、項2道路橋梁費、目2道路新設改良費、事業名、舗装側溝544万5,000円及び項4都市計画費、目3下水道事業費、事業名、公共下水道事業特別会計繰出金1,300万円は、特別会計で実施した工事等の決算見込みに合わせて減額するものでございます。


 目4公園費、事業名、(仮称)竹林公園及び(仮称)長瀬公園整備事業は、委託料及び工事費の決算見込みに合わせ、549万3,000円を減額するものでございます。


 同じく目6駅東地区再開発事業費、事業名、北街区市街地再開発事業2億8,421万2,000円は、岩倉駅東地下連絡道(人工地盤)整備工事及び北街区市街地再開発事業公共施設管理者負担金の事業費の確定に合わせ減額をお願いするものであります。


 款9教育費、項1教育総務費、目3教育指導費、事業名、私立幼稚園補助事業1,120万円は、私立幼稚園就園奨励費補助金を当初予算の対象人数の減少及び所得区分の変更により減額するものです。


 続きまして19ページ、20ページをお願いいたします。


 項2小学校費、目1学校管理費、事業名、小学校施設改良費82万4,000円は、北小南館耐震補強工事実施設計委託料及び北小西館耐震補強工事実施設計委託料の事業決算に合わせた減額でございます。


 項3中学校費、目1学校管理費、事業名、中学校施設改良費110万1,000円は、岩中屋内運動場耐震補強工事実施設計委託料及び項4社会教育費、目1生涯学習総務費、事業名、まちづくり文化振興事業220万円は、まちづくり文化振興事業助成の決算見込みに合わせて減額するものです。


 款10公債費、項1公債費につきましては、平成18年度に借り入れました市債の借り入れ利率が確定したことにより、償還利子の減額をお願いするものであります。


 以上、主な歳出について御説明をさせていただきました。


 続きまして9ページ、10ページをお願いいたします。


 歳入につきまして、御説明をさせていただきます。


 歳入につきましては、事業が完了したもの及び歳出に合わせて補正が必要になったものを中心にお願いをしております。


 主なものは、款1市民税、目1個人、目2法人の現年課税分をそれぞれ3,000万円、款8、項1地方特例交付金及び項2特別交付金につきましては、決算額に合わせて1,113万4,000円を増額させていただくものであります。


 款13国庫支出金、項1国庫負担金、目1民生費国庫負担金、節2児童福祉費負担金213万2,000円は、児童入所施設の入所者が減となったこと。節3生活保護費負担金2,504万6,000円は、歳出の医療扶助費の決算見込みに合わせて減額をお願いするものでございます。


 同じく項2国庫補助金、目1民生費国庫補助金、節1社会福祉費補助金は、高齢者医療制度円滑導入事業費補助金を後期高齢者医療保険料システム改修に対する補助として264万6,000円の増額。節2児童福祉費補助金は、次世代育成支援対策交付金として、児童環境づくり基盤整備事業費補助金に予算の組みかえをするために332万6,000円を減額するものでございます。


 目3土木費国庫補助金、節2都市計画費補助金は、北街区市街地再開発事業補助金の道路整備特別会計分で8,580万円の減額をお願いするものでございます。


 11ページ、12ページをお願いいたします。


 目4教育費国庫補助金、節1教育費補助金は、幼稚園就園奨励費補助金を事業決算に合わせて280万円の減額をお願いするものでございます。


 続きまして、款14県支出金、項2県補助金、目2民生費補助金、節2児童福祉費補助金は、先ほど御説明いたしました国庫補助金の次世代育成支援対策交付金及び県補助金の特別保育事業、地域組織活動育成補助金から児童環境づくり基盤整備事業補助金に予算の組みかえをするため、新たに820万5,000円を増額するものでございます。


 目5土木費補助金、節2都市計画費補助金、(仮称)竹林公園整備工事補助金につきましては、補助対象基本額の増及び河川敷公園として認定された補助率が増加したことにより、800万円を増額させていただくものでございます。


 目7教育費補助金、節1教育費補助金は、放課後子ども教室推進事業が県補助金の対象となったため109万4,000円を増額するものであります。


 続きまして、款16寄附金、項1寄附金、目5一般寄附金200万円につきましては、これは三州食品株式会社の岩月忠和様から寄附を受けたものでございます。


 款19諸収入、項5雑入、目3雑入につきましては、後期高齢者医療に係る経費に対する市町村振興協会からの追加交付分を初め、同協会新宝くじ交付金及び公営競技収益均てん化助成金等が増額になることから補正をお願いするものであります。


 続きまして、款18繰越金につきましては、減債基金積み立てに必要となる額3,776万2,000円を充当させていただいております。


 続きまして13ページ、14ページをお願いいたします。


 款20市債につきましては、全体で1億6,230万円の減額をお願いしておりますが、北街区市街地再開発事業及び下水道事業で事業費が確定したことに伴う減額と、(仮称)竹林公園整備事業は、補助金の増額等により起債対象事業費が減少したことにより減額をお願いするものでございます。


 歳入合計は、歳出と同額の1億4,926万5,000円の減額をお願いするものであります。


 恐れ入りますが、3ページをお願いいたします。


 繰越明許費につきましては、第2表 繰越明許費によりますが、北街区市街地再開発事業の本体事業及び地下連絡道工事等の年度内終了が困難となったため、繰越明許をお願いするものでございます。


 4ページをお願いいたします。


 第3表 地方債補正につきましては、清掃運搬施設等整備事業、臨時地方道路整備事業、臨時河川等整備事業、(仮称)竹林公園整備事業、(仮称)長瀬公園整備事業、岩倉駅東地下連絡道(人工地盤)整備事業、(仮称)生涯学習センター整備事業について、事業費の確定に合わせ限度額の変更をお願いするものであります。


 以上で、一般会計の説明とさせていただきます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第15号「平成19年度岩倉市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)」について説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(嶋田 博君) 議案第15号「平成19年度岩倉市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)」につきまして、提案理由といたしましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ21万9,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ46億5,536万7,000円とさせていただくものです。


 その内容といたしましては、歳出から御説明をさせていただきますので9ページ、10ページをお願いいたします。


 款1総務費、項2徴税費、目1賦課徴収費、節13委託料109万2,000円の増額につきましては、医療制度改革により本年4月から70歳から74歳の前期高齢者の自己負担割合が1割から2割へ見直しされることになっておりましたが、その見直しが1年間凍結されることとなったため、それに対応するための国民健康保険システムを改修するものでございます。


 款2保険給付費、項3葬祭費、目1葬祭費、節19負担金補助及び交付金150万円の増額につきましては、葬祭費支給件数の増加により、予算に不足が見込まれるため、補正をお願いするものでございます。


 款6保健事業費、項1保健事業費、目1疾病予防費、節13委託料237万3,000円の減額につきましては、特定健康診査等実施計画策定業務に係る執行残について補正をお願いするものでございます。


 続きまして、歳入の御説明をさせていただきますので7ページ、8ページをお願いいたします。


 款3国庫支出金、項3国庫補助金、目3高齢者医療制度円滑導入事業補助金109万2,000円の増額につきましては、歳出における国民健康保険システム改修費用に対する補助金を計上するものでございます。


 款8繰越金87万3,000円の減額につきましては、歳出における財源を調整するものでございます。


 なお、今回の補正後における留保財源につきましては1億3,143万6,000円となります。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第16号「平成19年度岩倉市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について」説明を求めます。


 建設部長兼水道部長。


○建設部長兼水道部長(野杁二三夫君) 議案第16号「平成19年度岩倉市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について」御説明を申し上げます。


 歳入歳出の総額から歳入歳出それぞれ2,851万1,000円を減額し、12億3,860万4,000円とするものであります。


 第2条では、繰越明許費を定めております。


 歳出から御説明を申し上げます。11ページ、12ページをお開きいただきたいと思います。


 款1総務費、項1総務管理費、目2維持管理費は527万2,000円の減であります。主な要因としては、下水道使用料収納事務委託料、五条川左岸・右岸流域下水道事業維持管理費の負担の決算見込みが減ったことによるものであります。


 款2、項1、目1下水道建設費は1,903万9,000円の減でありますが、これについては入札執行残等であります。


 款3、項1公債費、目1利息420万円の減でありますが、これは執行残による減額であります。


 続いて、歳入について御説明をさせていただきます。9ページ、10ページをお開きいただきたいと思います。


 款1、項1、目1公共下水道事業負担金627万5,000円の減です。主な要因は、賦課額の見込み額が減ったことによるものであります。


 款2、項1、目1下水道使用料618万3,000円の減です。これも実績見込み額からの減によるものであります。


 款5繰入金、項1、目1一般会計繰入金については、事業歳出の予算が減ったことによる減額であります。


 款6、項1、目1繰越金は、財源調整をさせていただいております。


 款7諸収入、項3、目1雑収入136万円でありますが、これについては管路周辺の公共下水道事業受益者負担金外の方から相当額の納付があったものであります。


 款8、項1、目1の下水道事業債は1,430万円の減であります。事業見込みの実績により減額するものであります。


 次に、3ページをお開きいただきたいと思います。


 第2表 繰越明許であります。市道宮前線で執行しております汚水幹線管きょ工事につきまして、でき率が相当以上に高く、推進工事の日進度がおくれ、年度間内完了が困難であるため、20年度に工事費7,045万円を繰り越しさせていただくものであります。


 次に、4ページを見ていただきたいと思います。


 第3表 地方債補正につきましては、下水道事業債の限度額や利率の変更について、表のとおり補正させていただくものでございます。よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第17号「平成19年度岩倉市介護保険特別会計補正予算(第5号)」について説明を求めます。


 福祉事務所長。


○福祉事務所長(井筒洋一君) それでは、議案第17号「平成19年度岩倉市介護保険特別会計補正予算(第5号)」につきまして、御説明申し上げます。


 提案理由といたしましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ9,941万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ17億4,426万1,000円とするものでございます。


 その内容につきまして、歳出から御説明させていただきますので9ページ、10ページをお願いいたします。


 款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費、節13委託料につきましては、介護保険制度改正により、介護保険料の激変緩和措置の継続、後期高齢者医療制度の創設等に伴う受給者台帳の整備等のシステム改修をするため、268万8,000円を増額するものでございます。


 次に、項4認定調査費、目1認定調査費、節12役務費につきましては、主治医意見書の受け付け件数が見込みを下回ったことにより、115万3,000円を減額するものです。


 次に、款2保険給付費、項1保険給付費、目1介護サービス等給付費、節19負担金補助及び交付金につきましては、当初予算で見込みました要介護認定者数に大きな伸びが見られなかったことや、施設利用者の見込みが下回ったことなどにより、1億円の減額をするものでございます。


 次に、款3地域支援事業費、項2包括的支援事業・任意事業等費、目2地域生活支援福祉事業費、節13委託料につきましては、高齢者の給食サービス利用者が見込みを下回ったことなどにより、94万6,000円の減額をするものです。


 以上、歳出におきましては合計で9,941万1,000円の減額となります。


 次に、歳入の7ページ、8ページをお願いいたします。


 款1介護保険料2,209万円の減額につきましては、保険給付費の減額に伴い、所定の率を乗じて得た額を減額することが主な理由でございます。


 款2分担金及び負担金49万5,000円の減額につきましては、高齢者の給食サービス費による本人負担分を減額するものでございます。


 款3国庫支出金、項1国庫負担金、目1介護給付費負担金につきましては、保険給付費の減額により所定の率を乗じて得た額1,850万円の減額をするものでございます。


 項2国庫補助金、目1調整交付金につきましては、保険給付費の減額により所定の率を乗じて得た額191万円の減額をするものでございます。


 目90介護保険事業費補助金につきましては、介護保険制度改正によるシステム改修費補助金として新たに65万7,000円を受け入れ、増額をするものでございます。


 款4県支出金1,400万円の減額、款5支払基金交付金3,100万円の減額につきましては、介護保険費の減額によりそれぞれ所定の率を乗じて得た額を減額するものでございます。


 款7繰入金、項1繰入金、目1繰入金につきましては、保険給付費の減額により所定の率を乗じて得た額として介護給付費繰入金1,250万円、歳出で減額いたしました事務費繰入金115万3,000円をそれぞれ減額し、その他繰入金としてシステム改修に伴う費用203万1,000円の増額、高齢者の給食サービス利用者の減に伴う地域生活支援福祉事業費繰入金45万1,000円の減額を計上させていただいたものでございます。


 以上、よろしくお願い申し上げます。


○議長(三輪佳幸君) お諮りします。


 ここで休憩したいと思いますが、御異議ございませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。よって、休憩いたします。


     午後0時18分 休憩


 ―――――――――――――――――――――


     午後1時15分 再開


○議長(三輪佳幸君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 議案第18号「平成20年度岩倉市一般会計予算」について説明を求めます。


 最初に、総括説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) それでは、議案第18号「平成20年度岩倉市一般会計予算」について、説明をさせていただきます。


 まず、第1条の歳入歳出予算の総額につきましては、歳入歳出それぞれ132億5,000万円と定めるものでございまして、前年度に比較いたしまして4.7%の増となっております。


 80ページの歳出から説明に入る前に、まず人件費関係について御説明を申し上げ、その後議会費から目ごとに説明をさせていただきます。


 135ページをお願いいたします。


 一般職の人件費総額につきましては、27億2,238万5,000円でございまして、前年度と比較して1億4,360万8,000円の減となっているところでございます。この減の理由は、平成19年度一般職退職予定者が35人に対し、平成20年度新規採用予定者を27人としたことから、職員数が前年比8人減の345人となったことなどによるものでございます。なお、特別会計職員及び派遣職員を含めまして、岩倉市全体の実質総職員数を申し上げますと、前年度の4月1日現在は379名でございましたが、新年度の4月1日見込みでは8名減の371名になる見込みでございます。


 次に、126ページの給与費明細書の特別職の給与費等についてでございますが、合計で3億962万4,000円をお願いしているところでございます。前年度比較として442万円の増額となっております。増額の主な理由は、嘱託員報酬の見直しによるものであります。なお、人件費関係の詳細につきましては、126ページから140ページの給与費明細書を御参照いただきたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。


○議長(三輪佳幸君) 次に、80ページの歳出から順次説明を求めます。説明は主な事業や新規のもの等について、ページを追って簡潔に説明を求めます。


 款1議会費、款2総務費に入ります。初めに、款1及び款2のうち総務部に属する部分について説明を求めます。ページは、80ページから90ページとなります。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) それでは、目単位に説明をさせていただきますが、説明につきましては、特に前年度に比較いたしまして大きく変更したもの、また新たに事業として計上したものを中心に説明をさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。なお、人件費に係ります減額につきましては、説明を省略させていただきますので、よろしくお願いをいたします。


 それでは、説明につきましてはページを追って順次説明をさせていただきます。


 まず初めに、80ページをお願いいたします。


 総務部に属する説明をさせていただきます。


 初めに、款2総務費、項1総務管理費、目2人事管理費で減になった理由につきましては、職員の退職等によるものでございます。


 次に、82ページをお願いいたします。


 目4企画費につきましては、第4次総合計画策定に向けた市民意向調査を実施することによる増であります。


 目5広報広聴費につきましては、予算に直接影響を与える変更はございませんが、行政をより身近に感じていただくため、公募による岩倉市の施設などの見学会を実施いたしまして、まちづくりについて理解をしていただく事業を予定しておりますので、よろしくお願いを申し上げます。


 目6財政管理費につきましては、地方公営企業等金融機構の設立に伴い、その出資金に240万円、財政調整基金に小牧岩倉衛生組合のごみ焼却場建設費負担に備え5,000万円を積み立てさせていただくことなどによる増額でございます。


 目7財産管理費につきましては、庁舎のコージェネレーションシステムのオーバーホール等修繕及び都市計画街路の北島藤島線の道路用地買収に伴う代替地として、基金保有の土地を購入するために増額となっているものでございます。


 84ページをお開きください。


 目9交通安全防犯推進費につきましては、安全・安心のまちづくり推進の一環といたしまして、生活安全指導員の設置と、また岩倉駅東地区北街区市街地再開発ビル内の公的駐輪場を取得するために増額をするものでございます。


 86ページをお願いいたします。


 目15情報化管理費の減額は、戸籍電子情報システム維持管理事業で、戸籍の電算化によるリース分割による支払い期間の満了によるものでございます。


 次に、項2徴税費でございます。目2賦課費でございますが、平成21年度の評価がえに向けて平成19年度に行った不動産鑑定評価委託料の減によるものでございます。


 次に、目3徴収費につきましては、税源移譲による年度間調整に係る市県民税還付金を増額するものでございます。


 次に、88ページをお願いいたします。


 項4選挙費でございます。目3選挙執行費は、平成20年度は、岩倉市長選挙費及び農業委員会委員選挙費並びに岩倉市土地改良区総代会総代総選挙費をお願いしております。


 それから、項5統計調査費、目1統計調査総務費は、平成20年度に実施いたします住宅土地統計調査の調査費が増額となっているものでございますので、よろしくお願いをいたします。


○市民部長(嶋田 博君) 総務費のうち、市民部に属する予算について御説明をさせていただきます。予算書の84ページをお願いいたします。


 目10交通災害共済費につきましては、前年度比較31万3,000円の減額で、会費の助成において73歳以上及び障害者等にさせていただいております。


 続きまして、86ページをお願いいたします。


 項3戸籍住民基本台帳費、目1戸籍住民基本台帳費につきましては、前年度比較で1,006万円の増額で、主な要因につきましては、愛北広域事務組合、火葬事業運営費負担金の増によるものでございます。


○議長(三輪佳幸君) 次に、款3民生費に入ります。初めに、款3のうち市民部に属する部分について説明を求めます。ページは90ページから100ページとなります。


 市民部長。


○市民部長(嶋田 博君) 92ページをお願いいたします。


 款3民生費、項1社会福祉費、目5後期高齢者福祉医療費につきましては、高齢者医療費支給条例の廃止により、老人医療費から後期高齢者福祉医療費に名称を改め、老人医療費支給事業として1月から3月までの老人福祉金等の費用及び後期高齢者福祉医療費の支給事業として、高齢者の医療の確保に関する法律による医療を受ける者のうち、障害者、ひとり暮らし、寝たきり等の方々の医療費の一部を支給する費用等を計上させていただいております。


 目7障害者医療費につきましては、前年度比較538万3,000円の増額で、実績等を踏まえ計上させていただいております。


 94ページをお願いいたします。


 目11後期高齢者医療費につきましては、本年4月から始まります後期高齢者医療制度において、後期高齢者医療給付費の公費負担分として1億9,681万6,000円及び後期高齢者医療保険事業、それから後期高齢者医療特別会計繰出金を計上させていただいております。


 98ページをお願いいたします。


 項2児童福祉費、目8子ども医療費につきましては、乳幼児医療費助成条例の改正に伴い、乳幼児医療費から子ども医療費に名称を改めるもので、前年度比較3,549万4,000円の増額となっています。主な要因につきましては、本年4月からの通院については小学校3年生まで、入院については中学校卒業まで拡大するもので、通院の小学校1年生から3年生までにつきましては、市単独事業で実施するものであります。


○福祉事務所長(井筒洋一君) それでは、90ページをお願いいたします。


 款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費につきましては、前年度比較2億584万4,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、老人保健特別会計繰出金におきまして、後期高齢者医療制度が平成20年4月からスタートすることに伴いまして、1億9,668万4,000円を減額することなどによるものでございます。


 目3老人福祉費につきましては、55万4,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、事務管理費で、社会福祉協議会の職員に一部変更が生じることによる補助金の減額と、地域福祉基金積立金の利子が増額になったことによる差額などが主なものでございます。


 続きまして、92ページをお願いいたします。


 目4老人憩の家総務費につきましては、128万4,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、(仮称)老人憩の家建設事業費におきまして、東町の老人憩の家が平成23年10月に用地を返還することに伴いまして、新たな施設の基本設計をお願いするための委託料と、平成19年度にお願いいたしておりました南部老人憩の家の施設改良工事が終了したことに伴う減額との差などが主なものでございます。


 目6心身障害者福祉費につきましては、191万9,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、岩倉市障害者計画の策定が終了したことに伴う減額、さらに障害者自立支援審査委員の報酬を実績により減額したことと、新たに障害者自立支援対策臨時特例基金の補助を受けて、相談支援車を購入することによる差などによるものでございます。


 94ページをお願いいたします。


 続きまして、款3民生費、項2児童福祉費、目1児童福祉総務費につきましては、34万3,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、職員等管理費の減額と新規事業としてお願いいたしております子ども条例制定事業、赤ちゃん訪問事業などに伴う増額分との差によるものでございます。


 目2保育園費につきましては、1,338万5,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、職員管理費で職員の退職と新規採用職員の給料等の差額による減額と、北部保育園西棟耐震補強工事、さらに西部保育園で新たに集いの広場を開設させていただくことに伴う増額分の差などによるものでございます。


 96ページをお願いいたします。


 目3児童館総務費につきましては、661万5,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、地域交流センターみどりの家を業務委託することにより2名の職員を児童館で受け入れることとし、それに伴いパート職員を減員することとの差額が主なものでございます。


 目5母子福祉費につきましては、215万7,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、DVによる被害者の措置を実績により3家族にさせていただいたことなどによるものでございます。


 98ページをお願いいたします。


 目7児童福祉手当総務費につきましては、1,637万4,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、平成19年度に増額された3歳未満児の第1子、第2子の児童手当で、6月支給4カ月分のうち2月、3月分の2カ月分が5,000円であったのが、今年度からすべて1万円となるための増額によるものでございます。


 目10児童遊園費につきましては、120万6,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、トイレ取りかえ修繕を中野、五条、中本児童遊園の3園で実施させていただくことなどによるものでございます。


 目12青少年宿泊研修施設運営費につきましては、29万5,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、平成18年4月からシルバー人材センターに委託させていただいております業務を見直し、市内のNPO法人に施設本来の目的が発揮されるよう、委託先を変更させていただくことなどによるものでございます。


 目13地域交流センター運営費につきましては、587万9,000円の減額をお願いいたしております。


 これにつきましては、平成20年4月からみどりの家を業務委託させていただくことにより発生する委託料と、そのことにより現在いる2名の職員を児童館へ配置がえさせていただくことに伴う職員管理費との差額などによるものでございます。


 続きまして、款3民生費、項3生活保護費、目1生活保護総務費につきましては、1,005万4,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、平成19年度に実施させていただきました生活保護システムの購入が終了したことに伴う事務管理費の減額などによるものでございます。


 100ページをお願いいたします。


 目2扶助費につきましては、1,168万1,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、生活扶助、住宅扶助、保護施設事務費などで、増額が見込まれることによるものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君)次に、款4衛生費について説明を求めます。ページ数は100ページから104ページとなります。


 市民部長。


○市民部長(嶋田 博君) 款4衛生費、項1保健衛生費、目2保健費につきましては、前年度比較4,382万1,000円の減額で、主な要因としましては、本年4月から始まる特定健診、保健指導業務がそれぞれの保険者に義務づけられたことから、従来の基本健康診査事業がなくなったことによるものです。また、妊婦健康診査の公費負担回数は3回から6回に拡大するとともに、65歳節目歯科健康診査を新たに行うこととしております。


 目3休日急病診療所運営費につきましては、前年度比較59万8,000円の減額で、主な要因としましては、休日診療対策助成金等の減額によるものです。


 次に、目6自然環境保全費につきましては、前年度比較100万9,000円の増額で、主な要因としましては、自然生態園木製橋の老朽化した部分の取りかえ修繕によるものでございます。


 次に、項2清掃費、目2塵芥処理費につきましては、前年度比較723万3,000円の増額で、主な要因としましては、小牧岩倉衛生組合での、ごみ処理施設更新事業に係る費用増加による負担金の増額によるものでございます。


 104ページをお願いいたします。


 目3し尿処理費につきましては、前年度比較1,864万円の減額で、主な要因としましては、愛北広域事務組合での年間し尿処理量の減による負担金の減額によるものでございます。以上です。


○議長(三輪佳幸君)次に、款5農林水産業費、款6商工費、款7土木費について説明を求めます。ページ数は104ページから112ページとなります。


 建設部長兼水道部長。


○建設部長兼水道部長(野杁二三夫君) 104ページの款5農林水産業費から御説明をさせていただきます。


 農林水産業費、項1農業費、目3農畜産業振興事業費は257万7,000円の増です。主な要因は、農業振興事業助成金の新設です。農業振興に係る事業として、農業体験事業や市民農園事業を実施し、平成18年度から始めました農業体験塾では、現在、塾生は29名になっております。新ブランド野菜の研究委託事業の展開では、平成19年度も4品目を実施し、平成20年度では「ちッチャイ菜」の栽培を広め、農協、産直センターでの販売や学校給食に採用できるよう、栽培を促進する計画です。こうした実績により育ちつつある新規農業就農希望者や、農業後継者の助成、幅広い市民の方々への農業への積極的な参加、実践を支援していく制度として新設をさせていただきます。


 続きまして、106ページをお開きいただきたいと思います。


 目7農地費1,247万8,000円の減です。主な要因は、15節工事請負費の減額であります。県費補助金による排水路改修工事は、平成19年度に引き続き八剱地区で行って、本年度で終了になります。また、市単独事業についても19年度に引き続き行う排水路改修工事1路線であります。


 続きまして、款6商工費、項1商工費を説明させていただきます。目1商工総務費132万6,000円の減でありますが、これは商業統計調査、就業基本調査費用等であります。


 続きまして、目2商工振興費90万1,000円の減です。主な要因は、商工まつり補助金がふれ愛まつり事業に統合されたことや、その他負担金交付金の委託料の見直しの減であります。事業内容では、岩倉お店スタンプラリー事業を平成16年度から実施し、平成20年度で5年目となります。平成19年度の実績は、参加店舗数135店舗、前年は136店舗であります。スタンプラリーの応募者数は、3,299、前年度が2,892件と増加しております。しかし、平成20年度は一つの節目として考えており、新たな商工振興策を商工会と協議をしていきます。また、平成19年度のイルミネーションは、実行委員会を中心とした手づくりを基本として実施しております。市内の商業者からの協力金を得て、マップを作成したり、岩倉高校生の協力を得て陶器製の灯籠をつくったりしております。飾りつけもすべて実行委員の手によるものです。平成20年度も引き続きイルミネーション、四・九の市、ウオークラリーなど市民の手により実施する計画がありますので、支援していきたいというふうに考えております。


 次に、目4観光費577万5,000円の増です。主な要因は、下本町のお祭り広場に多目的トイレを新設するものであります。また、桜の肥料関係を50万円計上しております。平成18年度に五条川の桜の勉強会に参加したメンバーを中心に、岩倉五条川桜並木保存会がつくられ、3月20日に設立総会を開く予定と聞いております。


 108ページをお開きいただきたいと思います。


 目5消費者行政費、増減はありませんが多重債務対策連絡会議を立ち上げて、庁内各関係の連絡強化を図って、横の連絡を密にしていく予定をしております。消費生活全般に対応しながら、多重債務の発見、相談、関係機関の紹介をしていきたいというふうに考えております。


 次に、款7土木費、項1土木管理費、目1土木総務費1,521万9,000円の増であります。主な要因は、平成20年度に駅東広場の供用が開始されるための管理費、耐震改修促進計画に基づき、公共施設5施設、7棟の耐震診断委託料、新規事業として非木造住宅建築物耐震診断事業の補助金を計上したことによるものであります。さらに、平成20年度から項5住宅費から木造住宅耐震診断改修事業補助金を耐震対策費に統合しております。平成19年度末までの木造耐震診断は、461戸、耐震改修は42戸となっております。愛知県が示した岩倉市の耐震診断目標に対しての実施率は、診断実施率64%、県下平均は63.3%であります。耐震改修については、岩倉市に設定された目標36戸を超えておりますが、耐震診断で必要と判断された戸数447戸に対しての改修実施率は9.4%という状況であります。


 項2道路橋梁費を説明させていただきます。


 目2道路新設改良費1億1,579万4,000円の増です。主な事業内容としては、舗装工事4路線、側溝工事14路線を予定しております。甲豊田岩倉線交通安全等整備事業は、用地買収と物件移転費用で江南市境までの約90メートルの整備を行い、本年度で終了する予定であります。


 乙北島藤島線道路改良事業は、岩倉側の橋梁下部工4,200万円と、護岸工事1億300万円を工事します。平成21年度に小牧市側の工事を小牧市の負担で行い、平成22年度に上部工を両市の負担で岩倉市が工事を行い、完成をさせる予定となっています。


 それから、岩倉駅エレベーター事業6,000万円は、名鉄岩倉駅上下線ホームへのエレベーターを東西地下連絡道の北側に設置するもので、平成20年度、21年度の2カ年をかけて完成させるものです。その事業費の本年度分の3分の1以内の負担をするものであります。


 生田橋かけかえ事業は、旧橋の撤去と仮設橋並びに架設道路工事費の3分の1を負担するものであります。


 続いて110ページをお開きいただきたいと思います。


 項4都市計画費、目1都市計画総務費1,015万円の減です。主な要因は、都市計画基礎調査委託料や公共緑化事業等であります。平成20年度事業としては、引き続き、まちづくり交付金事業の事業効果調査委託料を計上しておりますので、よろしくお願いいたします。


 目2街路費763万8,000円の減であります。これは、北島藤島線街路改良工事に係る20年度の執行予算の予定額分の差であります。平成20年度末の買収率は88.77%となる予定であります。平成22年度までには買収完了を目指しております。


 目3下水道事業費は、1,700万円の増であります。主な要因は、一宮春日井線排水路布設工事と公共下水道事業特別会計繰出金です。一宮春日井線排水路工事は、名鉄犬山線沿いに北に222.2メーター施工する計画で、二之杁用排水路と接続をさせる予定にしております。


 目4公園費は、1億6,780万3,000円の減であります。減の主な要因は、長瀬公園の用地買収が減ったことによるものであり、さらに竹林公園の事業が終了したことによるものであります。平成20年度は1億30万8,000円で(仮称)長瀬公園の整備を行います。


 目6駅東地区再開発事業費は、1億3,230万円の減であります。事業内容は、再開発ビル建築関係事業費で8億280万円。駅前広場整備事業費1,250万円を計上しております。平成21年9月末日までに再開発ビルの完成を目指し、事業が進行しているところであります。


 項5住宅費、目1住宅管理費1,297万2,000円の減は、先ほど説明いたしました耐震診断関係費を耐震対策費へ統合したことによるものであります。以上です。


○議長(三輪佳幸君)次に、款8消防費について説明を求めます。ページ数は112ページから114ページとなります。


 消防長。


○消防長(奥村正光君) それでは、款8消防費について御説明申し上げます。


 項1消防費、目1常備消防費559万4,000円の減額につきましては、前年度はしご車の部分的分解整備費用が減の主なものでございます。


 次に、114ページをお願いします。


 目3災害対策費332万3,000円の増額でございます。これにつきましては、転入者に配布しております非常持ち出し袋の在庫が少なくなったため、作成をさせていただく費用が増の主なものでございます。


 次に、目4消防施設費4,402万9,000円の減額につきましては、平成19年度は救助工作車や普通ポンプ自動車を更新させていただきました。平成20年度は高規格救急車の増車、排気ガス規制による消防団第3分団の小型動力ポンプ付積載車の更新をお願いするものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君)次に、款9教育費について説明を求めます。ページは114ページから124ページとなります。


 教育部長。


○教育部長(伴 祥三君) 款9教育費について御説明申し上げます。114ページをお願いいたします。


 項1教育総務費、目2事務局費1,517万4,000円の減につきましては、学校用務員3人の退職による職員等の管理費の減が主なものとなります。なお、節7賃金におきまして、小・中学校の簡易な修繕を迅速に対応するため、パート職員2名による学校営繕員の配置をお願いいたしております。


 116ページをお願いいたします。


 目3教育指導費675万6,000円の減につきましては、学校図書館ネットワーク事業導入作業が終了したことによりまして、その費用の減、並びに個別指導の対象児童の減による臨時講師1人分の費用の減、それから私立幼稚園の補助事業で私立幼稚園就園奨励費補助金の補助単価のアップ等がございますが、前年実績に基づきまして計上させていただいたことによる補助事業費の減が主なものでございます。また、新規事業といたしまして、学校図書館の読書指導の充実を図るため、新たに読書指導員を小・中学校に各1名配置するための賃金をお願いいたしております。節13では、愛知県フレンドシップ継承事業として、岩倉中学校、南部中学校での国際理解関係の事業を行うための費用をお願いいたしております。


 項2小学校費につきまして御説明申し上げます。


 目1学校管理費1億4,330万円の増につきましては、小学校施設改良費におきまして、北小南館、西館耐震補強工事、南小南館の耐震補強工事並びに防水工事などが主な要因でございます。


 118ページをお願いいたします。


 項3中学校費につきまして御説明申し上げます。


 目1学校管理費につきましては6,915万6,000円の増でございます。これは岩倉中学校の屋内運動場耐震補強工事費、岩中北館屋上防水工事費、また21年度に事業を計画しております岩中北館、南館耐震補強の実施設計委託料の耐震事業費並びに中学校扇風機設置事業による増でございます。


 目2教育振興費につきましては188万6,000円の減でございます。これはコンピューター維持管理事業の消耗品、修繕料等の経常経費等の節減が主な要因でございます。


 次に、項4社会教育費について御説明申し上げます。


 目1生涯学習総務費につきましては149万3,000円の増でございます。これは節11需用費におきまして、学習等共同利用施設中野会館の屋根・外壁塗装の修繕、節13の委託料で父親が家庭や地域にかかわり、子どもと触れ合いを深めていく父親の家庭教育参加促進事業をお願いしております。それらの費用の増が主なものでございます。


 次に、目2公民館費及び目3図書館費の減につきましては、職員等管理費、人件費の減と経常経費の節減によるものでございます。


 目4文化事業費では231万3,000円の増額でございます。本年度新たにフレンドシップ継承事業の一環として、万博メモリアルコンサートの開催費用の増が主なものでございます。また、昨年は市民劇場の人形浄瑠璃文楽を開催させていただきましたが、今年度は文化講演会を予定させていただいております。


 122ページをお願いします。


 目5文化財保護費につきましては、史跡公園にあります鳥居建民家の裏に、各種道具や器具類を保管するための保管庫を設置する費用をお願いするものでございます。


 目6(仮称)生涯学習センター整備費につきましては、再開発ビル内に整備される(仮称)生涯学習センターの公益床の建物取得分といたしまして7億5,929万6,000円をお願いするものでございます。


 次に、項5保健体育費について御説明申し上げます。目1保健体育総務費につきましては、節19負担金補助及び交付金におきまして、いつでもどこでもだれでもが、スポーツに親しむことができる生涯スポーツを実現するための総合型地域スポーツクラブを育成するための育成補助金を新たにお願いしております。また、保健体育総務費につきましては、前年度比較で428万1,000円の減でございますが、これはスポーツ振興委託事業におきまして、前年には4市交歓体育大会の当番市でありましたので、その費用の減と、スポーツ振興事業としてスポーツ講演会が本年には社会教育費での文化講演会となりますので、その事業費の減が主なものでございます。


 目3総合体育文化センター費につきましては、節18備品購入費で車いす対応型の移動型スロープの購入費用をお願いしております。


 124ページをお願いいたします。


 次に、項6給食センター運営費について御説明申し上げます。


 目1給食センター運営費につきましては、737万4,000円の増となっておりますが、これは職員1名の増によるものでございます。


 款9教育費につきましては、以上でございます。よろしくお願いします。


○議長(三輪佳幸君)次に、款10公債費、款11諸支出金、款12予備費と歳入全体及び第2表 債務負担行為及び第3表 地方債について説明を求めます。歳出は124ページ、歳入は14ページから78ページ、第2表、第3表は7ページから8ページとなります。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) それでは、124ページの中段をお願いいたします。


 款10公債費、項1公債費、目2利子につきましては1,491万1,000円の減となっています。これは過去に借り入れた市債の償還が終了したこと及び新規発行する市債の借入額の抑制などにより、減少したものでございます。


 それでは、続きまして歳入に入りますので、恐れ入りますが14ページをお願いいたします。


 款1市税でありますが、市税全体で1.1%増の63億9,200万円の計上をお願いしております。


 項1、目1の個人市民税では、団塊世代の退職及び個人市民税における住宅借入金等特別税額控除等により減額とさせていただいておりますが、目2の法人市民税につきましては、同額とさせていただいております。


 また、項2固定資産税につきましては、土地については微増、家屋については新築増加分による増等を見込みまして6,900万円の増とさせていただいており、市民税全体では7,057万5,000円の増とさせていただいておりますので、よろしくお願いいたします。


 16ページをお願いいたします。


 項3軽自動車税の関係につきましては、100万円の増加を見込ませていただきまして、項4たばこ税につきましては、健康増進促進法の影響などから減額とさせていただきました。


 次に、18ページをお願いいたします。


 項5都市計画税につきましても、固定資産税と同様に家屋の新増築分による増等を見込みまして、1,100万円の増とさせていただいております。


 款2地方譲与税につきましては、それぞれ実績に基づき、項1自動車重量譲与税は同額、項2地方道路譲与税は100万円の減額を計上させていただきました。


 款3利子割交付金及び款4配当割交付金並びに款5株式等譲渡所得割交付金についても、それぞれ実績に基づき計上をさせていただきました。


 款6地方消費税交付金及び款7自動車取得税交付金につきましては、消費の低迷により減額とさせていただきました。


 次に、20ページをお願いいたします。


 款8地方特例交付金につきましては、児童手当の拡大や住宅借入金等特別税額控除実施に伴う、地方公共団体の減収分の補てん見込みにより1,000万円の増とさせていただきました。


 款9地方交付税につきましては、19年度の決算見込みや20年度の地方財政計画を勘案し、また地方財政対策による地方再生対策費なども考慮し、10億5,000万円とさせていただきました。


 款11分担金及び負担金につきましては、児童福祉費負担金では、保育園運営費保護者負担金が減額、土木費負担金では、乙北島藤島線道路改良事業負担金を増額させていただいております。


 次に30ページになりますが、款13国庫支出金では、項1国庫負担金で、児童福祉費負担金が児童手当の拡大により児童手当被用者負担金などが増額されております。


 また34ページ、35ページになりますが、土木費の国庫補助金で、乙北島藤島線住宅市街地基盤整備事業補助金や北街区市街地再開発事業補助金といった土木費国庫補助金や、また36ページ、37ページでは小・中学校の耐震化のための教育費補助金が大きく伸びております。


 次に、38ページでございます。


 款14県支出金につきましては、項1県負担金、節1社会福祉費負担金で、後期高齢者医療保険基盤安定負担金の創設、42ページ、43ページでは、項2県補助金、民生費補助金でございます。


 47ページをお願いいたします。子ども医療費の補助金、そして49ページをお願いいたします。


 第3子保育料の無料化、また50ページ、51ページでは、土木費補助金で北街区市街地再開発事業補助金などにより、それぞれ増額となっております。


 続きまして、76ページをお願いいたします。


 最後に、款20市債でございます。市債につきましては、6,500万円の減額となっております。これにつきましては、新規発行する小・中学校の耐震化等に必要な市債や、平成19年度から継続して行っております(仮称)生涯学習センター整備事業の増額などがありますが、前年度に比べまして臨時地方道路整備事業や乙北島藤島線道路改良事業、(仮称)長瀬公園整備事業の岩倉駅東地下連絡道整備事業等の減によるものでございます。


 それでは恐れ入りますが、8ページにお戻りいただきまして、ここでは第3表 地方債についてでございます。


 清掃運搬施設等整備事業のほか、10事業につきまして、それぞれ限度額、起債の方法、利率、償還方法について列記させていただいております。お目通しをいただきたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。


 それから、1ページに戻っていただきまして、第4条の一時借入金の関係でございますが、地方自治法第235条の3第2項の規定によりまして、一時借入金の最高限度を8億円と定めさせていただいておりますので、よろしくお願いをいたします。


 それから、第5条歳出予算の流用につきましては、従来と同様自治法の規定に基づきまして、流用できる場合は次のとおりということで、各項に計上いたしました給与、職員手当及び共済費に係る予算額に過不足が生じた場合は、同一款内でこれらの経費の各項間の流用をお願いするものでございます。以上でございます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第19号「平成20年度岩倉市国民健康保険特別会計予算」について説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(嶋田 博君) 議案第19号「平成20年度岩倉市国民健康保険特別会計予算」について、御説明させていただきます。143ページをお願いいたします。


 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ45億5,803万9,000円とさせていただくものでございます。


 また、一時借入金の借り入れの最高額は、5,000万円とさせていただいておりますので、よろしくお願いをいたします。


 それでは、歳出から御説明をさせていただきます。166ページをお願いいたします。


 款1総務費、項1総務管理費、目2連合会負担金につきましては、前年度比較10万9,000円の減額で、要因につきましては、負担金の算出基礎であります被保険者数について、75歳以上の高齢者が、後期高齢者医療に移行したことによるものでございます。


 項2徴税費、目1賦課徴収費につきましては、前年度比較745万3,000円の増額で、主な要因につきましては、国保税計算業務において本年度切りかえとなります被保険者証のカード化などのプログラム修正による増となるものでございます。


 款2保険給付費、項1療養諸費につきましては、前年度比較9,184万1,000円の減額で、3.3%減とさせていただいております。医療制度改革によりまして、平成20年度から退職者医療制度が廃止されることに伴い、退職被保険者数等が一般被保険者に移行することにより、一般被保険者療養給付費、療養費で47%の増、退職被保険者等療養給付費、療養費で79.3%減と、それぞれの前年度実績を踏まえ、計上させていただいております。


 次に、168ページをお願いいたします。


 項3葬祭費、目1葬祭費につきましては、前年度比較750万円の減額で、要因としましては、75歳以上の高齢者の方が、後期高齢者医療制度に移行されることにより減となるものでございます。


 次に、項4高額療養費、目1一般被保険者高額療養費で前年度比較6,865万7,000円の増額、及び目2退職被保険者等高額療養費で5,563万6,000円の減額につきましては、療養諸費と同様に退職被保険者等が一般被保険者に移行することにより、それぞれ前年度実績を踏まえ、計上させていただいております。


 款3後期高齢者支援金等、項1後期高齢者支援金等につきましては、後期高齢者医療制度に移行した高齢者の医療給付費を支援するため、ゼロ歳から74歳の被保険者数に4万1,358円を乗じた額5億1,590万円及び事務費拠出金を負担するものでございます。


 次に、款4前期高齢者納付金等につきましては、保険者間の前期高齢者の偏在による負担の不均衡を調整するもの及び事務費拠出金を負担するものでございます。


 次に、款5老人保健拠出金につきましては、前年度比較5億9,979万9,000円の減額となっています。平成20年度から老人保健制度が廃止されることに伴い、平成20年3月分の医療給付費に伴う精算分と前々年度分の精算及び事務費を拠出するものでございます。


 款6介護納付金につきましては、前年度比較3,000万円の減額で、この要因につきましては、精算分に係る1人当たり負担額の減によるものでございます。


 次に、款7共同事業拠出金、項1共同事業拠出金、目1高額医療費共同事業医療費拠出金につきましては、前年度比較1億1,456万9,000円の増で、要因としましては、退職者医療制度廃止に伴う増によるもので、県内市町村の財政安定化を図るため、30万円以上の医療費について市町村が国保連合会へ拠出するもので、拠出金額と同額を歳入の交付金として計上しております。


 次に、170ページをお願いいたします。


 款8保健事業費、項1特定健康診査等事業費につきましては、老人保健法にかわる高齢者の医療の確保に関する法律により、40歳以上の被保険者、被扶養者に対する健診、保健指導の実施が医療保険者に義務づけられたことにより実施するものでございます。


 項2保健事業費につきましては、前年度比較280万4,000円の減額で、主な要因としましては、特定健康診査等実施計画策定業務がなくなったことによるものでございます。


 次に、款11予備費につきましては、前年度比較4,880万円の減額となっており、本年度1,000万円を計上させていただきました。


 歳出合計は45億5,803万9,000円でございます。


 続きまして、歳入について御説明させていただきます。152ページをお願いいたします。


 款1国民健康保険税、項1国民健康保険税、目1一般被保険者国民健康保険税につきましては、前年度比較1%の減で1,382万円の減額で、後期高齢者医療広域連合に75歳以上の後期高齢者が移行すること及び退職者医療制度の廃止により、前期高齢者が一般被保険者に切りかわることにより、1万3,100人の被保険者数を見込んでおります。


 次に、154ページをお願いいたします。


 目2退職被保険者等国民健康保険税につきましては、前年度比較83%減の3億5,567万7,000円の減額で、65歳以上の退職被保険者等の一般被保険者への移行により、500人の被保険者数を見込んでおります。


 次に、158ページをお願いいたします。


 款3国庫支出金、項1国庫負担金、目3特定健康診査等負担金につきましては、保険者が実施することになりました特定健康診査等事業費に対する国庫負担分を計上するものでございます。


 次に、款5前期高齢者交付金につきましては、前期高齢者に係る給付費及び後期高齢者支援金について、保険者間の前期高齢者の偏在による負担の不均衡を調整するもので、調整対象基準額が上回ることとなるため、交付金を計上するものでございます。


 次に、160ページをお願いいたします。


 款6県支出金、項2県負担金、目2特定健康診査等負担金につきましては、特定健康診査等に対する県負担金を計上するものでございます。


 次に、162ページをお願いいたします。


 款8繰入金、項1繰入金、目1繰入金につきましては、前年度比較391万5,000円の減額で、法定繰入金のほか、その他繰入金として被保険者1人当たり4,200円、及び新たに特定健診分として2,149万9,000円を計上をしてございます。


 次に、款9繰越金9,341万1,000円につきましては、財源調整のため計上してございます。


 歳入合計につきましては45億5,803万9,000円でございます。なお、給与費明細書につきましては、172ページから178ページにかけて示させていただいておりますので、以上よろしくお願いをいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第20号「平成20年度岩倉市老人保健特別会計予算」について説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(嶋田 博君) 議案第20号「平成20年度岩倉市老人保健特別会計予算」について、御説明をさせていただきます。


 181ページをお願いいたします。


 この老人保健特別会計予算につきましては、医療制度改革により平成20年4月から老人保健制度が廃止されまして、後期高齢者医療制度となります。このため、20年度予算につきましては、医療給付費は20年3月分の1カ月分、支給費は20年2月、3月分の2カ月分及び関連経費を計上させていただいておりますので、よろしくお願いをいたします。


 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2億6,069万2,000円とさせていただくものでございます。


 それでは、歳出から御説明をさせていただきます。196ページをお願いいたします。


 款2医療諸費、項1医療諸費、目1医療給付費につきましては、前年度比較24億6,280万1,000円の減額で、3月診療分の1カ月分を計上するものでございます。


 目2医療費支給費につきましては、前年度比較6,253万9,000円の減額で、2月診療分、3月診療分の2カ月分を計上するものでございます。


 款3諸支出金、項2繰出金、目1一般会計繰出金につきましては、前年度比較1,073万6,000円の増額で、老人保健制度の廃止に伴い、会計で持つ剰余金総額1,373万6,000円のうち、300万円を残し、残りを一般会計に繰り出すものでございます。


 歳出合計として2億6,069万2,000円でございます。


 続いて、歳入につきまして御説明をさせていただきます。190ページをお願いいたします。


 款1支払基金交付金、款2国庫支出金、款3県支出金につきましては、歳出の医療給付費及び医療費支給費等に係る老人保健法に基づく負担割合により計上するものでございます。


 次に、192ページをお願いいたします。


 款4繰入金、項1一般会計繰入金につきましては、老人保健法に基づく医療費負担分及び事務費分について計上するものでございます。


 款5繰越金につきましては、前年度繰越金を充当させていただいております。


 歳入合計としまして2億6,069万2,000円でございます。


 以上、よろしくお願いをいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第21号「平成20年度岩倉市土地取得特別会計予算」について説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 199ページをお願いいたします。


 議案第21号「平成20年度岩倉市土地取得特別会計予算」について、御説明をさせていただきます。


 歳入歳出予算の総額は1億298万7,000円であります。


 初めに、歳出から説明をさせていただきます。210ページをお願いいたします。


 歳出についての主なものにつきましては、款1、項1、目1土地取得費といたしまして、都市計画街路桜通線と市道南903号線のそれぞれの道路用地の購入費といたしまして3,133万9,000円と、土地の確定分筆測量費といたしまして45万8,000円を計上させていただいております。


 また、款2土地開発基金へは繰出金といたしまして、7,119万円をお願いしているものでございます。


 次に、208ページをお願いいたします。


 歳入につきましては、款1財産収入、項1財産運用収入、目1利子及び配当金で、土地開発基金の預金利子といたしまして369万2,000円、項2財産売払収入、目1土地売払収入で、都市計画街路事業北島藤島線用地買収の代替地として、曽野町下街道19番の374平方メートルを4,342万2,000円、駅東地区北街区市街地再開発事業として、本町神明西1番10の198.1平方メートルを2,407万3,000円で売却するものでございます。


 以上でございます。よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第22号「平成20年度岩倉市学校給食費特別会計予算」について説明を求めます。


 教育部長。


○教育部長(伴 祥三君) それでは、議案第22号「平成20年度岩倉市学校給食費特別会計予算」について、御説明申し上げます。


 213ページをお願いいたします。


 平成20年度岩倉市学校給食費特別会計歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億8,707万6,000円でございます。今年度は、平成10年7月に改定をお願いして以来、10年近く給食費を据え置きさせていただきましたが、原油価格の高騰などの影響による急激な賄い材料等の値上がりのために、給食の基本である食の安全を図るための国内産の使用、栄養バランス、児童・生徒の嗜好に考慮した献立内容の維持が困難な状況となりましたので、本年4月から小学校、中学校ともに1食当たり20円の値上げをお願いし、小学校220円、改定率10%、中学校250円、改定率8.7%にそれぞれ改定させていただくものでございます。


 歳出の説明をさせていただきます。224ページをお願いします。


 款1保健厚生費、項1学校給食費、目1給食費につきましては1,444万5,000円の増であります。増の理由といたしましては、前年度に比較して1食当たり20円の増により、主食費、原材料費を計上させていただいたためであります。節13委託料7,617万3,000円につきましては、主食代としてパン、米飯、ソフト麺給食に係る予算でございます。


 給食回数は小学校190回、中学校193回でございます。節16原材料費につきましては1億1,090万3,000円でございますが、これにつきましては副食調味料代で、おかずに係る予算でございます。


 次に222ページ、歳入をお願いいたします。


 款1分担金及び負担金、項1負担金、目1負担金につきましては1,444万5,000円の増でございます。この増につきましては、さきに御説明させていただきました、今回改正をお願いいたしております給食費を1食当たり小学校220円、中学校250円により4月から算定させていただき、計上させていただきました。節1負担金につきましては、1億8,707万2,000円で、小学校給食費は1億2,190万円、中学校給食費では6,517万2,000円でございます。また、学校市職員の給食費につきましては、本来、給食費1食当たりの経費分150円を加算しておりましたが、過去5年間の経費の実績が1食当たり140円となりましたので、今回から小学校では1食360円、中学校では390円とさせていただくものでございます。節2過年度収入は1,000円でございます。


 次に、繰越金、預金利子、雑入はそれぞれ1,000円でございます。


 歳入合計といたしまして1億8,707万6,000円でございます。


 以上でございます。よろしくお願い申し上げます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第23号「平成20年度岩倉市公共下水道事業特別会計予算」について説明を求めます。


 建設部長兼水道部長。


○建設部長兼水道部長(野杁二三夫君) 議案第23号「平成20年度岩倉市公共下水道事業特別会計予算」について説明をいたします。227ページをお開きいただきたいと思います。


 歳入歳出予算総額は、それぞれ12億4,552万6,000円であります。前年に比べて1,581万6,000円の増額となっております。


 歳出から御説明をさせていただきます。242ページをお開きいただきたいと思います。


 歳出の項目の款2下水道建設費、項目とも下水道建設費であります。284万4,000円の増であります。主な要因としては、浸水対策事業として南小学校に地下貯留施設を設置するための導水管設置工事を行うための計上であります。平成20年度の面整備の工事面積は前年度と同額となっており、面積は6.5ヘクタールの施工を予定しております。


 款3の公債費元金1,592万8,000円の増については、地方債借入額の増額によるものであります。


 次の244ページをお開きいただきたいと思います。


 公債費の利子が283万2,000円の減となっております。これは一時借入金の借り入れ期間を前年度より短く計上したためであります。


 歳出合計については12億4,552万6,000円であります。


 続いて、歳入を御説明させていただきます。236ページをお開きいただきたいと思います。


 款1分担金及び負担金、項1負担金、目1公共下水道事業負担金でありますが1,543万1,000円の減であります。これについては、受益者負担金の賦課面積が前年度10ヘクタールから本年度は6.1ヘクタールに変わったことによるものであります。


 款2使用料及び手数料、項1使用料、目1下水道使用料については、公共下水道の使用者増による、使用料の増加によるものであります。


 次に、238ページをお開きいただきたいと思います。


 款3国庫支出金、項1国庫補助金、目1下水道事業国庫補助金1,030万円の増については、先ほど説明させていただきました南小学校地下貯留地施設導水路工事の公共下水道事業補助金であります。


 款5繰入金、項1一般会計繰入金、目1一般会計繰入金1,867万3,000円の増ですが、これについては、主な要因は歳入の受益者負担金が前年度と比較して減額になったことにより、歳出の公債費元金の増額によるものであります。


 歳入合計については12億4,552万6,000円となっております。


 続きまして、230ページをお開きいただきたいと思います。


 第2表 地方債の起債の目的、限度額はこの表のとおりであります。利率については、財政投融資資金貸付金金利に基づいて算出しておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第24号「平成20年度岩倉市介護保険特別会計予算」について説明を求めます。


 福祉事務所長。


○福祉事務所長(井筒洋一君) それでは、議案第24号「平成20年度岩倉市介護保険特別会計予算」につきまして、御説明申し上げます。


 253ページをお願いいたします。


 歳入歳出予算の総額は、それぞれ17億5,303万8,000円と定めるものでございます。


 それでは、歳出から説明をさせていただきますので、270ページをお願いいたします。


 款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、前年度対比376万1,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、職員管理費における人件費の増によるものでございます。


 項2徴収費、目1賦課徴収費につきましては、2万9,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、賦課徴収に使用する各種通知書などの郵送料の増加などが主な理由でございます。


 項3介護認定審査会費、目1介護認定審査会費につきましては45万4,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、認定審査会の回数を実績に合わせて減らさせていただいたことが主な理由でございます。


 項4認定調査費、目1認定調査費につきましては65万1,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、認定のために必要な主治医意見書の作成を、実績に合わせて減らさせていただいたことが主な理由でございます。


 項5趣旨普及費、目1趣旨普及費につきましては36万1,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、第4期高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画の市民への周知用パンフレットの作成が主な理由でございます。


 款2保険給付費、項1保険給付費につきましては、第3期介護保険事業計画を策定いたしておりますが、その中で利用者数やサービス利用料を推計し積算をいたしております。また、実績等を勘案し、保険給付費全体では前年度対比3.8%増の5,741万1,000円の増額をお願いいたしております。


 272ページをお願いいたします。


 款3地域支援事業費、項1介護予防事業費につきましては422万8,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、この間の医療制度改革の一環として、生活機能評価を介護予防事業で取り組むことになったのが主な理由でございます。


 項2包括的支援事業・任意事業等費、目1包括支援事業・任意事業等費681万円の増額、目2地域生活支援福祉事業費511万円の減額につきましては、委託料の予算の組みかえをしましたことが主な理由でございます。


 款4財政安定化基金拠出金、項1財政安定化基金拠出金につきましては、前年と同額の161万8,000円を計上いたしております。


 款5基金積立金、項1基金積立金につきましては、介護給付準備基金に元利金1,170万9,000円を積み立てるものでございます。


 款6諸支出金、項1償還金及び還付金につきましては、第1号被保険者保険料還付金60万円、償還金につきましては、財政安定化基金借入金、借入償還金650万円、国庫負担金等過年度還付金1,000円の頭出し、及び一般会計への繰出金が生じた場合に対応するために1,000円の頭出しをお願いいたしております。


 款7予備費、項1予備費100万円につきましては、前年度と同額を計上させていただきました。


 続きまして、歳入を説明させていただきますので、262ページをお願いいたします。


 款1介護保険料、項1介護保険料、目1第1号被保険者保険料につきましては、高齢者数を8,781人と見込み計上をさせていただきました。


 款2分担金及び負担金、項1負担金、目1負担金につきましては、食の自立支援事業負担金1,423万1,000円を計上いたしております。


 款3国庫支出金、項1国庫負担金、目1介護給付費負担金については、居宅介護等給付費の20%、施設給付費については15%で計上をいたしております。


 同じく項2国庫補助金、目1調整交付金につきましては、保険給付費総額の0.82%で計上をいたしております。


 目2地域支援事業交付金につきましては、介護予防事業分は25%、包括的支援・任意事業分は40.5%で計上をいたしております。


 264ページをお願いいたします。


 款4県支出金、項1県負担金、目1介護給付費負担金につきましては、居宅介護等給付費の12.5%、施設給付費については17.5%で計上いたしております。


 同じく項2財政安定化基金支出金、目1交付金及び目2貸付金につきましては、それぞれ1,000円の頭出しとなっております。


 同じく項3県補助金、目1地域支援事業交付金につきましては、介護予防事業分は12.5%、包括的支援・任意事業分は20.25%で計上いたしております。


 款5支払基金交付金、項1支払基金交付金、目1介護給付費交付金については、第2号被保険者に係る保険料を支払基金から交付されるもので、保険給付費総額の31%を計上いたしております。


 同じく目2地域支援事業交付金については、介護予防事業分31%で計上いたしております。


 266ページをお願いいたします。


 款6財産収入、項1財産運用収入、目1利子及び配当金については、介護給付費準備基金の預金利子を見込むものでございます。


 款7繰入金、項1繰入金、目1繰入金については、節1の一般会計繰入金のうち、介護給付費負担金として保険給付費総額の12.5%で計上いたしております。事務費繰入金については、介護認定審査会費、認定調査費に係る費用をお願いいたしております。職員給付費等繰入金につきましては、7人分の経費をお願いいたしております。そのほか、一般会計繰入金として事務管理費、賦課徴収被保険者等をお願いいたしております。地域生活支援福祉事業繰入金については、介護予防事業、包括支援事業・任意事業、地域生活支援福祉事業についてお願いをいたしております。同じく節2基金繰入金につきましては、介護給付費準備基金繰入金の1,000円の頭出しとなっております。


 268ページをお願いいたします。


 次に、款8繰入金については1,000円の頭出しをいたしており、款9諸収入につきましては、前年度同様それぞれの節で1,000円の頭出しをお願いいたしております。


 以上、歳入歳出同額の17億5,303万8,000円をお願いいたしております。また、給与費明細書を276ページ以降につけさせていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第25号「平成20年度岩倉市後期高齢者医療特別会計予算」について説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(嶋田 博君) 議案第25号「平成20年度岩倉市後期高齢者医療特別会計予算」について、御説明をさせていただきます。285ページをお願いいたします。


 この後期高齢者医療特別会計予算につきましては、医療制度改革により75歳以上の方は、愛知県後期高齢者医療広域連合による後期高齢者医療制度に加入することになりますが、後期高齢者医療の事務のうち保険料の徴収、各種申請書等の受け付けなど、市において行う事務の必要があることから、関連経費等について予算を計上させていただいておりますので、よろしくお願いをいたします。


 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ3億9,405万1,000円とさせていただくものでございます。


 それでは、まず歳出から御説明をさせていただきます。298ページをお願いいたします。


 款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、事務的経費を計上するものでございます。


 項2徴収費、目1賦課徴収費につきましては、保険料の徴収に係る経費を計上するものでございます。


 款2分担金及び負担金、項1広域連合負担金、目1広域連合負担金につきましては、後期高齢者に賦課される保険料及び保険基盤安定繰入金について、広域連合に負担するため計上するものでございます。


 款3諸支出金、項1償還金及び還付金、目1保険料還付金につきましては、頭出しでございます。


 歳出合計としまして3億9,405万1,000円でございます。


 続いて、歳入について御説明をさせていただきます。294ページをお願いいたします。


 款1後期高齢者医療保険料、項1後期高齢者医療保険料、目1後期高齢者医療保険料につきましては、被保険者数3,689人に対して、所得割率7.43%、均等割額4万175円で賦課される保険料を計上するものでございます。


 款2繰入金、項1繰入金、目1一般会計繰入金につきましては、事務費繰入金及び保険基盤安定繰入金を計上するものでございます。


 款3諸収入、項1延滞金及び過料、項2償還金及び還付金、項3預金利子につきましては、それぞれ頭出しをお願いするものでございます。


 歳入合計としまして3億9,405万1,000円でございます。


 以上、よろしくお願いをいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第26号「平成20年度岩倉市上水道事業会計予算」について説明を求めます。


 建設部長兼水道部長。


○建設部長兼水道部長(野杁二三夫君) 議案第26号「平成20年度岩倉市上水道事業会計予算」について、御説明させていただきます。301ページをお願いいたします。


 予算第2条におきましては、平成20年度における年間業務予定量をそれぞれ示させていただいております。


 第3条において、収益的収入及び支出の予定額は、収入は6億9,602万2,000円、支出は6億9,555万3,000円と定めさせていただくものであります。項目別の内訳につきましては、317ページをお開きいただきたいと思います。


 款1水道事業収益から説明をさせていただきます。


 項1営業収益、目1給水収益については1,369万8,000円の増であります。これについては、漏水調査の成果により有収水量の増加を見込んだものであります。


 項2営業外収益、目1受取利息及び配当金につて324万2,000円の増であります。主な要因については、預金利率の上昇と国債運用などによる資産価値によるものであります。


 続きまして、目2他会計補助金については59万円の減であります。これについては、企業債の返済が済み、企業債利息の2分の1の市の補助をいただいておりますが、企業債利息が減額したことによる市補助金の減額になったものであります。


 目3雑収益244万2,000円の増であります。これについては、権利保留のための預かりメーターを修繕し、新規加入申込者に貸与するメーターとして、有効活用することによって生ずる評価益を計上したものであります。


 続きまして、319ページの支出の説明をさせていただきます。


 1水道事業費用のうちの項1営業費用、目1原水及び浄水費363万6,000円の減であります。主な要因については、水源一般修繕費の減、基本水量の見直し等によるものであります。


 次のページをお願いいたします。


 目2配水及び給水費1,197万8,000円の増です。主な要因については、配水施設等運転管理業務の民間委託、市内全域197キロメートルの給水管路の漏水調査、配水施設7カ所の耐震診断であります。今回の民間委託に当たり、水道課施設関係職員は5名から2名になります。


 続いて、323ページをお開きいただきたいと思います。


 受託工事費等については変更ありません。


 次に、324ページをお開きいただきたいと思います。


 目4総係費1,215万1,000円の増であります。主な要因は、検針徴収総合業務委託です。この業務委託に伴い、関連の臨時職員、嘱託職員、検針員の費用を減額しております。また、水道課業務関係職員は5人から4人になります。


 327ページをお開きいただきたいと思います。


 目5減価償却費936万8,000円の増であります。主な要因は、平成19年度に入れさせていただきました配水電気設備改修に伴う機械及び装置に関する減価償却費の増であります。


 続きまして、項2の営業外費用、目1支払利息及び企業債取扱費153万7,000円の減です。これについては、企業債が減少したことによる減であります。


 項3特別損失、目1過年度損益修正損200万円の増です。平成20年度の損益修正によって、今回1,200万円を損益修正によって時効期限2カ年以上を経過した未収金の処理は20年度ですべて終わることになります。


 次に、301ページに戻っていただきたいと思います。


 第4条の資本的収入と支出予定額について、説明させていただきます。


 資本的収入については、第4条2億2,800万3,000円、支出については4億265万7,000円です。項目ごとの説明をさせていただきますので、もう一度330ページをお開きいただきたいと思います。


 款1資本的収入の項1給水負担金及び項2工事負担金については、給水申し込み、給水工事下水道等の指定工事費の見込みを計上させていただいております。


 332ページをお開きいただきたいと思います。


 款1資本的支出のうちの項1建設事業費、目1配水設備改良費7,565万7,000円の増であります。主な要因は工事費で、東町曽野北水源施設の建てかえ工事、水源減菌設備改修工事、岩倉団地給水塔の耐震補強工事、設置後40年を経過しております岩倉団地配水機場の自家発電設備の改修工事などであります。以後については変更ありません。


 302ページにお戻りいただきたいと思います。


 予算第5条起債、第6条一時借入金、第7条職員給与費に係る経費の流用、第8条他会計補助金、第9条棚卸し資産購入限度額などにつきまして、それぞれ額を定めさせていただいておりますので、お願いをいたします。


 以上、302ページ以降に、この予算に関する事項別の資料といたしまして、実施計画書、資金計画書、給与明細書などを添付させていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。


 以上、平成20年度の予算の説明とさせていただきます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第27号「岩倉駅東地下連絡道(人工地盤)整備工事請負契約の変更について」説明を求めます。


 建設部長兼水道部長。


○建設部長兼水道部長(野杁二三夫君) 議案第27号「岩倉駅東地下連絡道(人工地盤)整備工事請負契約の変更について」議案の説明をさせていただきます。


 岩倉駅東地下連絡道(人工地盤)整備工事については、平成19年6月7日に一般競争入札により執行し、6月議会の議決をいただき6月20日に契約を締結し、現在工事を進行中であります。工事に関して不測の日数を費やしたことから、工期を延長するための契約変更をお願いするものであります。


 主な理由といたしましては、鉄道建設によることで夜間工事についての名鉄との協議、また極力夜間施工に伴う住民生活への影響を避けるために協議をし、夜間工事を減らしました。また、他工事の影響による作業区域、作業時間の制約等があり、想定外の日数を要したものであります。今回の金額の変更については、夜間工事等の変更その他諸工事等の変更を見込みまして提案をさせていただいております。よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第28号「岩倉市道路線の廃止について」説明を求めます。


 建設部長兼水道部長。


○建設部長兼水道部長(野杁二三夫君) 議案第28号「岩倉市道路線の廃止について」、道路法第10条第3項の規定に基づいて、次のとおり廃止するものとする。


 議案の内容について、説明をさせていただきます。


 廃止する路線については、市道北174号線、岩倉市八剱町十二田地内、起点・終点ともに十二田地内でありますが、廃止する路線の道路延長は101.5メートル、幅員は5.1メートルから5.6メートル。面積は518.9平米であります。今回廃止をお願いする十二田地区の、この道路については、開発行為申請が計画され、関係地権者より道路用排水路のつけかえの協議が提出されております。事前申請であります農振農用地の解除に係る愛知県の事前回答は、2月5日付で了承されております。この路線の廃止を地元の八剱町区も同意をし、区域内にある道水路の同面積は、市道北115号線と市道北60号線に確保することで協議をしております。


 この道路線の廃止については、告示日から施行します。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 以上をもって議案第2号から議案第28号までの提案説明を終わります。


 本日はこれをもって散会いたします。


 次回は3月7日午前10時から再開いたします。


 どうも御苦労さまでした。


      午後2時51分 散会