議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 岩倉市

平成19年第1回定例会(第 1号 3月 5日)




平成19年第1回定例会(第 1号 3月 5日)




 平成19年3月(第1回)岩倉市議会定例会


 ─────────────────────



 平成19年3月5日(月)


 午前10時   開 会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 施政方針説明


日程第5 議案第1号から議案第4号までの上程、提案説明


     (議案精読)


     議案第1号から議案第4号までの質疑、採決


日程第6 議案第5号から議案第31号までの上程、提案説明


日程第7 議員提出議案第1号及び議員提出議案第2号の上程、提案説明、採決


 ─────────────────────


〇本日の会議に付した案件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 施政方針説明


日程第5 議案第1号から議案第4号までの上程、提案説明


     (議案精読)


     議案第1号から議案第4号までの質疑、採決


日程第6 議案第5号から議案第31号までの上程、提案説明


日程第7 議員提出議案第1号及び議員提出議案第2号の上程、提案説明、採決


 ─────────────────────


〇出席議員(22名)


        1番  井 上 博 彦


        2番  石 黒 栄 一


        3番  高 桑 敏 直


        4番  加 納 のり子


        5番  山 田 隆 彦


        6番  井 上 敏 樹


        7番  柴 山 淳太郎


        8番  須 藤 智 子


        9番  松 浦 正 隆


        10番  大 島 昇 一


        11番  関 戸 八 郎


        12番  伊 藤 隆 信


        13番  柴 田 啓 一


        14番  馬 路 康 子


        15番  安 田   豊


        16番  桝 谷 規 子


        17番  木 村 冬 樹


        18番  横 江 英 樹


        19番  岸   孝 之


        20番  三 輪 佳 幸


        21番  塚 本 秋 雄


        22番  宮 川   隆


 ─────────────────────


〇欠席議員(0名)


 ─────────────────────


〇説明のため出席した者


   市     長  石 黒 靖 明


   助     役  赤 堀 俊 之


   教  育  長  井 上   剛


   総 務 部 長  長 瀬 章 一


   建 設 部 長  野 杁 二三夫


   市 民 部 長  井 上   勇


   福祉事務所長   井 筒 洋 一


   教 育 部 長  伴   祥 三


   消  防  長  奥 村 正 光


   水 道 部 長  桜 井 竹 雄


   行 政 課 長  松 田 喜 澄


 ─────────────────────


〇職務のため出席した事務局職員


   議会事務局長   大 西 富美男


   主    幹   森 島 克 己








      午前10時01分 開会


○議長(岸 孝之君) ただいまの出席議員は22名であります。


 したがいまして、定足数に達しておりますので議会は成立をいたします。


 これより平成19年3月第1回岩倉市議会定例会を開会いたします。


 地方自治法第121条の規定により、議案等の説明者として、当局側の出席を求めております。


 議事は、お手元に配付してあります議事日程表に従い、進めさせていただきます。


 ─────────────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(岸 孝之君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第76条の規定により、議長において指名をいたします。11番関戸八郎議員、12番伊藤隆信議員を指名いたします。


 ─────────────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(岸 孝之君) 日程第2、3月定例会の会期の決定についてを議題とします。


 本件について、議会運営委員会が開催されておりますので、報告を求めます。


 議会運営委員長、20番三輪佳幸議員。


○議会運営委員長(三輪佳幸君) 20番三輪です。


 去る2月26日午前10時半より、議会運営委員会を開催いたしました。平成19年3月第1回岩倉市議会定例会の会期について審議いたしましたので、御報告を申し上げます。


 審議の結果、本定例会の会期につきましては、本日3月5日から3月22日までの18日間とすることに決しております。


 以上、報告を終わります。


○議長(岸 孝之君) 報告が終わりました。


 お諮りします。


 本定例会の会期は、ただいま委員長の報告のとおり、本日から22日までの18日間とすることに御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) 御異議なしと認めます。よって、会期は18日間とすることに決しました。


 ─────────────────────





◎日程第3 諸般の報告





○議長(岸 孝之君) 日程第3、諸般の報告を行います。


 議長会等が開催されていますので、その概要と監査報告を議席に配付し、報告にかえさせていただきます。


 ─────────────────────





◎日程第4 施政方針説明





○議長(岸 孝之君) 日程第4、施政方針の説明に入ります。


 市長の発言を許します。


 登壇してください。


     〔市長石黒靖明君 登壇〕


○市長(石黒靖明君) 平成19年第1回岩倉市議会定例会の開会に当たりまして、新年度の私の市政運営に対する基本方針を申し上げ、市民の皆様、並びに議員各位の御理解と御協力を賜りたいと思います。


 昨年は市制35周年の記念として、NHKの公開放送や岩倉市史現代の発刊など、多くの市民の皆様に御協力をいただき、これらの事業を進めることができましたことに心から感謝申し上げます。


 また、私たちの長年の夢でありました山内一豊の出世物語が、NHK大河ドラマ「功名が辻」として放映されました。これを契機に、市民の皆様とともに、岩倉城主織田伊勢守や山内一豊公を郷土の誇りとして、さらに末永く顕彰をしていきたいと考えます。


 さて、平和の祈りを込めた21世紀も7年目を迎えましたが、世界経済の着実な回復が続く中、いまだに民族・宗教などが原因での紛争や、過激派による国際テロが頻発し、人々の努力とは裏腹に、人権尊重を基調とした恒久平和への道のりは遠い状況にあります。


 このような世界情勢の中、我が国の経済は、昨年11月にいざなぎ景気を超えたと言われておりますが、暮らしが豊かになったとだれもが実感できるまでには至っていない現状であり、今年こそはの感がございます。


 一方、地方自治体を取り巻く環境は、地方分権の推進や少子・高齢化などによる社会保障費の増加等により、依然として非常に厳しい状況に置かれております。


 平成19年度における政府の一般会計予算案は、昨年度当初比4.0%増の82兆9,088億円となっています。このうち、国の政策に充てる一般歳出は1.3%増の46兆9,784億円となり、歳入歳出とも2年ぶりの増加となりました。予算編成の基本であります「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006」では、今後5年間の新たな改革に向けた出発点となる重要な予算であり、これまでの財政健全化の努力を今後とも継続していく。このため、引き続き歳出全般にわたる徹底した見直しを行い、歳出の抑制と予算の重点化・効率化を実施するとしていることから、地方にも同様の歳出改革の努力を求める厳しいものとなっています。地方財政計画における歳入歳出規模は、前年度当初比0.03%減の83兆1,261億円で、6年連続の減になっています。これは、社会保障関係経費や退職手当などの自然増がある中で、「基本方針2006」に沿って職員の定員抑制や給与体系の見直し、並びに投資的経費の削減等による地方歳出を厳しく見直したことによるものであります。


 歳入においては、平成18年度と同様、安定的な財政運営に必要な地方一般財源の総額を確保するとされたことから、三位一体の改革により、税源移譲される地方税や地方交付税、臨時財政対策債などの一般財源総額は前年度を5,134億円上回る59兆2,266億円とされました。


 このような状況を踏まえ、本市の平成19年度予算編成に当たりましては、第3次岩倉市総合計画と岩倉市行政改革集中改革プランに意を尽くしながら、私の政治目標である「改革と前進」を基本といたしました。


 新年度におきましては、人件費の抑制、事業の縮減・廃止、経常経費の削減など、過去の慣例にとらわれることなく徹底した歳出改革に取り組むとともに、安全・安心のまちづくりや岩倉駅東地区北街区市街地再開発事業等の都市基盤整備に力点を置くなど、事業の選択と重点化を行い、厳しい財政状況に対処した予算配分をいたしました。


 本市の平成19年度一般会計予算案の総額は126億5,500万円で、平成18年度当初予算比8.6%の増となっています。これは、主に北街区市街地再開発事業工事着手及び公園用地の取得事業などによるものであります。


 歳入では、税制改正による定率減税の廃止や三位一体の改革に伴う税源移譲により、個人市民税が大幅に増加するとともに、固定資産税、都市計画税などが前年度を上回ることから、市税全体では63億2,143万円で12.1%の増を見込みました。地方交付税につきましては、市税の増収見込みや地方財政計画などを踏まえ、11億2,000万円で13.1%減といたしました。市債では、北街区市街地再開発事業などの借り入れにより10億5,480万円で41.5%と大幅な増になっていますが、そのうち臨時財政対策債は4億5,000万円と8.2%の減を見込んでいます。一方、所得譲与税は税源移譲に伴い廃止され、市民税減税補てん債についても、定率減税の廃止により全額を削減しております。また、子育て支援として行われます児童手当の拡大により必要となる財源につきましては、地方特例交付金の増額により補てんされる見込みであります。なお、公共料金につきましては、市民の皆様の生活を守るため原則として据え置きました。


 それでは、平成19年度において推進いたします四つの重点施策と、主な新規事業などについて申し上げます。


 第1は、「安全・安心のまちづくりの推進」でございます。


 だれもが安全で安心して暮らせる地域社会の実現は、行政の使命であり、まちづくりの原点であると考えます。


 昨年、本市は幸いにも台風や水害などの自然災害に襲われることもなく過ぎました。しかし、国内外を見れば天災によって毎年のように多大な被害が生じております。新年度は、平成17年度に策定しました雨水整備計画に基づき、南小学校周辺の浸水被害対策として、南小学校に雨水の地下貯留施設を設置するための設計を行ってまいります。また、神野地区などの浸水を解消するため、昨年度設計をいたしました一宮春日井線排水路布設工事に着手する等、浸水対策の強化を図ってまいります。


 地震などの防災対策では、小・中学校校舎耐震診断に基づき学校施設耐震化事業として、順次耐震補強工事をいたします。新年度につきましては、北小学校南館の耐震補強工事のための実施設計を行ってまいります。また、昨年度に引き続き、橋梁耐震補強事業などのほか、公民館や岩倉団地給水塔等の耐震診断を実施いたします。さらに、民間の建物や公共施設の耐震化を図るための基礎となる耐震改修促進計画を策定いたします。このほか、避難所の資機材を充実するため、各小学校に高齢者や障害者など、災害時要援護者の避難生活支援を目的として、避難所用間仕切りユニット等を整備してまいります。なお、火災時の消防機能をより高めるため、救助工作車や普通消防ポンプ車の買いかえなどを行います。今後とも自助・共助・公助の精神を基本に、市民の皆様と連携をしながら、いつ起こってもおかしくないと言われている地震などの自然災害に、万全の備えで臨んでまいりたいと思います。


 防犯対策につきましては、「安全・安心なまち宣言」に基づき、地域安全パトロール隊など市民総ぐるみの犯罪撲滅活動とともに、防犯灯の設置等を引き続き進めてまいります。また、長年の懸案でありました岩倉幹部交番の移転が完了いたしました。岩倉の守りをさらに強固なものにしていただくようお願いするとともに、関係者の皆様の御努力に感謝を申し上げます。


 交通安全対策では、交通事故は、被害者は当然、加害者も被害者というどちらも被害者の精神を基本に、市民の皆様への啓発を強化するとともに、区画線引きや防護さく設置など道路環境の整備を行い、交通事故防止に努めてまいります。


 これらのほか、より良質で安定した水道水を供給するため、配水場の電気設備の改修などを実施してまいります。


 第2は、「岩倉駅東地区再開発事業の推進」であります。


 本市の新しい顔として、また中心市街地活性化の核となります北街区市街地再開発事業は、昨年12月に県知事から権利変換計画が認可され、現在一部建物の解体工事が始まっています。新年度につきましては、組合による再開発ビルの躯体工事や、駅前広場などの工事への支援のほか、市施工による地下連絡道の整備を行います。


 また、手狭になっています公民館にかわり、再開発ビルの2階に本市の生涯学習活動を推進するための拠点施設となります(仮称)生涯学習センター整備のための土地を取得してまいります。


 昭和58年度に岩倉駅東地区市街地再開発等調査を行って以来、24年が経過いたしましたが、関係者の皆様の地道な努力が実を結び、建設工事に着手することができました。今後もこの事業が着実に推進するよう、引き続き全力を挙げて支援をしてまいります。


 なお、再開発ビル完成までにはまだ2年余りの年数が必要です。この間、市民の皆様には何かと御迷惑をおかけいたしますが、御理解と御協力を賜りますようにお願いを申し上げます。


 第3は、「行財政改革の断行」であります。


 今、まさに地方分権改革が進む中、みずからの責任と判断でまちづくりを競い合う都市間競争の時代が始まっております。


 私は、これまで地方分権改革や医療費などの社会保障費の増加等により財政状況が一層厳しくなっていく中で、将来にわたって自主・自立した持続可能な岩倉市を確立するために、職員の減員や事務事業の見直し、民間委託等を行い、行財政改革に努めてまいりました。


 今後も岩倉市行政改革集中改革プランに基づき、最少の経費で最大の効果を上げることができるよう、さらに改革を怠ることなく推進いたします。


 新年度では、最低限の職員補充に努めるとともに、人件費に係る地域手当につきましては、国の制度改革により3%の支給率が示されておりますが、これまでの10%から8%に削減することを初め、事務事業の見直しや、昨年の南部老人憩の家に引き続き、老人憩の家の民間委託などを行ってまいります。これにより、新年度の削減総額は2億7,672万円であります。


 このほか、現在、市民参画で議論をいただいております補助金の検討につきましては、新年度中に一定の方向性を示していきたいと考えております。


 なお、今後予想される新たな行政課題に対処するため、改革できるものは年度途中においても実行していきますので、市民の皆様にはさらなる協働の精神で御協力をお願いいたします。


 第4は、「少子化対策の推進」であります。


 少子化対策では、何よりも行政に求められていますのは、子どもを産み育てたいと願う人たちが安心して出産し、子どもたちが安全で安心して伸び伸びと育っていくことができる総合的な施策をさらに充実していくことであると考えます。新年度では、妊娠中の母子の健康を守るため、妊婦健康診査の充実を図るとともに、次世代育成支援行動計画の一つとして「つどいの広場事業」を東部保育園で立ち上げ、子育て中の方が気軽に集い、相互交流などができる場づくりを行ってまいります。


 また、下寺保育園で実施しています休日保育の受け入れを一般児童までに拡充いたします。


 このほか、県補助事業として、新たに同時入園にかかわらず3人目以降の2歳児までの保育料が無料化になりますので、これにあわせて本市の制度を拡充するとともに、児童手当の乳幼児加算や私立幼稚園就園奨励費補助金の引き上げにつきましては、国の制度改正にあわせて適切に対応してまいります。


 なお、市単独でできる施策には限りがあるため、必要なことは国・県へ要望をし、努力をしていきます。


 次に、主な新規事業などについて御説明をいたします。


 まず、健康・福祉であります。


 健康事業につきましては、「健康いわくら21」を基本に、だれもが健康で明るく元気に生活できるよう、総合的な施策の推進に努めてまいります。新年度では、これまで介護認定者を対象に行ってきましたインフルエンザの個別接種を、65歳以上であれば集団でも個別でも接種できるよう機会の拡充を図ります。


 また、現在の老人保健法に基づいた基本健康診査にかわって、平成20年度から生活習慣病予防のため、特定健康診査と特定保健指導を行うことが法律の改正により医療保険者に義務づけられました。このことに伴い、事業を円滑に進めるため、具体的な目標値などを示した特定健康診査等実施計画を策定いたします。


 なお、平成20年度から75歳以上の後期高齢者医療制度が広域で創設されるため、これに加入をして準備を進めていきます。


 介護保険では、第3期岩倉市高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画に基づき、認知症予防として認知症サポーター育成事業に取り組み、地域で支え合う仕組みづくりなどとともに、地域包括支援センターを中心として、これまで以上に介護予防や高齢者の権利擁護等に努めてまいります。


 このほか、南部老人憩の家を一部改修し、お年寄りの自主活動などの拠点施設としての機能を高めていきます。


 障害者福祉では、新たに重・中度の精神障害者の方が精神以外の病気で入院した場合に、本人が負担する医療費の2分の1を助成することといたしました。また、平成14年度に策定しました障害者計画が平成19年度に最終年度となるため、今までの計画を見直し、社会情勢や障害者の方などの意見を反映させながら、新たな計画の策定を行ってまいります。


 次に、教育・文化・スポーツについてであります。


 昨年は、いじめによる自殺や児童虐待の事件が各地で続発し、大変心が痛みました。このような社会背景を受け、学校教育につきましては、特にお互いを思いやり、命を大切にする取り組みに全力を尽くしてまいります。具体的には、成長途上にあり、壊れやすい心を持つこの世代の子どもたちを親とともに支えるための子どもと親の相談員設置事業を新たに行います。


 また、「子どもは未来のまちづくり人」をテーマに3年間行ってまいりました教育プラン事業は、地域の教育力の向上や教師の意識改革、子どもの意欲の喚起などの面で多くの成果を上げていると聞いております。新年度におきましては、これまでの実績をより発展させるため、「踏み出そう さらなる一歩 広がる未来」をテーマに新教育プランとして再スタートしていきたいと考えます。


 このほか、先駆的に取り組んでまいりました外国人児童・生徒向け臨時講師事業の充実とともに、少人数授業などを引き続き行ってまいります。


 学校施設の改善事業につきましては、小学校の扇風機設置工事などを行い、児童・生徒にとってより学びやすい環境の整備に努めてまいります。


 なお、私立高等学校等授業料助成事業につきましては、これまで一律に1万円を助成してきましたが、所得基準を設け、1万円から2万円までの助成額を所得に応じて段階的に支給するよう見直しをしました。


 生涯学習の推進につきましては、生涯学習基本構想・基本計画に基づき公民館講座など、多様な市民の皆様の学習活動を支援するとともに、古典芸能や音楽等さまざまな分野の質の高い文化を鑑賞していただくために、「文化芸術鑑賞事業」を開催し、文化や芸術を身近に親しむ環境づくりを図ってまいります。


 音楽のあるまちづくりの推進では、引き続きジュニアオーケストラの育成やポップスコンサートなどを行います。


 青少年の健全育成では、心豊かでたくましい子どもを社会全体ではぐくむため、新たに地域子ども教室推進事業を実施いたします。


 スポーツの振興につきましては、「市民一スポーツ」を合い言葉に、市民の皆様と協働でだれもが生涯にわたってスポーツに親しみ、健康づくりができるような環境づくりに引き続き努めます。


 また新年度では、四市交歓体育大会のほか、スポーツ講演会の開催や愛知県市町村対抗駅伝大会に参加するなど、各種事業に取り組んでまいります。


 続いて、都市基盤の整備についてであります。


 幹線道路の整備は、私たちの暮らしや活発な都市活動を支える便利で快適な質の高いまちづくりに欠かすことのできない重要な事業です。特に、名古屋市に次いで人口密度の高い本市の場合、鉄道に分断された東西交通の円滑化を図るための道路整備や、大都市圏などを結ぶ広域的な道路の早期整備は喫緊の課題となっています。新年度では、北島藤島線や豊田岩倉線の整備促進とともに、名古屋江南線や萩原多気線などの県事業についても、早期整備に向け関係機関に強く要請してまいります。


 また、身近な暮らしを支える生活道路につきましては、側溝の改良を重点に整備を進めます。


 橋梁整備につきましては、千亀橋や老朽化してきました生田橋を県・岩倉市・北名古屋市の共同でかけかえるため、新年度に実施設計を行います。


 公共下水道事業では、五条川右岸処理区の面整備として、駅東地区と西市町の一部区域の工事を実施いたします。


 次に、より快適な環境の創出であります。


 環境への負荷が少ない循環型社会を実現するため、これまで分別収集やプラスチック製容器包装資源化事業などに市民の皆様と協働で取り組んでまいりました。その結果、昨年度の資源化率は前年度に比べ3.8%の増、ごみの排出量は6.1%の減を見込んでおります。新年度につきましては、平成24年度までの6年間を計画期間とします第三次岩倉市一般廃棄物処理計画に基づき、市民・事業者・行政が協働して、これまで以上にごみ排出量の抑制と資源化の推進を図ってまいります。


 また、地球温暖化対策などの環境問題につきましては、私たち一人ひとりが身近なところで実践することができる「もったいない」精神の啓発により一層努めていきます。


 なお、小牧岩倉衛生組合では、老朽化したごみ焼却場の施設整備の計画がされています。この建設時には、市の負担金の増加が予想されますので、新年度から必要となる財源の一部を財政状況に考慮しながら計画的に財政調整基金に積み立ててまいりたいと考えます。


 都市景観の保全では、ボランティアによる「違反広告物簡易除却活動員制度」を設け、美しいまちづくりを進めてまいります。


 公園整備事業につきましては、公園の少ない東部地区に(仮称)長瀬公園を整備するため、用地取得とともに実施設計などを行います。また、五条川沿いに残された貴重な自然環境である竹林を保全するため、県の多自然型護岸整備とあわせて事業を進めてまいりました(仮称)竹林公園につきましては、新年度完工に向け、引き続き工事を実施してまいります。このほか、五条川尾北自然歩道の環境整備として東町休憩所のトイレ改修などを行います。


 続いて、産業の振興であります。


 農業振興につきましては、農家の協力を得ながら岩倉の新ブランド野菜の研究を引き続き行う一方、団塊世代の退職後の生きがいづくりでもある農業体験塾の充実を図ってまいります。


 また、地元で収穫された顔の見える安全で安心な米や野菜を、保育園や小・中学校の給食の食材として使用するなど、地産地消を推進いたします。


 商業の振興では、中小企業への支援のため、融資制度などを継続してまいります。


 このほか、まちの活性化を促進するため、市民の皆様の実行委員会と商工会が協力して行ったウオークラリーや「四九の市」の復活への試みとともに、桜のイルミネーションなどについても引き続き支援いたします。


 これらの諸施策のほか、ICTの推進では、庁舎の電子情報システム更新に伴って、新規に障害者福祉システム、生活保護システムの導入や保育園などのネットワーク化を行い、一層市民サービスの向上に努めてまいります。


 また、地域情報化の充実の一つとして、本市のホームページに携帯電話からアクセスできるようシステムの改良を行います。


 このほか、多重債務などを含めた消費生活相談を開設するなど、消費者行政の充実を図ってまいります。


 福井県大野市との友好交流につきましては、本年1月17日に署名式をいたしましたが、民間レベルを基本にし、無理のない緩やかな交流を行っていきたいと考えます。


 まちの活性化とともに子どもたちに夢を与え、健全育成などを図るため、国技であります大相撲の春日山部屋を、関係者の皆様の御協力を得ながら、名古屋場所開催時に受け入れていきたいと思います。


 市町村合併につきましては、今後も行財政改革を緩めることなく、自立した岩倉市にしていくことを基本としながら、合併新法の期限内に市民の皆様や議会の御意見をお聞きし、検討を重ねていきたいと考えます。


 市民の参画と協働では、分権時代にふさわしい自立したまちづくりを進めるため、市民の皆様と情報を共有するとともに、より幅広い意見などをいただけるように、広聴機能を強化いたします。


 以上、平成19年度における市政運営の基本方針について、所信を申し述べさせていただきました。


 本年は、統一地方選挙の年であります。県議会議員、市議会議員の選挙も行われますので、ぜひ投票に出かけ、政治に参加していただきますようにお願いいたします。また、特に新年度につきましては、これからの岩倉のまちづくりの骨格となります北街区市街地再開発事業に邁進してまいる所存でございます。厳しい時代であるからこそあるべき姿の夢に挑戦し、「石に立つ矢」の信念を持って、だれもが岩倉に住んでよかったと誇りに思っていただけるまちづくりに全力を尽くしてまいりますので、市民の皆様初め議員各位の御支援、御協力を心からお願い申し上げまして、施政方針説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 説明が終わりました。ここで、施政方針を配付する間、このまま休憩をいたします。


      午前10時33分 休憩


 ─────────────────────


      午前10時34分 再開


○議長(岸 孝之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 ─────────────────────





◎日程第5 議案第1号から議案第4号までの上程、提案説明





○議長(岸 孝之君) 日程第5、議案第1号から議案第4号までを一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 市長。


     〔市長石黒靖明君 登壇〕


○市長(石黒靖明君) 平成19年3月定例会に上程させていただきました議案第1号から第4号までにつきまして、提案理由の説明をさせていただきます。


 議案第1号「岩倉市教育委員会委員の選任について」につきましては、岸 雅裕氏の退任に伴い、在任期間の平成21年1月5日までの間、新たに熊沢辰巳氏を地方教育行政の組織及び運営に関する法律に基づき選任するため、議会の同意を求めるものでございます。


 議案第2号「岩倉市公平委員会委員の選任について」につきましては、現在委員の小森一朗氏が平成19年4月19日をもって任期満了となりますので、新たに小島忠勝氏を地方公務員法の規定に基づき選任するため、議会の同意を求めるものでございます。


 議案第3号「岩倉市固定資産評価審査委員会委員の選任について」につきましては、現在、委員の松浦紀光氏が平成19年4月19日をもって任期満了となりますので、引き続き同氏を地方税法の規定に基づき選任するため、議会の同意を求めるものでございます。


 議案第4号「岩倉市固定資産評価員の選任について」につきましては、現在委員の佐橋順治が平成19年3月31日をもって市職員を退職しますので、新たに長瀬章一を地方税法の規定に基づき選任するため、議会の同意を求めるものでございます。


 以上、よろしく御審議を賜りますようにお願い申し上げまして、提案理由とさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案の概要説明に入ります。


 議案第1号「岩倉市教育委員会委員の選任について」説明を求めます。


 教育部長。


○教育部長(伴 祥三君) 議案第1号「岩倉市教育委員会委員の選任について」の議案説明をさせていただいます。


 前教育委員の岸 雅裕氏が平成18年12月31日に退任されましたので、その後任といたしまして熊沢辰巳氏を選任いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づきまして議会の同意をお願いするものでございます。


 住所につきましては岩倉市稲荷町郷廻605番地1、氏名につきましては熊沢辰巳、生年月日につきましては昭和22年12月11日、年齢は満59歳でございます。任期につきましては、平成19年3月6日から前委員の残任期間の平成21年1月5日まででございます。所属政党はございません。


 なお、熊沢辰巳氏の略歴につきましては、参考資料としてお手元に配付させていただいておりますので、よろしくお願い申し上げます。以上でございます。


○議長(岸 孝之君) 次に、議案第2号「岩倉市公平委員会委員の選任について」の説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) それでは、議案第2号「岩倉市公平委員会委員の選任について」議案の説明をさせていただきます。


 岩倉市公平委員会委員に、新たに小島忠勝氏を選任したく、地方公務員法第9条の2第2項の規定に基づきまして議会の同意をお願いするものでございます。


 なお、現在委員の小森一朗氏につきましては、70歳を超えられることもございまして、今回、小島忠勝氏をお願いするものでございます。


 住所につきましては岩倉市八剱町31番地、生年月日につきましては昭和19年9月21日、年齢は満62歳でございます。任期は、平成19年6月1日から平成23年9月31日までの4年間であります。所属政党についてはございません。


 なお、小島忠勝氏の略歴等につきましては、参考資料として配付させていただいているとおりでございますので、よろしくお願いをいたします。


○議長(岸 孝之君) 次に、議案第3号「岩倉市固定資産評価審査委員会委員の選任について」の説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 議案第3号「岩倉市固定資産評価審査委員会委員の選任について」議案の説明をさせていただきます。


 現在岩倉市固定資産評価審査委員会委員であります松浦紀光氏につきましては、平成19年4月19日で任期満了となります。引き続き岩倉市固定資産評価審査委員会委員として松浦紀光氏を選任したく、地方税法第423条第3項の規定により議会の同意を求めるものでございます。


 住所につきましては、岩倉市中本町中市場31番地1でございます。生年月日につきましては昭和39年4月21日生まれです。年齢は満42歳でございます。任期は平成19年4月20日から平成22年4月19日までの3年間でございます。所属政党についてはございません。


 なお、松浦紀光氏の略歴等につきましては、参考資料としてお手元に配付させていただいているとおりでございますので、よろしくお願いをいたします。


○議長(岸 孝之君) 次に、議案第4号「岩倉市固定資産評価員の選任について」の説明を求めます。


 助役。


○助役(赤堀俊之君) 議案第4号「岩倉市固定資産評価員の選任について」について御説明申し上げます。


 現在、佐橋順治をお願いしておりますが、本年の3月31日付で現在務めております愛北衛生処理組合事務局長を定年退職いたしますので、後任として長瀬章一をお願いするものでございます。岩倉市固定資産評価員に選任したいので、地方税法第404条第2項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 住所につきましては、岐阜県各務原市新鵜沼台七丁目63番地、生年月日は昭和23年10月28日生まれ、年齢は58歳でございます。


 なお、略歴等を記載した参考資料を配付させていただいておりますので、御参照いただきますようによろしくお願いいたします。以上でございます。


○議長(岸 孝之君) 説明が終わりました。


 お諮りします。


 議案精読の間、休憩したいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) 御異議なしと認めます。


 よって、休憩します。


      午前10時41分 休憩


 ─────────────────────


      午前11時00分 再開


○議長(岸 孝之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これより、議案第1号「岩倉市教育委員会委員の選任について」の審議に入ります。


 質疑を許します。


 18番横江英樹議員。


○18番(横江英樹君) 18番横江です。


 今回は任期途中で前任者がかわられるということになりますが、なぜ任期途中での交代になったのでしょうか。


○議長(岸 孝之君) 教育部長。


○教育部長(伴 祥三君) 10月から健康を害されまして、11月、12月と診断書が出まして、教育委員会を3回欠席されましたので、健康上の理由ということで御退任になられましたので、よろしくお願いします。


○議長(岸 孝之君) これをもって議案第1号の質疑を終結します。


 お諮りします。


 本案については、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) 御異議なしと認めます。


 これより議案第1号を採決します。


 本案について、原案のとおり同意することに賛成の議員の挙手を求めます。


       〔賛成者挙手〕


○議長(岸 孝之君) 挙手全員であります。


 よって、議案第1号は原案のとおり同意することに決しました。


 続いて、議案第2号「岩倉市公平委員会委員の選任について」の審議に入ります。


 質疑を許します。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) これをもって議案第2号の質疑を終結します。


 お諮りします。


 本案については、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) 御異議なしと認めます。


 これより議案第2号を採決します。


 本案について、原案のとおり同意することに賛成の議員の挙手を求めます。


       〔賛成者挙手〕


○議長(岸 孝之君) 挙手全員であります。


 よって、議案第2号は原案のとおり同意することに決しました。


 続いて、議案第3号「岩倉市固定資産評価審査委員会委員の選任について」の審議に入ります。


 質疑を許します。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) これをもって議案第3号の質疑を終結します。


 お諮りします。


 本案については、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) 御異議なしと認めます。


 これより議案第3号を採決します。


 本案について、原案のとおり同意することに賛成の議員の挙手を求めます。


       〔賛成者挙手〕


○議長(岸 孝之君) 挙手全員であります。


 よって、議案第3号は原案のとおり同意することに決しました。


 続いて、議案第4号「岩倉市固定資産評価員の選任について」の審議に入ります。


 質疑を許します。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) これをもって議案第4号の質疑を終結します。


 お諮りします。


 本案については、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) 御異議なしと認めます。


 これより議案第4号を採決します。


 本案について、原案のとおり同意することに賛成の議員の挙手を求めます。


       〔賛成者挙手〕


○議長(岸 孝之君) 挙手全員であります。


 よって、議案第4号は原案のとおり同意することに決しました。


 ─────────────────────





◎日程第6 議案第5号から議案第31までの上程、提案説明





○議長(岸 孝之君) 日程第6、議案第5号から議案第31号までを一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 市長。


     〔市長石黒靖明君 登壇〕


○市長(石黒靖明君) 議案第5号から議案第31号までにつきまして、提案理由の説明をさせていただきます。


 議案第5号「災害応急対策又は災害復旧のため派遣された職員に対する災害派遣手当に関する条例の一部改正について」につきましては、武力攻撃事態等における国民保護のための措置に関する法律の施行に伴い、武力攻撃災害等派遣手当を加える改正をお願いするものでございます。


 議案第6号「岩倉市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について」につきましては、国家公務員の休息時間が廃止されたことに伴い、国に準じて岩倉市職員の休息時間を廃止する改正をお願いするものでございます。


 議案第7号「岩倉市職員の給与に関する条例の一部改正について」につきましては、平成18年人事院勧告及び一般職員の給与に関する法律の改正に伴い、地域手当等の改正をお願いするものでございます。


 議案第8号「岩倉市税条例の一部改正について」につきましては、障害者自立支援法の施行に伴い、軽自動車税の減免申請に関する手続について所要の改正をお願いするものでございます。


 議案第9号「岩倉市遺児手当支給条例及び岩倉市母子家庭等医療費助成条例の一部改正について」につきましては、学校教育法等改正に伴い、関係字句について改正をお願いするものでございます。


 議案第10号「岩倉市障害者医療費支給条例の一部改正について」につきましては、精神障害者が精神障害以外の入院医療を受けたときにも、自己負担額を助成する改正をお願いするものでございます。


 議案第11号「岩倉市国民健康保険条例の一部改正について」につきましては、健康保険法等が改正されたことを踏まえ、葬祭費の支給額の改正をお願いするものでございます。


 議案第12号「岩倉市環境保全に関する基本条例の一部改正について」につきましては、環境保全緑地奨励制度としての農地の保全目的が一定達成されたため、平成19年3月31日をもって、同制度を廃止する改正をお願いするものでございます。


 議案第13号「平成18年度岩倉市一般会計補正予算(第4号)」につきましては、総額で1億9,961万2,000円の増額をお願いするものでございます。


 増額補正は、総務費で平成18年度の収支見込みから3億5,000万円を減債基金に積み立てをさせていただくものを初め、民生費で医療給付費の増による老人保健特別会計繰出金、医療保険制度の改正に伴う電算処理システム改修費分を増額する介護保険特別会計繰出金であります。そのほかにつきましては、事業費の確定及び決算見込みに合わせた減額補正となっております。


 主な減額補正は、総務費では愛北広域事務組合火葬事業運営費等負担金等。民生費では、児童福祉手当、生活保護の扶助費等。衛生費では、小牧岩倉衛生組合運営費負担金及び愛北広域事務組合し尿処理場運営費等負担金等であります。公債費につきましては、平成17年度に借り入れました市債借入利率等の確定により返還利子の減額をお願いするものでございます。


 歳入につきましては、市税、配当割交付金、株式等譲渡所得割交付金、地方特例交付金、県支出金、繰越金、市債等の増額及び分担金及び負担金、国庫支出金等の減額をお願いするものでございます。あわせて繰越明許費などをお願いするものでございますので、よろしくお願いいたします。


 議案第14号「平成18年度岩倉市老人保健特別会計補正予算(第2号)」につきましては、総額で1億3,468万5,000円の増額をお願いするものでございます。


 歳出につきましては、医療給付費の増額をお願いし、歳入につきましては、支払基金交付金、国・県負担金、一般会計繰入金を負担割合に応じてお願いするものでございます。


 議案第15号「平成18年度岩倉市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)」につきましては、総額で7,092万1,000円の減額をお願いするものでございます。


 歳出につきましては、維持管理費、下水道建設費などを減額させていただくもので、歳入につきましては、負担金及び繰越金の増額、並びに一般会計繰入金の減額をお願いするものでございます。また、あわせて繰越明許費などをお願いするものでございますので、よろしくお願いします。


 議案第16号「平成18年度岩倉市介護保険特別会計補正予算(第3号)」につきましては、総額で278万7,000円の増額をお願いするものでございます。


 歳出につきましては、介護保険電算処理システム改修費でございます。


 歳入につきましては、国庫支出金等でございますのでよろしくお願いします。また、あわせて繰越明許費をお願いするものでございます。


 議案第17号「平成18年度岩倉市上水道事業会計補正予算(第3号)」につきましては、収益的支出において営業費用等600万3,000円の減額をお願いし、特別損失で2,246万5,000円の不足が生じたため、合計1,646万2,000円の増額をお願いするものでございます。


 議案第18号「平成19年度岩倉市一般会計予算」につきましては、総額126億5,500万円をお願いするもので、平成18年度当初予算との比較では8.6%の増となっております。


 施政方針でも申し上げましたが、予算編成に当たっては、第3次岩倉市総合計画と岩倉市行政改革集中改革プランに意を尽くしながら、私の政治目標であります「改革と前進」を基本といたしました。また、「安全・安心なまちづくりの推進」など四つの重点施策を推進いたしますが、主な新規事業につきましては、民生費では、次世代育成支援行動計画の一つとして、つどいの広場事業、老人憩の家の委託、認知症サポート育成事業、障害者計画の新たな作成。商工費では、消費生活専門相談員の配置。土木費では、耐震改修促進計画の策定及び公共施設の耐震診断、違反広告物簡易除却活動員制度の創設、(仮称)長瀬公園整備事業、岩倉駅東西地下連絡道整備事業等。教育費では、子どもと親の相談員設置事業、新教育プラン事業、地域子ども教室、小・中学校扇風機設置事業、(仮称)生涯学習センターの整備のための土地の取得等であります。


 その他主な事業につきましては、民生費では、障害者医療費助成金、児童手当などの拡大、休日保育の拡充等。衛生費では、インフルエンザ予防接種の充実、妊婦健康診査の拡大等。土木費では、舗装側溝工事、橋梁耐震補強工事、交通安全施設設置工事などの生活道路の整備を初め、(仮称)竹林整備事業、幹線道路では、甲豊田岩倉線及び北島藤島線の街路改良事業、駅東地区再開発事業としての北街区市街地再開発事業補助金及び公共施設管理者負担金等。消防費では、避難所用資機材の購入、救助工作車及び普通消防ポンプ自動車買いかえ購入事業等。教育費では、岩倉北小学校の耐震化事業の実施設計、外国人児童・生徒向け臨時講師事業、四市交歓体育大会等をお願いするものでございます。


 歳入につきましては、税源移譲による市民税の増額や、地方贈与税の廃止等による減額など把握できるものにつきましては、当初予算に反映をさせていただきました。


 また、地方債につきましては、清掃運搬施設等整備事業を初めとして、人事財政対策債を含めて11件を予定させていただいておりますので、よろしくお願いします。


 議案第19号「平成19年度岩倉市国民健康保険特別会計予算」につきましては、総額で46億2,978万9,000円をお願いするものでございます。


 歳出の主なものにつきましては、保険給付費、老人保健拠出金などでございます。


 主な事業としては、国民健康保険税の資格管理、賦課管理等システム使用料を一般会計から国保特別会計への組み替え、高額療養費の助成金システムが変わるための新システムの導入、健康健康法等の改正による葬祭費の支払い額の改正、特定保健診査等実施計画を策定するための業務委託料などでございます。


 歳入の主なものつきましては、国民健康保険税、国・県支出金などをお願いするものでございます。


 議案第20号「平成19年度岩倉市老人保健特別会計予算」につきましては、総額で27億9,903万2,000円をお願いするものでございます。


 主なものにつきましては、医療諸費であります。


 歳入の主なものつきましては、支払基金交付金、国・県支出金、繰入金などをお願いするものでございます。


 議案第21号「平成19年度岩倉市土地取得特別会計予算」につきましては、総額で6,987万1,000円をお願いするものでございます。


 歳出の主なものにつきましては、土地開発基金費であります。


 主な事業として、岩倉駅東地区北街区市街地再開発事業の代替地としての売却などでございます。


 歳出の主なものは、土地売払収入でございます。


 議案第22号「平成19年度岩倉市学校給食特別会計予算」につきましては、総額で1億7,263万1,000円をお願いするものでございます。給食の回数は、小学校が189回、中学校が192回を計上させていただきました。


 議案第23号「平成19年度岩倉市公共下水道事業特別会計予算」につきましては、総額で12億2,971万円をお願いするものでございます。


 歳出の主なものにつきましては、公共下水道工事、南小学校地下貯留施設設置工事の設計などであります。


 歳入の主なものにつきましては、使用料及び手数料、国庫支出金、繰入金、市債などをお願いするものでございます。


 議案第24号「平成19年度岩倉市介護保険特別会計予算」につきましては、16億8,763万5,000円をお願いするものでございます。


 歳出の主なものにつきましては、総務管理費、保険給付費などでございます。


 歳入の主なものにつきましては、介護保険料、国・県支出金、支払基金交付金、繰入金などをお願いするものでございます。


 主な事業としては、虐待の未然防止及び早期発見、並びに虐待を受けている高齢者等に適切な支援を行うため、高齢者虐待防止ネットワーク運営委員会の設置に伴う講習、認知症サポーター育成事業及びフォーラム等を開催するための費用などであります。


 議案第25号「平成19年度岩倉市上水道事業会計予算」につきましては、収益的収入及び支出につきましては、収入総額6億7,723万円、支出総額6億6,288万2,000円をお願いいたします。


 また、資本的収入及び支出につきましては、収入総額1億2,877万3,000円、支出総額3億2,917万5,000円で、不足額は過年度分損益勘定留保資金で補てんをさせていただくものでございます。


 主な事業としては、配水管布設がえ工事、配水場電気設備改修工事、団地配水場管理棟及び給水等の耐震診断などでございます。


 議案第26号「岩倉市道路線の変更について」につきましては、道路法の規定に基づき議会の議決を求めるものでございます。


 議案第27号「字の区域の変更について」につきましては、岩倉駅東地区第一種市街地再開発事業の施行に伴い、字の区域の変更をお願いするものでございます。


 議案第28号「愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について」につきましては、組合議員の定数の見直し及び地方自治法の改正に伴い、組合規約の変更をお願いするものでございます。


 議案第29号「小牧岩倉衛生組合規約の変更について」、議案第30号「尾張農業共済事務組合規約の変更について」及び議案第31号「尾張市町交通災害共済組合規約の変更について」につきましては、地方自治法の改正に伴い、組合規約の変更をお願いするものでございます。


 以上、よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案の概要説明に入ります。


 議案第5号「災害応急対策又は災害復旧のため派遣された職員に対する災害派遣手当に関する条例の一部改正について」の説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 議案第5号「災害応急対策又は災害復旧のため派遣された職員に対する災害派遣手当に関する条例の一部改正について」説明をさせていただきます。


 武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律、いわゆる国民保護法が平成16年9月17日に施行されており、第154条で災害対策基本法により災害応急対策、または災害復旧のため、国の職員の派遣を要請した場合の災害派遣手当の支給を、国民の保護のための措置の実施のために派遣された職員の場合は、武力攻撃災害等派遣手当と読みかえるものとされております。


 今般、本市におきまして、岩倉市国民保護計画を作成いたしましたことに伴い、本市の災害応急対策、または災害復旧のため派遣された職員に対する災害派遣手当に関する条例第1条の災害派遣手当に武力攻撃災害等派遣手当を含むこととする一部改正を行うものでございます。


 附則につきましては、公布の日から施行するものでございます。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第6号「岩倉市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 議案第6号「岩倉市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について」御説明申し上げます。


 改正理由といたしましては、国家公務員の休息時間が平成18年7月1日から廃止されたことに伴い、国に準じて岩倉市職員の休息時間を廃止するものでございます。


 内容につきましては、これまで休息時間を規定しておりました第7条を削除するものであります。


 施行期日につきましては、平成19年4月1日でございます。よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第7号「岩倉市職員の給与に関する条例の一部改正について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 議案第7号「岩倉市職員の給与に関する条例の一部改正について」御説明申し上げます。


 平成18年人事院勧告及び一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律が平成18年11月11日に公布、平成19年4月1日から施行されることに伴い、国に準じた扶養手当の支給額の改正及び地域手当の支給割合を改正するものでございます。


 条文に従いまして御説明を申し上げます。


 第12条第3項の改正条文につきましては、3人目以降の子、父母等に係る扶養手当の支給月額を5,000円から6,000円に引き上げるものでございます。


 附則につきましては、第1項で施行期日を平成19年4月1日と定めております。


 また、第2項では、平成21年3月31日までの間に支給する地域手当の特例といたしまして、第13条の2第2項中「100分の10」とあるのを「100分の8」とするものとしており、平成19年4月1日から平成21年3月31日までの2年間につきましては、地域手当の支給割合を100分の8に引き下げるものでございます。よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第8号「岩倉市税条例の一部改正について」の説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 議案第8号「岩倉市税条例の一部改正について」御説明を申し上げます。


 障害者自立支援法の施行に伴い、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の医療制度が見直しをされ、軽自動車税の減免をするために自立支援医療受給者証の写しを添付することが追加されたため、市条例の改正をお願いするものでございます。


 附則につきましては、公布の日から施行するものでございます。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第9号「岩倉市遺児手当支給条例及び岩倉市母子家庭等医療費助成条例の一部改正について」の説明を求めます。


 福祉事務所長。


○福祉事務所長(井筒洋一君) それでは、議案第9号「岩倉市遺児手当支給条例及び岩倉市母子家庭等医療費助成条例の一部改正について」御説明を申し上げます。


 今回の改正は、学校教育法等の一部を改正する法律が平成18年6月21日に公布され、平成19年4月1日から施行されることに伴い、関係用語を改めるものでございます。


 岩倉市遺児手当支給条例第2条に規定する「盲学校、聾学校若しくは養護学校」を「特別支援学校」に改正し、岩倉市母子家庭等医療費助成条例第2条に規定する「盲学校、聾学校及び養護学校」を「特別支援学校」に改正するものでございます。


 附則といたしまして、この条例は平成19年4月1日から施行するものでございます。


 以上、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第10号「岩倉市障害者医療費支給条例の一部改正について」の説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第10号「岩倉市障害者医療費支給条例の一部改正について」御説明させていただきます。


 今回の改正につきましては、市単独事業として、新たに中度・重度の精神障害の方が精神以外の疾病で入院された場合に、本人負担の2分の1を助成するもので、医療費助成の充実を図るものでございます。


 改正の内容につきましては、条例第5条、支給の範囲において、第1項中第1号及び第2号につきましては、条文を明文化、整理したものでございます。


 第3号につきましては、新たに拡大するもので、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第45条に規定する精神障害者保健福祉手帳(第1級または第2級の障害等級の記載がされているものに限る。)の交付を受けている者が精神障害以外の疾病または負傷により入院医療を受けたとき、医療保険自己負担額の2分の1に相当する額を加えるものでございます。


 第5条第2項につきましては、「前項」を「第1項」に改め、同項を第3項とし、同条第1項の次に次の1項を加えるもので、第2項として、前項の場合において、当該疾病または負傷について法令の規定により、国または地方公共団体の負担による医療に関する給付が行われたとき、または法令の規定による給付が行われたときは、この限りではないとするものでございます。


 附則につきましては、施行期日は、1.この条例は平成19年4月1日から施行するものでございます。経過措置として、2.改正後の岩倉市障害者医療費支給条例の規定は、施行日以後に医療機関等において受けた診療について適用し、同日前に受けた診療においては、なお従前の例によるものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第11号「岩倉市国民健康保険条例の一部改正について」の説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第11号「岩倉市国民健康保険条例の一部改正について」御説明をさせていただいます。


 今回の改正につきましては、平成18年6月に健康保険法等の一部改正により、同年10月1日から埋葬料の最低補償額の給付が10万円から5万円に改正されたことに伴い、その均衡等を考慮し改正をお願いするものでございます。


 改正の内容につきましては、条例第6条中「10万円」を「5万円」に改めるものでございます。


 附則につきましては、この条例は平成19年4月1日から施行するものです。


 適用区分は、改正後の岩倉市国民健康保険条例第6条の規定は、平成19年4月1日以後の死亡から適用し、同日前の死亡については、なお従前の例によるものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第12号「岩倉市環境保全に関する基本条例の一部改正について」の説明を求めます。


 建設部長。


○建設部長(野杁二三夫君) 議案第12号「岩倉市環境保全に関する基本条例の一部改正について」御説明を申し上げます。


 平成4年に市街地農地の宅地並み課税の急激な税制の変化及び宅地化への変動を緩和するため、市街地における都市農地を環境保全緑地として奨励金を一定の要件に基づき交付してきました。しかしながら、制度を創設以来15年が経過し、緩和措置としての目的が図られたことにより、同条例の第8条、居住関係の整備の第2項「前項の規定により、自然と融和した秩序ある市街地を確保するため、環境保全緑地を設定するものとする」という項を削除し、同制度を廃止するものであります。


 なお、附則において、施行期日を平成19年4月1日としておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第13号「平成18年度岩倉市一般会計補正予算(第4号)」について説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 議案第13号「平成18年度岩倉市一般会計補正予算(第4号)」について御説明をいたします。


 第1条では、歳入歳出の総額に歳入歳出それぞれ1億9,961万2,000円を追加し、総額を129億779万4,000円とするものでございます。3月補正につきましては、平成18年度の最終補正ということで、減額補正が主な内容となっております。減額補正の考え方といたしましては、歳出は事業の完了、もしくは完了見込みにより不用額が見込まれるものを中心にお願いをしております。


 それでは、17ページ、18ページをごらんいただきたいと思います。


 まず、歳出から御説明をさせていただきます。


 増額補正につきましては、款2総務費、項1総務管理費、目6財政管理費、事業名、減債基金積立金3億5,000万円は、平成18年度の収支見込みから減債基金に積み立てさせていただくものでございます。


 款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費、事業名、老人保健特別会計繰出金977万9,000円は、医療給付費の増加に伴い、一般会計負担分の増額、事業名、介護保険特別会計繰出金97万1,000円は、医療保険制度改正に伴う電算処理システム改修費分の増額をお願いするものです。


 このほかにつきましては、減額補正となっております。減額分の主なものを中心に説明をさせていただきます。


 款2の総務費、項1総務管理費、目5広報広聴費、事業名、事務管理費50万円は、市制35周年記念公開放送事業委託料で、NHKとの調整により減額できたものでございます。


 目7財産管理費、事業名、公用車購入事業118万2,000円は、公用車購入費の実績に合わせ減額するものでございます。


 目15情報化管理費、事業名、電子自治体推進事業60万円は、決算見込みに合わせ減額するものでございます。


 款3民生費、項1社会福祉費、目3老人福祉費、事業名、在宅福祉事業190万円は、緊急通報システムの決算見込みに合わせ減額をするものでございます。


 目6心身障害者福祉費、事業名、社会福祉総合助成事業100万円は、身体障害者住宅改善費助成金を決算見込みに合わせ減額するものでございます。事業名、心身障害者福祉費294万9,000円は、社会福祉法人等利用者負担軽減公費助成事業費補助金が見込みより30万円多かったことによる増額を含み、特別障害者手当等給付費及び心身障害者扶助費を決算見込みに合わせ減額するものでございます。


 項2児童福祉費、目5母子福祉費566万8,000円は、母子生活支援施設等措置費で決算見込みにあわせて減額するものでございます。


 目7児童福祉手当総務費、事業名、児童福祉手当2,814万円は、児童手当の決算見込みに合わせ減額するものでございます。


 項3生活保護費、目2扶助費では、扶助費の対象者が減少したことなどにより減額をお願いしております。


 款4衛生費、項1保健衛生費、目4保健センター運営費、事業名、公共下水道接続事業45万円は、保健センターの公共下水道接続工事の事業決算に合わせて減額するものでございます。


 項2の清掃費、目2塵芥処理費、事業名、ごみ減量化推進事業327万6,000円は、資源ごみ回収団体助成金の決算見込みに合わせて減額するものであります。事業名、小牧岩倉衛生組合負担金及び目3し尿処理費、事業名、愛北広域事務組合し尿処理場運営費等負担金でありますが、両負担金とも運営費負担金の減額によるものであります。


 また、款2総務費、項3戸籍住民基本台帳費、目1戸籍住民基本台帳費、事業名、愛北広域事務組合火葬事業運営費負担金についても、あわせて減額計上をさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。


 款6商工費、項1商工費、目4観光費、事業名、市民ふれ愛まつり委託事業90万円は、市民ふれ愛まつり委託料を事業決算に合わせて減額するものでございます。


 続きまして、19ページ、20ページをお願いいたします。


 款7土木費、項2道路橋梁費、目2道路新設改良費、事業名、舗装側溝652万円及び甲豊田岩倉線交通安全施設等整備事業600万円、並びに橋梁耐震補強事業240万7,000円、乙北島藤島線道路改良事業302万7,000円は、測量設計委託料を含め工事等の事業決算に合わせ減額するものでございます。


 項4都市計画費、目1都市計画総務費、事業名、事務管理費110万1,000円は、都市計画基本図修正業務委託料を事業決算に合わせ減額するものでございます。


 目2街路費、事業名、北島藤島線街路改良事業では、支障物件移転補償費等が確定したことにより減額をお願いしております。


 同じく目3下水道事業費、事業名、下水道事業費37万5,000円は、一宮春日井線配水路布設工事設計委託料を事業決算に合わせ減額するものでございます。事業名、公共下水道事業特別会計繰出金では、工事等の決算見込みに合わせて減額をお願いしておるところでございます。


 款8消防費、項1消防費、目3災害対策費、事業名、貯留型仮設水洗トイレ設置事業151万4,000円は、事業決算に合わせ減額するものでございます。


 款9教育費、項1教育総務費、目3教育指導費、事業名、私立幼稚園補助事業966万5,000円は、私立幼稚園就園奨励金補助金を当初予算の対象人数が減少となる見込みであることから、決算見込みに合わせ減額するものでございます。


 項2小学校費、目1学校管理費、事業名、小学校施設改良費149万3,000円は、小学校校舎耐震診断委託料及び五条川小教室出入り扉取りかえ工事の事業決算に合わせ減額するものでございます。


 項3中学校費、目1学校管理費、事業名、中学校施設改良費107万2,000円は、中学校校舎耐震診断委託料及び岩中ガス管取りかえ工事の事業決算に合わせ減額するものであります。


 同じく項4社会教育費、目1生涯学習総務費、事業名、まちづくり文化振興事業405万5,000円は、まちづくり文化振興事業助成金の決算見込みに合わせ減額するものでございます。


 21ページ、22ページをお願いいたします。


 項5保健体育費、目2体育施設管理費、事業名、市営大地プール幼児用プール塗装改修事業43万6,000円は、事業決算に合わせ減額するものであります。


 款10公債費、項1公債費につきましては、平成17年度に借り入れました市債の借入利率が確定したことにより、償還利子の減額をお願いするものであります。


 以上、主な歳出について説明をさせていただきました。


 歳出に続きまして、11ページ、12ページの歳入に戻っていただきたいと思います。


 歳入につきましては、事業が完了したもの及び歳出に合わせ補正が必要となったものを中心にしてお願いをしております。


 款1市税、項1市民税、目1個人、節1現年課税分は個人市民税現年課税分、款4配当割交付金、款5株式等譲渡所得割交付金、款8地方特例交付金につきましては、決算額に合わせて増額をさせていただくものでございます。


 続きまして、款11分担金及び負担金、項1負担金、目1民生費負担金、節1社会福祉費負担金は、緊急通報システム設備費負担金の決算見込みに合わせ本人負担分の減額をお願いするものでございます。


 目2土木費負担金、節1道路橋梁費負担金は、乙北島藤島線道路改良事業負担金の決算見込みに合わせ減額をお願いするものであります。


 続きまして、款13国庫支出金、項1国庫負担金、目1民生費国庫負担金、節1社会福祉費負担金は、特別障害者手当等給付費負担金を決算見込みに合わせて減額するものでございます。保険基盤安定負担金では、財政的支援が継続されることとなったため増額をするものでございます。節3生活保護費負担金は、歳出の医療費、扶助費の決算見込みに合わせ減額をお願いするものでございます。


 13ページ、14ページをお願いいたします。


 同じく款13の国庫支出金、項2国庫補助金、目3土木費国庫補助金、節1道路橋梁費補助金は、甲豊田岩倉線交通安全施設等整備事業地方道路交付金、乙北島藤島線住宅市街地基盤整備事業補助金を事業決算に合わせて減額をお願いするものでございます。節2都市計画費補助金は、北島藤島線住宅市街地基盤整備事業補助金として、一部国庫補助事業として採択されたことにより、国庫補助金を増額させていただくものでございます。節3住宅費補助金は、住宅・建築物耐震改修等事業費補助金を事業決算に合わせ減額をお願いするものでございます。


 目5教育費国庫補助金、節1教育費補助金は、幼稚園就園奨励費補助金及び五条川小屋内運動場アスベスト除去事業補助金を事業決算に合わせ減額をお願いするものでございます。


 続きまして、款14県支出金、項1県負担金、目1民生費負担金、節1社会福祉費補助金は、保険基盤安定負担金では国庫補助金と同様、市町村国保の財政基盤強化のために財政的支援が継続されることとなったため増額するものでございます。節2児童福祉費負担金は、児童入所施設措置費等負担金を決算見込みに合わせ減額するものでございます。


 項2県補助金、目2民生費補助金、節1社会福祉費補助金は、特別障害者手当等支給費補助金の決算見込み額に合わせ県補助金を減額するものでございます。


 目5土木費補助金、節2都市計画費補助金、(仮称)竹林公園整備工事補助金につきましては、補助対象基本額の増及び河川敷公園として認定された補助率が増加したことにより増額をさせていただくものでございます。


 続きまして、款15財産収入、項1財産売払収入、目2物品売払収入は、公用車6台の売り払いによる補正をお願いするものであります。


 続きまして、款19諸収入、項5雑入、目3雑入につきましては、賠償責任等保険金として人身事故の見舞金分100万円を全国市有物件から受けるものを初め、公営競技収益均てん化助成金等が減額となることから補正をお願いするものでございます。


 続きまして、款20市債につきましては、全体で3,900万円の増額をお願いしておりますが、北街区市街地再開発事業及び北島藤島線街路改良事業で市債対象額が増加したことに伴う増額と、臨時河川等整備事業、(仮称)竹林公園整備事業は、事業の完了に伴う減額をお願いするものであります。


 続きまして、13ページ、14ページの款18繰越金につきましては、減債基金積み立て等必要となる額を財源調整とさせていただきまして、7,968万円とさせていただきました。


 歳入合計は、歳出と同額の1億9,961万2,000円をお願いするものでございます。


 それでは、恐れ入りますが3ページをお願いいたします。


 繰越明許費につきましては、第2表 繰越明許費によりますが、北街区市街地再開発事業の権利変換業務の年度内終了が困難となったために繰越明許費をお願いするものでございます。


 続きまして、4ページをお願いいたします。


 第3表の債務負担行為補正につきましては、電子情報システム借り上げと、図書館電子計算機借り上げの限度額が確定したことにより変更をさせていただくものでございます。


 5ページをお開きいただきたいと思います。


 第4表 地方債補正につきましては、臨時地方道路整備事業、臨時河川等整備事業、そして(仮称)竹林公園整備事業、北島藤島線街路改良事業、五条川小屋内運動場アスベスト除去事業について、事業費の確定に伴い限度額の変更をお願いするものであります。


 以上で一般会計の補正の説明とさせていただきます。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第14号「平成18年度岩倉市老人保健特別会計補正予算(第2号)」について説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第14号「平成18年度岩倉市老人保健特別会計補正予算(第2号)」について御説明させていただきます。


 補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億3,468万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ27億7,698万7,000円とさせていただくものでございます。今回の補正予算につきましては、医療給付費において医療費の増額が見込まれますので、増額補正をお願いするものです。


 それでは、歳出から御説明をさせていただきますので、9ページをお願いいたします。


 款2医療諸費、項1医療諸費、目1医療給付費、節19負担金補助及び交付金1億3,468万5,000円につきましては、当初予算において入院件数2,100件、1件当たり給付費41万円を見込み計上しましたが、今年度実績等から件数は650件増、1件当たり給付費は41万5,000円が見込まれ、また入院外においては当初予算で、件数は5万9,000件、1件当たり給付費は2万円を見込み計上しましたが、実績等から1,800件の減が見込まれるため、医療給付費全体として1億3,468万5,000円の増額をお願いするものです。


 続きまして、歳入につきまして御説明させていただいます。


 7ページをお願いいたします。


 款1支払基金交付金、項1支払基金交付金、目1医療費交付金、節1現年度分7,600万6,000円につきましては、歳出の医療給付費に係る老人保健法に基づく負担割合により、愛知県社会保険診療報酬支払基金からの負担分を計上したものです。


 款2国庫支出金、項1国庫負担金、目1医療費負担金、節1現年度分3,912万円、款3県支出金、項1県負担金、目1県負担金、節1現年度分978万円及び款4繰入金、項1一般会計繰入金、目1一般会計繰入金977万9,000円につきましても、歳出における医療給付費に係るそれぞれ負担割合に応じて計上させていただいているものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第15号「平成18年度岩倉市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)」について説明を求めます。


 水道部長。


○水道部長(桜井竹雄君) それでは、議案第15号「平成18年度岩倉市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)」につきまして御説明申し上げます。


 歳入歳出それぞれ7,092万1,000円を減額し、歳入歳出の総額をそれぞれ11億8,827万7,000円とさせていただくものでございます。


 第2条では、繰越明許費について定めております。


 歳出から御説明申し上げますので、11ページをお願いします。


 款1総務費、項1総務管理費、目2維持管理費1,373万1,000円の減額につきましては、委託料で実績見込みから下水道収納事務委託料117万7,000円、入札執行残で下水道台帳作成委託料23万6,000円、マンホールポンプ維持管理委託料24万6,000円、備品購入費41万と、五条川右岸流域下水道維持管理負担金867万5,000円、さらに五条川左岸流域下水道維持管理負担金298万7,000円の減額をお願いするものでございます。


 款2項1目1下水道建設費につきましては、5,219万円の減額をお願いしておりますが、これは委託料で、入札執行残、実績見込みから238万2,000円の減額、工事費の実績見込みで2,100万円、支障物件移転補償費で2,860万円と、五条川左岸流域下水道建設負担金で67万3,000円の減額をさせていただくものでございます。


 款3項1公債費、目2利子につきましては500万円の減額をお願いするものでございます。


 歳入につきましては、9ページをお願いいたします。


 款1分担金及び負担金、項1負担金、目1公共下水道事業負担金で542万5,000円の増額、款5繰入金、項1目1一般会計繰入金で1,000万円を減額し、款6項1目1繰越金で304万1,000円とさせていただくものでございます。


 款7諸収入、項3目1雑入で、消費税還付金の確定によりまして239万7,000円を減額し、五条川右岸流域下水道推進協議会の過年度分精算金の還付金121万円がございますので、それの合算額の118万7,000円を減額させていただくものでございます。


 款8項1市債、目1下水道事業債につきましては、流域下水道事業債で80万円、公共下水道事業債で6,740万円を減額させていただくものでございます。


 次に3ページをお願いいたします。


 第2表 繰越明許費でございますが、現在、宮前町地内で施行しております汚水幹線管渠工事につきまして、推進管が玉石に乗り上げたことにより工事の進捗が大幅におくれ、年度内の工事の完了が困難であるため、平成19年度に工事費5,389万7,000円を繰り越しさせていただくものでございます。


 次に、4ページをお願いいたします。


 第3表 地方債補正につきましては、下水道事業債の限度額や利率の変更につきましては、この表のとおり補正させていただくものでございます。


 以上、よろしくお願い申し上げます。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第16号「平成18年度岩倉市介護保険特別会計補正予算(第3号)」について説明を求めます。


 福祉事務所長。


○福祉事務所長(井筒洋一君) それでは、議案第16号「平成18年度岩倉市介護保険特別会計補正予算(第3号)」につきまして御説明申し上げます。


 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ278万7,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ17億3,548万8,000円とさせていただくものでございます。


 それでは、まず歳出から御説明させていただきますので、11ページ、12ページをお開きください。


 歳出につきましては、款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費、事務管理費で、当初は介護保険法改正に伴うシステム改修費を計上しておりましたが、新たに後期高齢者医療制度、高額介護に対応するためのシステム改修が必要になり、278万7,000円の増額をお願いするものでございます。この事業につきましては、平成18年度内に支出を完了することが期しがたい場合も見込まれますので、繰越明許費として計上させていただくものでございます。


 次に歳入の9ページ、10ページをお開きください。


 歳入につきましては、款3国庫支出金、項2国庫補助金、目2介護保険事業費補助金、節1介護保険事業費補助金で、医療制度改正分を含め181万6,000円の増額でございます。


 款7繰入金、項1繰入金、目1繰入金、節1一般会計繰入金97万1,000円の増額でございます。


 以上、歳入におきましては合計で278万7,000円の増額をさせていただくものでございます。


 なお、第2表に繰越明許費をつけさせていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。


 以上、よろしくお願い申し上げます。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第17号「平成18年度岩倉市上水道事業会計補正予算(第3号)」について説明を求めます。


 水道部長。


○水道部長(桜井竹雄君) それでは、議案第17号「平成18年度岩倉市上水道事業会計補正予算(第3号)」について御説明させていただきます。


 最初のページをお願いいたします。


 予算第2条におきましては、収益的収入及び支出であります3条予算の補正予算として、支出1,646万2,000円を増額させていただくものでございます。


 項目別の内訳につきましては、6ページ、7ページの補正予算説明書により説明させていただきます。お願いします。


 収益的収入及び支出の中の支出でございますが、配水及び給水費において配水管等漏水修繕費の実績見込みにより400万円の減、さらに水源動力費の支払い実績により250万円の減、減価償却費で減価償却対象資産が増加したため162万円の増、過年度損益修正損が増加したことに伴い、消費税及び地方消費税が112万3,000円の減、5年以前の水道料金の滞納分について不納欠損処理により過年度損益修正損として2,246万5,000円の増で、収益的支出を1,646万2,000円の増額補正とさせていただくものでございます。


 最初のページに戻っていただきまして、予算第3条におきましては、平成18年9月議会において岩倉市上水道事業会計補正予算(第1号)として議決をいただきました上下水道システム借り上げ及び保守委託に伴う契約の債務負担行為につきまして、総額2,729万5,000円で契約が完了いたしましたので、その執行残971万3,000円の減額補正をさせていただくものでございます。


 この補正予算に関する事項別の内訳書としまして、1ページ以降に実施計画、資金計画書などの資料を添付させていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。


 以上、よろしくお願い申し上げます。


○議長(岸 孝之君) お諮りします。


 ここで、休憩したいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) 御異議なしと認めます。


 よって、休憩いたします。


      午前11時58分 休憩


 ─────────────────────


      午後1時10分 再開


○議長(岸 孝之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 議案第18号「平成19年度岩倉市一般会計予算」について説明を求めます。


 最初に、総括説明を求めます。


 総務部長


○総務部長(長瀬章一君) それでは、議案第18号「平成19年度岩倉市一般会計予算」について御説明を申し上げます。


 1ページの第1条の歳入歳出予算の総額につきましては、歳入歳出それぞれ126億5,500万円とし、前年度に比較いたしまして8.6%の増となっております。


 76ページの歳出から説明に入ります前に、まず人件費の関係について御説明を申し上げまして、その後、議会費から目ごとに説明をさせていただきます。


 133ページをお願いいたします。


 一般職の人件費総額につきましては、28億6,599万3,000円でございまして、前年度と比較して2億1,001万8,000円の減となっているところでございます。この減の理由につきましては、退職者の補充を必要最小限にとどめたこと、また地域手当の見直しなどによるものであります。なお、特別会計職員及び派遣職員を含めまして、岩倉市の実質総職員数を申し上げますと、前年度の4月1日現在は394名でございましたが、新年度の4月1日見込みでは14名減の380名になる見込みでございます。


 次に、124ページをお願いいたします。


 124ページの給与費明細書の特別職の給与費等についてでございますが、合計で3億520万4,000円をお願いしておるところでございます。前年度比較といたしまして、1,939万8,000円の減額となっております。減額の主な理由は、議員定数の改正によるものであります。なお、人件費関係の詳細につきましては、124ページから138ページの給与費明細書を御参照いただきたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。


○議長(岸 孝之君) 次に、76ページの歳出から順次説明を求めます。


 説明は、主な事業や新規のもの等について、ページを追って簡潔に説明を求めます。


 款1議会費、款2総務費に入ります。


 初めに、款1及び款2のうち総務部に属する部分について説明を求めます。ページは76ページから86ページとなります。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) それでは、76ページの議会費につきましては、定数22名から18名によるところの報酬等の関係の減でございます。


 次に、総務費に入らせていただきます。


 説明につきましては、ページを追って説明をさせていただきます。


 初めに、まず款2の総務費、項1総務管理費、目1一般管理費で、減になった理由につきましては、複写機の借り上げに関しまして長期継続契約により入札したことによるものでございます。


 次に、78ページをお願いいたします。


 目3秘書費につきましては特に変更はございません。


 目4企画費につきましては、増になった理由につきましては、利率の上昇による金利利子の増によるものでございます。


 目5広報広聴費につきましては、事務管理費において35周年記念事業が終了したことによる減額であります。また、予算には直接影響を与えませんが、広聴部門を強化させていただく予定をしておりますので、よろしくお願いを申し上げます。


 目6財政管理費につきましては、財政調整基金に小牧岩倉衛生組合のごみ焼却場建設に備え基金を積み立てさせていただくことによる積立金でございます。


 目7財産管理費につきましては、普通財産として交番跡地を売り払うため増額となっているものでございます。


 次に、80ページをお願いいたします。


 目8会計管理費については特に変更ございません。


 目9につきましては、交通安全防犯推進費につきまして特に変更ございません。


 目10交通災害共済費につきましては、市民部の方から、また後ほど説明をさせていただきます。


 目11、目12、そして目13、それぞれ特に変更はございません。


 82ページの関係をお願いいたします。


 目14の関係につきましても変更はございません。


 目15の情報化管理費の減額につきましては、電子情報システムの更新に伴う契約内容の見直し、そして入札等によるものでございます。


 次に、目16につきましても変更ございません。


 次に、項2徴税費でございます。


 徴税費の目2で賦課費は、市民税の税法改正に伴うプログラム修正料及び評価がえの準備のための固定資産評価業務委託料の増によるものでございます。


 次に、84ページをお願いいたします。


 選挙費の関係でございますが、目3選挙執行費は増額になっておりますが、新年度では愛知県議会議員一般選挙及び岩倉市議会議員一般選挙費、並びに木津用水土地改良区総代会総代総選挙費、そして参議院議員通常選挙費をお願いしております。


 それから、項5統計調査費、目1統計調査総務費につきましても変更はございませんので、よろしくお願いをいたします。以上でございます。


○議長(岸 孝之君) 続いて、款2のうち市民部に属する部分について説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 総務費のうち市民部に属する予算について御説明をさせていただきます。


 予算書の80ページをお願いいたします。


 目10交通災害共済費につきましては、会費の助成において72歳以上及び障害者等にさせていただいておりますので、よろしくお願いいたします。


 続きまして、82ページをお願いいたします。


 項3戸籍住民基本台帳費、目1戸籍住民基本台帳費につきましては、前年度比較474万7,000円の減額とさせていただいております。この減額の主な要因につきましては、職員管理費における人件費等、前年度において委託費用で地域人権活動活性化事業を行ったことによるものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 次に、款3民生費に入ります。


 初めに、款3のうち市民部に属する部分について説明を求めます。ページは86ページから96ページとなります。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 民生費のうち市民部に属する予算につきまして御説明をさせていただきます。


 88ページをお願いいたします。


 目5老人医療費につきましては、前年度比較31万8,000円の増額につきましては、職員等管理費の人件費によるものでございます。


 目7障害者医療費につきましては、前年度比較1,777万円の増額とさせていただいております。この増額の要因につきましては、新年度において、新たに中度・重度の精神障害の方が精神以外の疾病等で入院した場合、本人負担の医療費の2分の1を助成することにより384万円の増額、さらに前年度実績等を踏まえ1,393万円の増を見込んで、計上させていただいております。


 90ページをお願いいたします。


 目11後期高齢者医療準備費4,300万円につきましては、新年度において、平成20年度から施行される75歳以上の高齢者に係る医療について新たに県単位とした市町村が加入する広域連合による後期高齢者医療制度の準備経費を計上させていただくものでございます。需用費は、被保険者証や納付書等の送付用封筒などの作成費です。役務費は、被保険者証の送付料、啓発パンフレット送付料です。委託料につきましては、後期高齢者システム開発費、既存システム改修、広域システム処理開発等の電算業務に係る委託料でございます。備品購入費につきましては、連携サーバー、パソコン、プリンター、ネットワーク機器等の購入費でございます。負担金及び交付金につきましては、愛知県後期高齢者医療広域連合への負担金でございます。


 続きまして、94ページをお願いいたします。


 目8乳幼児医療費につきましては、前年度比較2,203万5,000円の増額をお願いしております。増額につきましては、前年度実績等を踏まえ助成件数や入院単価の増を見込み、増額をお願いしているものでございます。


 目9母子家庭等医療費につきましては、前年度比較32万8,000円の増額でございます。この医療費助成につきましても、前年度実績等を踏まえて見込み計上をさせていただいておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、款3民生費のうち福祉事務所に属する部分について説明を求めます。


 福祉事務所長。


○福祉事務所長(井筒洋一君) それでは、款3民生費について御説明いたします。


 86ページをお願いいたします。


 款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費につきましては、前年比較2,477万1,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、国民健康保険特別会計繰出金におきまして、出産育児一時金が平成18年10月から1件当たり30万円が35万円に改正されたことなどによる増額、また老人保健特別会計繰出金において、医療費等の増により2,305万4,000円の増額をすることなどによるものでございます。


 目3老人福祉費では、1,300万1,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、事務管理費で社会福祉協議会の職員体制に一部変更が生じることなどによるものでございます。


 続きまして、88ページをお願いいたします。


 目4老人憩の家総務費では、143万5,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、平成19年度から新たに東町にございます老人憩の家を委託することによります職員等管理費の減額と、新たに発生いたします委託料の差額と、南部老人憩の家の施設改修工事費として、新たに300万円をお願いしていることなどによるものでございます。


 目6心身障害者福祉費につきましては、3,395万9,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、平成19年度で計画期間の終了を迎えます岩倉市障害者計画につきまして、新たに平成20年度から5年間の計画を策定するための費用を計上させていただいております。また、これまで生活保護費の医療扶助で計上いたしておりました4人分の人工透析1,920万円につきまして、障害者自立支援法の施行によりまして自立支援医療給付費として予算の組み替えを行ったことなどが主な理由でございます。


 目8障害者センター費につきましては、629万7,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、平成18年度にお願いいたしておりました訓練室改修工事が終了したことなどによりまして、障害者センター施設管理費が減額したことが主な理由でございます。


 90ページをお願いいたします。


 目9ふれあいセンター運営費では10万9,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、昨年、侵入盗による盗難事件が発生いたしましたので、その防止策の一環といたしまして、警備管理業務を新たに委託させていただくための費用を計上させていただいたことなどによるものでございます。


 目10ボランティア活動センター費では、15万8,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、老朽化に伴いまして1階の会議室の空調機を新しいものに取りかえさせていただくための費用を計上させていただいていることなどによるものでございます。


 続きまして、款3民生費、項2児童福祉費、目1児童福祉総務費につきましては、229万3,000円の減額をお願いいたしております、これにつきましては、平成18年度における人事異動に伴う職員給料等の差額が主なものでございます。


 目2保育園費につきましては、8,456万6,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、職員等管理費で職員が退職することに伴う減額と、新たに東部保育園で実施いたしますつどいの広場事業の増額分の差額などによるものでございます。


 92ページをお願いいたします。


 目3児童館総務費につきましては、2,403万3,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、職員等管理費で職員が退職することによる減額、さらに第五児童館取得事業建てかえ償還が平成18年度をもちまして終了したことにより、児童館施設管理費が減額したことが主な理由でございます。


 目4放課後児童健全育成費につきましては、381万1,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、平成18年12月1日より学童保育を全館、全開設日を通じ午後7時まで実施することなどに伴い、パート賃金を増額させていただいたことが主な理由でございます。


 目5母子福祉費につきましては、200万1,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、DVによる被害者の措置を実績により5家族から4家族にさせていただいたことなどによるものでございます。


 目6家庭児童相談室費は大きな増減はございません。


 目7児童福祉手当総務費につきましては、4,921万8,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、平成19年4月から3歳未満児の児童手当につきまして、第1子、第2子につきまして、これまでの5,000円から1万円に増額することが主な理由でございます。


 94ページをお願いいたします。


 目10児童遊園費につきましては28万5,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、遊具等塗装委託料30万円を新たに計上させていただいたことなどが主な理由でございます。


 目11は、大きな増減はございません。


 目12青少年宿泊研修施設運営費につきましては、75万6,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、平成18年4月よりシルバー人材センターに委託させていただいております業務体制を一部見直し、繁忙期の平日を2人勤務とさせていただくための増額が主な理由でございます。


 目13地域交流センター運営費につきましては、639万2,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては職員等管理費で、職員が育児休業を取得すること等による減額と、さらにみどりの家の公共下水道への接続が終了したことによる施設管理費の減額が主な理由でございます。


 96ページをお願いいたします。


 款3民生費、項3生活保護費、目1生活保護総務費につきましては、516万2,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、人事異動等による職員等管理費の減額と、生活保護システム等購入による事務管理の増額の差額が主な理由でございます。


 目2扶助費につきましては、699万2,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、生活保護のうち生活扶助を受ける人員を実績によりまして6名増員させていただきまして、227名とさせていただいたことなどによるものが主な理由でございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 次に、款4衛生費について説明を求めます。ページ数は96ページから100ページとなります。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 款4衛生費につきまして御説明をさせていただきます。


 予算書96ページをお願いいたします。


 款4衛生費、項1保健衛生費、目1健康総務費につきましては、前年度比較121万4,000円の増額をお願いしております。この増額につきましては、職員等管理費における人件費でございます。


 目2保健費につきましては、前年度比較1,401万5,000円の増額とさせていただいております。この増額につきましては、がん検診事業における受診者見込み増による184万9,000円の増、母子健康診査委託事業におきまして、妊婦健康診査の助成回数を2回から3回にふやすことにより350万1,000円の増額、また予防接種事業において麻疹・風疹混合接種について、昨年6月に予防接種法施行令等が交付され、第2期の接種が追加されたため612万円の増額、さらにインフルエンザ予防接種の接種見込み数の増で396万1,000円の増額によるものでございます。


 98ページをお願いいたします。


 目3休日急病診療所運営費につきましては、前年度比較42万7,000円の減額とさせていただいております。減額の主なものは、休日診療対策費助成金の減額によるものでございます。


 目4保健センター運営費につきましては、前年度比較562万1,000円の減額でございます。減額の要因につきましては、前年度において公共下水道接続事業を行っていることによるものでございます。


 目7公害対策費につきましては、前年度比較379万1,000円の減額でございます。減額の要因につきましては、前年度において環境騒音観測装置を購入させていただいたことによるものでございます。


 項2清掃費、目1清掃総務費につきましては、前年度比較698万1,000円の減額でございます。減額の主な要因につきましては、職員等管理費において環境員1名の退職によるもので、再任用とさせていただくものでございます。


 目2塵芥処理費につきましては、前年度比較1,564万円の増額とさせていただいております。増額の主な要因につきましては、容器包装リサイクル業務委託について、前年度実績等を踏まえ増額をさせていただき、新たに不法投棄収集業務の委託として46万5,000円をお願いしております。さらに、新年度では車両の買いかえとして塵芥収集車購入事業920万円を計上させていただいております。


 目3し尿処理費につきましては、2,896万6,000円の減額でございます。減額の主な要因につきましては、愛北広域事務組合し尿処理場運営費等負担金において2,746万円の減額でございます。これは主に平成3年度に借り入れましたし尿処理施設建設事業債の償還が平成18年度で終了したことによるものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 次に、款5農林水産業費、款6商工費、款7土木費に入ります。


 初めに、款5から款7のうち、建設部に属する部分について説明を求めます。ページは100ページから108ページとなります。


 建設部長。


○建設部長(野杁二三夫君) 100ページの款5農林水産業費から御説明申し上げます。


 項1農業費の目1農業委員会費でありますが、愛知県支部農業委員会会長会が岩倉市で5月に行う予定になっておりますので、その経費を計上させていただいております。


 農業総務費は減でありますが、主な要因は、米の減反政策から生産調整に変更されたことによって各種減反取りまとめ事務が不要になった関係と、職員管理費の減であります。


 項3の農畜産業振興費の増要因は、尾張農業共済組合負担金がふえたことによるものであります。平成18年度から見直しがされて、437万6,000円が前年度より増となっております。また、事業内容としては、農業体験塾の講師謝金を4回から5回にふやしております。平成18度末で約20名程度の塾生で実施しておりますが、新たに募集をさせていただきまして、9名の応募があります。4月当初は二十四、五名のところでスタートができますので、同時期用の農地を今700平米程度準備しておりますが、2,000平米程度拡大をして進めていきたいと考えております。


 また、新ブランド野菜については、平成18年度にちっちゃい菜、スティックブロッコリー、プチベールの3種類を実施して、試食での評判は各野菜とも60%以上好評な結果を得ております。平成19年度はサラダ等に活用できる、また軽作業で栽培可能な野菜を二、三品目選定をして実施していく予定であります。


 102ページをお開きいただきたいと思います。


 病害虫予防費が15万9,000円の増であります。これは平成17年6月1日施行の特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律の関係で、今まで処理してきたヌートリアの取り扱い、さらには市内で出没するアライグマの対策を計上しました。アライグマについては、生きたまま指定の場所に持っていくというふうになっておりますので、そういった処分費等を計上させていただいております。


 それから、目5の水田農業構造改革対策費は減になっておりますが、これは先ほどに続きまして、転作作物の取りまとめ事務が必要なくなってきておりますので、その費用を減とさせていただいております。


 目6については、土地利用計画図印刷代の減であります。


 目7農地費192万4,000円の増であります。主な要因は工事請負費の増額であります。県費補助による用水路改修路線が1路線、市単独による用水路改修が2路線、いずれも平成18年に実施したものの引き続きであります。


 その他大きな変更はありません。


 続きまして、款6商工費、項1商工費について説明をいたします。


 目2商工振興費46万1,000円の減であります。主な要因は、岩倉駅東地区北街区市街地再開発事業の実施に伴いまして、駅前のアーチの関連費用が不要になったこと、さらには補助金等の見直しをしたこと、祭り等の委託料の見直しをしたことであります。事業内容では、いわくらお店探索スタンプラリー事業を引き続き実施しております。平成18年度の実績は、参加店が136店舗、前年が138店舗であります。応募総数は2,892件、前年が2,150件、ともに増加をしています。この事業は引き続きますが、今後新たな商工振興策についても商工会と協議をしていきたいと考えておりますので、お願いします。また、18年度に実施されましたイルミネーションは100を超える団体、個人の協賛を得て、12月2日から25日までお祭り広場で行われておりました。延べ1万人の参加があったと聞いております。また、10月22日に行われましたウオークラリーは有料参加者が550人、同日行われました模擬四九の市には10店の出店があり、約1,000人の市民の参加があったと聞いております。19年度も引き続きイルミネーション、四九の市、ウオークラリーなど、市民の手による実施が計画されておりますので、支援をしていきたいというふうに考えております。


 目3労務対策費でありますが、これは勤労者資金融資預託金が1,000万から1,300万に増額したことによるものであります。平成18年9月末現在の融資残額の5分の1を預託するということにしているためであります。


 次に104ページをお開きいただきたいと思います。


 目4観光費61万1,000円の減でありますが、主な要因は、まつり等の委託金の減額であります。新たな事業としては、桜の費用を30万計上しております。平成18年度に五条川の桜の勉強会10回、現地調査を4回する中で、桜の木の樹勢の弱さを講師から指摘を受けております。今回、昭和橋か彦太橋までの間を中心に肥料を入れ、この肥料を入れるのに、今回勉強会に参加された皆さんの協力を得ながら4月中・下旬に行う予定をしております。さらに、東町休憩場のトイレを一部洋式化させていただきます。


 目5の消費行政費12万円の増でありますが、消費生活専門相談員を新たに配置し、相談業務を月2回実施するための費用であります。また、消費生活講座の中で多重債務に関する講座を愛知県金融広報委員会の支援を受けながら実施していく予定であります。


 款7土木費、項1土木管理費の説明をさせていただきます。


 目1の土木総務費の増要因は、平成18年まで消防本部で行っておりました公共施設耐震診断を土木課で行うことになったためのものであります。公民館と大山寺市営住宅の2ヵ所を行います。また、平成27年度目途にした耐震促進計画を策定します。木造家屋等や公共施設の耐震化計画、避難者の通行を確保する道路を選定し、その沿道建築物の耐震化の方針などを策定するものであります。


 次に、項2道路橋梁費の説明をさせていただきます。


 目2道路新設改良費90万7,000円の減でありますが、市の事業としては舗装工事が5路線、側溝工事15路線を予定しております。また、甲豊田岩倉線の各工事については、濃飛倉庫の用地買収と物件移転、18年度買収した場所の側溝工事であります。橋梁耐震補強事業は上流から名神側道の南橋、伊勢橋、真光寺橋、彦太橋、大市場橋、待合橋の6橋で、平成19年度をもって橋梁改修計画がある生田橋を除き完了をいたします。乙北島藤島線道路改良については、用地買収費と物件費であります。平成18年度に橋梁の設計をいたしましたが、これについては19年度河川協議を行い、平成20年度からの事業実施となります。千亀橋補強事業については、平成16年に一部を補強し、平成17年度に基礎調査を行いました。その結果、早急な対応が必要となっており、補強のための工事を行います。生田橋かけかえ事業については、実施設計の設計委託料を負担するものでありまして、名古屋市、北名古屋市、岩倉市でそれぞれ3分の1負担をします。岩倉駅東西地下連絡道整備事業は、平成17年度にエレベーター設置事業で設置しました箇所と同様に整備するものでありまして、再開発事業地区の駅東地区再開発事業と整合等を持たせながら実施するものでございます。


 106ページをお開きいただきたいと思います。


 項4都市計画費を説明させていだきます。


 目1都市計画総務費は870万4,000円の減でありますが、これは都市基本計画図修正委託業務がなくなったことによるものであります。


 目2街路費2,526万9,000円の増であります。これは、北島藤島線街路改良工事の用地費、物件移転補償関係費を平成18年度より国庫補助の採択を受けて行っております。土木の方の乙北島藤島線道路改良と整合性を持たせながら事業実施するものであります。


 目4公園費2億5,860万5,000円の増であります。主な要因は、(仮称)竹林公園5,300万、(仮称)長瀬公園2億1,843万6,000円であります。竹林公園については、平成15年から実施しておりまして、ほぼ18年度中に河川整備は終わり、その後公園整備となっております。長瀬公園については、都市計画決定を行っておりまして、19年度に実施設計と用地買収4,653平米を行うものであります。


 108ページをお開きいただきたいと思いますが、目5屋外広告物取締費は19年度から違反広告物簡易除却活動員制度を創設します。年々増加する張り紙、張り札、立て看板等の違反広告物の撤去を市民ボランティアの力を借りて行うものであります。4月以降募集を行って、講習会を催し、活動員として認定して除去作業をしていただきます。ただ、除却に当たっては、交通事故や違反広告物の設置者のトラブルを避けるために、3人以上の活動団体をつくり行うようにしていく予定をしております。


 目6駅東地区再開発事業費4億7,861万8,000円の増であります。事業内容については、現在、建物除却が進みつつありますが、市施行による岩倉駅東西地下連絡道整備工事3億9,000万、ビル建設に伴う再開発組合に対する補助金2億3,360万、公共施設管理者負担金として再開発組合に駅前広場事業費として3億2,400万を支出します。また、北通線については、県の方から管理者負担金として支出されます。平成19年度中に主要な土木工事は完了して、再開発ビルは平成21年秋に完成する予定であります。


 なお、環境緑地費は環境保全緑地奨励交付金の廃止に伴い、廃目となっております。


 項5住宅費を説明させていただきます。


 平成18年度末の木造耐震診断実績は414戸、耐震改修は38戸となっております。耐震診断・改修の目標に対しての実施率は、耐震診断が57.5%、県下平均は53.5%。耐震改修は9.6%、県下平均が8.4%となっております。引き続き耐震診断、耐震改修を進めていきます。


 以上です。よろしくお願いします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、水道部に属する部分について説明を求めます。


 水道部長。


○水道部長(桜井竹雄君) それでは、土木費のうち水道部に属する部分につきまして説明申し上げます。


 106ページをお願いいたします。


 款7土木費、項4都市計画費、目3下水道事業費について説明させていただきます。


 下水道事業費は、前年度比6,419万3,000円の増額をお願いしておりますが、この内訳としましては、職員等管理費につきましては170万8,000円の増額とさせていただき、委託料につきましては、300万3,000円の減額をしております。この要因につきましては、昨年度、18年度一宮春日井線の排水路の布設工事に係る設計委託を行ったことによるものでございます。工事請負費につきましては、県の発掘調査により中断しておりました一宮春日井線排水路布設工事費3,430万円をお願いするものでございます。公共下水道事業特別会計繰出金につきましては、5億8,086万4,000円をお願いしておりますが、公債費等の増額により、前年度比3,118万8,000円の増額とさせていただいておりますので、よろしくお願いします。以上です。


○議長(岸 孝之君) 次に、款8消防費について説明を求めます。ページ数は108ページから110ページとなります。


 消防長。


○消防長(奥村正光君) それでは、款8消防費について御説明申し上げます。


 108ページをお願いします。


 項1消防費、目1常備消防費2,336万6,000円の減額につきましては、職員等管理費におきまして、職員数は変わりございませんが、退職、新規採用職員の給料等人件費の差によるものでございます。主な事業としましては、常備消防事業におきまして、消防学校等職員研修負担金につきまして新規採用職員4名の初任科入校、または救急隊員2名の養成を図るため、消防学校入校費用として156万円をお願いするものでございます。


 次に、消防車両管理費につきまして、はしご車の分解整備費用513万4,000円をお願いするものでございます。現在のはしご車は平成9年度に導入し、10年が経過することから、区分して分解整備をさせていただくものでございます。


 次に、110ページをお願いいたします。


 目3災害対策費914万8,000円の減額につきましては、18年度非常持ち出し袋の作成、防災ほっとメールの整備、貯留型仮設水洗トイレ設置事業をお願いいたしたものでございます。また、事務管理費におきまして、防災緑地登録事務の奨励金を1平方メートル70円から50円にするものでございます。防災緑地登録制度は平成11年度から実施し、市街化区域内農地を対象に1団の面積を500平方メートル以上とし、災害時における避難用地、仮設住宅建設用地、資材、廃棄物置き場、ごみ集積場等に活用することを目的としておりますが、一定公共用地での確保ができてきたことから見直しを行わせていただくものでございます。災害用備蓄備品の整備につきまして、需要費におきまして、毛布350枚の購入費128万6,000円、備品購入費におきましては、防災テント2張り、避難所用敷マットの増強、さらに新規事業としまして、災害時要援護者避難生活支援備品を整備するため251万8,000円をお願いするものです。


 目4消防施設費3,956万8,000円の増額につきましては、排気ガス規制による車両の更新をさせていただくものであり、18年度水槽付消防ポンプ自動車、小型動力ポンプ付積載車を更新させていただきました。平成19年度は、救助工作車、普通消防ポンプ自動車の更新をお願いするものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 次に、款9教育費について説明を求めます。ページは112ページから120ページとなります。


 教育部長。


○教育部長(伴 祥三君) 款9教育費について御説明申し上げます。


 112ページをお願いいたします。


 項1教育総務費、目2事務局費で、前年度比較298万8,000円の減額をお願いしておりますが、これは事務管理費の学校休業土曜日開放事業につきまして、小学校分を社会教育費の地域子ども教室へ移行したことによるものでございます。


 目3教育指導費753万5,000円の増額につきましては、新規に子どもと親の相談員を小・中学校7校に配置する費用499万8,000円と、私立幼稚園の補助事業で私立幼稚園就園奨励費補助金の補助単価のアップによる224万5,000円の増が主なものでございます。また、私立高等学校補助事業におきまして、私立高等学校等授業料補助金に所得区分を新たに設けまして、補助金の額を所得区分に応じ2万円から1万円の範囲とさせていただくものでございます。臨時講師事業につきましては、外国人の児童・生徒の増加に伴い、語学指導などの充実を図るため、臨時講師0.5人分の増員分として115万5,000円の増額をお願いするものです。平和祈念派遣事業につきましては、昨年までは中学生を派遣しておりましたが、19年度には新たに小学生5人と中学生9人を広島に派遣させていただくものでございます。新教育プラン事業につきましては、第1次の教育プラン事業が18年度で終了いたしまして、その成果をさらに発展させるための新教育プランを19年度から21年度の3ヵ年事業として新たにお願いするものでございます。


 項2小学校費につきまして御説明申し上げます。


 目1学校管理費の3,303万の減額につきましては、小学校施設改良費におきまして、昨年の小学校のLAN整備事業、五条川小学校の屋内運動場アスベスト除去工事が終了したことによるものでございます。また、学校環境整備費として、小学校の普通教室に扇風機を設置するために2,250万1,000円、北小南館耐震補強工事実施設計委託料384万2,000円をお願いするものでございます。


 114ページをお願いいたします。


 目2教育振興費につきましては、689万1,000円の増額でございます。これは18年度にLAN整備がされ、このコンピューターが本格稼働することにより、維持管理経費の増が主なものでございます。


 次に、項3中学校費につきまして御説明申し上げます。


 目1学校管理費につきまして66万2,000円の減額でございますが、これは経常経費の節減によるものでございます。また、中学校施設改良費で、中学校扇風機設置工事設計委託料27万円をお願いいたしております。


 116ページをお願いいたします。


 目2教育振興費につきまして381万1,000円の減額でございます。主なものといたしまして、前年の教科書の改訂による中学校の教科書、指導書及び指導用教材の減によるものでございます。


 次に、項4社会教育費について御説明申し上げます。


 目1生涯学習総務費につきまして158万2,000円の増額でございます。これは青少年健全育成事業の新規事業といたしまして、教育総務費の小学校での学校休業土曜日開放事業を統合し、社会全体で子どもを見守り育てていく子どもの居場所としての小学校に指導員を配置し、毎週土曜日の午前中に地域子ども教室を設けるための費用の増が主なものでございます。


 次に、目2公民館費につきましては、235万1,000円の減額でございます。


 主なものとしましては、職員等管理費の人件費の減と経常経費の節減でございます。


 目3図書費につきましては、304万円の減額でございます。


 118ページをお願いします。主なものといたしまして、職員等の管理費の人件費の減と経常経費の節減によるものでございます。


 目4文化事業では、64万1,000円の減額でございます。昨年は市制35周年を記念いたしまして、NHK大河ドラマ「功名が辻」に関連した文化講演会を開催いたしましたが、今年度は市民芸術劇場を予定しております。なお、入場券につきましては1,500円とさせていただくものでございます。ジュニアオーケストラ運営事業につきましては、指導料などの見直しを行いまして23万8,000円の減、音楽文化普及事業につきましても、前年度は小学校でございましたが、本年は中学校音楽鑑賞でございまして、この委託料の減が主なものでございます。


 目5文化財保護費につきましては、710万円の減額でございますが、これは昨年の市史編さん事業の市史発刊に係る事業費の減でございます。


 目6(仮称)生涯学習センター整備費につきましては、再開発ビルに整備される(仮称)生涯学習センターの公益床のうち、土地取得分といたしまして1億2,973万円をお願いするものでございます。


 次に、項5保健体育費につきまして御説明申し上げます。


 目1保健体育総務費につきましては115万3,000円の増でございます。スポーツ振興委託事業におきまして、本年は第52回四市交歓体育大会の当番市となりますので、その費用の増と、昨年から開催されました愛知県市町村対抗駅伝大会派遣事業の費用として27万9,000円の増が主なものでございます。また、スポーツ振興事業として、本年はスポーツ講演会の開催を予定させていただいております。なお、入場券につきましては500円とさせていただくものでございます。


 120ページをお願いいたします。


 目2体育施設管理費につきましては、475万9,000円の減額でございます。前年の大地プールの施設整備費用の減が主なものでございます。


 次に、項6給食センター運営費について御説明申し上げます。


 目1給食センター運営費につきましては1,229万1,000円の減額でございます。主なものといたしましては、前年の給食配送車購入事業の減と、職員の退職に伴う人件費の減が主なものでございます。


 款9教育費につきましては以上でございますので、よろしくお願いします。


○議長(岸 孝之君) 次に、款10公債費、款11諸支出金、款12予備費と歳入全体及び第2表 地方債について説明を求めます。歳出は120ページから122ページ、歳入は14ページから74ページ、第2表は7ページとなります。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 続きまして、120ページ下段でございますが、款10の公債費、項1公債費、目1元金では5,188万4,000円の増額でございますが、近年の借入額の影響によりまして、償還元金が切れたことによるものでございます。


 また、122ページをお願いいたします。


 目2利子につきましては1,831万4,000円の減でございます。これは市債総額が減少していること及び新たに借り入れる市債の借入利率が定率であることなどによるものでございます。


 款11諸支出金、款12予備費につきましては、前年度と特に変更はございません。


 続きまして、歳入をお願い申し上げます。恐れ入りますが、14ページをお願い申し上げます。


 初めに、款1の市税でありますが、市税全体で12.1%増の63億2,142万5,000円の計上をお願いしております。


 項1目1の個人市民税では、税源移譲と定率減税の廃止等の税制改正により増額となっておりますが、目2の法人市民税につきましては、事業所の収益減により減額とさせていただいております。市民税全体では5億8,400万円の増とさせていただいております。


 項2の固定資産税につきましては、家屋の新増築分による増等を見込みまして6,942万5,000円の増とさせていただいております。


 次に、16ページをお願いいたします。


 項3の軽自動車税の関係につきましては、350万円の増加を見込みさせていただきました。


 次に、18ページをお願いいたします。


 項5の都市計画税につきましても、固定資産税と同様に家屋の新増築分による増等を見込みまして、2,600万円の増とさせていただいております。


 款2地方譲与税につきましては、税源移譲により所得贈与税が廃止されることに伴い、3億6,700万円の減となっております。


 項1の自動車重量譲与税、項2の地方道路譲与税は、それぞれ実績に基づき計上をさせていただきました。


 款3の利子割交付金及び款4配当割交付金、並びに款5株式等譲渡所得割交付金につきましても、それぞれ実績に基づき計上をさせていただきました。


 款6の地方消費税交付金及び款7の自動車取得税交付金につきましても、特に変更はございません。


 20ページをお願いいたします。


 款8の地方特例交付金につきましては、定率減税の廃止によりまして、個人市民税が復元されたことなどによりまして、1億3,300万円の減となっております。


 款9の地方交付税につきましては、18年度の決算見込みや19年度地方財政計画を勘案しながら11億2,000万円を計上させていただきました。


 款11分担金及び負担金につきましては、ページをまたいでおりますが、社会福祉費負担金では、緊急通報システムの利用者負担金につきましては、新年度から介護保険の所得段階に応じた負担とさせていただくこととしております。


 次に、30ページをお願いいたします。


 款13国庫支出金では、項1国庫負担金で、社会福祉費負担金は障害者自立支援法に基づき介護給付費などを国が義務的経費化し、国庫補助金から負担金に組み替えたことにより増になっております。児童福祉費負担金は、児童手当の拡大により児童手当負担金などが増額されております。


 次に、37ページでございますが、北島藤島線の道路改良事業の補助金や再開発事業補助金といった土木費国庫補助金が大きく伸びておるところでございます。


 38ページをお願いいたします。


 款14の県支出金につきましては、民生費負担金で児童手当の拡大により増額になっております。


 次に、飛びまして72ページをお願いいたします。


 最後に、款20市債でございます。市債につきましては、3億910万円の増額となっております。これは前年度に比べまして公園整備事業や北島藤島線改良事業、駅東再開発事業の本格化、(仮称)生涯学習センター整備事業等の増によるものでございます。


 続きまして、7ページにお戻りいただきたいと思います。


 第2表の地方債でございます。清掃運搬施設等整備事業ほか10事業につきまして、それぞれ限度額、起債の方法、利率、償還方法について列記をさせていただいております。お目通しをいただきますようによろしくお願いをいたします。


 1ページにお戻りいただきたいと思います。


 第3条の一時借入金の関係でございますが、地方自治法第235条の3第2項の規定によりまして、一時借入金の最高限度額を8億円と定めさせていただいておりますので、よろしくお願いを申し上げます。


 それから、第4条の歳出予算の流用につきましては、従来と同様、自治法の規定に基づきまして流用できる場合は次のとおりということで、各項に計上した給料、職員手当及び共済費に係る予算額に過不足が生じた場合は、同一款内でこれらの経費の各項間の流用をお願いするものでございます。以上でございます。


○議長(岸 孝之君) お諮りします。


 ここで休憩したいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) 御異議なしと認めます。


 よって、休憩いたします。


      午後2時05分 休憩


 ─────────────────────


      午後2時20分 再開


○議長(岸 孝之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 議案第19号「平成19年度岩倉市国民健康保険特別会計予算」について説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第19号「平成19年度岩倉市国民健康保険特別会計予算」について御説明させていただいます。


 歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ46億2,978万9,000円とさせていただくものでございます。また、一時借入金の借り入れの最高額は5,000万円と定めさせていただいておりますので、よろしくお願いいたします。


 それではまず、歳出から御説明をさせていただきます。


 162ページをお願いいたします。


 款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、前年度比較149万2,000円の増額になっておりますが、この主な要因につきましては、職員管理費における人件費の増によるものでございます。


 項2徴税費、目1賦課徴収費につきましては、前年度比較178万2,000円の増額で、これは国民健康保険税の資格管理等システム使用料を一般会計から国保特別会計へ組み替えによるものでございます。


 款2保険給付費、項1療養諸費につきましては、前年度比較で1億6,279万8,000円の増額で、6.3%増とさせていただいております。これにつきましては、一般被保険者療養給付費で3.0%増、退職被保険者等療養給付費で10%増と、それぞれ前年度実績等を踏まえて計上をさせていただいております。


 164ページをお願いいたします。


 項2出産育児費、目1出産育児一時金につきましては、前年度比較450万円の増額となっております。これは昨年10月1日から1件30万円を35万円に当該一時金を引き上げたことによるものでございます。


 項3葬祭費、目1葬祭費につきましては、前年度比較1,100万円の減額となっています。これは新年度から1件10万円を5万円に引き下げをさせていただくもので、その減額によるものでございます。


 項4高額療養費、目1一般被保険者高額療養費の前年度比較900万円の減額、及び目2退職被保険者等高額療養費560万円の減額につきましては、いずれも前年度実績等を踏まえ、それぞれ見込み計上をさせていただいているものでございます。


 款3老人保健拠出金、項1老人保健拠出金につきましては、前年度比較で2,779万6,000円の減額となっておりますが、その要因は、平成14年10月の老人保健制度の改正に伴う国保からの拠出金の減額によるものでございます。


 款4介護納付金、項1介護納付金につきましては、前年度比較で768万6,000円の減額となっています。この要因につきましては、精算分に係る1人当たり負担額の減額に伴うものでございます。


 款5共同事業拠出金、項1共同事業拠出金、目1高額医療費共同事業医療費拠出金につきましては、前年度比較3億4,372万1,000円の増で、その増額要因につきましては、昨年10月からの県内市町村間の財政安定化を図るため、30万円以上の医療費について市町村が国保連合会へ拠出するものです。なお、拠出金額と同額を歳入の交付金として見込み計上をしております。


 款6保健事業費、項1保健事業費、目1疾病予防費につきましては、前年度比較130万2,000円の増額としております。増額の要因につきましては、新年度において、平成20年度から生活習慣病予防のための特定健康診査と特定保健指導を行うことが保険者に義務づけられ、具体的な目標値などを盛り込んだ特定健康診査等実施計画を策定することになり、その業務委託料を計上させていただいたことによるものでございます。


 款7公債費は、頭出しの1,000円でございます。


 166ページをお願いいたします。


 款8諸支出金400万1,000円及び予備費5,880万円につきましては、それぞれ前年度と同額を計上させていただきました。


 歳出合計は46億2,978万9,000円でございます。


 続きまして、歳入について御説明させていただきます。150ページをお願いいたします。


 款1国民健康保険税、項1国民健康保険税、目1一般被保険者国民健康保険税につきましては、前年度比較1.2%増の1,538万円の増額で、被保険者数の増加等を見込んでおります。


 目2退職被保険者等国民健康保険税は、前年度比較0.5%減で204万1,000円の減額で、実績等を踏まえ見込み計上をさせていただいておるものでございます。


 次に152ページ、款2使用料及び手数料40万円につきましては、前年度と同額を計上しております。


 款3国庫支出金、項1国庫負担金、目1療養給付費等負担金につきましては、前年度比較0.1%増、112万6,000円の増額を見込んでおります。


 目2高額医療費共同事業負担金1,658万4,000円につきましては、国庫負担金として歳出における高額療養費拠出金の4分の1が見込めることとなったため、計上させていただきました。


 項2国庫補助金、目1財政調整交付金につきましては、前年度比較2,860万2,000円の増額につきましては、実績等を踏まえて計上させていただいております。


 款4療養給付費等交付金、項1療養給付費等交付金につきましては、前年度比較1億610万5,000円の増額を計上させていただいております。これは退職被保険者等の療養給付費の増額が見込まれるため、計上させていただいたものでございます。


 款5県支出金、項1県支出金、目1県補助金300万円は、福祉医療波及分等の補助金を見込み計上しております。


 156ページをお願いします。


 目2県財政調整交付金につきましては、前年度比較2,840万4,000円の減額を見込んでおりますが、これは実績等を踏まえ、見込み計上をさせていただいております。


 項2県負担金、目1高額医療費共同事業負担金1,658万4,000円につきましては、国庫と同様、高額医療費拠出金の4分の1が見込めることとなったため、計上させていただいております。


 款6共同事業交付金、項1共同事業交付金につきましては、前年度比較3億4,372万1,000円の増額を見込んでいますが、これは歳出における高額医療費共同事業医療費拠出金と同額を計上しております。


 款7繰入金、項1繰入金、目1一般会計繰入金につきましては、前年度比較244万の増額とさせていただいております。増額の主な要因につきましては、昨年10月から出産育児一時金について、1件30万円から35万円に改正したことに伴うものの繰入金の増額でございます。


 158ページをお願いいたします。


 款8繰越金、項1繰越金1億3,052万3,000円につきましては、財源充当のため計上しております。


 款9諸収入、項1延滞金及び過料、項2預金利子、項3雑入につきましては、それぞれ実績等を踏まえ計上させていただいております。


 歳入合計は、46億2,978万9,000円でございます。


 なお、給与明細書につきましては、168ページから174ページにかけて示させていただいておりますので、よろしくお願いします。


 続いて、144ページをお願いいたします。


 第2表 債務負担行為につきましては、国民健康保険税システム使用料に伴う契約で、期間は平成20年4月1日から平成25年3月31日まで、限度額は630万円です。国民健康保険助成金システム使用料に伴う契約で、期間は平成20年4月1日から平成25年3月31日までで、限度額は378万円でございます。


 以上、よろしく御審議賜りますようお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第20号「平成19年度岩倉市老人保健特別会計予算」について説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第20号「平成19年度岩倉市老人保健特別会計予算」について御説明させていただいます。


 歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ27億9,903万2,000円とさせていただくものでございます。


 それでは、まず歳出から御説明させていただきます。


 190ページをお願いいたします。


 款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、前年度比較64万1,000円の減額でございます。これは主に、国保連合会レセプト共同電算処理業務委託における1件当たり単価が19円42銭から17円42銭に単価減となったための減額でございます。


 款2医療諸費、項1医療諸費、目1医療給付費につきましては、前年度比較7.5%増で、1億8,754万円の増額とさせていただいております。これは前年度実績等を踏まえ、見込み計上をさせていただいたものでございます。


 目2医療費支給費につきましては、前年度比較2.6%増で194万円の増額で、前年度実績等を踏まえ、見込み計上をさせていただいたものです。


 款3諸支出金につきましては、それぞれ頭出しの1,000円ずつ計上いたしております。


 款4予備費につきましては、繰越金1,369万4,000円をお願いしております。


 歳出合計として、27億9,903万2,000円でございます。


 続いて、歳入につきましては184ページをお願いいたします。


 款1支払基金交付金、項1支払基金交付金、目1医療費交付金につきましては、歳出の医療給付費及び医療費支給費に係る老人保健法に基づく負担割合により支払基金分を計上させていただいております。


 款2国庫支出金、項1国庫負担金、目1医療費負担金及び款3県支出金、項1県負担金、目1県負担金につきましても、款1の医療費交付金と同様にそれぞれ負担分を計上させていただいております。


 款4繰入金、項1一般会計繰入金、目1一般会計繰入金につきましては、老人保健法の規定に基づく医療費負担分と事務費を計上させていただきました。


 款5繰越金につきましては、前年度繰越金を充当させていただいております。


 款6諸収入につきましては、それぞれ頭出しで計上しております。


 歳入合計として、27億9,903万2,000円でございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第21号「平成19年度岩倉市土地取得特別会計予算」について説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 議案第21号「平成19年度岩倉市土地取得特別会計予算」について御説明をさせていただきます。


 初めに、歳入歳出予算の総額につきましては、6,987万1,000円であります。


 初めに、歳出から説明をさせていただきます。204ページをお願いいたします。


 歳出についての主なものにつきましては、款1項1目1土地取得費といたしまして、旧交番用地新柳町三丁目41番でございますが、これを売却するため、土地の分筆費として30万円を計上させていただいております。また、土地開発基金への積立金といたしまして、6,957万1,000円をお願いするものでございます。


 次に、202ページをお願いいたします。


 歳入につきまして、主なものといたしましては、款1財産収入、項1財産運用収入、目1利子及び配当金で、土地開発基金の預金利子といたしまして212万4,000円、項2財産売払収入、目1土地売払収入で、駅東地区北街区市街地再開発事業の代替といたしまして、新柳町三丁目41番の一部274平米を3,208万4,000円、そして(仮称)長瀬公園の公園用地といたしまして、東町東出口884平米を3,536万円で売却するものでございます。以上でございます。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第22号「平成19年度岩倉市学校給食費特別会計予算」について説明を求めます。


 教育部長。


○教育部長(伴 祥三君) 議案第22号「平成19年度岩倉市学校給食費特別会計予算」について御説明申し上げます。


 207ページをお願いいたします。


 平成19年度岩倉市学校給食費特別会計歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億7,263万1,000円でございます。


 歳出の説明をさせていただきます。


 218ページをお願いいたします。


 款1保健厚生費、項1学校給食費、目1給食費につきましては265万4,000円の増額でございます。給食回数は小学校189回、中学校192回でございます。増額の理由といたしましては、給食回数が、小学校が1回、中学校が3回の増によるものでございます。


 節13委託料7,559万7,000円につきましては、主食代としてパン、米飯、ソフトめん給食に係る予算でございます。


 節16原材料費につきまして9,703万4,000円でございますが、これにつきましては、副食調味料代で、おかずに係る予算でございます。


 次に、216ページの歳入をお願いいたします。


 款1分担金及び負担金、項1負担金、目1負担金につきましては265万4,000円の増額でございます。


 節1負担金につきましては1億7,262万7,000円で、小学校給食費は1億1,220万9,000円、中学校給食費は6,041万8,000円でございます。また、学校職員の給食費につきましては、本来の給食費に1食当たり経費分200円を加算しておりましたが、過去5年間の経費の実績が1食当たり150円となりましたので、今回から小学校で1食350円、中学校では380円とさせていただくものでございます。節2過年度収入は1,000円でございます。


 次に繰越金、預金利子、雑入はそれぞれ1,000円でございます。


 歳入合計といたしまして、1億7,263万1,000円でございます。


 以上、よろしくお願い申し上げます。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第23号「平成19年度岩倉市公共下水道事業特別会計予算」について説明を求めます。


 水道部長。


○水道部長(桜井竹雄君) 議案第23号「平成19年度岩倉市公共下水道事業特別会計予算」につきまして御説明申し上げます。


 歳入歳出予算の総額をそれぞれ12億2,971万円をお願いするものでございます。


 前年度12億5,898万7,000円に対し、2,927万7,000円の減額となっておるところでございます。


 それでは、歳出から説明をさせていただきます。


 236ページをお願いします。


 款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、前年度対比5万5,000円の増額、目2維持管理費につきましても6万2,000円の増額ということで、昨年度とほぼ同額となっておるところでございます。


 款2項1目1下水道建設費につきましては、総額4億6,866万2,000円を計上し、右岸処理区の面整備6.5ヘクタールを予定しておりますが、面整備に努めてまいります。なお、新規事業として、平成17年度に策定しました五条川の雨水整備計画に基づきまして、今年度南小学校に地下貯留槽を設置すべく500万の委託料を計上させていただいておりますので、よろしくお願いします。この下水道建設費につきましては、対前年度比は5,013万1,000円の減額となっているところでございます。


 款3項1公債費につきましては、地方債償還金利子等で5億2,852万3,000円を計上させていただいております。


 続いて、歳入を説明させていただきます。


 230ページをお願いいたします。


 款1分担金及び負担金、項1負担金につきましては、平成19年度に供用開始予定の右岸処理区10.5ヘクタールの受益者負担金と各賦課区の期別納付分を合わせて4,278万3,000円を計上いたしております。


 款2使用料及び手数料、項1使用料、目1下水道使用料につきましては、年度末の接続件数として合計7,500件を見込んでおります。総額2億161万1,000円を計上しております。


 款3国庫支出金、項1国庫補助金につきましては、1億1,000万円を計上しておるところでございます。


 款5繰入金、項1一般会計繰入金につきましては、5億8,086万4,000円をお願いしております。


 款7諸収入、項3雑入では、消費税還付金として211万7,000円を計上しております。


 款8項1市債では、2億9,230万をお願いしておるところでございます。


 続いて、224ページをお願いいたします。


 第2表 地方債の起債の目的、限度額につきましては、この表のとおりでお願いするものでございますが、利率の3.7%につきましては、一般会計では3.4ということでございますが、この相違につきましては、償還期限が下水道事業は30年ということで、一般会計の25年と比較して期間が長いということの差によるものでございます。


 なお、一時借入金の最高限度額は5億円とさせていただくものでございます。


 以上で説明を終わります。よろしくお願いします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第24号「平成19年度岩倉市介護保険特別会計予算」について説明を求めます。


 福祉事務所長。


○福祉事務所長(井筒洋一君) それでは、議案第24号「平成19年度岩倉市介護保険特別会計予算」について説明申し上げます。


 247ページをお願いいたします。


 歳入歳出予算の総額は、それぞれ16億8,763万5,000円と定めるものでございます。


 それでは、歳出から説明させていただきますので、264ページをお開きいただきたいと思います。


 款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、前年度対比451万円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、法改正に伴う介護保険電算処理システム改修が終了いたしましたので、その分の減額が主な理由でございます。


 項2徴収費、目1賦課徴収費につきましては、12万2,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、賦課徴収に使用する各種通知書などの印刷枚数の増加などが主な理由でございます。


 項3介護認定審査会費、目1介護認定審査会費につきましては、37万5,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、認定審査会の回数を実績に合わせて減らさせていただいたことなどが主な理由でございます。


 項4認定調査費、目1認定調査費につきましては、26万4,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、認定のために必要な主治医意見書の作成を実績に合わせて減らさせていただいたことなどが主な理由でございます。


 款2保険給付費、項1保険給付費につきましては、第3期介護保険事業計画を策定いたしておりますが、その中で利用者数やサービス利用料を推計し、積算をいたしております。保険給付費全体では、対前年度比0.6%減の915万4,000円の減額をお願いいたしております。


 266ページをお願いいたします。


 款3地域支援事業費、項1介護予防事業費につきましては、658万9,000円の減額をお願いいたしております。特定高齢者食の自立支援事業委託料の該当要件の見直しが示され、対象者が減ったことが主な理由でございます。


 項2包括的支援事業・任意事業等費につきましては、1,314万1,000円の増額となっております。これにつきましては、新規事業として認知症サポーター育成事業、高齢者虐待防止ネットワーク運営委員会の設立や、一般高齢者食の自立支援事業委託料で、特定高齢者施策対象とならなかった対象者の配食経費などが主な理由であります。


 款4財政安定化基金拠出金、項1財政安定化基金拠出金につきましては、介護給付費に対し0.1%の負担率となっており、今年度は161万8,000円を計上いたしております。


 款5基金積立金、項1基金積立金につきましては、介護給付準備基金に元利金1,269万1,000円を積み立てるものでございます。


 款6諸支出金、項1償還金及び還付金につきましては、第1号被保険者還付金60万円、償還金につきましては、県財政安定化基金への償還金650万円と、国庫負担金等の過年度分償還金の1,000円の頭出し、及び一般会計への繰出金が生じた場合に対応するために1,000円の頭出しをお願いいたしております。


 続きまして、歳入を説明させていただきますので、256ページをお願いいたします。


 款1介護保険料、項1介護保険料、目1第1号被保険者保険料につきましては、高齢者数を8,427人と見込み、計上をさせていただきました。


 款2分担金及び負担金、項1負担金、目1負担金につきましては、食の自立支援事業負担金1,299万4,000円を計上いたしております。


 款3国庫支出金、項1国庫負担金、目1介護給付費負担金については、居宅介護等給付費は20%、施設給付費については15%で計上いたしております。


 同じく項2国庫補助金、目1調整交付金につきましては、介護給付費総額の1.91%で計上いたしております。


 目2地域支援事業交付金につきましては、介護予防事業分は25%、包括的支援・任意事業分は40.5%で計上いたしております。


 258ページをお願いいたします。


 介護保険事業費補助金は、法改正に伴う電算システム改修委託料に充当する補助金でございましたので、廃除科目となっております。


 款4県支出金、項1県負担金、目1介護給付費負担金においては、居宅介護等給付費は12.5%、施設給付費については17.5%で計上いたしております。


 同じく項2財政安定化基金支出金、目1交付金及び目2貸付金につきましては、それぞれ1,000円の頭出しとなっております。


 同じく項3県補助金、目1地域支援事業交付金につきましては、介護予防事業分は12.5%、包括的支援・任意事業分は20.25%で計上いたしております。


 款5支払基金交付金、項1支払基金交付金、目1介護給付費交付金については、第2号被保険者に係る保険料を支払基金から交付金として介護給付費総額の31%を計上いたしております。


 同じく目2地域支援事業交付金については、介護予防事業分31%で計上いたしております。


 260ページをお願いいたします。


 款6財産収入、項1財産運用収入、目1利子及び配当金については、介護給付費準備基金の預金利子を見込むものでございます。


 款7繰入金、項1繰入金、目1繰入金については、節1の一般会計繰入金のうち介護給付費負担金として介護給付費総額の12.5%で計上いたしております。事務費繰入金につきましては、介護認定審査、認定調査に係る費用分をお願いいたしております。職員給与費等繰入金につきましては、7人分の経費をお願いいたしております。その他一般会計繰入金として、総務費の事務管理費、賦課徴収費などをお願いいたしております。地域生活支援福祉事業繰入金については、介護予防事業分、包括的支援事業・任意事業分、地域生活支援福祉事業分についてお願いをいたしております。


 同じく節2基金繰入金につきましては、介護給付費準備基金繰入金の1,000円の頭出しとなっております。


 262ページをお願いいたします。


 次に、款8繰越金については1,000円の頭出しをしており、款9諸収入につきましては、前年度同様、それぞれの節で1,000円の頭出しをお願いいたしております。


 以上、歳入歳出同額の16億8,763万5,000円をお願いいたしております。


 また、給与費明細書を270ページ以降につけさせていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第25号「平成19年度岩倉市上水道事業会計予算」について説明を求めます。


 水道部長。


○水道部長(桜井竹雄君) それでは、議案第25号「平成19年度岩倉市上水道事業会計予算」について御説明させていただきます。


 最初のページで277ページをお願いします。


 予算第2条におきましては、平成19年度における年間業務予定量をそれぞれ示させていただいております。


 第3条では、収益的収入及び支出の予定額は、収入は6億7,723万円、支出は6億6,288万2,000円と定めさせていただくものでございます。


 項目別の内訳につきましては、298ページの予算説明書により説明させていただきます。


 298ページをお願いします。収入から説明させていただきます。


 項1営業収益のうち目1給水収益6億5,529万6,000円で、水道料金の収入でございます。


 目2受託工事収益165万円で、配水管切り回し工事などの受託を受けて行う工事費の収入でございます。


 項2営業外収益のうち、目2他会計補助金は219万5,000円をお願いしておりますが、これにつきましては一般会計からの補助金でございます。


 目3雑収益は1,708万3,000円でございますが、下水道使用料収納事務受託費1,324万1,000円が主なものでございます。


 次に、300ページをお願いします。


 項1営業費用のうち目1原水及び浄水費2億7,860万7,000円で、県水受水費2億5,669万が主なものでございます。


 目2配水及び給水費は1億1,643万9,000円で、人件費5人分4,809万9,000円が主なものでございます。その他修繕費2,653万7,000円、動力費3,132万円が主なものとなっております。


 目4総係費は9,014万7,000円でございますが、人件費5人分と嘱託徴収員2名分で5,070万1,000円、また平成18年度に上下水道システムの使用期間が満了になったわけでございますが、このシステムの委託料として670万3,000円などが主なものとなっております。


 次に、302ページをお願いします。


 目5減価償却費は1億4,396万1,000円でございます。


 項2営業外費用では、目1企業債の支払利息及び企業債取扱諸費は609万3,000円でございます。


 目2消費税及び地方消費税は1,000万をお願いしております。


 項3特別損失は、水道料金の過年度損益修正損1,000万円であります。


 次に、最初の277ページに戻っていただきたいと思います。


 ここでは、第4条の資本的収入及び支出の予定額についてでありますが、収入は1億2,877万3,000円、支出は3億2,917万5,000円とするものでございます。項目ごとの内訳としましては、304ページをごらんください。収入は、項1給水負担金は3,408万1,000円、項2工事負担金は9,249万6,000円で、それぞれ水道に新たに加入していただく方の加入負担金と申し込みに係る給水管布設工事や下水道関連の支障移転に伴う工事負担金が計上されております。


 項4出資金は219万5,000円で、これは一般会計からの出資金でございます。


 次に308ページをごらんください。


 支出につきましては、項1建設事業費、目1配水設備改良費は2億8,086万5,000円で、人件費2人分として2,003万円、工事請負費の内訳としましては、申し込みの給水工事7,018万円、配水管整備工事は第3期整備計画関係工事と下水道工事関係の布設がえ工事で合計で1億292万円。新規工事として、老朽化した配水場電気設備の改修工事として7,285万7,000円。あわせて、井上町にある第2水源でございますが、これは地下水の井戸の取水でございます。井戸崩れといって白濁することがまれにあります。この白濁を監視するための装置として濁度計設置工事を425万円お願いするものでございます。さらに、建設後40年ちょっと経過しております岩倉団地の配水場の管理棟及び給水塔の耐震診断業務529万でございますが、今回お願いしております。


 次に、項2営業設備費は351万4,000円で、水道メーターの購入費191万4,000円、それと13年経過をしておりますカローラバンの買いかえ車両として160万円を計上しております。


 項3企業債償還金は4,479万6,000円をお願いしておるところでございます。


 次に、278ページにお戻りください。


 予算第5条 一時借入金、第6条 職員給与費に係る経費の流用、第7条 他会計からの補助金、第8条 たな卸資産購入限度額などにつきましては、それぞれの額について定めさせていただくものでございます。


 また、280ページ以降に、この予算に関する事項別の資料としまして実施計画書、資金計画、給与費明細書などの資料を添付させていただいております。御参照いただきたいと思います。


 以上で19年度予算の説明とさせていただきます。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第26号「岩倉市道路線の変更について」説明を求めます。


 建設部長。


○建設部長(野杁二三夫君) 議案第26号「岩倉市道路線の変更について」御説明申し上げます。


 今回、提案させていただきました道路線の変更については、岩倉駅東地区北街区再開発事業の実施に伴う道路線の変更であります。


 市道南50号線は終点の変更、市道南180号線、186号線、187号線、188号線はいずれも起点の位置の変更になっておりますので、よろしくお願いします。


 なお、同条例については、公布日をもって施行となりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第27号「字の区域の変更について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 議案第27号「字の区域の変更について」御説明を申し上げます。


 岩倉駅東地区北街区第一種市街地再開発事業につきましては、昨年12月に権利変換計画の認可がなされ、平成21年度の完成に向け事業が進められております。


 本議案の字の区域の変更については、再開発事業に伴い道路等の公共用地及び宅地の境界の位置が変換されることとなるため、事業施行後の現況に即した区画をもって施設建築物、駅前広場及び道路をそれぞれ1筆の敷地となるよう、町及び字の区域を変更するものでございます。


 変更調書、事業施行区域の位置図等は別紙のとおりでございますので、よろしくお願いをいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第28号「愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 議案第28号「愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について」御説明を申し上げます。


 今回の規約の改正につきましては、愛知県市町村職員退職手当組合の構成市町村の合併により、組合議員の定数の見直しと、地方自治法の一部改正に伴う同組合規約の変更を行うものでございます。


 まず、第2条は組合を組織する地方公共団体の規定でございますが、「別表」を「別表第1」とするものでございます。


 第4条は、字句の改正でございます。


 第5条につきましては、組合の議員定数を「12人」から「14人」とするものです。これは、これまでの市町村合併により、組合加入市町村は市では5市ふえて現在は11市に、町村では29町村が減って27町村となり、市と町村の構成比率が大きく変化してきたことにより、議員定数の見直しを行い、市から選出される議員定数を2人ふやし14人とするものでございます。


 第7条、第9条から第11条は、字句の改正と地方自治法の一部改正に伴い、会計管理者の設置や吏員制度の見直しに係る所要の改正を行うものでございます。


 また、別表につきましては、別表第1の次に第5条関係の別表第2を加えるもので、これは選挙区ごとの定数と選挙区の組合市町村を定めたものでございます。


 附則におきましては、施行期日を平成19年4月1日と定めており、ただし、議員定数の見直しに係る改正規定につきましては、平成19年4月1日以後最初に行われる議員の一般選挙から施行するものとしておりますので、よろしくお願いを申し上げます。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第29号「小牧岩倉衛生組合規約の変更について」説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第29号「小牧岩倉衛生組合規約の変更について」御説明をさせていただきます。


 今回の改正につきましては、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い改正をお願いするものでございます。


 改正の内容につきましては、規約第9条 執行機関の組織、第1項中「助役」を「副管理者」に、「収入役」を「会計管理者」に改め、同条第2項中「吏員その他の職員」を「職員」に改めるものでございます。


 第10条 執行機関の選任、第2項中「助役」を「副管理者」に、「収入役は」を「会計管理者は」に、「所属する組合市の収入役」を「属する組合市の会計管理者」に改め、同条第3項中「助役」を「副管理者」に、「収入役」を「会計管理者」に改め、同条第4項中「吏員その他の職員」を「職員」に改めるものでございます。


 附則につきましては、この規約は、平成19年4月1日から施行するものです。


 附則2、この規約の施行の際現に在職する助役は、その任期中に限り、改正後の小牧岩倉衛生組合規約第10条第2項の規定による副管理者とみなすものでございます。


 附則3、管理者の属する市に収入役が在職するときは、この規約による改正後の小牧岩倉衛生組合規約第10条第2項の規定の適用については、同項中「組合市の会計管理者」とあるのは「組合市の収入役」と読みかえるものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第30号「尾張農業共済事務組合規約の変更について」説明を求めます。


 建設部長。


○建設部長(野杁二三夫君) 議案第30号「尾張農業共済事務組合規約の変更について」御説明を申し上げます。


 今回の改正は、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い改正をお願いするものであります。


 内容につきましては、「収入役」を「会計管理者」に、「吏員その他の職員」を「職員」に、「、副管理者及び収入役」を「及び副管理者」にし、「又は収入役」を削除する。同じように、副管理者に係る部分を変えるものであります。


 なお、附則において、施行については4月1日とさせていただいて、同第2項においては、収入役在職期間中の読みかえを規定しておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第31号「尾張市町交通災害共済組合規約の変更について」説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第31号「尾張市町交通災害共済組合規約の変更について」御説明させていただきます。


 今回の改正につきましては、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い改正をお願いするものでございます。


 改正の内容につきましては、規約第6条 執行機関の組織及び選任の方法において、第1項中「収入役」を「会計管理者」に改め、同条第4項中「収入役は」を「会計管理者は」に、「収入役又は収入役の事務を兼掌する者」を「会計管理者」に改め、同条第5項中「、副管理者及び収入役」を「及び副管理者」に改め、同条第6項及び第7項中「吏員その他の職員」を「職員」に改めるものでございます。


 附則につきましては、この規約は平成19年4月1日から施行するものです。


 附則2につきましては、この規約の施行日以後において、管理者の属する組合市町の収入役が在職するときは、この規約による改正後の規約第6条第4項中「組合市町の会計管理者」とあるのは、「組合市町の収入役」と読みかえるものとするものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 以上をもって議案第5号から議案第31号までの概要説明を終わります。


 ─────────────────────





◎日程第7 議員提出議案第1号及び議員提出議案第2号の上程、提案説明、採決





○議長(岸 孝之君) 日程第7、議員提出議案第1号「岩倉市議会委員会条例の一部改正について」、議員提出議案第2号「岩倉市議会会議規則の一部改正について」を一括議題といたします。


 直ちに提案理由の説明を求めます。


 17番木村冬樹議員、登壇してください。


     〔17番木村冬樹君 登壇〕


○17番(木村冬樹君) 平成19年3月定例会に上程させていただきました議員提出議案第1号と議案第2号につきまして、提案理由の説明をさせていただきます。


 議員提出議案第1号「岩倉市議会委員会条例の一部改正について」。


 上記の議案を別紙のとおり岩倉市議会会議規則第13条の規定により提出いたします。提出者は私、木村冬樹です。賛成議員は、三輪佳幸議員、井上博彦議員、加納のり子議員、須藤智子議員、関戸八郎議員、宮川 隆議員であります。


 それでは、提案理由の説明をさせていただきます。


 議員提出議案第1号「岩倉市議会委員会条例の一部改正について」。


 今回の一部改正については、平成17年12月定例会において岩倉市議会の議員定数が22名から18名に改められたことにより改正を行うものです。お手元に配付いたしました議案をごらんいただきたいと思います。


 まず、第2条の表中の常任委員会の委員定数をそれぞれ6人に改めました。


 また、同表中の「厚生・文教常任委員会」と「建設・経済常任委員会」の名称を「市民・福祉常任委員会」と「建設・文教常任委員会」にそれぞれ改めました。さらに所管事項についても、各常任委員会の審査する内容、バランスを考慮するとともに、所管する当局側の部ごとに区分させていただきました。なお、総務常任委員会の所管事項の中にある「収入役」を「会計管理者」に改めています。また、地方自治法の一部を改正する法律が平成18年6月7日に公布されたことに伴う改正により、第6条で、閉会中においても議長の指名で委員の選任及び所属の変更ができるようにするものであります。


 附則といたしまして、この条例は、平成19年4月1日から施行する。ただし、第2条の改正規定(「収入役」を「会計管理者」とする部分を除く。)は、平成19年5月1日から施行するといたしました。


 以上であります。全会一致でこの議案を可決していただきますようお願いいたします。


 続きまして、提出議案第2号「岩倉市議会会議規則の一部改正について」。


 上記の議案を別紙のとおり岩倉市議会会議規則第13条の規定により提出いたします。


 提出者は私、木村冬樹です。賛成議員は、三輪佳幸議員、井上博彦議員、加納のり子議員、須藤智子議員、関戸八郎議員、宮川 隆議員であります。


 それでは、提案理由の説明をさせていただきます。


 提出議案第2号「岩倉市議会会議規則の一部改正について」につきましても、前議案と同様に、地方自治法の一部を改正する法律が平成18年6月7日に公布されたことに伴い、改正を行うものであります。


 主な内容といたしましては、第13条に1項を加え、2項で各常任委員会でも議案が提出できるようにするものであります。そして提出の方法についてを規定しています。


 第18条では、3項で議案の撤回及び訂正の方法について規定しています。


 第36条では、委員会提出議案は委員会付託をしないことができるよう規定いたしました。


 附則といたしまして、この規則は、平成19年4月1日から施行するとしました。


 以上であります。この議案についても全会一致で可決していただきますようお願いいたします。ありがとうございました。


○議長(岸 孝之君) 説明が終わりました。


 これより議案番号の順序に従い、審議を行います。


 初めに、議員提出議案第1号「岩倉市議会委員会条例の一部改正について」を審議いたします。


 お諮りします。


 本案については質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) 御異議なしと認めます。


 これより、議員提出議案第1号を採決いたします。


 本案について、原案のとおり可決することに賛成の議員の挙手を求めます。


       〔賛成者挙手〕


○議長(岸 孝之君) 挙手全員であります。


 よって、議員提出議案第1号は原案のとおり可決されました。


 次に、議員提出議案第2号「岩倉市議会会議規則の一部改正について」を審議します。


 お諮りします。


 本案については質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) 御異議なしと認めます。


 これより、議員提出議案第2号を採決いたします。


 本案について、原案のとおり可決することに賛成の議員の挙手を求めます。


       〔賛成者挙手〕


○議長(岸 孝之君) 挙手全員であります。


 よって、議員提出議案第2号は原案のとおり可決されました。


 本日はこれをもって散会いたします。


 次回は3月8日午前10時から再開をいたします。


 御苦労さまでございました。


      午後3時12分 散会


 ─────────────────────