議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 岩倉市

平成18年第2回定例会(第 1号 6月 8日)




平成18年第2回定例会(第 1号 6月 8日)




 平成18年6月(第2回)岩倉市議会定例会


 ─────────────────────



 平成18年6月8日(木)


 午前10時   開 会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 議会運営委員の選任について


日程第5 報告第1号及び報告第2号の報告、質疑


日程第6 議案第39号から議案第47号までの上程、提案説明


 ─────────────────────


〇本日の会議に付した案件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 議会運営委員の選任について


日程第5 報告第1号及び報告第2号の報告、質疑


日程第6 議案第39号から議案第47号までの上程、提案説明


 ────────────────────


〇出席議員(22名)


        1番  井 上 博 彦


        2番  石 黒 栄 一


        3番  高 桑 敏 直


        4番  加 納 のり子


        5番  山 田 隆 彦


        6番  井 上 敏 樹


        7番  柴 山 淳太郎


        8番  須 藤 智 子


        9番  松 浦 正 隆


        10番  大 島 昇 一


        11番  関 戸 八 郎


        12番  伊 藤 隆 信


        13番  柴 田 啓 一


        14番  馬 路 康 子


        15番  安 田   豊


        16番  桝 谷 規 子


        17番  木 村 冬 樹


        18番  横 江 英 樹


        19番  岸   孝 之


        20番  三 輪 佳 幸


        21番  塚 本 秋 雄


        22番  宮 川   隆


 ─────────────────────


〇欠席議員(0名)


 ─────────────────────


〇説明のため出席した者


   市     長  石 黒 靖 明


   助     役  赤 堀 俊 之


   教  育  長  井 上   剛


   総 務 部 長  長 瀬 章 一


   建 設 部 長  野 杁 二三夫


   市 民 部 長  井 上   勇


   福祉事務所長   井 筒 洋 一


   教 育 部 長  伴   祥 三


   消  防  長  奥 村 正 光


   水 道 部 長  桜 井 竹 雄


   行 政 課 長  松 田 喜 澄


 ─────────────────────


〇職務のため出席した事務局職員


   議会事務局長  大 西 富美男


   主    幹  森 島 克 己








      午前10時04分 開会


○議長(岸 孝之君) ただいまの出席議員は22名であります。


 したがいまして、定足数に達していますので議会は成立いたします。


 これより平成18年6月第2回岩倉市議会定例会を開会いたします。


 地方自治法第121条の規定により、議案等の説明者として、当局側の出席を求めております。


 議事は、お手元に配付してあります議事日程表に従い、進めさせていただきます。





 ─────────────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(岸 孝之君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第76条の規定により、議長において指名いたします。5番山田隆彦議員、6番井上敏樹議員を指名します。





 ─────────────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(岸 孝之君) 日程第2、6月定例会の会期の決定についてを議題とします。


 本件について、議会運営委員会が開催されていますので、報告を求めます。


 議会運営委員長、20番三輪佳幸議員。


○議会運営委員長(三輪佳幸君) 20番三輪です。


 去る6月2日に議会運営委員会を開催いたしまして、平成18年6月岩倉市議会定例会の会期について審議をいたしましたので、御報告をいたします。


 審議の結果、会期につきましては、本日6月8日より6月20日までの13日間とすることに決しております。


 以上、報告を終わります。


○議長(岸 孝之君) 報告が終わりました。


 お諮りします。


 本定例会の会期は、ただいま委員長の報告のとおり、本日から20日までの13日間とすることに御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) 御異議なしと認めます。よって、会期は13日間とすることに決しました。





 ─────────────────────





◎日程第3 諸般の報告





○議長(岸 孝之君) 日程第3、諸般の報告を行います。


 議長会等が開催されていますので、その概要と監査報告を議席に配付し、報告にかえさせていただきます。





 ─────────────────────





◎日程第4 議会運営委員の選任について





○議長(岸 孝之君) 日程第4、議会運営委員の選任についてを議題とします。


 議会運営委員である21番塚本秋雄議員より辞任の申し出があり、それを許可しましたので、欠員となりました。これより、議会運営委員の選任を行います。


 お諮りします。


 議会運営委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により議長において指名したいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) 御異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


 22番宮川 隆議員を指名したいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岸 孝之君) 御異議なしと認めます。


 よって、指名のとおり決しました。





 ─────────────────────





◎日程第5 報告第1号及び報告第2号


     (報告・質疑)





○議長(岸 孝之君) 日程第5、報告第1号「専決処分の報告について」、並びに報告第2号「情報公開及び個人情報保護に関する運営状況の報告について」を一括議題とし、説明を求めます。


 市長。


     〔市長石黒靖明君 登壇〕


○市長(石黒靖明君) 報告第1号「専決処分の報告について」につきましては、事故による和解につきまして、議会の権限に属する事項中、市長の専決処分事項について専決処分をさせていただきましたので、地方自治法の規定に基づきまして報告をさせていただくものでございます。


 報告第2号「情報公開及び個人情報保護に関する運営状況の報告について」につきましては、岩倉市情報公開条例及び岩倉市個人情報保護条例の規定に基づき、公開状況を6月定例会に報告させていただくものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 説明が終わりました。


 続いて、概要説明に入ります。


 報告第1号について説明を求めます。


 建設部長。


○建設部長(野杁二三夫君) 報告第1号「専決処分の報告について」、地方自治法第180条第1項の規定により、議会において指定されている事項について専決処分をさせていただきましたので、同条第2項の規定により報告をさせていただきます。


 専決第1号「事故による損害賠償の額の決定及び和解について」、説明をさせていただきます。 平成18年2月16日に発生した事故につきましては、損害賠償の額を決定し、これに伴う和解をしましたので、平成18年5月11日に専決処分をさせていただきました。事故の場所については、岩倉市神野町28番地先の道路上であります。事故の概要については、市道北426号線を南進中に、道路側溝通過の際、車体後部に割れた側溝ぶたが当たり、左側のバンパー等を破損したものであります。相手方の住所については、岩倉市中野町中野26番地の1、水野 修さんであります。事故当日の運転者はお子様であります。


 今回の損害賠償については、道路管理者の適切な管理の瑕疵によるもので、修理費用の4万845円を全額負担するものであります。なお、この損害賠償につきましては、社団法人全国市有物件災害共済会の道路賠償責任保険によって補てんされるものであります。


 事故の再発防止策として、現場の道路側溝を調査し、同様な事故の発生しそうな市内の側溝等も調査し、修繕をしております。今後こうした事故がないように、鋭意パトロール等を強化しながら適切な道路管理をしていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 教育部長。


○教育部長(伴 祥三君) 先の専決処分と同様、専決処分の報告について、地方自治法第180条第1項の規定により、議会において指定されている事項について専決処分をさせていただきましたので、同条第2項の規定により御報告させていただくものです。


 専決第2号「事故による損害賠償の額の決定及び和解について」、平成18年4月29日に発生した事故につきまして、賠償額を決定し、これに伴う和解をいたしましたので、平成18年5月25日に専決をさせていただきました。


 事故の内容につきましては、小型貨物ダンプ自動車による物損事故で、場所は岩倉市大地町野合51番地、史跡公園駐車場において、左折して移動するときに、左側に駐車してあった小型乗用車の右側の前の部分に接触し、バンパーなどを破損させたものであります。相手方の住所、氏名につきましては、名古屋市中川区小本本町2丁目73番地、木村 尚さんであります。


 賠償の額につきましては、12万251円であります。また、損害賠償の額につきましては、全額全国市有物件災害共済会の保険にて補てんされるものでございます。


 なお、今回の事故原因は、この車によく乗っている職員でありましたが、市民茶会の後片づけの終わりかけの、ほんの少しの気の緩みによる運転ミスでありました。事故後に、職員の事故防止に一層努めるよう指導しましたが、今後とも、特に行事の際には細心の注意を払い運転するよう指導に努めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 説明が終わりました。


 質疑を許します。


 18番横江英樹議員。


○18番(横江英樹君) 18番横江です。


 1点だけ、専決第1号についてお聞かせを願いたいんですが、2月16日に事故が発生した後、当局の方でパトロールをし直したということでありますが、横断側溝以外のところでも、側溝のふたががたついて、歩いただけでもちょっと浮き上がるようなところもかなりまだ見受けるところがあります。そしてまた、側溝のふたが割れてそのままになっているところもあるんですが、やはり今の市のパトロールの体制では、なかなかすべてを直していくということは無理だと思うんですよ。そういったことで、かつて暗がり診断という形で、市民の方々の協力を得て、市内全域の危険箇所を点検した経過があるんですが、そういった形で、一度全市的にこういった側溝だとかについて、市民の方々にお願いして一斉パトロールのような形で点検をし、再びこういった事故が起こらないような形でやっていくこともひとつ必要ではないのかなと思うんですが、そういった問題については、今後どのようにお考えでしょうか。


○議長(岸 孝之君) 建設部長。


○建設部長(野杁二三夫君) 先ほども少しお話しさせていただきましたが、横断側溝等についてのチェックはさせていただいております。御指摘の部分で、それぞれの区からのいろいろな御意見に従って対処しておるところもありますが、まだまだ不十分だと思いますので、どういった形で対応をとっておるのかについては少し前向きに検討させていただきたいというふうに思っております。


○議長(岸 孝之君) 15番安田 豊議員。


○15番(安田 豊君) 15番安田 豊です。


 私は専決第2号についてお尋ねしたいと思いますが、今回の事故はとまっている車でまだよかったと思うんですが、歩行者だったら本当に大変な事故につながっておりましたし、トラックは全長がある分だけ右折、左折のときには内輪差もありますし、相当な注意が必要だと思うんです。普通車感覚で運転したら大変な事故が引き起こされますので、この間もそうした事故の報告があったばかりで、連続しておりますよね。こうした再発防止策として、職員への安全対策、安全教育、どういう対策などを考えておられるのかについてお尋ねしたいと思います。


○議長(岸 孝之君) 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 職員の安全対策につきましてお答えをさせていただきます。


 交通安全の関係につきましては、これは職員研修の一環といたしまして、計画的に実施をまずしておるということが一つ、それから2点目でございますが、今年度初めて職員安全運転講習会を実施させていただきました。5月31日でございますが、内容的には安全運転についてということで、これは、財団法人愛知県交通安全協会交通安全普及所の方をお願いいたしまして、講話とビデオを行いました。


 そして2点目が、これも初めて行いましたが、実地研修ということでございまして、こちらの方、日頃なれていない車ということもございますので、ワゴン車を今回使いまして、実際、実地研修ということで行いました。今後につきましても、十分職員の安全運転につきましては研修等を通じまして徹底してまいりたいというふうに思っております。よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) これをもって質疑を終結し、報告第1号を終わります。


 続いて、報告第2号について説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 報告第2号につきまして、情報公開及び個人情報保護に関する運営状況の報告について、岩倉市情報公開条例第16条及び岩倉市個人情報保護条例第40条の規定に基づき、平成17年度の情報公開及び個人情報に関する運営状況につきまして、別紙のとおり御報告を申し上げます。


 別紙をお願いいたします。


 (1)の情報公開に関する運営状況につきましては、この1年間の請求件数は5件でございます。公開可否の件数といたしましては、全部公開5件、一部非公開及び非公開は0件でございます。不服申し立ての件数は0件でございます。


 公開内容につきましては、平成17年度岩倉市情報公開条例に基づく公文書公開状況一覧表を資料としてお手元に配付させていただいておりますので、よろしくお願いをいたします。


 1件目は、1.所得階層別収納率表、平成11年度分から平成15年度分、2といたしまして、県下各市収納率表、平成15年度分、3といたしまして、年齢階層別医療費統計表、平成16年度分であります。


 2件目は、国保加入世帯の所得ランク別の世帯数、平成11年度から平成15年度分であります。


 3件目は、岩倉市国保加入世帯所得状況、平成17年度分であります。


 4件目は、平成17年10月25日受け付けの戸籍謄抄本等郵送交付申請書であります。


 5件目は、国保加入世帯の所得ランク別の世帯数、平成6年度から平成10年度であります。


 以上、情報公開に関する運営状況につきまして報告をさせていただきましたが、情報公開に当たっては、基本的な考え方は、個人が特定できる住所、氏名など個人情報を除いて、できる限り文書を公開することが基本と考えております。


 次に(2)の個人情報保護に関する運営状況につきましては、平成17年4月1日に施行し、今回、個人情報保護条例第40条に基づき報告させていただくものですが、この1年間の請求件数は、開示請求、訂正請求、利用停止請求、いずれもございませんでした。


 以上、報告とさせていただきます。よろしくお願いをいたします。


○議長(岸 孝之君) 説明が終わりました。


 質疑を許します。


 17番木村冬樹議員。


○17番(木村冬樹君) 17番木村です。


 情報公開に関する運営状況の中の、4番目に報告がありました平成17年10月25日受け付けの戸籍謄抄本等郵送交付申請書についてお聞かせいただきたいんですが、戸籍謄抄本等を交付申請できる方というのはどういう方になるんでしょうか。


○議長(岸 孝之君) 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 私の方からお話をさせていただきます。


 特にこの戸籍謄抄本等郵送交付申請書につきましては、これは郵送で交付申請がなされたものでございまして、その後、どうもこれは私の申請ではないというようなことがございまして、それでこの申請書を見せてほしいということで、情報公開でこの交付申請書をお見せしたところ、私のものではないということでございまして、これはそういう形でございますが、特に郵送で戸籍の謄抄本の申請がなされた場合につきましては、私どもは申請者の住所、氏名、本籍、筆頭者名、こういうものがきちっと記載されているかどうか確認させていただいた上で交付させていただいておるということでございますので、よろしくお願いします。


○議長(岸 孝之君) 17番木村冬樹議員。


○17番(木村冬樹君) 17番木村です。


 今の御答弁でいきますと、要するに申請書の書かれている内容が間違っていなければ本人ということで見て、交付しているという形になっているということでよろしいでしょうか。


○市民部長(井上 勇君) そのとおりでございます。


○議長(岸 孝之君) これをもって質疑を終結し、報告第2号を終わります。





 ─────────────────────





◎日程第6 議案第39号から議案第47号まで


     (上程・提案説明)





○議長(岸 孝之君) 日程第6、議案第39号から議案第47号まで一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 市長。


     〔市長石黒靖明君 登壇〕


○市長(石黒靖明君) 平成18年6月定例会に上程させていただきました議案第39号から議案第47号につきまして、提案理由の説明をさせていただきます。


 議案第39号「岩倉市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について」につきましては、地方公務員災害補償法等の改正に伴い、通勤の定義及び関係条項の用語等の改正をお願いするものでございます。


 議案第40号「岩倉市乳幼児医療費助成条例の一部改正について」、議案第41号「岩倉市母子家庭等医療費助成条例の一部改正について」、議案第42号「岩倉市高齢者医療費支給条例の一部改正について」、議案第43号「岩倉市障害者医療費支給条例の一部改正について」につきましては、愛知県福祉医療費支給事業等事務取扱要綱の改正に伴い、病院等への入院等により住所を変更した乳幼児、高齢者等について、居住地特例に関する規定を定める改正をお願いするものでございます。


 議案第44号「岩倉市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について」につきましては、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の改正に伴い、退職報償金の額の引き上げをお願いするものでございます。


 議案第45号「平成18年度岩倉市一般会計補正予算(第1号)」につきましては、総額で189万7,000円を増額させていただくものでございます。


 歳出につきましては、総務費で、大地町公会堂の改修工事等に係る補助金、商工費で、財団法人地域活性化センターからの助成金を受けて行う桜並木、子どものための勉強会講師謝礼、教育費で、県の委託金を受けて行う子どもと親の相談員活用調査研究事業などの3事業の委託料をお願いするものでございます。


 歳入につきましては、県支出金、老人保健特別会計からの繰入金、繰越金、諸収入をお願いするものでございます。


 議案第46号「平成18年度岩倉市老人保健特別会計補正予算(第1号)」につきましては、総額で3,212万3,000円の増額をさせていただくものでございます。


 歳出の主なものにつきましては、前年度医療諸費の確定に伴い、支払基金の超過交付及び一般会計繰入金の超過繰り入れに係る償還金等を増額させていただくものでございます。


 なお、この歳入につきましては17年度の決算でございますので、17年度の国庫負担金の確定に伴う増及び繰入金など、17年度決算にあわせてお願いするものでございますから、よろしくお願いいたします。


 議案第47号「水槽付消防ポンプ自動車の購入契約について」につきましては、5月25日に指名競争入札を執行いたしましたので、岩倉市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。


 以上、よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 提案理由の説明が終わりました。


 続いて、議案の概要説明に入ります。


 議案第39号「岩倉市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 議案第39号「岩倉市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について」御説明させていただきます。


 改正理由といたしましては、地方公務員災害補償法に規定する通勤の範囲が改正されたこと、及び障害等級ごとの障害について規定されたこと、並びに障害者自立支援法の施行により、身体障害者福祉法に規定する身体障害者療護施設等の施設が障害者支援施設等に移行することに伴い、議会の議員その他非常勤の職員に係る補償の制度についても同様の措置を講ずるために改正するものでございます。


 それでは、改正条文に従いまして御説明を申し上げます。


 第2条の2第1項中「住居と勤務場所との間」を「次に掲げる移動」に、「往復する」を「行う」に改正し、通勤の規定といたしまして、同項に第1号として「住居と勤務場所との間の往復」を、第2号として「一つの勤務場所から他の勤務場所への移動その他の規則で定める就業の場所から勤務場所への移動」等を加えるものでございます。


 次に、字句の改正といたしまして、同条第2項中「前項の往復」を「前項各号に掲げる移動」に、「同項の往復」を「同項各号に掲げる移動」に改正するものでございます。


 次に、第9条につきましては、障害補償に関する改正といたしまして「等級に該当する身体障害」を「障害等級に該当する障害」に、「障害の等級」を「障害等級」に、第10条第2項は休業補償等の制限で、字句の改正といたしまして、「身体障害」を「障害」に改めるものでございます。


 次に、第10条の2第2号につきましては、介護補償に関する改正といたしまして、「障害者自立支援法第5条第12項に規定する障害者支援施設に入所している場合」に改め、また、第3号として「障害者支援施設に準ずる施設として市長が定めるものに入所している場合」を加えるものでございます。


 第12条第1項第4号では、「別表第2第7級以上の等級の身体障害」を「別表第2の第7級以上の障害等級の障害」に改正するものでございます。


 続きまして、附則の第2条の3第1項及び第2条の4第2項中の「障害の等級」を「障害等級」に、第5条第1項では「傷病、身体障害」を「障害」に改めるものでございます。


 次に、別表第2の表におきまして「等級」を「障害等級」に、また、同表の備考を「この表に定める障害等級に該当する障害は、地方公務員災害補償法第29条第2項に規定するところによる」と改正するものでございます。


 附則では、第1項におきまして施行期日を規定しており、この一部改正条例は、公布の日から施行するものでありますが、第10条の2第2号の改正規定及び同条に1号を加える改正規定につきましては、当該改正内容に係る地方公務員災害補償法の一部改正にあわせて、平成18年10月1日から施行するものでございます。


 また、第2項におきましては、経過措置を規定させていただいております。


 以上です。よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第40号「岩倉市乳幼児医療費助成条例の一部改正について」説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第40号「岩倉市乳幼児医療費助成条例の一部改正について」御説明をさせていただきます。


 今回の条例改正につきましては、愛知県福祉医療費支給事業等の事務取扱要領の一部改正がされまして、本年8月1日から施行されることに伴い、病院等により住所を変更した乳幼児について居住地特例に関する規定を定めるものでございます。


 改正の内容につきましては、第2条の次に居住地特例として第2条の2を加えるもので、国民健康保険法第116条の2第1項各号に規定する病院、診療所、施設または住居に、入院、入所または入居したことにより、岩倉市の区域外に住所を変更したと認められる乳幼児については、前条の規定にかかわらずこの条例において「乳幼児」とする。


 第2項、病院等に入院等をしたことにより、岩倉市の区域内に住所を変更したと認められる乳幼児については、前条の規定にかかわらずこの条例において「乳幼児」としないとするものです。


 附則につきましては、施行期日として、この条例は平成18年8月1日から施行するものです。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第41号「岩倉市母子家庭等医療費助成条例の一部改正について」説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第41号「岩倉市母子家庭等医療費助成条例の一部改正について」御説明をさせていただきます。


 今回の条例改正につきましては、前議案と同様に、愛知県福祉医療費支給事業等事務取扱要領の一部改正がなされ、本年8月1日から施行されることに伴い、病院等への入院等により住所変更した母子家庭等について、居住地特例に関する規定を定めるものでございます。


 改正の内容につきましては、第2条の次に居住地特例として第2条の2を加えるもので、国民健康保険法第116条の2第1項各号に規定する病院、診療所、施設または住居に、入院、入所または入居したことにより、岩倉市の区域外に住所を変更したと認められる前条第1項各号に該当する者については、前条第1項の規定にかかわらず受給資格者とする。


 第2項、病院等に入院等をしたことにより、岩倉市の区域内に住所を変更したと認められる前条第1項各号に該当する者については、前条第1項の規定にかかわらず受給資格者としないとするものでございます。


 附則につきましては、施行期日として、この条例は平成18年8月1日から施行するものです。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第42号「岩倉市高齢者医療費支給条例の一部改正について」の説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第42号「岩倉市高齢者医療費支給条例の一部改正について」御説明をさせていただきます。


 この条例改正につきましても、前条例改正と同様で、居住地特例に関する規定を定めるものでございます。


 改正の内容につきましては、第2条の次に居住地特例として第2条の2を加えるもので、国民健康保険法第116条の2第1項各号に規定する病院、診療所、施設または住居に、入院、入所または入居したことにより、岩倉市の区域外に住所を変更したと認められる73歳以上の者については、前条の規定にかかわらず受給資格者とする。


 第2項では、病院等に入院等をしたことにより、岩倉市の区域内に住所を変更したと認められる73歳以上の者については、前条の規定にかかわらず受給資格者としないとするものでございます。 第3条中「前条」を「前2条」に改めるものでございます。


 附則につきましては、施行期日として、この条例は平成18年8月1日から施行するものです。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第43号「岩倉市障害者医療費支給条例の一部改正について」の説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第43号「岩倉市障害者医療費支給条例の一部改正について」御説明をさせていただきます。


 この条例改正につきましても、前条例改正と同様で、居住地特例に関する規定を定めるものでございます。


 改正の内容につきましては、第3条の受給資格者については、居住地特例に関する条文の整理をしたものでございます。


 第3条の次に居住地特例として第3条の2を加えるもので、国民健康保険法第116条の2第1項各号に規定する病院、診療所、施設または住居に、入院、入所または入居したことにより、岩倉市の区域外に住所を変更したと認められる心身障害者については、前条の規定にかかわらず受給資格者とする。


 第2項、病院等に入院等をしたことにより、岩倉市の区域内に住所を変更したと認められる心身障害者については、前条の規定にかかわらず受給資格者としないとするものでございます。


 第4条中「前条」を「前2条」に改めるものでございます。


 附則につきましては、施行期日として、この条例は平成18年8月1日から施行するものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第44号「岩倉市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について」の説明を求めます。


 消防長。


○消防長(奥村正光君) 議案第44号「岩倉市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について」御説明申し上げます。


 非常勤消防団員に対する処遇改善を図るため、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部を改正する政令が平成18年3月27日に公布、同年4月1日施行され、退職報償金の支給額が引き上げられました。その内容につきましては、別表に定める退職報償金の支給額を分団長、班長及び副班長の階級において、勤続10年以上15年未満、勤続15年以上20年未満、勤続20年以上25年未満についてそれぞれ一律2,000円ずつ増額する改正になっておりまして、その内容にて岩倉市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正をさせていただくもので、別表に定める退職報償金支給額表中、分団長、班長及び副班長の階級において、勤続10年以上15年未満、勤続15年以上20年未満、勤続20年以上25年未満についてそれぞれ一律2,000円ずつ増額する改正をさせていただくものでございます。


 附則につきましては、施行期日は公布の日から施行させていただき、経過措置、第2項では、改正後の退職報償金の規定は適用日の平成18年4月1日以後に退職した消防団員に適用するもので、同日前に退職した消防団員については従前の例によることとし、第3項では内払いに関する規定について定めさせていただいております。


 なお、平成18年4月1日以降の退職消防団員は現在のところございません。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第45号「平成18年度岩倉市一般会計補正予算(第1号)」について説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(長瀬章一君) 議案第45号「平成18年度岩倉市一般会計補正予算(第1号)」について御説明いたします。


 第1条では、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ189万7,000円を追加し、総額を116億5,189万7,000円とさせていただくものでございます。


 初めに、9ページの歳出から説明をさせていただきます。


 款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費、事業名、区公会堂建設費等補助事業、節19負担金補助及び交付金75万7,000円の増額は、大地町公会堂の改修工事等に対する補助金で、工事費の2分の1を補助するものでございます。


 次に、款6商工費、項1商工費、目4観光費、事業名、桜管理等事業、節8報償費30万円の増額は、財団法人地域活性化センターの地域づくりアドバイザー事業助成金を受け、市民による桜並木の保存会を設立するための勉強会の講師謝礼を計上させていただくものでございます。


 款9教育費、項1教育総務費、目3教育指導費、事業名、教育指導費、節13委託料84万円の増額は県の委託を受けて行います、子どもと親の相談員活用調査研究事業など3事業の委託料をお願いするものでございます。


 歳出に続きまして、7ページの歳入について御説明をいたします。


 款14県支出金、項3県委託金、目5教育費委託金、節1教育費委託金84万円は、歳出で御説明いたしました子どもと親の相談員活用調査研究委託など3事業の委託金であります。


 款17繰入金、項1繰入金、目1繰入金、節2特別会計繰入金2,321万3,000円につきましては、平成17年度の老人保健特別会計の決算により生じた繰出金の算出超過分を精算するため、老人保健特別会計から繰り入れるものであります。


 款18繰越金、項1繰越金、目1繰越金、節1前年度繰越金につきましては、今回の補正の財源調整として2,245万6,000円の減額をお願いするものであります。


 款19諸収入、項5雑入、目3雑入、節5商工費雑入30万円は、歳出で御説明しました桜の勉強会の事業費として財団法人地域活性化センターから交付されます地域づくりアドバイザー事業助成金であります。


 歳入の合計額は歳出と同額の189万7,000円であります。


 以上で一般会計の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第46号「平成18年度岩倉市老人保健特別会計補正予算(第1号)」について説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第46号「平成18年度岩倉市老人保健特別会計補正予算(第1号)」について御説明をさせていただきます。


 補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,212万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ26億4,230万2,000円とさせていただくものでございます。また、今回の補正予算につきましては、平成17年度の医療費等の確定に伴い、概算交付を受けております額に過不足が生じ、それを精算させていただくものでございます。


 それでは、歳出から御説明をさせていただきます。


 9ページをお願いいたします。


 款3諸支出金、項1償還金、目1償還金、節23償還金利子及び割引料889万5,000円につきましては、平成17年度の医療諸費決算額に対する愛知県社会保険診療報酬支払基金の交付額が超過交付となったため、平成18年度において889万5,522円を返還するものでございます。


 項2繰出金、目1一般会計繰出金、節28繰出金2,321万3,000円につきましては、平成17年度の医療諸費及び事務費の決算額に対する一般会計繰入金が超過交付となったため、平成18年度において2,321万3,513円を返還するものでございます。


 款4予備費、項1予備費、目1予備費、節29予備費1万5,000円につきましては、預金利子分を会計余剰金として予備費に計上するものでございます。


 続きまして、歳入を御説明させていただきます。


 7ページをお願いいたします。


 款1支払基金交付金、項1支払基金交付金、目2審査支払手数料交付金、節2過年度分10万9,000円につきましては、平成17年度審査支払手数料に対する支払基金の交付額が確定額を下回ったため、平成18年度において追加交付を受けるものでございます。


 款2国庫支出金、項1国庫負担金、目1医療費負担金、節2過年度分2,160万1,000円につきましては、平成17年度の医療諸費に対する国庫負担金の交付額が確定額を下回ったため、平成18年度において追加交付を受けるものでございます。


 款3県支出金、項1県負担金、目1県負担金、節2過年度分168万8,000円につきましては、これも国庫負担金と同様、交付額が確定額を下回ったため、追加交付を受けるものでございます。


 款5繰越金、項1繰越金、目1繰越金、節1前年度繰越金872万5,000円につきましては、平成17年度の会計収支の確定により繰越金を計上するものです。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 続いて、議案第47号「水槽付消防ポンプ自動車の購入契約について」説明を求めます。


 消防長。


○消防長(奥村正光君) 議案第47号「水槽付消防ポンプ自動車の購入契約について」御説明申し上げます。


 岩倉市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき、下記のとおり契約を締結するため議会の議決を求めるものでございます。


 この車両につきましては、平成16年4月1日に緊急消防援助隊の消火部隊に登録していることから、緊急消防援助隊設備整備費補助事業の災害対応として国庫補助が採択されたものであります。 1、契約の目的は、水槽付消防ポンプ自動車購入でございます。2の契約方法は、指名競争入札で行いました。3の契約金額は、3,265万5,000円で、うち消費税及び地方消費税につきましては155万5,000円でございます。4の契約の相手方は、名古屋市熱田区五本松町3番11号、小川ポンプ工業株式会社名古屋出張所所長、小河 元でございます。5、納入期限は、平成19年1月12日とさせていただいております。6の予算の科目につきましては、款消防費、項消防費でございます。 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(岸 孝之君) 以上をもって議案第39号から議案第47号までの概要説明を終わります。


 本日はこれをもって散会します。


 次回は6月12日午前10時から再開をいたします。御苦労さまでした。





             午前10時46分 散会


          ─────────────────────