議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 岩倉市

平成17年第1回定例会(第 1号 3月 2日)




平成17年第1回定例会(第 1号 3月 2日)




 平成17年3月(第1回)岩倉市議会定例会



 平成17年3月2日(水)


 午前10時   開 議


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 所信表明


日程第5 報告第1号の報告、質疑


日程第6 諮問第1号及び議案第1号と議案第2号の上程、提案説明


     (議案精読)


     諮問第1号及び議案第1号と議案第2号の質疑、採決


日程第7 議案第3号から議案第27号までの上程、提案説明


 ─────────────────────


〇本日の会議に付した案件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 所信表明


日程第5 報告第1号の報告、質疑


日程第6 諮問第1号及び議案第1号と議案第2号の上程、提案説明


     (議案精読)


     諮問第1号及び議案第1号と議案第2号の質疑、採決


日程第7 議案第3号から議案第27号までの上程、提案説明


 ─────────────────────


〇出席議員(22名)


        1番  井 上 博 彦


        2番  石 黒 栄 一


        3番  高 桑 敏 直


        4番  加 納 のり子


        5番  山 田 隆 彦


        6番  井 上 敏 樹


        7番  柴 山 淳太郎


        8番  須 藤 智 子


        9番  松 浦 正 隆


        10番  大 島 昇 一


        11番  関 戸 八 郎


        12番  伊 藤 隆 信


        13番  柴 田 啓 一


        14番  馬 路 康 子


        15番  安 田   豊


        16番  桝 谷 規 子


        17番  木 村 冬 樹


        18番  横 江 英 樹


        19番  岸   孝 之


        20番  三 輪 佳 幸


        21番  塚 本 秋 雄


        22番  宮 川   隆


 ─────────────────────


〇欠席議員(0名)


 ─────────────────────


〇説明のため出席した者


   市     長  石 黒 靖 明


   助     役  伊 達 征 人


   収  入  役  服 部 靖 夫


   教  育  長  井 上   剛


   総 務 部 長  鎌 田 正 堂


   建 設 部 長  野 杁 二三夫


   市 民 部 長  井 上   勇


   福祉事務所長   井 筒 洋 一


   教 育 部 長  長 瀬 章 一


   消  防  長  赤 堀 俊 之


   水 道 部 長  桜 井 竹 雄


   行 政 課 長  大 貫   晟


 ─────────────────────


〇職務のため出席した事務局職員


   議会事務局長   伴   祥 三


   主     幹  森 島 克 己








              午前10時02分 開会


○議長(三輪佳幸君) ただいまの出席議員は22名であります。


 したがいまして、定足数に達しておりますので議会は成立いたします。


 これより平成17年3月第1回岩倉市議会定例会を開会します。


 地方自治法第121条の規定により、議案等の説明者として、当局側の出席を求めております。


 議事は、お手元に配付してあります議事日程表に従い、進めさせていただきます。





          ─────────────────────


◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(三輪佳幸君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第76条の規定により、議長において6番井上敏樹議員、7番柴山淳太郎議員を指名いたします。


          ─────────────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(三輪佳幸君) 日程第2、3月定例会の会期の決定についてを議題といたします。


 本件について、議会運営委員会が開催されておりますので、報告を求めます。


 議会運営委員長、12番伊藤隆信議員。


○議会運営委員長(伊藤隆信君) 12番伊藤隆信でございます。


 去る2月25日午前10時より、議会運営委員会を開催いたしました。平成17年3月第1回岩倉市議会定例会の会期について審議をいたしましたので、報告をいたします。


 審議の結果、本定例会の会期につきましては、本日3月2日から3月23日までの22日間とすることに決しております。


 以上、報告を終わります。


○議長(三輪佳幸君) 報告が終わりました。


 お諮りします。


 本定例会の会期は、ただいま委員長の報告のとおり、本日から23日までの22日間とすることに御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 よって、会期は22日間とすることに決しました。





          ─────────────────────





◎日程第3 諸般の報告





○議長(三輪佳幸君) 日程第3、諸般の報告を行います。


 議長会等が開催されていますので、その概要と監査報告を議席に配付し、報告にかえます。





          ─────────────────────





◎日程第4 所信表明





○議長(三輪佳幸君) 日程第4、所信表明に入ります。


 市長の発言を許します。


 登壇してください。


     〔市長石黒靖明君 登壇〕


○市長(石黒靖明君) 本日ここに、平成17年岩倉市議会3月定例会の開会に当たり、私の5期目の市政運営に対する所信を申し上げ、議員各位並びに市民の皆様の御理解と御協力を賜りたいと存じます。


 さて、私は去る1月23日の市長選挙において、これまでの基本的な行政姿勢である「顔の見える行政」、「公平・公正・平等で市民が主役の行政運営」を基本に、5期目の政策目標として「改革と前進」を掲げ、市民の皆様に訴えてまいりました。幸いにも4期16年の実績を評価いただき、再び市政を担うことになり、その責任の重さを深く心に受けとめているところでございます。また、私に寄せられた御批判にも謙虚に耳を傾け、初心を忘れることなく、より一層身を引き締め、このまちに住んで本当によかったと誇りを持っていただける元気なまちづくりをしてまいりたいと考えます。


 昨年は台風や地震を初めとして、自然災害の猛威にさらされました。新潟県中越地震やインドネシア・スマトラ島沖巨大地震と大津波など、犠牲になられました皆様とその御遺族に対しまして深く哀悼の意を表するとともに、被災された方々にお見舞い申し上げ、一日も早い復興を心から願うものでございます。


 また、国際情勢は、イラク問題など世界の混迷が続き、テロと復興のはざまで、新世紀こそ「平和の世紀」という人々の願いはいまだにかなえられていません。21世紀の世界が平和と繁栄した社会になることを切に願うものであります。


 本年は戦後60年に当たり、平和を考える大切な節目の年であると思います。核兵器廃絶平和都市宣言をした自治体として、世界平和が幻に終わらないように、平和への取り組みを市民の皆様とともに一歩一歩進めてまいりたいと決意を新たにしているところでございます。


 2月17日には、愛知県が日本の産業経済の中枢圏域として、世界に向かって羽ばたくための大きな原動力となる中部国際空港が開港いたしました。これに伴い、名古屋空港が県営名古屋空港として、国内では初めての本格的な小型機の拠点空港に生まれ変わりました。また、3月25日には、「自然の叡智」をテーマに、2005年日本国際博覧会「愛・地球博」が開幕されます。本市もキューバ共和国との一市町村一国フレンドシップ事業など、市民の皆様との協働により21世紀初の万博の成功に向け、取り組んでまいります。


 さて、国内経済の状況は依然デフレ傾向が続いているものの、企業収益の改善や設備投資の増加など、長い景気の低迷からようやく一筋の光が見え始めています。しかし、個人消費の伸びが鈍化しているなど、景気の先行きには慎重な見方も出てきています。また、景気回復を優先させた財政運営を行ってきたことから、国と地方を合わせた平成17年度末の長期債務残高は774兆円になると見込まれており、平成16年度を34兆円上回る見通しになっております。


 今、日本は大きな変革期の中にあります。その中で、私はこれからの地方は国と地方、行政と民間の役割を明確にした上で、「地方がみずからの足で立ち、みずからの頭で考える」という地方自治本来の姿に改革していかなければならないと思っています。今、まさに地方分権が実行の段階を迎え、市町村の役割がますます重要なものとなっています。真の意味で自立した岩倉市を支える力の根源は、とりもなおさず4万8,000人の市民の皆様の力であります。今後とも「参画と協働」をさらに充実させるために、市民一人ひとりがまちづくりの主役として、力を存分に発揮できるような住民自治の仕組みを築いてまいりたいと考えています。


 さて、平成17年度における政府の一般会計予算案を見ますと、一般会計の予算規模は平成16年度当初比0.1%増の82兆1,829億円となっています。政策的経費である一般歳出は、公共投資関係費や防衛関係費などの主要経費を軒並み抑制し、0.7%減の47兆2,829億円と、4年連続の緊縮型予算となっています。国の三位一体の改革では、税源移譲に結びつく国庫補助負担金は1兆1,239億円を削減し、税源移譲については所得譲与税及び税源移譲予定特例交付金として、新たに1兆1,160億円が地方に配分されることとなりました。


 一方、地方財政計画における歳入歳出規模も、昨年度当初比1.1%減の83兆7,687億円と4年連続の減少となっています。これは地方財政の健全化を進めるため、地方財政計画上の職員を1万人以上純減することや、投資的経費及び経常経費の地方単独分を縮減したことによるものであります。


 歳入においては、三位一体改革の「全体像」の中で、平成17・18年度の地方財政について、「安定的な財政運営に必要な地方交付税、地方税などの一般財源の総額を確保する」とされたことから、地方財政計画上での一般財源総額は対前年度比0.1%増の53兆4,400億円とされました。


 このような中、本市の平成17年度当初予算の編成に当たりましては、「改革と前進」を基本に、公平・公正の観点から受益と負担の適正化を図り、既存の事務事業の見直しを進める一方で、安全・安心のまちづくりなどに重点を置き、予算配分をいたしました。このことにより、平成17年度の一般会計予算の総額は116億7,000万円で、平成16年度当初予算比7.0%の減となりました。しかし、本年度予算の実質的な伸び率としては、昨年度予算から平成7年度と8年度に借り入れました減税 補てん債10億2,000万円の借りかえ分を除き、1.2%の増となっています。


 歳入の柱となります市民税は、個人市民税の配偶者特別控除などの税制改正を初め、法人市民税についても景気が回復傾向にあることなどから6.5%の増、固定資産税も家屋の新増築により2.2%の増となるなど、市税全体では3.8%の増を見込んでいます。地方交付税につきましては、地方財政計画などを踏まえ0.6%の減といたしました。市債は昨年度に減税補てん債の借りかえ分が含まれていたことから57.5%の大幅な減となりました。そのうち、臨時財政対策債は19.1%の減を見込んでいます。なお、恒久的減税に伴う影響につきましては、従来どおり市民税減税補てん債及び地方特例交付金により補てんがされることとなっています。


 歳出につきましては、厳しい財政状況ではありますが、市民の皆様と手を携えながら、私の政策目標である「改革と前進」を基本に、本市の行政哲学の「岩倉21世紀への提言」に意を尽くしながら、将来都市像としての「健康で明るい緑の文化都市」の実現に向け、「第3次岩倉市総合計画」に沿った諸施策を推進してまいります。


 それでは、平成17年度に取り組む三つの重点施策と主な新規事業などについて申し上げます。


 重点施策の第1は、「安全・安心のまちづくりの推進」でございます。


 安全・安心は、すべての市民生活の基本であるとともに、行政に課せられた最重要課題であります。昨年12月には、防犯意識の一層の高揚と地域安全パトロール隊など、これまでの市民総ぐるみの犯罪撲滅活動をより確かなものにするために、市民の皆様や議会・行政が一体となって「安全・安心なまち宣言」をいたしました。こうした市民の皆様の御協力のおかげで、犯罪の発生率が平成16年は前年に比べ9%も減少しています。


 しかし、県内の状況を見ますと、車上ねらいなどの犯罪が引き続き多い状況にあります。このため、新年度は「防犯灯の設置」や「安全・安心パトロール」などのほかに、新たに「防犯対策助成事業」を設け、玄関などのかぎの交換や自家用車のハンドルロックバー等の防犯対策を行う場合にかかる費用の一部を助成してまいりたいと考えております。


 交通安全対策につきましては、引き続き「区画線引き」や「防護さく」など道路環境の整備を図り、事故防止に努めてまいります。なお、多くの市民の皆様から要望がございます岩倉幹部交番の移転につきましては、平成18年度に建設していただきますよう県と調整をしてまいります。


 本年は、一瞬のうちにまちを破壊し6,433人ものとうとい命を奪った阪神・淡路大震災から10年目に当たります。多くの犠牲から学んだそのときの教訓を風化させないよう、日常の備えを怠らないことが大切であると考えます。最近では、新潟県中越地震ばかりではなく、この地域を震源とする震度4の内陸型の地震も発生しております。今後、予想されます東海地震や東南海・南海地震などに対し、よりきめ細かな対策が求められているところです。このようなことから、市内でも液状化が懸念されます南部地域の防災拠点になる「(仮称)防災コミュニティセンター」を計画より1年早く大山寺町に建設してまいります。


 公共施設の耐震化につきましては、「市立体育館耐震補強事業」や川徳橋、幼川橋の耐震補強工事などを行います。さらに、災害避難施設に指定しております南部老人憩の家の耐震診断や、下水道とプールの水を利用した貯留型仮設水洗トイレを南小学校に設置いたします。また、万一に備え、避難用資機材としての防災テントや粉ミルクなど、赤ちゃんからお年寄りまでの非常用食糧等の備蓄を充実させるとともに、震災時の飲料水を確保するため、愛知県送水管と市の水道管を直接つなぐ緊急支援連絡管設置工事を行ってまいります。阪神・淡路大震災の犠牲者の84%は建物の倒壊による圧死であると言われています。市民の皆様の命を地震から守るために、「引き続き木造住宅耐震診断」「木造住宅耐震改修」に助成をいたします。


 このほか、消防団など地域の防災力の強化を図るため、「第4分団車庫移転事業」、第1分団消防ポンプ自動車の整備・更新等に努めてまいります。なお、火災や救急などの119番通報に迅速に対応するため、増加する携帯電話からの通報を、これまでの他市の消防本部から転送されてくる分散方式から岩倉市消防本部で直接受信できるシステムに改善いたします。


 浸水対策では、「特定都市河川浸水被害対策法」に基づき、昨年度に新川及び新川流域における公共下水道整備計画区域内の浸水解消に向け、現地調査などの作業を進めてまいりましたが、五条川への許容放流量の調整等のおくれから、雨水整備計画の策定を関係流域市町とともに本年度へ繰り延べせざるを得なくなりましたので、御理解を賜りたいと存じます。また、集中豪雨などの雨水排水対策として、用排水路のしゅんせつを充実いたします。


 第2は、「行財政改革の断行」であります。


 地方を取り巻く厳しい社会情勢の中で、自治体は今まさにみずからを改革し、新しい時代の岩倉の形をつくり出す力量が試されております。「ま かいず隗より始めよ」との言葉どおり、私たち行政に携わる者が時代の要求に的確にこたえられるよう、行政経営という明確な視点を持って、思い切った自己改革を断行していかなければなりません。


 平成12年度から始めました第2次岩倉市行政改革は既に5年を経過し、個別・具体的な実施計画に基づいて、これまで職員の削減や民間委託など効率的かつ効果的な改革を進めてまいりました。新年度におきましても、より効率的な行政運営を推進するため、最低限の職員補充を行いつつ、退職に合わせて13名を減員するとともに、特殊勤務手当なども見直し、1億3,000万円ほどの人件費を削減いたします。


 このほかにも、最少の経費で最大の効果を上げることができるよう、公用車の購入など事務事業を見直し、経常経費の削減等をしながら、今後予想される新たな行政課題に対応するため、改革できるものは年度途中においても実行していきたいと考えています。なお、民間委託として、国民健康保険税の収納率の改善と、市民の皆様の利便性を図るため、コンビニエンス・ストアでお支払いいただけるような収納事務の私人委託なども行います。


 第3は、「岩倉駅東地区再開発事業の促進」であります。


 本市の新しい顔として、また中心市街地の再生の核としての「北街区市街地再開発事業」は、これからの岩倉のまちづくりの基礎になっていくものであり、そのにぎわいがまちの活力を生み出す大きな力になるものと信じています。私は、駅前の中心的商業地でありながら、木造の建物が密集し、防災上も多くの問題を抱えた駅東をこのまま何も手をつけずに放置することはできません。


 私たちの先輩は、大変な苦労をして五条川に桜を植え、このまちを魅力あるものにしていただきました。今、地元の皆様と進めている再開発事業は、まさにまちに魂を入れる作業であると考えます。きっと完成後は、だれもがこのまちに住んでよかったと誇りに思っていただけるものと信じています。


 新年度は、本組合の設立とともに、権利変換や再開発ビルの詳細設計などが計画されておりますので、引き続き事業費を精査しながら「北街区市街地再開発事業」の促進に向けて全力で支援してまいる所存でございます。このほか桜通線、江南岩倉線の整備につきましても、事業採択に向け積極的に関係機関に要請いたします。なお、下本町街区再開発事業におきましては、準備組合の活動を引き続き支援してまいります。


 次に、新規事業などの諸施策について述べさせていただきます。


 まず、健康・福祉についてであります。


 健康事業におきましては、「健康いわくら21」に基づいて保健・福祉・スポーツなどを連携させながら、多世代にわたる健康づくりの推進に努めてまいります。この中でも、新年度についてはねたきりゼロを目指し、高齢者の健康・体力チェックなどを行い、在宅で自立した生活を送っていただけるよう介護予防に重点を置きながら、健康事業の充実を図ってまいります。


 長寿社会への対応では、昨年度に実施しました意向把握調査を踏まえ、平成18年度から平成20年度を計画期間とする「第3期岩倉市老人保健福祉計画及び介護保険事業計画」を策定いたします。また、平成17年度は介護保険法の大幅な改正が予定されていますが、市民の皆様に定着してまいりましたこの制度が、今後とも安定的で持続的な制度に移行していくよう最善の努力をいたします。


 なお、施設整備としては、昨年度から整備資金を助成してまいりました「認知症高齢者グループホーム」が7月に開設されます。今後とも介護基盤の充実に努めてまいります。


 少子化対策につきましては、未来を担う子どもたちを安心して生み育てる環境づくりが行政の重要な役割であると考えます。このことから、これまで子育て支援の一つとして行ってまいりました「乳幼児医療費助成」につきましては、入院医療費分に加え、通院医療費についても現行4歳未満を1世帯第2子から小学校入学前まで無料化にするとともに、新たに学校給食費につきましても義務教育に3人以上の子どもが就学する家庭を対象に、第3子から無料化し、安心して子育てがしていただけるよう応援してまいります。母子福祉では、母子家庭などの自立支援を行うため、母子自立支援給付金制度を設けます。


 次に、教育・文化・スポーツについてであります。


 学校教育事業では、歯科医師会の協力もいただきながら、歯の健康を目的に、全小学校でフッ化物洗口を実施いたします。また、インターネットなどを利用したIT教育の周辺環境を充実させるため、新年度に「中学校校内LAN整備工事」を行い、「中学校ブラスバンド楽器購入事業」「曽野小学校プールフェンス改修」及び「学校給食配送車購入」などの整備にも取り組んでまいります。


 教育内容の充実につきましては、少人数授業などによる学力の向上や「総合的な学習の時間推進事業」とともに、子どもは未来のまちづくり人等を目指した「教育プラン事業」の推進を図ります。


 また、緊急地域雇用創出特別基金事業として行ってまいりました外国語教育、障害児の個別指導等の臨時講師事業につきましては、この補助事業が平成16年度で終了するため、市の単独事業で引き続き行うこととし、教育指導体制の確保・充実に努めていきます。さらに、児童・生徒が、自然の叡智をテーマとした愛知万博を環境学習の場として体験できるよう助成してまいりたいと考えます。


 生涯学習の推進につきましては、市民の皆様の多様な学習意欲にこたえるため、「生涯学習基本構想・基本計画」に基づき、引き続き生涯学習活動の積極的な支援に努めてまいります。


 遺跡・文化財の保護では、史跡公園の「鳥居建民家茅葺屋根修繕事業」や、昨年12月に焼失いたしました「竪穴住居」の復元を行います。また、新たに昭和60年度に編さんしました岩倉市史の追補版を作成するための作業に着手し、地域の歴史や文化の継承に努めてまいります。


 音楽のあるまちづくりの推進につきましては、引き続きジュニアオーケストラの育成と学校音楽鑑賞会、地区サロンコンサートなどを開催いたします。


 スポーツ振興では、スポーツ観戦事業や総合体育文化センターのトレーニング室機器の更新などを行ってまいります。また、施設改善として、「多目的ホール吊物用ワイヤー等取替事業」「多目的ホール音響設備取替事業」などを実施いたします。


 続いて、環境についてであります。


 ごみの減量化・資源化については、市民の皆様の御協力を得て、分別収集などを推進してまいりましたが、一層の充実を図るため、現在「燃やしてはいけないごみ」に含まれていますプラスチック製容器・包装を、新たに資源として収集する「その他プラスチック容器資源化事業」に取り組んでまいります。


 公園整備事業では、昨年度に実施設計及び用地の一部を取得しました「(仮称)竹林公園整備事業」につきまして、引き続き用地買収を行い、土地取得を完了し、一部工事を行います。さらに「(仮称)長瀬公園整備事業」につきましては、基本設計などを行い、自然と共生した潤いのあるまちづくりを進めてまいります。


 次に、都市基盤整備についてであります。


 公共下水道事業につきましては、五条川右岸処理区の計画的な面整備と利用の促進に努めてまいります。また、幹線道路整備につきましては、豊田岩倉線や北島藤島線などを計画的に推進するとともに、名古屋江南線等の県事業についても整備促進に向け要請していきます。なお、市民の皆様にとって最も身近な生活道路におきましては、利便性と安全性の向上を図るため、引き続き整備に努めます。


 昨年度、実施設計をいたしました「岩倉駅地下連絡道エレベーター設置」につきましては、工事着手し、人にやさしいまちづくりを進めてまいります。


 続いて、産業の振興についてであります。


 農業につきましては、都市化が進む中、用排水路改修工事を計画的に進め、農業環境の整備に努めてまいります。また、農業経営の安定化を促進するため、引き続き「農業近代化資金利子補給事業」などを行っていきます。


 商業につきましては、愛知万博の関連事業として「一市町村一国フレンドシップ事業」の本市の相手国、キューバ共和国との交流を主体に、市町村催事「岩倉市の日」などの事業を実施しながら、まちのにぎわいと商業の推進につなげてまいりたいと考えます。


 本年度は「一豊公&千代様サミット」を一宮市と岩倉市、犬山市の3市で共同開催いたします。また昨年、平成18年からのNHK大河ドラマ「功名が辻」の放映が決定され、岩倉を全国に発信するまたとない機会を得ました。これを好機に、ドラマの主人公である一豊公の出生地として、市民の皆様の協力をいただきながら、桜とともに歴史あるまち岩倉をアピールしていきたいと思います。


 なお、「いわくらお店探索スタンプラリー事業」を引き続き支援し、個人消費の拡大と地域商業の活性化を図るとともに、商工業者の皆様への融資制度なども継続して行い、地域経済の発展に努力していきます。


 このほか、子どもたちの食の安全を守るため、引き続き農家の皆様の御協力を得ながら、安心して食べることができる地元でとれた米などの農産物を保育園や小・中学校の給食の食材として使用する地産地消の充実に努めてまいります。


 また、戦後60年の節目を迎えることから、市民の皆様による実行委員会を組織し、平和の祈りを込めた特別展などを開催いたします。


 なお、市町村合併につきましては、行財政改革を断行しつつ、将来のまちづくりを見据え、合併新法の期限内に引き続き市民の皆様や議会の御意見をお聞きしながら研究してまいります。


 公共料金につきましては、現在の厳しい経済状況などを配慮し、原則として据え置くことを基本にしながらも、公平・公正な行政と受益の負担の観点から、所得の少ない方に配慮しつつ、10月から放課後児童健全育成手数料を新たにお願いすることとなります。このいただいた財源につきましては、乳幼児医療費助成の拡充の一部に充ててまいりたいと考えます。また、ジュニアオーケストラにつきましても、新たに団費を御負担いただきたいと思いますので、関係の皆様の御理解と御協力を賜りたいと存じます。


 最後に、愛知県財政と市民生活のかかわりについて触れさせていただきます。


 御承知のように、愛知県では景気が回復傾向にあるものの、依然として厳しい財政状況であることや、三位一体の改革の影響等による県単独補助金の縮減が考えられますが、具体的な内容につきましては、現段階では不透明な状況にあります。県の事業の見直しが明らかになった場合には、市の単独事業となる部分につきましては、予算の見直しをさせていただかざるを得ない厳しい状況にありますので、御理解と御協力をお願いするものであります。


 本市を取り巻く環境は、今後さらに厳しさを増すものと思われます。これからの地方分権社会は、地方の自主・自立の営みの総和が国を支えると考えます。冒頭で述べましたように、「改革と前進」を市政運営の基本に置き、4万8,000人の市民の皆様が本当に住んでよかったと誇りに思っていただける岩倉を築いていくために、誠心誠意まちづくりに全力を尽くして取り組んでまいる決意でございます。


 夢や希望を描くことが難しい時代ではありますが、藩政改革で知られる上杉鷹山の「為せば成る 為せば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」という哲学を心に置き、志を高く持ち、5期目の市政に全力を傾注してまいる所存でございます。市民の皆様並びに議員各位の皆様の御指導と御協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げまして、所信表明とさせていただきます。どうもありがとうございました。


○議長(三輪佳幸君) 所信表明が終わりました。ここで、所信表明を配付する間、このまま休憩いたします。





                午前10時36分 休憩


          ─────────────────────


                午前10時37分 再開





○議長(三輪佳幸君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


          ─────────────────────





◎日程第5 報告第1号(報告・質疑)





○議長(三輪佳幸君) 日程第5、報告第1号「専決処分の報告について」を一括議題といたします。


 報告を求めます。


 市長。


     〔市長石黒靖明君 登壇〕


○市長(石黒靖明君) 報告第1号「専決処分の報告について」につきましては、事故による損害賠償の額の決定及び和解について、議会の議決に属する事項中、市長の専決処分事項について専決処分をさせていただきましたので、地方自治法の規定に基づき報告をさせていただくものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、概要説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) それでは、専決処分の第3号につきましては、平成16年11月9日に発生しました事故について、損害賠償の額が決定し、これに伴いまして和解をいたしたもので、平成16年11月30日に専決処分をさせていただきました。


 事故の場所につきましては、名古屋市名古屋高速道路上の高辻出口付近であります。相手方の住所、氏名につきましては、名古屋市中村区上米野町3−2、河合年栄氏であります。


 事故の内容につきましては、児童館運営委員が市の中型バスで刈谷市を視察の帰路、名古屋高速道路上の高辻出口付近が自然渋滞のために時速20キロ程度で走行していたところ、前方不注意の後続者に追突をされたものであります。同乗された委員さんにはけがはありませんでした。中型バスのリアバンパーが破損したものでございます。


 損害賠償につきましては、追突による事故であることから、当方に過失はなく、中型バスのリアバンパー修理代7万1,400円の全額を相手方に支払っていただくことで合意したものでございます。中型バスの修理については、12月10日に完了し、修理金額については2月6日に入金がされておりますことを申し添えます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 福祉事務所長。


○福祉事務所長(井筒洋一君) それでは、専決第4号につきまして御説明申し上げたいと思います。


 平成16年7月26日に発生いたしました事故につきまして、損害賠償の額を決定し、これに伴います和解をいたしましたので、平成16年12月27日に専決処分をさせていただきました。


 事故の場所につきましては、岩倉市井上町種畑240番3の赤・黄色の点滅信号のある交差点でございます。相手方の住所、氏名につきましては、車両所有者は岐阜県各務原市の仁平雄一氏、運転者は岐阜県各務原市の平田将之氏であります。


 事故の内容につきましては、交差点内を当方が黄色の点滅、相手方は赤色の点滅時にそれぞれ直進をし、出会い頭の衝突事故になったものでございます。


 賠償額につきましては、相手方車両の被害額14万5,750円の20%分、2万9,150円を支払いいたしました。また、相手方からは、当方の車両等被害額30万750円の80%分、24万600円を受領いたしました。なお、賠償額及び当方の車両に対する車両共済分につきましては、全国市有物件災害共済会から2月16日付で入金されています。以上でございます。


○議長(三輪佳幸君) 説明が終わりました。


 質疑を許します。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) これをもって質疑を終結し、報告第1号を終わります。





          ─────────────────────





◎日程第6 諮問第1号及び議案第1号と議案第2号


      (上程・提案説明・質疑・採決)





○議長(三輪佳幸君) 日程第6、諮問第1号及び議案第1号と議案第2号を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


市長。


     〔市長石黒靖明君 登壇〕


○市長(石黒靖明君) 平成17年3月定例会に上程させていただきました諮問第1号及び議案第1号、議案第2号までにつきまして提案理由の説明をさせていただきます。


 諮問第1号「人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについて」につきましては、現在委員の柴田 巖氏が平成17年4月30日をもって任期満了となりますので、新たに宮田浩明氏を推薦するため、人権擁護委員法の規定に基づき議会の意見を求めるものでございます。


 議案第1号「岩倉市教育委員会委員の選任について」につきましては、現在委員の田中正美氏が平成17年4月1日をもって任期満了となりますので、新たに伊藤和美氏を地方教育行政の組織及び運営に関する法律の規定に基づき選任するため、議会の同意を求めるものでございます。


 議案第2号「岩倉市固定資産評価審査委員会委員の選任について」につきましては、現在委員の浅田 清氏が平成17年4月4日をもって任期満了となりますので、引き続き同氏を地方税法の規定に基づき選任するため、議会の同意を求めるものでございます。


 以上、よろしく御審議を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由とさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案の概要説明に入ります。


 諮問第1号「人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについて」説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 諮問第1号「人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについて」御説明をさせていただきます。


 現委員であります柴田 巖委員につきましては、平成17年4月30日で任期満了になるため、新たに宮田浩明氏を推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づきまして議会の意見を求めるものでございます。


 住所につきましては、岩倉市北島町1318番地、氏名は宮田浩明、生年月日につきましては昭和38年9月4日です。任期につきましては、法務大臣から委嘱をされた日から3年でございます。所属政党につきましてはございません。


 なお、宮田浩明氏の略歴等につきましては、参考資料を配付させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。以上です。


○議長(三輪佳幸君) 次に議案第1号「岩倉市教育委員会委員の選任について」説明を求めます。


 教育部長。


○教育部長(長瀬章一君) それでは、議案第1号「岩倉市教育委員会委員の選任について」御説明を申し上げます。


 現委員の田中正美氏につきましては、平成17年4月1日をもって任期満了に伴い、次の者を岩倉市教育委員会委員に選任したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により議会の同意を求めるものでございます。


 住所は岩倉市下本町西沼121番地、氏名は伊藤和美氏、生年月日は昭和34年10月28日、現在45歳でございます。


 なお、任期につきましては、同法第5条第1項の規定により、平成17年4月2日から平成21年4月1日までの4年間でございます。また、特定の政党には所属しておられません。


 別添に、参考資料といたしまして経歴等の資料を配付させていただきましたので、御参照ください。以上です。


○議長(三輪佳幸君) 次に議案第2号「岩倉市固定資産評価審査委員会委員の選任について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) それでは、議案第2号「岩倉市固定資産評価審査委員会委員の選任について」議案の説明をさせていただきます。


 現在の委員であります浅田 清委員につきましては、平成17年4月4日で任期満了となることから引き続き固定資産評価審査委員会委員として浅田 清氏を選任したく、地方税法第423条第3項の規定に基づきまして議会の同意をお願いするものであります。


 住所につきましては、岩倉市川井町1326番地、生年月日につきましては昭和17年12月8日、年齢は62歳でございます。任期は平成17年4月5日から平成20年4月4日までの2年間であります。所属政党につきましてはございません。


 なお、浅田 清氏の略歴等につきましては、参考資料として配付させていただいておりますので、よろしくお願いを申し上げます。


○議長(三輪佳幸君) 説明が終わりました。


 お諮りいたします。


 議案精読の間、休憩をしたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 よって、休憩いたします。





                午前10時49分 休憩


          ─────────────────────


                午前11時05分 再開





○議長(三輪佳幸君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これより、諮問第1号「人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについて」の審議に入ります。


 質疑を許します。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) これをもって諮問第1号の質疑を終結します。


 お諮りします。


 本案については、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 これより諮問第1号を採決します。


 本案は、原案の者が適任であることとすることに賛成の議員の挙手を求めます。


       〔賛成者挙手〕


○議長(三輪佳幸君) 挙手全員であります。


 よって、諮問第1号は、原案の者が適任であると決定しました。


 続いて、議案第1号「岩倉市教育委員会委員の選任について」の審議に入ります。


 質疑を許します。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) これをもって議案第1号の質疑を終結します。


 お諮りします。


 本案については、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 これより議案第1号を採決します。


 本案について、原案のとおり同意することに賛成の議員の挙手を求めます。


       〔賛成者挙手〕


○議長(三輪佳幸君) 挙手全員であります。


 よって、議案第1号は、原案のとおり同意することに決しました。


 続いて、議案第2号「岩倉市固定資産評価審査委員会委員の選任について」の審議に入ります。


 本案については、質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 これより議案第2号を採決します。


 本案については、原案のとおり同意することに賛成の議員の挙手を求めます。


       〔賛成者挙手〕


○議長(三輪佳幸君) 挙手全員であります。


 よって、議案第2号は、原案のとおり同意することに決しました。





          ─────────────────────





◎日程第7 議案第3号から議案第27号まで


      (上程・提案説明)





○議長(三輪佳幸君) 日程第7、議案第3号から議案第27号までを一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


市長。


     〔市長石黒靖明君 登壇〕


○市長(石黒靖明君) 平成17年3月定例会に上程させていただきました議案第3号から議案第27号までにつきまして、提案理由の説明をさせていただきます。


 議案第3号「岩倉市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について」につきましては、地方公務員法及び地方公共団体の一般職の任期付職員の採用に関する法律の一部改正の施行に伴い、人事行政の運営等の状況の公表について規定されたため、条例の制定をお願いするものでございます。


 議案第4号「長期継続契約を締結することができる契約に関する条例の制定について」につきましては、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、物品の借り入れ、または役務の提供を受ける契約で、長期継続契約を締結することができる契約の対象範囲が拡大されたため、条例の制定をお願いするものでございます。


 議案第5号「岩倉市電子計算組織に係る個人情報の保護に関する条例の全部改正について」につきましては、個人情報の適正な取り扱いに関する基本理念並びに国及び地方公共団体の責務等を明らかにした個人情報の保護に関する法律が全面施行になることから、これまでの電子計算組織に係る個人情報のみを保護の対象としていた岩倉市電子計算組織に係る個人情報の保護に関する条例を全部改正し、個人情報の一層の保護を図るため、新たに岩倉市個人情報保護条例の制定をお願いするものでございます。


 議案第6号「岩倉市情報公開・個人情報保護審査会条例の制定について」につきましては、岩倉市電子計算組織に係る個人情報の保護に関する条例の全部改正に伴い、個人情報保護条例で定める自己情報の開示請求、訂正請求、利用停止請求に対する実施機関の決定についての不服申し立て等の審査機関として、新たに情報公開・個人情報保護審査会を設置するため、条例の制定をお願いするものでございます。


 議案第7号「岩倉市情報公開条例の一部改正について」につきましては、岩倉市電子計算組織に係る個人情報の保護に関する条例の全部改正に伴い、個人情報保護条例の中で明記された審査会に関する規定等を削除するため、改正をお願いするものでございます。


 議案第8号「岩倉市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について」につきましては、介護保険法の規定により市町村に設置する介護認定審査会の委員の報酬についての適正化を図るとともに、岩倉市個人情報公開・個人情報審査会条例の制定に伴う改正をお願いするものでございます。


 議案第9号「岩倉市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について」につきましては、勤務の特殊性が認められなくなった業務に係る手当を廃止するため、改正をお願いするものでございます。


 議案第10号「岩倉市手数料条例の一部改正について」につきましては、児童福祉法に基づく放課後児童健全育成事業(学童保育)の利用者に対し、利用の公平・公正及び受益者負担を図るため有料化すること及び徴収の時期を事務実態に合わせること等に伴い、改正をお願いするものでございます。


 議案第11号「岩倉市乳幼児医療費助成条例の一部改正について」につきましては、市単独で通院助成の対象を第1子以降の者の4歳から就学前までの間に拡大するため、改正をお願いするものでございます。


 議案第12号「岩倉市在宅ねたきり老人等介護者手当支給条例の一部改正について」につきましては、寝たきり老人等を在宅において介護している場合に限り、手当を支給するように支給要件を明確化するとともに、条例中「痴呆」という用語を「認知症」に改正をお願いするものでございます。


 議案第13号「岩倉市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部改正について」につきましては、組織体制の効率化を目的とする農業委員会法の一部改正をする法律の施行に伴い、農業委員会の選挙による委員の定数を見直すため、改正をお願いするものでございます。


 議案第14号「岩倉市都市公園条例の一部改正について」につきましては、都市緑地保全法等の一部を改正する法律の施行に伴い、公園内に設置された工作物等の取り扱い等についての改正をお願いするものでございます。


 議案第15号「平成16年度岩倉市一般会計補正予算(第5号)」につきましては、総額で2,524万7,000円の増額をお願いするものであります。


 3月補正につきましては、16年度の最終補正ということで、減額補正が主な内容となっています。


 増額補正は、総務費で平成16年度の収支見込みから4億円の減債基金を積み立てさせていただくものであります。


 このほかにつきましては、減額補正となっておりますが、減額補正の主なものにつきましては、民生費では児童福祉手当、生活扶助費等、衛生費では運営費負担の減額による小牧岩倉衛生組合負担金及び愛北広域事務組合の負担金でございます。


 土木費では、北島藤島線街路改良事業及び作業のおくれから事業の執行ができなくなった駅東地区再開発事業の北街区市街地再開発事業補助金等の減額であります。このことにつきましては、事業の見直しによりまして作業のおくれが生じ、執行ができなくなったことにつきまして、組合施行ではありますが、私からもおわび申し上げたいと思います。


 公債費につきましては、平成15年度に借り入れました市債の借入利率が確定したことにより、返還利子の減額をお願いするものであります。


 歳入につきましては、歳出に合わせ必要となる分担金及び負担金、国・県支出金、土木債、消防債、教育債等の減額をお願いするものでございます。また、当初予算に比べ、交付金が減となりました地方特例交付金等もあわせてお願いをしております。


 地方の歳入不足を補う臨時財政対策債につきましては、算定の結果3,590万円の増額をお願いするものでございますので、よろしくお願いいたします。


 議案第16号「平成16年度岩倉市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)」につきましては、総額で3,156万円の減額をさせていただくものでございます。


 歳出につきましては、一般管理費を初め事業の完了による減額でありまして、歳入につきましては一般会計繰入金などの減額をお願いするものでございます。


 以上の補正予算に加えまして、繰越明許費及び地方債の補正をお願いしております。


 議案第17号「平成17年度岩倉市一般会計予算」につきましては、総額で116億7,000万円お願いするもので、平成16年度当初予算との比較では7.0%の減となっております。平成16年度に借りかえを行います市民税減税補てん債を除いた実質的な予算比較では1.2%の増となっております。


 当初予算では、三位一体改革等による影響の把握は困難な中での編成となりましたが、私の公約でもあります「改革と前進」を視野に入れ、行政経費の節減、合理化に努めながら、安全・安心なまちづくりなどの重点施策等に配慮し、計上いたしました。


 所信表明でも申し上げましたが、初めに新規事業につきましては、総務費で戦後60年等平和祈念事業委託料、防犯意識の高揚と犯罪を未然に防ぐことを目的に、3年間の期限を定めた防犯対策助成金、民生費では現在市の単独事業として行っている4歳児から就学前までの入院に係る一部負担の助成に加え、第2子以降に対して通院まで助成を拡大する乳幼児医療費助成金、衛生費ではプラスチック容器・包装の資源化に向けて行うその他プラスチック容器資源化事業、教育費では市内全小学校で実施するフッ化物洗口、少子化対策の一つとして行う第3子以降学校給食費補助金などであります。


 その他主な事業につきましては、総務費では防犯灯の設置工事、雇用者購入事業等、民生費では第3期岩倉市老人保健福祉計画及び介護保険事業計画策定事業、衛生費では基本健康診査委託料等、農林水産業費及び商工費では用排水路改修工事、愛知万博関連事業として愛知万博地域連携プロジェクト事業、及び愛知万博一市町村一国フレンドシップ事業等、土木費では舗装側溝工事、交通安全施設設置工事など、生活道路の整備を初め幹線道路であります甲豊田岩倉線及び北島藤島線の街路整備事業、岩倉駅東地区再開発事業として北街区市街地再開発事業補助金等、消防費では(仮称)防災コミュニティセンターの建設事業、消防団車庫移転事業等、教育費では愛知万博見学事業補助金、中学校校内LAN整備事業、市史編さん事業、市立体育館耐震補強事業、給食配送車購入事業等などをお願いするものでございます。


 歳入につきましては、国庫補助金等の削減や税源移譲など、把握できるものにつきましては当初予算に反映させていただいております。また、公平・公正の観点から、受益と負担の公正を図ることを目的に、本年10月から放課後児童健全育成手数料などをお願いするものであります。


 なお、地方債につきましては、(仮称)竹林公園整備事業を初め4事業、歳入不足の補てん措置として、市民税減税補てん債及び臨時財政対策債を補てんさせていただいておりますので、よろしくお願いいたします。


 議案第18号「平成17年度岩倉市国民健康保険特別会計予算」につきましては、総額で37億9,152万3,000円をお願いするものでございます。


 歳出の主なものにつきましては、保険給付費、老人保健拠出金、介護納付金をお願いするものでございます。


 歳入の主なものにつきましては、国民健康保険税、国庫支出金、療養給付費等交付金などをお願いするものでございます。


 議案第19号「平成17年度岩倉市老人保健特別会計予算」につきましては、総額で26億6,960万6,000円をお願いするものでございます。


 歳出の主なものにつきましては、医療諸費26億4,973万1,000円であり、歳入の主なものにつきましては、支払基金交付金、国・県支出金及び一般会計繰入金をそれぞれ費用負担割合によって計上させていただきました。


 議案第20号「平成17年度岩倉市土地取得特別会計予算」につきましては、総額で10万円をお願いするものでございます。


 本年度は土地の先行取得など、現在の状況では考えておりませんので、10万円ということでございますが、歳出につきましては土地開発基金費でございます。


 歳入の主なものにつきましては、財産運用収入で9万6,000円でございます。


 議案第21号「平成17年度岩倉市学校給食費特別会計予算」につきましては、総額で1億7,069万2,000円をお願いするものでございます。


 給食の回数は小学校が188回、中学校が189回で計上させていただきましたので、よろしくお願いいたします。


 議案第22号「平成17年度岩倉市公共下水道事業特別会計予算」につきましては、総額で11億3,334万9,000円をお願いするものであります。


 歳出の主なものにつきましては、一般管理費等の総務管理費、下水道建設費、公債費などをお願いするものであります。


 歳入の主なものにつきましては、受益者負担金、国庫支出金、一般会計繰入金などであります。


 議案第23号「平成17年度岩倉市介護保険特別会計予算」につきましては、総額で15億8,135万2,000円をお願いするものでございます。


 歳出の主なものにつきましては、一般管理費及び保険給付費などをお願いしております。


 歳入の主なものにつきましては、介護保険料、国庫支出金、支払基金交付金、繰入金などでお願いをするものでございます。


 議案第24号「平成17年度岩倉市上水道事業会計予算」につきましては、収益的収入及び収益的支出につきましては、収入総額6億7,811万5,000円、支出総額6億6,207万9,000円をお願いするものでございます。


 また、資本的収入及び資本的支出につきましては、収入総額1億2,973万8,000円、支出総額2億6,197万8,000円で、不足分1億3,224万円は過年度分損益勘定留保資金で補てんをさせていただくものでございますので、よろしくお願いします。


 議案第25号「岩倉市道路線の認定について」につきましては、寄附並びに公園整備に伴い、道路法の規定に基づき議会の議決を求めるものでございます。


 議案第26号「愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について」につきましては、組合を組織する市町村の脱退及び加入に伴い、規約の変更をお願いするものでございます。


 議案第27号「尾張市町交通災害共済組合規約の変更について」につきましては、組合を組織する市町の脱退及び加入並びに収入役を置かない市町の取り扱いについて規約の変更をお願いするものでございます。


 以上、よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案の概要説明に入ります。


 議案第3号「岩倉市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) それでは、議案第3号「岩倉市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について」御説明をさせていただきます。


 地方公務員法及び地方公共団体の一般職の任期付職員の採用に関する法律の一部を改正する法律が平成16年6月9日に公布され、人事行政の運営等の状況の公表についての規定がされたことに伴い、人事行政の運営状況の公表内容等について規定する条例制定をお願いするものでございます。


 岩倉市では、これまでも人事行政に関する事項のうち、最も重要なものの一つである職員給与等の状況については、毎年3月に広報等を通じて公表を行ってまいりましたが、今回の地方公務員法の改正において、地方公共団体の人事行政の公正かつ透明な運営を確保するために必要な人事行政の運営状況の公表制度について、これまでの自主的な措置から今回法律上規定されたことによるものでございます。


 また、公表の対象につきましても、これまで給与や定員管理等の状況だけではなく、勤務条件、分限、懲戒など、広く人事行政全般とされたほか、公平委員会の業務の状況についても公表をしていくものでございます。


 第1条では趣旨でございます。


 第2条は、任命権者の報告としまして、任命権者は毎年10月末までに、市長に対し前年度における人事行政の運営状況を報告する規定であります。


 第3条は、任命権者の報告事項としまして、臨時的に任用された職員及び非常勤職員を除き、地方公務員法第28条の5第1項に規定する短時間勤務の職を占める職員、いわゆる再任用短時間勤務職員を含めた職員に係る事項の規定で、第1号から第8号までを規定させていただいております。


 また、第4条では、公平委員会の報告としまして、公平委員会は毎年10月末までに市長に対し前年度における業務状況の報告をする旨の規定でございます。


 第5条では、公平委員会の報告事項としまして、公平委員会が前条の規定により報告しなければならない事項として、第1号では勤務条件に関する措置の要求の状況、第2号では不利益処分に関する不服申し立ての状況、第3号では苦情処理の状況、これらを市長に対し報告するものでございます。


 第6条では、公表の時期といたしまして、市長は第2条及び第4条の規定による報告、つまり任命権者からの職員に係る人事行政の運営状況及び公平委員会の業務の状況の報告を受けたときは、毎年12月末までに第2条の規定により職員に係る人事行政の報告を取りまとめ、その概要及び第4条の規定による公平委員会の業務状況の報告を公表しなければならないとされております。


 第7条では公表の方法の規定で、第1号では市が発行する広報に掲載する方法、第2号では岩倉市公告式条例第2条第2項に定める掲示場、岩倉市役所前に掲示する方法、第3号としてインターネットを利用して閲覧に供する方法、三つの方法で人事行政の運営状況の公表を行うものとするものでございます。


 第8条につきましては雑則規定であります。


 附則といたしまして、この条例は、平成17年4月1日から施行するものであります。


 よろしくお願いを申し上げます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第4号「長期継続契約を締結することができる契約に関する条例の制定について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) 議案第4号「長期継続契約を締結することができる契約に関する条例の制定について」説明をさせていただきます。


 地方自治法の一部を改正する法律及び地方自治法施行令の一部改正により、長期継続契約を締結することができる契約の対象範囲が拡大されたため、必要となる条例を定めるものであります。


 従来は年度を超えて契約できるものは、地方自治法第234条の3で具体的に規定されている電気、ガス、水の供給、もしくは電気通信役務の提供を受ける契約、また不動産を借りる契約であり、それ以外のものについては地方自治法第214条の債務負担行為により議会の議決が必要でありましたが、今回の地方自治法の施行令第167条の17の改正によりまして、翌年度以降にわたり物品を借り入れ、または役務の提供を受ける契約で、その契約の性質上、翌年度以降にわたり契約を締結しなければ、当該契約における事務の取り扱いに支障を及ぼすようなものについて、条例で定めた場合は債務負担行為を行うことなく、長期継続契約を締結することができることになることから、必要な事項を条例により定めるものであります。


 まず第1条、条例の趣旨につきましては、地方自治法施行令の規定に基づきまして長期継続契約を締結することができる契約について必要な事項を定めたものでございます。


 第2条では、長期継続契約を締結することができる契約について定めております。(1)は物品の賃貸借に関する契約、(2)は(1)で契約をした物品の維持管理に関する業務委託契約、(3)は施設の清掃、保守点検等の維持管理に関する業務委託契約、(4)では各号に掲げるもののほか、長期継続契約を締結しなければ当該契約に関する事務の取り扱いに支障を及ぼす契約について定めるものであります。


 第3条では、契約期間の限度を定めております。契約の期間は6年を限度としております。


 この条例の施行は、平成17年4月1日を予定しております。


 よろしくお願いを申し上げます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第5号「岩倉市電子計算組織に係る個人情報の保護に関する条例の全部改正について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) 議案第5号「岩倉市電子計算組織に係る個人情報の保護に関する条例の全部改正について」説明をさせていただきます。


 改正理由といたしましては、平成15年5月30日に公布され、個人情報の保護に関する法律、いわゆる個人情報保護法でありますが、この法律が平成17年4月1日に全面的に施行されることから、これまで電子計算組織に係る個人情報のみを保護の対象としていた条例を、紙などに記録されたものを含むすべての個人情報について、一層の保護を図り、あわせて市の実施機関が保有する事項に関する情報の開示、訂正及び利用停止請求の権利を明らかにし、その手続を定めるとともに、開示決定等に対する不服申し立てに関する措置を明確にするため、改正をするものであります。


 第1章では総則であります。第1条は趣旨、第2条は用語の定義、第3条は実施機関の責務、第4条では市民の責務、第5条では事業者の責務となっています。用語定義の中で、公文書に記録された個人情報を保有個人情報と定義し、紙などに記録されたものも含めております。第5条では、事業者の責務を新たにつけ加えさせていただいております。


 第2章は、実施機関における個人情報の取り扱いを定めております。第6条は個人情報の保有の制限、第7条は個人情報の適正な取得、第8条は利用目的の明示、第9条、第10条は適正管理、第11条は従事者の義務、第12条は利用及び提供の制限、第13条では結合の禁止であります。


 ここでは、特に個人情報を取得するときは原則として本人から取得することとし、実施機関が個人情報を保有することができるのは、法令等に定める事務を行うために必要な場合に限られ、かつその利用目的をできる限り特定し、その利用目的の範囲内で保有するというように、個人情報の保有の制限を定めております。


 また、これまでと同様、法令等に基づくとき以外で思想、信条などに関する個人情報を保有しようとする場合、利用目的以外の目的で個人情報を提供する場合、電子計算機を外部と結合しようとする場合、そういった場合は審査会の意見を聞くこととしております。


 第3章では、個人情報ファイルの取り扱いであります。第14条は個人情報ファイルの保有等に関する事前の届け出、第15条は帳簿の作成及び公表であります。


 実施機関が個人情報ファイルを保有しようとするときは、利用目的、記録範囲及び収集方法等を市長に届け出、これを公表することにより市の実施機関がどのような個人情報を保有しているかを明らかにすることとしております。なお、保有しようとする個人情報ファイルが電子計算機に係るものである場合は、これまでと同様、審査会の意見を聞いた上で行うこととしております。


 第4章では、開示、訂正、利用停止であります。第16条は開示請求権、第17条は開示請求の手続、第18条は自己情報の開示義務、第19条は部分開示、第20条は裁量的開示、第21条は自己情報の存否に関する情報、第22条は開示請求に対する措置、第23条は第三者に対する意見書提出の機会の付与等、第24条では開示の実施、第25条は他の法令等によります開示の実施との調整、第26条は費用負担、第27条は訂正請求権、第28条は訂正請求の手続、第29条は自己情報の訂正義務、第30条は訂正請求に対する措置、第31条から第34条につきましては自己情報の利用停止について、第27条から第30条までの訂正と同様の規定で、第35条は審査会の諮問であります。


 何人も実施機関が保有する事項に関する個人情報の開示、訂正及び利用停止の請求ができることを明記し、その手続について定めております。また、これらの請求に対します実施機関の決定に関して不服がある場合に不服申し立てができる旨と、その手続について規定をさせていただいております。


 第5章では雑則、第36条は適用除外、第37条は開示請求等をしようとする者に対する情報の提供等、第38条は苦情処理、第39条は出資法人等の個人情報保護、第40条は運営状況の公表及び報告、第41条は委任であります。


 統計法に基づきます集められた個人情報などは、この条例の適用除外となること、市が出資する法人や市から財政的援助を受けている団体にも個人情報保護の努力義務があること、またこの条例の運営状況について年1回、市民に公表するとともに、議会に報告することなどを定めております。


 第6章につきましては、第42条から第45条まで罰則であります。職員、または職員であった者、受託業務に従事している者、またはしていた者が、個人の秘密に属する事項が記録された電算ファイルを正当な理由なく提供した場合、2年以下の懲役、または100万円以下の罰金とするなど、国の行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律に合わせた形で罰則を強化するものであります。


 なお、附則において、施行期日を平成17年4月1日と定めておりますので、よろしくお願いいたします。以上であります。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第6号「岩倉市情報公開・個人情報保護審査会条例の制定について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) 続きまして、議案第6号「岩倉市情報公開・個人情報保護審査会条例の制定について」説明をさせていただきます。


 制定理由といたしましては、先ほど説明させていただきました議案第5号の岩倉市電子計算組織に係る個人情報の保護に関する条例の全部改正の中での開示請求、訂正請求及び利用停止請求に対する実施機関の決定に不服があった場合、不服申し立てができることを定めております。


 また、平成元年に制定いたしました岩倉市情報公開条例においても、公文書の公開請求に対する実施機関の決定に不服があった場合、不服申し立てができる旨が規定され、不服申し立てについての諮問機関として公文書公開審査会が設置されておりました。個人情報の保護条例に基づく不服申し立てと情報公開条例に基づく不服申し立ては、開示決定、あるいは公開決定に対する不服という同趣旨の申し立てであることから、これまで規則によって設置されていた申請機関を一つに統合し、その設置について条例を定めるものであります。


 制定内容につきましては、条文でもって説明をさせていただきます。


 第1条は趣旨、第2条は審査会の所轄事務、第3条は用語の定義、第4条は委員の人数、第5条は委員の任期と守秘義務、第6条は会長の選任、第7条は会議の運営方法、第8条は審査会の調査権限、第9条は不服申立人等の意見陳述について、第10条は意見書の提出、第11条は審査会に提出された資料の閲覧について定めたものであります。


 第12条は審査会の調査及び審議が非公開であること、第13条は審査会の答申の内容を公表すること、第14条では諮問実施機関に意見を述べることができること、第15条では審査会の庶務は総務部において処理すること、その旨を定めるものであります。


 第16条では、この条例の定めるもののほか、審査会の運営に関し必要な事項は、会長が審査会に諮って定める旨を規定しております。


 第17条は罰則規定で、審査会の委員が職務上知ることができた秘密を漏らした場合、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金という罰則になっております。


 附則では、平成17年4月1日を施行期日と定めております。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第7号「岩倉市情報公開条例の一部改正について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) 議案第7号「岩倉市情報公開条例の一部改正について」説明をさせていただきます。


 改正理由といたしましては、議案第5号の岩倉市電子計算組織に係る個人情報の保護に関する条例の全部改正で自己情報に関する開示、訂正、利用停止請求の権利及びその手続を明記したことに伴いまして、これまで情報公開条例に定められていた同じ趣旨の規定を削除すること、そして議案第6号で説明をさせていただきましたとおり、不服申し立てに関する諮問に応じる機関として、岩倉市情報公開・個人情報保護審査会を設置することに伴いまして、情報公開条例中の審査会の設置等に関する規定を削除するために改正をお願いするものであります。


 条文をもって説明をさせていただきます。


 自己情報の公開請求に関して規定している第7条、自己情報の訂正申し出に関して規定している第8条を削除、第13条は「岩倉市公文書公開審査会」を「岩倉市情報公開・個人情報保護審査会」に改めること、さらに審査会の設置等について規定しております第14条を削除するものであります。


 附則では、施行期日を平成17年4月1日とすることと規定しております。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第8号「岩倉市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) 議案第8号「岩倉市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について」説明をさせていただきます。


 今回は、2件の事務に関連する改正内容であります。1件は、介護認定審査会関係であります。国の介護保険事業費の補助金が平成16年度に廃止されたことに伴いまして、当該委員の報酬単価の適正化を図る趣旨から、委員長等の報酬単価を引き下げるとともに、あわせて本来の審査、判定業務等、その他の会議、研修業務を区分いたしまして、報酬の明確化を図るものであります。


 次に情報公開・個人情報審査会関係でありますが、岩倉市情報公開条例の一部改正及び岩倉市個人情報保護条例の全部改正に伴います関連する審査会につきまして、新たに岩倉市情報公開・個人情報保護審査会条例を制定し、委員の統一を図ることといたしましたので、この委員区分につきまして条例改正をお願いするものであります。


 なお、施行期日につきましては平成17年4月1日から施行するものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第9号「岩倉市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) 議案第9号「岩倉市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について」説明を申し上げます。


 改正理由といたしましては、特殊勤務手当を支払う要件については、本来著しく危険、不快、不健康、または困難な勤務に従事し、その特殊性を給与で考慮することが適当でないと認められる場合に支給されるものでありますが、最近の時代背景の変化により、その勤務の特殊性についての考慮を必要としなくなりましたことにより手当を廃止するものであります。


 これまでごみの収集及び処理に伴う作業に従事した場合、日額500円を支給することとしておりました衛生手当の廃止をお願いするものでございます。施行期日につきましては、平成17年4月1日でございます。


 以上、よろしくお願いを申し上げます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第10号「岩倉市手数料条例の一部改正について」説明を求めます。


 福祉事務所長。


○福祉事務所長(井筒洋一君) それでは、議案第10号「岩倉市手数料条例の一部改正について」御説明をさせていただきます。


 今回の改正につきましては、1点目といたしまして、別表第1の戸籍の謄本、または抄本の交付に磁気ディスクをもって調整された戸籍に記録されている事項の全部、もしくは一部を証明した書面の交付の記述を加えるものでございます。


 この改正につきましては、平成16年1月31日の戸籍の電算化により、戸籍または除かれた戸籍の謄本、または抄本にかえて磁気ディスクをもって調整された戸籍、または除かれた戸籍に記録されている事項の全部、または一部を証明した書面となります。本来であれば、手数料条例の改正が必要になりますが、戸籍法第117条の4に読みかえ規定があり、他の手数料条例の改正に合わせて行うこととしたため、今回の手数料条例の改正に合わせて改正をお願いするものでございます。


 2点目といたしまして、別表7に定められている家庭奉仕員派遣手数料、デイサービス手数料、訪問入浴手数料及び徘回高齢者介護支援サービス手数料の徴収時期の「毎月の末日」を「毎月の末日まで」に改めるものでございます。この改正につきましては、徴収の時期を事務実態に合わせることに伴い改正をお願いするものでございます。


 3点目といたしまして、別表第7に放課後児童健全育成手数料の項目を追加し、手数料の額を一月につき3,000円、徴収の時期を毎月の末日までとするものでございます。この改正につきましては、児童福祉法第6条の2第12項に基づく放課後児童健全育成事業(学童保育)の利用者に対し、利用の公平・公正及び受益者負担を図るため、有料化することに伴い改正をお願いするものでございます。


 附則といたしまして、公布の日から施行するものでございますが、ただし書きにより、放課後児童健全育成手数料につきましては平成17年10月1日から施行することになっております。


 なお、参考といたしまして、3点目の改正によりまして定数をもとに227人の半年分の歳入408万6,000円を計上させていただいております。


 また、生活保護受給世帯及び遺児手当受給対象児童につきましては手数料の全額を免除とさせていただきます。総対象児童は、平成16年度在籍者で33名でございます。


 以上、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第11号「岩倉市乳幼児医療費助成条例の一部改正について」説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第11号「岩倉市乳幼児医療費助成条例の一部改正について」御説明をさせていただきます。


 今回の改正につきましては、通院助成の対象年齢を現状の4歳未満児から市単独事業で第2子以降の者について就学前までに拡大し、医療費の助成制度の充実を図るとともに、子育て支援、少子化対策の一策とするため、条例の改正をお願いするものでございます。


 改正の内容につきましては、条例第2条の定義中、第3項を第4項に繰り下げ、第2項の次に1項を加えるものでございます。


 新たに加える1項につきましては、この条例において「「第1子」とは保護者の子のうち最年長者(同一世帯に限る。)」を「「第2子以降の者」とは保護者の子のうち最年長者以外の者(同一世帯に限る。)を言う」でございます。


 次に第4条第1項は助成の範囲を定めるもので、「出生の日後4年を経過する月の翌日以降については、入院した者に限る」を「出生の日後4年を経過する日の属する月の翌月以降の者については、入院した者に限る。ただし、第2子以降の者については、通院した者を含む」に改めるものでございます。


 第5条につきましては、乳幼児医療費受給者証の交付に関する規定であり、「ただし」を「ただし、第1子で」に改めるものでございます。


 附則第1項につきましては、この条例は、平成17年4月1日から施行するものです。ただし、第5条の改正規定は、平成17年6月1日から施行するものでございます。これは平成17年6月1日以降は受給者証を交付し、いわゆる現物給付をするものでありますが、4月と5月の診療分につきましては受給者証の交付ができないため、償還払いとすることによるものでございます。


 附則第2項は、条例の施行期日前に行われた診療等に係る医療費に関する規定でございます。


 附則第3項は、岩倉市障害者医療費支給条例との適用の調整規定で、出生の日後4年を経過した乳幼児は障害者医療費支給条例の適用とする旨の規定でございます。


 附則第4項は、同様に岩倉市母子家庭等医療費助成条例との適用の調整規定であり、出生の日後4年を経過した乳幼児は母子家庭等医療費助成条例の適用とする旨の規定でございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第12号「岩倉市在宅ねたきり老人等介護者手当支給条例の一部改正について」説明を求めます。


 福祉事務所長。


○福祉事務所長(井筒洋一君) それでは、議案第12号「岩倉市在宅ねたきり老人等介護者手当支給条例の一部改正について」御説明を申し上げます。


 今回の改正につきましては、寝たきり老人等を在宅において介護している場合に限り、手当を支給するように支給要件を明確化するために改正するものでございます。


 また、条例中「痴呆」という用語を平成17年1月6日付愛知県健康福祉部長の通知により「認知症」に改正するものでございます。


 それでは、条文により説明させていただきます。


 第2条1号中「65歳以上の老人」を「市内に住所を有する65歳以上の老人」に改正させていただくものでございますが、この改正につきましては、従来第3条の支給要件で規定していたものを、条文の整理の関係で第2条1号に規定させていただくものでございます。また、同じ1号中の「痴呆」を「認知症」に改正させていただきます。


 同条2号中「介護している者」を「介護している市内に住所を有する者」に改正させていただきますが、これは従来、市民である65歳以上の老人を介護しておれば、市民でなくても手当の支給が受けられていましたのを、介護者につきましても市民であることを必要とする旨の改正でございます。


 第3条支給要件に第2項を加えさせていただき、従来は社会福祉法第2条第2項に規定する施設に入所している者の介護者にのみ手当の支給がなされていなかったものを、介護保険法に規定する介護サービスを受けている場合や、介護保険施設医療法に規定する病院、診療所に入所している者の介護者にまで支給しない範囲を拡大させていただくものでございます。この改正につきましては、施設や病院等の入所者には施設の側が一通りの介護を行っており、自宅での寝たきり老人等の介護に比べ介護者の手間が比較的少ないことによるものでございます。


 附則といたしまして、この改正は、平成17年4月1日から施行するものでございます。


 なお、参考といたしまして、この改正により平成16年度上半期の手当受給者のうち、介護保険施設に10名の方が入所しており、その方の介護者に手当の支給ができなくなります。また、介護者のうち市外在住者はお見えになりません。以上でございます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第13号「岩倉市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部改正について」説明を求めます。


 建設部長。


○建設部長(野杁二三夫君) 議案第13号「岩倉市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部改正について」御説明申し上げます。


 改正の内容は、岩倉市農業委員会の選挙による委員の定数を「15人」から「12人」に改めるものです。


 改正理由は、平成16年5月26日に組織体制の効率化を目的とする農業委員会法の一部改正をする法律が公布され、平成16年11月1日から施行されました。この法改正を契機に、選挙による委員の定数の検討がされ、見直しの改正を行うものであります。


 附則にて、施行期日は、公布以後初めてその期日を告示される岩倉市農業委員会の選挙となりますというふうに規定をさせていただきます。本年の農業委員会選挙から適用されるということになります。以上です。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第14号「岩倉市都市公園条例の一部改正について」説明を求めます。


 建設部長。


○建設部長(野杁二三夫君) 議案第14号「岩倉市都市公園条例の一部改正について」御説明申し上げます。


 今回の改正は、岩倉市都市公園条例第11条監督処分に次の1条、工作物等を保管した場合の公示事項等を加えるものであります。


 この理由は、この条例の法的根拠である都市公園法が平成16年6月18日付で公布され、平成16年12月17日付で施行されています。この改正の中で、都市公園内の工作物等の放置物の所有者等が確知できない場合の円滑な取り扱いについて定められたことによるものであります。あわせて、この法との整合性を図るために条項の改正と用語の改正を行っております。


 施行期日については、附則にて公布の日とさせていただいております。よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) お諮りします。


 概要説明中でありますけれども、ここで暫時休憩したいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 よって、休憩いたします。





                午前11時56分 休憩


          ─────────────────────


                午後1時15分 再開





○議長(三輪佳幸君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 議案第15号「平成16年度岩倉市一般会計補正予算(第5号)」について説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) それでは、議案第15号「平成16年度岩倉市一般会計補正予算(第5号)」について説明をいたします。


 第1条では、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,524万7,000円を追加し、総額を127億7,706万1,000円とさせていただくものであります。


 3月補正につきましては、平成16年度の最終補正ということで、減額補正が主な内容となっています。減額補正の考え方といたしましては、歳出は工事費等の事業の入札執行残が見込まれるもの、また事業の執行状況に合わせ原則50万円以上の減額が見込めるものを中心に減額補正をお願いしています。


 それでは、13ぺージ、14ぺージの歳出から説明をさせていただきます。


 増額補正をお願いしているものは、款2総務費、項1総務管理費、目6財政管理費、節25積立金であります。平成16年度の繰越金の収支見込みから4億円を積み立てさせていただくものであります。このほかにつきましては、すべて減額補正となっております。したがいまして、減額分の大きなものを中心に説明をさせていただきますので、よろしくお願いを申し上げます。


 款3民生費、項1社会福祉費、目3老人福祉費、事業名、老人ホーム措置事業は、当初養護老人ホーム措置費の人数を4人見込んでおりましたが、2人となったことにより減額をお願いするものであります。


 同じく款3民生費、項1社会福祉費、目7障害者医療費、事業名、障害者医療費支給事業は、精神障害者医療、入院分が減少したことにより、決算見込みに合わせ減額をお願いするものであります。


 同じく款3民生費、項2児童福祉費、目7児童福祉手当総務費、事業名、児童福祉手当は、児童手当及び小学校第3学年終了前特例給付並びに児童手当の給付額の決算見込みに合わせ減額をお願いするものであります。


 同じく款3民生費、項3生活保護費、目2扶助費では、生活扶助費及び医療扶助費の対象者が当初見込みに比べ減少したことなどによる減額をお願いしております。


 続きまして、款4の衛生費、項2清掃費、目2の塵芥処理費、事業名、小牧岩倉衛生組合負担金及び目3のし尿処理費、事業名、愛北広域事務組合し尿処理場運営費等負担金であります。両負担金とも運営費の負担金の減額によるものであります。


 また、愛北広域事務組合のもう一つの事業であります火葬事業につきましては、補正額が14万8,000円と少額でございますが、し尿の処理場運営費負担金の補正に合わせまして款2総務費、項3戸籍住民基本台帳費、目1戸籍住民基本台帳費、事業名、愛北広域事務組合火葬事業運営費負担金で減額計上させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。


 続きまして、15ぺージ、16ぺージをお願いいたします。款7の土木費、項4都市計画費、目2街路費、事業名、北島藤島線の街路改良事業では、支障物件移転補償の対象となった共同住宅等の補償費が確定したことにより減額をお願いしております。


 同じく款7の土木費の項4都市計画費、目3下水道事業費、事業名、公共下水道事業繰出金では、工事等の決算見込みに合わせまして一般会計からの繰出金の減額をお願いしているものであります。


 同じく款7土木費、項4都市計画費、目7の駅東地区再開発事業、事業名、北街区市街地再開発事業では、平成16年度に事業計画の見直しを行いましたが、見直し作業に時間を要したため、今年度に予定していた事業の執行が困難になったことから、全額を平成17年度に送るための減額をお願いしております。平成16年度に執行できなかったことをおわびするとともに、17年度の執行に向けて努力をしていきますので、よろしくお願いいたします。


 続きまして款10公債費、項1公債費、目2の利子では、平成15年度に借り入れを行いました市債の償還利子の確定により減額をさせていただくものであります。


 以上、歳出につきまして説明をさせていただきました。


 続きまして、9ぺージ、10ぺージの歳入をお願いいたしたいと思います。


 歳入につきましては、事業が完了したもの及び歳出に合わせて補正が必要になったものを中心にお願いをしております。


 款8の地方特例交付金につきましては、決算額に合わせ減額をさせていただくものであります。


 続きまして款11の分担金及び負担金、項1負担金、目1民生費負担金、節1の社会福祉費負担金は、歳出の老人ホーム措置費用の決算見込みに合わせ、本人負担分の減額をお願いするものであります。


 続きまして款13の国庫支出金、項1国庫負担金、目1の民生費国庫負担金、節1の社会福祉費負担金は、老人ホーム措置事業の決算見込みに合わせ減額をお願いするものです。


 同じく款13の国庫支出金、項1国庫負担金、目1の民生費国庫負担金、節2の児童福祉費負担金は、歳出の児童手当等の支給額の決算見込みに合わせ減額をお願いするものであります。


 同じく款13の国庫支出金、項1の国庫負担金、目1民生費国庫負担金、節3生活保護費負担金は、歳出の生活扶助費の医療扶助費の決算見込みに合わせて減額をお願いするものであります。


 同じく款13の国庫支出金、項2の国庫補助金、目3の土木費国庫補助金、節2の都市計画費補助金は、北街区市街地の再開発事業の予算が17年度に繰り越されたことにより、国庫補助金も全額減額をさせていただくものであります。まちづくり総合支援事業につきましては、国の総合補助金として、新たにまちづくり交付金が創設されたことに伴い廃止されることから、まちづくり交付金に組み替えをお願いするとともに、補助対象事業の増による増額もあわせてお願いするものであります。


 続きまして款14の県支出金、項1県負担金、目1民生費負担金、節2の児童福祉費負担金は、歳出の児童手当等の決算見込みに合わせ県負担金を減額するものであります。


 続きまして、11ぺージ、12ぺージをお願いいたします。項2の県補助金、目6土木費補助金、節1都市計画費補助金は、北島藤島線街路改良事業の決算に合わせ減額をするものであります。北街区市街地再開発事業補助金につきましては、国庫と同様、補助金の全額を減額させていただくものであります。


 続きまして款15の財産収入、項2財産売払収入、目3債権売払収入につきましては、財団法人愛知県勤労者信用基金協会が平成16年11月に解散したことに伴いまして出捐金が返還されることから、補正をお願いするものであります。


 続きまして款17の繰入金、項1繰入金、目1の繰入金、節1の基金繰入金では、岩倉北小学校の用地取得費が確定したことに伴い、岩倉北小学校及び岩倉南小学校用地購入基金の繰入金の減額、ふるさとづくり基金を充当しております。市民ふれ愛まつりと岩倉駅地下連絡道エレベーター設置事業の設計が完了したことに伴い、決算に合わせて繰入金の減額をお願いするものであります。


 続きまして款19諸収入、項5雑入、目3雑入につきましては、公営競技収益均てん化助成金の交付を受けて補正をお願いするものであります。


 続きまして款20の市債につきましては、全体で3,320万円の増額をお願いしておりますが、土木債、消防債、教育債は事業の完了に伴う減額をお願いするものであります。臨時財政対策債は、当初見込んでおりました借入額6億8,000万円が7億1,590万円となったことにより3,590万円の増額をお願いするものであります。


 続きまして款18の繰越金につきましては、減債基金積み立てに必要となる額を財源調整させていただき、1億5,607万4,000円とさせていただきました。


 歳入合計は、歳出と同額の2,524万7,000円をお願いするものであります。


 恐れ入りますが、3ぺージをお開きください。


 3ぺージの地方債につきましては、第2表 地方債補正により、(仮称)竹林公園整備事業、防災基盤整備事業、消防施設整備事業、臨時財政対策債、岩倉北小学校用地取得事業について、事業費の確定に伴い限度額に変更が生じますので、よろしくお願いを申し上げます。


 なお、利率につきましては3.5%以内から3.2%以内に引き下げをお願いしておりますが、これは基本としております財政融資資金の借入利率が下がってきたための対応であります。


 以上で一般会計補正予算の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第16号「平成16年度岩倉市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)」について説明を求めます。


 水道部長。


○水道部長(桜井竹雄君) それでは、議案第16号「平成16年度岩倉市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)」につきまして御説明申し上げます。


 歳入歳出それぞれ3,156万円を減額し、歳入歳出の総額をそれぞれ10億6,923万8,000円とさせていただくものでございます。


 第2条では繰越明許費について定めております。


 歳出から説明を申し上げます。


 11ぺージをお願いいたします。


 款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費51万7,000円の減額につきましては、曽野町公会堂修繕工事の入札執行残によるものでございます。


 目2維持管理費につきましては546万7,000円の減額をお願いしております。これは実績見込みから修繕料で100万円の減、委託料で146万7,000円、それと五条川左岸と右岸の流域下水道維持管理費負担金300万円の減額をお願いするものでございます。


 款2項1目1下水道建設費におきましては、2,098万1,000円の減額をお願いしておりますが、これは工事の実績見込みから工事請負費で972万9,000円の減額、支障物件移転補償費で1,000万円と、さらに五条川左岸建設負担金で86万4,000円の減額をそれぞれさせていただくものでございます。


 款3項1公債費、目2利子につきましては459万5,000円の減額をお願いするものでございます。


 歳入につきましては9ぺージをお願いいたします。


 款3項1目1下水道事業費国庫補助金で7万5,000円を減額し、款5繰入金、項1目1一般会計繰入金で4,500万を減額し、款6項1目1繰越金は前年度繰越金でございますが、1,543万7,000円を増額し5,172万4,000円とさせていただくものでございます。


 款7諸収入、項3目1雑入でございますが、これにつきましては、消費税還付金の確定によりまして622万2,000円を減額し、款8項1目1下水道事業債につきましては、流域下水道事業債で3,920万を増額し、公共下水道事業債で3,490万を減額させていただくものでございます。


 次に、3ぺージをお願いいたします。


 第2表 繰越明許費でございますが、下水道(雨水)整備計画業務につきましては、今年度計画策定に向けて現況調査等、一定進めてまいりましたが、流域市町の河川へのいわゆる許容放流量の提示の作業等の調整がおくれておる関係から、翌年度、17年度に委託料1,627万5,000円、これは全額でございますが、17年度に繰り越しをお願いするものでございます。


 次に、4ぺージをお願いいたします。


 第3表 地方債補正につきましては、下水道事業債の限度額、利率の変更につきましては、この表のとおりそれぞれ補正させていただくものでございます。


 以上、よろしくお願い申し上げます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第17号「平成17年度岩倉市一般会計予算」について説明を求めます。


 最初に、統括説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) それでは、議案第17号の「平成17年度岩倉市一般会計予算」について説明をさせていただきます。


 1ぺージの第1条の歳入歳出予算の総額につきましては、歳入歳出それぞれ116億7,000万円と定めるものでございまして、前年度に比較しまして7.0%の減としておりますが、前年度予算の中には平成7年度、平成8年度に借り入れました減税補てん債の借りかえ分の10億2,000万円が含まれていましたので、これを除いた実質的な伸びは1.2%の増となるものでございます。


 76ぺージの歳出から説明に入るわけでありますが、まず人件費関係について説明を申し上げ、その後、議会費から目ごとに説明を申し上げたいと思います。


 132ぺージをお願いいたします。


 132ぺージの一般職の人件費総額につきましては、31億7,000万1,000円でございまして、前年度から7,417万6,000円の減となっているところでございます。この減の理由といたしましては、職員数が前年比10人減の382人によるものでございます。


 なお、特別会計職員及び派遣職員を含めまして、岩倉市全体の実質総職員数を申し上げますと、前年度の4月1日現在は424名でございましたが、新年度の4月1日現在では13名減の411名になるわけでございますので、よろしくお願い申し上げます。


 次に124ぺージの特別職の関係についてでございます。3億6,411万1,000円をお願いしているところでございます。前年度と比較いたしますと1,997万6,000円の増額となっております。増額の主な理由は、国税調査調査員や嘱託員として保健センターの栄養士を雇用すること等によるものであります。


 なお、人件費関係の詳細につきましては124ぺージから137ぺージの特別職、一般職の給与費明細書を御参照いただきたいと思います。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 次に、76ぺージの歳出から順次説明を求めます。


 説明は、主な事業や新規のもの等について、ぺージを追って簡潔に説明を求めます。


 款1議会費、款2総務費に入ります。


 初めに、款1及び款2のうち、総務部に属する部分について説明を求めます。ぺージは76ぺージから86ぺージとなります。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) それでは、目単位に説明をさせていただきますが、説明につきましては、特に前年度に比較しまして大きく変更したもの、また新たに事業として計上したものを中心に説明をさせていただきます。なお、人件費に係ります減額については、説明を省略させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 それでは、76ぺージの議会費でございますが、特に変更はございません。


 次に総務費に入ります。説明につきましては、ぺージを追って説明をさせていただきます。


 初めに総務部に属する説明をお願いするわけでありますが、款2の総務費、項1総務管理費、目1一般管理費は大きな変更はございません。


 目2の人事管理費で減になった理由につきましては、事務管理費の中で育休、退職等に係るパート職員の賃金について、前年度に比べまして2人分少なくなると見込んだことによるものであります。


 次に、78ぺージをお願いいたします。


 目3の秘書費につきましては、平和祈念事業として戦後60年の平和祈念事業委託料をお願いしております。


 目4企画費の1億2,200万円の減につきましては、前年まで目で計上しておりました庁舎の情報化の維持管理事業を、新年度から新たに設けました目16情報化管理費に組み替えたことによるものでございます。


 目5の広報広聴費の減につきましては、前年度は事務管理費においてマップアンドガイド作成委託料180万円等が計上されていたことによるものであります。


 目6の財政管理費につきましては、特に変更はありません。


 目7の財産管理費につきましては、平成5年度に購入しました中型バス等の買いかえ等により増額となっております。


 次に80ぺージの目8会計管理費については、特に大きな変更はございません。


 目9の交通安全防犯推進費の増額の要素につきましては、新たに防犯推進事業といたしまして、1世帯5,000円を上限とした防犯対策助成金制度を設けさせていただいたことによること、また名神高速道路の防音工事に伴う石仏自転車駐車場改修事業によるものでございます。


 目10の交通災害共済費につきましては、市民部長の方から後ほど説明があると思います。


 目11の公平委員会費については大きな変更はございません。


 目12の市民相談費についても特に大きな変更はありません。


 次に目13の国際交流費、ここにつきましても特に大きな変更はございません。


 82ぺージの目14用度費についても同様であります。


 目15の契約管理費についても、大きな変更はございません。


 目16の情報化管理費は、さきに目4の企画費において説明を申し上げましたとおり、庁舎情報化維持管理事業、総合行政ネットワーク事業及び戸籍電算化事業といった情報関連事業費を一本化することとし、新たに目を設けさせていただくものでございます。


 目17諸費については、特に変更はございません。


 次に項2の徴税費でございます。項2の徴税費、目1税務総務費から説明に入らせていただきますが、この税務総務費についても、特に大きな変更はございません。


 それから目2の賦課費でございますが、賦課費が減額となっていますのは、前年度は3年に1回の固定資産の評価替えに伴う不動産鑑定委託料が計上されていることによるものでございます。


 次に目3の徴収費につきましては、特に変更はございません。


 次に、84ぺージをお願いいたします。


 項3戸籍住民基本台帳費につきましては、後ほど市民部長の方から説明を申し上げます。


 項4の選挙費で目1選挙管理委員会費でございますが、ここについても特に変更はございません。


 目2の選挙啓発費についても同じであります。


 目3の選挙執行費は減額となっておりますが、前年度は岩倉市長選挙、衆議院議員の通常選挙など、主要な選挙の年であったことによるものであります。新年度は、農業委員会委員選挙費をお願いしております。


 それから項5の統計調査費、目1統計調査総務費の増額につきましては、5年に1回の国勢調査に伴う調査員報酬2,762万7,000円をお願いしておりますので、よろしくお願いいたします。


 項6の監査委員費、目1の監査委員費は特に大きな変更はありません。よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて款2のうち、市民部に属する部分について説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 総務費のうち、市民部に属する予算について御説明をさせていただきます。予算書の80ぺージをお願いいたします。


 目10交通災害共済費につきましては、前年度比較で17万9,000円の増は、主に70歳以上の老人増に伴う公費助成分の増額をお願いするものでございます。


 続きまして、84ぺージをお願いいたします。


 項3戸籍住民基本台帳費、目1戸籍住民基本台帳費につきましては、前年度比較で3,734万7,000円の減額をさせていただいております。減額の主な理由につきましては、戸籍の電算化事業が本稼働し、新年度からは関係予算を項1総務管理費、目16の情報管理費、戸籍電算化事業へ2,549万6,000円を組み替え計上させていただいておりますので、減額となり、さらに愛北広域事務組合火葬事業運営費負担金で399万4,000円の減額等によるものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 次に、款3民生費に入ります。


 初めに款3のうち、市民部に属する部分について説明を求めます。ぺージは86ぺージから96ぺージとなります。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 民生費のうち、市民部に属する予算につきまして御説明をさせていただきます。


 まず、86ぺージをお願いいたします。


 款3民生費、項1社会福祉費、目2国民年金費につきましては、前年度比較15万9,000円の減額となっておりますが、事務管理費の実績等を踏まえ計上させていただいております。


 続きまして、88ぺージをお願いいたします。


 目5老人医療費につきましては、前年度比較992万6,000円の増額でございます。その要因につきましては、老人医療費支給事業において老人福祉給付金の対象者増に伴い、支給件数の増加を見込み計上させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。


 目7の障害者医療費につきましては、前年度比較456万5,000円の減額とさせていただいております。実績等を踏まえ、計上をさせていただいておることによるものでございます。


 続きまして、94ぺージをお願いいたします。


 目8乳幼児医療費につきましては、前年度比較507万9,000円の増額をさせていただいております。増額の要因につきましては、平成17年4月から少子化子育て支援の一環として、新たに通院に関して4歳以上就学前までの第2子以降の乳幼児について、市単独事業で助成の拡大をするもので、拡大分として870万7,000円の増額となっており、一方、従来の入通院の実績等を踏まえたことから361万3,000円の減額を見込み、全体としては507万9,000円の増額をお願いするものです。


 目9の母子家庭等医療費につきましては、前年度比較400万8,000円の増額とさせていただきます。増額の要因につきましては、対象人数の増によるもので、助成額が増額となっているものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて款3のうち、福祉事務所に属する部分について説明を受けます。


 福祉事務所長。


○福祉事務所長(井筒洋一君) それでは、款3民生費について御説明いたします。86ぺージをお願いいたします。


 款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費につきましては、前年比較4,703万7,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、老人保健特別会計繰出金において、ここで定めます負担割合の引き上げ等による増、介護保険特別会計繰出金において、利用者の増による介護給付費繰出金の増額等によるものでございます。


 目3老人福祉費では1,211万3,000円の減額となっております。これにつきましては、事務管理費で認知症対応型共同生活介護施設整備費補助金が2ヵ年事業となり、今年度は前年度に比べ当初予算で半額程度になったこと、在宅福祉事業で在宅寝たきり老人等、介護者手当の改正による減額等によるものでございます。


 88ぺージをお願いいたします。


 目4老人憩の家総務費では366万5,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、職員等管理費で職員が育児休業を取得することによる減額等によるものでございます。


 目6心身障害者福祉費につきましては761万1,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、居宅生活支援費において、新たに知的障害者のグループホームの開設が予定されていることによるものでございます。


 目8障害者センター費につきましては654万2,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、職員等管理費で職員1名の退職に伴いましてパート職員をお願いすることによるその差額が主なものでございます。


 90ぺージをお願いいたします。


 目9ふれあいセンター運営費、目10ボランティア活動センター費につきましては、大きな増減はございません。


 続きまして款3民生費、項2児童福祉費、目1児童福祉総務費48万円の減額につきましては、次世代育成支援地域行動計画策定事業が終了したことによる減額などによるものでございます。


 目2保育園費2,418万6,000円の減額につきましては、職員等管理費で職員5名の退職が予定されていることに伴い、パートタイマーをお願いすることによる差額が主なものでございます。


 92ぺージをお願いいたします。


 目3児童館総務費につきましては666万2,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、職員等管理費で職員1名の退職と保育園で退職予定の1名を再任用職員として児童館で受け入れを行う差額などが主な要因でございます。


 目4放課後児童健全育成費176万8,000円の増額につきましては、正規職員の勤務実態に合わせ、パート職員の見直しを行ったことによるものでございます。


 目5母子福祉費223万1,000円の増額につきましては、従来行っていた母子・父子レクリエーションにかえて母子自立支援給付金を新設させていただいたことなどによるものでございます。


 目6家庭児童相談費につきましては、大きな増減はございません。


 目7児童福祉手当総務費3,545万8,000円の減額につきましては、児童手当及び児童扶養手当を、平成16年度の受給実績に合わせて減額させていただいたことによるものでございます。


 94ぺージをお願いいたします。


 目10児童遊園費につきましては73万1,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、児童遊園施設管理費で、五条児童遊園の一部につきまして、地主さんからの要望に基づき返還したことによる借地料の減額が主な要因でございます。


 目11子ども会育成費につきましては29万8,000円の増額をお願いいたしております。これにつきましては、平成17年度に子ども会連絡協議会が創立40周年を迎えることに伴う記念事業を助成することなどによるものでございます。


 目12青少年宿泊研修施設運営費82万4,000円の減額につきましては、青少年宿泊施設管理費で嘱託職員2名のうち1名をパート職員に切りかえることなどによるものでございます。


 目13地域交流センター運営費につきましては182万5,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、地域交流センター施設管理費で、嘱託職員1名をパート職員に切りかえることなどが主な要因でございます。


 96ぺージをお願いいたします。


 款3民生費、項3生活保護費、目1生活保護総務費につきましては70万3,000円の減額をお願いいたしております。これにつきましては、職員等管理費で、異動に伴う人件費の減が主な要因でございます。


 目2扶助費につきましては188万7,000円の減額となっております。これにつきましては、生活保護のうち、生活扶助費を受ける人員を実態に合わせ2名減させていただき220名とさせていただいたことなどによるものでございます。


 款3民生費、項4災害救助費、目1災害救助費につきましては増減はございません。


 以上でございます。よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 次に、款4衛生費について説明を求めます。ぺージは96ぺージから100ぺージとなります。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 款4衛生費につきまして御説明をさせていただきます。96ぺージをお願いいたします。


 款4衛生費、項1保健衛生費、目1健康総務費につきましては、前年度比較480万2,000円の減額でございます。減額要因は、栄養士の退職に伴い嘱託職員を雇用するため、人件費の減額でございます。


 目2保健費につきましては、前年度比較59万9,000円の増額をお願いするもので、主な要因につきましては、基本健康診査事業で実績等を踏まえ449万8,000円の増額とし、一方、結核対策事業では新年度からツベルクリン反応検査がなくなり、直接BCG接種となるため、関係予算197万4,000円の減額となること等によるものでございます。


 続いて、98ぺージをお願いいたします。


 目3休日急病診療所運営費につきましては、前年度比較45万9,000円の減額とさせていただいております。減額につきましては、休日診療対策助成金等の減額によるものでございます。


 目5環境衛生費につきましては、前年比較172万8,000円の減額となっています。減額の主な要因につきましては、環境美化指導委託員について、アダプトプログラム事業の団体活動について実施のため削除とさせていただいたこと等によるものでございます。


 目6訪問看護事業費につきましては、前年度比較979万6,000円の減額とさせていただいております。減額の要因につきましては、訪問実績等を踏まえ職員1名を減員して対応するため、人件費の減額でございます。


 目7自然環境保全費につきましては、前年度比較2万2,000円の減額ですが、ワークハウス塗装委託料11万5,000円の増額があるものの、全体としては経常経費等の見直しで減額となっているものでございます。


 続いて100ぺージをお願いいたします。


 目8公害対策費につきましては、前年度比較137万2,000円の減額とさせていただいております。これは最新規制適合車等早期代替促進費補助金につきまして県の補助制度が廃止されること、また前年度まで実績もなかったこと等を踏まえ、削除させていただいたものでございます。


 項2清掃費、目1清掃総務費につきましては、前年度比較1,233万1,000円の増額とさせていただいております。主な要因につきましては、職員等管理費で、事務職員1名増等の人件費で1,451万7,000円の増額となり、一方、前年度においては清掃事務所車庫の一部改修工事217万8,000円を計上しておりまして、新年度ではこの分が減額となっておりますので、よろしくお願いいたします。


 目2塵芥処理費につきましては、前年度比較527万1,000円の減額とさせていただいております。主な要因につきましては、ごみ減量化推進事業において、容器包装リサイクル業務委託で新たに10月からその他プラスチック容器の中間処理、保管業務等を行うため981万2,000円の増額、一方、粗大ごみ個別収集、蛍光管等処理処分委託など、実績等を踏まえ217万1,000円の減額とさせていただいております。塵芥処理費では、その他プラスチック容器収集運搬業務で291万2,000円の増となっています。小牧岩倉衛生組合負担金においては1,630万5,000円の減額となっていますので、よろしくお願いいたします。


 目3し尿処理費につきましては、前年度比較で41万円の減額とさせていただいております。主な要因につきましては、愛北広域事務組合し尿処理場運営費等負担金について33万円の減額となっています。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 次に、款5農林水産業費、款6商工費、款7土木費に入ります。


 初めに、款5から款7のうち、建設部に属する部分について説明を求めます。ぺージは100ぺージから108ぺージとなります。


 建設部長。


○建設部長(野杁二三夫君) 款5農林水産業費から御説明を申し上げます。


 項1農業費、目1の農業委員会費においては、小作料協議会委員会謝礼を計上させていただいております。これは平成18年1月からの3年間の小作料を決めるためのものであります。また、19節の負担金補助及び交付金で全国農業青年交歓大会負担金5万円を計上しております。これは本年8月24日から3日間、愛知県で開催される大会でありまして、県内各市町村が協賛し、負担をするものになっております。


 102ぺージをお開きいただきたいと思います。


 目3農畜産業振興費で58万4,000円の減となっております。主な要因については、国の農業政策が米の減反政策から生産調整に、平成16年度から変更されました。このことにより、麦作実施予定者がなくなりました関係で頭出しの1,000円とさせていただいております。


 目4病害虫予防費で47万4,000円の減となっております。これは、水稲病害虫共同防除事業費補助金の薬剤費市負担分を4分の1から5分の1に見直しをさせていただいたことによるものであります。


 目5水田農業構造改革対策費206万8,000円の減となっております。この主な要因は、先ほども御説明させていただきましたように、農業施策が変更されております。このことによって、従来の減反面積の各地域ごとの割当てや現地確認、転作作物の奨励等の事業が縮小されてきたことによるものであります。


 目7農地費430万8,000円の増となっております。主な要因は、13節委託料の用水路しゅんせつ委託料の増額と、15節工事請負費の水路改修工事の市単独分の計上であります。用水路のしゅんせつについては、3年サイクルで実施している幹線水路だけでなく、流入する支線水路も対象として実施していく予定をしております。17年度の事業予定は、県補助による農道舗装4路線と水路2路線、単独事業の水路1路線であります。


 続きまして、款6商工費、項1商工費の説明をさせてていただきます。104ぺージをお開きいただきたいと思います。


 目2の商工振興費149万1,000円の減であります。主な要因については、小規模事業経営支援事業補助金、商工業振興事業補助等、負担金補助及び交付金を実績により見直しをさせていただきました。また、昨年に万博地域連携プロジェクト事業で実施しましたいわくらお店探索スタンプラリー事業を、平成18年NHK大河ドラマ「功名が辻」、山内一豊の妻出生物語とタイアップしたものとして実施していく予定をしております。


 目4観光費は601万7,000円の増となっております。主な要因は、愛知万博地域連携プロジェクト事業「岩倉市の日」の実施事業費、一市町村一国フレンドシップ事業、さらには本年10月、一宮市、犬山市、岩倉市の3市での共同開催を予定しております「一豊公&千代様サミット」の負担金を計上しております。主な会場は一宮市になる予定になっております。


 続きまして、款7土木費、項1土木管理費を説明させていただきます。106ぺージをお開きいただきたいと思います。


 項2の道路橋梁費を説明させていただきます。


 目1の道路維持費597万1,000円の減となっております。この主な要因は、16年度に行いました緊急地域雇用創出特別基金事業費を活用した道路側溝等管渠整備事業委託料の減と、交通安全対策の関連修繕費分を交通安全施設設置事業の方へ組み替えたことによるものであります。


 目2道路新設改良費で7,098万5,000円の増であります。主な要因は、岩倉駅地下連絡道エレベーター設置事業6,895万6,000円であります。平成17年の舗装工事は、総延長680メーター、舗装面積3,200平方メートル、側溝工事は総延長1,800メーターを予定しております。また、継続して実施しております甲豊田岩倉線交通安全施設等整備事業は4,507万8,000円を予定しておりまして、そのうち2,523万8,000円が用地費及び物件移転費となっております。この用地買収で名神側道北線の信号から次の信号、二つ目の信号までの用地買収が終了することになります。


 新規事業は、昭和橋耐震補強工事の実施設計と幼川橋の耐震補強工事を実施します。また、川徳橋の耐震補強工事を、西春町から2分の1の負担金を受け入れ工事を実施いたします。交通安全施設設置工事は、区画線1万5,000メーターを予定しております。先ほど説明させていただきましたように、交通安全関係の修繕費を道路維持費から組み替えております。城跡地内道路新設事業180万については、下本町城跡地区の関係地主より道路用地の寄附の申し出があり、同地区の道路計画を検討するものであります。


 項4都市計画費を説明させていただきます。


 目1都市計画総務費329万5,000円の減となっております。この要因は、平成16年度に実施しました南部地区まちづくり推進調査業務委託料と都市計画基礎調査委託料がなくなっている関係であります。


 目2の街路費783万6,000円の減でありますが、これは北島藤島線街路改良工事の用地及び物件移転関係分が減っている関係であります。


 次に108ぺージをお開きいただきたいと思います。


 目4の公園費1,732万5,000円の増となっております。平成16年度に引き続き(仮称)竹林公園整備事業費6,177万7,000円、また新規事業として(仮称)長瀬公園整備事業の基本設計委託料312万4,000円の計上をさせていただいております。


 目7駅東地区再開発事業費について説明させていただきます。


 平成15年度からスタートした北街区再開発事業は、平成16年度に再開発ビル建設予定箇所の地盤調査、再開発ビルの詳細設計、建物調査等をもとに組合員の権利返還業務の作成を計上しておりましたが、再開発事業計画そのものを精査し、それに伴う都市計画の変更手続をしてまいりました。新たな計画によって、関係権利者との組合設立同意の作業をしてきましたが、いまだ組合設立に至らず、平成17年に実施すべく予算を計上させていただいております。早期組合設置のために頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 項5住宅費の説明をさせていただきます。


 平成14年度から木造住宅耐震診断事業を、平成15年度からは木造住宅耐震改修事業を実施しております。現在まで耐震診断は280戸、耐震改修の工事の補助は8戸であります。平成17年度の木造耐震診断事業は200戸、木造耐震改修事業は15戸を予定しております。


 以上、御説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、水道部に属する部分について説明を求めます。


 水道部長。


○水道部長(桜井竹雄君) それでは、御説明申し上げます。


 108ぺージをごらんください。


 目3の下水道事業費でございます。前年度比較847万8,000円の減額となっておるところでございますが、この要因につきましては、公共下水道事業特別会計繰出金が前年より1,085万6,000円減額となっておりますことが大きな要因となっております。以上でございます。


○議長(三輪佳幸君) 次に、款8消防費について説明を受けます。ぺージは108ぺージから112ぺージとなります。


 消防長。


○消防長(赤堀俊之君) それでは110ぺージをお開きいただきたいと思います。


 款8消防費、項1消防費、目1常備消防費、前年度比較で増額になっておりますが、この要因につきましては、事務管理費において消防署に勤務する職員の防火衣等を新たに更新させていただくもの、さらに消防庁舎施設管理費におきましては、市内において携帯電話から119番をかけていただいたときに直接消防本部に入るような受信システムの修繕等、さらに消防車両等管理費につきましては、車検等の車両が前年度よりも5台増加したこと等が主な要因でございます。


 目2の非常備消防費につきましては、特に変更はございません。


 目3の災害対策費でございますが、前年度よりも増額しておりますが、事務管理費では耐震診断費調査委託料が前年度より減額になっておるところでございますが、特に(仮称)防災コミュニティセンター建設事業費で今回1億3,500万8,000円をお願いしているところでございます。これが主な要因でございます。


 次に112ぺージをお開きいただきたいと思います。


 目4の消防施設費の増額につきましては、本年度第4分団車庫の移転に伴います敷地の購入と、あわせて車庫建設事業費等、さらに消防団車両として、第1分団消防ポンプ自動車の買いかえ等をお願いしているところでございますので、よろしくお願いいたします。


 目5の水防費については、特に変更はございません。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 次に、款9教育費について説明を求めます。ぺージは112ぺージから122ぺージとなります。


 教育部長。


○教育部長(長瀬章一君) それでは112ぺージをお願いいたします。


 款9教育費、項1教育総務費について御説明をさせていただきます。


 目1教育委員会費については、特に変更はございません。


 目2事務局費につきましては、事務管理費につきましては岩倉北小学校と南小学校が平成17年度特別支援教育の研究指定校を受けることによりまして、その教育実践発表の開催校になるための経費として、パネル購入費、印刷製本費等を計上させていただいております。また、負担金補助及び交付金の関係では、派遣指導主事給与費を負担金として1,161万1,000円を計上しておりますが、学校教育の円滑な運営と指導体制の強化を図るため、指導主事1名の増員をさせていただくものとして増額となっております。


 114ぺージをお願い申し上げます。


 目3教育指導費につきましては781万円の増額でございます。主なものといたしましては、教育指導費につきまして、平成17年度教科書改訂に合わせて実施しております小学校3・4年生で使用いたします社会科副読本の印刷費と、その編成に伴います委託料といたしまして新規に予算を18万円計上させていただいております。


 私立幼稚園補助事業につきましては、幼稚園就園奨励費補助金につきまして556万3,000円を増額させていただいておりますが、国の補助単価の引き上げによる増額をお願いしておるものでございます。


 私立高等学校補助事業につきましては、昨年度に引き続きまして見直しをさせていただきまして、補助金額を1万1,400円から5%減の1万800円とさせていただいております。


 学校図書館ネットワーク事業及び臨時講師事業の賃金等につきましては、平成16年度で国の緊急地域特別対策事業が終了いたしましたが、引き続き司書補助賃金、外国語教育臨時講師の謝礼を一般財源化して予算を計上させていただきました。


 中学生平和祈念派遣事業につきましては、本年度は広島市へ生徒12名を派遣させていただきます。


 中学生海外派遣事業につきましては、岩倉市国際交流協会に事業の委託をいたしまして、中学1年生から3年生までをオーストラリアへ派遣させていただくものでございます。


 総合的な学習の時間推進事業につきましては、各学校が創意工夫を生かした特色ある教育活動を推し進めるための費用を計上させていただきました。


 教育プラン事業につきましては、今年度2年目を迎えますが、各学校がそれぞれテーマを持ち、「子どもは未来のまちづくり人」を目指し、岩倉市の将来を担う人づくりのために、小・中学校7校分として予算を計上させていただきました。


 項2小学校費、目1学校管理費につきまして御説明をさせていただきます。


 小学校管理運営費につきましては、健康いわくら21に基づき、歯の健康を目的に、全小学校でフッ素洗口を実施するための費用として、小学校5校分で15万円を計上させていただきました。


 また、備品購入費では、学校への不審者の侵入対策といたしまして、刺股各2本を小学校及び中学校に設置をさせていただくための費用を計上させていただきました。


 小学校施設改良費につきましては、曽野小学校のプールフェンスの老朽化と安全対策を行うための改修費用として140万2,000円を計上させていただきました。


 目2教育振興費につきまして御説明をさせていただきます。


 教育振興費につきましては2,317万円の増額でございますが、主なものといたしましては、3年ごとに改正されます小学校の教科書指導書、指導用教材に要する費用を増額計上させていただきました。


 また、備品購入費では、理科用備品を142万9,000円、さらに負担金補助及び交付金につきまして、1点目といたしましては、愛知万博見学事業補助金といたしまして万博の見学費用として、バス借上料費用の一部1人500円を補助として予算を計上させていただきました。 2点目といたしまして、第3子以降学校給食費補助金は少子化対策の一環といたしまして、第1子が15歳未満の第3子以降の学校給食を補助するものとして586万6,000円を計上させていただきました。


 コンピューター維持管理事業につきましては、コンピューター機器の借上期間が17年度で終了いたしますため、その後、借上期間の延長によりまして賃借料が10分の1になることにより473万5,000円の減額となっております。


 目3学校建設費につきましては変更ございません。


 項3中学校費、目1学校管理費につきまして御説明をさせていただきます。


 中学校管理運営費につきましては、備品購入費といたしまして、小学校同様、不審者対策として刺股を購入する費用を計上させていただきました。また、さらに生徒用机、いすにつきましても、一定老朽化などにより使用困難なものにつきましては、順次更新をしていくとともに、さらに特別教室のいすなどにつきましても順次環境整備に努めてまいりたいと思っております。


 中学校施設改良費につきましては、新規の事業として、コンピューター教育中学校施設改良費につきまして、コンピューター教育におけます校内LANの整備として1,919万4,000円を計上させていただきました。この事業は、国の計画に基づきまして、すべての学校、学級においてあらゆる授業にコンピューターを活用できるよう環境整備をするものでございます。


 目2教育振興費につきましては、特に教育振興費につきましては2,053万4,000円を計上させていただいておりますが、備品購入費におきましては岩中、南中の吹奏楽クラブ員の増加によります楽器の購入の充足と、理科用備品の整備として一定計上させていただいております。


 また、小学校同様、19節の負担金補助及び交付金では、愛知万博補助金、またさらに学校給食費補助金を計上させていただいております。


 コンピューター維持管理事業につきましては、国の計画に基づきまして校内LAN整備とともに、コンピューター機器の保守、ハード等、パソコンの借り上げとして1,601万6,000円を計上させていただきました。


 続きまして項4社会教育費、目1生涯学習総務費につきまして御説明をさせていただきます。


 事務管理費では、需用費、修繕料といたしまして八剱会館及び中野会館の空調設備の取りかえ修繕といたしまして332万3,000円を計上させていただきました。


 また、青少年健全育成、男女共同参画推進事業等につきましては、特に変更はございません。


 目2公民館費につきましても、特に変更はございません。


 生涯学習講座事業につきましては、特に変更ございませんが、これに関係して、およそ60の講座講師謝礼といたしまして351万5,000円の予算を計上させていただいております。


 目3図書館費につきましては、事務管理費につきまして、今年度から図書館健康課図書ボランティアとの連携によりまして、ブックスタートを本格的に開始するに当たりまして、図書紹介用パンフレット作成経費として4万円を計上させていただいております。


 図書館施設管理費、学校図書館ネットワーク事業につきましては、特に変更はございません。


 目4文化事業費につきましては、特にジュニアオーケストラ運営事業につきまして音楽のあるまちづくりの推進を図るための費用として計上させていただいておりますが、今年度一部単科クラスの指導料の単価、回数などの見直しをさせていただきました。


 音楽文化普及事業につきましても、セントラル愛知への委託料につきましては418万9,000円の減額を行わせていただいておりますけれども、昨年度に引き続きまして一定見直しを行いまして、今年度は小学校音楽クラブの指導、また桜まつりオープニングコンサートなどにつきましても見直しをさせていただきました。


 120ぺージをお願いいたします。


 目5文化財保護費につきましては1,453万4,000円の増額でございますが、市指定文化財につきましては、修復費の補助率を70%から60%に今年度お願いをしております。また、本年の山車の修復につきましては、中本町と下本町の補助を予定させていただいております。


 史跡公園施設管理費につきましては、修繕といたしまして鳥居建民家茅葺屋根補修といたしまして100万円を計上させていただいております。史跡公園の竪穴住居復元事業につきましては、昨年12月火災により全焼いたしました竪穴住居の復元のための費用といたしまして1,215万円を計上させていただいております。なお、再発防止のための対応につきましては、防炎加工、センサーなどの設置について検討し、対応してまいりたいと思っております。


 文化財保護費につきましては、印刷製本費において山内一豊に関するパンフレット作成のための費用といたしまして9万6,000円を計上させていただきました。


 市史編さん事業につきましては、昭和60年に発行以来、20年を経過いたしましたので、本年度20年間の歴史的事実について追補版を編集発行するための費用として350万円をお願いいたしました。


 次に項5保健体育費、目1保健体育総務費につきまして説明をさせていただきます。


 主なものといたしましては、昨年スポーツ振興委託事業として愛知万博関連事業を行いましたが、今年度のスポーツ振興委託事業といたしましては、フットサルの選抜記念大会と技術指導を開催するための費用を計上させていただきました。


 体育施設管理費につきましては、市立体育館耐震補強事業につきまして新規に計上させていただきました。今回の耐震事業につきましては、平成8年度の耐震診断結果に基づいて行うものでございます。


 目3総合体育文化センター費につきましては、修繕料におきまして多目的ホールの吊物用ワイヤーの取りかえ、音響設備の取りかえ、さらに備品購入費ではトレーニング機器の更新をさせていただくものでございます。


 122ぺージをお願い申し上げます。


 目1給食センター運営費につきまして御説明をさせていただきます。


 主なものといたしましては、給食配送車購入事業といたしまして、切りかえといたしまして2台計上をさせていただきました。現在の配送車につきましては、排出規制基準に適合しないため、現在3台保有しているうち本年度は2台を購入するものでございます。以上でございます。


○議長(三輪佳幸君) 次に、款10公債費、款11諸支出金、款12予備費と歳入全体及び第2表 地方債について説明を求めます。歳出は122ぺージ、歳入は14ぺージから74ぺージ、第2表は7ぺージとなります。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) 同じく122ぺージでございます。


 款10の公債費、項1公債費の目1元金、大幅な減額となっておりますが、これは前年度予算に平成7年度と平成8年度に借り入れました減税補てん債の借りかえ分10億2,000万円が含まれていたことによるものであります。


 また、目2の利子につきましても4,943万7,000円の減となっておりますが、これも前年度に減税補てん債を低い利率で借りかえたことなどによる減額となっております。


 続いて歳入に入りますので、14ぺージをお願いいたします。


 14ぺージの款1市税でありますが、市税全体で3.8%増の55億6,388万2,000円の計上をお願いしております。


 項1目1の個人市民税では、配偶者特別控除などの税制改正により、また目2の法人市民税につきましても、景気が回復傾向にあることなどから、市民税全体で1億4,940万円の増額とさせていただいております。


 項2の固定資産税につきましても、新築家屋分の増を見込みまして5,033万円の増とさせていただいております。


 次に、16ぺージをお願いいたします。


 項3の軽自動車税の関係につきましては、新規登録の増加を見込み340万円程度の増加を見込ませていただきました。


 続きまして、18ぺージをお願いいたします。


 項5の都市計画税につきましても、固定資産税と同様に、新築の家屋の増を見込み800万円の増額とさせていただいております。


 款2地方譲与税につきましても、項1所得譲与税で8,450万円の増額計上をさせていただいております。これは、三位一体の改革により、17年度に新たに税源移譲分として増額される部分を見込んで計上をお願いするものであります。


 項2の自動車重量譲与税の項3の地方道路譲与税は、それぞれ実績に基づき計上させていただきました。


 款3の利子割交付金につきましては、預貯金等の低金利に続き1,600万円の減額で計上をお願いしました。


 款6でございますが、地方消費税交付金につきましては3,200万円の減額としておりますが、前年度は納付日の関係から13ヵ月分の収入となったことによるものであります。


 20ぺージをお願いいたします。


 款7の自動車取得税交付金及び款8の地方特例交付金につきましても、実績に基づき計上をお願いしました。


 款9の地方交付税につきましては16億1,000万円を見込んでおります。1,000万円の減額となっておりますが、16年度の決算見込みや17年度の地方財政計画を勘案しながら計上をさせていただきました。


 次に、22ぺージをお願いいたします。


 22ぺージの款12使用料及び手数料についてでありますが、29ぺージの上段の項2の手数料、目2の民生手数料、節2の児童福祉手数料として、放課後の児童健全育成手数料を新たに設けさせていただきましたので、よろしくお願いいたします。


 28ぺージの下段にありますが、款13の国庫支出金では三位一体の改革に伴う国庫補助金の削減項目、主な項目といたしまして、項1国庫負担金、目1の民生費国庫負担金、節1の社会福祉費負担金における老人保護措置費の負担金、また35ぺージになりますが、教育費補助金のうち就学援助費及び特殊教育奨励費補助金について準要保護世帯に係る援助費補助金などの削減が主なものとなっております。


 款14の県支出金におきましても、三位一体の改革に伴う補助金の削減がされてきております。


 項2の県補助金、目2の民生費補助金のうち、41ぺージの説明欄の在宅福祉事業費補助金のうち、前年度まで外出支援サービス事業、軽度の生活支援事業、緊急通報体制等の整備事業、寝具の乾燥消毒サービス事業に係る補助金が598万2,000円の減となっております。


 また、45ぺージの説明欄、下段の方に特別保育事業費等補助金のうち、延長保育の促進事業分が新年度から削減となり1,016万円の影響を見込んでおります。


 次に、65ぺージの上段でございます。


 款19諸収入、項5雑入のうち、総務費雑入として、新たに防災対策事業に充てることを目的とした市町村振興協会の基金交付金1,500万円を計上しておりますので、よろしくお願いいたします。


 最後に款20の市債でございますが、市債につきましては10億7,620万円の減額となっております。これは前年度に市民税減税補てん債の借りかえ分の10億2,000万円が含まれていたことによるものであります。


 続きまして、7ぺージをお願いいたします。


 7ぺージでは、第2表の地方債についてでございます。


 (仮称)竹林公園の整備事業ほか5事業について、それぞれ限度額、起債の方法、利率、償還方法について列記させていただいております。お目通しをお願いしたいと思います。


 1ぺージに戻っていただきまして、第3表の一時借入金の関係でありますが、地方自治法第235の3第2項の規定によりまして、一時借入金の最高限度額を8億円と定めさせていただいておりますので、よろしくお願いいたします。


 それから第4条の歳出予算の流用につきましては、従来と同様、自治法の規定に基づきまして、利用できる場合は次のとおりということで、各項に計上した給料、職員手当及び共済費に係る予算額に過不足が生じた場合には、同一款内でこれらの経費の各項の間で流用をお願いするものでございます。


 長時間にわたりましてありがとうございました。


○議長(三輪佳幸君) お諮りします。


 ここで概要説明中でありますが、暫時休憩したいと思いますが、御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(三輪佳幸君) 御異議なしと認めます。


 よって、暫時休憩いたします。





                午後2時20分 休憩


          ─────────────────────


                午後2時35分 再開





○議長(三輪佳幸君) 休憩前に引き続いて会議を開きます。


 先ほどの17年度一般会計予算の説明中、一部誤りがありましたので、訂正の申し出がありましたので、許可いたします。


 建設部長。


○建設部長(野杁二三夫君) 貴重な時間を申しわけありません。


 先ほどの土木費の107ぺージをお開きいただきたいと思いますが、107ぺージの土木関係の道路新設改良費の交通安全施設設置事業の中で、区画線設置延長を「1,500メーター」というふうに御説明申し上げましたが、「1万5,000メーター」の誤りでありますので、訂正をよろしくお願いしたいと思います。大変申しわけありません。よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) よろしくお願いします。


 議案第18号「平成17年度岩倉市国民健康保険特別会計予算」について説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第18号「平成17年度岩倉市国民健康保険特別会計予算」について御説明させていただきます。


 歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ37億9,152万3,000円とさせていただくものでございます。また、一時借入金の借り入れの最高額は5,000万円とさせていただいておりますので、よろしくお願いいたします。


 それでは、まず歳出から御説明をさせていただきます。160ぺージをお願いいたします。


 款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、前年度比較84万8,000円の減額が上がっていますが、この主な要因につきましては、職員等管理費における国保担当職員1名減と、職員の異動に伴う人件費で836万1,000円の減額、一方、事務管理費において、国保連合会の新情報システム導入の関連費用718万2,000円の増で、目全体では減額となっているものでございます。


 項2徴税費、目1賦課徴収費につきましては、前年度比較703万1,000円の増額とさせていただいております。増額の主な要因は、平成17年8月から国保税コンビニ収納業務を行うための関係予算597万7,000円をお願いするものでございます。


 目2特別対策費につきましては、前年度比較で213万4,000円の増額とさせていただいております。これは徴収嘱託員を1名増員することによるものでございます。


 款2保険給付費、項1療養諸費につきましては、前年度比較1億2,920万1,000円の増額で6.2%増とさせていただいております。これにつきましては、目1一般被保険者療養給付費から目5審査支払手数料まで、それぞれ前年実績等を踏まえて計上させていただいております。


 続いて162ぺージをお願いいたします。


 項2出産育児費、目1出産育児一時金につきましては、前年度と同額の年間件数90件を見込み、計上させていただいております。


 項3葬祭費、目1葬祭費につきましても、前年度と同額で、年間件数220件を見込み、計上させていただきました。


 項4高額療養費、目1一般被保険者高額療養費の前年度比較450万円の増額及び目2退職被保険者等高額療養費1,415万円の増額をお願いしておりますが、これは前年度実績等を踏まえ、見込み計上させていただいておるものでございます。


 款3老人保健拠出金、項1老人保健拠出金につきましては、前年度比較6,098万6,000円の減額となっていますが、主な減額の要因につきましては、平成14年10月の老人保健制度の改正に伴う国保からの拠出金の減額によるものでございます。


 款4介護納付金、項1介護納付金につきましては、前年度比較3,280万4,000円の増額をお願いしております。増額の要因につきましては、1人当たり負担見込み額の増と、精算分の増額によるものでございます。


 款5共同事業拠出金、項1共同事業拠出金、目1高額医療費共同事業医療費拠出金につきましては、前年度比較641万7,000円の増額とさせていただいております。この増額につきましては、前年度実績等を踏まえ、見込み計上をさせていただいているものでございます。


 款6保健事業費、項1保健事業費、目1疾病予防費につきましては、前年度比較265万8,000円の減額となっていますが、これは平成16年度は保険証の更新がございましたので、これに係る需用費及び役務費の経費において減額となっているものでございます。


 款7公債費及び次の164ぺージ、款8諸支出金につきましては、特に変更はございません。


 款9予備費につきましては、前年度と同額の5,880万円を計上させていただきました。


 続きまして、歳入について御説明させていただきます。


 150ぺージをお願いいたします。


 款1国民健康保険税、項1国民健康保険税、目1一般被保険者国民健康保険税につきましては、前年度比較1.8%増の2,291万4,000円の増額、また目2退職被保険者等国民健康保険税では、前年度比較6.2%増の1,999万4,000円の増額を見込んでおります。これらはいずれも被保険者数の増加等を見込み計上させていただいておるものでございます。


 次に152ぺージ、款2使用料及び手数料40万円につきましては、前年度と同額を計上させておっていただくものでございます。


 款3国庫支出金、項1国庫負担金、目1療養給付費等負担金につきましては、前年度比較で2,002万2,000円の増額で、一般被保険者療養給付費等の40%を計上しております。


 154ぺージをお願いいたします。


 目2高額医療費共同事業負担金につきましては、前年度比較160万5,000円増の1,764万3,000円で、平成15年度において高額療養費共同事業負担金制度の改正により平成17年度までの3年間、国及び県が事業費のそれぞれ4分の1を負担することになったため、計上させていただいているものでございます。


 項2国庫補助金、目1財政調整交付金につきましては、前年度比較2,950万円の増額とさせていただいておりますが、国の国保会計への財政支援として、普通調整交付金が見込めるため計上させていただいております。


 款4療養給付費等交付金、項1療養給付費等交付金、目1療養給付費等交付金につきましては、前年度比較4,337万4,000円の増額を計上させておっていただくわけでございますが、これは退職被保険者等の療養給付費の増額が見込まれるため、計上させていただいたものでございます。


 款5県支出金、項1県支出金、目1県補助金につきましては、福祉医療波及分等の補助金を見込み、計上しております。


 続いて156ぺージの目2県負担金1,764万3,000円につきましては、国庫負担金で御説明させていただきました高額医療費共同事業医療費拠出金の4分の1の県負担金が見込まれることから計上させていただいたものでございます。


 款6連合会支出金、項1連合会補助金、目1整備費補助金の552万7,000円につきましては、歳出における国保連合会の新情報システム導入事業に関する連合会からの交付金を計上させていただいております。


 款7共同事業交付金につきましては、歳出で計上させていただいている高額医療費共同事業医療費拠出金と同額を計上しております。


 款8繰入金、項1繰入金、目1一般会計繰入金につきましては、前年比較60万9,000円の増額とさせていただいております。


 節1保健基盤安定繰入金7,616万3,000円は、保険税の6割・4割軽減に係る軽減分を計上しております。


 節2職員給与費等繰入金4,059万2,000円につきましては、前年度比較836万1,000円の減額となっておりますが、これは歳出で御説明をさせていただきましたように、職員1名減等によるものでございます。


 節3出産育児一時金繰入金は、前年度と同額としております。


 節4その他一般会計繰入金7,689万円につきましては、前年度比較で18万円の減額でございます。高齢者分につきまして、老人保健制度の改正や財政状況等を踏まえ、新年度は65歳以上から老人保健へ移行するまでの73歳未満までとし、1人当たり2,800円の繰入単価で算定した額をさせていただいておりますので、よろしくお願いいたします。


 続いて158ぺージの款9繰越金、項1繰越金1億3,921万8,000円につきましては、財源充当のため計上しております。


 款10諸収入、項1延滞金及び過料、項2預金利子、項3雑入につきましては、それぞれ実績等を踏まえて計上させていただいております。


 最後に、給与費明細書等につきましては、166ぺージから172ぺージにかけて示させていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第19号「平成17年度岩倉市老人保健特別会計予算」について説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第19号「平成17年度岩倉市老人保健特別会計予算」について御説明させていただきます。


 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ26億6,960万6,000円とさせていただくものでございます。


 それでは、まず歳出から御説明させていただきます。


 186ぺージをお願いいたします。


 款2医療諸費、項1医療諸費、目1医療給付費につきましては、前年度比較6,086万8,000円の増額とさせていただいております。増額につきましては、前年度実績等を踏まえ2.4%増を見込み、計上させていただいております。


 目2医療費支給費につきましても、前年度比較1,087万4,000円の増額とさせていただいておりますが、これも実績等を踏まえて見込み、計上させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。


 款3諸支出金につきましては、それぞれ頭出しの1,000円を計上しております。


 款4予備費につきましては、繰越金1,366万6,000円をお願いしております。


 歳出合計として26億6,960万6,000円でございます。


 続きまして、歳入につきまして御説明をさせていただきます。


 182ぺージをお願いいたします。


 款1支払基金交付金、項1支払基金交付金、目1医療費交付金につきましては、歳出の医療給付費及び医療支給費に係る老人保健法に基づく負担割合により、支払基金負担分を計上させていただいております。


 款2国庫支出金、項1国庫負担金、目1医療費負担金及び款3県支出金、項1県負担金、目1県負担金につきましても、款1の医療費交付金と同様にそれぞれの負担分を計上させていただいております。


 184ぺージをお願いいたします。


 款4繰入金、項1一般会計繰入金、目1一般会計繰入金につきましては、老人保健法の規定に基づく医療費負担分と事務費を計上させていただきました。


 款5繰越金につきましては、前年度繰越金を充当させていただいております。


 款6諸収入につきましては、それぞれ頭出しで計上しております。


 歳入合計として26億6,960万6,000円でございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第20号「平成17年度岩倉市土地取得特別会計予算」について説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) それでは、議案第20号「平成17年度岩倉市土地取得特別会計予算」について説明をさせていただきます。


 歳入歳出予算の総額は10万円であります。


 200ぺージをお開きください。


 歳出について主なものは、款2の土地開発基金費、項1土地開発基金費、目1の土地開発基金費として9万9,000円の基金利子等を基金へ積み立てるため予算計上しているものであります。


 その他、款・項・目それぞれ1の土地取得費につきましては1,000円の頭出しの予算とさせていただいております。


 歳入の198ぺージをお願いいたします。


 歳入につきましても、主なものは款1の財産収入、項1財産運用収入、目1の利子及び配当金のうち、土地開発基金預金利子で9万5,000円、その他目2の財産貸付収入、項2の財産売払収入、款2の繰入金、項1の一般会計繰入金、款3の諸収入、項1の土地開発基金借入金、項2の預金利子については、すべて1,000円の頭出しとなっておりますので、よろしくお願いいたします。以上でございます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第21号「平成17年度岩倉市学校給食費特別会計予算」について説明を求めます。


 教育部長。


○教育部長(長瀬章一君) 議案第21号「平成17年度岩倉市学校給食費特別会計予算」について御説明を申し上げます。


 203ぺージをお願いいたします。


 平成17年度岩倉市学校給食費特別会計歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億7,069万2,000円でございます。


 次に、歳出の説明をさせていただきます。


 214ぺージをお願いいたします。


 款1保健厚生費、項1学校給食費、目1給食費につきましては165万円の増額であります。これは給食回数の1回増と、児童・生徒数19名の増によるものです。小学校では188回、中学校では189回です。


 節13委託料7,744万6,000円でございますが、小学校のパン、米飯、ソフトめんとして7,744万6,000円を計上させていただきました。


 節16原材料費につきましては9,324万6,000円ですが、これは副食調味料代で、いわゆるおかずに係る経費を計上させていただいております。


 次に212ぺージ、歳入をお願いいたします。


 款1分担金及び負担金、項1負担金、目1負担金、節1負担金につきましては、小学校給食費においては1食当たり200円の188回、学校市職員1人分、小学校で1億1,084万4,000円、中学校給食費におきましては230円の189回、さらに給食センター職員6人、学校市職員4人で430円の189回、中学校で合計5,984万4,000円、さらに過年度収入1,000円、繰越金1,000円、預金利子1,000円、雑入1,000円を見込みまして、総合計1億7,069万2,000円を計上させていただいておりますので、よろしくお願いをいたします。以上です。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第22号「平成17年度岩倉市公共下水道事業特別会計予算」について説明を求めます。


 水道部長。


○水道部長(桜井竹雄君) それでは、議案第22号「平成17年度岩倉市公共下水道事業特別会計予算」につきまして御説明申し上げます。


 歳入歳出の予算の総額でございます。それぞれ11億3,334万9,000円をお願いするものでございます。前年度11億1,661万2,000円に対し1,673万7,000円の減額となっておるものでございます。


 それでは、歳出から説明させていただきます。


 232ぺージをお願いいたします。


 款1総務費、項1総務管理費、目2維持管理費につきましては2,889万1,000円の増額となっております。増額の主な要因は、五条川左岸及び右岸の流域下水道の排水量の増に伴う維持管理費負担金等の増が大きな要因となっております。


 目3流域下水道関連事業費につきましては、16年度に一宮市の周辺対策事業が終了したことにより排除科目としております。


 款2項1目1下水道建設費につきましては、4億2,672万7,000円を計上し、右岸処理区の面整備10.3ヘクタールを予定しておるところでございますが、面整備に努めてまいります。対前年度比3,379万1,000円の減額となっておるところでございます。


 款3項1公債費につきましては、地方債償還元金利子等で、総額4億8,409万6,000円をお願いするものでございます。


 続いて、歳入を説明させていただきます。


 226ぺージをお願いいたします。


 款1分担金及び負担金、項1負担金につきましては、平成17年度に供用開始予定の右岸処理区11ヘクタールの受益者負担金と、各区画の期別納付分を合わせて3,003万9,000円を計上いたしております。


 款2使用料及び手数料、項1使用料、目1下水道使用料につきましては、年度末の接続件数として6,900件を見込み、1億8,792万5,000円をお願いしております。


 款5繰入金、項1一般会計繰入金につきましては、総額5億2,472万4,000円をお願いしているところでございます。


 款7諸収入、項3雑入では、消費税還付金として実績から452万6,000円を計上いたしております。


 款8項1市債では、2億7,610万円をお願いしておるところでございます。


 続いて220ぺージをお願いいたします。


 第2表 地方債の起債の目的、限度額につきましては、この表のとおりでございますが、利率の3.6%につきましては、一般会計では3.2となっておるところでございますが、この相違につきましては、償還期間が下水道事業では30年、一般会計では25年が一般的でございます。この期間の相違によって利率の差が生じておるのが事実でございます。


 最初の217ぺージにお戻りいただきたいと思います。


 最後ですが、なお、一時借入金の最高限度額は5億円とさせていただくものでございます。


 以上、よろしくお願い申し上げます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第23号「平成17年度岩倉市介護保険特別会計予算」について説明を求めます。


 福祉事務所長。


○福祉事務所長(井筒洋一君) それでは、議案第23号「平成17年度岩倉市介護保険特別会計予算」について御説明申し上げます。


 243ぺージをお願いいたします。


 第1条で、歳入歳出予算の総額はそれぞれ15億8,135万2,000円と定めるものでございます。


 第2条では、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定によりまして歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合を定めておりますので、よろしくお願いいたします。


 それでは、歳出から説明させていただきますので、258ぺージをお開きいただきたいと思います。


 款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、前年度対比で51万4,000円の増額となっておりますが、主な理由といたしましては、平成18年3月末に介護保険者証の有効期限が切れるため、新たな保険証を発行するための費用をお願いいたしております。


 項3介護認定審査会費、目1介護認定審査会費につきましては182万2,000円の減額となっておりますが、これは介護認定審査会委員の報酬を減額させていただくことなどが主な理由でございます。


 項5趣旨普及費、目1趣旨普及費では74万円の増額となっておりますが、理由といたしましては、今回介護保険制度の改正がありますので、その周知を図るためのパンフレットの費用を計上させていただいております。


 款2保険給付費、項1保険給付費につきましては、前年度の利用状況からサービス利用料を見込み、積算をいたしております。対前年度比13.3%増の1億7,592万5,000円の増額をお願いいたしております。


 次に260ぺージをごらんいただきたいと思います。


 款3財政安定化基金拠出金、項1財政安定化基金拠出金につきましては、介護給付費に対し0.1%の負担率となっておりますので、今年度も昨年と同額の拠出金額を計上いたしております。


 款4基金積立金、項1基金積立金につきましては、介護給付費準備基金で発生する利息を基金に積み立てるものであります。


 款5諸支出金、項1償還金及び還付金につきましては、第1号被保険者還付金、国庫負担金等の過年度分の償還金及び一般会計への繰出金が生じた場合に対応するためにお願いいたしております。


 款6予備費は、前年度と同額をお願いいたしております。


 続きまして、歳入を説明させていただきますので、252ぺージをお願いいたします。


 款1介護保険料、項1介護保険料、目1第1号被保険者保険料につきましては、高齢者数を7,652人と見込み、計上させていただきました。


 款2国庫支出金、項1国庫負担金、目1介護給付費負担金は、介護給付費総額の20%をお願いいたしております。


 同じく款2国庫支出金、項2国庫補助金、目1調整交付金においては、介護給付費総額の1.64%を見込んでおります。


 款3県支出金、項1県負担金、目1介護給付費負担金においては、介護給付費総額の12.5%をお願いいたしております。


 同じく款3県支出金、項2財政安定化基金支出金、目2貸付金につきましては、当初より県の財政安定化基金から3,275万2,000円の借り入れをお願いいたしております。


 次に254ぺージをお願いいたします。


 款4支払基金交付金、項1支払基金交付金、目1介護給付費交付金については、第2号被保険者に係る保険料を支払基金からの交付金として、介護給付費総額の32%をお願いいたしております。


 款5財産収入、項1財産運用収入、目1利子及び配当金については、介護給付費準備基金の預金利息を見込むものでございます。


 款6繰入金、項1繰入金、目1繰入金については、節1の一般会計繰入金のうち、介護給付費繰入金として、介護給付費総額の12.5%をお願いいたしております。


 事務費繰入金につきましては、要介護認定に係る費用分をお願いいたしております。


 職員給与費等繰入金につきましては、7人分の経費、その他一般会計繰入金として一般管理費、賦課徴収費などをお願いいたしております。


 同じく節2の基金繰入金につきましては、15年度に第1号被保険者保険料を改正させていただきましたが、3年間で介護給付費準備基金から取り崩すということになっておりますので、本年度分の充当額をお願いしており、合計2億8,351万8,000円の一般会計繰入金となっております。


 次に、款7繰越金については1,000円の頭出しをしており、款8諸収入につきまして全額、前年度同様それぞれの節で頭出しをお願いいたしております。


 以上、歳入歳出同額の15億8,135万2,000円をお願いいたしております。


 また、給与費明細書を262ぺージ以降につけさせていただいておりますので、御参照をいただきたいと思います。以上でございます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第24号「平成17年度岩倉市上水道事業会計予算」について説明を求めます。


 水道部長。


○水道部長(桜井竹雄君) それでは、議案第24号「平成17年度岩倉市上水道事業会計予算」について御説明させていただきます。


 最初のぺージ、269ぺージをお願いいたします。


 予算第2条におきましては、平成17年度における年間業務予定量をそれぞれ示させていただいております。


 第3条 収益的収入及び支出の予定額は、収入は6億7,811万5,000円、支出は6億6,207万9,000円と定めさせていただくものでございます。


 項目別の内訳につきましては290ぺージの予算説明書により説明させていただきます。お願いします。


 収入から説明させていただきます。


 項1営業収益のうち、目1給水収益6億5,423万2,000円につきましては水道料金収入であります。


 目2受託工事収益165万円ですが、これにつきましては、配水管切り回し工事などの受託を受けて行う工事の収入でございます。


 項2営業外収益のうち、目2他会計補助金は493万5,000円をお願いしております。


 目3雑収益は1,701万9,000円でございますが、これにつきましては、下水道使用料収納事務受託費として1,260万6,000円ということで、主なものということになっております。


 次に292ぺージをお願いします。


 支出でございますが、項1営業費用のうち目1原水及び浄水費2億7,542万7,000円でございますが、県水受水費2億5,517万2,000円が主なものでございます。


 目2配水及び給水費は、1億2,296万9,000円で、人件費5人分5,113万1,000円で、前年より1名減員としておるところでございます。このほか修繕費2,996万8,000円、動力費3,132万が主なものとなっております。


 目4総係費では8,930万6,000円で、水道料金収納率向上対策として嘱託徴収員を、16年度に1名雇っておりますが、さらに17年度もう1名を増員して2名体制とするために、報酬287万8,000円をお願いしているところでございます。


 次に294ぺージの目5減価償却費は1億3,650万7,000円でございます。


 項2営業外費用では、目1企業債の支払利息及び企業債取扱諸費が986万8,000円、目2消費税及び地方消費税は1,200万円でございます。


 項3特別損失は、水道料金の過年度損益修正損470万を予定しておるところでございます。


 最初のぺージの269ぺージをお願いしたいと思います。


 第4条の資本的収入及び支出の予定額についてでありますが、収入は1億2,973万8,000円、支出は2億6,197万8,000円とするものでございます。


 項目ごとの内訳としましては296ぺージをお願いします。


 まず収入でございますが、項1給水負担金は3,466万5,000円、項2工事負担金は8,061万円で、それぞれ水道に新たに加入していただく方の加入負担金と給水管布設工事などに伴う個人負担金でございます。


 項3出資金は493万5,000円、項4の県補助金は952万7,000円を予定しておりますが、これにつきましては、平成16年度で設計をしております県水と市の水道管をつなぐ支援連絡管布設工事に係る県費補助を予定しているものでございます。


 次に298ぺージ、支出につきましては、項1建設事業費、目1配水設備改良費は1億9,236万1,000円で、工事請負費の内訳といたしましては、申し込みの給水工事が7,088万4,000円、配水管整備計画は第2期整備工事関係と下水道工事関係の布設がえ工事等で合計6,746万を予定しておるところでございます。


 さらに浸水対策として、先ほども入の方で申しましたが、県水道管と市水道管を接続する支援連絡管設置工事2,000万円を計上しておるところでございます。


 次に項2営業設備費は114万2,000円で、水道メーターの購入費であります。


 項3企業債償還金は6,847万5,000円の計上としております。


 次に270ぺージをお願いするものでございますが、予算第5条 一時借入金でございます。続いて、第6条の職員給与費に係る経費の流用、第7条 他会計補助金、第8条として、たな卸資産購入限度額などにつきましては、それぞれの額について定めさせていただくものでございます。


 また、274ぺージ以降に、この予算に関する事項別の資料としまして、資金計画、給与費明細書などの資料を添付させていただいております。御参照いただきたいと思います。


 以上で、平成17年度予算の説明とさせていただきます。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第25号「岩倉市道路線の認定について」説明を求めます。


 建設部長。


○建設部長(野杁二三夫君) 議案第25号「岩倉市道路線の認定について」御説明を申し上げます。


 認定をお願いしております市道南901号線につきましては、曽野町居屋敷地内で延長55.3、幅員3.2メーターから3.9メーター、面積については213.9平米であります。現状は道路整備をやっており、関係所有者より道路としての寄附の申し出がされております。


 続きまして、市道南902号線につきましては、曽野町居屋敷地内から曽野町東野地内に至る路線で、延長73.4メーター、幅員3.0メーター、面積については245.1平米であります。現状は五条川右岸堤防管理用道路となっております。


 今回の認定は、当路線の起点の位置に当たるところで計画し、平成16年に一部用地買収が終了している(仮称)竹林公園の整備を行っていく上で必要となってくるものであります。現在の所有権は愛知県にありますので、協議し、同意をいただき行うものです。よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第26号「愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について」説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(鎌田正堂君) それでは、議案第26号「愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について」説明をさせていただきます。


 この改正理由といたしまして、愛知県市町村職員の退職手当組合を組織する地方公共団体の市町村合併等により規約を改正するものでございます。


 主な改正内容といたしましては、平成17年3月31日をもって愛知県市町村職員退職手当組合から9町4村、3一部事務組合が脱退をされます。そして、あわせまして、平成17年4月1日から同組合に愛西市を加入させるものでございます。


 また、これに伴いまして、組合議会の議員数を「17名」から「14名」に変更するものでございます。


 附則では、施行期日を平成17年4月1日とし、第2項では現に在職をしている議員は、その任期が満了するまで規定により互選された議員とみなす規定でございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 続いて、議案第27号「尾張市町交通災害共済組合規約の変更について」説明を求めます。


 市民部長。


○市民部長(井上 勇君) 議案第27号「尾張市町交通災害共済組合規約の変更について」御説明させていただきます。


 今回の改正につきましては、平成17年4月1日に当組合を組織する木曽川町が一宮市と合併し、祖父江町、平和町が稲沢市と合併し、同組合から脱退すること、また同組合を組織する地方公共団体で収入役を置かない団体が増加しており、収入役の選任の方法を改めるため、規約の改正をお願いするものでございます。


 改正の内容につきましては、規約第5条においては、組合議員定数を規定しておりますが、3団体の脱退により「16人」から「13人」に改めるものでございます。


 次に、第6条第4項では「収入役をもって充てる」を「収入役又は収入役の事務を兼掌する者をもって充てる」に改めるものでございます。


 また、第2条関係の別表を改めるものでございます。


 附則につきましては、この規約は平成17年4月1日から施行するものでございます。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(三輪佳幸君) 以上をもって議案第3号から議案第27号までの概要説明を終わります。


 本日はこれをもって散会します。


 次回は3月7日午前10時から再開いたします。


 どうもお疲れさまでございました。





               午後3時16分 散会


          ─────────────────────