議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 尾張旭市

平成28年  5月 臨時会(第3回) 05月18日−01号




平成28年  5月 臨時会(第3回) − 05月18日−01号







平成28年  5月 臨時会(第3回)



          平成28年第3回(5月)

             尾張旭市議会臨時会会議録(第1号)

 平成28年5月18日午前9時30分尾張旭市議会(第3回)臨時会が尾張旭市議会議場に招集された。

1 出席議員(21名)

  1番 まつだまさる   2番 芦原美佳子    3番 松原たかし

  4番 榊原利宏     5番 成瀬のりやす   6番 にわなおこ

  7番 丸山幸子     8番 武田なおき    9番 みとべ茂樹

 10番 秋田 進    11番 花井守行    12番 篠田一彦

 13番 片渕卓三    14番 牧野一吉    15番 大島もえ

 16番 早川八郎    17番 若杉たかし   18番 岩橋盛文

 19番 さかえ章演   20番 川村つよし   21番 森 和実

2 欠席議員

  なし

3 地方自治法第121条の規定により説明のため議会に出席を求めた者

 市長       水野義則     副市長      秋田 誠

 企画部長     戸田 元     総務部長     野村孝二

 市民生活部長   小池 勲     健康福祉部長   若杉浩二

 都市整備部長   長江 均     消防長      八野井 聡

 教育部長     河村 晋     監査委員事務局長 萬谷久幸

 総務部次長兼税務課長        市民生活部次長  加藤仁亜貴

          木上恒夫

 健康福祉部次長  森 喜久子    都市整備部技監  藪本精一

 教育部次長    平野良子     総合推進室長   山下昭彦

 秘書課長     若杉博之     行政経営課長   梅本宣孝

 保険医療課長   児玉 靖     消防総務課長   三浦 明

4 臨時会の事務に従事した者

 議会事務局長   酒井清隆     議事課長     庭野正行

 議事課長補佐兼議事係長       主査       武田忠士

          森下克俊

5 議事日程(第1号)

  平成28年5月18日(水)午前9時30分開議

 議会運営委員長報告

 第1 会議録署名者の指名

 第2 会期の決定

 第3 承認第1号及び承認第2号

    上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決又は委員会付託

    (1) 承認第1号 尾張旭市市税条例等の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて

    (2) 承認第2号 尾張旭市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて

 第4 同意案第4号

    上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決又は委員会付託

    同意案第4号 副市長の選任について

 日程追加

    議長辞職の件

    議長の選挙

    副議長辞職の件

    副議長の選挙

 第5 議会運営委員の選任

 第6 常任委員の選任

 第7 一部事務組合議会議員の選挙

 日程追加

    同意案第5号

    上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決

    同意案第5号 監査委員の選任について

                         午前9時30分開会



○議長(若杉たかし) おはようございます。ただいまの出席議員は21名です。定足数に達しておりますので、これより平成28年第3回(5月)尾張旭市議会臨時会を開会いたします。

 なお、玉置 基教育長から、都合により、本日の会議の欠席届が提出されておりますので、ご承知おき願いたいと思います。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本臨時会には、議案等の説明のため、市長初め関係者の出席を求めております。

 開会に当たり、市長から挨拶をいただきます。

 水野市長。



◎市長(水野義則) おはようございます。

 本日ここに平成28年第3回(5月)尾張旭市議会臨時会を招集させていただきましたところ、議員の皆様にはご出席をいただき、ありがとうございます。

 さて、本臨時会で私のほうから提案させていただきました案件は、さきに専決処分をいたしました条例の一部改正の承認が2件、副市長の選任に係る同意案が1件の合計3件であります。これらの案件につきまして、よろしくご審議をいただき、ご承認、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、開会に当たりましての私の挨拶とさせていただきます。



○議長(若杉たかし) 日程に先立ちまして、過日、議会運営委員会が開催されておりますので、委員長の報告を求めます。

 武田なおき委員長。



◆議会運営委員長(武田なおき) 議長のご指名がありましたので、5月10日に開催いたしました議会運営委員会の会議の内容について報告をいたします。

 当日は、委員8名の出席をいただき、平成28年第3回(5月)尾張旭市議会臨時会の運営についてを議題として協議を行いました。

 また、当日は、5月臨時会の提出議案の説明のため、副市長及び総務部長の出席をいただきました。

 5月臨時会の運営については、本日配付の議事日程のとおり認め合いました。

 議事日程について補足いたしますと、日程第2 会期の決定については、本日1日とする。日程第3 承認第1号及び承認第2号については、一括して上程し、理事者から一括して提案理由の説明の後、質疑を行い、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決を行う。日程第4 同意案第4号については、上程し、理事者から提案理由の説明の後、質疑を行い、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決を行う。日程第5 議会運営委員の選任、日程第6 常任委員の選任については、各派代表者会協議により内定した内容で諮る。

 また、会議当日、正副議長から辞任願が出された場合、日程第5 議会運営委員の選任に先立ち、辞職、選挙について日程を追加する。

 日程第7 一部事務組合議会議員の選挙については、公立陶生病院組合議会議員が任期満了となるため選挙を行う。

 なお、正副議長の選挙結果により、一部事務組合議会議員構成に変更が生じる場合は、各派代表者会を開催し、各派代表者協議により内定した内容を諮る。

 監査委員の同意案が提出された場合、日程に追加して上程し、理事者から提案理由の説明の後、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決を行う。

 以上のことで認め合いました。

 以上で報告を終わります。



○議長(若杉たかし) 議会運営委員長の報告が終了しました。

 ただいまの報告に対する質疑はありますか。

          (「なし」の声あり)



○議長(若杉たかし) 質疑ないものと認めます。

 以上をもちまして、報告に対する質疑は終了しました。

 委員長は自席へお戻りください。

 これより日程に入ります。

 日程第1 会議録署名者の指名を行います。

 会議録の署名は、尾張旭市議会会議規則第76条の規定により、丸山幸子議員、篠田一彦議員を指名いたします。

 日程第2 会期の決定を行います。

 お諮りします。会期は、本日1日としたいと思います。ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(若杉たかし) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決定いたしました。

 日程第3 承認第1号及び承認第2号を議題といたします。

 一括して提案理由の説明を求めます。

 秋田副市長。



◎副市長(秋田誠) おはようございます。

 平成28年第3回(5月)尾張旭市議会臨時会に付議させていただきました承認案2件につきまして、提案理由をご説明申し上げます。

 承認第1号 尾張旭市市税条例等の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて。

 この承認案は、地方税法等の一部改正に伴い、本市の市税条例等の一部を改正したもので、期間的に議会を招集し、お諮りすることが困難でありましたので、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、これを専決処分させていただきましたことを同条第3項の規定によりご報告を申し上げ、その承認をお願いするものです。

 主な改正の内容は、2点です。

 1点目は、熱損失防止改修、いわゆる省エネ改修の減額申告に係る記載事項に補助金等の額を追加するものです。

 2点目は、都市計画税の課税標準の特例措置について、地方税法の引用条項が改正されたことに伴う規定の整備を行うものです。

 参考資料として、市税条例等の主な改正点を添付させていただきましたので、ご参照ください。

 承認第2号 尾張旭市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて。

 この承認案は、地方税法施行令の一部改正に伴い、本市の国民健康保険税条例の一部を改正したものです。

 期間的に議会を招集し、お諮りすることが困難でしたので、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、これを専決処分させていただきましたことを同条第3項の規定によりご報告を申し上げ、その承認をお願いするものです。

 主な改正の内容は、2点です。

 1点目は、国民健康保険税の課税限度額について、医療給付費分及び後期高齢者支援金分をそれぞれ2万円引き上げたものです。

 2点目は、国民健康保険税の軽減措置について、世帯の軽減判定所得の算定において被保険者の数に乗ずべき金額を、5割軽減の対象となる世帯は5,000円、2割軽減の対象となる世帯は1万円それぞれ引き上げたものです。

 以上で承認案2件につきまして説明を終わります。



○議長(若杉たかし) 提案理由の説明が終わりました。

 これより一括して質疑を行います。

 質疑の通告はありませんので、質疑ないものと認めます。

 以上をもちまして質疑を終了します。

 お諮りします。承認第1号及び承認第2号につきましては、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決を行いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(若杉たかし) ご異議なしと認めます。

 承認第1号 尾張旭市市税条例等の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(若杉たかし) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(若杉たかし) 挙手全員であります。よって、本件は可決いたしました。

 承認第2号 尾張旭市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(若杉たかし) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(若杉たかし) 挙手全員であります。よって、本件は可決いたしました。

 日程第4 同意案第4号を議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 水野市長。



◎市長(水野義則) 同意案第4号 副市長の選任について、提案理由を説明させていただきます。

 この案は、秋田 誠副市長の任期が平成28年6月1日をもって満了となりますが、行政経験豊富な同氏を再度、副市長に選任いたしたく、地方自治法第162条の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 よろしくご同意を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(若杉たかし) お諮りいたします。同意案第4号につきましては、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(若杉たかし) ご異議なしと認めます。

 同意案第4号 副市長の選任について、本件に同意することに賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(若杉たかし) 挙手全員であります。よって、本件は同意することに決しました。

 ただいま副市長の選任に同意いたしました秋田 誠氏から挨拶を求めます。



◎副市長(秋田誠) ただいま、副市長の選任につきまして、ご同意をいただきましてまことにありがとうございます。

 今、その職責の重大さに、心を強くその重大さを感じております。また、心新たにし、水野市長のもと、尾張旭市の発展のため、また市民の福祉の向上のために誠心誠意取り組んでまいりたい、このようにも思っております。

 どうか、今後も引き続き皆様方の格別なるご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げ、お礼の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。よろしくお願いいたします。

          (拍手)



○議長(若杉たかし) ここで、暫時休憩とします。

 なお、理事者のうち市長、副市長及び総務部長以外の方は自席待機でお願をいたします。

                         午前9時44分休憩

                         午前9時50分再開



○副議長(片渕卓三) 休憩を閉じ、会議を再開します。

 都合により、議長にかわりまして副議長が議事を進行させていただきますので、よろしくお願いします。

 ただいま若杉たかし議員から議長の辞職願が提出されました。

 お諮りします。この際、議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○副議長(片渕卓三) ご異議なしと認めます。よって、議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題とします。

 辞職願を職員に朗読させます。

 議会事務局長。



◎議会事務局長(酒井清隆) それでは、朗読させていただきます。

 辞職願

 尾張旭市議会副議長殿

 今般、一身上の都合により、尾張旭市議会議長を辞職したいからお届けします。

 平成28年5月18日

 若杉たかし

 以上でございます。



○副議長(片渕卓三) お諮りします。若杉たかし議員の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○副議長(片渕卓三) ご異議なしと認めます。よって、若杉たかし議員の議長の辞職を許可することに決しました。

          (若杉たかし議員 入場)



○副議長(片渕卓三) それでは、若杉たかし議員に辞任の挨拶をお願いします。

          (若杉たかし議員登壇挨拶)



◆17番(若杉たかし) 議長にお許しをいただきましたので、辞任に当たり、一言ご挨拶をさせていただきます。

 1年間、議長を務めさせていただきましたこと、まことにありがとうございます。本日まで無事に議長の職務を遂行できましたことは、議員の皆様初め理事者の皆様のご協力のたまものと感謝いたしております。

 思えば、この1年、大変に周年行事の多い年でございました。尾張旭市も45周年を迎えました。近隣市では、豊明市、知多市などが合併後の10周年を迎えております。そうした1年のいろいろな経験を今後の議員活動に生かしてまいりたいと思っております。

 議会といたしましても、議会報告会、議会のIT化など、継続して取り組んでいかなければならない課題も多くございます。そして、瀬戸市、長久手市など近隣市との連携もますます重要になってきております。

 今後といたしましても、皆様のご協力、ご指導をお願い申し上げまして、私の感謝とお礼の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

          (拍手)



○副議長(片渕卓三) ありがとうございました。

 ここで、暫時休憩します。

                         午前9時54分休憩

                         午前10時06分再開



○副議長(片渕卓三) 休憩を閉じ、会議を再開します。

 ただいま議長が欠員となっております。

 お諮りします。この際、議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○副議長(片渕卓三) ご異議なしと認めます。よって、議長の選挙を日程に追加し、これより選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場を閉鎖します。

          (議場閉鎖)



○副議長(片渕卓三) ただいまの出席議員は21名です。

 投票用紙を配付します。

          (投票用紙配付)



○副議長(片渕卓三) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

          (「なし」の声あり)



○副議長(片渕卓三) ありがとうございます。配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めます。

          (投票箱開披、点検)



○副議長(片渕卓三) 異状なしと認めます。

 念のために申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号1番の議員から順次投票を願います。

 投票は演壇にて行いますので、議長席に向かって右から登壇し、順次投票した後、左側から降壇願います。

          (投票)



○副議長(片渕卓三) 投票漏れはありませんか。

          (「なし」の声あり)



○副議長(片渕卓三) ありがとうございます。投票漏れなしと認め、投票を終了します。

 議場の閉鎖を解きます。

          (議場閉鎖解除)



○副議長(片渕卓三) それでは、開票を行います。

 尾張旭市議会会議規則第30条第2項の規定により、立会人に武田なおき議員及び花井守行議員を指名します。

 両名の立ち会いをお願いします。

          (武田なおき議員、花井守行議員立ち会い)

          (開票)



○副議長(片渕卓三) それでは、選挙の結果を報告します。

 投票総数21票、これは出席議員数に符号しております。

 そのうち有効投票21票、無効投票0票。

 有効投票中、

 さかえ章演議員 19票

 川村つよし議員 2票

 以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は6票です。よって、さかえ章演議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されましたさかえ章演議員が議場におられますので、本席から尾張旭市議会会議規則第31条第2項の規定により告知をします。

 議長が決まりましたので、さかえ章演議員から就任の挨拶をお願いいたします。

 さかえ章演議員。

          (新議長登壇挨拶)



○新議長(さかえ章演) ただいま、49代の議長にご選任をいただきまして、就任をいたしましたさかえ章演でございます。

 皆様方の温かいご同意、ご賛同をいただきまして就任させていただきますことを心から御礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

 先ほど、所信表明で述べさせていただきましたとおり、議長になりましてから、いろいろ取り組みたい内容がございます。3点ほど絞らせていただきましたけれども、これから本当に少子高齢社会がもう深刻になってまいりまして、それを原因とするいろんな暮らしの不安に襲われてくる状況であります。

 行政も、本当に財政的な支援というかサービスができるのかどうかということも含めまして、非常に厳しい行財政運営が強いられていくのはもう間違いない、これ皆さんご存じのとおりだと思います。

 そういう困難ないろんな課題を克服するためには、やはり議会と行政がそれぞれの特色、能力を発揮して、一体になってこの難関に立ち向かっていかなければ、なかなか難しい、厳しい時代に入ってくるのではないかという自覚をしております。

 したがって、この私の議会改革に関連する3項目、特に議会基本条例、これは特に政策的な立案能力というのを高めるということと、後々、議会報告にしましても、結局皆さんからいろんな悩みや苦しみや、こういうまちをつくってほしいという思いを受けるための場でありますけれども、ただ聞くだけではパフォーマンスに終わりますんで、本当はそういう思いを条例なり、こういう議案なりという形にあらわして、これを形にしていくということで初めて皆さんの望みに、期待に応えたということになりますんで、そんなようなことを取り組んで、予算委員会について、これは協議していきたいと思います等々、いろんな3つの大きな課題を中心として、市民の福祉の向上のために全力で取り組んでまいりたいと思います。

 行政の方とも、本当に信頼関係を持って、緊張感ある立場で協力し合って、ぜひ市民の暮らしを守っていきたい、そんな思いで頑張ってまいりますんで、どうぞよろしくお願いいたします。

          (拍手)



○副議長(片渕卓三) それでは、新議長に議長の席を交代させていただきます。本当にありがとうございました。

 さかえ章演議員、議長席までお願いいたします。



○議長(さかえ章演) それでは、議事確認のため、ここで10時35分まで休憩とさせていただきます。

                         午前10時20分休憩

                         午前10時35分再開



○議長(さかえ章演) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。

 ただいま片渕卓三議員から副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。この際、副議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。よって、副議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題といたします。

 辞職願を職員に朗読させます。

 議会事務局長。



◎議会事務局長(酒井清隆) それでは、朗読させていただきます。

 辞職願

 尾張旭市議会議長殿

 今般、一身上の都合により、尾張旭市議会副議長を辞職したいからお届けします。

 平成28年5月18日

 片渕卓三

 以上でございます。



○議長(さかえ章演) お諮りします。片渕卓三議員の副議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。よって、片渕卓三議員の副議長の辞職を許可することに決しました。

          (片渕卓三議員 入場)



○議長(さかえ章演) 片渕卓三議員に辞任の挨拶をお願いいたします。

 片渕卓三議員。

          (片渕卓三議員登壇挨拶)



◆13番(片渕卓三) 議長のご指名をいただきましたので、副議長の辞任におきましての、一言皆様に御礼のご挨拶を申し上げます。

 この1年間、議員の皆様には、いろいろと議会改革、議会報告会等、ご協力いただきまして本当にありがとうございました。この1年間、副議長としての職責を全うできたと私は思っております。それに対しまして、皆様に改めて深く感謝と御礼を申し上げます。

 1年間振り返ってみますと、円滑な議会運営をするために非常に緊張感を持ってやってきたつもりでございます。それと、多忙な公務の中ではございましたけれども、充実な毎日を送ることができたことも事実であります。

 そういった中で、私、昨年のこの時期、副議長の所信表明の中でも議会改革、議員改革と申し上げてきたつもりでございます。そういった中で、なかなか進まないこともあったと思います。また、道半ばのことも多くございます。そういった中でも、これから一議員と戻る中におきましても、議会改革を進める一翼を担っていけるような議員としてこれからも取り組むとともに、市民の皆様のご期待に応えられるようこれからも精進してまいりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、私からの辞任のご挨拶とさせていただきます。1年間、本当にありがとうございました。

          (拍手)



○議長(さかえ章演) ありがとうございました。

 ここで、暫時休憩といたします。

                         午前10時39分休憩

                         午前10時46分再開



○議長(さかえ章演) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。

 ただいま副議長が欠員となっております。

 お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。よって、副議長の選挙を日程に追加し、これより選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場を閉鎖いたします。

          (議場閉鎖)



○議長(さかえ章演) ただいまの出席議員は21名です。

 投票用紙を配付いたします。

          (投票用紙配付)



○議長(さかえ章演) 投票用紙の配付漏れはございませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めます。

          (投票箱開披、点検)



○議長(さかえ章演) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号1番の議員から順次投票を願います。

 投票は演壇にて行いますので、議長席に向かって右から登壇し、順次投票した後、左から降壇願います。

          (投票)



○議長(さかえ章演) 投票漏れはありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) 投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

          (議場閉鎖解除)



○議長(さかえ章演) 開票を行います。

 尾張旭市議会会議規則第30条第2項の規定により、立会人にみとべ茂樹議員及び森 和実議員を指名いたします。

 両名の立ち会いをお願いいたします。

          (みとべ茂樹議員、森 和実議員立ち会い)

          (開票)



○議長(さかえ章演) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数21票、これは出席議員数に符号しております。

 そのうち有効投票21票、無効投票0票。

 有効投票中、

 武田なおき議員 19票

 榊原利宏議員 2票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、武田なおき議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました武田なおき議員が議場におられますので、本席から尾張旭市議会会議規則第31条第2項の規定により告知いたします。

 副議長が決まりましたので、武田なおき議員から就任の挨拶をお願いいたします。

 武田なおき議員。

          (新副議長登壇挨拶)



◆新副議長(武田なおき) 武田なおきでございます。ただいま、皆様からご選出をいただきました。その副議長の職責の重大さを深く受けとめまして、経験不足を補うべく、今まで以上に多くの皆さんの声に耳を傾け、真摯に副議長職に当たってまいる所存でおります。

 簡単ではございますが、副議長就任に当たっての挨拶とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

          (拍手)



○議長(さかえ章演) ありがとうございました。

 ここで、暫時休憩いたします。

                         午前10時55分休憩

                         午前11時30分再開



○議長(さかえ章演) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。

 日程第5 議会運営委員の選任を行います。

 委員の選任につきましては、尾張旭市議会委員会条例第8条第1項の規定により、配付した名簿のとおり指名したいと思います。ご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員に秋田 進議員、川村つよし議員、成瀬のりやす議員、牧野一吉議員、まつだまさる議員、丸山幸子議員、みとべ茂樹議員、森 和実議員の8名を選任することに決定いたしました。

 直ちに議会運営委員会を第2委員会室で開催し、正副委員長の選任を行っていただきます。

 ここで、暫時休憩といたします。

                         午前11時30分休憩

                         午前11時38分再開



○議長(さかえ章演) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。

 休憩中に議会運営委員会の正副委員長が選任されましたので、ご報告申し上げます。

 議会運営委員長に秋田 進議員、同じく副委員長に丸山幸子議員、以上であります。

 日程第6 常任委員の選任を行います。

 お諮りします。総務、福祉文教、都市環境の各常任委員の選任につきましては、尾張旭市議会委員会条例第8条第1項の規定により、配付した名簿のとおり指名したいと思います。ご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。よって、総務委員に片渕卓三議員、さかえ章演議員、榊原利宏議員、成瀬のりやす議員、牧野一吉議員、みとべ茂樹議員、森 和実議員の7名を、福祉文教委員に秋田 進議員、川村つよし議員、篠田一彦議員、武田なおき議員、にわなおこ議員、花井守行議員、丸山幸子議員の7名を、都市環境委員に芦原美佳子議員、岩橋盛文議員、大島もえ議員、早川八郎議員、まつだまさる議員、松原たかし議員、若杉たかし議員の7名を選任することに決定いたしました。

 なお、尾張旭市議会広報委員会規程に基づく議会広報委員につきましては、秋田 進議員、川村つよし議員、早川八郎議員、まつだまさる議員、松原たかし議員、丸山幸子議員、みとべ茂樹議員の7名です。

 直ちに、総務、福祉文教、都市環境委員会及び議会広報委員会を開催し、それぞれの正副委員長の選任を行っていただきます。

 総務委員会は第2理事者控室で、福祉文教委員会は議会図書室で、都市環境委員会は第2委員会室で行っていただき、終了後、議会広報委員会を第2委員会室でお願いいたします。

 ここで、暫時休憩といたします。

                         午前11時40分休憩

                         午前11時56分再開



○議長(さかえ章演) 会議を再開します。

 休憩中に各常任委員会の正副委員長が選任されましたので、ご報告申し上げます。

 総務委員長にみとべ茂樹議員、同じく副委員長に成瀬のりやす議員、福祉文教委員長に丸山幸子議員、同じく副委員長に川村つよし議員、都市環境委員長に若杉たかし議員、同じく副委員長に芦原美佳子議員、また議会広報委員会につきましては、委員長に丸山幸子議員、同じく副委員長にまつだまさる議員、以上であります。

 なお、議会運営委員長及び各常任委員長から閉会中の調査のため、配付のとおり閉会中継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。議会運営委員長及び各常任委員長から申し出のとおり、各委員の任期満了までを調査期限とし、閉会中も継続調査とすることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定しました。

 日程第7 一部事務組合議会議員の選挙を行います。

 尾張東部衛生組合議会議員1名、尾張旭市長久手市衛生組合議会議員1名、公立陶生病院組合議会議員3名、瀬戸旭看護専門学校組合議会議員1名の選挙を行います。

 初めに、尾張東部衛生組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法につきましては指名推選とし、議長において指名することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選とし、議長において指名することに決しました。

 尾張東部衛生組合議会議員に牧野一吉議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長において指名しました牧野一吉議員を尾張東部衛生組合議会議員の当選人とすることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました牧野一吉議員が尾張東部衛生組合議会議員に当選されました。

 牧野一吉議員が議場におられますので、本席から尾張旭市議会会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

 次に、尾張旭市長久手市衛生組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法につきましては指名推選とし、議長において指名することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選とし、議長において指名することに決しました。

 尾張旭市長久手市衛生組合議会議員に若杉たかし議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長において指名しました若杉たかし議員を尾張旭市長久手市衛生組合議会議員の当選人とすることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました若杉たかし議員が尾張旭市長久手市衛生組合議会議員に当選されました。

 若杉たかし議員が議場におられますので、本席から尾張旭市議会会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

 次に、公立陶生病院組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法につきましては指名推選とし、議長において指名することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選とし、議長において指名することに決しました。

 公立陶生病院組合議会議員に秋田 進議員、早川八郎議員、丸山幸子議員の3名を指名します。

 お諮りします。ただいま議長において指名しました3名を公立陶生病院組合議会議員の当選人とすることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました3名が公立陶生病院組合議会議員に当選されました。

 3名の方が議場におられますので、本席から尾張旭市議会会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

 次に、瀬戸旭看護専門学校組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法につきましては指名推選とし、議長において指名することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選とし、議長において指名することに決しました。

 瀬戸旭看護専門学校組合議会議員に片渕卓三議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長において指名しました片渕卓三議員を瀬戸旭看護専門学校組合議会議員の当選人とすることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました片渕卓三議員が瀬戸旭看護専門学校組合議会議員に当選されました。

 片渕卓三議員が議場におられますので、本席から尾張旭市議会会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

 ここで、暫時休憩します。

                         午後0時02分休憩

                         午後0時03分再開



○議長(さかえ章演) 休憩を閉じ、会議を再開します。

 議会選出委員は、配付した名簿のとおりですので、よろしくお願いいたします。

 ただいま、市長から同意案第5号 監査委員の選任についてが提出されました。

 お諮りします。この際、これを日程に追加することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。

 同意案第5号を議題といたします。

 除斥事項に該当しますので、篠田一彦議員の退席を求めます。

          (篠田一彦議員 退席)



○議長(さかえ章演) 提案理由の説明を求めます。

 水野市長。



◎市長(水野義則) 同意案第5号 監査委員の選任について、提案理由を説明させていただきます。

 この案は、議員から選出の監査委員、牧野一吉氏から5月18日付をもちまして辞職願の提出があり、これを承認いたしましたので、その後任として、市政に経験豊富な篠田一彦議員を選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により議会の同意を求めるものであります。

 よろしくご同意を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(さかえ章演) 提案理由の説明が終わりました。

 お諮りします。同意案第5号につきましては、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(さかえ章演) ご異議なしと認めます。

 同意案第5号 監査委員の選任について、本件に同意することに賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(さかえ章演) 挙手全員であります。よって、本件は同意することに決しました。

 同意案第5号が終了しましたので、篠田一彦議員の除斥を解きます。

          (篠田一彦議員 入場)



○議長(さかえ章演) ただいま監査委員の選任について同意しました篠田一彦議員から挨拶を求めます。

 篠田一彦議員。



◆12番(篠田一彦) 篠田一彦でございます。

 市長からは選任、そして議会の皆様からはご同意をいただき、まことに光栄であり、精いっぱい頑張ってまいりたいと思います。重責でありますが、最後の最後までしっかり全うしてまいります。

 どうか、皆様のご支援、ご鞭撻賜りますようお願いを申し上げ、簡単ではございますが、ご挨拶にかえさせていただきます。ありがとうございました。

          (拍手)



○議長(さかえ章演) 以上をもちまして、平成28年第3回(5月)尾張旭市議会臨時会の日程は全て終了しました。

 森議員。



◆21番(森和実) 発言の機会をいただき、ありがとうございました。

 実は、資料をいただきましたが、一部事務組合議会議員と議会選出委員をいただきましたが、議会選出委員のほうは、これ承認をされたのかどうか確認をしていただきたいと思いますが、お願いいたします。



○議長(さかえ章演) 森議員、この都市計画審議会委員と土地開発公社理事は、承認の対象外だそうでありますので、よろしくお願いいたします。

 では、全て終了いたしました。

 閉会に当たり、市長から挨拶をいただきます。

 水野市長。



◎市長(水野義則) 5月臨時会の閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。

 今回、提案をさせていただきました案件につきましては、慎重にご審議をいただき、全て原案どおりご承認、ご同意いただきましてまことにありがとうございました。まずもって御礼を申し上げたいと思います。

 また、先ほどは正副議長を初めとした市議会の人事が決定されましたこと、まことにおめでとうございます。それぞれのお立場で、先ほど議長、副議長の所信表明にもありましたように、議会の改革、議会の活性化を含めまして円滑な議会運営にご尽力され、ますますご活躍されますことをお祈りいたしたいと思います。

 最後になりますが、まだまだ暑い日、寒い日、不安定な気候が続いております。皆様方には体調にご留意をされまして、さらなるご活躍をされますことを祈念いたしまして、私の閉会に当たりましての挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(さかえ章演) これをもちまして、5月臨時会を閉会といたします。お疲れさまでございました。

                         午後0時09分閉会

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

                      尾張旭市議会

                       前議長   若杉たかし

                       前副議長  片渕卓三

                       議長    さかえ章演

                       署名議員  丸山幸子

                       署名議員  篠田一彦