議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 尾張旭市

平成10年  6月 定例会(第3回) 06月24日−04号




平成10年  6月 定例会(第3回) − 06月24日−04号







平成10年  6月 定例会(第3回)



         平成10年第3回(6月)

             尾張旭市議会定例会会議録(第4号)

 平成10年6月24日午前9時30分尾張旭市議会(第3回)定例会4日目本会議が尾張旭市議会議場に再開された。

1 出席議員(26名)

  1番 塚本美幸     2番 伊藤恵理子    3番 野村猛士

  4番 渡辺欣聖     5番 佐藤信幸     6番 太田兼之

  7番 水野戦五     8番 斉場洋治     9番 岡田ウメ

 10番 行本聖一    11番 加藤さよ子   12番 滝川一貞

 13番 原 淳麿    14番 水野一巳    15番 谷口弘文

 16番 水野利彦    17番 水野豊明    18番 斉藤久子

 19番 山田 稔    20番 赤尾勝男    21番 中野兼夫

 22番 服部 勝    23番 日比野勝彦   24番 庄司宗雄

 25番 岩橋美好    26番 浅見栄治

2 欠席議員

  なし

3 地方自治法第121条の規定により説明のため議会に出席を求めた者

 市長        朝見政冨      助役        荻原善夫

 収入役       水野澄男      教育長       若杉 普

 市長公室長     谷口紀樹      総務部長      若杉のり由

 民生部長      松原静夫      経済環境部長    日比野美次

 建設部長      浅見 茂      水道部長      朝見孝雄

 教育部長      大橋邦弘      監査委員事務局長  加藤和人

 消防長       浅見保永      民生部次長     梶田博幸

 建設部次長     若杉美由樹     総務部総務課長   稲垣 努

 環境課長      福井健治      下水道課長     田中善廣

 学校教育課長    浅見孝二      消防本部総務課長  瀬古茂三

4 定例会の事務に従事した者

 議会事務局長    上川原義明     議事課長      谷口恵広

 主査        三浦 明

5 議事日程(第4号)

  平成10年6月24日(水)午前9時30分開議

 第1 諸報告

    議長報告

 第2 委員長報告及び報告に対する質疑

    (1)民生文教委員会(6月17日)

    (2)建設経済委員会(6月18日)

    (3)総務委員会  (6月19日)

 第3 付託議案等の討論、採決

    (1)第35号議案 尾張旭市の議会の議員及び長の選挙における自動車の使用及びポスターの作成の公営に関する条例の一部改正について

    (2)第36号議案 尾張旭市の議会の議員及び長の選挙における選挙公報の発行に関する条例の一部改正について

    (3)第37号議案 尾張旭市下水道条例の一部改正について

    (4)第38号議案 尾張旭市国民健康保険税条例の一部改正について

    (5)第39号議案 土地区画整理組合に対する補助金交付条例の一部改正について

    (6)第40号議案 尾張旭市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

    (7)第41号議案 尾張旭市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について

    (8)第42号議案 旭平和墓園第3期拡張工事請負契約について

    (9)陳情第1号  第6次定数改善計画早期完結ならびに第7次定数改善計画早期策定と義務教育費国庫負担制度の堅持に関する陳情書

    (10)陳情第2号  動物処理場等の建設に対する規制強化に関する意見書の提出を求める陳情書

 議会運営委員長報告

 日程追加

    議員提出議案の上程

    提案理由の説明、質疑、討論、採決又は委員会付託

      意見書案第1号 第六次定数改善計画早期完結ならびに第七次定数改善計画早期策定と義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書

      意見書案第2号 動物処理場等の建設に対する規制強化に関する意見書

                              午前9時30分開議



○議長(水野豊明) おはようございます。

 ただいまの出席議員は26名です。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめ皆様方のお手元に配付してありますとおりです。よろしくお願いをいたします。

 なお、理事者から企画課長が病気のため欠席との連絡を受けておりますので、よろしくお願いをしたいと思います。

 日程第1 諸報告を行います。

 議長報告ですが、この件に関しては、議会事務局長より報告をさせます。

 議会事務局長。



◎議会事務局長(上川原義明) 議長報告を行います。

 初めに、6月11日開催の本会議におきまして採択されましたインド、パキスタンの核実験強行に強く抗議し、核兵器開発の中止と核武装計画の放棄を求める決議書を同日付で関係機関に送付しました。

 次に、会期中に開催されました各常任委員会の審査結果が議長あてに提出されております。その写し及び委員会でお認めいただきました資料につきましても、本日皆様のお手元に配付してございます。よろしくお願いします。

 以上でございます。



○議長(水野豊明) 以上をもちまして、諸報告の件は終了いたしました。

 日程第2 委員長報告及び報告に対する質疑を行います。

 初めに、民生文教委員会の報告を求めます。

 行本聖一委員長。



◎民生文教委員長(行本聖一) おはようございます。

 議長のご指名をいただきましたので、去る6月17日、午前9時30分より、第2委員会室において開催いたしました民生文教委員会の審査結果と、その内容について報告させていただきます。

 当日の出席委員は9名全員でありました。また、議案等の審査説明のため、助役を初め関係理事者の出席をいただきました。

 当委員会に付託されました案件は、第38号議案と陳情第1号の以上2件であります。

 助役のあいさつを受け、初めに、第38号議案 尾張旭市国民健康保険税条例の一部改正について担当理事者より説明を受けた後、質疑、審査に入りました。

 この一部改正による影響額はどの程度になるかの質疑に対し、答弁として平成10年度の4割軽減の世帯数については計算していないが、過去の引き上げ改正から見ると2%程度が推測される。平成10年度の国保の世帯を約 9,160世帯と見込み、これに2%を乗じて得た約 180世帯が4割軽減世帯となる。人数割として1世帯平均2.75人に 180世帯を乗じて得た 495人と、世帯割として180 世帯にそれぞれ 9,600円を乗じて得た額を合算した約 600万円が影響額となるとの答弁でありました。

 ほかに質疑もなく、採決の結果、挙手全員で可とすることに決しました。

 次に、陳情第1号 第6次定数改善計画早期完結ならびに第7次定数改善計画早期策定と義務教育費国庫負担制度の堅持に関する陳情書について審議に入りました。

 委員より、本会議でも質問があった教員の年齢のバランス、ゆとりある教育などを考え、今日、30人学級が強く望まれている。ここでの陳情は、定数改善計画の完結、策定であり、ささやかな趣旨であるため、ぜひ採決したいとの意見があり、また他の委員より、過去、毎年のように、この問題に対する請願、陳情が出ており、この問題に対する要望は継続している。このような中で、願意の一つである学級編成数等を整備、対応した場合、義務教育の問題は解決されるかといえば、現実、考えられない問題が多々発生している。このような状況の中、陳情、教育現場をどのように受けとめておられるのか、教育委員会のご所見を伺いたいとの質問があり、担当理事者より、毎年、国の予算編成に当たり、学校事務職員、栄養職員の人件費が適用除外される動きがある。また教職員の増員についても期待されているところであるが、第6次定数改善計画の延長により抑制されている状況などである。それに対して教員組合等は、早期に第6次定数改善計画の完結をするよう、今回のように毎年、請願、陳情を提出し、対応している。現在の教育現場の問題は、学校教育だけでなく、核家族化、少子化など社会情勢の変化により、昔と比較し子供たちも大きく変化している。それに対応するには、きめ細かな手厚い指導が望まれる。そのためには教職員の増員が必要であるとの教育現場での願いであるとの説明があり、ほかに意見もなく、採決の結果、挙手全員で採択とすることに決しました。

 以上で民生文教委員会の付託議案と陳情の2件について報告を終わりますが、報告漏れ等がございましたら、当日の出席委員より補足説明を願えれば幸いでございます。



○議長(水野豊明) 次に、建設経済委員会の報告を求めます。

 加藤さよ子委員長。



◎建設経済委員長(加藤さよ子) おはようございます。

 議長さんのご指名をいただきましたので、去る6月18日、午前9時30分より、第2委員会室において建設経済委員会を開催いたしましたので、審査状況並びにその結果についてご報告申し上げます。

 初めに、委員会の出席状況でございますが、出席委員は8名で全員出席でございました。傍聴を希望された議員は、水野利彦議員、岡田ウメ議員、塚本美幸議員の3名でございました。理事者側といたしましては、助役さん初め関係理事者の皆さんにご出席をいただきました。

 当委員会に付託されました議案は、お手元に配付されております第37号議案、第39号議案、第42号議案及び陳情第2号の合計4件でございます。審査の方法は、初めに理事者から説明を受けた後、質疑を行い、その後で賛否の採決を行いました。

 なお、理事者からの事前説明は、議会資料に記載されておりますので省略させていただきます。

 初めに、第37号議案 尾張旭市下水道条例の一部改正についてご報告いたします。

 ご質問は3項目ありましたので、項目ごとに質問と答弁をご説明いたします。

 第1点目の質問といたしましては、責任技術者の資格試験は国レベルか、県レベルかという内容でございました。これの回答といたしましては、県レベルで行われるということでございました。そして、実際の実務については、県から委託を受けた下水道協会愛知県支部が行う予定になっているというご説明でございました。

 第2点目といたしまして、新たに指定工事店となる場合に、愛知県内で工事を行っている場合は手数料が不要になるかというものでございます。これに対します答弁といたしましては、新たに当市の指定工事店となる場合は手数料が必要になりますが、既に当市で認可されている指定工事店の手数料は徴収しないという答弁でございました。

 第3点目といたしまして、責任技術者の登録は更新手続が必要になるかというものでございます。これの答弁といたしましては、5年ごとに更新手続が必要になりますということであります。

 以上で質疑を終わりまして、賛否の採決を行いました結果、全員の賛成により可決されました。

 次に、第39号議案 土地区画整理組合に対する補助金交付条例の一部改正についての審議状況についてご報告いたします。

 質問は5項目ございましたので、順を追ってご説明いたします。

 第1点目は、補助率が「以内」と幅を持たせてあるが、実際はどれだけ補助されるのかという質問でございます。この質問に対しまして、実際には上限の率を採用しておりますという答弁でございました。

 2点目といたしまして、旭前城前地区と準備中の北原山地区、北山地区、南原山地区について、建物移転費の割合は何%になっているかというご質問でございました。この質問に対しまして、すべて30%を超えておりますというご答弁でございました。

 次に、第3点目の質問は、固定した補助制度で補助率がだんだんと引き上げられてきているが、余剰金の問題もあるので、今後は運転資金を貸し出す制度を検討するなど補助制度の見直しが必要ではないかと考えられる中で、今回の改正案はどう想定してつくられたか。また、事業費を試算する上で金利負担はどの程度見込んでいるかという質問でございます。この質問に対します答弁といたしましては、北原山地区の事業が成り立つような改正案になっております。借入金の金利については4%程度を見込んでおりますという答弁でございました。

 第4点目といたしまして、平成7年1月1日に遡及適用になっている理由は何かという質問に対しましては、平成7年2月1日に施行された旭前城前地区にもこの改正条例を適用させるためでありますという答弁でございました。

 第5点目の質問は、補助率の上昇により市の負担はどれくらいふえるのか。また、今後このようにさかのぼって適用する考えはあるのかという質問に対しましては、旭前城前地区で約15億円補助金が増加します。遡及することについては、今後の状況により組合事業が成り立つように考えていきたいという答弁でございました。

 以上で質疑を終わりまして、賛否の採決を行いました結果、全員の賛成により可決されました。

 次に、第42号議案 旭平和墓園第3期拡張工事請負契約について審査状況をご報告いたします。

 質問事項は1点だけで、水くみ場所とごみ捨て場所の位置はどこかというものでございましたが、図面により理事者側の説明をいただいただけで終わりました。

 以上で質疑を終わりまして、賛否の採決を行いました結果、全員の賛成により可決されました。

 最後に、陳情第2号 動物処理場等の建設に対する規制強化に関する意見書の提出を求める陳情書についてご報告いたします。

 本件につきましては質疑はなく、意見が1件出されました。この意見の内容は、動物霊園建設に対する規制としては県条例しかない。昭和24年施行から40年近く経過しており、当時には想定されない部分が出てきている。今日の情勢において、この住民の願いは当然の要求と思われるので、議会の意見として取り上げていくべきと考えるというご意見でございました。

 以上で質疑を終わりまして、賛否の採決を行いました結果、全員の賛成により同意見書を提出することが可決されました。

 以上で建設経済委員会の結果報告を終わります。

 なお、委員会終了後において理事者より、維摩池の水環境整備事業について概要説明を受けましたことを申し添えておきます。

 以上で委員会報告を終わりますが、報告漏れ等がありましたら、当日の出席委員から補足をしていただければ幸いかと存じます。よろしくお願いいたします。



○議長(水野豊明) 次に、総務委員会の報告を求めます。

 原 淳麿委員長。



◎総務委員長(原淳麿) 議長のご指名がありましたので、去る6月19日、午前9時30分より開催いたしました総務委員会の審査内容及び結果についてご報告いたします。

 当日の出席委員は9名で全員が出席し、議案等説明のため助役初め関係理事者の出席をいただきました。

 当委員会に付託されました案件は、第35号議案、第36号議案、第40号議案、そして第41号議案であります。

 第35号議案 尾張旭市の議会の議員及び長の選挙における自動車の使用及びポスターの作成の公営に関する条例の一部改正については、担当課長から説明を受けた後、審査に入りました。

 質疑もなく、全員の賛成をもって原案のとおり可とすることに決しました。

 次いで、第36号議案 尾張旭市の議会の議員及び長の選挙における選挙公報の発行に関する条例の一部改正については、担当課長から説明を受けた後、審査に入りました。

 委員から、選挙管理委員会が配付する用紙の内容について具体的な説明を願うとの問いに対して、配付する用紙について変更はない。縦11センチ、横13.5センチの枠の中に写真、氏名、掲載欄があり、文字のほか図画、図表等あらゆるものを掲載できるとの答弁でした。

 他の委員から質疑もなく、採決を行ったところ、賛成全員で本議案を可とすることに決しました。

 第40号議案 尾張旭市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、次いで第41号議案尾張旭市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についての2議案は、担当課長から説明を受けた後、それぞれ審査に入りましたが、質疑もなく、全員の賛成をもって2議案は原案のとおり可とすることに決しました。

 以上で当日の付託議案の審査結果の報告を終わりますが、イトーヨーカ堂出店に伴う交通関係について委員より所管事項として申し出がありましたので、これを認め、資料配付の後、担当課長から説明を受けました。以下、質疑と答弁の順に報告します。

 委員から、三郷西の信号機は現状のままと考えられるとのことであったが、この信号機があることにより、反対に交通渋滞を招くなどのおそれがある。これは地域住民の総意なのか。どのような調査に基づくものかとの問いに対して、市としては、自治会等に対しての調査は行っていない。守山警察署の規制担当に伺ったものであり、ユニーとイトーヨーカ堂の行き来する歩行者の安全をも考え合わせた対応であり、撤去は難しいと考えるとの答弁でした。

 次いで、三郷西からイトーヨーカ堂へ進入する対応策は、現在の三郷交差点での右折車両の数、またはその三郷交差点と距離が短いことなど交通安全上問題が多く、大変危惧される。本当にこの対応でよいかの問いに対して、現在のところ三郷西からの出入り口の対応、三郷9号線、南原山13号線の一時停止の規制等については協議がされていない。今後、事業主、守山警察署などを含めた中で検討していくとの答弁でした。

 次いで、三郷西の進入路に名古屋方面からの車の対応に右折帯を設置するのかとの問いに対して、今後の検討課題であるとの答弁でした。

 次いで、現在、三郷郵便局前に瀬戸方面からユニーへ進入するために右折帯が設置されている。仮に三郷西の右折帯が設置されると、この間の距離が短いため交通事故などの問題がある。そこで、三郷郵便局前に名古屋方面からの車の対応として右折帯を設置し、南原山10号線を使い、進入路等を確保してはどうかとの問いに対して、建築指導要綱の第6条の規定に基づいた協定の内容を聞いたところ、南原山10号線は生活道路であるので、事業主としても進入路等としては使用したくないとのことであった。また、南原山10号線の道路の拡張は難しいとのことであったとの答弁でした。

 次いで、ヤマナカ北側に信号機の設置が検討されているとのことだが、ヤマナカから出て北進しようとする車両が信号機の待機車両により出られない状況が発生すると考えられる。そこで、三郷南原山1号線へ進入させるよう、そこに信号機を設置した方がよいと思うが、その考えはとの問いに対して、協議の中で、ヤマナカ北側に信号機を設置することにより、ヤマナカ側より北進する車両が出られないといった話があった。そこで、春日井長久手線を北進して、イトーヨーカ堂へ入る車両を少しでも早く店舗へ進入させるため、進入口をふやして対応する案が協議された。三郷南原山1号線へ進入させるための信号の設置については、守山警察署によると、三郷南交差点の信号機との距離が短いため設置できないとのことであるとの答弁でした。

 次いで、この問題に対して商工会などにより提案、要望等はないのかの問いに対して、約1年前、地元の三郷連合自治会長等より建設に当たって交通安全の対策、対応などの要請があり、それを踏まえて現在も事業主、守山警察署などと協議を行っているとの答弁でした。

 次いで、ヤマナカ北側の信号機の設置については、地元と協議などはされているのかの問いに対して、地元との協議は行っていないとの答弁でした。

 次いで、地元住民が知らないことになると、設置されてから問題が発生すると思う。地元と協議、調整は行った方がよいとの問いに対して、協議方法など難しいが、機会があれば行っていきたいとの答弁でした。

 次いで、春日井長久手線の東側の地域は一方通行で対応されているが、西側の地域はなされていない。こちらも一方通行の対応は行った方がよいと思う。また、歩行者の安全の確保、車両の迅速な誘導などの対応のため、歩道橋などの対応も検討していただきたいと思うとの要望がありました。

 次いで、市は地域住民の交通安全の観点から、イトーヨーカ堂に指導、要望等を行ったのかの問いに対して、宅地開発指導要綱の第6条に基づいた協定書の中でうたっており、交通安全について6点要望を行った。1つ、地元の交通規制等について、警察と十分な協議を行う。2つ目、歩行者の乱横断防止の対応、対策。3、カーブミラー等交通安全施設の対応。4として、十分な駐輪場の確保。5つ目として、渋滞等の対応として交通誘導員の配置。6つ目として、出入り口の看板、のぼり旗の対策等との答弁でございました。

 次いで、歩行者の安全確保のため、将来に向かって地下道の対応などを要望しますとの意見がありました。

 以上で質疑を終了いたしました。当日の委員会資料は他の議員に配付することを認めました。

 以上で総務委員会の報告を終わりますが、当日出席の委員の皆様より補足説明をしていただければ幸いでございます。



○議長(水野豊明) それぞれの委員長報告がありました。

 これより報告に対する質疑を受けます。

 初めに、民生文教委員会委員長の報告に対する質疑を受けます。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) ありがとうございました。

 次に、建設経済委員会委員長の報告に対する質疑を受けます。

 庄司宗雄議員。



◆24番(庄司宗雄) 質疑ということではないんですが、ただいまご報告いただいた内容は議事録にも残されますので、表現は正確を期しておいた方がいいと思いますので、2点ほど指摘をしておきたいと思います。

 まず、旭前城前地区の区画整理組合の施行という表現でしたけれども、これは設立ということが正確だと思いますし、それから陳情書の関係で、最後の締めとして意見書を提出することに決しましたということでしたが、これは陳情書を採択することに決しましたということが正確だと思いますので、ご訂正いただければ幸いだと思います。

 以上。



◎建設経済委員長(加藤さよ子) 設立を施行と申し上げましたことは、おわびいたします。設立と訂正させていただきます。

 それから、陳情第2号 動物処理場等の建設に対する規制強化に関する意見書の提出を求める陳情書についての報告の中で、意見書を提出することに決しましたと申し上げましたが、陳情書を採択することに決しましたと訂正させていただきます。失礼いたしました。



○議長(水野豊明) ただいま庄司議員が言われました2点について訂正をするということで、よろしくお願いしたいと思います。

 他に質疑ございませんか。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) ありがとうございました。

 次に、総務委員会委員長の報告に対する質疑を受けます。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) ありがとうございました。

 以上をもちまして、委員長報告及び報告に対する質疑は終了いたしました。

 日程第3 付託議案の討論、採決を行います。

 初めに、第35号議案 尾張旭市の議会の議員及び長の選挙における自動車の使用及びポスターの作成の公営に関する条例の一部改正について、討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) ありがとうございました。

 第35号議案に対する討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(水野豊明) ありがとうございました。挙手全員であります。よって、本件は可決いたしました。

 第36号議案 尾張旭市の議会の議員及び長の選挙における選挙公報の発行に関する条例の一部改正について、討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) ありがとうございました。

 第36号議案に対する討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(水野豊明) ありがとうございます。挙手全員であります。よって、本件は可決いたしました。

 第37号議案 尾張旭市下水道条例の一部改正について、討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) 第37号議案に対する討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(水野豊明) ありがとうございました。挙手全員であります。よって、本件は可決いたしました。

 第38号議案 尾張旭市国民健康保険税条例の一部改正について、討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) 第38号議案に対する討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(水野豊明) ありがとうございました。挙手全員であります。よって、本件は可決いたしました。

 第39号議案 土地区画整理組合に対する補助金交付条例の一部改正について、討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) 第39号議案に対する討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(水野豊明) ありがとうございます。挙手全員であります。よって、本件は可決いたしました。

 第40号議案 尾張旭市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) 第40号議案に対する討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(水野豊明) ありがとうございます。挙手全員であります。よって、本件は可決いたしました。

 第41号議案 尾張旭市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について、討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) 第41号議案に対する討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(水野豊明) ありがとうございます。挙手全員であります。よって、本件は可決いたしました。

 第42号議案 旭平和墓園第3期拡張工事請負契約について、討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) 第42号議案に対する討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(水野豊明) ありがとうございます。挙手全員であります。よって、本件は可決いたしました。

 陳情第1号 第6次定数改善計画早期完結ならびに第7次定数改善計画早期作成と義務教育費国庫負担制度の堅持に関する陳情書について、討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) ありがとうございます。

 陳情第1号に対する討論を終了し、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(水野豊明) ありがとうございます。挙手全員であります。よって、本件は採択することに決しました。

 陳情第2号 動物処理場等の建設に対する規制強化に関する意見書の提出を求める陳情書について、討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) ありがとうございます。

 陳情第2号に対する討論を終了し、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(水野豊明) ありがとうございます。挙手全員であります。よって、本件は採択することに決しました。

 ここで暫時休憩をいたします。休憩中に議会運営委員会を開催いたします。10時15分から開催いたしますので、委員の方は第2委員会室にお集まりを願います。

                          午前10時04分休憩に入る

                          午前10時23分開議



○議長(水野豊明) 休憩を閉じ会議を再開いたします。

 休憩中に議会運営委員会が開催されておりますので、委員長より報告を求めます。

 斉藤久子委員長。



◎議会運営委員長(斉藤久子) 議長のご指名がありましたので、休憩中に開催いたしました議会運営委員会のご報告を申し上げます。

 委員9名全員の出席をいただき、議員提出議案の取り扱いについてを議題として協議を行いました。

 議員提出議案といたしましては、第六次定数改善計画早期完結ならびに第七次定数改善計画早期策定と義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書と、動物処理場等の建設に対する規制強化を求める意見書の2件でございます。

 協議の結果は、第六次定数改善計画早期完結ならびに第七次定数改善計画早期策定と義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書を意見書案第3号として、動物処理場等の建設に対する規制強化を求める意見書を意見書案第4号として日程に追加し、上程するということで認め合いました。

 それぞれの意見書の提案理由の説明、質疑、委員会付託は省略し、直ちに討論、採決を行うことで認め合っております。

 以上です。



○議長(水野豊明) お諮りいたします。ただいまの議会運営委員長の報告にご異議ございませんか。

              (「異議なし」の声あり)



○議長(水野豊明) ご異議なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議員提出議案として意見書案第3号及び第4号が提出されました。所定の賛成者がありますので、この際、これを日程に追加し、直ちに議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」の声あり)



○議長(水野豊明) ご異議なしと認めます。よって、この際、意見書案第3号及び第4号を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 議員提出議案の上程を行います。

 意見書案第3号 第六次定数改善計画早期完結ならびに第七次定数改善計画早期策定と義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書を上程いたします。

 お諮りいたします。本件につきましては、提案理由の説明、質疑、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」の声あり)



○議長(水野豊明) ご異議なしと認めます。

 意見書案第3号について、討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) 意見書案第3号に対する討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(水野豊明) ありがとうございます。挙手全員であります。よって、本件は可決いたしました。

 次に、意見書案第4号 動物処理場等の建設に対する規制強化を求める意見書を上程いたします。

 お諮りいたします。本件につきましては、提案理由の説明、質疑、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」の声あり)



○議長(水野豊明) ご異議なしと認めます。

 意見書案第4号について、討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野豊明) 意見書案第4号に対する討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(水野豊明) ありがとうございます。挙手全員であります。よって、本件は可決いたしました。

 お諮りいたします。ただいま議決されました意見書の取り扱いについては、議長に一任願いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」の声あり)



○議長(水野豊明) ご異議なしと認めます。よって、議長に一任願いました。

 以上をもちまして、平成10年第3回(6月)尾張旭市議会定例会の日程は、すべて終了いたしました。

 閉会に当たりまして、市長よりあいさつを求めます。

 朝見市長。



◎市長(朝見政冨) 本定例市議会に提案をいたしましたすべての案件につきまして、慎重審議をいただきまして、すべて原案のとおり可決をいただきました。まことにありがとうございました。厚く御礼を申し上げます。どうもありがとうございました。



○議長(水野豊明) これをもちまして6月定例会を閉会といたします。

 大変ご苦労さまでした。

                             午前10時30分閉会

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

                        尾張旭市議会

                         議長     水野豊明

                         4番議員   渡辺欣聖

                         22番議員  服部 勝