議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 尾張旭市

平成25年 12月 定例会(第5回) 11月28日−01号




平成25年 12月 定例会(第5回) − 11月28日−01号







平成25年 12月 定例会(第5回)



          平成25年第5回(12月)

             尾張旭市議会定例会会議録(第1号)

 平成25年11月28日午前9時30分尾張旭市議会(第5回)定例会が尾張旭市議会議場に招集された。

1 出席議員(19名)

  1番 丸山幸子     2番 武田なおき    3番 みとべ茂樹

  4番 秋田 進     5番 松本和夫     6番 花井守行

  7番 篠田一彦     8番 片渕卓三     9番 牧野一吉

 10番 大島もえ    11番 早川八郎    12番 若杉たかし

 13番 山下幹雄    14番 岩橋盛文    15番 相羽晴光

 18番 川村つよし   19番 森 和実    20番 伊藤憲男

 21番 伊藤恵理子

2 欠席議員

  なし

3 地方自治法第121条の規定により説明のため議会に出席を求めた者

 市長       水野義則     副市長      秋田 誠

 教育長      玉置 基     企画部長     川原芳久

 総務部長     森  修     市民生活部長   加藤雄二

 健康福祉部長   若杉浩二     都市整備部長   長江 均

 消防長      角谷昭彦     教育部長     長江建二

 監査委員事務局長 竹内 剛     健康福祉部次長  吉田和仁

 都市整備部技監  谷口雅芳     総合推進室長   若杉博之

 秘書課長     水野昌之武    行政課長     木上恒夫

 市民活動課長   秋田芳忠     消防本部総務課長 大脇伸雄

 教育行政課長   河村 晋

4 定例会の事務に従事した者

 議会事務局長   森 重憲     議事課長     志村俊一

 議事課長補佐兼議事係長       主事       武田忠士

          加藤秀樹

5 議事日程(第1号)

  平成25年11月28日(木)午前9時30分開議

 議会運営委員長報告

 第1 会議録署名者の指名

 第2 諸報告

   (1)議長報告

   (2)市長報告

 第3 会期の決定

 第4 委員会の所管事務調査報告の件

 第5 第59号議案から第76号議案まで

    上程、提案理由の説明

 第6 同意案第5号

    上程、提案理由の説明

                         午前9時30分開会



○議長(岩橋盛文) おはようございます。ただいまの出席議員は19名です。定足数に達しておりますので、これより平成25年第5回(12月)尾張旭市議会定例会を開会します。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本定例会には、議案等の説明のため市長初め関係者の出席を求めております。

 開会に当たり市長から挨拶をいただきます。

 水野市長。



◎市長(水野義則) おはようございます。

 本日、ここに平成25年第5回(12月)尾張旭市議会定例会を招集させていただきましたところ、議員の皆様にご出席をいただきまして、厚く御礼申し上げます。

 このたび、随意契約による発注事務において不適切な処理があったことが判明いたしました。市民の皆様にご心配をおかけし、信頼を損ねたことを、市民の皆様並びに議員各位に対し、この場をおかりし、深くおわび申し上げます。大変申しわけありませんでした。

 今後は、さまざまな対策を講じ、市民の皆様の信頼回復に努めてまいる所存であります。皆様のご理解、ご協力のほどよろしくお願いをいたします。

 さて、今回の定例会に提案させていただきました案件は、一般会計及び特別会計の補正予算が5件、条例の制定が3件、条例の一部改正が6件、総合計画基本構想の策定に係る議案が1件、一部事務組合に係る議案が3件、監査委員の選任同意案が1件の合計19件であります。これら数多くの案件につきまして、よろしくご審議をいただき、ご議決を賜りますようお願いを申し上げまして、開会に当たりましての私の挨拶とさせていただきます。



○議長(岩橋盛文) 日程に先立ちまして、過日、議会運営委員会が開催されておりますので、委員長の報告を求めます。

 篠田一彦委員長。



◆議会運営委員長(篠田一彦) おはようございます。

 議長のご指名がありましたので、11月20日及び27日に開催いたしました議会運営委員会の会議の経過及び内容について報告をいたします。

 両日とも委員8名全員の出席をいただき、平成25年第5回(12月)尾張旭市議会定例会の運営についてを議題として開催しました。また、11月20日の会議は、12月定例会提出議案の説明のため、副市長及び総務部長の出席をいただきました。

 12月定例会の運営については、本日配付の議事日程(第1号)及び定例会日程並びに議事日程(第2日目以降)のとおりで認め合いました。

 本日の議事日程について補足しますと、日程第3 会期の決定につきましては、本日から12月17日までの20日間とする。日程第4 委員会の所管事務調査報告の件につきましては、10月8日及び31日開催の議会運営委員会での会議内容について報告を行う。日程第5 第59号議案から第76号議案まで及び日程第6 同意案第5号につきましては、一括して上程し、理事者から提案理由の説明を一括して行っていただく。

 2日目以降につきましては、一般質問、議案質疑、議案の討論、採決または委員会付託、陳情の順で進める。

 一般質問につきましては、通告のあった13名の議員により通告順に行っていただく。

 なお、質問割り振りの日程調整は、一般質問の1日目が6名、2日目が6名、3日目が1名とすることで認め合いました。

 議案質疑につきましては、期限までに1件の通告がありましたが、以後、特に質疑が生じた場合は、議長配慮により11月29日金曜日正午までに通告があったものについても質疑を行うことができる旨を認め合いました。

 議案の討論、採決または委員会の付託につきましては、同意案第5号は委員会付託、討論を省略し、直ちに採決、その他の議案はそれぞれ所管の委員会に付託することで認め合いました。

 陳情については全て上程することとし、それぞれ所管の委員会に付託し、審査をいただく。

 また、議案、陳情の討論については、12月13日金曜日正午を通告期限とすることで認め合いました。

 以上で報告を終わります。



○議長(岩橋盛文) 議会運営委員長の報告が終了しました。ただいまの報告に対する質疑はありますか。

          (「なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) 質疑ないものと認めます。

 以上をもちまして、議会運営委員長の報告の件は終了しました。

 委員長は自席へお戻りください。

 これより日程に入ります。

 日程第1 会議録署名者の指名を行います。

 会議録の署名は、会議規則第76条の規定により、松本和夫議員、若杉たかし議員を指名します。

 日程第2 諸報告を行います。

 初めに、議長報告を行います。この件に関しましては、議会事務局長から報告します。

 議会事務局長。



◎議会事務局長(森重憲) 議長報告を行います。報告事項は2件でございます。

 初めに、さきの9月定例会で議決されました5つの意見書、1つ目、地方財源の充実確保を求める意見書、2つ目、森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方の財源確保のための意見書、3つ目、少人数学級の実現と義務教育費国庫負担制度拡充を求める意見書、4つ目、愛知県の私学助成の増額と拡充に関する意見書、5つ目、国の私学助成の増額と拡充に関する意見書をいずれも10月4日付で関係機関宛てに送付いたしました。

 次に、9月定例会以後、11月27日までの間に、監査委員から議長宛て例月出納検査の結果報告が2件ございました。

 なお、監査関係の資料につきましては、議会図書室にて供覧に付しております。

 報告は以上でございます。



○議長(岩橋盛文) 次に、市長報告を行います。

 総務部長。



◎総務部長(森修) それでは、市長報告を行います。報告事項は1件で、専決処分の報告でございます。

 これにつきましては、城山小学校で発生した傷害事故に伴う損害賠償の額の決定及び和解について、地方自治法第180条第1項の規定に基づき専決処分をいたしましたので、同条第2項の規定によりましてご報告するものです。

 その内容につきましては、城山小学校の家庭科室において、授業中に包丁保管庫が教壇から落下し、教壇の下で作業をしていた児童の左足を負傷させたものでございます。

 なお、損害賠償金につきましては、全国市長会学校災害賠償補償保険により全額補填されるものです。

 以上でございます。



○議長(岩橋盛文) 以上をもちまして、諸報告の件は終了しました。

 日程第3 会期の決定を行います。

 お諮りします。会期は、本日から12月17日までの20日間としたいと思います。ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月17日までの20日間と決定しました。

 日程第4 委員会の所管事務調査報告の件を議題とします。

 議会運営委員会の所管事務調査について報告を求めます。

 篠田一彦委員長。



◆議会運営委員長(篠田一彦) 議長のご指名がありましたので、10月8日及び31日に開催しました会議の内容について報告をいたします。

 両日とも委員8名全員の出席をいただき、10月8日は尾張旭市契約事務の疑義について、31日は平成26年度議会費予算要望についてを議題といたしました。

 尾張旭市契約事務の疑義については、議事運営と直接関係ないため、各派代表者会で協議をいただくことで認め合いました。

 また、平成26年度議会費予算要望については、経常的経費は基本的に前年と同様に要望することとし、また新規として議会広報研修関連経費を要望していくことで認め合いました。

 なお、検討課題となっておりました議員に対するメール配信システムについては、予算要望を行わないことで認め合いました。

 次に、平成27年度議会費予算要望については、平成25年度中に各会派等で検討し、取りまとめていくことで認め合いました。

 以上で報告を終わります。



○議長(岩橋盛文) ただいまの委員長報告に対して特に質疑がありましたら受けます。

          (「なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) 質疑ないものと認めます。

 以上をもちまして、議会運営委員会の所管事務調査報告の件は終了しました。

 委員長は自席へお戻りください。

 日程第5 第59号から第76号議案まで、日程第6 同意案第5号を一括して議題とします。

 一括して提案理由の説明を求めます。

 秋田副市長。



◎副市長(秋田誠) おはようございます。

 平成25年第5回(12月)尾張旭市議会定例会に付議させていただいております諸議案につきまして、一括して提案理由をご説明申し上げます。

 第59号議案 平成25年度尾張旭市一般会計補正予算(第3号)。

 この補正予算案は、既定の予算総額212億8,182万5,000円に歳入歳出それぞれ1億3,739万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を214億1,921万9,000円にしようとするものです。

 今回の補正の主な内容は、歳入では法人市民税の増収を見込み市税を追加しております。歳出では職員給与等、扶助費、委託料などで実績見込みに応じた調整を行い、喫緊の対応が必要である工事請負費等を追加するものです。

 また、スカイワードあさひ空調設備改修事業ほか2事業を新たに繰越明許費として追加するとともに、来年4月からの消費増税に対応するため、各施設の指定管理料等及び情報機器の購入など計14事業を債務負担行為として予算措置しております。

 それでは、歳入の主なものについてご説明申し上げます。

 まず、市税につきまして、法人市民税現年課税分で1億800万円を追加しました。

 国庫支出金では、障害者自立支援給付費等負担金で3,021万4,000円を追加し、社会資本整備総合交付金で1,017万5,000円を減額するなど、合計で1,645万5,000円を追加しました。

 県支出金では、障害者自立支援給付費等負担金で1,510万7,000円を追加するなど、合計で1,516万2,000円を追加しました。

 財産収入では、土地売払収入で1,731万2,000円を追加しました。

 繰入金では、公共施設整備基金繰入金で2,000万円を減額しました。

 次に、歳出の主なものについてご説明申し上げます。

 まず、職員給与費等につきましては、実績見込みに応じた調整などにより7,142万円を減額しました。

 総務費では、公共施設整備基金積立金で5,400万円、スカイワードあさひ空調設備改修工事で8,200万円をそれぞれ追加するなど、合計で1億6,325万9,000円を追加しました。

 民生費では、介護給付・訓練等給付費で6,042万9,000円、保育業務賃金で1,507万7,000円をそれぞれ追加し、民間保育所等保育委託料で2,127万4,000円を減額するなど、合計で186万円を追加しました。

 農林水産業費では、宮浦会館駐車場整備で1,060万円を追加するなど、合計で1,676万1,000円を追加しました。

 土木費では、霞ヶ丘線用地購入費で2,948万9,000円を減額するなど、合計で3,969万6,000円を減額しました。

 消防費では、消防団第3分団車庫用地購入費で1,080万円を追加するなど、合計で1,530万3,000円を追加しました。

 なお、関連資料としまして、給与費明細書、債務負担行為調書、地方債調書を添付させていただいております。

 次にまいります。

 第60号議案 平成25年度尾張旭市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)。

 この補正予算案は、既定の予算総額80億7,064万4,000円から歳入歳出それぞれ417万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を80億6,646万6,000円にしようとするものでございます。

 その主な内容としまして、歳入では一般会計繰入金で417万8,000円を減額し、歳出では人件費の調整で同額を減額しております。

 第61号議案 平成25年度尾張旭市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)。

 この補正予算案は、既定の予算総額20億2,908万4,000円に歳入歳出それぞれ610万円を追加し、歳入歳出予算の総額を20億3,518万4,000円にしようとするものでございます。

 その内容としまして、歳入では、国庫支出金の公共下水道事業費国庫補助金で610万円を追加しました。歳出では、総務費の一般管理費で1,581万6,000円を減額し、同じ総務費の処理場管理費で328万5,000円を追加し、歳入歳出調整のため予備費で1,863万1,000円を追加しております。

 第62号議案 平成25年度尾張旭市介護保険特別会計補正予算(第2号)。

 この補正予算案は、既定の予算総額41億4,159万9,000円に歳入歳出それぞれ172万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を41億4,332万8,000円にしようとするものでございます。

 その主な内容としまして、歳入では、国庫補助金で139万1,000円、県補助金で69万5,000円をそれぞれ減額するとともに、一般会計繰入金で381万5,000円を追加しました。歳出では、総務費で451万円、諸支出金で20万円、予備費で54万2,000円をそれぞれ追加するとともに、地域支援事業費で352万3,000円を減額しております。

 第63号議案 平成25年度尾張旭市水道事業会計補正予算(第1号)。

 この補正予算案は、職員の人件費関連の額を補正しようとするものでございます。

 第2条の収益的収入及び支出につきましては、収入で一般会計負担金を11万6,000円追加し、総額を13億5,811万6,000円にしようとするものです。また、支出で人件費関連の費用を774万8,000円減額し、総額を13億2,125万2,000円にしようとするものです。

 第3条の資本的収入及び支出につきましては、支出で人件費関連の費用を113万4,000円減額し、総額を6億801万6,000円にしようとするものです。

 なお、この補正に伴い、従前の過年度分損益勘定留保資金等からの補填額は同額を調整しております。

 第64号議案 尾張旭市男女共同参画推進条例の制定について。

 この案は、尾張旭市において男女共同参画社会を実現するため、基本理念や責務、施策の基本となる事項などを定めようとするものです。

 なお、この条例は、平成26年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第65号議案 尾張旭市立小中学校体育施設使用料条例の制定について。

 この案は、尾張旭市立小中学校の体育館及び運動場を開放事業において使用する際の使用料を定めようとするものです。

 なお、この条例は、平成26年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第66号議案 尾張旭市多世代交流館の設置及び管理に関する条例の制定について。

 この案は、これまで(仮称)高齢者生きがいセンターとして整備を進めてきた施設について、その名称を多世代交流館とし、設置及び管理に関する事項を定めようとするものです。

 なお、この条例は、平成26年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第67号議案 尾張旭市行政財産の目的外使用料条例等の一部改正について。

 この案は、平成26年4月1日から消費税及び地方消費税の税率が8%に引き上げられることに伴い、14条例について使用料等を一括して改正し、所要の整備を図るものです。

 なお、この条例は、平成26年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第68号議案 尾張旭市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部改正について。

 この案は、川南保育園の仮園舎を瑞鳳小学校内に設置することに伴い、位置を変更するため所要の整備を図ろうとするものです。

 なお、この条例は、平成26年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第69号議案 尾張旭市特別保育の実施に関する条例の一部改正について。

 この案は、早朝の延長保育及び休日保育を実施するため、所要の整備を図ろうとするものです。

 なお、この条例は、平成26年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第70号議案 尾張旭市廃棄物処理清掃条例の一部改正について。

 この案は、集積所に適正に排出された一般廃棄物を無断で収集または運搬することを禁止するため、所要の整備を図ろうとするものです。

 なお、この条例は、平成26年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第71号議案 尾張旭市道路占用料条例の一部改正について。

 この案は、道路法及び道路法施行令の一部改正に伴い、当該規定を引用している条例について所要の整備を図ろうとするものです。

 なお、この条例は、公布の日から施行しようとするものでございます。

 第72号議案 尾張旭市市営住宅設置及び管理に関する条例の一部改正について。

 この案は、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律の一部改正に伴い、入居者の資格等について所要の整備を図ろうとするものです。

 なお、この条例は、平成26年1月3日から施行しようとするものでございます。

 第73号議案 尾張旭市総合計画基本構想について。

 この案は、尾張旭市総合計画に関する条例第6条の規定に基づき、平成26年度から10年間を計画期間とする第五次総合計画の基本構想を策定しようとするものです。

 基本構想では、将来の都市像を「みんなで支えあう緑と元気あふれる住みよいまち尾張旭」と定め、平成35年度の計画人口を8万4,000人とするとともに、計画期間、土地利用構想、政策の大綱及びまちづくりの進め方を定めるものです。

 参考資料といたしまして、尾張旭市第五次総合計画(案)を添付させていただきましたので、ご参照ください。

 次に、第74号議案 尾張農業共済事務組合の解散について。第75号議案 尾張農業共済事務組合の解散に伴う財産処分について。第76号議案 尾張農業共済事務組合規約の変更について。これらの3議案は関連がございますので、一括してご説明申し上げます。

 まず、第74号議案 尾張農業共済事務組合の解散については、平成26年4月に愛知県全域を事業区域とする愛知県農業共済組合が設立されることに伴い、平成26年3月31日をもって尾張農業共済事務組合を解散することについて、地方自治法第288条の規定により協議するため、同法第290条の規定により議会の議決を求めるものです。

 次に、第75号議案 尾張農業共済事務組合の解散に伴う財産処分については、同組合の財産を、一旦、全て一宮市に帰属させるもので、地方自治法第289条の規定により協議するため、同法第290条の規定により議会の議決を求めるものです。

 次の第76号議案 尾張農業共済事務組合規約の変更については、同組合の解散に伴う事務の承継団体を規約に明記する変更について、地方自治法第286条第1項の規定により協議するため、同法第290条の規定により議会の議決を求めるもので、愛知県知事の許可のあった日から施行しようとするものでございます。

 以上、18議案につきまして、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。

 引き続きまして、同意案第5号 監査委員の選任について。

 この案は、本市監査委員杉浦雅樹氏が平成25年12月31日をもって任期満了となりますが、人格高潔で、財務管理、事業の経営管理その他行政運営に関しすぐれた識見をお持ちの同氏を、再度監査委員に選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により議会の同意を求めるものでございます。

 よろしくご同意賜りますようお願い申し上げます。

 以上で提案理由の説明を終わります。



○議長(岩橋盛文) 提案理由の説明が終わりました。

 以上をもちまして、本日の日程は全て終了しました。

 これにて散会します。

                         午前10時04分散会