議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 尾張旭市

平成24年  5月 臨時会(第2回) 05月16日−01号




平成24年  5月 臨時会(第2回) − 05月16日−01号







平成24年  5月 臨時会(第2回)



          平成24年第2回(5月)

             尾張旭市議会臨時会会議録(第1号)

 平成24年5月16日午前9時30分尾張旭市議会(第2回)臨時会が尾張旭市議会議場に招集された。

1 出席議員(19名)

  1番 丸山幸子     2番 武田なおき     3番 みとべ茂樹

  4番 秋田 進     5番 松本和夫      6番 花井守行

  7番 篠田一彦     8番 片渕卓三      9番 牧野一吉

 10番 大島もえ    11番 早川八郎     12番 若杉たかし

 13番 山下幹雄    14番 岩橋盛文     15番 相羽晴光

 18番 川村つよし   19番 森 和実     20番 伊藤憲男

 21番 伊藤恵理子

2 欠席議員

  なし

3 地方自治法第121条の規定により説明のため議会に出席を求めた者

 市長       水野義則     副市長      日比野美次

 教育長      玉置 基     企画部長     秋田 誠

 総務部長     森  修     市民生活部長   加藤雄二

 健康福祉部長   堀部茂樹     都市整備部長   桜井政則

 消防長      角谷昭彦     教育部長     長江建二

 監査委員事務局長 川原芳久     都市整備部次長  大橋一也

 秘書課長     太田 浩     税務課長     木上恒夫

 市民活動課長   前田幸三     健康福祉部企画調整主幹

                            滝本弘一

 消防本部総務課長 大脇伸雄     教育行政課長   長江 均

4 臨時会の事務に従事した者

 議会事務局長   大岩正紀     議事課長     志村俊一

 議事係長     加藤秀樹     主事       武田忠士

5 議事日程(第1号)

  平成24年5月16日(水)午前9時30分開議

 議会運営委員長報告

 第1 会議録署名者の指名

 第2 会期の決定

 第3 承認第2号及び承認第3号

    上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決又は委員会付託

    (1)承認第2号 尾張旭市市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて

    (2)承認第3号 尾張旭市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて

 第4 第43号議案から第45号議案まで

    上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決又は委員会付託

    (1)第43号議案 公益的法人等への尾張旭市職員の派遣等に関する条例の一部改正について

    (2)第44号議案 尾張旭市保育の実施に関する条例の一部改正について

    (3)第45号議案 尾張旭市国民健康保険条例の一部改正について

 第5 同意案第3号

    上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決又は委員会付託

    同意案第3号 副市長の選任について

 日程追加

    議長辞職の件

    議長の選挙

    副議長辞職の件

    副議長の選挙

 第6 議会運営委員の選任

 第7 常任委員の選任

 第8 一部事務組合議会議員の選挙

 日程追加

    同意案第4号

    上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決又は委員会付託

    同意案第4号 監査委員の選任について

                         午前9時30分開会



○議長(伊藤恵理子) おはようございます。ただいまの出席議員は19名です。定足数に達しておりますので、これより平成24年第2回(5月)尾張旭市議会臨時会を開会します。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本臨時会は、議案等の説明のため市長を初め関係者の出席を求めております。

 開会に当たり、市長からあいさつをいただきます。

 水野市長。



◎市長(水野義則) おはようございます。

 本日、ここに平成24年第2回(5月)尾張旭市議会臨時会を招集させていただきましたところ、議員の皆様のご出席を賜り厚くお礼を申し上げます。

 私が市長に就任してから初めての議会開催となります。市長としての所信につきましては、6月定例会の折に述べさせていただきますが、市政発展、市民福祉の向上に全力を尽くしてまいりますので、議員各位のご支援とご協力をお願いいたします。

 さて、本臨時会で私のほうから提案させていただきました案件は、さきに専決処分いたしました条例の一部改正の承認が2件、法改正等に伴う条例の一部改正が3件、副市長の選任に係る同意案が1件の計6件でございます。これらの案件につきまして、よろしくご審議をいただき、ご承認、ご議決、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、開会に当たりましての私のあいさつとさせていただきます。



○議長(伊藤恵理子) それでは、日程に先立ちまして、過日、議会運営委員会が開催されておりますので、委員長の報告を求めます。

 若杉たかし委員長。



◆議会運営委員長(若杉たかし) 議長のご指名がありましたので、5月8日に開催いたしました議会運営委員会の会議の内容について報告をいたします。

 当日は、委員7名の出席をいただき、平成24年第2回(5月)尾張旭市議会臨時会の運営についてを議題として協議を行いました。

 また、当日は5月臨時会の提出議案の説明のため、副市長及び総務部長の出席をいただきました。

 5月臨時会の運営については、本日配付の議事日程のとおり認められました。

 議事日程について補足いたしますと、日程第2 会期の決定については、本日1日とする。

 日程第3 承認第2号及び承認第3号については、一括して上程し、理事者から一括して提案理由の説明の後、質疑を行い、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決を行う。

 日程第4 第43号議案から第45号議案までについては、一括して上程し、理事者から一括して提案理由の説明の後、質疑を行い、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決を行う。

 日程第5 同意案第3号については、上程し、理事者から提案理由の説明、質疑の後、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決を行う。

 日程第6 議会運営委員の選任、日程第7 常任委員の選任については、代表者会により内定した内容で諮る。

 日程第8 一部事務組合議会議員の選挙については、欠員となっている尾張農業共済事務組合議会議員について、代表者会により内定した内容で諮る。

 また、会議当日、正副議長から辞職願が出された場合、日程第6 議会運営委員の選任に先立ち、辞職、選挙についてを日程に追加する。

 なお、正副議長の選挙結果によって選挙を実施する必要が生じた場合についても、代表者会により内定した内容で諮る。

 監査委員の同意案が提出された場合、日程に追加して上程し、理事者から提案理由の説明の後、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決を行う。

 以上のことで認め合いました。

 以上で報告を終わります。



○議長(伊藤恵理子) 議会運営委員長の報告が終了しました。

 ただいまの報告に対する質疑はございませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) 質疑ないものと認めます。

 これより日程に入ります。

 日程第1 会議録署名者の指名を行います。

 会議録の署名は、会議規則第76条の規定により、花井守行議員、山下幹雄議員を指名します。

 日程第2 会期の決定を行います。

 お諮りします。会期は、本日1日としたいと思います。ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決定しました。

 日程第3 承認第2号及び承認第3号を議題とします。

 一括して提案理由の説明を求めます。

 日比野副市長。



◎副市長(日比野美次) 平成24年第2回(5月)尾張旭市議会臨時会に付議させていただきました承認案2件につきまして、提案理由をご説明申し上げます。

 承認第2号 尾張旭市市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて。

 この承認案は、地方税法等の一部改正に伴い、本市の市税条例の一部を改正したもので、期間的に議会を招集し、お諮りすることが困難でありましたので、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、これを専決処分させていただきましたことを同条第3項の規定によりご報告を申し上げ、その承認をお願いするものでございます。

 主な改正点についてご説明いたします。

 まず、固定資産税・都市計画税関係では、平成24年度評価替えに当たり、土地に関する負担調整措置について、平成24年度から26年度まで従来の制度を継続するものとしたものでございます。ただし、住宅用地の負担調整措置については、負担水準80%以上100%以下の住宅用地の課税標準額について、前年度課税標準額に据え置く措置を平成26年度までに段階的に廃止しようとするもので、経過的な措置として、平成24年度及び25年度は、負担水準90%以上の住宅用地について措置特例を設けております。

 次に、市民税関係についてご説明いたします。

 1点目は、東日本大震災に係る被災居住用財産の敷地の譲渡期限を従来の3年から7年に延長したもの、2点目は、東日本大震災に係る住宅借入金等特別税額控除について、借入金及び控除率の特例を追加するとともに、滅失住宅と再取得住宅に係る住宅ローン控除の重複適用を可能としたものでございます。

 お手元に参考資料といたしまして、市税条例の主な改正点を添付しておりますので、ご参照いただきたいと存じます。

 承認第3号 尾張旭市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて。

 この承認案は、地方税法の一部改正に伴い、本市の国民健康保険税条例の一部を改正したもので、期間的に議会を招集し、お諮りすることが困難でありましたので、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、これを専決処分させていただきましたことを同条第3項の規定によりご報告申し上げ、その承認をお願いするものでございます。

 改正の内容といたしましては、譲渡所得に係る国民健康保険税の課税について、東日本大震災に係る被災居住用財産の敷地の譲渡期限を従来の3年から7年に延長する特例措置を整備したものでございます。

 以上で承認案2件につきまして説明を終わります。



○議長(伊藤恵理子) 提案理由の説明が終わりました。

 これより一括して質疑を行います。

 質疑の通告はありませんので、質疑ないものと認めます。

 以上をもちまして質疑を終了します。

 お諮りします。承認第2号及び承認第3号につきましては、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決を行いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) ご異議なしと認めます。承認第2号 尾張旭市市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて、討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(伊藤恵理子) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 承認第3号 尾張旭市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて、討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(伊藤恵理子) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 日程第4 第43号議案から第45号議案までを議題とします。

 一括して提案理由の説明を求めます。

 日比野副市長。



◎副市長(日比野美次) 議案の提案理由をご説明申し上げます。

 第43号議案 公益的法人等への尾張旭市職員の派遣等に関する条例の一部改正について。

 この案は、公益法人制度改革に伴い、社団法人尾張旭市シルバー人材センター及び財団法人愛知県市町村振興協会が公益社団法人尾張旭市シルバー人材センター及び公益財団法人愛知県市町村振興協会にそれぞれ移行したため、条例中の派遣先団体の名称を改めようとするもので、この条例は公布の日から施行しようとするものでございます。

 第44号議案 尾張旭市保育の実施に関する条例の一部改正について。

 この案は、児童福祉法等の一部改正により、本市の保育の実施に関する条例の一部を改正しようとするもので、その内容といたしましては、児童福祉施設の再編及び児童発達支援等の創設に伴う規定の整理を行うとともに、保育料の徴収基準について、国の基準と同様に改正を行おうとするものでございます。

 なお、この条例は公布の日から施行し、平成24年4月分の保育料から適用しようとするものでございます。

 第45号議案 尾張旭市国民健康保険条例の一部改正について。

 この案は、児童福祉法の一部改正により、児童福祉施設が再編されたことに伴い本市の国民健康保険条例の一部を改正しようとするもので、その内容といたしましては、国民健康保険の被保険者としない者の規定中の施設名称を改めようとするものでございます。

 なお、この条例は公布の日から施行し、平成24年4月1日から適用しようとするものでございます。

 以上で提案理由の説明を終わります。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤恵理子) 提案理由の説明が終わりました。

 これより一括して質疑を行います。

 質疑の通告はありませんので、質疑ないものと認めます。

 以上をもちまして質疑を終了します。

 お諮りします。第43号議案から第45号議案までにつきましては、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決を行いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) ご異議なしと認めます。第43号議案 公益的法人等への尾張旭市職員の派遣等に関する条例の一部改正について、討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(伊藤恵理子) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第44号議案 尾張旭市保育の実施に関する条例の一部改正について、討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(伊藤恵理子) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第45号議案 尾張旭市国民健康保険条例の一部改正について、討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(伊藤恵理子) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 日程第5 同意案第3号を議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 水野市長。



◎市長(水野義則) 同意案第3号について、提案理由の説明をさせていただきます。

 この案は、平成24年6月1日をもって任期満了となります現副市長、日比野美次氏の後任として、長年本市に勤務され、行政経験も豊富で地方行財政にも精通しておられます市内三郷町陶栄24番地1にお住まいの秋田 誠氏を選任いたしたく、地方自治法第162条の規定によりまして、議会の同意を求めるものでございます。よろしくご同意を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤恵理子) 提案理由の説明が終了しました。

 これより質疑を行います。

 山下議員。



◆13番(山下幹雄) 質疑をお願いしてよろしいですか。



○議長(伊藤恵理子) 事前の通告がございませんので、ここで暫時休憩をいたします。

 速やかに通告をお願いいたします。

                         午前9時47分休憩

                         午前10時01分再開



○議長(伊藤恵理子) 休憩を閉じ、会議を再開します。

 山下幹雄議員から通告がありましたので、発言を許可します。

 山下幹雄議員。



◆13番(山下幹雄) 山下幹雄です。お時間をいただきまして、ありがとうございます。

 同意案のご説明をいただきました副市長人事でありますが、ご説明の中での該当の方に対しまして、人格、経歴とも全く異議のあるものではありません。

 副市長職は、行政運営において市長の次の、本当に重責であると皆さんもご承知だと思いますが、議員としてもしっかり考えなくてはいけないことだと思います。今後、4年間をお任せする副市長を同意するに当たりまして、先ほど市長よりご説明をいただきました部分にもう少しご説明をいただけたらなという思いで、賛同するに当たりましても、そうした中の賛同がしたいということで質疑を立てました。

 庁内よりの人事ということで、現職の部長が行政運営、副市長として、特別職としてこれから行政運営に当たるということであります。庁内でも企画部といいますと、本当に総合計画を含め、今後の尾張旭をしっかり見据えた立案をずっと担ってきて、重職におられた。それがさらに権限を持った副市長に就任をしようという案件でありますので、もう少し深い説明をいただければと思います。

 1回目の質問を終わります。



○議長(伊藤恵理子) 答弁に入ります。

 水野市長。



◎市長(水野義則) もう少し提案理由の詳しい説明をということで受けとめさせていただきましたので、私の提案に当たっての理由というか、思いを述べさせていただきたいと思います。

 私自身、13年間議員として多くの職員と時には議論をし、政策課題等について協議をしてきた経緯がございますが、やはりすべての職員とそうした議論ができたわけでもなく、また、そうしたすべての職員の適正がわかるわけでもないという部分がありまして、庁内のそれなりの年数を経験してこられた方であれば、そうした部分を補っていただける、時には仲介役も期待できるということもありまして、庁内でも信任のある方ということで今回選任をいたしたということでございますので、よろしくご理解をいただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(伊藤恵理子) 1回目の答弁が終わりました。

 再質問はありますか。

 山下幹雄議員。



◆13番(山下幹雄) 人的にということで、信任を厚く持ってみえるということがわかりました。行政運営の方向性ということにつきまして、まだ所信表明がこの後の6月定例会において行われるわけでありますが、しかしながら、この人事を見まして、今まで築き上げてきたものをステップアップしようという方向性に感じます。踏襲していこうというものであるというふうに感じますが、その点について再質問とさせていただきます。



○議長(伊藤恵理子) 再質問に対する答弁に入ります。

 水野市長。



◎市長(水野義則) それでは、再質問にお答えをしたいと思います。

 踏襲を前提とするわけではありませんが、特に方向性を180度変えるということを私は申し上げて当選させていただいたわけではございませんので、踏襲をしながら変えるべき部分は変える、発展させるべきところは発展させると、そういう方向で副市長とも相談、議論しながやっていきたいと思っておりますので、よろしくご理解いただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(伊藤恵理子) これをもちまして、山下幹雄議員の議案質疑を終了します。

 以上をもちまして質疑を終了します。

 お諮りします。同意案第3号につきましては、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) ご異議なしと認めます。

 同意案第3号 副市長の選任について、本件に同意することに賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(伊藤恵理子) 挙手全員であります。よって、本件は同意することに決しました。

 ただいま同意いたしました秋田 誠氏からあいさつを求めます。



◎副市長(秋田誠) おはようございます。

 ただいま副市長の選任につきまして、ご同意をいただきまして、まことにありがとうございます。

 今、その職責の重大さに身の引き締まる思いでございます。36年余り一般職員として勤務をしてまいりました。心を新たにし、水野市長のもと、できる力を精いっぱい発揮して、このまちの発展、そして市民福祉の向上に全力を挙げて取り組んでまいりたい、このように思っております。

 どうか今後とも皆様方の格別なる御指導、ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。甚だ簡単措辞ではございますが、あいさつとさせていただきます。よろしくお願いします。ありがとうございました。

          (拍手)



○議長(伊藤恵理子) ここで、暫時休憩とします。

 なお、理事者のうち市長、副市長及び総務部長以外の方は自席待機でお願いいたします。

                         午前10時08分休憩

                         午前10時12分再開



○副議長(早川八郎) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。

 都合により、議長にかわりまして副議長が議事を進行させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 ただいま伊藤恵理子議員から議長の辞職届が提出されました。

 お諮りいたします。この際、議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんでしょうか。

          (「異議なし」の声あり)



○副議長(早川八郎) ご異議なしと認めます。よって、議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題といたします。

 辞職願を職員に朗読させます。

 事務局長。



◎議会事務局長(大岩正紀) 辞職願

 尾張旭市議会副議長 早川八郎殿

 今般、一身上の都合により、尾張旭市議会議長を辞職したいからお届けします。

 平成24年5月16日

 伊藤恵理子



○副議長(早川八郎) お諮りいたします。伊藤恵理子議員の議長の辞職を許可することにご異議ありませんでしょうか。

          (「異議なし」の声あり)



○副議長(早川八郎) ご異議なしと認めます。よって、伊藤恵理子議員の議長の辞職を許可することに決しました。

          (伊藤恵理子議員 入場)



○副議長(早川八郎) 伊藤恵理子議員に辞任のごあいさつをお願いいたします。

 伊藤恵理子議員。

          (伊藤恵理子議員登壇あいさつ)



◆21番(伊藤恵理子) 議長にお許しをいただきましたので、辞任に当たりまして、ごあいさつをさせていただきます。

 議員の皆様初め、理事者の皆様の温かいご支援、ご協力により無事議長の大任を果たすことができました。本当にありがとうございました。また、私にとっては大きな挑戦であり、本市議会初の女性議長ということで、多くの市民の方々から励ましのお言葉をいただきましたことに心から感謝申し上げます。

 議長として特に印象深いのは、2月に逝去されました谷口市長が昨年3月に非核平和都市宣言をされ、尾張旭市の平和への大きな布石を打たれたことであります。私も8月には3中学校の生徒会長とともに広島市の平和記念公園を訪問し、貴重な体験をさせていただきました。

 また、身近なこととしては、育児の真っただ中で頑張っている議員、この時代を象徴する育メン議員、事務局職員など、議会を取り巻く状況のさま変わりもありました。このような変化から、多様な視点で市政のあり方をとらえ、市の活性化につないでいく必要性も強く実感をいたしました。12月からは本会議のライブ中継、録画中継が始まりました。引き続き議会のあり方検討会では、より開かれた議会へと、現在議会報告会への実施に向け、議論が進められているところでございます。

 今後は、このたびの経験を生かしながら、一議員としてさらに議会の活性化を進め、活力ある市政の発展に尽くしてまいりたいと思っております。1年間本当にありがとうございました。

          (拍手)



○副議長(早川八郎) ありがとうございました。1年間、お疲れさまでした。

 ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、ご異議ありませんでしょうか。

          (「異議なし」の声あり)



○副議長(早川八郎) ご異議なしと認めます。よって、議長の選挙を日程に追加し、これより選挙を行います。

 念のために申し上げます。選挙の方法は、投票と指名推選の2つの方法があります。指名推選の場合は全員一致が原則でありますので、指名推選と投票の両意見がある場合は、選挙の方法は投票となります。また、指名推選によりまして2名以上の指名がなされた場合につきましても、同様に選挙の方法は投票となります。

 お諮りいたします。選挙の方法は、投票、指名推選のいずれの方法といたしましょうか。

 片渕議員。



◆8番(片渕卓三) 指名推選でお願いします。



○副議長(早川八郎) 山下議員。



◆13番(山下幹雄) 投票でお願いします。



○副議長(早川八郎) ただいま片渕卓三議員から指名推選の発言がありました。そして、その後、山下幹雄議員からは投票の発言がございましたので、選挙の方法は投票によることにいたします。



○副議長(早川八郎) それでは、議長選挙次第としまして投票となりましたので、議場を閉鎖いたします。

          (議場閉鎖)



○副議長(早川八郎) ただいまの出席議員は19名です。

 投票用紙を配付します。

          (投票用紙配付)



○副議長(早川八郎) 投票用紙の配付漏れはございませんでしょうか。

          (「なし」の声あり)



○副議長(早川八郎) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めます。

          (投票箱開披、点検)



○副議長(早川八郎) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号1番の議員から順次投票を願います。

 投票は演壇にて行いますので、議長席に向かって右のほうから登壇していただき、順次投票した方は、左のほうから降壇お願いいたします。

 それでは、記載をお願いいたします。

 それでは、1番の方から投票をお願いします。

          (投票)



○副議長(早川八郎) 投票漏れはございませんでしょうか。

          (「なし」の声あり)



○副議長(早川八郎) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

          (議場閉鎖解除)



○副議長(早川八郎) それでは、開票を行います。

 尾張旭市議会会議規則第30条第2項の規定により、立会人に丸山幸子議員及び伊藤憲男議員を指名いたします。

 両名の立ち会いをお願いいたします。

 それでは、開票をお願いいたします。

          (丸山幸子議員、伊藤憲男議員立ち合い)

          (開票)



○副議長(早川八郎) 選挙結果を報告いたします。

 投票総数19票、これは出席議員数に符合しております。

 そのうち有効投票19票、無効投票0票。

 有効投票中、

 岩橋盛文議員  16票

 山下幹雄議員  2票

 川村つよし議員 1票

 以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は5票です。よって、岩橋盛文議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました岩橋盛文議員が議場におられますので、本席から尾張旭市議会会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

 議長が決まりましたので、岩橋盛文議員から就任のあいさつをお願いいたします。

          (新議長登壇あいさつ)



○新議長(岩橋盛文) 岩橋盛文です。

 発言の許可をいただきましたので、議長就任のごあいさつをさせていただきます。

 ただいまは多くの議員の皆様からご推挙いただきまして、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

 昨今、世界各地では政権変動がニュースになっています。国内においても、昨年の震災以降、節電、がれき処理など環境問題、少子高齢化する社会問題など、日本全国の考え方が大きく変わってきたように感じられます。

 ここ尾張旭市でも、谷口前市長が亡くなられ、ことし3月には水野新市長が誕生し、新しい時代の風が吹き始めました。このような変革のとき、市議会議長の要職につかせていただくこととなり、重責に身が引き締まる思いでございます。

 近年の人口構造は少子高齢化へと変化し、この尾張旭市においても他市を上回る勢いで高齢化しつつあります。当市の特徴として行われてきた区画整理によるまちづくり、その当時は働き盛りであった方々は高齢者になり、社会保障費の増大など市の財政は非常に厳しいものがあります。市の行う施策にも市民の厳しい目が向けられています。私ども市議会におきましては、そのような施策に議論を重ね、日々研さんを積む中、市民の皆様のご意見を市政に反映できるよう努力してまいる所存でございます。

 議会では、現在どのような施策が市議会で取り上げられているのか、市民の皆さまにもっと身近に知っていただこうとする取り組みを企画し、今年度、初めて市議会報告会を行おうと計画をしております。

 私はもとより浅学菲才な身でございます。それゆえ市民の皆様、議員の皆様などとのコミュニケーションを大切にし、その中から多くの知恵をいただき、市長初め理事者の皆様にご協力いただきながら、精いっぱい尽力してまいりたいと思っております。よろしくお願いを申し上げまして、簡単ではございますが、議長就任のあいさつとさせていただきます。

 本日はまことにありがとうございました。

          (拍手)



○副議長(早川八郎) ありがとうございました。

 それでは、新議長に議長の席を交代させていただきます。どうもありがとうございました。

          (岩橋盛文議長 議長席に着く)



○議長(岩橋盛文) それでは、よろしくお願いします。

 議事確認のために、ここで10時55分まで休憩をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

                         午前10時32分休憩

                         午前10時55分再開



○議長(岩橋盛文) 休憩を閉じ、会議を再開します。

 ただいま早川八郎議員から副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りします。この際、副議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、副議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題とします。

 辞職願を職員に朗読させます。

 議会事務局長。



◎議会事務局長(大岩正紀) 辞職願

 尾張旭市議会議長 岩橋盛文殿

 今般、一身上の都合により、尾張旭市議会副議長を辞職したいからお届けします。

 平成24年5月16日

 早川八郎



○議長(岩橋盛文) お諮りします。早川八郎議員の副議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、早川八郎議員の副議長の辞職を許可することに決しました。

          (早川八郎議員 入場)



○議長(岩橋盛文) 早川八郎議員に辞任のあいさつをお願いします。

          (早川八郎議員登壇あいさつ)



◆11番(早川八郎) 早川八郎です。

 まずは、議員のたくさんの方、そして理事者のたくさんの方に1年間支えていただきまして、本当にありがとうございます。まずは御礼申し上げます。

 昨年の4月に改選し、新しい市議会がスタートしたわけですが、本当にこの1年間、私の議員生活の中で記憶にないくらいたくさんのいろいろなことがございました。やはり一番記憶に新しいのが、ことしの2月に谷口前市長がお亡くなりになるという、大変悲しい時期を私たちは乗り越えてまいりました。そんな悲しいときを議員の皆様、そして理事者の皆様とともに力を合わせて、やっとここまで来られたんだなというふうに今は感じ、ほっとしております。

 これから私は一議員として、また尾張旭に尽力を尽くしてまいりますので、今後とも皆様にいろいろご指導、ご鞭撻いただくと思いますが、よろしくお願いします。本当に1年間、ありがとうございました。

          (拍手)



○議長(岩橋盛文) ありがとうございました。

 ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、副議長の選挙を日程に追加し、これより選挙を行います。

 念のために申し上げます。選挙の方法は、投票と指名推選の2つの方法があります。指名推選の場合は、全員一致が原則であります。指名推選と投票の両意見がある場合は、選挙の方法は投票となります。また、指名推選によりまして2名以上の指名がなされた場合につきましても、同様に選挙の方法は投票となります。

 お諮りします。選挙の方法は、投票、指名推選のいずれの方法にいたしましょうか。

 大島もえ議員。



◆10番(大島もえ) 指名推選でお願いします。



○議長(岩橋盛文) ただいま大島もえ議員から指名推選の発言がありました。選挙の方法は、指名推選によることでご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選とすることに決しました。

 指名をお願いします。

 大島もえ議員。



◆10番(大島もえ) 議長のお許しをいただきましたので、指名をさせていただきます。

 これまでに議会運営委員会の委員長を初め、常任委員会委員長などの要職を経験してこられ、また議会は、市民主体の議会のあるべき立場がどうあるべきかということを常に考えるというスタンスをお持ちの若杉たかし議員が副議長として最適任と考え、指名させていただきます。どうか皆様のご賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(岩橋盛文) お諮りします。ただいま大島もえ議員から指名のありました若杉たかし議員を副議長の当選人とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、若杉たかし議員が副議長に当選されました。

 若杉たかし議員が議場におられますので、本席から尾張旭市議会会議規則第31条第2項の規定による告知をします。

 副議長が決まりましたので、若杉たかし議員から就任のあいさつをお願いします。

 若杉たかし議員。



◆新副議長(若杉たかし) 議長のお許しがございましたので、副議長就任に対しまして一言ごあいさつをさせていただきます。

 ただいま皆様よりご推挙いただきまして、副議長という職につかせていただくこととなりました。まことにありがとうございます。

 大変な重責のある職務をいただいたと思い、身が引き締まる思いであります。力不足の点、多々あるかとは存じますが、これより1年、議長を補佐し、円滑な議会運営を目指して粉骨砕身努力してまいりたいと思っております。

 また、副議長は議会あり方検討会の座長でもあります。8月には議会報告会が予定されており、準備が進んでおります。まずは、こまの議会報告会を意義あるものにしなければならないと思います。

 議員皆様のお一人お一人のご協力が不可欠でございます。この1年、皆様のご協力、ご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、私のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。

          (拍手)



○議長(岩橋盛文) ここで、暫時休憩とします。

                         午前11時03分休憩

                         午前11時04分再開



○議長(岩橋盛文) 休憩を閉じ、会議を再開します。

 日程第6 議会運営委員の選任を行います。

 委員の選任につきましては、尾張旭市議会委員会条例第8条第1項の規定により、配付した名簿のとおり指名したいと思います。ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。ただいま指名いたしました議員を議会運営委員に選任することに決しました。

 直ちに議会運営委員会を第2委員会室で開催し、正副委員長の選任を行っていただきます。

 暫時休憩といたします。

                         午前11時05分休憩

                         午前11時12分再開



○議長(岩橋盛文) 休憩を閉じ、会議を再開します。

 休憩中に議会運営委員会の正副委員長が選任されましたので、ここでご報告申し上げます。

 議会運営委員長に牧野一吉議員、同じく副委員長に相羽晴光議員、以上であります。

 日程第7 常任委員の選任を行います。

 お諮りします。総務、福祉文教、都市環境それぞれの常任委員会の選任につきましては、尾張旭市議会委員会条例第8条第1項の規定により、配付した名簿のとおり指名したいと思います。ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。ただいま指名しました議員をそれぞれの常任委員会に選任することに決しました。

 なお、尾張旭市議会広報委員会規程に基づく議会広報委員につきましては、配付した名簿のとおりです。

 直ちに総務、福祉文教、都市環境委員会及び議会広報委員会を開催し、それぞれの正副委員長の選任を行っていただきます。

 総務委員会は第2理事者控室で、福祉文教委員会は議会図書室で、都市環境委員会は第2委員会室で行っていただき、終了後、議会広報委員会を第2委員会室で行います。

 暫時休憩とします。

                         午前11時13分休憩

                         午前11時29分再開



○議長(岩橋盛文) 休憩を閉じ、会議を再開します。

 休憩中に各常任委員会の正副委員長が選任されましたので、ご報告申し上げます。

 総務委員長に片渕卓三議員、同じく副委員長に武田なおき議員、福祉文教委員長に篠田一彦議員、同じく副委員長にみとべ茂樹議員、都市環境委員長に相羽晴光議員、同じく副委員長に丸山幸子議員、また議会広報委員会につきましては、委員長に川村つよし議員、同じく副委員長にみとべ茂樹議員、以上であります。

 なお、議会運営委員長及び各常任委員長から閉会中の調査のため、配付のとおり閉会中継続調査の申し出がありました。

 お諮りします。議会運営委員長及び各常任委員長から申し出のとおり、各委員の任期満了までを調査期間とし、閉会中も継続調査とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 日程第8 一部事務組合議会議員の選挙を行います。

 尾張旭市長久手市衛生組合議会議員1名、公立陶生病院組合議会議員1名、瀬戸旭看護専門学校組合議会議員1名、尾張農業共済事務組合議会議員1名の選挙を行います。

 初めに、尾張旭市長久手市衛生組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法につきましては指名推選とし、議長において指名することにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選とし、議長において指名することに決しました。

 尾張旭市長久手市衛生組合議会議員に伊藤恵理子議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長において指名いたしました伊藤恵理子議員を尾張旭市長久手市衛生組合議会議員の当選人とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました伊藤恵理子議員が尾張旭市長久手市衛生組合議会議員に当選されました。

 ただいま伊藤恵理子議員が議場におられますので、本席から尾張旭市議会会議規則第31条第2項の規定により告知します。

 次に、公立陶生病院組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法につきましては指名推選とし、議長において指名することにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選とし、議長において指名することに決しました。

 公立陶生病院組合議会議員に伊藤恵理子議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長において指名いたしました伊藤恵理子議員を公立陶生病院組合議会議員の当選人とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました伊藤恵理子議員が公立陶生病院組合議会議員に当選されました。

 ただいま伊藤恵理子議員が議場におられますので、本席から尾張旭市議会会議規則第31条第2項の規定により告知します。

 次に、瀬戸旭看護専門学校組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法につきましては指名推選とし、議長において指名することにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選とし、議長において指名することに決しました。

 瀬戸旭看護専門学校組合議会議員に伊藤憲男議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長において指名しました伊藤憲男議員を瀬戸旭看護専門学校組合議会議員の当選人とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました伊藤憲男議員が瀬戸旭看護専門学校組合議会議員に当選されました。

 ただいま伊藤憲男議員が議場におられますので、本席から尾張旭市議会会議規則第31条第2項の規定により告知します。

 次に、尾張農業共済事務組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法につきましては指名推選とし、議長において指名することにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選とし、議長において指名することに決しました。

 尾張農業共済事務組合議会議員に山下幹雄議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長において指名しました山下幹雄議員を尾張農業共済事務組合議会議員の当選人とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました山下幹雄議員が尾張農業共済事務組合議会議員に当選されました。

 ただいま山下幹雄議員が議場におられますので、本席から尾張旭市議会会議規則第31条第2項の規定により告知します。

 ここで、暫時休憩とします。

                         午前11時37分休憩

                         午前11時38分再開



○議長(岩橋盛文) 休憩を閉じ、会議を再開します。

 議会選出委員等は、配付した名簿のとおりですので、よろしくお願いします。

 ただいま市長から同意案第4号 監査委員の選任についてが提出されました。

 お諮りします。この際、これを日程に追加することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。

 同意案第4号を議題とします。

 除斥事項に該当しますので、早川八郎議員の退席を求めます。

          (早川八郎議員 退席)



○議長(岩橋盛文) 提案理由の説明を求めます。

 水野市長。



◎市長(水野義則) 同意案第4号について、提案理由の説明をさせていただきます。

 この案は、議員から選出の監査委員、伊藤憲男氏から5月16日付をもちまして辞職願の提出があり、これを承認いたしましたので、その後任として、市政に経験豊富な早川八郎議員を選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により議会の同意を求めるものでございます。

 よろしくご同意を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(岩橋盛文) 提案理由の説明が終わりました。

 お諮りします。同意案第4号につきましては、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(岩橋盛文) ご異議なしと認めます。

 同意案第4号 監査委員の選任について、本件に同意することに賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(岩橋盛文) 挙手全員であります。よって、本件は同意することに決しました。

 同意案第4号が終了しましたので、早川八郎議員の除斥を解きます。

          (早川八郎議員 入場)



○議長(岩橋盛文) ただいま監査委員の選任について同意しました早川八郎議員からあいさつを求めます。

 早川八郎議員。



◆11番(早川八郎) このたびは水野新市長からご推薦いただき、そして議会の皆様からもご賛同をいただき監査委員に就任することになりました。本当にありがとうございます。まずもって御礼申し上げます。

 水野新市長は、私たちと2カ月前までは同僚議員として同じ仕事をしておったわけですが、今回立場が違う方向から推薦をいただいて、同じ同僚議員だったからといって、私は追認機関としての職務をすることはなく、是々非々でこの職務を全うしていきたいと考えております。また、議員の皆様におかれましても、いろいろご指導、ご鞭撻賜ることもあると思いますが、1年間よろしくお願いします。

          (拍手)



○議長(岩橋盛文) ここで、6月1日をもって副市長の職を退かれます日比野美次氏よりあいさつの申し出がありましたので、お願いいたします。

 日比野副市長、演壇でお願いします。



◎副市長(日比野美次) 貴重な時間をおかりしまして、退任のあいさつを申し上げます。

 私は、旭町役場、尾張旭市役所職員として38年間勤めさせていただき、平成19年3月末をもって定年退職いたしました。その後1年と2カ月、一市民として尾張旭市政への思いを大きく、また強く持って生活をしておりました。そんな中、皆様方の格別なご配慮、ご協力によりまして、平成20年6月から副市長として1期4年をつつがなく務めることができました。心より厚くお礼申し上げます。

 昨年度後半には谷口前市長の病気療養、急逝と、思いもかけない出来事がありました。水野新市長を迎えるまでの間、市政運営に大きな支障もなくこられましたことは、議員皆様方のご理解とご協力のたまものと思っております。また、職員一丸となって頑張ってこられたことに深く感謝をしております。

 これからステージは変わりますが、我がふるさと尾張旭の思いを抱いて生活をしていきたいと思っております。

 最後になりましたが、尾張旭市政のさらなる発展と議員各位のますますのご活躍、ご健勝を祈念いたしまして、お礼のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。

          (拍手)



○議長(岩橋盛文) 以上をもちまして、平成24年第2回(5月)尾張旭市議会臨時議会の日程はすべて終了しました。

 閉会に当たり、市長からあいさつをいただきます。

 水野市長。



◎市長(水野義則) 5月臨時会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 今回提案させていただきました案件につきまして、慎重な審議を賜り、すべて原案どおりご承認、ご議決、ご同意いただきまして、まことにありがとうございました。厚く御礼を申し上げます。

 また、先ほどは正副議長を初めとした市議会の人事が決定されましたこと、まことにおめでとうございます。それぞれのお立場で本市の発展と円滑な議会運営にご尽力され、ますますご活躍されますことをお祈りをいたします。

 最後になりますが、皆様のご健勝、ご多幸を心からご祈念申し上げまして、私の閉会のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(岩橋盛文) これをもちまして、5月臨時会を閉会とします。

                         午前11時46分閉会

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

                        尾張旭市議会

                         前議長   伊藤恵理子

                         前副議長  早川八郎

                         議長    岩橋盛文

                         署名議員  花井守行

                         署名議員  山下幹雄