議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 尾張旭市

平成24年  3月 定例会(第1回) 02月27日−01号




平成24年  3月 定例会(第1回) − 02月27日−01号







平成24年  3月 定例会(第1回)



          平成24年第1回(3月)

             尾張旭市議会定例会会議録(第1号)

 平成24年2月27日午前9時30分尾張旭市議会(第1回)定例会が尾張旭市議会議場に招集された。

1 出席議員(21名)

  1番 丸山幸子     2番 武田なおき     3番 みとべ茂樹

  4番 秋田 進     5番 松本和夫      6番 花井守行

  7番 篠田一彦     8番 片渕卓三      9番 牧野一吉

 10番 大島もえ    11番 早川八郎     12番 若杉たかし

 13番 山下幹雄    14番 岩橋盛文     15番 相羽晴光

 16番 さかえ章演   17番 水野義則     18番 川村つよし

 19番 森  和実   20番 伊藤憲男     21番 伊藤恵理子

2 欠席議員

  なし

3 地方自治法第121条の規定により説明のため議会に出席を求めた者

 市長職務代理者副市長        教育長      玉置 基

          日比野美次

 企画部長     秋田 誠     総務部長     森  修

 市民生活部長   加藤雄二     健康福祉部長   堀部茂樹

 都市整備部長   桜井政則     消防長      角谷昭彦

 教育部長     長江建二     監査委員事務局長 川原芳久

 都市整備部次長  大橋一也     秘書課長     太田 浩

 行政課長     河村 晋     市民活動課長   前田幸三

 健康福祉部企画調整主幹       消防本部総務課長 大脇伸雄

          田中裕二

 教育行政課長   長江 均

4 定例会の事務に従事した者

 議会事務局長   大岩正紀     議事課長     志村俊一

 議事係長     加藤秀樹     主査       山本慎平

5 議事日程(第1号)

  平成24年2月27日(月)午前9時30分開議

 議会運営委員長報告

 第1 会議録署名者の指名

 第2 諸報告

   (1)議長報告

   (2)市長報告

 第3 会期の決定

 第4 委員会の所管事務調査報告の件

    議会運営委員会

 第5 承認第1号

    上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決又は委員会付託

   (1)承認第1号 平成23年度尾張旭市一般会計補正予算の専決処分の承認を求めることについて

 第6 第1号議案から第42号議案まで

    上程、提案理由の説明

   (1)第1号議案 平成23年度尾張旭市一般会計補正予算(第4号)

   (2)第2号議案 平成23年度尾張旭市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

   (3)第3号議案 平成23年度尾張旭市土地取得特別会計補正予算(第1号)

   (4)第4号議案 平成23年度尾張旭市旭平和墓園事業特別会計補正予算(第3号)

   (5)第5号議案 平成23年度尾張旭市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)

   (6)第6号議案 平成23年度尾張旭市介護保険特別会計補正予算(第3号)

   (7)第7号議案 平成23年度尾張旭市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

   (8)第8号議案 平成23年度尾張旭市水道事業会計補正予算(第2号)

   (9)第9号議案 平成24年度尾張旭市一般会計予算

   (10)第10号議案 平成24年度尾張旭市国民健康保険特別会計予算

   (11)第11号議案 平成24年度尾張旭市土地取得特別会計予算

   (12)第12号議案 平成24年度尾張旭市旭平和墓園事業特別会計予算

   (13)第13号議案 平成24年度尾張旭市公共下水道事業特別会計予算

   (14)第14号議案 平成24年度尾張旭市介護保険特別会計予算

   (15)第15号議案 平成24年度尾張旭市後期高齢者医療特別会計予算

   (16)第16号議案 平成24年度尾張旭市水道事業会計予算

   (17)第17号議案 尾張旭市印鑑の登録及び証明に関する条例の一部改正について

   (18)第18号議案 尾張旭市職員定数条例の一部改正について

   (19)第19号議案 尾張旭市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について

   (20)第20号議案 尾張旭市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

   (21)第21号議案 尾張旭市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について

   (22)第22号議案 尾張旭市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について

   (23)第23号議案 尾張旭市市税条例の一部改正について

   (24)第24号議案 尾張旭市手数料条例の一部改正について

   (25)第25号議案 尾張旭市立公民館の設置及び管理に関する条例及び尾張旭市立図書館条例の一部改正について

   (26)第26号議案 尾張旭市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部改正について

   (27)第27号議案 尾張旭市保育の実施に関する条例の一部改正について

   (28)第28号議案 尾張旭市児童クラブ条例の一部改正について

   (29)第29号議案 尾張旭市心身障害児通園施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について

   (30)第30号議案 尾張旭市遺児就学手当支給条例の一部改正について

   (31)第31号議案 尾張旭市国民健康保険条例の一部改正について

   (32)第32号議案 尾張旭市介護保険条例の一部改正について

   (33)第33号議案 尾張旭市市営住宅設置及び管理に関する条例の一部改正について

   (34)第34号議案 尾張旭市火災予防条例の一部改正について

   (35)第35号議案 愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について

   (36)第36号議案 尾張東部衛生組合規約の変更について

   (37)第37号議案 瀬戸旭看護専門学校組合規約の変更について

   (38)第38号議案 愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更について

   (39)第39号議案 瀬戸尾張旭消防通信指令事務協議会の設置について

   (40)第40号議案 市道路線の認定について

   (41)第41号議案 損害賠償の額の決定について

   (42)第42号議案 尾張旭市新池交流館の指定管理者の指定について

 第7 同意案第1号及び同意案第2号

    上程、提案理由の説明

   (1)同意案第1号 公平委員会委員の選任について

   (2)同意案第2号 固定資産評価審査委員会委員の選任について

                         午前9時30分開会



○議長(伊藤恵理子) おはようございます。

 開議に先立ちまして、去る2月6日に逝去されました谷口幸治市長に謹んで哀悼の意を表し、黙祷をささげたいと思います。皆さまのご協力をお願いいたします。

 恐れ入りますが、ご起立願います。

          (全員起立)



○議長(伊藤恵理子) 黙祷始め。

          (黙祷)



○議長(伊藤恵理子) 黙祷を終わります。

 ありがとうございました。ご着席ください。

 それでは議事に入ります。

 ただいまの出席議員は21名です。定足数に達しておりますので、これより平成24年第1回(3月)尾張旭市議会定例会を開会します。

 本定例会には、議案等の説明のため、副市長を初め、関係者の出席を求めております。

 開会に当たり、市長職務代理者日比野副市長からあいさつをいただきます。

 日比野副市長。



◎市長職務代理者副市長(日比野美次) おはようございます。

 開会に当たりまして、私から一言ごあいさつを申し上げます。

 平成24年第1回(3月)尾張旭市議会定例会を招集させていただきましたところ、議員の皆様におかれましてはご出席を賜り、厚くお礼申し上げます。

 ご承知のように、谷口市長が2月6日に逝去されました。市長は最後まで市政のことを案じておられ、その余りにも急な死は痛惜の念にたえません。謹んでご冥福をお祈り申し上げる次第です。

 今定例会におきましては、私が市長職務代理者としてその任を務めさせていただきますので、議員各位のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 また、市長選挙を控えておりますことから、当初予算案を骨格予算に組み替えるなど、通例とは異なる提案をさせていただいておりますので、ご理解をいただきたいと思います。

 さて、今回の定例会に提案させていただきました案件ですが、市長選挙の執行に伴う補正予算の承認が1件、平成23年度の補正予算が一般会計を初め8議案、平成24年度の当初予算が同じく8議案、条例の一部改正など諸議案が26件、行政委員会委員の人事同意案が2件の計45件でございます。

 以上、数多くの案件となっておりますが、よろしくご審議をいただき、ご議決を賜りますようお願い申し上げまして、開会に当たりましてのあいさつとさせていただきます。



○議長(伊藤恵理子) 日程に先立ちまして、過日、議会運営委員会が開催されておりますので、委員長の報告を求めます。

 若杉たかし委員長。



◆議会運営委員長(若杉たかし) 議長のご指名がありましたので、去る2月10日、17日及び24日に開催いたしました議会運営委員会の会議の内容について報告をいたします。

 2月10日は委員8名全員、17日は委員7名、24日は委員8名全員の出席をいただき、平成24年第1回(3月)尾張旭市議会定例会の運営についてを議題として開催いたしました。

 10日の会議では、3月定例会の日程について協議を行いました。また、17日の会議は、3月定例会の提出議案等の説明のため、副市長初め関係理事者の出席をいただきました。

 3月定例会の運営については、本日配付の議事日程(第1号)、定例会日程案及び議事日程案(第2日目以降)のとおりで認め合っております。

 本日の議事日程について補足いたしますと、日程第3 会期の決定については、本日から3月14日までの17日間とする。日程第4 議会運営委員会の所管事務調査の報告を行う。日程第5 承認第1号については、上程し、提案理由の説明、質疑の後、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決を行っていただく。日程第6 第1号議案から第42号議案まで並びに日程第7 同意案第1号及び同意案第2号については、一括して上程し、理事者から一括して提案理由の説明を行っていただく。

 2日目以降については、一般質問、議案質疑、議案の討論、採決又は委員会付託、陳情の順で進める。

 一般質問については、通告のあった個人質問8名により、通告順に行っていただく。

 なお、質問日程は、3月1日の1日のみとすることで認め合いました。

 議案質疑については、通告がありませんが、特に質疑が生じた場合は、議長配慮により2月28日火曜日正午までに通告があったものについても質疑を行うことができる旨、認め合いました。

 議案の討論、採決又は委員会付託については、同意案第1号及び同意案第2号については、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決、その他の議案については、議案等審査付託表のとおり、各委員会に付託することで認め合いました。

 陳情については、上程し、議案等審査付託表のとおり、委員会付託することで認め合いました。

 また、討論の通告については、常任委員会に付託するものについては3月12日月曜日正午、議会運営委員会に付託されるものについては3月13日火曜日午後5時を通告期限とすることで認め合いました。

 以上で報告を終わります。



○議長(伊藤恵理子) 議会運営委員長の報告が終了しました。

 ただいまの報告に対する質疑がありましたら受けます。

          (「なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) 質疑ないものと認めます。

 以上をもちまして、報告に対する質疑は終了しました。

 委員長は自席へお戻りください。

 これより日程に入ります。

 日程第1 会議録署名者の指名を行います。

 会議録の署名は、会議規則第76条の規定により、松本和夫議員、相羽晴光議員を指名します。

          (「異議あり」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) 川村議員。



◆18番(川村つよし) 松本和夫議員を会議録署名者に指名することに異議を申します。

 本日、彼は、これが初めてではありませんが、議案をこの場に持ってきておりません。そのような人物に会議録の署名をしていただくことは私はちょっと疑義があります。ですから、順番から言えば、次の花井議員にかえていただきたいと思います。



○議長(伊藤恵理子) ここで暫時休憩とさせていただきます。

 しばらくお待ちください。

                         午前9時42分休憩

                         午前9時43分再開



○議長(伊藤恵理子) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。

 ただいまの川村議員の発言に際しましては、松本議員の指名につきましては議会運営委員会でも認めておりますので、このまま松本議員を指名させていただきます。よろしくお願いいたします。

 日程第2 諸報告を行います。

 初めに、議長報告を行います。この件に関しましては、議会事務局長から報告します。

 議会事務局長。



◎議会事務局長(大岩正紀) 議長報告を行います。

 12月定例会以後、2月26日までの間に監査委員から議長あてに提出されました例月出納検査の結果報告が3件、定例監査の結果報告が3件、行政監査の結果報告が1件、計7件の結果報告がございました。

 なお、監査関係の資料につきましては、議会図書室にて供覧に付しております。

 以上でございます。



○議長(伊藤恵理子) 次に、市長報告を行います。

 総務部長。



◎総務部長(森修) 市長報告を行います。報告事項は3件でございます。

 1件目及び2件目は、平成23年度尾張旭市土地開発公社補正予算(第1号)及び平成24年度同公社予算についてでございます。これらは、去る2月9日開催の土地開発公社理事会におきましてそれぞれ議決されたものでございます。地方自治法第243条の3第2項の規定によりまして、お手元の書類をもって報告させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。

 3件目は、専決処分の報告でございます。これにつきましては、職員の公用車での物損事故に伴います損害賠償の額の決定及び和解について、地方自治法第180条第1項の規定に基づき専決処分をいたしましたので、同条第2条の規定によりましてご報告を申し上げるものでございます。

 お手元の報告書の事項1につきましては、税務課職員が家屋調査のため平子町長池上地内の相手方敷地に車両を乗り入れた際、工事中のL字溝を損傷させたものでございます。

 事項2につきましては、行政課職員が新居町地内の多度神社前交差点を右折する際、東から直進してきた相手方車両の左前方部分と接触し、損傷させたものでございます。

 なお、損害賠償金につきましては、全国市有物件災害共済会自動車損害共済により全額補てんされるものでございます。

 以上です。



○議長(伊藤恵理子) 以上をもちまして、諸報告の件は終了しました。

 日程第3 会期の決定を行います。

 お諮りします。会期は、本日から3月14日までの17日間としたいと思います。ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日から3月14日までの17日間と決定しました。

 日程第4 委員会の所管事務調査報告の件を議題とします。

 議会運営委員会の所管事務調査について報告を求めます。

 若杉たかし委員長。



◆議会運営委員長(若杉たかし) 議長のご指名がありましたので、去る2月17日、24日に開催いたしました議会運営委員会での所管事務調査について報告いたします。

 17日は委員7名、24日は委員8名全員の出席をいただき、会議では、尾張旭市議会弔意及び見舞いに関する規定の一部改正について及び尾張旭市議会広報委員会規程の制定について協議を行い、本日配付の資料のとおり認め合いました。



○議長(伊藤恵理子) ただいまの委員長の報告に対して、特に質疑がありましたら受けます。

          (「なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) 質疑ないものと認めます。

 以上をもちまして、議会運営委員会の所管事務調査報告の件は終了しました。

 委員長は自席にお戻りください。

 日程第5 承認第1号を議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 日比野副市長。



◎市長職務代理者副市長(日比野美次) 承認第1号 平成23年度尾張旭市一般会計補正予算の専決処分の承認を求めることについて。

 この承認案は、市長の退職により平成24年3月25日に執行されます尾張旭市長選挙に伴う経費として、既定の予算総額214億89万7,000円に歳入歳出それぞれ4,000万円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を214億4,089万7,000円にする補正予算を専決処分したことによるものでございます。

 この補正予算は、地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして、平成24年2月8日に専決処分したものですが、緊急を要するものですので、事情をご賢察の上、承認を賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(伊藤恵理子) 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) 質疑ないものと認めます。

 以上をもちまして、質疑を終了いたします。

 お諮りします。承認第1号につきましては、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決を行いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) ご異議なしと認めます。

 承認第1号 平成23年度尾張旭市一般会計補正予算の専決処分の承認を求めることについて討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(伊藤恵理子) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(伊藤恵理子) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 日程第6 第1号議案から第42号議案まで、日程第7 同意案第1号及び同意案第2号を一括して議題とします。

 一括して提案理由の説明を求めます。

 日比野副市長。



◎市長職務代理者副市長(日比野美次) 第1号議案 平成23年度尾張旭市一般会計補正予算(第4号)。

 この補正予算案は、既定の予算総額214億4,089万7,000円から、歳入歳出それぞれ1,320万円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を214億2,769万7,000円にしようとするものでございます。

 今回の補正予算の総論といたしましては、歳入では、収入見込み額がおおむね確定いたしました市税、譲与税・交付金、国・県支出金などの調整を行うとともに、歳出では、委託・工事関係の入札差金、負担金等の実績に基づく調整を行うことが主な内容となっております。

 また、臨時財政対策債の借入額を増額し、公共施設整備基金への積み立てを行うことにより、今後の施設・設備の改修等に必要となる公共施設整備基金の増額を図ろうとするものでございます。

 なお、市有地擁壁設置事業など3事業につきましては、繰越明許費としております。

 新池交流館指定管理料につきましては、指定管理者の変更に伴い、既定の債務負担行為の廃止及び新規の債務負担行為の追加を行っております。また、(仮称)庄中保育園用地購入費など2事業と臨時財政対策債につきましては、地方債の限度額の変更をそれぞれいたしております。

 それでは、歳入の主なものにつきましてご説明申し上げます。

 市税では、固定資産税で2,800万円を減額し、市たばこ税で3,900万円を追加するなど、合計で1,100万円を追加いたしました。

 地方譲与税では、自動車重量譲与税で600万円を追加するなど、合計で1,100万1,000円を追加いたしました。

 自動車取得税交付金では、1,600万円を減額いたしました。

 県支出金では、緊急雇用創出事業基金事業費補助金で3,133万円を減額するなど、合計で8,407万5,000円を減額いたしました。

 繰入金では、公共施設整備基金繰入金で6,000万円を減額するなど、合計で1億円を減額いたしました。

 諸収入では、特定鉱害復旧工事費補助金で1,037万4,000円を減額するなど、合計で1,385万2,000円を減額いたしました。

 市債では、臨時財政対策債で1億9,000万円を追加するなど、合計で1億8,630万円を追加いたしました。

 次に、歳出の主なものにつきましてご説明申し上げます。

 総務費では、公共施設整備基金積立金で1億8,870万円を追加するなど、合計で1億6,107万3,000円を追加いたしました。

 民生費では、国民健康保険特別会計繰出金で1億5,792万5,000円を追加し、施設開設準備経費助成特別対策事業補助金で1,620万円を減額するなど、合計で5,635万円を追加いたしました。

 衛生費では、尾張旭市長久手市衛生組合負担金で2,255万7,000円を減額するなど、合計で9,685万5,000円を減額いたしました。

 土木費では、公共下水道事業特別会計繰出金で5,186万7,000円を減額するなど、合計で6,377万5,000円を減額いたしました。

 教育費では、緊急雇用事業のICタグ貼付業務委託料で2,133万4,000円を減額するなど、合計で3,439万7,000円を減額いたしました。

 なお、関連資料といたしまして、給与費明細書、債務負担行為調書、地方債調書、補正予算節別明細書を添付しております。

 第2号議案 平成23年度尾張旭市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)。

 この補正予算案は、既定の予算総額74億5,260万6,000円から、歳入歳出それぞれ2,159万7,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を74億3,100万9,000円にしようとするものでございます。

 その主な内容ですが、歳入では、療養給付費負担金で1億835万5,000円を減額し、一般会計繰入金で1億5,792万5,000円を追加しております。

 歳出では、特定健康診査委託料で1,800万円を減額しております。

 第3号議案 平成23年度尾張旭市土地取得特別会計補正予算(第1号)。

 この補正予算案は、既定の予算総額8,400万円から、歳入歳出それぞれ7,927万1,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を472万9,000円にしようとするものでございます。

 その主な内容ですが、歳入では土地開発基金借入金で、歳出では土地取得費で7,735万円をそれぞれ減額しております。

 第4号議案 平成23年度尾張旭市旭平和墓園事業特別会計補正予算(第3号)。

 この補正予算案は、既定の予算総額3,173万1,000円から、歳入歳出それぞれ14万3,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を3,158万8,000円にしようとするものでございます。

 その内容ですが、歳入では一般会計繰入金、歳出では、緊急雇用事業として墓園管理システム作業補助業務で同額の14万3,000円をそれぞれ減額しております。

 第5号議案 平成23年度尾張旭市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)。

 この補正予算案は、既定の予算総額26億5,163万1,000円から、歳入歳出それぞれ5,186万7,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を25億9,976万4,000円にしようとするものでございます。

 その主な内容ですが、歳入では、一般会計繰入金で5,186万7,000円を減額しております。

 歳出では、公共下水道事業費で5,009万円を減額しております。

 第6号議案 平成23年度尾張旭市介護保険特別会計補正予算(第3号)。

 この補正予算案は、既定の予算総額37億2,395万6,000円から、歳入歳出それぞれ9,650万4,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を36億2,745万2,000円にしようとするものでございます。

 その主な内容ですが、歳入では、国庫支出金で1,809万8,000円、支払基金交付金で2,890万6,000円をそれぞれ減額しております。

 歳出では、介護サービスなどが見込みより少なかったことなどにより、保険給付費で9,246万2,000円を減額しております。

 また、外国人登録法廃止に伴い、介護保険システムの改修費を繰越明許費としております。

 なお、関連資料といたしまして、給与費明細書を添付しております。

 第7号議案 平成23年度尾張旭市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)。

 この補正予算案は、既定の予算総額7億7,570万7,000円から、歳入歳出それぞれ645万4,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を7億6,925万3,000円にしようとするものでございます。

 その主な内容ですが、歳入では、被保険者保険料で965万6,000円を追加し、一般会計繰入金で1,517万2,000円を減額しております。

 歳出では、後期高齢者医療広域連合への納付額が確定したことに伴いまして、負担金を425万4,000円減額しております。

 第8号議案 平成23年度尾張旭市水道事業会計補正予算(第2号)。

 この補正予算案は、第2条の資本的収入及び支出の収入につきまして、消火栓設置負担金を97万3,000円追加し、収入の総額を1億8,509万4,000円にしようとするものでございます。

 なお、この補正に伴い、従前の過年度分損益勘定留保資金等からの補てん額は同額を調整しております。

 第9号議案 平成24年度尾張旭市一般会計予算。

 この予算案につきましては、市長の退職に伴いまして来月末に市長選挙を控えておりますので、法令等に基づく義務的経費や、継続性、緊急性を要する経費を中心とした骨格予算として編成させていただき、第1表のとおり、歳入歳出予算の総額をそれぞれ199億2,000万円にしようとするものでございます。前年度と比較いたしまして、6.5%の減となっております。

 債務負担行為につきましては、第2表のとおり、尾張旭市土地開発公社に対する債務保証として25億円など2件を計上しております。

 地方債につきましては、第3表のとおり、本地原小学校校舎大規模改造事業など7件、総額11億1,700万円を予定しております。

 それでは、歳入から概要につきまして説明をいたします。

 まず、歳入の主要財源となっております市税では、前年度より5億3,690万円の減額、4.6%減の総額111億2,280万1,000円を見込んでおります。

 譲与税・交付金関係では、地方消費税交付金で前年度より1,000万円の増額、1.4%増の7億円を見込んでおります。

 地方特例交付金では、前年度より7,600万円の減額、51.0%減の7,300万円を見込んでおります。

 地方交付税では、市税の減収に伴う基準財政収入額の減少による財源不足額の増加によりまして、前年度より4億5,000万円の増額、47.4%増の14億円を見込んでおります。

 分担金及び負担金では、保育所運営費負担金の増加によりまして、前年度より2,404万4,000円の増額、7.7%増の総額3億3,646万8,000円を見込んでおります。

 国庫支出金では、子ども手当負担金の減少などによりまして、前年度より4億9,971万7,000円の減額、19.7%減の総額20億4,262万6,000円を見込んでおります。

 県支出金では、子育て支援対策基金事業費補助金の減少などによりまして、前年度より2億1,883万3,000円の減額、14.8%減の総額12億5,790万円を見込んでおります。

 諸収入では、前年度より1,462万8,000円の増額、3.8%増の総額3億9,594万9,000円を見込んでおります。その内容といたしまして、永年勤続消防団員退職報償金受入金が主なものとなっております。

 市債では、前年度より5億5,300万円の減額、33.1%減の総額11億1,700万円を見込んでおります。その内容といたしまして、普通債を3億8,700万円、特例債として臨時財政対策債を7億3,000万円見込んでおります。

 続きまして、歳出の概要について主なものを目的別に説明いたします。

 まず、議会費では、議員共済会負担金が減額されたことによりまして、前年度より4,002万5,000円の減額、12.5%減の総額2億7,962万5,000円を計上いたしました。

 総務費では、前年度より2億5,502万9,000円の減額、8.9%減の総額26億1,584万1,000円を計上いたしました。その主な内容といたしまして、コミュニティ施設用地購入費を6,237万9,000円、新財務会計システム構築委託料を5,400万円それぞれ計上しております。

 民生費では、保育園用地購入費の皆減と子ども手当の減額によりまして、前年度より8億8,145万6,000円の減額、10.2%減の総額77億8,456万4,000円を計上いたしました。その主な内容といたしまして、福祉医療費を8億4,100万円、子どものための手当を15億240万円、民間保育所等保育委託料を2億2,444万2,000円、生活保護費を3億2,000万円それぞれ計上しております。

 衛生費では、前年度より4,719万7,000円の減額、2.4%減の総額19億3,950万5,000円を計上いたしました。その主な内容といたしまして、予防接種委託料を1億5,251万9,000円、がん検診等委託料を1億5,541万9,000円、プラスチック製容器包装収集業務委託料を1,300万円それぞれ計上しております。

 商工費では、前年度より665万4,000円の減額、2.1%減の総額3億518万1,000円を計上いたしました。その主な内容といたしまして、経済環境適応資金信用保証料助成金を1,300万円、商工業振興資金貸付預託金を1億8,000万円それぞれ計上しております。

 土木費では、前年度より8,221万円の減額、3.7%減の総額21億4,118万3,000円を計上いたしました。その主な内容といたしまして、幹線道路補修工事を3,200万円、旭前城前特定土地区画整理事業を1億6,000万円、北原山土地区画整理事業を3億2,000万円それぞれ計上しております。

 消防費では、消防通信指令業務の瀬戸市との共同化による指令台改修等負担金の皆増によりまして、前年度より1億3万6,000円の増額、12.5%増の総額8億9,938万2,000円を計上いたしました。

 教育費では、前年度より5,104万9,000円の減額、2.6%減の総額19億2,798万4,000円を計上いたしました。その内容といたしまして、平成23年度、24年度の継続事業で行っております本地原小学校校舎大規模改造事業を1億5,312万7,000円、文化会館耐震補強改修工事を1億5,000万円それぞれ計上しております。

 なお、関連資料といたしまして、給与費明細書、継続費調書、債務負担行為調書、地方債調書、歳出予算節別明細書等を添付しております。

 第10号議案 平成24年度尾張旭市国民健康保険特別会計予算。

 この予算案は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ78億600万円に定めようとするものでございます。前年度と比較いたしまして4.9%の増となっております。

 歳入の主な内容ですが、国民健康保険税は20億265万円で、前年度対比3.2%の減、国庫支出金は13億4,249万5,000円で、前年度対比8.3%の減、前期高齢者交付金は21億500万円で、前年度対比13.8%の増となっております。

 次に、歳出の主な内容ですが、保険給付費は53億8,378万9,000円で、前年度対比3.1%の増、後期高齢者支援金等は10億1,461万3,000円で、前年度対比12.2%の増となっております。

 なお、関連資料といたしまして、給与費明細書を添付しております。

 第11号議案 平成24年度尾張旭市土地取得特別会計予算。

 この予算案は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ8,200万円に定めようとするものでございます。前年度と比較いたしまして2.4%の減となっております。

 その主な内容ですが、歳入では土地開発基金借入金を、歳出では土地取得費をそれぞれ同額の7,718万4,000円計上しております。

 なお、関連資料といたしまして、地方債調書を添付しております。

 第12号議案 平成24年度尾張旭市旭平和墓園事業特別会計予算。

 この予算案は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,910万円に定めようとするものでございます。

 歳入の主な内容ですが、60区画分の永代使用料として2,790万5,000円を計上しております。

 歳出の主な内容ですが、旭平和墓園管理基金積立金を1,133万9,000円計上しております。

 第13号議案 平成24年度尾張旭市公共下水道事業特別会計予算。

 この予算案も骨格予算として編成させていただき、歳入歳出予算の総額をそれぞれ22億3,900万円に定めようとするものでございます。前年度と比較いたしまして15.9%の減となっております。

 歳入の主な内容ですが、下水道の使用料及び手数料を6億2,042万6,000円、国庫補助金を2億8,320万円、一般会計からの繰入金を8億5,000万円、市債を4億2,360万円それぞれ計上いたしました。

 歳出の主な内容ですが、総務費を5億6,860万8,000円、事業費を6億7,650万円、公債費を市債の償還元利金と一時借入金の利子として9億8,144万円7,000円それぞれ計上いたしました。

 なお、関連資料といたしまして、給与費明細書、債務負担行為調書、地方債調書を添付しております。

 第14号議案 平成24年度尾張旭市介護保険特別会計予算。

 この予算案は、平成24年度から26年度までの第5期介護保険事業計画の初年度に当たるもので、歳入歳出予算の総額をそれぞれ38億3,400万円に定めようとするものでございます。前年度と比較いたしまして4.4%の増となっております。

 歳入の主な内容ですが、保険料は8億6,971万8,000円で、前年度対比4.9%の増、支払基金交付金は10億4,483万6,000円で、前年度対比1.0%の増となっております。

 繰入金は6億5,387万8,000円で、前年度対比5.7%の増となっております。

 歳出の主な内容ですが、保険給付費は35億8,654万5,000円で、前年度対比4.5%の増、指定介護予防支援事業費は2,384万6,000円で、前年度対比12.7%の増となっております。

 なお、関連資料といたしまして、給与費明細書を添付しております。

 第15号議案 平成24年度尾張旭市後期高齢者医療特別会計予算。

 この予算案は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ8億3,100万円に定めようとするものでございます。前年度と比較いたしまして8.5%の増となっております。

 歳入の主な内容ですが、保険料が7億855万6,000円で、前年度対比8.9%の増となっております。

 歳出の主な内容ですが、後期高齢者医療広域連合納付金が8億612万4,000円で、前年度対比8.7%の増となっております。

 第16号議案 平成24年度尾張旭市水道事業会計予算。

 この予算案は、平成24年度の業務予定量につきまして、給水戸数を3万4,100戸、年間総給水量を850万立方メートル、1日平均給水量を2万3,200立方メートルに定めようとするものでございます。

 第3条の収益的収入及び支出の予定額につきまして、収入の総額は13億7,700万円を計上し、前年度と比較いたしまして1,600万円の減額を見込んでおります。

 支出の総額は13億5,700万円を計上し、前年度と比較いたしまして3,600万円の減額を見込んでおります。

 第4条の資本的収入及び支出の予定額につきまして、収入の総額は1億3,010万8,000円を計上し、前年度と比較いたしまして5,401万3,000円の減額を見込んでおります。

 支出の総額は6億2,357万円を計上し、前年度と比較いたしまして2,270万8,000円の増額を見込んでおります。

 なお、資本的収入額が支出額に対して不足する額は、過年度分損益勘定留保資金等で補てんしようとするものでございます。

 第5条の「一時借入金」、第6条の「予定支出の各項の経費の金額の流用」、第7条の「議会の議決を経なければ流用することができない経費」、第8条の「たな卸資産購入限度額」は、記載のとおりでございます。

 なお、詳細につきましては、関係資料を添付しておりますので、よろしくお願いいたします。

 第17号議案 尾張旭市印鑑の登録及び証明に関する条例の一部改正について。

 この案は、住民基本台帳法の一部改正等に伴い、外国人住民が住民基本台帳法の適用対象に加わることになり、登録印鑑、登録事項等の規定について住民票に記載される事項を加えるもので、施行日は法の施行日の平成24年7月9日でございます。

 また、閲覧禁止規定の例外として、個人情報開示請求等による場合を加えるもので、この部分の施行日は公布の日から施行しようとするものでございます。

 第18号議案 尾張旭市職員定数条例の一部改正について。

 この案は、職員の退職及び新規採用等に伴い、各部局の職員定数を改めるもので、全体では564人を573人にしようとするものでございます。

 なお、この条例は平成24年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第19号議案 尾張旭市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について。

 この案は、議員報酬月額につきまして、尾張旭市特別職報酬等審議会の答申を踏まえ、改定しようとするものでございます。

 内容といたしましては、人事院給与勧告における指定職の国家公務員に準じて、平均0.5%引き下げるもので、平成24年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第20号議案 尾張旭市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について。

 この案は、児童クラブ指導員の勤務時間拡大に伴いまして、条例に定める報酬の額を改めようとするもので、平成24年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第21号議案 尾張旭市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について。

 この案は、市長及び副市長の給料月額につきまして、尾張旭市特別職報酬等審議会の答申を踏まえ、改定しようとするものでございます。

 内容といたしましては、人事院給与勧告における指定職の国家公務員に準じて、平均0.5%引き下げるもので、平成24年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第22号議案 尾張旭市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について。

 この案は、教育長の給料月額につきまして、市長及び副市長に合わせ、0.5%引き下げの改定をしようとするものでございます。平成24年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第23号議案 尾張旭市市税条例の一部改正について。

 この案は、地方税法の一部を改正する法律等が公布されたことに伴い、市税条例の一部を改正しようとするものでございます。

 主な改正内容といたしまして、市民税関係で3点ありまして、1点目は、退職所得に係る個人市民税の10%税額控除の廃止に係る改正、2点目は、雑損控除等に係る災害関連支出の対象期間の延長の特例に関する改正、3点目は、東日本大震災を教訓に自治体が防災のための財源を確保するため、平成26年度から平成35年度までの10年間、個人市民税の均等割の額に500円を加算する改正をするもので、一部、平成25年1月1日及び4月1日のものを除き、公布日から施行しようとするものでございます。

 次に、市たばこ税関係ですが、これはたばこ税率の改正で、1,000本当たり4,618円から5,262円に、旧3級品は1,000本当たり2,190円から2,495円にそれぞれ引き上げるもので、平成25年4月1日から施行しようとするものでございます。

 お手元に参考資料といたしまして「市税条例の主な改正点」を添付しておりますので、ご参照いただきたいと存じます。

 第24号議案 尾張旭市手数料条例の一部改正について。

 この案は、外国人登録法の廃止、公図の電子化等に伴い、外国人登録原票に関する規定の削除と、公図につきましては電子化された地籍図を交付するようそれぞれ改めるもので、外国人登録原票に関する改正は平成24年7月9日から、公図の電子化等に関する改正は平成24年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第25号議案 尾張旭市立公民館の設置及び管理に関する条例及び尾張旭市立図書館条例の一部改正について。

 この案は、いわゆる地域主権改革一括法による社会教育法及び図書館法の一部改正に伴い、これまで法律で定めていた公民館運営審議会及び図書館協議会の委員の委嘱・任命の基準を条例に規定するもので、平成24年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第26号議案 尾張旭市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部改正について。

 この案は、指定管理者が保育所の管理を行うことができる期間を5年以内としていたものを10年以内に延長するもので、公布の日から施行しようとするものでございます。

 第27号議案 尾張旭市保育の実施に関する条例の一部改正について。

 この案は、平成22年度の税制改正において所得税及び個人住民税の年少扶養控除等が廃止されたことに伴い、保育料に与える影響を可能な限り生じさせないようにするために税額の調整を規定するもので、平成24年7月1日から施行しようとするものでございます。

 第28号議案 尾張旭市児童クラブ条例の一部改正について。

 この案は、放課後児童の健全な育成を図るため、旭小学校に旭児童クラブを新設することに伴い、名称及び実施場所を定めようとするもので、平成24年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第29号議案 尾張旭市心身障害児通園施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について、第30号議案 尾張旭市遺児就学手当支給条例の一部改正について、第31号議案 尾張旭市国民健康保険条例の一部改正についての3議案の改正につきましては、外国人登録法の廃止に伴い、外国人も住民基本台帳制度の対象となりますので、外国人登録に関する規定を削除するもので、平成24年7月9日から施行しようとするものでございます。

 第32号議案 尾張旭市介護保険条例の一部改正について。

 この案は、第5期介護保険事業計画の策定に伴い、介護保険料率等を改定しようとするものでございます。

 その主な内容ですが、平成24年度から平成26年度まで保険料基準額を月額4,005円から4,155円に引き上げ、所得段階区分を7段階8区分から10段階12区分にするもので、平成24年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第33号議案 尾張旭市市営住宅設置及び管理に関する条例の一部改正について。

 この案は、いわゆる地域主権改革一括法による公営住宅法等の一部改正に伴い、同居親族要件が廃止されたことにより、新たに条例で入居資格を規定し、これまでどおりの運用ができるようにするもので、平成24年4月1日から施行しようとするものでございます。

 第34号議案 尾張旭市火災予防条例の一部改正について。

 この案は、危険物の規制に関する政令の一部改正に伴い、炭酸ナトリウム過酸化水素付加物を危険物に追加するもので、平成24年7月1日から施行しようとするものでございます。

 第35号議案 愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について。

 この案は、長久手市が市制施行したことにより、組合を組織する地方公共団体の名称及び組合議会の選挙区を、地方自治法の規定により、愛知県市町村職員退職手当組合規約を変更することについて協議するため、同法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 なお、この規約は愛知県知事の許可のあった日から施行し、変更後の愛知県市町村職員退職手当組合規約別表第1の規定は、平成24年1月4日から適用しようとするものでございます。

 第36号議案 尾張東部衛生組合規約の変更について、第37号議案 瀬戸旭看護専門学校組合規約の変更について、第38号議案 愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更についての3議案の改正につきましては、外国人登録法等の廃止に伴い、規約中、外国人登録に関する規定を削除する変更について協議するため、議会の議決を求めるもので、施行日はいずれも平成24年7月9日でございます。

 第39号議案 瀬戸尾張旭消防通信指令事務協議会の設置について。

 この案は、地方自治法第252条の2第1項の規定により、平成24年12月1日から瀬戸市と尾張旭市が消防通信指令業務を共同運用する瀬戸尾張旭消防通信指令事務協議会を設置するに当たり、協議会規約を定めることについて協議するため、同条第3項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 第40号議案 市道路線の認定について。

 この案は、開発行為により帰属された道路を管理するに当たり、新たに3路線を市道として認定しようとするものでございます。

 第41号議案 損害賠償の額の決定について。

 この案は、台風15号による大雨により、昨年の9月20日、市内平子町西地内の市有地において発生した土砂崩れに係る損害賠償額について、地方自治法第96条第1項第13号の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 その内容としましては、同市有地の北東側のり面が一部崩れたことにより隣接地の家屋等に損害を与えたため、その賠償をするもので、損害賠償額は375万1,960円でございます。

 第42号議案 尾張旭市新池交流館の指定管理者の指定について。

 この案は、現在の指定管理者が平成24年3月31日で指定期間が終了することに伴い、次期指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるもので、新たに指定管理者として指定する団体は、シンコースポーツ株式会社名古屋支店、指定の期間は、平成24年4月1日から平成29年3月31日までの5年間でございます。

 以上、第1号議案から第42号議案について、提案説明を終わります。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。

 続きまして、同意案についてご説明申し上げます。

 同意案第1号 公平委員会委員の選任について。

 この案は、平成24年3月31日をもって任期満了となります本市公平委員会委員岡本 浩氏を公平委員会委員に再度選任いたしたく、地方公務員法第9条の2第2項の規定によりまして議会の同意を求めるものでございます。

 よろしくご同意賜りますようお願い申し上げます。

 同意案第2号 固定資産評価審査委員会委員の選任について。

 この案は、平成24年3月31日をもって任期満了となります本市固定資産評価審査委員会委員米谷雅弘氏を固定資産評価審査委員会委員に再度選任いたしたく、地方税法第423条第3項の規定によりまして議会の同意を求めるものでございます。

 以上、同意案件2件につきまして、ご同意賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 以上で提案理由の説明を終わります。



○議長(伊藤恵理子) 提案理由の説明が終わりました。

 以上をもちまして、本日の日程はすべて終了しました。

 これにて散会します。

                         午前10時34分散会