議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 尾張旭市

平成 7年  6月 定例会(第3回) 06月09日−01号




平成 7年  6月 定例会(第3回) − 06月09日−01号







平成 7年  6月 定例会(第3回)



         平成7年第3回(6月)

            尾張旭市議会定例会会議録(第1号)

 平成7年6月9日午前9時30分尾張旭市議会(第3回)定例会が尾張旭市議会議場に招集された。

1 出席議員(26名)

  1番 塚本美幸君     2番 伊藤恵理子君     3番 野村猛士君

  4番 渡辺欣聖君     5番 佐藤信幸君      6番 太田兼之君

  7番 水野戦五君     8番 斉場洋治君      9番 岡田ウメ君

 10番 行本聖一君    11番 加藤さよ子君    12番 滝川一貞君

 13番 原 淳麿君    14番 水野一巳君     15番 谷口弘文君

 16番 水野利彦君    17番 水野豊明君     18番 斉藤久子君

 19番 山田 稔君    20番 赤尾勝男君     21番 中野兼夫君

 22番 服部 勝君    23番 日比野勝彦君    24番 庄司宗雄君

 25番 岩橋美好君    26番 浅見栄治君

2 欠席議員

  なし

3 地方自治法第121条の規定により説明のため議会に出席を求めた者

 市長        朝見政冨君      助役        荻原善夫君

 収入役       水野澄男君      教育長       細田義幸君

 市長公室長     浅見勝之君      総務部長      谷口丈夫君

 民生部長      松原静夫君      経済環境部長    塚本 修君

 建設部長      水野国宏君      水道部長      浅見 茂君

 教育次長      若杉のり由君      監査委員事務局長  加藤正成君

 消防長       水野兼義君      総務課長      森下弘康君

 企画課長      朝見孝雄君      福祉課長      福井健治君

 環境衛生課長    水野柳一君      都市計画課長    大橋邦弘君

4 定例会の事務に従事した者

 議会事務局長    浅見勝己君      議会事務局次長   谷口恵広君

 議事係長      味岡拓男君      主事        三浦 明君

5 議事日程(第1号)

  平成7年6月9日(金)午前9時30分開議

 議会運営委員長報告

 第1 会議録署名者の指名

 第2 諸報告

    (1) 議長報告

    (2) 市長報告

      報告1.尾張旭市財産の交換、譲渡及び無償貸付について

      報告2.平成6年度尾張旭市土地開発公社決算報告について

      報告3.平成6年度尾張旭市一般会計繰越明許費について

      報告4.平成6年度尾張旭市水道事業会計継続費の繰越しについて

 第3 会期の決定

 第4 議案の上程(一括)

    提案理由の説明

   (1)第32号議案 平成7年度尾張旭市一般会計補正予算(第1号)

   (2)第33号議案 尾張旭市老人いこいの家設置条例の一部改正について

   (3)第34号議案 尾張旭市国民健康保険税条例の一部改正について

   (4)第35号議案 尾張旭市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部改正について

   (5)第36号議案 尾張旭市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

   (6)第37号議案 尾張旭市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について

   (7)第38号議案 (仮称)印場公民館新築工事(建築・電気設備)請負契約について

   (8)第39号議案 損害賠償請求控訴事件の和解について

   (9)第40号議案 市道路線の認定について

   (10)第41号議案 町区域の設定及び変更について

   (11)同意案第3号 収入役の選任について

   (12)同意案第4号 教育委員会委員の任命について

                             午前9時30分開議



○議長(山田稔君) ただいまの出席議員は26名です。定足数に達しておりますので、これより平成7年第3回(6月)尾張旭市議会定例会を開会いたします。

 ただちに本日の会議を開きます。

 本定例会には、議案等の説明のため、市長をはじめ、関係者の出席を求めておりますので、お認めをお願いいたします。

 市長よりあいさつを求めます。

 朝見市長。



◎市長(朝見政冨君) おはようございます。

 平成7年度の6月定例市議会の招集をさせていただきましたところ、議員各位におかれましては、公私とも何かとご多用の中、お繰り合わせをいただきましてご出席を賜り、ありがとうございます。

 本定例会には、議案といたしまして10議案、同意案件2件を提出をさせていただいております。よろしくご審議をいただきまして、ご議決並びにご同意を賜りますようよろしくお願いを申し上げまして、ごあいさつといたします。



○議長(山田稔君) 日程に先立ちまして、過日、議会運営委員会が開催されておりますので、委員長より報告を求めます。

 赤尾委員長。



◎議会運営委員長(赤尾勝男君) おはようございます。議長さんのご指名をいただきましたので、去る5月29日月曜日と6月6日の火曜日に開催をいたしました議会運営委員会の協議内容について報告をいたします。

 いずれの日も午前9時30分より、委員会室において委員9名全員と議長、理事側から助役をはじめ関係者の出席をいただいております。

 協議事項につきましては、平成7年第3回6月尾張旭市議会定例会の運営についてであります。

 議事日程は、初めに議会運営委員長の報告を行います。次に日程第1 会議録署名者の指名。会議録署名者の指名につきましては、議長より行います。日程第2 諸報告。諸報告は、議長報告3件、市長報告4件について行います。日程第3 会期の決定。会期は、本日より6月26日までの18日間とする。日程第4 議案の上程。議案の上程は、一括上程とし、提案理由の説明を受けます。議案は、第32号議案から第41号議案までの10議案と同意案2件の計12件であります。日程第5 一般質問。一般質問は個人質問11名であり、通告順に従って行っていただきます。日程第6 議案質疑。議案質疑は事前通告はありませんでした。日程第7 議案の討論、採決または委員会付託。議案の討論、採決または委員会付託につきましては、同意案2件は即決とし、他の議案はお手元に配付してあります議案等審査付託表のとおりであります。日程第8 請願、陳情。請願、陳情につきましては、請願2件、陳情4件であり、これもお手元に配付してあります議案等審査付託表のとおり付託することにいたしました。

 以上の会期日程とすることで認め合ってまいりました。

 なお、議会運営委員会申し合わせ事項と議会運営等に関する申し合わせ確認事項につきましては、お手元に配付してありますとおり認め合いましたので、よろしくお願いをいたします。

 以上で委員長報告を終わります。



○議長(山田稔君) お諮りいたします。

 ただいまの議会運営委員長の報告にご異議ございませんか。

            (「異議なし」の声あり)



○議長(山田稔君) ご異議なしと認めます。

 これより日程に入ります。

 日程第1 会議録署名者の指名を行います。

 会議録の署名は2番議員伊藤恵理子君、25番議員岩橋美好君の両名にお願いをいたします。

 日程第2 諸報告を行います。

 議長報告ですが、この件に関しましては、議会事務局長より報告をさせます。

 議会事務局長。



◎議会事務局長(浅見勝己君) 議長報告を行います。

 先の3月定例会において採択されました地方分権推進法の早期制定についての意見書及び坂本弁護士一家拉致事件の捜査についての意見書を、それぞれ関係大臣に送付しました。

 2番目に、4月4日、5日に伊勢市で開催されました東海市議会議長会理事会及び東海市議会議長会定期総会に正副議長が出席しました。

 3番目に、3月2日付、3月30日付、4月28日付、5月31日付の例月出納検査の結果及び3月29日付、4月25日付、5月9日付の定例監査の結果の報告が、それぞれ議長あてに提出されました。

 なお、東海市議会議長会定期総会の概要は、本日、皆様のお手元に配付また、東海市議会議長会定例会の結果及び例月出納検査結果、定例監査結果の報告につきましては、委員会室に供覧に付してございますのでよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(山田稔君) 次に、市長報告を行います。

 総務部長。



◎総務部長(谷口丈夫君) 市長報告をさせていただきます。

 第1点目といたしまして、平成6年度中に交換、譲渡及び無償貸付いたしました財産の報告でございます。

 これにつきましては、尾張旭市財産の交換、譲渡、無償貸付等に関する条例の第8条の規定に基づきまして報告するものでございます。

 その明細につきましては、皆様方のお手元の方へ書類をもって報告させていただいておりますのでよろしくお願いいたします。

 2点目といたしまして、尾張旭市土地開発公社の平成6年度決算につきまして、去る5月23日に開催いたしました同公社の理事会におきまして認定されたものでございます。地方自治法第243条の3第2項に基づきまして報告するものでございます。

 詳細につきましては、皆様方のお手元へ書類をもって報告させていただいておりますのでよろしくお願いいたします。

 3点目といたしまして、尾張旭市一般会計の平成6年度繰越明許費の報告でございます。これにつきましては、平成6年度事業といたしまして施行しておりました老人いこいの家新築工事で、平成7年3月補正予算で繰越明許費として計上したものでございます。地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づきまして報告するものでございます。

 明細につきましては、皆様方のお手元へ繰越明許費計算書をもって報告させていただいておりますので、よろしくお願いします。

 4点目といたしまして、尾張旭市水道事業の平成6年度継続費繰越額の報告でございます。

 これにつきましては、尾張旭市水道事業における第4期拡張事業に係る継続費の年割額のうち、平成6年度末までに支払事務の生じなかった額につきまして繰り越す旨の地方公営企業法施行令第18条の2第1項の規定に基づき報告がありましたので、同施行令同条同項の規定に基づき報告するものでございます。

 明細につきましては、皆様方のお手元へ継続費繰越計算書をもって報告させていただいておりますのでよろしくお願いします。

 以上でございます。



○議長(山田稔君) 以上をもちまして諸報告の件は終了いたしました。

 日程第3 会期の決定を行います。

 お諮りいたします。会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から6月26日までの18日間ということでご異議ございませんか。

            (「異議なし」の声あり)



○議長(山田稔君) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日から6月26日までの18日間ということで決定いたしました。

 日程第4 議案の上程を行います。

 第32号議案から第41号議案までと同意案第3号から第4号までを一括上程いたします。

 一括して提案理由の説明を求めます。

 荻原助役。



◎助役(荻原善夫君) 平成7年第3回(6月)尾張旭市議会定例会に提案させていただいております議案につきまして、提案理由を一括してご説明申し上げます。

 第32号議案 平成7年度尾張旭市一般会計補正予算(第1号)について

 この補正予算案は、既定の予算総額180億円に歳入歳出それぞれ854万6,000円を追加いたしまして、歳入歳出の総額を180億854万6,000円にしようとするものでございます。

 今回の補正予算の総論といたしましては、市議会議員選挙の執行経費が確定いたしましたのでその調整と、先の阪神・淡路大震災を教訓に消防施設、防災備品等の充実整備を中心に編成しようとするものでございます。

 それでは、歳入の主なものにつきましてご説明申し上げます。

 まず、国庫支出金では、防火水槽新設事業費補助金として380万4,000円を追加いたしました。

 次に、県支出金では、防火水槽新設事業費補助金を国庫補助事業費に変更したことによります減額及び避難所資機材緊急整備事業補助金等の追加で、総額172万4,000円を追加いたしました。

 次に、財産収入では、平子町地内において係争中の損害賠償請求控訴事件の和解に伴う土地の売払収入として301万8,000円を追加いたしました。

 続きまして、歳出の主なものにつきましてご説明申し上げます。

 総務費では、市議会議員選挙の執行経費が確定いたしましたので、その不用額4,122万6,000円を減額いたしました。

 土木費では、歳入でもふれました平子町地内において係争中の損害賠償請求控訴事件の和解に伴う土地購入費として301万8,000円を追加いたしました。

 消防費では、防火水槽設置工事費として1,300万円、同報無線整備事前調査、避難所施設耐震構造調査等の委託料として770万円、避難所用仮設トイレ、井戸水汲上用発電機等の防災用備品の購入費として1,833万4,000円など、総額で5,746万8,000円を追加いたしました。

 なお、歳入歳出の差額の調整といたしまして、予備費を1,071万4,000円減額いたしました。

 また、資料といたしまして、給与費明細書、補正予算節別明細書を添付させていただいておりますのでよろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。

 次に、第33号議案 尾張旭市老人いこいの家設置条例の一部改正について

 この案は、市内の西大道町地内に「ともえ老人いこいの家」の新設に伴い、その名称及び位置を追加しようとするものであります。

 続きまして、第34号議案 尾張旭市国民健康保険税条例の一部改正について

 この案は、国民健康保険事業の健全な運営を図るため、昭和63年度以来7年間据え置いてまいりました税率等を改正するとともに、地方税法の一部改正に伴う所要の見直しを行うものでございます。

 税率等の改正につきましては、課税限度額の「46万円」を「48万円」に改めるとともに、所得割の税率を「100分の6.1」から「100分の6.8」に、被保険者均等割額を「1万800円」から「1万6,800円」に、世帯別平等割額を「1万2,600円]から「1万8,000円」に、それぞれ改めようとするものでございます。

 また、低所得者に対する保険税の軽減措置として講ぜられております6割減額の被保険者均等割額につきましては、「6,480円」を「1万80円」に、世帯別平等割額の「7,560円」を「1万800円」に改め、4割減額の被保険者均等割額につきましては「4,320円」を「6,720円」に、世帯別平等割額「5,040円」を「7,200円」に、それぞれ改正しようとするものでございます。

 なお、この条例は公布の日から施行し、平成7年度分以後の保険税に適用しようとするものでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 次に、第35号議案 尾張旭市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部改正について

 この案は、消防表彰規程の一部改正に伴いまして、本市の消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部を改正しようとするものでございます。

 今回の改正は、平成4年度の改正以来据え置かれております消防職員及び消防団員に対する殉職者賞じゆつ金、障害者賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金の額につきまして、消防職員等の処遇改善の一環として改正しようとするものでございます。

 その内容といたしましては、殉職者賞じゆつ金につきましては、19.5%から20.0%の幅で引き上げ、障害者賞じゆつ金につきましては、障害の等級に応じまして平均20.2%引き上げようとするものでございます。

 また、殉職者特別賞じゆつ金につきましては、現行の「2,500万円」から「3,000万円」に引き上げるものでございます。

 なお、この条例は公布の日から施行し、平成7年4月1日から適用しようとするものでございます。

 次に、第36号議案 尾張旭市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

 この案は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴い、本市の消防団員等公務災害補償条例を改正しようとするものでございます。

 改正点といたしましては、第1に、非常勤消防団員等に対する損害補償の充実を図るため、非常勤消防団員に係る補償基準額を平均0.9%引き上げようとするものでございます。

 具体的には、消防作業従事者等に係る最高補償基礎額を「1万3,900円」から「1万4,000円」に、最低補償基礎額を「8,600円」から「8,700円」に引き上げようとするものでございます。

 また、第2には、扶養加算額につきまして、15歳から22歳までの子について、1人につき「33円」を「67円」に改め、加算しようとするものでございます。

 なお、この条例は、公布の日から施行し、平成7年4月1日から適用しようとするものでございます。

 第37号議案 尾張旭市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について

 この案は、消防団員等公務災害補償等共済基金法施行令の一部改正に伴い、本市の非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例を改正しようとするものでございます。

 主な改正点は、非常勤消防団員の処遇改善を図るため、退職報償金の支給額を平均1.9%引き上げようとするものでございます。

 この条例は、公布の日から施行し、平成7年4月1日から適用しようとするものでございます。

 よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。

 第38号議案 (仮称)印場公民館新築工事(建築・電気設備)請負契約についてこの案は、平成7年度に(仮称)印場公民館を新築するために、当該新築工事のうち、本体建築工事と電気設備工事の請負契約について、尾張旭市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づきまして、議会の議決をお願いするものでございます。

 本工事につきましては、去る5月22日に参加者10社により指名競争入札を執行し、その結果、請負金額1億7,716万円で、名古屋市中区栄5丁目2番38号 小原建設株式会社名古屋支店が落札したものでございます。

 施設の概要といたしましては、鉄筋コンクリート造2階建て、延べ床面積816.63平方メートルとなっております。

 また、空調関係工事と給排水衛生関係工事につきましては、別途請負契約をするものでございます。

 なお、詳細につきましては、参考資料として工事概要反び図面等が添付してございますので、ご参照の上、よろしくご審議をお願い申し上げます。

 第39号議案 損害賠償請求控訴事件の和解について

 この案を提出するのは、市道平子10号線道路用地において、用地の使用承諾の有無をめぐり係争事件となりました本件につきまして、控訴人 谷口美憲氏と和解をするためのものでございます。

 本件の経過につきましては、平成2年6月4日、名古屋地方裁判所に谷口美憲氏より本市を相手として提訴され、平成6年3月16日に判決が出されました。しかし、谷口美憲氏はこれを不服として平成6年3月30日に控訴され、名古屋高等裁判所が6回の公判において審理が尽くされたとして、平成7年4月27日に和解案を提示されたものでございます。

 このため、裁判所の和解案に同意し解決することが、道路用地取得のため最も適切な措置であると判断し、地方自治法第96条第1項第12号の規定に基づきまして、議会の議決をお願いするものでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願いいたします。

 第40号議案 市道路線の認定について

 この案を提出しますのは、地域の発展と地域住民の交通の利便を図るため、2路線を新たに市道として認定する必要があるからであります。

 旭ヶ丘新居1号線は、開発行為により移管された道路を市道として路線の認定をし、管理するものであります。

 また、庄南34号線は、庄南町四丁目地内において整備を計画いたしておりました道路を市道として路線の認定をし、整備を行うものであります。

 次に、第41号議案 町区域の設定及び変更について

 この案は、昭和52年度から桜ケ丘町の北及び南並びに印場元町の北島及び北山の一部区域で 行ってまいりました尾張旭卓ケ洞東部特定土地区画整理事業の換地処分が、平成8年に予定されておりますので、この区域の町区域を明確にし、市民の利便に供するものでございます。

 よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。

 以上をもちまして提案理由の説明を終わらせていただきますが、同意案につきましては、市長よりご説明を申し上げますので、よろしくお願いいたします。



○議長(山田稔君) 朝見市長。



◎市長(朝見政冨君) 同意案第3号 収入役の選任についての提案理由の説明を申し上げます。

 この案は、水野澄男収入役の任期が平成7年6月15日をもって満了となりますが、行政経験豊富な水野澄男君を再度、収入役に選任いたしたく、地方自治法第168条第7項の規定によりまして議会の同意を求めるものでございます。

 よろしくご同意を賜りますようお願いを申し上げます。

 続きまして、同意案第4号 教育委員会委員の任命についての提案理由の説明を申し上げます。

 この案は、現教育委員会委員 曽我尚之氏が一身上の都合により、過日辞職したい旨の申し出があり、平成7年6月30日をもって辞職することを承認いたしましたので、その後任として、人格高潔で教育、学術及び文化に関し豊富な経験をお持ちで、市内三郷町角田1123番地にお住まいの加藤壽生氏を新たに教育委員会委員に任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定によりまして議会の同意を求めるものでございます。

 よろしくご同意を賜りますようお願いを申し上げます。

 以上でございます。



○議長(山田稔君) これをもちまして、提案理由の説明を終わります。

 以上をもちまして本日の日程はすべて終了いたしました。

 これにて散会いたします。

                             午前9時58分閉議