議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 尾張旭市

平成17年 12月 定例会(第6回) 12月22日−05号




平成17年 12月 定例会(第6回) − 12月22日−05号







平成17年 12月 定例会(第6回)



       平成17年第6回(12月)

          尾張旭市議会定例会会議録(第5号)

 平成17年12月22日午前9時30分尾張旭市議会(第6回)定例会5日目本会議が尾張旭市議会議場に再開された。

1 出席議員(24名)

  1番 大島もえ     2番 早川八郎     3番 若杉たかし

  4番 山下幹雄     5番 岩橋盛文     6番 相羽晴光

  7番 水野義則     8番 川村 剛     9番 坂江章演

 10番 森 和実    11番 丹羽栄子    12番 伊藤憲男

 13番 森下政己    14番 良知静夫    15番 谷口マスラオ

 16番 塚本美幸    17番 伊藤恵理子   18番 渡辺欣聖

 19番 佐藤信幸    20番 斉場洋治    21番 行本聖一

 22番 原 淳麿    23番 水野利彦    24番 服部 勝

2 欠席議員

  なし

3 地方自治法第121条の規定により説明のため議会に出席を求めた者

 市長       谷口幸治     助役       若杉のり由

 収入役      谷口紀樹     教育長      和田浩志

 企画部長     加藤和人     総務部長     日比野美次

 市民部長     竹内 進     福祉部長     大嶋幹男

 経済環境部長   谷口恵広     建設部長     大橋邦弘

 水道部長     若杉美由樹    消防長      朝見孝雄

 教育部長     加藤紘司     監査委員事務局長 水野柳一

 総務部次長兼財政課長        市民部次長兼生活課長

          水野秀樹              酒井敏幸

 建設部技監兼都市計画課長      人事課長     浅見信夫

          加藤 薫

 福祉課長     堀部茂樹     下水道課長    小笠原長正

 清掃課長     田中章夫     消防本部総務課長 角谷昭彦

 生涯学習課長   成田弘子

4 定例会の事務に従事した者

 議会事務局長   稲垣 努     議事課長     加藤中人

 議事係長     酒井 学     主事       山本慎平

5 議事日程(第5号)

  平成17年12月22日(木)午前9時30分開議

 議会運営委員長報告

 第1 諸報告

     議長報告

 第2 委員会の所管事務調査報告の件

   (1)民生文教委員会

   (2)建設経済委員会

   (3)議会運営委員会

 第3 委員長報告及び報告に対する質疑

   (1)民生文教委員会

   (2)建設経済委員会

   (3)総務委員会

   (4)予算特別委員会

 第4 付託議案等の討論、採決

   (1)第65号議案 平成17年度尾張旭市一般会計補正予算(第3号)

   (2)第66号議案 平成17年度尾張旭市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

   (3)第67号議案 平成17年度尾張旭市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)

   (4)第68号議案 平成17年度尾張旭市老人保健特別会計補正予算(第2号)

   (5)第69号議案 平成17年度尾張旭市介護保険特別会計補正予算(第2号)

   (6)第70号議案 平成17年度尾張旭市水道事業会計補正予算(第1号)

   (7)第71号議案 尾張旭市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について

   (8)第72号議案 尾張旭市行政手続条例の一部改正について

   (9)第73号議案 尾張旭市情報公開条例及び尾張旭市個人情報保護条例の一部改正について

   (10)第74号議案 尾張旭市体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について

   (11)第75号議案 尾張旭市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部改正について

   (12)第76号議案 尾張旭市福祉医療費助成条例の一部改正について

   (13)第77号議案 尾張旭市保養センター尾張あさひ苑の設置及び管理に関する条例の一部改正について

   (14)第78号議案 尾張旭市介護保険条例の一部改正について

   (15)第79号議案 土地区画管理組合に対する補助金交付条例の一部改正について

   (16)第80号議案 尾張旭市火災予防条例の一部改正について

   (17)第81号議案 愛日地方教育事務協議会を設置する市町の数の減少及び愛日地方教育事務協議会規約の変更について

   (18)第82号議案 愛日地方教育事務協議会を設置する市町の数の増加及び愛日地方教育事務協議会規約の変更について

   (19)第83号議案 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について

   (20)第84号議案 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について

   (21)第85号議案 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少について

   (22)第86号議案 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について

   (23)第87号議案 尾張市町交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の減少及び尾張市町交通災害共済組合規約の変更について

   (24)第88号議案 尾張農業共済事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び尾張農業共済事務組合規約の変更について

   (25)陳情第12号の1 介護・福祉・医療など社会保障の施策拡充についての陳情書(医療・介護・福祉の充実関連)

   (26)陳情第12号の2 介護・福祉・医療など社会保障の施策拡充についての陳情書(税財政関連)

   (27)陳情第13号 「米国産牛肉の拙速な輸入再開に反対し、BSEの万全な対策を求める」陳情書

 第5 意見書案第7号及び意見書案第8号

    上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決又は委員会付託

      意見書案第7号 議会制度改革の早期実現に関する意見書

      意見書案第8号 地方の道路整備の促進と財源の確保に関する意見書

                       午前9時30分開議



○議長(佐藤信幸) おはようございます。

 ただいまの出席議員は24名です。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 日程に先立ちまして、昨日、議会運営委員会が開催されておりますので、委員長の報告を求めます。

 森下政己委員長。



◆議会運営委員長(森下政己) おはようございます。

 議長のご指名がありましたので、昨日12月21日に開催いたしました会議における定例会の日程の協議内容についてご報告いたします。

 当日は委員8名全員の出席をいただきました。

 本定例会最終日の日程については、本日配付の議事日程(第5号)のとおり認め合いました。

 補足いたしますと、日程第2 委員会の所管事務調査報告の件については、所管事務調査を行いました民生文教委員会、建設経済委員会、議会運営委員会の各委員長から、一括して開催された順に報告を行っていただき、一括して質疑を受ける。日程第3 委員長報告及び報告に対する質疑については、常任委員会及び特別委員会の各委員長から、一括して開催された順に報告を行っていただき、一括して質疑を受ける。日程第4 付託議案等の討論、採決については、議案、陳情の順に行う。日程第5 意見書案第7号及び意見書案第8号については、議会制度改革の早期実現に関する意見書を意見書案第7号、地方の道路整備の促進と財源の確保に関する意見書を意見書案第8号として上程し、提案理由の説明、質疑、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決を行うことを認め合いました。

 以上で報告を終わります。



○議長(佐藤信幸) 議会運営委員長の報告が終了しました。

 報告に対する質疑はありますか。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 質疑ないものと認めます。

 これより日程に入ります。

 日程第1 諸報告を行います。

 議長報告ですが、この件に関しましては、議会事務局長から報告します。

 議会事務局長。



◎議会事務局長(稲垣努) 議長報告を行います。

 報告事項は2件でございます。

 初めに、12月12日に採択されました「真の地方分権改革の確実な実現」に関する意見書を同日付で関係機関あてに送付いたしました。

 次に、会期中に開催されました各常任委員会及び予算特別委員会の審査結果の報告書が議長あてに提出されておりますので、その写しを本日皆様のお手元にそれぞれ配付をさせていただきました。

 以上でございます。



○議長(佐藤信幸) 以上をもちまして、諸報告の件は終了します。

 日程第2 委員会の所管事務調査報告の件を議題とします。

 初めに、民生文教委員会の所管事務調査について報告を求めます。

 川村 剛委員長。



◆民生文教委員長(川村剛) 議長のご指名がありましたので、臨時で開催いたしました12月9日並びに14日の定例委員会で行った所管事務調査、5歳男児虐待死事件についての報告をいたします。

 両日とも出席委員は8名全員でした。経過などの説明のため、助役を初め関係理事者にご出席をいただきました。

 12月7日に発生した市内在住5歳男児の変死事案を、12月8日夜、それまで事故と事件の両面から捜査していた警察が虐待死事件としたことを受け、12月9日本会議終了後、臨時で民生文教委員会を開催いたしました。

 9日の委員会では、経過や対応状況について説明を受けた後、質疑を行いました。

 委員からは、市と県の役割分担、再発防止策、経過について、さらに詳しい説明を求める質問、県の積極的な対応を求める意見、県との連携強化、学校や幼稚園に対しても情報提供や協力要請をしていくようになどの要望が出されました。

 市の対応として、委員会の最後にあった助役の発言をご紹介いたしますが、「県と市の役割分担という問題もあるが、市の職員が住民の声を県に緊迫感を持って伝えているかが問われているという認識があること。もっとできることがあったのではないか。担当者、関係者全部が時系列的な検証作業を行い、再発防止に努めたい」とのことでした。

 14日に定例の委員会が開催される予定でもあり、この日は約1時間で散会いたしました。

 次に、12月14日の所管事務調査では、9日以降の対応状況と市として何ができるかということについて協議いたしました。

 委員から出された意見、要望としては、関係機関との連携強化、情報の共有、児童虐待防止のための研修会の開催、市の体制強化、保護施設の入所率がほぼ100%であり、県の施設の整備が必要などでした。

 市からは、今後の取り組みとして、県中央児童相談所との合同会議を含め、検証作業を逐次進めていくこと。検討中のものとして、児童虐待などについて専門的に所管する部署の設置及び現在2名である相談員を現地を回れるようにするための増員など、体制強化を詰めていくということでした。また、県そのものにも体制の強化を求めていくこと。以上の考えが示されました。

 以上で民生文教委員会所管事務調査の報告を終わります。



○議長(佐藤信幸) 次に、建設経済委員会の所管事務調査について報告を求めます。

 坂江章演委員長。



◆建設経済委員長(坂江章演) おはようございます。

 議長のご指名がありましたので、12月15日の建設経済委員会、付託議案の審査終了後に開催いたしました新池の公園整備事業についての所管事務調査の報告を申し上げます。

 協議に入る前に、委員長より2件の報告をいたしました。

 1件目は、去る9月15日に行った三郷地域の交通渋滞問題及び三郷駅前広場整備の所管事務調査の折、理事者に要請した住民アンケート調査の実施については、都市計画マスタープランの見直しに向けた準備作業に合わせ、平成19年度か遅くとも20年度に行う予定であること。

 2件目は、11月4日の新池の公園整備事業の調査に当たり、参考といたしました小牧市西部地区コミュニティー施設での質問に対する回答についてであります。

 報告事項の説明の後、新池の公園整備事業の協議に入りました。理事者から新池公園整備事業の実施計画の説明の後、委員から、主な部屋や施設全般及び遊歩道について活発な質疑、要望が出されました。

 なお、理事者から、「協議の中で出された意見については真摯に受けとめ、よく検討しながら進めていく」との回答をいただき、所管事務調査を終了いたしました。

 また、次回の所管事務調査については、2月ころをめどに、三郷地域の交通渋滞問題及び三郷駅前広場整備及び新池の公園整備事業の2つの所管事務調査に対する当委員会としての最終的なまとめを行うことを認め合いました。

 以上、建設経済委員会の所管事務調査の報告を終わります。



○議長(佐藤信幸) 次に、議会運営委員会の所管事務調査について報告を求めます。

 森下政己委員長。



◆議会運営委員長(森下政己) 議長のご指名がありましたので、昨日12月21日に開催いたしました会議における所管事務調査の内容についての報告をいたします。

 当日は委員8名全員の出席をいただき、3月定例会の日程についてを議題として協議を行いました。

 3月定例会については、3月2日から3月24日までの会期23日間の日程を内定することで認め合いました。

 以上で報告を終わります。



○議長(佐藤信幸) ただいまの各委員長の報告に対して、特に質疑があれば受けます。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 以上をもちまして、委員会の所管事務調査報告の件は終了しました。

 日程第3 委員長報告及び報告に対する質疑を行います。

 初めに、民生文教委員長の報告を求めます。

 川村 剛委員長。



◆民生文教委員長(川村剛) 議長のご指名がありましたので、去る12月14日に開催いたしました民生文教委員会の報告をいたします。

 出席委員は8名全員でした。議案などの説明のため、助役を初め関係理事者に出席をいただきました。

 初めに、第66号議案 平成17年度尾張旭市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について、理事者により説明を受けた後、質疑に入りました。

 特に質疑もなく、採決の結果、全員賛成により可決いたしました。

 次に、第68号議案 平成17年度尾張旭市老人保健特別会計補正予算(第2号)について、理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 特に質疑もなく、採決の結果、全員賛成により可決いたしました。

 次に、第69号議案 平成17年度尾張旭市介護保険特別会計補正予算(第2号)について、理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 質疑の後、採決の結果、全員賛成により可決いたしました。

 次に、第74号議案 尾張旭市体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について、理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 質疑の後、採決の結果、全員賛成により可決いたしました。

 次に、第75号議案 尾張旭市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部改正について、理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 質疑の後、採決の結果、全員賛成により可決いたしました。

 次に、第76号議案 尾張旭市福祉医療費助成条例の一部改正について、理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 質疑の後、採決の結果、全員賛成により可決いたしました。

 次に、第78号議案 尾張旭市介護保険条例の一部改正について、理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 質疑の後、採決の結果、全員賛成により可決いたしました。

 次に、第81号議案 愛日地方教育事務協議会を設置する市町の数の減少及び愛日地方教育事務協議会規約の変更について、並びに第82号議案 愛日地方教育事務協議会を設置する市町の数の増加及び愛日地方教育事務協議会規約の変更について、理事者より一括して説明を受けた後、質疑に入りました。

 特に質疑もなく、それぞれ採決の結果、2議案ともに全員賛成により可決いたしました。

 次に、第87号議案 尾張市町交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の減少及び尾張市町交通災害共済組合規約の変更について、理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 質疑の後、採決の結果、全員賛成により可決いたしました。

 次に、陳情第12号の1 介護・福祉・医療など社会保障の施策拡充についての陳情書(医療・介護・福祉の充実関連)について審査をいたしました。

 特に意見もなく、採決の結果、賛成なしにより不採択といたしました。

 以上で民生文教委員会の報告を終わります。



○議長(佐藤信幸) 次に、建設経済委員長の報告を求めます。

 坂江章演委員長。



◆建設経済委員長(坂江章演) 議長のご指名がありましたので、去る12月15日に開催いたしました建設経済委員会の報告を申し上げます。

 当日の出席委員は8名でした。議案等説明のため、助役初め関係理事者の出席をいただきました。

 以下、審査過程及び結果についてご報告いたします。

 初めに、第67号議案 平成17年度尾張旭市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、理事者から説明を受けた後、質疑に入りました。

 特に質疑もなく、採決の結果、全員賛成により可決いたしました。

 次に、第70号議案 平成17年度尾張旭市水道事業会計補正予算(第1号)について、理事者から説明を受けた後、質疑に入りました。

 質疑の後、採決の結果、全員賛成により可決いたしました。

 次に、第79号議案 土地区画整理組合に対する補助金交付条例の一部改正について、理事者から説明を受けた後、質疑に入りました。

 約1時間に及ぶ活発な質疑の後、採決の結果、全員賛成により可決いたしました。

 次に、第88号議案 尾張農業共済事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び尾張農業共済事務組合規約の変更について、理事者から説明を受けた後、質疑に入りました。

 質疑の後、採決の結果、全員賛成により可決いたしました。

 次に、陳情第13号 「米国産牛肉の拙速な輸入再開に反対し、BSEの万全な対策を求める」陳情書について審議を行いました。

 委員発言の後、採決の結果、賛成少数で不採択といたしました。

 以上で建設経済委員会の報告を終わります。



○議長(佐藤信幸) 次に、総務委員長の報告を求めます。

 伊藤憲男委員長。



◆総務委員長(伊藤憲男) おはようございます。

 議長の指名がありましたので、去る12月16日に開催いたしました総務委員会の報告をいたします。

 当日の出席委員は8名全員であり、議案等の説明のため、助役を初め関係理事者の出席をいただきました。

 以下、審査状況と結果についてご報告申し上げます。

 初めに、第71号議案 尾張旭市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について、理事者から説明を受けた後、質疑を行いました。

 活発な質疑の後、採決を行い、全員の賛成で、原案のとおり可決しました。

 次に、第72号議案 尾張旭市行政手続条例の一部改正について、理事者から説明を受けた後、質疑を行いました。

 特に質疑もなく、採決の結果、全員の賛成で、原案のとおり可決しました。

 次に、第73号議案 尾張旭市情報公開条例及び尾張旭市個人情報保護条例の一部改正について、理事者から説明を受けた後、質疑を行いました。

 特に質疑もなく、採決の結果、全員の賛成で、原案のとおり可決しました。

 次に、第77号議案 尾張旭市保養センター尾張あさひ苑の設置及び管理に関する条例の一部改正について、理事者から説明を受けた後、質疑を行いました。

 活発な質疑の後、採決を行い、全員の賛成で、原案のとおり可決しました。

 次に、第80号議案 尾張旭市火災予防条例の一部改正について、理事者から説明を受けた後、質疑を行いました。

 質疑の後、採決を行い、全員の賛成で、原案のとおり可決しました。

 次に、第83号議案 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について、第84号議案 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について、第85号議案 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少について、並びに第86号議案 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更についてを一括して議題とし、理事者から説明を受けた後、質疑を行いました。

 いずれの議案とも特に質疑もなく、採決の結果、全員の賛成で、原案のとおり可決しました。

 次に、陳情第12号の2 介護・福祉・医療など社会保障の施策拡充についての陳情書(税財政関連)について審査を行いました。

 特に意見もなく、採決の結果、賛成なしにより不採択といたしました。

 以上で総務委員会の報告を終わります。



○議長(佐藤信幸) 次に、予算特別委員長の報告を求めます。

 森 和実委員長。



◆予算特別委員長(森和実) 議長のご指名がありましたので、去る12月19日に開催いたしました予算特別委員会の審査についてご報告申し上げます。

 当日の出席委員は12名全員でありました。議案の説明のため、助役初め関係理事者に出席をいただきました。

 以下、審査経過及び結果について報告いたします。

 当委員会に付託されました案件は、第65号議案 平成17年度尾張旭市一般会計補正予算(第3号)でありました。当該議案については、総務関係予算、民生文教関係予算、建設経済関係予算の所管ごとに理事者から説明を受けた後、質疑に入りました。

 いずれの所管の予算についても活発な質疑があり、採決の結果、全員賛成で可決いたしました。

 以上で予算特別委員会の報告を終わります。



○議長(佐藤信幸) ただいまの各委員長の報告に対して、特に質疑があればお受けします。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 以上をもちまして、委員長報告及び報告に対する質疑は終了しました。

 日程第4 付託議案等の討論、採決を行います。

 初めに、第65号議案 平成17年度尾張旭市一般会計補正予算(第3号)について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第66号議案 平成17年度尾張旭市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第67号議案 平成17年度尾張旭市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第68号議案 平成17年度尾張旭市老人保健特別会計補正予算(第2号)について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第69号議案 平成17年度尾張旭市介護保険特別会計補正予算(第2号)について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第70号議案 平成17年度尾張旭市水道事業会計補正予算(第1号)について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第71号議案 尾張旭市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第72号議案 尾張旭市行政手続条例の一部改正について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第73号議案 尾張旭市情報公開条例及び尾張旭市個人情報保護条例の一部改正について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第74号議案 尾張旭市体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について討論を行います。

 塚本美幸議員。



◆16番(塚本美幸) 塚本美幸です。

 議長のお許しをいただきましたので、私は、第74号議案 尾張旭市体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について、反対の立場から討論を行います。

 今回の改正の考え方は、性質別負担割合分類表を使用した値上げに大きな問題点があると考えます。

 性質別負担割合分類表は、必需的サービスと選択的サービス、市場的サービスと非市場的サービスのどちらかに分類します。体育施設は、すべて選択的サービスに分類されています。そこで、利用者の負担割合は、50%か75%に決められてしまいます。非市場的サービスの体育館アリーナ、野球場は50%で、市場的サービスと見たテニスコートや武道場などは、75%の利用者負担割合です。このように、一律に利用者負担を押しつける考え方が性質別負担割合分類表です。

 今回は、急激な値上げを避けるために減額とした施設がありますが、それでも平均で3割、6割も値上げとなる施設もあります。値上げ総額は1,000万円と試算されています。さらに、この性質別負担割合分類表の基本的な考え方は、ランニングコストを受益者負担とするものですので、3年から4年後には再度、値上げの見直しが必要となります。今回減額とした施設が値上げとなるのは、明らかではないでしょうか。

 これでは、市民が公共の体育施設を使用して、気軽にスポーツを行い、健康増進を図りたいという願いはかなえられなくなってしまいます。これは健康都市プログラムの寝たきりにさせないまちづくりの1の1の(2)、運動、スポーツ活動や健康あさひ21計画の第3章(2)、身体活動、運動の考え方に反するのではないでしょうか。

 反対理由の2つ目は、市民の意見を聞かない点です。

 民生文教委員会の審議でも、城山野球場の午前6時からの使用廃止が問題となりました。これは現場での運用を柔軟に行うということで使用を認める方向が示されましたが、同様のことが旭ヶ丘テニスコート、城山テニスコートにもあります。これは、市民の意見を全く反映させず、何よりも受益者負担の考えを重視して決めた結果のあらわれであります。市長のモットーとする対話の行政にも反するのではないでしょうか。

 以上の理由により、反対をいたします。



○議長(佐藤信幸) 他に討論はありますか。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手多数)



○議長(佐藤信幸) 挙手多数であります。よって、本件は可決しました。

 第75号議案 尾張旭市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部改正について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第76号議案 尾張旭市福祉医療費助成条例の一部改正について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手多数)



○議長(佐藤信幸) 挙手多数です。よって、本件は可決しました。

 第77号議案 尾張旭市保養センター尾張あさひ苑の設置及び管理に関する条例の一部改正について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第78号議案 尾張旭市介護保険条例の一部改正について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第79号議案 土地区画整理組合に対する補助金交付条例の一部改正について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第80号議案 尾張旭市火災予防条例の一部改正について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第81号議案 愛日地方教育事務協議会を設置する市町の数の減少及び愛日地方教育事務協議会規約の変更について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第82号議案 愛日地方教育事務協議会を設置する市町の数の増加及び愛日地方教育事務協議会規約の変更について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第83号議案 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第84号議案 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第85号議案 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第86号議案 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第87号議案 尾張市町交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の減少及び尾張市町交通災害共済組合規約の変更について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 第88号議案 尾張農業共済事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び尾張農業共済事務組合規約の変更について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 陳情第12号の1 介護・福祉・医療など社会保障の施策拡充についての陳情書(医療・介護・福祉の充実関連)について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手少数)



○議長(佐藤信幸) 挙手少数であります。よって、本件は不採択とすることに決しました。

 陳情第12号の2 介護・福祉・医療など社会保障の施策拡充についての陳情書(税財政関連)について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手少数)



○議長(佐藤信幸) 挙手少数であります。よって、本件は不採択とすることに決しました。

 陳情第13号 「米国産牛肉の拙速な輸入再開に反対し、BSEの万全な対策を求める」陳情書について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手少数)



○議長(佐藤信幸) 挙手少数であります。よって、本件は不採択とすることに決しました。

 日程第5 意見書案第7号及び意見書案第8号を議題とします。

 お諮りします。意見書案第7号及び意見書案第8号につきましては、提案理由の説明、質疑、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決を行いたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) ご異議なしと認めます。

 意見書案第7号 議会制度改革の早期実現に関する意見書について討論を行います。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手全員)



○議長(佐藤信幸) 挙手全員であります。よって、本件は可決しました。

 意見書案第8号 地方の道路整備の促進と財源の確保に関する意見書について討論を行います。

 川村 剛議員。



◆8番(川村剛) 日本共産党の川村 剛です。

 議長のお許しをいただきましたので、私は、意見書案第8号 地方の道路整備の促進と財源の確保に関する意見書について、反対の立場から討論いたします。

 道路特定財源の半分近くを占めている揮発油税は、政府の財源対策の一環として1949年につくられたもので、当初は酒税やたばこ税などと同じような間接税の一つで、もともと一般財源でした。

 ところが、53年に、道路整備費の財源などに関する臨時措置法が議員立法で成立し、翌年から始まる道路整備5箇年計画で、揮発油税の税収相当額を国の負担金、補助金に充てなければならないとしました。これが道路特定財源の始まりです。

 1953年当時、国道・県道の舗装率は5%以下しかなく、整備が急務だという理由でつくられた制度ですが、現在の舗装率は96%を超えています。この制度を続ける理由は全くありません。使い道が限定されているために、税収がふえればふえただけ道路をつくるというように、むだを拡大する原因の一つともなってきました。

 意見書案では、道路特定財源を道路整備費に充当することを求め、それに続いて一般財源化を図る場合でも制度の趣旨を踏まえるようにと道路整備財源の充実、強化を求めています。今、医療や年金制度についての財源の不足が言われていますが、そうした状況であれば、なおさら道路特定財源制度を廃止し、社会保障財源にも使えるようにすべきであると考えます。

 議員諸兄におかれましては、見識ある立場をお示しいただけるようお願いいたしまして、反対討論といたします。



○議長(佐藤信幸) 他に討論はありますか。

 森 和実議員。



◆10番(森和実) 森 和実でございます。

 議長のお許しをいただきましたので、私は、意見書案第8号 地方の道路整備の促進と財源の確保に関する意見書につきまして、賛成の立場から討論をさせていただきます。

 道路は、市民生活に直結する社会経済の発展と、豊かでゆとりのある生活、住みよい地域社会の実現に欠かせない重要な社会資本であります。我が国の道路は、12次にわたる5箇年計画に基づいて整備されてきた結果、その水準は高まっておりますが、交通渋滞に伴う環境対策や交通事故対策、少子・高齢化に伴う交通安全施設の充実など、多岐にわたる整備が常に求められております。

 本年、華やかに開催された愛知万博が成功裏のうちに終了し、2月に開港した中部国際空港は、現在も活況が続いております。こうした中部圏における大型プロジェクトが相次いで成功しているのも、アクセス道路の早期整備や関連する道路網の整備、充実が大きな要因の一つとして挙げられるかと思います。

 また、道路は、生活を支える基礎的な社会資本として、電気、ガス、水道などのライフラインや情報通信ケーブルの収容空間としても活用されており、道路に対するさまざまなニーズにこたえるため、道路整備はさらに促進されなければなりません。

 よって、国においては、今後の予算編成に当たって、道路特定財源を受益者負担の考えに基づき道路整備費に充当し、バリアフリーの推進、交通安全対策、防災対策など、安全で安心な生活環境づくりを推進するための道路整備費の拡充や、地方の道路整備財源の充実強化を図っていただくことが必要不可欠と考えます。

 本市においても、都市計画道路霞ヶ丘線整備事業、電線地中化事業、旭前城前や北原山土地区画整理事業等の都市基盤整備事業、安心歩行エリア事業など、国庫補助事業による整備を鋭意推進しているところであります。国における道路財源の確保は、本市にとっても少なからず影響を及ぼすものと考えますので、本意見書に賛成の意を表するものであります。

 皆様のご賛同をよろしくお願い申し上げまして、賛成討論といたします。



○議長(佐藤信幸) 他に討論はありますか。

          (「なし」の声あり)



○議長(佐藤信幸) 討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

          (挙手多数)



○議長(佐藤信幸) 挙手多数であります。よって、本件は可決しました。

 ただいま議決されました意見書の取り扱いにつきましては議長に一任願います。

 以上をもちまして、平成17年第6回12月尾張旭市議会定例会の日程はすべて終了しました。

 閉会に当たり、市長からあいさつをいただきます。

 谷口市長。



◎市長(谷口幸治) 今回の12月定例市議会に提案させていただきました各会計の補正予算や条例制定や一部改正の議案等につきまして慎重なご審議を賜り、すべて原案どおりにご議決いただきまして、まことにありがとうございました。厚く御礼を申し上げる次第でございます。

 なお、現在、大変財政状況が厳しい中ではありますが、平成18年度当初予算の編成に鋭意努力しております。

 さらには、去る12月7日に市内で発生しました男児虐待死事件に際しましては、皆様方には大変ご心配をおかけし、あわせてさまざまなご指摘をいただきました。今後、二度とこうした悲惨な事件が起こることのないよう、愛知県との連携やその支援体制のあり方等を含めて万全を期したいと考えておりますので、引き続きまして皆様方の格段のご理解とご協力を賜りますようお願いを申し上げる次第でございます。

 最後になりますが、これから年末年始という何かと気ぜわしい時期を迎えられ、さらには、当初の気象庁の暖冬の予想が一転いたしまして、12月に入りまして日本列島がすっぽりと厳しい寒波に覆われ、いてついております。また、同庁がさきの17日に発表いたしました1カ月予報では、寒さは1月中旬まで続くと修正をしたところで、これからまだまだ真冬並みの冷え込みが続くと予想されますので、皆様方におかれましては十分に体調や健康にご留意をされるよう祈念を申し上げまして、私のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(佐藤信幸) ありがとうございました。

 本日ここに、平成17年の12月定例会を閉じるに当たり、私からも一言ごあいさつを申し上げたいと思っております。

 今会期中におきましては、議員各位の活発なご審議により、本定例会に提出されました案件、本日すべて滞りなく議了をいたしました。ここに、閉会することができたこと、理事者を初め議員各位に対し、心よりお礼を申し上げたいと思っております。

 また、この1年を振り返りますと、直近では、今市長のお話にもありましたように悲惨な事件もありまして、異例な所管の委員会も開かれたということであります。このことにつきましては、引き続き私たち議員もしっかりと、今後、二度とこのような悲惨な事件が起きないように監視をしていく必要性を痛感しているところであります。

 また、58年ぶりの大雪というようなことで、特に尾張旭には大変な被害はないわけでありますけれども、気象の状況も大変最近は目まぐるしく変わってきているなというふうに感じているところです。

 何といっても、セントレアの開港がこの2月にありましたし、近くでは万博の開催、7月4日にはトンガ王国のナショナルデーも無事終了したと。そして、一番盛り上がりました7月29日の尾張旭の日には、1,000人以上を超える市民の方々が参画していただきまして、この博覧会を盛り上げてきていただいたかなというふうに思っております。

 そして、11月には、谷口市長が再選を果たされたということで、新たなスタートが切られたところであります。12月に入りますと、市制35周年という節目を迎え、新生尾張旭ということで、8万市民がこの尾張旭を住んでよかった町、そんな思いにいるのかなというふうに感じております。

 いずれにしましても、2005年、残すところあと10日となりました。新しい年が皆様一人一人健康で迎えられることをご祈念を申し上げ、12月定例会を閉会とさせていただきます。

 ご協力ありがとうございました。

                       午前10時25分閉会

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

                       尾張旭市議会

                        議長    佐藤信幸

                        副議長   伊藤恵理子

                        署名議員  岩橋盛文

                        署名議員  斉場洋治