議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 尾張旭市

平成14年 12月 定例会(第6回) 12月19日−04号




平成14年 12月 定例会(第6回) − 12月19日−04号







平成14年 12月 定例会(第6回)



         平成14年第6回(12月)

           尾張旭市議会定例会会議録(第4号)

 平成14年12月19日午前9時30分尾張旭市議会(第6回)定例会4日目本会議が尾張旭市議会議場に再開された。

1 出席議員(24名)

  1番 水野義則     2番 川村 剛     3番 坂江章演

  4番 楠木千代子    5番 森 和実     6番 丹羽栄子

  7番 伊藤憲男     8番 森下政己     9番 良知静夫

 10番 谷口マスラオ  11番 塚本美幸    12番 伊藤恵理子

 13番 渡辺欣聖    14番 佐藤信幸    15番 水野戦五

 16番 斉場洋治    17番 行本聖一    18番 加藤さよ子

 19番 原 淳麿    20番 水野一巳    21番 水野利彦

 23番 山田 稔    24番 服部 勝    26番 庄司宗雄

2 欠席議員(2名)

 22番 谷口弘文    25番 日比野勝彦

3 地方自治法第121条の規定により説明のため議会に出席を求めた者

 市長        谷口幸治      助役        若杉のり由

 収入役       谷口紀樹      教育委員会委員   安藤公爾

 教育長       小川進吾      市長公室長     加藤和人

 総務部長      日比野美次     民生部長      梶田博幸

 経済環境部長    稲垣 努      建設部長      大橋邦弘

 水道部長      若杉美由樹     教育部長      森下弘康

 監査委員事務局長  水野柳一      消防長       朝見孝雄

 総務部総務課長   竹内 進      企画課長      尾関健二

                     環境事業センター

 児童課長      若杉 渡                田中章夫

                     所長

 土木課長      鈴木滝男      下水道課長     伊藤博昭

 教育行政課長    山崎重則      消防本部総務課長  福井健治

4 定例会の事務に従事した者

 議会事務局長    谷口恵広      議事課長      水草 修

 議事係長      酒井 学      主事        太田篤雄

5 議事日程(第4号)

  平成14年12月19日(木)午前9時30分開議

 議会運営委員長報告

 第1 一般質問

    個人質問

 第2 諸報告

    議長報告

 第3 委員長報告及び報告に対する質疑

    (1) 民生文教委員会

    (2) 建設経済委員会

    (3) 総務委員会

 第4 付託議案等の討論、採決

    (1) 第62号議案 平成14年度尾張旭市一般会計補正予算(第3号)

    (2) 第63号議案 平成14年度尾張旭市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

    (3) 第64号議案 平成14年度尾張旭市土地取得特別会計補正予算(第1号)

    (4) 第65号議案 平成14年度尾張旭市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

    (5) 第66号議案 平成14年度尾張旭市老人保健特別会計補正予算(第2号)

    (6) 第67号議案 平成14年度尾張旭市介護保険特別会計補正予算(第2号)

    (7) 第68号議案 平成14年度尾張旭市水道事業会計補正予算(第2号)

    (8) 第69号議案 尾張旭市児童クラブ条例の制定について

    (9) 第70号議案 尾張旭市旭城の設置及び管理に関する条例の制定について

    (10) 第71号議案 尾張旭市総合計画審議会条例の一部改正について

    (11) 第72号議案 尾張旭市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について

    (12) 第73号議案 尾張旭市職員の給与に関する条例及び尾張旭市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について

    (13) 第74号議案 尾張旭市国民健康保険税条例の一部改正について

    (14) 第75号議案 愛知県市町村職員退職手当組合規約の一部改正について

    (15) 第76号議案 尾張東部衛生組合規約の一部改正について

    (16) 第77号議案 渋川小学校増築工事(建築)請負契約の変更について

    (17) 第78号議案 尾張農業共済事務組合の設立について

    (18) 第79号議案 東春農業共済事務組合の解散について

    (19) 第80号議案 東春農業共済事務組合の解散に伴う財産処分について

    (20) 第81号議案 公の施設の区域外設置について

    (21) 陳情第11号の1 医療・介護・福祉の充実とくらしを守る陳情書(介護・医療・福祉の充実関連)

    (22) 陳情第11号の2 医療・介護・福祉の充実とくらしを守る陳情書(失業者対策関連)

    (23) 陳情第11号の3 医療・介護・福祉の充実とくらしを守る陳情書(税財源の充実関連等)

    (24) 陳情第12号 トラック輸送における公正取引・安全確保に関する陳情書

    (25) 陳情第13号 厚労省通知に従い、高齢者の償還払いの申請手続き簡素化等を求める陳情書

    (26) 陳情第14号 「学童保育の最低基準を示し、施策の抜本的な改善を求める意見書」の提出を求める陳情書

    (27) 陳情第15号 保育所「最低基準」の改善を求める意見書の提出に関する陳情書

    (28) 陳情第16号 社会福祉の拡充を求める意見書提出に関する陳情書

    (29) 陳情第17号 保育料の保護者負担軽減のために国の財政措置を求める意見書の提出に関する陳情書

    (30) 陳情第18号 国の責任で30人以下学級の実現を求める意見書採択に関する陳情

    (31) 陳情第19号 教育基本法の改定ではなく、その理念の実現を求める意見書の採択を求める陳情書

                              午前9時30分開議



○議長(原淳麿) おはようございます。ただいまの出席議員は24名です。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 日程に先立ちまして、過日、議会運営委員会が開催されておりますので、委員長より報告を求めます。

 水野義則副委員長。



◆議会運営副委員長(水野義則) おはようございます。議長のご指名がありましたので、去る12月9日の本会議終了後に開催いたしました議会運営委員会の協議内容について、ご報告いたします。

 なお、協議事項の当事者である委員長にかわり副委員長が議事を進めましたので、私の方からご報告させていただきます。

 当日は委員全員の出席をいただき、当日本会議の庄司議員の一般質問中に申し出のありました質問の残り時間を留保し、一般質問の答弁を教育委員長に求める件について協議いたしました。

 本協議事項のポイントは2点ありました。

 1点目は、一般質問の残り時間を留保し、後日再開することが可能かどうかという点でありました。この点につきましては、委員から要請が出た時点で議会運営委員会を開くべきであったとの意見も出ましたが、法的に問題がないことと、当日の議事運営上問題がないことを確認し合いました。

 2点目は、ルールどおりであれば事前に申し出を行い、議長から要請する教育委員長の出席を急遽申し出があったからといって、認めるかどうか、また、正当な理由があるかどうかという点でありました。この点につきましては、委員からルールづくりが先である、答弁に納得できないという理由で事前に通告なく別の答弁者を呼べるのか、今回の件について臨時の教育委員会で協議していただき、次の議会でそれについての答弁を聞いた方がよいなどの意見が出ました。また、教育委員長の答弁内容や立場を憂慮する声が多くありましたが、最終的には、事前に質問者が答弁内容について教育委員長と十分すり合わせをしていただくことで教育委員長の出席を求め、再質問以降の答弁をしていただくことで認め合いました。また、その日程については、12月19日、本日の最終日の冒頭に行っていただくことと、残りの質問時間が16分であることを認め合いました。

 以上で、議会運営委員会の報告を終わります。



○議長(原淳麿) 議会運営委員長の報告が終了いたしました。

 報告に対する質疑はございませんか。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 質疑ないものと認めます。

 これより日程に入ります。

 日程第1 一般質問を行います。

 去る12月9日の庄司宗雄議員の個人質問における教育委員会委員長の出席要請につきましては、さきの議会運営委員長の報告のとおり要請することで認め合いましたので、議長において委員長に出席依頼の通知をしたところでございます。

 本日、委員長所用のため、代理として安藤公爾委員にご出席をいただいておりますので、よろしくお願いをいたします。

 庄司宗雄議員の発言を許可します。



◆26番議員(庄司宗雄) 教育委員会委員長の職務代理者の安藤先生にはご多用の中ご出席をいただきましてまことにありがとうございました。残された時間は16分ということでありますので、大変窮屈な時間で恐縮でございますが、したがって、去る9日に行いました私の一般質問の、教育行政に関する部分の再質問については繰り返しませんので、事前に十分お含みいただいていると思いますので、その点について、ぜひとも当市の教育行政を担っていただいている合議体としての教育委員会のご見解を、できますれば、今後の取り組み等についての基本的なお考えも含めてご答弁いただければありがたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(原淳麿) 安藤委員。



◎教育委員会委員(安藤公爾) 本日は、教育委員長が他の所用のため出席できませんので、教育委員長職務代理を務めさせていただいております私、安藤公爾と申しますが、代理で出席させていただきました。よろしくお願いいたしたいと思います。

 ご質問ございましたように、「教育委員会は合議体で方針を決定しているものだが、十分機能を果たしていないと思う。そのあたりの実態と今後のあり方について委員長のお考えを問う」というお尋ねでございましたので、お答えをしたいと思います。

 教育委員会は学校教育、生涯学習、文化、スポーツなどさまざまな教育行政につきまして協議いたしておりますが、ここでは学校教育を主体といたしまして答弁をさせていただきます。

 今、日本の教育は、大きな改革の渦中にあると認識しています。この流れは、昭和40年代の教育の現代化、昭和50年代のゆとりと充実、平成に入ってからのみずから学ぶ意欲と社会への柔軟な対応が、学習指導要領の柱として位置づけられました。今回の改訂はこの流れを受けたものといえると思います。この新学習指導要領の基本的なねらいは、生きる力をはぐくむということであります。そしてそのねらいの実現のためには、授業時間の縮減以上に教育内容を厳選し、ゆとりを持って生活に真に必要な基礎的・基本的な内容をしっかりと学習できるようにするとともに、個別学習やグループ別指導、理解や習熟の程度に応じた指導など、一人一人の個性や能力に応じたきめ細かな指導を行えるようにすることが求められているわけであります。

 また、体験的、問題解決的な学習活動を重視し、子供たちが学んだ知識を実感を持って理解することができるようにするとともに、さらに総合的な学習の時間において、各学校が創意工夫を生かした教育活動を展開できるようにすることなどが求められています。各学校では少人数指導、チームティーチングや習熟度指導など指導方法の工夫・改善を行う中で、基礎的・基本的な内容の習熟を図る一方で、総合的な学習の時間などの指導を通じ、みずから学び、みずから考え、主体的に判断し、問題解決をする能力の育成を図ろうと努力していると聞いております。

 そこで、教育委員会では新学習指導要領の趣旨や目的、具体的内容を学校現場で直接感じ取り、協議を高めることを目的として、この2年間子供たちの学習の様子や学校教師の創意工夫、さまざまな指導法の特徴の問題点を知るために、機会あるごとに学校視察や授業参観を行ってまいりました。その内容の一端をご説明させていただきます。

 旭小学校では、昨年度と今年度にわたって少人数指導授業の研究委嘱を受けておりまして、その授業の様子を参観しましたが、指導者の表情、目配り、指示、発問、児童の考え方や発言の取り上げ方などが、児童の理解や主体性あるいは創造性にかかわる大きな要素になることがわかりました。その折に国立教育政策研究所教育指導研究部長・文部科学省担当官から少人数指導授業の意義などの話を聞くとともに、意見交換をしながら議論を深めてまいりました。

 また、現在小学校では総合的な学習の時間の中で、英会話の授業が市内9校で実施されていますが、本年度旭小学校の英会話授業を参観いたしました。子供たちが楽しそうに英語活動に取り組んでいる姿を拝見いたしまして、小学生のうちから英語に親しむ必要性を感じたところでございます。

 また、三郷小学校では、3年生の国語辞典の基礎的な使い方の授業と学校支援者、いわゆるスクールアシスタントと担任の2人による特殊学級の授業を参観いたしまして、3年生の授業では指導のポイントの明確化と練習の大切さを確認してまいりました。また、特殊学級では一人一人の障害の程度に応じた指導や配慮、また、担任をサポートする上でのスクールアシスタントの必要性を認識してまいりました。

 さらに東中学校では、理科の授業と男女共修の剣道の授業を参観いたしてまいりました。剣道では男女の協力が学習への意欲をはぐくむこと、教師の発問の質が、生徒の発想や自主性を高めることがよく実感できたわけであります。

 また、本年の11月19、20日に実施いたしました教育委員会の視察研修では、京都府の向日市にございます第5向陽小学校を訪問いたしました。当小学校では、学力向上の国語科の研究校として習熟度別学習の様子を参観いたしてまいりました。わかること、できることのすばらしさや、満足感が児童を変え、保護者の意識を変えていったという学校側の言葉が印象的でありました。

 教育委員会の取り組みと活動状況の一端をご説明申し上げましたが、現場の状況を目で見、現場の声を聞きながら、意見交換を行ってまいりましたことは、今後における教育委員会の活動の中で、教育のあすを考える土台となり、それが教育委員会の活性化、児童・生徒の学力保障などの重要課題の提案や審議に自信と厚みを生むものであると感じております。

 今議会でも教育に関しまして議員の皆様よりご指摘がありましたように、現在さまざまな教育問題が山積をいたしておりますので、来年度立ち上げる予定の「これからの尾張旭の教育を考える懇談会」などの論議も踏まえまして、これまで以上に教育問題の審議などに積極的に取り組み、各委員がそれぞれの考えを述べられるよう運営しながら、尾張旭のあすの教育について論議を深めてまいりたいと考えておりますので、今後ともご支援、ご協力賜りますようお願い申し上げまして、答弁とさせていただきます。どうもありがとうございました。



○議長(原淳麿) 庄司委員。



◆26番議員(庄司宗雄) どうもありがとうございました。

 学校現場へ出向かれて、大変熱心な取り組みをしていただいていることをお聞かせいただきました。なお、さらに今後に向けても、これまでのそうした実践を踏まえて、さらに一生懸命にやっていただけるというご決意のほどもお聞かせいただきまして、大変心強く感じた次第であります。

 ぜひ教育委員会は、学校に預けている父母だけではなくて、今日多くの市民が今の学校教育の問題などに対して大変注目もし、また期待も大変大きくなっている中で、そうした市民の期待や負託にこたえられるように、公開されている教育委員会の場で、ぜひそうしたことがうかがえるような議論といいますか、教育委員さん同士の活発な議論を期待したいと思いますし、要望なのですが、ぜひ教育基本法第10条、教育行政の目的について述べられている、その内容については十分ご承知いただいていると思いますが、とりわけ教育行政は、そうした教育の目的を果たしていくそのための教育条件の整備確立、これに努めていくというのが、教育行政の目的ということで明確に定められておりまして、その点で、この間私も繰り返し議会でもお願いをしてきている、今の学校教育の教育条件を本当に整備確立していく上で欠かせない少人数学級の取り組みなどについても、ぜひ教育委員会の場で真剣なご議論をいただいて、今日多くの市民にこたえられるような、開かれた教育委員会の運営に一層ご努力いただきたい。このことを要望して私の質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(原淳麿) これをもちまして庄司宗雄議員の質問を終了いたします。

 以上をもちまして、一般質問はすべて終了いたしました。

 安藤委員には、ご多忙の中ご出席、ご答弁いただきまして、大変ありがとうございました。ご退場をお願いいたします。

              (安藤公爾委員 退場)



○議長(原淳麿) 日程第2 諸報告を行います。

 議長報告ですが、この件に関しましては議会事務局長より報告をいたします。

 議会事務局長。



◎議会事務局長(谷口恵広) 議長報告をさせていただきます。報告事項は、1件でございます。

 会期中に開催されました各常任委員会の審査結果の報告書が議長あてに提出されておりますので、その写しを本日皆様のお手元にそれぞれ配付させていただきました。

 以上でございます。



○議長(原淳麿) 以上をもちまして、諸報告の件は終了いたしました。

 日程第3 委員長報告及び報告に対する質疑を行います。

 初めに、民生文教委員長の報告を求めます。

 伊藤憲男委員長。



◆民生文教委員長(伊藤憲男) おはようございます。

 議長のご指名がございましたので、12月12日に開催いたしました民生文教委員会の報告を申し上げます。

 当日の出席委員は9名、全員でありました。議案等の説明のため助役を初め関係理事者に出席いただきました。

 以下、審査状況と結果についてご報告します。

 初めに、第62号議案 平成14年度尾張旭市一般会計補正予算(第3号)について理事者から説明を受けた後、質疑を行いました。

 活発な質疑の後、反対討論がありました。その後、採決を行い、賛成多数により原案のとおり可決しました。

 次に、第63号議案 平成14年度尾張旭市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について理事者から説明を受けた後、質疑に入りましたが、質疑もなく、採決の結果、全員の賛成で原案のとおり可決しました。

 次に、第66号議案 平成14年度尾張旭市老人保健特別会計補正予算(第2号)について理事者から説明を受けた後、質疑を行いました。

 質疑の後、採決を行い、全員の賛成で原案のとおり可決しました。

 次に、第67号議案 平成14年度尾張旭市介護保険特別会計補正予算(第2号)について理事者から説明を受けた後、質疑を行いました。

 質疑の後、採決を行い、全員の賛成で原案のとおり可決しました。

 次に、第69号議案 尾張旭市児童クラブ条例の制定について理事者から説明を受けた後、質疑を行いました。

 質疑の後、反対討論がありました。その後、採決を行い、賛成多数により原案のとおり可決しました。

 次に、第74号議案 尾張旭市国民健康保険税条例の一部改正について理事者から説明を受けた後、質疑を行いました。

 質疑の後、反対討論がありました。その後、採決を行い、賛成多数により原案のとおり可決しました。

 次に、第77号議案 渋川小学校増築工事(建築)請負契約の変更について理事者から説明を受けた後、質疑に入りましたが、質疑もなく、採決の結果、全員の賛成で原案のとおり可決しました。

 続いて、陳情関係に入ります。

 本委員会に付託された審査案件は、陳情第11号の1 医療・介護・福祉の充実とくらしを守る陳情書(介護・医療・福祉の充実関連)、陳情第13号 厚労省通知に従い、高齢者の償還払いの申請手続き簡素化等を求める陳情書、陳情第14号 「学童保育の最低基準を示し、施策の抜本的な改善を求める意見書」の提出を求める陳情書、陳情第15号 保育所「最低基準」の改善を求める意見書の提出に関する陳情書、陳情第16号 社会福祉の拡充を求める意見書提出に関する陳情書、陳情第17号 保育料の保護者負担軽減のために国の財政措置を求める意見書の提出に関する陳情書、陳情第18号 国の責任で30人以下学級の実現を求める意見書採択に関する陳情、陳情第19号 教育基本法の改定ではなく、その理念の実現を求める意見書の採択を求める陳情書の8件でした。

 いずれも、陳情の願意を取り上げるべきとの意見のほかに発言はなく、採決の結果、いずれの陳情も賛成少数により不採択といたしました。

 以上で、民生文教委員会の報告を終わります。



○議長(原淳麿) 次に、建設経済委員長の報告を求めます。

 森下政己委員長。



◆建設経済委員長(森下政己) 議長のご指名がありましたので、去る12月13日に開催いたしました建設経済委員会のご報告を申し上げます。

 当日の出席委員は1名欠席の7名でございました。議案等の説明のため、助役を初め関係理事者の出席をいただきました。

 以下、審査内容並びに結果についてご報告申し上げます。

 初めに、第62号議案 平成14年度尾張旭市一般会計補正予算(第3号)について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 活発な質疑の後、採決の結果、挙手全員により可決いたしました。

 次に、第65号議案 平成14年度尾張旭市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 質疑、反対討論の後、採決の結果、挙手多数により可決いたしました。

 次に、第68号議案 平成14年度尾張旭市水道事業会計補正予算(第2号)について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 特に質疑はなく、反対討論の後、採決の結果、挙手多数により可決いたしました。

 次に、第70号議案 尾張旭市旭城の設置及び管理に関する条例の制定について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 質疑の後、採決の結果、挙手全員により可決いたしました。

 次に、第76号議案 尾張東部衛生組合規約の一部改正について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 質疑の後、採決の結果、挙手全員により可決いたしました。

 次に、第78号議案 尾張農業共済事務組合の設立について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 質疑の後、採決の結果、挙手全員により可決いたしました。

 次に、第79号議案 東春農業共済事務組合の解散について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 特に質疑もなく、採決の結果、挙手全員により可決いたしました。

 次に、第80号議案 東春農業共済事務組合の解散に伴う財産処分について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 特に質疑もなく、採決の結果、挙手全員により可決いたしました。

 続きまして、陳情第11号の2 医療・介護・福祉の充実とくらしを守る陳情書(失業者対策関連)について審査を行いました。

 審査の後、採決の結果、挙手少数により不採択といたしました。

 次に、陳情第12号 トラック輸送における公正取引・安全確保に関する陳情書について審査を行いました。

 審査の後、採決の結果、挙手少数により不採択といたしました。

 以上で、建設経済委員会の報告を終わります。



○議長(原淳麿) 次に、総務委員長の報告を求めます。

 渡辺欣聖委員長。



◆総務委員長(渡辺欣聖) 議長よりご指名がありましたので、去る12月16日に開催をいたしました総務委員会のご報告を申し上げます。

 当日の出席委員は1名欠席の8名でした。議案等の説明のため助役を初め関係理事者に出席をいただきました。

 以下、審査内容及び結果についてご報告をいたします。

 初めに、第62号議案 平成14年度尾張旭市一般会計補正予算(第3号)について審査を行いました。

 なお、審査に先立ち、分割付託されておりましたそれぞれの委員会の審査結果を、議会事務局長より報告を受けました。

 その後、本委員会の関係分について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 活発な質疑を終了した後、反対討論がありましたが、採決の結果、挙手多数により可決いたしました。

 次に、第64号議案 平成14年度尾張旭市土地取得特別会計補正予算(第1号)について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 質疑の後、採決の結果、挙手全員により可決いたしました。

 次に、第71号議案 尾張旭市総合計画審議会条例の一部改正について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 特に質疑もなく、採決の結果、挙手全員により可決いたしました。

 次に、第72号議案 尾張旭市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 特に質疑もなく、採決の結果、挙手全員により可決いたしました。

 次に、第73号議案 尾張旭市職員の給与に関する条例及び尾張旭市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 特に質疑もなく、採決の結果、挙手多数により可決いたしました。

 次に、第75号議案 愛知県市町村職員退職手当組合規約の一部改正について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 特に質疑もなく、採決の結果、挙手全員により可決いたしました。

 次に、第81号議案 公の施設の区域外設置について理事者より説明を受けた後、質疑に入りました。

 特に質疑もなく、採決の結果、挙手全員により可決いたしました。

 次に、陳情第11号の3 医療・介護・福祉の充実とくらしを守る陳情書(税財源の充実関連等)について審査を行いました。

 審査の後、採決の結果、挙手少数により不採択といたしました。

 以上で、総務委員会の報告を終わります。



○議長(原淳麿) ただいまの各委員長の報告に対して、特に質疑がありましたら受けます。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 以上をもちまして、委員長報告及び報告に対する質疑は終了いたしました。

 日程第4 付託議案等の討論、採決を行います。

 初めに、第62号議案 平成14年度尾張旭市一般会計補正予算(第3号)について討論を行います。

 川村議員。



◆2番議員(川村剛) 議長のお許しをいただきましたので、私は第62号議案 平成14年度尾張旭市一般会計補正予算について、反対の立場から討論をいたします。

 今回の補正予算は、人事院勧告による給与の引き下げという理論的に不自然な勧告により、職員の給与の引き下げが含まれています。

 そもそも、人事院勧告は、公務員が労働基本権を制約されているために、その代償措置として行われるものですから、今回の勧告は、いわば労働組合が給与の引き下げを要求するようなもので、そのような人事院勧告なら必要はないというべき性格のものです。

 今年11月21日、国際労働機関、ILOは日本政府に対して勧告を行っていますが、そこでは日本の公務員制度が「結社の自由」の原則に違反していると指摘し、改正を求めています。みずからの権利に鈍感な者が、果たして市民の権利を敏感に守れるのかという疑念も生まれてきます。

 さらに、民間中小企業では公務員の給与を参考にするところも多く、この引き下げが来年の春闘への悪影響となり、その春闘の引き下げが民間準拠という形で、再度公務員の給与を引き下げるという悪循環を起こしかねません。この点については引き下げ率を見る必要があると思いますが、人事院勧告が示した給与の 2.03 %もの引き下げは、日本経団連のまとめたことしの春闘の最終集計と比較しても 1.4%も高い賃下げであることを見ても、下げ過ぎの疑いはぬぐい去れません。

 このような歯どめのない賃下げ競争につながる状況は、日本の経済の6割を占めるといわれる家計の消費をさらに悪化させてしまいます。どこかで食いとめなければならない問題です。

 さらに、今回の引き下げは「不利益の不遡及」という法理論上の大原則を踏みにじり、給与の引き下げを4月にさかのぼって適用するという重大な問題、政府の脱法行為を容認する中身であることも指摘して反対討論といたします。

 つけ加えになりますが、第65号議案 平成14年度尾張旭市公共下水道事業特別会計補正予算、第68号議案 平成14年度尾張旭市水道事業会計補正予算、第73号議案 尾張旭市職員の給与に関する条例及び尾張旭市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正についての3つの議案についても同様の問題を含んでおりますので、あらかじめこの場で反対の立場を表明させていただきます。

 また、第72号議案についても同様の問題を含んでおりますが、市長を初めとする三役の給与に関するものであり、議案を提案する主体的な立場にある身分の方の引き下げは、一般職員の給与の引き下げ議案とは性格が異なるとの判断から、謹んで賛成したいと思います。

 以上で、反対討論といたします。ありがとうございました。



○議長(原淳麿) 賛成討論はございませんか。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手多数)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手多数であります。よって本件は可決いたしました。

 第63号議案 平成14年度尾張旭市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手全員であります。よって本件は可決いたしました。

 第64号議案 平成14年度尾張旭市土地取得特別会計補正予算(第1号)について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手全員であります。よって本件は可決いたしました。

 第65号議案 平成14年度尾張旭市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手多数)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手多数であります。よって本件は可決いたしました。

 第66号議案 平成14年度尾張旭市老人保健特別会計補正予算(第2号)について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手全員であります。よって本件は可決いたしました。

 第67号議案 平成14年度尾張旭市介護保険特別会計補正予算(第2号)について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手全員であります。よって本件は可決いたしました。

 第68号議案 平成14年度尾張旭市水道事業会計補正予算(第2号)について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手多数)



○議長(原淳麿) 挙手多数であります。よって本件は可決いたしました。

 第69号議案 尾張旭市児童クラブ条例の制定について討論を行います。

 塚本議員。



◆11番議員(塚本美幸) 11番議員、塚本美幸です。議長のお許しをいただきましたので、私は第69号議案 尾張旭市児童クラブ条例の制定について反対の立場から討論を行います。

 この条例は、開設から6年がたち設備などが整ったということで、今まで徴収していなかった育成料を徴収しようというものです。しかし、今日、少子化現象が押しとどめられない中では、さらに子育て支援は拡充しなければならない大きな課題であります。また、この条例は、これまで子育てを支援してきた父兄の信頼を裏切るものでもあります。

 なお、条例の第4条は対象児童を低学年に限定しようとしていますが、高学年にも広げるべきです。また、第6条の利用時間については、開設時間を長期休暇中は最低でも午前8時からとするべきです。

 以上の理由により、この条例に反対するものです。

 皆さんのご賛同をよろしくお願いをいたします。



○議長(原淳麿) 賛成討論はございませんか。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手多数)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手多数であります。よって本件は可決いたしました。

 第70号議案 尾張旭市旭城の設置及び管理に関する条例の制定について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手全員であります。よって本件は可決いたしました。

 第71号議案 尾張旭市総合計画審議会条例の一部改正について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手全員であります。よって本件は可決いたしました。

 第72号議案 尾張旭市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手全員であります。よって本件は可決いたしました。

 第73号議案 尾張旭市職員の給与に関する条例及び尾張旭市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手多数)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手多数であります。よって本件は可決いたしました。

 第74号議案 尾張旭市国民健康保険税条例の一部改正について討論を行います。

 庄司議員。



◆26番議員(庄司宗雄) 議長のお許しをいただきましたので、私は第74号議案 尾張旭市国民健康保険税条例の一部改正について、反対の立場から討論いたします。

 本条例改正案は、さきの地方税法の一部を改正する法律の施行に伴い、国民健康保険税の課税に係る特例等について所要の改正を行うものであり、この限りではやむを得ないものであります。改正の趣旨は、国保税の所得割額の算定に係る所得の控除を見直し、住民税などの課税ベースと整合性を図るとともに、世代間の一層の公平を図り、被保険者に理解されやすい税体系に改めるものと説明されており、これらの点についても理解できるものであります。

 しかしながら、その改正の具体内容を見ますと、青色専従者給与等控除の適用と長期譲渡所得等控除の適用が新たに設けられたことにより、これらの適用を受ける世帯では国保税の減額が図られますが、給与所得特別控除と公的年金等特別控除の廃止によって、より多くの世帯では国保税が増額となるものであります。具体的には、青色専従者給与等控除の適用によって影響を受ける世帯は約 800世帯、長期譲渡所得等控除の適用では約 200世帯、一方、給与所得特別控除の廃止では約 4,200世帯、公的年金等特別控除の廃止では約 3,400世帯に及ぶとのことであります。その増税額につきましても、給与所得特別控除の廃止では、介護分も含めて 1,280円でありますが、公的年金等特別控除の廃止では、1人につき介護分を含めると10,880円にも上るものとなります。

 以上のように、小泉内閣による医療改悪を初めとする社会保障制度の相次ぐ改悪によって、かつてない耐えがたい痛みが押しつけられている中で、国保加入世帯の多くの世帯に対して、新たな負担増を強いることになるこの条例改正案には、法改正に基づくものとはいえ、賛成の態度表明はいたしかねるものであります。

 議員各位のご理解あるご賛同を期待して、反対討論といたします。



○議長(原淳麿) 賛成討論はございませんか。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論を終了し、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手多数)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手多数であります。よって本件は可決いたしました。

 第75号議案 愛知県市町村職員退職手当組合規約の一部改正について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手全員であります。よって本件は可決いたしました。

 第76号議案 尾張東部衛生組合規約の一部改正について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手全員であります。よって本件は可決いたしました。

 第77号議案 渋川小学校増築工事(建築)請負契約の変更について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手全員であります。よって本件は可決いたしました。

 第78号議案 尾張農業共済事務組合の設立について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手全員であります。よって本件は可決いたしました。

 第79号議案 東春農業共済事務組合の解散について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手全員であります。よって本件は可決いたしました。

 第80号議案 東春農業共済事務組合の解散に伴う財産処分について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手全員であります。よって本件は可決いたしました。

 第81号議案 公の施設の区域外設置について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件に賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手全員)



○議長(原淳麿) ありがとうございます。挙手全員であります。よって本件は可決いたしました。

 陳情第11号の1 医療・介護・福祉の充実とくらしを守る陳情書(介護・医療・福祉の充実関連)について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手少数)



○議長(原淳麿) 挙手少数であります。よって本件は不採択とすることに決しました。

 陳情第11号の2 医療・介護・福祉の充実とくらしを守る陳情書(失業者対策関連)について討論を行います。

               (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

               (挙手少数)



○議長(原淳麿) 挙手少数であります。よって本件は不採択とすることに決しました。

 陳情第11号の3 医療・介護・福祉の充実とくらしを守る陳情書(税財源の充実関連等)について討論を行います。

               (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

               (挙手少数)



○議長(原淳麿) 挙手少数であります。よって本件は不採択とすることに決しました。

 陳情第12号 トラック輸送における公正取引・安全確保に関する陳情書について討論を行います。

               (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

               (挙手少数)



○議長(原淳麿) 挙手少数であります。よって本件は不採択とすることに決しました。

 陳情第13号 厚労省通知に従い、高齢者の償還払いの申請手続き簡素化等を求める陳情書について討論を行います。

               (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

               (挙手少数)



○議長(原淳麿) 挙手少数であります。よって本件は不採択とすることに決しました。

 陳情第14号 「学童保育の最低基準を示し、施策の抜本的な改善を求める意見書」の提出を求める陳情書について討論を行います。

               (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

               (挙手少数)



○議長(原淳麿) 挙手少数であります。よって本件は不採択とすることに決しました。

 陳情第15号 保育所「最低基準」の改善を求める意見書の提出に関する陳情書について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手少数)



○議長(原淳麿) 挙手少数であります。よって本件は不採択とすることに決しました。

 陳情第16号 社会福祉の拡充を求める意見書提出に関する陳情書について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手少数)



○議長(原淳麿) 挙手少数であります。よって本件は不採択とすることに決しました。

 陳情第17号 保育料の保護者負担軽減のために国の財政措置を求める意見書の提出に関する陳情書について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手少数)



○議長(原淳麿) 挙手少数であります。よって本件は不採択とすることに決しました。

 陳情第18号 国の責任で30人以下学級の実現を求める意見書採択に関する陳情について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手少数)



○議長(原淳麿) 挙手少数であります。よって本件は不採択とすることに決しました。

 陳情第19号 教育基本法の改定ではなく、その理念の実現を求める意見書の採択を求める陳情書について討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(原淳麿) 討論ないものと認め、これより採決を行います。

 本件を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

              (挙手少数)



○議長(原淳麿) 挙手少数であります。よって本件は不採択とすることに決しました。

 以上をもちまして、平成14年第6回(12月)尾張旭市議会定例会の日程はすべて終了いたしました。

 閉会に当たりまして、市長よりあいさつを求めます。

 谷口市長。



◎市長(谷口幸治) 今回の12月定例市議会に提案させていただきました補正予算等の議案、同意案につきまして、慎重なご審議を賜り、すべて原案どおりにご議決、ご同意いただきまして、まことにありがとうございました。厚く御礼を申し上げる次第でございます。

 なお、今後とも引き続き市政運営に皆様方のご理解とご協力を賜りますようお願いを申し上げるとともに、これから寒さも一段と厳しくなってまいりますが、皆様方のご健勝を心からお祈り申し上げまして、私の閉会のあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(原淳麿) ありがとうございました。

 これをもちまして、12月定例会を閉会いたします。

 どうもありがとうございました。

                             午前10時33分閉会

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

                        尾張旭市議会

                         議長     原 淳麿

                         副議長    加藤さよ子

                         10番議員  谷口マスラオ

                         13番議員  渡辺欣聖