議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 尾張旭市

平成13年 12月 定例会(第6回) 12月21日−01号




平成13年 12月 定例会(第6回) − 12月21日−01号







平成13年 12月 定例会(第6回)



         平成13年第6回(12月)

             尾張旭市議会定例会会議録(第1号)

 平成13年12月21日午前9時30分尾張旭市議会(第6回)定例会が尾張旭市議会議場に招集された。

1 出席議員(26名)

  1番 水野義則     2番 川村 剛     3番 坂江章演

  4番 楠木千代子    5番 森 和実     6番 丹羽栄子

  7番 伊藤憲男     8番 森下政己     9番 良知静夫

 10番 谷口丈夫    11番 塚本美幸    12番 伊藤恵理子

 13番 渡辺欣聖    14番 佐藤信幸    15番 水野戦五

 16番 斉場洋治    17番 行本聖一    18番 加藤さよ子

 19番 原 淳麿    20番 水野一巳    21番 水野利彦

 22番 谷口弘文    23番 山田 稔    24番 服部 勝

 25番 日比野勝彦   26番 庄司宗雄

2 欠席議員

  なし

3 地方自治法第121条の規定により説明のため議会に出席を求めた者

 市長        谷口幸治       助役       若杉のり由

 収入役       谷口紀樹       教育長      小川進吾

 市長公室長     加藤和人       総務部長     日比野美次

 民生部長      梶田博幸       経済環境部長   若杉美由樹

 建設部長      大橋邦弘       水道部長     朝見孝雄

 教育部長      森下弘康       監査委員事務局長 加藤紘司

 消防長       浅見保永       経済環境部次長  水野柳一

 総務部総務課長   稲垣 努       企画課長     尾関健二

 福祉課長      中嶋好明       都市計画課長   加藤 薫

 下水道課長     伊藤博昭       社会教育課長   浅見孝二

 消防本部総務課長  福井健治

4 定例会の事務に従事した者

 議会事務局長    谷口恵広       議事課長     水草 修

 議事係長      太田 浩       主事       太田篤雄

5 議事日程(第1号)

  平成13年12月21日(金)午前9時30分開議

 議会運営委員長報告

 第1 会議録署名者の指名

 第2 諸報告

    議長報告

 第3 会期の決定

 第4 市長の所信表明

 第5 議案の上程(一括)

    提案理由の説明

    (1) 第55号議案 平成13年度尾張旭市一般会計補正予算(第3号)

    (2) 第56号議案 平成13年度尾張旭市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

    (3) 第57号議案 平成13年度尾張旭市老人保健特別会計補正予算(第2号)

    (4) 第58号議案 平成13年度尾張旭市介護保険特別会計補正予算(第2号)

    (5) 第59号議案 平成13年度尾張旭市水道事業会計補正予算(第1号)

    (6) 第60号議案 公益法人等への尾張旭市職員の派遣等に関する条例の制定について

    (7) 第61号議案 例規集改版に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

    (8) 第62号議案 尾張旭市条例の用語等の統一に関する措置条例の制定について

    (9) 第63号議案 政治倫理の確立のための尾張旭市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について

   (10) 第64号議案 尾張旭市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について

   (11) 第65号議案 尾張旭市職員の給与に関する条例の一部改正について

   (12) 第66号議案 尾張旭市児童厚生施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について

   (13) 第67号議案 尾張旭市勤労青少年ホームの設置及び管理に関する条例の一部改正について

   (14) 第68号議案 尾張旭市市営住宅設置及び管理に関する条例の一部改正について

   (15) 第69号議案 尾張旭市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について

   (16) 第70号議案 尾張東部衛生組合規約の一部改正について

                             午前9時30分開会



○議長(水野利彦) おはようございます。

 ただいまの出席議員は25名です。定足数に達しておりますので、これより平成13年第6回(12月)尾張旭市議会定例会を開会いたします。

 なお、川村 剛議員より、少々おくれるとの連絡をいただいております。

 なお、本日は尾張旭市記者会の加盟社、とうめい新聞社及び広報より写真撮影の依頼があり、またグリーンシティ・ケーブルテレビよりテレビ撮影の依頼がありました。これらを許可しておりますので、よろしくお願いをいたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本定例会には、議案等の説明のため、市長を初め関係者の出席を求めておりますので、お認めをお願いいたします。

 市長よりあいさつを求めます。

 谷口幸治市長。



◎市長(谷口幸治) 皆さん、おはようございます。

 本日、ここに平成13年第6回(12月)尾張旭市議会定例会を招集させていただきましたところ、議員各位には年末何かとご多忙の中をご参集いただきまして、開会の運びになりましたことに対しまして、まずもって厚く感謝とお礼を申し上げます。

 また、今回の定例市議会は、皆さんご承知のように、私の市長就任の日程の都合によりまして、このような時期に招集することになりました。皆さんには年末年始何かとご繁忙の中、大変迷惑をおかけする結果となりましたが、何とぞ事情をご賢察の上、ご協力を賜りますようお願いを申し上げます。

 さて、本定例市議会に提案させていただきます議案は、全部で16件でございます。その内訳は、補正予算の関係では、一般会計を初め3つの特別会計と水道事業会計を合わせまして5件を、条例の関係では、新たに制定するものが3件とその一部を改正するものが7件の合計10件、そしてその他として、一部事務組合規約の一部改正が1件となっております。

 よろしくご審議をいただきまして、ご議決を賜りますようお願いを申し上げ、開会のあいさつとさせていただきます。

 どうもありがとうございました。



○議長(水野利彦) 日程に先立ちまして、過日、議会運営委員会が開催されておりますので、委員長より報告を求めます。

 佐藤信幸委員長。



◆議会運営委員長(佐藤信幸) おはようございます。

 議長のご指名がありましたので、9月定例会以降に開催いたしました議会運営委員会の協議経過とその結果についてご報告をいたします。

 委員会は10月11日、10月17日、11月29日、12月13日の計4回開催し、10月11日は1名、10月17日は2名の欠席があり、11月29日、12月13日は委員全員の出席を得ております。なお、12月13日に開催された委員会には、助役を初め関係理事者の出席をいただいております。

 この間の主な協議事項は、1点目といたしまして平成14年度議会費予算について、2点目といたしまして手話通訳者の設置について、3点目といたしまして会議録検索システムのホームページ掲載について、4点目といたしまして市議会活性化協議会の答申について、5点目といたしまして12月定例会の運営についてであります。その協議内容については、既に委員を通じ皆様にはご承知のことと思いますので、協議内容及び結果については、ごく簡潔にご報告をさせていただきます。

 初めに、平成14年度議会費予算につきましては、議長原案のとおり要望していくことで認め合っております。

 次に、手話通訳者の設置につきましては、聴覚障害者の議会傍聴に対応するため、県内各市の状況を調査し、対応可能な道を探りながら協議を重ねているところでございます。この協議経過につきましては、議長から理事者に伝えていくことで認め合いました。

 次に、9月5日に報告をいたしましたインターネットの活用による会議録検索システムの市ホームページ掲載について、平成14年1月を予定しておりましたが、市の例規集ホームページ掲載に合わせ、14年3月から掲載することで確認をしております。

 次に、市議会活性化協議会の議員定数に関する答申につきましては、平成14年3月定例会に条例案の上程を目途に、委員より各会派所属議員に答申内容の周知をいただき、過日12月14日に開催されました全員協議会において、議長から各議員の意見を聞いていただくことを認め合いました。このことは、当日の全員協議会で議長からそのようなお取り計らいをしていただいたことはご承知のとおりでございます。

 次に、本定例会の運営につきましては、本日お手元に配付をされております尾張旭市議会定例会日程(案)のとおり進めることで認め合いました。なお、本日の議事内容について、要点を絞りご説明をさせていただきます。

 日程第3 会期につきましては、本日より来年1月23日までの34日間とすることで認め合っております。

 日程第4の市長の所信表明につきましては、ご承知のとおり市長選後の初議会でありますので、市長の所信表明を行っていただくことを認め合っております。

 日程第5 議案の上程は16件であり、一括して上程し提案理由の説明を行っていただくことで認め合いをしております。

 最後に、本定例会は16年ぶりの変則開催となり、質問受け付けが12月25日から27日午前中となっております。議員各位におかれましては、年末何かとご多忙とは存じ上げますが、期日までの質問通告に格別のご協力をお願いいたします。

 以上で議会運営委員会の報告を終わります。



○議長(水野利彦) 議会運営委員長の報告が終了いたしました。報告に対する質疑はございますか。

              (「なし」の声あり)



○議長(水野利彦) 質疑ないものと認めます。

 これより日程に入ります。

 日程第1 会議録署名者の指名を行います。

 会議録の署名は3番坂江章演議員、23番山田 稔議員の両名にお願いをいたします。

 日程第2 諸報告を行います。

 議長報告ですが、この件に関しましては、議会事務局長より報告をいたします。

 議会事務局長。



◎議会事務局長(谷口恵広) 議長報告を行います。報告事項は2件でございます。

 初めに、さきの9月定例会で採択されました「学級規模の縮小・多様な学習が可能となる教職員配置と義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書」及び「国の私学助成の増額と拡充に関する意見書」を、9月25日付でそれぞれ関係機関あてに送付いたしました。

 次に、例月出納検査の結果及び定例監査の結果の報告についてでございます。

 9月定例会以後、昨日12月20日までの間に、監査委員から議長あてに提出されました例月出納検査の結果報告が3件、定例監査の結果報告が2件ございました。

 関係資料につきましては、議会図書室にて供覧に付してございます。

 以上でございます。



○議長(水野利彦) 以上をもちまして、諸報告の件は終了いたしました。

 日程第3 会期の決定を行います。

 お諮りいたします。会期は本日から平成14年1月23日までの34日間ということでご異議ございませんか。

              (「異議なし」の声あり)



○議長(水野利彦) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日から平成14年1月23日までの34日間と決定いたしました。

 日程第4 市長の所信表明を行います。

 谷口市長。



◎市長(谷口幸治) 尾張旭市の市長就任に当たりまして、私といたしましては初めての市議会でありますので、貴重なるお時間をいただきまして、今後の市政に対する私の所信の一端を述べさせていただきます。議員各位並びに市民の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 ご承知のとおり、私は、去る11月18日に行われました尾張旭市長選挙におきまして、多くの市民の皆様のご支援をいただき、初当選の栄に浴することができました。そして、第3代目の尾張旭市長として、市政のかじ取りに当たらせていただくことになりましたが、今その職責の重大さを改めて痛感するとともに、市民の皆様の期待の大きさに身の引き締まる思いがいたしております。

 私は、これまで当市の教育委員会委員、学校医、そして社会福祉協議会評議員として行政に携わったものの、行政に対しましては浅学非才の身であります。これから本格的に市政運営に臨むわけですが、昨今の地方行政を取り巻く環境にはすこぶる厳しい状況がありますので、民間出身者として、民間の経営感覚をも取り入れていきたいと思います。足らざる点が多いことと思いますが、皆様方のご指導やご叱咤をいただきながら、職務の遂行に全力を期してまいりたいと考えております。

 私は、この尾張旭市に生を受けて57年になります。この間の当市の発展の経緯は、昭和23年に尾張旭市の前身である旭村から旭町へと町制を施行し、当時は1万人余りの人口でした。そして、昭和45年には市制が施行され、3万 4,000人余りであった人口も、土地区画整理事業などによる都市基盤の整備や、各種の公共施設の整備などが進み、今では7万 7,000人を超えるまでに増加し、尾張東部地区における青年都市として確固たる地位を築くまでになりました。これもひとえに諸先輩の英知とたゆみない努力のたまものであり、ここに改めて敬意と感謝を申し上げたいと思います。特に、市政運営の両輪としてご尽力をいただきました歴代の市長や議員各位に対して、心から敬意を表するものであります。

 さて、21世紀に入りましても、本市を取り巻く内外の情勢には極めて厳しいものがあり、市政に対する課題は山積しております。中でも、行財政改革、財政問題を初め、福祉・医療、ごみ等の環境問題、都市基盤整備、教育など、先送りできない課題ばかりだと存じます。

 今後4年間での私の市政運営における基本姿勢は、従来からの路線を継承しながらも、常に市民の目線で考え、より多くの市民の皆様方が行政に参画できる手法、すなわち、対話の行政を基本とし、柔軟な新しい発想により変えるべきものは変え、大切にしなければならないもの、すなわち、尾張旭市の緑と水に恵まれたすばらしい住環境は、ますます魅力あふれるものにしていくこと。そして、私の市民の皆様へのメッセージは、単に姿形だけの公園都市の実現にとどまらず、その中に息づく人と生活が生き生きする「まちに活力・人に元気が溢れる公園都市」の実現に誠心誠意努力することであります。

 私は、今回の選挙戦を通じて市民の皆様に訴えてまいりましたように、次の諸点を施策の大綱として市政を進めたいと考えております。そのためには、市議会の皆様方のご理解を賜りながら、尾張旭市の発展と市民生活の向上という共通の目標を目指して、私の持てるすべての力を傾注してまいる所存でございます。以下、その項目について述べます。

 その第1は、「心豊かな人を育てる街づくり」であります。次代を担う子供たちの健やかな成長を願い、そのために保育の充実、子育てボランティアの育成などの支援により、少子化対策に努めるとともに、学校教育や生涯学習環境の整備拡充、スクールカウンセラーの充実などによる、心豊かな教育の推進にも努めてまいります。

 第2に、「生き活きライフの街づくり」であります。そのために、高齢者、障害者福祉の充実、交通弱者の病院通いや買い物、またその社会参加を進めるための交通手段の検討や助成の拡大、生活環境を守るため、ごみの減量化の推進とリサイクル社会などの実現、伝統文化、市民文化活動及び市民スポーツ活動の拡大と充実、男女共同参画社会構築の推進などに努めます。

 第3に、「快適で潤いのある街づくり」であります。そのために、まちづくりの基本である土地区画整理事業の推進、公共下水道の普及、市南部地区でのコミュニティセンターの建設などを行います。

 第4に、「健康で安らぎのある街づくり」であります。そのために、市民の健康づくりを推進するための施設の充実、警察署の誘致、地震などの災害対策を積極的に進め、安心で安全なまちづくりを行います。

 最後の第5といたしましては、「活力のある産業の街づくり」であります。そのために、地元産業の育成・強化、商業活動の活性化、都市型農業の育成などに力を注ぎます。

 以上が、私の施策の大綱でございますけれども、これが一朝一夕にできるとは思っておりません。12月12日の初登庁以来、現下の市政が直面する課題や懸案の一端を直視し、これからの4年間の市政運営を厳しく受けとめているところであります。

 時代の流れとともに、今地方分権が強く叫ばれている中、地方自治体もみずからの道はみずからで切り開いていかなければならない時代です。皆さんと一緒に知恵を出し合い、気概を持って、今後の課せられた市政運営に邁進したいと考えております。そして、「より住みよい街、尾張旭」の実現のため、全力を尽くす覚悟でございます。

 どうか、私のこの決意と気持ちをお酌み取りいただき、今後の市政運営に対して、議員各位並びに市民の皆様方のご理解とご協力を賜りますよう心からお願いを申し上げ、私の所信表明といたします。

 どうもありがとうございました。



○議長(水野利彦) これをもちまして、市長の所信表明を終了いたします。

 日程第5 議案の上程を行います。

 第55号議案から第70号議案までを一括上程いたします。

 一括して提案理由の説明を求めます。

 若杉助役。



◎助役(若杉のり由) 平成13年第6回(12月)尾張旭市議会定例会に付議させていただきました諸議案につきまして、一括して提案理由をご説明申し上げます。

 第55号議案 平成13年度尾張旭市一般会計補正予算(第3号)についてであります。

 この補正予算案は、既定の予算総額 207億 9,056万 3,000円に、歳入歳出それぞれ1億 6,188万 9,000円を追加いたしまして、歳入歳出の総額を 209億 5,245万 2,000円にしようとするものでございます。

 今回の補正は、歳入におきましては、市税等の実績見込みに応じた調整と、各種事務事業の実績見込みに合わせました国県支出金等の調整を行っております。歳出におきましては、人事院勧告に準じました職員給与等の改定に伴います調整によって生じた財源をもとにいたしまして、公共施設用地の購入や土地区画整理組合に対する負担金の追加補正を行っております。また、将来の公債費負担を少しでも軽減するため、年利率4%以上の銀行縁故債の繰上償還を、臨時財政対策債、いわゆる赤字地方債を発行する財源により対応することも盛り込まれております。

 それでは、歳入の主なものにつきましてご説明申し上げます。

 まず、市税では、市たばこ税で 1,000万円を追加いたしました。

 地方譲与税では、自動車重量譲与税で 2,000万円を、地方道路譲与税で 700万円をそれぞれ追加いたしました。

 次に、地方消費税交付金では 3,000万円を、ゴルフ場利用税交付金では 300万円を、それぞれ減額いたしました。

 自動車取得税交付金では 4,000万円を追加いたしました。

 次に、国庫支出金では、児童手当負担金で 802万 7,000円を、まちづくり総合支援事業費補助金で 1,000万円をそれぞれ追加するなど、合計で 1,640万 5,000円を追加いたしました。

 県支出金では、道路改良費補助金で 700万円を、河川改良事業費補助金で 297万円をそれぞれ追加するなど、合計で 1,430万 9,000円を追加いたしました。

 市債では、繰上償還を行うための財源として臨時財政対策債 8,500万円を追加いたしました。

 続きまして、歳出の主なものにつきましてご説明申し上げます。

 前段で申し上げましたように、職員の給与の改定等に伴う調整として、全体で1億 2,490万1,000 円の人件費を減額いたしました。

 総務費では、市税過年度収入還付金及び還付加算金で 600万円を追加し、広報広聴費の印刷製本費で 1,100万円を減額するなど、合計で 3,570万 5,000円を減額いたしました。

 民生費では、介護保険特別会計繰出金で 841万円を、児童手当で 1,420万円をそれぞれ追加し、人件費の減により合計で 538万 4,000円を減額いたしました。

 衛生費では、高齢者のインフルエンザ予防接種のため予防接種(個別)委託料で 750万円を、災害時廃棄物仮集積場用地購入費で 7,612万円をそれぞれ追加するなど、合計で 7,069万 2,000円を追加いたしました。

 次に、土木費では、旭前城前特定土地区画整理補助事業負担金で 8,700万円を、都市計画道路代替用地購入費で 5,710万円をそれぞれ追加し、北原山土地区画整理補助事業負担金で 1,000万円を、測量登記等委託料で 996万円をそれぞれ減額するなど、合計で1億 1,682万 7,000円を追加いたしました。

 消防費では、新総合通信ネットワーク整備工事で 678万 2,000円を減額するなど、合計で1,742 万 5,000円を減額いたしました。

 公債費では、繰上償還を行うために、償還元金で 8,640万円を追加し、利子の確定に伴い償還利子で 1,170万 7,000円を減額し、合計で 7,469万 3,000円を追加いたしました。

 そのほか、補助対象事業の確定などに伴う額の増減や、委託料、工事請負費等の執行残額を精査いたしまして、それぞれ所要の調整をいたしております。

 関連資料といたしまして、給与費明細書、地方債調書、補正予算節別明細書を添付させていただいておりますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第56号議案 平成13年度尾張旭市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)。

 この補正予算案は、既定の予算総額18億 9,005万 6,000円に、歳入歳出それぞれ 326万 8,000円を追加いたしまして、歳入歳出の総額を18億 9,332万 4,000円にしようとするものでございます。

 その内容といたしましては、歳入では、平成12年度分消費税の確定による還付金として、諸収入を 326万 8,000円追加するものでございます。

 歳出では、給与改定に伴う人件費及び委託料等の契約差額金を精査いたしまして、総務費のうち一般管理費で 668万 5,000円、処理場管理費で 249万 2,000円、公共下水道事業費で77万4,000 円をそれぞれ減額するとともに、歳入歳出の調整のため予備費を 1,321万 9,000円追加するものでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第57号議案 平成13年度尾張旭市老人保健特別会計補正予算(第2号)。

 この補正予算案は、既定の予算総額45億 9,835万 4,000円に対しまして、歳入歳出それぞれ1,140 万円を追加いたしまして、歳入歳出の総額を46億 975万 4,000円にしようとするものでございます。

 その内容でございますが、歳出といたしまして、医療費支給費が予算額 3,610万円に対しまして 1,140万円の不足が生じてまいりますので、その不足額を追加するものでございます。

 また、それにあわせまして歳入といたしまして、支払基金交付金 798万円、国庫支出金 228万円、県支出金及び一般会計繰入金各57万円を、それぞれ追加するものでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第58号議案 平成13年度尾張旭市介護保険特別会計補正予算(第2号)。

 この補正予算案は、既定の予算総額18億 9,662万 6,000円に、歳入歳出それぞれ 3,385万6,000 円を追加いたしまして、歳入歳出の総額を19億 3,048万 2,000円にしようとするものでございます。

 その主な内容でございますが、歳入では、保険給付費の増加等に伴い、国庫負担金を 916万円、支払基金交付金を 1,511万 4,000円、県負担金を 572万 5,000円、一般会計繰入金を 841万円追加いたしました。

 また、認定事務の対象経費の減少により、国庫補助金を 455万 5,000円減額するものでございます。

 歳出では、まず認定事務に係る費用を精査しまして、介護認定審査会費を 301万 5,000円減額いたしました。

 次に、保険給付費の実績及び伸びを勘案いたしまして、介護サービス等諸費を 5,200万円追加し、支援サービス等諸費を 620万円減額いたしました。

 また、保険給付費が増加したことにより、基金積立金を 999万 8,000円減額いたしまして、歳入歳出の調整のため予備費を 106万 9,000円追加するものでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第59号議案 平成13年度尾張旭市水道事業会計補正予算(第1号)。

 この補正予算案は、人件費関連の額を補正しようとするものでございます。

 第2条の収益的収入及び支出につきましては、収入で給与費負担金を26万 5,000円増額し、支出で人件費関連で 242万 7,000円を減額しようとするものでございます。

 予算総額につきましては、収入で13億 4,126万 5,000円となり、支出では予備費で調整をいたしまして13億 7,300万円で増減はございません。

 第3条の資本的収入及び支出につきましては、支出で総額の5億 723万 9,000円から人件費関連の費用で79万 2,000円を増額し、5億 803万 1,000円にしようとするものでございます。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対しまして不足いたします3億 2,344万 9,000円は、過年度分損益勘定留保資金等で補てんするものでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第60号議案 公益法人等への尾張旭市職員の派遣等に関する条例の制定について。

 この案は、職員派遣の適正化や手続の透明化、派遣職員の身分取り扱いを明確化することを目的とした公益法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律が、平成14年4月1日に施行されることにあわせまして、必要となる事項を条例で定め、同日に施行しようとするものでございます。

 定める内容といたしましては、派遣先団体の名称、対象職員、給与に関する取り扱い、職務復帰に関する事項などでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第61号議案 例規集改版に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について。

 この条例案は、尾張旭市例規集データベース化に伴い、現行の例規集に登載の条例について精査を行い、改正及び廃止の必要な条例につきまして、一括して整備しようとするものでございます。

 その内容といたしましては、尾張旭市国民健康保険条例ほか22条例の一部改正と、制定目的が達成されております尾張旭市農業共済条例ほか1条例の廃止をするものでございます。

 なお、この条例は、公布の日から施行しようとするものでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第62号議案 尾張旭市条例の用語等の統一に関する措置条例の制定について。

 この条例案は、尾張旭市例規集データベース化に伴い、尾張旭市条例について、その内容を変えることなく既存の条例の用語の改善及び表記の統一を図るものでございます。

 その内容といたしましては、条例における漢字使用及び表記の統一、見出しが付されていない条の見出しの付記、別表等において根拠条名のないものに条名の付記をするものでございます。

 なお、この条例は、公布の日から施行しようとするものでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第63号議案 政治倫理の確立のための尾張旭市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について。

 この案は、政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開等に関する法律の一部が改正され、資産報告書及び資産等補充報告書の有価証券の記載項目のうち、株券については額面金額の総額の記載が不要となったため、条例条文中の規定について所要の整備を図ろうとするものでございます。

 なお、この条例は、公布の日から施行しようとするものでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第64号議案 尾張旭市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について。

 この案は、平成13年の人事院給与勧告に基づき、国家公務員の一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律が11月28日に公布されたことに伴い、本市におきましても国に準じ、これと同様の措置をしようとするものでございます。

 内容といたしましては、12月期における期末手当の支給月数を現行の 1.6月から1.55月に引き下げ、公布の日から施行しようとするものでございます。

 なお、平成13年度につきましては、平成14年3月期の期末手当で引き下げを行う内容となっております。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第65号議案 尾張旭市職員の給与に関する条例の一部改正について。

 この案は、平成13年の人事院給与勧告に基づき、本市においても、これに準じて職員の給与を改定しようとするものでございます。

 内容といたしましては、12月期における期末手当の支給月数を現行の 1.6月から1.55月に引き下げるとともに、新たに特例一時金を支給しようとするものでございます。

 また、再任用制度に関し、時間外勤務手当の支給割合の規定を追加する必要が生じましたので、あわせて改正しようとするものでございます。

 この条例の施行期日は、公布の日からとしておりますが、給与改定に関する改正につきましては、平成13年4月1日に遡及して適用しようとするものでございます。

 なお、この改正による平成13年度12月期の期末手当の引き下げ分につきましては、平成14年3月期の期末手当で調整する内容となっております。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第66号議案 尾張旭市児童厚生施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について。

 この案は、印場特定土地区画整理事業区域内に所在します南島ちびっ子広場において、同区画整理組合が平成13年度事業として都市公園を整備することに伴いまして、同広場を廃止しようとするものでございます。

 なお、この条例は、公布の日から施行しようとするものでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第67号議案 尾張旭市勤労青少年ホームの設置及び管理に関する条例の一部改正について。

 この案は、尾張旭市民結婚式場を廃止し、軽音楽室等を新たに設置することに伴い、使用料等所要の改正をするものでございます。

 使用料につきましては、市内公共施設の使用料を勘案いたしまして定めたものでございます。

 なお、この条例は平成14年4月1日から施行しようとするものでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第68号議案 尾張旭市市営住宅設置及び管理に関する条例の一部改正について。

 この案は、平成12年9月末から旭ヶ丘町山の手地内にて建てかえ工事を施工しております市営住宅が平成14年1月末に完成し、管理を開始することに伴いまして、その名称を旭ヶ丘住宅とし、1号棟18戸、2号棟15戸、合わせまして33戸の住宅と駐車場の設置を追加し、所要の改正をしようとするものでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第69号議案 尾張旭市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について。

 この案は、平成13年の人事院給与勧告に基づき、本市においても、これに準じて企業職員の給与を改定しようとするものでございます。

 内容といたしましては、新たに特例一時金を支給しようとするものでございます。

 この条例の施行期日は、公布の日とし、平成13年4月1日に遡及して適用しようとするものでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 第70号議案 尾張東部衛生組合規約の一部改正について。

 この案は、尾張東部衛生組合構成市町のごみ減量化対策促進につなげるため、規約で定める構成市町が負担する一般経費の算定方法に、ごみの搬入量を反映させるための規約改正について、地方自治法第 290条の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明を終わらせていただきます。



○議長(水野利彦) これをもちまして、提案理由の説明を終わります。

 以上をもちまして、本日の日程はすべて終了いたしました。

 これにて散会いたします。

 ご協力ありがとうございました。

                             午前10時12分散会