議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 知立市

平成28年予算・決算委員会(12月20日)




平成28年予算・決算委員会(12月20日)





 



            平成28年知立市議会12月定例会予算・決算委員会








1.招集年月日  平成28年12月20日(火) 午前10時


2.招集の場所  知立市議会議事堂


3.出席委員(20名)


   杉山 千春     明石 博門     水野  浩     中野 智基


   三宅 守人     田中  健     小林 昭弌     神谷 文明


   高木千恵子     久田 義章     池田 福子     池田 滋彦


   川合 正彦     永田 起也     稲垣 達雄     村上 直規


   風間 勝治     佐藤  修     中島 牧子     石川 信生


4.欠席委員


   な し


5.会議事件説明のため出席した者の職氏名


   市長        林  郁夫      副市長      清水 雅美


   企画部長      山口 義勝      総務部長     岩瀬 博史


   危機管理局長    高木  勝      福祉子ども部長  成瀬 達美


   保険健康部長    中村 明広      市民部長     野村 裕之


   建設部長      野々山 浩      都市整備部長   加藤  達


   上下水道部長    柘植 茂博      教育長      川合 基弘


   教育部長      石川 典枝      会計管理者    稲垣 利之


   監査委員事務局長  神谷 昌夫


6.職務のため出席した者の職氏名


   議会事務局長    佐藤  豊      議事課長     横井 宏和


   議事課長補佐兼議事係長


             澤田 直樹      庶務係主事    原  千笑


7.会議に付した事件(又は協議事項)及び審査結果


                事  件  名                審査結果


   議案第71号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第3号)         原案可決


   議案第72号 平成28年度知立市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)    〃


   議案第73号 平成28年度知立市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)   〃


   議案第74号 平成28年度知立市介護保険特別会計補正予算(第2号)      〃


   議案第75号 平成28年度知立市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)   〃


   議案第76号 平成28年度知立市水道事業会計補正予算(第1号)        〃


   議案第78号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第4号)          〃








           ―――――――――――――――――――――――


                   午前10時00分再開


○川合委員長 


 定足数に達しておりますので、ただいまから予算・決算委員会を再開します。


 本委員会に付託されました案件は7件、すなわち議案第71号、議案第72号、議案第73号、議案第74号、議案第75号、議案第76号、議案第78号です。これらの案件を遂次議題とします。


 各分科会委員長の報告を求めます。


 企画文教分科会委員長 永田委員。


               〔企画文教分科会委員長 登壇〕


○企画文教分科会委員長 


 それでは、予算・決算委員会企画文教分科会の報告をいたします。


 本分科会は、平成28年12月15日午後3時8分より、第1委員会室において、委員7名全員出席のもと開催されました。


 本分科会に審査を付託された案件は、議案第71号、第78号の2件です。


 審査内容につきまして、主な質疑、答弁を御報告いたします。


 議案第71号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第3号)では、12月補正での財政調整基金の繰入額の要因はとの問いに、民生費での過年度負担金等返還金と国の2次補正に伴う繰越明許する事業の一般財源があることが主な要因との答弁。


 財政調整基金取り崩しは、リーマンショック以後2回だけ。今年度の残高見込みはとの問いに、12月補正後で財政調整基金繰入額は約11億5,000万円で、残高は約12億5,000万円。例年減額補正となる3月補正後での繰入額は8億円程度と推測し、年度末残高は15億円から16億円を見込んでおり、非常に厳しい状況であるとの答弁。


 財政調整基金は年度間の調整するものであり取り崩しはやむを得ない。来年度の国の動向と財政調整基金の適正額はとの問いに、国も税収減を見込んでいる。当市の財政調整基金の適正額は、標準財政規模が128億円であり、その10%から15%程度の13億円から19億円が適正であるという認識との答弁。


 文書管理費、郵便料350万円増の補正の説明と今後の対策はの問いに、バーコードつき郵便物等の割引率が5%から3%に改定されたということに伴う増加が約65万円。それ以外に、各課から出される郵便物の増加により今回の補正となった。対策として、今回の補正に伴い、各課宛てに大量に郵便物を出す場合は事前に申し出ることや、ゆうメールで送ったほうが安くなるというケースなどを通知。今後も無駄のない予算執行に努めるとの答弁。


 消防団活動推進事業の消耗品とは何かとの問いに、消防団の防火衣で、火災時の消火活動をするための服17着購入する予定で、各分団4着ずつ、本団が1着で考えている。各基本分団には15着の防火衣を装備し、古くなったものについて更新しているとの答弁。


 小・中学校のプールのろ過機更新工事では、1工事あたり1,000万円の費用がかかる。更新は今後徐々に行っていくのかとの問いに、ろ過機の更新は既に3校実施している。知立小学校、知立中学校は、平成29年度実施で計画していたところ、老朽化により補正予算の対応となった。残りの5校についても更新を計画しているとの答弁でありました。


 なお、本件に対する自由討議はありませんでした。


 議案第78号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第4号)については、質疑、自由討議はありませんでした。


 以上で、本分科会に付託された案件の審査は全部終了し、午後3時41分に閉会されました。


 これで予算・決算委員会企画文教分科会の報告とさせていただきます。


               〔企画文教分科会委員長 降壇〕


○川合委員長 


 次に、市民福祉分科会委員長 杉山委員。


               〔市民福祉分科会委員長 登壇〕


○市民福祉分科会委員長 


 それでは、ただいまより、予算・決算委員会市民福祉分科会の報告をさせていただきます。


 本分科会は、平成28年12月12日月曜日午後2時22分より、第1委員会室において、委員全員出席のもと開催されました。


 本分科会に付託されました案件は、議案第71号、議案第72号、議案第74号、議案第75号の4件です。


 次に主な審議内容について御報告させていただきます。


 議案第71号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第3号)では、民生費保育園費について、職員給与費は2,889万3,000円減額だが、臨時職員雇用事業は2,558万7,000円が増額している。これは正規職員がやめて非正規職員を採用するということか、また、正規職員をあらかじめ多目に雇っていれば非正規職員をふやすことはないと思うがとの問いに、平成28年度退職した人が2名、当初予算時点で産休でなかった人が4名ほど新規に産休に入っている。6人分を補う形で臨時職員賃金を計上している。また、産休に入るということは確定していないため、最初から減らしておくことはできない。現実的に産休は11人いる。平成29年度については増員の予定だが、年度内にはまた10人程度の産休が発生するであろうと予測しているが、予算上と実際の現場の予測は一致しないので御了承いただきたいとの答弁。


 高齢者サービス運営事業のうち修繕料と施設管理備品購入費についてどういったものかとの問いに、来年4月から福祉体育館にある老人福祉センターを社会福祉協議会に委託する予算づけをしている。4月当初からの社会福祉協議会に委託となるので、事前に準備が必要となる。そのための修繕料と施設管理備品購入費をここであげている。


 まず、修繕料は生活相談料室扉修繕が19万4,000円、電話引き込み工事8万2,000円。社会福祉協議会に委託する場合、危機管理等の問題があり、現在の事務室に市の職員と社会福祉協議会の職員が同居することはできない。最終的には現在の浴室を改修して事務室と相談室にする予定。工事は平成29年度の実施となるので、暫定的にどこかに事務室を構える必要があり、生活相談室に事務所を置く予定である。相談室は現行では窓もなく、鍵もかけられないので、そのための修繕を予定している。備品購入費については、事業実施に当たり初日から必要になるパソコン、プリンター、ファクシミリ、カウンター、ロッカー等を予定しているとの答弁。


 刈谷知立環境組合の分担金が3,800万円余の減額とあるが、その要因、内容は何かとの問いに、組合予算の歳入において、前年度繰越金、ごみ処理手数料、売電電力料金の合計6,500万9,000円の増。歳出においては、消耗品費、施設運営管理委託料、人件費の合計が3,915万9,000円の減。組合として歳入歳出合わせて1億416万8,000円の増額となり、負担割合により知立市の分担金が3,814万3,000円の減額となるとの答弁。


 刈谷知立環境組合では、平成29年度より包括的運営管理業務委託が行われると聞いているが、目的と内容は、また、運営費削減の見込みはとの問いに、ごみ処理施設の維持管理、整備、大規模改修、更新等の運営経費が今後増大していくことが予想されるため、平成29年度から民間事業者との連携による中期包括委託方式の採用により、今後の財政負担の軽減、平準化を目的に行うものであり、削減見込みは知立市分担金が5年間で1億8,900万円余り、約4%の減額であるとの答弁。


 観光費、公式マスコットキャラクター活動推進事業商標登録手数料についての内容はとの問いに、今年度、既に商品化されている6区分について商標登録した。しかし、関東地区でちりゅっぴに酷似したキャラクターが出現したこともあり、今後も同様に酷似したものが出て、相手が先に商標登録した場合、訴えられるケースにもなりかねないため、必要であると思われる区分について追加で登録するものであるとの答弁があり、自由討議は ありませんでした。


 議案第72号 平成28年度知立市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)、議案第74号 平成28年度知立市介護保険特別会計補正予算(第2号)、議案第75号 平成28年度知立市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、質疑、自由討議はありませんでした。


 以上で、本分科会に付託された案件の審査は全て終了し、午後2時58分に閉会いたしました。


 これをもちまして、予算・決算委員会市民福祉分科会の報告とさせていただきます。


               〔市民福祉分科会委員長 降壇〕


○川合委員長 


 次に、建設水道分科会委員長 神谷委員。


               〔建設水道分科会委員長 登壇〕


○建設水道分科会委員長 


 それでは、予算・決算委員会建設水道分科会の報告をさせていただきます。


 本分科会は、平成28年12月13日午後2時14分より、第1委員会室において、委員全員出席のもと開催されました。


 分科会に付託されました案件は、議案第71号、議案第73号、議案第76号の3件です。


 次に、主な審議内容について報告させていただきます。


 議案第71号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第3号)では、知立中央通線道路改良事業の減額補正の内容はとの質問に対し、今年度用地補償予定の5件に対し、2件は済み、3件は今年度契約できなかったため減額補正したいとの答弁。


 生活道路新設改良事業の予算に区長申請の予算も入っているかとの質問に対し、維持修繕以外の工事費が含まれるとの答弁。


 知立環状線の補正予算の内容と進捗状況はとの質問に対し、先行取得で公社が買った224.92平方メートルの買い戻し、市施工の平成27年度末の進捗率は83.3%、県施工の本郷知立線は28.4%との答弁。


 社会資本整備総合交付金が今回1億5,700万円弱の増額となったが、その理由はとの質問に対し、100年に一度のまちづくりで4,137万円、八橋周辺地区で1億1,590万円の増額で、国への要望時に市の予算よりも多くの内示額を得たことと、それぞれの担当課が集まり国費の返還はせず、必ず消化すると徹底したことが原因との答弁。


 連立事業に基金から210万円が繰り入れされ、一般財源が859万7,000円充当されているがとの質問に対し、三河知立移設駅周辺整備に関し、竜北中学のグランドを校外に移す用地買い上げの差異であるとの答弁。


 当初予算で1億7,340万円の用地購入費があり、補正でこれよりかかるとのことであったが、関連工事の内容はとの質問に対し、竜北中学のグランドの一部を駅前広場のロータリー等で買い、その代替地として知立山土地区画整理組合の保留地1,700平方メートルをハンドボールコートの代替として買う。当初は簡易的な整備だけを考えていたが、補正が通れば、ハンドボールコートをほぼ完成形までつくることができるとの答弁。


 才兼池整備の工事内容はとの質問に対し、あずまや、車どめ、ベンチ、園名板、照明灯、園路舗装を予定し、工事完了予定との答弁。


 狭隘道路寄附補助金の当初件数と補正の見込み件数はとの質問に対し、当初5件、補正で6件、合わせて11件との答弁。


 昨年度2件で今年度11件と大幅増の原因はとの質問に対し、広報掲載によるPRや境界立ち会い時における調査士からのPRが要因との答弁。


 自由討議はありませんでした。


 議案第73号 平成28年度知立市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)では、一般会計繰入金1,500万円余が計上されているが、その理由はとの質問に対し、歳出不足分を増額するもの。国の補正予算第2号による裏負担分と事業精査による不足分を合わせたものが1,544万3,000円であるとの答弁。


 自由討議はありませんでした。


 議案第76号 平成27年度知立市水道事業会計補正予算(第1号)については、質疑、自由討議はありませんでした。


 以上、本分科会に付託されました案件の審査は全て終了し、午後3時29分に閉会いたしました。


 これをもちまして、予算・決算委員会建設水道分科会の報告とさせていただきます。


               〔建設水道分科会委員長 降壇〕


○川合委員長 


 これで分科会委員長報告を終わります。


 ただいまの企画文教分科会委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 ただいまの市民福祉分科会委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 ただいまの建設水道分科会委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 ただいまから各議案の審査に入ります。


 議案第71号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第3号)の件を議題とします。


 直ちに質疑に入ります。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 次に、自由討議に入ります。


 本案に対する自由討議の発言を許します。


               (「自由討議なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 自由討議なしと認めます。これで自由討議を終わります。


 次に、討論に入ります。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


                (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 議案第71号について、挙手により採決します。


 議案第71号は原案のとおり可決することに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○川合委員長 


 挙手全員です。したがって、議案第71号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第3号)の件は、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 議案第72号 平成28年度知立市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の件を議題とします。


 直ちに質疑に入ります。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 次に、自由討議に入ります。


 本案に対する自由討議の発言を許します。


               (「自由討議なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 自由討議なしと認めます。これで自由討議を終わります。


 次に、討論に入ります。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


                (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 議案第72号について、挙手により採決します。


 議案第72号は原案のとおり可決することに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○川合委員長 


 挙手全員です。したがって、議案第72号 平成28年度知立市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の件は、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第73号 平成28年度知立市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)の件を議題とします。


 直ちに質疑に入ります。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 次に、自由討議に入ります。


 本案に対する自由討議の発言を許します。


               (「自由討議なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 自由討議なしと認めます。これで自由討議を終わります。


 次に、討論に入ります。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


                (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 議案第73号について、挙手により採決します。


 議案第73号は原案のとおり可決することに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○川合委員長 


 挙手全員です。したがって、議案第73号 平成28年度知立市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)の件は、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第74号 平成28年度知立市介護保険特別会計補正予算(第2号)の件を議題とします。


 直ちに質疑に入ります。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 次に、自由討議に入ります。


 本案に対する自由討議の発言を許します。


               (「自由討議なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 自由討議なしと認めます。これで自由討議を終わります。


 次に、討論に入ります。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


                (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 議案第74号について、挙手により採決します。


 議案第74号は原案のとおり可決することに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○川合委員長 


 挙手全員です。したがって、議案第74号 平成28年度知立市介護保険特別会計補正予算(第2号)の件は、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第75号 平成28年度知立市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の件を議題とします。


 直ちに質疑に入ります。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 次に、自由討議に入ります。


 本案に対する自由討議の発言を許します。


               (「自由討議なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 自由討議なしと認めます。これで自由討議を終わります。


 次に、討論に入ります。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


                (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 議案第75号について、挙手により採決します。


 議案第75号は原案のとおり可決することに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○川合委員長 


 挙手全員です。したがって、議案第75号 平成28年度知立市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の件は、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第76号 平成28年度知立市水道事業会計補正予算(第1号)の件を議題とします。


 直ちに質疑に入ります。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 次に、自由討議に入ります。


 本案に対する自由討議の発言を許します。


               (「自由討議なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 自由討議なしと認めます。これで自由討議を終わります。


 次に、討論に入ります。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


                (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 議案第76号について、挙手により採決します。


 議案第76号は原案のとおり可決することに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○川合委員長 


 挙手全員です。したがって、議案第76号 平成28年度知立市水道事業会計補正予算(第1号)の件は、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第78号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第4号)の件を議題とします。


 直ちに質疑に入ります。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 次に、自由討議に入ります。


 本案に対する自由討議の発言を許します。


               (「自由討議なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 自由討議なしと認めます。これで自由討議を終わります。


 次に、討論に入ります。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


                (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○川合委員長 


 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 議案第78号について、挙手により採決します。


 議案第78号は原案のとおり可決することに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○川合委員長 


 挙手全員です。したがって、議案第78号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第4号)の件は、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上で、本委員会に付託された案件の審査は終了いたしました。


 以上で、予算・決算委員会を閉会いたします。


                   午前10時25分閉会


           ―――――――――――――――――――――――








会議の経過を記載して、その相違ないことを証するためここに署名する。





 平成   年   月   日


  知立市議会予算・決算委員会


     委員長