議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 知立市

平成28年予算・決算委員会( 6月28日)




平成28年予算・決算委員会( 6月28日)





 
            平成28年知立市議会6月定例会予算・決算委員会





1.招集年月日  平成28年6月28日(水) 午前10時


2.招集の場所  知立市議会議事堂


3.出席委員(20名)


   杉山 千春     明石 博門     水野  浩     中野 智基


   三宅 守人     田中  健     小林 昭弌     神谷 文明


   高木千恵子     久田 義章     池田 福子     池田 滋彦


   川合 正彦     永田 起也     稲垣 達雄     村上 直規


   風間 勝治     佐藤  修     中島 牧子     石川 信生


4.欠席委員


   な し


5.会議事件説明のため出席した者の職氏名


   市長        林  郁夫      副市長      清水 雅美


   企画部長      山口 義勝      総務部長     岩瀬 博史


   危機管理局長    高木  勝      福祉子ども部長  成瀬 達美


   保険健康部長    中村 明広      市民部長     野村 裕之


   建設部長      野々山 浩      都市整備部長   加藤  達


   上下水道部長    柘植 茂博      教育長      川合 基弘


   教育部長      石川 典枝      会計管理者    稲垣 利之


   監査委員事務局長  神谷 昌夫


6.職務のため出席した者の職氏名


   議会事務局長    佐藤  豊      議事課長     横井 宏和


   議事課長補佐兼議事係長


             澤田 直樹      議事係      野々山英里


7.会議に付した事件(又は協議事項)及び審査結果


                事  件  名                審査結果


   議案第49号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第1号)         原案可決








           ―――――――――――――――――――――――


                   午前10時00分再開


○永田委員長 


 定足数に達していますので、ただいまから6月17日に引き続き予算・決算委員会を再開します。


 本委員会に付託されました案件は1件、すなわち議案第49号です。案件を議題とします。


 各分科会委員長の報告を求めます。


 企画文教分科会委員長 田中委員。


               〔企画文教分科会委員長 登壇〕


○企画文教分科会委員長 


 それでは、予算・決算委員会企画文教分科会の報告をいたします。


 本分科会は、平成28年6月20日午後1時14分より、第1委員会室において、委員7名のうち、出席6名、欠席1名のもと開催されました。


 本分科会の所管とされました案件は、議案第49号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第1号)の1件でありますが、委員からの質疑、自由討議はありませんでした。


 以上で、本分科会の所管とされた案件の審査は終了し、午後1時15分に閉会いたしました。


 これで予算・決算委員会企画文教分科会の報告とさせていただきます。


               〔企画文教分科会委員長 降壇〕


○永田委員長 


 次に、市民福祉分科会委員長 高木委員。


               〔市民福祉分科会委員長 登壇〕


○市民福祉分科会委員長 


 予算・決算委員会市民福祉分科会の御報告をさせていただきます。


 本分科会は、平成28年6月21日午前10時30分より、第1委員会室におきまして、出席委員7名で開催されました。


 本分科会の所管とされました案件は、議案第49号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第1号)の1件です。主な質疑と答弁の内容を御報告いたします。


 予防接種事業について、10月1日より定期接種となり、その対象者は、平成28年4月1日生まれ以降で、生後2カ月から1歳までですが、このB型肝炎ワクチンは、なぜ早く接種することがよいのですかの問いに、B型肝炎は、特に3歳未満で感染の場合、持続感染を引き起こす確率が高いため、集団生活を始める1歳までを対象に実施が望ましいとの答弁。


 地方創生加速化交付金による知立ブランド品特産品創出事業は、いつまでに何を実施するのかの問いに、8月ごろから募集をかけ、今年度中に知立ブランド認定との答弁。


 知立ブランド特産品創出事業が、どう経済効果につなげていくのかの問いに、観光協会ホームページの改修、特産店への参加、市内販売などとの答弁があり、自由討議はありませんでした。


 以上、本分科会に付託されました案件の審査は終了し、午前11時8分に閉会いたしました。


 これをもちまして、予算・決算委員会市民福祉分科会の報告とさせていただきます。


               〔市民福祉分科会委員長 降壇〕


○永田委員長 


 次に、建設水道分科会委員長 杉山委員。


○建設水道分科会委員長 


 それでは、予算・決算委員会建設水道分科会の報告をさせていただきます。


 本分科会は、平成28年6月23日午前11時43分より、第1委員会室において、委員全員出席のもと開催されました。


 本分科会に付託されました案件は、議案第49号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第1号)の1件です。次に、主な審議内容について、御報告させていただきます。


 公園改修事業170万7,000円について、弘法山憩の広場のすべり台、砂場の撤去、ベンチ移設費用でよいか。南側の原状回復、北側に残る公園整備の予算も計上されているのかとの問いに、公園改修の内訳は、ネットフェンス47.5メートル、木製フェンス24.5メートル、すべり台1基、砂場1カ所の撤去。ベンチ3基移設、南側を介し新たにネットフェンス40メートルの新設が工事内容であるとの答弁。


 借地公園の契約期間が何年ぐらいか、また契約終了に伴い、廃止も余儀なくされる一時的な公園であるため、地域住民の継続の要望もあると思うが、その点どう考えるかとの問いに、借地公園の設置要綱において、10年間以上、借地できることと規定されている。借地期間内に解消されると廃止せざるを得ない状況に陥る。市としては、条例に規定されている市民1人当たりの公園面積を確保する目標を掲げているとの答弁。


 都市区分の条例で、知立市の基準が7平方メートルで4.16平方メートル、そのうち都市公園は5平方メートルが基準で、2.72平方メートルということで、公園整備面積は基準より低いが、今後どのように進めるのか、また借地公園の方向性も含めてどのように考えているのかとの問いに、整備については、条例にうたってある以上、その面積を超えるまでに整備するのが狙いだと思っているが、公園整備にあたっては、土地の買収や近隣住民の借地承諾等の協力をしていただくことが必須となることから、公園適地も含め、用地をいかに生み出していけるかが重要になると考える。また財政上の問題もあり、市全体のバランスの中で適当なものが供給される情報があれば、これを含め今後研究していくとの答弁があり、自由討議はありませんでした。


 以上で、本分科会に付託された全ての案件の審査は終了し、午後1時18分に閉会いたしました。


 これをもちまして、予算・決算委員会建設水道分科会の報告とさせていただきます。


               〔建設水道分科会委員長 降壇〕


○永田委員長 


 これで分科会委員長の報告を終わります。


 ただいまの企画文教分科会委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○永田委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 ただいまの市民福祉分科会委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○永田委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 ただいまの建設水道分科会委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○永田委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 ただいまから議案の審査に入ります。


 議案第49号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第1号)の件を議題とします。


 直ちに質疑に入ります。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○永田委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 次に、自由討議に入ります。


 本案に対する自由討議の発言を許します。


               (「自由討議なし」と呼ぶ者あり)


○永田委員長 


 自由討議なしと認めます。これで自由討議を終わります。


 次に、討論に入ります。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


                (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○永田委員長 


 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 議案第49号について、挙手により採決します。


 議案第49号は原案のとおり可決することに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○永田委員長 


 挙手全員です。したがって、議案第49号 平成28年度知立市一般会計補正予算(第1号)の件は、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上で、本委員会に付託された案件の審査は終了しました。


 これで予算・決算委員会を閉会します。


                   午前10時09分閉会


           ―――――――――――――――――――――――











会議の経過を記載して、その相違ないことを証するためここに署名する。





 平成   年   月   日


  知立市議会予算・決算委員会


     委員長