議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 知立市

平成28年市民福祉委員会( 6月21日)




平成28年市民福祉委員会( 6月21日)





 



            平成28年知立市議会6月定例会市民福祉委員会





1.招集年月日  平成28年6月21日(火) 午前10時


2.招集の場所  第1委員会室


3.出席委員(7名)


   明石 博門     中野 智基     小林 昭弌     神谷 文明


   高木千恵子     池田 福子     川合 正彦


4.欠席委員


   な し


5.会議事件説明のため出席した者の職氏名


   市長        林  郁夫      副市長      清水 雅美


   福祉子ども部長   成瀬 達美      福祉課長     瀬古 俊之


   子ども課長     長谷 嘉之      保険健康部長   中村 明広


   長寿介護課長    清水 弘一      国保医療課長   寺田 秀彦


   健康増進課長    浦田 浩子      市民部長     野村 裕之


   市民課長      加塚 尚子      経済課長     早川  晋


   環境課長      小栗 朋広


6.職務のため出席した者の職氏名


   議会事務局長    佐藤  豊      議事課長     横井 宏和


   議事課長補佐兼議事係長


             澤田 直樹


7.会議に付した事件(又は協議事項)及び審査結果


                事  件  名                審査結果


   議案第44号 知立市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条 原案可決


         例の一部を改正する条例


   議案第45号 知立市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料等に  〃


         関する条例の一部を改正する条例


   議案第46号 知立市国民健康保険税条例の一部を改正する条例         〃


   陳情第7号 中小企業・小規模企業振興条例を制定して地元中小企業への支援 不採択


         を行うこと及び地域の特性を生かした産業振興をはかることを求


         める陳情書


   陳情第9号 全国一律最低賃金制度の確立を求める意見書の提出を求める陳情書 〃


   陳情第11号 「働くルール」の確立を目指すことを求める意見書の提出を求め  〃


         る陳情書








           ―――――――――――――――――――――――


                   午前9時59分開会


○高木委員長 


 定足数に達していますので、ただいまから市民福祉委員会を開会します。


 本委員会に付託されました案件は6件、すなわち議案第44号、議案第45号、議案第46号、陳情第7号、陳情第9号、陳情第11号です。これらの案件を逐次議題とします。


 なお、陳情につきましては、趣旨説明の希望はありませんでした。


 それでは、議案第44号 知立市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の件を議題とします。


 直ちに質疑に入ります。質疑はありませんか。


○池田福子委員 


 ちょっとお伺いしたいんですけれども、これはここにそういうものが載ってないんですけれども、今現在、当市ではどうなってますか。


○子ども課長 


 当市における施設においては、3階建てに保育室があるという施設ございませんので、該当はありません。


○池田福子委員 


 ということは、ちょっと念のためにということだと思うんですけれども、結局これは変則的な保育だと思うんですけれども、安全第一で考えているということでいいわけですか。火災がテーマですよね。ここでいえば火災がテーマで、私は、外に出入りできる階段があるのかなと思ったんですけれども、そういう意味ではないということですね。


○子ども課長 


 今回の改正は、階段に火事があった場合、煙だとか火が瞬時に上がってくるというところで、階段室からすぐ避難できる場所を確保するという改正でございまして、階段の外側でもいいので、扉があって、その煙だとか火が遮断できる避難する場所を設置しなさいという改正でございます。


○池田福子委員 


 これもやっぱり変則的だと思って。私は、これを読んでいて、最初に2階というふうに出てたもんですから、1階、2階、3階全部保育園があって、その2階部分か3階部分かなと思ったんですけれども、これもちょっと違うんですよね。マンションならば下は居住室だったりとか、駐車場だったりとかするということですよね、想定としては。


○子ども課長 


 想定としては、将来的には駅周辺の市街地再開発事業のビルの中に保育所ができたという場合については、そういう構造が必要だということになります。


○高木委員長 


 ほかに質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○高木委員長 


 これで質疑を終わります。


 次に自由討議に入ります。


 本案に対する自由討議の発言を許します。


               (「自由討議なし」と呼ぶ者あり)


○高木委員長 


 自由討議なしと認めます。これで自由討議を終わります。


 次に討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


                (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○高木委員長 


 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 議案第44号について、挙手により採決します。


 議案第44号は、原案のとおり可決することに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○高木委員長 


 挙手全員です。したがって議案第44号 知立市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の件は原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 議案第45号 知立市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料等に関する条例の一部を改正する条例の件を議題とします。


 直ちに質疑に入ります。質疑はありませんか。


○池田福子委員 


 先輩議員が細かく詳しく保険料に関しては聞いてもらいました。ここで追加でちょっと伺いたいんですけれども、特定被監護者等というところがありまして、ここの条件として、保護者と生計を一にする者ということになっていて、あのとき説明があったのは、一緒に住んでいなくてもいいという説明がありました。一緒に住んでないけれども生計は一つだよという証明をするものは住民票だとかいろいろあると思うんですけれども、証明する書類は何があるのですか。


○子ども課長 


 証明する書類としては、一番わかりやすいのが所得税における扶養控除に該当するかどうか。そこに一例でいきますと、世帯は別々で住んでる場所が違うんだけれども、扶養として生計を一にしているということで税申告をされている場合等がこれに当てはまるかなと思います。


○池田福子委員 


 ということは、こういう言い方はあれですけど、1年おくれになることはない。


○子ども課長 


 所得税は1月から12月のものを確定申告を3月16日までに行って、それを受けて市県民税のほうの申告を6月までに計算を市のほうがするという形になりますので、所得税のほうで申告がされていれば、市県民税のほうにはそのデータがそのまま使われる形になってますので、毎年の保育料の更新時においては、はっきりわかるというふうに思っております。


○池田福子委員 


 毎年のが前年でわかるという、前年のものが4月にわかるということですよね。1年おくれというのは、そういうことを私は聞きたいんですけれども、その所得税の証明を取るには1年後だけど、今これを適用してほしいという場合は、ほかに例えば、住民票とか通学証明とか、そういったので対応が可能ですかね。


○子ども課長 


 今と言われると、何らかの形で生計を一にしたということの場合にということでしょうか。


 その場合は、やはり本人からの申請が必要になるかと思います。


○池田福子委員 


 その申請には、それなりの書類が必要ですねということなんですけど、そこはまた個人で違ってくるということでいいですか。相談には乗るという。


○子ども課長 


 申請において、どんな書類が必要かというのはそれぞれ確認をとる必要があるかなと思います。


○池田福子委員 


 もう一つ伺いたいのは、ひとり親ということは出ておりますけれども、例えば、里親の場合はどうでしょうかね。今、施設から、なるべく普通の家庭で育てようということで里親ということが注目されてるわけですよね。知立市では少ないかもしれないんですけれども、この保育料に関して里親の場合は、どういう対処で臨むんですか。


○子ども課長 


 現在でも保育所入所申請書兼保育児童台帳がありまして、4番に入所児童の世帯状況という欄がございます。そこで該当する項目として里親という項目もありますので、それについては、詳しく世帯の方の状況を手帳等の必要があれば写しもいただくというような形もとって、申請時において調査をさせていただいておりますので、里親も該当するということです。


○高木委員長 


 ほかに質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○高木委員長 


 これで質疑を終わります。


 次に自由討議に入ります。


 本案に対する自由討議の発言を許します。


               (「自由討議なし」と呼ぶ者あり)


○高木委員長 


 自由討議なしと認めます。これで自由討議を終わります。


 次に討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


                (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○高木委員長 


 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 議案第45号について、挙手により採決します。


 議案第45号は、原案のとおり可決することに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○高木委員長 


 挙手全員です。したがって議案第45号 知立市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料等に関する条例の一部を改正する条例の件は原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 議案第46号 知立市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の件を議題とします。


 直ちに質疑に入ります。質疑はありませんか。


                (「質疑なし」と呼ぶ者あり)


○高木委員長 


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 次に自由討議に入ります。


 本案に対する自由討議の発言を許します。


               (「自由討議なし」と呼ぶ者あり)


○高木委員長 


 自由討議なしと認めます。これで自由討議を終わります。


 次に討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


                (「討論なし」と呼ぶ者あり)


○高木委員長 


 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 議案第46号について、挙手により採決します。


 議案第46号は、原案のとおり可決することに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○高木委員長 


 挙手全員です。したがって議案第46号 知立市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の件は原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 陳情第7号 中小企業・小規模企業振興条例を制定して地元中小企業への支援を行うこと及び地域の特性を生かした産業振興をはかることを求める陳情書の件を議題とします。


 御意見がありましたら、発言をお願いいたします。


○小林委員 


 中小企業・小規模企業振興条例を制定して地元中小企業への支援を行うこと及び地域の特性を生かした産業振興をはかることを求める陳情書、第7号に関しまして、当市においては、2013年、平成25年4月1日より当市としては制定しており、これを不採択という形で。不採択。


○高木委員長 


 ほかに。


○明石委員 


 陳情第7号に対しまして、不採択でお願いします。


 本市は、知立市中小企業振興基本条例が既に制定されていますので、不採択でお願いいたします。


○高木委員長 


 ほかに。


○中野委員 


 市政会を代表して反対の意見を述べさせていただきます。


 こちらのほう、先ほどから皆さん述べておられるとおり、知立市におきましては、中小企業実態調査を平成24年度に取りまとめまして、平成25年4月1日より知立市中小企業振興基本条例が施行されておるところでございます。


 この中で、さまざまな施策、特に知立市中小企業振興会議等で、この知立市の特性を生かした産業振興について議論がされており、諮問と答申、そういったものも過去に2回ほど行われておるという状況でございます。


 また、こちらのほうの陳情書の本文の中段に、安倍政権の地方創生では問題解決できるはずもなく、とあるところでございますが、やはり我々、今、地方自治体一体となって地方創生、地方が主役ということで取り組んでおるという道半ばのところでございます。そういったことを含めて、総合的に勘案いたしまして本陳情を不採択とさせていただきます。


○高木委員長 


 ほかに。


○池田福子委員 


 私どもは、これに賛同いたします。振興条例は制定されておりますけれども、どれだけ認知されているかは、少々疑問なところです。


 日本は、中小零細企業がおおよそ97%以上と言われているわけです。経済の基盤にもなっているわけですね。大企業の下請的な立場から脱却をして中小の独自性を生かすためにも産業振興には力を入れるべきであり、賛同の意見とさせていただきます。


○高木委員長 


 次に、自由討議に入ります。


 本件に対する自由討議の発言を許します。


               (「自由討議なし」と呼ぶ者あり)


○高木委員長 


 自由討議なしと認めます。これで自由討議を終わります。


 それでは、これより採決します。


 陳情第7号について採択することに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○高木委員長 


 挙手少数です。


 次に、陳情第7号について不採択とすることに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○高木委員長 


 挙手多数です。したがって陳情第7号 中小企業・小規模企業振興条例を制定して地元中小企業への支援を行うこと及び地域の特性を生かした産業振興をはかることを求める陳情書の件は、不採択とすべきものと決定しました。


 陳情第9号 全国一律最低賃金制度の確立を求める意見書の提出を求める陳情書の件を議題とします。


 御意見がありましたら、発言をお願いいたします。


○神谷委員 


 陳情第9号 全国一律最低賃金制度の確立を求める意見書の提出を求める陳情書でありますけれども、これ、最低賃金は最低賃金審議会によって、公益代表、労働者代表、使用者代表が入っている委員によって決められております。やはり生活コストの高い東京を初め、都市部が高いのは当然であろうと思います。


 したがって、全国一律であるというより、地方、地方の事情によって変わるのが自然であるというふうに考えますので、不採択でお願いいたします。


○高木委員長 


 ほかに。


○川合委員 


 当陳情におきましては、不採択の立場で意見を述べさせていただきます。


 以前から、この件につきましては何度も出てきておりますが、今、意見ありましたように、一律というのはなかなか難しいところは確かにあります。それに反して、やはり働いてもワーキングプアで生活が向上しないということ、これも非常に大きな問題でありまして、それについては、もう少し違った角度からの対応が必要じゃないかと思っています。


 それと、GDPにふさわしい最低賃金とありますが、今先ほどの意見にもありましたが、中小零細が90%以上占める我が国におきまして、本当にGDPの数字が示すような実際の中小零細企業が経営実態かということをもう少し考えるべきだと思います。確かに、1,000円ぐらいないと、なかなか時間単価必要かもしれませんが、実際そうした場合に、中小零細、個人店が雇用に対して非常に大きな問題が発生します。どちらを重視するかということもありますが、やはり今の経済基盤を支える中小零細の方たち、個人商店の方たちの立場ももう少し勘案しながらこういったものは議論するべきだと思います。


 以上です。


○高木委員長 


 ほかに。


○明石委員 


 陳情第9号に対しまして、不採択でお願いします。


 非正規雇用の時間当たりの賃金が正社員の6割程度である現状を、欧州並みの8割程度に引き上げることを目指すことが重要であると考えます。パートタイムの平均時給は正社員フルタイムの平均時給よりも少ない現状でありますが、その差が合理的に説明できるかどうかが重要であります。


 非正規の実態把握に当たっては、さまざまな事情によって、フルタイムで働くことを断念せざるを得ない方々は、現在、不本意非正規とされていない点も考慮しつつ、調査を進めるべきであります。また、男女間賃金格差は依然として存在しており、その解消に向けても同一賃金、同一労働に取り組むべきであると考えます。


 よって、今回のこの件に関しましては、不採択でお願いいたします。


○高木委員長 


 ほかに。


○池田福子委員 


 全国一律最低賃金制度の確立を求める意見書の提出を求める陳情書に対して、賛成の意見を述べさせていただきます。


 平和で健康的な文化的な生活を送る権利というものがあります。確かに、地域格差も大きいんですけれども、今、4割の方が非正規社員、そして4人に1人は年収200万円以下という状態であります。当然これでは結婚はできない。少子化の解消にはほど遠いと言わざるを得ません。


 今、まともに生活しようと思えば、時給は1,300円必要と言われているわけです。ちなみに、介護の非正規の方は1,300円です。そして、正職員の方は3,600円と、こういう差もあるんですけれども、そのことはさておいて、まずは最低一律1,000円のラインを死守すべきであります。内部留保はどんどんふえているわけなんです。人件費にそちらを回すという姿勢は必要ではないかと思います。社会のためであります。少子高齢化、本当に解消したいならば、この陳情は受けるべきだと思います。


○高木委員長 


 次に、自由討議に入ります。


 本件に対する自由討議の発言を許します。


               (「自由討議なし」と呼ぶ者あり)


○高木委員長 


 自由討議なしと認めます。これで自由討議を終わります。


 それでは、これより採決します。


 陳情第9号について採択することに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○高木委員長 


 挙手少数です。


 次に、陳情第9号について不採択とすることに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○高木委員長 


 挙手多数です。したがって陳情第9号 全国一律最低賃金制度の確立を求める意見書の提出を求める陳情書の件は、不採択とすべきものと決定しました。


 陳情第11号 「働くルール」の確立を目指すことを求める意見書の提出を求める陳情書の件を議題とします。


 御意見がありましたら、発言をお願いいたします。


○明石委員 


 陳情第11号に対しまして、不採択でお願いいたします。


 政府は、昨年7月に過労死などの防止のための対策に関する大綱を閣議決定しました。これは、将来的に過労死をゼロにすることを目指し、2020年までに労働時間60時間以上の雇用者の割合を5%以下に、年次有給休暇の取得率を70%以上にすることを目指すとしています。


 また、2017年までにメンタルヘルス対策に取り組む事業所の割合を80%以上にすることも目指すとしています。


 また、労働者の健康が確保されるよう、著しい長時間労働に対する助言指導を強化することや、労働者に一定日数の年次有給休暇を確実に取得されることなどが企業に義務づけられることになっています。


 よって、この件に関しましては、不採択でお願いいたします。


○高木委員長 


 ほかに。


○神谷委員 


 陳情第11号 「働くルール」の確立を目指すことを求める意見書の提出を求める陳情書について意見を申し上げます。


 ここに書かれております残業代ゼロ制度、解雇の金銭解決、労働者の生活を壊す動きをやめて、働くルールの確立を目指してください。これは非常に同感するところでありますけれども、案のほうを見ますと、上から2行目から3行目に生体のリズムを狂わせる夜勤交代制労働ということが書いてあります。これがよくないということで書いています。その気持ちもわからないでもないですけれども、この地域の特色として、夜間労働、2交代、3交代勤務、これがないとこの地域の経済は成り立っていかないというふうに考えます。


 解雇の金銭的解決、先ほども言いましたが、こういうことよくないんですけれども、心身の健康を無視した働かせ方ではなくて、今この辺に関してもしっかり労務管理をして、希望によって働き方を自由に選択できるような形もやっておられるところでございます。また、賃金が高いわけですから、みずから夜勤を希望される方もおられるということでございますので、そういう点を考えまして、不採択でお願いいたします。


○高木委員長 


 ほかに。


○川合委員 


 陳情第11号につきましては、市政会代表として意見を申し上げますが、不採択でよろしくお願いいたします。


 憲法下で、個人の尊厳を守り生活を保障することは非常に大事なことであり、一定の働くルールをつくっていくことは当然のことであります。今も現政権下におきましてもさまざまな方策がありまして、特に地方創生につきましては、それぞれの自治体がどう扱うかによって雇用の改善、景気の改善というものを目指していくわけであります。確かに、全てが成功している政策でもありませんが、我々がそれに真摯に取り組んで結果を出していくべきときに、やはり全面的にそれは無理であるかのごとくの表現は難しいと思います。


 具体例も出ておりますが、やはり今、方針に沿って雇用がある程度改善しているところもあり、景気も全てには至ってはいませんが、改善の動向もありますので、今、地方創生であり、また、その中を加速化的な補助金交付もあり、それをどう使っていくかということは、我々はもっと着目して生かしていくべきだと思いますので、当陳情につきましては、不採択でよろしくお願いいたします。


○池田福子委員 


 「働くルール」の確立を目指すことを求める意見書の提出を求める陳情書に対して、賛成の意見を述べさせていただきます。


 労働者を物扱いして使い捨てる働かせ方、これが現状です。結局は会社のためにはならないわけです。自分の会社に愛着があってこそ、現場は円滑に動き、自分の成長とともに会社の成長にも貢献すると私は思っております。


 高度経済成長期の雇用は、正社員が当たり前でした。終身雇用も常識でした。したがって、会社のためはイコール自分のためでもありました。今はどうかといいますと、労働者を成長させようという気概は会社にはありません。いかに低コストで長時間働かせるか。昇給させなくても人を取りかえればいいのだという考え。体調を崩しても自己責任。まともな社会ではないと私は思っております。


 ちなみに、欧米諸国では、なぜ日本がここまで成長できたかということに対して、日本の3つのルールをあげております。終身雇用と年功序列と組合活動というふうに3つをあげております。これは評価するべきだと思います。


 まともな社会ではない状態、安心できなければ結婚、子育てなどもできないわけです。まともな社会実現に向けて働くルール確立を目指す意見書の提出に賛同いたします。


○高木委員長 


 次に、自由討議に入ります。


 本件に対する自由討議の発言を許します。


               (「自由討議なし」と呼ぶ者あり)


○高木委員長 


 自由討議なしと認めます。これで自由討議を終わります。


 これより採決します。


 陳情第11号について採択することに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○高木委員長 


 挙手少数です。


 次に、陳情第11号について不採択とすることに賛成の委員は挙手願います。


                   (賛成者挙手)


○高木委員長 


 挙手多数です。したがって陳情第11号 「働くルール」の確立を目指すことを求める意見書の提出を求める陳情書の件は、不採択とすべきものと決定しました。


○子ども課長 


 議案第45号で、里親についての質問を受けた件なんですが、里親については保育料はA階層となり無料でございまして、多子軽減の対象にはならないということでございます。


 以上です。


○高木委員長 


 以上で、本委員会付託されました案件の審査は終了しました。


 なお、本会議における委員長報告の文案につきましては正副委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○高木委員長 


 御異議なしと認め、そのように決定しました。


 以上で、市民福祉委員会を閉会します。


                   午前10時29分閉会


           ―――――――――――――――――――――――








会議の経過を記載して、その相違ないことを証するためにここに署名する。





 平成   年   月   日


  知立市議会市民福祉委員会


     委員長