議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 知立市

平成25年12月定例会(第1日12月 2日 開会日)




平成25年12月定例会(第1日12月 2日 開会日)





 



          平成25年知立市議会12月定例会会議録(第1号)





1 招集年月日  平成25年12月2日


2. 招集の場所  知立市議会議事堂


3. 開   会  12月2日 午前10時 議長宣告


4. 出席議員(23名)


  1番 杉山 千春       2番 明石 博門       3番 安江 清美


  4番 田中  新       5番 田中  健       6番 山?りょうじ


  7番 池田 滋彦       8番 神谷 文明       9番 稲垣 達雄


  10番 高木千恵子       11番 水野  浩       12番 池田 福子


  13番 佐藤  修       14番 川合 正彦       15番 永田 起也


  16番 坂田  修       17番 石川 信生       18番 村上 直規


  19番 久田 義章       20番 風間 勝治       21番 中島 牧子


  22番 高橋 憲二       23番 三浦 康司


5. 欠席議員


   な  し


6. 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名


  市長          林  郁夫       副市長          清水 雅美


  企画部長        清水 清久       総務部長         今井  尚


  福祉子ども部長     成瀬 達美       保険健康部長       加藤  初


  (福祉事務所長兼務)              (福祉事務副所長兼務)


  市民部長        山口 義勝       建設部長         塚本 昭夫


  都市整備部長      神谷 幹樹       会計管理者        鈴木 健一


  上下水道部長      鈴木 克人       教育長          川合 基弘


  教育部長        加古 和市       監査委員事務局長     高木 洋幸


7. 本会議に職務のため出席した者の職氏名


  議会事務局長      成田 春夫       議事課長         島津 博史


8. 議事日程(第22号)


  日程第1       会議録署名議員の指名


  日程第2       会期の決定


  日程第3       諸般の報告


  日程第4       請願(陳情)について


  日程第5 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について


  日程第6 諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦について


  日程第7 諮問第4号 人権擁護委員候補者の推薦について


  日程第8 議案第57号 知立市税外収入に係る延滞金に関する条例の一部を改正する条例


  日程第9 議案第58号 知立市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例


  日程第10 議案第59号 知立市手数料条例の一部を改正する条例


  日程第11 議案第60号 知立市国民健康保険税条例の一部を改正する条例


  日程第12 議案第61号 知立市都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する


             条例


  日程第13 議案第62号 知立市下水道条例の一部を改正する条例


  日程第14 議案第63号 知立市水道事業受益者分担金徴収条例の一部を改正する条例


  日程第15 議案第64号 知立市水道事業給水条例の一部を改正する条例


  日程第16 議案第65号 平成25年度知立市一般会計補正予算(第5号)


  日程第17 議案第66号 平成25年度知立市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


  日程第18 議案第67号 平成25年度知立市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)


  日程第19 議案第68号 平成25年度知立市土地取得特別会計補正予算(第1号)


  日程第20 議案第69号 平成25年度知立市介護保険特別会計補正予算(第2号)


  日程第21 議案第70号 平成25年度知立市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)


  日程第22 議案第71号 平成25年度知立市水道事業会計補正予算(第1号)


9. 本日の会議に付した事件


  日程第1から第22まで





              ―――――――――――――――


                 午前10時00分開会


○議長(坂田 修)


 ただいまの出席議員は23名です。定足数に達していますので、これより平成25年知立市議会12月定例会を開会します。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。


              ―――――――――――――――


○議長(坂田 修)


 これより日程に入ります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、2番 明石議員、3番 安江議員を指名します。


              ―――――――――――――――


○議長(坂田 修)


 日程第2、会期の決定についてを議題とします。


 お諮りします。本定例会の会期は、本日から12月20日までの19日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(坂田 修)


 御異議なしと認めます。したがって、会期は19日間と決定しました。


 なお、会期中の日程は、お手元に配付しました案のとおりですので、御了承願います。


              ―――――――――――――――


○議長(坂田 修)


 日程第3、諸般の報告をします。


 会計事務について御報告します。


 平成25年9月分例月出納検査結果が監査委員から議長宛てに提出されています。その写しをお手元に配付してありますので、ごらんいただきたいと思います。


 これで諸般の報告を終わります。


              ―――――――――――――――


○議長(坂田 修)


 日程第4、請願(陳情)についての件を議題とします。


 ただいま議題となっています請願(陳情)の件については、お手元に配付してあります請願(陳情)文書表(第3号)のとおり、会議規則第134条第1項の規定に基づき、所管の常任委員会に付託します。


              ―――――――――――――――


○議長(坂田 修)


 日程第5、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦についての件を議題とします。


 提出者から提案理由の説明を求めます。


 林市長。


                〔市長 林 郁夫登壇〕


○市長(林 郁夫)


 失礼いたします。


 平成25年知立市議会12月定例会を招集申し上げましたところ、議員各位には公私ともに御多用の中を御出席を賜り、まことにありがとうございます。


 それでは、ただいま議題となりました諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について提案理由の説明を申し上げます。


 現委員であります加藤勝男氏が、平成26年3月31日をもって任期満了となりますので、後任者の推薦について法務大臣から依頼がありました。


 つきましては、引き続き同氏を推薦いたしたく、議会に諮問させていただくものであります。


 同氏は、平成17年4月より現在に至るまで人権擁護委員として在任し、人権相談を初め、広く地域の人権問題に対し、よき理解者であるとともに、指導者として御活躍をいただいており、その信望は非常に厚いものがあります。


 つきましては、人柄、健康面も極めて良好で適任者と認められますので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の御意見をいただき、法務大臣に推薦したいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。


                〔市長 林 郁夫降壇〕


○議長(坂田 修)


 これで提案理由の説明を終わります。


 これより諮問第2号に対する質疑を行います。質疑はありませんか。


              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(坂田 修)


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 お諮りします。諮問第2号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(坂田 修)


 御異議なしと認めます。したがって、諮問第2号については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 お諮りします。諮問第2号については討論を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(坂田 修)


 御異議なしと認めます。したがって、諮問第2号は討論を省略することに決定しました。


 お諮りします。ただいま議題となっています諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦についての件は、適任であるとすることに賛成の議員は挙手願います。


                  〔賛成者挙手〕


○議長(坂田 修)


 挙手全員です。したがって、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦についての件は、適任であるとすることに決定しました。


              ―――――――――――――――


○議長(坂田 修)


 日程第6、諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦についての件を議題とします。


 提出者から提案理由の説明を求めます。


 林市長。


                〔市長 林 郁夫登壇〕


○市長(林 郁夫)


 それでは、ただいま議題となりました諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦について提案理由の説明を申し上げます。


 現委員であります林司郎氏が、平成26年3月31日をもって任期満了となりますので、後任者の推薦について法務大臣から依頼がありました。


 つきましては、引き続き同氏を推薦いたしたく、議会に諮問させていただくものであります。


 同氏は、平成23年4月より現在に至るまで人権擁護委員として在任し、人格、識見が高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護に理解があり、委員として適任者と認められますので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の御意見をいただき、法務大臣に推薦したいと考えますので、よろしくお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。


                〔市長 林 郁夫降壇〕


○議長(坂田 修)


 これで提案理由の説明を終わります。


 これより諮問第3号に対する質疑を行います。質疑はありませんか。


              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(坂田 修)


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 お諮りします。諮問第3号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(坂田 修)


 御異議なしと認めます。したがって、諮問第3号については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 お諮りします。諮問第3号については、討論を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(坂田 修)


 御異議なしと認めます。したがって、諮問第3号は討論を省略することに決定しました。


 お諮りします。ただいま議題となっています諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦についての件は、適任であるとすることに賛成の議員は挙手願います。


                  〔賛成者挙手〕


○議長(坂田 修)


 挙手全員です。したがって、諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦についての件は、適任であるとすることに決定しました。


              ―――――――――――――――


○議長(坂田 修)


 日程第7、諮問第4号 人権擁護委員候補者の推薦についての件を議題とします。


 提出者から提案理由の説明を求めます。


 林市長。


                〔市長 林 郁夫登壇〕


○市長(林 郁夫)


 それでは、ただいま議題となりました諮問第4号 人権擁護委員候補者の推薦について提案理由の説明を申し上げます。


 現委員であります宮地秀明氏が、平成26年3月31日をもって任期満了となりますので、後任者の推薦について法務大臣から依頼がありました。


 つきましては、引き続き同氏を推薦いたしたく、議会に諮問させていただくものであります。


 同氏は、平成23年4月より現在に至るまで人権擁護委員として在任し、人格、識見が高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護に理解があり、委員として適任者と認められますので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の御意見をいただき、法務大臣に推薦したいと考えますので、よろしくお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。


                〔市長 林 郁夫降壇〕


○議長(坂田 修)


 これで提案理由の説明を終わります。


 これより諮問第4号に対する質疑を行います。質疑はありませんか。


              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(坂田 修)


 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 お諮りします。諮問第4号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(坂田 修)


 御異議なしと認めます。したがって、諮問第4号については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 お諮りします。諮問第4号については、討論を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(坂田 修)


 御異議なしと認めます。したがって、諮問第4号は討論を省略することに決定しました。


 お諮りします。ただいま議題となっています諮問第4号 人権擁護委員候補者の推薦についての件は、適任であるとすることに賛成の議員は挙手願います。


                  〔賛成者挙手〕


○議長(坂田 修)


 挙手全員です。したがって、諮問第4号 人権擁護委員候補者の推薦についての件は、適任であるとすることに決定しました。


              ―――――――――――――――


○議長(坂田 修)


 この際、日程第8、議案第57号 知立市税外収入に係る延滞金に関する条例の一部を改正する条例の件から日程第22、議案第71号 平成25年度知立市水道事業会計補正予算(第1号)までの件、15件を一括議題とします。


 提出者から順番に提案理由の説明を求めます。


 林市長。


                〔市長 林 郁夫登壇〕


○市長(林 郁夫)


 それでは、ただいま議題となりました諸案件について一括提案理由の説明を申し上げます。


 まず、議案第57号 知立市税外収入に係る延滞金に関する条例の一部を改正する条例につきましては、地方税法の一部改正による市税の延滞金の割合の変更に準じて税外収入に係る延滞金の割合を変更するものであります。


 次に、議案第58号 知立市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例につきましては、平成24年の人事院勧告に鑑み、職員の昇給制度を改正するものであります。


 次に、議案第59号 知立市手数料条例の一部を改正する条例につきましては、難病患者などホームヘルパー派遣事業の廃止に伴い、同事業の利用者に係る手数料の規定を削るものであります。


 次に、議案第60号 知立市国民健康保険税条例の一部を改正する条例につきましては、国民健康保険税に係る資産割額を廃止するとともに、当該廃止に伴い、基礎課税額、後期高齢者支援金等課税額及び介護納付金課税額に係る所得割額並びに被保険者均等割額及び世帯別平等割額を改正し、これらの改正に伴い、国民健康保険税の減額の改正を行うものであります。


 また、基礎課税額、後期高齢者支援金等課税額及び介護納付金課税額について、それぞれ課税限度額を引き上げるものであります。


 次に、議案第61号 知立市都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例につきましては、地方税法の一部改正による市税の延滞金及び還付加算金の割合の変更に準じて都市計画下水道事業受益者負担金に係る延滞金及び還付加算金の割合を変更するものであります。


 次に、議案第62号 知立市下水道条例の一部を改正する条例につきましては、消費税法及び地方税法の一部改正による消費税率の引き上げに伴い、公共下水道使用料の額を算定の基礎となる額に100分の108を乗じて得た額とする改正を行うものであります。


 次に、議案第63号 知立市水道事業受益者分担金徴収条例の一部を改正する条例につきましては、受益者の定義等を明確にし、並びに消費税法及び地方税法の一部改正による消費税率の引き上げに伴い、分担金の額をメーター口径等に応じた額に100分の108を乗じて得た額とする改正を行うものであります。


 次に、議案第64号 知立市水道事業給水条例の一部を改正する条例につきましては、消費税法及び地方税法の一部改正による消費税率の引き上げに伴い、水道料金の額を基本料金と従量料金との合計額に100分の108を乗じて得た額とする改正を行うものであります。


 次に、議案第65号 平成25年度知立市一般会計補正予算(第5号)につきましては、歳入歳出をそれぞれ3,788万9,000円増額し、総額を220億8,840万2,000円とするものであります。


 歳入の主なものとして、国庫支出金1,619万3,000円、県支出金4,368万6,000円、財産収入2,957万3,000円、市債2億6,500万円などを計上する一方で、財政調整基金繰入金を3億4,804万5,000円など減額するものであります。


 歳出の主なものとして、総務費では基金運用における利息の確定により財政調整基金積立金114万5,000円、減債基金積立金36万2,000円など減額するものであります。


 民生費では、障害福祉サービス等扶助費5,069万円、日中一時支援事業扶助費489万5,000円、障がい児通所給付費等扶助費440万3,000円、精神障がい者医療扶助費589万円、未熟児療育医療扶助費230万円、保育園費の臨時職員賃金1,425万5,000円、民間保育所委託料1,117万1,000円、生活保護費の過年度負担金等返還金1,047万8,000円、医療扶助費2,000万円など計上する一方で、国民健康保険特別会計繰出金883万5,000円、介護保険特別会計繰出金238万2,000円、児童扶養手当1,551万1,000円など減額するものであります。


 衛生費では、健康知立ともだち21計画策定委託料80万9,000円、食育推進計画策定委託料80万9,000円などを計上する一方で、刈谷知立環境組合分担金1億402万5,000円など減額するものであります。


 商工費では、商工業振興資金信用保証料補助金344万5,000円などを計上するものであります。


 土木費では、排水路改修工事費2,500万円、都市計画施設整備基金所有地の売却により都市計画施設整備基金積立金2,984万9,000円などを計上する一方で、花園八橋線整備事業に係る測量委託料489万円、不動産鑑定委託料40万円、公共下水道事業特別会計繰出金5,078万8,000円、知立駅周辺土地区画整理事業の本工事費2,505万円などを減額するものであります。


 消防費では、市役所自家発電機更新工事費4,100万円、その工事の管理業務委託料800万円、防災行政ラジオ購入費1,992万1,000円などを計上する一方、市役所自家発電機詳細設計業務委託料400万円を減額するものであります。


 教育費では、学校施設整備計画に関する中学校施設整備工事費設計委託料1,845万7,000円、文化会館管理運営委託料366万円などを計上するものであります。


 人件費につきましては、所要額の調整により、総額3,587万6,000円を減額するものであります。


 また、繰越明許費といたしまして、市役所自家発電機更新事業1億7,500万円、平成25年度から平成26年度までの債務負担行為として子ども・子育て電子システム構築事業950万4,000円、健康知立ともだち21計画策定事業343万4,000円、食育推進計画策定事業410万3,000円を追加し、地方債の補正といたしまして市役所自家発電機更新事業1億3,000万円を1億7,500万円に臨時財政対策債7億6,000万円を9億8,000万円に変更するものであります。


 次に、議案第66号 平成25年度知立市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出それぞれ3,072万8,000円増額し、総額55億3,030万8,000円とするものであります。


 歳入の主なものは、社会保険診療報酬基金から全国の前期高齢者医療費の伸び率を見込んで交付される前期高齢者交付金1億4,919万8,000円、療養給付費等交付金464万3,000円などを計上するとともに、療養給付費等負担金2,829万6,000円、後期高齢者医療費支援金負担金599万5,000円、一般会計繰入金883万5,000円、国民健康保険事業基金繰入金7,819万5,000円などを減額するものであります。


 歳出の主なものは、一般被保険者療養給付費負担金6,338万円、一般被保険者高額療養費負担金334万6,000円などを計上するとともに、後期高齢者支援金2,034万2,000円、介護納付金負担金606万4,000円、人件費1,030万円などを減額するものであります。


 次に、議案第67号 平成25年度知立市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出それぞれ1,275万1,000円増額し、総額18億9,875万1,000円とするものであります。


 歳入につきましては、公共下水道事業受益者負担金1,916万5,000円、境川流域下水道維持管理費等負担金還付金4,437万4,000円を計上するとともに、一般会計繰入金5,078万8,000円を減額するものであります。


 歳出の主なものは、公共下水道事業費3,914万円、地震対策事業費363万8,000円、長寿命化対策事業費319万円などを計上するとともに、人件費について所要額の調整に伴い328万3,000円、下水道施設支障移転事業費486万8,000円などを減額するものであります。


 次に、議案第68号 平成25年度知立市土地取得特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出それぞれ54万9,000円増額し、総額164万9,000円とするものであります。これは基金運用収入見込み額の確定に伴い、所要の措置を講じるものであります。


 次に、議案第69号 平成25年度知立市介護保険特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出それぞれ238万2,000円減額し、総額26億8,114万6,000円とするものであります。これは人件費について所要額の調整により238万2,000円減額し、それに伴いその他一般会計繰入金238万2,000円を減額するものであります。


 次に、議案第70号 平成25年度知立市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出それぞれ2,808万4,000円増額し、総額6億2,798万2,000円とするものであります。これは後期高齢者医療保険料の増額及びそれに伴う後期高齢者医療広域連合保険料等負担金等の増額が必要なことから所要額を補正するものであります。


 次に、議案第71号 平成25年度知立市水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、工事負担金による資本的収入3,665万円を増額し、人件費について所要額の調整に伴い収益的支出451万9,000円減額し、資本的支出22万9,000円増額するものであります。


 以上、それぞれ御説明申し上げましたが、どうかよろしく御審議の上、御可決いただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。


                〔市長 林 郁夫降壇〕


○議長(坂田 修)


 これで提案理由の説明を終わります。


              ―――――――――――――――


○議長(坂田 修)


 以上で、本日の日程は全部終了しました。


 本日は、これで散会します。


                 午前10時28分散会


              ―――――――――――――――