議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 知多市

平成25年  3月 定例会(第1回) 03月13日−04号




平成25年  3月 定例会(第1回) − 03月13日−04号










平成25年  3月 定例会(第1回)



                3月13日

1 出席議員 (19名)

       1番  安藤里美       2番  伊藤正治

       3番  林 秀人       4番  渡邉眞弓

       5番  伊藤公平       6番  大村 聡

       7番  冨田一太郎      8番  青木志浩

       9番  江端菊和      10番  大島大東

      11番  中村千惠子     12番  島?昭三

      13番  荻田信孝      15番  勝崎泰生

      16番  向山孝史      17番  夏目 豊

      19番  小坂 昇      20番  近藤久義

      21番  黒川親治

2 欠席議員 (0名)

3 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

  市長        加藤 功   副市長       渡辺正敏

  教育長       小宮克裕   総務部長      竹内尚明

  企画部長      森田 稔   生活環境部長    淺田文彦

  健康福祉部長    竹内志行   産業経済部長    平松茂久

  都市整備部長    早川昌典   水道部長      久野明夫

  看護専門学校長   早川英男   会計管理者     鈴木義衛

  消防長       矢田浩樹   教育部長      及川一男

  総務課長      佐藤守重   市民活動推進課長  立川泰造

4 本会議に職務のため出席した議会事務局職員

  事務局長      皆川 幹   議事課長      片山信弘

  副課長       新美良夫             古川貴浩

            吉川 拓

5 議事日程



日程
議案番号
件名
付託委員会




知多市特別職の職員で常勤のものの給与の特例に関する条例の制定について
総務




知多市教育長の給与の特例に関する条例の制定について
総務




知多市新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について
福祉文教




知多市教育文化振興基金の設置及び管理に関する条例の制定について
福祉文教




知多市工場立地法地域準則条例の制定について
建設経済




知多市議会の会派に対する政務調査費の交付に関する条例の一部改正について
総務




知多市国土利用計画審議会条例等の一部改正について
総務




知多市職員等の旅費に関する条例の一部改正について
総務




知多市税条例の一部改正について
総務


10
10
知多市大規模事業基金の設置及び管理に関する条例の廃止について
総務


11
11
知多市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例等の一部改正について
福祉文教


12
12
知多市国民健康保険条例の一部改正について
福祉文教


13
13
知多市国民健康保険事業基金の設置及び管理に関する条例の廃止について
福祉文教


14
14
知多市看護師等修学資金貸付条例の廃止について
福祉文教


15
15
西知多医療厚生組合規約の一部変更に関する協議について
福祉文教


16
16
知多市緑化条例の一部改正について
建設経済


17
17
知多市道路占用料条例の一部改正について
建設経済


18
18
平成24年度知多市一般会計補正予算(第7号)
3常任委員会


19
19
平成24年度知多市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)
福祉文教


20
20
平成25年度知多市一般会計予算
3常任委員会


21
21
平成25年度知多市国民健康保険事業特別会計予算
福祉文教


22
22
平成25年度知多市後期高齢者医療事業特別会計予算
福祉文教


23
23
平成25年度知多市農業集落排水事業特別会計予算
建設経済


24
24
平成25年度知多市水道事業会計予算
建設経済


25
25
平成25年度知多市下水道事業会計予算
建設経済


26
請願1
「生活保護基準の引き下げはしないこと」の意見書を国に提出するよう求める請願書
福祉文教


27
請願2
降下ばいじん対策への取り組みに関する請願
建設経済



6 会議に付した事件

   議事日程に同じである。

     (3月13日午前9時30分 開議)



○議長(大島大東) 

 本日は、大変御苦労さまでございます。現在の出席議員は、19名でございます。定足数に達しており、会議は成立いたします。ただ今から第1回知多市議会定例会を再開いたします。

 お手元に配付してございます議事日程に従いまして、会議を進めてまいりたいと存じますので、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大島大東) 

 ここでお諮りいたします。日程第1、議案第1号から日程第5、議案第5号まで、以上5件は会議規則第34条の規定により一括議題といたしたいと存じます。御異議ございませんか。

     (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、日程第1、議案第1号 知多市特別職の職員で常勤のものの給与の特例に関する条例の制定についてから、日程第5、議案第5号 知多市工場立地法地域準則条例の制定についてまで、以上5件を一括議題といたします。

 一括質疑に入ります。

 議案第1号 知多市特別職の職員で常勤のものの給与の特例に関する条例の制定についてから議案第3号 知多市新型インフルエンザ等対策本部条例の制定についてまで、以上3件について質疑はございませんか。

     (「なし」の声あり)

 次に、議案第4号 知多市教育文化振興基金の設置及び管理に関する条例の制定について、質疑はございませんか。

     (「なし」の声あり)

 次に、議案第5号 知多市工場立地法地域準則条例の制定について、質疑はございませんか。

 21番 黒川親治議員。



◆21番(黒川親治) 

 1つ目は、企業の設備投資を促すものと思いますが、今まで支障があったのかどうか。2つ目は、臨海部のグリーンベルトも対象になるのかどうか、お尋ねします。



○議長(大島大東) 

 産業経済部長。



◎産業経済部長(平松茂久) 

 ただ今の御質問2件の1件目、今までに支障はあったかについてでございますが、各企業に聞き取りを行う中で、生産施設の増設を行う際に敷地面積に余り余裕がなく、緑地等の確保が難しく、生産施設の増設に支障があったと聞いております。また、知多三四会から緑地率の緩和について要望書もいただいております。今後は企業の設備投資を促し、市外への流出防止が図られるものと考えております。

 次に、2件目、臨海部のグリーンベルトについてでございますが、臨海部の特定工場の緑地面積等にはグリーンベルトも含まれておりますが、グリーンベルトの保全を維持しつつ緑地率等の緩和を行うもので、工場立地法の国の準則において工場等の敷地の周辺部に緑地を含む環境施設を10パーセント以上確保する必要があるため、工場立地法に基づく届け出の際にグリーンベルトを確保していただくよう指導してまいります。さらに、グリーンベルトを所有している事業所と公害防止協定や覚書などでグリーンベルトの維持について合意形成に努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 質疑を終結いたします。

 ただ今議題となっている各議案につきましては、会議規則第36条第1項の規定により、議事日程に記載のとおり各常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大島大東) 

 ここでお諮りいたします。日程第6、議案第6号から日程第19、議案第19号まで、以上14件は一括議題といたしたいと存じます。御異議ございませんか。

     (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、日程第6、議案第6号 知多市議会の会派に対する政務調査費の交付に関する条例の一部改正についてから日程第19、議案第19号 平成24年度知多市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)まで、以上14件を一括議題といたします。

 一括質疑に入ります。

 議案第6号 知多市議会の会派に対する政務調査費の交付に関する条例の一部改正についてから議案第10号 知多市大規模事業基金の設置及び管理に関する条例の廃止についてまで、以上5件について質疑はございませんか。

     (「なし」の声あり)

 次に、議案第11号 知多市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例等の一部改正について、質疑はございませんか。

 21番 黒川親治議員。



◆21番(黒川親治) 

 単に名称の変更だけなのか、自立支援法と総合支援法との違いがあるのかどうか、お尋ねします。



○議長(大島大東) 

 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(竹内志行) 

 御質問の件につきましては、障害者自立支援法の法律名などの改正に伴い、条例中の法律名、法律の引用規定の改正を行うもので、各条例の制度や内容が変わるものではありません。障害者自立支援法の主な改正内容は、障害者の範囲を見直し難病等を加えること、障害程度区分の定義を見直し重度訪問介護の対象者を拡大すること、障害者のケアホームとグループホームを一元化すること、施設等に入所している障害者等の地域への移行を支援すること、手話通訳などの意思疎通支援者の要請などの内容が新たに設けられたことなどでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 次に、議案第12号 知多市国民健康保険条例の一部改正について、質疑はございませんか。

     (「なし」の声あり)

 次に、議案第13号 知多市国民健康保険事業基金の設置及び管理に関する条例の廃止について、質疑はございませんか。

     (「なし」の声あり)

 次に、議案第14号 知多市看護師等修学資金貸付条例の廃止についてから議案第16号 知多市緑化条例の一部改正についてまで、以上3件について質疑はございませんか。

     (「なし」の声あり)

 次に、議案第17号 知多市道路占用料条例の一部改正について質疑はございませんか。

 21番 黒川親治議員。



◆21番(黒川親治) 

 加えられた占用物件の種類はどのようなものがあるのか、お尋ねいたします。



○議長(大島大東) 

 都市整備部長。



◎都市整備部長(早川昌典) 

 御質問の件でございますが、今回加えます占用物件の種類は太陽光発電設備と風力発電設備でございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 次に、議案第18号 平成24年度知多市一般会計補正予算(第7号)について、質疑はございませんか。

 21番 黒川親治議員。



◆21番(黒川親治) 

 歳出の11ページの8款2項3目の道路橋りょう新設改良費のうち、修繕計画作成委託料の主な内容についてお尋ねします。



○議長(大島大東) 

 都市整備部長。



◎都市整備部長(早川昌典) 

 御質問の件につきましては、知多市が管理する橋りょう137橋のうち、64橋の橋りょう点検を行う委託と、すでに点検済みの橋りょうとあわせて、100橋の橋りょう長寿命化修繕計画の作成を行うものでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 次に、議案第19号 平成24年度知多市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について、質疑はございませんか。

     (「なし」の声あり)

 質疑を終結いたします。

 ただ今議題となっております各議案につきましては、議事日程に記載のとおり各常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大島大東) 

 ここでお諮りいたします。日程第20、議案第20号から日程第25、議案第25号まで、以上6件は一括議題といたしたいと存じます。御異議ございませんか。

     (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、日程第20、議案第20号 平成25年度知多市一般会計予算から日程第25、議案第25号 平成25年度知多市下水道事業会計予算まで、以上6件を一括議題といたします。

 一括質疑に入ります。

 議案第20号 平成25年度知多市一般会計予算について質疑はございませんか。

 21番 黒川親治議員。



◆21番(黒川親治) 

 まず、歳入の22ページ、12款1項2目の民生使用料、2節 高齢者施設使用料、1の老人福祉施設入浴設備使用料、有料化後の利用状況について。

 次に、28ページの13款2項1目 民生費国庫補助金、2節 児童福祉費国庫補助金、1の母子家庭等対策費補助金と2の児童虐待・DV対策等総合支援事業費補助金の内容について。次に、40ページの19款5項3目の雑入、4節 給食費徴収金、2の給食費徴収金滞納繰越分が前年より増となっているが、その対策は。次に、同じページの7節 民生費雑入、1の老人福祉センター送迎バス団体利用負担金に係る福祉センター送迎バスの団体利用状況について。次に、42ページ、11節 土木費雑入、1の公共補償金の内容についてお尋ねします。

 次に、歳出に移ります。

 3款 民生費です。83ページ、2の高齢者福祉事業費、(22)福祉タクシー基本運賃扶助費減の理由、タクシー業者への影響、近隣市の状況をお尋ねします。次に、同じ民生費の92ページ、保育園全体の問題ですが、保育園費全体として待機児童はいるのかどうかお尋ねします。93ページの4のファミリーサポート事業費、(3)病後児預かり謝礼金、病児についての考え方、95ページの2の保育園運営費、(3)の保育園事務賃金、12園中7園しか配置されておりませんが、全園に配置する考えについて。次に、98ページ、生活保護費全体として、前年度の受付、相談、申請、開始、取り下げ、却下、廃止の状況をお尋ねします。

 次に、105ページ、4款 衛生費、1の予防事業費、(13)高齢者用肺炎球菌ワクチン接種委託料、1つ目は減の理由、2つ目は高齢者用肺炎球菌ワクチン接種補助金がありませんが、その理由をお尋ねします。次に、106ページ、全体として地域保健費で健康福祉フェスティバルを中止にした理由。107ページの2の各種健診等事業費、(6)の胃がん検診委託料について、各種がん検診の受診率は第5次総合計画組織別計画の目標値に達しているのかどうかお尋ねします。次は109ページ、2の地域介護予防事業費の(2)認知症予防教室サポーター謝礼金、これについての内容をお尋ねします。次に、111ページ、4の斎場等整備費、(1)火葬炉改修工事費について、動物炉老朽化によるとなっておりますが何年運転したものか、お尋ねします。113ページ、1の環境保全・美化事業費、(12)の住宅用太陽光発電システム設置費補助金、過去3年の申込件数は。2の環境監視機器管理費、(6)大気汚染自動測定器保守委託料、13台から11台に減らしていますが、従来どおりの結果は期待できるのかどうか。115ページ、4の清掃センター管理費、(31)の焼却残さ運搬委託料減の理由。117ページ、2のリサイクルプラザ事業費、(2)資源回収報償金で、報償金が少なくなったため子ども会や町内会の中にはやめることを検討しているところもありますが、このような現状をどう考えているのか。121ページ、2の看護専門学校運営費、卒業生の進路先はどうなっているのか。

 次に、5款 労働費、123ページです。2の労働福祉事業費、(4)未婚者支援対策事業委託料、委託先と内容について。(7)のパートタイム労働者福祉対策事業補助金の内容は。

 6款 農林水産業費です。125ページ、1の営農推進事業費、(11)の研修会負担金の内容についてお聞きします。

 次に、7款 商工費、131ページ、3の産業振興事業費、関連ですが、浦浜地区工業用地及び住宅用地の分譲状況と対策についてお聞きいたします。

 8款の土木費、139ページ、2の都市計画総務事業費、(12)西知多道路推進協議会負担金、今後の協議予定をお聞きします。2の市街地整備費、(5)の信濃川東部地区市街地整備計画協議書作成委託料についての内容。次に、(6)の新南地区市街地整備計画資料作成委託料の内容について。141ページ、3の民間住宅耐震化推進事業費、(3)の民間木造住宅耐震診断委託料、耐震化の目標に対する進捗率は。

 次に、10款 教育費です。155ページ、1の学校教育指導事業費、前年度、小学校課外クラブ活動指導者謝礼金、中学校部活指導謝礼金がありましたが、今年度ないのはなぜか。(4)の外国人適応指導教室指導賃金、その内容について。(15)の現職教育研究事業委託料の内容について。157ページ、2の小学校管理費、(6)学校評議員謝礼品代、前年度報償金となっていますが、本年度謝礼金とした理由。(41)のパソコン借上料の内容。次に、160ページの学校給食全体としてですが、調理部門が平成26年度から民間委託される予定でありますが、見直す考えについて。161ページ、2目 教育振興費、1の中学校教育振興事業費、(2)の部活動推進事業委託料の内容について。165ページの3の幼稚園就園奨励等事業費、(1)の福祉総合システム改修委託料、その内容について。167ページ、3の放課後子どもプラン推進事業費、(2)の放課後児童クラブ指導賃金、新知小学校での応募状況について。6の青少年活動支援施設整備費、(1)の青少年会館舞台装置等改修工事費について、舞台の使用頻度と使用内容についてをお聞きいたします。175ページの1の歴史民俗博物館職員給与費、職員数が平成23年度7人、24年度が6人、25年度が5人と削減されておりますが、これで行き届いた市民サービスができるのかどうか、お尋ねいたします。179ページ、1の生涯スポーツ施設管理費のうちトレーニングルームの器具の修理や更新の考え方についてお聞きいたします。187ページの給与費明細書、2 一般職(1)総括の前年度比較合計で4億30万5,000円の減となっておりますが、行財政改革プランとの関連はあるのかどうか、お聞きいたします。以上です。



○議長(大島大東) 

 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(竹内志行) 

 22ページ、老人福祉施設入浴設備の有料化後の利用状況についてでございますが、有料化1年目の22年度は1万2,060人、23年度は1万159人でございます。次に、28ページ、母子家庭等対策費補助金の内容についてでございますが、母子家庭の母親が各種学校等において就労に役立つ技能や資格を取得するために講座を受講した場合、受講料の一部を補助して経済的自立を支援する制度で、市が支給する給付金に対する国の補助金でございます。同じく、児童虐待・DV対策等総合支援事業費補助金の内容でございますが、児童養護施設や母子生活支援施設などの入所者が入所中又は退所後、就職や住宅を借りるために入所施設代表者等が保証人となり、債務が発生した場合の賠償保険の保険料に対する国の補助金でございます。



○議長(大島大東) 

 教育部長。



◎教育部長(及川一男) 

 40ページでございます。給食費の滞納対策でございますが、文書による催告、家庭訪問の実施のほか、在学中の児童生徒には学校の保護者会等における納付相談を行っております。また、生活保護や準要保護制度の周知、活用、計画的な納付を促すための納付計画書、児童手当からの給食費の徴収等に関する申し出を活用し、学校と連携しながら滞納対策に努めております。



○議長(大島大東) 

 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(竹内志行) 

 同じく40ページの老人福祉センター送迎バス団体の利用状況についてでございますが、23年度中の利用につきましては10団体、延べ14回の利用がございました。25年1月末までの利用につきましては7団体、延べ13回の利用でございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 都市整備部長。



◎都市整備部長(早川昌典) 

 次に、42ページ、11節 土木費雑入の1 公共補償金の内容についてでございますが、二級河川日長川の岡田橋から薬師橋の河川改修事業に伴い、隣接する市道が河川計画内に取り込まれるため、その付け替え道路として愛知県が用地費等を補償するものでございます。



○議長(大島大東) 

 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(竹内志行) 

 83ページをお願いします。2の高齢者福祉事業費、(22)福祉タクシー基本運賃扶助費の減の理由でございますが、高齢者の福祉タクシーの対象者はこれまで75歳以上の方でございましたが、この対象者を75歳以上で介護保険法における要介護・要支援の認定を受けている方に見直したため対象者が減少したことによるものでございます。

 次に、タクシー業者への影響でございますが、現在の補助は基本運賃のみのため基本運賃に多少の上乗せで乗車できる近距離の利用者にはタクシーの利用を控えるなどの影響が考えられますが、それ以外は余り影響ないものと考えております。

 次に、近隣市の状況でございますが、半田市は市民税非課税世帯の方で要介護認定を受けるなど介護なしに外出できない方に基本運賃の9割を年間24回助成、さらに要介護4、5の方は年間48回助成しております。東海市、大府市と常滑市は高齢者の助成は行っておりません。

 次に、93ページをお願いします。4のファミリーサポート事業費、病児についての考え方についてでございますが、病児保育につきましては医療機関との連携が必要でございます。したがいまして、西知多総合病院で設置を予定しております院内保育施設での実施が可能かどうか、東海市とも連携し西知多医療厚生組合と調整してまいります。

 92ページの保育園の関連で、保育園の待機児童についてでございますが、25年4月1日の年齢別待機児童につきましてはゼロ歳、3歳、4歳及び5歳の児童の受け入れは可能としておりますが、保育園全体での国基準による待機児童数は1歳児で6人、2歳児で5人の計11人の見込みがあります。

 次に、95ページ、保育園事務員を全園に配置する考えについてでございますが、保育園事務員の配置につきましては1次保育事業の実施園、職員及び園児数が多い園、ゼロ歳児の受け入れを実施している園を配置基準に、21年度から雇用の拡大を図ってまいりました。今後も保育事業の拡大に応じて事務員の適切な配置に努めてまいりたいと考えております。

 次に、98ページ、生活保護の前年度の受け付け等の状況についてですが、相談件数は258件、申請件数90件、開始件数87件、取り下げ件数ゼロ件、却下件数5件、廃止件数64件でございます。

 次に、105ページをお願いします。1の予防事業費、(13)高齢者用肺炎球菌ワクチン接種委託料の減の理由についてですが、過去の実績から接種人数を24年度の113人に対し、25年度は713人を見込んだものであります。同じページで高齢者用肺炎球菌ワクチン接種費補助金がない理由についてですが、子宮頸がん等予防ワクチン接種費補助金とともに107ページの(19)予防接種費補助金に一元化したものでございます。

 次に、107ページをお願いします。2の各種検診等事業費、(6)胃がん検診委託料で各種がん検診の受診率についてでございますが、第5次総合計画組織別計画の目標値の達成はアンケート調査を実施しないとわかりませんが、達成するために健康づくり推進会議の各団体と連携し、がん検診、各種検診、各種健康診査の実施率向上に向け、検診受診の必要性を広報、周知するとともに受診しやすい環境づくりを進めております。

 次に、106ページをお願いします。健康福祉フェスティバルを中止した理由についてでございますが、行財政改革プランとして健康福祉フェスティバルは国の補助金がないこと、相談・健診事業は保健センター等で実施していることから廃止することとしたものでございます。

 次に、109ページをお願いします。2の地域介護予防事業費、(2)認知症予防教室サポーター謝礼金の内容についてでございますが、25年度から新たに公文学習療法を取り入れた介護予防教室として、読み、書き、計算を繰り返し行うことにより認知機能の低下を予防し、外出などの活動意欲を高揚させることを目的として、週1回で6か月間、24回の教室を開催いたします。教室を効果的に進めるため、対象者2人に1人のサポーターを配置するための謝礼金でありますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 生活環境部長。



◎生活環境部長(淺田文彦) 

 111ページをお願いいたします。4の斎場等整備費、(1)火葬炉改修工事費、動物炉の運転年数でございますが、前回は13年度に全面改修しておりますので、25年度をもちまして12年運転することとなります。

 次に、113ページをお願いいたします。1の環境保全・美化事業費、(12)住宅用太陽光発電システム設置補助金の過去3年の申し込み件数でございますが、21年度は59件、22年度55件、23年度55件でございます。

 次に、同じく113ページ、2の環境監視機器管理費で、大気汚染自動測定器の台数の削減による影響についてでございますが、二酸化硫黄浮遊粒子状物質系と窒素酸化物系を削減いたしますが、この2台で測定している項目は10年以上ほぼ横ばい状態で安定しており、他の測定局との値と比較しても同程度であることから、台数の削減による大気環境への把握に影響はないと考えております。

 続きまして115ページをお願いいたします。4清掃センター管理費、(31)焼却残さ運搬委託料減の理由についてでございますが、清掃センターから発生する焼却固化灰を衣浦港3号地廃棄物最終処分場へ運搬するもので、今年度の予算は850トンでありますが、実績が減少傾向にあることから750トンを見込むためでございます。

 次に、117ページをお願いいたします。2のリサイクルプラザ事業費、(2)資源回収報償金減少による地域への影響でございますが、リサイクルは地域活動に支えられてこその取り組みではございますが、地域において資源回収にかかわることは循環型社会に生きていくものとして当然の取り組みとして成熟した意識のもとに活動に御参加していただけるよう啓発に努めていかなければならないと考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 看護専門学校長。



◎看護専門学校長(早川英男) 

 次に、121ページ、2の看護専門学校運営費において、24年度の卒業生の進路先についてでございますが、卒業生は25人で、その就職内定状況は、知多市民病院12人、常滑市民病院4人、大同病院2人、国立長寿医療研究センター、刈谷豊田総合病院、名古屋セントラル病院、藤田保健衛生大学病院、愛知医科大学病院、南生協病院、岡崎市の宇野病院に各1人という状況でございます。



○議長(大島大東) 

 産業経済部長。



◎産業経済部長(平松茂久) 

 次に、123ページ、2の労働福祉事業費、(4)未婚者支援対策事業委託料の委託先と内容についてでございますが、委託先としては実績あるNPO法人を予定しております。また、内容としては男女各30名程度を対象にセミナーや交流会を開催し、出会いの場を提供するものです。

 次に、(7)パートタイム労働者福祉対策事業補助金の内容についてでございますが、一般財団法人知多地区勤労者福祉サービスセンターに加入したパートタイム労働者の会費を負担する中小事業主に対し、補助金を交付することにより事業主の負担軽減及びパートタイム労働者の福利厚生の増進に寄与するものです。

 次に、125ページ、2の農業委員会運営費、(11)研修会負担金の内容についてでございますが、農作物の鳥獣被害の防止対策、特にヌートリアによる被害防止を目的に農業振興課職員がわな猟の免許を取得するに当たり必要な知識、技能を習得するため講習会に参加する負担金でございます。

 次に、131ページ、3の産業振興事業費に関連した浦浜地区工業用地等の分譲状況と対策でございますが、工場用地の分譲につきましては現在、8社の企業と契約をしており、分譲面積は全体の約84パーセントであります。分譲の対策につきましては、残りの募集区画は3区画ですが、今後も愛知県産業立地推進協議会とも連携し、産業用地ガイドブック及び新聞広告への掲載を行うとともに新たに企業情報紙への広告掲載を行い、積極的に企業誘致に取り組んでまいります。

 また、住宅、店舗用地の分譲につきましては、現在、住宅用地は全28区画のうち12区画が、店舗用地は全6区画のうち1区画が契約済みとなっております。分譲の対策につきましては従来の新聞への折り込み広告や賃貸住宅の居住者へのポスティング等に加え、新たに住宅用地の分譲では住宅フェアの新聞広告掲載を、店舗用地の分譲では東海市や名古屋市南部に本社等のある企業経営者にポスティングによりPRに努め、分譲の促進を図ってまいります。



○議長(大島大東) 

 都市整備部長。



◎都市整備部長(早川昌典) 

 次に、139ページ、2の都市計画総務事務費、(12)の西知多道路推進協議会負担金で今後の協議予定でございますが、24年度は地元選出国会議員及び国土交通省など政府関係機関に対して延べ8回に及ぶ要望活動を行いました。25年度も今年度に引き続き同様の活動をしていく予定と事務局の愛知県から聞いております。

 次に、同じページ、2の市街地整備費、(5)信濃川東部地区市街地整備計画協議書作成委託料の内容でございますが、地区全体の計画面積約33ヘクタールの区域において基本構想図の作成、主要道路、公園、排水施設の概略設計、概算事業費の作成などを行うものです。

 次に、(6)新南地区市街地整備計画資料作成委託料の内容でございますが、地区全体の計画面積約24ヘクタールの区域において基本構想図の作成、整備課題の整理、事業手法の検討などを行うものです。

 次に、141ページ、3の民間住宅耐震化推進事業費、(3)民間木造住宅耐震診断委託料で、耐震化の目標に対する進捗率についてでございますが、23年度末で79.0パーセントとなっておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 教育部長。



◎教育部長(及川一男) 

 155ページをお願いいたします。小学校課外クラブ活動指導者謝礼金、中学校部活動指導者謝礼金の未計上の理由でございますが、部活動につきましては学習指導要領で学校教育の一環として位置付けられたことから教員の部活動指導に対する報償の見直しとして25年度から県補助金が廃止されたこと、また、近隣市町の対応、本市の財政状況に鑑み廃止としたものでありますが、この財源を活用し、小中学校とも魅力ある学校づくり推進事業委託料の増額を図っております。

 次に、同じく155ページ、1の学校教育指導事業費、(4)外国人適応指導教室指導賃金の内容でございますが、指導員1名を配置しポルトガル語圏の児童生徒の在籍する学校を巡回し、子どもへの学習指導、学校生活への適応相談のほか、教材や学校通知文書等の翻訳、保護者懇談の通訳などを行っております。

 次に、(15)現職教育研究事業委託料の内容についてでございますが、市内の教員で組織します知多市教育研究会に事業委託し、教育研究会では23の研究部会と6の特別部会により現職教育における研究活動を実施し、その研究事業成果を研究紀要として編集するとともに研究成果を全教員に周知するための研究総会を開催することにより、知多市における教育の向上を目指しております。

 次に、157ページをお願いいたします。2の小学校管理費、(6)学校評議員謝礼品代、前年度は報償金となっていたが本年は謝礼品とした理由についてでございますが、学校評議員に対する近隣市町の報償の状況を参考に、支給金額を減額するとともに謝礼品といたしたものであります。

 次に、(41)パソコン借上料の内容についてでございますが、事務に使用する管理用パソコンは5年契約で各校5台であります。授業等で使用する教育用パソコンは6年契約で、コンピュータ室用のほか各教室で使用するものをあわせ、各校53台でございます。図書館用パソコンは6年契約で各校2台であります。借り上げではありませんが、校務用パソコンとして21年度に国庫補助金を活用して購入したものが小学校全体で206台であります。パソコン本体以外にサーバー、プリンター及び必要なソフトなどをあわせて借り上げております。

 次に、160ページをお願いいたします。学校給食全体として調理部門の民間委託を見直す考えでございますが、従来から職員定数の適切化を進める中、現在、給食センターに勤務しております調理用務員は10名でありますが、今後、定年退職に伴い26年度においては7名に減少する見込みであります。業務管理、安全管理及び衛生管理を行う上で、調理用務員が担う管理上の職務のほか臨時職員の人材育成などの課題があります。また、財政状況が厳しい中、今後も一層の人件費の抑制が図られるところであります。このような状況の中で業務の効率化や経費削減につながるとの視点で検討した結果、調理業務の民間委託を進めるものでありまして、見直す考えはございません。

 次に、161ページをお願いいたします。1の中学校教育振興事業費、(2)部活動推進事業委託料の内容でございますが、部活動の充実を図るため、各中学校長に委託するもので、各種大会等に参加するための生徒の交通費、参加費、競技団体への加盟料などに使われておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(竹内志行) 

 165ページをお願いします。3の幼稚園就園奨励等事業費、(1)福祉総合システム改修委託料の内容についてでございますが、国の制度改正により就園奨励事業補助金の算定方式が改められるため、システム改修費を新規に計上するものでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 教育部長。



◎教育部長(及川一男) 

 次に、167ページをお願いいたします。放課後子どもプランに関連しまして、新知小学校での応募状況についてでございますが、3月1日現在の新知放課後児童クラブの応募状況は1年生は10人、2年生は10人、3年生は3人、4年生は3人、5年生はゼロ、6年生は1人の合計27名でございます。

 次に、同じページ、6の青少年活動支援施設整備費、(1)青少年会館舞台装置等改修工事費に関して、舞台の使用頻度と使用内容でございますが、舞台そのものの使用頻度はちょっと集計してございませんので、ホールの使用実績と使用内容でお答えさせていただきます。舞台のあるホールの使用実績は、本年度は2月末までで233件の利用であります。使用内容につきましては社交ダンスの会、親子ひろば、老人会等で、また改修工事の対象となる舞台、つり物等の昇降装置を使用する事業としては地区や会社等の総会、敬老会、クリスマス会、詩吟など芸能の発表会などでございます。

 次に、175ページをお願いいたします。1の歴史民俗博物館職員給与費、職員数の削減による市民サービスへの影響でございますが、施設では職員が経験を重ねてきたことや展示会には臨時職員を採用、そのほかに生涯学習指導員を1名配置、また博物館ボランティアの方々の運営協力により引き続き来館者への対応や各種博物館事業の実施には遺漏なく対応できると考えております。

 次に、179ページをお願いいたします。1の生涯スポーツ施設管理費のうち、トレーニングルームの機器の修理や更新の考えについてでございますが、機器を安全に利用していただくため指定管理者が年3回の保守点検や軽微な故障の修理及び消耗した部品の交換等の保守業務を行っております。更新につきましては補修部品が入手できず修理不能となった時点で更新するかどうか検討してまいりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 企画部長。



◎企画部長(森田稔) 

 187ページの給与費明細書の関係で、4億30万5,000円の減は行財政改革プランとの関連はあるかについてでございますが、資料を持ち合わせておりませんので総務委員会でお答えをさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 21番 黒川親治議員。



◆21番(黒川親治) 

 再質問と要望をいたします。

 衛生費の121ページの看護専門学校のことですが、これ要望ですが、予定では26年4月に西知多医療厚生組合に移管されるわけですね。現在の卒業生が東海市民病院を進路先とした場合に修学資金を免除するような方向でひとつ御検討をお願いいたします。

 次に、あと1点、再質問です。167ページの教育費、6の青少年活動支援施設整備費、青少年会館の舞台装置の改修工事ですが、先ほどの答弁ではホールの使用回数しかわからんよと、具体的な細かいことはわからないということですが、今回の改修工事というのは照明とか音響装置ですか。そのあたりですよね。主に舞台そのものを使うという考え方でやられたというわけですけれども、今後の考え方としてもう少しきめ細かく、舞台を実際使っているかどうか。どこかの総会でしたら特に照明がなくてもどんちょうの上げ下げがなくてもできるわけですね。当初は尾張万歳を定期的に行うとか、そういうことがあったのかなという感じでこの舞台をつくったと思うんですよね。そういうことを考えると、今後の検討としてもう少しきめ細かく見直すということも必要ですので、その辺の考え方をぜひお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 教育部長。



◎教育部長(及川一男) 

 先ほども答弁で、芸能発表もいたしておりますとお答えしました。そういう意味では舞台装置、どんちょうをはじめこういったバトンとかスクリーンとかライトの使用があります。そういった部分での活用はされておりますので、私どもとしては利用の必要性は高い設備だというふうには考えております。いずれにいたしましても会館全体の利用度も増していけば利用できるかというふうに思います。また、安全等への配慮も必要でございますので、今回また予算計上させていただいております。よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 次に、議案第21号 平成25年度知多市国民健康保険事業特別会計予算について、質疑はございませんか。

 21番 黒川親治議員。



◆21番(黒川親治) 

 206ページの歳入、1款1目1項、一般被保険者国民健康保険税、滞納繰越分が前年度比増となっておりますが、その理由をお尋ねします。次に、223ページの1の特定健康診査事業費、受診率はどうなっているのかお尋ねします。



○議長(大島大東) 

 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(竹内志行) 

 206ページ、国民健康保険税で滞納繰越分が前年度比増となっている理由についてでございますが、実績に基づき増額するものですが、短期被保険者証の発行により納付相談の機会を増やすこと、また財産調査、実態調査により負担能力を把握し、必要に応じて差し押さえ等強制処分を実施するなど、収納対策に努めている結果と分析しております。

 次に、223ページをお願いします。1の特定健康診査事業費の受診率についてですが、対象者数1万7,500人、受診者数は8,600人で受診率約49.1パーセントを見込んでおりますのでよろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 次に、議案第22号 平成25年度知多市後期高齢者医療事業特別会計予算について、質疑はございませんか。

 21番 黒川親治議員。



◆21番(黒川親治) 

 241ページの2の総務事務費、(5)後期高齢者医療システム機器借上料ですが、この減の理由をお尋ねします。



○議長(大島大東) 

 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(竹内志行) 

 御質問の件についてでございますが、5年間の長期継続契約期間が満了したことで、システム更改に伴い、複数メーカーからのシステムを検討し、安価なシステムに変更したためでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 次に、議案第23号 平成25年度知多市農業集落排水事業特別会計予算について、質疑はございませんか。

 21番 黒川親治議員。



◆21番(黒川親治) 

 263ページの1の農業集落排水施設管理費、(4)汚泥処理業務委託料の増の理由をお尋ねいたします。



○議長(大島大東) 

 水道部長。



◎水道部長(久野明夫) 

 御質問の件につきましては、新たに処理区域内に特別養護老人ホームが建設されたことにより、流入水量の増加が見込まれるため、発生する汚泥量の増加を見込み、委託料を増額したものでございます。



○議長(大島大東) 

 次に、議案第24号 平成25年度知多市水道事業会計予算について、質疑はございませんか。

 21番 黒川親治議員。



◆21番(黒川親治) 

 まず、全体として老朽管の更新率、耐震化率、有収率は。また、第5次総合計画の指標どおりかお尋ねします。

 次に、309ページの1款1項2目 固定資産購入費、大興寺ポンプ場蓄電池購入費、蓄電池更新の頻度はどのくらいか、お尋ねします。



○議長(大島大東) 

 水道部長。



◎水道部長(久野明夫) 

 ただ今の御質問2件についてお答えいたします。

 御質問の1件目、老朽管更新率、耐震化率、有収率及び第5次総合計画の指標どおりかでございますが、24年度末の老朽管更新率は総合計画の目標6.6パーセントに対し8パーセント、耐震化率は目標4.8パーセントに対し5.4パーセント、有収率は目標94.4パーセントに対し94.5パーセントになる見込みでございます。総合計画の目標をいずれも上回っておりますので、よろしくお願いいたします。

 御質問の2件目、309ページの大興寺ポンプ場蓄電池更新の頻度でございますが、非常用ディーゼル発電装置の手動用の蓄電池が前回の更新から10年経過し、経年劣化していることから更新するものでございます。なお、蓄電池更新の頻度ですが、地方公営企業法の耐用年数が6年であり、6年を目安としておりますが定期的な保守点検により性能が保持されているかを確認し、長寿命化を図っていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 次に、議案第25号 平成25年度知多市下水道事業会計予算について質疑はございませんか。

 21番 黒川親治議員。



◆21番(黒川親治) 

 全体として普及率、水洗化率、そしてまた第5次総合計画の指標どおりかどうかお尋ねします。

 次に、351ページの1款1項2目 南部浄化センター施設費、南部浄化センター沈砂池・主ポンプ設備更新工事(その1)委託料ですが、その内容をお尋ねします。



○議長(大島大東) 

 水道部長。



◎水道部長(久野明夫) 

 ただ今の御質問2件についてお答えいたします。

 御質問の1件目、普及率、水洗化率、また第5次総合計画の指標どおりかでございますが、公共下水道の24年度末の普及率は94.7パーセント、水洗化率は98.7パーセントになる見込みでございます。第5次総合計画の目標は普及率が96.1パーセントで水洗化率が98.7パーセントですが、これには農業集落排水事業の佐布里地区を含んでおりますので、同地区を含めた24年度末の普及率は96.1パーセント、水洗化率は98.6パーセントとなる見込みで、第5次総合計画の目標とほぼ同等となりますので、よろしくお願いいたします。

 御質問の2件目、351ページの南部浄化センター沈砂池・主ポンプ設備更新工事(その1)委託料の内容についてでございますが、管理棟の耐震補強工事(その1)に関連して北部地域からの汚水流入にかかわる沈砂池流入、流出ゲート、沈砂かき揚げ機、汚水ポンプなどの機械電気設備を更新するもので、25年、26年度の2カ年で工事を行うものでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(大島大東) 

 質疑を終結いたします。

 ただ今議題となっております各議案につきましては、議事日程に記載のとおり各常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大島大東) 

 日程第26、請願第1号 「生活保護基準の引き下げはしないこと」の意見書を国に提出するよう求める請願書を議題といたします。

 本請願については、請願文書表のとおりでありますが、その要旨について紹介議員である21番 黒川親治議員の説明を願います。21番 黒川親治議員。

     (21番 黒川親治議員 登壇)



◆21番(黒川親治) 

 議長の御指名をいただきましたので、請願第1号 「生活保護基準の引き下げはしないこと」の意見書を国に提出するよう求める請願書につきまして朗読説明をしたいと思います。

 請願趣旨。

 国は、老齢加算を廃止し、毎月の生活保護費を約2割減らしました。その結果、「食事を1日2回にした」、「知り合いの葬式にも出席できない」など、人間らしい暮らしができなくなっています。政府は、現在、生活保護基準切り下げを含めた政府予算案を確定しました。それに沿って、厚生労働省は、社会保障審議会生活保護基準部会を開いて、早急に生活保護基準の引き下げなどの案をまとめようとしています。生活保護基準の引き下げは、利用している人たちの「健康で文化的な最低限度の生活」(憲法第25条)をおびやかし、最低賃金や年金、修学援助など各種制度の切り下げにつながります。国民生活の最低保障基準の土台をなす生活保護制度を国が責任を持って保障すべきです。

 以上の理由から、次の要望を実現するよう、地方自治法第99条の規定により、国の関係機関への意見書を提出いただくよう請願します。

 請願項目1、生活保護基準の引き下げはしないこと。2、生活保護の老齢加算を復活すること。3、生活保護費の国庫負担は、現行の75パーセントから全額国庫負担にすること。

 以上、朗読説明をいたしました。御審議いただきましてこの請願を可決していただきますようよろしくお願いいたしまして私の説明とします。

     (21番 黒川親治議員 降壇)



○議長(大島大東) 

 質疑に入ります。

     (「なし」の声あり)

 質疑を終結いたします。

 本請願については、会議規則第132条第1項の規定により、福祉文教委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大島大東) 

 日程第27、請願第2号 降下ばいじん対策への取り組みに関する請願を議題といたします。

 本請願については、請願文書表のとおりでありますが、その要旨について紹介議員である7番 冨田一太郎議員の説明を願います。7番 冨田一太郎議員。

     (7番 冨田一太郎議員 登壇)



◆7番(冨田一太郎) 

 議長の御指名をいただきましたので、請願第2号 降下ばいじん対策への取り組みに関する請願について趣旨説明をいたします。紹介議員は私、冨田一太郎です。

 請願代表者は、降下ばいじんを考える住民集会、知多市八幡字荒古前6番地の7、松本順一さんほか1,834名です。

 要旨について以下朗読で説明させていただきます。

 請願趣旨。

 私たち知多市北部に在住する住民は、長年降下ばいじんによる汚染被害に悩まされてきました。洗濯物・干し物への付着、樋やベランダへの堆積、部屋の中への吹き込み、自動車の汚れ、農産物の汚染、健康の被害など我慢のできない状況にあります。関係者の努力もあり、降下量も初期の数年では改善が見られましたが、以降は目立った改善が見られず、横ばいの状態が続いています。私たちは、大気汚染のない住みよい知多市の環境をつくりだすため、下記の事項について、市議会の皆さんのご理解とお力添えをいただきたく、住民の署名を添えて請願します。

 請願項目。1、知多市北部での降下ばいじん量は、東海市養父地域と同じレベルであり、また他の地域や近隣市町と比べ異常に高い地域であり、市北部地域在住の住民が降下ばいじんの被害に困っていることを了解し、発生源に対して有効な施策と指導を推進するなど、市民の生活と健康を守る姿勢を貫いていただきたいこと。2、降下ばいじん量の低減を目指す目標値を設定し、改善するよう関係機関に強力に働きかけていただきたいこと。3、降下ばいじん対策の取り組み状況を地域住民に説明し、住民と意見交流の場を持つこと。

 以上でございます。何とぞ各議員の皆さんの御理解をいただきまして、請願を採択賜りますようお願いを申し上げまして、壇上での説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

     (7番 冨田一太郎議員 降壇)



○議長(大島大東) 

 質疑に入ります。

     (「なし」の声あり)

 質疑を終結いたします。

 本請願については、建設経済委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大島大東) 

 以上をもちまして、本日の議事日程は全部終了いたしました。明日から3月24日までは、各委員会に付託いたしました議案審査のため休会といたします。来る3月25日は、午前9時30分から本会議を再開いたします。

 それでは、これにて第1回知多市議会定例会を散会いたします。

     (散会 午前10時30分)

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  平成25年3月13日

                知多市議会  議長      大島大東

                       11番署名議員  中村千惠子

                       12番署名議員  島?昭三