議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 知多市

平成13年  3月 定例会(第1回) 03月14日−04号




平成13年  3月 定例会(第1回) − 03月14日−04号










平成13年  3月 定例会(第1回)



               3月14日

1.出席議員 (28名)

       1番  尾之内 勝      2番  山口 修

       3番  向山孝史       4番  中村祐次

       5番  夏目 豊       6番  北原日出海

       7番  花井敏博       8番  小坂 昇

       9番  菅原 務      10番  山本猛久

      11番  勝崎泰生      12番  土師静男

      13番  鰐部正彦      14番  森田千歳

      15番  南澤君義      16番  新家正之

      17番  米原洋太郎     18番  相馬誠一

      19番  竹内司郎      20番  猪狩セツ子

      21番  冨田惣一      22番  松井卓朗

      23番  神田春男      24番  土井昇次

      25番  森田 一      26番  吉川英右

      27番  安藤儒かく     28番  早川茂典

2.欠席議員 (0名)

3.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

  市長          安藤嘉治   助役          加藤 功

  収入役         竹内元一   教育長         小坂昭弘

  病院長         前田光信   総務部長        都築立美

  企画部長        永井弘道   市民福祉部長      天草英二郎

  環境部長        太田十吉   産業経済部長      井口邦彦

  都市開発部長      浅井哲生   水道部長        冨田勝康

  看護専門学校副校長   柴田伸子   病院事務局長      江端 洋

  消防長         椴山喜久   学校教育部長      鈴木 功

  生涯学習部長      門井興藏   総務部次長兼総務課長  山本道男

  秘書広報課長      吉戸雅純

4.本会議に職務のため出席した議会事務局職員

  事務局長        早川豊彦   事務局次長兼議事課長  安永忠夫

  課長補佐兼庶務係長   早川修一   課長補佐兼議事調査係長 及川一男

  主査          竹内裕之   主査          川崎徹夫

5.議事日程



日程
議案番号
件名




知多市議会の会派に対する政務調査費の交付に関する条例の制定について




知多市職員の再任用に関する条例の制定について




知多市災害見舞金の支給に関する条例の制定について




知多市乳児医療費、障害者医療費、母子家庭等医療費及び戦傷病者医療費の特例に関する条例の制定について




知多市事務分掌条例の一部改正について




知多市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について




知多市職員等の旅費に関する条例の一部改正について




知多市使用料及び手数料条例の一部改正について




知多市公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正について


10
10
知多市乳児医療費支給条例等の一部改正について


11
11
知多市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について


12
12
知多市水道事業給水条例の一部改正について


13
13
知多市都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について


14
14
知多市下水道事業の設置等に関する条例の一部改正について


15
15
市道路線の認定について


16
16
平成12年度知多市一般会計補正予算(第6号)


17
17
平成12年度知多市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)


18
18
平成12年度知多市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)


19
19
平成12年度知多市水道事業会計補正予算(第2号)


20
20
平成12年度知多市下水道事業会計補正予算(第2号)


21
21
平成13年度知多市一般会計予算


22
22
平成13年度知多市国民健康保険事業特別会計予算


23
23
平成13年度知多市老人保健医療事業特別会計予算


24
24
平成13年度知多市知多墓園事業特別会計予算


25
25
平成13年度知多市農業集落排水事業特別会計予算


26
26
平成13年度知多市水道事業会計予算


27
27
平成13年度知多市下水道事業会計予算


28
28
平成13年度知多市病院事業会計予算


29
報告1
市長専決処分事項の報告について


30
報告2
市長専決処分事項の承認を求めることについて



6.会議に付した事件

   議事日程に同じである。

          (3月14日午前9時30分 開議)



○議長(冨田惣一) 

 本日は、大変御苦労さまでございます。現在の出席議員は、28名でございます。定足数に達しており、会議は成立いたします。ただ今から、第1回知多市議会定例会を再開いたします。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付した日程のとおりでございます。この議事日程に従いまして、会議を進めてまいりたいと存じますので、よろしくお願いいたします。

 日程第1、議案第1号 知多市議会の会派に対する政務調査費の交付に関する条例の制定についてを議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 討論に入ります。

 討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 議案第1号 知多市議会の会派に対する政務調査費の交付に関する条例の制定について、原案に賛成の方は挙手を願います。

          (全員の挙手あり)

 全員賛成の挙手を得ました。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第2、議案第2号 知多市職員の再任用に関する条例の制定についてを議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、会議規則第36条第1項の規定により、総務委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は総務委員会に付託することに決しました。

 日程第3、議案第3号 知多市災害見舞金の支給に関する条例の制定についてを議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、市民福祉委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は市民福祉委員会に付託することに決しました。

 日程第4、議案第4号 知多市乳児医療費、障害者医療費、母子家庭等医療費及び戦傷病者医療費の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、市民福祉委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は市民福祉委員会に付託することに決しました。

 日程第5、議案第5号 知多市事務分掌条例の一部改正についてを議題といたします。

          (土井議員より「議長24番」の声あり)

 質疑に入ります。24番 土井昇次君。



◆24番(土井昇次) 

 御無礼しました。いや、通過するといかんと思って。それで、議長にお願いしたいんですけど「質疑をします」と言ったときに、必ず皆さんの議員の顔を見るように。ただ、読むだけじゃいけない。

 それでは、質問いたします。

 議案第5号につきまして、知多市事務分掌条例の一部改正についてでございますが、今回、行政改革を事務改善に改めるということでございますが、この問題におきまして、今まで企画部が行った仕事なんですね。この問題につきまして、今度はいわゆる改革推進部という形で、部を一つ設けるわけですね。この内容とその違い、どういうことをやられるかということで、よくわからない、説明を聞いても。具体的に、例えば白を赤にするとか、例えば今までここが不足だったから、ここを今度はこういうふうにしたいと、そういうことを具体的に答弁をお願いをしたい。以上です。



○議長(冨田惣一) 

 企画部長。



◎企画部長(永井弘道) 

 お答えいたします。

 企画部が行う仕事と今回新設をいたします改革推進部の業務、仕事の違いでございますが、構造改革は従来の行政改革を一歩進めた考えで進めるものでございまして、これまで企画部が進めてまいりました行政改革を人事や財政をも包括し、より構造的、抜本的に推進しようとするものでございます。

 更に、改革は常に創造的であり、また痛みを伴うものでございますが、そのため改革推進部は、従来の流れから一線を画した新鮮で独立した立場で、改革を先導する使命を負うものでございますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(冨田惣一) 

 24番 土井昇次君。



◆24番(土井昇次) 

 27名の方々はわかったかもわからんですけど、私はわからん。全く内容が。言葉では言われたけど、改革する、改革するって。何を改革するかって全くわからない。というのは、同じような仕事をしとるんだから。

 それともう一つですね、これは余り部長ばかり責めていきませんけど、定数は具体的に、その行政改革を行う、いわゆる一つの改革推進部ですけど、部の体制はどうするかという問題ですね。何人でどういう体制をとるかということ。

 それからもう一つはですね、今言われたように、財政も含めてでございますので、ということになれば全般的に部長会議でも、すべてそういう形で問題を提起をしていただきたい。例えば、いわゆる市民福祉部は関係ない、総務部は関係ないという形で、そういう形じゃなくして、すべてがいわゆるそういう形であれば、今後、それを中心に据えて、財政も含めてでございますので、すべて財政がありますので、そういうことを検討される意思があるのかお伺いをしたいと、二つ。以上。



○議長(冨田惣一) 

 企画部長。



◎企画部長(永井弘道) 

 まず改革推進部の職員の配置の人数でございますが、部長職をはじめといたしまして総勢で4名を現在、考えております。

 それから次に、財政あるいは今御質問の市民福祉部、あるいは市、それぞれの各全体の把握でございますが、この点につきましては、改革推進部を部長より一つ上位のポストとして考え、全体に目を配れるような組織にして、改革を推進していきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(冨田惣一) 

 質疑を終結いたします。

 本案は、総務委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は総務委員会に付託することに決しました。

 日程第6、議案第6号 知多市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑に入ります。4番 中村祐次君。



◆4番(中村祐次) 

 この特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例ということで、主にこの市医とか、そういった人たち等の報酬を適正な額に改めるというふうなことでございますけれども、この引き上げの基準と、それから他市の状況、全体の影響額について質問いたします。



○議長(冨田惣一) 

 企画部長。



◎企画部長(永井弘道) 

 引き上げの基準あるいは他市の状況、全体の影響額につきましてお答えをさせていただきます。

 まず引き上げの基準でございますが、市医等の報酬につきましては、近隣4市5町の改定状況等を基準に、社会教育委員報酬につきましては、廃止される公民館運営審議会等の機能が移管されることから審議会を少なくとも5回予定しており、したがって、その他の審議会委員報酬1回当たり 7,600円の5回分を報償額とするものでございます。

 次に、他市の状況でございますが、市医等の報酬額につきましては、各市町で勤務条件が異なるわけでございますが、明確には比較が難しいのが実情でございます。勤務条件がほぼ同様な市医について申し上げますと、知多市と同様に4万 3,000円を4万 5,000円に改定するところは知多郡の5町で、大府市は4万 3,000円を4万 3,800円に、勤務条件が少し違うところでは、常滑市が4万 3,100円を4万 3,800円に、半田市と東海市は知多市と条件が違いますが、今回は3万 6,600円のまま据え置きと聞いております。

 また、社会教育委員報酬につきましては、半田市が年報酬に換算しますと、委員長が8万 4,000円、委員は4万 6,200円、常滑市も同様に年額に換算して3万 9,000円、東海市も同様に8万 2,500円、大府市は3万 6,100円となっております。

 次に、全体の影響額でございますが、医師等につきましては、 398万 5,400円の増額となり、図書館協議会、公民館運営審議会、社会教育委員の報酬を差し引きしますと、社会教育委員関係におきましては、減額の67万 6,500円となりまして、双方差し引きいたしますと 330万 8,900円に相なりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(冨田惣一) 

 質疑を終結いたします。

 本案は、総務委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は総務委員会に付託することに決しました。

 日程第7、議案第7号 知多市職員等の旅費に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑に入ります。6番 北原日出海君。



◆6番(北原日出海) 

 今回の条例は改正ということで、愛知県内の分について日当を廃止するということですけど、これの廃止によりまして、市全体で、他会計も全部お願いしたいんですけど、影響額。まず一つ、影響額について。

 それと、日当を廃止するということは、日当には昼飯とかそういう食事代も入っていると思うんですけど、その辺の影響はないのか。この2点についてお聞きしたいと思います。



○議長(冨田惣一) 

 企画部長。



◎企画部長(永井弘道) 

 お答えをいたします。

 まず、日当廃止に伴う愛知県内での影響額でございますが、愛知県内を宿泊しない、今回の日当の廃止による影響額といたしましては、一般会計、特別会計、企業会計全部合わせまして、市全体で 612万 8,000円になりますので、よろしくお願いいたします。

 次に、日当を廃止して弁当等に影響がないかという御質問でございますが、従来日当につきましては、主に出張した段階での弁当あるいは雑費等を含めた考え方で盛り込まれておるわけでございますが、今回、日当を廃止するということになりますと、手弁当での弁当という形になるわけでございまして、その点、各関係者の方々に御迷惑をお掛けするわけですが、ひとつよろしく御理解のほど、お願いしたいと思います。



○議長(冨田惣一) 

 6番 北原日出海君。



◆6番(北原日出海) 

 再質問です。

 今の部長の答弁ですと、その辺は御迷惑を掛けるということですけど、やはり昼飯分ぐらいは出したらどうかと思うんですけど、どうでしょうか。



○議長(冨田惣一) 

 企画部長。



◎企画部長(永井弘道) 

 ただ今、日当に含まれておる弁当代ぐらい出したらどうかという再質問でございますが、知多市内で役所の方へお越しいただいた段階におきましても、昼食というのは必要に応じて、それぞれ食事をとるわけでございまして、出先にまいったということで、従来日当という形で弁当代等も含めた形で出ておったわけですが、業務それぞれあるわけでございますが、どこに出張していただいても、あるいは役所の方へ来ていただいても、特に役所の方においては自費でとっていただいておるという実態でございまして、愛知県内にお出かけになった段階でも、昼食というのは当然必要になるわけでございまして、それと同じ考え方で、ひとつ御理解をいただきたいと思います。以上でございます。



○議長(冨田惣一) 

 質疑を終結いたします。

 本案は、総務委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は総務委員会に付託することに決しました。

 日程第8、議案第8号 知多市使用料及び手数料条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、市民福祉委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は市民福祉委員会に付託することに決しました。

 日程第9、議案第9号 知多市公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、文教消防委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は文教消防委員会に付託することに決しました。

 日程第10、議案第10号 知多市乳児医療費支給条例等の一部改正についてを議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、市民福祉委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は市民福祉委員会に付託することに決しました。

 日程第11、議案第11号 知多市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑に入ります。24番 土井昇次君。



◆24番(土井昇次) 

 議案第11号の問題ですけど、今回の改正ですね、この特定家庭用機器再商品化法ということで、家電リサイクル法ということになりますけど、代表質問でそれぞれ多くの方々、また私も質問させていただいたんですけど、その中で電器店以外の受け入れ地点をつくるということで、これを考えられたということ、これはあるということで、6店舗予定されるということで、これは御了解をしましたんです。

 問題は不法投棄の問題ですね。これがやはり考えられますが、その対策ということで、ただ条例を変えたから、あとはそこらへ放っていただいちゃ困るということでありますので、今のところこの条例改正に当たって、市当局としては不法投棄は恐らく考えておみえになると思いますけど、どのように考えてみえるかと、ひとつお答え願いたいと思います。以上です。



○議長(冨田惣一) 

 環境部長。



◎環境部長(太田十吉) 

 御質問にお答えします。

 不法投棄に対する対策はということでございますが、知多半島4市5町とも行政では処理をいたしませんが、許可業者で対応することにいたしております。現実には、排出者がリサイクル料金と収集運搬料金を負担していただくために、高負担感を感じるということで、モラルの一部低い方による不法投棄は考えられますが、このリサイクルシステムをまず理解をしていただくことが重要だと考えておりますので、今後も広報、更にチラシを全地域へ回覧もし、ホームページなどでもPRに努めてまいりたいと考えております。

 また、収集作業に従事する職員のパトロール、それから県の環境保全推進委員の方にも御協力をお願いすると共に、知多警察署とも連携を図ってまいりたいと考えております。

 なお、道路や公園など市の管理する土地への不法投棄に対しましては、それに対応できるようリサイクル料金を計上いたしておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(冨田惣一) 

 質疑を終結いたします。

 本案は、委員会付託を省略いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 討論に入ります。

 討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 議案第11号 知多市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について、原案に賛成の方は挙手を願います。

          (全員の挙手あり)

 全員賛成の挙手を得ました。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第12、議案第12号 知多市水道事業給水条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、建設経済委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は建設経済委員会に付託することに決しました。

 日程第13、議案第13号 知多市都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、建設経済委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は建設経済委員会に付託することに決しました。

 日程第14、議案第14号 知多市下水道事業の設置等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、建設経済委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は建設経済委員会に付託することに決しました。

 日程第15、議案第15号 市道路線の認定についてを議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、委員会付託を省略いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 討論に入ります。

 討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 議案第15号 市道路線の認定について、原案に賛成の方は挙手を願います。

          (全員の挙手あり)

 全員賛成の挙手を得ました。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第16、議案第16号 平成12年度知多市一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。

 質疑に入ります。6番 北原日出海君。



◆6番(北原日出海) 

 補正予算の16、17ページお願いします。

 3節の職員手当等の退職手当等のところですけど、 5,374万 5,000円ですけど、この退職の内訳、例えば普通の退職の方何人とか、定年退職何人とか、そういう方の内訳と何人いるのか、この分の、補正予算のですね。それぞれについてお伺いします。



○議長(冨田惣一) 

 企画部長。



◎企画部長(永井弘道) 

 17ページの3項5目、職員手当等の中の退職手当で、それぞれ普通退職等人数は何名いるかということでございますが、平成12年度で退職する職員数は全体で28名でございます。その内訳といたしまして、普通退職が11人、定年退職が15人、勧奨退職が2人でございますので、よろしくお願いします。



○議長(冨田惣一) 

 質疑を終結いたします。

 本案は、各常任委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は各常任委員会に付託することに決しました。

 日程第17、議案第17号 平成12年度知多市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、市民福祉委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は市民福祉委員会に付託することに決しました。

 日程第18、議案第18号 平成12年度知多市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、建設経済委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は建設経済委員会に付託することに決しました。

 日程第19、議案第19号 平成12年度知多市水道事業会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、建設経済委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は建設経済委員会に付託することに決しました。

 日程第20、議案第20号 平成12年度知多市下水道事業会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、建設経済委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は建設経済委員会に付託することに決しました。

 日程第21、議案第21号 平成13年度知多市一般会計予算を議題といたします。

 質疑に入ります。24番 土井昇次君。



◆24番(土井昇次) 

 それでは、議案21号のまず21ページですね。21ページの1款6項1目の都市計画税の問題ですけど、この都市計画税ですけど、現在、 0.3パーセントで多くの方は取られておるようですけど、市街化区域ですね、このたび農業集落排水ということで、佐布里地区がやられたわけですけど、これは今回も予算には計上されていませんけど、検討していただきまして、この 0.3パーセントとまではいきませんけど、 0.2なり 0.1パーセント、とにかく都市計画税という形で徴収しても、御理解をしていただけるんじゃないかというふうに思っていますので、その点を考えを伺いたいと思います。

 それから、もう一つ次ですね。27ページ、この問題でですね、4款の中の地方消費税交付金ですね、5億 5,000万円という形で、地方消費税交付金の積算根拠はいかがかという、この問題ですね。

 それから次にですね、49ページの問題ですね。49ページの11款3項1目1節ですね。戸籍住民基本台帳費国庫委託金の中で、外国人登録事務委託金の問題ですけど、この人数は何人かという問題ですね。

 次にですね、その次に2枚はねていただきまして、51ページ。51ページの12款2項1目1節の総務管理費県補助金の新総合通信ネットワーク整備事業補助金ということで、 1,200万円が計上されているんですが、どこまで進んでいるかという問題ですね。

 次にずっと飛んでいただきまして、67ページ。67ページの17款3項1目1節ですね。貸付金元利収入、地域総合整備資金貸付金償還金の内容と返還ですけど、この地域総合整備資金貸付金償還金ということで 800万円、これですね。これ、知多苑という形でちょっとお聞きしとるんですけど、それの内容と返還期間をお答え願いたいと思います。

 それから、ずっと飛びまして85ページ。この問題は2款ですね。1項3目1節の報酬の中の公平委員会委員報酬で委員会の問題ですけど、これ公平委員会に報酬ということで19万円計上されているわけだけど、このいわゆる開催実績と特に臨時に開いたかという、開く予定があるのかといいますね。それから、今までこういう形をもうずっと組まれておりましたけど、それも併せてお答え願いたいと思います。

 ずっと飛びまして、91ページです。研修センター費という形で、研修センターのいわゆる宿泊はなくしたということですけど、今後、これに代わるような公的な代替ということで、宿泊施設を考えてみえるかという問題ですね。それをお答え願いたいと思います。

 それから、93ページの中で19節の負担金、補助及び交付金ですね、地区公共施設補助金というので 576万 7,000円ですね。これは、随分公共施設も整備されたと思いますけど、それの内容と今までより少し少なくなったですね。その減の理由をお答え願いたいと思います。

  103ページの中の19節 負担金、補助及び交付金の中で、リニア中央エクスプレス建設促進期成同盟会分担金ということで1万円、これ少額ですけど、これに対して活動状況はどうかという問題。

 それから、3つほど下におりまして、伊勢湾口道路建設促進期成同盟会負担金、これ3万円ですね。この問題におきましても、この活動状況はどうかという問題ですね。

 それからもう一つ、その下の中部国際空港知多地区連絡協議会負担金、これも活動状況とどうなっているかという問題と、それからこういうものをつくることによって、知多市はどのような影響を与えるかという問題ですね。

 それから、次に 105ページの中ですね。委託料の中で、住民基本台帳ネットワーク整備委託料、住民基本台帳ネットワークシステム開発委託料として 2,961万円ということですね。この問題は、いわゆる個人の情報公開と併せて、これが今度、住所・氏名それから年齢という形でやるわけですけど、どのようなことが、この内容ですね、これに組み変わる内容。それから、委託料については内容はどうかという問題。それからもう一つは、財源は全般的に国から来るかという問題ですね。財源の内訳。

 それから、この問題は来年も一応やられるわけですね。2004年からいよいよやられるわけですけど、この問題で危惧されることが一つあるわけですね。それは、一つはもち論、プライバシーの問題。最近の状況から見ると、NTTの職員が情報を流したとか、そういう問題と併せてこの問題の、それから国民背番号制も危惧されるわけですね。

 そうしますと、すべての保険、病歴、賞罰、そういうものも入れられる恐れがあると思いますので、そういう点は心配がないかという問題と。それから、こういういわゆる地方自治体が行うわけですので、この問題におきましては、やはり守秘義務とそれから漏えいの問題がありますね。その辺については、どのような罰則があるかという問題ですね。これをひとつお聞かせ願いたいと思います。

 それから、その次ですね、一つありますね。IT講習会開催委託料ということで、このIT問題ですね。森総理がこれ手がけられまして、この2年後には日本一ではなくして世界一のITといったことで、情報通信を持つということで森総理が言われたですけど、森総理もいよいよ風前のともしびですけど、これは大丈夫かと思いますね。恐らくそれは自民党の中でも引き続き、しかも自民党が崩壊したらこれもどういうふうになるかという、その危惧も心配するわけですけど、その点は、わからんことは結構ですけど、具体的な予想されることをひとつお答え願えれば幸いです。内容はわかりましたのでね。 2,855名やるということは、いわゆる代表質問やなんかでいろいろと聞かせていただきましたので。以上です。



○議長(冨田惣一) 

 総務部長。



◎総務部長(都築立美) 

 それでは、お答えをさせていただきます。

 まず御質問の1点目でございますが、21ページ、都市計画税の関係で、佐布里の農業集落排水の供用に伴い、都市計画税を取るべきではないかということでございますが、地方税法の規定によりまして、調整区域内におきましても、都市計画法第34条第10号イに掲げる、開発行為に係る開発区域内で都市計画事業が施行される場合など条例で定めるところにより課税することができる規定となっておりますが、調整区域内につきましては、もともと開発が抑制されている区域であり、市街化区域と比較して有効な土地利用を図ることが困難であること、また集落排水事業については、農村の生活環境の向上を図ることを目的としておりまして、都市計画事業ではないことなどから、市街化区域と同様に課税区域とすることは難しいものと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

 それから2点目でございますが、27ページでございます。地方消費税交付金の積算根拠でございますが、地方消費税につきましては、平成6年度の税制改革により、都道府県税として地方消費税が創設され、平成9年4月1日から施行されております。賦課徴収は国が消費税と合わせて行い、各都道府県に消費税額1パーセントを払い込むこととされており、各都道府県は、国から払い込まれた額から国に支払いをした徴収取り扱い費分を差し引き、消費に相当する額に応じて都道府県相互間で精算を行い、精算後の消費税の2分の1に相当する額が、更に2分の1ずつ人口割それから従業者数割により、市町村に交付されるものでございますので、よろしくお願いいたします。

 次に3点目でございますが、49ページでございます。外国人登録事務委託金の関係で、人数はということでございますが、外国人登録事務委託金は、外国人登録法等に基づく外国人登録事務及び特別永住事務に要する経費に対する交付金でございます。

 委託金額は、主に事務の取り扱い件数と外国人登録人数により左右されますが、本予算では人数を平成12年4月1日現在、 692人と見込みました。なお、平成13年2月末現在の外国人登録人数は 795人となっておりますので、よろしくお願いいたします。

 次に4点目でございますが、51ページでございます。新総合通信ネットワーク整備事業費補助金の関係で、どこまで事業が進んでいるかということでございますが、新総合通信ネットワークシステム整備工事は、平成12年度・13年度の2か年継続事業で、デジタル多重マイクロ無線回線で県や市町村をネットワークでつなぎ、高度な情報通信基盤として整備するものでございます。

 具体的な内容としましては、市役所に多重マイクロ無線関連設備、中継装置関連設備、交換器関連設備、情報関連設備、画像交換関連設備及び電源装置関連設備等を設置し、消防署に無線装置関連設備及び電源装置関連設備等を設置するものでございます。平成12年度はパラボナアンテナ、多重無線装置、デジタル多重化装置、中継交換機などの機器の製造が中心で、平成13年度が機器の設置、庁舎の配線などの作業となりますが、平成13年2月末現在の進捗率は46パーセントで、平成13年3月末には57パーセントの見込みでございますので、よろしくお願いいたします。

 次に6点目の質問にお答えさせていただきます。85ページでございます。85ページの公平委員会委員報酬の関係で、開催実績それから特に臨時はどうかということでございますが、この報酬につきましては、公平委員3名が全国公平委員会本部研修会総会、それから東海支部総会、愛知県公平委員会事務研究会総会、知多市公平委員会の定例的な委員会等に出席する場合に支給するものでございます。

 なお、臨時の委員会開催についてでございますが、過去におきましても、職員から不利益処分についての不服申し立て等は1件もございませんでしたので、臨時の公平委員会の開催はいたしておりませんので、よろしくお願いいたします。

 それから7点目でございますが、91ページをお願いします。研修センター費の関係で、研修センターの宿泊がなくなることにより、公的な代替施設の考えはどうかということでございますが、この4月から研修センターの宿泊を、当分の間休止していく理由といたしましては、1点目として厨房、レストランの目的外使用許可を受けている業者が、その使用料について滞納が続いたことから、4月から使用許可を与えないこととしたため、食事、喫茶や接客サービスができなくなること。それから2点目として、宿泊利用者が年々減少傾向であること。3点目といたしまして、昨年5月、民間と競合する公的施設の改革についての閣議決定により、既存施設の廃止、民営化、その他の合理的処置の推進をするよう、国から要請があったこと、以上の3点であります。

 そこで、公的な宿泊のための代替施設の考えでございますが、先ほど3点目で申し上げましたように、国からの要請で民間と競合する宿泊については、民間に任せるべきであることと、市内には民間宿泊所として15施設、 302部屋があり、収容人員は 626人可能であり、市内には多くの民間宿泊所が完備しているものと考えております。したがいまして、研修センターに代わる公的宿泊施設につきましては、新たに設置をしていく考えはございませんので、御理解をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 それから、8点目でございますが、93ページ、地区公共施設補助金の内容と減の理由でございますが、地区公共施設は自治会・町内会等の地域事業の活動・推進に欠かせない施設であり、各地区で建設・維持管理を行っております。こうした施設について、地域が円滑に事業推進ができるように、市として維持管理費用の一部や建設・増築・修繕費用の一部を補助するものでございます。

 補助の内訳としましては、維持管理費補助は45施設分で 485万 2,000円でございます。また、建設費等補助は、八幡台集会所の外壁塗装等修繕工事に対し、工事費の2分の1の91万 5,000円を補助するものでございます。

 減の理由につきましては、平成12年度は建設費等補助の対象施設として、新築が1施設、修繕工事が4施設、合わせて5施設の 2,079万 6,000円がございましたが、平成13年度は新築はなく、修繕工事が八幡台集会所1施設のみのため減となったものでございます。以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(冨田惣一) 

 企画部長。



◎企画部長(永井弘道) 

 それでは続きまして、 103ページの負担金、補助及び交付金の中で、リニア中央エクスプレス建設促進期成同盟会分担金で、活動状況はどうかという御質問でございますが、リニア中央エクスプレス建設促進期成同盟会は、リニア中央新幹線の実現を目指し、建設促進に関する調査・研究及び広報・啓発を行っているものでございまして、具体的な活動といたしましては、山梨実験センターでの試乗会、あるいはシンポジウムを開いているところでございます。

 次に、伊勢湾口道路建設促進期成同盟会分担金の活動状況でございますが、この同盟会は伊勢湾大橋を含む伊勢湾口道路の早期建設の実現を目指し、講演会の開催、パンフレットの作成等PR活動の実施などの活動をしているものでございます。

 次に、中部国際空港知多地区連絡協議会負担金の活動状況でございますが、中部国際空港の建設に関しまして、知多地区として広域的な対応を図ると共に、建設に係る必要な情報収集及び調査・研究を進めております。また、知多半島の地域振興策についての要望活動についても併せて行っております。

 これらの負担金を払うことによって、知多市のメリットはどうかということでございますが、このリニア中央エクスプレス、あるいは伊勢湾口道路、中部国際空港につきましては、知多市にとりましても、リニア中央エクスプレスが早く完成し、名古屋地区を通るということになれば、日本国内の交通の利便性が十分メリットとして得られる、あるいは知多半島の先に伊勢湾口道路ができれば、それなりにメリットが知多市にとってある、あるいは空港につきましても、これは非常に近いところでございまして、知多市の活性化にも十分つながるということで、それなりにメリットがあるというふうに考えております。

 次に、 105ページの住民基本台帳ネットワーク整備委託料の内容でございますが、住民基本台帳ネットワークシステムを稼働する上で必要なコンピュータ機器及び通信機器等の搬入設置作業やこれに伴う庁内のLAN配線敷設作業、それから電源工事を委託するものでございますので、よろしくお願いします。

 次に、住民基本台帳ネットワークシステム開発委託料の内容でございますが、平成14年8月の事務開始に向けまして、この住民基本台帳ネットワークシステムの開発作業を委託するものでございまして、主なものといたしましては、基本となるソフトウエアの導入作業、それから本人確認情報登録などのデータ移行作業、現在、運用しております住民基本台帳システムの改修作業を予定しております。この住民基本台帳ネットワークに伴う国からの財源はどうかということでございますが、直接的な国庫補助等はございません。

 また、今後、住民基本台帳ネットワークシステム構築に当たっての、ICカード等に導入する処罰に関係のある秘密事項が漏れた場合に、どのような罰則があるかということでございますが、当然公務員の場合ですと、守秘義務が課せられておるわけでございまして、守秘義務違反とはっきりされた段階におきましては、懲戒審査委員会等にかけまして、処分等の検討がされるというふうに考えております。

 それから、森首相が、現在の国会等での動きを見ておると、退任した場合にはこの問題はどうなるのかという御質問でございますが、これにつきましては、既にITの講習会の費用につきましては、国の方で決定されておることでございまして、どちらになりましても、この事業は知多市といたしましては進めていくという考えでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(冨田惣一) 

 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(天草英二郎) 

 質問5点目の歳入の67ページ、1節 貸付金元利収入の地域総合整備資金貸付金償還金の内容と返還期間でございますが、平成9年度に医療法人平病院が建設をいたしました老人保健施設知多苑に対する地域整備資金貸付事業による貸付金1億円に対する償還金でございます。返還期間としましては、平成13年2月から平成25年2月までの13年間、25回の償還で1回の償還金は 400万円でございますので、2回分でございますので、よろしくお願いいたします。以上です。



○議長(冨田惣一) 

 24番 土井昇次君。



◆24番(土井昇次) 

 歳入の中で、ちょっと総務部長にお聞きしたいんですけど、都市計画税ですけど、これは法的に取ることはできるでしょ。このいわゆる都市計画税、佐布里地区に対しても。できるかできんかをお答え願いたいということ。

 それから、最後の 105ページの、これ企画部長ですけど、住民基本台帳ネットワークシステム開発委託料ということで、 2,961万円ですけど、公務員に対する守秘義務ということで、これは確かに私も理解はしとるわけですけど、違反した場合、新しいシステムですので、これは個人的な情報が流れるということで。

 それと、私が質問したように、国民総背番号制という形の危惧があるわけですけど、そういうものは全くないかという問題ですね。新たに今言われたように、挿入する4品目ですね、これ、たしか。そういう形でほかのものは全く入れないかという問題と。それから、それを犯した場合にもっと厳しいというか、そういうものを特別につくる。各市町の問題は一緒ですのでね、これ知多市だけではないですね。その考え、どうかというものをひとつお聞かせ願いたいと思います。以上です。



○議長(冨田惣一) 

 総務部長。



◎総務部長(都築立美) 

 それでは、再質問にお答えさせていただきます。

 まず、21ページの都市計画税の関係で、市街化調整区域で取ることはできるのかということでございますが、先ほども御答弁させていただきましたが、一定の要件を備えればできるということでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(冨田惣一) 

 企画部長。



◎企画部長(永井弘道) 

 住民基本台帳ネットワークの段階で、ICカードに4品目以外のものは入れないかどうかという御質問でございますが、この2月に設置いたしました情報推進委員会の方で、国から求められておる4項目以外のもの、市民の利便性を考えて、どういうものを入力していったらいいかということで、今後、検討をしてまいりまして、4品目以外のものも情報として入力はしていく考え方でありますので、よろしくお願いいたします。

          (土井議員より「今の答弁がない」の声あり)



○議長(冨田惣一) 

 企画部長。



◎企画部長(永井弘道) 

 新しい情報を入力をするということで、守秘義務違反があった場合に、より厳しい処分を考えているかどうかということでございますが、処分の内容につきましては、懲戒審査委員会で決定される事項でございますので、現段階で特別厳しい処分をということについては、私個人としては考えておりませんので、よろしくお願いいたします。

 (土井議員より「それから、もう一つは国民総背番号制につながるかどうかという問題」の声あり)



○議長(冨田惣一) 

 企画部長。



◎企画部長(永井弘道) 

 国民総背番号制につきましては、国が言われている言葉といたしましては、そういうものにはつながらないというふうにお聞きしておりますので、よろしくお願いします。



○議長(冨田惣一) 

 6番 北原日出海君。



◆6番(北原日出海) 

 98、99ページをお願いします。安全対策費の中の7節の賃金の交通安全指導事務賃金ですけど、この交通安全指導員の権限ですね、どういうことができるかと、あと効果。よく街頭で立っていただいて寒い中御苦労さまでございますけど、どの辺の権限があるのかということと、あと効果ですね、これについてまず一つお聞きします。

 それから、 100と 101ページです。上から2段目の15節 工事請負費の交通安全施設整備工事費。いろんな説明は書いてあるんですけど、どういう工事をやるかということは書いてあるんですけど、具体的にどこの地域にどういう工事をやるのか、具体的にお伺いします。

 それから、下へ行きまして19節の負担金、補助及び交付金の中で、今年はないんですけど、多分廃止したと思うんですけど、昨年、少年補導委員の補助金があったんですけど、今年はなくなっています。十分成果が得てなくなったのか、その辺のなくなった理由ですね、どうしてなくしたのか、その辺についてお聞きします。

 最後に、企画総務費の2節の給料、職員が今年は47人ですけど、予算では49人ということを聞いています。2人増えて、新しい部をつくったから増えたのか、その辺の増やした理由についてお聞きします。以上です。



○議長(冨田惣一) 

 総務部長。



◎総務部長(都築立美) 

 それでは、お答えをさせていただきます。

 まず第1点目でございますが、99ページの賃金の関係でございます。交通安全指導員の権限と効果ということでございますが、交通指導員につきましては、各小学校区に1名を配置いたしまして、児童の通学時における交通指導及び幼児、児童、生徒、高齢者を対象に各種交通安全教室を実施しております。これらの交通安全教育を通じまして、市民の交通安全に努めているところでございます。なお、交通指導員の権限につきましては、法的には特にございませんので、よろしくお願いしたいと思います。

 それから2点目でございますが、 101ページの交通安全施設整備工事費の具体的な内容、場所でございますが、交通安全施設整備工事につきましては、まず道路反射鏡の設置工事として8基分の設置を予定しております。設置箇所につきましては、新年度に地区要望等により、精査をして決定してまいりたいと思っております。また、区画線の設置工事として、八幡字大平地、それから寺本台地区など約1万 2,000メートルの設置を予定しております。それから、道路照明の補修工事といたしまして、日長、新舞子地区において水銀街路灯2灯分の建て替えを予定しております。その他、交差点対策工事といたしまして、巽が丘地区などに交差点の十字・T字マークを12か所、道路点滅びょう2基の設置を予定しておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 次に3点目でございますが、同じページの負担金、補助及び交付金の関係で、少年補導委員の補助金がなくなったがということでございますが、これにつきましては、補助金等事務経費の見直しによりまして、知多少年補導委員会事務局である知多警察署生活安全課との調整が図られたため、補助金をカットするものでございますので、よろしくお願いいたします。以上でございます。



○議長(冨田惣一) 

 企画部長。



◎企画部長(永井弘道) 

 企画総務費の給料の中で、2名増えているがという御質問でございますが、今回新たに設置いたします改革推進部に配属する職員の増加分を2名ということで、企画総務費の人件費の方に組み入れをさせていただいておりますので、よろしくお願いします。



○議長(冨田惣一) 

 6番 北原日出海君。



◆6番(北原日出海) 

 再質問として1件だけちょっとお願いします。工事請負費、先ほどの交通安全に関係してですね、よくまちを走っていますと、今までは古いところは「止まれ」というのが車道に付いていたんです、「止まれ」というのがね。今、最近付いていないんですよ。担当に聞きますと、もう現在はいいという警察の指導があったということなんですけど、やはり今までそういう付いていると、感覚的には止まれと思います。止まるんですわ。だけど、前しか見てないとなかなか上を見ろといっても見られないということで、今後、事故の可能性もあると思いますので、予算があればですね、ぜひ「止まれ」というのも一緒に付けていただけないか、お伺いしたいと思います。以上です。



○議長(冨田惣一) 

 総務部長。



◎総務部長(都築立美) 

 工事費の関係で「止まれ」が最近は付いていないというようなことでございますが、当然、道路をつくる場合には、あらかじめそういう配慮というのはするわけでございますが、私ども、安全課があるということで、特に危険な道路、例えて申し上げますと、常滑市との境の東海知多線の矢田川のところなんかは、今まで東海知多線がなくって、従来どおりの方向で勢いよく走っていたということがありまして、そういったところというのは付ける付けないじゃなくて、付けないと危なくてしようがないというようなところは、特別な配慮として付けておりますものですから、一つの例として今申し上げたわけでございますが、それをやっても事故があるというようなところも実はございまして、必要なところにはそういう配慮をしておりますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(冨田惣一) 

 ここでお諮りいたします。

 再開後1時間を経過しております。この際、暫時休憩いたしたいと存じます。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、ただ今から午前10時55分まで約15分間休憩といたします。

          (休憩 午前10時39分)

          (再開 午前10時55分)



○議長(冨田惣一) 

 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

 4番 中村祐次君。



◆4番(中村祐次) 

 では、 107ページから 113ページまで質問いたしますので、よろしくお願いします。

 まず 107ページの4目8節の報償費、 107ページの一番下ですけども、謝礼品代の中の市民アナウンサーに対する養成講師の謝礼、これを廃止したんですけれど、前回まであったんですけど、これが廃止されましたので、これの廃止された理由について。

 それから、上に行って需用費ですけれども、印刷製本費に関して1月と5月において合併して広報紙を配布されますけれども、この市民へのPRはこれで十分行えるかという問題。

 5項の人事管理費、これの関係でちょっと 309ページの中に、給与費明細書10級の人が昨年1人から6人に増えたんですけれども、この人事管理費、1人が6人に増えたというこの10級の人、この理由についてお願いしたいと思います。

 それから、 109ページ、11節の需用費ですけれども、消耗品費の中で事務服を取りやめたということの、この廃止の理由と廃止によって名札をどのように付けるかという問題。

 それから、下に行きまして、印刷製本費の職員名簿の廃止ですね、この問題について。なぜ廃止したのかという問題。

 それから、下に行って13節の委託料、健康診断の関係ですけども、職員の健康管理はこういうことで今現在、十分に行えているのかどうかという問題について、市長の方から答弁いただきたいと思います。

 それから、 111ページ、賃金の関係で7節の賃金、課税・徴収事務賃金、これが増えているんですけれども、この増えている理由。職員は増えていないですけどね。これが課税・徴収事務賃金という形で増えているから、これ、どうして増えているのかという問題。

 それから、 113ページ、最後ですけども、7節の賃金で、窓口事務が前回よりも1人減っているんですけども、減らしているんですけども、この賃金は増えていると。こういうことで、窓口の対応が十分充足されるかという問題についてお聞きしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。以上です。



○議長(冨田惣一) 

 企画部長。



◎企画部長(永井弘道) 

  107ページの広報費の関係で、その中の報償費が昨年市民アナウンサー養成講師謝礼ということで計上されておったわけですが、その廃止の理由でございますが、平成9年度後半から始まりましたビデオ広報の市民アナウンサー制度を3年経過をいたしました機会に、今年度見直しを行いまして、新しい市民アナウンサーを募集いたしました。12年度の養成講座は、新たに応募をされました市民9人の方のアナウンサーとしての基礎的な技能の習得を目的に開催をしたものでございまして、謝礼金はその講師の方に対するものでございました。この養成講座は、3年に1回程度予定していきたいと考えておりまして、新年度につきましては、計上を見送らさせていただいたものでございますので、よろしくお願いいたします。

 次に、11節の印刷製本費の関係で、1月と5月を合併号で行うということで、市民へのPRが十分できるかどうかという御質問でございますが、今回の1月と5月を合併号にすることは、広報業務の見直しの一環といたしましてさせていただくものでございます。毎年1月16日号と5月16日号の発行前は、編集期間が年末年始に当たり、また5月につきましてはゴールデンウイークなどの休日が重なりまして、原稿提出の締め切り日がほぼ前号の1日号に非常に締め切り日が間近になっておるのが現状でございます。今回、したがいまして、掲載する原稿量も少ないことや従来掲載いたしました内容を十分再検討させていただき、直前直後の号に移動させてもほとんど影響は少ないのではないかという判断のもとに、今回お願いするものでございますので、よろしくお願いいたします。

 次に、 107ページの人事管理費の関係で 309ページの給与費明細書の中に記載がされておる10級職員の増員の問題でございますが、職員の活性化を図るために平成12年4月より新たに6級の係長と保育士、教育職に主任主査職を新たに設けると共に、一定期間9級部長を経過した部長を10級に昇格させたものでございます。今後におきましても、部長昇格後、9級で一定期間を経過後、それから10級部長に昇格をさせてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いをいたします。

 次に、 109ページをお願いいたします。 109ページの消耗品の関係で、事務服を新年度廃止する理由、それから名札についてはどのように対応するのかということでございますが、現在、着用している事務服は、女性用を平成8年度に、男性用を平成9年度に更新いたしたものでございまして、更新時の費用といたしましては、女性用が 485万円ほど、それから男性用が 720万円ほど経費が掛かっております。また、毎年新規採用職員に貸与するために30万円ほどの予算計上をしてまいりました。近隣の東海市、大府市、常滑市の3市も事務服の新規貸与を既に取りやめており、新年度から新規貸与を取りやめ、服装を自由化するものでございます。当分の間は、制服と私服が混在することになると思いますが、名札等につきましては、現在、配布しているものの他に、私服に対応するためにクリップ・ピン止め・首かけの機能を備えた名札等も必要に応じて職員に配布していきたいと考えておりますので、よろしくお願いをいたします。

 次に、同じく印刷製本費の中で、職員名簿の廃止の理由でございますが、今回の職員名簿を削減した理由といたしましては、昨年、複数の職員の自宅に個人の資産運用を強引に勧める脅迫まがいの電話もありまして、一部の職員は警察に被害届けを出すような事態となりました。このような電話は、たびたび職場の中にも多数の職員の名指しでかかってまいりまして、何らかの形で職員の住所や電話番号等の情報が流出していることが考えられ、それが一つは職員名簿ではないかと推測をしているところでございます。こうしたことから、職員の中には、職員名簿に住所や電話番号を載せたくないという要望が非常にありまして、個人の情報が第三者に悪用されることを防ぐため、従来の形式の職員名簿を外注により発注することをやめまして、所属、職名、氏名程度の情報を掲載した職員名簿に切り換えていきたいと考えておりますので、よろしくお願いをいたします。以上でございます。



○議長(冨田惣一) 

 市長。



◎市長(安藤嘉治) 

 中村議員の質問で、職員の健康管理はこの職員健康管理委託料で十分かということであるわけでございます。 109ページ、人事管理費の健康診断委託料で、職員の健康管理はこれで十分かとの質問でございますが、職員健康管理につきましては、労働安全衛生規則に定められました定期健康診断等と35歳以上の職員のうち希望者を対象とした人間ドッグを実施しております。健康診断の検査項目は、規則に定めました項目に加え、希望者に対する胃部レントゲン検査と電算端末機操作に常時従事する職員へのVDT検査、また脳梗塞、脳腫瘍等の早期発見のための脳ドッグも実施いたしておるところでございます。

 いずれにいたしましても、職員の健康管理につきましては、体と心どちらの管理も自己管理が基本と考えますが、市といたしましても健康診断やメンタルヘルス研修等を充実し、支援してまいる考えでありますので、よろしくお願いいたします。



○議長(冨田惣一) 

 総務部長。



◎総務部長(都築立美) 

 続きまして7点目の御質問でございますが、 111ページの課税・徴収事務賃金の増の理由でございますが、年々市民税の課税資料となります給与・年金等の支払報告書が増加をしております。また、滞納者数につきましても増加をしている状況にあります。市民税につきましては、当初課税に向けての課税資料の整理のための時間数の増、それから徴収業務につきましては、滞納者に対する分割納付事務等の徴収内部事務も増加することが考えられることから、新たに臨時職員1名を採用するためのものでございますので、よろしくお願いいたします。

 続きまして、8点目でございますが、 113ページの窓口事務等賃金の関係で、職員を1人減らして、賃金増で窓口対応は充足されるのかということでございますが、窓口事務等賃金は臨時職員6名分でございまして、前年度より2名分増の計上でございます。これは職員1名減に伴う他の職員の負担軽減のため、及び市民要望の多い案内業務の時間延長を実施するためのものでございます。窓口対応につきましては、相談的要素の多い届出窓口はこれまでどおり常時職員が対応し、比較的簡易な処理が多い証明窓口は職員と臨時職員の組み合わせで対応することにより、市民サービスの低下にならないように努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。以上でございます。



○議長(冨田惣一) 

 質疑を終結いたします。

 本案は、各常任委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は各常任委員会に付託することに決しました。

 日程第22、議案第22号 平成13年度知多市国民健康保険事業特別会計予算を議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、市民福祉委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は市民福祉委員会に付託することに決しました。

 日程第23、議案第23号 平成13年度知多市老人保健医療事業特別会計予算を議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、市民福祉委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は市民福祉委員会に付託することに決しました。

 日程第24、議案第24号 平成13年度知多市知多墓園事業特別会計予算を議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、建設経済委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は建設経済委員会に付託することに決しました。

 日程第25、議案第25号 平成13年度知多市農業集落排水事業特別会計予算を議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、建設経済委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は建設経済委員会に付託することに決しました。

 日程第26、議案第26号 平成13年度知多市水道事業会計予算を議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、建設経済委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は建設経済委員会に付託することに決しました。

 日程第27、議案第27号 平成13年度知多市下水道事業会計予算を議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、建設経済委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は建設経済委員会に付託することに決しました。

 日程第28、議案第28号 平成13年度知多市病院事業会計予算を議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、市民福祉委員会に付託いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、本案は市民福祉委員会に付託することに決しました。

 日程第29、報告第1号 市長専決処分事項の報告についてを議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、地方自治法第 180条第2項の規定による報告でございますので、これをもって終わりといたします。

 日程第30、報告第2号 市長専決処分事項の承認を求めることについてを議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 本案は、委員会付託を省略いたしたいと存じます。御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 討論に入ります。

 討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 報告第2号 市長専決処分事項の承認を求めることについて、原案に賛成の方は挙手を願います。

          (全員の挙手あり)

 全員賛成の挙手を得ました。よって、本案は原案のとおり承認されました。

 以上をもちまして、本日の議事日程は、全部終了いたしました。

 明日から3月26日までは、各委員会に付託いたしました議案審査のため休会といたします。

 来る3月27日は、午前9時30分から本会議を再開いたします。

 それでは、これにて第1回知多市議会定例会を散会いたします。

          (散会 午前11時17分)

地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。

 平成13年3月14日

               知多市議会 議長     冨田惣一

                     12番署名議員 土師静男

                     27番署名議員 安藤儒かく