議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 知多市

平成23年  3月 定例会(第1回) 02月28日−01号




平成23年  3月 定例会(第1回) − 02月28日−01号










平成23年  3月 定例会(第1回)



          平成23年第1回知多市議会定例会会議録

1 招集年月日  平成23年2月28日 午前9時30分

2 招集の場所  知多市議会議場

3 応招議員  (22名)

       1番  大村 聡       2番  青木志浩

       3番  江端菊和       4番  冨田一太郎

       5番  大島大東       6番  荻田信孝

       7番  中村千惠子      8番  島?昭三

       9番  中平ますみ     10番  夏目 豊

      11番  中村祐次      12番  山口 修

      14番  向山孝史      15番  尾之内 勝

      16番  北原日出海     17番  土師静男

      18番  小坂 昇      19番  近藤久義

      20番  竹内司郎      21番  米原洋太郎

      22番  松井卓朗      23番  森田 一

4 不応招議員  (0名)

5 開閉の日時

   開会  平成23年2月28日 午前9時30分

   閉会  平成23年3月24日 午前11時33分

               2月28日

1 出席議員 (22名)

       1番  大村 聡       2番  青木志浩

       3番  江端菊和       4番  冨田一太郎

       5番  大島大東       6番  荻田信孝

       7番  中村千惠子      8番  島?昭三

       9番  中平ますみ     10番  夏目 豊

      11番  中村祐次      12番  山口 修

      14番  向山孝史      15番  尾之内 勝

      16番  北原日出海     17番  土師静男

      18番  小坂 昇      19番  近藤久義

      20番  竹内司郎      21番  米原洋太郎

      22番  松井卓朗      23番  森田 一

2 欠席議員 (0名)

3 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

  市長        加藤 功   副市長       渡辺正敏

  教育長       小宮克裕   総務部長      片桐義人

  企画部長      森田 稔   生活環境部長    吉戸雅純

  健康福祉部長    竹内志行   産業経済部長    竹内尚明

  都市整備部長    久野明夫   水道部長      峯神 慎

  看護専門学校長   早川英男   会計管理者     浅井哲生

  消防長       矢田浩樹   教育部長      栗本清光

  総務課長      及川一男   市民活動推進課長  磯野健司

4 本会議に職務のため出席した議会事務局職員

  事務局長      皆川 幹   議事課長      片山信弘

  副課長       宝 治男             新美良夫

            小林照彰             吉川 拓

5 議事日程



日程
議案番号
件名



 
会議録署名議員の指名について



 
会期の決定について



 
諸般の報告について



 
施政方針について




知多市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について




知多市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について




知多市職員の給与に関する条例の一部改正について




知多市勤労文化会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について




知多市精神障害者医療費支給条例の一部改正について


10

知多市国民健康保険条例の一部改正について


11

愛知県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更に関する協議について


12

平成22年度知多市一般会計補正予算(第8号)


13

平成22年度知多市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)


14
10
平成22年度知多市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)


15
11
平成22年度知多市水道事業会計補正予算(第1号)


16
12
平成23年度知多市一般会計予算


17
13
平成23年度知多市国民健康保険事業特別会計予算


18
14
平成23年度知多市後期高齢者医療事業特別会計予算


19
15
平成23年度知多市農業集落排水事業特別会計予算


20
16
平成23年度知多市水道事業会計予算


21
17
平成23年度知多市下水道事業会計予算


22
諮問1
人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて


23
報告1
市長専決処分事項の報告について


24
報告2
市長専決処分事項の承認を求めることについて


25
報告3
市長専決処分事項の報告について



6 会議に付した事件

   議事日程に同じである。

           (2月28日午前9時30分 開会)



○議長(竹内司郎) 

 本日は、大変御苦労さまでございます。現在の出席議員は22名でございます。定足数に達しており、会議は成立いたします。ただ今から第1回知多市議会定例会を開会いたします。

 お手元に配付してございます議事日程に従いまして、会議を進めてまいりたいと存じますので、よろしくお願いをいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内司郎) 

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において指名いたします。

    2番 青木志浩議員

   12番 山口 修議員

 以上2名の議員にお願いをいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内司郎) 

 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日2月28日から3月24日までの25日間にいたしたいと存じます。御異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、会期は25日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内司郎) 

 日程第3、諸般の報告を行います。

 最初に、去る1月28日、花井敏博議員から1月31日付で議員を辞職したい旨の辞職願が提出されました。

 よって、地方自治法第126条の規定に基づき、議長において同日これを許可いたしましたので、会議規則第138条第2項の規定により報告をいたします。

 次に、監査委員から議長のもとに、地方自治法第199条第9項の規定による、定期監査結果報告及び地方自治法第235条の2第3項の規定による平成22年11月分から平成23年1月分までの例月出納検査結果報告が提出されましたが、お手元にお配りしたとおりですので、これをもって報告にかえます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内司郎) 

 日程第4、施政方針について。

 加藤 功市長の施政方針をお願いいたします。市長。

          (市長 登壇)



◎市長(加藤功) 

 皆さん、おはようございます。

 本日ここに、平成23年第1回知多市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位には御多忙の中、御参集賜り、厚くお礼申し上げます。

 本定例会に御提案申し上げます平成23年度の当初予算案をはじめとする重要諸議案の説明に先立ち、私の所信の一端を述べ、本市議会並びに市民の皆様の深い御理解と御協力を賜りたいと存じます。

 今年度は、市制40周年を迎え、1年間のさまざまな記念行事を催してまいりました。その最後を飾るべく現在、「佐布里池梅まつり」を開催いたしております。幸い、天候に恵まれ、市内はもとより市外からも多くの人が訪れ、にぎわいを見せております。

 梅は別名を「春告草」とも言われているとおり、厳しい冬を乗り越え、春の到来を告げる花として、古来より人々に親しまれておりますが、この梅まつりもはや20回目となり、知多市の風物詩としてすっかり定着した感があります。

 私は、市長就任3期10年目という節目を迎え、第4次総合計画から第5次総合計画へと知多市の未来像を示すに至り、ますますその責務をかみしめ、郷土知多市のさらなる発展、そして、まちづくりのためこの身を尽くす覚悟を新たにしているところであります。

 昨年の12月定例会において、御承認いただきました第5次総合計画は、知多市が目指すべき将来像を「笑顔つながる いきいき 緑園都市」とし、「自立」「つながり」「挑戦」と3つの基本理念を掲げ、今後のまちづくりの指針といたすものであります。この指針に沿い、実のあるものとしていくため、行政だけではなく、地域と連携した地域経営を進めることとし、市民協働へとさらに踏み込み、私も渾身の力を込めて邁進していく所存でありますので、皆様の一層の御支援、御協力をお願いするものでございます。

 さて、我が国経済は、内閣府の月例経済報告では、持ち直しに向けた動きが見られ、足踏み状態を脱しつつあるものの、失業率が高水準にあるなど、依然として厳しい状況にあるとしています。また、先行きについては、当面は弱さが残ると見られるものの、海外経済の改善や各種の政策効果などを背景に景気が持ち直していくことが期待される一方、デフレの影響や雇用情勢の悪化懸念が依然残っているとしています。さらに、昨年の参議院選挙で下された国民の審判は、与党にとって大変厳しいものとなり、いわゆる、ねじれ国会に陥り、政権運営においても難しい局面を迎え、地方行政にも大きな影響を与えていることは周知のとおりであります。

 先の愛知県知事選挙の結果を見ましても、県民の既成政党への厳しい批判とともに県政に対する改革への期待感を感じとることができます。また、知事はマニフェストにおいて減税と大胆な規制緩和による景気回復をはじめ、さまざまな構想を掲げておりますが、何よりも県民を第一にとらえ、市町村との共存共栄を目指した県政の運営を願うところであり、市長として市民生活にしわ寄せが生じないよう注視し対処してまいりたいと考えております。

 このような中、国の平成23年度予算案は、22年度予算を上回る過去最大規模のものとなりましたが、予算の財源としては、国債発行額が税収を上回る異常事態が続く状況となっております。さらに、子ども手当にも見られますように、与党のマニフェスト実現について、個々の政策を大きく変えざるを得ない様相を呈し、社会保障費の増加が今後も続けば、さらに財政が硬直化していくものと見込まれます。

 一方、地方財政計画におきましては、全体では0.5パーセント増としている中で、地方税は2.8パーセント増と3年ぶりの増を見込むほか、交付税も約5,000億円、2.8パーセント増が確保されております。こうした財源の伸びを見込む結果、地方財政の健全化を目的として臨時財政対策債は、総額で20.1パーセントの減としています。

 このような情勢のもと、平成23年度当初予算規模としましては、一般会計では259億4,500万円、全会計では391億6,105万円の計上となりました。そのうち、一般会計におきましては、歳入の骨格をなす市税は、個人所得の回復を見込み、個人市民税では8パーセント、約3億7,000万円の増、逆に法人市民税では、主要法人の撤退、最近の円高傾向の影響を考慮し、10.8パーセント、約7,000万円の減収を見込むものの、市税全体としては、1.7パーセント、約2億5,000万円程度回復するものと見込んでおりますが、引き続き、厳しい財源不足が見込まれ、23年度におきましても、普通交付税につきましては、交付団体となるものと想定し、交付税総額として2億7,000万円を見込みました。

 こうしたことから、今後とも行政改革を継続することとし、経常経費の抑制に努め、ここに平成23年度当初予算として皆様にお諮りさせていただくとともに、市民の皆様の御理解をお願いするものでございます。なお、議会におかれましても開かれた議会を目指すとともに、議会改革に取り組まれたことにつきましては、市長として敬意を表すものであります。

 以上、申し述べてまいりましたことを念頭に、第5次知多市総合計画の分野別及び基本目標に沿って施策の概略を申し上げます。

 分野別の「1 生活環境分野」では、環境にやさしい、安心・安全なまちを目指します。

 防災・安全では、防災意識の向上を図り、防災まちづくり講演会の開催、帰宅支援マップの作成、自主防災会が行う地区防災訓練や、防災マップの作成への支援など、その啓発に努めてまいります。

 地域公共交通では、あいあいバスについて、朝倉駅前への乗り入れを含めた路線の変更や、高齢者の有料化などを、6月から予定いたしております。また、路線バスの利用促進に向けた活動の支援などに努めてまいります。

 環境・美化では、第2次知多市環境基本計画に基づき、市民への啓発として実践講座や、環境リーダー養成講座を開催するとともに、地球温暖化防止対策への啓発も兼ねた取り組みとして、市役所庁舎の照明器具に蛍光灯型LED灯を取り入れてまいります。知多斎場では火葬炉を1基改修し、知多墓園では新たな墓地を造成するなど、市民の需要にこたえてまいります。

 ごみ処理・リサイクルでは、1月に起きました清掃センターでの火災は不慮の事故とは言え、誠に遺憾であり、今後とも一層の安全な運転・管理の徹底を図るとともに、ごみ出しマナーの向上について、市民の皆様に改めてお願いしているところであります。また、施設備品の整備といたしまして、老朽化したごみ収集車の更新に合わせ、新たな財源確保のため、広告募集をいたしてまいります。

 消防・救急では、消防力を高めるため、化学防護服をはじめ消防用の資機材を更新いたします。また、八幡出張所の高規格救急車、屈折はしご付消防車を更新いたします。知多広域消防指令センターにつきましては、24年度の運用に向け、その建設費について応分の負担をしてまいります。

 次に、分野別の「2 健康福祉分野」では、支え合い、健やかであたたかいまちを目指します。

 地域福祉では、地域での助け合いを一層推進するため、社会福祉協議会と連携し市民や団体とともに地域福祉活動を展開してまいります。

 障がい者福祉では、知多市障がい福祉計画について第3期計画の策定に取り組むほか、引き続き、ふるさと雇用再生事業として、障害者活動センターやまもも第2での授産製品の安定的な販路確保を図ってまいります。施設整備として、知多福祉会による短期入所施設整備に対し助成をいたします。

 高齢者福祉では、更新時期を迎えた知多市高齢者保健福祉計画について第5次改訂を行います。また、認知症高齢者などの徘徊、行方不明時の対策として、メールマガジンを利用した情報配信を行い、市民や事業者などに広く協力を求めてまいります。施設整備として、民間団体などによる地域密着型介護老人福祉施設及び認知症高齢者グループホームの整備や開設準備に対し助成をいたします。

 子育てでは、次世代育成支援行動計画に基づき、子どもの権利啓発事業を実施するとともに、市民との協働による子ども条例制定について検討してまいります。また、岡田地区に予定しております次期子育て総合支援センターの建設に向け、基本設計に着手いたします。保育としましては、新知保育園改築工事の完了に伴い、定員を4O人の増とし、市全体での運営を6クラス増やすことで、待機児童の解消を図ってまいります。さらに、夏の暑さ対策として、全保育園に空調設備をこの夏に間に合うよう整備いたしてまいります。

 保険・福祉医療では、福祉医療事業として精神障害者医療費の入院分について、1・2級の精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方については、現在の制限を廃止し、全疾病にかかる医療費について本人負担を無料といたします。さらに、24年度から、子ども医療費の通院分について、中学校卒業まで無料化を拡大することとし、準備を進めてまいります。

 健康では、国の政策にあわせ、子宮けいがん予防ワクチンについては中学1年生から高校1年生に当たる年齢の女子を対象に、ヒブワクチン及び小児用肺炎球菌ワクチンについてはゼロ歳児から4歳児を対象に、予防接種の費用を助成いたします。また、引き続き、特定健診、各種がん検診、歯周病検診なども実施し、市民の健康づくりを支援してまいります。さらに、妊婦健診につきましては、検査項目の拡充を図ってまいります。

 地域医療では、知多市民病院の運営に支障が出ないよう、応分の負担をいたしてまいりますとともに、保健センター休日診療所については、老朽化した備品を更新いたします。看護専門学校におきましては、教育水準の向上を図り、地域医療に貢献できる看護師の養成に努めてまいります。

 次に、分野別の「3 産業経済分野」では、いきいきと働き、活力とにぎわいにあふれるまちを目指します。

 商工業では、労働者の福利厚生として、未婚の方を対象とした出会いの場を提供するなど、結婚活動を支援してまいります。また、市内商工業の発展に資するよう商工会への支援、融資保証料への補助などを引き続き実施してまいります。

 重要課題の一つであります、浦浜地区の工業用地・住宅店舗用地開発事業は、現在、土地開発公社により順調に工事が進められ、23年度末には完了の予定で、今後、一層の企業立地に努力をしてまいります。

 観光では、ビーチライフイン新舞子や、佐布里池梅まつりを継続していくほか、新舞子地区での「みなとオアシス」の認定を契機として、東海3県で認定を受けている4地区で協力し、観光物産展を開催するなど、観光資源の有効活用を図り、市の活性化を目指してまいります。

 農業では、農業の振興や耕作放棄地対策として有効な助成を継続するとともに、次世代の新たな農業の担い手の育成を充実するため、栽培技術の習得を目的とした支援を行ってまいります。土地改良関連としましては、大草排水機場の排水能力について検討を始めるとともに、高峰下池かんがい排水工事、新舞子新池の県施工工事に対する負担及びこのために必要な長根川の改修工事などを実施してまいります。

 次に、分野別「4 都市基盤分野」では、緑につつまれ、安全で快適な住みやすいまちを目指します。

 都市政策では、新舞子駅東交差点について、歩行者の安全性を確保するための設計を実施いたします。また、町名地番変更の証明手続について、窓口事務の統一化を図り、市民へのサービス向上に努めてまいります。

 都市施設管理では、引き続き、木造住宅の耐震化について支援するとともに、市道や河川の適切な維持管理に努めます。

 都市施設整備では、日長4号線の整備を継続していくほか、工業用地造成に伴う市道浦浜線整備の完了を目指すとともに、新病院関連として緑町線の道路整備に向けた測量設計に着手してまいります。橋りょうにつきましては、新城見橋、狐鎌橋の耐震化を実施することにより、避難路等確保のための耐震化事業は、完了となる見込みであります。また、治水対策として、阿久比川、中島川流域の浸水被害が発生している地域の測量設計及び新川の流下能力を確保するための改良工事を進めてまいります。

 緑化・公園では、緑と花のまちづくりサポーターの資質向上を図るほか、竹林づくり講座や自然環境イベントを実施し、緑化推進のためのまちづくりと人づくりについて積極的に取り組んでまいります。一方、公園整備としましては、市民スポーツの拠点となる知多運動公園において、陸上競技場の第2種公認の更新に向けた改修を実施するとともに、新病院関連として、都市計画決定の変更手続を手がけてまいります。さらに、岡田北部地区に新たな市民の憩の場を提供するため、散策路の整備を実施してまいります。

 上水道では、節水意識が高まる中においても、水の安定供給とともに健全な経営状況を維持してまいります。設備投資といたしましては、工業用地造成に関連した水道管の布設工事を実施するほか新鍛冶屋橋にかかる水管橋について耐震改修を行ってまいります。

 下水道では、事業経営の安定化を図るとともに、処理場の運転管理について一層の合理化を図るため、包括的な民間委託を導入いたします。設備投資といたしましては、南部浄化センター管理棟の耐震補強に着手するとともに、汚泥焼却設備の更新を引き続き行ってまいります。また、新舞子台地区、大興寺地区での面整備を進め、新南地区についても面整備のための設計に着手してまいります。

 次に、分野別の「5 教育文化分野」では、学び合い、豊かな心を育むまちを目指します。

 学校教育では、個々の小中学校が魅力ある学校づくりを推進できるよう支援していくとともに、新しい学習指導要領にも適切に対処し、学習環境の向上に努め、小中学校だけではなく、幼稚園、保育園との連携も図ってまいります。施設整備といたしましては、小学校ではつつじが丘小学校のプール及び北棟校舎の改修などを実施してまいります。中学校では知多中学校北棟校舎の屋上防水改修などを実施してまいります。学校給食につきましては、引き続き、安心・安全でおいしい給食を提供するとともに、給食費の口座振替手数料につきまして公費負担といたしてまいります。

 生涯学習では、第2次生涯学習都市づくり推進計画を策定していくとともに、市民団体との協働による講座の開催、あるいは、地元芸術家の学校への派遣、芸術文化事業の開催など、市民の生涯学習意欲をさらに高めるよう、環境づくりに努めてまいります。また、市内の貴重な文化財を未来へ伝承するための保存・調査に取り組んでまいります。

 生涯スポーツでは、第2次スポーツ振興計画を策定するほか、さまざまな講座、教室、大会などを開催し、市民の体力づくりをはじめ、スポーツ活動の支援に努めてまいります。さらに、地域に根差したスポーツ活動への支援として、総合型地域スポーツクラブ育成事業において、市内で3か所目となる東部地区に対し助成するとともに、全地区でのクラブ設立を目指してまいります。

 青少年では、青少年の健全育成のため、居場所づくりなど引き続き実施してまいります。また、放課後子どもプランにつきましては、新たに八幡、つつじが丘、南粕谷の小学校区で事業を開始し、合わせて9地区で事業の推進を図ってまいります。なお、新知小学校区につきましては、学校内に使用できる教室がないため、敷地内に専用の建物を整備することとし、25年度の事業開始を目標に実施設計に着手してまいります。

 次に、分野別の「6 協働経営分野」では、力を合わせて、共に築く自立したまちを目指します。

 地域・市民活動では、「市民協働」を広く推進するため、市民活動フェアを含む協働のまちづくり事業など、市民協働の契機となるよう、啓発事業や学習機会の提供に努めるとともに、市民まつりについては、より市民活動を重視することとし、開催にかかる支援を行ってまいります。

 多文化共生では、引き続きカタール国との交流について、市民協働を前面に友好関係の構築を図ってまいります。また、市内在住外国人からのさまざまな相談に対応するため、外国人相談員について拡充いたします。

 男女共同参画では、各種講座の拡充を図ってまいります。

 広報・広聴では、4O周年記念要覧の概要版として、ミニ要覧を作成いたします。また、広報紙について長期保存と、閲覧・検索を容易にするためのデジタルデータ化をいたしてまいります。

 その他、市役所の庁舎改修としてこの議場をはじめ協議会室、各委員会室など老朽化した放送設備などの更新を含め、議会中継にも対応した設備改修を行い、開かれた議会活動を支援してまいります。

 以上、各分野別に23年度の主な事業を述べてまいりましたが、市民病院につきましては、最重要課題の一つとしてとらえております。昨年、西知多医療厚生組合に移行し、東海市民病院との統合に向けた一歩を踏み出しました。

 23年度は2年目となり、一層の経営の効率化が行われる予定であります。また、新病院建設につきましては、建設予定地が決まったことにより、基本設計に着手するよう組合で準備を進めております。これに関連し、海浜プールやふれあい広場の代替、病院施設の今後の利用方法など、これらの調査・研究にも努めてまいります。いずれにいたしましても、私は、市民の命と健康を守るという使命感を持って東海市とともに、新病院建設事業の推進と諸問題の解決に取り組んでまいります。

 最後になりましたが、季節は日一日と、春うららかな移ろいを見せておりますが、本市の財政を取り巻く環境は、いまだ、厳冬期を抜け出せない状況にあります。しかし、第5次総合計画の基本理念にもありますように「つながり」として、市民とのつながり、議会とのつながりを大切にし、それぞれがお互いを理解し、助け合い、協働してまちづくりを進めた暁には、澄み渡る空の下、「笑顔つながる いきいき 緑園都市」というスローガンの達成は、必ずや可能であると確信しております。

 そのため、私はこの難局に立ち向かい、諸問題を着実に解決しつつ、一歩一歩、市政を推進するため、市民の皆様とともに、愛する郷土、知多市と市民の笑顔のため、あらん限りの力を尽くし、身を呈して取り組む覚悟であります。

 今後とも、議員各位はもとより、市民の皆様方の一層の御理解と御協力を心からお願い申し上げ、新年度に向けての私の施政方針とさせていただきます。

          (市長 降壇)



○議長(竹内司郎) 

 以上をもちまして施政方針を終わります。

 ここでお諮りをいたします。

 この際、暫時休憩にいたしたいと存じます。御異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、ただ今から午前10時20分まで約15分間休憩といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          (休憩 午前10時04分)

          (再開 午前10時20分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内司郎) 

 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

 ここで、日程第5に入る前にお諮りをいたします。

 市長提出議案の説明は、過日、議案説明会を行いましたので、詳細説明を省略して、市長の提案理由の説明だけにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、市長の提案理由の説明だけを行うことに決定しました。

 続いてお諮りをいたします。日程第5、議案第1号から日程第25、報告第3号まで、以上21件は会議規則第34条の規定により一括議題といたしたいと存じます。御異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、日程第5、議案第1号 知多市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正についてから、日程第25、報告第3号 市長専決処分事項の報告についてまで、以上21件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略して、提案理由の説明を願います。市長。

          (市長 登壇)



◎市長(加藤功) 

 議案第1号 知多市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について。

 本案は、社会経済情勢及び県内各市の状況等を考慮し、給料月額を改めるものでございます。

 議案第2号 知多市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について。

 本案は、常勤の特別職の給料改定に伴い、給料月額を改めるものでございます。

 議案第3号 知多市職員の給与に関する条例の一部改正について。

 本案は、国家公務員に準じて、病気休暇制度を見直すものでございます。

 議案第4号 知多市勤労文化会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について。

 本案は、利用者の利便性の向上を図るものでございます。

 議案第5号 知多市精神障害者医療費支給条例の一部改正について。

 本案は、精神障害者医療費の支給範囲を拡大するものでございます。

 議案第6号 知多市国民健康保険条例の一部改正について。

 本案は、出産育児一時金の額を改めるものでございます。

 議案第7号 愛知県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更に関する協議について。

 本案は、幡豆郡一色町、吉良町、幡豆町を廃し、その区域を西尾市に編入するため、愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更について、協議するものでございます。

 議案第8号 平成22年度知多市一般会計補正予算(第8号)。

 今回の補正予算は、歳入歳出予算にそれぞれ1億6,847万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ272億9,819万6,000円とするものでございます。

 議案第9号 平成22年度知多市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)。

 今回の補正予算は、歳入歳出予算にそれぞれ9,337万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ79億8,400万7,000円とするものでございます。

 議案第10号 平成22年度知多市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)。

 今回の補正予算は、知多市老人保健医療事業特別会計の廃止に伴い、歳出予算の款項の区分ごとの金額を補正するものでございます。

 議案第11号 平成22年度知多市水道事業会計補正予算(第1号)。

 今回の補正予算は、資本的収入及び支出のうち資本的支出を33万4,000円増額し、3億118万2,000円とするものでございます。

 議案第12号 平成23年度知多市一般会計予算。

 第1条は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ259億4,500万円とするものでございます。

 第2条は債務負担行為、第3条は地方債、第4条は一時借入金、第5条は歳出予算の流用事項を定めるものでございます。

 議案第13号 平成23年度知多市国民健康保険事業特別会計予算。

 第1条は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ80億2,660万円とするものでございます。

 第2条は一時借入金、第3条は歳出予算の流用事項を定めるものでございます。

 議案第14号 平成23年度知多市後期高齢者医療事業特別会計予算。

 第1条は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ7億880万円とするものでございます。

 第2条は、一時借入金について定めるものでございます。

 議案第15号 平成23年度知多市農業集落排水事業特別会計予算。

 第1条は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ4,880万円とするものでございます。

 第2条は債務負担行為、第3条は一時借入金について定めるものでございます。

 議案第16号 平成23年度知多市水道事業会計予算。

 第1条は総則、第2条は業務の予定量、第3条は収益的収入及び支出の予定額で、収入は、12億2,327万1,000円、支出は、11億7,195万4,000円とするものでございます。

 第4条は、資本的収入及び支出の予定額で、収入は2億135万3,000円、支出は4億2,531万6,000円とし、不足額は当年度分消費税及び地方消費税、資本的収支調整額、減債積立金、過年度分損益勘定留保資金で補てんするものでございます。

 第5条から第9条までにつきましては、その他水道事業に必要な事項を定めるものでございます。

 議案第17号 平成23年度知多市下水道事業会計予算。

 第1条は総則、第2条は業務の予定量、第3条は、収益的収入及び支出の予定額で、収入は、11億1,016万4,000円、支出は、13億5,487万5,000円とするものでございます。

 第4条は、資本的収入及び支出の予定額で、収入は13億4,288万6,000円、支出は14億7,970万5,000円とし、不足額は過年度分損益勘定留保資金で補てんするものでございます。

 第5条から第9条までにつきましては、その他下水道事業に必要な事項を定めるものでございます。

 諮問第1号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて。

 本案は、人権擁護委員峯神將氏の任期が来る平成23年6月30日をもって満了となりますので、後任の候補者として引き続き峯神將氏を法務大臣へ推薦するものでございます。

 報告第1号 市長専決処分事項の報告について。

 この報告は、専決処分をいたしました専決第10号 損害賠償の額の決定及び和解について、地方自治法の定めにより報告するものでございます。

 報告第2号 市長専決処分事項の承認を求めることについて。

 この報告は、専決処分をいたしました専決第11号 平成22年度知多市一般会計補正予算(第7号)について、地方自治法の定めにより承認を求めるものでございます。

 報告第3号 市長専決処分事項の報告について。

 この報告は、専決処分をいたしました専決第1号 新知保育園園舎改築工事のうち建築工事請負契約の変更について、地方自治法の定めにより報告するものでございます。

 以上、議案第1号から第17号まで、諮問第1号及び報告第1号から第3号までを一括説明いたしました。

 よろしく御審議の上、御議決等賜りますようお願いいたします。

          (市長 降壇)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内司郎) 

 以上をもちまして、本日の議事日程は全部終了いたしました。明日から3月9日までは休会とし、来たる3月10日は午前9時30分から本会議を再開いたします。

 それでは、これにて第1回知多市議会定例会を散会といたします。

          (散会 午前10時32分)

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

 平成23年2月28日

                   知多市議会  議長      竹内司郎

                   2番署名議員         青木志浩

                   12番署名議員         山口 修