議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 知多市

平成22年 11月 臨時会(第5回) 11月30日−01号




平成22年 11月 臨時会(第5回) − 11月30日−01号










平成22年 11月 臨時会(第5回)



        平成22年第5回知多市議会臨時会会議録

1 招集年月日  平成22年11月30日 午前9時30分

2 招集の場所  知多市議会議場

3 応招議員   (23名)

       1番  大村 聡       2番  青木志浩

       3番  江端菊和       4番  冨田一太郎

       5番  大島大東       6番  荻田信孝

       7番  中村千惠子      8番  島?昭三

       9番  中平ますみ     10番  夏目 豊

      11番  中村祐次      12番  山口 修

      13番  花井敏博      14番  向山孝史

      15番  尾之内 勝     16番  北原日出海

      17番  土師静男      18番  小坂 昇

      19番  近藤久義      20番  竹内司郎

      21番  米原洋太郎     22番  松井卓朗

      23番  森田 一

4 不応招議員  (0名)

5 開閉の日時

   開会  平成22年11月30日 午前9時30分

   閉会  平成22年11月30日 午前11時02分

              11月30日

1 出席議員 (23名)

       1番  大村 聡       2番  青木志浩

       3番  江端菊和       4番  冨田一太郎

       5番  大島大東       6番  荻田信孝

       7番  中村千惠子      8番  島?昭三

       9番  中平ますみ     10番  夏目 豊

      11番  中村祐次      12番  山口 修

      13番  花井敏博      14番  向山孝史

      15番  尾之内 勝     16番  北原日出海

      17番  土師静男      18番  小坂 昇

      19番  近藤久義      20番  竹内司郎

      21番  米原洋太郎     22番  松井卓朗

      23番  森田 一

2 欠席議員 (0名)

3 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

  市長        加藤 功   副市長       渡辺正敏

  教育長       小宮克裕   総務部長      片桐義人

  企画部長      森田 稔   生活環境部長    吉戸雅純

  健康福祉部長    竹内志行   産業経済部長    竹内尚明

  都市整備部長    久野明夫   水道部長      峯神 慎

  会計管理者     浅井哲生   消防長       矢田浩樹

  教育部長      栗本清光   総務課長      及川一男

  市民活動推進課長  磯野健司

4 本会議に職務のため出席した議会事務局職員

  事務局長      皆川 幹   議事課長      片山信弘

  副課長       宝 治男             新美良夫

            小林照彰             吉川 拓

5 議事日程



日程
議案番号
件名
付託委員会



 
会議録署名議員の指名について
 



 
会期の決定について
 



47
知多市職員の給与に関する条例等の一部改正について
総務



48
知多市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について
総務



49
知多市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について
総務



報告14
市長専決処分事項の報告について
 



報告15
市長専決処分事項の承認を求めることについて
 



6 会議に付した事件

   議事日程に同じである。

     (11月30日午前9時30分 開会)



○議長(竹内司郎) 

 本日は、大変御苦労さまでございます。現在の出席議員は、23名でございます。定足数に達しており、会議は成立いたします。ただ今から第5回知多市議会臨時会を開会いたします。

 お手元に配付してございます議事日程に従いまして、会議を進めてまいりたいと存じますので、よろしくお願いをいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内司郎) 

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において指名をいたします。

  11番 中村祐次議員

  23番 森田 一議員

 以上2名の議員にお願いをいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内司郎) 

 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。今臨時会の会期は、本日30日、1日限りにいたしたいと存じます。御異議ございませんか。

     (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認めます。よって、会期は1日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内司郎) 

 ここでお諮りいたします。日程第3、議案第47号から日程第5、議案第49号まで、以上3件は会議規則第34条の規定により一括議題といたしたいと存じます。御異議ございませんか。

     (「異義なし」の声あり)

 異義なしと認めます。よって、日程第3、議案第47号 知多市職員の給与に関する条例等の一部改正についてから、日程第5、議案第49号 知多市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正についてまで、以上3件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略して、提案理由の説明を願います。市長。

     (市長 登壇)



◎市長(加藤功) 

 おはようございます。提案理由の説明をいたします。

 議案第47号 知多市職員の給与に関する条例等の一部改正について。

 本案は、人事院勧告に沿って平成22年12月以降に支給する給料月額、期末手当及び勤勉手当の支給割合の引き下げ等を行うものでございます。

 議案第48号 知多市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について。

 本案は、職員の期末手当改定に準じて、平成22年12月以降に支給する期末手当の支給割合を引き下げるものでございます。

 議案第49号 知多市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について。

 本案は、職員の期末手当改定に準じて、平成22年12月以降に支給する期末手当の支給割合を引き下げるものでございます。

 以上、議案第47号から第49号までを一括説明いたしました。

 詳細につきましては、企画部長から説明させますので、よろしく御審議の上、御議決賜りますようお願いいたします。

     (市長 降壇)



○議長(竹内司郎) 

 企画部長。



◎企画部長(森田稔) 

 議案第47号 知多市職員の給与に関する条例等の一部改正について御説明いたします。

 今回の改正は、主として給料月額、期末手当及び勤勉手当の支給割合等の引き下げを行うものでありますが、時期をずらして施行する部分がございますので、本年12月1日から施行するものを1ページの第1条で、来年4月1日から施行するものを15ページの第2条で改正いたしておりますので、よろしくお願いいたします。

 全体のボリュームが多くなっておりますので、主な改正ポイントについて御説明いたします。

 最初に、給料月額の改正でございますが、6ページから14ページまでの行政職給料表(1)、行政職給料表(2)、医療職給料表(2)及び医療職給料表(3)のそれぞれの給料表を平均で0.1パーセント引き下げるものでございます。

 次に、期末手当及び勤勉手当につきましては、現行の期末手当2.75月分、勤勉手当1.4月分、あわせて4.15月分を、期末手当0.15月分、勤勉手当0.05月分、あわせて0.2月分引き下げ、3.95月分とするものでございます。本年6月分はすでに支給されておりますので、12月分だけでこれを行うものでございます。

 したがいまして、1ページの中段あたりに「100分の150」を「100分の135」に改めるとありますが、これが期末手当0.15月分の引き下げを行う部分で、「100分の85を100分の80」に改めとあるのは、再任用職員に係るものでございます。

 また、その4行下に「100分の70」を「100分の65」に改めとありますが、これが勤勉手当0.05月分の引き下げを行う部分で、「100分の35」を「100分の30」に改めるとあるのが、再任用職員に係るものでございます。

 2ページお願いいたします。

 4行目の附則第7項の改正は、55歳を超える職員の給与を当分の間抑制するもので、行政職給料表(1)、医療職給料表(2)及び医療職給料表(3)の適用を受ける職員のうち、職務の級がそれぞれ6級以上の者、これを「特定職員」といい、一般行政職では副課長以上、病院の薬剤師等技術職では課長級以上、看護師職では部長が該当しますが、先ほど御説明いたしました改正後の給料表を基礎額として、本来受けるべき給料月額、地域手当、期末手当及び勤勉手当について、さらに100分の1.5を減ずるものでございます。

 15ページをお願いいたします。

 今回引き下げの対象となる期末手当の0.15月分及び勤勉手当の0.05月分、あわせて0.2月分につきましては、本来は6月支給分と12月支給分両方で調整すべきところでございますが、先ほど御説明いたしましたように、第1条の改正で今年度は12月分だけで減額調整をいたしますので、この第2条の改正では、平成23年4月1日からの施行分として再調整を行うものでございます。

 2行目の「100分の125」を「100分の122.5」にとあるのが6月分の期末手当、「100分の135」を「100分の137.5」に改めるとあるのが、第1条で改めた12月分の期末手当を再度改める部分でございます。

 また、第21条第2項第1号中「100分の65」を「100分の67.5」に改めとあるのが、同じく第1条で改めた勤勉手当を再度改める部分でございます。「100分の30」を「100分の32.5」に改めるとあるのは、再任用職員に係るものでございます。

 第3条の改正は、平成18年の改正条例の附則第7項を改めるもので、この附則は給料の切り替えに伴い減額となった職員に対する経過措置として、平成18年3月31日に受けていた給料月額に達するまでの間は差額を支給するというものでありましたが、これを平成21年の改正条例で、平成18年当時の給料月額に100分の99.76を乗じて得た額との差額を支給するように改めております。しかしながら、今回さらに給料が引き下げられることになったため、この算定基礎額「100分の99.76」を「100分の99.59」に改めるものでございます。

 附則の第1項は、施行期日に関する規定で、この条例は平成22年12月1日から施行し、第2条の規定は平成23年4月1日から施行するものでございます。

 附則の第2項は、平成22年12月に支給する期末手当に関する特例措置を規定するもので、給料は先ほど御説明いたしましたように平均で0.1%引き下げられますが、4月にさかのぼって減ずることができませんので、給料の引き下げに伴う影響額について、16ページをお願いいたします。第1号に規定する平成22年4月1日において職員が受けるべき給料、管理職手当、初任給調整手当、扶養手当、地域手当、住居手当及び単身赴任手当の月額の合計額に調整率100分の0.28を乗じて得た額に、4月から施行日の属する月の前月である11月までの8か月を乗じて得た額と、17ページをお願いいたします。第2号に規定する平成22年6月に支給された期末手当及び勤勉手当の、18ページをお願いいたします。この合計額に100分の0.28を乗じて得た額の合計額を、改正後の規定による12月の期末手当の額から減じた額とするものでございます。

 以上が主な改正ポイントでございますが、その外にも今回の改正に伴う所要の改正を行っておりますので、よろしくお願いいたします。

 次に、議案第48号 知多市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について御説明いたします。

 今回の改正は、期末手当の年間の支給割合を、現行の3.10月分から0.15月分引き下げ、2.95月分とするものでございますが、本年6月分はすでに支給されておりますので、この0.15月分の引き下げについて、今年度は12月分だけで行うものでございます。

 したがいまして、第1条の改正は、第6条第2項に規定されている期末手当の12月の支給割合「100分の165」を「100分の150」に改めるものでございます。

 第2条の改正は、同じく第6条第2項に規定されている期末手当の6月の支給割合「100分の145」を「100分の140」に改め、第1条で「100分の150」に改めた12月の支給割合を「100分の155」に再度改めるものでございます。

 附則として、この条例は平成22年12月1日から施行し、第2条の規定は平成23年4月1日から施行するものでございます。

 次に、議案第49号 知多市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について御説明いたします。

 今回の改正は、先ほどの議案第48号と同様、期末手当の年間の支給割合を、現行の3.10月分から0.15月分引き下げ、2.95月分とするもので、第1条の改正は、第5条第2項に規定されている期末手当の12月の支給割合「100分の165」を「100分の150」に改めるものでございます。

 第2条の改正は、同じく第5条第2項に規定されている期末手当の6月の支給割合「100分の145」を「100分の140」に改め、第1条で「100分の150」に改めた12月の支給割合を「100分の155」に再度改めるものでございます。

 附則として、この条例は平成22年12月1日から施行し、第2条の規定は平成23年4月1日から施行するものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(竹内司郎) 

 一括質疑に入ります。

 議案第47号 知多市職員の給与に関する条例等の一部改正についてから議案第49号 知多市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正についてまで、以上3件について質疑はございませんか。

     (「なし」の声あり)

 質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております各議案につきましては、会議規則第36条第1項の規定により、議事日程に記載のとおり、総務委員会に付託をいたします。

 ここでお諮りをいたします。この際、暫時休憩いたしたいと存じます。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」の声あり)

 異議なしと認め、暫時休憩といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     (休憩 午前9時47分)

     (再開 午前10時45分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内司郎) 

 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

 先ほど総務委員会に付託いたしました議案第47号から議案第49号まで、以上3件の議案の審査が終了し、その報告書が議長に提出されました。よって、日程第3、議案第47号から日程第5、議案第49号まで、以上3件を一括議題といたしたいと存じます。御異議ございませんか。

     (「異議なし」の声あり)

 異義なしと認めます。よって、日程第3、議案第47号 知多市職員の給与に関する条例等の一部改正についてから日程第5、議案第49号 知多市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正についてまで、以上3件を一括議題といたします。

 12番 総務委員長の報告を願います。12番 総務委員長。

     (12番 総務委員長 登壇)



◆12番(山口修) 

 議長の御指名を得ましたので、総務委員会の審査の経過及び結果について報告をいたします。

 先ほど本会議におきまして当委員会に付託を受けました議案第47号 知多市職員の給与に関する条例等の一部改正について、議案第48号 知多市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について、議案第49号 知多市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について、以上3件について本日午前10時から委員全員の出席のもとに委員会を開催し、慎重に審査をいたしました。

 はじめに議案第47号について報告いたします。

 理事者側の説明の後、質疑に入り、委員から15件の質問がありました。

 その主な内容は、1件目、55歳を超える職員の対象となる人数と給与月額の影響額はとの質問に対して、対象人数は66人で、影響額は月額約43万円、1人当たりの平均は月額で約6,500円になりますとの答弁がありました。

 2件目、今回改正された給料表の特徴はとの質問に対して、給料表は平均で0.1パーセント引き下げられており、おおむね30歳代以下の職員については民間の給与水準を下回っていることから据え置き、40歳以上の職員を対象に段階的に引き下げ、管理職についてはおおむね0.2パーセント程度引き下げるものですとの答弁がありました。

 ほか13件の質問に対しても、それぞれ答弁がありました。

 その後、討論に入り、反対討論が1件ありました。

 採決の結果、委員多数の賛成を得ましたので、議案第47号 知多市職員の給与に関する条例等の一部改正については、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第48号について報告をいたします。

 理事者側の説明の後、質疑に入り、委員から1件の質問がありました。

 その内容は、役職ごとの影響額はとの質問に対して、議長が約11万7,000円の減、副議長が約10万6,000円の減、議員が約9万9,000円の減、全体の影響額では約230万2,000円の減額となりますとの答弁がありました。

 採決の結果、委員全員の賛成を得ましたので、議案第48号 知多市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正については、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第49号について報告いたします。

 理事者側の説明の後、質疑に入り、委員から1件の質問がありました。

 その内容は、役職ごとの影響額はとの質問に対して、市長が約22万2,000円の減、副市長が約18万円の減、教育長が約16万6,000円の減、全体では約56万8,000円の減額となりますとの答弁がありました。

 採決の結果、委員全員の賛成を得ましたので、議案第49号 知多市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正については、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で報告を終わります。

     (12番 総務委員長 降壇)



○議長(竹内司郎) 

 総務委員長の報告について質疑に入ります。

 質疑を終結いたします。

 討論に入ります。16番 北原日出海議員。



◆16番(北原日出海) 

 私は、日本共産党議員団を代表し、議案第47号 知多市職員の給与に関する条例等の一部改正について、反対する立場で討論を行います。

 本年8月10日、人事院は2010年度の国家公務員の月額給与引き下げ等をはじめとした勧告を行いました。給与勧告はマイナス0.19パーセント、金額で757円の官民格差があるとして、若年層と医療職(1)を除く本俸の引き下げ、行政職(1)6級相当以上で56歳となる年度からの賃金抑制措置の導入、1963年の水準にまで落ち込む0.2か月もの一時金削減などとなっています。とりわけ50歳代後半層の賃金抑制措置は、対象者を一部に限定したものの、職務給原則や能力実績主義に反するばかりか、年齢差別とも言えるこうした措置を講じているのは民間でも少数であります。加えて、納得し得る根拠やデータの開示、十分な交渉、協議の保障など手続面でも不誠実な対応に終始したことは、政府の公務員賃金抑制方針に迎合し、労働基本権制約の代償措置、第三者機関としての誇りを投げ捨てた勧告権の乱用と言わざるを得ません。

 人事院勧告は、直接には国家公務員をはじめとして、本日議案となっている市職員などの地方公務員、そして公務関連労働者の賃金に連動します。さらに、生活保護基準や最低賃金法に基づく地域最低基準賃金の引き下げということになりかねず、歯止めなき賃下げ社会に踏み込むことになります。

 今起きているデフレ経済は、需給関係で見ると国内の需要が弱い、つまり需要の6割を占める個人消費の低迷に起因しています。家計消費の落ち込みが不況にあえぐ地域経済をさらに冷え込ませ、日本経済全体を立ち行かなくさせている今日の状況を変えるために、賃金引き下げの悪循環から脱却することが今求められいてる内需の拡大施策だと考えます。こうしたことからも、今回の人事院勧告は到底認めることはできません。

 よって、議案第47号 知多市職員の給与に関する条例等の一部改正について、反対し、討論といたします。以上です。



○議長(竹内司郎) 

 討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 議案第47号 知多市職員の給与に関する条例等の一部改正について、原案のとおり可決することに賛成の方は挙手を願います。

     (多数の挙手あり)

 多数賛成の挙手を得ました。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第48号 知多市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について、原案のとおり可決することに賛成の方は挙手を願います。

     (全員の挙手あり)

 全員賛成の挙手を得ました。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第49号 知多市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について、原案のとおり可決することに賛成の方は挙手を願います。

     (全員の挙手あり)

 全員賛成の挙手を得ました。よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内司郎) 

 日程第6、報告第14号 市長専決処分事項の報告についてを議題といたします。

 議案の朗読を省略して、提案理由の説明を願います。市長。

     (市長 登壇)



◎市長(加藤功) 

 報告第14号 市長専決処分事項の報告について。

 この報告は、専決処分をいたしました専決第8号 損害賠償の額の決定及び和解について、地方自治法の定めにより報告するものでございます。

 詳細につきましては都市整備部長から説明させますので、よろしくお願いいたします。

     (市長 降壇)



○議長(竹内司郎) 

 都市整備部長。



◎都市整備部長(久野明夫) 

 報告第14号 市長専決処分事項の報告について御説明申し上げます。

 2枚目をお願いいたします。

 専決第8号 損害賠償の額の決定及び和解について御説明いたします。

 1の損害賠償の相手方は、記載のとおりでございます。

 2の事故の概要は、平成22年9月4日午後5時20分頃、知多市新知字宝泉坊地内の市道10383号線において、自動車を運転中、側溝に設置された鉄板が固定されていなかったため、車両が乗ったことにより鉄板ごと左前輪が側溝に落ち、フェンダー等が破損したものでございます。当市の道路管理瑕疵により起きた事故であり、過失割合を市側10割とする内容で和解し、損害賠償をいたすものでございます。

 3の損害賠償の額は、破損した左フェンダー及び左ドアパネル等の車両の修理代41万1,597円でございます。

 今後におきまして、道路施設の管理に十分心掛け、再発防止に努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。以上でございます。



○議長(竹内司郎) 

 質疑に入ります。

     (「なし」の声あり)

 質疑を終結いたします。

 本案は、地方自治法第180条第2項の規定による報告でございますので、これをもって終わりといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内司郎) 

 日程第7、報告第15号 市長専決処分事項の承認を求めることについてを議題といたします。

 議案の朗読を省略して、提案理由の説明を願います。市長。

     (市長 登壇)



◎市長(加藤功) 

 報告第15号 市長専決処分事項の承認を求めることについて。

 この報告は、専決処分をいたしました専決第9号 平成22年度知多市一般会計補正予算(第4号)について、地方自治法の定めにより承認を求めるものでございます。

 詳細につきましては都市整備部長から説明させますので、よろしく御審議の上、御承認賜りますようお願いいたします。

     (市長 降壇)



○議長(竹内司郎) 

 都市整備部長。



◎都市整備部長(久野明夫) 

 報告第15号 市長専決処分事項の承認を求めることについて御説明いたします。

 先ほどの報告第14号の専決第8号の損害賠償に係る補正予算でございます。

 2枚目をお願いいたします。

 専決第9号は、平成22年度知多市一般会計補正予算(第4号)を11月19日付けで専決処分させていただいたものでございます。

 1ページをお願いいたします。

 今回の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ41万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ265億386万2,000円とするものでございます。

 6ページをお願いいたします。

 2の歳入でございます。19款 諸収入、5項2目 雑入、11節 土木費雑入の41万2,000円の増額は、社団法人全国市有物件災害共済会から補てんされる道路賠償責任保険共済金でございます。

 8ページをお願いいたします。

 3の歳出でございます。8款 土木費、2項 道路橋りょう費、1目 道路橋りょう総務費は41万2,000円の増額で、道路橋りょう総務管理費は道路管理瑕疵に基づく道路事故賠償金でございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(竹内司郎) 

 質疑に入ります。

     (「なし」の声あり)

 質疑を終結いたします。

 本案は、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと存じます。御異議ございませんか。

     (「異義なし」の声あり)

 異義なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 討論に入ります。

     (「なし」の声あり)

 討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 報告第15号 市長専決処分事項の承認を求めることについて、原案に賛成の方は挙手を願います。

     (全員の挙手あり)

 全員賛成の挙手を得ました。よって、本案は原案のとおり承認されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内司郎) 

 以上をもちまして、本日の議事日程は全部終了いたしました。

 これにて第5回知多市議会臨時会を閉会といたします。

     (閉会 午前11時02分)

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  平成22年11月30日

                知多市議会  議長      竹内司郎

                       11番署名議員  中村祐次

                       23番署名議員  森田 一